5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

制度学派・新制度学派

1 :NPM:05/02/03 19:32:36 ID:oExYDF/o
制度学派・新制度学派経済学について語らう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/04 00:22:00 ID:8x4L6XjT
2

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 15:32:31 ID:yMBsX2Xf
agfe

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 12:16:48 ID:1ThnB4Lu
制度学派に関するおすすめの文献は、ありますか?
最近は改めて、ヴェブレンを読んでいます。

「すべての階級が衣服に支出したものの大部分は、
身体の保護というよりもむしろ名声を獲得しうる体裁のためだ、
というありきたりのことに同意するのに、困難を感じる人など誰もいない。
そして、もしわれわれが社会的な慣行となっているこのような衣装の水準をみたしていなかったら、
そのときほどひどくみすぼらしく感じることは、おそらくほかにないだろう。
 世間体をみたす額の浪費的支出と見なされるものを遂行するためであれば、
人々が生活必要品や便宜品の欠乏をかなり耐え忍ぶということは、
他のあらゆる消費項目に劣らず、衣装の場合にさらに高い程度で妥当する。
したがって結果的に、人々が寒さの厳しい気候の下で、
着こなしがよいと思われたいばかりに苦痛をともなう衣服をあえて身につけることさえ、
決して稀な出来事ではなくなるのだ。
こうして、あらゆる現代的な社会では、衣服として用いられている財の商品的な価値は、
着用している人物を被うための物理的なサービスよりもむしろ、
はるかに大きな程度で財の評判のよさや流行のファッションから成り立っている。
衣装の必要性とは、何にもまして「高級な」、あるいは精神的な必要性なのである」
ソースティン・ヴェブレン『有閑階級の理論』188-189頁(ちくま学芸文庫、1998年)

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 00:21:18 ID:U97V8sVK
社会学とどう違うのですか。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 11:58:51 ID:TJZsFmmM
ちゃんと日本で研究されてるんだろうか。
リースマンの、Thorstein Veblen: A critical Interpretation
も翻訳されてませんね。


7 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 04:01:03 ID:Q9tlbsXb
age


2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)