5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【東京】極東国際軍事裁判【裁判】

1 :日本@名無史さん:05/01/10 23:09:37
極東国際軍事裁判、通称東京裁判について自由に語ろう

2 :日本@名無史さん:05/01/10 23:11:26
裕仁に戦争責任、敗戦責任のあるのは世界の常識

天皇大権ていうのは憲法以上。裕仁が摂政として統治して以降天皇大権が強化。
帝国憲法にしたって、裕仁の頃は天皇大権が幅をきかせ骨抜き。
裕仁は勇気のない意気地なしのうえ、傲慢。国民はすべて自分のために働くと思っている本当の悪人。
2.26事件の処理は裕仁の単独の裁定で終わったのは周知の事実。
2.26事件の時決起した青年将校は、昭和天皇の鶴の一声により、青年将校たちは、形だけの裁判を受け処刑。
これで裕仁天皇も調子に乗っちゃた。それがアジアの皇帝になりたいに繋がり、軍部の野望と合致し大東亜戦争へ。
たいがいの場合、参謀総長などには皇室出身者が付いてた。
これらの職は、統帥権発動の補佐をするのだから、天皇というより皇室全体の責任が問われるということ。
参謀部や軍令部、所謂天皇を軍事の上において補佐する機関の長は、相当の割合で皇室出身。
責任を天皇ひとりでなく、皇室全体に拡大できることを意味している。
彼の無能により、ポツダム宣言の受諾を遅らせ、多くの日本軍兵士を死に追いやった。
要するに裕仁以外の人間が天皇になっていれば大東亜戦争も敗戦もなかったこもしれない。
今頃、裕仁は血の池地獄でのた打ち回っている。

天皇は、軍部と夢を共有しておりアジアの皇帝になりたかった。
しかしアメリカは日本を準植民地にするために天皇制を残した。
アメリカでよく行われる司法取引みたいなものだな。
「我々の言うことを聞きなさい」そうすれば戦争責任は問わないよとね。
だから、当時の責任問題を有耶無耶にしたし、記録も自分たちの都合のよいように作った。
裕仁は日本の象徴じゃなく、アメリカの植民地としての象徴だ。
他人任せの優柔不断の態度を取られた昭和天皇を、私達は受け入れることはできません。
また、このような歴史を繰り返さないためにも天皇及び皇室は廃止したほうがよいと思うのです。


3 :日本@名無史さん:05/01/10 23:21:13
★☆東京裁判☆★
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1074962146/
前スレ

4 :日本@名無史さん:05/01/11 10:45:30
カトチャン、屁 ゜

5 :日本@名無史さん:05/01/18 18:09:47
スレタイ変えた途端に過疎スレに・・・・

>>2
スレ違い

6 :日本@名無史さん:05/01/18 19:01:21
[*絞首刑]板垣征四郎=陸軍大将、陸相、朝鮮軍司令官、第七方面軍司令官
[*絞首刑]土肥原賢二=陸軍大将、教育総監、航空総監、東部軍司令官、第七方面軍司令官
[*絞首刑]木村兵太郎=陸軍大将、ビルマ方面軍司令官
[*絞首刑]松井石根=陸軍大将、台湾軍司令官、上海派遣軍司令官、中支方面軍司令官
[無期禁錮]梅津美治郎=陸軍大将、陸軍次官、第一軍司令官、関東軍総司令官、参謀総長
[無期禁錮]荒木貞夫=陸軍大将、陸相、文相
[無期禁錮]畑俊六=陸軍大将、陸相、教育総監、支那派遣軍総司令官、第二総軍司令官
[無期禁錮]南次郎=陸軍大将、関東軍司令官、朝鮮総督
[無期禁錮]佐藤賢了=陸軍中将、軍務局長
[*絞首刑]武藤章=陸軍中将、軍務局長、近衛師団長、第十四方面軍参謀長

[病死未決]永野修身
[無期禁錮]嶋田繁太郎 =海軍大将、海相 
[無期禁錮]岡敬純=海軍中将、軍務局長

[*絞首刑]東條英機=首相
[*絞首刑]広田弘毅=首相、外相
[終身禁錮]小磯国昭=陸軍大将、首相、朝鮮総督
[終身禁錮]平沼騏一郎=首相、枢密院議長  

[無期禁錮]賀屋興宣=蔵相
[無期禁錮]木戸幸一=内大臣  
[無期禁錮]星野直樹=企画院総裁、東條内閣書記官長、満州国総務長官
[無期禁錮]鈴木貞一=陸軍中将、企画院総裁、国相

7 :日本@名無史さん:05/01/18 19:02:45
[禁固7年]重光 葵=外相、駐ソ大使
[禁固20年]東郷重徳=外相
[病死未決]松岡洋右=外相
[無期禁錮]大島浩=陸軍中将、駐ドイツ大使
[無期禁錮]白鳥敏夫=駐イタリア大使、松岡洋右のブレーン

[無期禁錮]橋本欣五郎=陸軍砲兵大佐、桜会
[心病未決]大川周明=イスラーム学者、ファシズム活動家、奉天事件の組織者

[自殺不起訴]近衛文麿=首相

8 :日本@名無史さん:05/01/18 19:04:42
>>7
自殺不起訴って言うなら、杉山元もそうだろう

9 :日本@名無史さん:05/01/18 19:06:16
>>8
起訴後じゃない。

10 :日本@名無史さん:05/01/18 19:10:39
敗戦後の自決

杉山 元  (元帥陸軍大将)まあ起訴確定だろう
本庄 繁  (陸軍大将)  同じく
阿南惟維  (同上)    可能性はある
安藤利吉  (同上)    戦犯として拘留中に獄中で自決
田中静壹  (同上)    A級はないだろうがフィリピンで軍司令官やってたからそれが引っかかるかも。
吉本貞一  (同上)    おそらくスルーされるはず
篠塚義男  (陸軍中将)  軍事参議官会議で開戦に賛成したことの責任を取って自決。戦犯とは無縁。
小泉恭次  (同上)    戦争自体と殆ど無縁
草場辰巳  (同上)    ソ連につかまり、東京裁判の証人として出廷直前に自殺
城倉義衛  (同上)    憲兵司令官だったが
秋山義b  (同上)    召集されて満洲で師団長に
安達二十三 (同上)    無期の判決を受けた後に自決
寺本熊市  (同上)    航空本部長。航空は戦犯とは縁が薄い。
人見秀三  (同上)    台南の師団長。戦犯とは無縁。
上村幹男  (同上)    第四軍司令官。ハバロフスク収容所で自決。
中村次喜蔵 (同上)    満洲で自決。教育畑の人。
山田清一  (同上)    セラム島で自決。整備局長などを務めた。B級に引っかかった可能性大。
岡本清福  (同上)    スイスで自決。戦犯に問われることはなかっただろう。
納見敏郎  (同上)    一度逮捕され容疑が晴れて釈放後、宮古島で自決。
浜田 平  (同上)    俘虜情報局長官として俘虜の扱いに苦慮した。タイで自決。
隈部正美  (陸軍少将)  冨永の参謀長だった。特攻の責任を取って家族もろとも自決。

宇垣 纏  (海軍中将)    最後の神風特攻隊として出撃
大西瀧治郎  (海軍中将)  神風特攻隊の責任をとって切腹

11 :日本@名無史さん:05/01/18 19:18:34
[不起訴]ヨシフ・ビサリオノヴィッチ・ ジュガシビリ 捕虜虐待、民間人虐殺、中立条約違反
[不起訴]フランクリン・デラノ・ルーズベルト 無差別爆撃、中立条約違反教唆
[不起訴]ハリー・S・トルーマン 大量殺戮兵器の使用

12 :日本@名無史さん:05/01/18 19:41:09
「国際裁判所が正義に基づいて処罰を加えることを求められているにも関わらず、自ら正義の法理を適用しているか否かを
審査する機能や義務さえ与えられないで、単に戦勝国の最高司令官の定めた法規を適用しなければならない。かようなことを
本裁判所が認めるとすれば、それは国際法のためにこのうえなく有害なことをしたことになるだろう」
ベルト・ファン・A・レーリング(蘭・東京裁判オランダ代表判事)

「私は日本が九千万人の住む小さな土地で耕作できる面積はそのうち15%に過ぎず、外部からの激しい貿易制限や
規制を受けていたと弁護士の論述に多くの正論と酌量の余地を認めた。私は米酷なり英国なりが同じような状況に
置かれたらどのように反応したか、それどころか国民がどのような反応をすることを望んだか考えてみた。
米国も英国も日本が1941年に置かれたような状況におかれれば、戦争に訴えていたかも知れないのである」
ウェッブ(オーストラリア・東京裁判裁判長)

13 :日本@名無史さん:05/01/19 10:34:07
判事

ウィリアム・F・ウエップ(オーストラリア連邦派遣)
: 裁判長
マイロン・C・クレマー(アメリカ合衆国派遣)
パトリック(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国派遣)
I・M・ザリヤノフ(ソビエト社会主義共和国連邦派遣)
: 法廷の公用語である英語と日本語をともに使用できなかった。

アンリー・ベルナール(フランス共和国派遣)
: 法廷の公用語である英語と日本語をともに使用できなかった。

梅汝敖(中華民国派遣)
: 本国でも裁判官の職を持つ者ではなかった。

バーナード・ウィンター・A・レーニング(オランダ王国派遣)
E・スチュワート・マックドウガル(カナダ派遣)
エリマ・ハーベー・ノースクロフト(ニュージーランド派遣)
ジャラニフ(フィリピン共和国派遣)
ラダ・ビノード・パール(インド派遣)
: 唯一国際法学の学位を取得していた。

14 :日本@名無史さん:05/01/19 10:35:13
リチャード・マイニア(アメリカ・マサチューセッツ大学教授)
「11名の裁判官は戦勝国の国民という点で不適格であった。すなわち彼らは
法廷に持ち出された事実に前もって関係していた判事。
(オーストラリアのウエップ判事とフィリピンのハラニーヨ判事)
必要な言葉、すなわち協定用語である英語と日本語がわからない判事。
(ソ連のザリヤノフ判事とフランスのベルナール判事)
また本来裁判官でない判事。
(中国の梅汝敖判事)
この不適格な5名は全員が多数決を支持した…。」

(「勝者の裁き=戦争裁判・戦争責任とは何か」より)

15 :日本@名無史さん:05/01/19 10:37:55
670 :日本@名無史さん :04/07/09 07:35
死刑票は推測できる?
フィリピンの判事はオール死刑判決を出していそうだ

674 :日本@名無史さん :04/07/09 13:52
>>670
児島 襄の「東京裁判」には死刑票の推測が書いてあって
死刑判決を受けたものと可能性が高かった者について個別に○×がつけてあったけど

それを見ると
米英など5人の判事はみんな死刑支持でソ豪印などの判事はみんな反対
他の判事は個別に死刑を支持したりしなかったり
で過半数が死刑支持になると死刑になったようなのだが
木戸、嶋田は一票差で死刑を免れ、逆に広田は一票差で死刑

だそうだ


前スレより。

16 :逮捕令が出た人々:05/01/19 11:53:32
青木一男=大東亜相  天羽英二=外交官、情報局総裁 
鮎川義介=日産コンツェルン総帥   荒木貞夫=陸軍大将、陸相、文相
有馬頼寧=農相、翼賛会事務総長  安藤紀三郎=陸軍中将、内相 
池崎忠孝=池崎商店社長、著述家  池田成彬=蔵相、三井合名常務理事
石田乙五郎=陸軍中将、憲兵司令部本部長  石原広一郎=石原産業社長
板垣征四郎=陸軍大将、陸相、朝鮮軍司令官、第七方面軍司令官
井田盤楠=翼賛会総務  井野碩哉=農相  岩村通世=法相 
上田良武=海軍中将  後宮淳=陸軍大将、高級参謀次長、第三方面軍司令官
梅津美治郎=陸軍大将、陸軍次官、第一軍司令官、関東軍総司令官、参謀総長
大川周明=思想家  大倉邦彦=大倉精神文化研究所長
大河内正敏=理化学研究所所長  大島浩=陸軍中将、駐ドイツ大使
大田正孝=翼賛会総務  太田耕造=文相  太田清一=陸軍中佐 
大達茂雄=内相  大野広一=陸軍中将、中支派遣憲兵隊司令官 
岡敬純=海軍中将、軍務局長 岡部長景=文相
緒方竹虎=朝日新聞副社長、情報局総裁


17 :逮捕令が出た人々:05/01/19 12:02:13
鹿子木員信=言論報国会理事長  上砂政七=陸軍少将、台湾憲兵隊司令官 
賀屋興宣=蔵相  河辺正三=陸軍大将、ビルマ方面軍司令官、航空総軍司令官
菊池武夫=陸軍中将、貴族院議員  岸信介=商工相
木戸幸一=内大臣  木下栄市=陸軍中将、中支派遣憲兵隊長 
木村兵太郎=陸軍大将、ビルマ方面軍司令官  葛生能久=黒竜会主幹
久原房之助=政友会総裁  黒田重徳=陸軍中将、第十四方面軍司令官
小泉親彦=陸軍軍医中将、厚相  小磯国昭=陸軍大将、首相、朝鮮総督
郷古潔=三菱重工会長  児玉誉士夫=児玉機関長 
後藤文夫=内相  伍堂卓雄=鉄相、商工相、日本商工会議所会頭
近衛文麿=首相  小林順一郎=陸軍砲兵大佐、翼賛会総務 
小林躋造=海軍大将、台湾総督  酒井忠正=貴族院副議長  桜井兵五郎=国務大臣
笹川良一=国粋大衆党総裁  佐藤賢了=陸軍中将、軍務局長
四王天延孝=陸軍中将、回教協会会長  塩野季彦=法相、逓相
重光葵=外相  嶋田繁太郎=海軍大将、海相 
下村宏=朝日新聞副社長、情報局総裁  正力松太郎=読売新聞社長
白鳥敏夫=駐イタリア大使  進藤一馬=東方会総務部長 
杉山元=元帥陸軍大将、陸相、参謀総長、教育総監
鈴木貞一=陸軍中将、企画院総裁  須磨弥吉郎=駐スペイン公使

18 :逮捕令が出た人々:05/01/19 12:08:01
高地茂都=陸軍少将、朝鮮憲兵隊司令官  高橋三吉=海軍大将、連合艦隊司令長官 
多田駿=陸軍大将、参謀次長、北支那方面軍司令官  谷正之=外相
津田信吾=カネボウ社長  寺島健=海軍中将、逓相
土肥原賢二=陸軍大将、教育総監、航空総監、東部軍司令官、第七方面軍司令官
東郷重徳=外相  東條英機=陸軍大将、首相、陸相、参謀総長
徳富猪一郎=大日本言論報国会会長 
豊田副武=海軍大将、連合艦隊司令長官、海軍軍令部総長
中島知久平=中島飛行機社長、鉄相  中村明人=陸軍中将、第十八方面軍司令官
長友次男=陸軍少将、中部憲兵隊司令官
永野修身=元帥海軍大将、海軍軍令部総長、連合艦隊司令長官、海相
長沼彰=陸軍憲兵大佐、フィリピン憲兵司令官  梨本宮守正王=元帥陸軍大将
西尾寿造=陸軍大将、支那派遣軍総司令官、教育総監
納見敏郎=陸軍中将、台湾憲兵隊司令官、第二十八師団長
橋田邦彦=文相  橋本欣五郎=陸軍砲兵大佐、桜会
畑俊六=元帥陸軍大将、陸相、教育総監、支那派遣軍総司令官、第二総軍司令官
平沼騏一郎=首相、枢密院議長  広田弘毅=首相、外相
藤原銀次郎=王子製紙社長、商工相  古野伊之助=同盟通信社長
星野直樹=企画院総裁、東條内閣書記官長
本庄繁=陸軍大将、関東軍司令官、侍従武官長  本多熊太郎=外交官
本間雅晴=陸軍中将、台湾軍司令官、第十四軍司令官
真崎甚三郎=陸軍大将、教育総監、台湾軍司令官、参謀次長
松井石根=陸軍大将、台湾軍司令官、上海派遣軍司令官、中支方面軍司令官
松岡洋右=外相、満鉄総裁  松阪広政=検事総長、法相
水野錬太郎=内相、翼賛会興亜総本部統理  南次郎=関東軍司令官、朝鮮総督
武藤章=陸軍中将、軍務局長、近衛師団長、第十四方面軍参謀長
横山雄偉=玄洋社  テイ・モン=駐日ビルマ大使
ラウレル=フィリピン大統領  バルガス=駐日フィリピン大使
アキノ=フィリピン国民会議議長  ウイチット=駐日タイ大使
スターマー=駐日ドイツ大使  クレッチマー=大使館付武官

19 :日本@名無史さん:05/01/19 18:43:35
>>16-18
ちと乱雑すぎる。陸軍、海軍、閣僚、民間人がごっちゃ。

20 :日本@名無史さん:05/01/19 19:40:15
手元に児島の「東京裁判」があるので、各国の判事別の死刑賛成と死刑反対票の推定を書いておきましょうか。

米国 木戸と嶋田以外は死刑
英国 全員死刑
中国 全員死刑
フィリピン 全員死刑
ニュージーランド 全員死刑
カナダ 荒木、大島、嶋田以外は死刑
オランダ 荒木、大島、木戸、広田以外は死刑
オーストラリア 全員死刑反対
ソ連 全員死刑反対
フランス 全員死刑反対
インド 全員死刑反対

21 :日本@名無史さん:05/01/19 22:14:50
広田弘毅の絞首刑には、キーナン主席検事ですら
「何という馬鹿げた判決か」と嘆いたらしいけど、
検事がびっくりする判決ってどうやったらでるんだ?


22 :日本@名無史さん:05/01/19 22:33:36
判事による多数決

23 :日本@名無史さん:05/01/19 22:43:16
検事の起訴状より罪が重くなる事ってあるの?

