5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■瀬島龍三とは何者か!■■■

1 :日本@名無史さん:03/03/30 17:07
元大本営参謀で元伊藤忠商事会長。
大本営参謀・シベリア抑留・伊藤忠の企業参謀・行革の政治参謀と
激動の昭和史を生きた人物。
91歳!


本屋で「瀬島龍三 日本の証言」という新刊があったので立ち読みしたが、
内容がとても浅かった・・・。

実際彼はどれくらい昭和という時代に影響を与えたのでしょうか。

2 :日本@名無史さん:03/03/30 17:14

│あ、どうもスイマセン、>>1がお騒がせしました・・・
└───v───────────────
     /⌒\ っ   /\
    /'⌒'ヽ \ っ/\  |
    (●.●) )/   |: | すぐ連れて逝きますんで・・・
     >冊/  ./     |: /
   /⌒   ミミ \   〆
   /   / |::|λ|    |
   |√7ミ   |::|  ト、   |
   |:/    V_ハ   |
  /| i         | ∧|∧
   и .i      N /⌒ ヽ) >>1
    λヘ、| i .NV  |   | |
      V\W   ( 、 ∪
              || |
              ∪∪


3 :日本@名無史さん:03/03/30 17:19
瀬島氏に関しては、色んな方が評釈されていますが、
日本共産党が公式に批判したのを見聞きしたことが
ありません。
瀬島氏が臨時教育審議会の委員に任命されたとき、
共産党系の学者(たとえば、田沼教授)は、NHKの
討論会などで、同じく臨教審委員に任命された香山健一
教授を批判してましたが、瀬島氏に関しては、一言も触れ
ませんでした。
多分、共産党は、瀬島氏に弱みを握られいるのではないかと
思うのですが、・・・・・・

4 :日本@名無史さん:03/03/30 17:27
死ぬ前までに真実を語れ!
何万という将兵を敵に売り飛ばした
シベリア抑留に関するソ連との交渉を…

5 :日本@名無史さん:03/03/30 17:28
終戦直前に、奥の院から関東軍にいったのは何故かな

6 :日本@名無史さん:03/03/30 17:31
瀬島龍三に関する本、何冊か出てるみたいだけど、
それがおすすめですか?

7 :日本@名無史さん:03/03/30 19:30
不毛地帯

8 :日本@名無史さん:03/03/30 19:44
俺>1の本読んで感動したんだけど、
バカ認定開始ですかね?

もうすぐ4月なのでよろしくお願いいたします。

9 :日本@名無史さん:03/03/30 19:48
天保銭の佐官以上で生き残ってる人って
瀬島氏以外にいる?

10 :1:03/03/30 20:05
>>7
不毛地帯読んだ。
壱岐正のモデルが瀬島龍三だって知って興味持った。
けど、やっぱり美化されてるらしいね。


11 :日本@名無史さん:03/03/30 20:09
>9
三笠宮崇仁親王殿下。

12 :日本@名無史さん:03/03/30 20:13
>9
瀬島氏の時代ではいわゆる天保銭(陸大卒業徽章)
は廃止されていたんじゃないかな。


13 :日本@名無史さん:03/03/30 20:16
>>12
うん。そうだね。
ようするに陸大出てある程度枢機に触れてた人で存命の人。


14 :日本@名無史さん:03/03/30 20:17
↑ 2.26事件の後、廃止されたはず。

15 :日本@名無史さん:03/03/30 20:24
不毛地帯は読んでないけど、山崎豊子と瀬島って何か後日談なかったっけ?
だまされてたとかなんとか。俺の記憶違いかな?

16 :(* ̄3 ̄)y─┛ ◆fRIhcbml0I :03/03/30 20:25
http://kotubunet.hp.infoseek.co.jp/king.htm

17 :日本@名無史さん:03/03/30 20:37
 >8さん
 シベリア抑留は関東軍が降伏したときスターリンの機嫌をとるため
関東軍司令部が自ら申しいれたという説もある。
 彼は東京裁判の時、ロシア側証人として証言している。(この時三人
の将軍がつれてこられたが、内一人は東京で自決している。)
 この辺はかの本ではどう書かれているのかな?

 



18 :日本@名無史さん:03/03/30 20:40
草場中将の自決を、松村知勝少将は、鉄道司令官でありながら、
在満邦人を助けられなかったことに対する反省じゃないかと書いてるが・・・・

19 :日本@名無史さん:03/03/30 20:52
>13
軍人じゃないけどあるスレッドからのコピペ

>加瀬俊一(1904〜)
>戦時の外務省情報部長にして国連初代日本代表
>第二次大戦の政治指導者(日、米、独、ソ、伊)のほとんど全てと面会してる生証人
>1930年代から戦争終結まで国家の中枢にいて、経過を語れる
>最後の日本人だろうね


20 :日本@名無史さん:03/03/30 21:02
>>19
駐独大使で、ヒトラー台頭のドイツを目の当たりにして、
「ワイマールの落日」を書いた人かな?

21 :日本@名無史さん:03/03/30 21:08
瀬島氏は、どこの大学の学長を務めておられるのですか?

22 :9:03/03/30 21:08
ミズーリ号にいったメンバーだよね。加瀬さん。

23 :日本@名無史さん:03/03/30 21:19
関東軍の文書には、
「極力貴軍の経営に協力致したく」とソ連軍に申し出たとある。

1945年8月20日、ワシレフスキーは、モスクワに、
「関東軍参謀長秦中将は私ワシレフスキー元帥に対して、満州にいる
日本軍と日本人ができるだけ早くソ連軍の保護下に置かれるよう、
ソ連軍の満州全域の占領を急ぐよう要請し、同時に、現地の秩序を保ち
企業や財産を守るため、ソ連到着まで武装解除を延期されたいと陳情
した。」

全抑協は、日ソ秘密協定説の根拠として、
近衛が作成した「対ソ和平交渉に関する要綱、一九四五年」の
「(三)陸海空軍々備、ロ、海外にある軍隊は現地に於て復員し内地
に帰還せしむることに努むるも止むを得ざれば当分その若干を現地に
残留せしむることに同意す。」と
「(四)賠償及び其の他、イ、賠償として一部の労力を提供すること
には同意す。」を挙げ、彼等は上記の「日ソ停戦協定」中の省略されて
いる第七条が、日ソ秘密協定にあたるのではないかと推測している…。

だが全抑協の切なる願いも虚しく、瀬島龍三は、シベリア抑留問題を含
め大東亜戦争の真実を語ろうとはせず、一九九〇年十二月には、ソ連側
要人と密会し、「すでに戦後四十五年を経ている。大半の日本人捕虜は
傷も癒えた。いまさら資料公開で波風をたてないでほしい。」と申し入
れたのである…。






24 :日本@名無史さん:03/03/30 21:48
 数年前、NHKスペシャルで関東軍とロシア軍との交渉の経過を放送して
いたことがあるが、ロシア側には日本側(秦はじめ高級軍人たち)の卑屈さが印象深いらしい。
 今、ソビエト時代の公文書が次々と公開されているらしいので数年もすると、驚くべき事実が
明らかになる模様。

 だから、瀬島はその前に死んだ方がいいよ。


25 :1:03/03/30 22:58
昭和天皇が唯一名前を挙げて批難したのが瀬島龍三だったらしけど、
結局彼はどれくらい戦争に責任があるのだろうか・・・。


26 :日本@名無史さん:03/03/30 23:04
台湾沖の航空戦の情報握りつぶしたんでしょ。


27 :日本@名無史さん:03/03/31 00:02
なぜだ?
瀬島は陸軍だろ。
台湾航空戦は海軍だろうに。


28 :日本@名無史さん:03/03/31 00:27
日本史板の住人より、軍事板の住人のほうが瀬島についてはくわしそう。

29 :日本@名無史さん:03/03/31 02:07
>>27
無知だなー

30 :日本@名無史さん:03/03/31 02:42
>>27 大本営陸軍参謀兼連合艦隊参謀

31 :日本@名無史さん:03/03/31 04:05
なんか、日本近現代史
最後のブラックボックスといった感じだな、
このジィサマは。

32 :日本@名無史さん:03/03/31 06:39
インパール作戦中止を具申した参謀に
灰皿をなげつけた!らしいぞ、この馬鹿。


33 :日本@名無史さん:03/03/31 07:47
日本遺族会の会員を増やしたのはこの人。
遺族会はきゃつをこそ血祭りにあげろ。

34 :日本@名無史さん:03/03/31 12:08
人としての瀬島龍三は
「瀬島龍三 日本の証言」を読むかぎりじゃ冷静沈着なおじいさんって感じだった。

35 :日本@名無史さん:03/03/31 12:21
日本の夜更けを見る限りじゃすげぇジイサマって感じだったが・・・
やはりあそこまでいくと奇麗事だけじゃダメなのか。

36 :日本@名無史さん:03/03/31 15:27
>>32
花谷とええ勝負やな

37 :日本@名無史さん:03/03/31 16:44
瀬島が「日本のよふけ」に出演してるのを観てたら、平気で嘘をつく人間だと思った。
同僚だった元大本営参謀も瀬島を「口からでまかせで生きてきた人なんですよ」と酷評していた。
下記のスレを読めば、奴の正体と、昭和史の真相がわかるぞ。

おいおいあの 瀬島龍三がテレビでてるぞ!!
http://choco.2ch.net/news/kako/1009/10099/1009984334.html
【朝敵】  瀬島隆三  【国賊】
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1041220328/l50

38 : :03/03/31 18:27
先日、NHKで20年前の土光氏の特集番組を再放送してたんだけど
瀬島が出てた。んで瀬島曰く「行革は私心がない人物ではないと」
と言ってたな。そっくりそのままアンタに返したいよと思った


39 :日本@名無史さん:03/03/31 19:32
瀬島龍三の親戚が同じ学校に通ってる。
多分瀬島竜三が祖父か大叔父って言ってたような気がする。
普通のヤシだけどな。
まあ血筋は関係ないってことだな。

40 :日本@名無史さん:03/03/31 19:35
共産党が批判しないのも当然だろ。
ソ連&米国の二重スパイとして戦後生きてきたんだから。
ここまで売国奴の称号が似合う御仁もめずらしい。

41 :日本@名無史さん:03/03/31 19:47
戦後は、スパイとしてソ連から戻ってきたのは間違いないと思うけど
実は、参謀本部の時からもうソ連のスパイだという電波があるんだよな、
こいつ。さすがにそこまでは..と思うけど。

42 :日本@名無史さん:03/03/31 20:45
>>17,>>23
をよく読め。
彼は五万人の日本兵をシベリアで殺した。
しかも一片の謝罪もしていない。

43 :日本@名無史さん:03/03/31 22:16
何の根拠もなく、電波だけで個人を誹謗中傷。
中立を破ってソ連が参戦したことまで、瀬島の責任?
精神異常者のスレでつか?

44 :日本@名無史さん:03/03/31 23:17
とりあえず、
シベリア抑留がが瀬島の責任だって証拠ってあるの?

45 :日本@名無史さん:03/03/31 23:27
>>45
伊藤忠時代の瀬島龍三について知りたいんだけど、
いい資料ありませんか?
畑違いなのに、3年で業務部長になったり、
実際伊藤忠って会社にどれくらい彼は貢献したのでしょうか。

46 :日本@名無史さん:03/03/31 23:41
たかが伊藤忠程度のDQN企業、
大本営参謀になるぐらいの脳みそがあれば、
3年程度で部長になるのは当然だ。

47 :日本@名無史さん:03/03/31 23:46
>45
「沈黙のファイル」だったかな(たしか新潮文庫)。
インドネシアへの戦後賠償ビジネスの舞台裏での瀬島龍三の暗躍ぶりが書かれています。
デヴィ夫人はスカルノへの「プレゼント」だったそうですね。

48 :日本@名無史さん:03/03/31 23:49
松尾傳蔵の娘婿だよね。自伝・回想録が何冊か出ているが、折れは幾山河しか持って
いない。

49 :日本@名無史さん:03/04/01 20:12
>>48
幾山河どうだった?
きのうブクオフで沈黙のファイル見かけて買おうか迷ったんだけど、
自伝よりこっちのほうが客観的なのかしらん。

50 :日本@名無史さん:03/04/01 20:19
週刊新潮あたりが度々、瀬島のシベリヤ抑留裏取引疑惑を報じても
名誉棄損の訴訟など起さないところみると、彼にはやましいところが
無いとは言えん罠。

51 :SEXYQ:03/04/01 20:24
何百万という国民を死地に追いやりながら自分は生き延びて元老のごとくふるまっている。こいつだけは許せん

52 :日本@名無史さん:03/04/01 20:47
>>50
瀬島は名声を得たいとか、英雄ともてはやされたいってタイプでなさそうだし、
表にでしゃばって出てくるの嫌いそうだな。
まあやましいとこあるからってのもあるだろうけどさ。


53 :日本@名無史さん:03/04/01 22:22
岸信介は百年に一人の逸材
瀬島龍三は五十年に一人の逸材

54 :日本@名無史さん:03/04/02 22:52
伊藤忠に就職してるヤシとかいないの?
不毛地帯読んでとか志望動機でいないのかな。

55 :日本@名無史さん:03/04/02 22:52
スパイってただでさえ神経すり減らす職業だし
さらに二重スパイってそうとう精神的に参ると思うんだけど
のこのこと天寿を全うしそうで、それはそれで強靱な精神力だよな

56 :48:03/04/03 20:23
>>49
レス遅れてゴメン。幾山河も自伝でつので、記述については客観的とは言いがたいと思うよ。
ただ、巻末に資料が付属しています。そこに陸海軍統合についての資料があったので、それ
を論文で活用した事があります。元資料が防衛研究所のやつです。時間があったら、読み
返してみますね。

57 :日本@名無史さん:03/04/04 10:06
>>55
普通のじいさんでも91歳であんだけかくしゃくとしてるのはスゴイ。

58 :日本@名無史さん:03/04/04 15:05
>>57
瀬島といい中曽根といい、なんでああ長生きなんだろうね?

59 :日本@名無史さん:03/04/04 19:26
戦争経験してショック療法で肝が据わるのかな
「戦争に比べればこれしきのこと!」てかんじで

60 :日本@名無史さん:03/04/04 19:34
回顧録読めば読むほど陸軍参謀が無能者の集団だと錯覚してしまう
お前が一番無能だったんじゃねーのかよ!>瀬島

61 :日本@名無史さん:03/04/05 06:01

悪党ほど長生きする。

62 :日本@名無史さん:03/04/05 06:13
>>45
保阪正康著 「瀬島龍三 参謀の昭和史」 文春文庫
もおすすめします。 

63 :45 :03/04/05 17:15
>>62
ありがとう。探してみるよ。


64 :日本@名無史さん:03/04/05 17:47
>>52 >>60
ちゃんとこれを読め。

おいおいあの 瀬島龍三がテレビでてるぞ!!
http://choco.2ch.net/news/kako/1009/10099/1009984334.html
【朝敵】  瀬島隆三  【国賊】
http://news3.2ch.net/test/read.cgi/news2/1041220328/l50

65 :日本@名無史さん:03/04/05 21:45

「ゴルゴ13」に彼がモデルみたいな話があったな。

66 :日本@名無史さん:03/04/06 20:13
>>65
どこをどうとったら・・・。

67 :日本@名無史さん:03/04/07 01:17
>>58
そんなの決まってるだろ。
若い時に軍隊でシャキっと鍛えられているから
体の根幹から丈夫に出来てんだよ。
また、生活習慣もきっちり管理することを自然に
身に付けているから成人病にもなり難いんだろう。

68 : :03/04/07 04:23
http://www.isis.ne.jp/

http://www.maromaro.com/

http://www.tomita.net/

本を読もう

69 :日本@名無史さん:03/04/07 04:26
浅田次郎の「シェエラザード」にも瀬島がモデルとおぼしき人物が出てたよ。
別に悪くは書かれてなかったけど。

70 :日本@名無史さん:03/04/07 06:58
中曽根て、もともと内務官僚だろ。軍隊経験はあるが臨時雇いの主計科士官
給与計算や糧秣の手当をするだけで戦闘を指揮することは絶対にあり得ない。


71 :日本@名無史さん:03/04/07 08:25
>>70
あのレイテ海戦で長門に乗艦してたらしいね。

72 :日本@名無史さん:03/04/07 12:08
>>70
普通はそうなんだけど、下級将校がガンガン消耗した戦争末期は
フィリピンへ陸戦隊を連れて行き、指揮して戦った。
バシー海峡で輸送船が派手に沈められていた頃だから、よく生きていたと思う。

73 :日本@名無史さん:03/04/08 20:20
瀬島と中曽根ってヒンデンブルクとヒトラーみたいな関係?
ヒトラーはヒンデンブルクに延々伍長と呼ばれ彼が死ぬまで頭が上がらなかった。

74 :日本@名無史さん:03/04/08 22:14
中曽根ってまだ生きてたっけ・・・

75 :日本@名無史さん:03/04/08 23:16
その2人ほど階級に差はないじゃん。
中曽根も大尉でしょ。

76 :日本@名無史さん:03/04/09 05:41
栗@りす

77 :あぼーん:03/04/09 05:51
あぼーん

78 :日本@名無史さん:03/04/09 23:18
90過ぎてもぴんぴんした瀬島のようなじいさんになりたいよ。

79 :日本@名無史さん:03/04/10 21:15
>>75
でも瀬島が中国に行ったとき
中共が「中曽根の密使がきた」といいあってたら
中曽根の下に見られるのを憤慨してたらしいよ

80 :日本@名無史さん:03/04/11 09:05
軍界にいれば、片や陸幼、陸士、陸大出のエリート将校、一方は東大出て旧内務省に
入省したキャリア組(高文)だが、軍内では経理学校も出ない短現上がりの予備士官。
しかも、兵科以外は将校相当官と言われ、明治期には敬礼の仕方まで差別があり、
兵科将校からは軽くみられていた。だから、瀬島が軽く見られてムッとした気持ちは
わからんでもないが、戦後の地位は逆転しているのだから、憤慨するの・・・・・。

81 :日本@名無史さん:03/04/11 09:38
>>78
さんざん他人の生き血を吸っているからのう

82 :>>65:03/04/11 09:47
あの話は面白かったな〜。
ゴルゴにとってもかなりの強敵に描かれていたね。

>>66
日本語わかりますか?


83 :日本@名無史さん:03/04/11 10:38
>>82
それ読みたいな。ゴルゴの何巻?

84 :日本@名無史さん:03/04/11 20:53
>>82
ゴルゴの敵が瀬島ってこと?

85 :日本@名無史さん:03/04/11 21:47
戦後史
http://www3.ocn.ne.jp/~yasuo/index.html

86 :日本@名無史さん:03/04/12 17:09
戦争の生証人も、どんどん死んで行くんだろうな。

87 :日本@名無史さん:03/04/13 16:36
>>86
加害者も被害者も氏んでもらったほうがトクな連中もいることだし。

88 :日本@名無史さん:03/04/13 16:58
>>81
アメリカの事か?

89 :日本@名無史さん:03/04/13 20:29
長い文書で申し訳ありませんが、瀬島が敗戦後ソ連軍におくり、
ソ連保安委員会(スターリン、ベリア等)に送られたものです。
 (略)
次は軍人の處置であります之につきましても當然
貴軍に於て御計畫あることと存じますが 元々
満州に生業を有し家庭を有するもの竝に希望者は
満州に止って貴軍の經營に協力せしめ其他は逐次
内地に歸還せしめられ度いと存じます右歸還迄の
間に於きましては極力貴軍の經營に協力する如く
御使い願い度いと思います 殊に目下在隊中の
将兵の中には數萬の満州在籍者が居まして之等が
夫々元の職場に歸帰しますれば食糧、交通、一般
産業の運營に相當役立つものと考えます
其の他例えば憮順等の炭鑛に於て石炭採掘に當り
若くは満鐵、電々、製鐵會社等に働かせて戴き
貴軍隊を始め満州全般の為本冬期の最大難問
題たる石炭の取得其の他に當り度いと思います
  (略)
シベリア抑留は瀬島一人の責任でない様ですが、戦後嘘ばっかり
ついてますね。「強く早期帰還を要求した」と言い張りました。

     


90 :あぼーん:03/04/13 20:29
          ┌┬┬┬┐
    ―――┴┴┴┴┴―――――、
.  . /  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄||| ̄ ||    __________
  ./    ∧// ∧ ∧| ||      |||   ||  /
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||___|||   || <  こんなのが有りますた
. ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.__||  \__________
. lO|o―o|O゜.|二二 |.|    救済病院 ||
 .| ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|___|_l⌒l._||
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'
ttp://saitama.gasuki.com/shinagawa/

91 :日本@名無史さん:03/04/13 20:38
>>89
不毛地帯のシベリア抑留の巻、感動的なんだけどな。


92 :82:03/04/13 21:24
>>83
第103巻 モスクワの記憶

>>84
そうだよ


93 :日本@名無史さん:03/04/13 21:35
 しかし、軍人社会しか知らない瀬島がよく商社に就職する気になったね。
 帰国後、自衛隊の誘いもあったのに。
 家族からは「頼むから、軍隊だけはやめてくれ」と言われて自衛隊には就職
しなかったらしいが。
 しかも、伊藤忠の入社直後の待遇も役員待遇とかではなく、高卒女子と同格の四等社員
だったらしいし。
 その上、伊藤忠には戦地から戻ってきた、学徒出陣組の元大学生が多数入社しており
、職業軍人を敵視してから最初は辛かったと思うが。

94 :日本@名無史さん:03/04/13 21:46
山下や武藤はレイテ作戦に反対だったんだけどねえ

95 :日本@名無史さん:03/04/13 21:50
>>89
戦後の日本で略奪を働いた人達への、
アメリカの指令書が残っていないのが残念だ。

96 :日本@名無史さん:03/04/14 01:39
略奪は自由の証らしいよ

97 :日本@名無史さん:03/04/14 10:17
>>93
最初はすることもなくて、図書館行って抑留中の新聞を読みまくっていたらしい。
そして自衛隊の航空機商戦の際、瀬島の人脈を買われて抜擢された。そこで
実績をつくり、またも旧軍人脈で韓国・インドネシア等の賠償ビジネスで活躍。

98 :日本@名無史さん:03/04/14 16:21
>>97
結局、そっちの世界から足を洗えなかったワケだ。
つくづく業の深い御仁やねぇ、この瀬島爺さんも。

「どうせだったら死ぬ前に洗いざらいゲロしちまう」ってのが、
この人に残された最後で唯一の罪の償い方だと思うのだが。

99 :日本@名無史さん:03/04/14 19:28
 >>97
 最初はなんか窓際族扱いだね。
 伊藤忠の社長(当時)とは縁戚関係はなかったよね。

100 :日本@名無史さん:03/04/14 20:07
>>99
血縁関係ないね。
でも今は彼の親戚がけっこう重役についてるらしい。

101 :日本@名無史さん:03/04/14 20:19
親戚といえば、226事件で岡田首相と間違えられて殺された松尾伝蔵大佐は瀬島の舅だね

102 :日本@名無史さん:03/04/14 21:38
昭和31年8月、興安丸で日本に帰ってきたが舞鶴に妻と娘2人が迎えにきた。
ところが、下の娘(15歳)が「お父さんじゃない、家には帰らない」といって
やはり迎えに来ていた瀬島の姉の所(金沢)へ行ってしまったらしい。あとで
姉が送り届けてくれてという。中央線沿線の都営住宅で留守番で、夕方には
住宅の端っこにある井戸で水汲みして妻が勤めから帰ったら煮炊きできる準備を
する毎日。昭和33年に友人の世話で伊藤忠に入ったとか。

103 :日本@名無史さん:03/04/14 21:40
改造人間瀬島龍三は、一見普通の人間でも実は彼の腰はライダーのベルトがめり込まれている。
彼がライダーに変身する際は、服装の下にあるベルトを露出されなければならない。
ベルトを露出させることで、風圧がベルトの風車を回転させて、風を吸収し変身エネルギーへと変える。
変身エネルギーを蓄えた本郷猛の体は、たちまちのうちにライダーの体へと変化し、仮面ライダーへの変身を完了するのだ。
仮面ライダーの超能力は、ベルトの風車を回転させて風を吸収していくことで、半永久的に持続する。
だがそのため、狭い密室や風車を何らかの方法で停められた場合は、エネルギーの補充ができないまま消耗を続け、瀬島龍三の姿に戻ってしまうのだ。

104 :日本@名無史さん:03/04/14 21:45
>>103
本郷なのか瀬島なのかはっきりしてくれ>仮面ライダー

105 :日本@名無史さん:03/04/14 21:57
 瀬島さん、回顧録とかじゃなくて、「窓際族から重役へ」とかの本の
方が売れると思うが。

106 :日本@名無史さん:03/04/15 04:08
>>105
ん? 窓際から頑張ったんじゃなくて、
最初から軍事関係だとキナ臭すぎるから、遊ばせてただけだよ。
韓国に戦後倍賞ビジネス売り込む時も、軍人時代の人脈活かしまくり。
韓国軍には元日本帝国陸軍/海軍の将校がたくさんいたからね。

「沈黙のファイル」読めや。瀬島本人の嘘話はもういいよ。
軍事を全く手がけなかったのなら、評価に値すると思うがね。(事実は全くの逆)

107 :日本@名無史さん:03/04/15 08:10
東京裁判  1946年10月18日 瀬島証人の証言

ブレークニー弁護人
 そういたしますと対「ソ」作戦計画立案に関しまして、関東軍司令官
 は、斯かる計画に対して何等関与して居ないと云うことになりますか
瀬島証人
 対「ソ」作戦計画に関する参謀本部と関東軍司令官との関係は、関東軍司令官
 は、参謀総長が上奏御裁可を受けた趣旨を関東軍司令官に与えまして、之に基きまして
 関東軍司令官が自己の作戦計画を立案致します
ブレークニー弁護人
  と申しますと、彼が参謀本部から受けた計画というのは、即ち彼に
 与えられた命令と云うことになるわけですか?
瀬島証人
 彼と申しますのは.....
ブレークニー弁護人
 関東軍司令官の自らの命令ということになるのですか...
[小野寺モニター  一寸訂正致します、参謀本部から関東軍司令官宛てに、
              作戦計画が送られた場合には、それは関東軍司令官宛の
              命令になると云う訳ですね、即ち関東軍司令官が、本部から受けた命令です]
瀬島証人
 お答えします、是は日本文で申しますと、昭和第何年度帝國陸軍作戦計画訓令
 として、参謀総長が勅を奉じて上奏御裁可を受け、その勅裁を経て関東軍司令官に
 訓令されます、即ち関東軍司令官に与えられて居るものは大元帥陛下の命令であります。

 天皇陛下まで売り渡しております。

108 :日本@名無史さん:03/04/15 08:33

当時の制度上の原則をいっているわけで大命(奉勅命令)は建前上、その通りだが。

109 :日本@名無史さん:03/04/15 10:37
これに似た発言を東京裁判で東条がしたため、天皇を免責する方針が決まっていた
米側のキーナン首席検事などを慌てさせた。すなわち、検事らが東条に対して
「天皇の意思に逆らった行動をとる政府首脳はいたのか?」という質問に対し、
“東条はいやしくも帝国臣民にして陛下のご意志に逆らう者などはおりませぬ”と
答えた。この答えの通りなら、戦争は天皇の意思で始まったことになる。そこで
米側は日本の要人を獄中の東条に面会させ、発言を撤回するよう、根回しした。
ソ連の捕虜になっていたので日本側による面会のできなかった瀬島は、制度上の
建前をそのまま語ったことになる。

110 :109:03/04/15 10:52
“東条はいやしくも帝国臣民にして陛下のご意志に逆らう者などはおりませぬ”
東条は“いやしくも帝国臣民にして陛下のご意志に逆らう不忠の者などはおりませぬ”
に訂正。

111 :日本@名無史さん:03/04/15 11:15
>>109
そのとき動いたのが、田中隆吉といわれてるね。

112 :日本@名無史さん:03/04/15 11:19
東条も瀬島も何の思惑もなくただ事実を述べただけなんだろうが

113 :日本@名無史さん:03/04/15 11:26
軍人勅諭にだって「下級のものは上官の命令を承ること実は陳が命令を
承る義なりと心得よ、・・・・・・」とあるもんね〜

114 :日本@名無史さん:03/04/15 14:14
瀬島個人の問題はともかく、
抑留されてる瀬島が東京裁判の証人として日本まで連れてこられた後、
また連れて帰られ抑留されたことの根拠は一体何?

