5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

江戸VS大阪

1 :1です:04/02/03 19:28
昔は昔、今は今です。昔の事なんか忘れて、平安時代の話でもしましょう。

2 :日本@名無史さん:04/02/03 19:34
2げっと

3 :日本@名無史さん:04/02/03 19:57
1へ
正確には・・・江戸VS大坂 か 江戸VS上方 もしくは 江戸VS浪速


4 :日本@名無史さん:04/02/03 20:07
地方都市大阪なんてお呼びじゃない。
江戸の圧勝で終了。

5 :1です:04/02/03 20:16
大阪にもいいところはあります。北海道にもいいところはあります。でも僕はイタリアが一番好きです。

6 :日本@名無史さん:04/02/03 20:21
>地方都市大阪なんてお呼びじゃない。

江戸の方が地方都市だが。


7 :日本@名無史さん:04/02/03 21:21
大阪なんて存在したの?

8 :日本@名無史さん:04/02/03 21:35
>大阪なんて存在したの?

当時は大坂だな。



9 :日本@名無史さん:04/02/04 00:13
江戸期朝鮮通信使一覧
--------------------------------------------------------------------------------
回数 年代 正使 副使 従事官 人数
1 1607(慶長12、宣祖40) 呂祐吉 慶暹 丁好寛 467
2 1617(元和3、光海君9) 呉允謙 朴 李景稷 428
3 1624(寛永元、仁祖2) 鄭ャ 姜弘重 辛啓榮 300
4 1636(寛永13、仁祖14) 任絖 金世濂 黄 475
5 1643(寛永20、仁祖21) 尹順之 趙絅 申濡 462
6 1655(明暦元、孝宗6) 趙珩 兪瑒 南龍翼 488
7 1682(天和2、粛宗8) 尹趾完 李彦綱 朴慶後 475
8 1711(正徳元、粛宗37) 趙泰億 任守幹 李邦彦 500
9 1719(享保4、粛宗45) 洪致中 黄璿 李明彦 479
10 1748(寛延元、英祖24) 洪啓禧 南泰耆 曹命采 475
11 1764(明和元、英祖40) 趙曮 李仁培 金相翊 472
12 1811(文化8、純祖11) 金履喬 李勉求 李明五 366

--------------------------------------------------------------------------------


10 :日本@名無史さん:04/02/04 00:15
>>1
せめて「大阪」は「大坂」にして欲しかったな。

11 :日本@名無史さん:04/02/04 00:18
新幹線も飛行機も電話も無かった時代に江戸と大坂で都市機能の
分担ができてたのに、なんで今は東京にばっかり一極集中せなあ
かんの?

12 :日本@名無史さん:04/02/04 00:34
わては大阪でんねん

13 :ベンゼン中尉 ◆BENZENFG3I :04/02/04 01:07
西軍の敗北で大阪は武器を取られ、完全な商人の町となった。
江戸は将軍の御膝元。

14 :日本@名無史さん:04/02/04 16:05
平安>>奈良>>>>大坂

15 :日本@名無史さん:04/02/04 17:34
エロ vs 大酒 ……エロの勝ちぃ

16 :日本@名無史さん:04/02/04 18:28
大阪は、大化の改新の時の首都であり、奈良や京都よりも古い古都でもある。
日本最古の国際港は大阪の難波津や住吉津で、シルクロードの文化などは大阪から日本に入った。
また、商人の町といわれるが、武家の棟梁の源氏(河内源氏)は、大阪で生まれ、南河内が本拠地。


17 :日本@名無史さん:04/02/04 18:31
江戸の基盤を作ったのは、大阪の堺の人々や大阪の佃の人々。
その名残が東京の「銀座」とか「佃」という地名。
有名な銀座は、元は大阪の堺の地名。