24 :日本@名無史さん:05/01/19 22:46:08
検察は東條英機元首相の身辺調査を徹底的に行ったが、最後ま
で収賄などの不正事実は一切、出て来なかった。しかし、在任
末期の戦局悪化を理由に国民には不人気で、戦犯として逮捕以
来、一身に国民のあらゆる憎悪・罵倒を浴びた。


例え、望んだ戦争で無かったにせよ、
この国民の身勝手振りには反吐が出る。
こういう大人にはなりたくない三十六の冬。

25 :日本@名無史さん:05/01/19 23:10:10
36歳はまだ少年!(^▽^)

26 :日本@名無史さん:05/01/19 23:14:32
裁判長は、オーストラリア代表のウエップ判事です。十一人の判事の判決は
どうだったのでしょうか。結論からいえば、米、英、ソ連、中国、カナダ、
ニュージーランドの六力国の判事が下した有罪とする判決が多数派として通り、
日本国ならびに戦争の首謀者は有罪となりました。

しかし、後の五人は、この六人とは異なる意見書(判決)を提出しています。
六人の判決を軽すぎるとしたのは、フィリピンのジャラニフ判事のみで、
ほかの四人は六人の意見に疑問を投げかけました。

減刑を主張したのは、オランダのレーリング判事。
「廣田弘毅元首相は無罪、ほかの死刑因も減刑せよ。ドイツのナチスの処刑に
比して重すぎる」との見解です。

フランスのベルナール判事は、
「この裁判は法の適用および手続においても誤りがある」と裁判の不当性を指摘し、
「十一人の判事が一堂に集まって協議したことは一度もない」と内部告発の声さえ
あげています。

そして、終始一貫して全員無罪、いや「東京裁判は裁判にあらず、復讐の儀式に
すぎない」と強く抗議し、裁判自体を違法として、根底から否定した判事が
インドのパール博士でした。

27 :日本@名無史さん:05/01/19 23:30:49
>>20
中国を全員死刑だ!

28 :日本@名無史さん:05/01/19 23:45:19
1、共同謀議の罪 27、中国に対する侵略戦争の実行 29、アメリカに対する侵略戦争の実行
31、イギリス連邦に対する侵略戦争の実行 32、オランダに対する侵略戦争の実行
35、ソ聯に対する侵略戦争の実行(張鼓峯) 36、ソ聯に対する侵略戦争の実行(ノモンハン)
54、残虐行為の命令授権 55、故意または不注意による防止の怠慢

     有罪となった訴因
荒木  1、27
土肥原 1、27、29、31、32、35、36、54
橋本  1、27
畑   1、27、29、31、32、55
平沼  1、27、29、31、32、36
広田  1、27、55
星野  1、27、29、31、32
板垣  1、27、29、31、32、35、36、54
賀屋  1、27、29、31、32
木戸  1、27、29、31、32
木村  1、27、29、31、32、54、55
小磯  1、27、29、31、32、55
松井  55
南   1、27
武藤  1、27、29、31、32、54、55
岡   1、27、29、31、32
大島  1
佐藤  1、27、29、31、32
重光  27、29、31、32、33、55
嶋田  1、27、29、31、32
白鳥  1
鈴木  1、27、29、31、32
東郷  1、27、29、31、32
東條  1、27、29、31、32、33、54
梅津  1、27、29、31、32

29 :日本@名無史さん:05/01/20 02:33:33
A級、B級、C級は、罪の重さを表していない。

30 :日本@名無史さん:05/01/21 00:55:52
>>28
荒木がどうして中国に対する侵略戦争?
武藤がアメリカに対する侵略戦争の実行?
松井は一発処刑?
小磯は、開戦に何一つ関わってないのになんだ?
武藤はバターン行進として、木村の虐殺行為って何?

31 :日本@名無史さん:05/01/21 03:35:42
サイパン陥落、マリアナ玉砕は誰が悪い?

32 :日本@名無史さん:05/01/21 03:59:38
>>31
サイパン島失陥を契機として、重臣および海軍による首相更迭工作が行われ、
1941 年の開戦以来さしもの強固さを誇った東条内閣も、みずからの延命に失敗し、
1944 年(昭和 19 年)7 月 7 日ついに倒壊した。

これにつづいたのは小磯国昭(予備陸軍大将・朝鮮総督)と米内光政(元首相・
海相・予備海軍大将)の協力内閣であったが、この内閣も無能に終わり、

やがて鈴木貫太郎(海軍大将・侍従長)内閣にバトンはひきつがれた(1945 年)。

33 :日本@名無史さん:05/01/21 04:02:36
サイパンって当時日本領だったけど、日本人が移住してたの?
バンザイクリフで一般人が投身自殺した、って言うじゃな〜い?

34 :日本@名無史さん:05/01/21 04:53:16
>>33
さすがにスレ違いの話題かと。

サイパン島といえば
ttp://www5.airnet.ne.jp/hobby/saipan1.htm


35 :日本@名無史さん:05/01/21 10:23:32
>>30
荒木と南は満洲事変のときの陸相。
武藤は隆吉にはめられた。

36 :日本@名無史さん:05/01/21 21:24:57
バターン行進と武藤は関係無いか。
この裁判は、日米戦争<日中戦争なんだな。

37 :日本@名無史さん:05/01/26 14:34:55
おもいっきりテレビでやってたが
重光という人はすごいな・・・

38 :日本@名無史さん:05/02/05 02:02:18
共同謀議ってのが良く分からないんですが

39 :日本@名無史さん:05/02/05 13:13:50
一緒になって悪巧み

40 :日本@名無史さん:05/02/23 07:21:23
阿部信行は陸軍大将、昭和14-15年に首相を務め、後に翼賛政治会の初代総裁
になった。木戸、畑、荒木と親しい彼はなぜ起訴猶予になったのか。
椅子がひとつ足らなかったなどというジョークもあるようだか。
司法取引はまだなかったと思うが、GHQとの間で何かがあったとしか考えられない。
何かとは、昭和天皇を不起訴に導くための有力な証言以外考えられないが、
今のところ米国側資料の中には目ぼしいものはない模様。

41 :日本@名無史さん:05/02/23 16:58:15
阿部ですか。この人の資料は少ないね。
二・二・六の幕引きをした人。真崎と二人で青年将校を説得しに行ったり、
最終的には彼を救ったりしているが、実は真崎とは犬猿の仲だった、
という話はある。宇垣閥に入っても良さそうな経歴だが、殆ど無縁だったようだ。

42 :日本@名無史さん:05/02/23 17:21:43
無縁ではないぞ>阿部と宇垣

43 :日本@名無史さん:05/02/23 17:51:26
陸軍を悪役にして誰かさんを救うのが隆吉の役割、それ以外には何もない

44 :日本@名無史さん:05/02/23 17:52:24
共同謀議ね ニュンベルクを引き継いでるからだよ

45 :日本@名無史さん:05/02/23 18:43:57
>>41 >>42 親しかったどうか判らないが、
宇垣軍縮を陸軍側で支えたのが阿部。

46 :日本@名無史さん:05/02/24 16:51:38
陸相だった宇垣が中耳炎で休養したとき
たしか次官だった阿部が陸相代理になったはず

宇垣日記には、阿部はまだ未成品だが
評判がよいので出世させたとか書いてあったな

47 :ジャジー:2005/03/21(月) 16:49:07
個人としては・・・
1943年に死亡した林銑十郎、出頭命令が出された後に自殺をした近衛文
麿が気にかかっています。
間違いなく有罪になるだけに、なんとしても裁きをうけてもらいたかった。

当時の陸軍は、実力行動も辞さない皇道派と、合法的に権力を掌握せんとする
統制派に分かれていました。
林は任期中、皇道派の重要人物だった真崎甚三郎教育総監を更迭しました
それは、当時の陸軍軍務局長、永田鉄山中将の言葉を受け入れたからだと
言われてもいますが、結局は林の思惑通り、反対派の排除に成功したわけ
です。

近衛は、昭和天皇の前に脚を組んで座って会話が出来るほど、天皇と親し
い間柄でした。敗戦後、天皇職を退くように進言した人間の一人でもあり
ます。戦争が長期化し、泥沼化する情勢の中、組閣の大命を受けたときに、
東条から「天皇の暴走を止めてほしい」と託された・・・そうも言われる。

しかし、彼は軍部の意向を飲まされるがままになってしまった・・・。
加藤高明内閣が1925(昭和元年)に成立させた治安維持法を改悪し、
「予防拘禁」を付け加えた。

再犯の恐れがある人間を、刑期が過ぎても拘留できる。つまり、口実を
つけて、たとえ一生でも自由を封じることができる、ということ。
明治以降の日本では、この上ない悪法と言わざるを得ません。

個人的に調べただけでも、これだけの罪状。「勝者が敗者を裁く」姿勢
でも、事実は断罪されるべきです。

48 :ジャジー:2005/03/21(月) 18:37:21
訂正。1925年は昭和の前の年です。昭和元年は1926年でした。
林の任期とは、もちろん組閣の任期です。

49 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 21:35:04
>>41
井上成美の義兄だったんだっけ?


50 :sage:2005/03/25(金) 06:17:40
林銑十郎、阿部信行もともに石川県の出身。昭和十年過ぎには
石川閥と揶揄されるくらいの勢力をもつに至った。阿部は
戦後石川県知事に担ぐ向きがあったが断ったようだ。森喜朗は無縁だが、
永井柳太郎から永井道雄に繋がるラインにわずかに影響を残している。
二人とも、陸軍大学校長時代の御進講の際の縁からか、昭和天皇に
近い。陸軍が宇垣を排する時の代わりとして名が出てくる点でも共通。

51 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 06:45:31
>>50 > 二人とも、陸軍大学校長時代の御進講の際の縁からか、昭和天皇に近い。
憶測でものを云っちゃいかんな。どんなやりとりがあったかなんて、
絶対にわからないのだから。
>>40 >>41 調整の人、のイメージ。
この人の姿勢は「陸軍の名誉を守る」で一貫している。
そういう意味ではヨーロッパ的な軍人か。

52 :日本@名無史さん:2005/04/11(月) 23:35:54
太平洋戦争の終戦前後に連合国軍の東南アジア最高司令官だった英海軍のマウントバッテン提督が、東条英機元首相ら「A級戦犯」を裁いた1946〜48年の極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)の開催を誤りと批判していたことが10日までに判明した。
 
 東南アジアにおける対日戦の最高指揮官だった英軍首脳による東京裁判批判が終戦60周年の節目に明るみに出たことで、同裁判の正当性をめぐる日本国内の議論に一石を投じそうだ。
 英国立公文書館に保管されている48年の同国政府文書によると、マウントバッテン提督は、当時進行中だった東京裁判を念頭に、
「軍は純粋に政治的な性格の裁判にかかわるべきでない」
と主張し、日本の戦争指導者を戦犯裁判にかけることに反対を表明した。 

ソース 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050411-00000214-jij-int

53 :日本@名無史さん:2005/04/11(月) 23:47:08
共同謀議なんて無いよ。
ふいんき(←何故か変換出来ない)で、戦争に突き進んじゃったから。

54 :日本@名無史さん:2005/04/12(火) 18:20:55
【歴史】「東京裁判」は誤り=英提督の批判、公文書で明るみに【4/11】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1113229842/

55 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 11:08:05
石原莞爾が処罰されなかった理由を教えて下さい。

あと、「ペリーを連れて来い」って言ったのも
石原ですか?

56 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 11:24:19
>>55
東条と仲が悪かったから。
おかげでアメリカの心証がよくなった。

本来なら鳩山、三木、河野などより思い切りタカ派で当然公職追放になるべき
吉田茂が、戦争末期憲兵に捕まって、牢屋にぶち込まれたおかげでアメリカの信頼を
得て、公職追放にならず、総理にずっと居座ることができたのと似ている。

57 :日本@名無史さん:2005/04/30(土) 13:13:33
日本は東京裁判史観により拘束されない ――サンフランシスコ平和条約の正しい解釈
http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion3(J)/history/sato.htm
 大東亜戦争の終結直後に連合国占領軍によって強行されたいわゆる東京裁判(極東国際
軍事裁判)が、国際法に違反する政治的茶番劇であったということは、近年においてすっかり
日本国民の常識として定着した観があります。しかし、その反面、あくまでも東京裁判を肯定
して、その判決中に示された日本悪玉史観を奉持し続けたいと考えている人々もいることは
事実のようです。そのような人々は、えてして「日本は、サンフランシスコ平和条約十一条の
中で東京裁判を受諾しているから、東京裁判史観を尊重する義務がある」と主張する傾向が
あるように見受けられます。最近では、政府部内にも同じような考え方で東京裁判史観に拘泥
する人が若干いることが判明しています。しかし、平和条約十一条を右のように解釈すること
は、国際法理上、間違っています。その理由を以下に説明します。
     (中略)
 要するに、十一条の規定は、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止することを狙ったもの
に過ぎず、それ以上の何ものでもなかったのです。日本政府は十一条の故に講和成立後も、
東京裁判の「判決」中の「判決理由」の部分に示されたいわゆる東京裁判史観(日本悪玉史観)
の正当性を認め続けるべき義務があるという一部の人々の主張には、まったく根拠がありません。
 筆者は昭和六十一年八月にソウルで開催された世界的な国際法学会〔ILA・国際法協会〕に
出席して、各国のすぐれた国際法学者たちと十一条の解釈について話し合いましたが、アメリカ
のA・P・ルービン、カナダのE・コラス夫妻(夫人は裁判官)、オーストラリアのD・H・N・ジョンソン、
西ドイツのG・レスなど当代一流の国際法学者たちが、いずれも右のような筆者の十一条解釈に
賛意を表明されました。議論し得た限りのすべての外国人学者が、「日本政府は、東京裁判に
ついては、連合国に代わり刑を執行する責任を負っただけで、講和成立後も、東京裁判の
判決理由によって拘束されるなどということはない」と語りました。これが、世界の国際法学界の
常識なのです。

58 :日本@名無史さん :2005/04/30(土) 14:16:42
そもそもニュルンベルク裁判の法理をそのまま東京裁判に適用するのは無理がある。
まあニュルンベルク裁判自体無理があるんだけど。
枢軸国=悪、ってイメージもあったろうけど。ただ人種を迫害しようとした国と同盟
を結んでしまったのでどうしてもイメージは悪いよな・・・。ナチスの政策とは全く関
わりないんだが。アメリカへの牽制で軍事同盟組んだ積もりが逆効果。防共協定まで
はよかったと思うんだけども。東条は死を覚悟しつつ、よくぞ日本の言い分を言って
くれた。戦後の教育でイメージ悪いが、彼は後世、違った評価が成されよう。

59 :日本@名無史さん:2005/04/30(土) 15:27:28
一刻も早く,東京裁判史観を払拭し,日本国の歴史認識を明治維新以降の
日本の独立危機自存対策,ロシアの南進対策,
韓国の独立と伊藤博文暗殺を直接原因とする韓国政府による併合依頼,
米国排日運動対策,
ロシア革命によるロシア共産党の思想的脅威対策,
蘆溝橋事件,通州事件(シナ人保安隊による日本人虐殺事件約200名殺される)


60 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 04:00:13
>>53
>ふいんき(←何故か変換出来ない)

そりゃ、変換できないよ。正しくは「ふんいき」だから。
ふんいき=雰囲気。

61 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 11:46:20
>>60
釣られてますよ。ハルゼー提督ですか?

62 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 08:15:24
>>13 おい。
原告に韓国代表が抜けてる。


63 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 09:54:32
韓国はいわゆる第三国(正式な呼称、某知事のごとく蔑称としてではなく)
で原告になれる立場ではないで臥床)交戦国が当事国(日vs連合国)に
対し植民地であった国は当事国以外の第三国

64 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 10:12:34
朝鮮人(当時)で日本軍将兵として従軍して処刑されたのも結構いる(BC級)

65 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 10:16:05
とりあえずA級戦犯という英訳できない造語を使うのはは止めにしないか?

5条A項戦犯のことを言ってるんでしょ?

66 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 21:23:11
エー項戦犯?

67 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 23:48:24
A項戦犯

68 :\(〇m〇)/大本営発表:2005/05/08(日) 01:31:48
大東亞政策の眼目は大東亞の建設であります。
大東亞建設に関しては当時日本政府は次のような見解を持しておりました。
そもそも世界の各国が各々その所を得、
相寄り相扶けて万邦共楽の楽をともにする帯を結成するとともに
他の地域の諸国家との間に深き諸国が互いに相扶け各自の国礎に培い
共存共栄の紐帯を結成するとともに他の地域の諸国家との間に
協和皆楽の関係を設立することが世界平和の最も有効にして
かつ実際の方途である。これが大東亞政策の根本をなす思想であります。

\(〇m〇)/ 我が『大東亞共同宣言』は不滅なり!

一、大東亞各国は共同して大東亞の安定を確保し道義に基く共存共栄の秩序を建設す
一、大東亞各国は相互に自主独立を尊重し相互敦睦の実を挙げ大東亞各国の親和を確立す
一、大東亞各国は相互にその伝統を尊重し各民族の創造性を伸暢し大東亞の文化を昂揚す
一、大東亞各国は互恵の下緊密に提携しその経済発展を図り大東亞の繁栄を増進す
一、大東亞各国は万邦との交ぎを篤うし人種的差別を撤廃し
あまねく文化を交流し進んで資源を開放してもって世界の進運に貢献す

∀ <_☆_>
G\(〇m〇)
 \ ※:@*\
断じて我が大日本帝国は侵略などしておらん!

69 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 12:11:57
A級戦犯と言う言葉を使い始めたのは日本共産党あたりが最初?
それとも社会党?

70 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 12:28:48
連合国だろ

71 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 12:46:26
連合国?うそだろ?

72 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 12:50:34
当事者の戦犯が獄中でA級て言葉つかてるがな
ゲーリングの自殺の報に接した重光葵は日記に「A級戦犯者は何等動揺なく
平常通り談笑して市ヶ谷に往復する」

73 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 13:02:38
1945年2月、連合国間で締結されたロンドン協定とこれに付属した国際軍事裁判所条例
第六条の中に、従来の戦時国際法に規定された〈通例の戦争犯罪〉(B)に加え
戦争の計画、開始、遂行等を犯罪とする(A),戦前または戦時中になされた殺害、虐待等
の非人道的行為を犯罪とする(C)を新たに国際法上の犯罪に規定された
第六条(a)平和に対する罪、・・・・・・・・・・・
(b)戦争犯罪、すなわち、戦争の法規または慣例違反・・・
(c)人道に対する罪、戦前、戦時にすべての一般人民に対して行なわれた殺害、殲滅、奴隷化、移送
及びその他の非人道的行為・・・・・・・・
この(a)項に相当するのがA級戦犯


74 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 13:12:04
だったらa項戦犯だよな?

