5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●●●なぜ経済学は役に立たないのか?●●●

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/06 00:46:59 ID:c/FmiYgS
経済学といってもいろいろな分野、概念があり一概に役に立たないとはいえない
しかし、今までいろいろ学んできたものでそれを実際に利用して使えるものは
皆無、まずなぜ役に立たないのか適当に列挙していきたいと思う

1、特定化不可能なモデルすなわち実証分析できないようなモデル
を作って何が意味あるのか?(exローマーモデル?無限期間モデル?はぁw)
2、日本の大半の学者に言えることだが、永遠に誰も読まないような論文書いて何の意味があるのか?
3、絶えず変化する社会に対して政策提言できないような大半の学者/研究者は存在意義あるのか?
4、単純な仮定を元に結果を出してなんかいみあるのか?直感でわかることではないか?

以上経済学って本当意味ないねw


234 :D.Hume:04/12/18 21:08:58 ID:bY+OMO5t
 浅薄な思想の持主はみな、健全な悟性の持主をさえ、難解な思索家、
形而上学者、小手先だけの論者だと非難しがちであって、自分の
にぶい思考力の及ばぬことはなんでも、けっして正しいとは認めよう
としない。                --- 1752年の著作

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 23:34:37 ID:bvM+cmtp
幻相手に熱をあげているのを諫めたつもりだったが。。。w

>>234の引用、自分でどう思うやら。
見ていて痛々しい。一旦、冷静になるんだね。

ちなみに、こちらはこのスレッドに書き込んだのは>>232が初めてだよ。
そもそもこの板にはほとんど(というか、1〜2回しか)来ないし。
ま、信じるかどうかは勝手だが。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 23:38:33 ID:bvM+cmtp
訂正
>>232が初めて → >>233が初めて


ま、ここの議論の内容をみれば誤解するのも分からんでもないが、ね。
あとは書き込みしないから。
無関係のところを荒らすことになるやも知れんからね。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 22:01:59 ID:+9MLApLG
http://d.hatena.ne.jp/ijimeyade/20041219184438

文系は馬鹿だとさ。特に経済学部は馬鹿にされてる。
理論の飛躍が凄いから見てやってよ。
理性的に物事考えられないのが理系だってこと自分で証明しちゃってる。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 22:25:34 ID:1tVaZ631
なんで日本の社会学はこんなにレヴェルが低いの?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1049971500/l50

117 :雑感 :03/08/09 10:25
『社会学評論』を見ても、英語の論文ばかり引用しているのに、自分は一本も海外雑誌に発表していない先生方が多い。
要するに海外文献の紹介が彼らの「研究」のようだ。

オリジナリティのある研究もあるようだが、日本人の間でしか読まれていない。狭い仲間の間での評価・批判しか受けていない研究が、国際的に競争力をもてるはずはない。

基本的に問題なのは、日本の社会学界の「閉鎖性」だと思う。外とウチの間に見えない区別を作り上げ、自分たちの世界だけで自己満足し、外の世界と競争しようという意識が低すぎるのだ。

「英語で書かなくてもよい」は、第三者から見ると滑稽な意見だが、こういう風土に慣れてしまうと、当然のように感じられるのだろう。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 22:26:07 ID:1tVaZ631
http://be.asahi.com/20021130/W13/0040.html
■論文を引用された回数の多い日本の経済学者■
雨宮  健 米スタンフォード大教授   2988
青木 昌彦 米スタンフォード大教授   1346
速水佑次郎 政策研究大学院大教授    1332
林  文夫 東京大教授         1167
藤田 昌久 京都大教授          915
青木 正直 米UCLA大名誉教授     835
森嶋 通夫 英ロンドン大名誉教授     828
宇沢 弘文 東京大名誉教授        815
清滝 信宏 英ロンドン大教授       720
伊藤 隆敏 東京大教授          597
根岸  隆 東洋英和女学院大教授     539
浜田 宏一 米エール大教授        490
松山 公紀 米ノースウェスタン大教授   460
神取 道宏 東京大教授          451
ホリオカ,チャールズ・ユージ 大阪大教授  414
金子  守 筑波大教授          351
奥野 正寛 東京大教授          339
佐和 隆光 京都大経済研究所長      332
金本 良嗣 東京大教授          292
小宮隆太郎 青山学院大教授        285

