5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【持久か】沖縄戦について語ろう【攻勢か】

1 :日本@名無史さん:05/01/23 03:01:20

沖縄防衛戦について語りましょう。




2 :日本@名無史さん:05/01/23 03:04:31
2

3 :日本@名無史さん:05/01/23 20:16:57
捷二号作戦

4 :日本@名無史さん:05/01/23 20:28:01
オレは泉を支持する。土民と心中なんかできん。

5 :日本@名無史さん:05/01/23 20:35:25
丹波哲郎が出てた沖縄戦の映画良かったな

6 :日本@名無史さん:05/01/23 20:49:03
摩文仁玉砕

7 :日本@名無史さん:05/01/23 21:14:53
三十二軍は持久戦か積極攻勢かでもめたのか

8 :日本@名無史さん:05/01/23 21:17:22
>>6
うちの爺さんは摩文仁で玉砕したんだと。

9 :日本@名無史さん:05/01/23 21:24:04
きゅ〜ちゃん

10 :日本@名無史さん:05/01/23 23:09:04
無駄な抵抗をし多くの国民を死なせたこの無謀さ無能さ
日本の恥

11 :日本@名無史さん:05/01/24 17:54:59
チョ−勇

12 :日本@名無史さん:05/01/24 18:21:55
戦記映画見ると、砂浜みたいな所で戦ってるシーンが多いが、
もともと森だったところを、木の根も残らぬほど砲爆撃で焼き払い、
地形を変えた後で上陸してくるから、いきおい後方に陣地を作らざるを得ない。
敵の機械化部隊と日本の徒歩主体の部隊じゃ、進撃速度も違うから、
制空権も無いし、夜間切り込みが唯一の積極攻勢策だった。

自動的に持久戦みたいになって、それも数ヶ月しか持たなかったということらしい。

13 :日本@名無史さん:05/01/24 18:30:41
13日の金曜日

14 :日本@名無史さん:05/01/24 19:22:15
昭和天皇語録

1945年4月3日
「此戦ガ不利ニナレバ陸海軍ハ国民ノ信頼ヲ失ヒ今後ノ戦局憂フベキモノアリ
現地軍ハ何故攻勢二出ヌカ 
兵力足ラザレバ逆上陸モヤツテハドウカ」
(防衛庁防衛研修所戦史室編 戦史叢書82「大本営陸軍部(10)」)


15 :日本@名無史さん:05/01/25 02:47:37
もともと要塞と言われるほど、守りに有利な土地はほとんどないです。
新聞も県民を煽り、犠牲者は県民の3分の1とも言われる18万人。数ヶ月の時間稼ぎのためにたくさんの犠牲者がでました。
日本人としての意識は本土ほど高くない沖縄人にとってなっとくできるものではないでしょう。それに対し、日本軍の独裁化してた行動。
自分が直接聞いた話で、アメリカ軍によって制圧されてよかった、と話す人もいました。


16 :日本@名無史さん:05/01/25 11:06:07
米が占領した後で、日本軍の方が良かったと発言するのは少数派か
もしくは米軍の無差別虐殺に遭遇した当事者ぐらいだろうな・・・。

17 :日本@名無史さん:05/01/25 17:47:19
沖縄県民かく戦えリ

18 :日本@名無史さん:05/01/25 21:43:44
渡辺中将って仮病だったってホント?

19 :日本@名無史さん:05/01/27 19:50:52
天一号

20 :日本@名無史さん:05/01/28 00:13:03
18のような馬鹿は来るな!

21 :日本@名無史さん:05/01/28 00:53:43
>12
戦争映画は資料になりませんよー。
せめて戦史のひとつでも読んでから出直していらっしゃーい。

>15
「方言論争」くらい勉強してからにしたらどうですか?

>16
米占領期の政治史を読み直されることをお勧めします。

22 :日本@名無史さん:05/01/29 01:29:56
方言はスレ違い

23 :日本@名無史さん:05/01/29 07:55:38
沖縄県民かく戦えリ

24 :日本@名無史さん:05/01/29 15:18:16
>>18
むしろ明らかに仮病なのは島田知事の前任者。名前は忘れたが。

25 :日本@名無史さん:05/01/30 12:47:22
話しを作るなよ

26 :日本@名無史さん:05/01/30 19:54:31
泉守紀のことだな、彼が沖縄から逃亡こいたのはれっきとした歴史的事実。

まぁ、後任者があまりにも立派過ぎたことが彼が罵倒される最大の原因なんだろうが。
泉は日本の官僚の典型例、彼程度に自分勝手な官僚なら今も霞ヶ関に山ほど居る。

27 :日本@名無史さん:05/01/30 21:33:38

君たちNEETも自分勝手に生きてるね。
うらまやしいな。

28 :日本@名無史さん:05/01/30 22:41:24
いや、其は史実ではない
言い張るなら論証してごらん

29 :日本@名無史さん:05/01/30 23:29:27
定説を否定するのなら、論証責任はそちらにありますよ。

30 :日本@名無史さん:05/02/01 14:32:56
>>26
それは、全てあなたの思い込みです。

31 :日本@名無史さん:05/02/08 22:27:24
ここには本気で「沖縄戦」について語ろうとする人は居ませんねw

32 :日本@名無史さん:05/02/08 22:35:05
泉の立場なら逃げて当然だろ。
平時の無責任官僚どもと違って生命の危険にさらされてたわけだからな。
俺は自分も同じような行動とると思うから泉を批判できん。

汚名を受けても生き延びた方がマシ。

33 :日本@名無史さん:05/02/08 22:39:29
職業軍人でバリバリの右翼の長勇と文官の泉とでは全然立場が違う。
長はあそこで死んで本望だろうし、それまでの言動からはそうでなきゃ
おかしいが、文官の泉は沖縄くんだりで軍人と心中する義理はない。

卑怯でも臆病でも、人間なら当然のことだ。むしろ、人間らしくていい。

34 :日本@名無史さん:05/02/08 23:53:29
と、言い出したらモラルハザードへ一直線。

嗚呼、国難に殉じた戦没者の皆様。
平成の日本人はこんな連中ばかりなのですよ。

35 :日本@名無史さん:05/02/09 09:48:33
>>34
>>32-33は国1エリート官僚。

36 :日本@名無史さん:05/02/11 01:23:44
 泉知事が逃げたと言うのは全くの妄想で、ご覧の通り、論者も論証できない。
 赤い捏造にご注意。

37 :日本@名無史さん:05/02/11 01:39:45
>29

38 :日本@名無史さん:05/02/11 12:07:35
ざわわ〜ざわわ〜

39 :日本@名無史さん:05/02/11 12:12:02
沖縄では降服する日本軍人がかなり出たのは事実。

>>34のような不勉強でもいっちょまえに発言できる(ただし2ちゃんだけだがw)
のが平成日本。

40 :日本@名無史さん:05/02/11 18:26:34
それは現地召集の沖縄のおじさん

41 :日本@名無史さん:05/02/11 18:35:14
>>39
ソース出せや

42 :日本@名無史さん:05/02/11 19:00:33
>39は何故いきなり「降服する日本軍人がかなり出たのは事実」なんて言い出したんだろう?
彼の脳内にいったいどういう電波がまぎれこんで、こんな脈絡のないことを言い出したのか。


43 :39:05/02/11 22:20:00
>>34のあほが沖縄で降服がなかった様な言いぐさをしたからや

44 :日本@名無史さん:05/02/11 23:08:48
なんか話の流れを勘違いしてないか?
あるいはなんか精神的にかなり疲れてないか?
話題はずっと泉知事の話なんだが。 軍人の降服の話は>39がいきなり言い出しただけ。

45 :日本@名無史さん:05/02/12 11:03:05
>>33で軍人の長の話をしてるだろ
よく読めやカスw

46 :日本@名無史さん:05/02/12 11:44:37
何万もの人が殉職しているのに、39のようなことをいうほうがおかしい。
34だって、一人も降伏していないと言っているわけじゃなかろうに。



47 :日本@名無史さん:05/02/12 11:45:39
八原参謀のような合理主義者は日本社会では冷遇されるのね。

48 :39:05/02/12 14:18:19
>>46
殉職と戦死はまったく別だがそんなこともしらんのか短小w
俺は当時の状況も知らないくせに過去を美化する>>34みたいな
手合いが大嫌いなだけだよ


49 :日本@名無史さん:05/02/12 18:12:53
公に殉ずる精神は同じだ。

50 :日本@名無史さん:05/02/12 18:46:29
>45
>33は「長は死んだ」って言ってるんだが……?


51 :日本@名無史さん:05/02/13 17:33:35
仲良く長勇将軍の忠死をたたえよう

こんな僕らでも、泉知事が死を厭うて逃げたなんて思わないよ
グズグズいうやつは理由を述べろ
嘘つきめ!

52 :日本@名無史さん:05/02/13 17:41:37
長勇て、南京攻略の際には、遠山満から贈られた陣羽織を着て馬にまたがり
従兵に旗指物を持たせて闊歩する姿が目撃されている(基地害

53 :日本@名無史さん:05/02/13 18:53:02
よくわからんが、長さんと言う人がいい人で
泉さんと言う人が悪い人なのか
戦前の沖縄は、チャンコロだらけだったんだなw

54 :日本@名無史さん:05/02/14 01:40:32
敵の支那軍だって「花王金」なんて旗立てて三国志みたい
長将軍の方が1500年も進んでる
一方的な非難止めれ

55 :日本@名無史さん:05/02/14 10:47:37
 違うよ。
 長勇陸軍大将は剛勇無双の豪傑で、泉知事も普通の人。
 赤い基地外は二人を共に非難するが、長将軍に対する非難は基地外なりに何言ってるのか
判るが、泉知事に対する非難は全くの錯乱妄想。
 泉さんに非行有りやと問われて全く理由を示せないんだからね。

56 :日本@名無史さん:05/02/14 11:23:51
長さんも泉さんもやまとんちゅ

57 :日本@名無史さん:05/02/14 13:15:56
 ここでも人気の長勇大将
【中島今朝吾】松井石根を称えるスレ【長勇】
 http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1067764628/l50

58 :日本@名無史さん:05/02/14 13:27:52
これって知事?

1945年 施設の改善につとめ労資協調優秀なる経営として香川県知事泉守紀より表彰
ttp://www.shodoshima-bus.com/com_info/

なんで同じ年なの?何歳まで生きたの?

