5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【内閣】漢字と仮名の使い分け【訓令】

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/03(日) 03:15:27
言語板の方が有識者が多いと思ったので立ててみました。

関連スレ
漢字はどこまでひらくべきか。
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1083262984/l50

78 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/09(土) 20:31:24
誰かスレ番で論旨を整理して

79 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 05:30:19
ひっきょう解決は難しいってことで。

80 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 08:26:15

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4474070992/ref=pd_bxgy_text_1/250-3278657-3359433

国語表記の目安となる内閣告示、通知・通達等に基づいて編集。
見出し語には、現代表記に必要な約2万7千語を収録。
常用漢字1,945字すべてに音訓と用例を示し、教育漢字には配当学年を明記。
「現代仮名遣い」に基づく最新表記辞典。

81 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 16:15:38
私は言語学には明るくありませんが、漢字を使うとかえって読みづらくなる
ある程度の区分けが万人の共通感覚としてあると思います。

副詞については、例外もあるでしょうが、訓読みは仮名、音読みは漢字で
よいと思うんですが。
「良く」とか、「頻繁に」という意味でも使いますし、口語では「あきれる」意味の
述語にかかって使われますよね。
小説とか読んでいて、そのようなときに漢字を使われてると、そこが気になって
ストーリーが頭に入ってこなくなったり。私だけかもしれないですけど。。

訓読みの副詞って「当て字」が大半だと思うんですけど、違うんでしょうか?

82 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 16:33:01
ピカチュウ

83 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 16:36:31
万人の共通感覚というのがないから、ここで議論しているのではなかろうか。

84 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 17:00:21
「当て字(宛て字)」の定義っつーのがまた。
あらゆる訓読みは宛て字とも言える。

85 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 21:54:09
ちょっとを「鳥渡」と書くのが宛て字、
「一寸」と書くのは宛て字じゃないとか。

86 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 22:36:38
>>74>>76
>漢字には文法的意味を担わせないという原則
要するにおまえの主張の核心はここだな。「  担  わ  せ  な  い  」。

これは「漢字仮名混じり文」ではなく「*仮名漢字混じり文」の主張だよ。
「語彙的意味は漢字が、文法的意味は仮名文字が(主として)担う」と
「漢字に文法的意味を担わせることを『  絶  対  に  禁  止  す  る  !  !  』」
との間には越えられない壁が1兆枚ある。全然違うんだよ。
日本語の公式な表記法は「漢字仮名混じり文」。漢字に仮名文字を混ぜた文だ。
「*仮名漢字混じり文」、つまり仮名文字に漢字を混ぜた文ではない。
これは歴史的経緯からも明らかなことだ。
日本語の表記は漢字で表記するというのが大前提。
ところが日本語は後置詞型の膠着語であるのに対し、
漢字を生んだ古代中国語(漢文)は前置詞構造の徹底的な孤立語だから、
日本語の膠着的文法成分を漢字で表すのは非常に難しい。
「迄(まで)」「等(など)」あたりしか上手に表せないのだ。
そこで、漢字で表しきれない、用言の活用語尾や助詞助動詞などを
表音文字である仮名文字で補助的に表したのが「漢字仮名混じり文」だ。
主客を転倒させてはいけない。
平安時代に「基本的には仮名文字だけ」という表記法(女流文学など)が生じているが
現在の日本語表記法の「漢字仮名混じり文」はこの子孫ではなく
変体漢文や和漢混交文の流れを汲む明治近代文語文の表記法(漢字カタカナ混じり文)にある。

87 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 23:31:04
>>86
日本語の中で漢語を使ううちに新たに発生し付加された文法的意味を、漢字に担わせる必然性がない。
「大変」はシナ語においては名詞なので、日本語で副詞として使うときは「たいへん」と書く。
「本来」「全然」などはシナ語で既に副詞なので、日本語においても文法的意味を担わせて漢字で書くことを禁止するつもりはないが、
そんなややこしいこと知らないよという人が「ほんらい」「ぜんぜん」と書くことを妨げるつもりもない。以上。

88 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/10(日) 23:42:56
なんか核心に入ってきたヨカーン