ソ連の思惑は分かるし、(ソ連の思惑通りの証言をしないと…)
抑留&強制労働自体違法だから、ソ連に釈放なんか期待しても仕方ないとは思うが、
連れて帰ることは当時日本で問題にならなかったの?

当時戦勝国は証人や証拠の奪い合いをしていたから、
騒いだところでどうにもならないはずだが、
日本側にも、元参謀のことなんかどうでもいい、
という冷たさを感じるのは穿ちすぎでしょうか?

115 :日本@名無史さん:03/04/15 23:05
>>114極東板で拾ってきたコピペだがタイムリーなんで
拉致事件で有名になった社会党の邦人見殺し体質は終戦直後から始まった】

シベリアに抑留された日本人は、厳しい寒さのなか強制労働に従事し、栄養失調や過酷な重労働から6万2000人が死亡した。
http://www.remus.dti.ne.jp/~froggy/siberia3.html
50年代に社会党左派議員団が、ソ連の収容所に抑留者を訪問した。収容所側は面会の条件として捕虜が政治問題については発言するのは禁止していた。
面会の席上、尾崎清正元中尉が意を決して立ち上がり、自分たちの救出のために国論国策を曲げることは断じて避けて頂きたいこと、われわれは祖国のためなら甘んじてシベリアの土となる決意であることを表明した。
そして、「日本の青年へ」と題して同様の趣旨の嘆願書を手渡した。ところが、この議員団は手紙を握りつぶし、「”戦犯”たちの待遇は決して悪くないという印象を受けた」などと記者会見を行ったのである。

・野溝勝【左派社会党参議院議員】ら訪ソ議員団
「『戦犯』たちの待遇は決して悪くはないと言う印象をうけた。一日8時間労働で日曜は休日となっている。
食糧は一日300gとパンが配給されており、肉、野菜、魚などの副食物も適当に配給されているようで、栄養の点は気がくばられているようだった。」
出典元:1955年10月6日『朝日新聞』より
【踊る埴輪より】この発言が問題なのは、彼らがソ連側の説明を信じきってそのように言ったのではなく、実情を分かっていながら国民を欺くためにあえて嘘をついたことにあります。
また、この訪ソ団はシベリア抑留者が国会・国民宛に出した嘆願書を揉み消したことでも有名です。
http://haniwa82.hp.infoseek.co.jp/meigen/


116 :日本@名無史さん:03/04/15 23:27
野坂参三もそんなことやってたな

117 :日本@名無史さん:03/04/15 23:56
>112
瀬島は百も承知で証言してると思うな。

118 :日本@名無史さん:03/04/16 21:05
>>117
そうか。
死ぬ前に暴露本で出したりしないのかな。
もう50年以上たってるしさ。

119 :SEXYQ:03/04/17 01:54
仲代達矢主演の「不毛地帯」で大滝秀治演じる戦時中内閣書記官長、元大蔵官僚で経企庁長官のモデルは誰ですか?岸総理、川島幹事長、赤城防衛庁長官はわかったのですが


120 :日本@名無史さん:03/04/17 01:55
川*・-・)ノ<信じ合えるって素晴らしいじゃないですか
想い合う二人ほどすれ違うばかりで
でも、すれ違うばかりの道にもいつか・・・
CrossRoadがあったりして
二人の道は、遠ざかり、交わり、再び遠ざかる
それでも、一瞬、そう、ただ一瞬のCrossRoadで、二人は愛を確かめ合う
それだけで幸せなんだ
川*・-・)ノ<あの人は誓ってくれたんです
ボクと君をコンパスに例えてみよう
君はコンパスの針で、しっかりと円の中心を示してる
ボクはコンパスのエンピツ、いつもグルグル回ってばか
でも、想いはいつも天高くで繋がってるよね
ボクが君から離れれば離れるほど
君の想いも、ボクの想いも、お互いに向かって傾くだろ?
君がちゃんと待っていてくれれば
ボクはいつだって戻ってこれる
どんなに離れた道でも、いつか
いつかきっと、CrossRoadを・・・・
川*・-・)ノ<帰る場所があるっていうのは、当たり前のようで実はすごく心強いんですよね
”いってらっしゃい”
その一言と、ポンって背中をたたいてくれる
いつものクセ
それが
何より幸せ
川*・-・)ノ<愛する人のために、出来ること・・・、探してみようと思って・・・
川*・-・)ノ<いつか・・・、いつかきっと・・・そのCrossRoadで出会えたら・・・、いいな

121 :日本@名無史さん:03/04/17 02:53
>>119
星野直樹??その小説読んでないから、適当だけど。

122 :日本@名無史さん:03/04/17 02:59
>>119
迫水久常さんだと思われます。

123 :日本@名無史さん:03/04/17 05:37
迫水久常は岡田啓介の女婿、瀬島は岡田の義弟松尾伝蔵大佐の女婿なので
両者は遠い親戚になる。昭和20年5月末深夜、二人は内閣書記官長の部屋で
密かに会い、戦争の見通しについて迫水から聞かれ、この時、初めて、瀬島
の口から終戦という言葉が語られたという。後年、迫水から、本音を語って
もらって非常に助かったという感謝の言葉があったとか。

124 :SEXYQ:03/04/17 09:37
ありがとう。勉強になりました

125 :山崎渉:03/04/17 12:51
(^^)

126 :日本@名無史さん:03/04/18 01:38
瀬島龍三さらし上げ。

127 :日本@名無史さん:03/04/18 15:49
不毛地帯、原作読んでビデオ借りたいと思ったが
仲代達矢が主人公は嫌だな。
個人的には役所広司とかがイメージ。


128 :日本@名無史さん:03/04/18 16:39
瀬島の暗い性格、しゃべり方などは仲代の方が似合いそうだが。

129 :日本@名無史さん:03/04/18 16:51
>>127
タイトルからすれば江畑謙介が…

130 :日本@名無史さん:03/04/18 17:02
パイパン・地帯ならやっぱ半島系女優がいいのでは、例えば李英愛。

131 :日本@名無史さん:03/04/18 21:22
ワシレスキー 電文 8月20日
   略
将官ハタは、我が軍が早急に満州に入ること、従って自分の軍の降伏について
頼んだが、同時に、日本軍の将官、将校、また兵卒に対する我々の側からのしかるべき
対応について、また、しかるべき食事、医療保障に関してもたのんできた。
この点に関し、私は、我が軍に対して必要な指示を与えた。
  略
   同、瀬島改竄
将官ハタは、我が軍が早急に満州に入ること、従って自分の軍の降伏について
頼んだが、同時に、日本軍の将官、将校、また兵卒に対する我々の側からのしかるべき
対応について、また、しかるべき食事、医療保障、更に軍将兵、一般日本人の本国送還
に関してもたのんできた。
この点に関し、私は、我が軍に対して必要な指示を与えた。
  略
                  「沈黙のファイル」

 問うに落ちず語るに落ちる  

132 :日本@名無史さん:03/04/20 00:07
あげておこう

133 :山崎渉:03/04/20 01:42
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

134 :日本@名無史さん:03/04/20 23:44
今度本屋で沈黙のファイルみかけたら買おう。

135 :日本@名無史さん:03/04/21 01:37
こんな卑怯者が結局責任を問われず、
軍事人脈を使ってボロい商売やって
現代日本に揺るぎ無い地位を築けるんだから
どうしようもない国だな、日本は。

こいつだけじゃなくて、関東軍司令部で
さんざんいばりくさってたのに、ソ連参戦と同時
に在留邦人をほったらかして日本に逃げかえった
参謀たちの名前を曝してくれ。そいつらの戦後の
生き方も知りたい。どうせ無責任ないい人生を
送っているんだろう。

まさに、卑怯者が現代にのさばる国、日本
こんな恥ずべき国に生まれてせつないよ。

136 :日本@名無史さん:03/04/21 01:58
>>135
さすがに逃げ帰ったのはいないと思うけど。
山田乙三以下、ソ連に捕まってるはず。

137 :日本@名無史さん:03/04/21 02:52
>>135

あほか?瀬島はシベリアに11年抑留されてたんだぞ?
お前のように、知識もないのにいいかげんなことを言って
る奴がのさばる方がせつないわい

138 :日本@名無史さん:03/04/21 06:51
>137
ソ連に対しては罪を犯していなくても同胞に対して犯した罪は消えない。
彼は週刊新潮、他のマスコミによるシベリヤ捕虜取引疑惑報道に、何も
答えていない。説明責任があるし、事実無根なら抗議するなり名誉棄損の
訴訟を起こすべき。

139 :日本@名無史さん:03/04/21 07:39
官僚なんて、みな自分の保身のためには部下や同胞を捨て石にすることに
罪悪感などもっていないから何言われても蛙のツラにションベンよ。

140 :日本@名無史さん:03/04/21 09:38
>>137
抑留されてても、奴は強制労働させられてないわな。

それでも瀬島が抑留されたこと、一度日本に証人として来たのに連れ戻されたことは、
気の毒だと思う。終戦直後のソ連との交渉がまずかったから、
シベリア抑留が起きたのでは、という疑惑もささやかれているが、
ソ連軍は何やるか分からない奴等だし、これを糾弾するのも酷な気がする。

ただ、瀬島は日本に帰ってきてから、軍事関係のビジネスをやっているし、
「お国のため」なんて事を言っているので、
やはり武士の情けで過去のことは問わない、というわけにはいかないだろう。
参謀として何を反省しているのかさっぱり分からないから。

俺は頭が良かったからたまたまそういう役職にいただけだよ、
運が悪かったんだな、日本のためにやってたのに、
そういう人の上に立つものにあるまじき無反省さを感じる。

証人として選ばれたのも、瀬島がソ連にとって与しやすい人間だったからでは、
と言われているが、彼の後半生はそれを実証してはいないか。

141 :日本@名無史さん:03/04/23 11:55
結局、笹川良一とどっちがえらいのですか

142 :日本@名無史さん:03/04/23 19:27
田中新一、服部卓四郎、辻正信、瀬島龍三は日本国民に対する叛逆罪で死刑

143 :日本@名無史さん :03/04/23 20:58
瀬島龍三って富山では英雄扱いなんだよな


144 :日本@名無史さん:03/04/23 21:11
旧陸軍の人物評価の尺度ってズレてるなー
瀬島なんてほんと無能な作戦参謀だよ

145 :日本@名無史さん:03/04/23 21:24
戦後 田中新一バセドー氏病、服部卓四郎早死に、辻政信行方不明
瀬島龍三こいつだけが…

146 : :03/04/23 22:57
日本の運命に直裁的に関与した高級官僚ほど、犯した責任は重いのだから
重罪に処すべきだ。
影響を受けた国民の範囲が広範囲に渉るのだから。
戦後の高級官僚の無責任さは目に余るが、瀬島は当然処分されてしかるべきだ。
老齢だから、刑務所に入れるのは疑問だが、今受けている名誉は剥奪されてしかるべき。

こうしたやつがノウノウとしているから、政策ミスを犯した今の官僚も無責任なのだな。
バブル崩壊後の経済の低迷は明らかに大蔵省と日銀の政策ミスの影響が大きい。
明確な責任を取らせていないのは問題だ。
エイズ訴訟で初めてだろ? 高級官僚が政策ミスで罪に問われているのは。
もっときちんとけじめを取られるべきだが、上に瀬島のようなのがいるようでは
示しがつかんな。

147 :日本@名無史さん:03/04/24 00:14
国鉄民営化にも一役を担った人物です。

148 :日本@名無史さん:03/04/24 18:36
一人で決めたわけではないが、第二臨調(土光臨調)の9人の委員に入ってたからね。

149 :日本@名無史さん:03/04/25 21:16
あああああげ。

不毛地帯最高です!

150 :動画直リン:03/04/25 21:17
http://homepage.mac.com/hitomi18/

151 :日本@名無史さん:03/04/25 22:49
話変わるけど、政治思想板の
四元義隆スレが一瞬にして落ちた
なんか2chの背後の「ある力」を感じる・・

152 :日本@名無史さん:03/04/25 23:25
七生社
しちせいしゃ
東京帝国大学の学生,卒業生によって組織された右翼結社。
法学部教授上杉慎吉を指導者に1925年に創設された。
〈七生報国〉にちなんで会の名称をつけ,〈至誠一貫,報国尽忠〉をその綱領としたが,
運動の主目標は当時勢い盛んな左翼の学生運動に対抗することにおかれていた。
28年に同社員が東大新人会の会員との間に引き起こした一連の衝突事件は,
左翼学生運動との抗争事件として有名である。
左翼の衰勢によって七生社の運動も活発さを失い,停滞する。
会員数は最盛期の20年代末で50名程度であった。学生,OB の活動家としては
穂積五一が中心的人物であり,このほか四元義隆など血盟団事件にも
数名の社員が関係している。    

さて、このスレの命運は?

153 :日本@名無史さん:03/04/26 00:03
富山の貧農の出だからな。
やっぱ、エリートはそれなりの家柄から輩出すべき。
貧乏人が権力に近づくと、よこしまな心を起こす。

154 :日本@名無史さん:03/04/26 15:44
>>153
いや、瀬島は貧農の出ではない。村長の息子。
豪農ってやつだよ。家柄はともかく裕福な出だ。

155 :m:03/04/26 15:48
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

156 :日本@名無史さん:03/04/29 19:47
家は農業やってたかどうかは知らんが、瀬島の父は郡役場に勤めていた。


157 :日本@名無史さん:03/05/01 00:33
作戦参謀。

どんな作戦立てたんだ?

158 :日本@名無史さん:03/05/01 00:56
・大本営参謀での作戦立案?
・餓島からの撤退(直前に現地へ出張)?
・フィリピン戦の作戦立案?
・台湾沖海戦の某参謀の報告?
・岡田元総理らとの関係?
・関東軍参謀配属前の立場?
・関東軍作戦参謀としての作戦立案?
・ソ軍との停戦交渉?
・シベリアでの行動?
・商社での航空機商戦?
・土光臨調?
・教育臨調?
・どこかの元軍人さん団体の会長?
・中曽根内閣の密使?(韓国)
・橋本内閣の密使?(湾岸戦争のときの米へ?)

どれが本当なの?
と聞いて見るテスト。


159 :日本@名無史さん:03/05/01 01:09
どれも完全な仕事はない

160 :日本@名無史さん:03/05/02 14:14
ちゃんとしたジャーナリストは今のうちにまともなインタビューしとけよ。

161 :日本@名無史さん:03/05/02 14:50
>>160
都合の悪いことには答えないんだからどうにも仕方ないだろ。

162 :日本@名無史さん:03/05/02 15:58
もう本人も憶えてないよ

163 :日本@名無史さん:03/05/03 00:55
ちゃんとしたジャーナリストとは会見しないとか、、、。

164 :日本@名無史さん:03/05/03 01:37
>>158
なんかそうやって並べるとすごいな。

俺の人生なんて瀬島の何億分の1くらいなんだろな。

165 :日本@名無史さん:03/05/03 02:47
参謀本部時代の作戦要領は連敗を続け
関東軍では在満同胞を敵の弾避けに扱い
大多数の兵士を無条件で労役に差し出した。
伊藤忠時代は後に経営危機に陥る経営基盤の悪習をつくり
臨調時代は偉大なリーダーの尻尾に付き調整役を名乗り
大事業を成し遂げたと誇るが現代では評価は低い
履歴だけで実のない男だ



166 :日本@名無史さん:03/05/03 08:27
軍オタの某大勲位に目をかけられたのが彼の成功の秘密。

167 :日本@名無史さん:03/05/03 08:49
おまいら「参謀の昭和史」「沈黙のファイル」の受け売りしか言ってないじゃんw

168 :日本@名無史さん:03/05/03 09:16
>167
 あんたは読んだのかい?

169 :日本@名無史さん:03/05/03 09:43
>目をかけられたというか、大勲位をはじめとする政治家連中の賠償口実の
税金掠め取りと、彼の勤める商社のビジネスが共通の土俵上にあるので
お互いの、恥部、弱点を知りあった持ちつ持たれつの関係。

170 :日本@名無史さん:03/05/03 09:50
>>168
読んだよ。読まなきゃ受け売りかどうかわからんだろう?


171 :日本@名無史さん:03/05/03 11:27
>>170
あんた、何も新しいこと提供してないばかりか、
本に書いてあることすら披露してないじゃん。

172 :日本@名無史さん:03/05/03 11:53
ダイアナとマイケルジャクソンをインタビューしたあいつを、
瀬島のもとに送り込むべし。
悪事をすっぱ抜けー!

173 :日本@名無史さん:03/05/03 14:43
>>171
ハア?なんで俺が何か提供しなきゃいけないの?


174 :日本@名無史さん:03/05/03 15:39
>>173
>>171にはしなきゃいけないとは書いてないですが…
あんた馬鹿?



175 :日本@名無史さん:03/05/03 18:18
>>174
参ったね。 
>>171を素直に読むと
何か新しいことを提供せず、本に書いてあることすら披露してないという
ことを非難されてるようにとれるんだが。
じゃ、あんたは>>171で何を言いたかったんだ?(苦笑


176 :日本@名無史さん:03/05/03 18:58
瀬島の「大東亜戦争の実相」なる本、日経の花形記者が週刊文春で
“当事者でなければ知らないことが多く、筆者を再評価なんてした”
なんて絶賛してたので買ってみたけど、中味は昭和史かじった者なら
誰でも知ってることばかり、文庫本だけど損した。わかったのは
この記者、経済には強いが現代史にはほとんど無知ということ。

177 :日本@名無史さん:03/05/04 04:23
>>176
いやー、どうだろ?
花形記者がまともな頭持ってるなら、簡単に分かることでしょ。
ポイント稼いでおくと、税調や民営化審議会の情報が漏れてきたりするんじゃない?

しかも既知のことばかりというだけじゃなくて、自衛の戦争という持論の繰り返し…

178 :日本@名無史さん:03/05/04 04:59
瀬島は作戦参謀なんだから、戦争の目的など語る必要なし。

作戦家らしく、自身がかかわった大本営の作戦について語るべし。
結局、最後は、言葉が悪いが、ボロ負けしたんだから。
しかも、兵隊さんたちは、ロクな武器も食料も与えられず、
勇敢に戦かわざるえなかった。
戦闘での死傷のみならず、戦病死が何故あんなに多かったのか。
また、終戦時にも、何十万の兵隊さんが、戦力とならず、海外にいた。
兵力をいたずらに展開させたのは、作戦家としてどう考えるのか。

作戦参謀なら、何故、戦争をしたなんて語るよりも、
どのような作戦を行い、なぜ、勝てなかったのかを語るべき。
国を愛するなら、将来、戦争になったときにでも、
二度ボロ負けしないように、瀬島の作戦家としての経験を語れば、
少しは役に立つんでわ。





179 :日本@名無史さん:03/05/06 15:38
>>178
今の持ち上げられ方を見る限り、何の教訓も得られなさそうな予感。

180 :日本@名無史さん:03/05/10 14:20
なんか文藝春秋でまた保坂氏がやるらしいね
広告に出てた

181 :日本@名無史さん:03/05/10 21:01
>>180
読んだよ。知れば知るほど最凶にして最悪な人間だ>瀬島
しかもこういうヤシに限って異常に長生きときたもんだ。

182 :日本@名無史さん:03/05/12 22:01
まだ矍鑠としたじいさんだよね。

183 :日本@名無史さん:03/05/12 23:18
>>178
遺族会の面々を遺族に仕立て上げた張本人。
敵は大本営にありって感じだ。

184 :日本@名無史さん:03/05/12 23:44
「日本のよふけ」への出演を見たけど、あいつ、平気で嘘を言う奴だと思ったよ。
ちょうど、ゴルバチョフがクーデター失敗後に出てきて、監禁されている間、
「ラジオを見つけて『ボイス・オブ・アメリカ』を聞いていた」とか言って、
おまけにその期間テレビは見られなかったはずなのに、軍幹部に「これが悪いこと
だとわかっているのか?」質問していた西側記者に「あなたの質問は面白かった」
と話し掛け、逆に「あなたはあの放送をどこで見たのか?」と問い返され、
何も答えられなくなってボロを出したりといったのを連想した。ゴルバチョフは
別荘で海水浴をしていたそうだ。
瀬島も似たようなことを言ってたな。シベリア抑留中ラジオを入手して聞いていたとか。
本当は、特別待遇を受け、「赤いナポレオン」と呼ばれて日本人抑留者達から恐れ
られていたくせに。
瀬島の同僚だった朝枝繁春・元大本営参謀も瀬島のことを「口からでまかせで生きて
きた人なんですよ」と雑誌上でこきおろしていたぞ。まあ、朝枝もソ連との間に疑惑あり
だったが。

185 :日本@名無史さん:03/05/13 13:00
瀬島の脳内世界=新しい歴史教科書を(捏)造(す)る会、3Kでよろし?

186 :日本@名無史さん:03/05/13 16:28
ここまで悪行を重ねていれば、なんで歴史を捏造したいか、分かる気もする。

187 :日本@名無史さん:03/05/13 20:00
>>184
最後の一文書かんでもよかったのに。

188 :日本@名無史さん:03/05/14 22:37
評価は田中セイゲン氏のインタビュー本にでてる。

189 :日本@名無史さん:03/05/14 22:52
田中清玄自身が、かなりの大風呂敷だからなー

190 :日本@名無史さん:03/05/14 23:08
>>151
コピー持っているけどいるかい?

191 :日本@名無史さん:03/05/14 23:16
>>185
新しい歴史教科書を(捏)造(す)る会、3Kの方は、
自分の国を素晴らしい国だと思いたい宗教のようなもんだけど、
瀬島のは脳内世界がそうなっているんじゃなくて、
自分の正当化のために自分でも分かって誤魔化しててるんじゃないのか?
でなければ、タブー化されている話題などあるはずもない。


192 :日本@名無史さん:03/05/14 23:44
しょせんは小役人?

