5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今、旬な展覧会

1 :田中:2000/08/22(火) 05:14
お勧めの展覧会、教えてください。チケット安ければなおさら結構。
私は都内在住なので、できれば都内希望(わがまま)

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/23(水) 23:50
ないかな〜

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/08/24(木) 19:18
田中さんはどういうのが、お好み?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/25(金) 07:40
ちょっと違うけど4大文明展行った人います?
感想聞かせて欲しいです。良さげだったら行ってみる。

5 :いるす :2000/08/25(金) 08:04
文化村のHOPPER展は終わっちゃったかな?
絵はたくさんあったみたいです。

6 :田中 :2000/08/26(土) 17:13
レスありがとうです。
私の好みでいえば、静物画より風景画、幻想的なのが好き、派手すぎないのが好き。
でもジャンル不問です。見てみるまで、気に入るかどうかはわからないし、、、
抽象画、磁器陶器、水墨画、良さげならなんでもOK。

7 :チャッカヤーン :2000/08/27(日) 02:50
>>4さん
「四大文明展」、私も興味あるなあ。
でも、入場料が高いし、1ついくと全部いきたくなる質なので、
NHKの特集番組で我慢しておきます(笑)。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/27(日) 07:42
>「四大文明展」

今日の「日曜美術館」でやるみたいね。
エジプト展とメソポタミア展。

9 :4 :2000/08/27(日) 10:29
日曜美術館って何時だ!?見逃したくさい!オロオロ

10 ::2000/08/28(月) 00:09
>>9
残念でしたね・・・。
まだ、来週もインダス展と中国展をやるみたいだから、
お見逃しなく(笑)。


11 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/08/28(月) 12:40
どこでやるんだったか、レンブラントはやっぱり見たいっす。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/02(土) 18:49
四大文明展のエジプトのに今日行って来た。すごい人出でした。
しかし、各フロアで一番人がたかっていたのが、おそらくNHKでやった
4大文明特集のエジプト編のビデオだったのが、なんともはや。
本物見れ、そこにあんだから(笑)まあ本物の出品物のほうもわさわさ
たかってましたけど、人は。
出品物は、はっきりいって、地味な感じのものが多かったですね。
日本文の説明も、もすこし詳しい物がほしかった感じでした。

あと、4大文明全部に行くつもりなら、共通券買うとかなりお得です。

13 :12 :2000/09/07(木) 22:32
今日はメソポタミア文明展に行きました。
うん、エジプト展より面白かったですよ。
なんといってもハンムラビ法典の現物が
来ていたのが圧巻でした。教科書に載っている
アレがいま目の前に……ていうのが迫力あります。
また他の文明展も見たら報告します。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 07:44
>しかし、各フロアで一番人がたかっていたのが、おそらくNHKでやった
>4大文明特集のエジプト編のビデオだったのが、なんともはや。

これこそが日本に「文化」が広く根を張りにくい原因だと思った。
教養主義ドキュンを掃討したいね。

15 :空耳 :2000/09/08(金) 18:55
なんにも知らなくたって
作品が素晴らしければ楽しめるはずなのにね。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2000/09/08(金) 20:26
科学博物館のダイヤモンド展ってどうなんでしょう?
思わずルパンが狙いたくなるような素敵なダイヤモンドが
来るでしょうか。


17 :気になって・・・、 :2000/09/09(土) 05:22
引き出しの中の招待券をチェックしたら、3展が8月までで無駄にしてしまった。
松涛美術館「村山密」展、伊勢丹「G・ハンコックの超古代文明」展、都現代「菅井汲」展。
やれやれ。誰か行った方いらっしゃいますか? 感想を聞かせてください。(D・A)


18 :空耳 :2000/09/09(土) 16:17
D・Aさんは招待券の貰える立場・・・
先生か作家の方ですか?
(詮索してすいません)

19 :13>14,15 :2000/09/09(土) 19:38
文明展は美術品というより考古学的遺物という
意味合いが強いものを多く展示しているので、
ビデオを流して展示物の背景を説明する、
ちうのは間違ってないと思うんですね。
でもそこに人が偏りがちになるのがどうも……という
感じでした。
あとの二つはどんな感じなんだろうな。他に文明展
みた人いらっしゃいませんか。



20 :横レスですが・・・ :2000/09/09(土) 21:00
人だかりができるのは、VTR をひととおり見るための所要時間が
ある程度長いからでは?

21 :空耳 :2000/09/09(土) 22:04
ダイヤモンド展行きたいなあ。

22 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/10(日) 10:07
19>20
あ、なるほど、それはたしかにそうかもしれないですね。
いやなにしろビデオ前の人だかりのせいで通行に支障を
きたしたもんで(エジプトのときはね)、「ビデオの前に
たかってんなよー」と思って、つい。



23 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/20(水) 23:01
このスレッドの地方版もできると嬉しいんだけど・・・

24 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/20(水) 23:26
話の腰を折ってしまうかもしれないですけど、
「エジプト」がテーマの展覧会って、やっぱり
ミイラがあるんですか?エジプトには興味あるけど
ミイラが苦手なんですよ。

25 :空耳 :2000/09/21(木) 00:26
ありますよ〜
バリバリ
でも剥き出しでくるってことはあんまりないんじゃないですか?
大体お面をつけていることが多いんじゃないの

26 :23 :2000/09/21(木) 01:31
「大妖怪展」
カッパのミイラがあった。
剥き出しでした。

いらないようですね・・・ハァ >23


27 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/21(木) 02:13
エジプト展ってもう終わり?


28 :わたしをミロ。名無しさん! :2000/09/21(木) 10:09
四大文明のエジプト展(上野)は10/1まで。
日曜は混んでて展示物を見るのに一苦労するので
平日をおすすめする。ミイラは来てないはず(みなかった)

29 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/21(木) 10:12
10月1日まで。見たい人は急げ!

30 :さくら :2000/09/25(月) 01:00
今回の展示の為にどこぞから来たものなのかは分かりませんが、
ミイラさんは、東洋館に御座します。

31 :>23の名無しさん :2000/09/25(月) 04:18
「叫ぶしと」スレッドで地方美術館のことを話題にしようとの試みがなされましたが、
タイトルがまずくて、人が来ず頓挫しています。
そこでもいいし、「地方美術館」スレッド立ててもいいと思うので、あなたから
盛り上げてくれるといいな。     (F・I)

32 :>26(あっ、同じしとだ) :2000/09/25(月) 04:21
その河童のミイラ、ひょっとして大根で出来てはいませんでしたか?
>「困った美術作品」スレ参照。      (F・I)

33 :あぁっ名無しさまっ :2000/09/27(水) 00:26
>28
平日でもメチャクチャ混んでたよ。
ということは、休日はもっとひどいのか・・・。


34 :さくら :2000/09/28(木) 15:05
「エジプト文明展」に、
日曜日に行った友人の話ですが、
「混雑」なんてもんじゃないそうです。
私は平日に行きましたが、
ツアーのお客さんなんかも多くて、
非常に混んでいました。
しかも、金細工のあたりでは、
そこだけ黒山の人だかりで全然動きません。
そういうところが日本人だなあ、と思いました。

35 :イロモノ芸術家 :2000/09/28(木) 23:44
>32
違いますってば(^^;)
>26
「大妖怪展」 って、どこでやってるんですか?
自分も、本物(?)は見ないで作ったので、
ぜひ見たいです。

36 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/29(金) 00:03
>35
京都でやってましたけど、もう終わったみたいです。
六道絵、浮世絵からカッパのミイラ(人魚のミイラも)、そして
水木しげるまで、、、面白かったです。
今、図録みてみたらカッパのミイラは「大阪府、瑞龍寺・蔵」と
なってて伝来では中国渡来の一品だそうです。

37 :ひとりごと :2000/09/29(金) 00:14
東京国立博物館は金曜日は20:00まで夜間開館しているのって意外とみんな知らないから穴場だったりする
あ、4月から9月末までだけど

38 :イロモノ芸術家 :2000/09/29(金) 01:22
>36
終わってしまったんですか。それは残念。
(遠いから行けなかったと思うけど)

>37
こんなぎりぎりに書き込むなんてイ・ジ・ワ・ル!
夜にミイラと対面するのは怖いカモ。

39 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/09/29(金) 14:50
今小田急でやっているのいいよ!
お勧めです。


40 :23 :2000/10/03(火) 17:53
>31 F・I

ありがとう、けど、もうちょっと人が増えてからにしたほうが
良さそうですね。


41 :空耳 :2000/10/03(火) 19:07
小田急のって人形のやつだよね?
行ってみようかなあ。

42 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/03(火) 22:11
四大文明展、今日は中国のに行って来ました。
前二つに比べて良かったのは説明書きが充実していたのと
あと地図と年表がしっかり張り出されてたとこでしたね。
展示物も面白いものが来てたと思います。なじみのある
文明なのでわかりやすいってのもあったでしょうけど。

さて残るはインダス文明、いつ行けるかな……

43 :イロゲー :2000/10/15(日) 16:22
伊藤若冲展
10月24日から11月26日まで
京都国立博物館

http://www.kyohaku.go.jp/spe_exhi/specialj.htm

関東には来ないのかなー。
行きたいなー。でも京都遠いなー。
秋の京都って良いかもしれないなー。
京都なんて修学旅行以来行ってないし。
でも貧乏、金なしだからなー。

「今後、望むべくもない展覧会」とか書かれちゃうと、
うー。

44 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/15(日) 16:38
フフ、自転車で行ける距離。
今、きょうとは一番いい季節ですよー。おいでー。

それと、同時期くらいに細見美術館で琳派の展覧会もやってますよ。

45 :イロゲー :2000/10/15(日) 16:41
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/2000/ki_10-03.htm
「秘蔵カピタンの江戸コレクション」
江戸東京博物館
10月3日〜12月3日

 人魚のミイラが展示されるらしいです。

 でも、この内容で常設展との共通券が1300円っていうのは
ちょっと高いような気も。
 

46 :わたしはダリ?名無しさん? :2000/10/15(日) 23:39
イロゲー氏はこの手(人魚のミイラ)のがスキそうね。
語って。

47 :イロゲー :2000/10/16(月) 02:32
>>46
 いえ、たいして語る事はありません。
 荒俣宏的というか渋沢龍彦的というか江戸川乱歩的
というか寺山修司的というか唐沢俊一的というか
種村季弘的というか、そういう世界が好きなだけです。

 思想的にはまったくの懐疑論者で、唯物主義者なので
UMA、オカルトの類はまったく信じていないのですが
心情的になんか惹かれてしまうのです。
 (上の人選を見ただけで、あまり深いところまで
理解していないと見透かされそうだな)

 あと、自分は形態や色彩よりもテクスチャーに関心があるので、
ミイラの類に惹かれるのかもしれません。


 それよりも44さんにオルグされちゃって、若冲と秋の京都
に心奪われちゃって気もそぞろです。そういえば金閣寺すら
金箔張り替えてからは行って無いや。銀閣寺は高校生の頃は
まったく良さが解らなかったんだけど、今行ったら違う感慨
があるかしら。京都博物館所蔵の風神雷神像は、僕の中では
日本の彫刻の最高峰だと思うので、もう1度見てこなくちゃ。
 何より駅ビルに突っ込み入れてこなければ。


48 :ひとりごと :2000/10/17(火) 00:12
参考までに
http://www.dnp.co.jp/museum/nmp/mij/index.html

ミンナニハナイショダヨ

49 ::2000/10/17(火) 02:09
>47 イロゲーさん
京都駅ビルに突っ込みを入れるなら、事前にガメラ3を見ておくのも
よろしいかと思います(笑)。

ミイラといえば、少し前に「ポンペイ展」(だったかな?)というのが
あって、宝石袋を持った女性のミイラとやらが来ていたみたいですね。
あれ、行こうかなと思っていたのですが行かないで終わってしまいました。
(正しくは、ミイラというより結晶質化した遺骸だったような気もする)

50 :イロゲー :2000/10/17(火) 03:21
 ガメラ3見ましたとも。世間の評判は良いようですが
僕はあまり感心しませんでした。なんで、クライマックスの戦いを
室内なんかでやる。ギャオスとの戦いをちゃんと見せてくれ、等。

 僕もポンペイ展、行くつもりだったのですが行けませんでした。
白状してしまうと、当展のポスターを見るまで、火山の噴火で埋もれた
町は、インドのボンベイだと思っていたのでした。ああ、恥ずかし。