89 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/11(月) 00:03:18
>>87
どこまでも「*仮名漢字混じり文」の本末転倒から抜け出せてないな。w
漢字の殆どは古代中国人が作ったものだが、
だからと言って漢字は中国語だけのものではない。
日本語は漢字という文字を採用しているのであって
中国語文法に拘束される筋合いはない。
だが、漢字の表意性の守備範囲には限界があるわけで、
例えば漢字の中に「対格を示す文字」や「自動詞と他動詞を書き分ける文字」
を探してもどうしても見つからない。
しかも日本語の用言は屈折的活用をする。
こう言った点を補うために仮名文字を活用して「漢字仮名混じり文」が成立しているんだよ。
この結果、原則として後置詞型の膠着語である日本語においては、
例えば変体漢文のような昔の正書法より
文構造が明確に表されるという利点が生じたと言うことだ。

90 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/11(月) 00:25:58
>>87
「担わせない」という「絶対禁止!」の看板は下ろしたんだね?

俺は日本語の副詞は「例外の掃き溜め」だと主張しているので、
このような例外要素の表記に硬い規範を築くのはお門違いだと思っている。
漢字でもひらがなでも基本的には好きな表記法で書けばよい。
自立語として直前の文構造の切れ目と意味の視認性を重視するなら漢字使用すべきだし
(原則としては俺は上記の立場だが)
直後の切れ目が分かりにくくなるなら平仮名使用というのも考えられるだろう。
時と場合により自由に使い分ければ良い。

>>26に始まる「副詞はひらがな強制」から議論が始まっているわけだから、
ひらがな強制派が「絶対禁止」の看板を下ろしたならここで論争は終了だろうな。

91 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/11(月) 01:12:15
>>11
>漢字と仮名の使い分けって、出版社ごとに基準をもってるんじゃ
>ないの?

NHK、毎日、朝日それぞれに基準を持ってて、DTPに組み込んでるよ。
用字用語辞典も出版されてる。

>>81
その万人の共通感覚という線引きが難しいから、このスレに「程度表現」
「程度副詞」が何度も現れてるんだよ。結局、この手の議論で落ち着くところは、
現代仮名遣いを文法的に容認した人が、「程度副詞」に対する例外をどう扱うか
になるからね。

>>34
>戦後すぐに作られた現代かなづかいの諸原則には
>当時優勢だった漢字全廃論者の意見が入っているから、
>本来の漢字かな混じり文の一般的・合理的原則とは外れているものも多い。

その通り。これが諸悪の根源。
違和感なんてのは、所詮記憶の産物だから、国⇒新聞・雑誌で洗脳されたようなもん。

まあ、初等教育を受けた者なら誰でも読めることがスローガンだったわけだから、
本来の目的は達しているわな。しかも戦後から今日まで常に有識者によって吟味され、
洗練されてきたという点では賞賛に値する。

でも伝達の手段としての規範を文芸に強いるのはどうかなと思うわけで。

92 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/11(月) 20:45:21
>その万人の共通感覚という線引きが難しいから、

そんなに難しいでしょうか?あまりにも言語学に深入りして、難しく考えすぎのような
気もします。

最近、問題な日本語っていう本を立ち読み(^^;Aスイマセンして、納得することが
多かったです。個人の主観も学問的な裏づけもあると思いますけど、
第三者に対して文書で伝えるならば、良くも悪くも何らかの基準は必要ですよね。

洗脳されていると言われればそれまでだけど、形式名詞や補助動詞を
仮名書きにすることは、ストレスなく読む上ですごく理にかなっていると思います。

博学な人の多いなかで、駄文すいませんm(__)m

93 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/11(月) 22:09:16
>>92
補助動詞など、文法的にも「助動詞化一歩手前」の文法的性質を持つもので、
副詞などよりずっと「かな書きにすべき」と言う強い根拠を持っているものだが、
それなのに
「持ってはいる」は「持って入る」なのか「持っては居る」なのか
表記の上だけでは全く区別が付かず、非常に「読む上でストレスが溜まる」。
かと言って常に「持っては、いる」と読点で分断して表記するのも
文意のニュアンスの上から大問題だろう。

もはやどの表記を採用しても一長一短で
「ストレスが溜まる/溜まらない」という基準に至っては
実に曖昧で主観的で使用に耐えない。
この辺は原則的には「自由放任」が一番だろう。
補助動詞でさえこうなのだ。
補助動詞とは比べ物にならないほど文法的根拠が薄く、
かつ意見が全く纏まらない副詞に至っては
「ひらがな『強制』」など愚の骨頂だよ。全面放任でよい。

94 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/12(火) 00:29:26
>>93
> この辺は原則的には「自由放任」が一番だろう。
自由放任では去就に迷い、かえってストレスがたまるから、こんなスレが立っているのだ。

