5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

欽明天皇と周辺環境

1 :日本@名無史さん:04/05/01 03:41
継体天皇論や蘇我馬子論、聖徳太子論などの登場人物でありながら、
なぜかスレッドが見当たらない第29代欽明天皇。
継体天皇の子にして仁賢天皇の孫といわれるこの帝と、その周辺人物
や環境をトロ〜ンと語りまっしょい。
(なお、規約は守って下さい)



221 :日本@名無史さん:04/06/15 09:39
伴跛国が百済の己文地方を奪ったのは
大和朝廷が己文は百済のものと裁定したので
倭には任せておけなくなったからでそ。
数年間にわたっていたかも知れないが一連の事件なんだよ。
日本書紀の編年のままでは順番がめちゃくちゃ。

222 :日本@名無史さん:04/06/15 12:08
513年6月 百済が将軍と五経博士を倭へ派遣し、伴跛が奪った己文の返還を要望。
513年11月 百済と新羅と安羅と伴跛が倭に集まり、倭は己文と帯沙の百済所属を決定。

日本書紀によれば、こうなってるねー。

ってことは、>>221のいうように裁定→不満で奪う、という不自然な流れでなく、
先に伴跛が奪って、そのため裁定、ってことだね。

223 :日本@名無史さん:04/06/15 22:36
その決定会議って、六ヵ国会議の古代版みたいなものと解釈してもOK?

224 :日本@名無史さん:04/06/16 00:05
栄山江の前方後円墳の年代を考えると、日本書紀の任那四県割譲の年代が
案外正しいのではないかと思いますがどうですか?


225 :日本@名無史さん:04/06/16 05:05
南加羅(ありひしのから)って、金官ですか?

多沙津の所属事件の529年の3年後の532年に、
金官が新羅のもとへくだっているのがタイミングとして気になります。

226 :日本@名無史さん:04/06/16 15:39
そのころの継体天皇の状況と対応は、
526年にようやく大和入りして完全に基盤を確立したみたいで、
527年に近江の毛野臣が新羅に向けて兵6万が出発していますね。
もちろん、新羅と結んだ磐井に妨害されてしまうのですが。

227 :日本@名無史さん:04/06/16 17:37
継体19年頃の状況が書かれてる、故宮博物院にある梁職貢図を見てください。

228 :日本@名無史さん:04/06/16 21:41
任那四県割譲は継体6年。
整合してるだろ。


229 :日本@名無史さん:04/06/16 22:41
継体7年(513年)の、伴跛国と百済国の、己文と帯沙の領有争いだが、
この伴跛国って、梁代職貢図で百済の近くにあると記述されている叛波国と同じ?

この件、梁の資料と日本書紀の整合性もちゃんとあるってことか。

230 :ty270410:04/06/16 23:58
何年か前に梁職貢図に関する論文を読んだ記憶が
あります.

梁職貢図の百済の傍余小国には任那はもうありません.
百済から見ると任那はもう滅びたということでしょうか?

一方,倭ではこの後任那復興と言っています.どうも
符合するように感じます.

一歩譲って,4県割譲後,任那の実態はずたずたになり
有名無実になり,百済はそれを無視し,倭は名前に
こだわったということでしょうか?

ちなみに,新羅は百済の傍余小国の一つでした.

231 :日本@名無史さん:04/06/17 00:26
>>230
いや、任那復興に一番力を入れていたのは百済の聖明王。

聖明王は欽明天皇のからの要請があったのでと言っているが、
やりとりを見ていても最も任那復興にむけて色々しているのが聖明王なのは明らか。

一方、欽明天皇も聖明王からのリクエストには応えているが、
肝心の弁辰地域諸国はむしろ足を引っ張っているような感じだ。

232 :日本@名無史さん:04/06/17 02:31
>>222
そりゃちがうだろう
裁定がでる前に軍事行動おこすメリットがないし
普通考えにくいことだよ

>>224
そこまで正確に同定できるほどの材料はないんじゃないかな
しかしほぼ合ってることにはちがいないけど

>>230
叛波,卓,多羅,前羅,斯羅, 止迷,上己文,下枕羅
のうち少なくとも4国、多ければ6国は加羅諸国(任那諸国)でそ
任那の実態がばらばらになったという表現はどうかと思うが
たしかに四県二郡割譲事件から諸国の足並みがそろわなくなった。
やはり倭国の采配がへたくそで、百済の野心や新羅の面従背覆
といった両国の狡猾な外交に翻弄されたんじゃないのかな

233 :日本@名無史さん:04/06/17 02:54
>>232
なぜ、百済周辺諸国のリストから、麻連だけ故意に抜いているのだ?

