5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

資本主義の次の経済体制を考えるスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 01:52:36 ID:ITg1FX6n
正直、資本主義経済は限界にきてると思うし、
今後さらに進化した経済体制というのができると思う。
でもそれは、何百年あとの話か分からないけど。

たとえば、人間並みの高度知能を持ったロボットが生産者となり、
人間は消費者となる。
要するにある程度は、働かなくても生きていくことができる社会が実現できるかもしれない。
そういったことを考えるスレです。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 02:25:48 ID:Ow30d1+S
超資本主義の時代
国を超え金持ちがあつまり資本が集中しはじめる。
国をも脅かす超資本主義の到来です。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 04:51:02 ID:ITg1FX6n
>>2
それは既にアメリカがそうなっているという気がしますけどね。
市場の自由を極限まで推し進めて、
20%の金持ちがアメリカの富の93%を独占する状態で拝金主義の異常な社会になってるからね。
競争に勝ち抜いた成金は、周囲を高い塀やゲートで囲んだ「要塞町」に住んで、
貧乏人を遠ざけて生活している。
このゲートコミュニティーは、全米に2万箇所あり、800万人がそこに住んでるらしい。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 10:29:03 ID:sGt4DTa0
北斗の拳やマッドマックスみたいな世界

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 10:55:20 ID:pnv+oLrO
使徒とかそういうのが攻めてくる世界

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 11:14:44 ID:7qEy531Y
ナウシカみたいな世界

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 14:56:14 ID:7LhHvcq/
資本主義→独占→革命による崩壊→共産主義w

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/16 16:09:02 ID:Ice7ENrQ
資本主義→独占→選挙の重要性の認識→貧乏人優遇候補者多数当選
→富裕層への高税額→?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/17 08:00:43 ID:RbXOSlou
自由経済主義は常に変化してゆくのでこの仕組み自体は変わることはないと思う

需要にあわせて供給側が変化するという仕組みを内在しているため
供給に需要をあわせて硬直し崩壊したソ連のように朽ち果てることはない

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/17 08:09:35 ID:GVC3n2Sj
資本主義→独占→勘違い勢力による革命による崩壊→社会主義→崩壊→資本主義

もしくは

資本主義→資本主義→資本主義→資本主義→資本主義→・・・・・

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/17 15:11:21 ID:8zjHcNgx
夢見る共産主義馬鹿のいる資本主義
   ↓
そいつらの淘汰された資本主義
   ↓
   ∞

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/17 19:58:30 ID:UgtM+Vc5
働かなくても、ある程度は自分の欲しいものが、欲しいだけ手に入るような社会になったら、
資本主義という制度自体の意味も薄れていくんじゃないの?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/18 00:05:46 ID:QMGERpGy
そのある程度は自分の欲しいものは誰が作るんだろうね・・・。
人、これをユートピアという。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/18 00:28:22 ID:U2DLSH3D
自分の欲しい物が欲しいだけ手に入る世の中になったら、経済というものがなるなるね。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/18 02:36:55 ID:A4EtN3Ne
>>13
1にも書いてあるとおり、機械のオートメーション化の行く末に、
高度知能を持ったロボットの生産主体が出来上がるかもしれないってことだよ。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/18 18:45:42 ID:LMU+sL5/
自我に目覚めた機械と人間の戦争。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/20 15:38:50 ID:og4xvtg6
それがペプチド。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 13:03:24 ID:9rMo8rwO
完全に機械が生産開発を行えるようになれば、
それはつまり生産者が”人間の性質”から離陸するわけであるから、
欲望を労働の原動力とする必要もなければ、善意によって支える必要もない。

所有権によって個々が富を独占し、それを等価交換するという資本主義システムは存在意義を失う。
やはり次は共産主義だろうな。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 13:45:36 ID:JH3PB9WQ
「労働から解放」と「個々の欲望が飽和するまで消費可能」とは別かと。

後者が解決されなければ分配上の問題は残る。
(それとも、それさえも解決された社会を想定するの?)