18 :日本@名無史さん:04/02/04 18:32
大阪の没落の始まりは、大阪の陣での敗戦。
家康の本陣に突撃した真田幸村には、何とかしてほしかった。

19 :日本@名無史さん:04/02/04 18:34
今でも大阪では真田幸村はすごい人気があり、反対に家康はポロクソだね。

20 :日本@名無史さん:04/02/04 18:38
家康は実は大阪の陣で後藤基次に討たれているという話があり、
堺の南宗寺には、徳川家康の墓があるよ。

21 :日本@名無史さん:04/02/04 18:39
>16
八幡太郎義家の墓は、大阪府羽曳野市にありますね。

22 :日本@名無史さん:04/02/04 18:55
家康マンセー。
あんなに現実主義でバランスの取れた政治家はいないべ。

23 :日本@名無史さん:04/02/04 19:58
大坂も江戸も、尾張人抜きでは考えられない。


24 :日本@名無史さん:04/02/04 19:59
もとい、尾張と三河

25 :日本@名無史さん:04/02/04 20:40
これは司馬遼太郎の出演していたNHK教育テレビの番組「太郎の国の物語」を起こしたものなんだろうなあ。カンペキに話し言葉だし。
で、先入観としては竜馬だ坂の上の雲だってのがあって、明治を作った男達の野望と青春!ってなもんかなと思ってたんですが(笑)、そうじゃなかった。
明治を「国家」という概念で捉えた解説書ですね。
勉強になる箇所は多々あった。一番「目から鱗」だったのは。維新の時の倒幕派は、幕府に反抗しているクセに何故攘夷を唱えたかという疑問をあたしは持っていたわけです。
だって、攘夷=鎖国ってのは、彼らが倒そうとしている徳川幕府が作った政策じゃん?倒幕して新しい国を作るのなら、倒幕・開国という流れになるんじゃないかと思ってたのよ。
それなのに、なぜ攘夷?と思ってたワケですが。この謎が氷解した。
つまり、今のように日本史を学校で教わる時代じゃなかった、と。
大鏡、増鏡のような昔の史書はあっても、江戸に入ってからの近代史は水戸藩で何十年もかけて編纂してるだけで、口伝しかなかったワケだ。
つまり当時の下級武士は、「鎖国が200年前に徳川の作った政策だなんて知らなかった。
日本古来の伝統だと思っていた」というのだ。もう膝を叩いちゃったわよ。
ことほどさように勉強にはなったんだけど、何分、講演のような話し言葉なもんで、話があっちゃこっちゃしてる上に、
「基本は皆さんご存知ですね?」って感じなので、ちょっと戸惑う箇所もある。
「彼は田原坂の後で……」っていう文章が出てきても、田原坂の何たるかの解説はない。
維新から明治にかけてのベースを勉強した後、一歩進む時に読む本という印象でしたことよ。


26 :日本@名無史さん:04/02/26 16:57
大阪って本屋が少なくない?

27 :日本@名無史さん:04/02/26 21:12
わしは江戸時代は好きだが
江戸幕府はそれほど好きではない。
最近やけに江戸幕府に肩入れしてる人の言動が目にあまる!

28 :日本@名無史さん:04/02/26 21:16
関ヶ原から豊家滅亡までの
西軍のめんめんは個性豊かでおもしろい。
キリシタンやら浪人やら

29 :日本@名無史さん:04/02/26 21:25
俺と弟の夜の営みを彼女に目撃された。
それ以来、彼女は姿を消した。


30 :日本@名無史さん:04/03/19 22:10
>>26
大阪人にとって読書とは時間とお金の浪費。
どうしても本を読まなければならない時は立ち読みですまし、
本を買うなんてもってのほか。

31 :日本@名無史さん:04/03/19 22:23
>26

本屋が少なくても、購入に問題ないよ。
ネット販売もあるし。


32 :日本@名無史さん:04/03/19 23:24
>>26
大阪の本やが少ない?俺は古本屋さん中心にうろついてるが、
カッパ横町とか難波球場の古書街とか行ってみ。古書屋さんだらけよ。

33 :日本@名無史さん:04/03/20 02:08
確かに大阪よりも京都の方が古本屋が多いな。

34 :日本@名無史さん:04/03/21 04:06
ヘラクレスよ、頼むから立派な市場に育ってくれ。


35 :日本@名無史さん:04/04/09 23:33
>>18
家康は幸村の突撃の際に死んだというのを
テレビでやっていたが
そんな物を信じてよいのでしょうかね

36 :日本@名無史さん:04/04/10 01:22
江戸と武蔵国の境界はどの辺ですか?

