5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『***語四週間』を使ってる人

1 :nanasi:2001/07/26(木) 09:36
立花隆は このシリーズを使って タイトル通り4週間で いろいろな言語をマスターしたそうです。
(ここでマスターと言っているのは文法書と辞書みながら原著が読めるレベルらしいです)
そこで実際にこのシリーズを使っている方に この参考書のことを聞いてみたいと思って
このスレッドを立てました。

他の参考書と違う点や特徴、使ってみての感想などを 書き込んでください。

266 :これまでのまとめ(あいうえお順):04/08/15 22:50
『イタリア語四週間』
 長文が入ってて良い。内容が古い。
『ウルドゥー語四週間』
 基礎ウルドゥー語よりページが少ない。現物を見た事がない。
『英語四週間』
 あまり売ってない。
『エスペラント語四週間』
 例文が前世紀の遺物。著者は赤。
『オランダ語四週間』
 英語の知識があれば20日で終わる。内容が古い。
『広東語四週間』
 名著だが四週間でマスターするのは難しい。例文が少ない。
 日本で出ている広東語の本としてはベスト。
 これをこなせば、日常会話はばっちり。
『ギリシヤ語四週間(古典語)』
 2週間で仕上げたらノイローゼになって発狂しそうになる。後に残らない。
 岩波の『ギリシア語入門』よりはるかに使いやすい。古典例文が多く実に良い本。
 古くても使える。
『ゲール語四週間』
 わかりづらい。そこらへんの英語の教科書みたいな書き方はしていない。

267 :これまでのまとめ(あいうえお順):04/08/15 22:51
『スウェーデン語四週間』
 独習するにはきつい。読む練習が多い。
『スペイン語四週間』
 内容は昭和8年からほとんど変わっていない。
 著者はある時からスペイン語に対する関心を失い、東京外国語学校の教授を退いてからは、 
 霊界や魔界に興味が移り、大本教の神主になり100才まで長生きする。
 1933年(昭和8年)時点のスペイン語表現を学ぶ上で研究者に重宝されている。
『中国語四週間』
 余程の暇人で他の事を考えない人以外は、四週間でマスターするのは難しい。
 改訂版が最近出たが、まあまあいい。
『朝鮮語四週間』
 使えない。
 明朝体の漢字っぽいハングルが読みづらい。
 覚える事項が多いが、これを覚えたら多少使えそう。
 アクチュアルな例文が満載。
 問題の量が適切で良い。
『ドイツ語四週間』
 最初からこれは難しい。文体が古い。文法と基本語彙を身につけるには悪くない。なかなか使いやすい。
『トルコ語四週間』
 昭和20年代後半に広告目撃例あるも、未だ出版されず。
『ノルウェー語四週間』
 20日くらいで終わる。
 四週間分終わった後の読み物の量が半端じゃなく多く、六週間分くらいある。高い。

268 :これまでのまとめ(あいうえお順):04/08/15 22:51
『ビルマ語四週間』
 きつい。発音記号無しなので、読むだけで時間がかかる。
 例文がおかしい(詳細は>>221)
『フィンランド語四週間』
 訳読の文章が素朴。洋書に比べてあまり訳には立たないか??
 文法事項にバッチリ合った例文で文法が覚えやすい。
『フランス語四週間』
 文法と基本語彙を身につけるには悪くない。
『ペルシャ語四週間』
 かなり踏み込んでいる。絶対に四週間では終わらない。
『ポルトガル語四週間』
 内容が古い。
『マライ語四週間』
 全体的に言葉が古いのが難点。
『モンゴル語四週間』
 萎える程正誤表に書かれた誤りが多い。
 使いづらい。とびぬけてひどい(詳細は>>154)
『ラテン語四週間』
 文法の説明がくどく、例文があまり無い。構成が使いにくい。
 英語で書かれた教科書の方が100倍良い。
『ロシヤ語四週間』
 難しい(藁
 内容が濃い。

94 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)