5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

約1万年前に海中に没したアトランティス文明

1 :幸福の科学:04/02/28 12:22 ID:tg7mu1M3
 約1万年前のアトランティス文明には、なんと電気や冷暖房やエレベータが存在していたらしい...。
また、自動車や潜水艦、さらには飛行船などもあったらしい...。彼らは、あらゆる機械の動力などは、
なんとピラミッドパワーといわれるものを利用していたらしい...。アトランティス文明のピラミッド
は、現在のエジプト文明のピラミッドの構造とは異なり、それは私も知らない...。
 貴方がたの常識では人類が始めて空を飛んだのは、ライト兄弟の時代からというのが常識であろう。し
かし忘れてはいけないのが、今の文明が決して一番進んでいるわけではないということである。約1万年前
のアトランティス文明は、少なくとも遥かに現代文明よりは、機械化されていたという事実を心にとめて
おくがよい。

2 :幸福の科学:04/02/28 12:52 ID:tg7mu1M3
それと、ピラミッドパワーだけが、動力ではなかった。アトランティスの人々は、植物の成長の過程のエネルギー
を利用して、それを主に家電製品などに利用していた。ピラミッドパワーは、主に潜水艦、自動車、飛行船などを
動かすために用いられたと言われている。


3 :出土地不明:04/02/28 13:46 ID:otsv4jk4
もう少し面白く書いた方がいい。
考古学好きには案外オカルトマニアが多いのだから。
みんな結構詳しいので、生半可な知識で書くとあとでへこむ羽目になるぞ(W

4 : ◆j3yKeRy6pE :04/02/28 15:24 ID:Y1XInORZ


5 : ◆j0TTCKxgxk :04/02/28 15:24 ID:Y1XInORZ


6 : ◆4NbDYZYp.. :04/02/28 15:25 ID:Y1XInORZ


7 : ◆959up8.RH6 :04/02/28 15:25 ID:Y1XInORZ
 

8 :幸福の科学:04/02/28 21:27 ID:tg7mu1M3
そのアトランティス文明のなごりを残しているのが、エジプト文明と言われている。
エジプト文明のピラミッドは、実は飛行船でエジプトを渡った人達により提供された。
そう。ピラミッドは、アトランティスの科学技術によって完成させられたものであり、
単なる奴隷労働で作られたのとは違う。
>>3確かに...、現在のバミューダの海にアトランティス大陸が存在したと言われている。
しかし、現代文明より優れた科学技術を持った文明も、自然の力には勝てず、地震と大津波
によって海中に没した。


9 :出土地不明:04/02/28 21:36 ID:Dq9PQxmu
マヤ文明と関係はあったのか?
ムーがあったことを肯定しているのか?
肯定していれば、アトランティスとムーとの関係は?  幸福の科学殿

10 :出土地不明:04/02/28 21:37 ID:tg7mu1M3
 >>8そうそう。またアトランティスの人々は飛行船によってアンデス山脈に渡ったと言われている。
そして、アトランティスの飛行船が飛んでいるのを目撃した人々は科学の神であるとたたえた。
 だから、現在空中都市として謎を残しているマチュピチュも、アトランティス人によって作られたのだ。
ナスカの地上絵もアトランティス人が、飛行船からレーザーのような物を用いて描かれた。

11 :幸福の科学:04/02/28 21:41 ID:tg7mu1M3
>>9
ムー文明は東洋文明っぽい
アトランティス文明は、西洋系

12 :出土地不明:04/02/28 21:42 ID:Dq9PQxmu
>>10 じゃあ ミステリー・サークルとも関係あるのか?

13 :幸福の科学:04/02/28 21:55 ID:tg7mu1M3
 >>9アトランティスとムーとの関係は、まずピラミッドパワーを利用して
太陽の光を利用し始めたのが、ムー文明である。ムー文明は現代で言われる
ソーラーパワーを利用していたらしい。つまりここでピラミッドを発明した
のがムーの人であると言える。
 しかし、ムー文明が海中に没するとムーの人々は、南米や、東南アジア方面
さらには、後に日本と呼ばれるようになる島国に渡った。もちろん、アトランティス
大陸に逃げ込んだムーの人たちもいる。つまりピラミッドパワーは、ムー大陸が発祥の地であり、
アトランティスのピラミッドパワーもムーの科学者から授かった物である。

14 :出土地不明:04/02/28 21:55 ID:Dq9PQxmu
>>10 パレンケのパカル王の、宇宙船内で運転しているような石版の図絵
 は、そのアトランティスの飛行船を意味するものなのか? 

15 :出土地不明:04/02/28 21:59 ID:Dq9PQxmu
>>13 するとアトランティスの起源はムーなのか?
   両者を比較するとムーの方が古いのか?

16 :出土地不明:04/02/28 22:00 ID:tg7mu1M3
>>12
ミステリーサークルなどは、アトランティス文明よりも数千倍も優れた科学技術を持つ物の仕業である。
ミステリーサークルを描いた奴は........、○○人の可能性が高いかも...。

17 :出土地不明:04/02/28 22:02 ID:tg7mu1M3
>>10
その可能性が高いと言える...。


18 :出土地不明:04/02/28 22:03 ID:Dq9PQxmu
>>16さん 貴殿はエイリアン・クラフトがこの二大陸、ミステリー・
     サークルと係わり合いがあるとするのか?

19 :出土地不明:04/02/28 22:10 ID:tg7mu1M3
>>18
だいたい私は、ミステリーサークルは宇○人の可能性が高いと見る。

20 :出土地不明:04/02/28 22:13 ID:Dq9PQxmu
ロマンがあって、おおいに結構。
『歴史を変えた偽書』ジャパン・ミックス社 の書において
その44頁あたりから、理詰めでムー大陸を否定した論文が展開
されているが、それでも肯定なされるか?

21 :出土地不明:04/02/28 22:22 ID:Ivu9YQsH
>>1 オカ板へカエレ

22 :出土地不明:04/02/28 22:24 ID:Ivu9YQsH
> ID:tg7mu1M3
> ID:tg7mu1M3
> ID:tg7mu1M3
> ID:tg7mu1M3
> ID:tg7mu1M3
> ID:tg7mu1M3


23 :幸福の科学:04/02/28 22:47 ID:tg7mu1M3
>>20貴方がその『歴史を変えた偽書』を肯定し、ムー文明やアトランティス文明
を否定するのもまた良いだろう。きっとそれなりの科学的根拠でもって私を論破
するだけの力があるのならば...。
>>21帰らん!!
>>22真面目に耳を傾けなさい!!荒らしは敗北を認めたのと同然ですぞ!!

24 :出土地不明:04/02/28 22:52 ID:tg7mu1M3
>>15そのとうり!!
ムー文明=一億七千年前
アトランティス文明=一万年前

25 :出土地不明:04/02/28 22:56 ID:Dq9PQxmu
>>20
肯定か否定か結論決めていない。23さんがあの書を読んだりして、さらに
他の否定論文に目を通して肯定論を張るのは大したものだ。
ならば、少々肯定の根拠、資料を出して論ずると筋がとおるよ。
かつ腹の中で電波だと思っている奴らを論破できる。

26 :もしかしてクン:04/02/28 23:00 ID:tg7mu1M3
ピラミッドはもしかして...ムー文明→アトランティス文明→エジプト文明なのでは...?


27 :出土地不明:04/02/28 23:01 ID:Dq9PQxmu
>24 どうしてこの数字が出てくるのだろう?

28 :................:04/02/28 23:04 ID:tg7mu1M3
まぁ...、さらに南極の氷の下に、もしかしたら文明の遺跡などがあったりして...。

29 :出土地不明:04/02/28 23:07 ID:tg7mu1M3
それは、『黄金の法』と『太陽の法』をよんでこれらの文明のことにとてつもなく
驚いたから...。数字は定かではないが...。

30 :幸福の科学:04/02/28 23:10 ID:tg7mu1M3
では、貴方たちは、アトランティスの他に現代文明より優れた科学技術を持った文明
を幾つかあげられるかね?

31 :出土地不明:04/02/28 23:11 ID:Ivu9YQsH
>ID:tg7mu1M3
あのさ。自演はやめない?バレバレだよ?
こんな過疎板だから祭ってくれる人もいないけどさ。

まさかとはおもうが ID:Dq9PQxmu も同一人物じゃなかろうね?

32 :出土地不明:04/02/28 23:14 ID:tg7mu1M3
>>31ごめんなさい.........。でも ID:Dq9PQxmu と同一人物ではない!!

33 :太国玉:04/02/28 23:19 ID:Dq9PQxmu
わらわは太国玉だ。同一ではない。

34 :出土地不明:04/02/28 23:22 ID:Ivu9YQsH
>>33
なんだおまえか。関わった俺が愚かだったよ。

35 :太国玉:04/02/28 23:23 ID:Dq9PQxmu
今日は、さらばだ。

36 :幸福の科学:04/02/28 23:28 ID:tg7mu1M3
太国玉って誰?