37 :日本@名無史さん:04/04/24 20:13
>>33
京都は学生が多いからじゃない


38 :日本@名無史さん:04/04/24 23:18
大坂と摂津国の境界はどの辺ですか?

39 :日本@名無史さん:04/04/28 01:52
>38
大阪が摂津国の中心地だよ。

40 :日本@名無史さん:04/05/22 18:34
沿岸航法の海運が物流・貿易の主役だった時代では、関東は立地条件で上方にかなわない。
まして盛んに貿易がなされたなら西日本と東日本では経済格差が開くばかり。
徳川政権が鎖国政策をとった原因の一つは、本拠が関東にあったからであろう。

近代に入り海運は外洋船、内国物流は鉄道となると上方の立地メリットは消滅した。
明治以来の大阪の地盤沈下は起こるべくして起こったことである。

41 :日本@名無史さん:04/05/22 19:26
>>36
そんなもんあるわけねえだろ。ねたか。

42 :日本@名無史さん:04/05/22 19:38
江戸の境界はあるけど

43 :日本@名無史さん:04/05/22 21:27
江戸は武蔵国の中にある。
だから江戸と武蔵国の境なんかない。

44 :日本@名無史さん:04/05/22 21:36
江戸府内の境はある。

45 :43:04/05/22 21:40
そりゃある。

46 :日本@名無史さん:04/05/22 22:48
>>36は中韓人では。
ソウル市と京畿道、北京市と河北省の境界があるから。

47 :日本@名無史さん:04/05/23 10:05
武蔵国豊島郡江戸郷

48 :日本@名無史さん:04/05/23 12:48
大坂・・・畿内

江戸・・・夷

49 :日本@名無史さん:04/05/23 12:50
「関東」の本来の意味は蔑称だったわけだが。

関東=未開の地 が常識だった。

50 :日本@名無史さん:04/05/23 19:03
関東=逢坂の関より東

51 :日本@名無史さん:04/05/31 23:10
江戸は一度も都になったことはない。

52 :日本@名無史さん:04/05/31 23:15
京が都のままだったなら、関東平野を持って自給できる国家になったか?

53 :日本@名無史さん:04/05/31 23:17
>>52
意味分かんねぇよ。

54 :日本@名無史さん:04/05/31 23:18
>>49
そう、関東の関は箱根関の東という意味だな。

55 :日本@名無史さん:04/05/31 23:19
関西は関東への反語で近代の言葉。

56 :日本@名無史さん:04/05/31 23:23
>>50
名古屋も関東になるのか。

57 :日本@名無史さん:04/05/31 23:26
>>54
それは近代の感覚だな。江戸時代以前は逢坂の関の東が関東だよ。
今の関東に近い概念は、「坂東」と呼ばれていたな。

58 :日本@名無史さん:04/05/31 23:29
>>57
箱根の関の向こうが関東だよ。

59 :日本@名無史さん:04/05/31 23:30
>>58
今はそうだな。

60 :日本@名無史さん:04/05/31 23:32
>>57
坂東は関が作られる以前の古代の呼称だろ。

61 :日本@名無史さん:04/05/31 23:35
http://www.nichibun.ac.jp/graphicversion/dbase/reikenki/bando/
坂東三十三ヶ所は、江戸時代に完成した巡礼名所で、
今でも廻っている人は多いよ。
江戸時代には、普通に、坂東だよ。