59 :日本@名無史さん:05/02/14 13:30:52
ごめん分かった。
俺の祖父ちゃん沖縄で戦死したんだけど、なんか浮かばれない。

県知事に見捨てられた沖縄県民
沖縄県知事の泉守紀は十月十日のアメリカ軍の大空襲に恐怖し県庁を放棄して
北部に退避し県行政に支障を与えていたのであるが、十二月二十三日、
なんと泉は東京に逃亡してしまい、さらにあろうことか人事工作を行い
処罰されることなく香川県知事に転出し、政府は臨時に第三十二軍司令官
牛島満中将に行政権限を委譲しようともせず、
泉の敵前逃亡から昭和二十年一月三十一日に新任の県知事として島田叡氏が
沖縄に着任するまでの約一ヶ月間、沖縄県行政はほとんど停止状態に陥ったのである。



60 :日本@名無史さん:05/02/14 14:07:01
>>59
それは、全てあなたの思い込みです。

61 :日本@名無史さん:05/02/14 19:08:16
というわけで、泉を擁護してる奴は「思い込みだ」と言い張るだけ。
擁護する方法が無いんだからアタリマエですがねw

62 :59:05/02/15 01:47:21
>>60
思い込みでもなんでも、

祖父ちゃんが沖縄で日本の為に死んだのは事実なんだが。

そしてもう少し民間人の死者を減らせたのも事実だろ。

63 :日本@名無史さん:05/02/15 13:31:53
戦闘前でも人事異動はありえる
32軍司令官の渡辺中将も更迭されて沖縄を去ったが、誰も逃げたなんて言わない
俺は長将軍は大好きだが、泉知事に格別の思い入れは無い
だが、彼が逃げたと言うのは嘘だ
59は何ら具体的論証無く、抽象的非難を転載するものに過ぎない
無知蒙昧なる愚民の間にそのような盲説も流布されているのは事実だ
でもそれは流言蜚語に過ぎず、内容は真実でない



64 :日本@名無史さん:05/02/15 18:45:22
嘘だという根拠をあげなさいよ

65 :日本@名無史さん:05/02/16 00:19:05
駄目だ。
主張するものは証明する。
君がやりたまえ。
しからずんば君は、根拠無く人を謗る者、だ。

66 :日本@名無史さん:05/02/16 00:36:10
普通は人事異動の発令が先で、引継ぎ業務を行ってから
転勤先へ異動が普通。

異常ですし、65の煽りは陳腐すぎます。

67 :日本@名無史さん:05/02/16 18:58:14
戦時、まして空襲下だからは当然異常事態。
異常は逃亡を意味しない。

68 :日本@名無史さん:05/02/16 18:59:36
というわけで泉擁護者は「異常事態だから」と繰り返すしか能がありません。


69 :日本@名無史さん:05/02/16 19:16:23
別に「逃亡」でもいいんじゃないの?
まともな神経の持ち主なら、沖縄から逃げ出したいと思っても当然だろ。

俺は泉がああいう行動とったからって非難する気にはなれない。
ていうか、文官である泉に右翼軍人の長と同じ行動を要求する方がおかしい。

島田に比べて泉は立派とはいえないが、その分、人間的だと思う。

70 :日本@名無史さん:05/02/16 19:18:50
現代のわれわれが、あの当時の泉に対し沖縄で死ねと言う権利はない。
泉は戦うことが仕事の職業軍人ではない。ただの文官だ。

71 :日本@名無史さん:05/02/16 20:14:51
>>69-70
>文官である泉に右翼軍人の長と同じ行動を要求する方がおかしい
そうだな。
その論理で行くと一般人を徴兵して戦地に送り込むのはおかしいよな。
鉄血勤皇隊やひめゆり部隊なんてもっての他だよな。
公務員が公務を放棄してどうするんだよ。

72 :日本@名無史さん:05/02/16 20:19:14
だからと言って死ねとはいえない。
俺は同じ立場だったら、やっぱり泉と同じ行動をとるだろうし、
実際、県庁の幹部で内地に出張したまま帰らなかったヤツもいる。

みんな、死ぬのが間違いない島で軍人と心中するのは真っ平だってこと。

73 :日本@名無史さん:05/02/16 20:20:22
どんなに悪く言われようが、汚名をきようが生き残るのが一番。

74 :日本@名無史さん:05/02/16 20:24:40
つまりそれこそがモラルハザード。

75 :日本@名無史さん:05/02/16 20:35:12
だが、それがいい。

76 :日本@名無史さん:05/02/16 21:50:17
>>71
徴兵自体は制度としてある以上しかたがないが、鉄血勤皇隊やひめゆり部隊については
同意する。
非戦闘員を戦場の只中に放り込むなよ。

77 :日本@名無史さん:05/02/16 22:48:40
鉄血勤皇隊は戦闘員でしょう

78 :日本@名無史さん:05/02/16 23:09:02
正規の徴兵ルートから外れた現地徴用員って意味では一緒。
とくにこの場合は職業軍人とそうでない人間との差異に力点置かれてるんだから。

……とはいえ、それを非難するのは筋違いって気がするがな。
自国の領土に敵を迎えて人手が足りないってときに
職業軍人だけが動員されて民間人は知らん顔、ってのは
明らかに国民国家の常識に反するよ。
当時の沖縄県民の間には「日本国民としての証を見せる」という気概が
老若男女問わずひろく満ちていたことは、当時の体験者のほとんどが語ること。

79 :日本@名無史さん:05/02/16 23:55:31
鉄血勤皇隊に続け!

80 :日本@名無史さん:05/02/17 00:06:20
やなこった!

81 :日本@名無史さん:05/02/17 00:41:22
日本への帰属意識はどうあれ
自分の里の沖縄がやられかけてるんだから
現地の人の中から自発的に行動を起こす人だって出てくるでしょ。

82 :日本@名無史さん:05/02/17 01:45:36
牛なんとかって日本軍の軍人っていたよね?

83 :日本@名無史さん:05/02/17 07:38:24
>81
「自発的に行動を起こす人だって出てくる」なんていうレベルじゃないですよ。

84 :日本@名無史さん:05/02/17 10:35:33
鉄血勤皇隊に続くレベル

85 :日本@名無史さん:05/02/17 16:47:11
泉は公務殉職すべきだった
でも、異動で機会に恵まれなかったのは泉のせいではない
おまいらは基地外か
逃げたと言い張るなら根拠を示せ

86 :日本@名無史さん:05/02/17 16:56:54
千石武将並みの脳味噌で近代戦を戦ったつうことか!

87 :日本@名無史さん:05/02/17 17:01:24
効率よく頭を使って満州を手に入れたかった…。マジで残念。

88 :日本@名無史さん:05/02/17 20:54:18
戦國武将は聡明

89 :日本@名無史さん:05/02/17 21:01:42
>>82 牛島

90 :日本@名無史さん:05/02/18 01:08:56
>>89
釣られんなよ・・・

91 :日本@名無史さん:05/02/18 02:30:38
牛島って沖縄の十代の女性に子供生ませたんだっけ?

92 :日本@名無史さん:05/02/18 02:37:59
>>91
時代的に普通だろう・・
妊娠と沖縄戦とどんな関係が・・・。

93 :日本@名無史さん:05/02/18 04:57:50
>>91
まじで??
レイープ?

94 :日本@名無史さん:05/02/18 09:28:02
聡明な人物は勝ち目のない戦はしないもの

95 :日本@名無史さん:05/02/18 13:02:02
白痴かおまいは!
和戦の決は軍司令官の関知するところではない

96 :日本@名無史さん:05/02/18 19:34:19
県民への格別の配慮は、未だにありません。

97 :日本@名無史さん:05/02/18 19:45:06
公共投資は基地と引き換え、ってのは復帰前から政府が公言してることだしな……

98 :日本@名無史さん:05/02/18 21:32:27
泉知事へのデマが敗れたので牛島軍司令官に鞍替えしました

99 :日本@名無史さん:05/02/18 23:10:28
>>98
勝利宣言キター!

100 :日本@名無史さん:05/02/18 23:30:40
洒落だとしても、何故公務を完全に放棄した泉知事を庇う様な発言ができるのかが理解できん。

101 :日本@名無史さん:05/02/18 23:40:09
基地外だな
何故公務を完全に放棄したなどとと言えるのか

102 :日本@名無史さん:05/02/19 11:00:05
知事が逃げたと言うのは一種流言蜚語に過ぎない
だるま伝説と同じ

103 :日本@名無史さん:05/02/19 11:22:25
正式に辞令が出て転任したんだから、放棄とか逃亡ではないだろう。

104 :日本@名無史さん:05/02/19 11:32:59
逃げたんじゃ内務省としては外聞悪いから転任辞令だした。
富永カッカと同じパターン。

105 :日本@名無史さん:05/02/19 12:40:57
転任工作は?

106 :日本@名無史さん:05/02/19 12:51:41
転任工作してたから、香川県知事に異動できたんだろ。

107 :日本@名無史さん:05/02/19 13:51:43
中途半端な時期での転任の理由は?


108 :日本@名無史さん:05/02/19 14:33:40
使えないからだろう

109 :日本@名無史さん:05/02/19 14:40:20
本人が異動を熱望してる上に軍との関係がこの上なく悪化していたから。

110 :日本@名無史さん:05/02/19 18:44:43
戦時ですから異動も頻繁且つ変則的です
せんじにはそれこそが普通なんですよ

111 :日本@名無史さん:05/02/19 20:45:37
非常時だからすべてOKというのが擁護側の論理というわけですな。

112 :日本@名無史さん:05/02/20 02:20:46
戦時の人事は平時と違う、といってるだけだ。
話を作るなよ。


113 :日本@名無史さん:05/02/20 04:12:56
つまり泉にとっては転任の辞令が先で、東京に戻るのは当たり前。
重要な時期に1ヶ月間も責任者を決めずにいた政府が悪いということですか?
もしくは辞令を受けてから嶋田知事が赴任するまでの期間が長かった?
本当のところ、その当時の人事に関する史料など残っているの?

114 :日本@名無史さん:05/02/20 09:47:40
戦時だから、職務を放棄し転任工作に汗水流してもOK、と。
それはやっぱり「非常時だから何やってもOK」という価値観の下でしか合理化できませんねぇ。

115 :日本@名無史さん:05/02/20 11:56:19
>>113
島田知事だって沖縄に行きたくなかったんだよ。
いろいろ行かないで済むように工作したんだけど、うまくいかなかっただけさ。
それだけ内務省では泉はここで死なせるわけには行かない逸材と見られていたんだろうし、
島田は捨石にしても惜しくない人材だと見られていたのだろう。

116 :日本@名無史さん:05/02/20 13:25:07
>>115
意見が正しいかどうかは知らないが、
お前が最低な人間だという事だけは明確になった。

117 :日本@名無史さん:05/02/20 13:28:22
泉に氏ねなんて言ってる偽善者どもの方がよっぽど最低な人間だな。
俺はいまの平和な状況を享受してる身の上で泉知事の行動を非難できんよ。

118 :日本@名無史さん:05/02/20 13:44:17
>>117は富永恭次の孫。

119 :日本@名無史さん:05/02/20 15:36:08
>>117
泉も運が悪いとか可哀相だという意見もあるだろうが、
やはりそういう責任を問われる職に付いた以上(断らずに自分の意志で)、
県民や県政に対して責任を追わなければいけなかった。
別に戦争しろとか死ねとか言っている訳ではなく、
仕事をいい加減に放棄した結果、周囲に犠牲を与えたのは事実なのだから、
非難はされて当然。



120 :日本@名無史さん:05/02/20 16:07:42
戦争の中身を議論するには、一度戦争を肯定しないと始まらない
ので面白い。

戦争をしないことが一番良いわけだが、してしまったら「綺麗な戦争」
が望まれることになる。(非常に矛盾した話になる)

民間人を関わらせない事が一番だが、命懸けなのに「スポーツ感覚」
な事が要求されていて、整合性を取るのに苦労する。
国単位だから、民間人を別枠に入れるのは難しい。(当事者でない観客
的な立場にし難い)

戦国時代の戦い方で、集落を焼き払って領民を城に逃げ込ませて兵
糧の枯渇を早める戦法が多用されていたが、結果的にそれに近い状
態になったため、軍人と民間人に対立が生じ悲劇が起こったわけだが、
「綺麗な戦争」によって民間人が無関係な出来事として沖縄戦を平和
裏に乗り越えられた可能性は低い。

戦争の延長上にある一部の悲劇を、「それだけは避けられた」と考える
のは非常に矛盾している。

戦争が避けられたなら全ての悲劇が避けられた。
それだけのことを理解できないと、「綺麗な戦争」ならやっても構わない
ってことになって、また悲劇を繰り返す。

121 :日本@名無史さん:05/02/20 16:28:53
攻め込まれた記憶が無いから、
綺麗な戦争を標榜する、あの国の事を言っているのですね。

122 :日本@名無史さん:05/02/20 19:08:48
後学のために知っておきたいのだが転任工作て具体的にどんな事をしていたのですか。

123 :日本@名無史さん:05/02/20 22:43:58
日本軍も住民を避難させようとしたんでしょ?けど、「負けるわけがない!」つー思いと。
対馬丸が撃沈されたからあんなに死者が出た。

つーことで、OK?

