5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★過小評価の歴史上人物★☆

1 :日本@名無史さん:05/01/03 13:58:48
業績があるのに、過小評価されている歴史上の人物について語りませんか。
私からは
先ずは、『今川義元』だ。
海道一の弓取りと呼ばれてました。 


2 :日本@名無史さん:05/01/03 14:31:24
田沼意次

・干拓事業で耕地開拓
・貨幣改革で貨幣の流通促進
・座の容認による商業資本の重視
・ロシアの南下に対処するための北海道開発計画

松平某のせいでこれらの改革が滅茶苦茶にされた

3 :日本@名無史さん:05/01/03 15:50:40
三井高利
現在日本の繁栄の礎を築いた江戸中期の商人の代表的人物として、
もっとドラマ等でとりあげるべきなのではないかと。


4 :日本@名無史さん:05/01/03 19:40:39
大村益次郎

陸軍の創始者、官軍の事実上の最高司令官で第二次長州征伐や上野戦争では
華々しい戦果をあげているにも関わらず日本史や幕末に興味が無い人間は名前すら知らない。

5 :日本@名無史さん:05/01/03 19:41:46
幣原喜重郎だろ

6 :日本@名無史さん:05/01/03 19:48:14
加藤鷹

7 :日本@名無史さん:05/01/03 21:03:05
真田信之だろ

8 :日本@名無史さん:05/01/03 22:17:07
西周

9 :日本@名無史さん:05/01/03 23:16:50
>>3
越後屋そちも悪よの〜 が悪い

10 :日本@名無史さん:05/01/04 03:49:58
全員妥当。
石原幹事だろ

11 :日本@名無史さん:05/01/04 13:10:19
ニクソン

12 :日本@名無史さん:05/01/04 13:24:33
辻政信

13 :日本@名無史さん:05/01/04 13:30:32
南雲忠一

14 :日本@名無史さん:05/01/04 13:31:10
小西行長

15 :日本@名無史さん:05/01/04 13:32:33
阿部大老。
襲撃だって、なんのその!

16 :日本@名無史さん:05/01/04 13:32:53
小倉優子

17 :日本@名無史さん:05/01/04 13:34:06
平原綾香

18 :日本@名無史さん:05/01/04 13:34:47
大塚愛

19 :日本@名無史さん:05/01/04 13:35:28
石田三成

20 :日本@名無史さん:05/01/04 13:37:05
>>16-18
まじめに書け。

21 :日本@名無史さん:05/01/04 13:43:02
大江広元

武家の時代を築いた影の功労者


22 :日本@名無史さん:05/01/04 13:51:55
やっぱ吉良でしょ。
地元では名君。

23 :日本@名無史さん:05/01/04 13:54:43
大久保利通
偉大な政治家

24 :日本@名無史さん:05/01/04 14:01:35
>>23
一般人の評価はそうなっているのでは。

25 :井上満則:05/01/04 14:02:47
歴史自体が無意味だ
こんな国滅びろ

26 :日本@名無史さん:05/01/04 14:04:21
徳川慶喜


27 :日本@名無史さん:05/01/04 14:47:25
畠山重忠
昔はともかく今は知名度低すぎ

28 :日本@名無史さん:05/01/04 14:54:30
たいていの2代目。
逆に3代目は過大評価されることが多い。

29 :日本@名無史さん:05/01/04 14:55:17
福沢諭吉

普通の人には、人種差別を否定した人みたいに思われてる。

30 :日本@名無史さん:05/01/04 17:16:28
前園

31 :日本@名無史さん:05/01/04 17:31:04
シーボルト

32 :牟田口廉也 ◆NqbU/cv6co :05/01/04 17:58:13
おれ!

33 :日本@名無史さん:05/01/04 18:05:04
緒方洪庵

34 :日本@名無史さん:05/01/04 18:11:59
>>28
渋沢篤二がかい?


35 :日本@名無史さん:05/01/04 18:29:17
ジーコ

36 :日本@名無史さん:05/01/04 18:32:17
>>1
オレだってばー

37 :日本@名無史さん:05/01/04 19:30:18
>>34
ほら、不比等・義時・秀忠とか・・・他には思いつかないが。

38 :日本@名無史さん:05/01/04 19:55:47
>>37
不比等は俺の心の中で初代待遇。
鎌足は一代で滅んで、不比等が再興したイメージ。

39 :日本@名無史さん:05/01/04 20:02:37
岸信介

40 :日本@名無史さん:05/01/04 20:21:29
木戸孝允

41 :日本@名無史さん:05/01/04 20:44:53
井伊直弼

42 :日本@名無史さん:05/01/04 22:49:53
2代目シリーズ
近代天皇という意味では2代目の、大正天皇

43 :日本@名無史さん:05/01/04 23:33:12
役小角、道鏡

44 :日本@名無史さん:05/01/04 23:34:26
金売吉次

45 :日本@名無史さん:05/01/05 00:42:43
中岡慎太郎ですな

46 :日本@名無史さん:05/01/05 03:49:39
三角大福の4人は皆低く評価されている気がする。

47 :日本@名無史さん:05/01/05 04:34:46
長岡外史

48 :日本@名無史さん:05/01/05 05:30:33
>>46
中が長期政権&長寿でこの前まで現役だったからなー。

三は革新の右よりも左な非主流派だから影薄い。
角は疑獄と金竹の造反と病気で退場。
大は在任中急死でこの世からも退場。

ただ福は息子と弟子が今第一線にいるから
今後評価の見直しもあり得るかと。

49 :日本@名無史さん:05/01/05 06:35:57
飛び加藤


服部半蔵、猿飛佐助、
ケムマキなどの、有名忍者の蔭に隠れ、実力NO1であるにも関わらず知名度が低い。

50 :日本@名無史さん:05/01/05 12:13:45
中岡慎太郎

51 :日本@名無史さん:05/01/05 13:17:48
北朝の天皇の方々。
天皇である事はみとめてるんだから、だれかもっともちあげたらいいのに。

52 :日本@名無史さん:05/01/05 13:21:37
徳川秀忠。

息子家光を自殺に追い込み、
親父家康に豊臣家滅亡の汚名を着せ、

男兄弟達を次々に消し去った。
で、記録にもある事だが、なんたら天皇に娘を送り込み、
他の女性に子供ができたら全部消し去った。

その圧力で7才の女帝が誕生。

もう少し、クローズアップされていい人物だとおもう。

53 :_:05/01/05 13:32:55
中西太

怪童と呼ばれ、怪我さえなければ
900本のホームランを打ったといわれる天才

54 :_:05/01/05 13:34:36
鬼束ちひろ

こんなに上手くて、楽曲もいいのに
なんで売れないのか?

55 :日本@名無史さん:05/01/05 23:30:24
>>54
何回も引退宣言しているから

56 :日本@名無史さん:05/01/05 23:31:04
徳川家治

田沼意次を起用したあたりはさすが

57 :日本@名無史さん:05/01/05 23:41:22
田沼意次
実際は先見の目があって重商主義を行ったという一面もあるのに商人とグルって
賄賂によって重商主義をとっただけという賄賂野郎という一面ばかり言われている。

58 :日本@名無史さん:05/01/05 23:43:44
>>57
最近は歴史番組とかで盛んに取り上げられてる気がするし、評価されてるんじゃないのか?