234 :232:04/06/17 03:58
別に故意にではないが…?コピペ元がもう抜けてたんですよ

235 :日本@名無史さん:04/06/17 04:25
コピペでなく自分の意見を書くべきですな

倭国の采配がへたくそという見方には同意

236 :日本@名無史さん:04/06/17 17:38
欽明朝における最大のポイントは、やはり外交政策だな。

しかし、任那復興会議を目指したり主催しているのは、
なぜか欽明天皇ではなく百済の聖明王。

そして、息子を救援に行った聖明王が新羅で殺され、
任那への手を打つ者がいなくなったあと、
新羅によって任那は完全滅亡させられてしまった。

237 :ty270410:04/06/17 22:43
>>233
>別に故意にではないが…?コピペ元がもう抜けてたんですよ

すみません.私が以前に別の掲示板に書いたもののようです.
「麻連」を書き忘れていました!


238 :232=234:04/06/17 22:56
>>237
謝罪と賠償を(ry

239 :日本@名無史さん:04/06/17 23:57
新羅に敗けて聖明王しんだときに、その次男にむかって、
蘇我稲目が、『あんたの国では祖神を祀らないのがいけない。
悔い改めて、神宮を整備して神霊を祀るべき。』と言っているが、

・百済ではほんとに祖神を祀ってなかったのか?

・蘇我稲目は仏教にはまって仏教を勧めるんじゃないのか?

240 :232=234:04/06/18 00:37
>>239
>蘇我稲目は仏教にはまって仏教を勧めるんじゃないのか?

蘇我稲目は、政治政略として仏教を利用してただけで
本当に信仰してたとしてもそんなに熱心に信じてたわけではないだろう。
近現代(明治〜最近)の日本人クリスチャンと同じで
海外文化というファッションの要素が強いんじゃないのかな。

>百済ではほんとに祖神を祀ってなかったのか?

稲目がいってんのは「最近では」という話。
三国史記みると昔から祖神を祀ってるのは確か。
でもこの時代は仏教全盛でおろそかになってたんだろう。
その「祖神」とやらの神話がどうも日本の天孫降臨神話と共通のもので
現在に残る日本神話と現代には伝わらない百済神話とが
同じものと考えられていたふしがある。
おそらく百済・新羅・高句麗・倭の4者みな類似した神話を
共有していて、当時の人々は同じものと認識していたのだろう。

241 :日本@名無史さん:04/06/18 04:48
欽明天皇『賛成派の蘇我稲目に仏像を授けて、試しに礼拝させてみよう。』

しかし、しばらくすると国中で疫病が流行で死者続出。

物部尾輿『仏を祀ったことことが原因。返すべき。』
中臣鎌子『仏を早く投げ捨てて、後の福を願うべき。』
欽明天皇『そのようにせよ。』

役人が出向き、仏像を難波の堀江に流し捨て、寺に火をつけて焼いた。
すると、なぜか宮の大殿に火災発生。この年、百済は漢城と平壌とを捨てた。
(百済と新羅が共同で高句麗から奪返したものだが、新羅が裏切り占領のため。)

242 :日本@名無史さん:04/06/18 22:36
>>240
>> 百済・新羅・高句麗・倭の4者みな類似した神話を共有していて、

百済と高句麗は夫余神話ではないの?

243 :240:04/06/19 02:34
>>242
> 百済と高句麗は夫余神話ではないの?