124 :日本@名無史さん:05/02/20 23:17:55
転任を工作しても別に構わないんだが、泉さんが放棄や工作した事実は無い
立論の基礎が嘘なんだな

125 :日本@名無史さん:05/02/20 23:36:12
泉守紀が逃げ出した後に島田叡知事が着任したのだ。これは常識だ。
どういう風に逃げ出したのかは、「汚名」野里洋や「沖縄の島守」田村洋三でも読め。
坂本金吾(内務官僚)という内政部長も奴も先に逃げ出しているがな。
沖縄県立図書館や沖縄県立公文書館にいくらでも当時の新聞資料もあるから。
逃げ出すことは人間だから仕方ないと思うが、その後も内務官僚として偉そうにしていることが許せん。
しかし、こいつらの以外にも名前が知られていて二度と沖縄に来れない奴らは存在する。

126 :日本@名無史さん:05/02/20 23:55:56
>逃げ出すことは人間だから仕方ないと思うが

それさえ理解してくれたら、まあ、いいだろう。

127 :日本@名無史さん:05/02/21 00:01:04
いや
嘘だよ
内地へ出張はした
出張中に異動になった
それだけだ


128 :日本@名無史さん:05/02/21 06:22:56
このスレは、いやに登場人物の身内の書き込みが多いスレでつね。

129 :日本@名無史さん:05/02/21 09:12:58
いや、赤い基地外だ
百遍議論しても根拠を示せないだろ

泉が逃げたんなら、俺は絶対許さない
だが、違うんだよ
赤い狂信に過ぎない

130 :日本@名無史さん:05/02/21 10:24:46
>>129
> だが、違うんだよ

そっちの論者も根拠示せないから泥仕合になってるのでは?
さっさと反論不能な根拠出して黙らせろよ。次の話題に進めないじゃないか。

131 :日本@名無史さん:05/02/21 12:30:35
それは違います。
主張するものは証明する。
挙証責任は主張者です。

132 :日本@名無史さん:05/02/21 13:02:56
既に定説になってる事項に反論するのだから、
この場合の主張と証明の責任は擁護派にかかってきてるんですが。

過去の泉問題関連の書物、一冊でも読みなさいな。

133 :日本@名無史さん:05/02/21 13:07:22
ついでに言えば、
「泉が内務省を退官した」のなら、自分の命を守る緊急避難としての行為の正当性は無くは無い。
が、「沖縄は嫌だ、でも知事の椅子は捨てたくない」は
ただの自己中、モラルハザード。

知事は県の行政の最高責任者として、
軍政に移管されない限り最後の最後まで指揮を執る義務があるんだから。
そこまで含めて知事の仕事、なんだし
その大原則は戦時だろうが何だろうがまったく無関係。


134 :日本@名無史さん:05/02/21 17:28:35
泉知事を擁護する奴らは、なんで批判派をアカって決めつけるわけ?
そういうレッテル貼りやってたら、いくら正論を吐いても説得力なくなるよ。

135 :日本@名無史さん:05/02/21 17:50:52
俺は泉を擁護するけど、転任は実質的な「逃亡」だと思うよ。
だけど、あの状況なら逃げたいと思うのが人情で、転任工作に必死になっても
仕方あるまい。

136 :日本@名無史さん:05/02/21 17:53:59
>>133
転任を希望して、そのために可能な限り工作してもやむをえん。
沖縄くんだりで軍人や先住民と心中できるか。

137 :日本@名無史さん:05/02/21 19:17:01
ちょっと冷静になって、泉の沖縄県知事時代の政策を論じてもらえないだろうか。
県民には滅私奉公を言っておきながら自分は逃げ出したというなら批判されて当然だが、
県民の疎開に力を尽くしながら同時に自分の転任も計っていたというなら理解できる。

後任者(この場合は島田知事)が立派すぎたせいで前任者が不当に悪く言われるというのはよくあることだから。

138 :日本@名無史さん:05/02/21 20:58:51
>136
軍人と県民を敵に回す発言ですか。 あなた何様?

139 :日本@名無史さん:05/02/21 21:00:33
>135
辞表出して内務省退官しなよ。 そうすれば堂々と沖縄離れられる。

内務官僚としての義務を果たさず、権利だけ求めるから泉は下衆なの。
「俺はつきあってらんない、だから内務省からの給料もいらない」と辞表出したんなら
それはそれで筋の通った行動だ、誰にも非難されるいわれは無い。

140 :日本@名無史さん:05/02/21 21:07:51
転任工作して、それが認められたんだから、外野が文句言ってもしょうがないべ。

141 :日本@名無史さん:05/02/21 22:29:52
1.泉が逃げたなどという定説は無い。有るのは流言蜚語のみ。
2.百歩譲って定説だとしても、定説であるということは、論証義務を免れるものではない。
  同意するものの間でだけ論証が省略されるのみ。
  証明不要ということは全然無い。
3.定説であろうとなかろうと人に汚名を着せて断罪するのに理由の瀬詰尾が出来ないなどという北朝鮮張りの言い分は通らない

142 :日本@名無史さん:05/02/22 04:15:03
沖縄から10万人の老人や婦人、子どもたちを日本本土や台湾に疎開させる計画をたて、
そのため沖縄から1944年7月から1945年の3月までに約7万人が南九州と台湾へ疎開していくこととなる。

学童疎開は、資質優秀な児童を安全地帯に移して、たとえ沖縄全県民が玉砕することになっても、
子孫を後世に残すことができる。したがって優秀な教師と学童をいま疎開させることは、
将来に対処する重大な意義がある。また、終結する軍隊の食料を確保するためにも必要なことである。
以上のことから特に熱心にすすめられた。

沖縄県民の犠牲者・・・15万人。
対馬丸などの疎開中の死亡者数・・・少なくとも5千人以上。

143 :日本@名無史さん:05/02/22 14:40:30
>>142
そして、その教師と学童にも換えがたいほど金枝玉葉の身であるところの泉元知事。
そして、その教師と学童に比べれば鴻毛ほどに軽い身であるところの島田知事。

それだけのこった。

144 :日本@名無史さん:05/02/22 14:55:29
島田知事が立派な方であることは異議無く承認するが、泉知事への非難は例によって事実無根だよ
彼に非違があると言い張るなら事実を示したまえ

145 :日本@名無史さん:05/02/22 15:20:00
島田知事も断ろうと思えば断れたのよ。
でも、「僕が行かないと誰かが行くことになるでしょう」と言って赴任。
ま、偉い人とは思うが、常人には真似できないね。

むしろ、イヤでしょうがない任地から脱出するため、あれこれ画策して、
見事に脱出に成功した泉知事の方が人間らしくていい。

146 :日本@名無史さん:05/02/22 21:27:34
転任工作て中身はただの泣き落とし&虚仮威し?それとも贈収賄?

147 :日本@名無史さん:05/02/22 23:31:25
>>141
> 2.百歩譲って定説だとしても、定説であるということは、論証義務を免れるものではない。
>   同意するものの間でだけ論証が省略されるのみ。
>   証明不要ということは全然無い。

本当にここは学問・文系ブロックにある日本史板に存在するスレなんですか?
信じられなくなってきました。

148 :日本@名無史さん:05/02/23 00:49:06
>>145
人間らしいとは思うが、いいとは思わん。
人間だからしょうがないかもね、程度。

149 :日本@名無史さん:05/02/23 01:10:27
>>145
普通に官を辞するのなら文句ない。

責任から逃げ出して、官僚としての地位だけは守ろうとする態度が最低。
命惜しいなら惜しいなりの筋を通せと。


150 :日本@名無史さん:05/02/23 01:34:19
>>147
>>141はその定説を唱えた人が生きていても既に鬼籍に入っていても同じように論証義務を
問うような人なんですからちょっかい出すのはおやめなさい。
先日も網野氏の墓の前で怒鳴ってたから、彼に論証義務を果たせと言っていたのでしょう。

151 :日本@名無史さん:05/02/23 09:09:23
論証できないので荒して見ますたw

152 :日本@名無史さん:05/02/23 19:20:34
転任による異動で任地を離れるのは何の問題もない。
また、異動を希望したり、その筋に運動、工作するのもやむをえない。
道義的に非難する者もいるだろうが、泉知事が沖縄で死ぬ必要は全くない。

死ぬことイコール責任を果たすことではないし、軍との軋轢、対立で思うように
職務が果たせなかった以上、あんな棺桶島から逃げ出したとしても非難できない。

153 :日本@名無史さん:05/02/23 21:58:41
だーかーらー
逃げてないってのよ
嘘話に乗せられてるよ

154 :日本@名無史さん:05/02/24 00:04:49
どっちも論証しようとしないから無駄にループするんだよ。
知識ゼロの俺のために、泉知事が逃げたのか、ただの人事異動なのか、根拠やできれば参考文献なども挙げて論証してくれないか?

155 :日本@名無史さん:05/02/24 08:49:48
冤罪なんだから、無い事実を論証できない

156 :日本@名無史さん:05/02/24 20:01:01
オキナワで死ぬ馬鹿がいるかよw

157 : :05/02/25 02:23:02
>>155
できるよ。
批判派の論拠をひとつひとつ潰していけば、少なくとも黒を灰色にするぐらいはできる。
まあ、それにはまず批判派が論拠を示さなきゃいけないわけだけど。
俺は泉知事の転任工作について知りたいんだが、具体的にどんなことをして、
それはどんな史料や証言からうかがえるのか、説明してくれる人いない?

