5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ、日本は敗戦したか?

1 :日本@名無歴史さん:03/12/03 23:36
第二次世界大戦で、なぜ、日本は負けたんでしょうね?
ポツダム宣言をなぜ、受け入れたのでしょう?
なんでもいいんで、知ってる人はいますか?

2 :東条英機 ◆/mR6zOub6o :03/12/03 23:38
すべてはワシの責任。

3 :日本@名無史さん:03/12/03 23:39
そうだね

4 :日本@名無史さん:03/12/03 23:46
広島、長崎に原子爆弾を落とされ、その惨状から
「このままでは国が滅ぶ」と危惧したので無条件降伏したと
習いました。

5 :日本@名無史さん:03/12/04 00:28
日本が弱かったから

6 :日本@名無史さん:03/12/04 16:24
国力の差。南方から本国へ運ぶ輸送船の到着率が低かった事。
原爆投下された事。戦線が広すぎたため。暗号をほとんど解読されたため。
レーダーを使わなかった事。戦艦大和、武蔵を建造したため。
山本提督の無謀なミッドウェー海戦のため。真珠湾攻撃の時ドック、燃料庫などを破壊しなかったため。
ガダルガナル島奪回作戦の度重なる失敗のせい。である。

7 :日本@名無史さん:03/12/04 16:49
大日本帝国という組織そのものに問題があるから。

8 :日本@名無史さん :03/12/04 17:13
政治力がなかったからでしょう。
開戦後攻勢に入っている時点、あるいは戦局が怪しくなってきた時点で講和できなかった。

9 :日本@名無史さん:03/12/04 17:21
台湾沖航空戦の過大戦果報告がまかりとおるような組織だから。

10 :日本@名無史さん:03/12/04 22:26
>7
組織的に問題のない国なんて皆無だから直接の理由ではないね。

11 :日本@名無史さん:03/12/04 22:44
ネコがトラにケンカ売るようなもんだからそら負けて当然でしょ。
軍事力の元となる経済力が違いすぎる。あと国内の資源の量も。


12 :日本@名無史さん:03/12/05 00:21
国力の差と経済力の差か。
この二つが日本より劣るベトナムは勝てなかったが、負けもしなかった。

13 :日本@名無史さん:03/12/05 00:43
アメリカは外には強いが内には弱い。

14 :日本@名無史さん:03/12/05 02:14
>>12
それはちょっと・・・

15 :日本@名無史さん:03/12/05 02:26
負けるべくして負けただけだ。
はじめから勝機がないことは山本五十六が明言してるんだから。
日本が負けた理由を知ってどうする?
理由を知ったら、国の政治に関わる者になって
例え日本が戦争になっても負けないようにする気概がないなら
日本人は馬鹿だの何だのと、つまらないことの論争で不毛だ。

16 :日本@名無史さん:03/12/05 03:11
イタリアなんかと組んだのが間違いだったんだよ、
マカロニ野郎ども、ホントに弱っちい。

17 :日本@名無史さん:03/12/05 03:20
なぜ、朝鮮は統治されたのか?
この方がよほど興味深いのだが・・・

18 :日本@名無史さん:03/12/05 03:25
まず、アメリカは多民族国家であり他国からの人口流入も財力も知的財産も
上だったからでしょ。アメリカ独自にことを進めていたらそうはうまくいかなかったはず。
そりゃ、美味しい所を持っていくのがアメリカですから。
アインシュタインは何人ですか?
私はロック好きなんで、
ジューダスプリーストはどこの国のバンド?
オジー・オズボーンはどこの国出身?
ヴァン・ヘーレンは起源はオランダでは?
身近でもこれだけでてくるのだから・・・

19 :日本@名無史さん:03/12/05 06:54
外交の敗北。

20 :日本@名無史さん:03/12/05 14:41
旧日本軍ファソを自認する香具師が来てこのようにのたまわるぞ。

「当時の日本陸海軍の指導者は現在の東大京大以上の難関を突破した
人々であるから間違いはないんだ!彼らよりも学歴がない連中に何がわ
かるんだ!」



21 :日本@名無史さん:03/12/05 19:36
>>20 で?

22 :日本@名無史さん:03/12/05 21:38
20が紹介しているような香具師が漏れの近くにもいたな・・・

23 :日本@名無史さん:03/12/06 12:03
第二次大戦の勝敗は各国の軍隊の運動神経の良し悪しで決まるので、
その国の工業力や技術力、政戦略はまったくカンケーないんだ!!!