それはわからん。そうであった可能性は高いけど。

244 :日本@名無史さん:04/06/20 17:38
今日高槻の今城塚古墳に行ってきました。
釣りしてる人が多かったです。書紀の天国排開広庭
のところなんて朝鮮半島の記事ばっかだね。ただ、
初めの狼に関する秦大津父を大蔵司にしたエピソードが
鍵だと思う。

245 :日本@名無史さん:04/06/20 18:22
>>244
そう、欽明天皇よりも聖明王が主役です。(ってのも言い過ぎでないほど)

とはいえ、半島関係の記事には、日本側の天皇・皇子や大連・大臣から下っ端まで、
すべてからんで来て、さらには権限関係や、当時の日本国内事情が盛りだくさん。

じっくり解明していくと、6世紀の国内事情と国際関係が浮かび上がってきます。

246 :ty270410:04/06/21 23:29
>>245
>じっくり解明していくと、6世紀の国内事情と国際関係が浮かび上がってきます。

続きをお願いします.

247 :日本@名無史さん:04/06/22 05:34
日本書紀に、『継体2年12月、南の海にある耽羅(済州島)が、百済国に初めて使いを送った。』とある。

・なぜ、日本書紀に日本と関係ないことが書かれているのだー?
・そもそも、日本はどうやってこんな細かいことまで情報を入手してるのだー?

・済州島は南の海にはないぞー。九州の北というか北西だー。

248 :日本@名無史さん:04/06/22 05:40
百済の記録が紛れ込んだんでそ

249 :日本@名無史さん:04/06/22 05:47
なんで継体天皇のしょっぱなに百済の記録が紛れ込むんだろう…

すごく重大な意味あり?

250 :日本@名無史さん:04/06/22 05:47
ないよ

251 :日本@名無史さん:04/06/22 06:03
そもそも、継体紀には、即位いきさつと家族の紹介記事など標準項目のあと、
いったい最初に何が書かれてるか、あんまり有名ではないのかな。

最初が、なんと、その耽羅と百済の記事。
次が、任那にすむ百済人の三世四世を百済へ戻して戸籍登録した記事。
その次に、筒城宮への遷都(理由もなくそれだけ)が間にはいるけど、
さらに次は、穂積臣押山を百済へ派遣した記事。

そしてその次に、有名な、百済への四県割譲の記事です。
ちなみに、のちに安閑天皇になる皇子は、四県割譲に異議を唱えています。

その次が、伴跛と百済による、己文をめぐる領土争いの記事で、
次が、百済の太子が亡くなったという記事です。

252 :日本@名無史さん:04/06/22 17:56
継体天皇は、なんで、百済へ、ほいほいと、領土を与えまくったんでしょう?
任那諸国が同様に求めていたのに与えず、百済びいきが目につきます。

253 :日本@名無史さん:04/06/22 19:45
>>252
そういう話は金村スレでやっております

254 :ty270410:04/06/22 21:38
>>247
>>249
>>251
面白いご指摘ですね!続きが楽しみです!

255 :日本@名無史さん:04/06/22 23:12
>>251
その亡くなった百済の太子の子孫が、桓武天皇ですね。

256 :日本@名無史さん:04/06/22 23:19
自演スレとなりますた

257 :日本@名無史さん:04/06/23 03:27
そういえば、日本の太子が同時に死んだとかいうのは?

258 :日本@名無史さん:04/06/23 12:28
531年3月 日本の天皇および皇太子・皇子が全員死んでしまった

259 :日本@名無史さん:04/06/23 13:01
>1
だから百済vsやまと、新羅vsやまと
じゃなくて、
百済=やまとvs 中国北方遊牧民系民族国家
だろ。

これに先立つ燕や漢の時代には、百済(半島)も天津と同様、
海洋民族の「わ人」同盟国の一員だったわけだし。

朝鮮人も日本人と同様、
燕族や漢民族に奪われて消された歴史を思い出すのだ。


260 :日本@名無史さん:04/06/23 13:03
>259
ゴメン誤爆した、違うスレだった。

261 :日本@名無史さん:04/06/23 18:37
結局、531年3月に、継体と安閑と宣化が同時に死んだということでいいんだろうか?

