5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◆◆前途有望 これから伸びる一押し陶芸家◆◆◆

1 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 10:31
今は、あまり有名ではないけど・・・
近い将来、絶対に有名になる!
近い将来、絶対人気が出る!
近い将来、絶対値段が高くなる!
近い将来、人間国宝になる!

とにかく一押しの陶芸家を紹介して!



2 :トコノイタンハ ◆WfuO0J/v7s :04/08/12 11:35
2

3 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 11:48
>>1
馬鹿じゃないの?死ねよ。

4 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 11:58
>3
お前、嫌われ者だろう。

5 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 12:14
http://ww8.tiki.ne.jp/~labo/1/g-i.go210.htm
http://www.bizenpottery.com/tokusetsuikenishi7.htm
http://www.bizenpottery.com/tokusetsuikenishi6.htm
池西 剛
大物になること間違いない。
何年も前に出あってから、ずっと注目している作家の一人。

6 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 15:42
萩の兼田昌尚。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/12 23:34
金重巌

8 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/13 04:10
>>5
写真ですらその良さが伝わってきます。

ヤフオクの偽者とえらい違いだ 藁↓
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/68708873
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h17365265


9 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/13 22:30
備前焼なら断然に多久守でしょうね。
数年前までは正宗悟が良さそうと思っていたけど、
このままでは平凡な作家の領域を脱しないでしょう。
現時点で最も期待できるのは多久守です。

10 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/13 23:02
細川元総理
なかなか面白い品を造。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/13 23:18
>>10
ちゃんと見たことないのですが、うまいのですか?

12 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/14 13:15
当代(14代)の中里太郎右衛門さんは無庵にかなり近づくと思う。

13 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/14 17:23
先代よりいいね

14 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/14 21:59
三輪龍作(当代休雪)は前途有望でしょうか?

15 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/14 23:19
作品作ったことあります?

16 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/15 08:28
>>14
先代、先々代には、到底及ばないと思う。

17 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/15 23:49
萩は前衛の兼田昌尚・・・賛成、古典は該当者なし。
備前は前衛の隠崎隆一、古典の多久守・・・賛成
唐津は当代中里・・・?・・・でも、確かに彼くらいしかいないですね。
高麗・李朝・・・武末日臣・・・しかいないでしょう。

18 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/16 15:05
東の方にはいないの?
益子とか笠間とか。
加茂田みたいに値上がりしそうなの。


19 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/17 01:00
>>18
陶磁郎の最新号読んどけ。

20 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/26 23:02
かくれざき

21 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/26 23:52
           , -−- 、r−、
          /:::::::::/:::,l、::::::ヽ
         ,'.:.::/::::::/:::::/:ll::::::::::::ヽ
        i:::::/.:.:.:/:::::/:::l ll:::l:::::::::l
         !::::!::::::::l_l」;ル'ノ キLl::::::::|   
         !:::i:!:::l::jlェュ   ェュ l!::::::l  
        ',::トl|!|l! ,ィ7k‐、  |:l:::::!
         ヾニl  ///{'i l { ノィ::;ノ  
          _,ソ'川 l^l、ヾ!'´ノ'´  
         /ヽ|   ト、` l、
     _, -''"   l    ! { .| `y‐、_
   r'´ヽ \\   !   ト、  l l| l ´Tヽ
.   八 、 \ ヽ ヽ j  / l  l l! ! /ノj
 

0場 死之子

「芸大の院で、修復ずっと勉強してるけど、
要は就職しないだけで、ダラダラと
退職した親のすね、かじってるかんじかな。
(たまに、あそこもかじって、ごめんね☆)
らくちんだよ。いつも人に頼ってればいいから。」


22 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/31 00:52
隠崎のは使えない、すぐ飽きちゃう、もちろんマスコミと提携して有名になったとの
うわさ。知名度を作って、そして商売する売り手が、日本の現実。だまされない
眼を持つことだね。龍作もおなじ狢

23 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/31 23:08
隠崎は造形力があるよ。
似たようなものを作る作家もいるが全体のバランスなど全く話にならない。
あのような造形をあれほどのレベルで作れる作家はいないでしょう。
有名になるべくしてなった作家ですよ。
面白い良いものを作るからマスコミも取り上げる。
いくらマスコミが取り上げても詰まらんものを作ってたら人気なんて絶対に出ない。
陶芸はそんな甘いものじゃないですよ。
使えるか使えないかは、使い手の技量の問題ですよ。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:04/08/31 23:34
私は、大嫌い

25 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/06 20:57
そうか?

26 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/10 00:02
俺も奇をてらった若い造形で、大嫌いだね
まして、地味な備前の質感とけんかする
本当に造形力のある人は、造形を前面に出さないものだと思う

27 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/10 08:45
そのうち、枯れてくるんだよ。
そうなったときの彼の作品に期待してます。

28 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/10 16:44:02
もう枯れるどころか朽ち果てる感じだねーの。

29 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/10 23:12:43
これまでの伝統に反しているから、馴染めなくて嫌ってるだけでしょ?
もっと幅広い感性を磨こうよ!
隠崎の茶碗、特に黒茶碗(伊部手)は、茶室に入っても違和感は全然ないよ。
現代版瀬戸黒のように凛として力強いし、古作の水指なんかとも良く合う。
しかし、隠崎の白、緑、窯変の茶碗は茶室には向かないね。

30 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 00:03:26
>>26
了見が狭いね。

31 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 00:56:38
大きなお世話。

32 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 21:58:52
http://www4.ocn.ne.jp/~ranran/newpage38.html
ホント、この静かで闇に溶け込むような姿は茶室にすんなり馴染めそうだね。