59 :日本@名無史さん:05/01/06 00:26:44
逆に松平定信が過小評価されている気がする。

白河藩主としての実績はかなり評価してもいいと思うし、
老中としても「幕府財政建て直し」という目的はそれなりに
クリアしているわけだし。


60 :日本@名無史さん:05/01/06 00:49:23
荻原重秀

ってどう? 新井白石が悪口言い過ぎで評価が低くなった気がする・・・

61 :日本@名無史さん:05/01/06 02:35:24
豊臣秀次

秀長亡き後、九州征伐の間、京、大阪の内政に尽力

文禄の役のとき兵糧や武器の調達で尽力した

主の居なくなった金沢文庫や足利学校の本を保護、写本した

殺生関白として自害に追い込まれる

62 :日本@名無史さん:05/01/06 02:40:40
松平定信なんだが賛否両論あるが、近視眼的で着眼が偏頗な点は否定できない。
白河藩主時代に餓死者を一人も出させなったという逸話があるが
事実なんだろうが、それは会津、宇都宮などにまで手を回して米を
かいしめた結果のことであって、したがって宇都宮や会津では餓死者が
増大し、恨みを買っている。

老中首座になった後も、勘定吟味役をなぜか廃止している。
会計検査院を廃止するようなもので彼がどれだけ財政収支に配慮していたか疑問符がつく。
定信失脚後松平信明はこれを復活している。


63 :日本@名無史さん:05/01/06 02:41:46
秀次が自刃に追い込まれたのはほんとにおしい!

64 :日本@名無史さん:05/01/06 04:31:37
>>61
小牧・長久手の戦いで大敗した大たわけだが

65 :日本@名無史さん:05/01/06 04:37:09
>>64
そもそも、いきなりド素人を総大将に任命した秀吉が悪いのでは?


66 :日本@名無史さん:05/01/06 04:38:34
黒田如水。最後まで天下獲りを諦めなかった男!息子が関が原で活躍し家康から膝をついてまで喜ばれた
という話をしたら「お前の左手は何をしていた?」は有名な話し。

67 :日本@名無史さん:05/01/06 04:56:48
香川親和

長宗我部元親次男
父、元親に讃岐香川家に養子にだされた
讃岐への出兵では大将として多大な戦果をあげている
信親亡き後、秀吉に跡継ぎにも任命されている
が元親は四男盛親を跡継ぎに
そして幽閉
その後病死とも自害とも暗殺とも言われる謎の死

かわいそすぎる
もっと評価を

68 :日本@名無史さん:05/01/06 05:03:01
おまいら良く聞け、今官位スレに何かレスすれば官位をやるぞ

69 : ◆FYiXlX6Jvk :05/01/06 05:51:42
>>68
官位板の鎌倉です。
他の板をまわりむやみやたらに触れまわれば荒らしとみなされます。
即刻その行動をやめてください。

皆様御迷惑おかけしました。

70 :日本@名無史さん:05/01/06 06:26:42
66>
如水が言うように九州全土を手中に治めることは不可能と思われ…
薩摩には島津本隊が残ってるし
大友などの遺臣かき集めたとしても戦えば壊滅は必至かと

晩年の如水は過大評価され過ぎてると思う。

71 :???? ◆VgMkRE6jec :05/01/06 07:22:19
『官位』板を誰かが煽っていますが無視して下さい。もし迷惑をかけていましたら、すいませんでした。

     官位板使者

72 :日本@名無史さん:05/01/06 20:19:44
>>70
しかし内政をかき乱されて統制とれていない国が多かったし
九州全土は無理としてもかなり拡大できたかも?

と言いつつ俺も過大評価だと思うが
とくに関ヶ原を短期決戦だと読めなかったことが最大の落ち度かな


73 :日本@名無史さん:05/01/06 22:38:24
「天下を取りなされ」などとほざく官兵衛ちゃんは人間的には評価できない

74 :日本@名無史さん:05/01/06 22:41:08
やっぱ小栗上野介じゃない?

75 :日本@名無史さん:05/01/06 23:55:11
松尾 多勢子




76 :日本@名無史さん:05/01/07 00:20:55
朝倉義景

滅んだとか動かなかったとか、
文化を振興し、信長を何度も撃退しているのに、他の大名よりも『へたれ』
として認識されすぎ。

77 :日本@名無史さん:05/01/07 00:22:29
田代まさしはもっと評価してもいいな

78 :日本@名無史さん:05/01/07 08:33:06
田代ネ申は別格。
我々凡人如きがネ申に評価を下すなど畏れ多い。

79 :日本@名無史さん:05/01/09 02:10:53
徳川吉宗は?
蘭学の積極的導入とかほかの改革者たちとは一線を画してるのに
あつかいはそんなかわらないし、

80 :日本@名無史さん:05/01/09 03:07:21
>>77
彼の出した曲がもう少し売れてればねー

81 :日本@名無史さん:05/01/17 03:12:17
松平慶永。てか幕末の越前藩

82 :日本@名無史さん:05/01/18 14:16:05
>>79
吉宗はどっちかと言うと過大評価じゃねえ。

83 :日本@名無史さん:05/01/18 14:26:31


84 :日本@名無史さん:05/01/18 14:31:50
足利義政

85 :日本@名無史さん:05/01/18 21:09:41
佐々木道誉 はどうかな?知らない人も多そうだが・・・


86 :日本@名無史さん:05/01/18 23:47:20
足利義満って、道誉?

数十人の征夷大将軍の中でも屈指の、日本史にインパクトを与えた人だと思うが

87 :日本@名無史さん:05/01/19 00:27:59
幕末だと堀織部正だな
謎の自決を遂げたが
死後堀の遺書なるものが偽造されて流布し
尊皇攘夷の志士に大きな影響を及ぼした
プロパガンダをするのにちょうどいい時期に死んだためだが

88 :日本@名無史さん :05/01/19 00:38:18
英雄の二代目北条氏政や今川氏真
そして武田勝頼だろう
軍鑑のイメージが一人歩きしている




89 :日本@名無史さん:05/01/19 00:51:24
毛利隆元
偉大な父、有能な2人の弟に挟まれ陰が薄く
ぼんくら息子の父として肩身の狭いところだが
実直な人柄で、家臣の信頼は厚かった。

90 :日本@名無史さん:05/01/19 00:58:30
足利尊氏だな
戦前教育では大逆賊あつかいだけど
負けた南朝が正統ってこたないだろにね よっぽど悔しかったんだろな
天皇指名権に近いモノがあったとみるね
(なにより、いまだに天皇家から嫌われているのが証拠だよ)
信長もここらへんを目指したんじゃないか?
秀吉、家康は遠く及ばず

91 :日本@名無史さん:05/01/19 10:10:05
>>90
そういう意味では直義の方を評価すべきなのかも。
尊氏は天皇を大事にしすぎた為、南朝を許すような部分があったように思える。
その点では、弟の直義が優れていたんじゃないかな?