「ISI−トムソン」のデータによる。1980〜2002年1月までの世界主要学術誌約1700から

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 17:49:03 ID:4M919m4j
>>239
引用っていっても、各論文のレファランスの中での重さっていうのも違うよね。
速水なんかは、フットノートに「これも見とけ」ってちょこっと書かれるタイプだよな。
逆にチャールズならホリオカ・フェルドスタインの奴が重要論題として
引用されている可能性が高い。林文夫もそういうタイプか。
宇沢は、成長論でルーカスととりあえず並ばせとくかっていう感じか。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 19:29:35 ID:IsvbE2Dv
ま、検索サイトで自分のサイトを上位に出すために色々工夫する奴もいるわけだ。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 20:08:18 ID:7iWmbgDR
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 20:36:31 ID:7iWmbgDR
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 00:03:06 ID:JXOqUirO
森嶋さんがこの時期(80年代以降)にこのランクってすごいと思う。
流行からは外れていたでしょう、すでに。

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 00:31:57 ID:nGtD3Wl8
森嶋が死んだとき、経済セミナーに2ページぐらいの追悼記事が
掲載されていただけだった。
よっぽど日本の経済学者に嫌われてたんだろうな。
宇沢氏が死んだときはどうなるんだろうか。
岩波の「世界」あたりには馬鹿でかく載りそうだけど。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 04:12:09 ID:Bbh+zJ3F
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 19:18:26 ID:e419tXsc
大阪民国ダメポツアー
にご招待。とくとご覧あれ。
http://marblog.net/mt/osaka.htm

お薦め
http://marblog.net/mt/osaka08.htm

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 04:04:19 ID:a4kSNX/4
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 10:51:43 ID:8y1d7Lje
日本の津々浦々で常態化している、税金にたかる政官財のトライアングルと、
それにより一方的に収奪される国民という、日本社会の実態を経済学は
何も分析出来ていないだろう。

壊れたオルゴールのように、競争すればよし競争すればよし、とただ繰り返すだけ。


250 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 19:16:31 ID:a4kSNX/4
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 08:59:27 ID:Fsgyp1h5
>>239
学術研究=新しい知を生みだす研究。
実用研究=ある問題が克服できれば必ず役立つことが分かっている対象を扱う研究。
調査レポート=事実を並べて評論すること。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 09:30:10 ID:r4oOfSCB
>>251
実用研究がよくわからん。
あほにでもわかるように、もう少しわかりやすく説明してくれ。

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 16:57:46 ID:YWf72Du4
事実を並べて評価する研究はすべて調査レポートとでも?

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 18:55:49 ID:KWpKi/U7
http://www.itoyama.org/contents/jp/column/NICBT/06.html

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/24 21:03:24 ID:RuBW092b
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/26 07:09:16 ID:oZpMA95/
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/27 21:12:32 ID:BhEB+QtF
クリトリスマスにもかかわらず楽しそうだネ。ww

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 07:59:25 ID:6ZOhKcnX
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。


259 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 08:54:44 ID:X4m0puLT
学術研究=新しい知を生みだす研究。
実用研究=ある問題が克服できれば必ず役立つことが分かっている対象を扱う研究。
調査レポート=事実を並べて評論すること。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 09:38:36 ID:TNNjup9p
>>251
実用研究がよくわからん。
あほにでもわかるように、もう少しわかりやすく説明してくれ。


261 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 15:37:09 ID:71s9NkwQ
経済学はやっている事が結局いつか徒労に終わりそう
で怖い。


262 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 18:34:09 ID:PJ1gX2YE
>>261
マル経の半分以上がそうおもっているぞ。心配するな。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 20:49:36 ID:Uj+8dJy6
理論のくみ上げる部品が実証されていない

仮に実証されても
環境の変化(心理面、市場参加者の知識など)のために
必要な部品が変わってくる

従って過去の解説以上の者を経済学に求めるのは難しいと思う

自由に考える個人個人の集まりの大衆の未来の心理状態が分る人はいますか?

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 21:01:11 ID:PJ1gX2YE
>>263
>自由に考える個人個人の集まりの大衆の未来の心理状態が分る人はいますか?