75 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 13:13:17
そうかもしれんが、それでは一般には何のことやら

76 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 13:22:54
アメリカ白人によるインディアン殲滅や
イギリスによるアヘン戦争などの罪が不問なのは
やっぱり勝てば官軍の法則が成り立つからかな・・・・・・・?

77 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 18:58:46
A級という言葉から、A級戦犯に指定された当人までが勘違いしてる
A級に指定された佐藤賢了は「A級に指名され非常な名誉である。私如き者が
A級とは望外の喜びで、昇進したような気分だ」(皮肉か本心か知らぬが)

78 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 09:14:55
ではナチもA項戦犯はニュルンベルグの半分ぐらいだな

79 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 15:30:50
欧州ではカテゴリーわけで大騒ぎしないからな。
あえていえばナチ犯罪のC級を問題視している。

80 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 22:46:49
Aクラス戦犯

81 :日本@名無史さん:2005/05/11(水) 06:52:25
ドイツ戦犯も分類できるの?

82 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 11:39:39
終戦直後に
自殺した人、無罪を含めて日本国内でGHQに逮捕リストにあげられた人って
何人ぐらいいるのでしょうか?

またそれらの主な人物のリストってありますでしょうか?

83 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 15:27:13
南京事件の責めを問われた松井石根は、平和に対する罪では
無罪だったから、本来の意味のA級戦犯ではないということになり、
靖国に祀っても中国にとやかく言われる筋合いはないことになる?

84 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 15:36:28
B級なんて嫌じゃ!どうせ絞められるならA級で死にたい・・・某亡霊

85 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 23:48:21
>>20
なんでソ連が全員死刑反対なんですか?
天皇を含めて死刑にしたほうが戦後処理で極東赤化など
ソ連にとって都合がいいんじゃないのですか?

判事個人の意見なんかあってないようなものだし

86 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 23:52:59
ソ聯は表向き死刑がない。
反ソ罪は一律シベリアで25年。
実質死刑みたいなもんだけど。

87 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 00:00:12
ソ連国内はなくても
国際法廷、軍事法廷、戦争裁判では問題ないんじゃないの?

人権派が力を持ってたわけでもないしw

88 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 00:22:40
ソ連は、戦後のほんの一時期だけ死刑が廃止されたときがあったらしい。
おかげで、悪名高いザクセンハウゼン強制収容所の裁判で所長のカインドルが
終身刑ですんだ。

89 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 00:41:33
南京大虐殺の証拠として、中国政府も日本の左翼も、当時、日本軍将校で
あった太田寿男騎兵中佐(敗戦時)の撫順戦犯管理所で書いた供述書を
利用する。米国の独裁裁判の東京裁判でも利用された。
内容は、日本軍は南京を占領し、すぐに15万人を虐殺、その中で
7万人を川に流した。。。というもの。

しかし、これは、全くあてにならない。だいたい何で、彼一人だけがこんな事を
言い出した?しかも、どうやって15万人とか7万人もの数を数えた?
カウンターを持ってても、一人では不可能な事。

そして、一番の原因は、中国の撫順戦犯管理所。。。ここでは、嘘でもいいので、
悪行を書けば書くほど罪が軽くなり、早く日本に帰れたのだ。
一人殺したではダメ!100人、いや1000人!!!しかも、兵士でなく平民の方が、
中国人に褒められた。多くの日本兵は、めちゃめちゃな供述書を書き続けた。

中には、どうしても嘘を書けない日本兵もいた。正義感から、殺してもいないのに、
大虐殺した!等とは書けなかった。そんな人は、結局十年以上も収容所に入れられ、
悲惨で厳しい生活を送った。嘘でもいいので、1000人位の平民を虐殺した!
と書いて署名捺印したら、数ヶ月で日本に帰国出来たのにね。。。
俺なら1万人大虐殺でも書いて、数週間で帰る方を絶対に選ぶだろうな。

なので、結局現在でも中国で多くの論文や資料として使われてる
これら日本兵の証言集内容と、実際の当時の軍の記録が一致しないんだよね。
存在しない大部隊が存在したり、軍が行った事もない所で、何千人の大虐殺があったりね。

一度これらの証言集を徹底的に調査して解明した方がいい。 ほっといてるので、
結局現在では、『3500万人の人民が殺された!』と中国は世界中に叫んでる。



90 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 00:50:05
/   .;    `ヾ!     /  ./.:.:';': ,イ_〃     `゙ヾ;,!:.ト:ヽ
          /     :!、    `ヽ  /   ,'.:.:.:;:.:/´リ_`   _  ノノ.:i:.゙!
           〈 l'i    / ヽ._ i ! ト、 ト、    !.:.:.:.:;':イ(:J〉   ,=、ヽイ.:.:.:!:.|
           |iァ‐'"´    } |_/_jli./;-'    i:.:.:.:.:.ト "´,   ':.J〉 /.:.:;イ.::!
           ,li       し'   li/ ー- 、   !:、:.:.:i  、..__  " ,ノ,:イ:.:.:.;!
.         / li       ,.-==》     ヽ._iゞ:、.:.ゝ. ゙'´    /_ノ:.:.:./
.        /   !i. ,.-=ゞツ=-一'"   _,:-、 `ヾ:.iゝ `ー--‐:ア"g´.:.:.:/
.     /      ゙ぐ=--'"´  /`ーァ/´ "  ヽ   リヽ  -=彡'".:.:.:;イ
      /              /  ./(      :.     ̄`ヽ フ".:.:.ハi
    /             /  ノ  ` ー-        -‐-、_(("ー-、    
..  /              /ヽ ̄       ,:        "i `     !  
.  /           /   `:.       _ノ         l .:     l  
 ,'           '´ :.          ´     ヽ.    ノ-'"   /   
 |       ,..:'     :、     ヽ.          `ーグ    /                 
 .i     ,:'", : '_"´    i.      `          ./    ./     
  !   ,' ' "  ,.:-‐  ー---- 、.._、         //    __/___ /´ヽ._
  ヽ  ,. '"´ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` ` ー'-- 、ヘ | ト._
   `Y                                ,.     `ヾJ.ノj

もっとすごいのがあるわよ♪

http://www.peacehall.com/cgi-bin/news/gb_display/print_version.cgi?art=/gb/china/2004/12&link=200412130343.shtml


91 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 07:18:34
歴史は勝者によって作り変えられるという古今東西に変わらぬ鉄則を知らぬとみえる
何言っても負けてしまえば、負け犬の遠吠え

92 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 07:20:55
徳川義寛「侍従長の遺言」より
 昭和十二年の南京占領の時、日本軍がひどいことをしたということは、私は当時から
知っていました。中国人捕虜を数珠つなぎにして撃ち殺すとか・・・。
私の大学の友人で軍医だったのが、朝香宮さまのお供で現地へ行って見聞した話を、私
は聞いていたからです。
それに、南京攻略の総大将松井石根さんは名古屋の人で、私の母(徳川寛子)が松井さん
の奥さんをよく知っていましたし、私の父(義恕)は名古屋の軍人の会の会長をしていま
したから。

松井さんは中国の勤務が長く、南京攻略後、「相手の死者も浮かばれまい」と、現地で日
中両方の死者の慰霊祭をやろうとした。ところが、下の師団長クラスの連中に笑われ反対
されたということでした。みな、「戦争なんだからそういうこともあっても・・・」とい
った感じだったそうです。

松井さんは日露戦争も経験していたから、日本の捕虜の扱いが日露の頃は丁重だったこと
をよく知っていた。しかし、南京では、上の言うことを下が聞かず、軍紀の抑えがきかな
くなっていた。それで松井さんは後に熱海に興亜観音を造った。
松井さんは立派だったと思いますね。

南京虐殺があったとか無かったとか論争があるようですが、当時も関係者の多くは事実を知
っていたんです。陛下が知っておられたかどうかはわかりませんが、折に触れて「日露戦争
の時の軍と違う」ということはおっしゃっていました。明治天皇のご事蹟をよく知っておら
れましたから。
(「侍従長の遺言」 P38〜P39)

一九〇六年東京都生まれ。東京帝国大学文学部美学科卒。ドイツ留学、帝室博物館(現東京国
立博物館)研究員を経て、二・二六事件があった三六年に昭和天皇の侍従となり、以後五十二
年間、側近として仕えた。八五年に侍従長、八七年四月から侍従職参与。九六年二月二日死去。
生前は日本博物館協会会長の職にもあった。


93 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 07:22:44
名前:児玉誉士夫の回想録より 05/05/14(土)11:01 Seq.4958
満州でも蒙古でも日本人の進出するところ必ず派閥が伴ない、
お互いがいがみ合っていた。
戦乱の北支と内蒙を旅して感じたことは、日支事変にたいする本質的な
矛盾と疑問だった。
ことに驚かされたのはいたるところの戦場に奮戦する中国軍の頑強さと
抗日思想の激しさであった。
それに比較して日本軍幹部の堕落と、兵の素質の低下は全く意外であった。
もちろん、まだ全般的にはそうではなかったが、特務機関とか謀略参謀の職責に
ある人々の日常は、皇軍の崇高な精神をまったく忘却したものであった。
機密費の乱費、酒と女、こうした暗い影が占領地都市のいたるところにみられた。

自分は日本を発つ前に外務省情報部長河相達夫氏を訪ねて、外地を旅するに必要な
援助と注意を受けたが、そのとき河相氏が数枚の写真を見せて
「これが天皇の軍隊がすることだろうか」と言って憤慨していたが、それは現地にある
日本軍が中国の婦女に暴行を加えている、みるに堪えぬ写真であった。
そのとき、ふと、これは中国政府が民衆に抗日思想を宣伝するためのトリック
ではなかろうかと疑ったが、いろいろなできごとに直面してみると、
この写真は真実であることを肯定せざるを得なかった。


94 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 07:24:55
児玉誉士夫の回想録より 05/05/14(土)11:03 Seq.4959
当時、大同では「大同に処女なし」という言葉があったが、この言葉の意味は
日本軍の恥辱を意味するものであった。
また占領地の寺や廟に行ってみても仏像の首などが無惨にとり毀され、その壁には
「何年何月何部隊占領」などと落書してあった。
人間が神や聖人でないかぎり、どこの軍隊でも若干の非行はあるとしても、
当時、日増しに激化してきた中国の抗日思想の源が満州事変のみではなく、
こうした日本軍の常識はずれの行為がさらにそれに拍車をかける結果となったのだと思う。

 満州事変以来、国防国家の確立に名をかりて政治権力を獲得することに狂奔してきた
軍の首脳部は、部下にたいする統御力をしだいに失ってきていた。

陸軍大臣が中央にあったロボット化されていたと同様に、軍首脳部もまた
現地軍を統御できなかった。
そして現地軍の幹部は将校、兵士の非行を取締まるには、あまりにもその行いは
威厳を失墜するものがあった。
要するに軍部内に革新派が生まれ、首脳部がそれを政治的に利用し、政治的に進出
するにつれて下剋上の思想は軍全体に漲ってきたのだった。
いわば当初国内政治を革新することを目的とした、少数の下級将校の行動は
知らぬ間に軍自体の規律を破壊し、日本軍を思想的に崩壊される結果となった。
軍部内の下剋上のこの思想が結局日支事変を誘発し、そして現地における不規律
を助長するようになったといえる。

 要するに戦線の詔勅なき戦争、名分の明らかならざる戦い、日支事変は畢竟、
王師ではなく、驕兵であったかも知れぬ。

95 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 09:27:15
>>91
勝者の歴史が正史として残るのが世の習いだから、捏造であろうと何であれ
これが後世に受け継がれていくのは仕方なかんべ〜さ
南京事件を含め東京裁判で日本政府は認めてしまった。今さら何言っても後の祭り

96 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 11:01:16
なななんだって?
東京裁判で日本政府が南京事件を認めたソース希望

97 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 11:26:06
>>96
そんなもんは無い。
>東京裁判で日本政府が南京事件を認めた
これは正確ではないから。
正確に言えば講和条約で東京裁判の判決を認めたことによって
判決中に含まれる南京における一般市民の殺害を認めたことになった。

98 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 13:41:51
君はサヨクに騙されているぞ。
講和条約で認めたのは未了刑の継続執行。

99 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 17:13:11
太田寿男(中佐)なんて知らんがな
南京事件の関連本見ても今まで聞いたこと見たこともない

100 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 18:41:54
>>98
第十一条をどう解釈する?

101 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 21:36:06
占領の終わった日本が刑の執行を継続または条項にしたがって免罪するための項目
国際法学者でも常識的に解釈している
政府解釈を拘束する条項ではない

102 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 21:39:49
第十一条【戦争犯罪】
日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の裁判を受諾し、
且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を執行するものとする。これらの拘禁
されている者を赦免し、減刑し、及び仮出獄させる権限は、各事件について刑を課した一又は二以上の
政府の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使することができない。極東国際軍事裁判所が刑を宣告した者については、
この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定及び日本国の勧告に基くの外、行使することができない。

103 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 21:58:00
広田弘毅を無理矢理有罪にした、この裁判が正当なわけがない。

104 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 23:27:58
軍部大臣現役武官制を復活させたのは、
2.26の後の広田だっけ?

もちろん広田の意思じゃ無いから、
不幸としか言いようがない・・・

105 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 01:46:49
東京裁判の正当性はべつとして、
国民党政府との和平交渉を蹴った外相としての責任は問われても仕方が無い。

106 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 02:32:06
反日ファシズム法案反対
みんな大規模OFF板の人権擁護法案反対運動に協力してくれ! これまでに東京と横浜合わせて2万枚以上のビラが配られた。
デモも2回行われて、片方は500人ほど集まった。
名古屋では今週末にデモがある。
ビラ配りは全国的に行われているし、参加するのが嫌な人はポスティングもあるらしい。
そういうのが嫌な人は抗議電話を入れるだけでも良い。
とにかく一度大規模OFF板を見に来てくれ!

107 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 12:44:06
広田より、吉田茂の方がはるかに断罪される要素有り。

108 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 15:38:56
反日ファシズム法案とも呼ばれる人権擁護法案は極東軍事裁判や南京事件の学術的な再検証すら許さない。

今、可決に向けて2ヶ月以上審議が続いている法案なのにテレビとかがほとんど報じない時点で既にファシズム臭さを感じる。
みんな大規模OFF板の人権擁護法案反対運動に協力してくれ! これまでに東京と横浜合わせて2万枚以上のビラが配られた。
デモも2回行われて、片方は500人ほど集まった。
なのにマスコミはダンマリ…
名古屋では今週末にデモがある。
ビラ配りは全国的に行われているし、参加するのが嫌な人はポスティングもあるらしい。
そういうのが嫌な人は抗議電話を入れるだけでも良い。
とにかく一度大規模OFF板を見に来てくれ! http://c-au.2ch.net/test/-/offmatrix/i

109 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 17:43:22
広田は組閣の時、入閣予定者4人(吉田茂=外相、下村海南=拓相、
川崎卓吉=内相、小原直=法相)を陸軍に反対され、川崎だけが内相から
商工相に移動して辛うじて認められた経緯があり、陸軍との摩擦を避ける
必要から陸軍の要求を呑まざるを得なかった。この時、組閣を断念していれば
非業の死もなかったわけだが、元老重臣らに隠忍して組閣するよう要望され・・・

110 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 17:58:34
もっとも、軍部大臣現役武官制は1913年、山本内閣(1)時に廃止され制度的には
予備役・後備役の大将、中将でも就任可能にはなっていたが、現実には現役以外の
将官が任命されたことは一度もなかったので、広田もあまり影響はあるまいと考えた?


111 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 19:07:58
軍部大臣現役武官制については陸軍から圧力があった。
二・二六事件の事件を教訓に、好ましからざる人物が陸軍大臣となり
自ら統制を乱すことが無いよう陸軍大臣は現役から出すようにと。
要は真崎、荒木両予備役大将が陸軍大臣になったらマズイやろってことだなw

112 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 19:37:56
2.26でミソつけた真崎や中堅将校の人気がた落ちの荒木が陸相になるというのは
実際には起こり得ないと思うので実際には気にいらぬ内閣を阻止するための陸軍の
武器として使われた。さっそく、次に宇垣に大命降下したとき陸相を出さずに流産
させることに成功

113 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 22:06:45
吉田茂>列強(主に英米)協調路線、「協調」のためなら対支強硬策も辞さない。
      ただし、列強「協調」を乱すことには反対。
      
広田弘毅>大アジア主義路線、日本によるアジア新秩序を模索。
        対支への積極的な介入(武力行使を意味しない)を支持。
        他の列強国の影響力は敵視。

114 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 06:00:56
内閣を倒したり流産させることができる陸軍て怖いものなしでないの?
リモコンで思い通りの政策を実行できる

115 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 06:06:41
むかし陸軍、いま農協(あるいは医師会)

116 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 06:55:49
予定通り阿部と真崎が裁かれていたら絞首刑?

117 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 08:00:01
>116
阿部て何かやったの?そもそも阿部てタレ

118 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 10:17:04
阿部は林並
真崎は荒木並
の判決が出そう。
ドイツでもパーペンとかノイラートが被告になっているからな。

119 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 12:57:31
広田の弁護人、スミス氏は東京裁判の不当性を合衆国に上告し、却下。次の防共対策の布石、親ソ外交のみせしめの犠牲か? 広田無罪は署名運動が起こったことをみても、当時の国民もこの裁判の裏の意図に気付いていたのでは?