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 12:52:34 ID:nUzRrxN4
資本主義経済の限界ってどういうところで決定打なんだろうね?
(もともと経済にラインなんて引かないけどさ…)

現在来ている矛盾点や、時代とのアンマッチングってどんなところ?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 13:37:15 ID:vN25LiU+
小中学生ら少女30人暴行の50代男を検挙

小中学生ら10代の少女数十人を日常的に暴行してきた50代の会社員が警察に検挙され、
衝撃を与えている。
光州(クァンジュ)南部警察署は23日、日常的に小中学生の少女30人を凶器で脅して暴行
した容疑(性暴力犯罪の処罰および被害者保護に関する法律違反)でユン某(53/保険外
交員)容疑者に対し拘束令状を請求した。
警察によると、窃盗など前科6犯のユン容疑者は昨年12月13日午後2時ごろ、光州西区
ファジョン洞の住宅街で通行中のA(11)さんを凶器で脅し、近くの空き地に連れ込んで
暴行するなど、昨年7月から最近まで小学生約20人を含む10代の少女30人を暴行した
疑いが持たれている。
ttp://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/08/23/20040823000004.html




22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/12 13:49:58 ID:SLzhd05j
ガッツなオヤジが居るんだ、南鮮にゃ。
科刑はチン叩きにチンカットに決定だよな。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。 :04/12/12 18:17:32 ID:S8DsQZrS
社会民主主義・・・って、これも資本主義の一形態。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 21:19:29 ID:nsfYnU/t
神本主義

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 02:37:43 ID:Rg+ADKo4
社会的共通資本(宇沢弘文)って考え方
この流れ(経済体制)の中で捉えてもいいの?

26 : :05/02/03 07:59:31 ID:Lsf3by7S
かつての日本型こそ究極。
株を持ち合って、土地で信用創造して従業員を何より大切にする。
社会主義的と揶揄されたがこれが一番日本人の国民性に合ってる希ガス。
バブル崩壊で駄目になったけど復活させるべき。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 19:49:16 ID:+U4Ekf8K
どうやって復活させるの?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 19:56:17 ID:qLPdd6yq
無理だよ。そんな動き、竹中先生が全力で潰します。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 15:44:51 ID:W2ux+IQV
資本主義

大部分の人間は家畜同然に扱わ
一部の人間が人間らしい生活を享受できる社会

極端に貧富の差が広がる
富める者は、機械の体に改造して永遠に生きられる
で、一人の少年が美女と一緒に列車に乗って、機械の体を求めて宇宙へ……

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 01:59:32 ID:gAz96zrD
貨幣制度の廃止

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 15:19:41 ID:O/wra2nQ
資本主義→環境破壊→地球滅亡

という論調は存在するが・・

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 21:10:51 ID:nUKS5eLt
>>31 しかし世界資本の中で環境破壊につながる生産に回されてる
  資本は小額だぞ

  世界の貿易額の10倍↑の金がバーチャルマネーで動いてる

  実際は持たざる物が富める物になる為に環境破壊もいとわず生産してる
  という認識が正解

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 21:17:17 ID:GrAr4+8D
みんな同じって考えは嫌だろ?

人よりお金持ちになりたいって気持ちがある限り資本主義はなくならないよ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 21:33:14 ID:nUKS5eLt
進化する貨幣経済の一部に資本主義と言う名前をつけたにすぎないから

次に現れるのは世界的な経済圏の統一と貨幣の統一だろ
その前に地域的な統一が先か

>>1 今の先進国は生産に従事しなくても生きていけるし
生産に従事しないほうが年収が↑だったりするので
すでに実現されてるぞ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 22:25:19 ID:prlCsYFK
>>33
安い人件費を求めて、富めない国に工場を移転するのは富める国、
そこで生み出された生産物を大量に消費するのは、国際的に富める者である先進資本主義国。
環境問題、負の外部性の問題は、先進国一国(例えば議定書に参加しないアメリカ)だけの問題じゃないことは当然だ。
大事なことは環境問題が、決して均等化せず、常に格差を生み出しながら、自己増殖し、それ以外に目的を持たない経済機構、
つまり資本主義経済自体により生み出されている問題だということ。
そして資本主義の崩壊が現実的でないとすれば、>>31の論理にも首肯できる。

