5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ひよこ】なぜ鶏のひなだけ「ひよこ」?

1 :名無しひよこ:05/02/25 14:30:58
にわとりの子だけがひよこなのはなぜなんでしょう?


2 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/25 15:19:56
「ひよこ」の語源を考えよう。

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/25 16:58:10
というか、ツバメの雛もヒヨコというよ。

4 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/25 17:23:01
>>2
もしかしてオノマトペな形態素に接辞がついてる、ってこと?

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/25 17:33:33
ねこ

6 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/25 18:50:18
なぜニシンの卵だけ「数の子」?

7 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 00:29:49
なぜカマスの幼魚だけ「カマスゴ」?

8 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 00:33:40
なぜシャケの卵が「いくら」?

9 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 01:10:30
マスの卵もイクラでは?

10 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 01:14:58
キャビアだってイクラって言うだろうが!

11 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 03:07:40
ロシア語持ち出してどうする w

12 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 04:30:01
団地のベランダでひよこ飼ってたぜ、子どもの頃に。
いつしかにわとりになりやがった。

13 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 07:08:08
でも一般的には「ひよこ」っていうとニワトリ以外にはあんまり使わない気が

14 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 11:32:13
>>13
>>2


15 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 11:39:20
>>13
そもそも、鶏以外の鳥の雛に
接する機会が極端に少ないと思うが

16 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 11:49:28
淫売って>>1のことらしい

17 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/26 12:15:18
ペンギンの雛はヒヨコって言わないよな。

18 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 02:17:39
Piyo-Piyo鳴くからPiyoko→Fiyoko→Hiyoko。

19 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 14:56:26
だまれひよっこども

20 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 20:47:15
にゃーにゃー鳴くから
niako>njeko>neko

21 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 21:05:12
>>20
そうだったのかっ!

22 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 21:09:30
鼠を捕るから、とか、よく寝ているから、という説もある。

23 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 21:14:30
わんこ、うんこ、ちゃりんこも擬音語+「こ」だな。

24 :おさる:05/02/27 21:34:37
スレ違いだけどスミマセン…m(__)m
よく使われている
「DQN」と「orz」の意味を教えてください。

25 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 22:21:49
>>24 「2典」というサイトを探して見るといいよ

26 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 22:38:53
>>21
うーん、「猫」については、奈良時代の八母音で考えても、neko であり、
これは、 「ne 子」と解釈できる。子も ko であって、乙類の kO ではない。
さらにいえば、奈良時代において、i+a の連続が、e となることがしられて
いて、それを仮に適用するならば、nia + 子 が、neko となることがわかる。
もとの形は、「にあ子」だったということになろうか、、。
「ひよこ」も、「piyo 子」で、解釈できる。イヌのことも「わん子」と
いう。
ラッコが、「らっらっらっ」って鳴くって話は聞いたことがないのと、
タコが、「たたたたたた」って鳴くって話も聞いたことがないのと、
ヤモリは、「げっげっげっ」って鳴くってのも聞いたことはないな。

27 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 22:59:47
ラッコはアイヌ語だろ。

28 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 23:02:53
中国語でもネコは擬音語。

29 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/27 23:27:49
>>28
ってことで一応調べてみた。
上古音では、「もぐ」だったようだ。mOg とでも書くべきかな。
現代北京語でも、maoであって、「みやお」って感じではないな。
一応、擬態語、擬音語の可能性もあるが、「苗」自体が、なよなよ
したやわらかくよわよわしい感じを与える字で、これに、獣偏、
あるいは、狢偏をくっつけたのが「猫」

30 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/02/28 20:18:07
犬とcanisは似てるけど擬音語だから?

31 :名無し象は鼻がウナギだ!:05/03/01 00:13:30
>>30
29です。
一応、同じく調べました。「犬」kuan だから、合口だったのが、
唐代以降くらいに、介母 i が入って撮口になったようで、kiuen
北京語は、quen (ちゅおん)。擬声語とあるようで、やっぱり、
古代の中国の犬は、「くあんくあん」と鳴いたのでしょう。
英語のhound とか、ドイツ語のhund 、ラテン語の canis などから
しても、もとのインド・ヨーロッパ語では、*kan のような形です
かね。同じですね。
犬は、どうやら、10万年くらい前から人に飼われていたらしいこと
が最近判明しましたので、ベースは案外古くて、世界的にどうなんで
しょうか。結構似た名前だったりするかも。もっとも日本語の「いぬ」
ってのは、どうも、ツングース語と関係ありそうで(えん、とか、えぬ
みたいな発音)、あと、日本語の古語は、「をそ」だったとか。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)