そして、欽明(=仁賢の孫)が即位した、と。

262 :日本@名無史さん:04/06/23 19:46
継体が死んだのは古事記によって527年とすべきだろう。

その年は磐井の乱で、天皇崩御のニュースは一時隠さざるをえなかった。

後で発表しようと思ったら多沙の帰属問題で近江臣毛野が加羅で戦争状態に。

で、結局、発表が531年になってしまった。

あるいは暦の錯誤かも知れんな。
三国史記の新羅本紀と、三国遺事では聖明王即位年が4年ずれてる。
継体崩御の527年と、伝聞記事の531年はちょうど4年差だから。

263 :日本@名無史さん:04/06/23 20:25
欽明即位は531年でいいんっすかね?

だとすると、対外的に継体の死の公開を527年から531年まで遅らせたため、
発表して531年に対外的に伝わったときには、
天皇(継体)・皇太子(安閑)・皇子(宣化)の全員が確かに亡くなっており、
百済本記に書かれていたという天皇・皇太子・皇子の全員が死んだという記述と整合性がある。

264 :日本@名無史さん:04/06/23 20:35
531年の倭王とは、日本じゃなくて金官国の王。

265 :日本@名無史さん:04/06/23 23:58
安閑・宣化と欽明の並立説がまちがって出てきてしまったのも、
>>262のいうように継体天皇崩御を伝えるのが遅れたための百済資料混乱が原因かね?

266 :日本@名無史さん:04/06/24 02:47
>>265
欽明の在位は30年だけど法皇帝説に「卅」の縦線の一本多い字になっており
これを四十と誤読したため「在位40年説」が生まれ、531年即位という錯誤が生まれた、
ゆえに欽明天皇にかんする限り、日本書紀が正しい。

…というのが王朝交代説で有名な水野佑が推古遺文を精査研究してだした結論。

267 :日本@名無史さん:04/06/24 02:50
安閑の崩年は記紀で一致しているけど都合が悪いので無視した方がいいのかな〜?
后の春日山田皇女は欽明紀に皇太后とされているのはなんでかな〜?

268 :日本@名無史さん:04/06/24 03:35
仁賢の娘とされる、手白香皇女、春日山田皇女、橘仲皇女の3人は同一人物。

匈奴を始めとして北アジアで一般的に見られる習慣と全く同じで、
嫂婚制により、継体の皇后を、安閑および宣化も同様に引き継いでいった。

ところが、中華主義の視点からは、その習慣は野蛮なものと見られており、
少なくとも、後の時代、記紀を記載した頃には日本でも同様の価値観であり、
継体・安閑・宣化の皇后を、3人の別人であるかのように扱った。

>>267
春日山田皇女=手白香皇女=欽明の母なので、
欽明天皇からみて皇太后とするのは自然。

269 :日本@名無史さん:04/06/24 06:06
>>267
なんで?別に無視しなくていいんじゃない?
安閑の崩年は記紀で一致しているから問題ないよ。
百済本記の記事はあくまで戦乱の中でそういう噂があったという“伝聞”記事。
継体の崩御と金官王家の滅亡がごっちゃになってるんじゃないかと思う。

>后の春日山田皇女は欽明紀に皇太后とされているのはなんでかな〜?

安閑崩御後も生きてたからではないの?

270 :日本@名無史さん:04/06/24 06:45
春日山田皇女はおそらく即位していたのだと思われ。
日本書紀にも、欽明が即位前に、春日山田皇女にお願いしている。

271 :日本@名無史さん:04/06/24 17:45
即位じゃなくて称制だろうな。
で、その期間(安閑崩御から宣化即位まで)は何年から何年まで?

272 :日本@名無史さん:04/06/24 18:52
>>271
なんと、安閑→春日→宣化→欽明という順序??