37 :出土地不明:04/02/29 00:41 ID:ikLHZAPF
ねえ。幸福の科学さん。
このスレなんでオカルト板に立てなかったの?
そっちのほうが賛同者も一杯居るのに。

38 :出土地不明:04/02/29 03:14 ID:HEtpWsiI
オカ板だって叩かれるよ(w
今更この程度のネタでは。

39 :幸福の科学:04/02/29 07:19 ID:m2PDUFxg
じゃあ、今日一日オカ板で勉強してきます。
アトランティスの事は、今日一日君達にま
かせます。

40 :出土地不明:04/02/29 16:14 ID:N2NRD8pS
ここにもDQNなジサクジエーンが・・・・

春なのね〜

41 :出土地不明:04/05/14 21:02 ID:5pZRFCQj
ポセイドニス


42 :千春 ◆gmYryMe6rY :04/06/06 01:08 ID:NKwTkV3P
アトランティスは映画館で見ました☆感動したよ〜ノ^▽^)ノ〜

43 :出土地不明:04/06/06 07:42 ID:V6UNvXJ/
幸福どの! 書き込み再開をしてたもれ。

44 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :04/08/11 11:01 ID:bUldUbhf
削除依頼したので、誘導用に貼っておきます。

【99.8%】アトランティス【間違いない】
1 名前:出土地不明 04/08/10 12:41 ID:X7VREsU1
アトランティス=アイルランドらしい。
てゆうかアトランティスの存在は確定なのか。

ソース
http://www.sankei.co.jp/news/040807/evening/08int002.htm

45 :G44:04/08/13 06:47 ID:XmNdoqAp
>まぁ...、さらに南極の氷の下に、もしかしたら文明の遺跡などがあったりして...。
ある。山頂部分には雪が積もってるだけだからスコップで掘ったら出てくるよ。

46 :出土地不明:04/08/13 09:44 ID:7swJkCWB
こないよ

47 :G44:04/08/13 13:39 ID:vE3++0hH
>こないよ
何で?南極=アトランティスだったのでは?

48 :出土地不明:04/08/13 14:12 ID:O3aLCSZ7
夏ですなぁ。

49 :出土地不明:04/08/13 14:23 ID:pY1x13Lv
生暖かく見守ってやるかね

50 :出土地不明:04/08/14 01:00 ID:keJg46+F
(@wぷぉぉ

51 :岩屋山亜式 ◆CAT9FZUkUk :04/08/17 03:08 ID:qgnso6Qg
関連スレッド、貼っておきますね

【科学ニュース+板】
伝説の大陸「アトランティス」、実はアイルランド? 科学者が新説発表へ
http://news16.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1092567102/

52 :出土地不明:04/08/20 18:58 ID:oWQQqcXs
地中海(エーゲ海?)にあるマルタ島には、古代の「わだち」状の
溝が残っており、島の端の断崖絶壁まで続いていて、すぐ下の
海底にも続いていることが判明しています。

そして、北アフリカにも同様の遺構が残っているそうです。

これがアトランティスの名残だという説があるそうですが、いかが
ですか。

しかし、実際にそれが「わだち」だったとしても、現代文明から
見て高度な文明と断定できるわけではないわけですが。

53 :出土地不明:04/08/27 03:39 ID:Z+ejPkby
アトランティスは数度に渡って滅びたんだよな。
一回目はおよそ5万年前で人間の生活を脅かしていた巨獣を駆逐
する為に国際会議で、太陽光線収束エネルギーを用いてやる事に
なったがその誤用で地殻変動が起きてアボーン。
2回目は、当時物として酷使されていた巨人、小人など魂が物質に入り込む
段階で失敗して半分物と化した者の生活改善為に例のエネルギーを今で言う
キリスト教みたいな善意の集団が用いる事でアボーン。今から2万数千年
前のことでした。最後の破滅は1万2000年前のことで例の機械の誤用
またしても地殻変動が起こり沈んだ。完全に没するまえにアメリカ、スペイン
エジプトなどに大勢の人が逃れた。ピラミッドはその時現地の人と共同で
100年掛けて作られました。同時に例の奴隷の為の治療施設も作られ
心理的、肉体的に多くの改善をなしえた。そのエネルギーは太陽にあると言う。
何故、その多くのアトランティス人が生き残ったのにも関わらず電子や機械技術
が失われたのかはまだ知らない。

54 :出土地不明:04/08/27 03:52 ID:Z+ejPkby
スペイン、ピレネー山脈のバスク人は外見も言語も近隣の民族とは異なるんだよな。
そして、先住民が名付けた小アジア、中米の都市名の類似
小アジア= コル コルア コリナ ザリッサ
中米  = コルウラ コルア・カン コリナ ザリスコ
など興味深い事実が一杯。



55 :名無的発言者:04/08/27 09:49 ID:kMOQzPKM
約1万2000年前アトランティスと同じくらい大きな国がムー大陸。
二つの国は盛んに貿易も行っていた。
ムー大陸の大きさは学者が言うよりもかなり大きく、日本もムー大陸の一部
であり、最西端に位置していた。今の地動説はちと違う。大陸は動かない。
上下に動くだけ。世界地図で重なって見えるのはただ似てるだけ。
そしてムー大陸の国王は日本人であったという。日本人の先祖はモンゴルに
あると言うがそれは違う。これも似てるだけであって日本人は日本人。
文明も今より発展していて、反重力装置もあった。
芸術も今よりずっと優れていた。
当時は6500万年前に滅びた恐竜も一部の地域で生き残っていた。
なかには家畜にしていたところもあった。
しかしその文明も行き過ぎによって地殻変動により終焉を迎える。
ノアの箱船(つまり当時の乗り物の比喩)により世界中に散った
人類は一からやり直すこととなり、現在に至る。
私の記憶に残ってる懐かしい日々である。
これを今の人が正しかったと理解できるには100年かかるであろう。


56 :出土地不明:04/08/27 14:38 ID:peRfx55L
うんこプゥー



57 :出土地不明:04/08/27 15:37 ID:oUcDrVoR
>>54
お前現地語で全部表記してみろよ
全然ちゃうわ

58 :出土地不明:04/08/28 14:20 ID:zkkW8qao
カブレラストーンはアトランティスかムーの生き残りが持ってきたと
推測してみる

59 :ハニハ:04/08/28 17:39 ID:4oV6+6gx
火山の噴火で一夜で海底に沈んでしまったと言う伝説
です。

60 :名無的発言者:04/08/30 14:47 ID:7cCdGl08
伝説では正確には1日と1昼夜ですが、実際は1週間近く続きました。

61 :出土地不明:04/08/31 03:09 ID:hYbjpTbm
Ica stonesって言うみたいねカブレラストーンは。
Icaって地名

62 :出土地不明:04/08/31 09:00 ID:ELD+hoJB
ふーーん。
じゃあ今はどこに埋まってんねん!

63 :出土地不明:04/08/31 17:49 ID:rveD1NEB
ところでアトランティス大陸を最初に考えた人は誰なんですか?
なかなか面白い発想ですよ。

64 :出土地不明:04/08/31 19:05 ID:G1VzyiF+
本に書いたプラトンかプラトンに教えた人かエジプトの神官か他の人

アトランティス:ポセイドンの子供達が治めていたという神話にどれだけの事実が含まれてるか
ムー:経歴詐称で嘘つき男のホラ話
レムリア:動物学者の大した根拠もない仮説

65 :とてた ◆0Ot7ihccMU :04/08/31 21:23 ID:suNcLMTU
ミヨイやタミアラよりはマシ…と言ってみたり。

66 :名無しの自論さん:04/09/01 06:14 ID:BZWligJS
恐竜がいた時代、地球は今よりだいぶ小さく
重力も小さかった為、ブレピパロプスのような巨大恐竜も
普通に生活する事ができた。
エジプト文明が繁栄した時代も今より重力が小さかった為
ピラミッドの巨大石移動や製作も粗末な設備や
人員で製作されたものと思われる。

地球膨張に伴い大陸に裂け目ができ、
雨水で満たされるようになった。
やがて膨張とともに水面が広がり、
現在の海となった。

アトランティス大陸は隕石による大津波で
沈んだのではなく、地球膨張の地殻変動の為
土台が崩れ沈んでいった。

67 :出土地不明:04/09/01 08:48 ID:EbZhe8lo
>地球は今よりだいぶ小さく重力も小さかった為
>エジプト文明が繁栄した時代も今より重力が小さかった為
>地球膨張に伴い大陸に裂け目ができ

6500万年も大して変わらなかったものが
ここ数千年で急成長だな、オイw

68 :出土地不明:04/09/05 10:18 ID:eiRMcKvT
しかも重力が強くなったということは地球の質量が増えたってことで、
それにみあうだけの量の隕石がじゃんじゃん降ってこないといけないね。
やっぱり隕石にやられたんじゃね?w

69 :出土地不明:04/09/08 12:30 ID:b7KunPly
>>52
これが正解。

マルタ島には巨石文明の跡もあるしね。
そもそも、アトランティス伝説自体、
エジプト人の民族の記憶で、場所も適切。

ワダチが作られた(文明ができた)後に地盤が沈降したことも明らか。

一夜にして島が沈んだメカニズムもよく判っている。
あそこには、大陸プレート(ヨーロッパ・アフリカ)の
湧き出し口があって、上に乗っているアトランティスは
地下に空洞を持ち、南北に引っ張られる力を受けていた。

オリハルコンは、銅。青銅やら黄銅やら白銅やら
様々な色の銅の加工技術を持っていたんじゃないかな。

70 :出土地不明:04/09/08 14:10 ID:od82M2+M
>>69
プレートの上に乗っている島が、
下に空洞が出来るほどにそのままの位置をキープし続けたのか?
そして、ある日限界が来て一気に沈むと。