193 :日本@名無史さん:03/05/15 03:12
明治の東郷元帥や秋山中佐のような面構えとは違って
昭和に入るとどことなく小物風情だらけになってしまった。
極度に官僚化した感がある。まさに小役人。

194 :日本@名無史さん:03/05/15 06:43
陸軍で、出世するのは1天(天保銭組)2図・・・とか言って、陸大出、
地図つくり、文章つくりのうまいヤシが進級するのが早かった。
瀬島の頃には天保銭は廃止されていたが、ほかの条件は、まさに官僚としての
必須条項。部隊で汗流す実戦派は平時では冷や飯喰い組み。瀬島は文章や起案
つくりに長けていたから上司に重宝されていたとか。

195 :日本@名無史さん:03/05/15 07:10
文春に載っている、東京裁判での証言時の写真見ると官僚ヅラしてる。
この時、瀬島はソ連側の意図通りの証言をした。これを拒否した草場
は自殺。

196 :日本@名無史さん:03/05/15 07:54
>>195
読みますた。
仏印進駐のことが書いてあったね。


197 :日本@名無史さん:03/05/15 07:55
あ、今月号の文芸春秋ね。

198 :日本@名無史さん:03/05/15 08:42
>>194
地図作り?
図は資料作りだと思ったが。
今で言うパワポ作り。

199 :日本@名無史さん:03/05/15 09:30
俺、実物みたことあるけど、すげー横柄なじじいだったよ。
俺のこと書いた本が出てるんで、買って送れとか言ってた。
だったらカネ出せよな。

200 :_:03/05/15 09:35
  ∧_∧
 ( ・∀・)/< こんなのみつけたっち♪ 
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz03.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz10.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz08.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz09.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz06.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz05.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz01.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz02.html
http://www.hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz07.html
http://hiroyuki.zansu.com/hankaku/jaz04.html

201 :日本@名無史さん:03/05/15 10:02
≫198
そうだったかもしれない、以前見た本だったので、うろ覚え、スマソ。

202 :日本@名無史さん:03/05/15 12:59
>191
おれも最初は、瀬島はものすごくきれる人だから、手下どもを使って自分に都合のいい歴史を造らせようとしているのだろうとおもってたよ。
でも、いろいろ読んだりしてるうちに、おもったよりダメ(特に政治的には)な人ではないかと思うようになった。
バーコード頭に乗せられているだけではないかと。


203 :瀬島さんに死刑を:03/05/15 13:10
瀬島さんを見るたびに、今の日本の政治家・官僚、企業トップの
生き様と重なるのが不思議だ。責任はとらない、組織を隠れ蓑に
して、私利私欲と名誉をむさぼる・・・見るだけで反吐がでる。

瀬島さんが作戦立案したフィリピン方面の戦で、数十万近く亡く
なっているのに、その重さを彼はぜんぜん考えていないね。

そんなやつを持ち上げる日本の政財界はおかしいと思うのだが・・・

参考までに、元大本営参謀堀栄三氏の戦後の歩みを紹介すると
警察予備隊・保安隊・自衛隊勤務→故郷西吉野村で教育長。
そして西吉野村で村長を務める。生前から「勲章辞退」を
周囲に言っていたそうだ・・・戦争中の責任を感じての事
だとのこと。

瀬島さん、死ぬ前に真実を語ってほしいね。





204 :日本@名無史さん:03/05/15 14:47
ともかくシベリアで死んだ5万人の日本兵とその遺族に土下座してあやまってから死んで欲しいよな。

かの大勲位も海軍の経理なんかで丸々肥え太って帰ってきて軍歴を誇っているなんて噴飯ものだし。

邪馬台国論争なんか延々とやっているが日本の近代史もウソばっかりで解からん事ばっかりだ。


205 :日本@名無史さん:03/05/15 15:15
瀬島って若年将校だったのに
作戦立案に携われるの?

206 :日本@名無史さん:03/05/15 15:36
瀬島は参謀本部勤務だから当然関わることになるだろう、だが、彼はあたかも
自分一人で行ったように話していたとか。このテレビ番組見てないので詳細は
わからんが(文春今月号)。

207 :日本@名無史さん:03/05/15 20:47
旧陸軍とは変わった組織だね。
中央部の少佐、中佐を主にたかだか十数人のスタッフであれだけ広大な戦域を
統帥するわけだから、明らかにオーバーワークと思われ…

208 :日本@名無史さん:03/05/15 21:38
>>205
大きい組織はどこでもそうだが、トップは判断だけ行なって、
立案自体はその下の者が作成する。
資料の作り方によっては下の思う通りに事を運ぶことができる。

日本では、下の人間が優秀な場合、権限の完全委譲が行なわれる、
という異常な形態を取ることがままある。というより部下が優秀だと必ずそうなる。
年功序列がそういう事態を招くのであろう。

瀬島は戦争の責任を追求されたくないため、(と私は思っている)
参謀時代の自分の活躍ぶりを余り話さないが、所々でポロっと漏らす。
それから、伊藤忠時代の「スタッフの心得」その他を読むと、
下の者の働き、能力を大変重要視していることが分かる。
そしてそれは参謀本部、伊藤忠での自己評価でもあるのだと思っている。


209 :暴力新妻:03/05/15 22:17
何者かって 敗軍将校自叙伝作家で
鶴亀とか言う奴が出てるテレビで自慢してた
人じゃないでしょうか?

210 :日本@名無史さん:03/05/15 22:39
しょせんは敗戦国の参謀?

211 : :03/05/15 23:34
ともかく、瀬島に必要なのは、

今、情報隠蔽により受けている名誉を徹底剥奪すること。
遺族にきっちり、膝を付き、土下座して詫びを入れること。
真相を後世に残すため、真相をきちんと語ってから死んでいくこと。

少し形が違ったtら、反逆罪と同等の罪を負わせてもいいくらいの
ことをしでかしたんだから、こいつには償いが必要なのは明らか。
ふざけた野郎だ。何十万人もの将兵の命を暗転させやがって。
過大な名誉まで受けているのは、亡くなっていった将兵に対する冒涜に等しい。
こんなゾンビは許されるはずがない。隠蔽ばかりしおって。
今のうちから徹底糾弾しないでいつやるというのだ?


212 :日本@名無史さん:03/05/15 23:44
こいつの存在は富山県の“恥”ですね。

213 :日本@名無史さん:03/05/16 08:28
>>211
瀬島その他がどんな毅然とした態度を取ったとしても、
シベリア抑留は強行されたと思うけどね。

抑留というか強制連行、強制労働の責任を問うのはやりすぎでしょう。
ただし交渉の場でどういうやり取りがされたか公表してくれないとね。
それやらないであちこちよろしくやってるから叩かれるんだよ。
お前その前にやることあるだろう、と。

214 :日本@名無史さん:03/05/16 10:05
こいつが書いた「捕虜将兵を労役に使ってくれ。」という文書を根拠にシベリア抑留が行われたらしい。
モスクワでこの文書が発見されたとき青くなって感想を求められてもしどろもどろで答えられなかったそうだ。

215 :日本@名無史さん:03/05/16 11:44
徳田要請どころの騒ぎではないはず

216 :瀬島さんに死刑を:03/05/16 15:10
瀬島さんの著作が売れていること自体衝撃だ。
シベリア抑留時代は「労役はほんとんどしない」で
部屋で過ごし、ソビエトの犬をしていた。

伊藤忠商事時代は、不動産売買に失敗して会社に多大な
損害を与えた。

そして今「太平洋戦争」の語り部として嘘の歴史をばら撒く
老人に成り下がっている。

こんな人物に幸せな死は絶対こないよね。

217 :日本@名無史さん:03/05/16 15:12
そういや、鈴木善幸ってどうした?
最近見ないし、死んだとも聞かない
まだ生きてるのかな〜?

218 :大勲位:03/05/16 21:40
俺は、インドネシア、と韓国利権で、いっぱい瀬島から
金貰ったからあんまし瀬島ちゃんをいじめないで。
 みんな死んでしまって、言いたい放題だなー瀬島ちゃん。
 長生きはするもんだ....。


219 :日本@名無史さん:03/05/16 21:42
ホンマ、あんたら見てると“悪いヤシほどよく眠る”とは、よく言ったもんだわ。

220 :日本@名無史さん:03/05/17 11:30
善幸さんは、見ないだけ。

221 :日本@名無史さん:03/05/17 18:26
全行さん、徳用老人ホーム「長生き園」で寝たきり生活しています。
シモの世話、ヒトにさせながら、やれスコッチだ、キャビアだと贅沢三昧。

222 :日本@名無史さん:03/05/20 01:22
シベリア捕虜収容所において、瀬島龍三は、天皇制批判を行い、将校団の民主化運動(共産主義洗脳)を推進し、将校達に「赤いナポレオン」とささやかれていた…。

これって、本当?

223 :日本@名無史さん:03/05/21 03:04
>>190
あ、俺欲しい。ぷり〜ず。

224 :日本@名無史さん:03/05/21 05:02
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/company/1045605375/147
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/company/1045605375/155
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/company/1045605375/158
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/company/1045605375/187-191

225 :山崎渉:03/05/22 03:10
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

226 :日本@名無史さん:03/05/23 20:16


227 :日本@名無史さん:03/05/23 20:44
瀬島は日本が共産化していたとしても上手に立ち回り成功してただろう。
官僚あるいは官僚的タイプとはそういうものである。常に、その時代の
体制派のポストにつき絶対に落ちこぼれはしないヤシらはどこの国にもいる。
旧ソ連の高官らが崩壊後は私企業の社長などをやって稼ぎまくっているのも
一例。ま、そうした融通無碍に振る舞える能力も持ってはいたのだろうが。
だから、潰しのきかない無骨者からは嫌われる(軍人と思うから唾棄すべきヤシ
だが官僚なのだから普通のこと)。

228 :日本@名無史さん:03/05/24 16:53
瀬島氏の息子や孫は?
西郷隆盛の孫は法務大臣をやってたな。
東郷元帥の孫娘は銀座のバーのママだったし(40年くらい前の
「丸」に載ってた)、ひ孫は海上自衛隊の中堅幹部でしょう(
フライディに写ってた)。
瀬島氏の子息についての情報がないのは、何故?

229 :日本@名無史さん:03/05/24 17:57
瀬島には娘が二人いるだけ。

230 :日本@名無史さん:03/05/24 18:20
「幾山河」廉価版買ってきた。
果たしてどれほどのことを言っているのか。
しかし瀬島の若い頃って美男子だな・・・

231 :日本@名無史さん:03/05/24 21:08
>>213
 私もシベリア抑留関係の本を少し読んだけど、対独戦が集結した後も、
ドイツ軍捕虜を 300 万人以上強制労働させていて英米に非難されていた >ソ連

 スターリンは国内の少数民族も平気で強制連行、強制移住、強制労働させて
いた男なんだから、敗戦国の指揮官がどんな人物だったとしても関係ないで
しょうねえ。逆らえば殺されていただけだろうし。

>>214
 労役の話は、ソ連に講和の仲介を依頼した時の交渉条件として出た奴だった
と思いましたが。

 関東軍絡みの資料は、「現地に残留を希望する者には認めて欲しい」という
内容で、シベリア抑留とは関係なかったはずだけど。瀬島を批判する本でも
それは認めていたなぁ。

232 :日本@名無史さん:03/05/25 01:22
>>231 関東軍がらみの話

旧ソ連側に、日本軍から申し出た資料があるのでは?
ということで、秘密のベールにつつまれていたと思う。

当時の関東軍の考えでは、旧満州に日本人を存在させておき、
日本側からも影響力を残しておきたかったとの疑念もある。
朝枝が突然に満州に飛んだところがわからん。

また、「残留を希望する者」についても、現在の価値観では語れないかも。
兵隊さんや居留民の希望を確認するなんてことは、当時ならしないはず。
建前は希望でも、実質は命令に近いものになるだろうし。

233 :231:03/05/25 19:43
>>232
 関東軍からソ連に申し入れた資料は、既に公開されてますよ。それが、231
に書いた、「現地(= 満州) に残留を希望する者には、それを認めて欲しい」
という内容のもの。更に秘密資料があるのでは ? と疑いたいのならば、仕方
ないですけれど。

 仮に日本軍から何らかの提案したとしても、労働場所は「満州」であって
「シベリア」じゃないでしょ。その時点で、シベリア抑留の責任の主体はソ連
にあり、関東軍の将校に選択の余地は無かったことの証明になると思いますが。

 96 年に、共同通信のまとめた「沈黙のファイル」に、当時のソ連軍指揮官
ワシレフスキーの副官だった、イワン・コワレンコのインタビューが載って
いますが、コワレンコ氏も一貫して「捕虜をどう扱おうが、それは戦勝国の
裁量にまかされている」と語っていて、瀬島なんて小物には何の権限もなか
った、と言っていますよ。

 シベリア抑留に関して瀬島氏が詐称していることがあるとすれば、実際には
大した権限も無かったのに、捕虜の帰国を認めてもらえる様に最善を尽くした
ように自分を美化していることだと思いますね。

234 :日本@名無史さん:03/05/26 09:35
シベリア抑留時の士官の苦しみは想像を絶するものだったそうな。

235 :日本@名無史さん:03/05/26 13:00
シベリア抑留時の下士官・兵の苦しみは士官を上回る想像を絶するものだったそうな。


236 :日本@名無史さん:03/05/26 14:32
>>235
何の意図で鸚鵡返しにレスしてんのか知らんが
ソ連のシベリア虜囚政策知ってるか?
これは場所にもよるし時期にもよるが
最初は士官と下士官・兵を階級そのままに区分けし
士官に兵を指揮させ、待遇も良い。
これに兵たちは反発する。
士官はノルマ達成のため下士官・兵を叱咤
しかし、成績の悪かった班の士官は下士官・兵グループに入れられる
赤化教育された兵たちは落とされた士官に徹底的に私刑を加える
士官は恐れてさらにノルマ達成のため必死になる

瀬島がどうだったのか知らんが、シベリア抑留で最も過酷な運命にあったのは
一面では兵よりも士官だ


237 :日本@名無史さん:03/05/26 15:11
>>236
つまりソ連は、階級間の分断と対立を狙った訳ね。

238 :日本@名無史さん:03/05/26 17:11
有名な“暁に祈る”事件の憲兵曹長は少佐を詐称してこういう悪行をやっている。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/7897/yosimura.htm



239 :日本@名無史さん:03/05/26 18:23
>>238
辻に相通じる図太さだね。あいつも川口少将と対決したけど、口の巧さで押し切った。

240 :235:03/05/26 18:53
>236
最後の2行、日本語としておかしいですよ。
私だって、どちらか一方だけが過酷だった、士官は皆悪、下士官・兵は皆善、だなんて思ってませんよ。
ただ、私が読んだりした範囲では、やはり全体で見ると下士官・兵のほうが士官よりは条件は悪かったと判断せざるを得なかったのです。もちろん個人個人でその過酷さは違うことは百も承知の上でです。兵が皆赤化したわけでもないのですし。l
それより問題なのは、瀬島を中心とした高級将校のグループが地位・権力を使って事実を曲げてまでして自己弁護を続けている点で(その結果として236のような考えになる)、そのことに怒りを感じており、235のような返レスをしたのです。


241 :日本@名無史さん:03/05/26 19:41
>>240
あっそう。
たしかに、最も過酷だったというのは誇張があるが、
だが俺はあえて士官側を弁護しよう。
帰還兵がよく士官は待遇がよかった、俺たちを酷使した、と訴えるが、
それも巧妙なソ連側の政策があったためでもある。俺が彼らの立場だったらと考えると
士官側のみを責めることはできないね。自分が生きる為には仕方がなかった。
勿論あんたが言ってるように一般化してはいえないが、これまで下士官兵側の
言い分ばかりが通用してきたことを考えるとね。
「沈黙のファイル」にもその辺の事情は出てたはず。
赤化した下士官兵たちの元上官への復讐は凄まじいものだった。

あと、勘違いしてるようだが俺は瀬島個人を弁護してるわけじゃないんだがね
それを瀬島の自己弁護に加担していると思われるのは心外だね。
ただ、俺は上記のような理由で舌鋒鋭く瀬島を糾弾することも出来ない。
責められるべきは事実を偽り、美化していることだ。



242 :日本@名無史さん:03/05/26 20:24
佐官以上の将校の死亡者は自殺以外少ないのをみると、兵、下士官に比べて
楽してたのでは?年齢が高い上級将校の方が体力的には先に弱るはず。

243 :日本@名無史さん:03/05/26 21:02
シベリヤとは状況がかなり違うし捕虜ではないが中部太平洋メレヨン島での
戦病死者数の統計がある。陸軍の場合、将校の総人員188名中、死者62(戦死5、
病死57)名。准士官総員39名中、死者9(戦死1、病死8)名。下士官515人中、
死者330(戦死19、病死311)名。兵2463名中、死者2018(戦死107、病死1911)。
戦死率は各2〜4%台だが、病死率は、将校30%、准士官21%、下士官60%、兵78%
となっており階級が下がるほど死亡率が上がる(病死はもちろん餓死がほとんど)。

244 :日本@名無史さん:03/05/26 21:06
昭和天皇が名指しで批判していた

245 :日本@名無史さん:03/05/26 21:06
>>238
“暁に祈る”事件は、捏造話だったことが判明している。

246 :日本@名無史さん:03/05/26 21:20
>>242
>>243
しかしこういう結果になるのはある意味当然というかやむをえないだろ
そりゃ階級も年齢も関係なく食料も労働も平等にというのはわかるけどさ・・・
実際そうもいかんだろう

247 :日本@名無史さん:03/05/26 21:24
↑ 本人も再審請求し弁護団なども冤罪を主張しているが、ねつ造と確定したの?
もし、事実無根なら3年間の服役は補償されなければいけない(最高裁で懲役3年確定)。

248 :232:03/05/26 22:39
>>233
秘密資料というより、旧ソ連側に埋もれている資料があるのかなぁ
と思ったりしてるす。

>>シベリア抑留に関して瀬島氏が詐称していることがあるとすれば、実際には
>>大した権限も無かったのに、捕虜の帰国を認めてもらえる様に最善を尽くした
>>ように自分を美化していることだと思いますね。

全くはげ同。
まぁ、美化するところは、シベリアだけでなく、彼の人生がそうかもしれないです。

249 :日本@名無史さん:03/05/27 00:03
うちのじいさん瀬島のファンで瀬島関係の本買い漁っていたが、関東軍から兵を労役に使ってくれと申し出たと言う話を聞いて買った本全部ゴミタメに捨てていたなあ。

感覚としては日本もイギリス・オランダの捕虜を労役に使ったのだから捕虜になった以上自分たちもこき使われる事が当然だと言うことだったのだろう。

自らそう申し出る事によってソ連に良い印象を与え、自分の生き残りを図ったのだろう。

臨機応変、いつでも他人を食い物にして生き残る汚いやつ。

復員してからもやることは同じ。汚い事ばかり。



250 :日本@名無史さん:03/05/27 00:39
東久邇内閣が、戦犯を自らの手で率先して裁くことで、少しでも連合軍の気持ちを
和らげようとして、本間中将に礼遇停止の処分をしたね。結局はまるっきりの
逆効果だったんだけど。

251 :日本@名無史さん:03/05/27 00:52
>>249
「沈黙のファイル」嫁


252 :日本@名無史さん:03/05/27 01:05
>>249
瀬島を過大評価しすぎ
そんな事実はないし、権限もなかった。
労役提供云々は、終戦前近衛文麿の側近が作った和平案の中にあったこと。
シベリア抑留はスターリンの鶴の一声

瀬島がやったことは、ソ連側に捕虜の早期帰還を求めたと嘘をついてること


253 :日本@名無史さん:03/05/27 01:28
ドイツにも瀬島みたいなヤツっているのかなあ
漏れが知ってる限りでは
ドイツ産業連盟兼ドイツ経営者連盟会長だった
ハンス=マルティン・シュライアーかな
元SSの高官でチェコでハイドリヒの副官としてチェコの産業を支配してたヤツで
戦後うまくたちまわって出世した。
最後はドイツ赤軍に誘拐されて殺害されたが。

254 :日本@名無史さん:03/05/27 12:36
02/01/30 産経新聞東京夕刊
「ぴあ」上場、初値つかず 買い手殺到
チケット販売業最大手の「ぴあ」が30日、東京証券取引所第二部に上場した。
抜群の知名度から個人投資家などの人気を集め、午前の取引は買い手が
殺到して初値がつかず、午後になっても午後1時現在、買い気配3400円で
推移している。公募・売り出し価格2000円で試算した時価総額は約161億円に達する。

週刊文春 2002/02/07
「瀬島龍三」「大島渚」−ぴあ上場で株主になった意外な名前






255 :日本@名無史さん:03/05/27 12:38
本願寺御影堂平成大修復奉告法要は、(1999年1月16日)午後1時30分から
ご門主御導師、お裏方ご臨席のもと御影堂で営まれ、宗門の役職者をはじめ僧
侶・門信徒や工事関係者など約2千人が参拝した。

この後、本願寺門徒総代の瀬島龍三、上山善紀、永野健の3氏が紹介され、本
願寺御影堂平成大修復奉讃会会長の瀬島氏が3人を代表して「私ども門信徒に
とりまして御影堂は心の道場であり、心のふるさと。この大事業をお手伝いで
きますことは奉讃会のものにとって光栄なことであり、有り難いこと。今後、
全員一致協力してまい進したいと思います」とあいさつした。

http://www.hongwanji.or.jp/goeidou/990116/main.htm


256 :日本@名無史さん:03/05/27 18:20
シベリア抑留裏取引の件はグラスノスチでデマだって証明されただろ。
なんで今頃こんなこと話題にするのかわからん。

257 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

258 :日本@名無史さん:03/05/27 21:34
瀬島龍三氏は確かに秀才参謀にありがちな自己保身的な人物だと思う。

ま、彼の回想録は旧ドイツ軍将校みたくそのへん割り引いて読むのがいいかと。

259 :日本@名無史さん:03/05/27 23:50
>>255
なんか変だなぁ。個人的な信仰をとやかく言うわけではないが。
代表してあいさつする感性がわからん。



260 :日本@名無史さん:03/05/28 00:48
東京裁判でソ連の証人に立ったことについて語って欲しいな。
密室でどんなやり取りがあって証人になることになったのか。

261 :日本@名無史さん:03/05/28 03:41
瀬島とは関係ないが・・・

ttp://www.minaminippon.co.jp/2000kikaku/kuni-y/index.htm
通化事件について


262 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

263 :うしとら:03/05/28 04:07
はじめての2ちゃんですワイ。日本史、ってかなんか思想やん!

264 :日本@名無史さん:03/05/28 08:31
思想というほど大層なものではなか!各自がオノレの思い込みを好き勝手に
書き散らしているだけのスペースに過ぎない。だから、何カキコしても
自己満足のみ、カキコに影響されて改宗するヤシも皆無。便所の落書きレベル。

265 :日本@名無史さん:03/05/28 09:22
沖縄守備の一個師団を台湾に移動させたのは瀬島?

266 :山崎渉:03/05/28 10:40
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

267 :日本@名無史さん:03/05/28 12:21
自分に関する伝説を逆に利用してる面も否めない
実際は小物かも知れない

268 :日本@名無史さん:03/05/28 19:42
>>265
宮崎

269 :日本@名無史さん:03/05/30 17:15
小泉首相は半月に一度ほどの割合で、キャピトル東急ホテルの地下にある理髪店を
訪れている。訪れるのは他の客のいない午後9時頃。首相番記者によれば、2時間以上も
理髪店にこもって、まったく変わらない髪型で出てくることもあるとのこと。

270 :日本@名無史さん:03/05/30 17:16
理髪店の裏には資材搬入用のエレベーターがあり、ホテル各階に移動できる。
で、小泉首相はここで誰と会っているのか。このホテルには元大本営参謀から
元伊藤忠会長へと転身し、第二臨調を取り仕切り昭和の参謀ともいわれた人物の個人事務所がある。

271 :五島昇:03/05/30 17:51
んなもんねーよ

272 :日本@名無史さん:03/05/30 21:56
四元義隆の建設会社潰れたんだってね

273 :日本@名無史さん:03/05/30 22:43
>>272
三幸建設?
詳細キボン

274 :日本@名無史さん:03/05/30 23:11
瀬島はともかく四元にはちゃんとした自伝を書いてから死んで欲しいね。

275 :日本@名無史さん:03/05/31 00:58
会社更生開始申立
負債総額約100億円
三幸建設工業(株)(中央区築地4−6−5、設立昭和21年6月、
資本金3億円、四元義大社長、従業員166名)は4月28日、
東京地裁に会社更生手続開始を申し立て同日保全管理命令を受けた。
債権者説明会を5月6日10時30分から「はあといん乃木坂(健保会館)」
で開催予定。
http://www.tsr-net.co.jp/topics/sokuho/level_4/name822.html



276 :日本@名無史さん:03/06/03 17:30
生きてくれ、生きてくれ、生きてくれ、お前の命は生きるために流れている〜

277 :日本@名無史さん:03/06/04 07:55
こんな俗物を取り上げて話題にしてくれるとは2ちゃんねらーとはホトケ!

278 :日本@名無史さん:03/06/04 11:35
俗物でない人物がどこにいるんだ?