51 ::2000/10/18(水) 05:34
ガメラ3、改めて見ると「人がちゃんと死んでる映画だなー」
ていうのが他の怪獣特撮と一線を画しているような気がします。
「あー、爆風で人が吹っ飛んでるよ…」とか思った。
私は、あの女の子がもっと怒られてしかるべきじゃないかという
気がしましたけどね(笑)。あと、ナゾめいたおねえさんが何を
したかったのかが結局よくわからなかったなあ。

よく似た名前の都市をまちがえる事ってありますね。
アレクサンドリアという街はあちこちにあるので紛らわしい。
あとメンフィスといえば私はエジプトだと思っていましたが、
アメリカにもそういう地名があるそうな。

スレ違い話なので下げ。

52 :名無しさん :2000/10/23(月) 07:07

何年かぶりに五島美術館で

「源氏物語絵巻展」

をするそうですが、いつからか教えて下さい。


53 :空耳    :2000/10/23(月) 18:43
死の舞踏良かったですよ。
でもやはり中世のものはほとんどでてませんでした。
末期はきてましたが、
いたるところで中世の盛期のものを展示するのは
不可能と言い訳しております。
今週は中国国宝展へ行ってまいります。

54 :名無しさん :2000/10/24(火) 00:03

横浜美術館の「世界四大文明 中国文明展」(11月5日まで)が終わらない
うちに東京国立博物館で「中国国宝展」が始まってしまう。
兵馬俑・青銅器他、内容的にも相当重複すると思うのだが…。


55 :名無しさん :2000/10/24(火) 00:11

>>52
以前、ネットで探したのをコピペ、今は何故か見つからない。
源氏物語は今、主婦や若い女性を中心にブームだし、絵巻は二千円札の図案に
なったりしてるから注目されるかも

> 開館40周年記念特別展 [国宝]源氏物語絵巻
>
> 五島美術館の開館40周年を記念し、愛知・徳川美術館と五島美術館が所蔵
>する国宝「源氏物語絵巻」を一堂に集め、平安時代の華麗な王朝絵巻の世界を
>再現する。国宝「源氏物語絵巻」は、紫式部著『源氏物語』を絵画化した現存
>最古の絵巻作品。東京では10年振りの一挙公開となる。
>
>期 間  11月3日(祝)から11月26日(日)
>入場料  大人1000円(予定) 学生・小人700円(予定)
>休館日  毎月曜日


56 :goatsong :2000/10/24(火) 01:13
源氏物語絵巻みたいな、絵巻物って近くで見ると、
結構、はみ出して塗っちゃってたりして、そういう
ところに人間味を感じちゃったりする。


57 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/10/25(水) 01:09
ふむ。

58 :名無しさん:2000/10/29(日) 07:12

今年も正倉院展(第52回正倉院展、10/28〜11/13、奈良国立博物館)が始まっ
たね。去年の目玉は「鳥毛立女屏風」6双だったけど、今年は「螺鈿紫檀琵琶」
と「黄金瑠璃鈿背十二稜鏡(七宝の鏡)」らしい。

正倉院展と聞くと、秋を感じるね。


59 :名無しさん:2000/11/02(木) 00:32
今は何があるのでしょう。

60 :空耳:2000/11/02(木) 01:14
中国国宝展すごく良かったですよ。
本当にお宝ばかりで見ててどっと疲れます。
(何故ならここらへんは適当に見よ。と思っても
 美術品がそれを許さない感じだからです)

私は学校で行ったのですが、教授に色々教えてもらって
この国宝展にはたいへんめずらしいものがきているそうです。
まずひとつが須弥山の彫刻。
須弥山の彫刻はまずないものであるらしく
奇想天外な世界観がよく表現されています。
またもう一つが仏像で、実は中原ではなく長江流域が
流行の発信源であることを証明する貴重なものです。
これは今まで中国側が研究者でも絶対見せてくれなかったものでしたが
今回の展覧会の時に何をくれるのかと訊くと何でも持っていっていいよと
言われ、まずはこの二つを選んできたそうです。お手柄!
他にも三星堆や金婁玉衣(この字じゃないけど)お宝ばかり!
中国が好きな人は是非是非行ってみてください。


61 :goatsong:2000/11/02(木) 08:51
誰も見てないと思うけど、最近、朝の4時半ごろ、
教育テレビでやっている「正倉院」なる番組は
かなりいいよ。大陸の美術と7、8、9世紀ごろの
日本美術の関係がわかりやすく解説されてる。
今日は朝鮮美術だったし、昨日は、香に関する話
だった。



62 :名無しさん:2000/11/03(金) 07:38

>>60
中国国宝展、世界四大文明の中国文明展(横浜美術館開催中)とどこが
違うのかなあ。
三星堆や金縷玉衣は中国文明展にも出品されているよ。

須弥山の彫刻、まずないって本当かなあ。
いわゆる「飛鳥の謎の石造物」の中に須弥山石(現在、明日香村の奈良
国立文化財研究所飛鳥資料館にある)というのがあるし、法隆寺五重塔
の塔本四面具の中央に形どられているのが須弥山だったはず。

やっぱり中国国宝展の目玉は青州龍興寺出土の仏像群じゃないかなあ。


63 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/04(土) 21:52
もっと色々報告して!


64 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/04(土) 23:56
中国が気前よく作品を貸すのには裏があると思う。
今、中国の軍事拡張とか好景気で日本の世論がODAの見直しを
しようとしてるし、かつてない嫌中ムードでしょ?
それで、中国は日本に対しての政策を方向転換してるそう。
朱鎔基もせびりに来たし、なんとか、いいムードを保とうとしてると思う。


65 :名無しさん:2000/11/05(日) 06:45

中国国宝展は親中派の代名詞である朝日新聞社主催。これは朝日の「功績」に
対する論功行賞でしょう。


66 :空耳:2000/11/07(火) 10:49
ごめんね、まずないは、ちょっと誇張してたかも。
たいへんめずらしいくらいだったかも。(恥)
でも法隆寺のやつは独立体としてあるわけじゃないでしょ。
今回来ているのは須弥山のみの彫刻物だから
すごいらしいですよ。
新しく発見された仏像群も良かったですね。
保存状態がたいへんよくて。
これが目玉になっているのは確かだけど、
言わば裏目玉としての存在なのかなと。
あとのお宝はたしかに四大文明展と重なってるかも。
でもどっちも見れるのだからお得だよ。
(もう見ちゃった人には不満かもしれないけど)

67 :goatsong:2000/11/07(火) 19:38
64と65は煽りのようで、実は本当のことだと思う。
外貨獲得もあるけど、こっちの理由の方が大きんじゃない?

ところで、ちょっと前にアメリカで、台北故宮博物院展
があったんだけど、話によれば、日本には絶対こないらしいよ。
というのも、もしそれが来たとして、中国が「それは我々の
ものだ」って返還を要求しても、日本は何もいえないんだって。
情けない。


68 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/07(火) 23:33
現代美術の展覧会で何かオススメありますか?

69 :名無しさん:2000/11/08(水) 01:32
東京国立博物館のホームページみてみたら、来年1月から現代美術展やるみたいだよん

70 :名無しさん:2000/11/08(水) 01:33
オススメかどうかはまだ分からないけど、あそこでやるのってめずらしい気がする。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2000/11/09(木) 01:04
中国国宝って見る価値ありますか?

個人的に国立科学博物館の剥製を
見るのが好き。怖いもの見たさ。

72 ::2000/11/09(木) 01:51
剥製は別に怖くないと思うですが。
数年前によく上野へスケッチしに行ったものですが、隣の動物園に行った後で
博物館に行くと、剥製って動かないからいいよな〜とつくづく感じます。
いやナマモノは生きてる所を描くのが本当なんですが(笑)。

ところで渋谷のキリコ展はどんな感じなんだろう?

73 ::2000/11/12(日) 03:51
山手線の車内広告で見ましたが、11/11〜来年1/31までラリックの展覧会があるみたい。
自分が忘れないよう、ここに書いておきます。
(そう言えば場所をチェックしてなかった…)

何年か前のルネ・ラリック展はかなり面白かったので今回も期待。
でもやはりあの時同様、怒濤のように混雑するんだろうか?

74 :名無しさん:2000/11/13(月) 07:53

今年の正倉院展はちょっと地味な感じ。
まあ、もともと正倉院宝物自体が質素(なんでこんなものが「お宝」なの、
というような物が現代に残されたところに価値がある)だから仕方ないので
しょうが。去年は「鳥毛立女屏風」の目玉があったのだが…。


75 :goatsong:2000/11/14(火) 00:41
>正倉院宝物自体が質素

そうなんだよね。日本では一級品とされる「鳥毛立女屏風」
でさえ、同時代の中国ではもっとすごいものが描かれてる。
とにかく「残った」ということがすごい。聞いた話では
中国のある時代の絵画が、正倉院に残されてる一点のみ
というケースもあるそうな。



76 :名無しさん:2000/11/14(火) 07:42

>>66
有名なアンコールワットの中央塔も須弥山を表しているという。
中国には須弥山石窟という名の石窟寺院もある。北斉の麦積山石窟
と同時代頃の石窟らしい。


77 :空耳:2000/11/14(火) 12:05
キリコ展は絶対いきます。
でもあんまり渋谷にいかないからいつも迷ってしまう。
駅からいくつか太い道が出てるじゃないですか。
あそこで常に間違う。

78 :goatsong:2000/11/15(水) 09:14
中国国宝展に来ている須弥山の彫刻作品がどんなものなのか
知らないけど、62や72で挙げられてるものは、象徴的
或いは、高度に抽象化された作例であって、須弥山の
「彫刻」とはいいがたいと思うが。それなら須弥壇だって、
須弥山の彫刻になる。


79 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/15(水) 23:40
上野の森美術館でやってる「ジャンポール・ゴルチエの世界」に行ってきました。
いや〜込んでました。おしゃれな女の子でいっぱい。男の方はちょっと入りづらいかも。
でもモデル気分が味わえて面白かったです。

80 :メロン王子:2000/11/16(木) 00:48


   __∧ ∧_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\ ( ゚д゚)\ <   関東甲信越内でムンク展かルオー展やってねぇかな
 \/| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \_____________
   \|____|〜

81 :名無しさん:2000/11/16(木) 07:02

>>77
bunkamuraなら、文化村通り(昔は東急本店通り)ですね。ハチ公前交差点に
出れば、左から道玄坂、文化村通り、渋谷センター街(別名、コギャル通り)、
パルコ通り(公園通り、別名NHK通り)、一番右のJRのガードをくぐる
通りが宮益坂(青山通り)かな。

bunkamuraは高級品がメインの東急本店に隣接。オーチャートホールもあるよ。
今、渋谷はhitomiのセミヌード看板が人目を引いています。


82 :名無しさん:2000/11/16(木) 07:10

>>80
ムンク展、千葉そごう美術館で最近(っても昨年か?)やってたけどね。
千葉そごうも今や…。合掌。


83 :メロン王子:2000/11/17(金) 01:38
>82

   __∧ ∧_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\ ( ゚д゚)\ <   昨年の6月にやっていました  オレは2回行きました
 \/| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \_____________
   \|____|〜




84 :メロン王子:2000/11/17(金) 01:40


   __∧ ∧_     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /\ ( ゚д゚)\ <   千葉そごう美術館は完全に無くなんのかな? 
 \/| ̄ ̄ ̄ ̄|\ \_____________
   \|____|〜

85 :名無しさん:2000/11/17(金) 03:02

>>81
東急本店は高級品がメインだけと、その対面は日本有数のラブホテル街ね。
遠藤周作の「俺が・捨てた・女」などを参照のこと。

文化村通りをどこまでも真っ直ぐ行くと東大教養学部の正門(駒場東大前駅)
に出る。途中に松濤美術館がある。


86 :名無しさん:2000/11/17(金) 03:29

>>78
須弥檀は彫刻じゃないっしょ。何言ってんだか。
法隆寺五重塔の塔本四面具の中央部なんかは須弥山そのものなんだけどな。
よく見て、そして調べてから発言してよ。

ついでに言えば薬師寺金堂の薬師三尊像の本尊の台座にも須弥山は彫られて
いるよ。


87 :goatsong:2000/11/17(金) 05:59
まあ、本当に中国国宝展に出品されてる須弥山を見て
ないわけだから、何も言う資格はないわけだけどね。

78で、一緒くたに片付けたのは拙かったね。確かに
「塔本四面具」の初層中央は、絵画のパノラミックな
イメージと異なり、抽象化しているものの須弥山の丸彫
なわけだし。飛鳥の石造物は上、中段に須弥山の浮彫が
あるものの、3次元的な再現ではないでしょう。(線刻
を彫刻とするかどうかと同様)アンコール朝の寺院は
須弥山を模しているというけど、これも極度に抽象化
された作例であって、「須弥山の彫刻」とは言えないと
思う。「須弥山石窟」は見たことがないのでなんとも
言えない。(内部空間が須弥山のイメージに造られて
いるのか?)ちなみに私の手元の資料によれば、造営は
唐、明代だそう。