62 :日本@名無史さん:04/05/31 23:38
>>61
それは言葉の表す意味が違います。

63 :日本@名無史さん:04/05/31 23:41
>>61
江戸時代の人達が歴史名所に時代性を持たせる為に板東という語を使ったのだよ。

64 :日本@名無史さん:04/05/31 23:42
>>62 違わないよ。

くわんとう【関東】
古くは滋賀県逢坂山の関所から東方の全部、後世は、箱根の関以東の八カ国の称。
=「関八州」「坂東」

65 :日本@名無史さん:04/05/31 23:54
関東では範囲が曖昧だから、正確な表現をしたい場合は、関八州か坂東だったようだな。

66 :日本@名無史さん:04/06/01 00:00
>>64
古くはってあるじゃないか。

67 :日本@名無史さん:04/06/01 00:02
>>65
近代以降は箱根の東の意味だよ。

68 :日本@名無史さん:04/06/01 00:04
>>65
関八州は江戸幕府の支配地域。

69 :日本@名無史さん:04/06/01 00:18
坂東英二だっけ?

70 :日本@名無史さん:04/06/01 00:35
板東太郎

71 :日本@名無史さん:04/06/02 21:36
http://www.nichibun.ac.jp/graphicversion/dbase/reikenki/saigoku/index.html
西国三十三ヶ所は不思議だ。
日本における最古の巡礼であり、観音巡礼の元祖だそうだが、
そんな頃に、畿内ゾーンに西国意識があったのだろうか?
ここが中心ではなくて西だとする意識があったのだろうか?
不思議だ。

72 :日本@名無史さん:04/06/03 15:33
散切り頭を叩いてみれば、殴り返された。

73 :日本@名無史さん:04/06/03 21:08
>>71
東国の人たちの西国札所に寄せる熱い思いが坂東札所の制定へと
繋がっていったのであり、坂東札所に対して「西国」といったのであろう。

ttp://chet05.web.infoseek.co.jp/saigoku/saigokutowa.htm

74 :日本@名無史さん:04/06/03 22:15
>>73
それでは、そうなる前の西国巡礼は何と呼ばれていたのだろうか。
単に「観音巡礼」と呼ばれていたのかも知れないな。

75 :日本@名無史さん:04/06/06 01:18
気がつくと江戸はむさ苦しい男ばかりの社会となっていた。
その人口は江戸時代を通じて町人は五十万〜五十五万人で、男女比は中期のころで2対1、
終わりにはほぼ半々になったが、これに参勤交代でやってくる武士がいる。
武士の人口はおよそ五十万人と言われていて多くは男。
合わせて百万人と世界で最も人口の多い巨大都市江戸の6〜7割は男が占めているのである。
「娘一人に婿八人」と言われるゆえんである。
これに対して若い娘は箱入り娘などと言われて家の奥に入ったきりで、
あまり外に出ることなく、往来を行くのは男、男、男で、たまに女がいたと思えばそれは婆ア。
こんなわけで男性の多くは働き盛り、そっちの方面も現役の男性だったので、
遅かれ早かれ江戸各地に娼館ができるのは自然のなりゆきだった。

76 :日本@名無史さん:04/06/06 23:34
東京の人は、関西風を「うす口」醤油を使うから味が薄いと考え、
したがって、日本の古い(雅な)味は薄味だと信じていることが多いことに驚く。
関西風の「うす口」は色が薄いことで、味はむしろ濃い。

77 :日本@名無史さん:04/06/06 23:37
>>76
そのとおり。東京で流行った京風ラーメンなんかは京都人もびっくり
の凄いものだった。


78 :日本@名無史さん:04/06/07 01:16
北野教授(日大法学部)、税制から創価学会・池田大作問題を論ず
http://www.toride.org/kitano1.html BCC


79 :日本@名無史さん:04/06/07 01:31
東京には昔の味はあまり残っていないでしょう。
千葉・埼玉の田舎は塩味がとっても濃いです。

80 :日本@名無史さん:04/06/07 23:41
オレは縁あって、千葉と埼玉の地元の古老と話すチャンスがあったが、
全く言葉が理解できなかったぞ。関東弁は、標準語とはベラボウにちがうぜ。