279 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

280 :日本@名無史さん:03/06/04 12:10
「ホトケほっとけと申します」 by車寅次郎

281 :日本@名無史さん:03/06/05 15:18
月刊『現代』2003年7月号 
“ベストセラー「昭和史七つの謎」の著者が「日米開戦の闇に迫る」”
『スパイ・ゾルゲと東條英機』 保阪正康

・・・昭和20年2月に天皇が重臣ひとりひとりに終戦についての考えを聞いたときに、近衛は
上奏文を提出している。その前半部には、共産主義が軍部のなかに浸透しているとし、
満州事変以来の動きは明らかにその方向にあると指摘したうえで、「この50年、軍部、官僚、
右翼、左翼の多方面にわたり交友を有せし不肖が、最近静かに反省して到達したる結論」と
いっている。
 この近衛上奏文は、共産主義者が仮面をかぶっていると恐れ、そしてコミンテルンの巧妙な
手口は世界赤化政策を企てていると執拗に書いている。
 なぜ近衛はこのような上奏文を書いたか。
 近衛は明らかに自らの人脈に近い尾崎の事件を意識している。その意識は、昭和16年
10月15日の尾崎逮捕、そして東條との間で自らの周辺にスパイの網の目ができあがって
いると脅かされたのが発端ではなかったかと思えるのだ。
 ジョン・ダワー(米マサチューセッツ工科大学教授)もかつて『吉田茂とその時代』のなかで、
これに通じる見方を示していた。尾崎は処刑の前に、自主的に意見を述べ、いつか
大東亜新秩序社会が戦争にあとにあらわれて、「世界革命の一端」を形づくると満足感を
もって死に赴いた事実を紹介している。そして尾崎の「自分が永く仮面をかぶった危険な
潜行運動をしたその苦心のために、頭の髪は全く白くなってしまった。自分等の日本赤化
運動は、すでにその目的を達し、日本はついに大戦争に突入し、擾乱は起り、革命は必死
である。自分の仕事が九分通り成功しながら、今その結果を見ずして死ぬのは、残念である」
を引用し、この告白を知らされた折りの近衛の戦慄を、上奏文の伏線としている。実際に
上奏文の表現は、尾崎の語った言葉がそのまま引用されているとしか思えないほどである。

282 :281:03/06/05 15:29
>>281 訂正

革命は必死 → 革命は必至

283 :日本@名無史さん:03/06/07 01:39
尾崎は企画院の総力戦研究で日米開戦に反対だったよ

284 :日本@名無史さん:03/06/08 13:33
国立国会図書館 法令議会資料室
http://www.ndl.go.jp/horei_jp/kakugi/txt/txt00278.htm
第二次欧州大戦ニ於ケル交戦国並ニ中立国中主要国ノ戦時対策研究ニ関スル件
     昭和15年10月19日 閣議決定
一、目的
 第二次欧州大戦ニ於ケル交戦国並ニ中立国中主要国ノ戦時対策ヲ各方面ヨリ
検討シ一ハ以テ我国ガ直面セル国防国家体制ノ確立ニ必要ナル資料ヲ整備スルト共ニ、
他方総力戦研究ノ参考ト為サントス
二、研究ノ機構
 研究ハ企画院及総力戦研究所ガ中心トナリ関係各庁並ニ民間諸機関ノ協力ニ依リ之ヲ行フ
三、研究ノ方針
 (1)研究ハ凡テ皇国トノ関連ニ重点ヲ置キ緩急順序ヲ図ルコト
 (2)研究ハ各国毎ニ行フト同時ニ有機的総合的タラシムルコト
 (3)研究ニ当ツテハ精粗ヲ克ク勘案スルコト
四、本件ニ関スル経費ニ付テハ適当ナル措置ヲ講ズルモノトスルコト


285 :日本@名無史さん:03/06/08 19:57
何処にでも顔が利くから、使う人には便利だったんかなという。
その程度の存在な気がするな。

286 :日本@名無史さん:03/06/08 22:17
【沈黙】産経新聞と瀬島龍三【亡国】
http://society.2ch.net/test/read.cgi/mass/1036639073/l50
【国際的】リヒャルト・ゾルゲ【スパイ】
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1023966510/l50

287 :日本@名無史さん:03/06/08 22:24
四元義隆のほうが気になるな。資料的なものはほとんどないし。

288 :日本@名無史さん:03/06/12 14:39
韓国人のシベリヤ抑留元軍人と遺族が日本国に対して慰謝料と未払い賃金の支払いを求めて提訴したそうな。
これは瀬島龍三の資産を差し押さえて支払えばいいと思う。
やつは20億くらいの資産は持っているだろうから17億位は払えるだろう。

289 :日本@名無史さん:03/06/12 16:22
>>288
また謝罪と賠償か
つうか瀬島の資産だろうと何だろうとそいうもんは一切払う必要はない

290 :日本@名無史さん:03/06/12 19:04
ぴあ株式上場で儲けたそうです

291 :日本@名無史さん:03/06/13 00:00
>>289
往時の対韓賠償ビジネスで随分と儲けたんだから、下っ端に
少しばかり還元してやったぐらいでバチは当たらんだろぅ、瀬島。(w

というか、韓国の旧軍人からこういう話が出て来ること自体、
半島に対する瀬島の影響力・政治力の低下の表れなのか・・・。

これも地殻変動なんだろうか。粛清・放逐される前に、
どうせなら是非とも全てをゲロしてもらいたいもんなんだが。

292 :日本@名無史さん:03/06/13 15:19
今でも日テレの監査役とか、NTTの顧問してんだよね。

293 :日本@名無史さん:03/06/14 01:23
>>291
 つ〜か、ポツダム宣言にすら違反しているシベリア抑留の未払い賃金とか
慰謝料なんぞは、日本じゃ無く旧ソ連、現ロシアに請求するのが筋だろ。

 日本人ならば、日ソ共同宣言で賠償権は相互に放棄してしまったから、日本
政府に請求せざるをえんが、韓国人なら日ソ共同宣言には拘束されないはず
なんだけどな…。

294 :日本@名無史さん:03/06/14 02:44
>>292
NTTの顧問してんのか… おっかねえなあ。
なんでそんな売国野郎に情報の中枢やらせるかなあ。

295 :日本@名無史さん:03/06/15 16:35
>>272
http://www.google.co.jp/search?q=cache:mv_08OciSUQJ:www.cnb.co.jp/CJ/+%E5%9B%9B%E5%85%83%E7%BE%A9%E9%9A%86&hl=ja&start=14&ie=UTF-8

296 :日本@名無史さん:03/06/15 16:41
・「瀬島龍三 昭和の参謀史」保阪正康、文春文庫
・「沈黙のファイル 『瀬島龍三』とは何だったのか」共同通信社社会部編、新潮文庫
・「瀬島龍三 日本の証言」瀬島龍三、フジテレビ出版

とりあえずこの3冊は読んだんだが、他に読んどいたらいい本があれば教えてください。

297 :日本@名無史さん:03/06/19 00:49
不毛地帯

298 :日本@名無史さん:03/06/19 17:29
>>297
山崎豊子「不毛地帯」新潮文庫ですね。
サンクス、これは瀬島龍三をモデルにした小説なんですね。読んでみます。

あと田原総一朗が瀬島や四元義隆に取材したらしい「戦後五十年の生き証人」って
本を今日図書館でリクエストしたんで読むんですけど、

四元義隆に関しての本ってなんかありますかね?
Amazonでは検索しても見つからない。

299 :日本@名無史さん:03/06/19 19:24
四元義隆情報に関しては

>>298の田原総一朗の「戦後五十年の生き証人」企画
・大下英治の「中曽根を陰で動かす人々の実像」という本の中の一章

くらいしか知らないなあ。あと戦前の四元については

・血盟団の同志だった小沼正の「一人一殺」という本に詳しいらしい

300 :日本@名無史さん:03/06/19 21:30
>>296
幾山河は、読んだか? 

301 :296=298:03/06/20 14:01
>>299
ありがとう。今度、図書館でその2冊も探してみます。
やっぱりこの人に関しては資料が少ないですね。

>>300
いや、読んでない。今調べてみたら回顧録なんですね。
ありがとう、探してみるっす。

302 :日本@名無史さん:03/06/20 21:06
四元のインタヴューではあと
サンデー毎日の94年2月に発売された4冊のなかの一冊にあるはず
内容は四元が竹村、細川について論評してるもの

303 :日本@名無史さん:03/06/20 22:24
「サンデー毎日 四元」でぐぐってみたらこんなのがあった。
サンデー毎日とは関係ないけど掲示板の過去ログですね。経歴とか詳しく書かれてる。

http://www.google.co.jp/search?q=cache:XxKWJBSuGREJ:soejima.to/boards/trafics/20.html+%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E6%AF%8E%E6%97%A5+%E5%9B%9B%E5%85%83&hl=ja&start=7&ie=UTF-8

304 :キッド ◆kQOyJA.DgI :03/06/21 03:25
「瀬島龍三 昭和の参謀史」保阪正康
「沈黙のファイル 『瀬島龍三』とは何だったのか」
以前読んだけど、結局結論としては、本人が何も言わないのでわかりません
というものだった。本人に喋れったってそりゃ喋らんだろうに。

新刊か不明だが、昨日本屋で回顧録をちらっと読んだ。新書版でモスグリーンのカバー。
かなりの情報量で内容も細かい。あれを全部読んで反論したり、突っ込んだりするのは
素人にはほとんど不可能。少なくとも私にはできない。
情報の攪乱という意味でいえば大成功だ。さすが大日本帝国随一の作戦参謀だ。

とはいうものの、個人的にはそれほど反感は沸かない。
少なくとも、辻何とかとか、源田実とかの、厚かましさと頭の悪さに比べると
好感さえ感じる。性格の問題か。あるいはイメージ戦略の成果か?
さすが大日本帝国随一の作戦参謀だ。


305 :日本@名無史さん:03/06/21 10:09
>性格の問題か。あるいはイメージ戦略の成果か?


今までの間に、読者層の洗脳が成功している訳だな

306 :日本@名無史さん:03/06/22 22:25
>・>>298の田原総一朗の「戦後五十年の生き証人」企画

これにかんしてはここで読めます。下から3分の1あたり。
http://www.google.co.jp/search?q=cache:mYY6urqcK_wJ:soejima.to/boards/sirogane/13.html+%E5%9B%9B%E5%85%83+%E9%9D%9E%E5%88%A9%E6%A8%A9%E5%8F%B3%E7%BF%BC&hl=ja&start=2&ie=UTF-8


307 :日本@名無史さん:03/06/30 15:17
これが平成14年度日本南京学会役員の首脳陣です。
 
会長兼理事兼学会誌編集委員会委員長
  東中野修道 亜細亜大学教授 文博
副会長兼理事
  黄 文雄 拓殖大学客員教授
特別顧問
  瀬島隆三 NTT相談役
顧問
  小堀桂一郎 東京大学名誉教授/明星大学教授 文博
  小室 直樹 政治学者 法博
  佐藤 和男 青山学院大学名誉教授 法博
  中村  粲 獨協大学教授  昭和史研究所代表
  冨士 信夫 東京裁判研究家
  渡部 昇一 上智大学教授 哲博


308 :日本@名無史さん:03/06/30 15:18
理事
   阿羅 健一 情報出版代表
   上杉 千年 歴史教科書研究家
   大原 康男 國學院大学教授 神博
   北村 良和 愛知教育大学教授
   杉之尾宜生 防衛大学校教授
   杉原誠四郎 武蔵野女子大学教授
   高池 勝彦 高池法律事務所/弁護士
   高木 桂蔵 静岡県立大学教授
   竹本 忠雄 筑波大学教授
   中垣 秀夫 元防衛大学校教授
   丹羽 春喜 大阪学院大学教授 経博
   原  剛  元防衛研究所主任研究官
   藤岡 信勝 東京大学教授
   松村 俊夫 南京事件研究家
事務局長兼 理事
   冨沢 繁信 元住友信託銀行常務
事務局次長兼理事
   岩田 圭二 元野村証券副理事
   柚原 正敬 南京事件研究会事務局長
大会運営委員会委員長兼理事
   平槇 明人 亜細亜大学情報システム課課長
定例研究会運営委員長兼理事
   溝口 郁夫 南京事件研究会 事務局次長
翻訳通訳委員会委員長
   浜田 實  南京事件研究会 事務局次長
監事
   岩田 義泰 クリオ情報企画代表
   南出喜久治 南出弁護士事務所/弁護士


309 :日本@名無史さん:03/06/30 15:32
>>307
>会長兼理事兼学会誌編集委員会委員長
  東中野修道 亜細亜大学教授 文博
 副会長兼理事
  黄 文雄 拓殖大学客員教授
とっぷ2人がこれでは笑いがこみあげてきた。
これじゃ「南京の真実」へ肉薄できそうにないな。
どちらとも否定派論者では一番、チャラそうな面子。
研究者とその引用者のコンビだが。

310 :日本@名無史さん:03/06/30 16:36
>>307-308
香ばしい面々だねぇ・・・

311 :犬童知遠 ◆tmc8JAPANo :03/07/02 00:19
>>307-308
なんか、秦御大の一撃で(学術・研究的には)
簡単に消し飛びそうな面子だな・・・。

>小室 直樹 政治学者 法博

小室センセもこんなトコで何してんだか。
勿体無い。折角の品位が下がるYO・・・。

>渡部 昇一 上智大学教授 哲博

ナベショーは「秦憎し」の一心で参加を決めたんだろうな。
でも、

312 :犬童知遠 ◆tmc8JAPANo :03/07/02 00:19
>藤岡 信勝 東京大学教授

藤岡もちゃっかり参加してるんだが。
2年前の「つくる会に絶版云々〜」は一体ナンダッタノ・・・?
つくる会教科書を中絶に追い込んだのは、事実上あの本だよ。
恨み骨髄憎しみ脳髄の、つくる会関係者に刺されなきゃいいが。

・・・あ。っていうか、そういや藤岡と仲が悪かったのは、相方の
谷沢のほうだった。で、ナベショーが仲悪いのは西尾だったな。
ん〜、だからOK・・・・・・なのか?!(汗

>黄 文雄 拓殖大学客員教授

つーか、>>309も言うように、そもそもこのヒトを入れてる時点で、
学術的、あるいは政治的に勝つ見込みゼロっぽいんだが・・・。
っていうか、こりゃあおそらく、「勝とう」っつー気が無いんだろうね、
ハナっから。「(国内を?)煽れりゃ、それでいいや」っていうか。

もしくは他に考え得る線としては、「某方面への示し合わせ」とか。
「ちゃんとお仕事してまっせ〜」「頑張ってまっせ〜」みたいな、ね。

313 :日本@名無史さん:03/07/02 00:20
瀬島って歴史偽造の騙り

314 :日本@名無史さん:03/07/02 05:30
>>307-308
毎度お馴染みの顔ぶれ、まさに閉ざされた空間ですね

315 :_:03/07/02 05:46
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/2ch.html

316 :日本@名無史さん:03/07/08 12:48
前野徹の電波本ばらまきに失笑あげ

317 :山崎 渉:03/07/12 12:15

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

318 :日本@名無史さん:03/07/14 22:54
教えてくれ!
瀬島龍三が参謀で勝った戦っていうのはあるのか?

319 :日本@名無史さん:03/07/14 23:19
>>318
台湾沖幻の大戦果
ケ号作戦大成功

320 :山崎 渉:03/07/15 11:36

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

321 :キッド ◆kQOyJA.DgI :03/07/16 03:25
まあ、作戦参謀一人でがんばったところで、どうしようもないわな

322 :日本@名無史さん:03/07/18 01:42
戦後の田中智学論を糾す  田中智学門下青年協議会編
四六上製/344頁 本体価格2000円(税別)
在家仏教の創始、明治節の提唱など明治から昭和初期に
活躍した国体主義者・田中智学への謬論を糾す。

第一部 管見・宗学会
第二部 管見・思想界
第三部 雑纂

執筆者一覧
相澤宏明(展転社代表取締役)
井上宝護(広島桜ヶ丘高校教諭)
河本学嗣郎(日本国体学会理事・事務局長)
田中秀雄(石原莞爾平和思想研究会運営委員)
平野肇二(平野治療院勤務)
柚原正敬(台湾フォーラム事務局長)
秋場善彌(国柱会講師)
小川力(立憲養正会幹事長)
高澤一基(月曜研究会会員)
久松健一郎(田中智学門下青年協議会事務局長)
藤田孝一(第五代田中智学門下青年協議会委員長)
吉川新八郎(第3,4、5代門青協副委員長)

323 :日本@名無史さん:03/07/23 16:27
晴気誠少佐はサイパン陥落をづっと苦にしていて
終戦時に切腹したのに、
こいつは台湾沖航空戦の証拠隠滅に奔走、
右の論客は瀬島に気兼ねして指摘しない。

324 :日本@名無史さん:03/07/31 19:21


325 :日本@名無史さん:03/07/31 20:02
司馬遼太郎が高級官僚(おそらく瀬島)と対談したとき、
メモ用紙を用意して聞いていた。
会談について、恐ろしく多くの事をしゃべられたが、メモすべきことを何一つ
言わなかった。だって
他人を非難する司馬はほんとにめずらしかったので覚えてる

326 :日本@名無史さん:03/07/31 21:30
それ稲田じゃなかったかな↑

327 :日本@名無史さん:03/07/31 22:02
そうなの?
ごめんスルーして・・

328 :日本@名無史さん:03/07/31 22:07
ごめん、見つけてきた
司馬遼太郎の風儀』 (NHK出版)
  ノモンハン事件を調べていた司馬氏がインタビューした際に、
質問にひとことも答えず数時間にわたって無関係な事をしゃべり続け、
司馬氏を唖然とさせたという元日本軍参謀とは、
稲田正純(中将・参謀本部軍事課長・ノモンハン事件当時大佐)
という人物だったということが、半藤氏の文章から分かった。


329 :日本@名無史さん:03/07/31 22:11
セジーとも対談はしてるはずだけどね

ノモンハン事件書こうと思って、張鼓峯・ノモンハンのときの第二課長だった
稲田正純に話しを聞いたんだね。


330 :山崎 渉:03/08/02 01:12
(^^)

331 :日本@名無史さん:03/08/05 22:44
ゼンジー北京?

332 :日本@名無史さん:03/08/05 23:06
陸軍の軍人には、本質と無関係なことを延々としゃべり続け相手を
辟易させる人が多い、というのはいろんな人が言う。なんでやろ?
三国一朗、司馬氏、池田清、亀井宏などが書いてる、他にもいたが
有名でないので名前忘れた。

333 :日本@名無史さん:03/08/06 01:34
祖父に会いに俺の家に遊びに来た
稲田正純に何度かあったことあるよガキの時。
ただ者じゃない雰囲気を放った爺さんだったのをよく憶えている


334 :日本@名無史さん:03/08/06 06:59
>>332
メッケルの弊風

335 :日本@名無史さん:03/08/06 07:01
>332
陸軍軍人も官僚だからです。官僚は責任の所在を曖昧にしたり、事実を
言いたくないときには聞いたことと無関係のことを話して相手をケムに
捲く術に長けている。国会の質疑で質問に対し全く別のことを長々と
話して質問者を怒らせているのは、よく見る光景。

336 :日本@名無史さん:03/08/06 09:14
海軍軍人は一切喋らずに沈黙するということが多いな
どちらも責任逃れという点では一緒だが

337 :日本@名無史さん:03/08/06 09:30
嶋田繁太郎なんか、その典型。戦後30年以上生きたが、出所後は一切沈黙。

338 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 19:33
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii

339 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 19:35
                     ■■■■■■■■
                  ■■■■■■■■■■■■
                 ■■■■■■■■■■■■■■
                ■■■■■■ 〜〜 ■■■■■■
              ■■■■■■〜〜〜〜〜〜■■■■■■
             ■■■■■ 〜〜〜〜〜〜〜〜 ■■■■■
             ■■■■■   ■■〜〜■■   ■■■■■
           ■■■■■  ■■■■〜〜■■■■  ■■■■■
           ■■■■         ||          ■■■■
          ■■■■■   〓〓〓〓||〓〓〓〓   ■■■■■
          ■■■■   〓〓     ||    〓〓   ■■■■
          ■■■■        //  \\       ■■■■
          ■■■■      //( ●● )\\     ■■■■
          ■■■■    // ■■■■■■ \\   ■■■■
          ■■■■■  / ■■■■■■■■ \  ■■■■■
          ■■■■■   ■/〓〓〓〓〓〓\■   ■■■■■
          ■■■■■■ ■ /▼▼▼▼▼▼\ ■ ■■■■■■
          ■■■■■■■■■ ▼▼▼▼▼▼ ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■   ■■   ■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
           ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

340 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 19:35
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
□□□□■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■□■■■□□□■■■■□□■■■■■□□□□□□
□□□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□□□
□□□■■■■□□■■■□□□■■■□□□□■■■■■■□□□□
□□□■■■□□■□□□□□□□□□■□□□□■■■■■□□□□
□□□■■■□■□□■■■■□□□□□■□□□■■■■■□□□□
□□■■■■□□□□■□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□■■■■□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□□■■■■■■□□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■■■□□□□■■□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■□■■■■■□■■□□□□□■■■■■■□□
□■■■■□□□■■□■□□□□□□■■□□□□□■■■■■□□
□■■■■□□■■□□■■■□□□□■■□□□□■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■□□□□□□□■■□■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■■■■■□□□■■■■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

341 :日本@名無史さん:03/08/07 13:54
俺が、この人から得た教訓。
1.長生きする-うそを言っても突っ込まれない。
       生きている人の悪口を日本人はあまりいいたがらない。
2.黙する。-ぼろが出ないですむ。
3.昔の名前で金儲け。-これはほかの人もやっている。       

342 :日本@名無史さん:03/08/07 17:11
>>1
俺の親戚

343 :日本@名無史さん:03/08/07 17:12
東京裁判の記録映像で、嶋田繁太郎の答弁聞いていると、まさに官僚そのもの。
立て板に水を流すようにペラペラペラペラ、ウソ(後世の史料で判明)をついても
平然としている厚顔ぶり。若い頃の中曽根某を彷彿とさせる。軍服姿にヒゲ生やした
写真で見るイメージとはまったく違う姿を見ることができる。

344 :日本@名無史さん:03/08/07 22:44
陸軍の川辺虎四郎、有末精三両中将、服部卓四郎大佐、
海軍の中村勝平少将、大前敏一大佐はマッカーサーの協力者となった。
GHQに協力したのは、陸軍有末機関15人、海軍中村機関10人と
呼ばれる人達である。
彼らは追放されるどころか、マッカーサーに保護され、
自決した参謀達に比べ身の処し方がうまかったといえる。


345 :日本@名無史さん:03/08/07 22:47
昭和天皇は、「なんで有末使うねん」って思ってたらしいが

346 :日本@名無史さん:03/08/07 23:06
巣鴨のA級戦犯、正力松太郎なんか骨と皮になってたらしいが高橋三吉大将は
丸々と肥えたまま、他の被告からは、拘置所向きで出来てるんだよと陰口。

347 :日本@名無史さん:03/08/07 23:29
有末機関の生き残り高橋なる人物が教科書問題で大活躍
http://www.ifvoc.gr.jp/new_page_140.htm

100人切り裁判支援集会にも顔を出してる(平成15年6月28日)
http://www.ch-sakura.jp/onlinetv_sakura.html

348 :日本@名無史さん:03/08/07 23:33
高橋 正二  
● 高橋 正二(たかはし しょうじ)先生略歴 ●●●
大正2年山形県川西町大塚に生まれる。長井中学を経て
陸軍士官学校・陸軍大学・明治薬専(現明治薬大)卒。
薬剤師。歩兵聯隊中隊長・南方総軍参媒・大本営参謀等歴任。
 学校法人明治薬科大学元理事長。
元(社)日本私立薬科大学協会常務理事。
元薬剤師養成問題検討委員会委員(厚生省)。
元東京世田谷ロータリークラブ会長。
(財)青少年交流振興協会理事。
日韓・ソ・アジア・友交協力会会長。
世田谷偕行会・世田谷新郷友会名誉会長。世田谷郷土大学学長。
世田谷山形県人会会長・山形県人東京連合会副会長。

而してその正体は
世界平和連合本部理事(統一教会)

349 :日本@名無史さん:03/08/07 23:47
>>345
その天皇もマッカーサーにぺこぺこ。

350 :日本@名無史さん:03/08/07 23:59
>>348
うそだろ?

351 :日本@名無史さん:03/08/08 00:05
>>350
2ちゃんではよくある事だ。

朝鮮の厨房のカキコを信じるな。


352 :日本@名無史さん:03/08/08 02:34
>>351
>>347を読んだのか?

353 :日本@名無史さん:03/08/08 11:26
「新しい教科書作る会」のバックに統一教会がいるという噂は本当だったんだなー

354 :日本@名無史さん:03/08/08 12:43
第一部長宮崎周一中将の日誌に

第二課長説明
一、課内状況
 ○課内統制最困難 瀬島


とある。

355 :大爆笑:03/08/08 20:37
宮崎周一中将日誌』の刊行を祝して
元大本営陸軍部聯合艦隊参謀・亜細亜大学理事長 瀬島 龍三
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kinsei/0316.htm
この度、大本営陸軍部最後の作戦部長宮崎周一中将の日誌が
刊行されることになり、誠に喜ばしく思います。思えば、敗戦既に
明らかとなった昭和十九年十二月、宮崎閣下が着任された頃の
作戦部は、レイテ決戦に挫折した後の比島作戦の全般的あり方に
苦慮している最中でした。作戦部長として、恒例の状況報告を受けて
概要を把握された宮崎閣下は、早速マニラに飛んで山下大将、
武藤参謀長と会見し、爾後の作戦指導の方針を決定されました。
この間の事情がこの日誌には詳しく記されています。
〜〜〜〜〜〜〜〜結びが
この日誌が広く普及して、大東亜戦争の真実を解明するのに
役立つことを心から期待します。


356 :日本@名無史さん:03/08/08 20:41
瀬島ウォチャー保阪正康氏による宮崎周一中将日誌 書評
http://www.sankei.co.jp/news/030727/0727boo015.htm

357 :日本@名無史さん:03/08/08 23:07
>>353
信じられん。何かもの凄く矛盾してないか?

358 :日本@名無史さん:03/08/08 23:10
宮崎が言ってるんじゃなく、第二課長(辻の相方)が
瀬島は使いにくいと言ってる訳で

359 :無料動画直リン:03/08/08 23:11
http://homepage.mac.com/miku24/

360 :日本@名無史さん:03/08/09 02:07
>>353
反共で民族主義なんですよ。
日本では反左翼、あちらではそれは反北朝鮮になるわけです。
http://www.ifvoc.gr.jp/new_page_632.htm

361 :スレ違いでスマンが:03/08/09 02:08
>>360
間違えた>>357ね。

362 :日本@名無史さん:03/08/09 02:18
>>360
> 反共で民族主義なんですよ。

だから、文鮮明が平壌を訪問して、金日成と会談したときは話題になったんですね。

363 :日本@名無史さん:03/08/09 03:35
>>357
ここ見れ。
ttp://technotrade.50megs.com/kok_website/fireworks4/main_pages_sub/OUMUNOSEIRISEITON_PAGE8_10.HTM

364 :日本@名無史さん:03/08/09 03:54
韓国で反日感情を煽ったり国内で在日似非右翼が暗躍したりと
日韓関係を悪化させることで事で
半島人の得る利益とは何なんだよ?

365 :日本@名無史さん:03/08/09 10:31
>>364
自尊心を維持できる。

366 :日本@名無史さん:03/08/10 01:22
>>364
自作自演の調停役としてマージンが取れる

367 :日本@名無史さん:03/08/10 01:50
213 名前:アルゼがここにあるぜ! 投稿日:03/08/03 22:31 ID:IHEYvcmC
------------------------------------------------------------------
例えば、普段は鼻息を荒くして「在日の横暴」を糾弾する割りに、この不況にも
かかわらず、何故か好業績を叩き出せている怪しげな在日企業群(韓国系)
に具体的な話が及ぼうとすると、突然北も南も一緒くたにした「抽象的な在日」
叩きに話をスライドさせて、誤魔化しだす始末である。

他にも、彼ら(一部の怪しげな2ちゃんねらー)が圧倒的な支持を寄せる安倍
官房副長官が、韓国系パチンコ屋とズブズブの仲であるという事実だとか、
あるいは、石原都知事が「対北朝鮮資金源根絶」との意図もあって勧める
(勧めていた)「公営カジノ」のスロット機器等の、ほとんど100%が実は在日
韓国系の某有名メーカーによって納入される予定だった、などの事実に対し、
彼らは何故か(案の定?)ダンマリを決め込むのだ。
------------------------------------------------------------------

368 :日本@名無史さん:03/08/10 01:53
日本人の若者達よ、朝鮮からの洗脳レスを相手にするな。


369 :日本@名無史さん:03/08/10 02:27
>>368
その朝鮮に国を売っているのは誰だ!