24 :日本@名無史さん:03/12/06 13:26
ホームルームでクラス内討論を行うことになった。

俺はここのレスで挙げられているようなことを日本敗戦の理由として挙げ
た。

もう一方の論者が20や23が書いてあることを主張した。

双方の主張が終了した後、多数決でどちらの意見が正しいかを決定した。
39対1で俺の完敗。

このときからだよ、俺が多数決制民主政治を憎むようになったのは。
多数決制民主主義ではなく有能な指導者による独裁政治を待望するよう
になったのだ。

25 :日本@名無史さん:03/12/10 11:45
名君と暴君の割合はいかほどでしょうか・・・

26 :日本@名無史さん:03/12/23 01:55
日本が、あの半島を併合したことにより、あの法則が発動したから。

27 :日本@名無史さん:03/12/23 02:01
日本刀の条件は、「折れず」「曲がらず」「良く切れる」ことだと言われます。
しかし、この条件には矛盾があります。つまり「折れない」と言うことは鉄が柔らかくなくてはいけません。
また「曲がらない」と言うことは鉄が堅くなくてはいけません。
1本の刀に柔らかくもあり、堅くもある鉄と言う矛盾する条件を解決するため、
比較的柔らかい鉄を、堅い鉄で包み込むと言う手法を用いました。
つまり、もなかのようにあんこを皮でくるむような形です。
これにより、外側の鉄は堅いので曲がらず、中には柔らかい鉄がくるまれてるので、衝撃を吸収して折れないのです。
外側の鉄を「皮鉄(かわてつ)」、内側の鉄を「芯鉄(しんてつ)」と呼びます。また、刃の部分を別に鍛え刃鉄として組み合わせることもあります。
また、「銃砲刀剣類等所持取締法」によると、「日本刀とは武用または観賞用として、
伝統的な製作法によって鍛錬し、焼き入れを施したものをいう」とあります。
つまり、和鉄を使って折り返し鍛錬で鍛えた堅い鉄と柔らかい鉄を組み合わせて制作されたものとなります。
従って、洋鉄で作られたもの、戦時中などのスプリング刀、鉄を打ちのばして刀の形にしただけのものは日本刀とは言えません。
また、基本的に所持出来ません。

朝鮮刀と日本刀の製法を比べたら真似かどうかわかる。
朝鮮刀の製法は?


28 :マッカーサー:03/12/23 02:23
坊やだからさ


十二歳の

29 :日本@名無史さん:03/12/23 02:36
うぬぼれていたから?

30 :日本@名無史さん:03/12/23 02:45
てか、中国戦線(程度)でドツボにはまってたにもかかわらず、
その背後にいた米英までをも相手に戦おうとしたのは、
やっぱし、常軌を逸してるとしか言いようがない。

31 :日本@名無史さん:03/12/23 05:15
本気のアメリカに勝てる国は無いだろう。
結局一人勝ちして今のようになってんだから。
日本は良くやりました。でも相手が悪すぎました。これでいいだろう。
>>12の様に言う者もいるがあれは勝手にアメリカが嫌になって止めただけ。
局地戦争と、国家の覇権と存亡を賭けた大戦を同列に扱う事は出来ない。


32 :日本@名無史さん:03/12/23 05:17
>>1
あの法則

33 :日本@名無史さん:03/12/23 07:41
アメ公のチンポしゃぶってる国が(プ

34 :日本@名無史さん:03/12/23 09:10
ベトナムは孤立してない北から中国、ソ連の援助ありまくり。
それに原爆も落とせなかったし。
北朝鮮、北ベトナムに原爆落とせなかった理由はよく「人道的に原爆が使えなかった」とか言われるが
実際はこの二国が中国、ソ連とつるんでたから落とせなかったと思われ。
末期の日帝みたいに国際的に本当に孤立してたら使ってただろ。

35 :日本@名無史さん:03/12/23 10:30
最後は「神風がふく」とかいう依頼心の強さ
精神論で竹槍で多量の銃器と闘おうとする異常さ
スタッフ アンド サービスの理解力不足

みんな貧乏がわるいのさ



36 :日本@名無史さん:03/12/23 20:01
それもひとつの側面だわな

37 :日本@名無史さん:03/12/23 20:45
ポッと出のにわか大国もどきには外交のなんたるかが
理解出来なかったんだろな、いっぱし気取ってもお人好し丸だし
「欧州の情勢奇々怪々」
アホか
あげくに戦争末期にソビエトに仲介頼むなんて・・恥さらしな外交音痴
これは今も言えるが
死んだ将兵はうかばれんな