36 :35:05/02/05 22:26:06 ID:prlCsYFK
>>35>>32へのレス

間違えた・・・・

37 :>>32 >>34:05/02/06 06:28:55 ID:SXprcRTW
>>35 生産に頼る経済活動を資本主義と呼ぶならそれは衰退してます
それは >>34 書きましたが世界資本の中で生産にかかわってるのは数%です

今先進国は環境問題さえもビジネスとして取り組もうとしています
そして、環境汚染を広げてるのは中国や東南アジアや南米です

しかし先進国の工場等も環境汚染がこれらの国で広がるのを
低く抑えてるのも事実です

資本主義は環境問題すらもビジネスにしています
工業的な環境ビジネス先進国は米国ですが
農業的な環境ビジネス先進国はオランダです2位は米国と言われてますが・・

>>31 のように警鐘をうながすのは良い事だと思いますが
もう一歩考えを進めてビジネスとして取り組める枠組みを創れるかが重要だと
思いますが・・・

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 07:28:31 ID:4A3fH+YE
どう考えても人口過多だよな。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 19:33:09 ID:oQiSFl/1
ベブレンとか言う人の「制度主義」ってのは、どうなった

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 02:53:19 ID:vmQRae++
とりあえず医療福祉教育なんかと
自然環境は国有ならぬ地域共有財にする。
鉱石や地下水なども市場からは切り離し
偉い人に適正価格を随時決めてもらって共有にする。
個は地域からそれらを買う。
地域の財産は個々が管理の義務を負う。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 03:25:14 ID:kqI7jLaT
共産主義というのは、アンチ資本主義ではなく、マルクスが資本主義の
発展の末に想定したもので、資本主義の前提の上になりたつもの。
資本主義がみずからの矛盾を改善していって、近代の理念を実現する、
すなわち歴史が終焉するとヘーゲル同様にマルクスは考えた。
マルクスは資本主義の発達に対して楽観的にすぎた。
資本主義を崇拝しすぎたのがマルクスの間違えだった。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 03:31:55 ID:kqI7jLaT
マルクスは、資本主義の発達が必然的にその矛盾を止揚し、階級社会を消滅へ向かわせるとした。
資本主義の発展こそが人類に幸せをもたらし、暗黒の封建社会から人類を解放するのだと。
しかし事態はむしろ逆になった。資本主義はむしろ封建社会へと人類史を逆行させ始めた。
階級を固定させ、再び絶対的な身分社会へと人類を導こうとしている。それが資本主義の本性なのだ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 23:56:25 ID:LcQa6bhM

もう資本主義と共産主義の2元論で考えるのは
辞めようか、というすれだと思っていたが。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 15:42:04 ID:dzK2Clts
資源が本気で足りなくなったときが資本主義の崩壊のときだろうね。
ペスト時代並みの大変革が訪れるはず。
でも貨幣経済は無くならないと思う。
しばらく統制経済が続くとしても、人口が十分減ったら
前近代の水準ではあっても貨幣経済は一応続く。
そして人口調整が為政者の最大の課題になると思う。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/13 21:55:24 ID:RvmxXHJR
test
http://red.jpg-gif.net/bbsx/1/img/204022.jpg

*ただのTestです このスレには関係ありません

46 :秋花水 ◆UYpQvTYj6k :05/02/17 00:36:21 ID:PqVuS3ud
>>40
「社会的共有」という概念をご存知でしょうか?
今となっては北朝鮮とキューバにしか残っていませんけど。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 05:05:27 ID:tblhzdwF
「希少資源のうち、市民が基本的な生活を営む為に必要不可欠なものを
社会的共通資本として社会的に管理され、そこから産み出されるサービスは
社会的に配分される」システム。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 08:06:00 ID:65nTwLF/
>>資源が足りなくなったときが資本主義の崩壊のとき。
こういう話が流行しているのか?
単純に食べ物がなくなるとき、とか。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 08:07:11 ID:65nTwLF/
食欲・性欲そのものを押さえるということ?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 03:22:54 ID:Cy21qyDA
「資源」ってのは食べ物もそうだが
主に産業資源。
自然環境、社会インフラ・通信交通、情報、制度…

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 14:06:22 ID:yxot+XQ1
資本主義の次の経済体制

これを思いついたらノーベル賞狙えるよ。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 11:13:00 ID:QJHaYibB
>>51