>薬師三尊像の本尊の台座にも須弥山

手元に台座の写真がないのだが、須弥座のこと?
そうなら日本の仏座によくあるものだが(例えば
法隆寺釈迦三尊像)これも抽象化されたものだろう。

>須弥檀は彫刻

彫刻と建築を峻別するメルクマールの問題だろうが、
須弥段が荘厳具に数えられるなら、或いは、台座を
彫刻の範疇に含めるなら、仏壇を彫刻の範疇に入れても
おかしくはないと思うが?(仏壇に付随する彫刻群は
別として、仏壇そのものが、彫刻的である場合もある)

いづれにせよ、その展覧会に行ってない私としては、
何とも言えないのだけど。行ったらまた、書き込みます。


88 :goatsong:2000/11/17(金) 05:59
ところで、庭の造営などでは、須弥山が象られることが
あったらしい。これは、大宇宙の雛型としての庭として
理解できる。築山はその名残らしい。

近世では地球儀ならぬ、「須弥山儀」なるものがあった
らしい。これも実物をみていないので何とも言えないが。


89 :名無しさん:2000/11/17(金) 06:16

>>87
文化財の分類で、「須弥檀」は建物と一体の場合は「建造物」
そうでない場合は「工芸品」

須弥座(宣字座)は須弥座。須弥山は須弥山。
薬師寺金堂本尊、薬師三尊像の中尊台座背面に須弥山支持の
「堅牢地神」が彫られている。


90 :空耳:2000/11/17(金) 14:28
中国国宝展に来ていた須弥山は丸彫りっていうのかな?
そういうやつでかなり具体的でした。
須弥山のミニチュアみたいな。
お、ちゃんと龍が二頭からみあってるよ!
とかね。
めずらしくなくともたいへんおもしろく
ミニチュア魂を刺激するので
是非見てみてください。
その須弥山のとなりのガラスケースに三体の仏像があって、
そのまんなかのものが、
実は長江も流行を発信していたことを証明する
彫刻だそうです。
これも話の種に。

ところで隣の人が恐いよ〜
こういう公共の場でパソコンに向かって
ちっとかくそっとか言う人最低だ。

91 ::2000/11/18(土) 03:42
がんばれ空耳さん。
でもそういう人って自分の周囲には意外といた(実際にはいい人だったりする)
ので、あんまり気にしないのがいいと思います。

国宝展、行きたくなってきた…。
あああ、マカブル展もまだ行ってないのに。

92 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/18(土) 19:21
ジャンポール・ゴルチィエ展お勧めできない。
ひどいです。
入るのに40分展示品(服)数えられる程度(コレの関しては良い。数がもっと見たかったと言うのが本音…)その後、メインのイベントがあるんですが(写真撮ってくれるんです。合成ですがゴルチェのモデルの下半身と。)コレを撮るために1時間程度待ちました。その後、現像に数十分。スタッフは忙しそうでしたがその苦労がこの展示会の成功へとはまったくつながっていませんでした。あまりにも時間がかかりすぎて時間が無く写真を撮らない人も大勢いらっしゃったようですし。本当に残念でした。

93 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/23(木) 06:35

五島美術館(世田谷区上野毛)の「国宝 源氏物語絵巻」展(26日まで)。

東京では10年ぶりの一挙公開らしいが、なんでこんなに混んでるの、という
感じ。平日、それも開館前に並んだのに入館まで1時間待ち。私が出たとき
(12時)には、3時間半待ちになっていた。
閉館が4時半だから、これでは1時以降に来たら入れない!!

係員の指示がこれほどうるさいところも珍しい。「展示室内では静粛に」と
いうならわかるが、並んで待っている時でも観覧者に迷惑だから話をするな、
という。皆、無視していたが、そういう係員の声が一番うるさい。

展示室は一つだけ。2列にならないで見られるように入場制限しているので、
展示室に入りさえすれば、まずまず快適に見られる。

「客の9割が女性客」というのも驚き。それも50代から60代のオバハンが
ほとんど。若い女性はほとんどなし。なんでこうなるの? 誰か教えて。


94 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/23(木) 16:17
>「客の9割が女性客」というのも驚き。それも50代から60代のオバハンが
>ほとんど。若い女性はほとんどなし。なんでこうなるの? 誰か教えて。
60代は割引されるからでしょ。
東京の美術館はどこいってもこんなおばはんばっかり。
都も下らん高齢者優遇止めてくれ。

95 :イロゲー:2000/11/25(土) 05:07
>>94
そんな事言ったらイカン。彼女らがいるから、客の平均身長が低くなって
かえって、絵が見やすくなってるとすら思うが。

 展覧会ではないけど、ROBODEX見てきました。ロボットの進化に感動
を覚えたのですが、立錐の余地も無いほど混んでいて、ロボットのショーは
人の頭の間からかろうじて見えたぐらいです。
 あの人出を想定した会場レイアウトをして欲しかったです。

 で、そこにも、ばあさんが結構いて、アイボやワンダースワンと
楽しそうに遊んでました。(入場料の割引は無いのに)
年寄りの話し相手としてもペットロボットは大きなニーズがありそうです。




96 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/27(月) 07:56

>>95
ROBODEX2000、最終日(26日)は当日券売切で入れなかった。
わざわざパシフィコ横浜まで行ったのにあんまりだ。
10年前の東京国立博物館の日本国宝展も入れなかった。
会場に行っても入れない展示会なんて、ひどいじゃないか。

教訓:混みそうな展示会は必ず「前売券」を買っておけ。


97 :goatsong:2000/11/29(水) 19:05
今日、中国国宝展に行ってきたけど、ものすごい混み様で、
ただ券だし、根性のない私としては、お目当ての作品を
5点程見て、出てしまった。うーん、「日曜美術館」
放映後はきつい。(この番組は中年層に絶大な影響が
あり、取り上げられた展覧会は、放映直後から異常に
混み出す。ところで、彼等の目的は、美術鑑賞では
なく、美術鑑賞をする自分を見られることにある気が
してならない)

「須弥山図浮彫」はその名の通り、部分的に丸彫的
である浮き彫りであったけど、前面には人像が安置
されていたそうで、法隆寺の「塔本四面具」と同系譜
では、と思われた。法隆寺のものが、抽象的、叙情的
であるのに対して、これは、かなり具体的、説明的
であった。これは、両者の仏教理解とシンクレティズム
の程度にあると思われる。


98 :goatsong:2000/11/29(水) 19:06
三星堆の青銅器(?)は意外と小さかった。素晴らしい
造形感覚とは思うものの、何度も紹介されてるので、
今更驚くものでもなかった。「金縷玉衣」は見世物的
なもので、どうと言う事もない。

「専盤」(龍がごちゃごちゃいるやつ)はハイライト。
例によって、火炎式土器だとか、フランボワイヤン式
だとか、ケルトの装飾だとかが思い出された。装飾が
まさに、媒介を飲み込もうとしているところ。

最も印象的だったのは、やはり目玉の「菩薩立像」。
私は仏像と言えば、北魏、唐と宋でチェックは充分と
思っていて、北斉なんて、わずかに敦煌のものを
知ってたぐらいだったけど、考えを改めさせた。

「顔が命」の仏像だが、顔の美しさもさることながら、
私は衣襞に目を奪われた。特に、裾の処理に注目
されたい。(確か、その様式には名前があったはず
だが、忘れてしまった)胴部の衣襞のとは不釣合い
なほど、薄く、繊細緻密に造られていて、その造形
は形式化されているものの、その生命感を失っては
いない。(神は細部に宿り給う!)


99 :goatsong:2000/11/29(水) 19:06
20分ほどで、平成館を離れて、日本の仏像と比較でも
しようと思って、本館に向かったんだけど、彫刻室
には浄瑠璃寺の「広目天」(平安末、国宝)と、
何とか寺の矜羯羅童子(と制た迦童子?)像(平安、
重要文化財)があった。

前者は「金と銀」展で見たのだが、やはり、ここに
保管されているのかな?後者は、8月に行った時にも
あったが、いわゆる地方仏で、その造形は稚拙では
あるが、一度見たら忘れられない力強さがある。
私はロマネスク彫刻どとか、黒い聖母、黒人彫刻を
思い出した。両者とも、仏像好きには必見のもの。

絵画室では「平治物語絵巻」があったが、このような
第一級品がひっそりと展示されてるのは、ルノワール
の失敗作を持ってきて、大々的に宣伝する、どこかの
愚かな美術館とはえらい違いだろう。


100 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/11/29(水) 20:16
みんな結構展覧会見に行ってるのね
昨日リュック・タイマンス展行ってきた
今までのオペラシティギャラリーの展覧会の中では
一番良かったかな


101 :100@厨房なんで見逃して:2000/11/29(水) 20:43
あ、キリ番ゲットだ↑
わーい♪

102 :goatsong:2000/11/29(水) 21:04
関係ないけど、美術史やっている人は「立像」は
「りゅうぞう」と読みましょう。


103 :緊急でどうしても知りたい事がありますです。:2000/11/29(水) 21:17
「スレ立てすぎ」の由、ここにて質問させていただきます。
シャガールの版画なんですが、私の記憶が確かならば、「天使の隣下」
という版画があるはずなんです。
夜の街を降りていく天使の版画絵です。
エッフェル塔も描いてあったかもしれませんが、定かではありません。
一生懸命色々探しても見つかりません。
ぴんと来る方、教えてくれませんか?
お願いしますです。

104 ::2000/12/02(土) 22:59
今さらって感じですが、やっとこさっとこ「死の舞踏」展を見てきました。
死の恐ろしさ…というよりは、むしろ時に踊り時に楽器を奏でながら
人々につき従って歩く「死」の姿が、ユーモラスで親しみのある隣人のよう
にも感じられました。
生きてるものが突然死ぬ、のではなく、死とは揺りかごから墓場までずっと
生者と一緒に歩いていく忠実な道連れなのかもなあ…と。
私は新川和江さんの詩が好きなのですが、彼女の「Adagio」という作品を
ふと思い出したりして。

近代の作品にはあまり期待していなかった(失礼!)ところ、ケーテ・
コルヴィッツの四枚の版画が来ていたのが予想外に素晴らしかったです。
彼女の描く「死」は、重々しく厳粛ではあるけれど何か安息のようなものを
漂わせてもいます。
そして(ネガとポジを反転させるように)その死の姿からは、「生」の
岩のごとき重さもまたずっしりと浮かび上がってくるように思われました。

あとクリンガーの版画もよかったです。
ハーフトーンの綺麗さと構図の巧みさが好き。

105 :goatsong:2000/12/03(日) 00:25
「四大文明展」、ただ券もらったのに、結局一つも
行かなかった・・・・・

106 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/03(日) 15:10
キリコ展行ってきました。
思ったより展示作品が多く、年代順の展示だったので
変遷を追いやすく見やすかったです。
「イタリア広場」のモチーフの作品も何点かあり、
しばらく絵の前でたたずんでしまいました。

107 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/03(日) 18:10
やっと時間がとれて、インダス文明展行って来た。
うーん・・・4つ見たなかでは、一番面白くなかった(ごめん)
説明が少なかったのはツライ。文字の解読もまだということで、
あまり解明されてないからかも。
面白さとしては中国>メソポタミア>>>エジプト>>>>>インダス。
でも4つ全部行けたのは良かったでした。

108 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/04(月) 01:24
「死の舞踏」展は見たけど、常設展の方が感動した。

109 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/04(月) 01:29
おいらなんか一つも行ってないぜ!
あんまし興味が涌かないってのが本音だけど。
見に行く人は美術的興味でみてるの?
それとも考古学的興味?
まぁ、どっちもなんだろうけど。

110 :空耳:2000/12/04(月) 01:35
インダス展は付き合いで行った。
はっきり言ってそんなわくわくしなかったけど、
糸のように細いネックレスだけは感動した。

111 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/04(月) 07:51

世界四大文明展、終わったのではなく、

中国文明展:横浜博物館→仙台市博物館

という具合に、地方巡回して開催されているらしい。


112 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/04(月) 07:53

間違えた、横浜博物館 → 横浜美術館 でした。


113 :わたしはダリ?名無しさん?:2000/12/16(土) 07:12

招待券をもらって中国国宝展に行って来た。開館時間の9:30から閉館時間
の17:00まで、フルに使っても全てを充分に見ることはできなかった。

「この四半世紀に発掘された品々からえりすぐった160件が展示されている」
とか「これらの展示物が、再び海外に出る可能性はほとんどあるまい」とかい
う前宣伝も、あながちウソではない素晴らしい内容だった。