貴様こそまさに、

>突然北も南も一緒くたにした「抽象的な在日」 叩き
>に話をスライドさせて、誤魔化しだす始末である。

の典型じゃないか!

この不況の中での武富士やアルゼの謎の好業績は、
まさしく誰かが「国を売った」結果じゃないのか?

それとも何か、在日韓国系体制派企業は
「朝鮮」の内に入らないとでも言うのか!?

ふざけるな欺瞞者め! 真の売国奴め!

370 :日本@名無史さん:03/08/10 05:57
こん中に、ギャンブルに負けサラ金から借りまくり自己破産
ホームレス寸前で、そんで在日に当たり散らしている椰子いるみたい。
何をやるにも自己責任、責任転嫁はよくないとオモウ。

371 :日本@名無史さん:03/08/10 07:36
往時のバカ左翼による
「アメリカの核は悪い核・ソ連の核は良い核」ならぬ、
今日のアホ右翼による
「日本会議系は良い朝鮮・非日本会議系は悪い朝鮮」か。(w

この論理があるからこそ、対日文化開放を進める韓国民主党が
何故か「反日」ということにされ、日本排斥を声高に叫ぶハンナラ
党や朝鮮日報が何故か「親日」ということになってるワケだな。
>>363のリンク先にも関連してくることだが。

韓国大統領戦の時に、何故か盛んに「李会昌&ハンナラ党マン
セー!」を叫んでいた一部の2ちゃんねらーの怪しげな行動や、
「盧武鉉は北に譲歩する(親日/反日)で“反米”の大統領」とい
う宣伝を、朝鮮日報と読売・文春の日韓両「保守」が、全く同時
に行ったことなどを考え合わせてみると、実に興味深いな。(w

372 :日本@名無史さん:03/08/10 09:06
瀬島クン、せめて逝く前に、敗戦時のソ連との交渉を
すべて吐いてから消えなはれ、それがせめてもの罪滅ぼし。

373 :日本@名無史さん:03/08/10 10:53
>>372
いや、何か見えない力に(本人の思惑とは別に)生かされているんじゃないかと思う。
逃げ切って往生させないぞー!って。
野坂参三がいい例だよ。百歳過ぎて党を除名されたのだから…。




374 :_:03/08/10 10:56
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/jaz04.html

375 :日本@名無史さん:03/08/12 06:02
-------------------------------------------------------------
私が一番気になるのは、中曽根康弘よりも本当は格が上のはずの、
ナベツネ(渡邊恒雄・読売新聞社社長)と瀬島龍三の動きである。
アメリカCIAにも、上品な理論家たちから、人殺しでも何でもやるような、
一番ガラの悪い部類のハードライナーに至るまで、色々なのがいるが、
ここからどういう指令が出ているのかを、ハッキリと掴みたいものだ。
-------------------------------------------------------------

376 :日本@名無史さん:03/08/12 06:43
中曽根  高文受かった内務官僚(内務省ー戦前の行政官庁ではトップクラス)
ナベツネ 共産党から転向した新聞屋
瀬島   職業軍人(組織内の学校の席次はトップだが、軍界という1部署)

これらの経歴で何を基準に格上とか格下を決めるのかな?

377 :日本@名無史さん:03/08/12 08:07
また有末をあげて、もう一人昭和天皇が名指しで批判した人物をあげない
わけにはいかない。それは伊藤忠の瀬島龍三である。昭和天皇はこう語る。

「先の大戦において私の命令だというので、戦線の第一線に立って戦った将
兵たちを咎めるわけにはいかない。しかし許しがたいのは、この戦争を計画し、
開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、なおかつ敗戦の後も引き続き日本の
国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし戦争責任の回避を行
っている者である。瀬島のような者がそれだ」

これは入江(侍従長)さんから直接聞いたとして田中清玄が書き残している。
(田中清玄自伝:文芸春秋:1993)また田中は「私のみるところ瀬島とゾルゲ
事件の尾崎秀実は感じが同じだとね」としている。田中は瀬島をソ連に屈服し
たスパイとみなしているのだろう。

昭和天皇は第1次大戦前のヨーロッパの君主のいずれのタイプとも異なる。
第一に自然科学者であり、近代人である。その意味で国家のロマンとか男の
ロマンのようなものに一切興味をお示しにならなかった。外交政策でも現実を
自分の理想に引付けるようなことを嫌った。そのうえ、戦間期の特徴である国
家主義と社会主義の対立情況を疎ましく感じていた。瀬島の特色は戦争を計
画し促していることである。そしてそこには昭和天皇と同じくロマンはない。
ただ昭和天皇と異なり私欲が存在しそれがこの男の全ての行動を決定した。

瀬島龍三は自己の著作で昭和天皇に誉められたと自慢している。事実ではあるまい。

378 :_:03/08/12 08:08
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/hankaku_b01.html

379 :日本@名無史さん:03/08/12 08:54
>>376
戦前
軍務官僚>>>>内務官僚  常識

380 :日本@名無史さん:03/08/12 10:29
戦前
高等文官のコース  中学→旧制高校→帝大法学部
職業軍人(陸)   小学校から陸幼あるいは中学校から陸士
    (海)   中学から海兵  部内の高等教育の場はあるが
すべて部内にしか通用しない課程がほとんど、他の省庁にも類似施設はある。
戦前の力関係をいうなら敗戦で消滅しているので、中曽根は首相、ナベツネ
は新聞社経営、瀬島は私企業のビジネスマン。

381 :日本@名無史さん:03/08/12 10:39
そうだな。
戦前の力関係を持ち出すのは無意味でナンセンス。

382 :日本@名無史さん:03/08/12 10:51
>>380
部内?

383 :日本@名無史さん:03/08/12 10:57
陸大とか海大のことだろ。

384 :日本@名無史さん:03/08/12 10:59
部内=組織内部

陸軍大学校=現在の陸自幹部学校など
海軍大学校=現在の海自幹部学校など

385 :日本@名無史さん:03/08/12 11:00
380のいう部内とは陸大とか海大のことでは?
海軍部内とか陸軍部内とかいう、いわゆる関係者の間という意味。

386 :日本@名無史さん:03/08/12 11:09
>>375
わけわからん

387 :日本@名無史さん:03/08/12 11:11
とんでも本の読みすぎ?

388 :日本@名無史さん:03/08/12 11:19
田中清玄自伝なんぞ歴史資料みたいに持ち出して欲しくないな



389 :日本@名無史さん:03/08/12 11:57
>>387
瀬島の悪行三昧、「トンデモ」の一言で済んだら
どんだけ楽なことでしょう。(藁

390 :日本@名無史さん:03/08/12 16:17
>>376
> 中曽根  高文受かった内務官僚(内務省ー戦前の行政官庁ではトップクラス)
> ナベツネ 共産党から転向した新聞屋

> これらの経歴で何を基準に格上とか格下を決めるのかな?

ナベツネらが、中曾根を首相にするよう田中角栄に直談判しに行った時に、
「一国の首相に、という人間を、呼びすてで呼ぶとは何事だ!」
と角栄にたしなめられたらしい。

ネベツネは今でも中曾根を首相にしたのは自分と言っているらしいが(苦笑

391 :日本@名無史さん:03/08/12 17:16
「戦史叢書」全面改訂へ、新事実盛り電子版も…防衛研
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20030812i207.htm

台湾沖航空戦、堀参謀の電報握りつぶし事件を書けるか?
瀬島は現在も防衛庁に影響力を持っているし。

日本戦略研究フォーラム会長 (住所は朝雲新聞と同じ)
http://www.jfss.gr.jp/intro/intro_index22.htm
同台経済懇話会会長
http://www.decaa.org/anai_flame.html


392 :日本@名無史さん:03/08/12 18:03
s61年夏、「歴史と人物」誌上で朝枝繁春、谷口義ミ(小野田少尉を迎えに行った人)
堀栄三(誌上参加)の3人の元14軍参謀が座談会を行っていたが、この中で、朝枝氏は「堀君
が送った大事な電報を大本営陸軍部で握り潰した者がいたからですな・・・、いうなれば
中傷になり見苦しいが、あえて申しましょう。堀君の言によれば、その人は作戦課の某少佐
なんですな・・・」 堀「彼がソ連から帰って間もない昭和33年と思います。14方面軍で一緒
だった田中光祐(静壱大将の息子)君からの電話で虎の門の共済会館の食堂で会いました。
その時、彼(瀬島)が言うんです“ソ連抑留中もずっと悩み続けた問題の一つは、みんなが
勝った勝ったといっていた時、ただ1人それに反対した人がいた。あの時に自分が、君の電報を
握り潰した。これが捷一号作戦を根本的に誤まらせた。・・・帰ったら、何よりも君に会いたい
と思っていた”握り潰したというのはこの時初めて私が耳にした言葉でした」彼、一応認めてる。

393 :日本@名無史さん:03/08/12 20:02
392続き 谷口義ミ元参謀の言も少し
・・・山下閣下が比島戦では住民を軍の懐の中に庇護するよう留意されたことに
感銘を覚えています。満州において関東軍が開拓民や一般邦人を放棄したのは
どういうことなのでしょう。「一億玉砕」などと言う人がいた。だれが言い出した
のか、天を恐れぬ言葉です。・・・・・

394 :日本@名無史さん:03/08/12 20:16
> しかし許しがたいのは、この戦争を計画し、
> 開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、なおかつ敗戦の後も引き続き日本の
> 国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし戦争責任の回避を行
> っている者である。

他人事みたいに語るな!
おまえもその一人だろうが。>>>昭和天皇

395 :日本@名無史さん:03/08/12 20:20
>>394
禿同。
戦争責任見逃してもらった天皇が戦争を語るなっつうの

396 :日本@名無史さん:03/08/12 20:45
アメリカが占領するや否や日本を荒しまわった奴等よりは遥かにマシだよ。

397 :日本@名無史さん:03/08/12 23:12
>>394
アホ天皇はそんな事、語れるほど歴史認識ないだろ
戦後右翼の作った与太話だ

398 :日本@名無史さん:03/08/13 01:25
自称「保守派」が瀬島を庇うために昭和帝を貶すことの不思議

399 :日本@名無史さん:03/08/13 01:46
---------------------------------------------------------------------------
「渡邉恒雄 メディアと権力」(魚住昭著、講談社刊、2000年7月刊)を読んで

私は、ナベツネと中曽根康弘・元首相がどういう関係だったのかを、何よりも
知りたかった。この本からだけで決定する積もりはない。しかし、大体の証拠
は揃っている。多くは関係者からの証言を元に書かれているから、信頼が置
ける。これで、20年続いたナベツネ時代が終わってゆく。いい事だ、と思う。
やっぱり、読売新聞はおかしかった。どうしてあんな、変でガサツな新聞に成り
果てたのか、全てこの本で分る。これで、ナベツネに可愛がられた読売内部の
人間たちだけでなく、ナベツネが引き立てた保守系の若手の学者たちも、打撃
を受けるだろう。

ナベツネが、どのようにして戦後の保守政治家の大物たちに食い込んでいった
かも、よく分った。児玉誉士夫、そして、中曽根との関係が一番重要なのだが、
そこは流石に、あまり証言が得られてない。そこに、日本の戦後政界史の闇の
中心部分があるからだ。(中略)つまり、日本の敗戦後の保守政治家のトップた
ちは、どのように「アメリカの影」に操られたのか、という重要問題である。

(中略)自分[ナベツネ]が政治家たちの真横にいて、日本の戦後政治が決められ、
作られてゆくのを見つめ続けてきた。いや、その現場に立ち会う事も多かった。
というより、時には自ら、自民党の派閥政治そのものに参画している。彼は、小型
ながらキング・メーカー(次の首相選び)に加わったりしたのだ。大新聞の政治部
記者たち、というのがどのようなものか、彼らの姿を直に見続けた人でなければ、
普通の庶民には分らないだろう。

400 :日本@名無史さん:03/08/13 01:47
大物政治家たちの「番記者」というものが、どのような働きをする人たちか実感で
分らなければ、ナベツネ物語は面白くない。ということは、ここまで今の読売の独
裁者を幾ら活写してあっても、この本は、訳知り人間たちの「政治問題の専門書」
でしかない。大衆・庶民には、大組識内の人事・権力闘争というのは興味のない
話だ。このことを自覚しないと、このナベツネ本を、「業界暴露」ものとして正当に
高く評価はできないだろう。私がこの本の中で一番ビックリしたのは、次の個所だ。
これは全く私独自の関心事であるが、本当は一番重要な所なのだ。

「自民党の青年将校と言われた中曽根康弘も渡邊のおかげで閣僚ポストにあり
ついた一人である。二人[ナベツネと中曽根]は、昭和31年の総選挙のさなか、
読売新聞社主でもあった正力松太郎を介して出会って以来の親しい仲だった。
一時、政権取りの野望を抱いた正力が、渡邊に正力シンパの中曽根と毎日連絡
を取りながら総裁選情報を収集する様命じたのである。」 (P.115)

このあと、次のようになる。これには、私はビックリした。

401 :日本@名無史さん:03/08/13 01:47
渡邊がすかさず[党人派の大物、大野伴睦に]頼み込んだ。
「中曽根は入閣への窓口がなく困っているんです。何とか入閣を推薦してくれませんか」
「中曽根君。きみは総裁の器だ。よし、きみを入閣させる」
昭和34年(1959年)6月18日、第二次岸改造内閣で中曽根は科学技術庁長官の
坐を射止めた。その夜、渡邊は新橋の料亭「松山」で酒を飲んでいた。
そこへ、皇居での認証式を終えたばかりの中曽根が駆けつけた。中曽根は天皇
の署名が入った大臣の辞令書を見せながら、こう言って深々と頭を下げた。
「おかげさまで大臣になれました」

政治の世界とは、こういうものである。この時、中曽根は41歳である。まだ、河野一郎
の側近として河野派を支えて、岸信介や佐藤栄作の兄弟とは仲が悪い。それなのに、
こうして岸内閣の閣僚の末席に名を連ねた。政界人事とは、そういう世界だ。

それにしても、中曽根とナベツネの関係が、実はこのように逆転したものであったとは。
私はずっと、中曽根のほうがナベツネの親分なのだとばっかり思っていた。真実は逆だ
った。この事は、岸信介と児玉誉士夫の関係にも言える。私の最近の研究の結果では、
どうやら児玉誉士夫の方が、岸よりも格が上であったらしいのだ。首相をした政治家の
方がずっと偉いと考えるのは一般国民の方であって、本人たちの関係では、違うのだ。
どっちがどっち世話をした、面倒を看た、助けた、と言う事実から判明する。
---------------------------------------------------------------------------

402 :日本@名無史さん:03/08/13 02:39
>>398
確かに。(w

403 :日本@名無史さん:03/08/13 10:29
>>398
ハア?どこが保守派?
ただのサヨじゃねーか

404 :日本@名無史さん:03/08/13 11:17
自称保守派ってのは、最近ワラワラと沸いてきた「真の保守」のことけ。

405 :日本@名無史さん:03/08/14 17:59
>>377

『正論』 9月号  http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2003/0309/mokuji.html

昭和史第一級資料『終戦の真相』掲載!
迫水久常・書記官長が語った昭和天皇と最後の御前会議

元鈴木内閣書記官長 迫水 久常

に終戦間際の状況が詳述されているんだが、
陸軍が本土決戦を含む徹底抗戦を断固主張してる中、瀬島がなんとか終戦受け入れを
できないかと言ってきたそうだ。あのクラスの陸軍軍人としては一般的な発想ではない。
阿南は一貫してポツダム受諾反対だったし、クーデターの動きすらあった時代だ。

瀬島ソ連スパイ説などというとんでも論が出ていたりするのだが、もしスパイなら、
ソ連侵攻前の降伏受諾などという発想はないはず。

406 :日本@名無史さん:03/08/14 18:57
瀬島自身は、5月下旬迫水から戦局の見通しを聞きたいと言われ書記官長室で
会い見通しについて語ったとは言ってるが。でも、7月末から関東軍に移ったが、
問題は、敗戦時、日本軍ら在満邦人の労務提供をソ連に申し入れた疑惑が
持たれている事。政府(陸軍)とソ連の裏取引の交渉に満州に飛んだ疑いだって。

407 :日本@名無史さん:03/08/14 19:05
>>406

【シベリア抑留】ソ連軍による拉致強制労働の実態
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1060569789/33

408 :日本@名無史さん:03/08/14 19:15
軍部がソ連を頼りにして海軍の長門など残存艦艇をソ連に渡し、見返りに
航空機と石油を提供してもらう計画もあり、陸軍の梅津参謀総長は2月9日
「大本営の意見では、米国の方針が、日本の国体を破壊し、日本を焦土に
しなければ飽き足らぬのであるから絶対に米国との講和は考えられない、
それに反してソビィエトは日本に好意を有しているから、ソビィエトの後援
の下に徹底抗戦して対米戦を続けなければならない」と奏上している(細川日記)
これらの傍証からみても、陸軍はソ連と何らかの交渉をするつもりだったのでは。

409 :つんく:03/08/14 19:21
http://elife.fam.cx/a011/



410 :日本@名無史さん:03/08/14 19:34
“溺れる者は藁をもつかむ”日本のコトワザいいこと言ってる。
「スターリンは西郷南洲に似たとこがある」とかほざいてた高官
(名前誰だったかな?)もいたらすい。

411 :日本@名無史さん:03/08/14 19:37
>>408
何を今更。
中立条約結んでる国だからということで、停戦交渉仲介を要請して見事に騙された。
仲介では、見かえりを要求されてたが、
結局は侵攻のための兵力移送の時間稼ぎに使われただけだった。

412 :日本@名無史さん:03/08/14 20:07
だが、政府高官や支配層はソ連の仲介をソ連参戦まで期待していた。
細川護貞はソの回答を一日千秋の思いと日記(8/8)に書いている。迫水
書記官長は参戦を聞き、立っている大地が割れるような気がしたと書き
東郷外相は佐藤大使に矢の催促でソ連の回答(特使派遣の)を急がせて
いた(外相はまったく期待していなかったが首相らにせっつかれて。

413 :日本@名無史さん:03/08/14 21:22
ソ連に特使(近衛を予定)された場合の交渉案の中に国体護持、
領土、在外軍隊の処置などと並んで賠償について、(イ)一部の
労力を提供することには同意す、という文言がある、特使派遣は
実現しなかったが日本政府にその考えがあったことは疑いがない。
また、山田乙三関東軍司令官のワシレフスキー極東軍司令官宛て
文書が残っている「居留民、軍人のうち希望者はなるべく駐満のうえ
貴軍の協力せしめ、その他は逐次帰還を希望し、軍人の場合は右帰還
までの間に於きましては極力貴軍の経営に協力する如く御使い願い度い
と思います」とある。抑留はソ連の既定方針であってもこの文書の存在
はソ連に口実を与えることに・・・。瀬島が帰国後、商社マンという形で
出世の階段を上っていったのも事実を知る彼を野に置いておいては何を暴露
されるかもしれないと恐れた支配層の配慮が見え隠れする。

414 :日本@名無史さん:03/08/14 22:33
≫410
「スターリン首相という人は、なにか西郷南洲に似ているような気がする」
と言ったのは鈴木貫太郎でがせう(5月中旬の最高戦争指導会議で、
出席者、首相、外相、陸相、海相、参謀総長、軍令部総長の計6名)

415 :山崎 渉:03/08/15 12:23
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

416 :日本@名無史さん:03/08/16 00:21


417 :日本@名無史さん:03/08/16 06:54
大本営で一緒だった晴気少佐(自決)の遺書が満州の瀬島に届き
シベリアまで持っていったが、ソ連に取り上げられたとか言ってるが・・・。

418 :日本@名無史さん:03/08/16 07:41
陸軍は何を根拠にソ連が日本に好意を持ってると判断したのかな
仮想敵国No1として敵視してきたのに、不思議な感覚だ?????

419 :日本@名無史さん:03/08/16 08:12
好意を持ってるとは思ってなかったんじゃないか?
逆にソ連に仲裁を頼むことによって、ソ連が満州に侵攻するのを
防げると思ったんじゃないかな?

日本人的発想でさぁ

420 :日本@名無史さん:03/08/16 10:39
日本があんなになるまで戦ったのも潜在的にソ連との中立条約が支えになっていたんだろうな
あんなもんなければもっと早く降伏していたかも

421 :日本@名無史さん:03/08/16 11:49
日本がボロ負けまで引っ張ったのは、やっぱ、ルーズベルトとチャーチルが
無条件降伏と戦犯の処罰を求めたことが大きいと思われ。


422 :無料動画直リン:03/08/16 11:52
http://homepage.mac.com/miku24/

423 :日本@名無史さん:03/08/20 00:47
瀬島って、何のために生まれてきたんだろうね。
人を裏切るために生まれてきたのか?

424 :日本@名無史さん:03/08/20 01:24
>>423
国を守るために自分の身も投げ打った。
自己保身に走った走狗よりはマシな人間だ。

425 :日本@名無史さん:03/08/20 04:43
>>424
そうね。
ソビエト連邦を守るためね。

426 :日本@名無史さん:03/08/20 06:16
中曽根さんのブレーンの一人として知られ、臨調や民間活力導入
(民活)でも知恵者として辣腕をふるった瀬島竜三(伊藤忠相談役)
という男は、元関東軍の参謀として、諜報活動に当たっていたというが、
その実体は、ソ連の二重スパイであったという説がある。(中略)

 新政権が誕生すると、バカの一つ覚えのようにワシントン詣でを
するのが常だったが、中曾根さんが政権の座について初の海外訪問
国として選ばれたのは、意外にも韓国だった。そして訪韓の根回しを
したのが瀬島氏であった。

 この韓国訪問で40億ドルの経済援助を発表して話題になった。
前政権・鈴木内閣時代、韓国から60億ドルの経済援助要請があったが、
それを蹴って棚上げしていたくらいだ。(中略)

 40億ドルのうち、政府援助は10億ドル、30億ドルが民間ベースの
援助というのが、その内容だった。韓国側とどんな密約があったかは
わからないが、このあと、対韓国貿易では、瀬島氏が相談役をつとめる
伊藤忠商事が、一躍トップに踊り出る。なんだ、これは!