日本人の科学者と経営者とアラブの金持ちが実験してるよ。
名づけて「循環資本主義」です。ニューオーシャンズアソシエーション。
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1097972964/
ネオ・アレクサンドリアという環境を循環都市を作っています。
イスラムは金利が禁止で近代化をせず日本が保管しています。
その他、インド人と華僑が保管しています。

53 :地方に公共事業の誘致を:05/02/20 12:09:56 ID:xo8laR1T
東京はインフラが行き届いているが、地方にはインフラが無い。
同じ日本でこんなに格差があるのは、おかしいし、恥ずべき事である。
高速道路や新幹線の開通を東京者が反対する事に納得がいかない!
公共事業の全てが悪ではないのだ! 公共事業で雇用が守られている現実に
東京者は理解すべき! 地方を東京並のインフレと街並にするまでは、
公共事業は断固、行なわれるべきである。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/20 14:09:46 ID:U8oAy5vj
地方に住むどれくらいの割合の奴が内心>>53みたいなこと考えてんだろう?


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 22:20:39 ID:xf44AORr
>>51
ノーベル賞ってあったっけ?

資本主義って言うのは現実をそのまま数値化しているということだと思う
資源が減ったら価格が高くなる、多ければ下がる
それを数量的に分りやすくしてる

それと参加者が自由に活動できる

そもそも経済学ってなんだろうな?
経済学には目的はあるのだろうか?
強い目的があるとするとそれは参加者を隷属化してしまう可能性がアル

目的ほど強い意味ではないが
ソフトウェア工学には要件定義という言葉がある
経済学の要件とはなんだろうか?

http://www.ntt-comware.jp/recruit/c4/d_02_main.html

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 22:26:25 ID:OqZBoj6U
資本主義って、システムでも体制でもなんでもないじゃん。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 22:34:25 ID:xf44AORr
>>56

自由だからまあ、どんなシステムかと問われれば
場当たり的なシステムといえるのではないだろうか?

しかし未知の問題が起こるわけだから
場当たり的な対応をすることは正しい

よって資本主義はただしい
ゆえに次の経済体制は不要

終了?
だとつまらなすぎる

限られた資源の中で自由な需要とそれに従属する供給
のフィードバックによってに発展しつづけるシステム
というのはどうだろうか?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 00:01:35 ID:v2r/gUS1
 国家がなくなる!というのはどうですか?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 00:07:36 ID:BmG118DZ
無政府資本主義
国家という幻想

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 17:43:12 ID:36cfAgJK
株式会社日本
一定の代金を支払って、ある程度の安全や教育などを買う。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 22:48:47 ID:nb3MoFFA
資源なんざ宇宙にでればくさるほどある。はず、無意味に無数の星がわれわれ
の頭上にちりばめられている訳もなかろうに、、、これからは
宇宙ビジネスさ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/28 14:08:30 ID:mElRHla9
そりゃ経済体制じゃなくてビジネスモデルじゃん。
それとも、宇宙に目を向ければ実質的に資源は無限にあるから資源制約は
乗り越えられる、とか?

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 00:10:20 ID:bjAy+FFk
日枝会長、健全な資本主義って言ってるけど

日本の健全な資本主義って政治がらみで新規

の人間を排斥することか?

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 00:14:58 ID:bjAy+FFk
>>53 俺、静岡県民だけど他県の人様の税金まで使って一部の土建屋と政治家だけが
   潤うのは許せない。 医療費やいずれ来る東海震災の復興費にまわしてほしい。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 21:17:07 ID:b99Q2XWW
>>64
交付税で都市から地方へと所得再分配を行う。
地方団体は公共事業を行い、受注した土建屋が静岡で金使えば、それなりに地域経済への貢献がある。
しかし東京に本店を構える大手土建屋が地方の公共事業を受注すると、結局所得は都市へと還流してしまう。
では、入札制限で地元の土建業だけの入札制度にすればよいか?
それもだめだ、公共支出の非効率をまねくし、生産性の低い地方土建屋ただ生きながらえさせてるだけ。
どうすればよい?誰か教えれ。