158 :日本@名無史さん:05/02/25 19:43:20
いない。
有りもせぬ話はできない。

159 :日本@名無史さん:05/02/25 19:52:52
>>157
「汚名」という本を読むといい。

160 :日本@名無史さん:05/02/25 19:54:30
小説は創作にして史実に非ず

161 :日本@名無史さん:05/02/25 20:07:39
さらば〜 にほんよ〜
たびだ〜つ ふねは〜
ていこく〜せんかん〜 ヤ〜マ〜ト〜

162 :日本@名無史さん:05/02/25 23:53:10
世の中に  ていこく〜せんかん〜  という言葉が有るか! 

163 :日本@名無史さん:05/02/25 23:55:27
      -'::.:;;:-‐:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、::.:.:.:ヽ、:.:.゙、
      ,'.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:..;!:.i:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ;::::.:.゙、:.:.゙!
      !,.'.:/:.:.:;.':.:.:.:.:.:.,.'゙!:.、:.:、:.:.:ヽ、:.:.:.:.、:.:.:.゙、:::.:.゙!::.:|
      .,'.:,イ:.:./:.:.:.:.:.:./  ゙、゙、:.ヽ;:.:.:.ヽ、:.:.:゙、.::.:.゙;:::.:.!i:.:!
      .,':;'::.:.:.;':::.:.:.:.:./,,__  ヾ,ヽ:゙、ヽ、:::.ヽ、:.゙!:::.:.゙!:::.|l.;!
     l::!゙i:.:..;!::.:.:.:.:;' _,,.`ヽミ、、ヾ:.、,.>,、、ヾ!::::.:|::.;'/
     |:! ゙!::.;イ::.:.:.:;!ィ´!ノ:::::iヽ ヽ、 ` ,イ,ノ:::!゙ヾ::.:.;!iス、      赤い話をやめなさい
.      ゙! ゙!:| !::::.:.:|  ゙!::::::ノ      L::::ノ  !|:/.:ヽヾヽ、        反逆罪は死刑だよ!
        ヾイ、:.:.,. - 、 ̄´           ,!!':.:.:.:.:゙、ヾヽ`ヽ、
       ,.'i゙,' !::ヽ!   \    '     ,.' ゙、:.:.:.:.:.:.゙! ゙!|  ,!
      /,rl::!´゙!::.:.゙、.   ゙、  ´ ̄   ,.::'.::::::::゙、:.:.:.:.:.゙! .i|:.. |
      .// |:! .゙、:.:.:゙、.   ゙!-/⌒!_,..-'',!:「`_- _:.!|i:.:.:.:.| ! ,. ,!
    .,.':,'   |!  ゙、:::.:.:.゙! .:..l |  |-‐''゙,'::::! i::ト、` i|_!:.:.:;'-'; ,'
   .,.'::::!:..    .:.゙、:.:,r' ー--ゝ、 {ニ´ッ::__::! l::゙、テ``!::/   ,!
  んヘ:゙、:..    .:::..,! 、...__  ゙!、゙、,ィ',´-::..、!:::゙、:. |/   |  
     ヾ、:.     .:.!    `ヽ.!  !,ィ´`` ‐--ヽ,_/   _,,.!  
       i゙     .{ '' ´ ̄ヽ y /::..     !- ....二二-'
       .,! ..:. ,.._ァャ゙、 t‐ 、 ,ソ /:..      ;.ヽ、 /
       ,! .:ィ',./ム-'"ヽ、` ―'゙ /:::..      , i::. Y__,
.     ゙!:.,.:イ |::i       /:::...     ,.:':. :. . !、,.゙!
      `i   !::!      イ|::::::    ,.ィ'::. ..   ,'.! !

164 :日本@名無史さん:05/02/26 08:59:20
誰も赤い話なんかしてないだろ

165 :日本@名無史さん:05/02/26 09:03:31
泉を謗るのはアカだよ

166 :日本@名無史さん:05/02/26 09:38:13
なんでそーなる??

167 :日本@名無史さん:05/02/26 15:05:31
今日は226事件の記念日

168 :日本@名無史さん:05/02/26 15:56:37
>>163
トマト、梅干、昔の消毒薬、誠直也、口紅、りんご、紅葉、血潮・・・。

169 :日本@名無史さん:05/02/26 17:00:45
泉を批判したらアカか。あほらし。
この調子だと、集団自決や日本兵の住民虐殺を話題にしたら泥沼になるんだろうな。
また糞ウヨにスレがひとつ潰されていくわけだ。

170 :日本@名無史さん:05/02/26 17:03:32
クソウヒョって一種の宗教だな

171 :日本@名無史さん:05/02/26 17:05:55
むしろ泉を批判してるのは、普通ウヨの方だろ。

172 :日本@名無史さん:05/02/26 17:09:55
ウヨはサヨが批判するものを賞賛したがる習性があるから

173 :日本@名無史さん:05/02/26 17:47:45
嘘つきが 論証出来ずに 逆恨み

赤い嘘 理も非も無しに「ウヨのせい」

174 :日本@名無史さん:05/02/27 10:09:44
 第2次大戦末期、佐渡島の相川金山で、連合軍捕虜387人が虐殺されたとの情報を
盛り込んだ英語本が海外で出版された。新潟国際情報大学のグレゴリー・ハドリー助教授は、
佐渡には連合軍捕虜はおらず、情報は「歴史の歪曲(わいきょく)」と指摘。
ねつ造された情報が独り歩きすることを憂慮している。
 この本は、既に死去したニュージーランドの作家、
故ジェームズ・マカイ氏が1996年に出版した「上層部の裏切り」。
 同書は、ニュージーランド人戦犯調査官、ジェームズ・ゴドウィン氏が保管していた
資料「ファイル125M」を基に、相川金山で1945年8月2日、捕虜387人を集めた
鉱山を旧日本軍が爆破、生き埋めにしたなどと主張。

 これに対し、ハドリー助教授とオーストラリア在住の研究者は、佐渡の郷土史家や
お年寄りらに対する聞き取り調査を実施。助教授らは調査の結果、
佐渡には連合軍捕虜はいなかったとしている。
 また、ゴドウィン氏がオーストラリア政府に提出した公式の報告書と比較、
分析してみたところ「ファイル125M」自体がマカイ氏のねつ造であること分かった、
と助教授らは指摘している。
 旧日本軍による捕虜の扱いが不当だったとして、日本側に賠償を求めようとする
オーストラリア元軍人らのため「虐殺」をねつ造し、旧日本軍の残虐性を示す狙い
があったのではないかと助教授はみている。

175 :日本@名無史さん:05/02/27 10:18:13
↑ 関係ない話題の上、長文コピペとは感心できんな。

176 :日本@名無史さん:05/02/27 10:20:12
関係大有りだ。
同じ捏造なんだから。

177 :日本@名無史さん:05/02/27 14:41:21
ひとつの捏造が他の都合の悪い情報すべての捏造を証明する。
それがウヨさん達にとっての歴史学。

178 :日本@名無史さん:05/02/27 14:45:20
沖縄戦での住民虐殺とかの話題が出ないように、あたりさわりのない泉ネタで
それ以上の話題の進行をストップさせてるのかな?

179 :日本@名無史さん:05/02/27 22:04:32
アメリカ軍が行った住民虐殺は戦争だから不問でしょ?
日本軍のは虐殺ではなく、自殺教唆でしょ?

180 :日本@名無史さん:05/02/27 23:23:15
泉知事が逃げた問うのは与太話であって史実ではない。
アカが幾ら喚いても具体的事実を語れないのは虚構だからさ。

ということで、先へ進んでもらってかまわんよ。
米軍残虐で怪しからん

181 :日本@名無史さん:05/02/27 23:55:50
事実を証明することは否定することよりも難しいのは確かだが、
180は何故こうも頑なに
泉が逃げていないという与太話を言い続け、
かつその証明を拒否するのかが分からん。

182 :日本@名無史さん:05/02/28 00:22:47
赤い嘘は許さんぞ!

183 :日本@名無史さん:05/02/28 07:57:53
泉が逃げたというのは一種のカルト。
赤い狂信から科学的論証に耳をふさいでうずくまってる。

184 :日本@名無史さん:05/02/28 08:00:16
人間爆弾マンセー 特攻はわれらのホコリであり鑑である 金一派

185 :日本@名無史さん:05/02/28 08:02:36
 今や沖縄本島における組織的地上戦闘は終了した。
 敵はこゝに陸上航空基地の推進とその拡充を急ぎ、虎視眈々わが本土上陸の機を窺つてゐるのである。
 これを邀撃するわが方策は、去る臨時議会における阿南陸相の演説によつて閘明せられたる如く、敵来寇せば海上においてこれを葬り、陸上に迫つた時は水際にこれを撃砕し、更に免かれて上陸したる敵に対しては圧倒的兵力量をもつて随所にこれを撃滅するのである。
 しかもその準備は既に整つてをり、過去の離島作戦において得た尊い戦訓が、この時こそ真に物をいふのである。
 嘗て外人記者団が去る会見において、特攻精神に関し二時間に亘つて説明を聴いたが、遂に理解することが出来ず、それは『アウト・オブ・ルール』即ち反則であると評してゐる。
 即ち戦争の常規を超えた皇國護持の国民的熱願こそ、揺ぎなき勝利への基盤である。事実必死の境に身を置いた一人の兵の発揮する能力は、真に想像を絶する威力を発揮するものである。
 まして一億国民の一人々々が特攻精神に燃えて立上る時こそ、その威力は従来の戦争の常識をもつてしては到底計り知るべからざるものであり、周到な物的準備と相俟つて、皇國の必勝は些かの疑ひもないのである。

”沖縄決戦は何を訓へたか”  大本営報道部 20、7、2

186 :日本@名無史さん:05/02/28 08:07:45
カミカゼのような安価でかつ精密な誘導兵器を開発できる日本民族の能力はすんばらすー
それに比べて搭載する飛行物体の能力が落ちるのは難点だがw(敵将

187 :日本@名無史さん:05/02/28 20:14:55
泉逃亡説の説明ができないので話を逸らしますた

188 :日本@名無史さん:05/02/28 23:59:53
特攻隊の勇士に続け!

189 :日本@名無史さん:05/03/01 03:22:33
>>179
> アメリカ軍が行った住民虐殺は戦争だから不問でしょ?

