5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【食人】 毛 髪 か ら 醤 油 【文化】

1 :名無的発言者:2005/08/22(月) 13:02:43
>先月末、中国中央テレビにて、一部の国内食品メーカーが醤油を作る為に人間の髪の毛を使っ
>ているという事実が暴露され、波紋が広がっている。またそうした動揺を受けて現在中国政府
>では各醤油メーカーに対し異例の即時検査受け入れを要求しているという。最初にその実態を
>放送したテレビ番組では、中国湖北省の醤油工場から大量の人毛の束が発見された様子が伝え
>られ、また取材によって工場内で人の髪の毛が特殊なコンテナに入れられ、アミノ酸を抽出(
>本来は大豆から抽出)している実態が暴かれた。また今回内実を暴露された生化学企業に努め
>る工場作業員の話では、同工場では以前より、輸送に便利で大豆より安価であるという理由か
>ら、人毛を利用して毎日10万トンものアミノ酸を製造し、醤油、またシロップや粉などの製造
>に使用していたという。またそうして人毛から抽出されたアミノ酸はその後、近くの工場に運
>ばれ、そこで水によって薄められてボトルに入れられ出荷されていたと話している。更に番組
>では、工場内にて人毛から抽出したアミノ酸の中に大量の化学薬品が投入され、かき混ぜ合わ
>せている様子も伝えられ、その余りにも杜撰な品質管理を巡り、国内に大きな波紋が

  醤油じゃなくてソース:http://x51.org/x/04/02/1215.php


2 :名無的発言者:2005/08/22(月) 13:37:37
写真 (゚д゚)マズー 
http://finance.sina.com.cn/x/20040104/1816589009.shtml

3 :名無的発言者:2005/08/22(月) 13:42:58
毛髪はポリペプチドである。塩酸(HCl)で加水分解後、苛性ソーダ(NaOH)で中和して醤油をつくる方法は古くから知られている。
古本屋で手に入れた昔の小学校の理科の教科書に載っていた。
「大量の化学薬品」というのはグルタミン酸ソーダのことである。食卓の味の素でおなじみ。
どちらも目新しいものではない。
日本では、毛髪の集荷が困難であるため、利用はされていない。
その代わりに、同じ動物繊維である絹糸(くず絹糸)からプリン材料が作られている。加水分解を初期の段階で止めるところがこつである。
羊毛の加水分解物も一次製品化されたが、BSE関連で販売は見送られている。

4 :名無的発言者:2005/08/22(月) 13:58:34
>>2の写真に登場する袋入りの「氢氧化钠」は苛性ソーダ(NaOH)のことで、
ビンに入っている「盐酸」は塩酸(HCl)のことである。
本文中の「氨基酸」はアミノ酸のことである。
食品工業ではおなじみの物質ばかりである。


5 :名無的発言者:2005/08/22(月) 14:12:56
>>3
「毛髪を原料とする醤油」について食品の専門家にきいたところ、
「薬品処理した毛髪は食品衛生上避けた方がよい」とのことだった。
つまり、パーマネントウェイブや染毛は薬品が内部まで浸透していて、洗っても除去は困難であるそうだ。
重金属を含む薬品はとくに危険である。食品としての使用は想定されてないので、規制はされていない。
日本人は得体のしれない薬品を髪の毛にかけまくっているので、食用にはもってのほか、ということだった。


6 :名無的発言者:2005/08/22(月) 14:31:30
ていうか、日本にも輸出されてるからコワイ

7 :名無的発言者:2005/08/22(月) 14:35:23
おえェーー 気持ち悪い!!

8 :名無的発言者:2005/08/22(月) 14:41:55
キ○○○○の醤油なんて、中国製だもんな

9 :名無的発言者:2005/08/22(月) 15:41:54
>>8
マジで?!

10 :初代馬鹿陽区:2005/08/22(月) 16:13:42
マジ?酢マソの方が愛国心あったりしてな。

11 :名無的発言者:2005/08/24(水) 19:34:52
毛髪からパンって話は30年くらい前から、日本にもあったよ

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)