それは、社会学の分野なわけですが。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 21:22:54 ID:iG3HhUPv
>>264
経済学には関係ないと?
経済を性格に分析するには必要だがそれを放棄するということは
経済学は無意味ということだと思う

市場の商品の存在を前提に話を作ることはできるが
市場は新たな商品を必要とし、新たな環境のもと
自動生成されていくが
経済の理論は未来に発生する新たな種類の商品、人間の考え方
には対応できない
つまり過去の現象の延長でしか経済は対応できないが
実際には過去の延長ではないことが起こる

科学的に言えば物理法則が変わるような世界があるとして
その「物理法則の変化」の法則を発見できるかということ

266 :C.Menger:04/12/28 22:00:33 ID:zudmvw1W
> 263, 265
 過去と現在の個別的な事情の理解(一種の歴史科学)と、過去−現在
−未来を通じて普遍的な法則を見つけだす努力(理論)とを混同している。
 例えば、明日の気温がどうなるか分からなくても、特定の気温の下で
起こるであろう現象を説明できれば、理論としては何ら問題ない。
 「明日の気温の予想」と「ある気温のもとでの物理現象の予測」は異なる
目的と方法を持つということ。
 これは、いまから120年ほど前には指摘されている。(C.Menger 1883)

* ついでにいうと、メンガーは、経済学の内容を以下の三つに分類し、
 これらを混同することを厳しく戒めた。
  @ 歴史的科学 過去と現在の個別的事実を理解する
  A 理論的科学 一般的な法則を見つけだす
  B 実践的科学 特定の目的実現に資する方法を確立する

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 22:07:54 ID:6ZOhKcnX
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/28 22:15:01 ID:sORo70Ph
>>266
いや、そういう分類で考えると、2,3はほとんど不可能で
1だけが経済学の可能な領域と考えてるだけで
混同してるつもりは無い

269 :C.Menger:04/12/29 02:11:30 ID:DBRc4BIb
> 268
> 2,3はほとんど不可能で1だけが経済学の可能な領域と考えてる

 なぜ「可能」「不可能」と考えているのかよく分からない。
265で述べている「新たな商品」や「新たな考え方」の下でも
妥当する法則を検討することが不可能だとする理由はなぜ?
 学部レベルの経済学で習う(はず)の知識に照らして言うと、
携帯電話やDVDでも、生産における規模の経済性や、利用におけ
るネットワーク外部性は変わらない。
 あるいは、石や貴金属の時代の貨幣と、電子マネーを比較し
ても、「貨幣」としての基本的な機能は変わらない。

 直面する事実としての外的変化を捉え、その変化の影響(何
がどのように変わるか)を検討し、状況の改善を試みるという
のが、ここ200年ぐらいの経済学の内容なのだが・・・。

 266で整理したAとBが不可能というのは、単にその内容を
理解していないように思えるのだが、いかがだろうか?
 もちろん、俺があなたの主張を理解していない可能性がある
ので確認しているだけなのだが。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 07:17:56 ID:ATh0uU49
経済学ってよくわからないんだけど、
貨幣の機能ってほんとに変わらないの?
てゆーかそれって法則じゃなくて勝手に定義しただけじゃないの?
生産における規模のなんたらについてはしらないけど。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 08:31:32 ID:aNsc4Kjz
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 08:59:25 ID:6ZUkc4hx
学術研究=新しい知を生みだす研究。
実用研究=ある問題が克服できれば必ず役立つことが分かっている対象を扱う研究。
調査レポート=事実を並べて評論すること。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 09:13:36 ID:GFv1FJF5
>>251
実用研究がよくわからん。
あほにでもわかるように、もう少しわかりやすく説明してくれ。


274 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 13:47:03 ID:ATh0uU49
例えば「社会学が社会現象について説明する」レベルの達成度を目指すなら
266のような考え方も通用するのかも。
周囲からの評価も同様のレベルになるけど。
「物理学が物理現象について説明する」
レベルを前提にした場合の話を263はしてる。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 15:11:18 ID:itHsoKpl
>>269
じゃあ逆に前例がない状態でも通用する理論構築が可能なことを
証明していただきたいですな

276 :ななし:04/12/29 16:28:47 ID:DBRc4BIb
> 275
 99%釣りだと思うが、いちおう答えておく。

 では、人類が未だかつて経験したことが無い状態というものを
ご教授していただけますか。残念ながら、私はそのような状態
を見聞したことがないので、是非ともご提示いただけますようお
願いいたします。もしご提示いただければ、その説明のための
理論をただちに提示してご覧にいれますよ。
 275は「経済学」は諦めて、「一休さん」でも読んでろ(W

