5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【すごい】 どちらも元は否定的なのに 【やばい】

1 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/14(木) 12:10:24
語る

2 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/14(木) 12:23:36
こういう語は強調のニュアンスだけが意識されて悪い意味が脱落しやすい。

3 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/14(木) 17:59:22
ヤバい程美味い(ヤバウマ)
のように副詞化して程度を表すのはまだ許せる。
個人的にはね。

4 :星崎未来:2005/07/15(金) 12:16:01
ヤバイ ヤバイ ヤバイ ヤバイ ヤバイ ヤバイ

5 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/15(金) 12:58:10
terribleやfuckin' goodなんてのもそうだね

6 :テンプレ:2005/07/15(金) 14:03:15
ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
宇宙ヤバイ。
まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。
広いとかっても
「東京ドーム20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何?fとかを超越してる。無限だし超広い。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通は地球とか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと−272℃。ヤバイ。寒すぎ。バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、
宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

7 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/18(月) 01:33:52
肯定的意味あいの強調の「やばい」はいつ頃から?

8 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/18(月) 22:03:08
平成4年4月3日から。

9 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/18(月) 22:32:16
ずいぶん正確だな

10 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/23(土) 00:59:05
【今の若者言葉】
「奴を見ろ、やべぇぞ。」→「あいつをみろ、カッコイイぞ」
「あいつのファッション、やばすぎ」→「あいつのファッション、いいセンスしてるな」
「やばい、遅刻だ」→「大丈夫、まだ遅刻じゃない」
「ああ、数学のテスト、1問しかあってなかったよ、やばいな」→「数学のテスト出来なかったけど、まあいいか。」

11 :名無し象は鼻がウナギだ! :2005/07/23(土) 01:53:40
重いvs重たい
ヤバイvsヤバタイ

播州地方に「ヤバタイ」が方言として残っているんですが
大昔は「ヤバシ」「ヤバタシ」だったんですか?

12 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/24(日) 11:32:49
【今の若者言葉】
「あいつ狂ってる、やばいぞ」→「あいつ狂ってるけど、良いな」
「やばすぞ、やばすぞ、やばいぞ」→「いいぞ、いいぞ、最高だ!!」

13 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/07/24(日) 11:59:14
全然は肯定→否定→肯定と時代が移るにつれて用法が変わってますな。

14 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/11(木) 11:45:46
>>13
「肯定」の中身(意味)が違うよ

15 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/11(木) 12:20:51
この悪い意味→良い意味現象は、世界の言語で見られる普遍的な現象ですよ。
歴史言語学ではMeliorationもしくはAmeliorationという名前がついていて、
すでに盛んに論じられています。
英語では、bad ass '悪いケツ' shit'クソ' などが強調された
誉め言葉として使われます。一見こき下ろしているように見えるけれども。
例: It was totally a bad ass movie! (訳すと『あの映画マジ激ヤバ』か?)
例:That band is fucking awesome shit! (訳せないがとにかく誉め言葉)

それから「すばらしい、すごい」の意味でよく使われるawesomeも
もとは「怖い」という意味の言葉から派生した。日本語の「すごい」と
同じ。

16 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/11(木) 12:25:25
>>15
その用語は日本語で何というかキボンヌ。
なんで中途半端にAmeliorationと英語になるんだ?

17 :15:2005/08/14(日) 13:35:33
>>16
あまり文献知らないんだが、今のところ英語の文献でしか見たことない。
メリオレーションのもとの意味は「改良」なんだけど。
この用語は他にも、ある言葉がより社会的ステータスの高いものを指す
現象、という意味もある。例えばqueenという言葉は、もとはただ「女性」
という意味の言葉だったのに、「女王」の意味になったとか。
ちなみにmeliorationの逆はpejoration。「夫人」の意味だったmistressが
「愛人」の意味になることなど。

18 :名無し象は鼻がウナギだ!:2005/08/15(月) 15:12:09
未来のことは知らないが、今いい大人が「チョーヤバイ」などと口走ったら、
本来の意味でやばい。

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)