プレートと島を、テーブルクロスの上に載った皿みたいに考えてるようだけど、
そんなにはっきり分離してるもんじゃないよ。
アフリカ大地溝帯について調べてみるといい。

71 :出土地不明:04/09/08 17:07 ID:6dBkUdXH
> 大陸プレート(ヨーロッパ・アフリカ)の湧き出し口

ぶわははは、知らない用語をテキトーに口にするもんじゃないよ

72 :出土地不明:04/09/09 00:03 ID:BF3WtuYQ
>>69
マルタ島は、ユーラシアプレートとアフリカプレートの境界にある。

>>70
実際問題として、人工のワダチは海底に存在するのだから、
文明が起こった後に地盤が沈降したこと自体は事実であろう。

73 :出土地不明:04/09/09 00:16 ID:r5oFydv2
>>72
アトランティス伝説みたいに劇的な沈降がおきた証拠にはなってないよね。

>>70が否定しているのは文明が起こった後に沈降したことじゃなくて、
>>69がいうような無茶なメカニズムで沈んだことだろ。

74 :出土地不明:04/09/09 00:57 ID:BF3WtuYQ
ちょっと調べてみたところ、
マルタ島って土台が石灰岩質らしい。

仮に、沈降した大地も同じく土台が石灰岩質だとすると、
プレートの動きとは関係なく、内部に大空洞を持っていた可能性がある。

>>69のストーリは、島が溶岩質だとすれば、
(まさに皿のように乗っかっているだけで、パキッと折れやすいので)
それほど無茶なストーリではないと思いますが・・・

75 :鷂@軍板からの屯田兵 ◆Kr61cmWkkQ :04/09/09 20:58 ID:4P01zAyx
>>69
蒸し返しますが、逆ですよ。
ヨーロッパプレートとアフリカプレートの接点ですが、広がってるのではなく押し合ってます。
そうでないと、アルプス造山運動が説明できなくなります。

>>74
石灰岩質だからといって、島が崩落するような大空洞はできにくいと思いますが。
目下、世界最大の石灰岩空洞はサラワクチェンバーですが、高さ80mに過ぎません。
熱帯雨林気候で大量の雨を浴びているサラワクチェンバーでもこの程度なのですから
テチス海蒸発以来、湿潤気候の経験が少ないマルタで大空洞ができる可能性は低いですね。

76 :出土地不明:04/09/10 00:22 ID:eCKIGPBt
>>75
> ヨーロッパプレートとアフリカプレートの接点ですが、広がってるのではなく
> 押し合ってます。 そうでないと、アルプス造山運動が説明できなくなります。

これは間違い。アルプスが出来た主な原因は、
アプリアプレート(イタリアなどが乗った小プレート)が
北上してヨーロッパにぶつかって1つになったことと考えられています。

地中海に湧き出し口があるからこそ、その湧き出し口より北にあった
アフリカの北端が、切り離されてアプリアプレートとして北上したのです。
(アフリカの北端がやけに真直ぐなのもこれらが原因。)

また、石灰岩の侵食は海水によっても成されます。それによってできた
空洞は青の洞窟などと呼ばれ、数十メートル級の空洞になります。

ただし、侵食だけが原因なら、周りから侵食されるので、周りが沈降して中央が残るはず。
ところが実際には、端っこだったマルタ島ともう1つの島が残って、中央が沈降しているんですよね。

なので、謎も残るのですが、マルタ島に巨石文明後に沈降した大地があるのは事実です。
伝説がエジプト人の記憶に残っていた関係上、有力な候補地でしょう。

77 :出土地不明:04/09/10 01:17 ID:1p22r4+Z
マルタ島に謎の遺跡があるのは事実だが、
マルタ島だけを残して水没した謎の文明があるという話はどうだろう。
その論拠になってる轍って、そもそも本当に轍の跡なんだろうか。

シュメールよりも早く車輪を発明していたのかと言う疑問を置いても、
中国みたいに車輪の幅を統一して、土の道に轍をつけて動きやすくするというならともかく、
石灰岩に轍を刻み付けられたら、方向転換もロクに出来なくて滅茶苦茶不便だと思うんだけど。

それが海底はおろか、北アフリカやシシリーにまで続いてるってのも怪しい。
一番近いシシリー-マルタ間でも100kmくらいある。北アフリカだと軽くその倍。
そんな長距離は、当時の運送事情で考えると、
例え間が陸で繋がっていたとしても海路を使うのが普通なんだが。
隣に海があるのに、陸路で100kmオーバーを岩に轍が刻みつくほどのピストン輸送・・・アホですよ。

あと海底に轍の跡はあれど、
それ以外の島の上にあるような神殿の残骸があるって話も聞かないな。
その辺の資料や、轍の幅や深さなどの詳細データがあればもっと深く検証できるのだが、
マルタのは他の遺跡に比べて資料が少なくて困る。

78 :出土地不明:04/09/10 13:02 ID:eCpPx2Fq
>>76
>>69で「これが正解」と言いきったにしちゃ、ずいぶんと気弱な
発言になってきてるな。

いくつか疑問。
・もしそのメカニズムで沈んだんだったら、残ってるのが轍だけってのは逆に
不自然すぎねえ?(これは>>77とほぼ共通)
・「数十メートル級の空洞」が崩れて文明ごとあぼんするのか?
・空洞の崩落が原因とするなら、プレート云々は余計な話なんじゃないか?
・空洞が侵食によって形成されると言っておきながら、その直後に
侵食だったら周りから起こるはずというのは矛盾してない?
よほどの小島でないかぎり、周辺から均等に削れるほうがむしろ珍しいと思うが。
・地中海で沈降してるのは別にマルタだけじゃないわけだが、マルタとしなきゃ
いかん理由は何?たとえばよくあるサントリニ島説ではいけない理由は?


79 :鷂@軍板からの屯田兵 ◆Kr61cmWkkQ :04/09/10 18:27:42 ID:U3c7/Q6x
板違いな所でもめても仕方ないのですが、
人が地上に住むからには地質学も必要ということで勘弁して。

>>76
@マルタ付近で両大陸プレートが離れているというあなたの説は受け入れられません。
  私が間違いと判断した根拠は、この資料です。
              ↓
http://jp.y42.photos.yahoo.co.jp/bc/boat_sparrowhawk/vwp?.dir=/%bb%c5%bb%f6&.dnm=%c0%a4%b3%a6%a4%ce%a5%d7%a5%ec%a1%bc%a5%c8%a4%ce%ca%ac%c9%db.jpg&.src=ph&.view=t&.hires=t&jpls=

 ちなみに、もっと新しいNHK出版の「Nスペ『海』」の1巻にも、もっとわかりやすい図が載っています。
 カラーなので、図書館のモノクロコピーでは真っ黒になってしまいましたが…。

A石灰岩質の土壌全体が崩落・陥没するか否かが論点なので、
 海岸部の侵食しかありえない海食は問題外と判断したので、挙げませんでした。

                                              重ね重ね板違いゴメソ

80 :出土地不明:04/09/11 03:32:21 ID:/vahGTJM
>>77
マルタ島周辺に、海底遺跡はなくはないようですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/kodaiken/40000
調査して見つかってないのではなく、単に調査不足というのが実情でしょう。
ワダチは陸地にあるのと端がつながっているので、簡単に見つかるのですが。
(これがワダチばかり見つかっている理由です。遺跡がない訳ではないのです。)
ワダチと呼んでいるのは便宜上で、実際何であったかは不明です。
ただし、2本平行にあるなどの理由で人工物であるのは確かだと思われます。

>>78
76番の文章は、「沈降は侵食だけでは説明できない。何か別な理由があるだろう。」
と読めませんか? すべて的外れな質問です。

>>79
リンク先がパスワードを要求されて読めません。
少なくとも、アルプス造山時代ではプレートが湧き出ていましたし、
ユーラシアプレートの動きも、ある時代に北東から北西になった
とか言いますね。時代によってチョコチョコ動きが変わるのでしょう。
もし、海溝のようにぶつかって潜りこむ構造になっているのなら、
大地の沈降を説明するには、むしろ都合が良いですが。

81 :出土地不明:04/09/11 03:34:37 ID:HAmcXxh1
プレートの動きは数千年単位でチョコチョコ変わったりしないよ

82 :出土地不明:04/09/11 11:15:50 ID:/vahGTJM
何万年に1度でも、何十万年に1度でも、
その1回の変化が、沈降後にあれば同じことだと思いますが。

更に言えば、「海溝ならば(沈降説に)更に都合が良い」
のです。メカニズムに謎がなくなります。

(海溝、海嶺どちらだったとしても)
マルタ島の横が、有力候補を維持できるでしょう。

83 :出土地不明:04/09/11 12:33:35 ID:XG7DxjQw
まあ別にマルタがアトランティスでもいいよ。
結局文字も持ってない上、たかが一回の天災で滅びたくらいの、
時代に見合ったレベルの文明だったんだろ?