*C.Mengerはおこがましいので改名

277 :ななし:04/12/29 16:29:33 ID:DBRc4BIb
(続き)

と、冗談はともかく、
 携帯電話やDVDの生産や利用の「前例が無い」時点で確立され
ていた規模の経済性やネットワーク外部性の概念は、これらの生産
や利用に伴う性質ついて相当程度に説明している、と考えられる。

 そもそも科学というものは、繰り返し生起する現象から法則を見い
だすことが出発点となる。そして、その現象が繰り返される要因や
メカニズムを解明する努力が「理論」と呼ばれる。
 そして、理論の頑健性は、新たに確認された外的条件のもとで
起こる出来事をも説明できるかどうかで検証される。もし新たな
出来事の説明に失敗すると、新たな理論が求められることになる。
 これは、ポパーとかいう以前から、どう遅くとも2〜300年前から
確立されている思惟の方法論だとおもうのだが?(文献略)

 275が言っていることは、経済学の問題ではなく、「考える」ということ
自体が全く分かっていないことを示している。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 20:33:23 ID:R91zfIkO
適当な仮定をしてモデルを作る。そのことを繰り返し行いモデルたちを昆虫の分類学のように分類して亡くなった人がいるとしよう。後の経済学者が作るモデルの原形はすべてその分類学者がまとめたノートにかきとめられているとしよう。
その分類学者を経済学者と呼んだり、経済学の完成者の花のクラウンを彼の墓石に架けることは妥当だろうか?

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 21:56:02 ID:ATh0uU49
つまりもし経済学が繰り返し現れる現象についての観察を基礎において、
そこからなんらかの理論を抽出して、
実際の経済現象によって検証しているのではなく、
十分に妥当性を確かめられていない仮定をおき、
演繹的に理論を構築して、
検証の手段もろくに持たないのであれば、
科学と呼ぶにはあまりにお粗末である、
という結論でいいのかな?
メンガーの人と263の言いたいことは大体同じでしょ。
実際の経済学がどちらに近いかは知らないけどね。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 23:15:15 ID:R91zfIkO
妥当性とか無関係に分類学の故人は立ててとくのです。あたかも詰将棋をつくるようにおもしろさだけが彼の基準だったとしましょう。現実への応用などというどろくさい世界とは無縁の花が咲き誇る庭の椅子に座って、蜂の観察と瞑想だけに彼はふけったのです。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 23:37:26 ID:ISLr6eDq
http://sun.kakiko.com/takaranet/

お金ほしい人

282 :ななし:04/12/30 01:17:19 ID:d1ObWUjI
> 278
 別に経済学者でもどうでもいいんじゃない?
 特定の学問領域に人間を分類すること自体に大きな意味は無い。
 例えば、織田信長を、政治家、軍略家、芸術家、etcのどれに分類
するかは各個人の趣味の問題であって、政治学・技術などの問題では
無いと思うので。

> 279
> 十分に妥当性を確かめられていない仮定をおき、
> 演繹的に理論を構築して、
> 検証の手段もろくに持たないのであれば、
> 科学と呼ぶにはあまりにお粗末である、
> という結論でいいのかな?
 全くもって同意(少なくとも個人的には)。
 というか、それは科学とか言う以前に学問ではない。
 さらに、実際の経済学(者)がこれらの条件に合致しているか
どうかが検証されるべきという点にも完全に同意。
 ただ、263の2〜4行目とかを見る限り、同じことを言っている
とは思えないんだがなぁ。まぁ、どうでもいいか。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 07:55:26 ID:tuxFWdDC

経済学って答えもはっきりなくて派でいつまでも争って
どこが面白いのかさっぱりわからん
難解な数式でいろいろやってるけど徒労に終わってるような印象
何より理学や工学に比べてロマンがない

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 20:30:55 ID:b6BE2yjg
>>276-277
うわ、そうやっておちょくるのかよ
頭の固い奴だ

自由というのはパターンから抜け出すこと
学問というのはパターンの発見すること
よって自由な社会においては
未来に起こることは学問で説明できない

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 20:36:18 ID:b6BE2yjg
***自由***
他からの強制・拘束・支配などを受けないで、
自らの意志や本性に従っている・こと(さま)。自らを統御する自律性、
内なる必然から行為する自発性などがその内容で、これに関して当の主体
の能力・権利・責任などが問題となる。

***パターン [pattern]***
(1)型。模型。類型。
「行動の―」
(2)模様。図案。
(3)洋裁の型紙。



286 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 20:47:45 ID:Tyg37pD2
>>276-277
ソ連人ですか?