でも義経と直義で扱いがこうも違うとは笑えるよなw

92 :日本@名無史さん:05/01/19 10:36:00
直義さんは戦下手だから・・・

93 :日本@名無史さん:05/01/19 13:18:28
直義さんは保守的な人だから…

94 :日本@名無史さん:05/01/19 13:36:27
芹沢鴨。
実は真の尊皇思想の持ち主。

95 :日本@名無史さん:05/01/19 15:19:29
俺は足利義教。ここ見てみな。

★★★籤将軍足利義教★★★
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1057838831/l50

96 :日本@名無史さん:05/01/19 15:22:02
源頼朝

97 :日本@名無史さん:05/01/19 23:01:55
天武天皇。おそらく「日本」という国号、「天皇」という称号を使い出したのは
彼だと思う。つまり真の初代天皇で日本を作った男だと思うが知名度低い。
(仮にそうじゃなくても「古事記」「日本書紀」の編纂を命じて「日本は神の子孫
である天皇が治める国」という思想を広めたんだから日本史への影響度高いわりに
一般での知名度マジ低い)

98 :日本@名無史さん:05/01/19 23:24:19
天智天皇=中大兄皇子は誰でも知ってるが、天武は知名度低いな。

99 :日本@名無史さん:05/01/19 23:29:01
既出かも知れんが、秋山
東郷平八郎の参謀だった人

100 :日本@名無史さん:05/01/19 23:41:45
天皇を超えた存在というのが今までないからねぇ
天皇を倒したとしても、その人が天皇になった訳で
そういうことを考えると面白いよね
可能性があったのは誰か ってことだけどね
GHQか?

101 :日本@名無史さん:05/01/20 10:08:42
>>99
来週の「その時・・・」を見よ!

102 :日本@名無史さん:05/01/20 12:42:52
>>56
その田沼の起用を進言したのは父家重じゃなかったっけ。
言語障害、女色に耽ったりとあまりいいイメージはないが、
人を見る目はそれなりにあったよう。

あと徳川将軍でいえば家宣とか?


103 :日本@名無史さん:05/01/20 13:31:38
信長が超過大評価になっているぶん、秀吉と家康の扱いが悪すぎ。
秀吉は天下統一を実現した。
家康は天下泰平を築いた。
この2人がいなければ天下統一は実現しなかっただろう。
しかし信長がいなくても…歴史はさほど変わるまい。

104 :日本@名無史さん:05/01/20 14:08:28
いまだに詐欺師呼ばわりされる清河八郎。

105 :日本@名無史さん:05/01/20 14:27:09
天武を挙げるくらいなら、高市皇子だな。
天智,天武,持統の三帝にも劣らない事績なのに知名度は...orz

106 :日本@名無史さん:05/01/20 14:50:52
>>103
なんでそうなるのか分からん

107 :日本@名無史さん:05/01/20 14:58:18
>>103
信長が7割方安定させた政権にクーデターが起こった時、それを沈静化させた上で
ライバルを蹴落としながら実質の後継者となったのが秀吉。
その秀吉の死後は、秀吉が生前から裏で根回ししまくってた家康が政権を乗っ取り、
江戸幕府を開いたって感じに受け取れるけど、実際はどうだったんだろうね?

108 :日本@名無史さん:05/01/20 15:19:53
下瀬パウダーの下瀬雅允で

109 :日本@名無史さん:05/01/20 22:39:37
東條英機
この人は未だに昭和天皇の影の様な存在のままで語るのさえ憚られている…

110 :日本@名無史さん:05/01/20 22:57:25
朝までテレビで言ってたけどね
A級戦犯のうち生きた人はその後、国会議員や大臣になって
恩給も素晴らしかったらしい→名誉回復
死んだA級戦犯たちはご存知のとおり
全世界の嫌われ者・不名誉極まりなしでそのまま
靖国参拝でいまだに問題視されてるんだと
遺族が言ってるらしいね
歴史って残酷だよね

111 :日本@名無史さん:05/01/20 23:08:42
>>109
狂おしいほど同意。
東條さんは、あまりに あまりに 日本人らしい男だと思う。
寡黙で不器用でクソ真面目でさ。

余談だが若い頃、嫌いだった俺の父親にそっくりなんだよ。

112 :日本@名無史さん:05/01/21 19:47:40
英樹は軍人・戦時中の政治家としてはあまり優秀ではないと思う
しかし東京裁判の態度は立派だった
自決しても死にきれなかったのは天命だったのかもね

113 :日本@名無史さん:05/01/21 19:50:58
軍人としては優秀だと思うけど

114 :日本@名無史さん:05/01/21 20:02:32
神経質で気が小さくて重箱の隅をつっつくようなタイプ。
こんな上司や先輩イヤだ。

115 :日本@名無史さん:05/01/21 20:17:40
信長そっくりだもんな

116 :日本@名無史さん:05/01/21 20:36:26
東條は部下思いの人間だったのになぁ…
こんな所も過小評価されとるね…

117 :日本@名無史さん:05/01/22 09:21:29
>>115
東条さんはむしろ三成タイプだと思う。
自決していたと思っていたけど、死に切れなかったの?

118 :日本@名無史さん:05/01/24 16:03:21
>>113
軍人としてもどうかな。
官僚としてなら優秀だろう。むしろ内務省あたりに入った方が幸せだったかもしれん。

119 :日本@名無史さん:05/01/26 00:11:06
関が原で負けてしまった石田三成も江戸時代以降
過小評価されてきたんじゃない。

120 :日本@名無史さん:05/01/26 00:52:36
既出だが大正天皇は戦前作られたイメージが強すぎだよなぁ。
昭和天皇を神聖視させるための踏み台にされた感が強い。
まぁ今再評価機運が高まってるような感じはあるけど。
実際とても人間味を感じる面白い人だと思うんだが、何故宮内庁は
いまだに色々未公開のままにしてるんだろう。

121 :日本@名無史さん:05/01/26 10:45:45
早死にしたし
なんと言っても血が濃すぎるし
やっぱり何らかの障害を持っていたんじゃないの

122 :日本@名無史さん:05/01/26 15:42:11
黒田官兵衛


123 :日本@名無史さん:05/01/26 16:19:55
山本権兵衛

海軍育ての親

124 :日本@名無史さん:05/01/26 18:10:00
藤原不比等

藤原千年の基礎を築いたのは父鎌足ではない

125 :日本@名無史さん:05/01/26 20:12:19
>>122-124
学者は元より、世間的に見ても十分見合う評価はされてると思うが。

126 :日本@名無史さん:05/01/26 21:27:29
>>125
まあそうだな。
比較される人物が過大評価されているだけか。

127 :日本@名無史さん:05/01/26 21:43:44
前尾繁三郎
灘尾弘吉
椎名悦三郎

128 :日本@名無史さん:05/01/27 09:53:57
広瀬武夫

129 :日本@名無史さん:05/01/27 13:28:22
>>126
なるほど正しい事言った!