 この瀬島という胡散臭い人物が中心になって、「民間活力導入」の
美名のもとに、電電公社、専売公社の民営化、国鉄の分割民営化、
日本航空の完全民営化などが断行され、その中で新たな利権が次々
に生み落とされていった。

「日本をダメにした九人の政治家」 浜田幸一 1993年 講談社

427 :日本@名無史さん:03/08/20 08:01
露探

428 :日本@名無史さん:03/08/20 09:03
>>426
電電公社、専売公社、国鉄の民営化は非難すべき点ではないだろ
さすが浜公wアクアライン作った男だね

429 :日本@名無史さん:03/08/20 17:15
>>426
「自民党がモスクワから持ちかえった資料によると、瀬島がシベリアで教育した
日本人の総数は・・・」という、一番重要な部分が欠けてる。
そこも書けよ。

430 :日本@名無史さん:03/08/20 17:52
>>429
ご要望にお答えして…(w

 終戦後、ソ連に残り、帰国したのは昭和31年(1956年)である。
経歴では捕虜としてシベリアに抑留されたことになっているが、何万人
もの日本人捕虜が強制労働によって死んでいった中で生き残って
帰ってくるには、それなりの理由があったはずだ。

 彼が、シベリアでなにをしていたかを示す資料が、最近の自民党の
調査によって明らかにされつつある。化けの皮がはがされるのも、
時間の問題だろう。

 しかも、シベリアで彼が教育した日本人は3、4千人にのぼると
言われている。つまり、二重スパイとしての彼と同じ思考法をする
数千の人たちが、日本中にばら撒かれ、あちこちの要職について
いるのだ。

「日本をダメにした九人の政治家」 浜田幸一 1993年 講談社


431 :日本@名無史さん:03/08/20 18:00
>>428
浜幸は、民営化で利権が失った側の人間なんだろうね。

432 :日本@名無史さん:03/08/20 18:08
>>426
5つの段落のうち、第1段落はさすがに問題だが、2から5までを読む限りでは単にやり手なんだなと思うんですが。

433 :日本@名無史さん:03/08/20 18:44
>>426 >>430
その資料で最も重要なのは、従来、瀬島露探説は、他の多くの日本人露探と同様に、
瀬島も抑留中にオルグされたというものだが、実は大本営参謀時代からそうだった
可能性が出てきたということ。
それなら、奴の不可解な作戦指揮は、ソ連の指示を受けた日本軍破滅化政策だった
ことになる。
瀬島が大陸に渡ったのは、日本軍敗北が決定的になった段階。

434 :日本@名無史さん:03/08/20 19:33
>2から5までを読む限りでは単にやり手なんだなと思うんですが。

426です。
拙者は、いまだ真偽不明の露探説よりも、現在もなおODAやら
賠償外交などと称して大部分の国民の収めた税金を流用し、一部
私企業の利益誘導に使われている現状が我慢なりませんです。

これは、欧米においては、ロックフェラーやロスチャイルドといった
国際金融財閥が、時の政府を利用し、国庫をタネ銭に世界戦争を
仕掛けてあくどい金儲けを企んだ構図の、日本における縮小版では
ないかと睨んでおります。

内外いずれにしろ、免税措置の適用を受ける宗教団体や各種財団を
通じた活動に対して、政府が援助を行うということは、本来、一般庶民
が支払うべき水準を越えた税負担というものを、バカ正直にも、我々
庶民が蒙ってきたのではないか、という苛立ちであります。

どなたか、自民党調査団の調査内容を調べられるサイト等あれば
ご教授くださいまし。

435 :日本@名無史さん:03/08/21 03:01
>>434
ハマコーが本を出版した時点では、調査団が持ち帰った資料は、
「社会党がソ連からカネを貰っていた」とか瀬島の話とか、まだ一部しか公開されていないみたい。
ただ、ハマコーは「日本国中がひっくり返る情報がある」というようなことを書いていた。
そこらへんの部分、430さん、ここに書いてちょ。

436 :日本@名無史さん:03/08/21 03:33
>>426
第5段目、実際瀬島はNTT顧問として情報産業に食い込んでいる。
そして昨年の「ぴあ」上場では大株主になっている

437 :日本@名無史さん:03/08/21 07:12





438 :日本@名無史さん:03/08/21 12:27
不毛地帯おもしろい。でも連載当時は、瀬島さんが京都へ出張しようとすると、
千里さんによろしく〜みたく周りにからかわれたらしい。。

439 :日本@名無史さん:03/08/27 13:05
>410
鈴木貫太郎。俺もそれ聞いて唖然とした


440 :日本@名無史さん:03/08/27 14:21
>>439
鈴木貫太郎は、赤軍の大量粛清等を知らなかったんじゃないの。
知ってたら西郷南州どころじゃないだろうし

441 :日本@名無史さん:03/08/28 01:12
,.、,、,..,、、.,、,、、..,_       /i
   ;'`;、、:、. .:、:, :,.: ::`゙:.:゙:`''':,'.´ -‐i
   '、;: ...: ,:. :.、.∩.. .:: _;.;;.∩‐'゙  ̄  ̄
    `"゙' ''`゙ //゙`´´   | |
        //Λ_Λ  | |
        | |( ´Д`)// <うるせぇ、エビフライぶつけんぞ!知らねえよ
        \      |
          |   /
         /   /
     __  |   |  __
     \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
     ||\            \
     ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


442 :日本@名無史さん:03/08/28 08:13
岡田真澄はスターリーンに似たところがある。

443 :日本@名無史さん:03/09/06 01:52


444 :日本@名無史さん:03/09/13 11:52
今年の冬あたりポックリ逝きそう

445 :日本@名無史さん:03/09/23 20:05


446 :日本@名無史さん:03/09/25 12:29
2000(平成12)年11月2日(加藤の乱の3週間前)
森喜朗総理大臣は料理屋「吉兆」(銀座)で
中曽根康弘、瀬島龍三、渡辺恒雄、氏家斉一郎と会談してます。

今回の安倍幹事長誕生の背景に瀬島龍三がいるのは間違いないでしょう。

447 :日本@名無史さん:03/09/27 21:12
【最強の】フィクサー列伝【アウトロー】
http://human.2ch.net/test/read.cgi/4649/1058937872/


448 :日本@名無史さん:03/10/06 11:18
また新しい本出した
http://www.fusosha.co.jp/senden/2003/042007.html

449 : :03/10/12 11:46
誰か自白剤しこたま飲ませて

450 :日本@名無史さん:03/10/12 12:35
なんかカッコイイな。
陸士、陸大首席卒業、大本営作戦参謀として数百万の軍隊を動かし、
シベリア抑留時代は赤いナポレオンと呼ばれ、
帰国後伊藤忠に入社、軍人脈と実弾で数々の商戦を制してのし上がり、
中曽根の影の参謀として政界を牛耳る・・・

男として憧れる

451 :日本@名無史さん:03/10/12 12:52
>>449
そしたら 死んじゃうYO

452 :日本@名無史さん:03/10/31 17:01
四元義隆が小泉純一郎をどう評価してるのか聞きたい。

453 :日本@名無史さん:03/10/31 19:13
一柳もね。

454 :日本@名無史さん:03/10/31 22:13
山口県人です。
瀬島は、香月泰男がシベリアに抑留される基を作った人間なの?

455 :日本@名無史さん:03/10/31 22:16
百姓の家系だろ?興味なし

456 :日本@名無史さん:03/10/31 22:36
>>454
誰それ

457 :日本@名無史さん:03/11/13 23:38
道路公団総裁内定者はこやつの小僧だった人物か。

458 :日本@名無史さん:03/11/14 17:45
近藤は瀬島の元秘書

459 :日本@名無史さん:03/11/15 01:54
道路公団まで瀬島の手によって民営化されるのか。。。。
やっぱすげーわ。

460 :日本@名無史さん:03/11/15 19:07
中曽根の反撃か・・・

461 :日本@名無史さん:03/11/26 19:02
いつまで生きるんだろうこの人・・・
この人が死なない限り日本は変わることができなさそう

462 :日本@名無史さん:03/12/06 21:02
この人が死んでしまったら伊藤忠も一緒に潰れるのかしら。。。オソロシヤ

463 :日本@名無史さん:03/12/09 18:53
ガダルカナル撤退作戦の主任参謀だったというから、
ガ島撤退作戦成功の手柄はあるわけか

464 :日本@名無史さん:03/12/09 19:16
あげとこ

465 :日本@名無史さん:03/12/09 22:57
>>463
ガ島は井本熊男じゃなくて?

466 :日本@名無史さん:03/12/12 00:34
>>463
>>465
明日までに調べておく。

467 :日本@名無史さん:03/12/12 00:38
いまどき瀬島を絶賛する奴なんて、伊藤忠社員ぐらいじゃねえの?
伊藤忠時代にもバブルに突っ込んだ挙句、大した業績を残してないらしいけど。
そういや、ソルジェニーツィン日本講演を伊藤忠の取り引き関係を利用して
潰した事実が公安当局によって確認されたとか。

468 :466:03/12/13 01:04
瀬島→大本営南東方面主任参謀
真田作戦部長に従い、ラバウル行き、帰途、撤収を進言、骨子を作成。

井本→第八方面軍主任参謀
具体的な撤収計画を立案。ラバウルからガ島へ渡り、第17軍へ撤収命令を伝える。


こんなところと思うが。

>>463
撤退を進言したということで、作戦成功の手柄は現地にあるはず。



469 :日本@名無史さん:03/12/13 21:34
司馬遼太郎と文藝春秋誌上で対談した時のものを読んでみたい
んだが単行本かどっかに収録されていないんだろうか。

470 :463:03/12/13 22:09
>>468
乙。↓にはガ島撤収作戦の主任参謀と書いてあったんだが。
ttp://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/human/se/ryuzouse.html

471 : :03/12/22 23:45
>>469
デカイ図書館にいけば文芸春秋のバックナンバーは書架にあって見せてくれるだろ。

472 :日本@名無史さん:03/12/23 10:17
ガ島撤退作戦なんてまだ余裕のあった時期だし
アメリカも煮詰まる前だから犠牲出してまで追ってこなかっただけの話
誰でもできる
サイパンから撤退成功したのなら評価もできるが
この頃は無能がさらけだされて、どう生き延びるかだけ考えていた。

473 :日本@名無史さん:03/12/24 12:39
>>470
軍事史知らない香具師にしてみれば、作戦に関係しているなら大本営の南東方面主任参謀も
第八方面軍参謀も同じようなもんだろ




474 :日本@名無史さん:03/12/26 01:31
>>39
もしかして上智??

475 :&ΩΨρ:04/01/05 07:46

  大本営サンボー瀬島龍三中佐には、「シベリア密約」の疑惑がついて回ります。
  本当のところはどうなのか? 「シベリアで左官をしていた」と哂えないギャグ
  をかましているのを、誰かの対談で読んだことがある。約60万人の日本人が、
  如何なる理由で、強制労働させられたのか? この事情を知る唯一の生き証人
  当事者能力を備えた証人である。彼に権限があったとはいわないが、その間の
  事情について最もよく知る立場にいたのではないか。白状汁べし。
  墓場まで、その話を持っていかないようにしてホスイ。昭和の謎の解明に
  協力することが、シベリアで命を落とした6万人の英霊に報いる道である。 

476 :日本@名無史さん:04/01/05 12:22
>>475
「シベリア密約説」なんてありません。
トルーマンが北海道東半よこせという要求を拒否したので
スターリンが怒ってじゃあ代わりにということで抑留されたらしい。

未だにそういう俗説が消えないということだけは同情するな

477 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

478 :日本@名無史さん:04/01/17 19:04
生age

479 :日本@名無史さん:04/01/17 23:41
>>476
つーことは、結果的にシベリア抑留者は自分の身を盾にして北海道をロスケの魔の手から
守ったことになるな。

480 :日本@名無史さん:04/01/24 10:12
プッ、 工作員か



>(露の)北海道東半よこせという要求

そんなもんはねえよ。殺すぞてめえ


481 ::04/01/24 11:05
キチガイ

482 :↑ :04/01/24 11:24
虫ケラ

483 :日本@名無史さん:04/01/24 12:44
>>480
常識だよ。
何にも知らないんだね(プ




484 :日本@名無史さん:04/01/24 13:01
保阪正康「参謀の昭和史」だけじゃなく、
半藤一利「ソ連が満洲に侵攻した夏」
共同通信「沈黙のファイル」
も読め。瀬島が何をし、何をしていないのかがわかる

485 :日本@名無史さん:04/01/25 04:11

共同通信だから・・・


486 :日本@名無史さん:04/02/08 15:15


487 :日本@名無史さん:04/03/10 16:55
100歳まで生きますかね。

488 :日本@名無史さん:04/03/10 18:52
鈴木貞一は確か100歳越えたはず。
悪い奴ほど何とやらだな。

489 :日本@名無史さん:04/03/13 00:43
・大本営参謀での作戦立案?
・餓島からの撤退(直前に現地へ出張)?
・フィリピン戦の作戦立案?
・台湾沖海戦の某参謀の報告?
・岡田元総理らとの関係?
・関東軍参謀配属前の立場?
・関東軍作戦参謀としての作戦立案?
・ソ軍との停戦交渉?
・シベリアでの行動?
・商社での航空機商戦?
・土光臨調?
・教育臨調?
・どこかの元軍人さん団体の会長?
・中曽根内閣の密使?(韓国)
・橋本内閣の密使?(湾岸戦争のときの米へ?)

どれが本当なの?
と聞いて見るテスト

490 :日本@名無史さん:04/03/24 22:50


491 :日本@名無史さん:04/04/15 17:00
じいさん、まだ生きてたのか!○い奴ほどよく眠る。

492 :日本@名無史さん:04/05/03 17:29


493 :日本@名無史さん:04/05/03 18:07
キモい奴ほどよくオナる

494 :日本@名無史さん:04/05/03 18:08
まあ、俺も2chばっかやってないでフィクサーにでもなるか・・・( ´_ゝ`)y―〜

495 :日本@名無史さん:04/05/03 18:45
ただのじーさんだろ

496 :日本@名無史さん:04/05/10 02:06
保守

497 :日本@名無史さん:04/05/10 03:05
10年位前に富山の某所で見かけたことがあります。温厚なお爺さんという感じでした。
そこの方の話によれば年に数回来られるそうで、財界や自民党の大物、
近隣の知事も来られるそうで、
総裁選ともなれば対応が大変とのことでした。マスコミは当然シャットアウトです。
これ以上詳しいことは書けません・・・・

498 :日本@名無史さん:04/05/10 03:21
存命する最後の大物だよな、結局何も語らないのだろうな。

499 :497:04/05/10 03:40
ちょっと文章おかしかったね。ゴメンナサイw
でも本当の話です。

500 :瀬島龍三:04/05/11 01:17
500

501 :日本@名無史さん:04/05/11 18:54
>>497 フィクサーといえば物騒な雰囲気だけど、実像は
そういうものでしょうね。というよりも、それほどの人物
じゃなければフィクサーになるのは難しいと思う。

502 :桓武平氏:04/05/11 19:00
伊達に大本営参謀ではないよ。肝もすわっているだろうし、頭だって
凄くいいだろうしね。

503 :日本@名無史さん:04/05/19 22:39
参謀本部で作戦課ってことはいの一番に責任取るべき人なんだろうけど、
旧体制の指導者層を槍玉に挙げる国は
品がないっていうか、うすっぺらい国のような。
中曽根とかあそこらへんは、国にとって必要な人間かも、
瀬島個人

504 :日本@名無史さん:04/05/20 15:32
売国一号だからな。
目先の利益にはうるさいんじゃないのか(笑)?
そういう意味では小利口な連中だというのは認める<瀬島や中曽根

505 :日本@名無史さん:04/06/18 21:13


506 :日本@名無史さん:04/06/26 00:08
6月24日、場所はホテルニューオータニ
覚醒剤懲役4年の角川春樹出所パーティーに瀬島が出席

507 :日本@名無史さん:04/07/11 22:03
瀬島は今も読売日テレの監査役。
90過ぎて仕事出来るんかい?

508 :日本@名無史さん:04/07/11 23:26
監査役なんて実質名誉職だし無問題

509 :日本@名無史さん:04/07/15 22:57
 にも拘わらず、種村佐孝大佐が、実際に「日ソ中立条約破棄通告を受け且独崩壊し」我が
国が独力対米英戦争を遂行せざるを得なくなった昭和二十年四月末以降、「対米終戦に
関する外交交渉成功するも米は偽装停戦して我が戦意を喪失せしめたる後必ず国体の破壊
を吹掛けて来る」との真赤な虚言を吹聴し、
 「ソ側の言いなり放題になって眼を潰る、日清戦争後に於ける遼東半島を還付した悲壮なる
決心に立換ったならば今日日本が満洲や遼東半島や或は南樺太、台湾や琉球や北千島や
朝鮮をかなぐり捨てて日清戦争前の態勢に立還り、明治御維新を昭和の御維新によって
再建するの覚悟を以て飽く迄日ソ戦を回避し対米英戦争完遂に邁進しなくてはならない」
 「日清戦争前の態勢にかえってもソと戦をしないか、真逆ソとしてはそんな無理は云うまいと
思われるけれ共帝国としては此の肚を以て日ソ戦争を絶対に回避すべきであって其処迄肚を
極めて対ソ交渉に移るべきである、移った以上ソ側の言い分を待って之に応ずると云う態度に
出づるべきである」
 「今後に於ける帝国の対ソ態度は絶対対ソ戦回避に存するを以て今更ら対ソ戦生起を前提
として行うところの作戦準備は厳に反省を要すべし」
 「ソの仲介若くは恫喝に依り世界終戦への導入を余儀なくせらるることである、帝国としては
対ソ施策に発足した以上否応なしに其の仲介若くは恫喝に従わざるを得ない」
 と主張した真の目的は、我が国が米英に降伏することによって自由主義へ後退することを
断固として排し、「独屈伏に依る場合はソを全面的に利導して日ソ提携」を実現し・・・・(中略)


510 :日本@名無史さん:04/07/15 23:03
国体護持は、政府将兵国民を欺く詭弁であり虚言であった。だから種村等陸軍の
革新幕僚は、
「国家が大規模かつ長期に亘り戦争を行い敗北すれば、大衆は彼らに戦争の惨苦をもたらし
た君主、政府、体制に激しい怨恨憎悪を抱くようになり、暴力革命勃発の土壌が生まれる。」
というレーニンの敗戦革命論に基づき、国民全滅、国家滅亡、国体消滅を意味する
「一億玉砕」を叫び、立憲君主制を容認する米英に対して徹底抗戦を唱え、それを絶対に
認めないソ連の「言いなり放題になって眼を潰れ」とまで極言し、ポツダム宣言受諾を決断
された昭和天皇にクーデターを敢行し、敗戦後、共産党に入党したのである。すなわち彼等
は国体の衣をまとい(天皇尊重の偽装)、国体を利用して(国体護持の為の対米英本土決戦
一億玉砕)、国体を破壊せんと画策し(敗戦革命)、敗戦後、国体の衣を脱ぎ捨て正体を暴露
した(共産党への入党)のである(1)。松谷誠の言葉を借りれば、敗戦後日独両国において
「極右より極左に転向」し赤旗を振る運動が顕著に現れたのであった(2)。
http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/from79to87ww2.htm

511 :日本@名無史さん:04/07/15 23:13
保坂正康「昭和史 七つの謎」にあるけど、ラストボロフ事件で、ラストボロフが日本における
KGBネットワークを米国当局に暴露すると、危機感を抱いた朝枝元大本営参謀は自ら警察
に出頭し、「ソ連にスパイを強要された」と証言。種村元参謀(戦後共産党員)も自ら出頭、
「シベリアでスパイになるよう命じられた」。松村参謀副長は瀬島とともに東京裁判で
ソ連側証人になった。朝枝と種村は元将校としては異例でわずか2〜3年で帰国を許されて
いる。瀬島や朝枝、種村は、大本営参謀でありながら、終戦間際に満州入りするなど不自然
な行動を取っており、現地の関東軍参謀から「お前、なんでこんなところにいるんだ」と
言われたりしていた。

512 :日本@名無史さん:04/07/21 18:12
故岸信介元首相のドキュメンタリーをフジテレビが制作していることが20日分かった。
戦後を代表する大物政治家の1人でありながら、いまだに評価が定まっていないことなどもあり、
テレビで扱われることがほとんどなかった。8月14日午後2時から、
終戦記念日特番「NEW AGE人物伝 昭和の妖怪 岸信介(仮題)」として放送される。
約1年半の取材によって発掘された新資料、秘蔵映像も一挙公開される。

岸氏の孫である安倍晋三幹事長(49)は、拉致問題に精力的に取り組んできたことなどから、
自民党への追い風がやんだ現在も人気者。岸氏と同じく首相の座に就いた実弟の佐藤栄作氏(1901〜75)は74年、
日本人初のノーベル平和賞を授与され、祝福された。

一部引用
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/07/21/01.html


513 :日本@名無史さん:04/07/21 23:35
>>217
亡くなられました。

514 :日本@名無史さん:04/08/06 00:15
このスレでもたまに名前の出てた、四元義隆さんがなくなられました。
っていうか6月に死んでたんだってさ。
歴代首相指南役、四元義隆氏が死去…血盟団事件で服役
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040805-00000512-yom-soci

これで怪物は瀬島だけになったな。

515 :日本@名無史さん:04/08/06 06:42
夏向きの怪談

516 :日本@名無史さん:04/08/06 11:07
戦後、歴代首相の指南役と言われた四元義隆(よつもと・よしたか)元三幸建設
工業社長が6月28日、老衰のため、神奈川県鎌倉市内の病院で死去していたことが
5日、わかった。96歳だった。 告別式はすでに、親族だけで済ませた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __      戦後首相の指南役といわれる人物が老衰・死去。
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  /
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 瀬島隆三氏は有名ですね。(・∀・ )

04.8.6 Yahoo「歴代首相指南役、四元義隆氏が死去…血盟団事件で服役」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040805-00000512-yom-soci

517 :日本@名無史さん:04/08/06 13:09
もう瀬島はケッコウ、お盆で帰ってきた英霊と一緒に
彼の岸に逝ってくらさい。それがせめてもの罪滅ぼし

518 :日本@名無史さん:04/08/25 12:59
>>10
最後 一三と一緒に退職ってのが潔ぎ良すぎたな。。

519 :日本@名無史さん:04/09/05 05:59
保守

520 :日本@名無史さん:04/09/07 00:57


521 :日本@名無史さん:04/09/09 20:12
化け物

522 :日本@名無史さん:04/09/09 20:18
>>517
奴の魂は英霊たちとは違う場所をさまようんだよ。

523 :日本@名無史さん:04/09/12 21:55:35
日米開戦について、参謀本部は強硬派が多かったというのが機密日誌等で知られているけど、
瀬島はどうだったの?やはり開戦派?

524 :日本@名無史さん:04/10/01 00:58:51


525 :日本@名無史さん:04/10/01 04:50:03
昭和14年から大本営に入っているが、その頃の己のスタンスは一切語っておらずぼかしたまま。
もっぱら、ガ島の撤退の経緯、サイパン陥落前後の経緯、終戦直前の和平派の動きなど
自分にとって都合のいいとこだけ公表している。

526 :日本@名無史さん:04/10/02 22:49:25
山下奉文大将終焉の地 慰霊碑修復計画
http://www.ch-sakura.jp/today.php

私たちは、微力ながら、山下将軍閣下慰霊碑の修復を決意しました。
日本文化チャンネル桜の開局を控え、私たちの開局への決意と散華
された英霊への感謝と崇敬の念を表すためにも、この修復を記念事業
として行うことを決め、実行に移しました。幸いにもマニラ在住の日本人
建築家野沢氏のご協力により、慰霊碑とその周辺の修復計画と設計図、
見積もり等を作成して(別紙参照)いただきました。また、当地の土地所
有者のポンス・バトゥガル氏は、私たちの意図に賛同していただき、慰霊
碑周辺の土地約七百五十平米を当地のバランガイにご寄付していただ
くこととなりました。

 慰霊碑付近には掲示碑が建立されますが、元陸軍参謀瀬島龍三氏の
揮毫によって「将軍山下奉文この地に眠る」と刻印されます。

527 :日本@名無史さん:04/10/02 23:56:48
単に戦前は軍人で、戦後は経済人として、
一流だったとういうだけの人です。

皆様をよろこばせるほどの、裏はございません。

面白がってフィクサーなどという人もいますが、
読売の渡辺氏程度の影響力もございません。

528 :日本@名無史さん:04/10/03 00:24:20
かれは精々少佐なんだから何ほどのことも出来ないよ

529 :日本@名無史さん:04/10/03 06:08:26
まっとうな商売で成功したのなら、一流経済人と呼ぶのも異論はないが
そうではあるまい。もっぱら賠償ビジネスで、政府与党のボスとつるんで
怪しい金を動かして、政界とコネをつけただけの児玉に近いタイプ。

530 :日本@名無史さん:04/10/04 18:29:50
瀬島龍三はすごいのか?

531 :長江壱條龍:04/10/04 18:58:02
 陸大出の陸軍将校として、普通です
 それ以上ではありません
 戦後の業績も商社員として普通の職務内容であって、左翼少年が妄想するやうな
おどろおどろしいものではありません
 論者にビジネス経験が無いからわけわかなだけです

532 :日本@名無史さん:04/10/05 00:02:42
ゴルゴ13に瀬島がモデルの奴が主人公のエピソードがあったな。最後はゴルゴに狙撃されるんだけど、
ゴルゴ全話でもかなりの悪役で、狙撃された時スカッとしたよ。
いっぺん読んでみ。

533 :日本@名無史さん:04/10/05 01:19:11
大して業績も上げてない瀬島が、未だに政財界人から慕われる理由がよくわからん。

人徳ってことか?

534 :日本@名無史さん:04/10/05 05:44:12
どの財界人に慕われてるの?

535 :日本@名無史さん:04/10/05 07:59:52
粘着するな変態
財界の大物だからそれなりにファンも子分もいる

536 :日本@名無史さん:04/10/05 15:22:03
富山の恥だよ、この男。
さっさとくたばって欲しいね。

537 :日本@名無史さん:04/10/05 18:03:46
フィクサーとは違うのか?

538 :日本@名無史さん:04/10/05 18:24:57
瀬島は露探

539 :日本@名無史さん:04/10/05 22:44:13
皇室を利用してのし上がった

540 :日本@名無史さん:04/10/06 06:00:08
瀬島はソ連の手先=アカ

541 :age:04/10/11 08:36:10
面白い

542 :日本@名無史さん:04/10/11 09:04:09
瀬島ってフィクサーか?

543 :日本@名無史さん:04/10/11 11:17:27
ただの軍事官僚です

544 :日本@名無史さん:04/10/16 04:36:40
マス板に立てました、宜しく

 チャンネル桜 と 瀬島龍三
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/mass/1097866779/


545 :日本@名無史さん:04/10/20 22:08:53
今日2004年10月20日は
アメリカ軍がレイテ島に上陸して60年目に当たります。
あらためて異国の地で散った英霊に黙祷。


546 :日本@名無史さん:04/10/23 19:12:06
俺の父親は、俺が瀬島の本を読んでるだけで逃げるように部屋から出て行く。
そういうのが多いようですね・・シベリアの停戦交渉のも決着がついてると思われるのにこれだけ盛り上がれる・・

547 :日本@名無史さん:04/10/24 06:15:03
確定
Bush 244 - Kerry 253

読みきれない
FL (27)→?
MN (10)→?
NH (4)→?






548 :日本@名無史さん:04/10/24 06:40:12
確定
Bush 244 - Kerry 253

未確定
FL (27)→Bush
MN (10)→Kerry
NH (4)→Kerry

Bush 271 - Kerry 267

549 :日本@名無史さん:04/10/25 23:42:15
そんなに大物かね?

550 :日本@名無史さん:04/10/31 09:04:16
いいや

551 :日本@名無史さん:04/11/02 17:36:26
中堅ぐらいじゃないのか?

552 :日本@名無史さん:04/11/02 17:50:10
叩く人が多いから大物に見えてしまってるのでは。

553 :日本@名無史さん:04/11/03 01:16:20
伊藤忠を傾けた張本人だからね

554 :日本@名無史さん:04/11/03 04:20:30
皇室?ソ連?何言ってるんだ?
伊藤忠の防衛関連でちょっと活躍しただけじゃん。


555 :日本@名無史さん:04/11/03 05:40:56
だいたい伊藤忠なんて大した会社じゃないし

556 :日本@名無史さん:04/11/03 08:56:21
笹川や児玉に比べれば小物だよ。

557 :日本@名無史さん:04/11/03 09:10:12
なんでみんな小物だと思いたがる?

558 :日本@名無史さん:04/11/03 12:37:57

保坂正康の本かじっただけのやつが殆どだろうな

559 :日本@名無史さん:04/11/03 17:48:19
フィクサーなのか?