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 21:04:17 ID:xsbc5dly
経済学においては経済活動の参加者は均質な模範的なものであるが
実際の社会においては参加者は個性豊かである

冷戦が崩壊し、自由主義陣営が勝利したことにより
世界の自由は守られた
このことは個性の尊重をもたらし
個々人が時間を経るにつれ均質ではない方向に向かっている
このような状況下では経済学の意味はどんどん薄れてゆく

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 21:12:02 ID:cKskUXoC
分りやすい例として経済のシュミレーションを考えてみるといい

均質な社会においては1つの模範的な個人のモデルを作って
その性格を全員にコピーしてシュミレートができる
これは今の経済学のレベルである

しかし実際の社会は自由化が進み個人のモデル数は
ほぼ個人と同数の性格が必要になってくる
そうなるとどうだろうか
そもそも計算が不能であることが分るのである

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 22:08:56 ID:dcE7FiiQ
なんで日本の社会学はこんなにレヴェルが低いの?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1049971500/


290 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 22:09:20 ID:dcE7FiiQ
経済学だと世界的な人が多いのになんで社会学だと外国でも当たり前に知られている人がいないの?

http://be.asahi.com/20021130/W13/0040.html
■論文を引用された回数の多い日本の経済学者■
雨宮  健 米スタンフォード大教授   2988
青木 昌彦 米スタンフォード大教授   1346
速水佑次郎 政策研究大学院大教授    1332
林  文夫 東京大教授         1167
藤田 昌久 京都大教授          915
青木 正直 米UCLA大名誉教授     835
森嶋 通夫 英ロンドン大名誉教授     828
宇沢 弘文 東京大名誉教授        815
清滝 信宏 英ロンドン大教授       720
伊藤 隆敏 東京大教授          597
根岸  隆 東洋英和女学院大教授     539
浜田 宏一 米エール大教授        490
松山 公紀 米ノースウェスタン大教授   460
神取 道宏 東京大教授          451
ホリオカ,チャールズ・ユージ 大阪大教授  414
金子  守 筑波大教授          351
奥野 正寛 東京大教授          339
佐和 隆光 京都大経済研究所長      332
金本 良嗣 東京大教授          292
小宮隆太郎 青山学院大教授        285

「ISI−トムソン」のデータによる。1980〜2002年1月までの世界主要学術誌約1700から


291 :ななし:04/12/30 23:28:16 ID:d1ObWUjI
> 284 (&285)
 の言っていることは(好意的に解釈すれば)ほぼ間違っていない。
 また、ズレてる部分も分かった上で、意識的にやっているっぽい。

 基本的なロジックは以下(と理解した):
   現代=自由な社会                      @
      =「パターンから抜け出すこと」が起こる社会      A
      →(将来の)予測不能な社会              B
      →(経済学に限らず)全ての知的所作が無意味な社会   C

 @は定義であって検証の枠外。
 Aは少なくともイコールではないな。
 「「パターンから抜け出すこと」が起こる社会」は「自由な社会」の部分
集合に過ぎないと思う。
 Bは同意。「本当に」誰も知らないことは議論しようがないのは当たり前。
  ただし、「本当に」という条件付きということに注意。
 Cは、予測することを学問の本質とすればそのとおり。
  ただし、Mengerが言うように、それは多くの学問では本質ではない。
  少なくとも、経済学では、これまでに繰り返し起こったことの延長線上
と しての予想・予測は重視してきたけど、人類が未経験の事象についての
 予想・予測は志向すらしていない(理由:そもそも不可能だから)。

 この志向を満たさないからという理由で、学問を批判する奴は、再び
「一休さん」が必読図書となるんじゃない。

 ついでにいうと、「なぜ経済学は役に立たないのか」というスレタイなのに、
「ロマンがない」とかいっている283は、「有用/無用」と「好き/嫌い」を
混同している。これでは「一休さん」を読むのも無理に違いない。

292 :ななし:04/12/30 23:29:56 ID:d1ObWUjI
> 287 288
 もう少し、「考える」ということを理解してくれ。
 例えば、物理学の中でも直観的に分かりやすい「力学」で考える。
 以下のようなことを宣う方がいるとどう思う?