それを一度中国人に言ってみてくれ。(w

190 :日本@名無史さん:05/03/01 09:26:27
           /  ,,,,,,,,,,,;;;;;         \
          /''''',,,,;;''''           ,,,,,,,,,,,,,i;
          ;i,,,;;'''         ,,,,,,,;;;''''''''    l;
         .;i   ,,,,,,,,;;;''''''' ,,.-,,.'''       . i; 
          ;i,,,,,;;''''     ..i;粘;i;,,,,,;;;''''''''''''''''''''=i;  
        !;;;;.,ヽ  .,,,;;;iiiiiiiiiiii;i.着i;iiiiiiiiiiiiii;;;,,,  / ,,;;;;! 
         iiiiilll|||||||||||||||||||||||IIII||||||||||||||||||||lll,,;;!iiiii  _______
         iiiii|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||iiiiiiiiii  /          |
         `|||||||||||||||||| ● ||||||| ● ||||||||||||||||||"  | >>181    |
          ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||   .| お前、     .|
        .((i|||||||||||||||||||"    `||||||||||||||||||||)) / 馬 鹿 だ ろ |
         ((i||||||||||||||||||   ̄ ̄  |||||||||||||||||||ノノ  ̄|______/
   __,,,;____.__ i|||||||||||||||||||iiiiiiiiiiiiiii|||||||||||||||||||||i__________,__
 iii"卍卍卍卍iii||||ii||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||ii||||卍卍卍卍卍`iiii
ii||||卍卍卍卍ii |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||卍卍卍卍卍i;||iii
i||||卍卍卍卍i|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||卍卍卍卍卍i;|||iii


191 :日本@名無史さん:05/03/01 18:48:08
他人の非行を難じながら、その非行の実在を証明できないばかりか、証明を拒否するようでは仕方が無い
大方淫祠邪教の神の啓示であろうw

192 :日本@名無史さん:05/03/02 16:46:58
「泉が死にたくなくて遁走した」という説があるなら、「島田は自殺したくて沖縄に赴任した」
って説があってもおかしくない。
しかし、そんなことはありえないので前者もまた嘘。

193 :日本@名無史さん:05/03/02 18:50:33
そのとーり
赤いデマゴーグに過ぎない

194 :日本@名無史さん:05/03/02 18:57:32
泉はオキナワで犬死にしたくなかったから異動を希望して、見事に生還できた。

島田は他に引き受け手がないから死を覚悟してオキナワ棺桶島に赴任した。

195 :日本@名無史さん:05/03/02 20:55:33
よし、証明せよ

196 :日本@名無史さん:05/03/02 21:24:32
昔、沖縄戦のVTRで日本兵の死体映像みて「じーちゃんだ!」
ってばぁさん騒いでた(確かに沖縄で戦死してる)
顔良くわからん映像なんだが。
それとも3ヶ月でも夫だった香具師はわかるもんなのかね。

197 :日本@名無史さん:05/03/03 06:47:09
泉は逃げた。
おまけに辞職もせず、給料は貰い、県民を完全に見捨てた。
現代の官僚と同じだろうがなんだろうが、
これは明らかな事実だ。

最低だ。

198 :日本@名無史さん:05/03/03 11:43:33
だーかーらー
どうして事実なのよ
おまいら共産党の宣伝にすぎん

199 :日本@名無史さん:05/03/03 15:42:35
もうアカとか共産党とか言ってる奴らだけで勝手にやってろ。
俺もう降りた。会話にならん。

200 :日本@名無史さん:05/03/03 18:19:44
うんこ

201 :日本@名無史さん:05/03/03 18:51:56
論証できないのでうんこしておりました。

202 :日本@名無史さん:05/03/03 22:52:53
>>198
学研の新刊も共産党に釣られてます。

203 :日本@名無史さん:05/03/04 07:04:43
今のイラクのようなやり方でゲリラが続いたら?

途中で米軍が諦めるか、虐殺始めるかどっちかで、
多分、メディアが無いあの時代だったら、
虐殺始めて、沖縄の日本人は皆殺しにされちゃうね。
あの時代では使えないか。

204 :日本@名無史さん:05/03/04 09:35:17
ゲリラは弱いよ
効果なし

205 :日本@名無史さん:05/03/04 11:33:36
現代においてはイラクにおけるゲリラは効果的だぞ。
装備があれだけ違うのに米国はかなり同等のダメージを食らっている。


206 :日本@名無史さん:05/03/04 13:10:49
それは政治的問題で、軍事的には年間千人の損害は損害のうちにはいらない

207 :日本@名無史さん:05/03/04 15:50:25
まあ、確かに経済復興を考えるとゲリラしている間に
どんどん他のアラブ諸国から遅れていくわけだもんね。
日本がそれをしたら今の日本は無いだろうな。
歴史を見れば諦めが肝心とも言える。

208 :日本@名無史さん:05/03/04 20:21:20
>>207
うーん。それならチベット・ウイグルの連中もおとなしく
民族浄化されて中国人になったほうが良いということにならんか?

209 :日本@名無史さん:05/03/05 04:30:21
分かってて聞いてるんだろうけど、チベット・ウィグルは違うだろうな。
彼らは占領されていて、明らかに中国という一つの国に組み込まれようとしている。
自分達の国を失う危険性が高い。

イラクは世界的にみて国連の支配下だから、
アメリカに勝手なことをされてはいても、その植民地には絶対にならない。
政権の自立が早ければ早いほど開放も早いだろう。

そう考えると、日本は戦争には負けたし、多くのものを失ったけど
運が残っていたということが分かるね。
まあ、這い上がるだけの実力もそれを育てる土壌も当然あったんだけど、
果たして、今の日本が同じだけの実力や土壌を持っているかな?


210 :http://dempa.2ch.net/prj/page/ura2ch/:05/03/05 04:32:07
ura2ch ura2ch

211 :日本@名無史さん:05/03/05 08:01:53
集団自決や日本軍による住民虐殺の話題から話をそらしたい人が必死ですね。

212 :日本@名無史さん:05/03/05 10:59:26
>>211
どうぞ、関係なく自分の考えを述べてください。

213 :日本@名無史さん:05/03/05 12:09:56
赤い基地外だ、ほっとけ

214 :日本@名無史さん:05/03/05 20:23:01
まあ、沖縄人にも自分に危機が降りかかると、
自分を助けさせるため、協力させるために計画的裏切りをし、
助けて貰ってる間も裏切りを重ね、助かった後
ありがとうとも言わない屑同然のヤシもいる。
県民カク戦カエリ伝聞とは全く逆で恩を仇で返すというわけだ。
コノヒトその業界ではまあまあ有名人なんだが。
自分が偉くなったと思っている人間の行動は、どこでも大差ないってこった。


215 :日本@名無史さん:05/03/06 01:07:49
狂人の話はわからんな

216 :日本@名無史さん:05/03/06 01:13:45
そもそも沖縄戦はしても意味はない。

217 :日本@名無史さん:05/03/06 01:36:22
理由は?

218 :日本@名無史さん:05/03/06 01:40:31
日程は米帝にても足も出ないから。(20字)

219 :日本@名無史さん:05/03/06 03:04:35
ところで当時の県知事は投票で選ばれたの?


220 :日本@名無史さん:05/03/06 03:24:04
泉が仮に裏工作を行ったにしろ、成功し地位も失わなかったならそれが泉の実力。
職場でも周りと折り合い悪く環境劣悪なら誰でも逃げ出したいと思うだろう。
でも例えば誰もが工作して成功するわけじゃない。
一方で島田タイプで才能もありもう少し泉のように立ち回って
いいんじゃないのか、そこがもったいないとさえ思える奴もいる。もちろんとても人望はあるが。

221 :日本@名無史さん:05/03/06 09:03:37
日本語の使えない方には発言して欲しくありません。
多分、泉及び島田、両者の行動を正当化したいのだろうが、
行動した歴史は変わらなくても、評価は個人個人で行うべきです。
すなわち、泉の行動は県政の最高責任者として絶対に糾弾されるべき行動で
島田の行動は非難される行動ではない。

222 :日本@名無史さん:05/03/06 09:52:09
おお、基地外健在だな
うんこ終わったか

223 :日本@名無史さん:05/03/06 14:29:18
>>221
島田信者乙。

224 :日本@名無史さん:05/03/06 16:37:45
馬鹿ばっかし

225 :日本@名無史さん:05/03/07 00:31:37
221の価値観には賛同するが、事実認定を間違ってるんだよな
泉は逃げてない

226 :日本@名無史さん:05/03/07 05:40:32
>>225
逃げたどうこうではなく、
県政の最高責任者としてすべき業務を怠ったことを糾弾されるべき、
事実糾弾されており、その流れは間違いではない。

227 :日本@名無史さん:05/03/07 09:35:03
全く間違っている
事実誤認の上に流れもへったクレも無い

冤罪というものは、君等のような人々が生むんだろうな

228 :日本@名無史さん:05/03/07 09:38:56
>>227
事実について語れ・・。

229 :日本@名無史さん:05/03/07 13:46:49
泉元知事に、これだけ祖父を愛してくれるお孫さんがいるとは驚きです。
立派なお孫さんがいて、泉さんもさぞ草葉の陰で喜んでおられるでしょう。

230 :日本@名無史さん:05/03/07 18:32:45
沖縄戦
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1108947337/


231 :日本@名無史さん:05/03/08 07:09:42
>>229
まだ死んでないよ。

232 :日本@名無史さん:05/03/08 10:17:45
防空壕とか野戦病院跡とかいっぱい行ったよ。
洞窟の、折り重なった死体の下で三日間気絶してて、
意識を取り戻した人の話とか、もう壮絶。
でも、本当に生きようと思えば生き残れた人、多かったんじゃないかなってすげー思った。


233 :日本@名無史さん:05/03/08 10:21:46
ここは住民虐殺のネタはタブーかな。
去年ぐらいに、深夜に日テレでそれについてのドキュメンタリやってて、
現場にいた軍曹の証言の肉声テープとかも流れてて
すんげー怖かったの覚えてるんだけど。

234 :日本@名無史さん:05/03/08 12:52:44
↑ ばか

235 :日本@名無史さん:05/03/08 20:48:25
軍の命令て町内会の会長さんとか小学校の先生あたりの脳内で・・・

236 :日本@名無史さん:05/03/09 00:28:00
>>231
おい! じゃあ泉元知事は今何歳なんだよ。(w

237 :日本@名無史さん:05/03/09 07:50:19
>>236
泉が逃げたとか・・・、泉が死んだとか・・・。
お前ら何一つ証明できないくせに、勝手なことばかり言いやがって。
その電波を証明してみろ。

238 :日本@名無史さん:05/03/09 10:47:21
>>237
戦後60年経過してるんだから、当時40代の超エリートだったとしても存命なら100歳超えて
るぞ。日本人の平均寿命から言ったら既に物故者と推測しても不当ではないぞ。
死んでいないのなら、何かそれを証明できるものがなければ信じがたいぞ。

239 :日本@名無史さん:05/03/09 11:34:27
超人泉は逃げませんし、死にません。

240 :日本@名無史さん:05/03/09 12:14:23
こないだまでトルーマン大統領も生きてた

241 :日本@名無史さん:05/03/09 17:32:08
泉はナイスガイ。



オキナワで土民と心中させるには惜しい人材だ。

242 :日本@名無史さん:05/03/09 19:04:32
沖縄では米軍の戦車も結構やられてるんだよね。


243 :日本@名無史さん:05/03/09 23:41:41
当然だ。
第32軍参謀長、剛勇長勇大将は張鼓峰事件で鳴らした対戦車戦の名人だ。

244 :日本@名無史さん:05/03/10 02:17:26
>>242
30両中22両が戦闘不能になったとか言われてるな。
肉薄して爆薬投げつける挺身攻撃と対戦車砲が有功だったらしい。

245 :日本@名無史さん:05/03/10 03:22:25
さすが泉、戦車戦も大得意だった訳ですね。

246 :日本@名無史さん:05/03/10 08:13:56
沖縄戦に投入された戦車は何百両も有ったから、そりゃ一局地戦だろう
米地上軍の総帥バグナー将軍は戦車の大量補充を電請してる
我が軍の奮戦が偲ばれる

247 :日本@名無史さん:05/03/10 14:42:42
アメリカ軍の戦死者数は?