ほとんどが出土品(発掘品)であり、地上で人の手から手へ伝えられた正倉院
宝物などとは根本的に違う。ここで話題になった須弥山の浮彫などは別に特筆
すべきものとは思えなかった。

いずれにせよ、中国の文物に少しでも興味を持つ人は、見ておかないとあとで
後悔すると思う。全然興味を持たない人は、行ってもムダ。そういう人でも行
けば、興味を持つようになるかもしれないが…。

断っておくが、私は別に主催の朝日新聞の関係者ではない。あと2日、相当の
混雑が予想されるので、なるべく早い時間帯に行かれることをおすすめする。


114 :goatsong:2001/01/01(月) 22:58
「インパク」に行って来た。http://www.inpaku.go.jp/

まず「インパクマップ」を見て、「芸術」の中のPHP研究所の
「日本画〜狩野派400年の変遷」を見てきた。
http://www.php.co.jp/inpaku/jtop.html

狩野派に「日本画」と併記されている時点で嫌な予感がしたんだ
けど、予想通りにド素人の企画したパビリオンであった。(「日本
画」は、明治以後の、「洋画」に対して、伝統的な画材による
絵画を指す括弧付きの用語であって、江戸以前の絵画には、基本
的には用いない)

「変遷」というからには、時代の流れと様式の変遷の相関を体系
的に列記してしかるべきはずだが、それが全く見られない。ただ
狩野派の作品を恣意的に寄せ集めたにすぎない、およそお粗末な
展示。英語ページが用意されているようだが、PHP研究所は、
こんな恥を世界に晒していいの?何を研究してるんだか。

「日本画リンク集」の「日本画が学べる大学」も「国公立」の中に
かなりの割合で私立が紛れ込んでいる。


115 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/01(月) 23:33
インパクに期待してはいけません。


116 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/01(月) 23:41
「インパク」。。。
粉砕するか?

117 :インパク:2001/01/02(火) 22:48
って名前がセンスなし。
軽くて見やすいのはよい。
企画はイマイチ。
どのページに何があるかが分かりにくい。そんなとこかね。

118 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/09(火) 04:01
東京都現代美術館のギフト展。何もらってきた?

119 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/10(水) 01:37
ぜんぜん東京じゃないけど、釧路の美術館で
エコールドパリ展やってた。
ポスターがキスリングの「スカーフの少女」だったよ。
あの絵を見たくてジュネーブまで行ったのに、
なぜか展示されてなくて見られなかったんですよね。
釧路で見られたんだ・・・・

120 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/11(木) 00:06
ワタリウムのゲイリー・ヒル展行った人はいますか。

121 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/11(木) 01:58
みんなのレスからいってちょっと趣旨がちがうかも
しれないけど東京の展覧会ということで今リャドの
原画展をフォーシージンズでやってるよ。評価はともかく
俺はすきだから。
http://www.g-prova.co.jp/

122 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/11(木) 02:33
sage

123 :Fish:2001/01/15(月) 01:39
実は今日までだったんですが
表参道のアートスペース・リビーナで開催していた
中公叢書『浮世絵春画を読む』刊行記念
浮世絵春画名品展がサイコ〜にすばらしかったです。
なにせ本邦初公開です!
春画は林美一さんの書かれた枕絵に関する
各種書物でしか見たことはなかったのだけど、
現物はやはりすごい迫力!
当時の彫師、絵師の最高の技術がつぎ込まれた
というのは本当でした。
鳥居清長の『袖の巻』の現物を生きている間に
見られるとはおもわなかったから
大感激・・・
若いオナゴたちもギョウサンみにきてましたよ。
ちなみに会場入り口には
18歳以下は入場お断りとしっかり書いてありました。

そのあと本当はワタリウムのゲイリー・ヒルに行こうと思っていたけれど、
あまりにこちらの『春画名品展』がすばらしすぎて、
ほかのところに行く気を失ってしまいました。
でもゲイリー・ヒルも今日までだったんですよね・・・
どなたか感想教えていただけると嬉しいです。


124 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/15(月) 06:15
ギフトは目だけ出る強盗みたいなニット帽子をもらいました。
ゲイリー・ヒル、いまいちでした。

125 :GAS:2001/01/15(月) 07:10
ゲイリー・ヒル展やってたんですか、行けばよかった・・・。
10年くらい前のゲイリー・ヒル展には行きました。
ビデオアートを本当にアートにした人だと思います。
ビル・ヴィオラやパイクなんかより全然好きです。
哲学的。
新作とかはどんなものがありましたか?

126 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/16(火) 00:12
ゲイリー・ヒル展、出展数が少ないよねー。
ワタリウムだからしかたないのでしょうか。
ああいうのを、もっとたくさん長時間かけてみていたかった。

127 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/16(火) 16:14
池袋でやってるロートレック展。
あのポスターの大きさは見ものです。

128 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/20(土) 09:24
文化村の良寛さん
見るべし!!

129 :よっちゃん:2001/01/21(日) 17:05
字がスラスラと読めるともっと楽しめるのだろうね(・д・)

130 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/01/23(火) 01:55
モローが20世紀末にやってくる。
と、どっかで聞いたような気がするのですが
知ってる人いません?
夢だったんでしょうか?

131 :>130:2001/01/24(水) 02:52
それ知りたい。なんとか思い出してくれ。

132 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/02(金) 04:11
こちらでも教えてください
http://www.aruru.net/bbs/item/say/index.html


133 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/02(金) 04:36
くっきーオン!!!

134 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/15(木) 16:10
130>>来たよ。西洋美術館だったかな。上野なのは確か。

135 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/16(金) 08:14
それ、ずいぶん前の話じゃない?>134

136 :夢見る名無しさん:2001/02/16(金) 09:28
フェリス女学院高校の女の子のスカートが
スルッと脱げた瞬間。(学際の応援にて)
慌ててしゃがみこんで、スカートを
上げていますが、みんな注目しています。
かっこいい紺の制服に紺ハイソとピンクのパンティ
とのコントラストが最高の写真です。
恥ずかしさのあまり、泣いてました・・・。
 http://www.117.ne.jp/~kure/waga/yometop.html


137 :130:2001/02/17(土) 02:07
>>134 135
それはもう逝っちゃったってことですか?
僕の夢の中ではルドンとセットでやってくると言ってましたが・・・?
確かテレビ東京できたろうとサエキ名人が
おっしゃっていたように思います。
だめですか?



138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:2001/02/17(土) 02:11


        ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■死■■
        ■■健一■■■■健一健一■■■■■■■健一■■■健一健一健■死■死■
        ■■健一■■■■健一健一■■■■■■■健一■■■健一健一健■■死■■
        ■■健一■■■■■■■■■■■健一■■健一■■■■■■健一■■■■■
        ■■健一健一■健一健一健一■■健一■■健一■■■■■■健一■■■■■
        ■■健一健一■健一健一健一■■■■■■健一■■■■■■健一■■■■■
        ■■健一■■■■■■■健一■■■■■■健一■■■■■■健一■■■■■
        ■■健一■■■■■■■健一■■■■■■健一■■■■■■健一■■■■■
        ■■健一■■■■■■■健一■■健一健一健一■■■■■■健一■■■■■
        ■■健一■■■■■■■健一■■健一健一健一■■■■■■健一■■■■■
        ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

139 :モロー展は:2001/02/18(日) 16:18
95年の3月に上野国立西洋美術館で開催されました
でもその後新たにモロー展が企画された
という話しは聞いてませんが
20世紀末・・・に何かあったんでしょうかねぇ
気になります

140 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/02/20(火) 00:45
今じゃないけど(3/15〜らしい)、京都で
月岡芳年展がっ!
くやしい…(神奈川在住)。

141 :空耳:2001/04/11(水) 21:13
今日、イタリア・ルネサンス展に行って来た。
買うつもりないのに図録買ったわけは、
立ち読みしてたら、図録の解説がなにやら本格的でびっくりしたから。
それもそのはず、イタリア人が自ら執筆したらしい。
日本人にまかせておけなかった?
(別にイタリア人だからすごいってわけでもないんだけど、
 それだけ熱入ってるってことでしょ?)
日本におけるイタリア年ということで、すごい頑張っている様子。
イタリアにおける日本年は何やったのかなー
また、今までよく理解してなかったヴェネツイア派とフイレンツェ派の
違いについてもよくわかった。

内容も非常に良かった。構成も良かったのでは。
フレスコ画ってすごい色綺麗なのに驚いた。
目玉のボッティチェリの受胎告知も勿論(おっきい!)、
ベッリーニの受胎告知も良かった、その他さまざまな傑作が多く来ていた。
ティツィアーノはとても好きだけど、今回のマグダラのマリアより、
エルミタージュのマグダラのマリアの方が胸を打った。
何故かはわからないけど。
本人はエルミタージュのものを最後まで手元に残していたらしい。

工芸品も多数来ていたけど、綴れ織の巨大さには肝を抜かれた。
ルネサンスの金銀細工、カメオの詳細極まる技術には本当に驚かされるけど、
陶器に関しては、びっくりするくらい純朴。
絵付けの技術も、おみやげ品のよう。
彼らが、東洋の陶磁器を宝石のように大切に思い、
領地と交換しても惜しくないと感じたのも納得。
何故陶磁器の技術だけこんなに未熟だったのだろう。
不思議。

帰りに、谷中、千駄木あたりをふらふらしていたら、
右半身だけむくんだ。
よく考えたら、分厚い図録を右肩で持っていたからだ。
縄のれんの素敵な飲み屋さんを見つけた。


142 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/11(水) 21:41
気世洗秋落覊鹽翻讎國義覇圏疆韈醒蠶躪闢觸靂觸靂
袢牡來夜鑠韈讎囮迥捗髟侠栓姙釶蜜轢鞴蠅蠶觸靂轆轆
况妙住濠醴麺卮勾才儿Ωヰ災中甸逹箪關鑼蠹闢觸轆轆靂
中佚桴殱翩奧抔Ζヒゅχで∋辷Н竏鴆暉醵韈蠅蠶轆轆觸靂
沿泊梧翻艤余ゴеスぇクqСゲΒ灯芝徽簾闇躑躪靂觸靂躪靂
古波軸躑靠泌РUСpеゎづどひ凵殳員軽黶幗韈蠅躅觸靂觸
丱鋒蟹靈茸台дらΡPΤヅ广Ьи行吽呈褄皹孅圜壘躪闢蠅靂
呼搗纒醫澹仔ξ♪N卞Э±кカ什払市良鯲崟厩賺藺闢觸蠶觸
鳫譖鹽覲投ぎす卞グウ≒Nグ‡力仕仗况戎煢薮鰓醫醒醒躪闢觸
麈矚輾陲粭叉かギサУ‖≡六ぉか匕お禾功拔寧盧圜蠹蠹靂轆靂
腰轎軅罌仙匕ΕЕネΖβやW禾佶未命功形岐販聲鹽觸靂觸靂轆
鰊鹽鞴薩恬芒浙悛衣今Еき柴頽憲卿敝種載耨麌輌羅靂觸靂觸轆
輌羅壘蠧懶篩乕郡褊珎込偐飃霾肅荼琵贓鹽鱧蟹國蠡蠅靂觸靂轆
屬醜躅韈轢躁嫖繭属狙尸綣墨鬟卓腰鱧蠡闔繩窯蜈圈蠹觸闢觸轆
團翻靂鞭聢渝鬥堽鯰狩今嚆腰培化估緋斐腎仲双宥賺躅靂蠅靂觸
釀韈觸椢炊正舮懷申谷Ξ駑胄凹并珱筏脊礼打許熾魑闢觸靂觸轆
轜鞴靂瀾冂ぁΒ⇔从мж魚秧中ひOエπ匸泱溺躾嬲蠅靂躪靂觸
譁軅觸蟯日爿Åн夲だポ峡泯沿∃ピヱКΦ向旆嫖釀蠶觸闢蠅蠶
韈闡輾躍矜工В九止Σめ捗濛夸びれн儿芥凋偶匯韈觸靂蠅蠶觸
鱧躑軅壘涙й幺め伐今土庇簓忌き父尓共液癌鰭蟶輾靂觸蠶躪靂
躑鱧靂觸楜矜文礼祉Ц似蟋濔虱ж斤庁究病嚼輌驢蠹觸靂躪靂蠅
鞴闢蠅靂蜀耗佑矛卆臥棚韈鱧墟允於咬刺鍾聲靄醴躅靂觸靂蠅蠶
軅蠅蠶觸躡繪吏毛分示蹇屬駟漲熱尿姙旁曉踝蠖圜躅觸靂觸蠶觸
蠅鹽壘闢鱧霆銃疑游芹絋菖鑠豐鷭哽粘晧錬欝顳繭躪靂觸靂觸靂
韈闡輾蠅靂畴級拷倉滂黛籍鯖襯誼赦祐硫岫弸鑒鱧闢觸靂觸靂觸
壘韈觸靂轆鹽戰有冷辺詒詭樋靼樟孤叟駒鵑擱靈躅蠅靂觸靂觸轆
蠹蠅靂觸轆轆繭狒迚茫抉酊絏熹蓼暗霆膈蠢轢躑醒靂觸靂觸靂轆
鱧蠶觸靂觸靂轆醴奥代Вざ市啾箍崕頼醋藺鹽鞴蠶轆靂轆靂觸靂
躑躪輾蠅蠶觸轆轆羈島矢注瘁髪蜿麗驢鱧鹽鱧輾觸轆觸轆轆



143 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/18(水) 14:58
目黒区美術館でやる荻須は、どうですかねー

144 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/20(金) 03:07
> それもそのはず、イタリア人が自ら執筆したらしい。
> 日本人にまかせておけなかった?