「世の中には、極めて多様な物質が存在し、置かれている状況も千差万別
である。従って、あらゆる状況に適合する力学法則は存在しない。」

 嘲笑されるだけだろ?
 現実をありのままに描写することと、現実から理論を抽出することは、異なる
仕事なんだって、このスレだけでも書かれているだろ。

 また、現実がどれほど多様化(287の用語では「個性」化)していても、そこに
法則を見いだすのが不可能と考える理由は俺にはさっぱり分からない。
 例えば、極めて個性豊かな社会のなかでも、ある種の思考・行動パターンを
持つ方々を抽出して「バカ」とみなすのは、過去−現在については妥当してき
たし、将来についても概ね妥当すると俺は予想している。

 付言しておくと、287、288が批判の対象にしている何かはそもそも経済学で
はない。経済学ではない何かについて議論しているので、本来的には、「スレ
違いですよ」と言うほうがより適切な対応だといってよい。
 俺が上で述べているのは、経済学とか関係なく、論理的におかしいといって
いるだけ。
 マジでもう少し自分で「考える」ことをしないと、「個性豊か」な社会で287自身
がある種のステレオ・タイプな存在になってしまうんじゃない?

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 00:29:10 ID:rrUB0f0p
進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。
経済学は進歩ということを軽んじすぎた。私的な潔癖や徳義にこだわって、
真の進歩を忘れていた。敗れて目覚める。それ以外に、どうして経済学は
救われるか。
今、目覚めずしていつ救われるか。俺たちは、その先導になるのだ。
経済学の新生に先駆けて散る。まさに本望じゃないか。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 00:37:45 ID:d89XtT1c
バカとみなすのは法則じゃないよね。
勝手に定義しただけでしょ。
論理って万能のツールじゃなくて、
人間の間で通用するルールだと思うけど。

295 :ななし:04/12/31 13:23:27 ID:I3eU9hod
> 294
 ある特定の状況においてある人たちを「バカとみなす」のは、
単に「定義している」ことを意味する。

一方で、
 「ある特定の人たちをバカとみなす現象が繰り返し観察される」
という事実に基づいて、
 「特定の条件→特定の帰結」
を抽出すれば、それは「法則」(真であるかどうかは別として)と
呼ばれる。で、その妥当性(真かどうか)は、過去−現在における
観察や記録から(ラフにだけど)検証している。

 294の主張は正しいと思うが、反論にはなっていない。

296 :ななし:04/12/31 13:28:29 ID:I3eU9hod
> 294(続き:むしろこちらが本題)
> 論理って万能のツールじゃなくて、
> 人間の間で通用するルールだと思うけど。

 その通りだね。
 そして同時に、「予断」や「思い込み」は、「人間の間で通用し
ないルール」、「自分だけにしか通用しないルール」だと俺は思う
んだよね。

 俺は、論理の万能性なんて全く信じていないし、そもそも万能な
ツールなんて存在しないと考えている。だが、部分的に有用なツー
ルや、有害無益なツールは存在すると思っている。
 だから、俺が望んでいるのは、予断や思い込みを振り回すのを
止めて、役立つものを役に立つ範囲で活用すること。ただこれだけ。

 この前提でいろい考えて「経済学が役にたたない」と結論づけら
れるなら、別にそれでいいんじゃない?
 でも、単なる予断や思い込み(あるいは嗜好:ロマンとか)で
語っているのは、どうかと思うんだよね。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 15:34:56 ID:0gYnjR0k
経済学が役立たないなんて,それは過去のこと。
渡辺隆裕の図解雑学ゲーム理論を見よ。
図解雑学ゲーム理論。奇跡の一冊。


298 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 15:37:03 ID:aX3nUCEj
ゲームは協力したらお終い

ダメぽ ダメぽ ダメぽ ダメぽ ダメぽ ダメぽ ダメぽ ダメぽ WW

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 21:44:00 ID:Mzg/6FsN
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。


300 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 22:02:08 ID:xTvZljSJ
学術研究=新しい知を生みだす研究。
実用研究=ある問題が克服できれば必ず役立つことが分かっている対象を扱う研究。
調査レポート=事実を並べて評論すること。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/07 08:51:04 ID:vYC6D0LS
日本の労働需要曲線は「能力」ではなく
「扱いやすさ」「年齢」が重要な変数
になっているから。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/07 09:04:34 ID:mdEue5or
学術研究=新しい知を生みだす研究。
実用研究=ある問題が克服できれば必ず役立つことが分かっている対象を扱う研究。
調査レポート=事実を並べて評論すること。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/07 11:48:35 ID:dkBrfRE6
>1