33 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/11 22:03:01
http://www.raku-yaki.or.jp/rekidai/r15-j.html
隠崎って、当代の楽より使いやすそうだけど・・・

34 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/12 10:01:29
そうですね

35 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/12 10:24:02
形や造形のおもしろさだけで評価される備前そのものの質の低下は感じるね
又、造形にだけにとらわれる人たちの多いことよ

36 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/12 13:08:02
隠崎の何を見ているのか?
隠崎は造形だけでなく、土味、焼成も一級でしょう。
殆どの作家は、何の工夫もない造形と、何の吟味もされていない
粘土屋から買う水漉された土味の良さを全く感じない駄土。
そして、下品な炭桟切に汚い付け胡麻。
伝統にすがって、備前という名前だけで食っている多くの作家と比べたら、
遥かに立派だと思う。

37 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/12 16:40:43
>>35
伊勢崎淳や藤原雄でも買っとけば?w

38 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/13 00:35:56
37>もっと良いのを作っている人を基準に言ってるので、伊勢崎や雄のどこが良いのか?
冗談でも言わないでほしい

39 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/13 00:56:20
>>38
そういうならあなたが良いと思う作家を挙げなければおかしいと思うが?
話の流れでは37のような書込されても不自然には感じません。
淳や雄の例がよいかは別にして

40 :?1/2?1/4?A°?・?B:04/09/13 11:43:00
名前が思い出せないけれど「鱒紋」の陶芸家さん。
あと、藤平寧さん。素地に心が映ってるような感じがします。
知人で、父親が有名人という作家?がいまして、
昨年秋頃に「ブレイクするから」と豪語する連絡がありましたが、
その後、何も音沙汰がありませんし、活動の声もありません。
マスコミに宣伝はしているようですが、ダメだったのかもしれないですね。
少しずつちゃんと見える世の中になったのかもしれませんね。
それがホントだと思いますし、それで良いと思います。

41 :jam ojisan ◆PdvkW.xCnU :04/09/13 12:36:15
まだ無名だが、備前の大森礼二。
土にこだわりがあってなかなか良い。これからの造形力に期待。

42 :sage:04/09/13 20:14:35
眼ないんちゃうか?
隠崎は三流やろ

43 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/13 22:22:39
>>42 一流とは、伊勢崎淳や藤原雄のことか?

44 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/16 21:19:31
どんぐりの背くらべ

45 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/17 22:47:19
昨日、六本木のサボアにたまたま行ったのですが、やっていたが個展なかなか良かったです。
20代半ばの若者なのにじじいが作ったような渋い南蛮風の焼締陶でした。
しかし名前を忘れました。すみません。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/17 22:56:31
>>42
別に異論を挟みたいわけではなく、自分は前衛的な備前では隠崎は一流だと思ってます。
あなたの言うとおりなら眼が無いのかもしれないが、後学のためにそういうあなたが一流と思う作家を是非教えて欲しい。



47 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/18 14:58:13
http://homepage2.nifty.com/kban/index.htm

48 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 10:26:28
造形の斬新さでいえば、他の作家より隠崎氏は力をお持ちだと思います
ただ、テーブルでも何でも造形が、凝っていて質感を殺すこともあります
特に備前のように木で言えば一枚板の自然の持つ木肌のテーブルのような
焼き物だと思いますので、しかも、基本的に毎日使うという観点からいっても
土味、焼き味を特徴とする備前などでは、最低限造形は、脇役的な範囲でないと
飽きが来ると思うのです。自我の意識が強くても良いのですが、それを
前面に出さない土味を生かした中に造形美をとらえる秘する造形が、好ましい
と感じます。

49 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 13:09:43
どの分野にも多様性が必要。
そうじゃないとつまらないじゃないか?

50 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 18:05:20
>>48
貴方の意見は、ちょうど室町末期から桃山の頭にかけての保守的な茶人の考えですな。
桃山に入って古田織部が織部好みとして、破格の様式を生み出した・・・ヘラ目を大胆に入れたり、
茶碗をひずませたりと・・・当時の保守的な茶人は、この様式にショックを受け、
これらの前衛的なこれまでにない破格の様式を批難し、侘び茶の精神に反すると徹底的に反発した。
しかし、当初は受け入れをこばまれた織部様式も、江戸初期からは一般化し
各地の窯で織部様式が写され、現在ではポピュラーで茶室においても全く違和感はない。
桃山後期から江戸初期の備前でも、これまでになかった織部様式の矢筈口水指や
三角花入が造られ、これを期に、備前の水指と花入は一級品として扱われるようになった。
それまでの備前で主流であった桶水指や種壷水指に矢筈口水指はとって代わってしまった。
当時の前衛的な織部様式が、備前に取り入れられて、備前は更に発展した。
伝統に新しい様式が入るときには、かならず保守層からの反発があるものだ。
それを乗り越えてこそ、新しい発展があり新たな価値観が生まれる。

古い固定観念や偏見、思い込みで、備前の可能性を殺してはいないか?
もっと備前に可能性を見い出してもよいであろう。
誰も古い様式を捨て去れとは言っていない。何百年も変わらず同じ物を
造り続けるだけではだめで、表現に幅を持てと言っているのだ。
その為には作家による挑戦が必要不可欠なのだよ。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 18:16:14
備前を工芸品としてとらえるか、
芸術品としてとらえるかの感覚の違いでしょう。
古典的な備前じゃないと駄目っていう人は
工芸品としての枠からはみだしたくない人。

52 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 19:19:04
いや でも隠崎全然斬新でも前衛的でもないやん
芸術としてみたら三流やん あれ 造形的にうんぬん言う奴
いるけど、あんな程度で ぶさいくな

53 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 22:23:21
>52
それじゃぁ、備前の前衛作家って誰よ?