66 :秋花水 ◆UYpQvTYj6k :05/03/03 10:36:18 ID:ei3kiyNa
なんだかんだいって、次はアナルコ・キャピタリズムだな。
政府は資本家の代弁者に過ぎなくなる。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 02:29:29 ID:QgXeLpSW
需給関係ではなく
住民の社会的同意が得られる限りの価値基準に従って
価格が決まる経済制度は作れないものかな。
現在も、そもそも単純な需給関係で価格が決まらないのが問題なのだが。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/04 22:56:02 ID:lnbrZu3K
案外、貨幣的な理由で今世紀中にも資本主義が崩壊したりして。
ほっとけばどんどんデフレになるのが資本主義社会だからね。
確かに管理通貨制度のおかげである程度はデフレを克服できたけど、
管理通貨制度はどこに飛んで行くか分からない面もある。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 01:38:40 ID:Ph/mD/oF
技術進歩から日本ではデフレになっている。
そのデフレを埋めるには公的負担が必要。
技術進歩とあいまって、公的負担の増額、公務員の増員。
いつしか資本主義から社会主義体制へ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 05:41:25 ID:lC/Km0fC
日本は既に社会主義経済。公共投資=計画経済で波及効果なし。ケインズも
アダム・スミスも資本主義を前提にしているのだから、なにしても無駄!
そもそも「天皇現人神」を拒否した時点で、日本に資本主義は無理と決まった。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 07:23:34 ID:fzWDr62Z
>>68
自由通貨制度にするだけでだいぶ変わるはず。
資本主義の欠陥として叩かれるのは実際たいていが政府の独占による弊害

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 11:19:54 ID:Ph/mD/oF
>>70
公共事業が効率化すれば乗数効果は下がる。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/05 20:51:38 ID:DlCTgV/2
公共事業が効率化?>>72・・スマン!意味が理解できない。
社会主義経済ではケインズなんて関係ありませんW

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 02:07:38 ID:rEVxkDn+
>>72
俺も意味が分からん。
公共事業の効率化って何?乗数効果とどう関係ある?
説明しれ。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 00:08:13 ID:lLFmFFDl
波及効果がなくなるんじゃないの?

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 21:20:34 ID:PrUNKpb7
今の日本、公共事業で8割生活水準を維持してる予感。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/17 16:41:39 ID:OuGEPGDI
古典派→ケインズ→新古典派→ポストモダン
って理解でおk?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/20 12:30:25 ID:daWudNqU
今やってる労働のほぼ全てが機械によって行われる。
スーパーには自動的に産地から送られてきた野菜がならび、
そのスーパーでは代金を払うことなくそれらの野菜などをもらうことができる。
ほぼ全ての労働を機械がこなすので、全てがタダ同然の価格で売られ、いずれ
全ての商品はタダになる。そして、貨幣は無くなる。
人間のすることといえばもっぱら趣味的なボランティア的な労働である。
全ての商品が好きな時間に無料で確実に手に入れることができるので、
『買いだめ』などをする人は皆無で、このことは誰も必要以上の物質的な
富を求めないことを意味する。
人々が求めるものは、非物質的な富でそれはもっぱら『愛』という形で
現れる。

来るべき次の社会は『愛』に満ち溢れている。
人間愛主義の到来である。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 01:32:18 ID:8U1H01PH
>>78少なくともキリスト教徒はうけいれないな。人間は労働しなきゃ!

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/29(火) 21:55:26 ID:nfdQonDF
クリスチャンでニートの俺様が来ましたよ

81 :1111111:2005/03/29(火) 22:53:46 ID:UW/1GPAD
 やはり次の社会は人類が皆敵の社会じゃないか?

 ホッブスみたいな時代

 既にそうかもしれんが

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 01:53:03 ID:i9H87jsS
…あぁ。えーとヴァンサンカン。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/03(日) 20:26:11 ID:tZtR3r/T
"もとで"という意味での資本を使う経済制度は交易の歴史とともに古い。
古代ギリシャのターレスも資本運用には力量を発揮したことがあるらしい。
有史以来のものを簡単には代替することはできないだろう。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/05(火) 22:09:18 ID:ORLPRv+G
古代ギリシャは資本主義ではないのだが・・・。資本を使うのが「資本主義」デハナイ。


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 19:40:18 ID:4NPVyNpS
地方の三大金持ち パチンコ、病院、宗教

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/27(水) 23:25:56 ID:/bW+oiVs
オレは社会的共通資本を管理する専門家になりたい。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/28(木) 00:07:41 ID:AfvX8FDC
資本主義の限界は二つ
・サービス向上の限界
・ダンピングの限界
業界によってはもう限界きてるとこあるでしょ。

労働組合カルテルとか容認してもらえねーかな。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 00:27:26 ID:gT2XDAmr
ダンピングの限界って何なんだ?