273 :日本@名無史さん:04/06/24 19:15
さあ。
安閑→春日→宣化→欽明なのか
安閑→宣化→春日→欽明なのかよく知らんが。

270にきいてくれ。

274 :日本@名無史さん:04/06/24 20:22
上宮法王帝説では、継体朝に続く安閑・宣化朝がなく、継体が531年に没して、翌532年が欽明元年になっている。

275 :日本@名無史さん:04/06/24 22:50
↑なってないよ。藻前みたことないだろw

276 :日本@名無史さん:04/06/25 08:50
『上宮聖徳法王帝説』『元興寺伽藍縁起并流記資財帳』の「シキシマ天皇」を欽明天皇と考えると、
欽明天皇の元年は、532年にしなければなりません。

しかし、そうすると、安閑・宣化両天皇の在位期間と重なってしまいます。
いわゆる「二朝並立」ということになってしまいますね。

277 :日本@名無史さん:04/06/26 17:38
今日、京田辺市の筒城宮跡に行ってきました!
継体天皇が樟葉の後、ここに移ったんだよね。欽明も
筒城宮に住んでたのかな?

278 :日本@名無史さん:04/06/26 23:59
欽明が生まれた場所もどっちかわからないんだよね
あまりにも両者の生まれた年と亡くなった年がなぞで

天武はもっとひどくて子供の舎人皇子が編纂したのに不明だらけ
書かれてないのは隠したいときと本当に分からないときと区別難しいけども

279 :日本@名無史さん:04/06/27 04:25
欽明の生まれた場所は忍坂宮という可能性もある

280 :日本@名無史さん:04/06/27 07:19
>>279
和歌山県隅田八幡神社蔵の銅鏡銘文の
『癸未年八月日十大王年男弟王在意柴沙加宮時斯麻念長寿遣開中費直穢人今州利二人等取白上同二百旱作此竟』の
「癸未年」は503年、「男弟王」は男大迹すなわち継体、「意柴沙加宮」は忍坂宮である。

つまり、継体の即位は503年で、鏡は継体の即位を祝って造られたもの。
そして、忍坂宮にて欽明は生まれたのであろう。

281 :日本@名無史さん:04/06/27 15:43
欽明紀の冒頭にある説話は百済本紀東城王23年の条に出てくる二匹の虎と関連性があるかもね

282 :日本@名無史さん:04/06/27 17:40
欽明天皇は中世の61歳説と古事記の崩御年から計算すれば
511年生まれだろうな。

283 :日本@名無史さん:04/06/27 18:17
前王朝から女系で血をひく欽明が最初から本命だったんだろう。
ただ、継体が死んだ時、欽明の生年511年として
古事記の崩年干支に従うと欽明は17歳。
武烈が18歳で若死にしてるので、若い天皇は縁起が悪いと思われたんだろう。
そこで安閑・宣化が中継ぎで即位したんじゃないかな。

284 :日本@名無史さん:04/06/28 11:08
この頃の家来筋の権力闘争にも興味がでてきたぞ。
意外なトリビアはないんだろうか?
武烈帝お気に入りの家来の子孫で欽明帝のお気に入りは、とか。

285 :日本@名無史さん:04/06/28 14:33
>>284
武烈帝お気に入りといえば金村。

欽明朝になって、老齢の金村が『みんなが賄賂をもらって百済に領土を売ったと
噂をしてつらい』と悩みを打ち明けていたね。

欽明は、気にするな、とかなぐさめていたきがする。

安閑は皇太子の時に百済への譲渡反対派だったから、
欽明朝になるまで、金村は形見の狭い思いをしていたのだろうか。

286 :日本@名無史さん:04/06/30 01:04
>>285
肩身は狭かったかも。某家来の羽振りが良い時期だったと考えられますから。

287 :日本@名無史さん:04/06/30 07:45
某家来ってだれよ?

288 :日本@名無史さん:04/06/30 09:58
>>287
物部尾輿
金村を失脚させ、稲目との崇仏論争で政治的優勢なり、
敏達の次の天皇は物部派の穴穂部皇子というくらいな勢いです。

289 :日本@名無史さん:04/06/30 13:25
>>288
武烈・継体・安閑・宣化とずっと大連は物部麁鹿火だったと思うのですが、
物部尾輿って、物部麁鹿火の子孫ですか?

290 :日本@名無史さん:04/06/30 13:51
ちがいます。麁鹿火の曾祖父の兄弟の孫

291 :日本@名無史さん:04/06/30 16:12
>>285
どこにそんな事書いてんの?