向こうの人に執筆してもらうっていうのは
よくあることだと思いますけど…。

145 :goatsong:2001/04/21(土) 01:19
海外の美術館から作品が来た場合や、海外の展覧会がそのま
ま来た場合は、図録の解説は、だいたい現地の人が書いていま
すね。なんでも日本の学芸員は、一年中、図録の解説の翻訳を
やっているそうな。


146 :144:2001/04/21(土) 16:45
>>145
> なんでも日本の学芸員は、一年中、図録の解説の翻訳を
> やっているそうな。

現状としてはそれに近いでしょうね。

147 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/21(土) 17:50
しかもイタリア人は翻訳家泣かせらしい。カタログなんだから
締め切りはあるっちゅうねん。夜中に新しい原稿がどかっときたり
するらしい。

148 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/21(土) 19:00
というかね、もう日本と違う「イタリア時間」
というものが存在するという感じだそうです。
展覧会の企画でも、イタリア人との仕事は
胃が痛いとか。

149 :148:2001/04/21(土) 19:03
> 「イタリア時間」
仕事のペースという意味ね。


150 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/21(土) 21:44
と、いうともう何年も前から準備しなくてはていけないね。
イタリア絡みの展覧会は。ん〜ロシアみたいだ。

151 :Fish:2001/04/22(日) 00:46
というか、日本の都合を考えてないんだな、アノ方々は・・・
自分の範囲の仕事をやるだけで精一杯なんだから〜〜
すみませんグチってしまって。
イタリアがらみの仕事中なもので・・・

152 :空耳:2001/04/22(日) 00:48
そうなんだ。私が今まで買った図録はどれもどうでもいいことしか
書いてなかったもので、なかなか読み応えがある図録でした。
でも、高梨さんという人が訳している部分、
すごく読みにくい。
もうちょっと自然な日本語に訳せないものかと思ってしまう。
なんか私が難しい英語の論文を訳した時こんな感じになる。
この人の自分で書いているところは、
普通に読みやすいんだけど・・・

153 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/22(日) 01:01
ほお〜高梨さんが御登場とは。
政治と序列を感じるね。

154 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/22(日) 01:06
あら、勘違い。ごめんね。

155 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/04/22(日) 01:55
イタリア語の翻訳って大変なんですよね…。
語学力のある人でも(←なんか偉そうな言い方に
なってしまいますが、ごめんなさい、私自身はろくに
できない方です)。つまり、なんて言ったらいいんだろう、
フランス語も同じくらいレトリック過多なところが
あるけど、イタリア語もそれに負けず劣らずというか。
長く留学していて、とてもイタリア語のできる人でも
大変な思いをされているのを見たことがあります。
あと、「誰々先生の翻訳なら大丈夫(信用していい)」
と言う人もいます。これもどんな言語でもあること
でしょうけど、イタリア語関係の話で聞くと妙に
実感を伴っているように思えたりします。

脱線ごめんなさい。sageます。美術史の世界の話
ではあるのですが。


156 :155:2001/04/22(日) 01:58
図録のそういう翻訳のもので、ひどく読みにくい
テキストはよくありますね。


157 :空耳:2001/05/20(日) 22:20
今日ヴェネツイア派展に行ってきた。
最終日だったからすごい混雑していてげんなり。
内容もよくない・・・
唯一いいと思ったのはグアルディという人の絵だけ。
あと、ティエボロも2枚くらい良い絵もあったけど。
ほとんどが興味のそそられないものばかり。
構成もひどい。
ヴェネツイアの風景画だけぶわーて並べてあったり、
テーマが信仰とかだったり、
もうちょっとましな配列はないのかな。
それに上野の森美術館小さかった。
建物もなんか駄目だった。
有名な風俗画家の絵がいっぱい来てたけど、
ほとんど流してしまった。
次はルドンにでも行こうっかなー

158 :イロゲー:2001/05/22(火) 12:40
 空耳さん、最終日じゃありませんよ。
ヴェネチア派展は27日までやってます。
僕も昨日行ってきました。月曜日だったので、
みんな休刊日だと思ったのか、すいてたのは良かったのですが、
絵は、なんかみんな色の抜けが悪いような気がして、
感心しませんでした。たまに“ヴェネチア派特有の華麗な色彩"とかいう
文章を読むけど、あんなものだったのか。

159 :イロゲー:2001/05/22(火) 12:56
 ジョン・グールドの世界展
(ニューオータニ美術館 6月10日まで 月曜休館)
行ってきました。19世紀の鳥類図鑑の展覧会です。
リトグラフ+手彩色なんですが、摺りから彩色からワニスまで動員して
鳥の羽特有のきらきらした感じを出そうと工夫してるのがすごく良かったです。

 むちゃくちゃ空いてるのも良かった。

場所は赤坂見附のホテルニューオータニ内。僕が見たところ
どこにも看板出てなかったので、細かい場所はホテルの受付の
姉ちゃんに聞いてください。

160 :空耳:2001/05/22(火) 18:27
ルネサンス展の方のヴェネツィア派は
いいのが来てたと思うんだけどね
18世紀って冴えないね

161 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/05/24(木) 04:10
世界四大文明展って、とっくに終わったと思っていたが、まだ全国各地を
巡回してたのねん。今日、300万人を突破した、とニュースで報じていた。
インダスとメソポタミアは終了してるが、エジプトと中国はまだ開催している
らしい。7月1日には全て終了するとのこと。

162 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/03(日) 01:28
本日までで終了する展覧会二本。
三重県立美術館の横山大観展と
京都国立近代美術館の前田青邨展。
それぞれの作家の回顧展の決定版だろう。

163 :空耳:2001/06/03(日) 01:50
ルドン行きました。
なかなかこじんまりとしていて良い雰囲気でしたよ。
福音書の挿絵なんか良かったです。
しかし、一つ感じたのは、
ルドンは神秘的な絵を書くけど、
ブレイクに見られるような
幻視者の類ではないのだろうと思いました。
そこが彼に平和的雰囲気を感じさせるのかな

164 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/03(日) 02:52
ブレイクよりルドンの方が好きなのですが。。
仰るとおりブレイクの絵にはただ美しい、幻想的だではすまされない
荒ぶる精神のようなものを感じますね。上手く言えないけど。
別スレのセザンヌといい、最も重要とされる画家って、網膜の快楽的には
むしろ禁欲的なんでしょうかね。。
または余りにも色彩などが美しすぎると絵の魅力がそこに留まってしまうんでしょうか。
ルドンももしかすると幻想そのものを描いているのではなく、「幻想的な」絵を描いているのかもしれませんね。
この2つは実はまったく違うものですよね。

165 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/03(日) 05:23
>>15
図録の翻訳は、いわゆる翻訳家と、その言語を習得している研究者のと
大きく分けて二通りあるわけですが、どちらにしても内容は偏ってしまいますよね。
前者の場合、平易な日本語に直せていても、専門用語の扱いがイマイチとか、
後者の場合、知識的な部分はバッチリでも、硬い日本語になってしまうとか。

でもイタリア語ならまだいいほう。
オランダ語やロシア語なんて、そうそうできる人はいないから、
一旦現地で英訳されたものを日本語に約すという2度手間がかかってる。
そんなときは、英訳を見ても言ってることがちんぷんかんぷんで、
日本語に直すときは、もはや意訳どころか、どこかのインチキ出版社みたいな
超訳にならざるを得ない。

どこかのスレで、西洋美術やってんなら語学が5-6か国語できて当たり前、
みたいな子といってるやつがいたけど、実際きちんとした研究者だってそんなに
できないもんだって。

166 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/03(日) 05:27
あ、上の文>>155に訂正

んで小田急のルドン展行ってきたんだけど、
やっぱルドンはモノクロームの作品がいいなあ
(版画は都合で展示されてなかった)というのと、
日本にルドンってこんなにたくさんあったんだ〜
というのが感想。
図録はクソだった。

167 :155:2001/06/03(日) 07:22
すごく久しぶりにこのスレ見た。
>>165
> オランダ語やロシア語なんて、そうそうできる人はいないから、
> 一旦現地で英訳されたものを日本語に約すという2度手間がかかってる。
確かに!そうですね。

小田急のルドン展ってどこの(美術館の)企画だったのかな。
調べてこよう…

168 :155:2001/06/03(日) 07:27
あ、巡回展じゃなかったのか。>ルドン

169 :ビーナス:2001/06/03(日) 19:14
ルドン展、私も見に行きました。宣伝が下手なせいか、すいてました。
内容は充実してたと思うけど、確かに図録はペケ。

170 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/03(日) 23:55
ルドン展少し不満。

リトグラフの「笑う蜘蛛」なかった。
もちろん、ルーヴルにある1点ものの「笑う蜘蛛」は来るはずがないが。

 木炭画と「聖アントワーヌの誘惑」がまあまあ。

171 :はいよ〜:2001/06/12(火) 20:06
小田急でロバート・メープルソープと荒木のぶよしの
写真展あります。明日から7/1まで。

172 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/12(火) 20:31
ルドン展の図録、色最悪ダタ〜ヨ

173 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/13(水) 18:14
goatsongさんって博識ですよね
お仕事は美術と関係ありますか
中原昼夜すきですか?

174 :steal@L122209.ppp.dion.ne.jp:2001/06/13(水) 18:27
田中1

175 :steal@L122209.ppp.dion.ne.jp:2001/06/13(水) 18:28
田中1

176 :steal@L121153.ppp.dion.ne.jp:2001/06/13(水) 18:36
田中1

177 :ごめんなさいネ(^^ゞ:2001/06/13(水) 18:40
田中さん・・・ゴメンナサイ。
174〜176やったの私です。
あなたの所で分け分からん事してしまって・・・・。
もうしません・・・・
ほんとすみません。

178 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/06/13(水) 22:24
>>173
「ミロ」スレを参照のこと。
あっちからコピペ、こっちからコピペ。

179 ::2001/06/13(水) 22:42
くやしいかったのですか?

180 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/11(土) 06:11
結構いいスレなのに倉庫逝き間近なのでAGE。

東京国立博物館の「天神様の美術」展。
この種の展覧会のわりには非常に客が少ない。暑さの盛夏?

181 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/11(土) 09:32
うろ覚えで悪いが9月頃?に目黒庭園美術館でカラバッジオの展覧会を
やるって聞いたような。ほんとかな?楽しみなんですがね。

182 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/11(土) 20:28
>>181
カラバッジオ展て、たしか秋に大々的にやるんじゃなかったっけ?