>>86
> 日本語の表記は漢字で表記するというのが大前提。
>>89
> 日本語は漢字という文字を採用しているのであって
> 中国語文法に拘束される筋合いはない。
漢字の本来の意味は古典シナ語における意味 (文法的意味を含む) であるが、それは日本語を表記するばあい、無視してよい。
しかし、日本語を表記するばあい、漢字で書ける語は可能なかぎり漢字で書き、どうしても書けない語だけを仮名で書くというのが、原則である。
――いかにも滅茶苦茶だよね。

日本語の表記において、漢字は語彙的意味だけを担うとする原則を立てる。
副詞の「大変」は文法的意味を含んでいるので、「たいへん」と仮名に開く。
(「混んでいる」に倣って「大変ん」などとやるのも珍妙だし)
しかしながら、漢字の本来の意味は古典シナ語における意味であり、最後の拠り所はそこ以外にない。
「本来」「全然」を、日本語表記の原則に従って「ほんらい」「ぜんぜん」と書いてもよいが、
古典シナ語で既に副詞としての文法的意味を担っていた以上、漢字で書くことも不可とはされない。
――やっぱりこのあたりが現実的だよね。

95 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/12(火) 01:00:02
>>94
>自由放任では去就に迷い、かえってストレスがたまる
かといって「規則」を立てれば『もっと強いストレスが溜まる』場合だってあるだろ。
このスレを見る限りこの意見のヤシのほうが多いと思うが。

>――いかにも滅茶苦茶だよね。
滅茶苦茶ではない。日本語は漢字を導入しただけで中国語文法を導入したわけではない。
だから本来は全ての意味において勝手に漢字を使用して構わないわけだが、
漢字は表意文字である以上、余りにも無茶苦茶な転義は出来ないので
どうしても漢字で表せない日本語表現が生じる。
繰り返すが、対格を表す助詞や、自動詞・他動詞を表す動詞の屈折的活用などが典型だ。
この部分を仕方無いので表音文字を借りて表現したのが「漢字仮名混じり文」なんだよ。
だから本来は「の」は「之」、「まで」は「迄」、などと書いても構わないわけだ。
だが、「の」だけ「之」と書き、「が」「に」「を」などを仮名文字で書くのはいかにも不統一なので
旧来の用語である「てにをは」は仮名書きすることにした。
こうすることによって、日本語の後置詞を重ねる膠着語構造が明示されることとなった。

こういうことなんだよ。
>日本語の表記において、漢字は語彙的意味だけを担うとする原則を立てる。
そりゃおまえ一人が新しく「立てた」原則だ。おまえはその「MY脳内原則」で日本語を書けばよい。
御自由にどうぞ。

だが一つ忠告するが
副詞と言う語彙的成分をもつ品詞を全部「ひらがな書き強制」するのなら、
それは繰り返すが最早「仮名漢字混じり文」だ。
これは漢字全廃前の朝鮮語の正書法と原理的には全く同じ。従って「分かち書き」が必須となる。

96 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/12(火) 02:28:14
>>95
> かといって「規則」を立てれば『もっと強いストレスが溜まる』場合だってあるだろ。
文章を書き慣れた人なら、たぶんマイ規則を立ててそれに従ってると思うよ。

> 漢字は表意文字である以上、余りにも無茶苦茶な転義は出来ないので
「表意」の「意」、「転義」するまえの原「義」とは、古典シナ語における意味だ。

> どうしても漢字で表せない日本語表現が生じる。
> 繰り返すが、対格を表す助詞や、自動詞・他動詞を表す動詞の屈折的活用などが典型だ。
つまり、文法的意味だ。

> だから本来は「の」は「之」、「まで」は「迄」、などと書いても構わないわけだ。
「本来は全ての意味において勝手に漢字を使用して構わない」のなら、どうして古典シナ語で似た意味をもっていた漢字を探すの?

> そりゃおまえ一人が新しく「立てた」原則だ。
成文化されてないだけで、新聞などではだいたいこのように書かれている。

> 副詞と言う語彙的成分をもつ品詞を全部「ひらがな書き強制」するのなら、
> それは繰り返すが最早「仮名漢字混じり文」だ。
> 従って「分かち書き」が必須となる。
漢字は日本語の文字として好き勝手に使っていいというのに、日本語文法の特性に従って仮名に開くことは許さないとする理由がわからない。
名詞、動詞語幹、形容詞語幹が漢字で書かれていれば分かち書きは必要ない。

97 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/12(火) 07:12:34
このスレで感じたことは、言語学に詳しい人は、現代かな遣いにあまり賛成できないって
ことですね。それとも、漢字主義者のほうが書き込みの意思が強いのでしょうか?