38 :日本@名無史さん:03/12/23 21:23
http://archive.honya.co.jp/contents/archive/kkikuchi/hanashi/

39 :日本@名無史さん:03/12/23 22:48
「蟻は鼠には勝てない。同様に日本もアメリカには勝てない」(石橋湛山)

40 :日本@名無史さん:03/12/23 23:08
日本は運が悪かったから負けた。
アメリカは運が良かったから勝った。
ベトナムは、運が良かったから勝った。

41 :日本@名無史さん:03/12/24 00:56
負けたのは日本陸海軍で日本国はまだ負けていない
ムタグチとクリタがアメリカのスパイだったりが敗因

42 :日本@名無史さん:03/12/24 01:15
今日の映像の世紀見て、日本はWW1のアメリカにも
勝てないと思いますた。

43 :日本@名無史さん:03/12/24 09:45
コリアの人々の勇敢なレジスタンス

44 :日本@名無史さん:03/12/24 12:03
建国義勇軍」の正体は、【石原慎太郎】の尖閣諸島仲間でした。(´ー`)y-~

>刀剣友の会(日本人の会)尖閣諸島上陸敢行記録ダイジェスト
> 朝敵・支那に 向かって斬奸の一閃!この刀は「尖閣丸」と名付く
> 平成13年5月26日午前10時45分
> 【刀剣友の会】会長 【村上一郎】
> 日本青年協議会愛知代表 服部守孝
> 刀剣友の会理事 奥田弘美
> 刀剣友の会会長秘書 麻布孝弘 
http://www.gix.or.jp/~n-resin/jyouriku.html

 「日本青年協議会」は、「生長の家」の青年組織で、「日本会議(統一協会)」のダミー。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/5936/
 「日本青年協議会愛知代表 服部守孝」は、
「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための愛知県協議会」(救う会・愛知)事務局長。
http://www.sukuukai.jp/houkoku/log/200205/02-05-26.htm
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)


45 :日本@名無史さん:03/12/24 14:51
ドイツはイタリアと組んだから負けた。
日本は半島を殖民地にしたから負けた。

先日、ドイツの友人に今度はイタ公抜きでやろう、ただしチョンは信じるなと言われた。

46 :日本@名無史さん:03/12/24 20:21
>>45
>ドイツはイタリアと組んだから負けた。
正しい
>日本は半島を殖民地にしたから負けた。
正しい
>先日、ドイツの友人に今度はイタ公抜きでやろう、ただしチョンは信じるなと言われた。
イタ抜き、チュン抜きも正しい。
野蛮なアングロサクソンとくむのが最高だが、ドイツ人の論理性も魅力的。
朝鮮シナイタリアのサルを除外しよう


47 :日本@名無史さん:03/12/24 20:56
日本ヲタ、必死だなw

48 :日本@名無史さん:03/12/24 21:05
勝つ要素がないから
やったことに意味がないとは思わないがね。

49 :日本@名無史さん:03/12/24 23:33
>>39
ほんとかよ

50 :日本@名無史さん:03/12/24 23:38
ベンチがアホやから野球ができへん!!

51 :日本@名無史さん:03/12/27 09:59
>>50
パンツがクソだらけで歩くことでけへん!!


52 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

53 :日本@名無史さん:04/01/06 23:54
ベトナムは最後の一人になっても戦うから引き分けた。

ちなみに神風は吹いた。
この嵐のせいで米軍の上陸が2日遅れた。

54 :日本@名無史さん:04/01/07 00:47
日本民族は劣等だから。

55 :日本@名無史さん:04/02/04 16:28
国力の差もあるが、「中国とケンカしながら、アメリカとも戦う」
としたことも原因。


56 :日本@名無史さん:04/02/04 16:33
勇敢な大韓の青年たちの必死の抵抗

57 :日本@名無史さん:04/02/04 17:34
無能な東北人が指揮したから

58 :ツバキ:04/02/04 17:47
お金が無かった。その一言につきる。

59 :日本@名無史さん:04/02/04 17:50
負けたと思うから負けたのだ。
勝ったと思ったら勝っていた。
「今回はこの辺で勘弁しておいてやろう」
とポツダム宣言受諾の際に言うべきだった。

60 :日本@名無史さん:04/02/04 17:57
横暴だったから



61 :日本@名無史さん:04/02/04 19:14
亜米利加は戦争には介入しないといっていたのに、
途中から参戦してきた。
日本としては予定に無い事態になったので負けた。