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 00:53:47 ID:NRpp+v3Q
>>87
サービス向上の限界が来てる業界って具体的になんだ?

90 :くろしろー(本物):2005/05/01(日) 13:20:05 ID:pwaKOHCJ
資本主義は資源枯渇で崩壊して残り少ない資源を求めての戦争・
大飢饉が起きるのよ。ああ、平和な時代に生まれてよかった。
多分人間は今よりもっと原始的な資源コストの低い社会に戻る
のよ。その方が幸せかどうかは私にはわからん。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 12:31:47 ID:uesf1Dsf
資本主義や >>2-3 の資本独占主義の現体制の層は、
共産自体は資本独占主義の下請けと認識していると思われるが
社会主義的な経済の平等化のベクトルを極端に嫌うだろうね。



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 12:43:09 ID:uesf1Dsf
>>87
資本主義の限界にこんなのはどうだろう?

資本独占主義へのシフトとそれに対する反発
労働者の労働環境の不満
福利厚生の不備
情報流通の階層化による現体制維持の限界

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/02(月) 21:14:20 ID:LUxVMSBm
>>90
資源枯渇の時代ってくるのかな、あと100年もすると原油なんか石炭のように
使われなくなってそうだし。
ジョージソロスファンドの誰かが更なる環境汚染から農業の時代を期待してる。
資源枯渇による資本主義の崩壊というよりそれを保護しようと新たなビジネスが
また生まれるんじゃない?町へ出てきた労働力がまた田舎へと帰っていく。
もっとネットが普及し町へいる意味も薄くなってくる。自然回帰と文明発達の調和
しかし戦争はまた起きるだろうけど 



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/14(土) 00:21:07 ID:0gA33I2H
nanda原理主義へ導くスレですか?

95 :Corentin ◆bBm/UfuWG2 :2005/05/14(土) 03:54:25 ID:rPjWEZJk
ユートピアはやっぱ夢なんだよなぁ。

http://green.ap.teacup.com/hase11/

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/08(水) 04:02:38 ID:c8za9ymv
ロボットによる生産物は全て無料。
ロボットが食料を生産することになれば、働かなくても一応生きていける世界になるが、
芸術や風俗等人間によるサービスが存在するとすれば、それがボランティアでない限り、そこに小さな経済が生まれる。
特に性欲は強大なので女とヤるためなら男は働くだろう。
金を得た者は、他に対する優越を得るために、ロボットが作ったものと差別化された人間メイド(ブランド)の生産物を手にする。
結果として、欲のあるものだけが、
ロボットが作ったものと差異化された人間の生産物を得、様々な欲を満たすために働く世界になり、小さな資本主義経済だけが残る!

97 :くろしろー:2005/06/08(水) 12:26:36 ID:xVIR8DbL
まず石油なのだが、枯渇説から、化石燃料ではない(つまりは
枯渇するでもなく大量に残るという)説まであるそうだ。
地球温暖化も然り、まだ仮説の段階である。
未来エネルギーの最大手「水素」も実用化するには
問題やコストが大きすぎる。
そして南北問題を考えると、要するに「環境にやさしい」説
は、南の発展を苦しめるための金持ちの道具だと言う結論
に他ならないと「幻の水素社会」藤井耕一郎は言う。
この本自体がトンデモなのかも知れないが、
一応視野に入れておくべきだろう。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 10:47:30 ID:9Oka+Eum
アダム・スミス(経済学者-「国富論」の著者)
『生命を維持するのに肉が必要であるかどうかは疑問である。穀物や野菜、牛乳、チーズ、
バターは量が豊富で健康に良く栄養価が高く、エネルギーを与える食物である』