>副詞と言う語彙的成分をもつ品詞を全部「ひらがな書き強制」するのなら、
そんな乱暴なことを主張しているのではなくて、元になる形容詞と意味が違うときは
漢字で書くと違和感があると思っています。

>「持ってはいる」は「持って入る」なのか「持っては居る」なのか
>表記の上だけでは全く区別が付かず、非常に「読む上でストレスが溜まる」。
例としては、ちょっと強引な気が。私も例を挙げるのは簡単にはできないですけど、
「持って」「入る」なら「持って入る」だし、「持ってはいるけど使っていない」で
文脈上問題なく使えると思います。

> 述部に漢字が続き視認性が問題となるときは、他の仮名の副詞で代替することが多い。
全部じゃないけど、無意識にやってるような気がする。
「大変」とか、副詞で使うのって口語的なニュアンス?が強くて、副詞で使うのを避けてる
ような気がします。「非常に」のほうがしっくりくるし。

>漢籍に通じた明治の文豪と、時の政府の性急な規範作りが同調して
>いないことによる不幸だと思うが。
私も近代文や明治時代の文章?を読んでるときは全然違和感ないんですよ。
でも、一般的な近代文では、あえていえばマイ規則に従っているのかな。




98 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/12(火) 07:17:06
>でも、一般的な近代文では、あえていえばマイ規則に従っているのかな。
でも、一般的な現代文では、あえていえばマイ規則に従っているのかな。
間違えました。

99 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/13(水) 01:47:56
謹啓 貴家益々御盛栄の段御慶び申し上げます
扨てこの度亡父秀次郎儀告別式に際しましては御多忙中にも拘わりま
せず態々御光来御焼香下され且つ御鄭重なる御芳志を賜わり誠に有難
く厚く御礼申し上げます
当日は何分取込中の事とて不行届の点多く御迷惑を御掛け致しました
が何卒悪しからず御諒恕下さい

100 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/13(水) 07:04:39
>>99
手書きだとリズムもあるはずだが、活字にすると視認性が低い。
それでも、「益々」「態々」の「々」は文節頭に来ない、「御」は必ず文節頭に来るといった、切れ目を示す仕掛けはある。
また、「扨て」「且つ」は擬似的送り仮名で、漢字から文法的意味を外している。

101 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/29(金) 01:42:35
あげ

102 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/29(金) 01:47:41
相撲を取るの「取」は、漢語本来の意味からは出てこないが
取組とか取的とか熟語(訓読みだが)になっちゃってるよな。

103 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/04/29(金) 02:13:59
>>97
言わんとすることはよく分かる。
というか、俺も編集者の見習いやってたんで。(2年で辞めたがw)

こむずかしい話は抜きに、ある程度の使い分けは間違いなくある。
きちんと使い分けできているかどうかが、文筆家の試金石にも
なってるし。
ベテラン作家じゃなければ、編集者が専用のパソコンソフトで
ちょちょいと校正してるよ。ゆれなんかは瞬殺。

要は、使い分けに興味がない人の文章が腹立たしいわけでしょ?

ただ、そんな人が駄文を乱発しても、ちゃんと使い分けてる人が
影響を受けることはないと思うよ。

悪影響を与えているのは、ワープロというか漢字かな変換と
テレビのスーパーだね。
テレビは限られたスペースとインパクトの問題もあるんだけど。
ブログなんか読むに耐えないよなw

このスレはレベル高いね。ちょっとしたペーパーならすぐ書ける人も
いるみたいだし。





104 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/05/03(火) 15:38:16
あげ

105 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/05/03(火) 15:43:15
どこまでもひらくべき

106 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/05/19(木) 00:19:01
保守

107 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/05/19(木) 00:43:26
論文の題名
昔は「に於ける」「を巡る」「に就いて」

108 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/05/19(木) 00:53:05
>>107
全部受け付けない。三流私大理系が書きそうw

109 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/05/19(木) 08:38:31
そういう考えが三流私大

110 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/05/25(水) 20:30:24
age

111 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/06/03(金) 00:07:40
age

112 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/06/03(金) 01:56:44
ぎゃくに平仮名で書いてあって目障りなのは何よ。