54 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 22:58:50
http://www4.ocn.ne.jp/~ranran/newpage38.html
これを見て、全然前衛的じゃないって言う感覚が凄いね。

55 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 23:31:21
>>53
52は別に意見などないってw

56 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/21 12:45:16
みんな、分かってるとは思うが貧乏人>>52はスルーしろよ。

57 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/21 13:10:59
隠崎は、前衛でも芸術でもない、小手先が上手なだけだと思う
あまり評価が、先行過ぎるのもいかがなものか?

58 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/21 19:56:46
>>57
評価が先行過ぎるって何を指して言ってるの?

59 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 10:19:32
よーく物を見る力のない人が多く
たいしたことないのに!マスコミの力に惑わされて
あなたのように評価する人が結構いるということ


60 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 13:51:14
手にとってから物を言え。
作家に失礼だろうが。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 15:06:22
手に取ってるよ

62 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 15:08:34
>>59
なんの影響力もないあんたに言われてもなあ(笑)

63 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 19:11:14
>>59
何かといえば、すぐにマスコミとか言うけど、物が良くないとマスコミも取り上げないし、
悪い物ならいくらマスコミが取り上げても、人気なんて出ないよ。
陶芸の世界はそんなに甘くないよ。
伊勢崎淳なんて、いくらマスコミ使って、政治力使って人間国宝になっても
セカンドハンドだと、個展価格より間違い無く安くなるし、人気も出ない。
これが実力の現れですよ。
個展価格と比べて、あまり値崩れしないのは、現存作家では、隠崎、安人くらいでしょう。

64 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/22 19:22:16
そうそう。
売れるもんにはワケがある。

65 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 01:11:55
好きでほれている人は、それでも勝手でよいけど
焼き締めが好きなのに有田焼きのような隠崎氏のきんきら造形は嫌いだよ
安人だって最近のは造形も焼きも良くない
すべて良いという発言は、間違いの元


66 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 01:27:39
君には理解できないのです。
自分が理解できない感覚を他人に押し付けては駄目。
隠崎の作品を自分が理解できないから良くないとするのは
自分の感性のなさを堂々と威張っているようなもの。
恥ずかしく思わないとね。

67 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 01:31:44
ちなみに僕は、前衛の隠崎も、土味と焼成の安倍も、古典の陶陽も、
単純明解な啓も高く評価しています。それぞれに独自の良さがありますからね。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 02:00:28
66>君にも理解できないのです正しい美意識が、
自分にりかいできないものを、他人に押し付けないで!

69 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 02:03:11
http://www.zenzeikyo.com/cata.html

70 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 09:21:27
>>68
正しい美意識とはなに?
美意識は時代の気質や美への考え方によって変化するもの。
正しい美意識なんてない。
楽茶碗の長次郎の作品と当代楽の作品と比べたら、方向性は全く逆で
長次郎や利休が生きていたら、おそらく気を失うほどの衝撃を受けるでしょう。
しかし、ノンコウの革新的変化、了入のヘラ技法、覚入の多様な色彩という
経過を経ての、当代楽の作品への変化だから、現在に生きる私たちには、
それほどの違和感は感じない。むしろ、それを美しいと感じてしまう。
時代によって美意識は変るものです。それが芸術ですよ。
君は、現代にあって、当代楽や、もっと言えはノンコウの外へ向かう表現を
楽の本質とは全くそぐわないと切り捨て、内向的表現の長次郎しか楽は認めないと
言い張っているのと同じですよ。

71 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 15:10:54
あんまりいじめるな

72 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 20:57:57
70>ご意見と反対に長次郎は認めるが当代楽はいらない
若者のエレキ感覚の津軽三味線を聞くようだ
年期と人生経験の深みを君は知らないようだね
それ以上は、意見が違うようなのでご説明要りません
あしからず

73 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/23 22:42:22
と言う事は、光悦の茶碗も駄目と言う事か…。
絵もコテコテの油絵しか認めないのでしょうな。
了見の狭いお方だ…

74 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/24 21:00:25
そういうことだな。

75 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/25 13:29:46
>73
光悦、隠崎、当代楽は共通の造形美があるね

76 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/26 02:50:44
73>光悦の茶碗も良いものばかりではない
まず造形の技術が満たないので変なのもあるよ
変なものでも当代楽よりはもちろん比べにならないほど良いけどね
不二山だってそれほどのものじゃないよ
名前に踊らされたりいろんな理由で国宝などに指定されたってそれほどのものじゃ
ないものだってあるわけだからね
こてこての隠崎は、グロだよ(全部じゃないけど大半)
隠崎、当代楽は、光悦の造形美とはまるっきり異質な、自身のなさから来る
衒いにすぎない

77 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/26 02:53:36
69>グロそのもののページ


78 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/26 11:32:50
>>76
>悦の茶碗も良いものばかりではない
>まず造形の技術が満たないので変なのもあるよ

この考えからして間違っていると思う。光悦は技術面で評価してはならない。
光悦の技術が劣るから良くない物があるとする見方は適当ではない。
光悦は、感性・発想の作家だよ。光悦の茶碗は彼が意図した発想を評価するもので、
できあがりの作品を見て論じるものではない。勿論、技術の稚拙さからくる微妙な
バランス感覚や歪み、破綻しそうな造形を評価することはあるが、それはあくまで、
素人作品ゆえの技術に捉われない自由な発想からくる力強さと思われる。
一方、隠崎は計算の作家だ。隠崎の作品は計算の上に成り立っているもので、作品を
計算し尽くされた三次元デザインとしてとらえている。
均整美すなわち、あらゆる角度から見たときのバランスを重視している。まさに桃山期の
織部様式の造形理論である三点展開に通じるものがある。
当代楽は、丁度、両者の中庸をいく作家。光悦ほど感性はないが、隠崎より感性はある。
隠崎ほど計算されていないが、光悦より計算された作品を作る。あとは好き嫌いの問題だよ。