120 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 15:29:25
7、 当事者たちも告白している東京裁判の違法性
http://www1.toptower.ne.jp/~katumata/sub514.html
 東京裁判の過ちを認めたのは、レーリング判事だけではありません。レーリングから
「とうてい役不足」と酷評されたウエップ裁判長も、東京裁判の主席検事で米国の代表者、
キーナン検事も、後に東京裁判は国際法に準拠しない違法裁判であることを認める発言を
行っており、現在、東京裁判の正当性を信じている法律家は皆無といっていいほどです。
 東京裁判を画策した張本人のマッカーサー元師でさえ、昭和二十五年十月十五日、
ウエーキー島でトルーマン大続領と会見した際、東京裁判は誤りだったとの趣旨の告白を
行ったばかりか、翌年五月三日に開かれたアメリカ上院の軍事外交合同委員会の聴聞会
においても、「日本が第二次世界大戦に突入していった理由の大半は、安全保障だった」と
明言しています。GHQでマッカーサーの側近であったホイットニー少将の回想録にも、
マッカーサーの次のような発言が出てきます。「敗戦国の政治指導者を犯罪人としたことは
忌わしい出来事だった」と。

http://www.mypress.jp/v2_writers/oyaji/story/?story_id=1015804
(ヘ)マッカーサー元帥(日本占領軍最高司令官)
 昭和二十五年十月(朝鮮動乱中)にウェ−ク島において、トル−マン大統領に対し、
「東京裁判(極東軍事裁判)は誤りであった」と告白している。
(ト)東京裁判における豪州のウェッブ裁判長は帰国の後、「東京裁判は誤りであった」と、
反省を繰り返している。なお、また日本糾弾の急先鋒であった東京裁判首席検事の
キーナン(米国)でさえ、裁判後数年にして、「東京裁判は、いくつかの誤判を含むのみ
ならず、全体として復讐の感情に駆られた公正ならざる裁判であった」と告白している。
(チ)インドのパール判事が、「日本は国際法に照らして無罪である」と主張し続けたことは
有名である。
 また、オランダのレーリング判事、フランスのベルナール判事は、裁判中から、東京裁判
にはいくつもの法的手続上の、また南京大虐殺という如き事実誤認があることを看てとり、
裁判終結後には、それを公然と口にするようになった。
(裁判中は厳重な緘口令が布野かれていた。)

121 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 15:35:24
『パール博士のことば』(東京裁判後、来日されたときの挿話) 田中正明著

 1952年11月6日、博士は広島高裁における歓迎レセプションに臨まれて、
「子孫のため歴史を明確にせよ」と次のように述べられた。

 「1950年のイギリスの国際情報調査局の発表によると、『東京裁判の判決は結論だけで
理由も証拠もない』と書いてある。ニュルンベルクにおいては、裁判が終わって三か月目に
裁判の全貌を明らかにし、判決理由とその内容を発表した。しかるに東京裁判は、判決が
終わって4年になるのにその発表がない。他の判事は全部有罪と判定し、わたくし一人が
無罪と判定した。わたくしはその無罪の理由と証拠を微細に説明した。しかるに他の判事らは、
有罪の理由も証拠も何ら明確にしていない。おそらく明確にできないのではないか。だから
東京裁判の判決の全貌はいまだに発表されていない。これでは感情によって裁いたと
いわれても何ら抗弁できまい。」 

122 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 15:35:56
>>121
つづき

 このように述べた後、博士はいちだんと語気を強めて、
 「要するに彼等(欧米)は、日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって
自らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の過去18年間のすべてを罪悪であると
烙印し罪の意識を日本人の心に植えつけることが目的であったに違いがない。東京裁判の
全貌が明らかにされぬ以上、後世の史家はいずれが真なりや迷うであろう。歴史を明確に
する時が来た。そのためには東京裁判の全貌が明らかにされなくてはならぬ。・・・これが
諸君の子孫に負うところの義務である。」

 「わたしは1928年から45年までの18年間(東京裁判の審議期間)の歴史を2年8カ月
かかって調べた。各方面の貴重な資料を集めて研究した。この中にはおそらく日本人の
知らなかった問題もある。それをわたくしは判決文の中に綴った。このわたくしの歴史を
読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であることがわかるはずだ。しかるに日本の
多くの知識人は、ほとんどそれを読んでいない。そして自分らの子弟に『日本は国際犯罪を
犯したのだ』『日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ』と教えている。満州事変から大東亜戦争
勃発にいたる事実の歴史を、どうかわたくしの判決文を通して充分研究していただきたい。
日本の子弟が歪められた罪悪感を背負って卑屈・頽廃に流されてゆくのを、わたくしは
見過ごして平然たるわけにはゆかない。彼らの戦時宣伝の偽瞞を払拭せよ。誤れた歴史は
書きかえられねばならない。」
http://www6.plala.or.jp/mwmw/kotoba.html

123 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 15:48:38
日本は東京裁判史観により拘束されない ――サンフランシスコ平和条約の正しい解釈
http://www.nipponkaigi.org/reidai01/Opinion3(J)/history/sato.htm
 大東亜戦争の終結直後に連合国占領軍によって強行されたいわゆる東京裁判(極東国際
軍事裁判)が、国際法に違反する政治的茶番劇であったということは、近年においてすっかり
日本国民の常識として定着した観があります。しかし、その反面、あくまでも東京裁判を肯定
して、その判決中に示された日本悪玉史観を奉持し続けたいと考えている人々もいることは
事実のようです。そのような人々は、えてして「日本は、サンフランシスコ平和条約十一条の
中で東京裁判を受諾しているから、東京裁判史観を尊重する義務がある」と主張する傾向が
あるように見受けられます。最近では、政府部内にも同じような考え方で東京裁判史観に拘泥
する人が若干いることが判明しています。しかし、平和条約十一条を右のように解釈すること
は、国際法理上、間違っています。その理由を以下に説明します。
     (中略)
 要するに、十一条の規定は、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止することを狙ったもの
に過ぎず、それ以上の何ものでもなかったのです。日本政府は十一条の故に講和成立後も、
東京裁判の「判決」中の「判決理由」の部分に示されたいわゆる東京裁判史観(日本悪玉史観)
の正当性を認め続けるべき義務があるという一部の人々の主張には、まったく根拠がありません。
 筆者は昭和六十一年八月にソウルで開催された世界的な国際法学会〔ILA・国際法協会〕に
出席して、各国のすぐれた国際法学者たちと十一条の解釈について話し合いましたが、アメリカ
のA・P・ルービン、カナダのE・コラス夫妻(夫人は裁判官)、オーストラリアのD・H・N・ジョンソン、
西ドイツのG・レスなど当代一流の国際法学者たちが、いずれも右のような筆者の十一条解釈に
賛意を表明されました。議論し得た限りのすべての外国人学者が、「日本政府は、東京裁判に
ついては、連合国に代わり刑を執行する責任を負っただけで、講和成立後も、東京裁判の
判決理由によって拘束されるなどということはない」と語りました。これが、世界の国際法学界の
常識なのです。

124 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 15:49:28
>>123
政治家、知識人、憲法学者、マスコミに巣食うアカの連中が、改憲の流れを止めるために、
閣僚の憲法擁護義務なるものを持ち出して、中西防衛庁長官ら、改憲発言をした閣僚を
辞任に追い込んでいった 過去を思い起こさせるな。
憲法第99条により、閣僚の改憲発言は違憲であるという論理。しかし、もしそれが本当なら、
同様に国会議員も改憲発言をしてはならないことになり、第96条の改正条項と矛盾すること
になる。第99条は、単純に「憲法を破ってはいけません」というだけの条項。
実際、改憲タブーが敗れた今では、首相も国会で堂々と改憲発言をしているが、
まったく問題視されなくなっている。
サンフランシスコ平和条約第11条の解釈も同じ性質の話。

第99条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を
尊重し擁護する義務を負ふ。
http://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM#s10

125 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 16:34:17
>>117 このスレでも >>40 あたりからちょっとだけ出てきてるぞ。

126 :日本@名無史さん:2005/05/19(木) 20:18:20
もっと

127 :日本@名無史さん:2005/05/20(金) 06:57:20
アメリカも飽きっぽいよな

128 :日本@名無史さん:2005/05/20(金) 18:52:04
>>40 そこまで読まなくても良い。
阿部は陸相の経験がなく、>>27の訴因を押し付けることが難しい。
しかも、陸軍最穏健な軍人で日露戦争はコレラで不参、武功がない。
これらは良く知られたことだから、彼の訴追は裁判全体に逆効果を
与える危険があった。

129 :日本@名無史さん:2005/05/20(金) 22:35:07
ソ連のごり押しで外れたんだよ、代わりに梅津と重光が起訴された。

130 :128:2005/05/20(金) 23:06:30
>>27ではなく>>28だった。スマン。

131 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 07:50:16
南はなんかしたんだっけ?

132 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 08:10:11
候補には挙げられながら岸信介はなぜ裁かれなかったの?

133 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 08:16:18
優先順位が低かったからでは?

134 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 08:46:05
開戦時の閣僚はだいたい裁かれてたか?
選抜の法則がわからん。

135 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 10:44:05
終戦を遅らせた政治家と軍人の方が責任が重いと思う。
アメリカにしたって硫黄島より前に日本が降伏してれば、2万数千人
の命が助かったじゃないか。

136 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 14:05:25
>>131
南は、満州事変のときの陸相だっけ。何かをしたっていうか、
何もしなかったために政府の不拡大方針が有名無実になった?

137 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 15:36:58
>>135
もう少し勉強してから書き込もうな。
通常の戦闘行為において戦死者が出るのは戦争犯罪には当たらない。
戦争犯罪を裁いた極東国際軍事裁判のスレに書く内容じゃないよな。

138 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 15:47:10
>戦争犯罪を裁いた極東国際軍事裁判

これだけでもうダメじゃん。

139 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 16:09:34
天皇ノ命令無クシテ兵ヲ動カシ、妄リニ軍事行動ヲ惹起シ侵略的行動ヲ指揮シ、
満州事変、支那事変、大東亜戦争ヲ不可避ナラシメタル者、
明治十五年軍人ニ賜リタル勅諭二背キ軍閥政治ノ状態ヲ招来シ、
国体ノ真髄ヲ破却シテ専横政治、又ハ之ニ準ズル政治行動ヲ以テ
天皇ノ平和精神ニ逆ヒ、大東亜戦争ヲ必至ナラシメタル者、
ヲ叛逆罪トシテ死刑又ハ無期謹慎ニ処ス。

「民心ヲ安定シ国家秩序維持ニ必要ナル国民道義ヲ自主的ニ確立スルコトヲ
目的トスル緊急勅令(案)」

140 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 16:16:47
     !!!
     ( ´Д` )  VIPに投票おながいします
     /     ヽ  マジで今狼に負けてやばい状況です
     し、__X__,ノJ


141 :日本@名無史さん:2005/05/23(月) 06:49:12
歴代陸相はほとんどあげられてるの?

142 :日本@名無史さん:2005/05/23(月) 18:00:25
原爆も通常戦闘の範疇か?標的ヒロヒト唯一人のための原爆投下に、広島と長崎に対する行為は許容範囲か?実験したくてうずうずしてたくせに。勝てば、善人だ。

143 :日本@名無史さん:2005/05/23(月) 21:59:12
首都陥落の憂き目に合っても尚抗戦をやめなかった国民党政府は、
圧倒する兵力を前に敗北必至と見られたフィンランドが、
ナチスに蹂躙され首都陥落まで戦ったポーランドが、
北ベトナムが徹底抗戦をしたのは『国体護持』のためだったの?
さっさと「戦争を止めればよかった」なんて連合国による
殺戮を正当化するための屁理屈だと思うよ。


144 :日本@名無史さん:2005/05/24(火) 01:30:38
ウヨでもサヨでもないが、山本五十六が何故英雄なのか、ワカラン。戦争反対なのに日米開戦の発端(しかも奇襲!)を付け、Ml作戦は失敗。暗号に無頓着。戦略家でもない。 シリ滅劣。

145 :日本@名無史さん:2005/05/24(火) 06:34:04
今度戦やったらキミら民族滅亡まで戦いなさい、だれも止めんから好きなようにな

146 :日本@名無史さん:2005/05/24(火) 08:39:56
『民族滅亡』したらあなたも『滅亡』してるじゃないですかw

147 :日本@名無史さん:2005/05/26(木) 13:23:43
あらあき

148 :日本@名無史さん:2005/05/26(木) 16:32:52
山本も含め昭和の官僚はひどい。

149 :日本@名無史さん:2005/05/26(木) 16:33:02
山本も含め昭和はひどい。

150 :日本@名無史さん:2005/05/26(木) 19:57:18
梵鐘

151 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 22:07:47
東京裁判、ついに不当性を公に批判する議員が出てきたね。きっと、政界の懇談会ではいつも話題になっているんだろうね。昨日の朝生でも江藤淳軍事評論家のことが出てたし、マスコミの怠惰にあの田原氏すら怒っていた。

152 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 22:13:11
東京裁判を不当だとか言ったら、フセインも裁けないよ。

153 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 22:20:54
日本政府は、東京裁判は国家として受け入れたと何度も明言している

154 :日本@名無史さん:2005/05/29(日) 09:30:25
拒否を許されない状況だったんだよ。受け入れるなら徹底すべき。官軍裁判の不当性は思うけど、該当する戦犯にも片手落ち。木戸、笹川、岸、莞爾、白鳥等。

155 :日本@名無史さん:2005/05/31(火) 11:45:50
なにがだよ

156 :日本@名無史さん:2005/06/01(水) 01:39:37
木戸は終身刑くらってるじゃん。一票差で死刑を免れたという話もある。

157 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 06:03:17
俺の中ではどんなに良い意見でも田○正明が絡むと一気に信憑性がなくなる……。

大変なことをやっちゃってくれたよなぁ。

158 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 14:04:51
とりあえず真珠湾で謝罪しとけ。

159 :日本@名無史さん:2005/06/06(月) 20:55:53
靖国には戦犯なんかいないのに

160 :日本@名無史さん:2005/06/06(月) 21:00:57
>田○正明

史料を改竄して世に出すってのは致命的だよなあ。

161 :ササキ:2005/06/06(月) 21:56:09
東條を中心に開戦にサインした方々が8月15日にサムライらしく切腹してれば
こんな裁判はなかった。サムライ日本のサムライではなく単なる公務員だった。
 東條はじめサインしたやつらの祖父はサムライじゃないみたい。切腹すること
知らなかったのだ。

162 :日本@名無史さん:2005/06/06(月) 22:11:35
東條は一応自決しようとしたけどね。
当時は狂言だろうとか戦陣訓の署名者がとか散々罵倒されたそうな。

杉山元は自決せずに法廷で責任を取るべきだった。
自決するより重い責任のとり方がある。

163 :日本@名無史さん:2005/06/06(月) 22:49:32
パール判事の判決文全部読みたいんだけど
売ってるとこ教えてもらえないだろうか
日本では全文は書籍になってなかったりする?

164 :ササキ:2005/06/07(火) 09:08:33
>>162
8月15日からマッカーサーが来るまでのあいだに自決すればよかった。
そのあいだ何やってたんだこの男。自決しそこねたのは捕まってから。
 

165 :ササキ:2005/06/07(火) 10:26:46
「生きて虜囚の辱めをうくるなかれ。」昔のフイルムで見た東條さんの演説。
その人本人が虜囚になったことどう思う。

166 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 10:37:30
己個人の屈辱より
法廷で昭和天皇を守る方を選んだのだろう。

167 :ササキ:2005/06/07(火) 11:14:17
>>166
8月15日の時点で法廷が開かれるかどうかわからなかったのとちがうか?

168 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 11:49:57
そりゃそうだ

169 :ササキ:2005/06/07(火) 13:50:29
こういう後始末の悪い、いさぎよくない男が過去に長にいたことが、今様々な企業、
役人の上に立つ者に引き継がれ後始末の悪い事態が多々おきている。

170 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 14:17:31
>>161
残念ながら300年の天下泰平の江戸時代以来侍なんて殆どいなかった。

勝てば官軍負ければ匪賊は維新政府もやっていたことだけどな。
東京裁判はその現代米国版でしかないな。
西郷が匪賊なら東条は戦犯だろうな。

171 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 14:29:26
>法廷で昭和天皇を守る方を選んだのだろう。

なら、あれはヤッパ狂言自殺か?見苦しい



172 :ササキ:2005/06/07(火) 14:38:15
>>170
西郷さんはサムライとして切腹した。

173 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 14:51:04
>>163
共同研究 パル判決書 (上) 講談社学術文庫 (623)
東京裁判研究会
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061586238/ref=pd_sim_dp_2/249-8553210-3933954
東京裁判 日本の弁明―「却下未提出弁護側資料」抜粋 講談社学術文庫
小堀 桂一郎 (編集)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061591894/249-8553210-3933954
東京裁判 日本の弁明
http://www.ne.jp/asahi/unko/tamezou/book/koboli_keiitilou.html

174 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 14:52:46
戦後の米国の経済援助、早期の独立、平和憲法、
軍事同盟等々を受け入れて東京裁判だけ否定するのはおかしいな。
少なくとも米国はセットで考えていたはずだ。
全て極東の冷戦下西側の橋頭堡とするためだな。

その変遷を考えるのなら当時の国際情勢を考えるべきだよ。
法律論や戦中戦後の事例はあまり意味がない。
憲法解釈一つとっても朝鮮戦争で武装の容認どころか性急化さえしたはずだ。


175 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 15:08:59
さて、戦犯やその扱い、或いはそれらに対する世論等々が
戦後の国際情勢に如何に翻弄されてきたか検分するのは
頑なな責任論よりも面白いと思うぞ。

東京裁判の本質は政治だ。政治的なセレモニーだな。
これを軽視する見解がこのセレモニーと言う表現を使うが
それは大いなる勘違いだな。
政治にとってセレモニーほど重要なものはない。そしてその儀式
に不可欠なものが大抵は伝統的な信仰だな。
ピューリタン的倫理に神道が跪いた瞬間が1948年11月12日だ。
米国が欲したものは善悪の二元論だ。曖昧な責任論ではない。
米国は日本社会を破壊する代わりに日本の精神を破壊しようとしたんだよ。

さて成功したのか?米国の国家目的もまた国際政治に翻弄された。


176 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 15:19:09
明治政府が幕藩体制を否定する歴史とその解釈を望んだように、
現韓国政権が前明治政府統治下を否定するように、
戦後の米国は明治体制を否定するしかなかったろうな。

それが政権の正当性を生み出す原理だ。

177 :ササキ:2005/06/07(火) 20:18:01
東條が8月15日皇居の前で陛下並びに陛下の赤子にお詫びをし、腹かききって
果てたなら、連合軍はオーマイゴットといって敬意を払った。もののふの最期を
知らないバカを親分にした軍はもっとバカ。負けてグダグダ言い訳するの
最低。裁判かけて当然。

178 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 21:19:52
人の命を過大に評価しすぎ。

「キモチ悪い」

で終りかと。

179 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 01:08:20
フセイン、カストロ、金正日、チャウシェスク、アミン等々、彼等を国連はどう裁くのか?安保の滞納五ヶ国が主導権の色彩を持って。国際政治セレモニーに則しー矛盾を孕んだままの東京裁判ーそれを成功例として。新たな火種の崩芽の可能性も見る。東裁は稀有な成功例なのでは?