113 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/06/10(金) 18:52:16
あげ

114 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/06/10(金) 20:40:15
いちおう
けっきょく
じゅうぶん
とつぜん

115 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/06/24(金) 01:12:38
age

116 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/22(金) 23:20:08
ほっしゅ

117 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/05(金) 21:49:58
「ない」を「無い」というふうに表現しているのが
ネット上やコンピュータ上では結構多いけど
個人的にはなんとなく違和感あるんだよなぁ。
ネットとかコンピューターとかあまり使っていなかったころって
あまり「ない」を「無い」なんて書いたりしてた人っていなかったと思う。
パソコン普及で漢字変換癖がついてこういう表現が多くなった。
まあべつに使っている人も意識して「無い」にしている人はあまり多くないと思うけどね。
(「ない」と「無い」が混ざっている文がかなり散見される。)
「なし」を「無し」とか書かれると、「むし(無視)」みたいな感じでおかしく思ったりする。
「名無し」とかは逆に「名なし」だと違和感あるんだけどね。

118 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/05(金) 22:02:41
>>117
「ない」は「ゼロ」や「否定」を表す表現で、
それで文意が完全に逆転することも多いから
読み落としてもらっては絶対に困る単語なんだよ。
昔の漢文調の文章で、ほとんど日本語に書き下されていても
否定だけは「不許(ゆるさず)」などのように書かれたのと同じこと。

特に2chのような瞬時に読まれてレスが返されるような
ネット環境の場合、この手の表現を読み落とされると
とんでもない誤解をされたままスレッドが進んだりしかねない。
だから、表意性と視認性が高い漢字使用がさらに広まってきたのだろう。
ネット社会の進展で、一種の古いタイプの表現が広まるというのも
面白いことだ。戦後の「ひらがな化」への反逆かもしれないね。

補助形容詞の「ない」の漢字使用は確実に増えてきた。
今の正書法では誤用とされるが、
助動詞の「ない」も漢字で書かれるようになるかもしれない。



119 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/06(土) 15:34:21
文筆業を生業としていない限り、意識して使い分けることもないだろうが、
日頃から活字に親しんでいるかどうかのバロメーターにはなると思うよ。

「補助動詞、形式名詞には原則ひらがなで。」には、賛否両論あるけど、
「出来る」、「無い」は、「生成される」、「存在しない」など、何かしらもっと
適切な表現があるはずなので、書籍にはあまり登場しないでしょ?

使い分けができない人を批判すると、偏屈な漢字論者が全然違うベクトルで
反論してきてスレがループ、そして消滅を何年も前から繰り返している
ような感じがする。

小物コラムニストとしては、みんなが意識しだして文章のレベルが上がり、
それにともない単価が下がるのがガクブルなので、ROMってたんだけどw

120 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/06(土) 16:03:12
なんで,「出来る」よりも「生成される」の方が適切な表現なのか.

121 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/07(日) 10:29:38
ワープロ等で文章を作る場合、「変換」すれば勝手に漢字が出てきてくれるシステムを用いているわけで、
漢字を使わなくていい部分まで漢字にしてしまう傾向が強まるのだろう。

手書きの場合に、いちいち漢字を使うかどうか(単に面倒くさいとかいうレベルで)


122 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/07(日) 17:16:47
>>121

さんざん既出のIME原因説ね。

でも、「五月蝿い」とか「酷い」の第一候補は初期設定で
平仮名なんだけどな。

俺は、「DQN同士で伝染してる」に一票。

123 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/07(日) 17:26:06
>>120

そもそも、「できる」を漢字で書く場合は、ものが出来上がるという場面。

例えば、化学では、「○○水に△△を加えると××が出来る」という
言い方はしなくて、場合に応じて、生成されるとか沈殿するとか、
他に適切な言葉があるってことだろ?

124 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/09(火) 04:27:15
「香具師」なんかは完全にそうだね>>122


125 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/27(土) 02:26:11
良スレage

126 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/27(土) 04:11:49
>>124
「五月蝿い」や「酷い」と「香具師」の間には越えられない壁があるぞ。
なんか勘違いしてない?

127 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/27(土) 06:54:40
>>120
ことばのカバーする範囲が広すぎるから。どんな風にできたの
か、ニュアンスも何も伝わらないから。

補助助動詞にも同じことばがあるから。

和語だから。

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)