81 :日本@名無史さん:04/06/08 12:55
>79

江戸っ子が減りすぎたせいだな。


82 :日本@名無史さん:04/06/11 23:21
江戸は昔から坂東にあっても特殊だったな。
坂東地方の言葉から遊離した特殊な言葉だったよ。

83 :日本@名無史さん:04/06/13 17:44
>>80
千葉・埼玉の方言は東北弁がかなり入るからね。
今は東京通勤圏だからそうでもないけど

84 :日本@名無史さん:04/06/13 21:46
畿内諸国の言葉も、国々で多少異なるが、太宗では共通性が高く、相互に全く通じる。
それと比べると、坂東諸国の言葉はこれから練られるのであろうか。

85 :日本@名無史さん:04/06/13 21:49
>>83
>>千葉・埼玉の方言は東北弁がかなり入るからね。

なにをもってそのような考えにいたったのだ?

86 :日本@名無史さん:04/06/17 22:44
江戸は人工的な都市であったし、諸国から流れ者が集まるところであったから、
江戸言葉は坂東一円の言葉とは遊離している。江戸が文化的な自覚を持ったのは、
ようやく江戸中期の頃のころのようだから、今で約300年。坂東諸国の言葉は、
これから200年もすれば凡そ相互に通じるほどには融合するのではなかろうか。

87 :日本@名無史さん:04/07/03 21:33
名古屋が大阪を抜く日は近い。

88 :日本@名無史さん:04/07/03 21:57
京都が首都だから、京都から江戸へ行くときは、「江戸に下る」「東下り」て、言ってたんだよ。


89 :日本@名無史さん:04/07/03 23:11
>>82
それは当然だよ。京都言葉を基盤としているんだから。

90 :日本@名無史さん:04/07/04 11:53
 万 引 忌 

91 :日本@名無史さん:04/07/04 16:34
 万 引 忌 




92 :日本@名無史さん:04/07/04 16:45
>>75
>男女比は中期のころで2対1
何で足して10にならないんだか?

>>76
味が濃いと言うより、塩分濃度が高いんだよ。
まぁ、それゆえに味が濃いという言い方も出来るが。

93 :日本@名無史さん:04/07/04 16:59
東京やその周辺犬県では、古典の授業で伊勢物語の「東下り」や
「更級日記」の「門出」をやると生徒が暴れるのでできないらしい。

94 :日本@名無史さん:04/07/04 19:25
江戸裁判ショー
ってなに?

95 :日本@名無史さん:04/07/04 21:28
京都が首都だから、京都から江戸へ行くときは、「江戸に下る」「東下り」て、言ってたんだよ。


96 :日本@名無史さん:04/07/04 21:47
>93
あきらかなウソを書くな。笑いネタにもならない。

97 :日本@名無史さん:04/07/04 21:53
>>86
江戸は当初、三、駿、遠の人間が作った町で、そういう意味では場所は関東でも
関東の町ではないといえるし、言葉も
周辺地域とは違う。

98 :             :04/07/04 22:03
東京VS大阪って発想が関西人(大阪人?)やなあ。
東京の人間はそんな事かけらも思わないだろう。
大阪なんて「でんがな、まんがな」しゃべる、数ある
地方都市の一つぐらいにしか思ってないもんなあ。

99 :日本@名無史さん:04/07/04 22:47
今度の人事で東下りだよ
どーしよー

100 :日本@名無史さん:04/07/07 23:54
>>99
おめでとう。
花のお江戸だね。

101 :日本@名無史さん:04/07/08 00:02
家康のモットーであった「厭離穢土 欣求浄土」。
これは「厭離江戸 欣求京都」を表す暗号だった。

102 :日本@名無史さん:04/07/08 00:23
>東京VS大阪って発想が関西人(大阪人?)やなあ

マスコミの発想だよ。
そういう企画は、何故か東京で視聴率とるからねw


103 :日本@名無史さん:04/07/08 00:27
東京ってドーナツの真ん中の穴でしょ?