180 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 01:17:19
連投。稀有な成功の根本は天皇ヒロヒトの無罪放免が大きいと思う。もし、天皇を断罪していたら、米国を憎悪する中近東と同様、軍事政権やテロ国家か左翼の台頭で社会主義国家になっていたかも。とにかく、何か標傍する象徴や理念を国体に望むように思われる。

181 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 02:09:03
実際戦後社会主義国家になったじゃん。

182 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 06:49:40
起訴が一年延びていたらどうなっていたかな?

183 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 08:01:13
東京裁判って、あの復讐劇の?検事を含め、マッカーサーでさえ過ちであったと認めているよ。

戦犯?国会で与野党含め反対無しで戦犯はいないとの決議がでているよ。みな公務による戦死。
A級B級などの呼び方は日本人がするものではない。それだけで勉強不足。

184 :ササキ:2005/06/08(水) 10:22:49
特攻隊、バンザイ突撃と若者は命をなげて戦った。ところがマッカーサーが
厚木に降りたときビックリした。命令した土方顔したオッサンが生きてた。
 当然サムライらしく連合軍に身をなくゆだねることなく切腹しているものと
思いこんでいた。生きてる。何というダラシナイ司令官だ。
 ヨシ裁判やって縛り首ダー。と。マッカーサーは思った。

185 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 14:40:17
与太は不要だから具体的な話しなよ

186 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 14:59:44
近衛文麿、杉山元は自決していなければ死刑確実だったな。

187 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 15:17:46
近衛ふみまろって睡眠薬で自殺したんだっけ?

188 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 15:23:29
>近衛文麿

青酸カリで自決。

189 :ササキ:2005/06/08(水) 19:48:27
自決、切腹するのが武門の習わし。近衛はやっぱり近衛兵。

190 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 22:38:23
「東京裁判は、日本は国家として受け入れてます」by小泉
異論は出ないから政府統一見解なのかな?

191 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 22:45:26
祝!ワールドカップ日本出場ageしてくれ!


↓のスレが6/6に立ったんだけど、6/9中に埋まって次スレが立たなければ本スレのみで終了〜になってしまいます。
あと少しで1000まで行きそうなので埋めてやってください。

ちなみに投入される金額は建築費だけで2000億、最終的には数兆円とも言われています。
すべて日本国民の税金ですが、内容をよく見ると本来日本が負担しなくてもいい負担でもあります。

ニュース速報+【国際】旧日本軍が中国に遺棄した化学兵器の処理施設、日本2000億円負担
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1118009982/

192 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 23:13:56
>>190
刑の執行を継承したというだけだろ。

193 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 05:49:48
ジャパン アクセプツ ザ ジャッジメンツってなってるだろ。見せしめとしての、あるいは責任を取るという意味で判決は受け入れるが、東京裁判そのものを受け入れるとは言ってないんだよ

194 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 08:21:44
南京大虐殺の証拠写真

http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/higashi/143photos/photofiles/c-77a.jpg

後ろ手に縛られている点に注目
背景も積み上げられた死体の山と思われる

松井石根元大将
「さういふやうな勢で捕虜も相当出来たけれども、捕虜に食はせる物もない。
さういふ状態で戦闘しつヽ捕虜が出来るから捕虜を始末することが出来ない。
それでちょん斬つてしまうといふことになつた。それで大したことではないのだが、
南京の東南方の鎮江との間で一万余の捕虜があつたのだけれども、
そんなのは無論追撃中だから戦闘中と見てもよろしい、又捕虜となつても逃亡する者もあるし
、始末が付かぬものだからシヤーシヤーと射つてしまつたのだ。」


195 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 09:49:38
捏造写真までデッチアゲて必死だなw

密入国者の子孫である犯罪者在日中国人


196 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 10:18:39
            ,′ _
           , -r/`ヽ十/`ヽ ヽ.
        _/     l|/,     ゛、
      /:/    爪! l| il| |     ヽ
       /:::/   | l l``` "´| ト、 l    ゙、
.      !::::l   /|.lヽ!    リ }ハ_     i    好きです、日本の兵隊さん!  
     l::::|   l/l|二、    ,二., l  i l          
     |::::l i l,/_j::、     _j::、ヽl i ! !         
     l::::| l l! _ヒ」     ヾ┘ j l | |
      l::::i! i l l       ;     //l j i !
      !::::lヽ!、ヽ'、   、__,   ノ'// ///
.      j::::::!::::::ヽ゛、        ///!'´    
     i::::::::i::::::::::i::`}' 、 _ _,. 'l::::/'::i::::|
      !::::::::::!::::::::::!ノ        !:::::::::::!::l
    j::_,,-ヽ:::::::ヽ      iヽ:::::::::ヽ!


197 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 11:59:29
どう読んでも、東京裁判を受け入れてるが、何か?

198 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 12:51:47
つまりは南京事件は捕虜の処刑
民間人の虐殺ではないと

199 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 15:26:38
捕虜の処刑は不法殺害
民間人も巻き込まれたから事件なんだろう

200 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 15:51:44
戦時国際法の適用外だから犯罪にならない。
むしろ便意兵こそ死刑。

201 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 17:58:27
>>177

自害し世としたが、失敗。

202 :ササキ:2005/06/09(木) 21:28:10
>>201
8月15日からマッカーサーが来るまでの間に自決するのが男。自害のまねごと
は捕まった後。

203 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 22:31:05
>>202
一度本読め。
思い込みで主観論唱えられても議論にならん。

東條は礼節をわきまえて遇されるのであれば進んで裁判に立ち向かう、
捕虜の扱いを受けるのであれば戦陣訓に従って自決すると述べていた。
それで自決したわけだが、頭に傷を残すのは見苦しいので心臓を狙った。
米軍の高度な医療技術がなければ死亡していた可能性が高い。
裁判に出ることを決意した経過については何も分かってはいないが
入院中に下村陸相が訪問して、ここで裁判に出るよう説得されたものと思われる。

当時の状況では東條が被告として出廷できたことは大きい。
オーストラリアやオランダは強硬に天皇訴追を求めていたわけで
東條が出廷できなければ、天皇の出廷を求める声は強くなっていただろうな。

204 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 23:22:07
下村との会談は自決の前

205 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 06:56:14
東条が被告になった代わりに何人も助かっているからな

206 :日本人:2005/06/10(金) 09:24:31
>>203
死にたくねーやつの屁理屈。本でグダグダ自己弁護していた無駄口たたきいた。
「むだぐち」なんていうオッサンもグダグダ戦後言ってたなー。阿南、山口多聞、
死地をもとめていった五十六他立派に死んだ者沢山いた。まさしく武人。
 あとは市役所の公務員なみ。

207 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 09:25:51
東条はキーナン側の依頼で神崎弁護士が、「陛下は平和主義者で、戦争はお嫌いだった
と思われますが、・・・・・・この戦争は閣下が陛下の命令に背いて始めたものだと
法廷で証言してくれませんか」と頼んだのに対し、「それは無理な注文ですよ。陛下の
ご裁可があったからこそ開戦したのです。・・・・一天万乗の君のご命令に背いて、
この戦争を始めたなどとウソの証言をして、それで死に切れますか」と答えている
もう一つのルートとしてフェラーズ(ホイットニー経由フェラーズ)から米内を
通し塩原弁護士により東条説得が行なわれた(天皇の意思に反して自分が開戦の決定を
したと、法廷で証言するよう)

208 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 09:29:56
>>204
下村は、自決に失敗した東条の病床を訪ねて裁判を受けるよう説得したはずだが

209 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 09:37:13
>>205
そうは思わない。
代わりは出ただろうが、佐藤賢了あたりか武藤、木村で落ち着いただろう。
(ともに死刑になったが)
文官中最高位の近衛の身代わりといえるのが広田一人だ。
たいていの代打要員は自殺か病死しちゃってるし。
「連合国からすれば、東條が生きててくれてよかったよ!」が
偽らざる心境ではなかったかと。

210 :日本人:2005/06/10(金) 09:40:22
 赤穂浪士は浪人でありながら幕府の命に従い武士の情けとして切腹を受け入れる。
それに対し陛下、その臣民から総理という要職を「お預かり」した身でありながら
敗れてその身を敵にゆだねリンチにあうなんて最低。

211 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 10:03:07
>>208
下村が東條を招いたのは9月10日。
皇室と国民に深く責任を感じているから自決するのは当然であるという東條に、
下村は、あなたが裁判に出なければ皇室に塁が及ぶかもしれないと説得。
東條は、すでに詳細な供述書を作成しているから生きて法廷に出る必要無しと
中々応じなかったが、皇室に塁が及ぶかもしれないという点では苦悩した。
黙考の末、かつて自分は戦陣訓を公布した人間であるし、また聯合国が
容疑者に対し侮辱的な取扱をする場合、自分はそれ甘受できないと言った。
下村は、そんな心配はないだろうが、とにかく今一度熟考を願いたいといって
送り出したが、翌日、MPが新聞記者を引き連れて東條邸に来たため、東條は自決を図った。


212 :日本人:2005/06/10(金) 10:10:40
>>211
「皇室と国民に深く責任を感じているから自決するのは当然であるという」
というなら15日、盆の中日に死ね。

213 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 10:48:40
20万の英霊に対し申し訳がないからと対米戦おっ始めて300万の英霊つくったのだから
死ぬのはは当然だろ、結果責任という言葉を彼に贈りたい

214 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 10:52:28
どうも議会政治が理解できていないようだ。

215 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 11:01:02
国体護持できないでよかったよかった

216 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 11:53:18
皇室護持できてよかったよかった

217 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 11:57:45
天皇制と日本民族は不可分の存在でありまして、断じて守らなければなりません。

218 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 12:01:52
天皇制は明治からw

219 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 12:05:07
最低限、天皇は譲位して仁和寺にこもるすべきだった
あるいは近衛か誰かが言ったように大和に乗って玉砕するか
それしか天皇制を守る道はありましぇーん

220 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 12:09:41
>それしか天皇制を守る道はありましぇーん

何時代の話?

221 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 12:16:14
知らんのか?

222 :日本人:2005/06/10(金) 12:17:55
おそれおおくも皇室と東條を結びつけるほどの人間じゃない。市役所の戸籍係り
がピッタリの男。

223 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 12:53:11
>>221
だった、天皇も皇族も守られてますから

224 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 19:37:11
ちょっと質問したいのです。
BC級戦犯刑死者の人数は本当に1068人で正解ですか?
いくつか文献をみたのですが、どうも1000人程度としか書いてなくて。

225 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 01:24:21
松井石根は平和に対する罪には該当せず、すなわちA級戦犯ではなく、B.C級戦犯
として処刑されたから中国は問題なしとするんだよね、きっと。


ところで、A級戦犯というのは極東軍事裁判所だけで裁かれたのかを確認したい
のですが、教えていただけないでしょうか?

フィリピンやその他の裁判所でもA級戦犯として処刑された人っていますか?

226 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 04:57:41
iruwakenaijiyan!


227 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 08:17:26
「縦兵殃民」で南京で処刑された酒井隆中将は、B級といより、準A級ということで
中国が靖国からはずせといってくる可能性大きい。

228 :225:2005/06/11(土) 09:55:41
こういう記事があるので、確認したかった ↓

【噴水台】親日派「洪思翊」

「私の不義をことごとく洗い去り、私の罪から私を清めて下さい…。私は不義の
中に生まれ、私の母は罪のうちに私をみごもりました」−−。1946年9月
26日、フィリピンの刑務所の絞首台。大日本帝国南方軍総司令部の洪思翊
(ホン・サイック)中将(当時57歳)は、立ち会った牧師に対し、聖書の詩篇、
第51篇を読んでくれと頼んだ。彼は、第2次世界大戦のA級戦犯として判決を受
けた。
洪思翊が、自らの死の前で詩篇を聞こうとしたのは、戦争犯罪によるものではな
かった。彼の内面を苦しめた親日行為を贖罪するためだった。洪思翊にとって、
親日は出生の時に持って出た、原罪のようなものだった。洪思翊は、16歳の時、
高宗(コジョン、朝鮮第26代王)皇帝が自主国防の棟梁を育成するために建てた
大韓帝国陸軍武官学校に入学した。国権侵奪の1年前となる1909年、日本に
よって陸軍武官学校が閉鎖された。彼は高宗の命により、日本陸軍中央幼年学校に
籍を移す。
(略)
洪思翊は、指揮官として赴任するたびに「私は朝鮮人、洪思翊だ。今から天皇
陛下の命により、指揮権を行使する」と語った。日本帝国の将軍だったが、創氏
改名は最後まで拒否した。
この前、国会を通過した法によると、洪思翊はその地位ゆえに、親日反民族行
為の真相調査対象者に該当する。だが洪思翊の行為には、民族のアイデンティティ
をを守り抜こうとする努力もあった。人に罪人のレッテルを貼るのは、歴史的に
避けられない場合があろうとも、至って慎重であるべきだ。真相調査が、人間の内
面への深い理解と共に行われるよう、願いたい。

2004.03.03 21:08:15

リンク切れ
http://japanese.joins.com/html/2004/0303/20040303210815100.html

229 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 10:15:50
洪思翊中将は、フィリピンの兵站総監で、その指揮下に捕虜収容所があったので
捕虜処遇の最高責任者としての責めを負わされたとのこと。
山本七平「洪思翊中将の処刑」に載っている裁判の訴因をみるかぎり、B級該当。

230 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 21:41:14
>>225
いません(・∀・)
B級にも該当する場合は併合判決。例)武藤章・木村兵太郎

231 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 10:22:29
この解釈ってあっているの?


東京裁判
http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=1109&docid=32106&l_url=aHR0cDovL3BsdXMuaGFuZ2FtZS5jby5qcC9saXN0L2Rpcl9saXN0X2RiLnBocD9kaXJfaWQ9MTEwOSZsX3NvcnQ9JmxfYWQ9JnBhZ2U9Mg==

ニュールンベルク裁判
http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=1109&docid=32107&l_url=aHR0cDovL3BsdXMuaGFuZ2FtZS5jby5qcC9saXN0L2Rpcl9saXN0X2RiLnBocD9kaXJfaWQ9MTEwOSZsX3NvcnQ9JmxfYWQ9JnBhZ2U9Mg==

松井石根大将はA級戦犯ではない?
http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=110901&docid=31573&l_url=aHR0cDovL3BsdXMuaGFuZ2FtZS5jby5qcC9saXN0L2Rpcl9saXN0X2RiLnBocD9kaXJfaWQ9MTEwOSZsX3NvcnQ9JmxfYWQ9JnBhZ2U9Mw==

232 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 16:31:24
俺はよくまとまっていると思った

233 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 07:05:43
そうなの?
一般の認識とはだいぶ違ってると思うけど。

234 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 13:37:30
首脳会談は?

235 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 21:47:47
>>231abc級ね

236 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 13:33:11
確かに何でA級といわれているんだろ?

237 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 20:34:43
「私のような者がA級なんて昇進したみたいな気持ちになった」by佐藤賢了

との回想がある。
これが正確なら
「A項」の「A級」及び等級付けとしての「A」の意味の融合は当時からだろう。

238 :日本人:2005/06/23(木) 21:42:23
東條は日本の「恥」、靖国神社から出して一族が自分の金で東條神社作って
お祭りしろ。敗軍の将兵を語らず。こないだテレビでヘラヘラしゃべってた孫
のオバチャン東條に輪かけたバカ。テレビにでるな。

239 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 21:44:56
>>236
極東国際軍事裁判で訴追されて判決を受けたからでしょ。

240 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 21:47:33
橋本欣五郎がA級戦犯にされた理由がもう一つ納得できない。
それほどの大物だったとは思えないし。実際たいしたことしてないし。

241 :日本人:2005/06/23(木) 21:49:36
アメリカ人が中心になってやった裁判なので納得できないの当たり前。

242 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 17:08:38
橋本欣五郎は桜会関係での起訴かな。
軍ファシズムを進めたとかの理由で。

243 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 20:21:55
つまり鉄砲玉?

244 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 21:26:10
頭シバかれていた映像を見た

245 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 08:33:03
>>244
橋本と大川は軍国主義推進にからんでの訴追だろうけど。
大川の裁判時の行動は確信犯でok?

246 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 08:39:47
大川が叩いたていうけど、手のヒラを頭の上にポンと置いた程度


247 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 08:59:02
東条○○子といふ基地害ババァは分祀を認めれば先の戦争が侵略戦争だったことを
認めることになるとほざいてたが、こんな異常な史観に基づいた遺族たちの
要請に応じる某は一国の指導者たる資格なし(異常な史観というと、またぞろ
2ちゃねらー煩いだろうが不毛な議論はしないよ)、ところで、この依怙地なババァ
戦死した?長男の子供なのか?子供の頃、虐められた恨みを今晴らそうと必死w

248 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 09:39:48
ところで、東条由布子て逝かず後家か?

249 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 09:49:07
一切語るなかれ、と遺言されたわりにはアチコチでよう喋繰りまくるオバチャンだのw

250 :日本人:2005/06/25(土) 10:32:42
やっぱり俺と同じにあのオバチャンおかしいと言ってる人多い。「見苦しい」
っていうんでしょう。オバチャン引っ込んでください。


251 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 10:48:36
おまいが引っ込め共産党

252 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 10:55:46
あの貧相なおばちゃんの論理聞いておかしいと感じた人は多い、それを共産党とは何事か!!