292 :日本@名無史さん:04/06/30 16:14
日本書紀でそ

293 :日本@名無史さん:04/06/30 19:26
麁鹿火の子供っていなかったんだっけ?

294 :日本@名無史さん:04/06/30 23:13
>>290
「天孫本紀」に書かれた物部氏の文章系譜の読み方ついては
異説もあるから、一概にそうとは言えない。
何れにしろ、麁鹿火と尾輿は別系統だろうがね。

>>293
影媛
石弓若子
毛等若子

295 :日本@名無史さん:04/07/01 00:26
安閑のときの大連は物部麁鹿火だが、
宜化のときの大連は物部押甲となっている。ちなみに押甲は麁鹿火の弟。

ところが、宜化の途中で物部内にクーデターがあり、
大連は物部荒山へ変更。ちなみに荒山は尾輿の父。
そして、欽明のときの大連は物部尾輿となるわけだ。

で、仁賢のときの大連である物部木蓮子や、
武烈のときの大連である物部麻佐良なども含めて、
物部麁鹿火や物部押甲まで、大連はすべて、物部布都久留の子孫であった。

しかし物部内のクーデターによって、
それ以降の大連はすべて、物部荒山の子孫となる。
ちなみに、物部守屋や石上麻呂などもすべて物部荒山の子孫である。

296 :日本@名無史さん:04/07/01 03:57
クーデターってほどのことか?

297 :日本@名無史さん:04/07/01 14:22
宜化→欽明において
天皇家だけでなく物部家においても異変が起きたことは明らか

298 :日本@名無史さん:04/07/03 15:17
>>279-280
それは563年「男弟王」は即位前の敏達、「斯麻」は馬子
鏡そのものと「日十」は太陽信仰を表している
敏達元年と六年に関連記事がある

299 :日本@名無史さん:04/07/03 22:08
>>264
金官王が亡命先の日本を乗っ取って欽明天皇になったという本もあった気がしたが。

300 :日本@名無史さん:04/07/04 02:36
>>298
和歌山県隅田八幡神社蔵の銅鏡銘文の
『癸未年八月日十大王年男弟王在意柴沙加宮時斯麻念長寿遣開中費直穢人今州利二人等取白上同二百旱作此竟』の

「癸未年」は503年、「男弟王」は男大迹すなわち継体、「意柴沙加宮」は忍坂宮である。

「癸未年」は563年、「男弟王」は即位前の敏達であり、「意柴沙加宮」は…

ほんとかよ?

301 :日本@名無史さん:04/07/04 04:30
443年かもしんねーじゃん

302 :日本@名無史さん:04/07/04 07:04
>>301
443年 倭王済、宋に朝献して、安東将軍倭国王とされる。

303 :日本@名無史さん:04/07/04 15:16
ソレダ!

304 :日本@名無史さん:04/07/04 20:19
欽明の正体は百済の聖明王です

305 :日本@名無史さん:04/07/05 01:34
それはない。

306 :日本@名無史さん:04/07/05 01:35
>>302
倭王済は前倭王と血縁関係はない(薄い)
倭王済は継体であり男弟王、男大迹である

307 :303:04/07/05 01:58
じゃやっぱりソレダ!

308 :日本@名無史さん:04/07/05 02:02
>>306
血縁関係はあっただろう。姓が同じ「倭」だから少なくとも同族ではあっただろ。
梁書の系図(済が弥の子供という説)は一般的には信用されてないわけだが、
平西将軍(九州の担当?半島の担当?)の倭隋(珍の弟)の子供かもしれんな。

309 :日本@名無史さん:04/07/05 05:08
継体はむしろ血統だけで王位についた世間知らずな田舎育ちのお坊っちゃんて感じだから
戦争王の臭いがする五王の済なわけ無いな
政治的才能があった二人の息子(安閑・宣化)がいなかったらどうなっていたことか…