183 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/12(日) 00:45
鎌倉のバッキー展は泣けるぜー

184 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/16(木) 22:29
あげてみる

185 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/17(金) 00:08
>>181-182
「日本におけるイタリア」年に関するイベントは、
在日イタリア大使館のサイトを見るべし。
http://sunsite.sut.ac.jp/embitaly/jp/

186 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/17(金) 03:20
江戸東京博物館で開催中の「ポンペイ展」のフレスコ画は参考になる。
犠牲者の石膏型どりとか樹脂型どりも現代美術っぽくて面白いです。

187 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/17(金) 21:42
>>186
「ポンペイ展」行こうかどうしようか迷っている。
招待券でもあれば間違いなく行くのだが…。
朝日の夕刊に連載されているが、いまいち情報不足。

188 :いるす:2001/08/17(金) 23:14
ポンペイ展は初めインドかと思ってた。
夏は特に混んでる場所はいやなので空いてるとこがいいな

189 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/18(土) 00:42
「ポンペイ展」行ったほうがいいと思うけどな〜(ほんと)
あと藝大美術館の「油画を読む」展、意外と面白かったです。

190 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/19(日) 19:19
天神様行ってきました。
神道系美術ってあんまりおもしろくないと思ってましたが、面白かったですよ。
特に絵巻。天神様が比叡山の僧侶の所に行って、ザクロを口から吐き出すと、空中でボッと火がつくとこや
雷神になって宮中を暴れ回るとこなんて、ホントにアニメ。
見て損はない展覧会です。

191 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/20(月) 02:15
絵巻は総じて面白いですね。まあ色も凄いし・・・・・
しかし肝心の菅原道真像があんなものじゃ、神道の底の浅さが
ばれちゃいますね、ほんとに情け無い.....

192 :わたしはダリ?名無しさん?:2001/08/20(月) 09:41
まあ、神道はもともと人間が持っているアニミズムに乗っかって、
仏教からかなりパクッてつじつまあわせたところがあるからね。
思想性には欠けてると思われ。
かといって、単なる習俗にしては押しつけがましいし。
ヤスクニ問題だけじゃなく、日本人はこうだって決めつけが多すぎ。
おっとこれ、美術板だっけ、ごめん。

193 :空耳:01/09/02 16:45 ID:o/gv9g4s
芸大美術館の、近代日本の洋画を読む(?確かこんなタイトル)
見に行ってきたよ。
なんか疲れてて赤外線写真とかはほとんど見なかったんだけど、
高橋由一っていい画家ですねー
あの時代にあんなおもしろい洋画家がいたなんて知らなかった。
反対に脂派の次の、紫派だっけ?
あっちの方の黒田清輝とかあのへんの印象派まがいみたいなのは
つまんなかったです。

あと、ついでに法隆寺宝物館に行って来たんだけど、
飾られているものはほとんど興味をひかれなかった。
仏像の様々な表情はおもしろかったけど。
唯一良いなと思ったのは龍首の壷。と、荘厳具のレプリカが目をひいた。
ただ、あの美術館は建物が実に素晴らしいと思います。
仏像の陳列の仕方、名札が目に入らないように横に貼ってあったりとか、
考え尽くされている。見事。
コンセプトが伝わってきます。

194 :空耳:01/09/02 16:57 ID:.EMdS6qA
あと、芸大美術館の人たちすごい感じが良かった。
私が傘立てに傘を立てられなくて困っていたら、
お兄さんがやってきて立ててくれた。
なんとなく美術館の規模に比べて職員がすごい多かった。

195 :照彦:01/09/16 15:23
日展のバイトやりたい

196 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 00:06
横浜トリエンナーレhttp://www.art-tech.jp/yt2001/
行ったかたいませんか〜
展示いっぱい、いっぱい!玉石混交。
巨大バッタは見れなかったけど、楽しかったです。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/18 13:16
今度東京都美術館で行われる「聖徳太子展」色々国宝クラスがやってくるらしい。

198 :m:01/09/18 16:09
モロ見え!
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hole/

199 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/21 19:50
ポンペイ展は壁画だけを見るなら、数年前にやった横浜美術館の企画点の方が数段良かった。
今回のは噴火当日の様子、生活品、技術品、犠牲者の石膏の取り方など多角的だった。
いかにも博物館らしい構成だったよ。

200 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/22 02:55
>>197
なんといっても、中宮寺の弥勒菩薩半跏像でしょう。
関東に来るのは初めて?だろうし、中宮寺では正面からしか拝めません。
今度はいろんな角度で拝めそう。あの像はむしろ横顔がいいんだよね。

201 :空耳:01/09/22 04:19
>>200
それほんとっ?
それってすごいことだよね。絶対見に行こう。
でもなんでだろう、中宮寺はお母さんのお寺だけど・・・
弥勒信仰と聖徳太子信仰がだぶるからかな。
しかしそういう展覧会に限って恐ろしいほど込むんだよね。

202 :ヒロ:01/09/22 20:45
弥勒菩薩半跏像は渡来仏でしょうか?(やはり遠くから来たように思えます)
下げた左手と右足の袈裟の襞の思い切りの良さが好きです。
それと、余分な表現もなく信仰心もありますが、
現代彫刻にとしても見れると思います。
出来るなら広い空間で見たいですね。

203 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/22 21:58
>>201
本当です。東京都美術館での展覧会は私の経験上、それほど混まないと
思われます。鑑真和上展も最初のうちはあまり人がいなかったし…。

東京都美術館 聖徳太子展
http://www.nhk-p.co.jp/tenran/taishi/taishi.html

>>202
渡来仏と呼ばれているのは、広隆寺の弥勒菩薩半跏像の方です。
この像は日本では彫刻に用いられないアカマツが素材として用い
られているのと、韓国国立中央博物館に、非常によくにた金銅仏
があるので、半島からの渡来仏ではないかと言われています。
なお、中宮寺の菩薩半跏像の素材はクスノキです。

日本人と木の文化 クスノキの時代とアカマツ像の秘密
http://www.wood.co.jp/kohara/nihonjintokinobunka/3-3.htm

204 :ヒロ:01/09/22 23:17
思い出しました広隆寺です、以前古本屋に本を全部売ってしまい、
記憶はあてにならないです、気をつけます。

205 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/23 08:30
10月かな? MOMAの絵が来るよね。

206 :ヒロ:01/09/24 00:39
前のレスを読んでいると、ルドンの話からブレイクへ続いてますが、
エドガー・エンデの話へと続くと面白いとおもいますが。
エドガー・エンデの息子がミハイル・エンデ(文学者)なので、
父のエンデ(幻視者)のことをとても上手に語ってます。
エドガーエンデの太古の意識は、何か新しい意識のように思えます。

207 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/28 05:14
横浜高島屋で開催(既に終了)の「高句麗古墳ユネスコ世界遺産登録支援
高句麗今昔を描く 平山郁夫展」を見た。
タイトル通りの内容。この板では極めて評判の悪い平山郁夫だが、客は多く、
相変わらずの人気。絵の内容はともかく、高句麗古墳壁画の勉強にはなった。

208 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/29 06:42
横浜そごうで「陰陽師安倍晴明 奈良安倍文殊院展」(入場無料)というのが
あったので、逝ってみた。安倍文殊院は安倍晴明の出生寺院であるためか、
京都の晴明神社とともに拝観客(参拝客)が急増しているらしい。

内容は十二天と安倍晴明像などの他、岡野玲子とかいう人の「陰陽師」パネル
展があった。特別祈祷「魔除け祈願」などの受付もあり、まあ無料にふさわし
い?(金取ったら怒られそうな)内容だった。

209 :わたしはダリ?名無しさん?:01/09/30 04:04
そういえば、いま(9/29から)静嘉堂文庫美術館で曜変天目茶碗中の
最高傑作といわれる稲葉天目が公開されているね。

静嘉堂文庫美術館展示会のお知らせ
http://www.mitsubishi.or.jp/jp/group/seikado/tenji.html

展示品の曜変天目茶碗(稲葉天目)
http://www.mitsubishi.or.jp/jp/group/seikado/ten/ten02.html

210 :DD:01/09/30 18:57
http://speed-king.hoops.ne.jp/index.htm
http://speed-king.hoops.ne.jp/index.htm

211 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/02 08:06
三鷹の森にジブリ美術館がオープンしたね。
エントランスホール天井画のプロデュースはフレスコ画家の大野彩。

大野彩(おおの・みさお)嬢といえば、「日本語練習帳」の大野晋と、道元の
研究で第一人者の水野弥穂子の娘だね。学習院女子高等科から武蔵美に行った
んじゃなかったかな。

http://homepage2.nifty.com/hekigalabo/member.htm

212 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/02 18:19
奈良県立美術館 秋の特別展
印象派の父 マネ ―近代パリと日本―
日時:9月23日(日)〜11月25日(日)

♪県立美術館2年に1度の大型展示は、日本では15年ぶりとなる印象派の父
マネ展。関西初公開となる「笛を吹く少年」を筆頭に、「草上の昼食」
「秋(メリー・ローラン)」などの名画100余点がずらり集まる。

こんど奈良に行くので見てこようと思う。追って報告する。

http://www.mahoroba.ne.jp/~museum/base.html

213 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/04 14:36
今度伊勢丹美術館でやる『フランス王家 三人の女性展」ナポレオンの皇后だったジョゼフィーヌの遺品なんかが来るんだ。
きっとナポレオン関係の品物も来るんだろうな。早く10月13日にならないかなー!

214 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/04 17:02
大阪のATCミュージアムで開催中の
「エルミタージュ美術館名品展」をご覧になった方はいらっしゃいませんか?
金銭的に余裕がないので何を見に行こうか悩み中です。

215 :?:01/10/07 19:04
西洋美術館いったらえらく地味というか、マニアックというか、妙な展覧会やってました。
なんか作品数が多いのでえらく疲れた。
肖像画なんて作者名よりモデル名の方が大事なのかなとか、
肖像画本来の主題(そんなものあんの?)を回避して鑑賞しようとしている自分に疲れました、
といっても、美術館に数百年に渡っての肖像画を、並置してしるんだから、展示者の意思に従って鑑賞しようとしたというそれだけのことだけど、、

しっかし、ああしてみると、アメリカって抽象表現主義以前にもいい絵ありそうだとか、
ポップアート以降ってアメリカの美術の中でも低迷期なのかしらとか、不遜なことを思いました。

でも、ポーランド人のかいたパットンの肖像画が良く見えたりしたからな、、、、、

216 :わたしはダリ?名無しさん?:01/10/21 03:02
>214
見に行ってきましたが、ちょっと広く浅く過ぎてポイントが…。
(古代工芸品、ギリシャ・ローマ時代の壺、東洋美術、ロシア絵画、
近代西洋絵画の5部屋位に分かれています)
興味深かったのはロシア絵画。18世紀当時の冬宮周辺が描かれて
いるのが歴史画という感じでよかったです。

ただ、私的には京都市美術館のチャルトリスキ・コレクションのが
おすすめかな。好みにもよるかもだけど。

217 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/05 17:25
第53回正倉院展〔奈良国立博物館)に行ってきた。今年から朝日新聞社が協力に
なって、紙面で宣伝したので、例年以上に人が多かった。ただし、今年から入場券
の前売りをするようになったので、当日券を買うのにそれほど並ばずに済むように
なった。相変わらず展示品に突進する中高年女性のパワーがすごい。遠慮していた
ら、何も見ることはできない。出品は鳥毛帖成文書屏風、紫檀木画挟軾、斑犀如意、
平螺鈿背八角鏡あたりが目玉か?観覧料金を1000円に大幅値上げしたわりには
内容は地味。

第53回 正倉院展
http://www.narahaku.go.jp/exhib/2001toku/shosoin/shosoin-1.htm

218 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/05 17:37
東京都美術館の聖徳太子展。NHK(NHKプロモーション)主催。NHKは聖徳
太子を主人公にしたドラマをはじめ、いろんな関連番組を放送するらしい。中宮寺
の菩薩半跏像がメインか?周囲360度、見ることができる。他にも結構有名な仏
像多数。その他、さまざまな聖徳太子像、聖徳太子絵伝など。仏像好きにはお勧め。
展示品は200点以上で、全てを真面目に見ると非常に疲れる。近くの東京国立博
物館開催中の「美術の中のこどもたち」展もハシゴすると、更に疲れて、半死半生
になる。

東京都美術館 聖徳太子展
http://www.nhk-p.co.jp/tenran/taishi/taishi.html

219 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/05 17:50
横浜そごう美術館で開催(昨日で終了)の「弘法大師空海と高野山の秘宝展」。

高野山一帯が2004年に世界遺産に登録される予定で、現在その準備中とか。
そのための浄財?集めのための展覧会と思われる。ここの美術館では重文以上の文
化財は展示できないから、展示品は全て未指定のものばかり。何点か見るべきもの
もありましたが(深沙大将像などはなかなか面白い)、全体にいまいち。それでも
入場料1200円も取るのは、なかなかの度胸。世界遺産登録第1号の法隆寺全部
の拝観料だって1000円でっせ!!しかし、こうした寺宝を積極的に公開してい
こうという姿勢は買いでしょう。

220 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/05 18:03
東京国立博物館で開催中の特別展「美術の中のこどもたち」。