80年代後半以降、世界的に低インフレ環境が持続していることについて、
経済学の発展に伴い各国の金融政策運営が改善したのが一因、とみる向きもある。
言っているのが経済学者だから客観的な意見とは言えないが。
ただ、中央銀行(特にFed)が経済学を必要としているのは確か。
Fedが高い賃金を払ってPh.D取得者を1000人単位で雇用しているのが
その何よりの証拠だろう。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/08 16:14:37 ID:24r6e6cs
実際に雇ってるだけで、必要としてるとまでは言えない希ガス

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 14:48:19 ID:WXC3xIug
Fedが雇っているのはエコノミストであって経済学者ではないよw

学術研究=新しい知を生みだす研究。
実用研究=ある問題が克服できれば必ず役立つことが分かっている対象を扱う研究。
調査レポート=事実を並べて評論すること。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 20:25:02 ID:+DNTWtYi
>305
ハァ?Ph.Dというのは、「学術研究ができる」ということを証明する資格です。
そいつらばかりを採用しているのは、学術研究ができる知識を備えた
専門家を多数必要としているから。
おわかりですか?

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/09 23:17:01 ID:l3BoaAo4
ハァ?Ph.D取得者で経済学者になってる人よりエコノミスト(職種)の方が断然多い
就業構造の違いでしょ



308 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 04:13:48 ID:pQu5JMTU
92 :エリート街道さん :05/01/08 15:57:46 ID:znKI4NoG
と経済学を知らない人が申しております。
経済学では、予測をするための学問でもなければ、
景気を良くするための学問でもない。

↑学歴板にあったけどやっぱそうなの?


309 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 04:36:20 ID:S7v4clTb
>307
ハァ?「Ph.D取得者で経済学者になってる人よりエコノミスト(職種)の方が断然多い」とか言って
お前Ph.DのJob market知ってんのかよ。さらに、Ph.DホルダーでもFed(特にBoard)に入るのが
どれだけ大変なのかわかってんの?さらに彼らがどういう仕事してんのか知ってんの?
お前そもそも経済学者って英語で何て言うか知ってんの?ww
DQNが「Fedが雇っているのはエコノミストであって経済学者ではない」とか言っちゃって、ウケル
オトトイ来い、この大ヴァカ者ww

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 14:20:31 ID:jcNiEpoi
同じFedでもBoardでなければアルバイトに近いぜww

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 16:11:41 ID:B5E459xB
経済学者の給料アメリカじゃ低いの知ってる?
経済学やってるならなぜ低いのかということくらいわかるよねw

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/10 16:35:45 ID:ryAaP70t
需要が無くて、供給が多いから。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/11 07:45:54 ID:4ZEMC/xB
学術研究=新しい知を生みだす研究。
実用研究=ある問題が克服できれば必ず役立つことが分かっている対象を扱う研究。
調査レポート=事実を並べて評論すること。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/11 08:01:05 ID:wh4wIJkK
うわ、この板レベル低ぅ・・・

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/12 14:09:45 ID:mo7ZrEbk
>310
アルバイトに近いって・・・どこでそんなこと聞いたんだろう。
氏ったかはやめときなさい。彼らは大学教員以上に精力的に研究できる環境を
与えられています(ティーチングないのが一番いい点)。
彼らは普通にアカデミックなことをやってるし、有名誌(特にJME等マクロ系)によく
パブリッシュしてる。日本で言う民間金融機関等の「エコノミスト」とは全然違う位置づけ。

>311
大学教員はたしかにそんな給料高くないが、それは米国に限った話ではない。
しかも、低いと言っても平均より大分上。
金持ってるとこ(コロンビア、NYU等)の給料はかなり高いよ。
ご存知のとおり、このところマクロの大物(Engle、Sargent、Woodford)が相次いで
この辺に引っこ抜かれている。
それに、米Ph.D取得者のメジャーな就職先であるIMFや世銀は
給料高いことで有名。Fedももちろん給料高い。Fedで給料が低いのは
リサーチ・スタッフではなく、議長や理事。これは他の米公共機関トップと一緒。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/13 02:13:10 ID:ZiBVm/JO
IMFは知らないが世銀は(イメージと違って)給料低いよ。
だから日本人は世銀に就職したがらない。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/13 02:26:00 ID:WyHu0yN0
>>315
>彼らは大学教員以上に精力的に研究できる環境を与えられています