超古代文明とかアホな事言わないなら、俺はそれでいいや。
ヨーロッパだけでも何人が作ったのか解らない巨石文明はいくつもあるし、
その一つにアトランティスを当てはめるのは自由さ。

84 :出土地不明:04/09/11 12:43:10 ID:Az8Qxe9b
プレートの動きはチョコチョコ変わるものでも
ある日突然方向が変わるものでもないよ
時間のスケールがわかってないな

85 :出土地不明:04/09/11 21:26:58 ID:eC936sHn
>>80
>76番の文章は、「沈降は侵食だけでは説明できない。何か別な理由があるだろう。」
>と読めませんか? すべて的外れな質問です。
おいおい、くだらない逃げ打ってんじゃねえよ。
「何か別の理由」まで後退かい?
空洞ができて、それが落ちこんだ、という説なんじゃなかったのか?
自説を放棄するなら放棄するときちんと認めようじゃないか。

86 :フェイク:04/09/14 01:30:39 ID:TUkGNWbz
なんか存在すんだったら今の かがーくで実証できねーかなー。ピラミッドぱわーとか
さー今できんのかい?根拠は。微妙な遺跡ばっかで高度文明あったんかなー。ナスカとかじゃなくもっと
スンゲーハイテクで役立つ系とか便利とかさー。オリハルコンでアーマーとかさー

87 :( ’ ⊇’)裸眼ちゃん:04/09/14 15:34:34 ID:8A+vLdWN
。。

88 :出土地不明:04/09/23 12:03:28 ID:3EOT3OGt
test


89 :出土地不明:04/09/24 13:57:44 ID:GBh/mEKA
アトランティスの人達がネットで情報のやりとりをしていたらしい
ということが最近の研究でわかってきた

90 :鷂@軍板からの屯田兵 ◆Kr61cmWkkQ :04/09/24 21:35:11 ID:gX+UVyq0
>>89
                                       |
                      ,パ,ハ  ハリ ミエテルシ  |
                      ,; ´∀`';/^l            | フワフワ…
                   ,―-y"'u"゛u"  |           ;'~゛'; ) )
                   ヽ   ´ ∀ ` ゛':           ゛'J''
                   ミ         ミ., しけたエサもさ
                   ':;  ミ;,,.,.,)  (,.,ミ
                   ミ        :;
                  ミ゛゛';:, ~)   :,,  ~)
                   `゛ "`'''~^"~'''゛"''" 
   \
    \   パ,ハ フィッシュ オン ! ====
      \ ;'´∀`',;/^l  ======
      ,―\u''^u゛´  |  そんな餌にもっさりさんがモサ――!!
      ヽ  ∀ `   ゛';,
       ゛ミ       ゛,づ;  =====
        ':;  ゛'つ  "  ミ ====       (´⌒
        ミ        ':;   ====== (´⌒;;(´⌒;;
        ミ゛゛';:, ~)   :,, ~)  ;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ
         `゛ "`'''~^"~''゛"''"  (´⌒; (´⌒;;;(´;;⌒  (´⌒;;
                                     ネットでやりとりしてたのは貝ですよ。

91 :出土地不明:04/09/26 17:10:24 ID:/Oo9ZeXE
1万年前といえば、ヤンガードリアス期などとも重なる時期で、
氷河時代が終わって、温暖化し、その後、北米大陸にあった
大氷床が、いっきにとけて、北大西洋に流れ込んだ時期でもある
し、同様に、海面がはげしく上下した時期なので、当時の海抜
の低いところは、大洪水にも見舞われたし、数年の間に、突然
大地が現れたりということが繰り返された時期なのだ。
だから、地核変動なんぞ考える必要もなく、アトランティスの
ような話は、世界中どこにでもあった話なのだ。

92 :出土地不明:04/09/27 02:10:25 ID:9YU699qM
学術用語使うとみせてしょうもない電波とばすのはやめようね。



93 :出土地不明:04/09/27 11:49:31 ID:2qZoM0/H
気候が現在のように暖かく安定して農耕するのに適当になったのって1万前だろ?それ
以前は平均気温が低い上に10年で6℃上下してる。とても農耕,牧畜なんて出来ない。
文明が発達するには社会が必要。1万年前にようやく社会が成立する条件がそろい始めた。
だから1万年以上前に文明と呼べるものがあったとは考えられない。日々目まぐるしく変化する
気候、気温に左右されながら食うや食わずで毎日をなんとか生きていた。そんな感じだったはず。

94 :出土地不明:04/09/27 21:59:35 ID:DIZBmdBc
>>93
たしかに、ヴュルム氷河が終わると、気候が超不安定な時期になり、
数年で数度の平均気温の変化があったのも最近のグリーンランド氷床
のボーリング調査などでわかっている。だから、そのころ農耕ができ
なかったのは事実だし、また、氷河時代においても、農耕をした形跡
がないのも事実。
しかし、後期旧石器時代の革命的な変化はすさまじく、新しい技術が
つぎつぎと生まれていた時代(もっとも、2万年とか3万年の間の
話だから、新しい技術が、せいぜい数百年ごとに、程度なんだが)
だから、かなり氷河時代の気候などにも適応していたと思う。
当時の化石人骨は、背も高く、筋骨隆々(ネアンデルタール人ばかり
ではなく、新人も現代人よりはずっとすごい)で、脳容積も大きく、
かつ、非常に活動的で、遠隔地交易もしていたことがわかっている。
食料事情も氷河時代末期はかなりよく、安定した時代だった。
農耕が始まると人口爆発で(おもに女性の出産周期が短くなったこと
による←これは、定住のせい)、非常にかつかつの生活をしていたの
だから、ヴュルム氷河期末期の、極寒の時代に、人間の文明の一つの
ピークがあった可能性がある、、。
がしかし、そこに「大氷河文明があった」とかいうとトンデモなので、
今は、せいぜい「そういう遺跡があっても、海面の下だから、今は
わからない」といっておく。

95 :出土地不明:04/09/28 00:01:07 ID:4By71A+/
頭の大きさと頭脳とは特に関係がないですね。 頭がでかいから新しい技術を身につけられる
だから昔文明があったというのは違うし。 
遠距離交易は何万年まえから始まってる。 だからといって文明とは言えない。
海底に文明があったらとっくに見つかってるでしょ。 ランドサットなどなどあるし
海底ケーブルも世界をつないでいるから、どこかであたってるはず。 
オカルト考古学は面白いけど学術的価値はないね。 残念!


96 :出土地不明:04/09/28 00:02:43 ID:R/gMg7jf
考古学じゃなくて好古学だろ

97 :出土地不明:04/09/28 00:15:58 ID:0r9EYgcq
>>95
もう少しおつきあいいただくとして、、。94です。
えっと、境屋太一が、「知価革命」書いたときにいっていた、
歴史の循環論があって、
始代 原始的農耕の時代。抽象的、呪術的な時代。生活は苦しく、
   ただ、暇だった。
古代 灌漑農業が始まり、食料豊富、合理的精神、科学の発達、
   ただ、忙しかった。奴隷制の時代
中世 古代の拡張が終わって資源が増えない状況での耐乏生活、
   抽象的、宗教的な時代。生活は苦しく、ただ暇。
近代 新世界の発見。再び旧世界人の拡散。食料豊富、合理的精神
   科学の発達、忙しくて、奴隷制復活の時代。
で、これから、どういう時代なのかは別にして、あきらかに近代とは
別の、資源が足りないとか、ネットばっかりで現実逃避とか、
そういう方向の社会になるかどうはしらないが、でも別の時代になり
つつあるとしよう。
さて、そうすると、この繰り返しを未来ではなく、過去にのばすと、、

原始時代(後期旧石器時代) 人類がアフリカ、中近東から世界に
     拡散した時代。資源は使いほうだい。食生活は豊か。
     忙しく働き、いろいろな発明(ってことは合理的精神、
     科学的精神があったってこと)。写実芸術(ラスコー
     とかアルタミラとか)。奴隷制もあったかも(たとえ
     ば、ネアンデルタール人を搾取していたかもしれない)。

というのがあって、だとしたら、これは文明だろう。これを、
大氷河文明と呼ぼう。

ではでは

98 :出土地不明:04/09/28 00:43:14 ID:4By71A+/
文明をどのように定義するかだね。 
今、文明と呼んでいるモノは現在の我々の解釈で定義してるわけだから。
今と比べ昔はどうだったという発想は結局現在の解釈しかできない。
現代の枠ではなく当時のものの考え方、発想をもって考えることができれば
考古資料はよりよいものになるのでは? その意味で大氷河文明は意義がある!
よくわからんって? そーだ難しいね、随分哲学的だ。 

99 :出土地不明:04/09/28 01:00:06 ID:ttE552iB
>>98
最近では、文字(のようなもの、記号による情報記録、伝達)が、
かなり昔からあったのでは、という話があって、それほどトンデモ
ではない人たちが、かなりまじめにやっている。
少なくとも、ラスコーやアルタミラの写実的絵画は、新石器時代
の抽象的呪術的芸術や、中世ヨーロッパの宗教画などよりも、
ずっと写実的であるし、彫刻などもすばらしいものが出ている。
これは、当時の人たちの精神が、非常に写実的で合理的であった
ことを表す。当時の人口密度が小さかったことなどにより、技術や
道具の高速な普及とか、伝搬というのはなかったから、いろいろな
発明が出てはなくなり出ては消えるというのを繰り返していたので、
数万年かかってしまったが、当時の進歩の速さは、すごかったのでは
と思う。
たとえば、ビーナス像などが多数出ているが、それらはおそらく、
当時のもっとも優れたもの、というわけではあるまい。
アルタミラやラスコーも、もっとすごいものがたくさんある中で
残ったのがたまたまあれだったということになる。
この手の洞窟の中には、海の中に入り口があるものもたくさんある。
だから、きっと、海底にいろいろあるにちがいないのだ。
大氷河文明、すばらしい言葉ではないか。
ではでは。