130 :日本@名無史さん:05/01/27 13:55:36
赤禰武人

131 :日本@名無史さん:05/01/27 14:24:41
うっかり八兵衛

132 :日本@名無史さん:05/01/27 16:45:29
八戸順叔

133 :日本@名無史さん:05/01/27 22:12:47
>>131
歴史上の人物?
架空の人はだめ。
神武天皇とか

134 :日本@名無史さん:05/01/28 09:25:53
小泉純一郎

135 :日本@名無史さん:05/01/28 20:06:02
>135
その男は過大評価です。

136 :日本@名無史さん:05/01/28 23:51:06
>>135
確かに…
レス番を間違えるような奴が大した奴とは思えんな。

137 :日本@名無史さん:05/01/29 08:40:08
蒲生氏郷
早死にしたのが悔やまれる。

138 :日本@名無史さん:05/01/29 10:50:28
>>135-136
ワロタ

139 :日本@名無史さん:05/01/29 12:44:52
過大評価なら上杉謙信だろうね。カルトな戦争屋だろ。

140 :日本@名無史さん:05/01/29 21:36:37
神武天皇・・・単なる居座り強盗の村長

141 :日本@名無史さん:05/01/29 22:08:32
>>139
☆★過大評価の歴史上人物★☆
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1079267907/

142 :日本@名無史さん:05/01/29 23:29:02
>>137
今以上の評価を与えても過大評価だろう。
ただでさえ過大気味なのに。

143 :日本@名無史さん:05/01/30 00:20:35
戸澤盛安
畔田翠山
南方熊楠

144 :日本@名無史さん:05/01/30 01:44:53
菊地武光

145 :日本@名無史さん:05/01/30 01:50:55
真田幸村
特攻隊長でごわす。

146 :日本@名無史さん:05/01/30 02:37:28
松永弾正

147 :日本@名無史さん:05/01/30 20:12:39
>>145-146
とりあえず三戦板へ帰ってくれないか

148 :日本@名無史さん:05/01/31 05:42:07
>>142
蒲生の評価が過大気味ということはありえないでしょ。知名度ないしね。戦さは強かったよ。

149 :日本@名無史さん:05/02/01 03:45:19
歴史ヲタ以外は名前も知らんしね>氏郷

150 :日本@名無史さん:05/02/01 17:23:16
やっぱ中岡慎太郎じゃない?

龍馬と一緒に殺されなければ維新後は
活躍できただろうに・・

151 :日本@名無史さん:05/02/04 22:08:40
小松帯刀は?

152 :日本@名無史さん:05/02/04 23:12:11
評価が低いと言うか、むしろ悪評燦々たる山県有朋。
軍政家としては優れてたね。


153 :日本@名無史さん:05/02/05 17:56:25
仲の悪かった原敬でさえ山県が存命な間は、無謀な戦争を
することはないだろうと言っていたらしいからね。

154 :日本@名無史さん:05/02/07 17:26:43
松平容保ってどうよ?

155 :日本@名無史さん:05/02/10 10:27:08
吉村虎太郎はもっと評価されていいな。

156 :日本@名無史さん:05/02/10 11:32:53
>>40にでてるけど木戸孝允こと桂小五郎。
このおっさんが長生きしてたら、太平洋戦争を回避できたと思う。
あと堀悌吉。


157 :日本@名無史さん:05/02/10 11:38:05
徳川秀忠
軍才はからっきしだが、政略は父親なんかよりもずば抜けてると思うが

158 :日本@名無史さん:05/02/11 01:54:00
持統天皇・・・大和朝廷の基礎を作った。西日本の統一を史上初行った。

159 :日本@名無史さん:05/02/11 07:48:43
>>156
同意。俺もそう思うよ。

あと、>>155も言ってるが、吉村虎太郎は評価低すぎやしねえか?

160 :日本@名無史さん:05/02/11 09:03:05
大隈重信も入れてくださいな。

161 :日本@名無史さん:05/02/11 09:14:04
名宰相・保科正之

もっと小学生が知っているくらいでないとおかしい。

162 :日本@名無史さん:05/02/11 21:05:08
日本の歴史は表が半分、裏が半分
裏の半分は主に修験者などが担っていた
この修験者ってのが面白い連中で、表に名前が出ないことを
誇りにしている連中だ だから無名
中世から近世にかけて重要な節目で重要な働きをしてるようだが無名により不明
無名の修験の連中が一番過小評価されているのが日本の歴史、日本の正史

163 :日本@名無史さん:05/02/11 21:29:19
>>159
天誅組はお墓も質素で可哀相だ・・・

>>156
んだ。あと竜馬も

164 :日本@名無史さん:05/02/11 21:38:47
何といっても過小評価されているのは世良修蔵だろ。
仙台のヘタレが逆切れしたために思わぬ不覚を取ったせいで散々な書かれようだが、もし
生き残って新政府に加わっていたら官僚・政治家コースでも軍人コースでも相当なレベル
に達していたと思う。
日露戦争で世良が外務大臣・満州軍総司令官・聯合艦隊司令長官のどれかに就いていた
ら、史実以上の成果を出せたはずだ。

165 :日本@名無史さん:05/02/11 21:40:00
>>162
すっげー興味深い。

吉村寅太郎は、ホント、評価低いね。
司馬遼太郎のせいかなぁ?

166 :日本@名無史さん:05/02/11 21:49:07
大久保も西郷も岩倉も山県もみなリアリストで冷静な主眼を持っていたのよ。
近代化のためには少々重税や人権の制限をしたとしても日本を暗黒な軍国主義国家にしようだなんて考えていなかった。

太平洋戦争を引き起こしたのは数十年後の官僚的で狂信的な一部軍人と政治家
とその権力者達の扇動にまんまと乗っかってしまった大多数の国民

167 :日本@名無史さん:05/02/11 21:51:08
>>162詳しくプリーズ

168 :日本@名無史さん:05/02/11 22:37:00
>>162
めちゃめちゃ興味深い。
面白そうだ。

169 :日本@名無史さん:05/02/12 01:22:53
結城秀康。豊臣秀次。

170 :日本@名無史さん:05/02/12 19:17:57
薩夜麻

171 :日本@名無史さん:05/02/12 21:07:02
それほど修験について詳しくも無いが、修験の霊場などに行くと
そんなことが書いてあった
修験、忍者、山の民、鉱山関係者などが錯綜してるように思える
裏の情報ネットワークがあって、敵味方入り乱れての情報交換をやっていたのだろう
家康の天下にしても、事前に裏のネットワークでは暗黙の合意が出来ていたようだ
徳川時代になって世の中が安定してくると、農民になったり商人になったりして
地下に潜ったようだが彼らの暗躍は歴史上からは抹殺されているようだ
武田信玄にしても徳川家康にしても一説には上忍といううわさもあるくらいで
戦国期の真相は表面からだけではわからない
武田信玄の戦国時代の仇名は「長足坊主」といわれていたくらい
情報、諜報活動に優れていた 信長もその諜報活動を恐れていた

172 :日本@名無史さん:05/02/13 12:57:24
木越安綱は?

