5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

グローバリゼーションを擁護する

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 13:54:24 ID:Q/yfC21B
「グローバリゼーションを擁護する」
日本経済新聞社
ジャグディシュ・バグワティ著

グローバリゼーションを経済的な側面から分析
らしいけど
どうなのこれは

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 14:06:36 ID:LE/twDhw
『反グローバリズム』金子勝著。これでも読んどけ!

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 14:07:28 ID:iEfQLsUA
金子勝はたんなる馬鹿

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 17:56:13 ID:NSAj9YnM
おおっ、バグワティの新しい本が出たんだ!
読んだ人、内容を紹介してくださいな。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/15(日) 18:04:31 ID:pVzzH/4h
>>3
金子勝はちゃんと理論経済学を理解したうえで
その枠にとらわれずに問題提起をしている。
金子勝の考えを理解できない奴は理論経済学マンセーの奴。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 12:38:28 ID:egdbu4zY
>>5
こんなところで母校の恥をさらすな、塾生。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 18:44:09 ID:UoSipWFp
>>5
金子の本を読んだことがないのでよく分かりません。
>>2の『反グローバリズム』では、金子はどんな主張をしてるんですか?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/16(月) 23:33:13 ID:p3nUYecD
本を買って俺に印税生活をさせてくれ、と主張しています。ええ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/20(金) 00:49:13 ID:sBML/7UZ
>>1さんはこの本を買ったの?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/21(土) 17:25:23 ID:+B8nCfNM
ソニーが韓国と手を組み、NECが中国と手を組んだ。
結構なことだ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 21:01:25 ID:7l/pvcPf
感想キボン

購入するか迷ってる

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 22:51:28 ID:aNmrwhOX
>>6
彼は東大出身ですが
教授としての資質はどこに在籍してるかより
どこで教育を受けたかの方がよっぽど大事だろ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 23:20:59 ID:OEO2TaNk
>>11
いちごの「グローバリゼーションとは何か」のスレで紹介されてました。

読んでないけど梶ピエール氏やいなば氏がとりあげてたのでリンクしときます。
http://d.hatena.ne.jp/kaikaji/20050516
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20050517#1116302691

----とのこと。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/25(水) 14:18:49 ID:fla1CE90
アマゾンのレビューが成熟するまで、購入するか否か保留シヨ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 18:40:18 ID:EJyt6vPj
>>14
今日の日経で書評が出てたよ。
割と大きな扱いだった。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 05:00:46 ID:VsNW6vCB
結局、バグワティのこの本、読んだ人はいるの?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 05:33:45 ID:zsZLFkOa
今読んでるよ 基本のテーマは,

最近のNGOや左翼団体が批判するところの,グローバリゼーションによる
1.貧困の拡大
2.児童労働の増加
3.女性問題の悪化
4.文化(ハリウッド映画)の衰退
5.賃金と労働水準の低下
6.環境問題
7.多国籍企業による搾取
が客観的なデータやアカデミックな研究に
基づかない単なる妄想であることを
最近の実証研究を挙げながら議論している。

具体的には>>2 みたいなトンデモ理論をぶっ潰している感じ。結構面白い。
綿密に証拠を挙げながら議論を展開しているので
この本を論破できるような経済学者は日本には一人もいないでしょう
一方短期資本移動の問題や国際機関のガバナンスにも言及しているので
タイトルよりも中立的な本だと思う。

この本は国際経済学を勉強した人にとっては特に学術的に
新しいものではなく,想定している読者は
主にNGOや市民運動団体に興味ある人たちだと思われる。

クルーグマンの「良い経済学悪い経済学」とテーマは似ているが,
内容はこちらのほうが包括的で内容も深い

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 05:36:55 ID:zsZLFkOa
ちなみに>>13 のリンクも見てみたけど,
ただの揚げ足取りで本質な批判ではないので参考ならない

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)