100 :出土地不明:04/09/28 18:18:50 ID:DiSYpup7
二人で怪電波をとばしあってるのか、まったくの自演か。

氷期に人間がやってたことを妄想して、その内容を大氷河文明と呼びましょうと
言ってるだけ。

101 :いなむらきよし:04/09/28 19:22:13 ID:1p/v3pfC
奇形時代(^^)

102 :出土地不明:04/09/30 00:55:29 ID:upHQNxBq
age

103 :出土地不明:04/10/01 00:03:32 ID:J+H1R7Nu
アトランティスなんて所詮はいい加減な伝説でしかない。
たとえ書物が見つかったとしても、どれほどの信憑性があるかわからない。

そんなことよりバナナの歴史でも調査したほうが有意義ではないだろうか。

バナナの歴史
http://www.jff.co.jp/banahistory0527.htm
犬の歴史
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Tama/1427/study/kiji/2_1.htm#2
農耕と牧畜
http://www.mahoron.fks.ed.jp/kancyou/14kancyou9.htm

104 :出土地不明:04/10/02 11:21:58 ID:Afc428t4
今アトランティスからの書き込み中です。

105 :出土地不明:04/10/02 22:54:49 ID:G75LG0z4
イリヤッドを読んでる人はいるのかな?

106 :出土地不明:04/10/03 01:00:24 ID:XNiFb77N
>>105
多少読んでみたが、まだ終わっていない。
かなり長いしなぁ。
ヘロドトスは面白い。まだ読み終わってないが。
ゲルマーニアも面白い。

107 :出土地不明:04/10/04 23:29:00 ID:4Zv9FfVa
実はなアトランティスは海に沈んだのではなく、
その昔栄えた海底都市だったんだよ。元々海の中に作られた国だったわけだ。

108 :出土地不明:04/10/05 14:39:48 ID:5lPPyyeL
一万年以上前は文明と呼べるものは無かったかもしれないが人間が集団生活を送る以上何かしらの意志の発露(壁画や石器など)
と呼べるものがあるのは当然だと思う。ただ大きな建造物となると気候が変動しているから大木はなかなか必要量育たない。
建築に使用可能な巨木って何百本も入手できなかったろうし長い間労働に従事することが難しかったはず。それに精密な建造物
建てるには建築家っていう専門家が必要。当時の事情から建築だけやって食べていく人間が生み出されるはずがない。
石は腐らないから都合の良い時期に労働することを可能するし難しい設計図も必要ない。しかも全員の力を必要とするから
重労働を通じて集団内の団結も図れる。巨石は一番適した材料だったんじゃ?日本の場合だと青森の三内丸山や諏訪の御柱も当時
としては超貴重な巨木を集団の労働力を使って自分の土地に立てることは大きな意味があったんじゃ?


109 :出土地不明:04/10/05 21:37:27 ID:H5gNj5Dl
>>108
まず、5万年前の後期旧石器時代の文化大爆発から以降は、
とうぜん、人間の生活は劇的に変化し、それ以降の遺物は
いろいろと残っている。
まず、狩猟採集生活については、当時の人骨などからして、
農耕が始まった新石器時代にくらべて、ずっと頑丈で、かつ
栄養状態がよいことがしられている。
また、これは、現在の狩猟採集民族の生活からも、農耕民
一般にくらべれば、はるかに豊かな生活をしていたことが
しられている。余暇の時間も一般には長い。
建築については、マンモスの骨を利用した住居あとが、
氷河に近い地帯から多数出土している。
かなり大きな家であるから、それほど短期的なテントという
わけでもなく、季節ごとにベースにしていた可能性が高い。

たぶん、一番の問題は、って文明にならなかったとしたら、と
いう意味だが、おそらく人口密度だろう。農耕が始まってから
人口の爆発があり(食料事情がよくなったからではなくて、
たんに定住のために、女性の出産周期が小さくなったためだ)、
そのために、人口密度が著しく高くなったことが文明への一歩
だった可能性がある。

110 :出土地不明:04/10/11 14:48:51 ID:hl/PztM4
人口が爆発しても生きていけたというのは
食糧事情がよくなったからに他ならないと思うが。
狩猟採集民族の栄養状態が良いのは、農耕民より
病気や怪我で死ぬ確率が高いのと、何年かに一回
起こるような飢餓の影響が強烈で、ボトルネックと
なって人口が増えないため、通常の期間は
人口に対して縄張りの自然生産力が高いからだろう。
そもそも、丈夫で頑丈なマッチョマンでないと、
生き残れないのではないかな。その時代は。

111 :出土地不明:04/10/11 15:49:34 ID:xQhundg9
一通り読んだが、ここは考古学板なのに
何で一番信憑性が高いと言われる
サントリーニ島噴火説が出ていないんだ?


112 :出土地不明:04/10/11 21:15:26 ID:A4gmXfJ0
サントリー噴火説って何よ?

113 :出土地不明:04/10/11 22:54:20 ID:zTWq1ROM
サントリー響

114 :出土地不明:04/10/12 00:06:43 ID:3mu5ayXM
実際は大して信憑性もないからじゃね?

115 :出土地不明:04/10/12 12:47:20 ID:gaEvA6Of
アトランティスとの関連性はともかくとして、
サントリーニ島にかつてミノア文明の都市が栄えていたのは事実。
有名な「ボクシングをする少年」とか「漁師」とかが出土したアクロティリ遺跡は、
最盛期には2万人の人口を抱えていたと推測され、当時としては異例の巨大都市。
ttp://www.amateras.com/trip/greece/san.htm

ttp://www.blueislandholidays.com/en/places_volcano.htm
↑が現在の島の形。アクロティリ遺跡が栄えていたころも、すでに
中心部がカルデラ湾になっていた↓。
ttp://www.decadevolcano.net/santorini/preminoan.htm
噴火の時期については幾つか異論がある。
年輪などの調査から、紀元前1628年前後に地球全体に影響を及ぼした
巨大噴火があったこと(過去1万年で最大級)が確かだが、
それがサントリーニ島の噴火かどうか決着していない。
クレタ島の遺跡との兼ね合いから、もっと遅い1500年頃を想定する説もある。
(出土品の炭素13の結果はかなり誤差がある)


116 :出土地不明:04/10/12 12:59:17 ID:gaEvA6Of
クリティアス原文英訳
ttp://classics.mit.edu/Plato/critias.html

ティマエウス原文英訳
ttp://classics.mit.edu/Plato/timaeus.html

読めば分かるが(実際に言及している部分は非常に少ない)、
アトランティスは9000年前に存在したと言ったすぐ後で、
暗黒時代前のアテネの町が勇敢にアトランティスと戦ったと記述しているし、
またエジプトやギリシアに攻め入ったとも書いている。

アトランティス=クレタ島+サントリーニ島噴火と考えれば、9,000年とか
島の中央の平野の長さが55スタディアだとかアフリカ+アジア大陸よりも
でかいとかいった異常に大きい値は説明できなくても、
島の中心の港まで川がつながっているとか温泉がわき出ている
(サントリーニ島の形状)、あるいはエジプトや暗黒時代のギリシアと
同時代的に戦闘を行った(海洋国家ミノア文明や、テーセウスの伝説)
とかいった記述を全部説明できる。

もっとも、長さ、古さの桁を1つ下げるとか、
モーセの出エジプトと関連付けたりとかはかなり眉唾だと思う。


117 :115:04/10/12 13:02:45 ID:gaEvA6Of
>>115
訂正

炭素13→炭素14

放射性同位体は炭素14。
炭素13では、NMRは測定できても年代は測定できません...orz

118 :出土地不明:04/10/12 17:26:13 ID:64SVA6nx
>>111
いちおう>>78で一瞬だけでてるが。

単にメジャーすぎてネタにもならんからだと思ってたが、112以降を
みるとそういうわけでもなさそうだな。

119 :出土地不明:04/10/13 01:37:52 ID:p4s73aR0
>>116
ちょいと、ヘロドトスを読んでみたが、あそこの中で、
ヘロドトスは、エジプトの王朝、王の年代記をエジプトの神官
から教えてもらった上で、エジプトの王朝は1万年以上前から
あったと判断している。ところが、エジプトでは、文字になった
のは、ナルメル王の時代で、これがどうやら南北のエジプトの
統一の時代だったのだが、現在の考古学では、紀元前3000年
ごろ。ヘロドトスの時代から2500年前だから、そうなると、
アトランティスの1万年前っていうのも、プラトンの時代から
1万年前だとしても、実際は、紀元前3000年とかせいぜい
4000年前だったという考察も可能だと思う。
そうなれば、これは、ごく普通の古代文明の時代で、十分に発達
した銅石器時代といってよい。ヨーロッパでは文字のようなもの
も出始める時代だろうし、これは、アトランティスが普通の
古代文明だという意味なのかも。

120 :出土地不明:04/10/13 15:08:43 ID:8zoYbLLt
>>119

ヘロドトスの歴史によると、あるギリシア人がエジプト人の神官の前で、
自分の先祖を十何代か遡ると神につながると自慢したら、
エジプト王朝の歴史が始まって以来、一度も神が地上に具現化した
記録はないと失笑されたそうな。