248 :日本@名無史さん:05/03/10 19:05:38
死傷者五万

249 :日本@名無史さん:05/03/11 10:09:35
米将曰く「日本の砲兵には参った!」
第五砲兵團長和田孝助中将乙

250 :日本@名無史さん:05/03/13 23:32:38
沖縄戦での米軍戦車の損害は約220両。
半数が火砲で残りが挺身攻撃。
手もなくやられた訳ではない。

251 :日本@名無史さん:05/03/14 16:07:09
各所で米戦車隊を全滅させますた

252 :日本@名無史さん:05/03/14 17:49:28
長は中将だろ

253 :日本@名無史さん:05/03/15 00:26:39
戦死大将

254 :日本@名無史さん:05/03/15 10:06:17
武功抜群

255 :日本@名無史さん:05/03/15 17:43:29
浅田真央

256 :日本@名無史さん:05/03/19 21:32:58
沖縄戦で太田少将が送った感動する電文があるらしいのですが、出来れば全文読まさせて貰いたいのですがだれか持ってませんか?

257 :日本@名無史さん:05/03/20 13:34:07
「太田実」でググッて出てくる最初のサイトに原文と現代語訳が載ってるよ。

258 :日本@名無史さん:05/03/20 13:37:36
太田じゃなくて大田だった

259 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 08:35:32
沖縄県民かく戦えり…ってやつ?

260 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 08:49:08
その沖縄を自己保身のために捨ててしまうとは
皇統護持のためとはいえ醜い
昭和は今からでも廃帝にすべきだろ。明治大帝に申し訳ない

261 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 10:28:31
むしろ琉球はきれいさっぱり放棄して、独立させてやるべきだった。
戦後は琉球政府のままでよかったのにね。

262 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 11:13:39
独立してたらキューバみたいな貧乏国家になってたろうな。

263 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 11:15:33
自助の精神でなんとかせい。

264 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 11:17:57
それはムリ

265 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 13:52:56
おまえら盲目すぎw
一生、神軍 皇軍 逝ってろ
兵士の民度では、

米軍>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>日本軍

だったってのは当事者の沖縄県民が証言してんだよ
沖縄戦体験してもないのに日本軍ヨイショしてんなよ


266 :日本@名無史さん:2005/03/22(火) 01:06:05
いやーん。
漏れが以前に立てようとしたけど、
ナントカ制限で立てられなかったスレがあるぅーーーーー
うらやましいぞ、>>1 このこのぉ( *´∀`)σ)*´д`)プニプニ


267 :266:2005/03/22(火) 01:11:02
というわけで以前用意したものを貼ってみるよ

○>日本全体の動き
●>沖縄県における軍の動き
▲>沖縄県における民間の動き
☆>アメリカの動き

268 :266:2005/03/22(火) 01:11:41
1944年/昭和19年

2/25 ○「決戦非常措置要綱」決定
3/8  ○インパール作戦開始
3/22 ●第三二軍(沖縄防衛軍)新設 司令官渡辺正夫中将を予定
3/29 ○「中学生の勤労動員大綱」決定
4/10 ●海軍、沖縄方面根拠地部隊を新設
6/17 ○☆マリアナ沖海戦 
7/7 ○☆サイパン玉砕
7/10 ○インパール作戦中止 ビルマ戦線崩壊
8/8 ●渡辺中将に代えて牛島満中将、第三二軍司令官に着任
8/13 ○☆グアム玉砕
8/18 ○東条英機内閣総辞職
8/22 ▲疎開船「対馬丸」撃沈 ○小磯国昭内閣発足
8/24 ○学徒勤労隊・女子挺身隊勤労令各公布

10/10 ★米軍、沖縄各地に五波の大空襲(10・10空襲)
〜12 ☆ルソン島アパリ・台湾に空襲
10/12〜16 ○☆台湾沖航空戦 実状に反する大戦果が報告される
10/20 ☆米第6軍10万、レイテに上陸 ○神風特攻隊編成
10/22 ○第十四方面軍(司令山下奉文大将)、第三五軍(司令鈴木宗作中将)に対しレイテ決戦を電名
10/24〜25 ○☆フィリピン沖海戦 フィリピン方面の制空・制海権が連合国側へ
10/25 ○レイテ作戦中止、以後持久戦へ

10/30 ●第九師団演習
11/23 ●第九師団、台湾に移動決定
※第九師団は第三二軍の最精鋭。これを失ったことにより、第三二軍司令部は水際での迎撃作戦を放棄

12/15 ☆ルソン島に米軍上陸。第十四方面軍、持久戦を開始
12/23 ▲沖縄県知事泉守紀、東京へ出張。以後職場復帰せず

269 :266:2005/03/22(火) 01:13:46
1945年/昭和20年

1/20 ●「沖縄県防衛強化実施要綱」決定 ●十七〜四五歳の男子を防衛徴集開始
1月下旬 ▲新知事 島田叡着任
2/14 ○近衛文麿元総理、敗戦必至を上奏
2/15 ▲女子師範、一高女(ひめゆり学徒隊)に南風原(はえばる)陸軍病院での看護実施訓練開始
2/19 ▲鉄血勤皇隊(沖縄県下の学徒動員部隊)の編成始まる
 ○☆米軍海兵三個師団、硫黄島に上陸。激戦の始まり
3/1 ★米軍艦載機九百機、奄美、沖縄本島 宮古、八重山を空襲
3/6 ○「国民勤労動員令」で、十五〜四十五歳の男女を動員
3/10 ☆東京大空襲
3/20 ○大本営「当面の作戦計画大綱」発令(沖縄作戦に重点)
3/22 ▲最後の疎開船撃沈
3/23 ★米軍機動艦隊、沖縄本島に砲撃開始
3/25 ▲県庁を首里城内の地下壕に移転
3/26 ★●▲米軍、慶良間諸島に上陸。守備隊・住民との戦闘(3/29 制圧)
 ※連合国、沖縄初の上陸作戦。以後戦場となった場所では抵抗と集団自決が相次ぐ
 ★英艦隊、先島へ艦砲射撃開始
 ○☆司令官栗林忠道中将はじめ硫黄島部隊玉砕。

270 :266:2005/03/22(火) 01:15:35
4月頃 ☆連合国軍、フィリピンのほぼ全島を掌握
4/1 ★米第10軍、読谷(よみたん)・北谷(ちゃたん)両海岸より沖縄本島へ上陸。ほとんど抵抗をうけず嘉手納の北・中飛行場占領。
4/3 ★●普天間で両軍接触。
4/3〜 ○参謀本部、第十方面軍(第三二軍の上位組織)、海軍連合艦隊司令部、第三二軍に督戦
4/5 ●★宜野湾(ぎのわん)で本格的な戦闘開始 
 ○小磯内閣総辞職 ☆ソ連外相モロソフ、日ソ不可侵条約の不延長を通告
 ★米太平洋艦隊司令長官二ミッツ、軍政を開始
4/6 ○戦艦大和を中心とする第二艦隊、沖縄に向け徳山を出撃
4/6 ●★日本軍、菊水一号作戦による航空総攻撃(沖縄方面への陸海航空部隊の特攻攻撃。6/21の十号作戦まで続く)
4/7 ○☆大和、屋久島西方260キロで空襲をうけ、撃沈。 ○鈴木貫太郎内閣発足
4/8 ●★嘉数(かかず)高台で激烈な戦闘開始
4/12 ●第三二軍、総攻撃開始 ★米軍、辺戸岬(沖縄本島の北端)に到達
4/13 ●前日からの総攻撃失敗、作戦中止。
4/16 ★米軍、伊江島を占領
4/21 ●★伊江島守備隊玉砕 ●第三二軍嘉数高地より撤退。
4/24 ▲首里周辺の非戦闘員に南部への移動命令。
4/25 ▲県庁、繁多川の警察部壕へ移動
4/26 ○鈴木貫太郎首相「沖縄現地軍官民に告ぐ」を放送
「……私共本土にある国民亦、時来たらば一人残らず特攻隊員となり……」
4/27 ★首里北方二キロに米軍進出
4/28 ★●第10軍猛攻開始(第1次攻撃)。牧飛行場占領
 ○イタリア元首相、ムッソリーニ処刑
4/29 ●第三二軍、総攻撃(玉砕突撃)を決定
4/30 ○ドイツ総統、ヒトラー自殺

271 :266:2005/03/22(火) 01:17:29
5/3 ●東西海上より撹乱のための船舶工兵による逆上陸作戦開始
5/4 ●第三二軍攻撃開始
5/6 ●★第三二軍総攻撃失敗、作戦中止。
 ▲県庁、知事を長とする沖縄県後方指導挺身隊に改編
5/7 ○ドイツ無条件降伏
5/8 ★●首里西方の52高地(シュガーローフ)の戦闘始まる
5/9 ★●首里攻防戦はじまる
5/10 ▲米占領地域・石川収容所で学園石川学校開校
5/11 ●★米10軍第2次攻撃。各地の日本軍部隊、後退。
5/21 ★●雨乞森・大里城址陣地壊滅 ●第三二軍、喜屋武(きゃん)半島に撤退・抗戦継続を決定
5/24 ●義烈空挺隊、北・中飛行場に特攻玉砕。 ★米軍、那覇市を占領。
5/25 ★米軍、首里に突入
5/30 ●第三二軍司令部、摩文仁(まぶに)に後退
 ※以後、日本軍の陣地は南部のガマ(自然洞窟)になる。そこにはすでに避難民が入っていた。
 日米両軍が民間人を巻き込んだ戦闘、あるいは虐殺を行う惨状となる。
5/31 ★米軍、首里を占領