いずれにしても、三者は既存の概念を破った作家であることには間違い(本人が意図しているか
どかは別)。その点は、充分に評価できるし、単に先人がやってきた通り、伝統的なものを
マンネリ的に焼き続ける職人と、自己表現の意志を持ち創意工夫をする彼ら(芸術家)との
相違点であろう。職人が悪いとは言わない。その職人の作った作品を求める人がいる以上、
必要なものだし、伝統は守っていかねばならない。
しかし、新たな発想を持った前衛なしには発展はない。桃山陶芸が、日本の陶芸史の頂点を
極めた理由は、織部様式という新たな発想の誕生と、それを作品に生かそうとする創生期独自の
創意工夫を伴った、力強さ、生命力にある。全てに通じることだが創生期には膨大なエネルギーが
注がれ、それが作品の力強さに現れてくるものだ。
マンネリは衰退しか生まない、新たな発想は力強さと生命力を生むものだよ。

79 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/26 14:14:22
>>76
>自身のなさから来る衒いにすぎない

こんな断定で話を結ぶのでしたら、不親切な文章ですね(笑)
不二山がそれほどのものじゃないなどの表現では何の説得力もないかと。


80 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/29 19:36:00
光悦欲しいなぁ・・・・

81 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/03 19:08:55
萩焼きで刳貫の兼田昌尚はどう評価しますか?

82 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/05 21:11:49
良いんじゃないの?

83 :わたしはダリ?名無しさん?:04/10/05 21:51:59
良いんじゃない !


84 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/01 06:28:47
波多野善蔵の鵬雲斎は始めて見た。岡田裕なら見たことあるけど。

85 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/01 06:38:53
スマン、84は萩焼きの方だっだ。

86 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/01 06:43:05
スマン、84は萩焼きに書き込むつもりだった。

87 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/02 21:59:03
兼田昌尚はいいね、萩の造形では当然一番! しかし、隠崎にはまだ差がある。

88 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/02 22:59:06
その通りだと思ふ。
兼田昌尚の茶碗は結構飲みやすい

89 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/02 23:20:31
隠崎のさらに上を行くのが「安人」、かなりの差がある。

90 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/02 23:30:48
その通り。
隠崎は造形を平面で構成しているが、安人の作品は曲線で構成されている。
確かにその差はかなりある。


91 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 00:09:06
安人は将来の自分の置かれているであろう立場を意識している。
二重箱にしたり、箱に上質の杉を使ったりして付加価値をつけている。
もちろん作品もすばらしい、伊部よりも土味の備前が好き。

92 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 09:39:18
業者の市でも備前で高値が付くのは陶陽と安人くらいですね。

93 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 12:14:43
安人の作品はどこに行けば買えますか、まさか骨董屋にはないでしょうな。

94 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 12:25:58
安倍安人の作品は有名ギャラリーや一部の骨董商でも扱っていますが、
数は非常に少ないですね。
安人の作品は、持ち主がなかなか手放さないので市場に出てこないですから。
高いですが、個展で買うのが最も良いでしょう。
個展だと質の良い物が手に入りますからね。

95 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 12:46:05
>93
安人氏のなにをお探しか?

96 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 13:51:33
安人氏のい幻の作品と言われる「通りすがりの待ち人」(たぶん邦題)を探しています
何かいいところないかな

97 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 14:01:46
幻の作品と言われる「通りすがりの待ち人」ってなに????ネタ?

98 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 14:20:09
>>97
おまえ釣りか?

99 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/03 14:48:10
>95 出来れば お茶碗 でお願いします。
    その見所も解説しください。

100 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/07 15:38:16
安人の話も尽きたので、次の 前途有望 な作家を挙げてください。

101 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/07 22:55:29
美濃の作家で抜きん出ている作家はいないの?

102 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/08 15:26:08
志野は高くて買えん。

103 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/09 22:18:07
>102 志野は高くて買えないとは、「前途有望・・・」からして、
 現代作家物のことでしょうね。
 そんなに高いとは思いませんが。10万円、20万円が高いと言う場合も
 ありますが・・・・。

104 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/09 22:28:51
武久美雪

105 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/10 06:00:31
28歳?のお笑いタレント希望者はここに出てくるな。

106 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/10 07:01:24
武久美雪 !

みゆきたんだ!
みゆたん!

ぜってーに ぜってーに!! みゆたん!だ

107 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/10 16:55:21
志野は失敗が多いから採算を考えて割高ということだろう。

108 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/11 08:12:35
鈴木五郎さんなんかどうでしょうか。
奇をてらうことも無く、安心できる作家だと思いますが。

109 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/12 23:10:29
五郎はキセトがイイネ!