こどもの姿が日本の美術作品の中でどう表現されてきたか、というのが基本コンセ
プト。岸田劉生の麗子像はじめ、いろんな子供を表現したいろんな彫刻・絵画作品
が出品されている。信貴山縁起絵巻・餓鬼草子、結構著名な仏像他、見どころ多し。
ただし、博物館側にいまいちやる気が感じられず。ミュージアムグッズには、この
特別展のオリジナルなものはなく、これまでに作られた間に合わせ品ばかり。PR
も不足していて、客も少ない。独立法人になったんだから、もっとやる気出さな。
まあ、そのほうがこっちは見やすくていいんだけどね。

特別展「美術の中のこどもたち」。
http://www.tnm.jp/doc/Guide/Dyn/eten/eten12.html

221 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/05 18:09
東博の展覧会にやる気が感じられないのはいつものことだろ

222 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/05 18:23
京都国立博物館で開催中の特別展覧会「ヒューマン・イメージ」。副題は「われわ
れは人間をどのように表現してきたのか?」。テーマは次の10に分かれている。

「人のきずな」「恋と愛」「なりわい」「遊び」「旅・隠遁」「夢」
「異貌に込めたもの」「あらぶる心」「調和へ」「祝祭のとき」

だいたい、美術品の大部分は人間を表現しているのだから、何を出品してもいいよ
うな展覧会だ。書跡なども出品されていて、ん?という感じ。適当に作品を集めて、
ヒューマン・イメージ展という展覧会のタイトルに合わせたキャプションをつけた
だけの印象もある。客も非常に少ない。京博では来年3〜4月の「雪舟展」に力を
入れているようで、野球で言えば中継ぎぐらいの展覧会か?説明は相変わらず丁寧
で、よく理解できる。顔の裂けた宝誌和尚像などは面白い。国宝クラスも多数出品
されていて、見て損はない。

特別展覧会「ヒューマン・イメージ」
http://www.kyohaku.go.jp/tokuten/human/humanj.htm

223 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/18 18:30
>>222
その「ヒューマン・イメージ」展だが、春画(喜多川歌麿「歌まくら」)が
出品されていて話題になっている。私は気にもとめなかったが、国立博物館
で春画が展示されるのは初めてのことという。

これまで展示していたのは「おとなしめ」のものだが、会期終盤には展示替え
をし、もっと「過激なもの」も展示するかもしれないとのこと。

224 :偽ひろゆき:01/11/28 03:24
2chのトップページでおなじみの鳥獣戯画が、12月16日まで
東京国立博物館で展示されているです。

4巻あるうちの1巻だけ、それも何メートルもあるうちの
2chのトップページで使われている部分だけが開かれて展示してある
ところなんて、2chを意識してるに違いないです。

225 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/28 06:09
鳥獣人物戯画のグッズって人気ありまっせ。ミュージアムショップでは、
風呂敷、マウスパッド、ミニタオル、便箋、封筒、ブックカバー、あぶらとり
紙などなど。「こんなものまで?」って思うものまでありまっせ。もちろん
複製画もあるけど、これは高いよん。

226 :博物館に売ってる:01/11/29 22:06
歴史年表、もっと面白くならないもんでしょうか。
誰か、面白くて為になる、歴史年表製作してぇ。

227 :わたしはダリ?名無しさん?:01/11/29 23:57
よかった小松均めっちゃよかった

228 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/12 00:14
国立美術館・博物館7館が常設展で小中学生入館無料になるらしい。
美術に親しませるためにはいいかも知れないけど、うるさくなるのはかなわないな。
それに金払うのは親なんだから、あまり関係ないような気もする。その分、大人の
料金を値下げしてほしいよ。

> 国立の美術館4館と博物館3館の小中学生の入館料が、来年4月から常設展に限
>って、無料になる。学校が完全週休2日になるのに合わせた措置で、遠山敦子文部
>科学相が11日発表した。
>
> 無料になるのは、東京国立近代美術館(東京都千代田区)、国立西洋美術館(東
>京都台東区)、京都国立近代美術館(京都市)、国立国際美術館(大阪府吹田市)、
>東京国立博物館(東京都台東区)、京都国立博物館(京都市)、奈良国立博物館
>(奈良市)の7館。学校で観覧する場合は引率教員も無料にする。現在の料金は、
>全館とも小中学生70円(団体は40円)で、学校が休みの第2、4土曜日は無料
>となっている。

229 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/12 00:35
>>228
同意。
まあ、あまり書くと板違いになるかも知れないが、このような場所でのマナーを教えてから入館無料にするべきだ。
そんなことをするなら、500円もする音声ガイドを無料にしてもらいたいね。

230 :誘導:01/12/24 07:55
今旬の展覧会
http://jbbs.shitaraba.com/study/bbs/read.cgi?BBS=65&KEY=1009116820

231 :わたしはダリ?名無しさん?:01/12/30 17:44
しかし、館内でユーミンのコンサートを開いた美術館もあるらしいから、

まっ、作品さえ壊さなければ、、そういえば、東武美術館でロシアから借りた絵を破いてしまったという話もあったな、、

やはり、マナーは重要だな。

232 :わたしはダリ?名無しさん?:02/01/14 23:30
東京国立博物館の東京大学史料編纂所史料集発刊100周年記念事業
「時を超えて語るもの − 史料と美術の名宝 −」展を見てきた。

タイトルからわかるように美術というより歴史の方がメイン。地味な展覧会
なのにかなり客が入っていた。美術ファンより歴史ファンの方が多い?
歴史上の著名人の真筆など多数展示されている。デジタルミュージアム、
バーチャルミュージアムなどもまずまず楽しめる。

233 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/24 11:19
国立近代美術館リニューアル展
MOMA展より、マジすごいと思った


234 :Sandy:02/02/24 11:29
♪私と一緒にお小遣い貰いませんか♪
私はここで毎月、大好きな温泉代を稼いでいます。

http://goo.gaiax.com/home/annarisapapa

ここでお待ちしてま〜す。
Sandy

235 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/24 18:20
>233
みごたえあったねぇ。
あと、桜の季節になったら休憩スペースは飲食抜き一人花見の穴場だね。

236 :わたしはダリ?名無しさん?:02/02/28 12:41
国立近代美術館リニューアル展の込み具合はいかほど?
「休日に行ったら建物の中に入るまでにまず行列だった」とか
「平日に行ったらガラガラだった」
とか教えてくれるとありがたい。

237 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/01 14:49
出光美術館の『松林図屏風展』はどうよ?
松林図、
もともと東博のだからあんまりありがたみないけど、
まっ、いってみようかな、と思ってるんだが……

238 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/01 15:48
>>237
スゲーよ。

239 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/01 21:51
>>237
NHKが美術関係の著名人にアンケートをとったところ、ナンバーワンに
推されたそうだ。つまり日本一の古美術品のお墨付き。
漏れは一昨年の日本国宝展で見たからもういいけど。
あのときは左に宗達の風神雷神図屏風、玉堂の凍雲篩雪図、正面に松林図屏風
後ろに鳥獣人物戯画(2chのシンボル)とすごいメンツだった。


240 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/02 11:34
『松林図』、自分も実は日本国宝展で初めて見たんですが、
確かにすごかったっす。
ちなみに自分が逝った時は、左も等伯一派の『松に草花図』でしたが、
やっぱすばらしかったっス。

で、出光のは等伯の他の作品も出てるみたいだし、
行ってみようかなと……

241 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/03 00:14
>236
国立近代美術館,今日(土曜日)の昼前に行ってきた.がらがらとまでは行かないが,まず鑑賞に支障のない程度の入り.これはよかったよ.普通の展覧会の倍くらいのボリュームでたっぷり楽しめた.

242 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/03 21:31
うらわ美術館の「ソニア・ドローネー展」行ってきた。
イマイチ。版画、ドローイング、タピスリーで誤魔化しすぎ。
ついでに美術館ヘボイ。終末なのに俺しか人いなかった・・・。


243 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/03 21:40
竹橋って今何やってるんだっけ?
あと何時までやってるのか教えてください!

244 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/03 22:00
>>243
それくらい自分で調べろ。

245 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/04 14:20
国立近代美術館、よかったーよ
三遊亭円朝像にびびった

246 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/04 19:41
アンデパンダン展

247 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/09 14:19
西美のプラド美術館展、どうでした?

248 ::02/03/09 16:02
お前には教えない。

249 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/09 18:54
鎌倉のクレーを見てきた人はいませんか?


250 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/09 21:41
>>247
よかったよ。
最近現代美術ばかり見すぎてたせいで「美術っていったい何?」って、わけ分からなくなってたんだけど、
プラド展に行くと「ああこういうのが美術なんだな」って思えてほっとした。

名品が来てるわけではないんだけど、伝統的なものを感じられて私は満足。

251 :もうすぐ終了なのです:02/03/30 15:58
3月27日水曜日から31日日曜日まで
AM11:00〜PM6:00(最終日はPM5:00)
大阪府中央区千日前2丁目「スペースわなか」と言う画廊で
黒門市場から国際シネマの間のすじにあり近くにビックカメラがあります。


世界遺産の「ジェロニモス修道院」等ポルトガルスペインの寺院の絵
山岳画・音楽の絵などが
         出品される個展が開かれます。

『先週』の火水木かの朝日新聞大阪版にの絵が載っていますので
     よかったら見に来てください。
今週の読売or産経か毎日にも載っていたような・・・・
度忘れしてしまうので・・・
出先で書いているので詳しいことわかれば・・・・
書いた本人は今からしばらくしてそこに行きます
      では・・・・・・。

252 :もうすぐ終了なのです:02/03/30 16:05
sageていたらばお知らせの意味無しなので揚げるさせていただきたいので
すみませんでした

253 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/31 02:03
ROBODEX2002(パシフィコ横浜)。子供だまし。
ホンダとソニーのロボ以外見る価値無し。
1年半前からどれだけ進歩したのか?
客が減った(と思う)のもむべなるかな。


254 :わたしはダリ?名無しさん?:02/03/31 22:19
びずつかんしよう

255 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/05 04:44
東京国立近代美術館 カンディンスキー展
ムルナウの家並みのための習作(?)が好きだな

256 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/05 08:50

はげしく同意!!
あの岡の上の家を見てすごく郷愁をそそられたぞ!!

257 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/08 00:27
カンディンスキー展よかったね
コンポジション6のもつ、エネルギー、オーラに圧倒された


258 : :02/04/08 00:39
>>255

コンポジション,インプロビゼーションもいいのはもちろんだが
ムルナウや,革命政権時代の風景を描いた小品が,作品から
遠く離れたところから見た場合に,絵がぐっと立体的に迫って
きて,かつ細部がはっきり(そばに寄ったときよりも)見える感じ
なのに気づいたときにはビクーリしたよ。

259 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/16 18:11
この間までやってた上野の森美術館の現水春季展行った人いませんか?
そこの2階に展示してあった花のついた柵(?)を持った女の子の絵が今更
ながら凄く気になっています。
絵の題名と作者がわかる方がいましたら教えてもらえないでしょうか?
たしか東京の女性の方だったと思います。

260 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/16 23:43
プラド展の混み具合が知りたいです。
金曜夜がねらいめでしょうか。

261 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/17 00:52
自然の葉をグラデーションにしたり、
残雪と緑のエッジをタンポポの黄色で縁どったり、
大きな鳥の巣のような所に子供を入れたりして
写真にしている人って誰でしたっけ??
どこかで今イベントやっているのですが、名前と場所を忘れてしまい。。
知っている方いらしたら教えて下さい。

262 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/17 18:44
JAMはどうだった??

263 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/19 19:04
どっかでルオー展やるんじゃなかったけ?

264 :わたしはダリ?名無しさん?:02/04/20 00:23
>>261

アンディ・ゴールズワージーのことかな。
栃木かどっかで制作したこともあったと思うが。

265 :名無しさん:02/05/03 14:34
前にテレビで見たんですけど、画廊とか
美術館ではなくて、ユニクロのマークが
沢山飾ってあったり、色々そういうデザイン
が展示してある所があると思うんですが?
誰か知りませんか??


266 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/03 17:23
>>265
それがJAMだろ。

267 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/03 19:02
>>261

ニルス・ウドだろう。群馬の館林の美術館で展覧会やってるよ。

268 :わたしはダリ?名無しさん?:02/05/11 22:19
芸大美術館の自画像展を見てきた.自画像好きには堪えられないね.本当はシャガールを見に上野に行ったのだが,自画像展だけで満腹してしまった.

269 :わたしはダリ?名無しさん?:02/09/25 17:30
みんなでageだ

何日間トップでいられるか!!