253 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 10:58:35
戦後を世間に対する怨みと妬みで生きてきた女性、老い先短いのだから最後の怨念ぐらい晴らさせてやりなさい

254 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 11:09:58
そーゆーこと
個人攻撃は卑しい
まして遺族では無いか
おまいが人非人

255 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 11:22:38
国家間の紛争の元つくっている遺族の執念に対し、個人攻撃で済ましていいものか
将来、近隣諸国との紛争が激化して戦争(笑うかもそれぬが、話し合いで決着が
つかぬ外交問題の行く付く先が戦争)にでもなった場合、誰が責任をとるのか?
また、政府や一部国民はその覚悟のうえで意地をはっているのか?そこが問題

256 :日本人:2005/06/25(土) 11:32:11
敗軍の将、兵を語らずと言うことわざ軍人の孫として親から聞いたこと無いのか
ネ?有名軍人の妻が仏門に入ったこと聞いたことあるナー。
 小野田さんブラジルでリッパに生きてるネ。サワヤカ。

257 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 11:48:02
やっぱ彼女、行かず後家でないのか?女が一人でいると偏狭な性格になり
バランス感覚の欠けた人間になること多い。まして、身近にいるのは祖父さんの
連れ合いだった未亡人や母親、世が世であれば、てな繰言を毎日聞かされ。学校や
世間で虐められたのも、ワテが結婚でけんかったのも原因はみな東京裁判で受けた
不当な判決のせいや!と思い込むのもムリない。もうこうなると誰の意見にも
耳貸さん偏屈婆さんになるしかない。これも戦争が生んだ悲劇のひとつ

258 :日本人:2005/06/25(土) 11:56:33
>>257
テレビ局はあのバーサンテレビに出すな。「今時の若者は、」ではなく「今時の
ババどもは」と若者からワラワレル。教育上良くない。
                       日本臣民、士族、納税義務履行者。
                       菊の御紋章のついた免許保持者。
                       無党派。祖父官吏、父戦争義務履行者。
                       私民間人。

259 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 12:27:26
孫は東条英機の戦争観をそのまましゃべっているにすぎないのに、
きみらなにをファビョってるの?
単なる一私人なので>>255はまったく的外れ。
テレビに出すなとかいうのは全体主義的傾向ありだな。思想統制気取りかよ。

260 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 12:36:04
赤魔は北鮮の同志

261 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 12:47:44
板垣正氏(征四郎の長男)らが、他のA旧戦犯を合祀から外す書名運動をした際
ただ一人拒否したのがこの婆さん。他の遺族(輝夫氏の家族ら)には文書でこの旨
伝えたというが、本家筋の決めたことだから他の遺族も異論は出せないだろ
社会的地位のあった次男(三菱自工社長)や三男(空自幹部)ならこうはならない
一部の勢力に利用されているのだろう(孫のババちゃん)

262 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 13:14:17
>>260
ところで赤魔て言葉は最近使う人いないのですが、若しや、90歳以上?

263 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 13:57:48
色魔・小平

264 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 10:45:59
誰だ?
裁判を受諾するなんて誤訳した奴は。

265 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 13:43:13
敗戦濃厚になって、近衛等重臣グループと軍部とが、お互いに「アカ」呼ばわりして
ののしりあうw
所詮自分の気に入らないものが「アカ」
原理原則のな存在しない日本社会では、この程度の意味しかない



266 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 20:24:56
正しくは判決を受諾するだな。
それによって日本の立場が変化するとも思えないが。

267 :日本人:2005/06/28(火) 09:00:44
東條はじめ開戦に署名していたオッサンが8月15日に割腹していれば、
あんな裁判はなかった。毛唐どもに裁かれる前に自ら陛下、臣民に「お詫び」し
無言の死を選ぶような人材ではないオッサンが国の長をしていた。日本人の「恥」。
最低。クズ。最近このたぐいのオッサン増えてる。


268 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 09:31:21
いや生きてる高官順に被告席に繰り上がるだけだろう

269 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 18:54:59
日本史板って全体的に共産系とか日教組の香りが激しいのだが、
中高生が中心なのか?

戦犯なんて数年後に日本人4000万の署名で罪状無効として
禁固刑の連中も出てきてるのに。


270 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 20:09:42
>戦犯なんて数年後に日本人4000万の署名で罪状無効として禁固刑の連中も出てきてるのに

巣鴨の場合、仮釈放(パロール)で出所したんでしょ。罪状無効じゃない。

271 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 20:23:35
>>268
たしかに、自決したからといって、それを斟酌したかは疑わしい。
復讐だから、かわりの生贄を探し出しただろう。
近衛が自殺したために、廣田の刑が重くなったという説もある。
外地では、命令した司令官が自決したために、多くの部下が重罰に
問われたケースもある。

272 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 21:01:00
>>267
ワラタ
宣戦布告詔書に署名してたのは誰だ〜w
当然御名御璽があったんだけどな。

273 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 07:21:32
著名して裁かれなかったのは?

274 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 08:10:05
近衛は最後まで自分が極刑になるとは思っていなかったようだね。
自殺の一日前に「極刑にはならないだろうが重刑は免れないだろう」
と言っている。

275 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 08:24:51
恥を知る者は強し

276 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 08:34:11
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tetuya/REKISI/bbs/bbsr.cgi
少しは学べ、このバカども

277 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 08:42:08
近衛自殺後の某社の社説がこんな感じ。

敗戦後、指導部にいたもので男らしく責任を取った者は居らず、
降伏日本の状態は滅亡の際に一人の義士なしと嘆かれた清朝のように酷い。
総司令部に追い詰められて僅かに自殺者がでる有り様だ。
みな揃ってひそかに生き延びようと後世まで残る辱めに甘んじている。
廃徳亡国の感はいよいよ深い。

278 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 09:38:20
>>277
当時から日本人は、敗戦の責任と、連合軍の追及した戦争犯罪とを
ごっちゃにしてた。いまでもそうだけど。

279 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 10:57:06
大東亜戦争を勝ち抜き国威発揚の英雄として男爵はおろか伯爵ぐらいは夢見てた
ヤシらにとって自決などという選択肢はないのだ!

280 :日本人:2005/06/29(水) 11:17:40
ドン百姓出身者が多かったから地位ばっかり求めてた。

281 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 12:12:22
13階段まで自分で歩けずMPに引っ張られて上ったのもいる(6人の軍人被告の1人)

282 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 13:05:46
ソース希望。
ナチ戦犯のシュトライヒャーが処刑時大暴れした
(「囚人ルドルフ・ヘス」か「狂気の内幕」(現タイトル「第三帝国の神殿から」のどちらかより)
というのは知っているがそれは初耳だ。

283 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 13:06:56
>>281
興味深いね。なんていう本に載ってたのか教えて?サイトでも。

284 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 13:20:40
事実なら、木村兵太郎に百円賭けるw
諦めのよい、1人では我を押し通すことが得意ではない日本人気質かつ、
高位の軍人では珍しい振る舞いにおもうが。
まぁソースね。
ガッコーのセンセーからの伝言情報でないことを祈る。

中学高校の歴史の教師って結構ホラ吹くよ。
得意げに独演会状態で語ったときの知識はご用心。

285 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 13:30:34
「落日燃ゆ」(広田弘毅伝」では刑執行に立ち合う連合国代表の前を
つぶやいたり、経文となえたり、ほとんど歩けなくなる中で・・・・・
ていう表現あるね

286 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 13:33:14
花山教誨師だって名前までは挙げないだろう、それが職業倫理というもの

287 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 13:47:59
名前を挙げないのなら書くかなぁ。

288 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 17:45:09
花山は処刑場の入り口のところまでで、
中には入らなかったんじゃなかったっけ。(平和の発見を読む限り)
13階段のことはわかるはずもない。

処刑に立ち会った対日理事会のシーボルト米代表の回想にも
そんなことを匂わす記述はなかったと思う。ぜひソース希望。

289 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 20:02:21
映画などでは東条がお経唱えながら歩いてるがこのソースは?

290 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 20:52:41
>>288
それは、花山信勝「平和の発見」でしょ。引用すると(310頁、311頁。原文は旧漢字多用)
「出口の鉄の扉が開いた。当番将校先導で、その後にチャプレンと私がつづき、そのうしろに土肥原、
松井、東條、武藤の順で並び、両脇に看視、あとに将校が2,、3名つづいて、静かに中庭を歩んでゆく。
その間、約2分ぐらいかかったが、念仏の声が絶えなかった。とくに東條さんの声が・・・」

291 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 20:55:23
>>290は、>>289へのレス


292 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 22:19:24
被告席の数が決まっていて、
自殺者がいなかった場合、
メンバーはどう変わる?

293 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 21:46:20
近衛は格実

294 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 22:26:03
近衛文麿「戦争前には軟弱だと侮られ、戦争中は和平運動者だと罵られ、
戦争が終れば戦争犯罪者だと指弾される。僕は運命の子だ。
事志と違った点については充分に責任を感じている。
けれども犯罪にはその意志がなければならない。
自分にはその意志がなかったばかりか、戦争の終結に全力をつくした。
それ故にアメリカから戦争犯罪人に指名される理由はない。
そうであれば戦争犯罪容疑者としての逮捕は拒否すべきものと考える。
戦争犯罪人として指名せられる屈辱には絶対に堪えられない。」

295 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 00:09:45
山本五十六、杉山元、本庄繁、近衛文麿、

296 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 01:00:13
杉山は確実そうですよね

297 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 07:07:34
本庄が入るなら誰が外れる?木戸か?

298 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 07:46:31
木戸は天皇の身代わり、外すわけにはいかん。近衛は政府側としても
宮中に1人も責任者がいないとなれば他が黙っていまい

299 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 11:03:34
A旧戦犯ではないが父島の米パイロット人肉食い事件に連座して絞首刑になった
第308大隊長の的場末男少佐は、日頃の大言壮語に似合わず、他の4人は落ち着いて
十三階段を登ったが、彼だけは泣き喚いて階段を上らないので3人の海兵がロープで
縛り、運び上げて吊るした(父島派遣参謀堀江少佐がシェーファー少佐から聞いた)
シェーファー少佐とは米海兵隊父島占領大隊の将校で後GHQ法務官)

300 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 11:28:15
選んだのは日本じゃないし

301 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 14:59:01
A項に該当した戦犯だから何だって言うんだろ。
A項自体が事後法だし、無罪の証みたいなもんだと思うが。

そうでもいいが、ウチの彼女が永久戦犯だと思っていたと白状した。
もうこの国だめだ

302 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 15:04:24
A級だろうが、A子だろうが、生きていくには不都合はないからな。

303 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 15:29:31
>>301
ワロタ

304 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 20:37:26
>>299
リンチで足腰が立たんぐらいぼこぼこにされてたという話もある

305 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 21:54:02
賀屋あたりじゃない?
岸や井野といった内政閣僚は起訴されなかったわけだし…。

306 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 22:56:08
結局は勝者&強者により都合の良いように判決された訳だ。

307 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 09:32:51
英機 感激!

308 :ササキ:2005/07/05(火) 10:21:21
子供の頃ジョージワシントン伝を絵本で見た。桜を切ったのは誰だ。と父は
怒る。ジョージは其れを正直に私がやりましたとわびる。こんな美談を絵本で見た。
 東條という人ニュース映画で「生きて虜囚の辱めをうくるなかれ」とマイクの前で
しゃべってる。それがヌクヌクと虜囚の人となった。アメリカ人から見たって
何か変じゃない?新渡戸稲造の武士道では武士は死ぬこととみつけたり。
 日本人の戦後派としてこのオッサン変だし孫のバーさんも変だ。
新渡戸は南部藩士、東條家は南部のサムライじゃないみたい。ただのオッサン。

309 :達こ:2005/07/05(火) 10:25:38
すげーーーーーーーアメリカのいうことが正しいとされたから


310 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:28:40
東条の先祖は芸能人(南部藩お抱えの脳役者)

311 :日本人:2005/07/05(火) 20:39:28
>>310
それであのババーも東條もでたがり屋なんだ。わかったよ。先祖というより
英樹のじいさんだよな。軍人になれば食いっぱぐれがないと思ってなった男
だな。切腹できないわけがわかった。

312 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 09:05:06
あげ

313 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 20:45:02
東条さんの自殺未遂とは、実は米軍MPの誤射である。自殺する心算で軍用拳銃
を手にした時、飛び込んできた若造のMPが早とちりして撃ったのが真相。
自殺に用意した拳銃は、東条さんが花山師に語ったところによると、娘婿古賀
少佐が自決に使用した日本陸軍軍用拳銃。しかし米軍のアイケルバーガー中将
は米軍の銃だと述べている。東条さんの体内から摘出された銃弾が米軍のタマ
だったからに違いない。


314 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:31:18
質問してもいいですか?
日本の戦後統治でSCAP(アメリカ)が送り込んだStaffってNew Deal政策を行った
人たちらしいのですが(New Dealerと呼ばれる)、それって
MarxismみたいなLeftistとして捉えていいのでしょか?1947年に
政府主導の傾斜生産方式はSCAPに後押しされて行われた政策なのでしょか?

315 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 12:07:28
B C 級 戦 犯     林  博 史

第二次世界大戦後、A級戦犯についてはドイツはニュルンベルク裁判、日本は東京裁判と
いう国際法廷によって扱われた。東京裁判では二八人が起訴され、途中病没や免訴された
三人を除く二五人に有罪判決(うち死刑七人)が下された。なお東京裁判では
「平和に対する罪」が裁かれたと一般には理解されているがそれは不正確である。
起訴理由にはA級だけでなくB級も含まれ、B級で有罪となった者だけが死刑になり、
A級だけで死刑になった被告はいない。東京裁判においても通例の戦争犯罪が重視されて
いたことを見逃してはならないだろう。


(全文)
http://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper47.htm

316 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:44:24
>>315
>戦争犯罪が重視されて いたことを見逃してはならないだろう。

共同謀議が成り立たなくなったため、
死刑の理由づけに既存の戦争犯罪で帳尻をあわせたとは秦郁彦の見方。

「刑罰」は死刑だけで「禁固刑」など刑罰に含まれない言わんばかりだなw
俺なら禁固でも御免だが。

・・って、広田はなに?
ドイツでもリッベントロップは通例の戦争犯罪は犯してないと思うが。。(よくわかんね)

317 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:59:38
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1093003670/54
1、共同謀議の罪 27、中国に対する侵略戦争の実行 29、アメリカに対する侵略戦争の実行
31、イギリス連邦に対する侵略戦争の実行 32、オランダに対する侵略戦争の実行
35、ソ聯に対する侵略戦争の実行(張鼓峯) 36、ソ聯に対する侵略戦争の実行(ノモンハン)
54、残虐行為の命令授権 55、故意または不注意による防止の怠慢

     有罪となった訴因
荒木  1、27
土肥原 1、27、29、31、32、35、36、54
橋本  1、27
畑   1、27、29、31、32、55
平沼  1、27、29、31、32、36
広田  1、27、55
星野  1、27、29、31、32
板垣  1、27、29、31、32、35、36、54
賀屋  1、27、29、31、32
木戸  1、27、29、31、32
木村  1、27、29、31、32、54、55
小磯  1、27、29、31、32、55
松井  55
南   1、27
武藤  1、27、29、31、32、54、55
岡   1、27、29、31、32
大島  1
佐藤  1、27、29、31、32
重光  27、29、31、32、33、55
嶋田  1、27、29、31、32
白鳥  1
鈴木  1、27、29、31、32
東郷  1、27、29、31、32
東條  1、27、29、31、32、33、54
梅津  1、27、29、31、32

318 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:10:03
改めて言うほどのものじゃないが、
過失の55の訴因に該当しても死刑になってない「被告」もいるのに、
松井大将ほんと不幸。

319 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:48:18
松井大将は見せしめ、というか代表して責任を被ったんだろうな。
一部の米陸軍兵士の捕虜虐待の責任を取ってマッカーサーが死刑になるようなもんだ。

320 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 13:36:37
そろそろ旬

321 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 13:39:21
>>314
ケインズをキミは知らんのか・・・

322 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 17:57:27
>>314
ニューディール政策は当時の資本主義の代表的な政策じゃないか
GHQはマルクス主義の検閲もしてたしまったく的外れだよ
傾斜生産方式は日本独自のもので、アメリカ経済がその有効性を知ったのは
ずっと後の話 だもんでSCAPは関与してないと思われ

323 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 15:55:20
ニューディラーの実験場だったもんな。
奴らのその後と日本での評価ってどうなの?

324 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 16:04:34
戦後の公共投資も共産主義者の仕業か?

325 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 10:10:17
アメリカの戦犯は誰?

326 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 21:13:14
本当ならば日本国民が裁かなければならないのに、知恵も権限も無い。
GHQは当然のことをしてくれたのだが数が足りなさ過ぎるのは不満だ。
政治家、官僚、将校すべてに対して責めて欲しかった。
どうせまともなのは全部死んだから日本にとっても痛くは無い。

327 :通りすがり:2005/08/04(木) 22:48:43
東條元首相はじめ東京裁判で受刑した先人たちは、悪いことをしたから裁かれた
のでは無く、責任者だから責任を取ったということでしょう。そもそも戦争に
いいも悪いも無いはずですし、多数決で良い悪いを決めるなんてばかげています。
ただ、彼らが責任を取っておいてくれたから今の自分たちがあり、今の生活が
あるということは大変ありがたいことです。

328 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 23:02:41
戦争に良し悪しはある。
東條の死と、今の経済発展とは全く何の関係もない。
キミはアメリカの冷戦時の戦後政策を知らんのか?

329 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 02:19:51
戦後の日本経済成長までは無縁だろうが、
秦郁彦は
「人身御供を差し出すことによって、連合国から(日本国民としての)(
戦争責任を免責され、学童達はララ物資等、アメリカから恵みを受けていたのである。
幼なながらも後ろめたさを感じた」(大意)


330 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:11:06
>>「原爆投下は戦争犯罪ではない」と書かれた本がほとんどない
> あまりにも当然のことだから、書いてないだけだろ。w 原爆投下は、少なくとも第2
>次大戦時においては、戦争犯罪だという認識は国際社会において全くなかったわけだから、
>記載がないのが当然だよ。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1121396039/547
原爆投下は戦争犯罪ではないと吠えるヴァカ発見。
「糞ジャップ」、「糞ジャップ」を連呼!
御覧あれ。


「日本の歴史(20)アジア・太平洋戦争」(森武麿著 集英社)
吉田清治の朝鮮人強制連行についての証言(『私の戦争犯罪』三一書房 1983年)を歴史的事実
として引用!
こんな駄本を「信頼が比較的置けて」「これお薦め。」と推薦するヴァカ発見。

331 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 20:57:54
■読売新聞の渡辺恒夫の主張■

「安部晋三に会った時、こういった
『貴方と僕とでは全く相容れない問題がある。靖国参拝がそれだ』
と。みんな軍隊のことを知らないからさ。
それに勝つ見込み無しに開戦し、敗戦必至となっても本土決戦を決定し、無数の国民
を死に到らしめた軍と政治家の責任は否めない。
あの軍というそのもののね、野蛮さ、暴虐さを許せない」。

「僕は軍隊に入ってから、毎朝毎晩ぶん殴られ、蹴り飛ばされ。理由なんて何も無くて、
皮のスリッパでダーン、バーンと頬をひっぱたいた。
連隊長が連隊全員を集めて立たせて、そこで私的制裁は軍は禁止しておる。
しかし、公的制裁はいいのだ、どんどん公的制裁をしろ、と演説する。
公的制裁の名の下にボコボコやる」。

「この間、僕は政治家達に話したけど、NHKラヂオで特攻隊の番組をやった。
兵士は明日、行くぞと。その前の晩に録音したもので、みんな号泣ですよ。
うわーっと泣いて。戦時中、よくこんな録音を放送できたと思う。
勇んでいって、靖国で会いましょうなんか信じられているけれど、殆どウソです。
だから僕はそういう焦土作戦や玉砕を強制した戦争責任者が祀られている所へ行っ
て頭を下げる義理は全く無いと考えている。犠牲になった兵士は別だ。
これは社の会議でも絶えず言っています。
君達は判らんかも知れんが、オレはそういう体験をしたので、許せないんだ」。



332 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 01:28:50
日本は、戦争やる前にアメリカの対日政策について全世界に訴えれば良かったのに。
アメリカの政治家ですら、米国が日本のような状態に置かれたら戦うざるを得ない
って言ってたんでしょ?