62 :日本@名無史さん:04/02/04 19:26
陸軍はもちろん海軍もバラバラ、
これに政・官・業がそれぞれの思惑で雷同する。
皇室はといえばお家騒動の真っ最中で
側近の近衛はあの通り。
アメリカが国家として戦ったのに
日本はせいぜい団体連合として戦ったに過ぎないのだから
あそこまで頑張ったのはむしろ評価できる事だ。
日本国として戦っていないのだから
負けてはいないともいえる。

63 :日本@名無史さん:04/02/04 19:32
>>1 米軍の物量にかなわなかったから。それが一番の理由だと思う。竹やりでグラマンやB29は落とせないですし・・・
死ぬのがわかっているのに突撃していった兵隊さんたち、本当に気の毒だったと思います。でもそれが時代の風潮でしたからね・・
もし歯向かったら林に連れて行かれボコボコに罵られて殴られましたからねぇ・・

64 :日本@名無史さん:04/02/04 19:43
物量がアメリカと同等あっても負けてた。
物量を圧倒しているアメリカが、物量の乏しい日本より
輸送補給の重要性を理解していたのは皮肉としかいいようがない。

65 :日本@名無史さん:04/02/04 19:46
そのアメリカがホーチミン・ルートを把握できなかったのは皮肉ですね。

66 :日本@名無史さん:04/02/04 19:55
>なぜ、日本は敗戦したか?

奇襲の汚名をきせられ、戦後叩かれ、散々だな。

67 :大和魂:04/02/04 22:41
戦争をやりたかったルーズベルトが本当のA級戦犯だ。
でも彼もあそこまで米軍に死傷者が出るとは思わなかっただろう。

68 :日本@名無史さん:04/02/07 15:12
藪もおなぢ

69 :日本@名無史さん:04/02/07 15:15
>奇襲の汚名をきせられ

奇襲は事実じゃんか。

70 :日本@名無史さん:04/03/01 01:03
てか、イタリアって弱すぎ。
何やってたんだよイタ公!

71 :♪孫子♪:04/03/06 17:49
敵を知らず己を知らなかったから.

72 :日本ちょっと前:04/03/09 00:13
白村江(663年)は風下接近戦の放火で負けた。
この後唐、の間接支配から脱しながら、倭国は日本と称するようになる。

73 :日本@名無史さん:04/03/26 03:17
>>1
http://www.nsjap.com/marco/marco0.html

74 :日本@名無史さん:04/03/26 09:40
中国戦線に関しては、遂行目的がなかった。
都市は占領するが、国民党はまた奥へ逃げていくし。
結局イタチゴッコになって戦線を延ばすだけに。
太平洋戦線は、やっぱ有利なうちに講和出来なかったからだと思う。
軍部の放漫さはあるにしても、外交の下手さは余りあると思う。
どう頑張ってもアメリカ上陸なんか出来る訳ないのに。

75 :日本@名無史さん:04/04/08 18:51
あのままいっていたら新大陸の西半分とオーストラリアおよびユーラシアの東半分を
日本が支配することになり、国力や人材の面からそれに耐えられるかどうか。
当然領土が半分になったアメリカやドイツを占領したソ連の猛烈な反撃を食うだろうし。


76 :日本@名無史さん:04/04/24 08:52
敗戦後もイラクの様に抵抗しなかったのが不思議でならない

77 :日本@名無史さん:04/04/24 09:00
ヤク漬けにされて白人のいかちいハードゲイに代わる代わるまわされて
廃人となって氏ね。ファック・ユー!

78 :日本@名無史さん:04/04/24 10:09
>>76
原爆を落とされたショックが大きかったんだと思うな。
こりゃもうダメだと、緊張の糸が切れてしまったというか・・・

79 :日本@名無史さん:04/04/24 10:29
イラクと違い外から工作員が入りにくかった。

80 :日本@名無史さん:04/04/24 10:42
>>78
原爆を落とされるずっと前、戦争を始める前といっても言い過ぎでない時点で決定していたと思うよ。
アメリカ側の陣営は戦争が始まってすぐに、戦後の統治についての会談もしてるしね。
敗戦の原因は、国の指導者に優秀な人材が少なかった事。それで、国の舵取りを間違えたんだと思うね。
政治家を選ぶのにいい加減な気持ちで選んじゃいけないっていい教訓だと思うよ。


81 :日本@名無史さん:04/04/24 10:58
実際にアメリカをどう統治するか、中国をどう統治するかの
青写真が無いまま2つの戦争を同時に始めたのが
そもそもの誤り。