104 :日本@名無史さん:04/07/08 23:00
東京は東の端だ。真中ではない。

105 :日本@名無史さん:04/07/08 23:16
>>89
そのかわり、現代は、京都を同心円にした、ことば伝播は途絶え、
崩れ、東京(首都圏発テレビ文化)を同心円にした、言葉伝播が、広がる。
名古屋なんかも、相当、関東言葉に近づいてる。

106 :日本@名無史さん:04/07/08 23:37
東京の言葉というのは京都の言葉が中心になっている。無知な関東人は
それを知らないだけ。自分達が日常生活でたくさんの京都言葉を使って
いるにもかかわらずにねw

107 :日本@名無史さん:04/07/09 00:28
関東人好みの「うざい」が「うざったい」の省略形であることは関東人ですら
知っている基礎知識だが、関東人の脳味噌はそれ以上のことは考えられない。
つまり、「うざったい」が平安朝の時代に出来た京都語「憂し」の名詞形であ
る「憂さ」に「〜たし」のイ音便「〜たい」がつき、それが関東で濁音に訛っ
て「うざったい」になったことを。

108 :日本@名無史さん:04/07/09 00:31
関東人が「おひや」「おみおつけ」「しゃべる」「おいしい」
「おでん」「どまんなか」「しゃもじ」等々の京都語を普通に
使ってるのを聞くたびに微笑ましくなる。

109 :日本@名無史さん:04/07/09 01:23
>>108
京都語というより、公家言葉な。
あと、「おにぎり」もそう。

110 :日本@名無史さん:04/07/09 11:52
現在の繁栄も、やがて過去の歴史になる。
そんなモノは自慢にならぬ。
栄枯盛衰

ならば、歴史が重要。



111 :日本@名無史さん:04/07/09 13:12
「横浜」というのも考えてみると変わった地名ですね。
一番古い文献では1442年の文献に横浜の地名が記されています。
本牧から現在の山下町のあたりに砂州のような長い浜があり、ここが横浜の村でした。
一説には浜の横の村という意味とも言われています。

神戸という地名は、もともと日本史辞典によると、昔神社のすぐ近くには神社の経済を支えた住民の集落があり、
「かんべ」とも「じんこ」とも呼ばれ神封戸(ふご)と言っていました。
つまり、神功皇后が建立したと言われる古社の生田神社の神戸(かんべ)からきた地名と言われています。

112 :日本@名無史さん:04/07/09 19:23
>>109
一般に普及したので京都語でかまわない。

113 :清和源氏:04/07/11 09:36
日本の戦国時代も三国志みたいに三国になったらおもしろかったのになあ

114 :日本@名無史さん:04/07/12 23:04
>>97
たしかに、三河言葉が原型なのかもしれない。
が、その論調だと、大阪、安土は、尾張人が作ったものであるといえよう。

115 :日本@名無史さん:04/07/12 23:07
>>106
が、いまや京都を中心にして、言葉は広がっておらず。
残念。
そして、京都の庶民ずれに、言葉に対する感謝などする気もなく。

116 :日本@名無史さん:04/07/13 21:57
全国の子どもを集めて自由に遊ばせていると、次第に上方言葉に統一されるという
実験結果があったらしいよ。
上方言葉が一番素直な日本語なんだろうな。江戸言葉は、まだまだ修行が足りんようだな。

117 :日本@名無史さん:04/07/13 22:28
>>114
それは違うな。
安土は何とも言えんが、大坂は当時既に都会で、尾張人が多少来たところで
どうなるものでもないな。むしろ、尾張から来たおのぼりさん達は、大坂言葉に
染まったんだろうよ。

118 :日本@名無史さん:04/07/13 22:37
上方言葉って、いわゆる関西弁?
はっきり言って東京じゃ、あんまり関西弁好かれてないよ。
なんか、あつかましさを感じるんだよね。


119 :日本@名無史さん:04/07/13 22:46
>>118
なのに東京弁にはなぜあんなにたくさんの上方言葉が入っているの
であろうか?