彼が尻拭いをする羽目になった前任の上原勇作のその後と比べたら
「現役」の2文字を取り去るために彼が払った代償はあまりに大きい。
これを契機に原や浜口等が臨時代理にしろ現役どころか文官でも
軍務大臣になれる寸前までいったわけだし、
後に2.26事件後の広田内閣組閣の条件に陸軍が真っ先にこれの撤回を持ち出し
実際に次の宇垣内閣を流産させたんだからもっと評価されてもいいのでは?
なにしろ評価どころかかなり大きな人名辞典でも名前すら載ってないし、
陸軍だけではなく歴史からも抹殺されて可哀相すぎる。

173 :日本@名無史さん:05/02/17 01:55:21
平清盛

174 :日本@名無史さん:05/02/17 03:12:12
福地源一郎


175 :日本@名無史さん:05/02/17 03:35:07
坂本龍馬などは本当は裏の人。
生き残った勝海舟の発言があったり
戦後、司馬が掘り起こし小説にしたからであって。

176 :日本@名無史さん:05/02/17 03:36:49
幕末の外国奉行はみな、かなり過小評価だと思う。

177 :日本@名無史さん:05/02/17 05:36:33
香川敬三
司馬ファンと新撰組ファンと有馬藤太のせいで過少評価されてる。
各地の志士の情報を伝え歩いた行動力
岩倉側近として公家や志士の間を飛び回った交渉力
岩倉遣欧使節団に自費参加してでも各国の皇室を見てまわった先見性
宮内省で皇室の近代化を推し進めた改革力
皇室外交を中心的に展開させた外交力
日露戦争の士気を高めた皇后の夢作戦の戦略性
どれを取っても一流なのに。

土方がずっと官軍に抵抗した事でも明らかなように、近藤を生かしていたら官軍に抵抗する存在となったはず。
土方同様いつかは殺す必要があっただろう。この判断も正しいはず。殺す際にも実際には温情あるやり方をしていた。
寄せ集めの旧式の軍を任されて、大鳥圭介に宇都宮城を奪われたのも酌量の余地ありだろう。
司馬のせいで陰険な性格だとかされているが、本当にそうなら皇室外交上の重職を明治国家が任せるだろうか?
また、旧主家である水戸徳川家や慶喜にも義を重んじていた。慶喜を公爵家にしたのは香川の力によるところが大きい。

178 :日本@名無史さん:05/02/17 05:58:39
山田方谷
鷹山より寧ろこっちだろう、今見習うべきは、いや鷹山も凄い乃は認めるが

しかし、なんでこの師の薫陶を受けて河合継之介みたいなのが出るかなあ
つか河合を評価する理由が分からん、単純に状況の読めない馬鹿だろうあれは


179 :日本@名無史さん:05/02/17 06:16:19
土方久元はどうなんだろう?

180 :日本@名無史さん:05/02/17 06:19:53
>>178
状況の読めない馬鹿が北越戦争で官軍相手に大立ち回りしたなら
それは喜劇の一種だな。

181 :日本@名無史さん:05/02/18 09:49:26
>>152>>153
その原の暗殺の一報を聞いて卒倒したらしいね。
政敵でも人物は見る。ただのDQNではできないことだ。「怨念」とまで言って
ドロドロの選挙をしている2世3世議員にも見習って欲しい。

山縣は長生きしすぎたんだよ。もともとはゴリゴリの保守派で議会や普選には終始
反対していた。西南戦争直後にでもポックリ逝ってたら高杉くらいの評価は受けたろうね。

182 :日本@名無史さん:05/02/18 19:10:02
山県は「嫌いだが優秀なのは認める」ってやつが大半じゃない?
評価自体はされてると思う。

「でもやっぱり嫌い」が最後につくが。

183 :日本@名無史さん:05/02/18 21:25:46
上杉ようざんって過大評価だろう
本間一族のアドバイスを少々聞いてやってただけなのだから
本人もなんでほめられるのか?よくわからんって言ってるくらいだから
あの時代に、藩政改革のスターみたいなのを作り出す必要があったから
作り上げられただけだろう

184 :日本@名無史さん:05/02/18 21:37:32
過小評価はやっぱり江藤新平だな

185 :日本@名無史さん:05/02/18 21:47:32
山田方谷も小さな藩で、たまたま鉄鉱の鉱山があったから
農機具を作って販売して成功しただけで、とても日本の国で
通用するとは思えないな 大久保利通からの勧誘を断ったのは
自分の力量をよく知ってたから賢明な策だったな
もともと農民上がりだしね

186 :日本@名無史さん:05/02/19 23:35:05
阿比留父娘

187 :日本@名無史さん:05/02/20 01:36:12

楠正茂

生き方がカッコイイから大河ドラマの主役になってもいい。

188 :日本@名無史さん:05/02/20 02:32:52
>>186
・・・

189 :日本@名無史さん:05/02/20 06:55:49
俺のかーちゃん

190 :日本@名無史さん:05/02/20 10:47:32
>>187
太平記でほとんど主役だったし。て言う以前に今以上更に評価しろと?

楠木ならむしろ正儀。既に再評価されてる気もするが。

191 :日本@名無史さん:05/02/20 11:37:13
楠木正繁

192 :日本@名無史さん:05/02/20 13:17:42
清河八郎

193 :日本@名無史さん:05/02/20 15:40:47
梁川星巌
有名な詩人であり、攘夷主義者であったが
安政の大獄で逮捕の直前にコロリで病死→「詩に上手」(死に上手:詩人星巌に引っかけたネタ)
何というトホホな評価であろか
老先生も浮かばれまいて
死期を悟ったとき「男子、婦女子の手に死なず」(だったと思う)と言って
夫人を病室の外に出し、病床に正座して臨終を迎えたという

194 :日本@名無史さん:05/02/20 16:13:51
高野長英

195 :日本@名無史さん:05/02/20 20:36:43
東郷平八郎
最近は教科書に載ってないそうです。

196 :日本@名無史さん:05/02/20 23:34:43
アラスカで奴隷にされていた難破日本人

197 :初陣拾歳:05/02/21 19:47:56
南光坊天海(1536?〜1643)
徳川家康の側近として力を揮い、日光東照宮を建立した人物。
しかし、日本史の教科書には登場しない。

198 :日本@名無史さん:05/02/21 20:03:01
天海出ないの?
崇伝はテストに出た記憶があるのに。

199 :初陣拾歳:05/02/21 20:17:20
>>198
出ない。
「徳川家康」「日光東照宮」が出ていて何故「天海」が出ないのか未だに謎。

200 :日本@名無史さん:05/02/21 21:10:49
九鬼隆一

201 :日本@名無史さん:05/02/21 21:25:17
天海を密教の本で見た俺が来ましたよ。

202 :日本@名無史さん:05/02/21 21:50:14
秋山真之

203 :日本@名無史さん:05/02/21 23:12:09
明石元二郎

ある意味では日本史だけでなく、世界史のトピック(ロシア革命)に関与したキーパーソン

204 :初陣拾歳:05/02/22 00:28:22
児玉源太郎(1852〜1906)
日露戦争の旅順戦に於いて指揮を執り、旅順を陥落させた陸軍軍人。


ちなみに、菅直人氏の長男・源太郎氏の名前の由来は、児玉源太郎らしい。

205 :日本@名無史さん:05/02/22 01:16:49
>204
お前馬鹿?

206 :日本@名無史さん:05/02/22 21:04:57
>>177
確かに香川が司馬の小説のままの卑劣な人物かどうかは、
当時の立場や本人との利害関係で評価が違ってくると思うが。

>土方がずっと官軍に抵抗した事でも明らかなように、近藤を生かしていたら官軍に抵抗する存在となったはず。

ここは香川を擁護するあまり間違った方向で弁護をしている。
近藤は官軍になりたかったので、生かしておいても大人しく下獄して
一切の抵抗も煽動もしないだろう。
京都時代に長州や土佐の恨みを買っているから、死刑はまぬがれまいが。
それを見抜けなかった近藤がバカなだけ。

207 :日本@名無史さん:05/02/22 22:02:08
土方久元

208 :日本@名無史さん:05/02/22 22:51:21
土方雄久

209 :初陣拾歳:05/02/23 00:34:10
>>205
筋金入りの馬鹿ですが何か?