110 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 07:32:38
「前衛」的な造形で織部や光悦やノンコウが認められてきたから
今の前衛作家も時代に即して認めろ、という人が多いようだけど、
それで三輪龍作や当代楽を使う気にはならないな。

前衛だからとか古典的作風だからとか、そういう表面的な形式で評価してないか?>>70とか



111 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 09:15:06
前衛的」だから認めろの風潮は無いと思います。自分の一生の仕事として
作陶を選んだその意義・存在を後世に残すためのそれなりの工夫や他の作家
との差別化を考えた時「前衛的(今までに無い)」になるのではないでしょうか。
もちろん、芸術を追求した結果が「前衛」であれはそれが一番でしょうけれど。

112 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 14:52:43
いや、そうじゃなくて、ここで「前衛的」=時代に即している=良い
というような書き込みが多いなーと思って。

萩焼など、他の焼物スレ見たら、茶に使いにくいというものが多いよ、「前衛」は。
使う人間の力量がない、と書いている人もいたけど、
あんなギラギラした作為溢れたものがはたしてお茶に合うのか、というと
大抵の茶事に関しては否だろうな。

自分を追及するのは自由だけど、使う人間のことも考えてほしい。
日本文化が見出した、世界でほとんど唯一の美的感覚は、「無作為の美しさ」にあるのだから。

逆にそういう意味で茶事に合致する「今までに無い」ものを作る人がいれば
喜んで使わせてもらいたいので、知っている人がいたら紹介してほしい。

113 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/13 15:45:34
>日本文化が見出した、世界でほとんど唯一の美的感覚は、「無作為の美しさ」にあるのだから。

無作為という言葉はやたらと使うものでは無いと思う。
無作為しか認めないという、貴方の意味する「無作為」とはどういう意味?
実質的な無作為なんて日本の茶陶には存在しない。
萩や唐津は李朝の高麗茶碗を手本にしている、従って写すという作為が存在する。
美濃は作為のかたまりであるが作為があってからこそ美濃の存在意義がある。
楽の長次郎も無作為を装った作為の茶碗。
長次郎と織部の違いは表現の方向が内に向けられているか外に向けられて
いるかかの違いにすぎない。利休の精神を表現しようとした段階で作為が
入り込んでいる。
純粋に作為がないと言えるのは、古い手の粉引、堅手、刷毛目などの一部の高麗茶碗だけ。
御本をはじめ、御所丸、伊羅保、斗々屋、などの注文品は作為あっての茶碗。

114 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 01:27:43
やっぱりそういうこと言う奴がいるかと思った。

魯山人は、良い作為と悪い作為があると言っている。
前者のことを無作為とも言っている。
過去にも>>113のようなことを言うような奴でもいたのだろう。

焼物を成型する以上作為が入るのは当然。
作為がないものはない、というようなつまらない言葉遊びするより、
無心・禅に近い心境で当意即妙に成型したものであるかどうかを語ったほうが
よほど有意義だと思う。

それより茶事に適う前衛作家を誰か教えてほしいもんだ。

115 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 10:28:42
了見の狭いお方だ・・・総合的な芸術センスに欠けると言うか・・・
偏り過ぎはたんなる好みとしかとられないですよ。
俺は茶事に適う無作為のものも大好きだが作為の強いものでも
造形的、色彩的に成功していれば使い用はいくらでもあるので評価する
近代建築のモダンなの茶室などには長次郎や宗入よりも当代楽のほうが
しっくりとくる その場合は当然に他の道具もそれなりのものを選定する
要は使い用なんですよ 既成概念やこれまでの茶のイメージという決まり切った
枠でしか茶事を考えんから当代楽が使えんなどという発言がでる
従前のものだけでなく、もっと多くの色々なタイプの茶会に参加されることを勧める
林屋さんも茶会での当代楽の使用は非常に多く、その度に道具組みを考えるそうだが
ぴったりはまった時は、非常に素晴らしいものとなっている。
中途半端な組合せや従前の茶室に中途半端に持ち込んだものしか見たことないんではないのか?

116 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 11:12:23
当代楽さんの作為より、林屋さんの作為の方がすごいよな。

117 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 14:19:53
>>115
当代楽は草庵の茶には合わないってことか

たしかにこのスレだけ突出して"今風"万歳な人が多いな。

そういうのはバブル以後廃れている気もするが。
115の了見が広いのかどうかよくわからん

118 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/14 16:08:25
なんか読んでいると話がずれている気がするのですが、、
昔ながらの作風で有望な作家はいますか?

119 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 00:28:24
清水保孝が一番! 品のいい作品を作る。
造形も理に叶った造りだと思う。

120 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 01:12:03
ヤフオクで織部なんかのカテで出してる
あきる野市の作家はどうなの?

121 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 14:17:57
どうもこうも無いと思うが

122 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/15 23:22:03
>119
卯一と比べてどうですか?


123 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/16 04:08:09
>122 卯一の青磁と保孝の亀遊紋のお茶碗を持っていますが、保孝のほうが好きです。
もう少し勢いが欲しいと思いますが、品も大切にして欲しいと思います。
卯一の晩年の作もそれなりのものですが、保孝は血筋を考慮しなくてもそれ以上(人間国宝)になると思います。


124 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/17 17:17:51
保守

125 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/17 19:05:10
確かに「保守」 でも、人間国宝になった者の勝ち。

126 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/17 19:23:25
こんばんわ 立ち寄りました なんとなく場違いなかんじですが
いかにも2chらしい書き込みをします

京都も良いし東洋陶磁もいいんですがやっぱり10年前の鎖国時代の
収蔵品が多いと感じています
南宋の染付け、赤絵 元の赤絵、ユウ裏紅 清代旺品はわずかです

1999年から中国本土より多くの真贋あわせた磁器が世界に出ます
珍しいものもかなり御覧になれます 一度お立ち寄りください
唐三彩の永泰公主も御覧になれます 30年前盗掘されたものでしょう
金糸鉄線も御覧になれます
サイトはhttp://www5f.biglobe.ne.jp/~meiyonosubete/ です

気楽な気持ちで楽しんでください 中国のものは奥が深いです



127 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 02:52:45
こまった

128 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 04:29:34
>>126 確かに「場違い」 去れ!

129 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/18 06:59:28
126は中国古陶磁で狂ってしまった自称目利き大王の仕業らしいです。

130 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 03:21:39
低調なので一つ質問です。
 清水保孝は「亀」がテーマとなっていますが、なぜ「亀」?