同じシチュエーションがティマエウスにも出てくる。

ソロンがギリシア神話の洪水伝説について語ると、エジプトの神官が、
そのような災害は過去に何度もあったと訂正する。
ギリシアは、せっかくある程度文明が発展しても災害の度に
歴史が断絶し、過去の記憶が失われてしまう。そしてそこから
過去の忘れ去られた栄光として、アテネがアトランティスと互角に
戦っていたと、神官がソロンに語るという形で
アトランティス伝説が記述される。

ソロンが友人であるクリティアスの曽祖父にアトランティス伝説を伝え、
それをクリティアスの曽祖父が息子の初代クリティアス(=クリティアスの祖父)に伝え、
それを初代クリティアスが孫のクリティアスに伝え、
それをクリティアスがソクラテスやティマエウス、ヘルモクラテスらに語るという形式で、
プラトンはアトランティス伝説を書き留めている。


121 :出土地不明:04/10/14 02:17:08 ID:bLAc1OBs
伝言ゲームですな。
伝言されてくうちに、美少年が、
「身長3m顔はフランケンシュタイン身体はキングコング
ダンプカーを片手でひねり潰す極悪非道残忍無比の誘拐犯」
としまいには、なってしまうという。

122 :出土地不明:04/10/14 12:01:00 ID:rItAPzW1
氷河時代、海面の高さが低くイギリスとフランスの間が陸続きに
なりドーバー海峡が一本の河だった頃にその河の周囲に大変栄えた’is'と
いう都市があったと聞いたことがあります。Parisはpar-isでisのようにな
都市になりたくてつけられたとか。アトランティス伝説はこの海面下に
沈んだisについての伝説なのでは?だれかisについて知ってる人います?

123 :出土地不明:04/10/14 12:28:36 ID:39oDjgwq
>>122
>Parisはpar-isでisのようにな都市になりたくてつけられた

それ、ただの伝説、それも中世に入ってからの(中世ヨーロッパの)。

パリ(ス)の語源は、ケルト系パリシー族の拠点集落があった場所だから。

124 :出土地不明:04/10/14 14:20:51 ID:lapqsn+V
マルタ島の轍って前に世界不思議発見でやっていたやつだよね?
レポーターは大仰に驚いていたけど、只の引っかき傷か割れ目にしか見えなかったし
そもそも、石灰岩特有のごつごつした地形で車輪が有効とは思えなかった。
あんなところで荷車など使った日には、岩に引っかかって直進すら難しいと思う。

125 :出土地不明:04/10/15 12:09:43 ID:SzAYUBQw
123さん、ありがとうございます。そーだったんですかぁ,ホントだったら
すごい事実だぁってわくわくしたんですが…。

126 :出土地不明:04/10/15 16:38:23 ID:is8W8Wg2
大日本帝国>>>>(超えられない壁)>>>>>アトランティス

だからどうでもいいよ

127 :出土地不明:04/10/15 23:55:31 ID:68O/XB/x
>>123
ラテン語名の Lutetia は?

128 :出土地不明:04/10/16 16:58:38 ID:ZNqIKemV
パリのラテン語名 Lutetia は、
Lutetia Parisiorum の略称ではなかったっけ?

129 :ササキ:04/10/26 13:38:46 ID:5hBAGOJu
南極大陸の下に眠っている。地軸がずれて極点の方になり凍ってしまった。氷の
下を掘れば出てくる。

130 :出土地不明:04/10/26 13:45:23 ID:VfN+Aa5Z
>地軸がずれて極点の方になり凍ってしまった

磁極がズレて……と言いたいのか?
どっちにしてもいつのことだよ??

131 :ササキ:04/10/26 13:59:55 ID:5hBAGOJu
>>130
グラハム ハンコックの「神々の指紋」読んでみい。おもしろい。いつのことか
わかりっこねーだろー。



132 :出土地不明:04/10/26 15:11:30 ID:BqvsQzdJ
>いつのことかわかりっこねーだろー。

はて、磁極の移動なら概ねの年代はわかるはずだが。

それはともあれ、
>それぞれの話題に応じて適した板を選びましょう。
>遺跡を伴わない伝説に関する話題は ⇒オカルト

133 :出土地不明:04/10/26 15:15:52 ID:BqvsQzdJ
>氷の下を掘れば出てくる。(>>129
とか断言しとるのに

>いつのことかわかりっこねー(>>131)
などと言われてもね(w






134 :出土地不明:04/10/26 15:24:21 ID:OpBaXrQ0
>>地軸がずれて極点の方になり凍ってしまった
>磁極がズレて……と言いたいのか?

地殻ってチンポの皮みたいにズルズル動くもんだと思ってるんだよ

135 :出土地不明:04/10/28 10:27:33 ID:+vhjcYLK
アトランティスって地中海にあった都市国家をモデルにしてんじゃないの?
当時の航海術で太平洋や大西洋に出かけて恒常的に貿易してたとは考えられないし、
自分達と文化的に同じで人種的にも同じって感覚だからそんなに遠い場所じゃない。
ギリシャ文化の影響下にあったと考えると地中海付近と考えるのが適当かと。
地中海で沈んだ都市って無いの?

136 :出土地不明:04/10/28 20:07:17 ID:AoutPLSS
>>135

とりあえず>>115が一番の有力候補とされている。



137 :出土地不明:04/11/15 18:00:05 ID:Wojj0Qz8
キプロスからの報道によると、同国南部リマソルで14日、米国の研究者が記者会見し、
キプロスの南東沖の地中海海底で「失われた文明」として知られる
「アトランティス」の跡とみられる人工の構造物を発見したと発表した。
しかし、キプロス政府の考古学者は「もっと証拠が必要だ」と懐疑的な姿勢を示している。
発表したロバート・サルマスト氏は「れんがやモルタルなど確かな証拠はないが、
状況から見て間違いない」と述べた。
同氏の調査チームは、キプロス沖約80キロ付近を深海音波探査装置などで調査。
今月初め、キプロスとシリアの間の水深約1500メートル付近の海底で、
水没したとみられる丘を発見した。
丘には長さ約3キロに及ぶ壁や壁に囲まれた頂上部、深い溝とみられる構造物が確認できたという。 
アトランティスは高い文明を誇ったが、1昼夜で水没したとされる島または大陸で、
古代ギリシャの哲学者プラトンが書き記したことで知られる。 (共同)

http://www.sanspo.com/sokuho/1115sokuho029.html

138 :=137:04/11/15 18:02:06 ID:Wojj0Qz8
>>137の引用元はサンスポなんすけど
発信は一応、共同らしい。

アトランティスかどうかは置いといて(w)
誤認や捏造でなかったら、キプロス沖海中遺跡って
位置的に渋い気がするんですけど。どうなんでしょう?

139 :出土地不明:04/11/15 18:40:40 ID:HsFsZrZH
読んで信じてる人まだいたんだ…

140 :出土地不明:04/11/15 19:54:24 ID:ZNocy/iG
年代がわかるような遺物は出てないのかね・・・
でもあのへんはウル=ブルンみたいに交易船が難破しまくってたみたいだし、
陶片くらいじゃ簡単には断定できない気もする。

141 :出土地不明:04/11/15 20:53:53 ID:uDXR28KH
> 丘には長さ約3キロに及ぶ壁や壁に囲まれた頂上部、
> 深い溝とみられる構造物が確認できたという。 

自然にできた地形じゃなくて構造物だ、とする根拠がわからんうちは
何とも言えないな。まあ「潜水艇で見た」とかじゃなくて音波探査で
水深調べて地形図書いたら「そう見えました」ってとこだろう。

普通に考えたら1500m以上一気に沈んだら、そんな構造物が残るはずも
ない。沈んだメカニズムも一緒に説明できなきゃ話にならない。

アメリカにもキムラセンセイみたいな人がいるんだね。

142 :出土地不明:04/11/15 21:30:00 ID:ZNocy/iG
火星には溝があるみたいなw

でもまー確かに水深1,500mって・・・あの辺そんなに海岸線変動も起こってないはずだが。

143 :出土地不明:04/11/15 23:04:34 ID:iAHMj0ve
キターーーーー

144 :出土地不明:04/11/15 23:45:39 ID:N6f0W+3I
地中海ってもっと浅いのかって思っていた。

145 :出土地不明:04/11/16 18:51:17 ID:jxvTSjmx
内海だから意外だろうけどあのへんかなり深いんだよな
地中海だと4000〜5000、黒海なんかでも最深部って3000メートル以上あったはず

146 :出土地不明:04/11/16 23:27:47 ID:zYTe8Jcc
南極大陸にまだ見ぬ文明をお求めのアナタに朗報!

12月いよいよ大公開「AVP」!

147 :出土地不明:04/11/16 23:40:52 ID:0OYwMK1V
>>137
地元紙に載ってた写真には、双耳の尖底壷がたくさんあった。
どうみてもアンフォラにしか見えんかったのだが・・・

148 :出土地不明:04/11/17 19:01:41 ID:Ga53Tuoc
DNHAって主に鉄器時代T期〜U期の産物じゃないの?
何かで沈降したにせよそれほど古いもんじゃないじゃん

149 :出土地不明:04/11/18 10:47:17 ID:6QaMuzzp
キプロスで見つかったそうだよ!!