272 :266:2005/03/22(火) 01:18:09
6/2 ●▲宮古・八重島の各部隊、戦闘準備のため住民をマラリア地帯の山地に強制疎開させる
6/3 ▲後方指導挺身隊(=沖縄県庁)、解散
6/4 ●第三二軍喜屋武半島撤退を完了、最後の抵抗線を構築。(八重瀬岳−与座岳−国吉−真栄里)
 ●白梅学徒隊に解散命令。
6/6 ★米軍、那覇飛行場を占領。 
 ●海軍沖縄根拠地隊司令大田実少将、訣別電及び異例の電信。
 「沖縄県民斯く戦へり 後世格別の御高配を賜らんことを」
 大田少将始め、根拠地隊参謀自決。
6/17 ★●摩文仁北方にて激戦。米軍、抵抗線突破。
 ★第10軍司令サイモン・バックナー中将、前線視察中に攻撃をうけ、戦死。
 その後、真栄里・国吉の集落で米軍が報復の無差別攻撃。
6/18 ●牛島中将、訣別電を打つ ▲ひめゆり学徒隊に解散命令(その後わずかな生存者以外、ほぼ全滅)
6/19 ★●摩文仁司令壕に米軍機来襲。牛島中将、最後の一兵まで抵抗を続けるよう、最後の軍命。
6/21頃 ▲島田知事消息不明(殉職)
6/21 ★米軍、摩文仁の丘を占領。
6/22頃 ●牛島司令、長参謀長、自決。沖縄の組織的戦闘終了。
6/27 ★▲久米島で米軍の住民虐殺事件
6/30 ★米軍、掃討作戦を終了

273 :266:2005/03/22(火) 01:19:01
7/2 ★米軍、アイスバーグ(沖縄攻略)作戦終了を宣言
7/26 ☆連合国、ポツダム宣言を発表
8/6 ☆△広島に原爆投下
8/8 ☆ソ連、日本に宣戦布告
8/9 ☆△長崎に原爆投下
8/14 ○御前会議でポツダム宣言受諾を決定
8/15 ○△戦争終結の詔書を発表(玉音放送) ○鈴木内閣総辞職
8/16 ○大本営、全陸海軍に対し停戦命令(連絡の不備により、各地で戦闘は継続)
 ○第五航空艦隊司令官宇垣纏中将、大分より艦上爆撃機11機を率いて沖縄に特攻
 ○陸軍中堅幹部、戦争継続のためクーデターを企図
8/30 ●国頭支隊投降
8/24 ●渡嘉敷の赤松隊投降
8/25 ●宮古島守備隊戦闘停止
9/2 ●先島・奄美群島司令官代理 、米軍司令部で降伏文書に調印
(第三二軍の書類上の戦闘終了)

274 :266:2005/03/22(火) 01:23:29
読み返してみたら、記号の意味が違ってるね。
○>日本、および枢軸国全体の動き
●>沖縄県における軍の動き
▲>沖縄県における民間の動き
△>日本全体にかかわる民間の動き
☆>アメリカおよび、連合国全体の動き
★>沖縄におけるアメリカはじめ連合国軍の動き

かな。結構前に作ったからあやふや。


275 :日本@名無史さん:2005/03/23(水) 01:03:31
>>266


276 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 00:09:08
日本軍の不名誉を一人で補った大田実だけど、手元の本によると
陸軍から南部撤退の報をうけたとき、海軍部隊も撤退することにしてた。
携行不可能な重火器を破壊して移動を開始。
ところが陸軍は、海軍部隊に援護させて撤退の予定だった(伝言に不備があったのか)
急遽、持ち場に戻るよう命令。
その命令を受けて陣地にもどるが、もはや小火器しかなく、抵抗は無理。
大田の胸中やいかに。

277 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 03:26:14
163 名前:緑装薬4 ◆3lto9dDpe2 [] 投稿日:04/10/24(日) 17:49:20
>159
ああ、あとね。

沖縄戦を本土決戦と同じに考えちゃだめだよ。

1 米軍来る前に逃げろといったのに「魚雷怖ぁ〜い」とかいってほとんど逃げなかった。
2 日本軍わ南部で「玉砕」するから北部に逃げろといったのに「見捨てるのか」といって一緒にくっついていった。
3 いざ玉砕しよーとすると「話が違う」といって逆上した。
4 戦後、金ほしさから「悪いやまとんちゅ」ということで日本政府から金ふんだくった。

以上の本質がわかってて「沖縄戦」を本土決戦と同一視してるのかな?


・・・攻勢行動を伴わない防御が成功するわきゃないのわ、当時の日本軍でもわかってたことだよ。

沖縄防衛=全滅するまでの時間稼ぎ
だってことわね。

278 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 06:56:39
うむ。日本軍は悪くない、全部沖縄県民が悪いのだ!
日本軍を悪く言う奴は反日だ!!

279 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 07:03:00
日本軍って実のところ、どの程度悪だったのかな?
アメリカ軍と比べるとどのぐらいひどいことをしたの?

280 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 09:46:17
沖縄の人たちにとって日本軍が一番卑劣な奴らでした。

281 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 09:58:29
>>279
防空壕(洞窟)など島民が避難しているところに日本軍が入り込み
軍使用施設であるからと島民を戦火の中に放り出したり
泣いてる乳飲み児を「敵に見つかるから」と云う理由で殺したり。
日本軍は碌な闘いもせず、一般市民を戦闘に巻き込んでいった。
いわば、戦闘中でありながら島民の命より日本軍の命が重いといった
振る舞いを露骨にしていたのです。

282 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 11:28:01
そんなに日本が嫌いなら独立するなりアメリカに併合してもらえばいい。それをしないのはゆすりたかりをしたいからでは?

283 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 11:41:27
10年位前本土のマスコミが沖縄の独立を煽っていたな
知事の大田が沖縄を独立させるとか
しかし選挙では大田や左翼系は負け続けてるのが現実

284 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 12:01:12
従属好きの琉球民族。中国王朝に従属→島津家に従属→大日本帝国に従属→アメリカに従属→そして今は日本国に従属

285 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 12:08:06
>>281
一方米軍は沖縄上陸前に軍民問わぬ無差別砲爆撃で
日本軍もろとも沖縄県民を殺傷しました。

286 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 13:33:11
そうだ!反日沖縄人は独立すればいいのだ!
日本は我々2ちゃんねらーに代表される真の愛国者のものだ!!

287 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 13:54:07
>>286
言葉だけの愛などいらない。
さっさと「竹島」を取り返して来い。

288 :281:2005/03/24(木) 14:06:15
>>285
アメリカは敵軍だからね「日本軍人を狙って攻撃する」
のは当然。
私が言いたいのは、日本軍は民間人の命を守るという意識が
乏しかった点で軍人としてのモラルは最低だったということ。

良心・良識があるかないかの問題です。


289 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 14:45:11
戦場にモラルとか良心、良識があるのだろうか?あるとすれば軍紀に基づく事ではないのだろうか。

290 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 15:28:10
戦闘地域に民間人が残っていれば巻き添え食うのが当たり前。戦闘中は軍事的合理性=戦力維持が最優先で、民間施設は接収され追い出されても仕方ない。
避難勧告無視した沖縄人が悪い。


291 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 15:32:24
>>289
揚げ足を取るわけじゃないけど、軍紀とモラルってあんまり意味が違わないような・・・
軍規あるいは軍律って言いたいんじゃないの?

ちなみに、戦場にも良心はある。
沖縄戦体験者の手記を読むと、良心的な日本兵も大勢いたことがわかる。
「証言は意味が無い」ってのが2ちゃんねるの基準かもしれんが。

そういえば以前、ふらっと見にいった極東板に沖縄戦のスレがあって、
「降伏しようと出て行った日本兵が味方に背後から撃たれた」ってことを書いたら、
知識ゼロの奴に「敵前逃亡なんだから撃たれて当然じゃねえか」とか粘着されたなあ。

292 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 15:49:13
>>288
「軍人として最低」というけど、軍人が良心を発揮した証言は少なくない。
幾人かの良心でどうなるわけでもないが。
そもそも日本帝国軍は国民を守るための軍隊ではなかったわけで。
まきぞえにしたというよりも、民間人が戦場にいることがどういうことか
知識も考えもなかったのでは。

293 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 15:52:08
>>290 沖縄戦自体に軍事的合理性が無かったのだがね


294 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 16:05:15
>>292 >>日本帝国軍は国民を守るための軍隊ではなかったわけで。
それが問題だと言ってるんじゃないの?

295 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 16:20:01
>>290
沖縄戦について調べたのは何年も前なので知識が薄れてるが、

県外疎開しようにも海は米軍の攻撃に遭う可能性がある(対馬丸みたいに)
本島北部に避難しろと言われても現地に受け入れ準備ができてない(食料がなかったんだっけ?)

あと、備蓄してる食料は軍が使うから置いていくように言われたんじゃなかったっけ。

それと、師範学校の生徒は疎開したら教員免状を与えないとか学費を自費で払えとか言われてたんだよね。
彼(彼女)らは軍属になるわけだけど。

あとは誰か補完・訂正してくれ。

しかし
>戦闘中は軍事的合理性=戦力維持が最優先で、民間施設は接収され追い出されても仕方ない。
>避難勧告無視した沖縄人が悪い。
こんなことよく書けるなあ。
仮にそれが正論だとしても、あの惨状を考えれば、俺にはとてもこんなことは書けない。

296 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 16:43:32
まあ、あの狭い地域にものすごい鉄量を叩き込まれたら
民間人を守るも何もないわなあ。
下手に一緒にいても吹き飛ばされるだけだし。

297 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 17:56:14
>>296
ただ、持久戦という方針をとらなければ、県民の犠牲ははるかに少なかったはず。
首里が陥落して日本軍が撤退してくるまで、本島南部は同じ島で戦闘をしているとは思えないぐらい静かだったらしい。

298 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 18:05:34
本当は日本軍は沖縄の人を守るために一生懸命戦ったんだよね。
後から変な風説が色々と出てきたけど,沖縄の人たちが
保証を受け取るためには仕方のないことだったと思う。


299 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 22:19:45
>295
そりゃ、そだよ。
いちお最低ランクでも官吏の端くれだったからな。
純粋な民間人ではなかったし、学費無料な上に給料まで出ていたし・・。(平時に辞めても義務年限とかなにゃらで普通に拘束されていたんだだから・・・。)







帝大出の知事さんは逃げ出したけど現地採用じゃないから役人的には
オツケなんだ。

300 :290:2005/03/24(木) 23:45:57
>>295

それは後付の言い訳だろ。
沖縄人が軍隊から離れることを不安がって、また住み慣れた家から出るのを嫌がったのが本当。

近代の軍隊ってのはどこの国でも民間人守りながら戦争するなんてことはできない。そんなことしてたら圧倒的に不利になるのは明らかだから。
ただでさえ不利な日本軍にそんなこと要求するのは酷というものだ。

アメリカ軍もソ連軍も中国軍もドイツ軍も、戦場には民間人がいない前提で作戦立ててる。戦場予定地の住民には時限つきの退去勧告でもすればマシなほうだ。

まあ日本軍も非武装の安全地帯くらい作る配慮があってもよかったとは思うが。

301 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 00:05:06
>>300
だからといって「沖縄人が悪い」と言い切るお前の姿勢は人間として間違ってると思うよ。

302 :290:2005/03/25(金) 00:33:08
>>301

津波が来るから逃げろと警報があったのに、逃げないで家に居残って死んだようなもんだ。
数年前に川原で大雨の中キャンプしてて、退避勧告されたのに無視して流された事件もあったな。

少なくとも日本軍を非難するのは間違いなんだが、お前はそれにも反対なのか?