131 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 06:55:04
鶴がイユだったから

132 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 14:27:13
悪くはないね

人間国宝?そりゃ本人はいいだろうけど、
使う側はどうなんだろう。
名前が好きな人はいいだろうけど、ずっと残るような代物?

人間国宝になるには有名政治家の出身地であると強いけど。


133 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 15:27:02
特に、お茶碗は名前でいただくという面があります。そうすると人間国宝の
作品が重要になってきますし、手放す場合にも普通のお茶碗より高いのが
普通です。名前が好きなのではなくて、名前に付いてくる価値が重要なのです。
安いよりは高いほうが良いに決まっています、それでも安いほうが良い?。

134 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 17:46:33
最近の焼酎ブームでデパートなどで販売してる薩摩焼(黒薩摩)の黒ぢょかの相場も
便乗値上げしてる窯元が殆どだけど、地元価格で販売している窯元見つけましたw

次郎太窯さんHP
http://ryumonji.web.infoseek.co.jp/main.html

先日、窯元に行ってみて良かったので宣伝スマソ

135 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/24 17:46:43
利殖目当てなら市場価値を考えながら求めれば良い。
でも、物を見る眼は育たない。
自分の眼で求めた物は安くても手放せない。

136 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 02:21:53
安くても自分の眼で求めた物に愛着が湧くのは当然です。
133の利殖とまではいかないにしても、目減りの少ない
買い方にも共感を覚えます。
高額の買い物をする訳ですから、それぞれの価値観の違だろうと思います。
自分の価値観だけで、それ以外の意見を非難するのはどうかと思いますが。


137 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 09:38:34
最近の人間国宝の茶碗って、ほとんど目減りしてるんじゃないの?
残念!

138 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 09:45:52
そのとおり。
景気が良くなれば戻るのでしょうか。


139 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 13:03:21
十数年前に買った志野茶碗・・・、購入時の3分の1ってどういうこと。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 13:56:41
諦めて手放すか、上がるまでじっと待つか。
悩むところです。
私は手放す気はありませんから、気が楽です。

141 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/25 23:16:00
作家物の新物は、買った瞬間に値段は1/3以下です。
素人同士が売買するなら良くて7割、普通で5割の値段でしょう。
しかし、桃山から江戸初期の古い物で出来の良い物なら
言い値の場合もよくあります。
いくら出しても欲しいという人が結構いますからね。
買うなら古作です。
値もそれほど落ちないし、場合によっては買値の何倍もの
値段が付くこともある。
充分に楽しんで、他のものが良くなったら、それを売れば良い。
ただし、古作でも中途半端な物は、作家物と同じ運命です。

142 :わたしはダリ?名無しさん?:04/11/26 05:59:08
やはり 古い物は見る目が必要なんでしょうね。
ですから私は作家物、5割でも贋作をつかまされるよりは
いいと思っていますから。

143 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/02 23:48:55
青磁の 川瀬 忍 についてお願いします。
 

144 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/03 00:10:31
石山哲也

145 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/03 19:09:07
>>143
>>144
だれそれ?画像希望!

146 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/08 11:58:04
川瀬 忍 を知らないとは! もぐり?

石山哲也 誰?

147 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/08 12:32:29
石山哲也 を知らないとは! もぐり?


148 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/08 16:50:55
>>147 私は もぐり です。

149 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/17 17:09:16
内田鋼一
有名なのに低価格
実用食器が多いけどそれ以外の品まで安い
これからいろいろと受賞すると思うので
そうなれば低価格というわけにはいかなくなるでしょ


150 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/17 22:11:02
>>149 受賞する前から買いに行くような冒険はしません。
あなた 内田さん?

151 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/18 17:57:55
149です
残念ながら内田さんではありません
内田さんの引出黒茶碗など手にしてごらんなさい
そのあと値段を聞けば思わずニッコリしますよ
是非とも内田鋼一をご覧ください。

152 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/18 23:08:45
美濃焼の有望株を教えて下さい

153 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/19 09:47:24
樋口雅之


154 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/23 03:57:47
こんなのはどうか
ttp://www.kurodatoen.co.jp/heiseitogei-meihin-5.html

155 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/26 20:20:21
川端健太郎
センス良すぎ

156 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/26 20:26:29
>>154
滝口和男はある程度伸びてしまった作家だし
近所のよしみである八木一夫のコネで生かされてきたわけだし…
一押しには値しない変なおっさんだよ


157 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/26 20:31:27


詐欺師夫婦  →  宮元健次・智美(ミヤモトケンジ・トモミ)

龍谷大学助教授宮元健次のヤフオク詐欺犯罪を風化させるな !!

詐欺犯罪者を弾じて許してはならない !!









158 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/10 15:01:04
今年の人間国宝は?

159 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/10 15:13:50
工芸会の所属でないと人間国宝になれない事情をご存知の方、
教えてください。

160 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 01:21:25
萩焼きの大和努(やまとつとむ)
とてもいい作品を作っていると思います。

161 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 08:05:40
萩焼きの前レスでも話題になっていましたが、
作品自体だけで言えば、イケマセンの部類でしょう。
その理由は「品格」が無いように思います。
さらに、お茶碗が25万円、同じお金を出すのであれば
安食ひろ・山田和・鈴木五郎あたりに行くのは当然です。
若い時からそんな価格を付けると、作品にそれだけの価値が
あると勘違いをするのではないでしょうか。
父親も反省してほしいものです。 
 

162 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 23:18:04
大和努とやらの茶碗は25万もするの?
あれが25万とは高いよ。
物の質からすると3万前後だろう。

163 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 23:28:47
何を考えてるんだろうね大和保○先生、自分の息子の力量を知りながら
その茶碗に25万円。努君がかくぁいそー。


164 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 07:47:26
3万円ならもっと良いお茶碗がありますよ。山口県文化財の息子の作品と
しての値段であれば2万円。
文化財の息子の作品の責任は文化財にあるんだよね。

165 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 08:42:46
>>>164無形文化財に責任? それは無いでしょう。その傘の下の
若先生のほうに問題があり。傘がなくなった時に真価が問われますから
今はほっておいたら。


166 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 17:16:15
ところで、次の人間国宝は誰?