150 :出土地不明:04/11/18 12:51:57 ID:Q0Fb2xRy
地中海でなにか古そうなものみつかったらとりあえず「アトラン
ティス」と口走ってみる、ってのが定番なんだな。
日本の「邪馬台国」、中国の「夏王朝」などなどといっしょ。

151 :出土地不明:04/11/27 21:15:32 ID:6rTscDF7
山の老人となんか関係あるのですか?
マンガの読みすぎ?

152 :出土地不明:04/11/27 22:06:32 ID:GNmWXIud
藤村先生、もーいいでしょ?これ以上ねつ造はいかんよ。

153 :出土地不明:04/12/02 09:17:18 ID:rbir8sfg
>>121
>伝言されてくうちに、美少年が、
>「身長3m顔はフランケンシュタイン身体はキングコング
>ダンプカーを片手でひねり潰す極悪非道残忍無比の誘拐犯」
>としまいには、なってしまうという。

マライヒですかw


154 :出土地不明:04/12/08 14:25:44 ID:gf0Fd338
ビッグコミックにイリアッド 入谷堂見聞録ってあるよね。
似たような亘堂見聞録って言うの発見
http://blog.goo.ne.jp/tatikoma2004/

155 :出土地不明:04/12/15 16:29:09 ID:S/1qoS8r
↑ 無関係じゃないか!

156 :出土地不明:04/12/17 00:37:25 ID:m57LOsEL
>154
あの「イリヤッド」とかいう漫画な何なの???
いつも飛ばし読みしている。
知識的に間違った事はいってないにしても
シュリーマンの話しと日本の因幡の白兎の話しが脈絡もなくでてきたかと
思えば、またシュリーマンと「最古の映画フィルム」
の話し(エジソンだのリュミエールだの)に飛ぶし、
歴史をやりたいの?考古学をやりたいの?
ヘンに歴史ロマンなんかもってる人がよんだら勘違いしそうな展開に
うんざり。
しかも、絵もクドイし。
同じクドイなら「ダンデライオン」の方がまし。


157 :出土地不明:04/12/17 11:21:35 ID:fBPSEaa1
漫画相手に何をムキになっているのかと。

158 :出土地不明:05/01/10 18:41:12 ID:+qsjN3JL
その漫画に関連してなにか参考になる本をご存知のかたがいらしたら
教えていただきたいのですが。いろいろ探してて竹内均のアトランティスの発見
というのを読んでみたんですがそれではサントリーニ島説ですが
漫画ではその説は否定されてるみたいです。それとプラトンのティマイオスと
クリティアスは日本語で読むには全集しかないんでしょうか。


159 :出土地不明:05/01/10 18:48:33 ID:aL7LMIna
とりあえずおちつけ。

160 :出土地不明:05/01/12 01:17:57 ID:xFda96Bq
古代文明の謎はどこまで解けたかT、Uなんかどうでしょ?
Tではアトランティス(タンタリス説)でアトラスとタルタロスの神話的
関係が…。
Uにアマゾネスについてチョロッと書かれてる。が
ディオドロス・シクルスについては否定的だったような。

161 :出土地不明:05/01/12 01:59:10 ID:8yWNvWmv
オリハルコンはホントにあったのかよ?

162 :とてた ◆0Ot7ihccMU :05/01/12 21:40:13 ID:HeMaMbGH
>>156
そこそこ面白いですよ。
…もっとも僕が専門知識に疎いからでしょうけれど。
>>161
真鍮だそうです。

163 :出土地不明:05/01/13 13:29:00 ID:xTtOgFnz
>>161
オリハルコン(オレイカルコス)っていっても、プラトンの作品の中では
「炎のようにさんぜんと輝く」高価な装飾品としてしか登場していない。
単語としては、οροσ(オロス:山)とχαλκοσ(カルコス:銅)が繋がったもので、
実はプラトンの「クリティアス」以外にもオレイカルコスは登場する。
作者不詳の「ホメロスの賛歌」という作品が初出で、次がヘシオドスの
「ヘラクレスの楯」。この他10作品ほどでオレイカルコスという金属が登場するが、
何れの場合も「真鍮」か「青銅」と翻訳されている。ラテン語のorichalcumも、
喜劇作家プラウトゥスの作品の中では「真鍮」として登場する。

アトランティスで産出したというオレイカルコスの一番の有力候補は、
当然ながら青銅か真鍮などの銅系の合金か銅そのもの。
このほか鉄、ダイヤ、琥珀、顔料など諸説がある。
もちろんアトランティスの話が100%プラトンの創作という説だってあるんで、
そうなってくると候補もへったくれもなくなる。


164 :出土地不明:05/01/13 14:11:26 ID:K3m9lUId
σでなくsですよ

165 :出土地不明:05/01/13 17:25:53 ID:xTtOgFnz
>>164
全角のシグマが一種類しかないからしょうがないじゃない。
それにsだって破れたシグマと少し形が違うし。


166 :出土地不明:05/01/13 18:45:29 ID:K3m9lUId
言語の設定で変えられるみたいよ
俺はやってないけど

167 :出土地不明:05/01/15 00:16:25 ID:/WaHlPlZ
>>160
ありがとうございます。今度本屋にいったらさがしてみます。
あまり知識ないながら興味をもって読んでるんですがすこしでも
予備知識増やした方がおもしろく読めるかなとおもっていたもの
ですから。今号で出てきたディオドロス・シクルスなんて全然しら
なかったんですけど、否定的にしろその本でもとりあげられてる
ということはアトランティス関連では知られてる人なんですね。
参考になりました。

168 :出土地不明:05/01/15 11:01:25 ID:FO/cQy7H
>>167
言葉足らずですみません。
この本はアトランティスの専門書ではありません。
ディオドロスに関しては、アマゾネスの章でアマゾネス研究?
の中で紹介されているだけで、特にアトランティスとアマゾネスの
関係に言及しているわけではなかったと思います。
アトランティス人とアマゾネスの戦争?という突拍子も無い話が
信憑性にかけるんだと思います。(立ち読みなので記憶が…)
期待させたとしたとしたらすみません。
でも、サントリーに説や大西洋説、南極説なども否定的に言及されて
いて、概観するにはいいかも。


169 :出土地不明:05/01/22 16:38:43 ID:7NNZ+nqG
>>168
度々ありがとうございます。今週本屋に寄ったので探してみました。
残念ながらVのみでTとUは在庫ありませんでした。またどこかで見つけたら
みてみようとおもいます。今号「イリヤッド」はテンプル騎士団の次は
ネアンデルタール人の話まで出てきて、どう関係してくるのか・・・

170 :出土地不明:05/02/12 05:04:59 ID:9mxDALUX
ς

171 :ららるー:05/02/27 16:29:14 ID:5qPPNi1x
南山宏説支持

172 :出土地不明:05/02/28 20:57:46 ID:Gh8n7oBf
鯨統一郎の「新・世界の七不思議」を読了
皆さん、この本のアトランティスの解釈どう思います?

173 :出土地不明:05/03/03 22:29:10 ID:K+BjCJgo
あくまで軽い読み物としちゃあOKなのでは?
でも新進気鋭の学者先生が、あれで納得してしまうとは思えないけどね。

174 :出土地不明:05/03/04 20:47:10 ID:tiRn6Fgh
鯨統一郎さんて、あの「邪馬台国はどこですか?」の人だよね。
「新・世界の七不思議」というのはこれの世界史版みたいなものですか?
だとしたら、期待しちゃうな。


175 :東京環状:05/03/20 22:53:31 ID:67CntcMQ
日本のアニメ。ガンダムシードに代表される、高性能高機動端末兵器による戦闘・・・
sのアニメの発想は、もしかしたら日本人の遺伝子奥深く刻まれた記憶の為せる技なおであろう。
そう、日本人はアトランティス人の末裔なのだ

176 :出土地不明:05/03/20 23:48:13 ID:uIWfHfo6
>>175
アニメで描きやすかっただけ。

177 :出土地不明:2005/03/21(月) 09:54:42 ID:Dyp4h4eF
--ローカルルール--
東京環状のカキコ・自作自演には決してレスしないように。
同じIDの連続投稿は、ほとんどの場合、東京環状です。
※ハンドルは必ずしも「東京環状」ではないので注意。
叩いても反応します。叩きも完全スルーでお願いします。
また、1行コピペも禁止です。



178 :出土地不明:2005/03/27(日) 02:34:18 ID:cnQHEJMU
考古学といえば
ピラミッドとアトランティスの謎に集約されるね

ピラミッドの真意を誰も解明できてないところがなんとも魅力的
アトランティスの伝説は現代文明の行く果てに
サイレンを唱える何かのようにも感じる

179 :出土地不明:2005/03/27(日) 02:40:15 ID:KgfI6dhQ
この種の低能が根絶されないというのが永遠の謎だな。
ここまでバカなのにどうして生きていられるんだか。

180 :出土地不明:2005/03/30(水) 17:09:53 ID:OWC5xgvS
教授ですら解答に困るのだから面白いよな>ピラミッド

181 :出土地不明:2005/03/30(水) 17:17:50 ID:hAupmo1W
黒人、白人、黄色人のルーツを黒人にまとめてしまうのもどうだかね

182 :出土地不明:2005/03/30(水) 17:19:26 ID:1hthtAXv
>>180 吉村?

183 :出土地不明:2005/03/31(木) 00:37:53 ID:lG50Ms12
>>178
ピラミッド築造については、農閑期の失業対策ってことでおおむねかたづいた
んじゃなかったっけ?

