5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【内閣】漢字と仮名の使い分け【訓令】

72 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/09(土) 11:30:02
>>68
> 漢字が語彙的意味を示すのなら、
> 文法的意味に過ぎない程度表現がどうして「漢字+助辞」になるのかね?
> 助辞が漢字の語彙的意味を消して文法的意味を付与する作用を持つのか?
程度表現には語彙的意味と文法的意味とが相乗りしていると考えればよい。
程度表現となるのは、あくまで文法的意味が付与された時点だが。

>「程度表現は文法的意味に過ぎないんだから
> 被修飾語に係る文法的接頭語と化しているのでひらがなが強制される」
そんなおかしな方向へいくわけがない。

> でも依然として副詞≠程度表現なので、
>「副詞はひらがな強制」の論拠にはならない。
状態副詞・程度副詞はどれも語彙的意味と文法的意味の相乗りであり、前者を漢字で、後者を仮名で書き分けることができない場合は、すべて仮名で書くのが筋。
副詞として成り立たせている鍵は文法的意味の方にある。

>>69
> >>52以降ずっと無理があるのは、格助詞の有無によって無理に品詞の
> 意味付けをしようとしている点。
形を基準にするのがいちばん無理がない。

> 日本語に限らず、格助詞を持つ言語では、
> 形容詞や形容動詞が副詞になる過程で、修飾位置や他の副助詞に
> よって奪格することは珍しいことでもなんでもない。
助辞が消えていれば間違いなく副詞とわかるが、助辞が残っていると、副詞と見るべきかどうか、難しい場合も多い。

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)