120 :日本@名無史さん:04/07/13 23:04
>>119
東京弁と標準語は違う。京阪の言葉がベースなのが標準語。

121 :日本@名無史さん:04/07/13 23:18
>>120
語彙と書き言葉については、そうとも言えなくもないが、発音はどうであろうか。
江戸言葉が主体のように思うぞ。

122 :日本@名無史さん:04/07/14 22:15
「NHK日本語発音アクセント辞典」の「全日本アクセント分布図」によれば、
「ほとんど東京型」が「東京・埼玉・群馬・新潟南部・千葉の一部・神奈川・静岡
・山梨・長野・岐阜・愛知・鳥取・岡山・広島・山口・島根東部」
「それにかなり似ている型」が「北海道・青森・秋田・山形東部・新潟北部」

123 :日本@名無史さん:04/07/15 23:04
オレの生まれ育ったところは、完全に東京型の地域やな。

124 :日本@名無史さん:04/07/15 23:15
>>121
言語は語彙が命です。

125 :日本@名無史さん:04/07/17 13:44
江戸VS大坂・・・・・・・・・・・・・関東vs上方

126 :日本@名無史さん:04/07/18 09:19
やはり江戸VS大坂とするべきだ。江戸vs大坂では比較の対象が存在しない。
1の大きなミスである。コメントを示すべきだ。

127 :日本@名無史さん:04/07/18 12:09
上方は京都を指す言葉だが、後に京都圏の大坂もそう言われるようになった。

128 :日本@名無史さん:04/07/18 23:47
大坂の言葉は上方言葉として畿内一円で共通性が高い自然な言葉である。
江戸言葉は、坂東言葉とは遊離した特殊な言葉である。

129 :日本@名無史さん:04/07/18 23:53
上方言葉というのは京都の言葉のことで、その強い影響で出来た大坂
の言葉も上方言葉と呼ばれるようになった。大坂が最初から上方だった
わけではない。大坂には上方の意味を満たす条件がないから。

130 :日本@名無史さん:04/07/18 23:57
標準語や明治の言葉ではなくって、江戸言葉が特殊なのですか?

うちの両親は江戸言葉なんて当然話せないけど、「し」と「ひ」の区別がついてなかったなあ・・・
俺もずっと、ふとんは「ひく」(敷く)ものだと思ってたし、「ひおしがり」(潮干狩り)だったもの。

131 :日本@名無史さん:04/07/19 00:34
京都では「しく」と言う。「敷く」なのだから、そう読むのが当たり前。

132 :日本@名無史さん:04/07/19 21:29
江戸っ子にとっては、彼(he)も彼女(she)も同じだよ。

133 :日本@名無史さん:04/07/19 22:26
>>125
大坂は上方でOKだけど、江戸は関東とは別の特殊エリアだった。

134 :日本@名無史さん:04/07/19 22:27
髪型贅六は糞だ

135 :日本@名無史さん:04/07/22 00:18
>>130
? オレも、ふとんは「ひく」と言うぞ。「しく」だと訛った感じがする。

136 :日本@名無史さん:04/07/22 00:35
ふとんは「敷く」ものだ。「敷」は「し」であり、「ひ」とは読まない。
つまり、「ひ」が「し」の訛りなのだ。

137 :日本@名無史さん:04/07/22 00:37
「7」はどう読む?

138 :130:04/07/22 07:58
>>135
正しくは「しく」ですよw。「風呂敷」を「ふろひき」とは言わないでしょう。

「7」は「ひち」でした。学校で習うまでは。「ひーち、はーち、きゅーう」って数えててたなあw
「質屋」は今でも「ひち」って振り仮名してるとこありませんけ

139 :日本@名無史さん:04/07/22 22:14
オレは、「7」は「ひち」、「質屋」は「ひちや」と言うぞ。
「ひ」の方が「し」より言い易いぜ。
だけど、何でもかんでも「ひ」じゃないよ。
「白」は「しろ」だもんね。

140 :日本@名無史さん:04/07/29 22:46
「ず」と「づ」とか、発音の区別がなくなっている場合もある。
「ひ」と「し」の区別も全国的になくなるかも知れんな。
si → shi → hi って感じだな。

141 :日本@名無史さん:04/09/08 21:56
彼岸と此岸の区別は大切だが。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)