184 :出土地不明:2005/03/31(木) 15:33:24 ID:+EY3OYLY
確か「飯場」も発掘されてましたな。

185 :出土地不明:2005/04/06(水) 00:12:38 ID:LVmUlu/A
>>183-184
それはよいのだが、農閑期の失業対策としても、その労働力動員のための
資金はどこからでていたのだろうか?

186 :出土地不明:2005/04/06(水) 12:44:37 ID:65ApjHZu
>>185




187 :出土地不明:2005/04/07(木) 02:49:45 ID:GicueZXU
>>186
国として、その国の財政はどうする?

188 :出土地不明:2005/04/07(木) 12:59:01 ID:YE5yPQaS
>>187
税でまかなう以外に方法が?
まさか、「収入がないから国家破産」とか抜けたことを言おうと
してるんじゃないよね?

もっとも、失業対策説にしても、あくまで推測にすぎないんだけどね。

189 :出土地不明:2005/04/08(金) 00:15:32 ID:NaRdVYFa
>>188
どうやら、かなりはっきりしてきたのは、いわゆる鞭でたたいて、
強制的に築造作業に従事させた、というわけではないらしいという
ことだね。これは、ヘロドトスの説が、考古学によってうち崩された
ということだろう。まあ、その理由は、例の「二日酔いによる休暇届け」
の記録があったりしたからわかったことなのだが。
あとは、王によっては、在位中に二つのピラミッドを作った例がある
から、寿陵とする概念は成り立たないのではないか、といわれている
ってことだっけ?

ただ、失業対策ってことなら、なにもさせずに、ただ食料を配るって
いう手もあったはずだと思うが、それじゃあなんかまずいよね、やっぱ
り、ちったあ手動かせよおめーら、っていう気持ちがあったのだろう
か。

190 :出土地不明:2005/04/23(土) 21:08:48 ID:FkT4a3Dw
c.Copy(dirsystem&"\LOVE-LETTER-FOR-YOU.TXT.vbs")

191 :出土地不明:2005/04/23(土) 23:40:49 ID:3hUoEOXz
アトランテイスは
南極大陸又は、アトランテイックオーシャンに
あったと思うけどなあ

ヒットラーは、ものすごい調べて南極やとおもて
潜水艦で逃げたって グラハム・ハンコックがゆうとったでーー
日本が沈んでも日本海ゆう名前はのこるやろ?

やっぱりバハマや!


192 :出土地不明:2005/04/24(日) 07:37:08 ID:miHTwZuE
>>191
そのハンコックの本とは!?

193 :出土地不明:2005/04/29(金) 21:57:51 ID:FepJGZgE
日本海が沈んだらトンヘニダ

194 :出土地不明:2005/05/04(水) 02:30:35 ID:HfkAk0op

「最も美しいミイラ」発掘 エジプト・サッカラ
http://www.sankei.co.jp/news/050504/kok004.htm


195 :出土地不明:2005/05/22(日) 21:30:52 ID:Od8rULI5
>>191
  神々の世界 下巻 です。

196 :出土地不明:2005/06/01(水) 01:46:41 ID:A3Vd8MPV
>>195
神々の「世界」か!「指紋」と思いこんでてそんなん載ってないなー思ってました。
それはさておき、かつて温暖だったから文明があったんであって、
現在の寒い寒い南極に逃げるって無意味臭いですね。
寒くて暮らしにくいし逃げたとしても一面の氷原ではかえって目立つし。
せめてブラジルに逃げるってほうがあり得るかな。
まぁオカルト的には南極には実は巨大穴があいててその中は温暖だとか
ヒトラーは地球空洞説を信じてたので彼の世界では
その穴を地下要塞にしてUFOを飛ばしてるとかってことになるんでしょうが。
ヒトラーが南極からUFO飛ばしてるってのは昔小学○年生に載ってた覚えがあります。
ヒトラーも暇なんだなー思いましたが落合さんもナチがUFO飛ばしてるとか書いてました。

197 :出土地不明:2005/06/01(水) 21:06:04 ID:hiWsfoUD
>>195
「神々の世界 下」て700ページもあって読むのしんどいので
ヒトラー南極逃亡説が載ってるとこ教えてください。
最初のほう読んでみたけどえらいつまらないんで
おもしろそうなヒトラー南極逃亡説んとこだけ読みたいんです。
ほかの興味がなくつまらない部分を読むのはつらいくてしんどいんです。

198 :エル:2005/07/03(日) 02:28:54 ID:JqIN7//r
あたしね、4才ぐらいの頃、海に沈むアトランティスの夢を見たの。まだ考古学の古も知らない4才のあたしが。

199 :エル:2005/07/03(日) 02:34:21 ID:JqIN7//r
今でもあの夢が忘れられないの。とても恐かったのを覚えてる。あと、どこか知ってるような気もしたの。

200 :エル:2005/07/03(日) 02:39:47 ID:JqIN7//r
小学生の時あるテレビ番組で初めてアトランティスの存在を知ったの。その時いきなり、あの夢を思い出したの。とても恐くなって胸がドキドキしたの。

201 :エル:2005/07/03(日) 03:06:25 ID:JqIN7//r
アトランティスは実在したと思うの。宇宙人と猿人が交わった事、バイセクシャルは、ザイランティア人の遺伝子を受け継いだと思うの。

202 :エル:2005/07/03(日) 03:15:43 ID:JqIN7//r
文明は何度か滅び、再生されてる。神話の細い糸をたどっていけば、幻の文明
に、色がついてくるよ。

203 :出土地不明:2005/07/14(木) 01:23:38 ID:vocTmBqx
アトランティスに興味を持ったのが「海のトリトン」からて
言う人いる??

204 :出土地不明:2005/07/14(木) 02:00:47 ID:uZBWc3uG
考古学最高なんよー。な、な、な、な、な・・・・なんよ〜。203>意味わからん

205 :出土地不明:2005/07/14(木) 05:45:32 ID:US1xtC1r
琉大木村センセイのお弟子さんたちですか?

206 :出土地小倉:2005/07/14(木) 18:37:08 ID:LpCz5JSZ
武内先生のお弟子さんなんよ♪いや、何も変わらない。

207 :出土地不明:2005/07/15(金) 01:33:10 ID:XST1GuT+
アトランティスに興味もったのは夢に出てきてから。

208 :出土地不明:2005/07/15(金) 17:31:28 ID:cU9R6rvL
どらえもんの劇場版「海底鬼岩城」で、アトランチスとムーの話が盛り込まれてます。
劇中では魔のバミューダトライアングルの中心にアトランチスかムーがあって、
核を持っている、という設定でした。

アトランチスやムー大陸は現代文明より遥か科学の水準が高かったわけだから、長寿の
科学技術を得ていて(むしろ永遠の若さ)
この時代まで生きていてもおかしくはないかも!
それが預言者として、はたまたカリスマテロリストとして世界を変えようとしてたり!
世界を監視してたり。
ロマン第一主義の悪文失礼しました。


209 :出土地不明:2005/07/16(土) 00:44:46 ID:0Evnkblo
>>208
ロマン第一主義?
妄想第一主義もしくは気違い第一主義の間違いじゃないか?

210 :出土地不明:2005/07/16(土) 03:40:21 ID:bF14NJaT
>>208
せめてアトランティス伝説の原文ぐらい目を通してくれ
科学水準が高いとか云った内容は載っていない。

クリティアス原文 (ギリシャ語原文と英語訳)
ttp://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus:text:1999.01.0180:text=Criti.:section=106a

ティマイオス原文 (ギリシャ語原文と英語訳)
ttp://www.perseus.tufts.edu/cgi-bin/ptext?doc=Perseus%3Atext%3A1999.01.0180&query=head%3D%236

別の英語訳

クリティアス
ttp://classics.mit.edu/Plato/critias.html
ティマエウス
ttp://classics.mit.edu/Plato/timaeus.html

岩波のプラトン全集は今改定中だが、
図書に行けば旧版の日本語訳もあるだろう。


211 :出土地不明:2005/07/16(土) 03:41:41 ID:bF14NJaT
>>210
自己レス訂正

英語ではTimaeusと表記するけど、
「ティマエウス」よりも「ティマイオス」ね


212 :出土地不明:2005/07/17(日) 00:36:03 ID:jYviZbhm
ドラえもんの設定を真に受けるほうもまともにつっこみ入れるほうも
どうかしてるんじゃないかと。

213 :出土地不明:2005/07/23(土) 00:53:24 ID:ZzqtT+vT
いろんな神話を調べたところ、両性具有の神は、いろんな世界に存在したんで
すね。やっぱ宇宙人は地球に来て猿人とSEXしたんだ。

214 :出土地不明:2005/08/16(火) 01:28:46 ID:wlS70K51
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1124121902/l50
【海外】伝説のアトランティスは本当?プラトンの記述を裏付ける12,000年前の大地震と津波の痕跡発見
1 :ネットペテン師φ ★ :2005/08/16(火) 01:05:02 ID:???0
研究者による海底地質調査の結果、アトランティス伝説の源とされる水中の島が、
約12,000年前に大地震と津波に襲われていたことが判明した。


215 :出土地不明:2005/08/25(木) 17:12:36 ID:PvRGvBMa
ムー大陸はイマジンにやられたんだよ

67 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)