270 :わたしはダリ?名無しさん?:02/09/26 02:44
「ウィンスロップ・コレクション展」は、
ラファエル前派好きにはたまらない。

271 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/28 16:37
あげえ

272 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/28 21:38
ワタリウムでやっていたヘンリー・ダーガーよかったよう。
日本で初めて彼の作品が見れるこの機会を逃すなー!

273 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/29 00:28
>272
水をさすようだが、「日本で初めて」ではない。
世田谷美術館や、今でいう資生堂ギャラリーで展示されたことがある。

ダーガーだけの展覧会というのは、初めてかも。

274 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/29 00:31
>273追記
ダーガーだけ、それもある程度まとまった出品数の展覧会は初めてかも。


275 :わたしはダリ?名無しさん?:02/12/29 02:50
ほんとだ。パンフレットにも「48点の大型ドローイングとその物語を紹介する
初めての本格的な回顧展」って出ていたぽ。(´・ω・`)
でも作品よかったdeath。(´∀`)

276 :山崎渉:03/01/08 22:50
(^^)

277 :山崎渉:03/01/18 11:10
(^^)

278 :山崎渉:03/03/13 14:30
(^^)

279 :山崎渉:03/04/17 09:25
(^^)

280 :わたしはダリ?名無しさん?:03/04/18 12:31
このスレ死んでるね。
国立近代美術館でやってる「青木繁と近代日本のロマンティシズム展」
すばらしかったよ。わだつみのいろこの宮には感動しまくってしまった。
でも、右側の女性の後頭部が雑に描いてあるなーと思った。

281 :山崎渉:03/04/20 03:52
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

282 :わたしはダリ?名無しさん?:03/04/22 18:37


283 :わたしはダリ?名無しさん?:03/04/23 01:24
白日会はわりと頑張っていると思う。少なくとも、絵の具の使い方は知って
いる人が多い。牧野邦夫に影響されている人が一人いた。なかなかやるね。

284 :山崎渉:03/05/28 14:41
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

285 :t-akiyama:03/06/12 13:34
携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 このPSPは、新規格UMD(ユニバーサルメディアディスク)というディスクを利用しており、そのサイズは直径6cmととても小さい(CDの半分程度)。 容量は1.8GBとなっている。
画面は4.5インチのTFT液晶で、480px x 272px(16:9)。MPEG4の再生やポリゴンも表示可能。外部端子として、USB2.0とメモリースティックコネクタが用意されているという。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

286 :山崎 渉:03/07/12 12:43

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

287 :山崎 渉:03/07/15 12:50

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

288 :なまえをいれてください:03/07/17 17:42
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

289 :わたしはダリ?名無しさん?:03/07/21 11:50
マリーローランサン展始まりましたね〜
いってみたいと思ってまつ

290 :なまえをいれてください:03/07/23 18:10
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

291 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/09 17:44
あげとこう

292 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/16 21:19
上野でレンブラントやるみたいですね。
展示予定を見る限り、前の京都のやつのほうがはるかによさそうだなぁ・・。
http://www.nhk-p.co.jp/tenran/rembrandt/sakuhin.html

293 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/18 03:57
age

294 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/25 23:15
美少年コレクション展@弥生
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/exhibition/yayoi/now.html

295 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/25 23:17
>>292
レンブラントとレンブラント派、は分かるが、後者の比重が大きすぎるのもどうかと。

296 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/25 23:37
すいませんが 銅板画家 の 加藤正 さんの個展に付いて
知っている方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
よろしくお願いいたしますm(__)m


297 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/26 00:00
>>292
レンブラント派と言ってるほうが誠実。
京都のなんてほとんど「派」だったくせに、そうキャプションしていなかった。

298 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/26 11:56
>>297
なるほど。そういうクレームがあってレンブラント派を追加したのかもね。

299 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/26 12:38
レンブラント、混んでいますか?
混んでいるでしょうね

age

300 :わたしはダリ?名無しさん?:03/09/26 20:41
NHKが主催や協賛してる展覧会は、混むんだよなあ。
朝の連ドラの前とかに宣伝スポット流すから、
普段興味持ってないおばさん連中が押しかけるんだよ。
大阪でやってる円山応挙展も、おばさんの群れがうじゃうじゃと・・・

301 :わたしはダリ?名無しさん?:04/04/15 21:09
明日、上野の国立西洋美術館に『古代ローマ彫刻・ヴァチカン美』みにいきます

302 :わたしはダリ?名無しさん?:04/04/16 01:43
4/18 日曜日に多摩センターの多摩美大美術館の
「四批評の交差」展・オープニングに行って来ます。

303 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/01 19:37
9月中旬に東京で個展が開かれるデパートしりませんか?
この時期に東京に行く予定なので情報探しています。都合上できればデパート/百貨店をお願いします。

304 :わたしはダリ?名無しさん?:04/09/19 22:08:49
毎年思うのだが、新制作展はイイ。同時にやってる一陽展も一水会展も良いですね。

正直、普通の人は具象画の方がすきなんだから、上記のような質の良い公募展を
見るのが得と思うんですが、見ない人の方がいいのかなあ。

まあ公募展でも二科展はかなりアレな絵が多くてつまらんかったですが、
・国展
・白日展
・院展
・一水会展
・新制作展
・一陽展
・二紀展
・独立展
・日展
あたりならハズレはないと思われ。

305 :304:04/09/19 22:10:37
誤:見ない人の方がいいのかなあ
正:見ない人の方が多いのかなあ

306 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/17 06:49:19
age

307 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 12:26:09
あげ

308 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/10(金) 08:06:34
日本橋三越ギャラリーの北斎と広重展のタダ券あるんですけど、
見る価値ありますかね?

309 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/10(金) 10:00:24
日本化薬の社長だった原安三郎氏の浮世絵コレクションですね。
北斎の「富嶽三十六景」、広重の「東海道五十三次」のほか、
今までほとんど公開されていない、肉筆浮世絵も展示されています。
浮世絵に興味があるのなら、見る価値は充分あります。

310 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/10(金) 10:21:26
>>304 モダンアート展はどうなの?彫刻家は結構プロがいるみたいだけれど

311 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/10(金) 21:07:43
今、名古屋ボストン美術館では…

ルノアール作品の中でも超有名な「ブージヴァルのダンス」がひとりじめできますよ
ゆったりと鑑賞できて幸せだった…

愛知万博のチケットで割引もあるので、ついでにいかが?


312 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/12(日) 21:40:17
名古屋ボストン美術館いいよね。

ほんとぉにぃいいさぁ〜。

313 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/14(火) 08:04:05
>>308
行った〜
正直状態が良いとは言いがたかった。
しかも額のガラスが汚い。
肉筆画の鰈が面白かった。

314 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/19(日) 02:47:17
世田谷のゲントはどう?
チケットもらったんだけど

315 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/19(日) 04:45:31
じゅりあんおぴー見てきたお。

316 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/19(日) 19:06:14
小山田二郎ステーションギャラリー

317 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/20(月) 03:22:01
>>316
どうでした。幻想的?

318 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/22(水) 07:58:17
>>308
こないだ行ったが、
カタログ買うと次回のタダ券貰えるんだな。
ジャン・コクトー・・・微妙だな。

319 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/23(木) 19:21:22
三越。カード会員 ただで各一回入れます。はず。

320 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/25(土) 19:03:38
>>316
行った。
久々にヒット。
油彩より水彩の方が俺は好き。

321 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/26(日) 20:34:38
小山田二郎。
存在を知らなかった。
クレー、ルオー、カンディンスキー、ノルデよりもいい。
鳥女萌え。
ぶらぼー。
来週の日曜まで。
全員行くべし。

322 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/26(日) 21:28:36
上野の西洋美術館のドレスデン。
これからやね。
あそこで200点は多いかもね。ぎしぎしかもね。
フェルメールがゆったり見られないかもね。

でもきっと行くな。うん。 ぢゃね。

323 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/26(日) 23:41:16
フィリップコレクションは? いく?

324 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/26(日) 23:48:32
東京で7月中にする旬な展示会教えてください!

325 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/26(日) 23:53:25
>324
一覧は http://www.asahi-mullion.com/mullion/museum/ ご参照。
メジャーなのは、ドレスデン・フィリップコレクション・「恐竜展」 かも。
古径もよいね。 と思います。

326 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/27(月) 00:03:37
ありがとうございます、参考にさせていただきます。
東京で展示会めぐりを存分に楽しんできます^^

327 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/27(月) 01:00:55
フィリップ行って来た。
実は初めての絵画鑑賞なのだが・・。
素人なりに何かを感じた気がする。
他にもいろいろ行ってみようと思う。

328 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/27(月) 17:39:46
フィニ展どう???

329 :わたしはダリ?名無しさん? :2005/06/29(水) 23:20:30
>>328
前知識はほぼ無く、なんとなく
ピンクの布に惹かれて観に行ってきた。
創作の幅広さと表現力の豊かさが印象的だった。
自分猫好きだからなおさら楽しかった。

330 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/14(木) 01:13:38
世田谷のゲント展良かった。
以前のゲント展にはなかった20世紀絵画もあり。

331 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/17(日) 01:25:24
小林古径展に行きました。18日まで。

332 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/18(月) 17:57:52
8月からモロー展やりますよね?渋谷で。
モローとかアングルってなんとなく苦手なんですが、
どうしようかな・・・

333 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/18(月) 19:59:09
なじぇに?別ものじゃんw

334 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/18(月) 21:53:10
>>332
アングル(1780-1867)の師はダヴィッド。コテコテの新古典ヤシw
モロー ( 1826-98)は美校の教授でマティス、ルオー、マルケなどを育てた。
象徴主義の先駆けヤシ。


335 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/18(月) 23:02:54
モローは見に行ったほうがよいですよ
ほんとほんと

336 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/19(火) 07:21:46
人の感性に文句をつける気は毛頭無いが、
苦手ならスルーしたら良いじゃん。

337 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/19(火) 20:05:44
好みは変わる。機会があれば色々見ておくべし。

338 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/19(火) 22:13:17
>>332
なんとなく苦手、なら一度ちゃんと見ておいたら?
認識改まるかもしれないし、
ヤッパリ苦手だ、とはっきりするかも知れない、
どっちも大事だよ。

339 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/21(木) 00:10:38
ドレスデンはどうすねん?

340 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/21(木) 00:30:37
ドレスデン:晩秋 or 冬向き企画のやうな。
いまひとつ ゴ〜ゴ〜 ってでかけられんのは暑いせいぢゃろかの?

341 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/23(土) 11:27:53
うちの学校の美術教師、佐藤正和先生の展覧会なんてどうでひょ?



あの先生がスゴい人だってさっき知りましたorz

342 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/25(月) 03:34:20
>>319
亀ですが、受付でカード見せれば毎回タダで入れますよ。

横山大観展の時、後でも1度見直す予定が出てしまい再入場w

昨日はコクトー展行きましたが、グッチの時計部門で当てた人のコレクションみたいですね。

数点見た事ない絵があったんで、好きな人にはいいかと。

後は熱帯林で安くないのを確認してDVDまとめて購入、最近未チェックだったから詩人の血の発売知らなかったです。



343 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/25(月) 13:31:44
三越カードってのはぶるじょわじいしか獲得できなかったりするの?

344 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/25(月) 16:45:44
>>343
それは年会費15万のブラックカードのみですかね、ゴールドカードは利用率が良ければ誰でも持てますょ。

デパートのカードも普通のクレジットカード並に簡単に作れます、ただ三越の場合そうそう入れないのは、お帳場カードと呼ばれる物かな?

ただ、ぶるじょわの人は担当者が付くので何が何でも三越を利用しなければならないリスクもオプションに入ってますぉ。



345 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/27(水) 19:53:57
やっとレオノール・フィニ展に行けた
本人が目力の強い美人だった
わりとすいててゆっくり見られました

346 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/30(土) 19:43:35
気仙沼にホルスト・ヤンセン観に行かれた方います?
東京に回ってくるのが楽しみー。

347 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/06(土) 05:54:36
今日行くとしたらばなんですか

348 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/06(土) 07:36:34
ttp://www.nittsu.co.jp/supp/2005zenhan/phillips/phillips_1.htm
森ビルでやってる

349 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/24(水) 12:13:38
22日にフィリップス展に行ってきた
夏休みも落ち着いてて人出もそれなり、見やすかったかな。
さすがに舟遊びの昼食は存在感あったなぁ…絵なんかなーんにもわかんないけど、かなりの時間眺めてた。
なんか満たされた。
個人的にはカンディンスキーの連続って絵がツボですた。

フィリップス・ダンカン(だっけ?)は好みの幅が広いんだなーとオモタよ

350 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/24(水) 20:19:52
フィリップス展、ルノワールの絵は良かったね

96 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)