チャールズ・ダーウィンは菜食主義だった。

この2点から、生存競争と弱肉強食を是とする資本主義思想には

疑問を呈示せざるを得ない。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 22:15:18 ID:XVSGsHuk
>>96
あー、マルクスかリカードか誰かが完全に機械で生産された財に価値はあるのか?
なんて問いかけてたな。結論はどうだっけ?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 16:11:17 ID:zmOX3iT0
>>99

財の所有権が機械に移行。
つまり機械が主体として台頭するってこと。


101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 17:00:27 ID:8GkzfxlJ
プラウトに決まっているだろ。
このシステムは、通しか知らない。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/24(金) 02:47:56 ID:kzZqJHm/
資本主義社会における

会社=荘園
経営者=荘園の管理人
従業員=農奴
株主=荘園の所有者

日本の資本主義化=日本の荘園化

次の経済体制=荘園制度の破壊(鎌倉幕府を参考にせよ)

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/25(土) 02:21:42 ID:DVDEezzf
>>99
その機械をつくった人がいるわけだから、間接労働がある。
機械が機械をつくったとしても、一番最初の機械はやはり労働でつくられているから、
時間とともに製品ひとつあたりの労働の量が減っていくため価値は漸減していくだろうが、
やはりわずかながらにせよ価値を持つことになる……

……と、一回生のパンキョーレベルの知識で書いてみたけど、どうかな。
(メンテナンスや交換部品の生産などもすべて機械がするという前提ね、もちろん)

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/26(日) 14:44:57 ID:zUuQXwEV
aegeege

105 :三造柄長:2005/07/03(日) 01:18:34 ID:v0WtNR5C
機械やロボットによる生産のオートメーション化を進めながら、機械で出来ないことは
無償労働でいいと思います。
少しでも働かずにはいられない人っていうのは案外います。
「宝くじ当たってもこのお仕事つづけます」という感じで、お仕事が好きな方たちです。
それになんらかの活動をしていないと暇で耐えられないでしょう。

貨幣制度の世の中では失業敗北者が多く、この方達は自力で生きていくことが出来ずに
自らの命を絶つ選択をとることも多いんです。

僕は貨幣制度廃止、無償労働の社会を望みます。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/06(水) 02:00:24 ID:49DVOxdW
資本主義社会の特質って何ですか?

107 :三造柄長:2005/07/10(日) 18:50:39 ID:jns+Djhc
資本主義の特質は科学技術の発展が早く成功者は豊かになりますが、3の方が言っているように
貧富の差が激しく敗北者をうみ弱肉強食となります。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 19:49:49 ID:/eS7awDL
>>107
 そう?
 台湾と中国大陸では、中国大陸の方が貧富の差が激しいのよ。
 それも今じゃなくて、1980年代でよ。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 20:20:59 ID:1BhJjwVk
>>107
厨房の教科書ではそんなことが書いてあるが語弊があるなぁ。
実体では貧富の差に資本主義も共産主義も大して違わない。
むしろ途上国か先進国かでの違いが大きい。

110 :三造柄長:2005/07/11(月) 02:14:08 ID:BF+s7Foh
確かにそうでした。資本主義も共産主義も貧富の差が激しいです。
貨幣制度は貧富の差が出ると思います。
資本主義は弱肉強食で共産主義は身分差別による収入の差ですか?

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 01:37:13 ID:uOHWf6QP
ってか、今の日本の労働状況を考えれば、職の数そのものが物凄い勢いで縮小していってるんじゃないか?
つまるところ、今後はどんなに日本の経済が発展しても、職が増えることは無いってことじゃあ・・・

そんな状態で弱肉強食とかやって効率化していけばどんどん職がへってくだけじゃあ。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 01:41:19 ID:HMKdvx7D
とりあえずタバコの値段を大幅に上げるべし!そうすりゃ喫煙者も減るし
利益も下がることはない。欧州ではとっくに実施してるって

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 02:05:49 ID:uOHWf6QP
企業が巨大化して利潤を求めてつきつめていくと、
ライバルが出てくる自由が存在している自由主義・資本主義体制そのものが邪魔になってくるからなあ。

国民の自由を制限し、国家に市場を独占利権として認めてもらうのが一番利益が上がるのではないかね?