人による。下っ端は毎日いろんな会合に出てブリーフィングするのが仕事。


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/13 07:40:53 ID:W2qnGa+d
>>315
知ったかこってんは止めれw

彼らはほとんどアカデミックなことをやっていないし、
有名誌にもほとんど掲載しようとしていません。

多くは機関Working Paperの下調べのフィティング・マシーン。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/13 11:22:19 ID:9fq1HS7e
>>318
お前が知ったかだな、それはw

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/14 13:46:33 ID:/GLOfDNb
>>319
アンタはもっと見聞を拡げないとダメボww

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/14 13:56:57 ID:7c4upf7f
>>320
君、どうせFedとかIMFなんかとは全く縁がなくて、教授が
言ってる適当な話うけ売って書いてるんでしょ。
ごめんね、縁のない世界の話しちゃってwww
卒論頑張れ!!

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/14 22:12:37 ID:4nrQxhXJ
>>321
まぁ、一度Fedの地区事務所でも見学に逝ってくるこただね。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/15 15:21:58 ID:nOvuzS+Z
>>321
「Fedの地区事務所」って、何????
そこに行くとアルバイト並みの仕事してるPh.Dホルダーがいるの??
無知丸出しw ププ

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/15 16:49:34 ID:2R1CggNy
ID変えすぎだ

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/15 20:26:22 ID:1EVj2Zra
東京ゲス女論

都市部にゲス女は集中してる
これには理由があって、都市には働き盛りの若い男が集まってくるよな学生とか
当然、都市部には男ばっかりになる。
都市は慢性的な女不足なんだ
そこに住んでる男は女がいなくて大変。女はウハウハ
そういうところですごした女はタカビー女・ゲス女となる
でも、男で東京に住んでるからって悲観することはない
東京に住んでるってことは毎日ゲス女に鍛えられてるってことだからだ
俺自身生涯で一番もてたのは東京を離れてすぐの頃だった
東京ゲス女に鍛えられてたからな。 地方の女は女神に見えた
だから東京ゲス女に関わるなと、ちょっと地方に行けばいくらでもいい女はいる
東京で鍛えられてる男なら、モテモテだよと
「都会風吹かせて気取らないこと」
それさえ、気をつければ女なんていくらでも寄ってくる

この考えに賛同する人はこのスレを色んなとこに貼り付けてくれ
そんで、これ以上女日照りの東京に無謀な男が行くことを防ごうじゃないか!!
もしかしたら、コレを見て上京してくる女の子が増えるかもしれないぞ
協力頼むぜ!


326 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 18:15:31 ID:B6NN07ZL
>>323はFedの事務所がアメリカで一つだけだと思ってんのかぁー
バハッハ!ワァーハァハー


327 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/25 11:09:35 ID:Yzo4QeVs

・・・だから、地区事務所って何だよ。
地区連銀だろ、バカ・・・恥ずかしすぎ、痛すぎだよ、アンタ・・・

仮に「事務所」(ショボw)と呼ばれる、地区連銀の出張所のようなものが
あったとしても、そこでアルバイトしているPh.Dホルダーがいるわけないじゃん・・・

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 22:03:11 ID:5ehDZdlH
数学使いすぎじゃ

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/29 10:12:33 ID:FJljheL+
モデルがシンプル過ぎる

でもシンプルじゃないとモデルの意味無いし・・

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 13:37:21 ID:bicFK88u
なんで日本の社会学はこんなにレヴェルが低いの?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1049971500/

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 14:09:19 ID:2zDN2C5b
当然地区連銀の事務所
のことでしょ。バカ?

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 14:24:44 ID:kDx2kW7R
え、Ph.D取っても地区連銀の事務所なんかに配属されちゃうの?
割に合わないね、Ph.D

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 10:32:45 ID:D2afj8R9
経済学部系の数学を使ったグラフのような学問って
あれ、自己満足でやってるだけだろw
物理や天文学じゃあるまいし、社会現象が仮定どおりに行くかってのw

223 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)