210 :日本@名無史さん:05/02/23 12:15:54
細川幽斎・・・兵500で籠城、1万5千を迎え撃つ
細川忠興・・・プチ信長
細川忠利・・・晩年の武蔵が唯一仕官した人格者

211 :日本@名無史さん:05/02/23 21:19:26
>>187
楠木正成はNHK「その時歴史が動いた」で今放映中だべ

212 :日本@名無史さん:05/02/23 21:53:08
玉木文之進。
松下村塾の設立者。
吉田松陰や乃木希典の師。
吉田松陰が有名になって「吉田松陰のお師匠さん」という、
イメージだけど順番から言ったら玉木文之進が松陰を作った。


213 :日本@名無史さん:05/02/23 21:58:18
>>211
湊川神社へ御参りに行ってきます。

214 :日本@名無史さん:05/02/24 19:53:08
山口多聞評価低いと思います

215 :日本@名無史さん:05/02/26 15:35:18
土佐の武市半平太
見るからに人に長たる威厳があったと記録に残っているし
中岡慎太郎も西郷と並ぶべき人物であると言っている。
しかし坂本竜馬ファンの策謀により評価は高くない。

残念だ


216 :日本@名無史さん:05/02/26 17:59:58
維新後に長州閥の連中がそれまで無名に等しい存在だった吉田松陰を宣伝したので
土佐人も負けじと武市を持ち上げようとしたが世間の受け止め方は
「あんな人殺しを評価するなんて。」とまったく振るわなかったそうだ。
やっぱ人斬り以蔵を使った数々の暗殺が明るみになったのがまずかった。
その点では西郷隆盛なんか人斬り飼ってても未だに敬天愛人イメージが強い。

217 :日本@名無史さん:05/03/01 12:37:32
薩夜麻 邪馬台国の後継国、イ妥国の最後の王
都督として列島に君臨した

218 :日本@名無史さん:05/03/01 15:48:17
田沼意次

219 :日本@名無史さん:05/03/02 00:46:59
最近叩かれてるけど斉藤一はもう少し評価されてもいいと思う。
汚れ役をやるのは本人も辛かったろう。

220 :日本@名無史さん:05/03/04 23:47:39
大塔宮護良親王なんかはもっと評価されてもいいと思う。

221 :日本@名無史さん:05/03/07 20:05:31
>>220
同意。

222 :日本@名無史さん:05/03/10 06:25:46
>>220>>221
護良の評価が低いというより、後醍醐が過大評価されすぎなんでは?


223 :日本@名無史さん:05/03/11 18:09:46
ageよう。

>>222
ちょっと論点は変わるけど後醍醐天皇が護良の処置を誤ったんだと思う。
わが子ながら手を焼いたのは分かるが、讒言を聞いてあんな処置をしてなければ建武政権も
もうすこし寿命が延びてたんじゃないかな。

224 :日本@名無史さん:05/03/11 18:16:11
近衛文麿

世間ではちょっとバカだと思われてるけど
本当は大バカだった

なので過小評価

225 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 02:30:06
松平春嶽

226 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 19:54:38
松平春嶽は結構評価されてると思うが

227 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 21:36:11
坂の上の雲の秋山真之かっこいかったね

228 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 21:45:40
北条高広もいい味出してるな。

229 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 06:30:10
伊東甲子太郎。独自の理論で富国強兵を何気に先取りしていた大開国策。
ある程度仕方ないとは思うが小説などでの扱い見ると何とも


230 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 20:08:58
>>229
同意
小説とか読んでるとなんだか切なくなる

231 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 22:46:16
高橋是清

現代の日本の不況を克服するには
氏がとった方法で必要十分!

232 :日本@名無史さん:2005/04/30(土) 23:13:59
田中角栄。
ロッキード事件とか自民党の数の論理の創始者でイメージは
かなり悪いが、日本列島改造論はちゃんと評価されないと。
改造論の計画はまだ継続中だがな

233 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 00:19:13
土佐の過小評価は武智じゃなくて吉田東洋

234 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 01:14:38
六代将軍 家宣
 先代の阿呆な動物愛護令をばっさり廃止。これだけも大功績。
 師匠ともいうべき新井白石があれほど絶賛してるわりに
 ドラマその他の主人公になかなかならん。

235 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 04:55:08
大鳥圭介。元凶は司馬の小説。

236 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 05:03:30
井伊直弼を震え上がらせた宇和島藩家老・松根図書。
アーネスト・サトウも評価している。

237 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 06:43:49
立花壱岐
こういう人物こそ学校で教えるべきだろう



238 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 06:51:45
横井小楠

239 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 07:16:24
横井小楠が憲法九条を知ったら泣くね
正に技術平和立国の日本
これまた現代の長州派に潰されそうな悪寒だが

240 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 15:26:25
砂川捨丸師

 生涯吉本の禄を食むことのなかったこの大漫才師は
 よしもと史観演芸史で低い扱いをうけている。

241 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 17:18:57
漫才骨董品の砂川捨丸でございま〜す、ポン!

242 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 19:46:04
谷干城だろ、新撰組びいきの連中の間では非常に狡猾な奴
にされているが、台湾出兵などでも活躍した。土佐閥の一人や。

243 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 22:09:54
谷と山川の友情は萌え

244 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 22:13:43
>>234
徳川家宣は新井白石が身内びいきで絶賛しているだけで実際はボンクラ。

245 :231:2005/05/01(日) 23:43:40
軽視される高橋是清の偉業
http://www.adpweb.com/eco/eco287.html

246 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 01:45:21
>244
白石による評価は身内みたいなもんだから差し引いてみるとしても
綱豊をボンクラというのは言いすぎではないか。

247 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 06:07:52
北条氏綱はどうよ。

上で氏政の名が上がっていたが、2代氏綱ももっと評価されていいと思う。
領国拡げたし、第一次国府台合戦勝ってるし。
何よりも氏康作ったしw

248 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 19:30:23
伊藤博文

249 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 19:32:28
山県有朋。司馬が嫌ってた人物には過小評価が多いな。

250 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 19:55:27
恩田杢

251 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 20:55:26
森要蔵

252 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 23:42:50
岸信介なんてどうよ。

253 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 00:26:14
>27 畠山重忠に同意。
数々の武勇伝が有るにも拘らず、大河でもスルーの予感。
あらゆるスレで語られてるとおり、結構ファンは居るというのに。

254 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 01:25:18
足利義教。横死しなけりゃ幕府を立て直してたかも。
「万人恐怖」の将軍だかんね。

255 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 10:36:25
>>253
源平合戦は義仲や義経が矢面に立って頼朝は後ろにいたってイメージの
せいだろうね。
頼朝直臣はどうしても影が薄くなる。

256 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 16:04:01
>255
影が薄い上に、謀反の疑いをかけられて(冤罪)討たれるなんて、不憫だなぁ。


257 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 17:11:23
長州藩の清水清太郎。正義派の代表として尽力。現代では桂が長州藩のリーダー
と認識されているが、彼はあくまで幹部の一人。他には毛利登人や楢崎も全く評
価が無いが実績はある。高杉はこの二人に最大の賛辞を送っている。


258 :日本@名無史さん:2005/05/22(日) 00:39:13
岡田幾 (良元村村長 現在の宝塚市の一部)
 まず誰もしらんわな。
 昨今女性首長の活躍が目立つが
 昭和20年代にも女性の首長はいた。
 このことはもうすこし語られてもよい。

259 :日本@名無史さん:2005/05/22(日) 00:42:29
>>258
うーん知らなかった。語って下さい。

260 :>259:2005/05/22(日) 00:54:26
岐阜県の松野友って人は人は1950年代に町長になって
平成の御世まで町長をつづけていた。

この人が女性首長のはしりかな。


261 :日本@名無史さん:2005/05/22(日) 01:02:58
>>すまそ
松野が町長になったのは1947年だな。
平成まで町長だったということは在任期間男女あわせて最長?