政府が国王、企業が領主、市場を領土、社員を農奴と置き換えれば封建制が復活してもおかしくない。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 02:54:50 ID:NedmNKJ/
「次の経済体制」なるものが、自明であるかのような
その思考の枠組みこそが、経済成長の根源的なエネルギーであり
資本主義を永久運動装置の如く、可能ならしめるものなのである

と今更ながらに、ポストモダンの請け売りをしてみる

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 03:56:19 ID:uOHWf6QP
資本主義のプレイヤーたる企業が自らが左前になる恐れのあるダイナミズムを望んでいないとしたら?
拡大よりも利潤を恒久的・永続的なものにしたいとしたら?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 05:17:35 ID:9ZUblbnJ
ここまでのどの意見にも一理あるな。
提示されていないと思われる視点を提供すると、
社会主義統制経済が失敗したのは、
ひとえに、正しい情報を中央計画当局が把握できなかった、
という理由なので、
これだけ科学技術が進歩してくると、
扱えるデータの量は格段に増えているし、
また、ウソ発見器とかにより、本心を暴くことができるように
なってきている。
なので、集権型の意思決定が見直されてくるかも。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 13:36:13 ID:/Lk9oGep
むり。
サンタフェ研究所の悲惨な末路を直視するしかない。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/13(水) 14:04:10 ID:VPxBHsQS
>>116
それが出来たら先物取引でえらく儲かるんじゃないか?w

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 04:35:57 ID:yi/6OhgR
>>117
サンタフェ研究所って「複雑系」って本で紹介されてた研究所ですよね?
本の内容もあまり覚えてないんですけど、悲惨な末路だったんですか?w

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 13:53:22 ID:ftVqUsL1
>>117
どういう話なのか凄く気になる。
詳細きぼんぬ

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 01:33:19 ID:s7FZU84l
一言で言えば結果が複雑すぎて人間には理解できなかった。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 02:46:56 ID:pNYfiuBP
ブームは去ったけど、サンタフェ研続いているし、研究費もちゃんと
とれてるみたいだけど。
tp://www.santafe.edu/

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 09:32:54 ID:4IdpQdBs
複雑系経済学って、

現実経済には大量の変数がある→超ややこしい→複雑すぎて人間にはわかりません
→じゃあ、考えるのをやめちゃえ→あーひゃっひゃっひゃっ

っていう経済学じゃないの?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 20:42:51 ID:Per0o3kE
http://www.prout.org/index.html

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 20:54:07 ID:Per0o3kE
去る5月16日、財務相の諮問機関が、2015年までに国のプライマリーバランスを均衡させるためには消費税率を19%に引き上げ必要があるとの試算を出した。
今や累積財政赤字は1000兆円にのぼり、国民1人当たり800万円の負債を抱える借金大国となった日本では、もはや消費税の引き上げは避けられないとの見方が強 い。
 しかし、こうした見方に対し、シンクタンク『構想日本』の加藤秀樹氏は、「国は半分の予算で運営できる」と主張し、消費税をあげる前に抜本的な財政の削減が可能と説く。
構想日本が8県4市の自治体と共同で公共事業の仕分けを行ったところ、概ね3割の事業が不要な上、残る7割の事業も3割以上のコスト削減が十分可能であることがわかったという。
 税金で借金の帳尻あわせをする前に、予算の無駄を削減が不可欠なことは言うまでもないが、日本では行政も議会も予算のチェックには後ろ向きなのが実情だ。
 なぜ日本では予算の十分なチェックができないのか。現在の予算の何が問題なのか。国は本当に半分の予算で運営できるのか。予算運営の現状と問題点を加藤氏と共に考えた。
http://www.videonews.com/

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 22:30:41 ID:Jgi1p9Uc
なんだぁ ええっと
要は「富の分配の仕方」の違い
だけなんだろう?


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 01:14:51 ID:09Tpm7o5
富の定義はどうするよ?

金銀財宝 -> 生活必需品+サービス -> ??????

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 22:27:00 ID:GnqBOmlY
人間が欲しがるもの?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 22:55:32 ID:qu77fu9C
アフターキャピタリズム

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)