333 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 01:36:41
>>331
>そこで私的制裁は軍は禁止しておる。
>しかし、公的制裁はいいのだ、どんどん公的制裁をしろ、と演説する。
>公的制裁の名の下にボコボコやる

この裁判の本質も正にこれだと思う

334 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 02:16:14
>>327 負ける戦争を仕掛けた、と言う時点ですでにタイーホ物の極悪人なんだが。倒産する会社の堤会長と一緒で。

335 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 06:30:03
http://nyt.trycomp.com:8080/modules/news/article.php?storyid=4173

北朝鮮に経済制裁を求める1万人国民大集会!


日 時  8月10日(水)午後6時〜午後8時30分
場 所  新潟市産業振興センター
     無料駐車場1000台分あり。新潟駅南口より臨時バス運行
     *支援金500円のみいただきます。
登壇者  櫻井よしこ(ジャーナリスト)
     平沼赳夫(元経済産業省大臣拉致議連会長)
     横田 滋(家族会代表)横田早紀江(横田めぐみさんの母)
     泉田裕彦(新潟県知事)
     篠田 昭(新潟市長)
     佐藤勝巳(救う会全国協議会代表)馬場吉衛(救う会新潟会長)
主 催  北朝鮮に経済制裁を求める新潟県実行委員会(委員長 馬場吉衛)
共 催  横田めぐみさん等被拉致日本人救出新潟の会(救う会新潟)
後 援  新潟県・新潟市・佐渡市・自民党新潟県連・公明党新潟県本部
     民主党新潟県連・新潟県を発展させるみらいの会・無所属の会
     北朝鮮による拉致被害者家族連絡会
     北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟
     北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会・曽我さん母娘を救う会
*当日のボランティア大募集!中学生、高校生も歓迎します。詳しくは救う会新潟まで!025ー265ー3123 ファックス025ー265ー3118

336 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:26:24
>>335
先日某証券会社の講演会で櫻井よしこさんの御説を拝聴しましたが
極東軍事裁判等に関する明快な意見が印象的でした。

337 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 14:51:03
>>334
仕掛ける時から負けと決まってはないのでは?
その言い方は結果論。

338 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 00:36:15
東条を批判するものはなぜ桂も批判しない?
戦争の見込みはどちらも悪かったのに。
結果論だけかね?

339 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 17:51:25
このスレに限らずいまだに「国際」軍事裁判であって、国内の敗戦責任者を裁く裁判ではない
という区別ができていないやつが多いな。
「○○はA級戦犯」と言いつつ敗戦失政責任を根拠に挙げるアホウがいたるところにいる。
たまたま被疑者が部分的に重なっているようにみえるだけで同一視してしまうんだろうな。

340 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 12:29:42
もしも近衛が自殺せず東京裁判にかけられていたらどんな判決が下されていただろうか?
ふと疑問に思った。

341 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 20:42:53
疑問の余地がない。死刑。

342 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 20:53:49
アメリカ、イギリス、フランスあたりは千年続いた名門の当主とか言われるとビビルから無期じゃね?

343 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 01:57:31
自分が属する文化圏なら敬意も払うだろうが、異文化では土人だろ。

344 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 19:04:48
どんな法律の入門書にも「罪刑法定主義」とか「事後立法の禁止」という言葉がのっているし、
どんな類の法律でも「法適用の妥当性」は問題になるので、
法律について少しでもかじったことのある人がドキュメンタリー「東京裁判」でも観れば、それが法慣習の上でいかに不当だったかはすぐ分かる。
藤岡でも分かる。あまり賢くない藤岡の党類でも分かる。それほど明々白々だ。
もちろんアメリカ本国もマッカーサーも分かっていながら白面で押し通した訳だ。
そうせざる得なかった、またはそうする必要があった、背景ってなんだろう?
それを探るのが日本史上の議論だ。
ちなみに、それを考えると日本とナチスドイツは事情が全く違っており、これは裁判の中でアメリカ検察官も認めざるを得なかったところである。
一つは天皇制の存続を正当化工作の面が見て取れる。ウェッブ裁判長(オーストラリア)は不満だったようだが。

345 :だつお:2005/08/16(火) 05:39:27
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍
  チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍

346 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 07:09:14
昨日も冬子が、東京裁判は間違ってるって、例の如く言っ
てたな。じゃあもう一度正しい裁判やれってか? アフォか
東京裁判だからあの程度ですんだんだぞ。もし正しい裁判
やってみろ。そりゃ原爆や市街地爆撃でアメリカも裁くこと
ができるだろうが、それ以上に東京裁判では見逃してもら
えた、我が国の多くの指導者層や軍人の方々まで裁かれることになるんだぞ。恐れ多くも。それ分かって言ってんの
か。もうちょっと物考えてから言え。

347 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 08:19:48
アフォはおまえ。
「正しい裁判」なら立件すらできない。
@事後立法の禁。東京裁判の立件の直接的根拠は国際法ではなく事後立法された慣習法、裁判所規則などである。

A国際法についていえば、これは国家を拘束する法であって個人を裁くものではない(法適用の濫用)
また罪刑法定主義に照らし、刑罰規定のない国際法によって死刑はもとより刑罰を課すことは不当である

348 :日本人:2005/08/16(火) 11:08:54
負けて切腹することも知らない者を指導者にしたことが間違い。また指導者
になって有頂天になった者、本当のバカ。今企業、国の指導者にこのたぐいの
人間が増えてる。

349 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 11:36:18
401 :カウント:04/08/10 11:31
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1086608688/
開戦前夜の超大物「重臣会議、陸海軍幹部、参謀本部、海軍軍令部、枢密院、軍事参議院、現職閣僚」
肩書は東條内閣発足当時(16年10月18日)
 {  }内は陸海軍予備役、後備役

<陸軍の大物>
陸相:東條 参謀総長:*杉山 教育総監:*山田 航空総監:*土肥原
軍事参議官:寺内(南方軍)、朝香宮、東久邇宮、*中村、*西尾、*山田、*篠塚
軍総司令:*畑(*後宮)(支那派遣軍)、*岡村(北支那方面軍)、*梅津(関東軍)、板垣(朝鮮軍)
朝鮮総督:{南次郎} 

<海軍の大物>
海相:嶋田 軍令部総長:永野
軍事参議官:百武源吾、加藤隆義、及川古志郎、塩沢幸一、吉田善吾、日比野正治
聯合艦隊:山本五十六 支那方面艦隊:古賀峯一
台湾総督:長谷川清

親王:*秩父宮(陸)、高松宮(海)、*閑院宮(陸)、*伏見宮(海)
宮廷:*木戸、*原嘉道、*鈴木貫、松平、蓮沼(陸)、{百武三郎}
重臣:*近衛、*平沼、*若槻、広田、*岡田、{*阿部、林、米内}
閣僚:*東郷、*星野、*賀屋、*岸、{鈴木貞一}
大使:*重光、{*野村、大島}、吉田、白鳥、本多熊太郎
政界:久原房之助、中島知久平、町田忠治、中野正剛
在野:*宇垣、頭山、徳富、*安岡、*鮎川、{*小磯、*柳川、真崎、荒木、石原、小林躋造、末次}
-----------------------------------------------------------
小物故排除(秋永月三、迫水久常、児玉誉士夫、笹川良一、橋本欣五郎)
既に死亡又は隠棲(湯浅、牧野)
宇垣、岡田、鈴木は退役

350 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 11:36:57
402 :日本@名無史さん :04/08/10 11:36
*既出
第二次近衛内閣発足(15年7月22日)から開戦までの省部主要職員の推移

陸軍省
次官:阿南惟幾→木村兵太郎
 軍務局長:武藤 章
   軍事課長:岩畔豪雄→真田穣一郎
   軍務課長:河村参郎→佐藤賢了
 人事局長:野田謙吾→富永恭次
 兵務局長:石本寅三→*田中隆吉

大本営陸軍部
参謀次長:沢田 茂→塚田 攻→田辺盛武
 第一部長:冨永恭次→田中新一
   第二課長:岡田重一→土居明夫→服部卓四郎
 第二部長:土橋勇逸→若松只一→*岡本清福

海軍省
次官:*住山徳太郎→*豊田貞次郎→*沢本頼雄
 軍務局長:*阿部勝雄→*岡 敬純
   第一課長:矢野英雄→高田利種
   第二課長:山口治平→鹿目善輔→石川信吾
 兵備局長:*保科善四郎
 人事局長:*伊藤整一→中原義正

大本営海軍部
軍令部次長:*近藤信竹→*伊藤整一
 第一部長:*宇垣 纏→福留 繁
   第一課長:中沢 佑→富岡定俊


351 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 11:38:23
宮廷:
内大臣  *木戸幸一 1940.06.01-1945.11.24
侍従長    百武三郎 1936.11.20-1944.08.29(元海軍大将)
宮内大臣   松平恒雄 1936.03.06-1945.06.04(松平容保の4男)
枢密院議長 *原 嘉道 1940.06.24-1944.08.07
枢密院副-  鈴木 貫太郎 1940. 06.24-1944.08.10(元海軍大将)
侍従武官長  蓮沼 蕃 1939.08.31-1945.11.30(陸軍中将1940.12.2大将親任)


352 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 12:13:03
>>297
近衛が入ると、日中戦争やノモンハンの責任を押し付けられた広田が抜けるだろう。

本庄、杉山が入ると、これまた日中戦争の責任が軽減される。
ただし土肥原は名前が悪い、松井は南京の生贄、木村は東條の次官、
荒木、佐藤、武藤は、田中隆吉のターゲットのため、それぞれ有罪は免れないと予想。

海軍で言うと嶋田は人気が悪く、東條と仲がよく、開戦時の海軍大臣であるため
山本が居ようと無期懲役だろう。


353 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:14:45
すんません、質問スレでも書いたんですが、

岸信介さんが東京裁判で不起訴になった理由について詳しい方います?


354 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:30:51
>負けて切腹することも知らない者を指導者にしたことが間違い。
このての侍の倫理のようなものを根拠にするなら
陸軍の精神論や総玉砕という考えも肯定することになるのにな
その上で近代戦を語ろうとする馬鹿までいるから手におえないw

355 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:07:20
>>353
被告の椅子が足りなかった、マジで。
あと東條倒閣の功労者。

356 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:13:33
椅子が28しかなかったため…という、アレね。
被告席みるとわりと余裕あんのにね。
アメリカ人にとってはあれでギュウ詰めだったんだろう

357 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:49:32
>>355
それははじめて聞きいた。その話はどこにのってるの?

どっかで、ソ連との確執も顕著になってきたから、ダラダラと裁判やってるのも
面倒だし、さっさと終わらして、日本を反共の砦としなきゃならんし、みたいな
話は読んだことはあります。岸も反共として使えるし、みたいな。

358 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 06:59:39
あとからきたソ連が重光と誰だかをごり押しして被告にしたから阿部と林が被告から外れた。
陸軍の出した首相なのにな。

359 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 07:19:33
>>347
だからね、そおゆう国際法に則った裁判じゃなくて、連合国側も裁けるような
「正しい」裁判が行われたら、って言ってるの。冬子や世のウヨ達がね、
よく言うでしょ。「勝者による裁判であって納得できない。勝者の犯した行為も
裁かれるべきである」ってね。でもそんなことしたら、東京裁判では政治的
理由で見逃してもらえた我が国の多くの方々も、バチかぶることになるよ、
って言ってる訳よ。分かったかい。
「正しい」なんてのは相対的なもんでね、あんたのように現行法のみを
正しいものと崇め奉るものもいるし、冬子やウヨみたいなのもいるわけよ。もちろん俺はどっちでもないしね。人それぞれよ。

360 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 07:52:12
ソ聯が梅津と重光を押し込んだせいで、真崎と阿部が外れた。

361 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:18:04
真崎は2・26の判決の件もあるから死刑で良かったのにな。

362 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:47:22
テレビ局としては、うければ何でもいいんじゃない?

363 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 21:01:04
「裁判を受け入れる」のと「判決を受け入れる」のとでは実際どのように違ってくるのでしょうか。
また、連合国、枢軸国、第三国のそれぞれの国々ではそういった理屈はどのような評価をされているのでしょうか。

364 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:14:17
>>363
判決を受け入れるというのは、裁判の正当性とは別に単に死刑などの刑罰の決定を受け入れるだけ。
裁判を受け入れるというのは、裁判そのものの正当性を受け入れるということだからぜんぜん違うよね。

365 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 01:30:14
>>360
なんでソ連は梅津なんかを?関特演?
はっきり言って重光元ソ連公使の方の理由もよくわからないし。



366 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 01:37:41
こりゃまた直球ストライクなスレがあったもんだなあ…

何か中国がこの東京裁判の結果をマンセーしはじめたらしいね。

367 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 03:06:19
>>364
じゃ結局、違いは被告側の気持ちだけってこと?
ただの負け犬の言い訳でしかないんじゃないの?
実際はなんにも変わらないじゃん。


368 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 03:21:26
チベットを侵略した中共のクソどもに、日本の事を言う資格なし

369 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 03:47:57
ttp://www.geocities.jp/hotdog_bolg/bloglog/1.html
ブログのミラー

ttp://www.nathansfamous.com/nathans/contact/htmls/contact.php
ネイサンズ本社へ九条のメールを出す方はこちら

まとめサイト
コミケでhotdogを売ったホクロが客をオタと呼びキモイとblogにかいた
http://www.geocities.jp/hotdog_bolg/

前スレ
コミケでhotdog屋のバイトが客のオタクをキモイとブログに書いた11
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1124287685/

370 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 04:33:18
>>367
どこに被害者の気持ちなんか出てくるんだ?
理解しがたい

371 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 05:00:32
屠殺場の壁がガラス張りだったら、
人々はみな、ベジタリアンになるでしょう。
             ポール・マッカートニー
「仏教」「地獄絵図」ってキーワードで検索してみてください。というよりしてほしいと思う。
ひよこはオスだとわかると数十匹袋に入れられて圧迫されて叩き殺される。
食肉される牛は最後涙を流すこともあるらしいです。片脚を鉄のチェーンで縛られ逆さまに吊るされ、宙に浮く。悲鳴を上げる。
牛は自らの重い体重を支えられず、吊るされた脚は脱臼し骨がバキとへし折れる音が解体場に鳴り響き、牛の頭は人間が持ってきた解体する大きなまな板のよな台に
首が乗って目は充血し、パニックになり鳴きつずける。人間はノコギリのような刃物で首に切れ目を入れ、その瞬間に動脈が切れ大量の血が滴る。。

ケ○タ○キーみんな好きだと思うけど・・・生きてる鶏を吊るして羽をむしりとり首を切って、中には動脈でつながり意識ある鶏を熱湯に放り投げフタをする。

俺このサイトみてから改心した。「牛の作文1、2」ってコーナー見て人間は戦争をやめろだとか平和を願ってるけど、家畜の動物たちに待ってるのは地獄。
安楽死させてると思ってた。もしくはガスの中で意識薄れていく中で死んでいってると思った。だけど、現実はそうじゃなかった。
涙というよりショックで肉食べれなくなった。。人一人がベジタリアンになると80の命が救われるらしいです。
俺は宗教あんま信じてるほうじゃないけどそんなんじゃなくて普通にベジタリアンになろうと思った。
俺が食べないことで少しでも殺される数が減っていることになるならいいやなんて思った。。

グロテスクな映像は見なくていい。命ってなんなのか。文章だけでも読んでほしい。ここを覗いた人が何かしら家畜たちに対して感じてほしい。

国道16号線を走っていた時、赤信号で止まって前のトラックの隙間から見えた牛と目が合った。
大きな瞳がすごく潤んで見えた。。それから16年間肉は食べていません

って書き込みに泣いてしまった。

372 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 05:20:18
>359
「勝利側による不当な裁判である云々」っていうことの意味を取り違えている。
確かパール判決だったかな、裁判成立に関し、もとより勝利者が敗者を裁くのは公正に欠けると言わなければならないのであって、中立国をもって裁くべき、という指摘があったことと、
米人弁護士による、「もし彼らが戦犯として裁かれるとすれば、
我々は原子爆弾を投下した人間の名を言うことができる。
計画立案をした参謀長の名も知っている。
その国の、元首の名も、我々は承知している」
とのべたことを根拠にしている。
あなたが言うような「正しい裁判」なるものをもう一度やり直せなどと言う文脈ではない。
WW1の反省から戦後処理を多額賠償方式から個人転嫁方式にしたのだが、日独のみならず連合国側の人間も裁判成立の不当不備を指摘した。
また、法の不遡及、罪刑法定主義というのは現行法というより、歴史的背景を持つ法の原則だ。
文明そのものと言ってもよろしい。

373 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 08:14:09
人それぞれといいつつ結局自分の価値観を主張して他人を批判するアホウなんかほっとけばいい。

374 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 09:27:58
>>367
つまり理解して頂けなかったということですね?
残念です。

375 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 10:12:12
裁判の正当性を認めないなら、判決も認められない、というのが普通なような気もするけど。

日本がサンフランシスコ講和条約を批准したときに、日本は「裁判は不当だから認めないが、
判決は認める」と主張したわけ?違うでしょ。つか、日本政府はずっと「裁判を受託した」
と言い続けているんだけど。

『この裁判については様々な議論があることは承知していますが、我が国は、国と国との
関係において、サンフランシスコ平和条約第11条により、極東国際軍事裁判所の裁判を
受諾しており、この裁判について異議を述べる立場にはないと考えています。』