167 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 18:24:55
山田和先生の作品が好きですが、可能性は?

168 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 18:31:17
小十先生の可能性についてもお願いします。

169 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/16 16:03:44
>>167
展示向けに作った造形がどーもね。。。使い手への意識が足りん

170 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/16 23:13:18
>>168
小十さん最近色褪せてる感じがするが・・・
影が薄いというか・・・

171 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 11:14:22
ご高齢もあって最近の作品は感心しませんね。
絶頂期は古唐津を凌駕するような作品を世に送り出したこともありましたが、
一部のコレクターの手に渡りなかなか市場に出てこないですね。
もはや小十は過去の人ですね。

172 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 11:53:59
過去の人でも素晴らしい作品は後世に残ります。

173 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 14:04:10
将来を見込まれた人でくだらない作品で潰れていった人は多いものです。

174 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 22:22:47
>>171
絶頂期とはいつごろのこと?
今の作品とそんなに違うのですか?

175 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 17:51:40
作品集を出した昭和から平成への時期じゃないのか。
それより、小十ネタなら唐津スレへ行ってください。

176 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 18:50:16
>>175 ここでは誰をネタにするスレなの? 小十ではどうしてダメなの?

177 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 19:28:51
これから伸びる一押し陶芸家

178 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 22:36:54
そうだね、小十爺さんは、これから伸びるじゃなくて、伸びきってしまったね。

179 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 23:51:51

いつも私の作品を愛玩下さり誠にありがとうございます。
また忌憚のない御意見にも重ねて御礼申し上げます。
皆様の御意見は真摯に受け止めこれからも益々精進していく所存であります。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。    合掌 小十



180 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 01:14:40
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/73007906
どうかな

181 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 08:14:49
>>179 ご本人?

182 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 21:26:06
いったい誰が有望なのでしょう

183 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 18:50:14
志野の有望株を教えて下さいな。

184 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/21 01:44:52
>>183
何十年も前に藤○○道先生がクラさんのを本展の審査の時見て
「クラは自分の志○をやっているな」とたいそうほめたそうな
やっぱりそうでないと人国にはなれないんだな、、、。
今そんな志○やってる若手っているのかな?

185 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/21 19:16:16
蔵か・・・・・
薪窯を使って欲しいな。

186 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 00:40:48
備前の小川 陽子さんはすばらしいね
将来かなり有望だね
初の女流人間国宝かな?
だいぶ先だけど・・・

187 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 17:13:22
>186
作品が見たいな。

188 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/30 01:30:07
http://homepage2.nifty.com/kban/index.htm

189 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/09 00:57:39
小川陽子の作それほどでもないと思う

190 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/11 16:07:24
どこ行っても備前厨がうるせ

191 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/11 16:27:15
それヨクナーイ

192 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/11 16:30:02
なんとかならんのか?欠陥を指摘したいんだけどね。

193 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/12 09:56:48
小山陽子の作品に将来性は感じませんね。

194 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/12 16:25:34
193です 写真で見る限り。

195 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/13 02:39:14
あげ

196 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 16:02:43
あえて、山根清玩。
結構、気持ちのいい道具作ってますよ。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/03 07:47:37
山根清玩の作品を直接に見たことはありません。ヤフオクで見る限り、色々な作家の
作品を真似ているように見えます。
ヤフオクに多量の出品があるのも評価が上がらない原因かもしれませんね。
腕とは別問題ですが、渋谷泥詩も同じことが言えますね。

198 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/03 10:22:54
一番安くて可能性がありそう
石田光


199 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/04 02:25:54
石田って黒田とうえんでやってるひとですか

200 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/05 23:32:59
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n13340329
細川の殿様のぐい呑、結構高くなっているけど、個展では幾らで売られているのですか?

201 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 13:10:45
殿様はいろんな作家の土や薬を取り寄せて焼いているみたいだけど
作品のどこに魅力があるのでしょうか?

井戸の釉薬に合成土灰を使って電気窯で焼くTさんの作品には
質感が乏しく何を写したいのでしょうか?

陶芸家と言われている人達が、懸命に李朝の写しを焼いているけど
素焼きしてみたり電気窯だのと論外な人ばかりですね。
そんな作品が、何十万〜何百万で売れるなんて凄いですね?

はっきり言わせてもらいますが、駄目な物にお金を払う人達がいる限り
間違いが正されることは無く作品に感動することは無いでしょう。

202 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 13:43:40
林屋晴三氏も、最初の頃の殿様の作品は素直な感じでよかったが、最近のは
器用になっちゃってだめだ、みたいなことをどこかでおっしゃっていましたね。

203 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/12 13:59:35
ブランドに弱い人が多いから日本はだめだね

204 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/13 09:50:14
この井戸盃よりも
http://www.gallery-kurimoto.co.jp/page_thumb71.htm
殿様のこの井戸盃のほうが段違いで良いよ
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f31668670
杉本先生も井戸に見切りつけてやめたほうがいいとおもうし

205 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/14 00:02:54
殿様の井戸の薬と土はSさんから分けてもらっていると思うよ。
今はどうか知らないけど>204の盃はそれそのものだと思うけど、。

206 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/20 18:45:40
川喜田半泥子の井戸写しの茶碗を見せてもらったけど大変良かった。
しかし、値段が380万円とな。ちと、高すぎないか?
100万くらいなら買っても良いと思ったが、380万はないだろう。
そんなにするものなのか?相場としてはどうなんだ。
そんなものだと言うのなら仕方が無いが・・・・・・

207 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/21 01:47:09
参百八拾萬円!?