560 :日本@名無史さん:04/11/03 20:24:14
>>558
保坂と共同通信(だっけ?)の2冊だけ。

561 :日本@名無史さん:04/11/04 11:45:36
ただの陸軍少佐

562 :日本@名無史さん:04/11/04 13:44:54
瀬島が伊藤忠に入ったころ、次期主力戦闘機(FX)は伊藤忠があつかったグラマン
(F11F、スーパータイガー)にほぼ決まりかけていた。だが、ライバル社のロッキード
の巻き返し政治家工作で再調査ということで源田実などが渡米してF−104に逆転した。
バッジシステムでは米ヒューズ社=伊藤忠ラインが思い切った値下げで受注したものの
第2次FXでは、低価のF5を押した伊藤忠(ノースロップ)はF4ファントムの日商岩井に
敗れ去った。勿論、裏には海部(日商)ー岸信介ラインの暗躍があったが、これ以後、
伊藤忠はFX争奪戦から撤退。もっぱら、賠償ビジネスに活路を見出し、これに力を
発揮したのが瀬島。この時、キックバックなどの政治家の恥部を知り尽くした瀬島が
重用されたたのは当然といえば当然

563 :日本@名無史さん:04/11/04 14:06:37
勝手に戦争始めて、負けそうになったら天皇に幕引きさせて、
テメーはどっかに雲隠れ。とんでもない野郎だぜ。

564 :日本@名無史さん:04/11/04 16:19:39
昭和天皇は嫌っていたが
竹田宮に取り入ったのが大きいね
おかげで皇室にどんどん食い込むことが出来た

565 :日本@名無史さん:04/11/04 16:23:43
また竹田か・・・

566 :日本@名無史さん:04/11/04 16:47:33
敗戦直前、瀬島が関東軍参謀に転出したのは竹田宮と交代したためとか。
それ以前から、参謀本部で竹田宮とは同僚で親しかったはず。

567 :日本@名無史さん:04/11/04 16:55:46
岡田(啓介)−松尾(大佐)−迫水ー瀬島
この閨閥の絆は強く、戦後の食糧難時代にも食べ物を分け合い、子どもの
学費も面倒見合った(迫水の元秘書、前田源一郎談)

568 :日本@名無史さん:04/11/04 17:33:42
でびー夫人もインドネシア賠償ビジネスに絡んだ関係者あるね

569 :日本@名無史さん:04/11/04 19:34:00
スカルノから女を紹介して欲しい、と頼まれ出歯のいる赤坂の「コパカバーナ」に
連れていったところスカルノはすっかり気にいってインドネシアに呼び寄せた。
これを仲介したのが政商・久保正雄(東日貿易社長)。久保は伊藤忠と組んで
賠償ビジネスで稼ぎまくり、この関係で瀬島もインドネシアに関わるようになり
伊藤忠(瀬島)ー東日ースカルノの3者に政治家が絡んだ利権構造ができあがった。
だが、インドネシアでクーデターが起こり、スカルノが失脚したため、これも崩壊
伊藤忠は次の賠償ビジネスの標的は韓国に向った。

570 :日本@名無史さん:04/11/07 22:23:25
さいごのフィクサー

571 :日本@名無史さん:04/11/07 23:11:25
語るほどのものじゃネーヨ

572 :日本@名無史さん:04/11/07 23:35:13
週刊誌的解説下らん

573 :日本@名無史さん:04/11/07 23:44:19
賠償ビジネスは、名案だったな。
中国や韓国では、大失敗だったけれども。

574 :日本@名無史さん:04/11/07 23:51:51
鶴瓶とテレビに出ていたとき見たよ。

575 :日本@名無史さん:04/11/08 23:31:37
日本の夜更け

576 :KUKUKU:04/11/10 23:30:09
瀬島龍三。生きる偉人。

577 :KUKUKU:04/11/10 23:30:52
瀬島龍三。生きる偉人。

578 :富山人:04/11/11 03:45:44
郷土の恥です

579 :日本@名無史さん:04/11/12 01:31:09
普通の将校だな

580 :日本@名無史さん:04/11/12 05:28:41
東京裁判でソ連側の証人としてペラペラ喋ったのが彼の汚点
なまじ頭が良いので先を読みすぎたらしいが、彼を憎んでいた旧軍人も多い。

581 :日本@名無史さん:04/11/12 05:56:41
ソ連側の車に乗せられ東京裁判の法廷にかよう際、街角で物売りをしてる
男の顔をみたらかつての上官だった。それで日本はもうお終いと思ったとか

582 :日本@名無史さん:04/11/12 06:05:52
                所
                詮
                百
                姓
                末 
                裔 

583 :日本@名無史さん:04/11/12 06:16:58
ソ連から帰国したとき、自衛隊へ入らないか、という誘いもあったが
断ったのも、軍人仲間内での自分の評判を知ってたからか
だから、伊藤忠の軍事部門の受注競争は意外に成功してない。

584 :日本@名無史さん:04/11/12 14:56:49
故人曰く「命永らえば恥多し」
なまじ長生きしたばかりに古傷ボロボロ

585 :日本@名無史さん:04/11/13 11:47:54
中曽根はFBIの、瀬島はKGBの第五列(内通者)

586 :日本@名無史さん:04/11/14 23:40:50
ほう

587 :日本@名無史さん:04/11/15 06:59:25
FBIか?CIAでないのか?中曽根

588 :日本@名無史さん:04/11/15 15:17:20
>>583
娘から、ソ連抑留中の不在の間の妻の苦労を聞かされて
翻意したらしい、と本人は語っているが。

589 :日本@名無史さん:04/11/15 20:01:17
瀬島は、KGB、CIA、中国公安と・・・情報を売り歩いた人物。
ちなみに、藤原肇の著作によると、変な趣味も持っていたらしい。
また、その趣味の同好の士と楽しむための店も持っていたらしい。
その店には、一面鏡張りの部屋とか、女装セットが常備されていたらしい。

590 :日本@名無史さん:04/11/15 20:04:07
まだそんなデマを書くのか


591 :日本@名無史さん:04/11/19 22:33:13
FBIは単なる警察

592 :日本@名無史さん:04/11/19 22:39:16
瀬島ちゃんは数年前の正月番組ナンちゃんと鶴べえ司会「日本の夜明け?」
という番組に出て言いたい放題のことを言ってました・・よく問題となる敗戦、
シベリア抑留のことについては一言も触れずに・・・やはり歴史は生き残った
者が自分を弁護する中で作られんだな〜と感じた

593 :日本@名無史さん:04/11/20 07:22:22
露探、はよ市ね!

594 :日本@名無史さん:04/11/21 19:08:18
シベリア抑留の密約説は無かったと判明したし。そんなに密約があったと信じたいのかね。
日本の夜更けでもシベリアのこと喋ってたろうが・・想像力が豊かなのは良いけどよ・・

595 :日本@名無史さん:04/11/21 21:52:56
まだいきてんのか?

596 :日本@名無史さん:04/11/22 09:59:38
東○書籍の歴史教科書とか読んでいると
頭に南京虫が湧くよ。


597 :日本@名無史さん:04/11/23 08:49:48
生きてるよ。

598 :日本@名無史さん:04/12/05 17:29:15
祈御健勝

599 :日本@名無史さん:04/12/05 22:20:02
つうかソ連のスパイだの何だの言うが、
もしそうなら誘われるまま自衛隊に入るんじゃないかね。
その方がソ連としても願ったりだったろう。

それに、スパイ契約した奴は早く帰国させてくれてるのに、
何で11年間も抑留されたのかね?

600 :日本@名無史さん:04/12/07 06:29:20
まだ90そこそこだろ?若造だな

601 :日本@名無史さん:04/12/07 09:38:01
たんなる、賠償ブローカーだろ、関わっているうちに有力政治家の金玉
握って弱みに付け込んだ。

602 :日本@名無史さん:04/12/07 19:32:40
陸軍歩兵少佐
大本営戦争指導班員

603 :日本@名無史さん:04/12/12 18:08:32
痴漢事件で有名になった亜細亜大学元理事長

604 :日本@名無史さん:04/12/17 20:45:37
辞めた何十年後まで責任問えるものではない
支那人みたいな言いがかりは醜いよ

605 :日本@名無史さん:04/12/17 21:40:45
死んだらシベリアの地で祖国を思いながら死んでいった将兵達が待ってるよ。
瀬島さん・・・

606 :日本@名無史さん:04/12/17 21:51:20
未だに密約説とか真に受けてる奴がいるんだな。
つうかその怒りがなんでスターリンに向かわずに
同じ日本人に向くのか理解に苦しむね。

607 :日本@名無史さん:04/12/18 11:08:31
禿同
赤い狂人だ

608 :日本@名無史さん:04/12/18 11:49:03
ふつう、売国奴に対する怒りは敵国にむかわず、裏切った同国人に向う。

609 :日本@名無史さん:04/12/18 12:09:50
「藤堂兵衛」のモデル

610 :日本@名無史さん:04/12/18 12:25:04
裏切ってるのはおまいらアカ

611 :日本@名無史さん:04/12/18 12:31:16
↑今どき「アカ」などという相手を打倒するために死語に近い捨て台詞を
使うところみるとかなりの年配か?

612 :日本@名無史さん:04/12/18 16:47:36
>>611
お国を売ったり、寄生したりして、生きてきた人だと思いますよw
仲間を非難されるのがイヤなんでしょう。

613 :日本@名無史さん:04/12/18 22:21:28
「日本兵の捕虜を労役に使ってくれ」と言う文書がソ連にあって、それに瀬島が関与したのは事実。

それを根拠に日本兵○十万人が抑留され、○万人が死亡した。

エリツィンは日本に来た時、深々と頭を下げて謝罪したが、瀬島は誤ってないよね。

614 :日本@名無史さん:04/12/18 22:50:51
>>613
自信満々に言ってるけどソースは?
そういう文書があって欲しいのはソ連側だろ。
なんで公開しないの?
確か「沈黙のファイル」ではなかったということになっていたが。


615 :日本@名無史さん:04/12/19 00:03:12
戦後日本の発展にシベリア抑留は役立った(意訳)とかほざいてた露助にはワロタよ

616 :日本@名無史さん:04/12/19 23:35:59
瀬島には元々そんな権限は無い
話を作るなよ

617 :日本@名無史さん:04/12/20 00:57:22
少し前に彼がTVに出て過去の話を語っていたが・・・
彼がおてんと様の元に出てこられるとは時代も変わったなぁとおもた。


618 :日本@名無史さん:04/12/20 10:47:04
>>616
関東軍の降伏と武装解除の交渉に当たったのは瀬島龍三なんだがね。

財界の瀬島龍三氏(元・関東軍作戦主任参謀中佐)に関しては、率先して将兵を労働者としてソ連軍に提供したのではないかという強い疑惑がささやかれてもいる。
http://www.gyouseinews.com/domestic_prospect/nov2002/001.html

こんな男を英雄視している○○がいまだにいる事は信じがたい事だね。

関東軍は8月13日ソ連軍が満州に侵攻してくると、満州開拓民を手足まといになるからといって短銃や青酸カリを渡して自殺するよう指示し、自らは雪崩をうって逃げ出し、満州にいた日本人を見捨てた。
同じ事が沖縄でも行われた。
沖縄に駐留した陸軍は沖縄を引き上げる際、住民がアメリカのスパイになる事を恐れて住民に銃を突きつけ、自殺を強要した。
これが今でも沖縄人の恨みを買っていて、日本不信の原因になっている。

こういう陸軍だから、その作戦本部の連中が日本兵をソ連に売り飛ばしても不思議はないと言う事だ。
http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/minaosu24.htm
こんなのも読んでおけば?

619 :日本@名無史さん:04/12/20 11:17:15
瀬島氏が、四期上の戸村少佐と共謀してルーズベルト親電を差し止めたとか
いう話の詳細プリーズ。
史料によれば、どうも本当らしい、と知人から聞いたが。

620 :日本@名無史さん:04/12/20 11:55:07
>>614
たしかエリツェンが訪日する一月くらい前にロシア側から発表されたような気がする。

早速マスコミが瀬島の所に押しかけてインタビューしたが、瀬島はしどろもどろの返事で明確には否定していなかったようだった。
それをテレビで見たよ。

ロシア側はエリツェン訪日に合わせて「密約文書」の存在を明らかにして、旧ソ連の悪行に対する日本の非難をかわす狙いがあったのだろうが。
テレビインタビューでのしどろもどろの対応が非常に印象的だった。



621 :日本@名無史さん:04/12/21 22:48:04
>>620
妄想やめろよ。
密約説はもう史料的に否定されているんだけど。

>>619
そんな資料ない。

>>618
サヨさんも必死ですな。
前線の関東軍は必死で戦ってましたが。んで、シベリア抑留、と。
また陸軍は沖縄から引き上げることは出来なかったわけですが。
まあ住民を殺したひどい兵士がいたのは事実だが。

このスレ、サヨばっかだな。

622 :日本@名無史さん:04/12/23 10:11:52
イギリス国営放送BBCによると、
街宣車で街を占拠する右翼の主張は天皇制復活、日本民族の国粋主観等だが、
実際の構成員は国粋主義者とは相容れない筈の韓国、朝鮮人、また天皇制と言う
身分階級の下では最下層に位置され最も身分制度の被害者であったはずの被差別
出身者で90%を占めていると指摘した。
韓日友好の右翼
http://www.mkimpo.com/image/yasukunix/2003/P8150003s.jpg
「日韓」でなく、「韓日」友好


623 :日本@名無史さん:04/12/23 11:09:58

          /           /  _,-':::::::::::::i.  l
.         /          /  /~ヘ,-''^~ヽi.,:  |
         i         /  /        i:::: |
.         i         /  ./          l::: |
         i        /  /            .|::: |
.        i        /  /             |:: |
        i       /  /-―===-;.   ;.'==ー-l::::: |
.        i       ./  メ=;テ'=ニ.'     ;=;テ'=;'.l|:::: |
        i      /l  / ~. ̄      i  ̄ ~ .l|:::: |
.       i       l ./          l    l|::::: |
       i        y'i           |    ,'|::::: i
.       i /       .l;;l           l   ,'ヽ'、/
       i/       .ll:l.|        '^  '   ,.':::::::l.|
. |',  |\ ./        |::l.|.     -;=ニ=ニ;'.  ,'::::::::/l.|  気持ち悪いアカばっかり
. | \| ./       i  |:::|.|ヽ,    ~"='~ /:::::/ l.|


624 :日本@名無史さん:05/01/01 11:08:24
あけおめこ

りゅうぞうがTV東京に出てた。
まだ生きてたんだなあ。

625 :日本@名無史さん:05/01/02 22:40:06
何歳になったのかね

626 :日本@名無史さん:05/01/06 23:23:23
軍人だからな
かくしゃくたるもんだ

627 :日本@名無史さん:05/01/15 00:26:02
>>618
http://www.gyouseinews.com/domestic_prospect/nov2002/001.html
にでてくる
>誠に遺憾だったのは、
>モスクワでの「労働証明書」授与式に日本政府代表は誰一人として参加していなかったことである。
>この問題の解決には、ただ一人の外交官を除いて日本外務省、政府は協力してこなかった。
>そのたった一人の外交官は、現在拘留中の佐藤優元分析官である

佐藤優って
外務省のラスプーチン、佐藤優
http://www.gyouseinews.com/domestic/mar2002/001.html
宗男がらみで出た男か

628 :日本@名無史さん:05/01/19 13:41:33
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  ̄/\     | 緊急浮上!!!    |
。  |_ /\ \   \__ _______/
 〃,|  \  \./\      ∨
   |_. \./\: \    ∠⌒∧    
 〃:\  ̄ \   \./ \_(´∀` ||)   |__|∴
 :   \_ \ /\  \ ̄\ゝ) ) //∴∵
  :  〃\  ̄ \  :\ / \ \///  ∵ ∴
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


629 :日本@名無史さん:05/01/26 01:59:35
エリツェンは謝罪はしていない!
シベリア抑留は他人事のような言い方で悲しい事だといっただけ

630 :日本@名無史さん:05/02/04 18:06:57
613 名前:日本@名無史さん[] 投稿日:04/12/18 22:21:28
「日本兵の捕虜を労役に使ってくれ」と言う文書がソ連にあって、それに瀬島が関与したのは事実。

それを根拠に日本兵○十万人が抑留され、○万人が死亡した。

エリツィンは日本に来た時、深々と頭を下げて謝罪したが、瀬島は誤ってないよね。


どういう意図をもってエリツィンが深々と頭を下げたなどと言うのかねえ
その文書とやらも本当にあるもんなら保阪正康あたりが嬉々として大発表
してるだろうに。

631 :日本@名無史さん:05/02/05 12:35:47
>>621
>>623
国賊を非難してるのにアカ、サヨ扱いか。
こういう単純バカがいるから、瀬島のような人間が大手を振って
戦後社会を生きられるわけだw

632 :日本@名無史さん:05/02/05 13:40:47
大戦時の関東軍首脳やら大本営参謀なんてまさに「陛下の赤子たる兵を私する国賊」
以外の何者でもない。

633 :日本@名無史さん:05/02/05 21:13:46
嘘をついてはいけないよ
大戦時の関東軍首脳にそんあ非行があったら摘示してごらん

634 :日本@名無史さん:05/02/05 21:19:29
大戦時はともかく
満州事変からノモンハンに至るまで統帥権干犯しまくりだろ

635 :日本@名無史さん:05/02/07 01:05:09
戦後、陸軍は完全に解体されトップは処分されたけど、
海軍はGHQにゴマをすり公職復帰し権力の一端を担ってるから、
海軍は良かったのに陸軍がアホだったから・・みたいな論説がまかり通ってる。

636 :日本@名無史さん:05/02/07 17:20:45
稀有なるペテン師

637 :日本@名無史さん:05/02/07 20:08:02
【政治】瀬島龍三氏を講師に招き「反小泉」議員らが勉強会…自民党
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1107772961/l50


638 :日本@名無史さん:05/02/07 23:13:43
>>635
独断の渡洋爆撃で日中講和の目を潰し、トラウトマン工作を無駄にした米内が
反戦良識派扱いされてるくらいだからな

639 :日本@名無史さん:05/02/17 10:58:43
↑ ばか

640 :日本@名無史さん:05/02/17 13:28:53
具体的反論どうぞw

641 :日本@名無史さん:05/02/17 13:30:59
瀬島⇒うんこ

642 :日本@名無史さん:05/02/19 13:56:08
反瀬島の主張は一言「うんこ」

643 :日本@名無史さん:05/02/19 14:04:01
たかが、政商で成りあがった香具師(儲けた金は税金)

644 :日本@名無史さん:05/02/19 14:35:26
ソ連スパイ説なんてどうでも良い。韓国との癒着の方がはるかに重大な問題。
今の日本の諸問題でこの時の日韓癒着に帰着している問題も多い。

645 :日本@名無史さん:05/02/20 23:59:23
韓国と癒着するとどうしていけないの?

646 :日本@名無史さん:05/02/21 07:26:40
韓国の独裁者たちにどれだけ日本の税金が渡ったことやら!

647 :日本@名無史さん:05/02/21 07:50:26

日本の政治家にもキックバックだよ〜ん、両国の悪徳政治屋に食い物にされた(賠償ビジネス)

648 :日本@名無史さん:05/02/21 16:04:48
向こうが金を着服したことまで責任は持てないだろ。
そもそも独裁国家だった韓国やインドネシアに対して
どれだけクリーンな賠償交渉が出来たことやら。
今だって不透明極まりないのに。

649 :日本@名無史さん:05/02/22 15:13:25
この爺さんと、うちの社長がゴルフしてるのを見た
スゲ〜昔の話だけど
うちの社長の唯一の自慢話で墓場まで持っていった

650 :日本@名無史さん:05/02/22 20:24:54
瀬島の娘は愛知万博に関係してると聞いたが..



651 :日本@名無史さん:05/02/22 20:30:00
>>631
だったら史料根拠を示せっての。

アホはほっといて、瀬島個人について金や女のダーティなスキャンダルは聞いたことないな。
個人としては清廉なんだろうか。

652 :日本@名無史さん:05/02/22 22:55:48
>>651
> >>631
> だったら史料根拠を示せっての。
> アホはほっといて、瀬島個人について金や女のダーティなスキャンダルは聞いたことないな。
> 個人としては清廉なんだろうか。

確かに個人としては清廉だと思う。
たぶん結婚するまで童貞だっただろうし、浮気もせず奥さんしか
女を知らないと思う。
家だって見に行ったけど「瀬島」て横書きの表札の
ごく普通の角の一軒家だったよ。
(警備員も誰もいないし、塀がない開放的な構造だった。)
敷地いっぱいに家が建っててテレビの音が中から聞こえた。
(つまりそれだけ道路に近くて小さな家だってこと。)
ひょっとして瀬島本人がテレビを見てたのかもしれない。

653 :日本@名無史さん:05/02/22 22:58:54
>>651
金・女に清廉でも、辻ーんみたいなキ印タイプだったら長所帳消しになってしまうが。
さりとて、金・女に清廉じゃない上にキ印入っちゃってる牟田口や、金・女に清潔で良き家庭
人なのに人望の薄い上等兵閣下や家庭人としても失格な石原将軍みたいなのもいるので
どれがいいとは一概に言えないな。
とりあえず、絶対に嫌なのは牟田口・花谷の「敵より味方の方が殺した人数が多い」コンビ
だな。あと、部下にしたくないのは必ず上司の足をすくってくれる辻ーん。

654 :日本@名無史さん:05/02/22 23:01:09
角地に家を建てるなんて大本営参謀なのに
無防備で軍事戦略を考えてないと思う。
角だったら道路に面している部分が普通の倍になって
道路から火炎瓶とかで攻撃される恐れが増えるじゃないか。

655 :日本@名無史さん:05/02/22 23:07:06
そういえばNHKテレビや新聞によれば瀬島は
自殺した江藤淳の葬儀に出ていたけど
江藤と瀬島はどういう関係だったの?
それほど親しかったの?

656 :日本@名無史さん:05/02/23 12:45:11
まあ、お金も儲けて、イイオンナ抱いて、少しは日本のこと考えてるんじゃ
ないの?
よ〜わからんが

657 :日本@名無史さん:05/02/26 15:10:20
今日は226事件の記念日

658 :日本@名無史さん:05/02/27 02:02:20
>>654
火炎瓶とかで攻撃するような人とは仲良しだから大丈夫ってことでしょ

659 :日本@名無史さん:05/02/28 11:02:15
なんでこの人がこんなに叩かれるのかが理解できない
保阪正康の本読んだけどこの人の言っていることをそのまま鵜呑みには
出来ないと思った。異常な私怨みたいなのが感じられたし、
共産党のプロパガンダの片棒担いでるだけじゃないの?

660 :日本@名無史さん:05/03/01 09:34:07
かわいそう

661 :日本@名無史さん:05/03/01 11:21:45
保坂正康の他の著書読んでれば「共産党のプロパガンダの片棒担いでるだけ」なんて口が
裂けてもいえんだろうなw

662 :日本@名無史さん:05/03/01 13:07:31
保阪正康の「秩父宮」は読んだよ。

663 :日本@名無史さん:05/03/01 13:30:38
腐れ軍人を事実のままに貶せば共産党扱いかw

664 :日本@名無史さん:05/03/01 13:40:37
だって斎藤六郎とかと同じこと言ってんだもん

665 :日本@名無史さん:05/03/01 14:04:14
>>659の趣旨は保阪正康を鵜呑みにしていいのかってことじゃね。

666 :日本@名無史さん:05/03/01 14:44:46
本人が生きてるんだからウソ書かれたら反論するなり訴えれば・・・・・・

667 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 21:44:52
そうか

668 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 22:01:04
愛国者を装ってはいるが、英霊を一番愚弄してるのはこいつ。
『沈黙のファイル』(新潮文庫)でも嫁。

669 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 21:03:46
共産党は共産党

670 :日本@名無史さん:2005/03/28(月) 21:49:44
>>666
ソ連との和解交渉については最近反論し始めた。グラスノスチのおかげで冤罪が晴れたからな。
だが、捷一号作戦とか、実際に関わった作戦の不手際については沈黙。

671 :日本@名無史さん:2005/03/28(月) 22:03:07
「沈黙のファイル」はソ連との密約については否定する内容だったはずだが・・・
つうか沈黙のファイルは瀬島についてのはずが脱線しまくり

672 :日本@名無史さん:2005/03/28(月) 22:32:57
戦中の評価は基本的に売国奴ということのようだけど、
伊藤忠を退いて以降の瀬島に関する評価はどうなん?

行革とかに携わってたけど、あれは日本にとってプラスだったのかマイナスだったのか。

673 :日本@名無史さん:2005/03/28(月) 22:35:26
>>672
保阪によればボロクソ
まああの人は私怨があるみたいだが

674 :日本@名無史さん:2005/04/11(月) 04:40:35
瀬島スパイ説があったから、許詠中みたいなのに良い様に玩具にされたんだよ

国士っぽくもあるけど、真の国士は四元義隆先生だけ
中曽根康弘が死ぬ前に語るのでは、、、。
真相は風見鶏先生が知っているw

675 :日本@名無史さん:2005/04/15(金) 19:40:42
大東亜戦争従軍記章を!

676 :日本@名無史さん:2005/04/15(金) 20:52:50
下手すりゃ中曽根が先に死ぬかもよ。

677 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 19:39:50
755 :歴史学者は、教科書問題について本気で語ってよ :2005/04/17(日) 08:49:06
/::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"'
  /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\賛同者はコピペ願います。
 /::::::::ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|
 |::::::::::|      ●       .|ミ|   ■中国側の残虐行為には、通州事件、
 |::::::::::|              .|ミ|  
 |::::::::|    ,,,,,,, ノ ヽ,,,,,   |ミ| 済南事件、漢口事件などがあります。  
  |彡|.  '''"""    """'' .|/      
 /⌒|  -=・=‐,   =・=-  |      「新しい歴史教科書」で「本当の歴史」を
 | (    "''''"   | "''''"  |  
  ヽ,,         ヽ    .|    学びましょうよ。
    |       ^-^     |    
._/|     -====-   |  学校関係者の方、北京史観は、もう止めましょう。
::;/:::::::|\.    "'''''''"   /   

■この意見は、きちんと資料に基づいてます。詳しくは↓
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo11.html


678 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 23:28:19
このすれまだあったんだ、、。

679 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 02:12:11
順天堂大学病院の11階の特別室に入院しているが、かなり状態が悪い。

【nikaidou.com】

680 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 04:02:54
マジですか?