外務省 歴史問題Q&A 東京裁判に対して、日本政府はどのように考えていますか。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/09.html

個人的にあの裁判とサ条約をどう思うかは勝手だけど(俺だって糞裁判と思ってる)、
とりあえず、日本政府がこう言ってんだから、これを前提にしなきゃ話にならんだろ。
この日本政府の見解が嫌なら、まずは日本政府に見解変えろや!と働きかけなきゃ。
前提はこっちで、佐藤和男系の見解が前提ではないでしょう。

376 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 11:11:35
>この裁判について異議を述べる立場にはない

まあ、これが敗戦国の基本的な立場だよな。
歴史を否定するより誇れる未来を指向したほうがいい気がするけど。

377 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 11:55:05
ようするに、「裁判じゃなくて判決」どうたらこうたら言ってる人は、

「日本政府は東京裁判を受け入れてない」と主張するんじゃなくて、
「日本政府は東京裁判受託を撤回しろ!」と主張すべき。

相手が「あんたを嫌い」と言ってんのに、
ストーカーが「いや、おまえは俺を好きなはず」とか言ってるより酷いぞ。
人のほんとうの気持ちはわからんけど、政府見解は明快だぞ。

378 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:38:19
原爆がより多くの人命を救った説→アメリカ人兵士の命を救ったのは間違いない。
                      日本人の命をより多く救ったかどうかは証明でき
                      ない。ルメイ方式の東京大空襲を考慮しない限り。

原爆が日本の領土をソ連から
救った説             →正しい。ソ連は8月15日に本土参戦予定だった。
                    原爆投下はソ連にとって全くの予定外。急遽参戦したが、
                    北方4島しか奪えず。 ドイツのように半分持っていく
                    のが理想だったので、ソ連としては大誤算。

結論:原爆投下によって多くの人命が失われた。原爆投下によって、より多くの日本人の
    命が救われたなど、証明しようがない。
    しかし、原爆投下がなければ、日本は、ドイツや朝鮮のように分断されていた
    可能性もあるし、少なくとも北海道はソ連領になっていただろう。
    基地を除き、全領土を1972年までに返還したアメリカと、北方4島すら返還しない
    ソ連。
    北海道をソ連に獲られてたらと思うと、ぞっとするのである。
    しかも、アメリカは(日本に対する)戦勝国だったが、ソ連は単なる裏切った漁夫の
    利を汚く得ただけの国だった。ソ連が日本領を奪うのは完全に筋違いなのだ。



379 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:43:06
http://d.hatena.ne.jp/claw/20050818
・・・日本国憲法草案を作った女の子、ベアテ・シロタ・ゴードンに萌え、
とか言ってみるテスト。
日本国憲法については、『TVブロス』巻末の超硬派コラム、
爆笑問題・太田光の「天下御免の向こう見ず」が、
最近なかなかイカした言及をしていた。
「日本国憲法の草案は確かにアメリカによるものだが、
それは日本国民の意志でもあった。
当時の日本国民の『戦争はもうこりごりだ』という感情と、
アメリカの憲法草案起草者たちの考えには、1ミリのズレもなかった。
だから日本国民は日本国憲法を受け入れた。イラクはそうではない。
だからいまだに不安定なままだ。」


(そもさん)
・・・「東京裁判は勝者による裁判だ。日本は無罪だ!」という奴を、
一撃でへこます言葉とは?
(せっぱ)
・・・「それをアメリカに言ってこい」。

380 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 14:18:50
>>379
アメリカって誰?

381 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 14:39:36
>>378
ソ連の侵攻こそ不当じゃん。
それに何人のアメリカ兵士を救ったにしても、
そもそも原爆は使用してはいけない兵器ではなかったっけ?
(うろ覚えだけど)

382 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 23:03:56
>>372
>あなたが言うような「正しい裁判」なるものをもう一度やり直せなどと言う文脈ではない。
いや、だからね。俺が言ってるんじゃないって。そおゆうやつがいるって話よ。

>「もし彼らが戦犯として裁かれるとすれば、 我々は原子爆弾を投下した
>人間の名を言うことができる。 計画立案をした参謀長の名も知っている。」
日本を裁くんなら、こいつらも裁けと。でもね、そんなことしたら日本にも跳ね返ってくるよ、って言ってるのさ。

>また、法の不遡及、罪刑法定主義というのは現行法というより、歴史的背景を持つ法の原則だ。
そう、歴史的なもののわけよ。絶対的存在じゃないわけね。歴史的存在なわけさ。
だから別に絶対視する必要はないってことさ。御成敗式目が長い歴史の中の
一齣であるように、近代法・現代法も歴史の流れの中に存在する一点にすぎないってわけさ。わかっていただけたかな。

383 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 08:15:15
>382
ことごとく屁理屈だな。

384 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 10:03:43
>382
上段:
その文脈の上にあなたが反駁しているから見当違いだと言っている。ちゃんと読め。

中段:
ではなく、裁判の公平性は担保されているかどうかという争点においてアメリカ人弁護士が一石を投じようとしただけ。

下段:
法にも無知だが歴史にも無知なことはよくわかった。
もう少し勉強しなさい。いずれ、今の自分の発言を恥ずかしく思う日が来るだろうから。

385 :sage:2005/08/20(土) 19:04:26
>>384
上段・中段
だからね、俺じゃなくて、そおゆう意見を持ってるやつがいるって言ってるの。俺が言ってるわけじゃないの。

下段
あんたは現代法の原理こそ至高の絶対的に従うべきものだと思ってるわけ?
でもね法も(その他の歴史上の事象全て)歴史的存在に過ぎないわけ。何年
か後から見たら、「法の不遡及、罪刑法定主義だってさ。しょうもなあ」な
んてことになりうるわけよ。近代的所有権の成立によって、前近代的所有権
が否定されたようにね。もちろん近代的所有権だって歴史的存在に過ぎない。
そのうちパラダイム変換が起こるだろう。もうその兆しも見え始めてるよう
だし。今から100年前は、みんなニュートン力学で世の中記述し切れてる
と思ってたけど、とんでもない間違いだったわけさ。法意識・法制度だって
同じ。今は当然でこれこそ唯一正しいものだなんて思ってても、所詮歴史の
流れの中では相対的なわけ。こんなこと歴史学・法史学のイロハじゃねえか。
何で歴史板で法語るヤツが、こんな初歩的なことわかんないかねえ。

>今の自分の発言を恥ずかしく思う日が来るだろうから。
そっくりあんたにお返しするよ、超歴史的現在絶対視主義者さん。

386 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 20:02:46

池袋最大級の書店、ジュンク堂池袋店4F喫茶店にて、9月16日18時よりイベントがあります。
定員は40人だそうです。
なお、この喫茶店は外(書店部)からヲチできます。

ttp://www.junkudo.co.jp/newevent/talk-ikebukuro.html
>うえの・ちづこ書店イベント:上野千鶴子、香山リカ「ぷちナショな風景」9月16日(金)18時半〜
>満席となりました。お申し込みありがとうございました。

ジュンク堂池袋店の場所
ttp://www.junkudo.co.jp/ikebukuromap.htm
店内の様子
ttp://media.excite.co.jp/book/shop/shop08.html

あと、こういうのものありますのでご参考に。
ttp://www.junkudo.co.jp/uenoshoten/uenotop.htm
>うえの・ちづこ書店
>これだけ読めば、あなたも上野千鶴子とのケンカに勝てる
>営業日:平成17年5月13日(金)〜平成17年11月下旬
>ジュンク堂書店 池袋本店 7階特設会場にて


387 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 20:30:21
>385
であれば「そおゆうやつ」のその前提的な誤りを指摘せねばならんところだろ。
それを「そんなことをすれば…」って始まるのは好んで水掛け論を仕掛けようとするものか、さもなければ無知の所産だよね。どっち?

後段。まだよくまとまってないようだね。
「立論・理由・具体例・結論」簡便な立論形式として一般的なのはこれだと思うが、「理由」にあたる部分が例え話ばかりで、まだ論の形をなしていない。
大学入試で小論文があるなら是非気をつけてもらいたいが、立論形式という歴史的所産も「相対的」なものだそうだから、あなたにはついに届かないのかも知れぬw

388 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 12:18:43
「親の遺産を相続する時に、負の遺産(借金)も一緒に相続しなければならないのと同じ理屈」で、
過去の帰結に対する政治的責任を負う

389 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 19:38:06
東京裁判を知るのに一番手っ取り早いメディアってなんでしょうか?

390 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 20:34:51
>385
>好んで水掛け論を仕掛けようとするものか、さもなければ無知の所産だよね。どっち?
なるほど、確かに。前者の意図があったことは認めるw

>後段 まだ論の形をなしていない。
いや、そもそも論をなそうとなんてしていないから。だって俺が言ってる
のは、歴史学概論や基礎法学の法制史(大学によって名称は異なる)で
一番最初のほうで習うことだろ。少なくとも俺はそうだった。いや、そも
そも全ての歴史的事象は相対的な存在である、なんて殆ど一般常識に属する
といってもいいんじゃないのかな。たぶんこれ以上やっても平行線だな。

>あなたにはついに届かないのかも知れぬ
またまたこのままあなたにお返しするしかないなあw

391 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 21:13:42
馬鹿ほど引用だらけのレスをする。
揚げ足とりだからだ。

392 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 22:28:13
松岡が病死しなかった場合の刑はどうだっただろう

393 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 22:55:00
死刑だろう

394 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 23:00:08
マンガ 『「百人斬り」報道を斬る』 ―敵はシナ中共政府と我が国の偏向マスコミだ―
日新出版 畠 奈津子 (著) 定価1000円(税別)
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4817405805/qid%3D1124120298/249-8387828-8707562
ttp://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31429647

『ここがおかしい中国・韓国歴史教科書』 読んで呆れる「正しい歴史認識」
日本政策研究センター編 定価300円(税込)
ttp://www.seisaku-center.net/booklet/cm-booklet/bl-akireru.htm



395 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 01:51:31
サンフランシスコ講和条約で日本は東京裁判を受諾などしていない。
11条はあくまでも、そのときに拘禁されていた囚人に対しての主権回復後の扱いに関する条文。
条文には、「諸判決を受諾し、拘禁されている日本国民に対して刑の執行をすること。」
と書いてある。「諸判決を受諾し」はあくまでも「拘禁されている日本国民に対して刑の執行」
に掛かっている。
つまり諸判決とはあくまでも「現在拘禁されている囚人に対して下された判決」でしかない。
このようなもので、日本が東京裁判を受け入れたなどとは言うことはできない。

396 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 02:35:24
>>375で紹介されている外務省のページにある11条の文言と比べて微妙に違っている
部分があるが、ようは外務省の見解に間違いがあるってこと?

ていうか、
「極東国際軍事裁判(東京裁判)は、戦後、連合国が日本人の重大戦争犯罪人を裁く
ために設置された裁判」(外務省)なんだから、
「現在拘禁されている囚人に対して下された判決」を受諾することは東京裁判そのものを
受け入れることと同じなんじゃないの?

397 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 03:55:47
>>396
できれば英文で読んでほしい。真実が分かるから。
http://www.uni-erfurt.de/ostasiatische_geschichte/texte/japan/dokumente/19/19510908_treaty.htm

Article 11

Japan accepts the judgments of the International Military Tribunal for the
Far East and of other Allied War Crimes Courts both within and outside Japan,
and will carry out the sentences imposed thereby upon Japanese nationals imprisoned in Japan.
The power to grant clemency, to reduce sentences and to parole with respect to
such prisoners may not be exercised except on the decision of the Government or Governments
which imposed the sentence in each instance, and on recommendation of Japan.
In the case of persons sentenced by the International Military Tribunal for the Far East,
such power may not be exercised except on the decision of a majority of the
Governments represented on the Tribunal, and on the recommendation of Japan.

そもそもの条文の目的というものを考えてほしい。ここではあくまでも、下された刑の引継ぎに関する
事務的な内容に終始している。もし主権が回復してしまったらその時に拘禁されている囚人に対して
日本は刑の執行を継続する義務はなくなる。それを防ぐために挟みこまれた条文。
そのような文脈で「judgmentsを受け入れる」と言っている。ここで言うjudgmentsは、「刑の内容」の
範囲を出ない。裁判の正当性だとかそこで言い渡された罪状だとかそういった物は含まれていない。
当時も当然「東京裁判を受け入れさせる」などと言った意図を持ってこの条文は書かれはしなかっただろうし、
サインをした吉田茂も、そのようなことは念頭においていなかっただろう。
あくまでも「拘禁者を勝手に解放しない」ための契約の条文であって。ここで約束したのはあくまでも
「拘禁者を勝手に解放しない」と言うことだけ。
このような条文を持って、「東京裁判の正当性を認めさせた」などと言ったら詐欺やひっかけに近い。

398 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 09:26:04
11条
日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争裁判法廷の
裁判を受諾し、且つ・・・・・・・・・・
ゴチャゴチャ屁理屈並べてるヤシらは「且つ」以下だけを抽出して勝手なゴタク並べてるだけ
どうせいかれウヨ評論家の受け売りてのは分かってるがw

399 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 10:26:44
自分で反論できなくなったので「ウヨ」とでもいっておけばいいか。

400 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 10:43:41
よく分からないけど、正当性の有無なんてそれほど問題じゃないんじゃない?

俺だって不当だと思っているけど、当の政府がその裁判を受諾したとした上で
どうこう言う立場にないって言ってるんだから、そこを出発点にしなけりゃ話に
ならんでしょ。それが>>375で言われていることなんじゃないの?

正当か不当かに関係なく、敗戦国としてその裁判結果を受け入れたことは事実
なんだから。

401 :398:2005/08/24(水) 10:56:26
おれはこの板初めてで他のレスとは関係ないので、為念

402 :397:2005/08/24(水) 15:22:14
>>398
むしろ、「日本が東京裁判を受け入れた」と思いたがってる奴らが「日本国は、極東国際軍事裁判所
並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争裁判法廷の裁判を受諾し」のところだけを抽出し、好き勝手に
言ってるだけなのでは?
俺は評論家の話など全く聞いていない。最初自分も「受け入れてたのか、悲しいな」と思っていたけど、
やっぱり実際に自分の目で確かめてみないと信用できないと思って、元の条文と原文を読んでみたら驚愕した。
2ちゃんねるでそれを訴えようとしたら既に言っている人がいて、自分の正しさを再確認したまで。

>>400
現在の政府がなんと言っていようが、元々の条文の意味は変わらない。
だから、その馬鹿な小泉や政府を糾弾しようと言ってるんじゃない。社説でちゃんと非難している新聞社もある。
397を読んで理解できないんなら、単なる知識と思考力のない馬鹿だから議論に参加する資格すらない。

403 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 16:23:24
ポツダム宣言の日本には意図的な誤訳じゃあるまいし、国際条約の条文の内容を
なんで英語と日本語で意味変えなきゃいかんのかね?そもそも日本には英文法の
権威はいくらでも存在する。その連中が違いに気がつかんとでも?
山県弁の曲学阿世のオヤジはなしだよ

404 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 16:24:55
いけね!一行目「日本には」は削除

405 :元内閣安全保障室審議官が2チャンネルの真実を暴露:2005/08/24(水) 16:52:37
「2chの書き込みが膨大な内閣機密費を使って行われていることすら知らない若者が多いのには驚く。」
と簡単に軍需利権に煽られる単細胞な若者の無知に元カナダ大使館公使が警告した。
「2チャンネルの書き込みが、当初と違って右傾化、政権擁護的になってきているのは、権力者がネットの影響力に気づいて、機密費を使って役人や「さくら」に書き込ませ、世論誘導をはかろうとしているからだ。
これはもはや知る人は知っている。実に卑劣な手口だ。」 これはもはや知る人は知っている。
http://amaki.cc/bn/Fx.exe?Parm=ns0040!NSColumnT&Init=CALL&SYSKEY=0097
http://www.shii.gr.jp/pol/2001/2001_02/2001_0218.html
首相 何に使われるか申し上げるわけにはいかないわけですから、そのことがいいか悪いか、私が申し上げる立場ではない、こう申し上げています。
志位 許されないこととはいえませんか。つまり、(「機密費」の目的は)「国の業務を円滑にする」というんでしょ。国会対策というのは、これは党派の問題でしょ。こういうものは許されないといえませんか。『内閣機密費の闇』
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/isiikoki09.htm
また『読売報知』は次のようにいう。
「″戦争は儲かるものである″侵略主義者はさう思ってきた、なかでも僅か三五才の無一文の一青年がたった三年間に三三億円といふ天文学的数字に近い巨大な富を築きあげた実例は世界戦争史上にも稀有のことだろう。四五・十二・六」
http://www.shii.gr.jp/pol/2001/2001_02/2001_0212.html
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2000.10.2/korega.html
改憲・有事法制利権が右翼にとってどれほど美味しいかを児玉誉士夫はみごとに体現している。


406 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 16:57:25
政府筋などがヒマな役人使って書き込みやらせてるのは常識だよ(知る人には)


407 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 17:00:51
ははっ、「蜂起」ていう小説にもあったね、K殺がネットに詳しい下僚使って
カキコさせ世論誘導して暴動起こさせたりするの

408 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 17:52:19
じゃあ情報公開法に基づき内閣府や外務省のインターネットアクセスログの開示請求をすれば、たとえ拒絶されたとしても波紋を呼ぶことはできるという訳だよな。
開示請求そのものは、誰でも、例え外国人であっても、1人でもできる。
お前等の国籍がシナやコリアであってもだ。
処分に不服なら行政不服審査法による審査請求もできるぞ。

409 :野次将軍:2005/08/24(水) 19:03:05
むきになって怒るとこみると図星か

410 :日本@名無史さん:2005/08/31(水) 15:52:51
>>375
『諸君!』2005年9月号
中曽根元総理への諫言
大勲位を返上しなさい
伊藤哲夫(日本政策研究センター所長)
小泉首相への参拝中止助言も所詮は「媚中」故の妄言。晩節を汚すのもほどほどにすべきだ
http://www.bunshun.co.jp/mag/shokun/index.htm

伊藤氏が書いているけど、戦後一貫して日本政府の見解は、裁判の正当性を認めるとか
そういうことではなく、単に刑の執行を継承するというだけのものというような立場だったのに、
中曽根内閣になってから変化している。

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)