208 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/21(月) 09:44:54
高すぎだなぁ

209 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/21(月) 15:42:54
半泥子は、しょせん素人陶芸だよ。

210 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/21(月) 16:02:28
素人だからこそ良いものを作る。
光悦も素人、魯山人も素人、古山子も素人、愚朗も素人・・・
プロはこじんまりとまとまってしまって面白くない。

211 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/21(月) 18:47:09
古山子を素人だって!なめた口きくんじゃない!!

212 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/22(火) 02:33:14
展覧会4/3〜伊那市
http://homepage2.nifty.com/kban/ten.htm

213 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/22(火) 17:25:08
茶の湯を知り、名品を知り尽くした上で作陶している素人と
茶室に足を入れるどころか茶筅も振ったこともない陶芸家が作った茶碗を並べ比べれば
素人茶碗のほうに軍配があがるというものです


214 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/23(水) 02:55:04
それは分かるがあまりに茶がかったのは時にどうかと思うがな。光悦然り、口山人然り、半泥子然り。茶臭くってどうもいかんね。

215 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/23(水) 12:17:37
                      ___ /|::::::::::::|
                 ___ /|::::::::::::|/;;;|:::::::::::::|
                  /| :::::::::::|/;;;|:::::::::::::|;;;;;| ::::::::::::|
              /:::|:::::::::::::| ;;;;|:::::::::::::|;;;;;|::::::::::::::|
              / ::::| ::::::::::::|;;;;;|:::::::::::::|;;;;;|::::::::::::::|
             / ::::::|::::::::::::::|;;;;;|:::::::::::::|;;;;;|:::::::;:::::|
            / ::::::::|::::::::::::::|;;;;;|::::::::::::::|;;;;;|:::::::::::::::|
            / ::::;::::|::::::::;::::|;;;;| :::::::::::::| ;;;|::::;:::::;:|
            /::;::::::::::|:::::::::::::::|;;;;| ::;::::;::|;;;;|::::::::::::::::|
           /:::::::::::;:::|::::;::::;::|;;;;|:::::::::::::::| ;;| :::::::::::::::|
        _ /:::::::::::::::::::|::::::::::::::::| ;;|:::::::::::::: |;;;|:::::::::::::::::|___
       /  ./\::::::::::::::::|:::::::::::::::::|;;;|::::::::::::::::|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     |
      ./    \ \ :::::::::| ::::::::::::::::|;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;|_|___________|.     |
     /       \ \;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_|___________| ̄ ̄ ̄ ̄    |
     /          `-、,__|___________| ̄ ̄ ̄ ̄          |
   . /             ̄ ̄ ̄ ̄                  |
   └=============================================┘


216 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/26(土) 22:48:38


    山田和の人間国宝の可能性はあるのでしょうか。





217 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/27(日) 06:00:24
可能性は大。

218 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/27(日) 09:02:35
諸々の理由で可能性は全く無い

219 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 16:40:17
山田和が国宝になるとしたらジャンルは何だと思います?
志野しかないでしょ?
山田和の志野茶碗と鈴木蔵(国宝)の志野茶碗を比べてください
山田和が国宝に認定されると思いますかぁ?


220 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 16:44:08
一歩譲って青織部にしましょうか
岡部嶺男(故人)や魯山人(故人)の織部と見比べたら
あなた、人間国宝どころか県指定無形文化財も無理だというものです

221 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 23:44:41
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c93184623
この織部なんていいと思うけどな。
現代の織部を意識した前衛的要素もありながら、古作の良さも持ち合わせている。
なかなか作れんよ。

222 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 13:50:59
やっぱり人間国宝でしょうね。

223 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 20:30:56
おいおい、この高台の縮緬皺はないだろう。
この手の美濃は唐九郎で終わってるよ。
人間国宝狙うならもっと土を吟味して欲しいね。




224 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 22:48:43
わからないヤツやのう・・・

225 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/14(木) 22:41:32
茶道教授のHPに遊びに来てね♪o(^-^)o
http://pksp.jp/bunta-tougei-/

226 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/17(日) 00:04:44
>>219
鈴木蔵のどこが良いのか?
硬くて躍動感がまるでない。
茶碗に生命力を感じないんだなぁ。

227 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/17(日) 00:24:47
確かに

228 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/17(日) 02:56:06
同感

229 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/21(木) 20:59:33
志野はやっぱり安藤日出武ですね

230 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/21(木) 23:43:48
同感

231 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/23(土) 11:09:13
いやいや唐九郎の初期作品でしょう。

232 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/23(土) 11:16:08
どんぐりの背くらべ
五十歩百歩
一山幾ら


233 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/23(土) 11:52:04
唐九郎の初期の志野はいいねぇ。
誇張してなくて使いやすくてよい。

234 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/11(水) 21:41:56
おまえら、忘れてないか!!! あの人を!!!!!!!!

235 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/12(木) 19:14:30
誰よ?

236 :わたしはダリ?無名しさん?:2005/05/14(土) 17:34:05
話変わるけど、色々窯元まわったけどね、いいとこのはねマキからがちがうよ・・

ひどいとこなんかさ〜大工さんからもらった木切れ燃やしてたもの

さすがにね〜、人間国宝のとこはね、それはそれは立派なマキでした。

237 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/19(日) 21:02:59
age

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)