262 :日本@名無史さん:2005/06/03(金) 23:45:29
織田信秀

263 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 03:26:53
一条兼良に一票
この人は生前から「自分は天神(菅原道真)を上回る日本最高の学者であるのに
自分の名前は後世の人に天神ほどは知られないのだろう、それが残念だ」
と嘆いていた。
そんなわけで兼良は道真をとても嫌っていたそうだ。
この人は当時完全に埋もれていた源氏物語などの平安文学を掘り起こして復刊
日本の文化史上重要な功績がある。
それに較べて菅原道真は なんか功績があるのだろうか
しかし、後世の知名度や評価はまさに本人の嘆いたとおりになったのでありました。

264 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 04:12:19
小栗上野介かな。顔つきが明治の偉人の中でも飛びぬけてる

品があるというか、威があるというか・・

265 :日本@名無史さん:2005/06/06(月) 00:30:46 ?
酒井玄蕃

266 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 18:49:17
>土佐の過小評価は武智じゃなくて吉田東洋
土佐でいえば藩祖の明神様が過小評価 じゃないか

後の世に物語になってるのは
馬の購入資金として奥さんがヘソクリだしてくれたエピーソードが
中心だし。


267 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 19:34:17
やっぱ、和田義盛だろ。豪胆で義理人情にあつい武士の中の武士だろ

268 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 00:23:32
幕末のイージス艦ペリーを撃て!
蒸気船開発、担当した提灯屋の苦闘!
驚異の自動射撃装置、その名も「弓引き童子」
集結した日本の頭脳、その時歴史が動いた。

田中重久(クロノグラフ、自動射撃システム)
http://www.suelab.nuem.nagoya-u.ac.jp/~suematsu/mannen/mannen.html
http://www.toshiba.co.jp/saiyou/issue_01/01.htm
http://www.suelab.nuem.nagoya-u.ac.jp/~suematsu/tanaka/tanaka.html

前原嘉蔵(蒸気機関)
「伊達の黒船」(〜酔って候) 文春文庫より
主人公は蒸気船建造を決意する伊達宇和島藩藩主伊達宗城と
提灯張替えやの前原嘉蔵。(検索でこれしかヒットせず。マイナーな人物なので小説を読むしかありませんね)
http://fujiwaraason.hp.infoseek.co.jp/exproller/bakumatu1.htm

西行法師(人造人間)
http://plaza.rakuten.co.jp/yfuse/7001
http://www.big.or.jp/~arch-613/gekka/unsei/onmyou/douman.html
http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=0world&FN=20001018173000

大野弁吉(ロボット)
http://www.westjr.co.jp/news/bsignal/02_vol_21/cont_1.html
http://www.yume.or.jp/ec/karakuri/kara9.html
http://homepage2.nifty.com/tankenka/sub1-42.html

鳥人幸吉(飛行機)
http://www.fuzoku.okayama-u.ac.jp/ml/kyouka/math/koukichi.html
http://members.jcom.home.ne.jp/kobysh/asat/koukiti.html
http://home.att.ne.jp/red/sronin/_koten/chojin.htm
http://www.city.okayama.okayama.jp/museum/koukichi/select.html


269 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 05:02:47
雑賀孫一だ!

270 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 08:33:23
雑賀孫一は実在するの?
俺には雑賀衆への恐怖や畏敬の念を擬人化しただけのような気がするのだが

271 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 22:18:21
雑賀孫一って、代々の雑賀衆の棟梁みんなそうじゃないの?
重意も重兼も重朝も重次も孫一だし。

実在すると言えば実在するし、個人を指す言葉じゃないってだけ。

272 :270:2005/06/14(火) 22:50:20
重秀=孫一の意味で発言してました
重秀は実在する?

273 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 23:47:24
知らん。
俺は重秀=重兼か重朝ぐらいに考えてる。
一応本願寺文書か何かに重秀って名前が出てくるらしいけど、途中で変名したと思ってる。

274 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 16:24:28
大鳥圭介

275 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 19:11:27
斎藤弥九朗

276 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 02:01:25
だれそれ?

277 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 10:22:17
>>274自分もそう思う。多分>>249だな。

278 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 00:56:44


279 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 23:30:32
桐野利秋(中村半次郎)
剣の腕だけじゃなく日記や和歌を残したり
昔聞いた講談の話を思い出してそれを会津若松城受け取りの際に活用する、
久光公に「懸河の雄弁家」と中井桜洲には「一個の棟梁」と評される、
市来の記述によるといち早く民権や立憲政体などに興味を持つ等
実はかなりの切れ者である。

・・・が、只の噂でしかなかった青竹の話(野村忍介はこの話を否定しているにも関わらず)や
桐野が若者を指揮して西南戦争の発端を作ったなどの話を勝手に事実に置き換えられ、
無学だったという事だけで字も書けない猪突猛進な芋侍とされるなど
今の評価はかなり新政府の桐野を戦犯にしようという企みに影響されすぎている。
もう一度評価し直さなければならない人物だと思う。

280 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:26:38
松永男妾久秀

281 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:36:05
徳川綱吉

282 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 20:47:59
柴田武雄海軍大佐

283 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 08:54:37
文武天皇
 初の恒久首都構想=藤原京
 人事・税制の抜本改革=大宝律令
 貨幣鋳造計画策定=和同開珎(施行は死後)
 悪しき慣習・古墳造営の禁止
 水質汚染で藤原京廃棄(数少ない失敗)=平城京建設着工(移転は死後)
 来る度に日本を混乱させた半島難民の受入拒否(最大の功績)

もちろん不比等も協力してるが、前例にすべきフォーマットが何も無い
時代にここまでやれたのはかなりすごいと思う。史上最強に推したい。

284 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 20:07:57
散々、既出だと思うが中岡慎太郎はドラマや小説などでいつも
「坂本の盟友」扱いでカワイソス

285 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:49:55
徳川宗春
某時代劇の影響か、凄い悪役にされてる

286 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:51:47
福岡孝悌も過小評価されてない?
司馬によってつまらない人物として貶められてるのあるせいか
というか司馬史観が土佐の上士の過小評価って多いよな
教科書にはでてくるけど、ドラマだとまっさきに省かれるし

287 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 07:09:57
島津義久。もっともっと評価されてしかるベキ

288 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 13:42:00
>>285
中尾彬

289 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 22:46:48
あげ

290 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 23:53:33
豊臣秀長。晩年の狂った兄を支え、豊臣政権を持ちこたえさせた。
平重盛。晩年の狂った父を支え、平氏政権を持ちこたえさせた。

291 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 01:16:28
日蓮

292 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 01:45:00
義政より後の足利将軍。評価も何も、名前すら覚えてもらえない人多すぎ。
せいぜい、信長や秀吉を描いたドラマで、義輝が殺されたり、義昭が敵役で
出たりする程度。一応将軍だよ。将軍!それに日本国王でもあるのに。


293 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 04:25:34
>>290
秀長は秀吉が一番狂ってたころには死んでたでしょw
まあ秀長が死んだから狂ったのかもしれんが

294 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 09:31:26
一遍

295 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 11:47:14
小早川秀秋

優柔不断・裏切り者の代名詞みたいに言われてるよな

296 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 12:02:14
>295
その通りじゃないのか?