310 :日本@名無史さん:04/07/05 06:15
>>309
それにほぼ同意。

百済への直轄領譲渡(=現在の全羅南道)のときは、
日本書紀によると、当時皇太子だった安閑(=勾大兄皇子)の不在を狙って、
大伴金村が継体天皇へ持ちこんで決済してしまったようで、
直後に知った安閑が阻止しようとしたが、決済後であとの祭だった

この件をとってみても、継体は国家の重要政策決断で大伴らのいいなり、
一方、息子の安閑は、正しい決断ができている。

311 :日本@名無史さん:04/07/05 09:31
安閑・宣化が生まれたのは継体がまだ若い時のことで
二人の息子が長いこと補佐してたような気がするな。
継体もそれなりに名君だったと思う。越前・山城あたりの
日本海ルートおさえていて海外事情にうとかったとは思えないけど、
任那割譲の時はあれはあれで正しいというその場の理屈はあるわけで
大伴金村の顔を立てざる得なかったんだろう。


312 :日本@名無史さん:04/07/05 10:05
>>311
しかし、当時の豪族No2である物部麁鹿火は、任那割譲に反対しているぞ。

313 :日本@名無史さん:04/07/05 13:41
やっぱ金村がナンバーワンだったんでしょう。
?鹿火と意見が割れてたって、結局はどっちかの意見を採用せざるをえないんだし。

314 :日本@名無史さん:04/07/05 15:52
日本書紀における百済への四県割譲の記事の骨格をまとめてみよう

  大連である大伴金村と、多利国守の穂積臣押山が、四県割譲を奏上
                ↓
  (なぜか継体天皇の言動記載はなく)大連である物部麁鹿火が勅を伝える使に決定
                ↓
  物部麁鹿火は、妻のアドバイスを得て病気と称して、割譲の勅の伝え役を辞退
    →別の者が使いになり四県割譲
                ↓
  後で割譲を知った勾大兄皇子(=安閑)は、割譲反対を百済の使者に伝える
    →天皇が既に決定したことだとして覆らず
                ↓
  世間では、大伴金村と穂積臣押山が百済から賄賂を得ている、との流言

315 :日本@名無史さん:04/07/05 18:14
荒鹿火は主体的な考えもってなさそうだな。
この問題については除外してもよさそうな気がする。

316 :日本@名無史さん:04/07/05 18:41
物部麁鹿火の妻が偉いな。

誉田天皇以来の由緒ある領土を割いて他国に与えたら、
後世長く非難を受けることになるでしょうと言って、麁鹿火を説得している。

実際に、大伴金村は後世長く非難を受けることになるわけだが。

317 :日本@名無史さん:04/07/05 21:50
徳川光圀の「大日本史」の烈女伝にも、
「物部麁鹿火之妻」という列伝があって絶賛されてた。

318 :日本@名無史さん:04/07/05 22:30
先代旧事本紀に、物部のうちメジャーな人物の妻については情報があるのだが、
残念ながら、麁鹿火の妻の情報は載ってないな。

麁鹿火の子孫がメジャーになっていれば載ってたんだろうけど、
麁鹿火のあとに弟の押甲が継いだあと、
なぜか物部氏の主流は全然別の傍系へ移っちゃってるからな。

麁鹿火の子の二人の男子は、石弓が今木連の祖、毛等若子が屋形連の祖と、
その後はむしろ傍系扱いされて、物部氏から離れてますな。

そういや、麁鹿火と押甲の兄弟は、万葉仮名で書くとわかりにくいが、
「あらかひ」「おしかひ」なんだろうか?

319 :日本@名無史さん:04/07/05 22:56
ごめん、起きたばかりで寝惚けてた。「おしかふ」ですな。

物部麁鹿火の息子たちは全然メジャーではないですが、
麁鹿火の娘はメジャーなだけでなく最強。

結果的に、当時最強豪族の平群真鳥大臣の一族がまるごと滅んでいる。

320 :日本@名無史さん:04/07/06 01:09
かげひめあはれ

5世紀の内乱や反乱伝承を見ると、
イヤというほど女が関わってくるんだよな。

321 :日本@名無史さん:04/07/06 03:03
>>318-319
古事記には物部荒甲とある
荒は「上」押は「下」といふ意味

124 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★