82 :日本@名無史さん:04/04/24 11:05
日本は外交で負けたんだよな。
対独戦に集中したかった英米は日本との全面戦争を望んでいなかったのに、
日本から戦争の道を選び敗北に突っ込んでいった。

83 :日本@名無史さん:04/04/28 12:42
外交が目茶苦茶でも、それを上回る戦闘力があれば良かったが。
アメリカには勝てなかった。

84 :日本@名無史さん:04/05/09 23:19
本当は米英と戦わずに第一次大戦の時のように英国の味方としてドイツと戦い勝つ、ってのがベストだろう。
日本贔屓も欧州には沢山居たし(ナチとの同盟で崩れたんだよな)

満州国なんて手に入れようとした事が一番ダメだったんだ。バブルの時に10億のマンションを地上げ屋使って立てたようなモン。
対露は外交と中国を上手く利用すれば何とかなる。米英が味方なら尚更楽なもんだ。
日本の領土拡大は台湾とその周辺の島々位でいい。

85 :日本@名無史さん:04/05/09 23:33
政治家の中に馬鹿な政治家が増えた事。
政治家の仕事は、国を豊かにする事と、負け戦に巻き込まれないようにする事。
国際情勢を知らない馬鹿な政治家ばかりだった。

この反省は今現在ちゃんと生きてるのかな?
みんな、ちゃんと選挙行ってる?
地元の有力者だからとか、知り合いだからとかで安易に投票してない?
候補者の考えを一人一人比べた上で投票してる?

86 :日本@名無史さん:04/05/09 23:55
政府も国民もOBAKAだから。

本土を無視して満州・朝鮮・台湾の投資を行い大赤字。
安全保障を考えるのであれば軍隊を駐留させるだけで充分であった。
勝てる筈もない対米開戦を行い全てを失う。

政府も、政府をマトモな方向に誘導できなかった国民もOBAKAとしか言いようがありません。

87 :日本@名無史さん:04/05/10 00:02
結局みんな自分の事しか考えずに、個々で好き勝手行動していた。
省益あって国益なしとでも言うのかな?
海軍が戦って陸軍は戦わずと言う状態。
一致団結して米国と戦おうともしていない。
国益に繋がるような事はせずに省益を考えた行動ばかり取り続ける。

88 :日本@名無史さん:04/05/10 00:03
>>1
坊やだからさ。

89 :日本@名無史さん:04/06/05 17:04
>>88
つまり戦争に勝ちたければ、悪逆非道、冷酷無比になれと。。。

90 :日本@名無史さん:04/06/20 00:58
>>89
昔から、勝てば官軍って言うだろ

91 :日本@名無史さん:04/07/06 15:08
>89
ハンパな優しさなんて百害あって一利なし
戦争に優しさを求めるなんて それ自体矛盾
戦争の残酷性が嫌なら 最初から戦争回避の努力をしろ

92 :日本@名無史さん:04/07/06 19:48
戦中「神国日本が負けるわけがなあああああい!」

戦後「戦争は残酷だああ、だから国家は戦闘力をゼロにしろ!平和!平和ああ!」

両方とも根拠のないバカ妄想 したがって日本はカルト国家ですw

93 :日本@名無史さん:04/07/06 21:25
はやく洗脳が解けたら良いね。

94 :日本@名無史さん:04/07/07 17:59
逆に勝ってたら、大日本帝国は今でも続き、軍国主義がのさばっていたのだろうか?
でも「日本が勝つ」って、どのような状態になれば「勝つ」だったのかね。
英米の戦意喪失?米国本土(イヤせめてハワイ)の占領?
日本の中国政策を英米が認めたら?

95 :日本@名無史さん:04/07/07 18:22
イギリスはともかくアメリカとは妥協できまい。
もし日本が「勝つ」ことが出来るとすれば、シナ・インドシナの打通なんぞ諦めてドイツと呼応してソヴィエトを叩き、あとは海軍が米軍の中部太平洋での反撃を抑えきれば何とかなる。
つまりユーロ・アフリカ+ロシアを手中に置いたドイツともに世界征服って感じだな。
他に策があったらプリーズ。

96 :日本@名無史さん:04/07/07 18:27
戦争が終われば軍国主義は終了

97 :日本@名無史さん:04/07/07 20:06
>96
共産主義は?

98 :日本@名無史さん:04/07/07 20:26
共産主義は宗教なので健在です。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)