297 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 15:22:10
>>296
まぁ、裏切りに対する礼状まで書いてる北政所について
もうすこし評価を固める必要がある罠。

298 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 15:31:55
北条義時
なんかいろいろと。最大は承久の乱。

299 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 17:01:27
昭和天皇。

300 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 18:31:14
>>299
先帝の歴史への影響力を認めるということは
戦争責任をも認めるということになるよ。

301 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 18:42:23
北条義時なら泰時のほうがいいな。武士の鑑っぽい。

302 :名無的発言者:2005/08/03(水) 22:16:56
足利義輝かな・・・

せめて、足利将軍の1・3・7代と一緒に覚えてくれてもいいんじゃない

303 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 23:48:08
足利義輝に功績あった?単にゲームで強いだけじゃないの?

304 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 00:27:05
一の太刀を授けられた
朽木谷に逃げた
最後頑張った

これぐらいか?

305 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 01:27:42
徳川家茂

306 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 02:15:04 ?
河井継之助
彼がいなければ日本の野球の発展はなかった。

307 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 10:12:06
真田信之


308 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 11:01:45
松田千秋。北号作戦の時の手腕は神業!

309 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 11:10:04
乃木希典はどうなのよ

310 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 11:33:31
高杉晋作に決まっとるわい。維新三傑に木戸の換わりに入れるべし。

311 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 13:09:51
>>309
一時期(日露戦争後)過大評価されすぎていたので今の評価で充分

312 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 01:57:08
末次信正大将。レーダーが未発達の時代に日米戦争になったなら、
この人ならば、大戦果を収めたと思う。自らが発展させた漸減邀撃戦略に
おごることなく、常に改善点に頭をなやせてたのは素晴らしい。
サイパン奪回を期待され、軍令部総長として現役復活を期待されたのも、当然と言えよう。

313 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 02:24:57
服部半蔵(初代)
半蔵率いる忍び組が存在しなければ、家康の天下は存在しなかったに違いない。

314 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 02:33:17
大日本帝国陸軍大将秋山好古
日本陸軍騎兵の父で日露戦争では世界一ひ弱な騎兵隊と呼ばれていた日本軍の騎兵隊を率いてコサック騎兵隊と闘った最期の古武士。

315 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 03:33:38
ここであえて信長


ただの虐殺マニアの破壊王だと思われがちだが実は理知的かつ度量がでかい。
同じ虐殺者でもポルポトや毛などは違う。

316 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 14:40:27
>315
わりと知ってる。

317 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 22:23:04
>>315
信長に関しては色々徳川天下の時に作り話やら何やらで付加えられた事が多いだけ
普通に知ってる人は知ってる
嫌いな人は徹底的に嫌いだから認めようとせんがね

318 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 20:26:16
信長は過大評価されているところが多いから

319 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 12:50:14
毛利勝永

惜しいかな後世、真田を云いて毛利を云わず

320 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 22:48:09
>>318
まぁ、それは家康自信を過大評価しようとしたという過去が(ryってのもあるんだがね

321 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 14:21:44
信長ねぇ
一地方豪族みたいな身からあそこまでの勢力・権力をもちえた手腕は評価すべき。
結局日本統一まではできなかったことも評価すべき。

どーも評価する人によってふり幅が大きいね


322 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 21:13:57
徳川家綱
末期養子の禁の緩和、殉死の禁止など功績は多いが、
教科書では殆ど触れられない。

323 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 00:33:39
その点秀吉は信長と家康の間に入って評価が低いと思う。
信長のおかげと言っても、やはり実力がなければ下賎の身から天下人は無理。
もっと評価しても良いと思うよ。

ちなみに信長の評価は>321に同意。

324 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 00:54:38
真田幸隆は活躍の割に武田四天王の陰に隠れてません?

325 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 01:26:49
>>323
秀吉に関してはこれ以上どう評価しろと?

326 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 01:46:11
>>324
そもそも武田の家臣が過大(ry

327 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 01:56:43
漏れは藤堂高虎。
250年後鳥羽伏見の寝返りも実は藩祖の高虎が残した秘密の口伝に従って寝返ったとも言うぐらい
政治手腕は卓抜していた。

若い頃は主を7度変えたとも言う野心を徳川の旗下に下ってから毛程も見せず
江戸城に登城する時は門番にも輿を降りて挨拶したと言うへりくだり。
これは当時の戦国武将で出来たのは彼だけだろう。

だから後年譜代と同等以上の受け上野東照宮に家康、天海と並んで御神体が安置される程、幕府の厚遇を受けた。
これはやはり渡来人の末裔という血筋が卓越した築城技術も然ることながら
彼の人と和を成す政治手腕が成就したものだ。

328 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 02:04:37
来島又兵衛に一票
蛤御門の変であんなに頑張ったのに

329 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 03:29:17
>>327
加藤嘉明を会津に転封させたあたり、やっぱり陰険だ。
大阪の陣でも負けかけとるし。やはりあまり好きになれん。

最初のほうに名前出てるが、幣原喜重郎は現代日本を語るうえで重要な保守政治家だな。
死にかけのジジイに外交手腕だけでなく、あんな政治手腕もあるとは、
墓場から掘り返した吉田茂当人もビックリだ。

330 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:34:45
>>327
主を7度変えたっていうか、単に主が死んだり潰されただけだよな、ほとんど。

331 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 01:06:11
毛利元就

332 :初年兵:2005/08/12(金) 12:57:30
過小評価はされてないけど、あまり有名じゃない栗林忠道陸軍中将、中川州男大佐
。(栗林中将は硫黄島で、中川大佐はぺりりゅー島で戦死)


333 :初年兵:2005/08/12(金) 12:59:22
ぺりりゅーをカタカナに変換し忘れましたm(_ _)m

334 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 13:00:20
薩長側の人間は過大評価され、敵対した人間は過小評価される傾向にあるな。

335 :初年兵:2005/08/12(金) 13:01:26
勝てば官軍負ければ賊軍状態ですね

336 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 17:41:29
でも大鳥圭介とかは割と会津側に過小評価されがちな気がする

337 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 12:36:06
>>334
織田豊臣徳川系の人間が過大評価され、それ以外の大名系の人間が過小評価される傾向と一緒だ。


338 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 20:45:59
毛利輝元
さすがに、西軍の大将が三成はかわいそう。彼あっての関ヶ原なのに

339 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 21:00:15
渋江内膳政光

340 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 13:57:14
>>337
あの三人は偉大だから過大評価ということはない

341 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 16:59:09
>>340
あの3人じゃなくてその家来たちだよ。

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)