681 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 04:32:58
個人情報保護法に抵触しまっつせ!逮捕されても知らんけんねw

682 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 05:14:15
つかまるとしてもnikaidou.comでしょう。

683 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 07:26:34
○素根の金玉(恥部)握ってるヤシがまた一人消えるか

684 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 13:12:28
koizumiもホテルで会ってたという話だが。。。

685 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 13:52:46
小泉が通ってるホテルの理髪店の上階に、瀬島の事務所があるから、
髪形が変わらず出てくるときは、密会してるのではとかよく言われてたな。

686 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 14:55:51
彼が消えたらもう本当に黒幕はいなくなるなあ。。。

687 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 17:44:33
四元義隆って死んだ?

688 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 17:57:05
ちょっと前に逝った。

689 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 22:28:37
陸大首席で生き残ってる人ってこの人だけかね。

690 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 13:40:40
いや、辻がカンボジアで健在だろw

691 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 00:04:23
辻は首席じゃねえ。

692 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 17:00:07
豊田なんたらってまだ生きてるよね?

693 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 12:55:01
豊田隈雄氏はまだ存命のはず。
だけどこの人は海大の首席。

694 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 15:22:17
で、まだ生きてるの彼?

695 :日本@名無史さん:2005/06/06(月) 00:24:26
生きてるよ。

696 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 23:19:15
まじ?

697 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 23:43:55

取り合えずシベリア抑留で死んだ5万人の将兵に謝れや。
謝って許されるものでもないかもしれないが。

698 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 22:39:34
↑まだ珍説信じてる馬鹿

699 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 01:35:07
なんやてえ

700 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 10:25:19
「これ以上うれしいことはない」。新しい歴史教科書をつくる会の
メンバーが執筆した教科書の採択を求め、県議会や市町村議会などへ
請願や要望を続けてきた「県民の会」の松本公男事務局長(八五)は
喜びもひとしおの様子。採択は「あくまで教育委員会の専権事項」とした上で、「この流れが県全体に広がることを期待したい」と話した。
http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/tochigi/050713/kiji01.html

松本公男 陸軍士官学校53期 を検索したら今回の栃木での扶桑社教科書採択は
旧軍人たちの働きかけによる可能性が大きそうです。

陸軍士官学校60期の団体HP
教特委通信No.30  発行 平成17年6月6日 編集 教科書特別委員会 事務局
http://66.102.7.104/search?q=cache:Dye3bFG-1VoJ:homepage2.nifty.com/60hp/kaikou.htm+

1. 採択委員対策
 (1) 先ず、採択委員を捜し出す
    1市または、1市+1郡当たり1採択地区では、概ね教育委員が採択委員となるの
で、採択委員捜しは容易であるが、通常の採択地区協議会では採択委員は誰か?を探し出
すことから始めることになる。その方法として 
 ?@前回または昨年の採択委員を調べて、その線から探し出す。それには先ず、それぞれ
  の採択協議会議事録を入手、採択委員構成を調べで今年の委員を推測する。
 ?Aうまく探し出せない時は、教育委員長,教育長と教科書の知識がありそうな教育委
  員、または教育委員長代理を選び、働きかけの対象にする。
 ?B教育委員の他に、校長、教員、父兄代表などが採択委員に選ばれている場合は、働き
  かけの対象とし、また教員については校長(=教員代表)と重複している上、組合代
  表を選ぶこともあるので排除を要請したい。教育委員の中にも、不適格者が含まれて
  いることが多いから、同様に再任拒否など不適格者排除の運動をしよう。


701 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 10:36:23

旧ソ連の史料が公になったときの瀬島のウロタエぶりはなかったという。

702 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 12:26:00
うん、巷間言われるような動揺も無く、瀬島先生は一言
「ま、新資料公開で私の決断が公正明大、天地に恥じぬ、正義だったとわかるでしょう」と
しごく落ち着かれていたのが印象に残るな

703 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 10:13:04
このオーラルヒストリーを通して、私が強い印象を受けたのは、後藤田さんが瀬島龍三さんを
どう見ていたかです。 かつて私が瀬島さんの自伝『幾山河』を読んだとき--瀬島さんの自伝
にはい ろいろ問題があるのですが、最も不可解だったのが、後藤田さんについての言及が
ほとんどなかったことでした。つまり中曽根内閣は、一方で後藤田さんが支え、他方で瀬島さんが
支えていたと巷間言われているのですが、相互関係に ついて、瀬島さんはほとんど言及して
おらず、それが非常に不思議だったのです。ですから私は、それをかなり意識しながら後藤田さん
にインタヴューしま した。 結果はどうであったか−。是非、本を見ていただきたいのですが、
実は後藤田さんもまた瀬島さんについて触れた箇所が一カ所しかないのです。その場面も、
最初に中曽根さんが韓国に行くときに、瀬島さんが瀬ぶみ役になったと数 行出ているだけなのです。
 では、後藤田さんが瀬島さんについてそれ以外はまったく言及しなかったか と言うと、実はもう
一つある。
     略 
 非常に微妙なニュアンスを含んでいますが、こういう言い方をされている。 つまり、後藤田さんの
瀬島さんに対するある種の感情はここから醸成されているようにも見えるんです。だから、中曽根さんが
瀬島さんと仲がよくても、後藤田さんとしては、無視する。
中曽根さんが使う以上は、まあどうぞという、 それくらいの関係であったことがよくわかる。
なかなかインタヴューをしてい て面白い事例でした。
http://66.102.7.104/search?q=cache:4NWhBbHH8R0J:www.coe-oralhistory.grips.ac.jp/Japanese/POPE_06/06_01_03.html


704 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 10:44:25
なるほど
後藤田は瀬島が東京裁判ではソ連の立場を擁護する証言をした事を許せなかったわけだ。
生きてまだ政財界に影響力のある瀬島を直接的な言葉ではないが暗に批判していた。
中曽根が瀬島の売国的性格を解っていたのだろうか?


705 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 14:34:47
瀬島の東京裁判での証言とは具体的にどんなものだったのか?
「ソ連に対する擁護」と言うばっかりで具体的には何も知らない。
売国度で言えば後藤田が上だろうな。
典型的官僚左翼。オウム破防法も阻止したし。

706 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 21:47:13
昭和天皇の瀬島評
「先の大戦において私の命令だというので、戦線の第一線に立って戦った将兵たちを咎めるわけにはいかない。
しかし許しがたいのは、この戦争を計画し、開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、なおかつ敗戦の後も引き続き
日本の国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし戦争責任の回避を行っている者である。
瀬島のような者がそれだ」
(田中清玄自伝:文芸春秋:1993)
田中は「私のみるところ瀬島とゾルゲ事件の尾崎秀実は感じが同じだとね」としている。
田中は瀬島をソ連に屈服したスパイとみなしているのだろう。


707 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 18:08:24
昭和天皇の瀬島評なんてえのが出たら瀬島信者が黙っちゃったね。

自分のこと本で自慢する奴に碌なヤシ以内という事が解る。

708 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 19:10:49
KGBが作成して内務大臣(クルグロフ)に送った瀬島龍一が東京裁判での証人として
最適であるとの推薦書(抜粋)
瀬島龍一、中佐。1911年富山県松沢村生まれ。貧農出身。投降(1945年9月1日)まで
関東軍参謀部勤務。瀬島尋問書によれば、その職務の性格上、彼は対ソ戦をはじめアジア太平洋地域に
おける日本の戦争準備計画を知っていた。性格は毅然、原則は絶対曲げず、言ったことを否定したことは
一度もなかった。(訳注:彼ははじめ自らの参謀本部における任務についてソ連側にウソを言い、自分は
ウソの証言をしたと、あとで詫びをいれる)。1945年9月から1946年9月にかけての多数の質問で、瀬島は
詳細な証言を提出。その中には、自分の職務の性格に関する自筆証言を出したのみか、対ソ戦準備関連の
日本政府と軍司令部の行動を批判的に評価。これらはいずれも、彼が東京裁判の証人として適任であることを
示している。瀬島はほかの将校たちにもまして、証言、決意、言動に確固たるものがあることを強調すべき・・・



709 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:18:12
>>222
ジャーナリスト加藤昭氏が『文芸春秋』で「瀬島龍三・シベリアの真実」と題して
ソ連の対日工作最高責任者イワン・コワレンコ氏にインタビューをしていたけど、
そこでコワレンコ氏は、シベリア抑留中の瀬島龍三が日本人抑留者を前にして
「『天皇制打倒!日本共産党万歳!』と絶叫していた」と暴露していた。
加藤氏は「にわかには信じがたい話」と書いていたが、コワレンコ氏は「事実だ。絶対に
間違いない」と証言。
「瀬島氏はソ連のスパイではないのか」という加藤氏の問いには「それはトップシークレット」
だとか言ってはぐらかしていたけど。

【シベリア抑留問題】
シベリア捕虜収容所において、瀬島龍三は、天皇制批判を行い、将校団の民主化運動
(共産主義洗脳)を推進し、将校達に「赤いナポレオン」とささやかれていた…。
http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/siveria.htm

710 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:32:18
この人が関東軍ソ連派のボス?

711 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:55:36
>>709 若干訂正

「『天皇制打倒!日本共産党万歳!』と絶叫していた」
         ↓
「『天皇制打倒!日本共産党万歳!』と拳を突き上げながら絶叫していた」

712 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 12:44:21
佐高信が『噂の真相』で書いていたけど、瀬島にインタビューした『サンデー毎日』の編集長
にその時の話を聞いたら、記事にする事前に原稿を瀬島にチェックされたんだって。
「大本営陸軍参謀」という彼の紹介文に線を引き、「大本営陸軍参謀兼海軍参謀」に書き直さ
れ、「陸軍参謀と海軍参謀を兼任していたのは私だけだったんだ」と自慢。
さらに、「中曽根首相の密使として韓国へ・・・」という部分で怒り出し、「私は中曽根ごときの
使い走りではない!!」とのたまったんだって。
佐高は、「この男にはいろいろ伝説が出来上がっているが、伊藤忠時代にも大した実績は
残していない」と酷評。バブルに浮かれて巨額の損失を出したりもしたそうだ。

713 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 13:29:17
伊藤忠は軍用品商戦を有利に運ぶため、軍時代の人脈に期待、瀬島など採用したが
第1次FX(F11F)、地対空ミサイル(ボマーク)、第2次FX(F5)などで悉く
敗れ去った。唯一、受注できたバッジシステムでの勝利は、ヒューズ社の採算度外した
値引きのおかげ。防衛装備品で勝ち目のないことを悟った伊藤忠、瀬島らは賠償ビジネスに
方針転換して成功しただけのこと(いずれにしても政商屋)

714 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 13:48:48
>「陸軍参謀と海軍参謀を兼任していたのは私だけだったんだ」と自慢。

陸軍の参謀が海軍(GFの場合だが)の参謀を兼ねたのは瀬島だけではないが
谷川一男(s18/3〜20/8)、美山要蔵(19/6〜20/2)、吉本重章(20/5〜
島村矩康(18/9〜20/1)、瀬島龍三(20/2〜20/7)、井本熊男(20/5〜
不破博(20/6〜20/8)、晴気誠(20/7〜20/8)。

715 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 13:56:06
どういう経緯で海軍と陸軍の参謀を兼任したんでしょうか?


716 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 14:05:31
>>715
瀬島自身の言葉によれば、「沖縄作戦のころ聯合艦隊司令部が九州の鹿屋にあって(間違い)
そこにいたわけです。というのは、九州方面の陸軍の航空兵力を聯合艦隊司令長官が統一指揮
することになった、そういう関係で私も行ってたんですね」。鹿屋にあったのは第5航空艦隊司令部
(例の宇垣纏が長官)。陸軍参謀が海軍に出向したのは、陸海軍の意思の統一や共同作戦で連携を
密にする狙いがあったはずだが


717 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 14:09:07
>>716
ありがとうございますm(_ _)m


718 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 18:48:00
参謀本部部員が海軍軍令部部員を兼任することは
大正年間からずっとやってることで珍しくない。

719 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 23:26:19
新作戦課長真田大佐は就任直後の18年12月17日、ソロモン方面に至り作戦指導を
行うべしとの訓令に接し、南東方面主任の瀬島参謀、航空班長の首藤参謀を連れ
南太平洋方面へ出張している。一同は途中トラック泊地へ寄り、「大和」の
山本長官以下GF首脳と会見してから第八方面軍の今村中将の待つラバウルへ向かった。
そして帰途真田大佐は機上において、瀬島、首藤両参謀の意見を聴取した上で
ガ島撤退の決意を固めたのである。

720 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 09:33:28
この人の存在はもっと国民に知られていいんじゃないか

721 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 01:54:13
 そもそもフィリピン戦があのような惨憺たる戦いになった元凶は、当時大本営参謀であった
瀬島氏(陸士44期)が、鹿屋に派遣されていた堀栄三参謀(陸士46期)の、昭和19年10月に
フィリピン戦のさきがけとして行われた台湾沖航空戦の戦果誤認訂正電報 (堀参謀は海軍
の戦果発表に疑問を抱き、独自に調査した結果、海軍の戦果発表は全くの誇大である事実
<註1・これを元にフィリピン戦を行えば確実に齟齬が生じる> )を大本営に打電した。

 瀬島氏がその電報を握り潰したせいで、連合軍の艦隊は壊滅状態という海軍のでたらめな
発表を元にフィリピン戦の作戦が立てられ、あのような大東亜戦争で最大の犠牲をもたらし、
フィリピン国民にも多大な迷惑をかけたのである。
http://www1.odn.ne.jp/~aal99510/yamashita.htm

以前読んだ陸軍参謀朝枝繁春の瀬島龍三についての証言で、
「インパール作戦の現状を視察した杉田参謀が軍を撤退させるべき意見を電報で具申した。
その後杉田さんが帰国して作戦室に入ると瀬島が激昂して先輩の杉田参謀に向かって、
「この馬鹿野郎!なんちゅう事を言うんだ」と怒鳴って物を投げつけた」
http://www3.kiwi-us.com/~ingle/past/log30-8.html

722 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 01:55:17
>>283
尾崎がそいういう発言をしたと証言してる奴もどうせ共産主義者だろ。
逆の発言をしたという証言が資料付きで存在する。
                ↓
昭和十六年十月八日、赤煉瓦の三菱丸の内何号館かにあった後藤隆之助事務所で
夕方六時に開かれた「石原莞爾中将の話をきく会」に、後藤から案内があって出席すると、
偶然に尾崎も居合わせたのであった。出席者は十四、五名であった。
石原莞爾は、(中略)「日米開戦となれば、日本は必然的に南方に進出して、南方資源に
頼らねばならぬが、このように長い補給線を、長期にわたって維持することは困難であり、
輸送船舶は逐次撃沈されて、日本の資源は枯渇する。従って勝敗のおもむく所は、
おのずから明らかである。」と結論づけ、我が国の南進戦略には勝算がないことを説明し、
たとえ屈辱的であっても一切戦争は不可であると主張したところ、
尾崎は「いや、日本はビルマ・マレー作戦を断行すべきだ」と反駁し、石原は激怒して
「何を根拠にそんな馬鹿なことを言うかっ!」と大喝を浴びせたのであった(4)。

(4)【尾崎秀実著作集2付録月報】七頁「開戦前の一夜」、矢部貞治日記昭和十六年十月八日。
酒井三郎【昭和研究会】二三三〜二三四頁、倉前盛通【悪の論理】六十八〜七十一頁。
http://touarenmeilv.ld.infoseek.co.jp/from57to59ww2.htm

723 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 04:23:27
抑留者は犠牲になったが日本の国土を守ってくれたんだよ。
瀬島の政治的判断かもしれないが、日本の国土を守る為に
戦後もシベリアで奴隷生活をしてきた人達に感謝します。


724 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 14:27:50
瀬島参謀…超優秀だよな。好き嫌いは別れるだろうが(電報握り潰しとか)この人の虚心坦懐な兵学思想って聞いてみたい。本書いてくれないかな。

725 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:05:42
我々(日本)の今日があるのは瀬島、牟田口、辻、東条といった諸先達の糞闘努力と
尊い犠牲があるからである。日本人はこれらの人々を決して忘れてはならないのだ!

726 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 19:18:34
別の意味で忘れてはいけない

727 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 00:43:36
また、瀬島龍三の正体を知る人間が一人この世を去った。
瀬島の野郎は大喜びだろうよ。

「シベリア抑留」に関与、コワレンコ氏が死去

 旧ソ連共産党の対日政策責任者で、第2次大戦後、旧日本軍将兵らがソ連各地で
強制労働に従事させられた「シベリア抑留」に深く関与したイワン・コワレンコ
(元ソ連共産党国際部日本課長)氏が7月27日、モスクワ市内の病院で病死していたことが、
関係者の証言でこのほど明らかになった。87歳だった。
 ソ連時代、対日恫喝(どうかつ)外交の信奉者として知られたコワレンコ氏は1918年、
極東の沿海地方に生まれ、ウラジオストクの極東大学で日本語を学んだ。ソ連軍に連行され
た日本人抑留者の収容所では、抑留者を親ソ派に洗脳するための「民主化運動」が展開され、
その一環として抑留者向けに「日本しんぶん」が発行されたが、コワレンコ氏は
その編集責任者だった。
 1950年代からは党中央委国際部で対日政策を担当し、日本課長を経て副部長の要職に
就いた。たびたび訪日し、与野党を問わず日本政界と太いパイプを築き、辣腕(らつわん)を
振るったが、89年に引退した。
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050810i215.htm

728 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:48:46
たしか坂本龍一のお父さんだっけ?

729 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:34:20
>>725牟田口は勘弁して(*_*)辻も敵兵の肝食べなきゃな〜

730 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:43:12
岡田啓介の終戦工作に際して、軍事的にもうヤバイって情報の提供源だったそうな。

731 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:41:28
>>724
この人、優秀といっても戦争理論の学術研究とかをやってたわけじゃなくて
あくまで大本営の実務家っつーか戦術屋に過ぎないから、兵学思想なんていっても
作戦要務令とか統帥綱領の域を超えるものはないと思う。

732 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 18:18:31
>>725
奮って、じゃなくて糞なんだw

>>731
確かに、頭がいい故の世渡り上手な面でしか評価しようがないな。
都合の悪い事は全て沈黙、自分が誉められるものしかしゃべらない。
だからこそ長生きしてるんだろうけどな。

733 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 09:24:33
瀬島は今のところグレーという評価だが、
白側の応援といえば岡田啓介コネクションという点だろうな。
岡田と思想的に近くなければいくら縁戚でも私的諜報員などやらんだろうという推測が働く。

734 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 10:13:27
>>730
それで瀬島は敗北主義者認定くらって満州に飛ばされた

735 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 16:53:56
『この国のかたち四(文芸春秋)』の「日本人の二十一世紀」で、司馬さんは書いている。

「かつて『文芸春秋』で瀬島龍三さんと対談したことがありました。(昭和49年1月号)
瀬島さんは大本営参謀として大東亜戦争のプランを作った人です。
そのなかで『「作戦用務令」に、兵力は分散させてはいけないと書いてありますが、
あの戦争というのは、太平洋の島々に兵力を少しずつ送って、敵が来るのを待ってただけ
じゃないですか。』と言ったら、『先生、それはひどい、それはひどい』とおっしゃっていた」

736 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 19:51:01
司馬の戦史知識もお粗末だがな…瀬島氏と作戦、戦史をネタに論議をしたら、司馬なんてハナクソだろうよ… 大人なんだよ瀬島氏は。(瀬島氏の責任は別だが)

737 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 20:06:33
>大人なんだよ瀬島氏は

大人なら責任とれよ。とりあえず真実を話せ

738 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 20:44:00
>>735
司馬さんもいやらしいな。
陸大首席卒業者で「作戦要務令」全文を暗唱できた人間にあえてそんな皮肉をかますとは。
兵力を集中したくても充分な輸送船がない、また片っ端から撃沈されてしまう状況では
いかに陸大首席の切れ者参謀でも如何ともしがたい。
まあ司馬さんは旧軍指導層に対する憎しみと偏見に満ちてるから。

739 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 07:39:11
いくら教科書暗記力に優れていても洞察力に欠ける人間はたんなる機械
陸士にやっと入れたチャーチルと学校秀才の将軍との差

740 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 11:10:38
>>738まったくその通りですね。司馬の軍事知識戦史知識っていうは彼が軽蔑していた陸軍軍人よりはるかに低いですよ。専門家の書いた戦史を読めば、彼の抱いていた戦争観がいかに悲愴な批判かわかる。(表面の事実の差異ではなく、裏にある彼の真相の認識がお粗末)

741 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 12:21:37
>>734
同僚だった朝枝参謀が『月刊宝石』で語っていたところによると、
仮病を使って大本営を抜けたらしいよ。
満州に転じ、モスクワ日本大使館へのクーリエとかをやっていた。
要は、ソ連軍を満州に導く裏工作だろ。
コワレンコが文芸春秋で語っていたけど、瀬島はソ連軍参戦時期を読み誤ったらしい。
わざとだろ。

742 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 12:25:58
瀬島は関東軍では作戦参謀だよ。
クーリエの金子中佐はシベリア鉄道で謀殺された。

743 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 12:26:05
>>740
具体的に書いてくれ

744 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 12:26:43
彼については、いい噂を聞かないね。

745 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 13:03:20
司馬さんは大戦の話になると途端に厨に成り果てるからなぁ

自分の主観的な結論(怨み)が初めにありき、って感じで
戦車をヤスリで擦って削れたのは〜なんて話は無知以外の何者でもない。
当時の人への聞き込みすら怠った結果。
小説を書くときと全くアプローチの仕方が違うからね。

詳しくは福田少尉と同じ戦車第一連隊第五中隊の戦友会で
司馬氏が発起人となった「石頭会」などを参照。

因みに戦友会には司馬氏は必ず出席されたというし、
中隊の名簿を保管していたりするあたり、怨みはあくまで軍上層部に向けてだけだろうね。。


746 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 13:54:58
>>742
たしか、瀬島は、秦彦三郎関東軍総参謀長から佐藤駐ソ大使に宛てた書類が入った
アタッシュケースを託されてモスクワに向ったと思うが。
関東軍での作戦参謀としても、ろくでもなかったようだが。

かの瀬島龍三参謀も19年12月〜20年1月にクーリエとしてソ連に赴いています.
http://mltr.e-city.tv/faq16.html
ソ連軍戦車や軍隊が、シベリア鉄道を東へ向かって延々と流れていった。
ソ連への密命をおびて西へ向かう、シベリア鉄道の車窓から見ていた、と、
瀬島龍三氏が話していた。
http://blog.qlep.jp/blog.php/17376/5496?categ=1&year=2005&month=8

余談ですが、未だにフジテレビあたりでデカイつらをしている元関東軍
参謀の瀬島龍三は、入植者に何の情報も与えないまま、関東軍を朝鮮国境
まですやかに撤退させた張本人です。
ソ連軍の電撃的な侵攻は、関東軍が全面的に撤退していたから可能だった
http://www.freeml.com/ctrl/html/MessageForm/peace@freeml.com/5125/

747 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 16:57:42
>>735
さりとて、保阪に突っ込まれると話題を少しずつ関係ない方に横滑りさせて行き、質問の本論とまったく関係
ない話題に変わると極めて雄弁だったそうな。
保阪は「実に頭のいい官僚だと思う」って書いてたけど、そりゃ褒めてるんじゃなくて皮肉だろ。(w

748 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 06:53:41
ここで私は、当時の事細かな外交上の駆け引き等については省略するが、この時の秘密外交の裏に、日本将兵の賠償労働を暗に認める文書があることを記しておきたいと思う。
 近衛公爵と、そのブレーンである、予備役中将酒井鎬次の手による対ソ和平条件は、天皇の発意により、東郷・木戸(侯爵)近衛等、ごく側近によって起案されたものであったという。
 シベリア強制労働の起案が、天皇の側近の手によってなされたことは、ただただ驚くばかりである。
 しかし、歴史は冷厳にその事実を物語っている。


 『和平交渉の要綱』と『解説』に分かれている、この秘密文書は『要綱』が
    1.方針、  2.条件、  3.休戦と平和との関係

の三項目に分かれ、さらにその『解説』の面でも、
    1. 目的、 2.方針について、 3.条件について、
    4.休戦と平和との関係

と、その相互関連性を事細かに解説している。
     (矢部貞治 著   近衛文麿 下   弘文社)


749 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 07:42:04
たとえば、工科を出た機械屋が個々の機械の原理やメカに詳しいのは当りまえ
専門学校である軍学校出身者が一般大学出身より軍事や兵器に詳しいのも当然
問題は、置かれた状況を総合的に見抜く能力があるかどうか

750 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 09:25:05
>>749
戦前の高級軍人は国が莫大な金をかけて教育したり留学させたりしていたから
東大出身者などより語学も見識も高い人が多かった。


751 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 10:02:24
語学はともかく、見識が高いだってpu

752 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 01:31:02
とりあえず>751の見識が低いのはわかった

753 :日本@名無史さん:2005/08/29(月) 20:31:28
留学先が独逸だもんな…

754 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 09:29:29
生きている個人スレでは最長老?
シベリアで抑留されてこの年まで生きるのは何食べてんだ?

755 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 15:56:08
シベリア抑留といっても、実際は厚待遇だったんじゃなかったっけ?

756 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 22:49:33
ソ連側の手先として働いた奴(日本に帰ってきて赤化運動に積極的だった奴)は優遇された。
それが条件で抑留期間が短かったりした。「にほんしんぶん」協力者とかな。
自身の保身のため、同じ日本人をファシストとしてつるし上げたりした人間だ。
おかげで日本人は平気で仲間を売るとドイツ人などから言われてる。


195 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)