303 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 01:57:44
因果をつきつめると、民族の独立を保持し得なかった沖縄人が悪い。島津氏に屈せず日本と対等に付き合えていれば悲劇は回避出来たかも。

304 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 04:06:10
>>303
明治初期に独立維持できるような相手じゃないだろ、大日本帝国は。

305 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 05:03:58
よその国に付き従うしか生きていく術をもたない哀れな沖縄人。弱小民族が。沖縄戦の惨禍は自業自得。怨むなら尚寧さんを怨んで下さい。何でやまとんちゅ(島津氏)に負けるんだ〜。とかさ。

306 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 13:16:28
>>305
それじゃかの国の人とレベル一緒だよ。

307 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 15:14:55
>>300
おいおい、海は米軍の潜水艦に攻撃されやすいってことも、本島北部に食料がないってことも、当時の沖縄県民は普通に知ってたぞ。
体験者の証言ぐらい読めよ。
そもそも本島北部なんて、今でもヤンバルクイナの棲むジャングルだろうに。

>沖縄人が軍隊から離れることを不安がって、また住み慣れた家から出るのを嫌がったのが本当。

↑これも大きな理由だけどね。
むしろ軍と一緒に戦うという気持ちの人も多かったらしい。
なぜ県民がそこまで軍に協力的だったのかは、当時の沖縄県民の日本の中での立場とか、
皇民化教育とか軍国主義教育とか、根幹まで掘り下げなきゃいけなくなるので割愛。

308 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 15:50:41
>>302
これもおかしい。ちゃんと調べれば、軍に責任がないとはとても言えないことがわかるはず。
軍は「口減らし」のために疎開を奨励する一方で、人手不足を補うために、労働力になる住民は戦闘が始まるまで疎開させなかった。
県外疎開を認めたのは老幼婦女子のみ、その後の県内疎開については、女性も「老幼を世話する者のみ」と制限された。

県内疎開について考えれば、軍は自動車などの交通手段を用意できず、
老人や子供が徒歩で本島中南部から北部への長距離を移動しなければならなかった。
しかも移動先には生活の保証がまったくなく、この状況では疎開に消極的になるのも無理はなかった。

残った民間人のうち戦闘要員にならなかった者は、飛行場・陣地構築などの作業、食料増産などに従事し、
敵が上陸する直前に軍の指示で急いで疎開することとされていた。
つまり疎開を禁止されていた。
むろん「直前疎開」などできず、多くの民間人が戦場に取り残されることになった。

>津波が来るから逃げろと警報があったのに、逃げないで家に居残って死んだようなもんだ。
>数年前に川原で大雨の中キャンプしてて、退避勧告されたのに無視して流された事件もあったな。

こんな例と一緒にできるわけがない。

309 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 15:51:15
http://bbs.2ch2.net/giko/
ギコ板

310 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 16:38:27
そこまで日本に酷い目にあわされてもなお復帰した沖縄県民よ、民族の誇りとかプライドはないのか!?
それよりもお金が大事か!守銭奴めが。

311 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 18:30:35
また泉信者が現れた・・・。

312 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 22:46:39
異民族のくせにわがままばっかり言うでない。弱小民族が。反日を掲げるなら独立してみろ!

313 :宮下聖也:2005/03/25(金) 22:47:50
もっと学校は戦争に関する授業をするべきだ。小学校では刺激が強いからとほとんど
教えてない

314 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 23:37:03
戦争の何を?
悲惨さ?馬鹿さ?
お前教えられるのか?

315 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 15:22:37
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200503261300_03.html

住民が島の将来選択」/伊良部
自衛隊拒否合併賛成/議会動かし決意新た
 「住民勝利」「白紙撤回」。これまで自衛隊を誘致し、合併に反対する姿勢が
多数を占めていた伊良部町議会が二十五日、一気に加速した町民運動で
「自衛隊誘致反対、合併賛成」に方針転換した。住民が団結して議会に
働き掛けるのは同町では異例。朝早くから町議会に駆け付け、傍聴席で
審議を見つめていた住民代表は議会棟から飛び出し、屋外で待っていた
住民たちに垂れ幕を掲げて、勝利宣言。「住民パワーの勝利だ」
「町民は声を上げることができた」。指笛、拍手、万歳三唱で喜びを爆発させた。

「伊良部の人は自衛隊反対。みんなしがらみで言えなかっただけ。
もう町議会も強行にはできないだろう。本当に良かった」


316 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 15:32:25
途中で総攻撃失敗して32軍の戦力が削がれ、南部に住人もろとも撤退したのが悲劇の始まり
八原は最初から持久戦を主張、首里まで我慢し戦力も首里に集結させておいて
決戦、終了してたら沖縄戦の被害はもっと少なかったはず



317 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 15:37:11
      +         
現地から報告です!
敵が多すぎて +     +
海の色が青く見えない・・
閣下・・・待ってください!
.      ∧_∧  +.  ∧_∧ア-ア-きこえな−い
      ( ´∀`Π    ∩ ゚д゚)  
      (つ  つ    (    ノ
.   +  ( ヽノ      ( ヽノ        +
      し(_)      し(_)

318 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 17:39:39
沖縄原住民が日本軍の足引っ張って共倒れになってしまったか。これだから土人は。

319 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 00:30:32
ところで大田知事と大田少将って関係あるの?

320 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 03:33:49
太田知事

321 :281:2005/03/27(日) 04:40:29
>>289
その考えが当事の戦場では何をしても良いといった風潮を作り上げたのでは?
戦争にも国際法に基づくルールがあるのですよ。

>>292さんの意見は正しいと思います、
が・・・私の思いは
>>294さんの指摘通りです。

それにしても、民族差別主義のヒトや大本営発表の信者など
事実を曲げて歴史にしようとする「必死」な連中を見ると
悲しくなりますし、怒りを感じます。

322 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 07:20:55
>>319
名字が偶然同じだけで、関係ないと思うよ。
大田元知事は沖縄の久米島生まれで、大田少将は千葉県の生まれ。
2人のことを書いた本とかドキュメンタリーでも、接点があるようなことは言ってないし。
海軍少将が親戚だったらある程度いい暮らしが出来たはずだけど、大田昌秀の家は貧しかったみたいだしね。

323 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 10:36:59
321さん当時日本はジュネーブ条約批准してないような…希ガス

324 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 20:46:17
赤松大尉、万歳。

325 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 20:53:21
沖縄やなんやら持ち出して平和だ人権だと叫びながら、
拉致など現在進行形の人権侵害をスルーする奴のほうが
よっぽど人間の屑だと思うけどねえ。

326 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 21:00:47
その逆も真だねぇ。

327 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 21:09:18
↑ 真の赤

328 :日本@名無史さん:2005/03/27(日) 21:38:04
毎度、毎度、最後はレッテル貼りで逃げるしか能がないんだね。


329 :日本@名無史さん:2005/03/28(月) 18:32:09
赤いものがわからないのは色覚異常

330 :日本@名無史さん:2005/03/29(火) 11:19:18
赤は国賊であり売国奴。なおかつ非国民。

331 :日本@名無史さん:2005/03/30(水) 23:46:00
ちょっとまともな流れになったと思ったら、すぐ糞ウヨに荒されるのな。

332 :日本@名無史さん:2005/03/30(水) 23:53:38
↑ 左翼は糞の話が好き

333 :日本@名無史さん:2005/03/31(木) 23:15:23
大田提督があんな爺と親戚な筈があるか!

334 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 23:09:02


335 :日本@名無史さん:慶長410/04/02(土) 13:27:02
>>333
その評価の落差はどういう理由?

336 :日本@名無史さん:慶長410/04/02(土) 14:10:55
大田提督は知仁勇の名将
太田知事は赤魔

337 :日本@名無史さん:慶長410年,2005/04/02(土) 16:24:13
そもそも沖縄で何か戦った意味あるの、持久戦か功勢かの前に早く降伏しろ。


338 :日本@名無史さん:慶長410年,2005/04/02(土) 20:16:08
↑ ばか

339 :日本@名無史さん:慶長410年,2005/04/02(土) 20:21:17
338sine

340 :日本@名無史さん:慶長410年,2005/04/02(土) 23:08:11
>>337
本土決戦のための時間かせぎ、というのが一般的になってるが
実際には本土決戦せずに原爆投下を機に降伏。

最近出た本には、壮絶な玉砕戦をやって国民に敗戦を納得させようとした、
と書いてあったがそれはあんまりだろう、と思った。

玉砕しないうちでの終戦工作をしようとしていたはず、と信じたい
(すでに対日参戦決めてるソ連を介して……)

341 :日本@名無史さん:2005/04/03(日) 23:25:18
最近出た本は程度が悪い
最初に出た本を嫁

342 :大學ヘ授:2005/04/09(土) 20:38:22
軍人は降伏を許されません
陸軍刑法をお讀みください
貴説は犯罪の強要です

343 :日本@名無史さん:2005/04/09(土) 23:23:39
終戦の詔勅を奉じたのも犯罪行為なのか・・。

344 :日本@名無史さん:2005/04/09(土) 23:32:57
第32軍から第9師団が台湾にひきぬかれたのがいたいわん。

345 :日本@名無史さん:2005/04/09(土) 23:49:09
>>344
さあ、どうだろうな。
第九師団があった場合、第三十二軍は攻勢をとる作戦計画だったからな。
八原の読みはこの点では甘いような気がする。
むしろ第九師団が引き抜かれて計画を長期持久に変更したことが帝国陸軍の
健闘につながったと思う。
事実第三十二軍が攻勢に出たときには完膚なきまでに叩き潰されてるし。
一個師団が加わったところで結果が変わっていたとは思えない。

どちらかといえば米軍の空襲で弾薬を焼失したのが痛いのでは?

346 :日本@名無史さん:2005/04/10(日) 10:42:12
↑ ばか

347 :日本@名無史さん:2005/04/10(日) 17:01:04
坂井
佐野
鮎川
水戸


348 :290:2005/04/10(日) 19:55:17
制海空権を握られている以上、孤立した島を守っても時間稼ぎが精一杯。
第9師団がいても史実では最初から放棄した北部にバラ撒くだけで、効果はない。
むしろ弾薬食料を無駄に消費するだけでは。

349 :日本@名無史さん:2005/04/11(月) 13:58:41
↑ ばか
  天号作戦は、南西方面へ来寇する敵を洋上に邀撃、破砕する作戦

350 :日本@名無史さん:2005/04/13(水) 19:28:44
もし第9師団が移されなかったら、学生の召集はなかったかも・・・
だけど、米軍は台湾進行の作戦も立てていたから、大本営の判断も
間違っていたとは思えないんだよなぁ。

351 :日本@名無史さん:2005/04/13(水) 21:33:27
間違っている
敵の来る場所から来ない場所へ移してどうなる

352 :日本@名無史さん:2005/04/14(木) 01:50:12
>>273の●宮古島守備隊戦闘停止 って、宮古島守備隊って戦ったの?
米軍の上陸もなくて、終戦後に投降したんじゃないの?

353 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 11:18:36
×投降

〇停戦、武装解除

354 :ホッシュジエンの国内ニュース解説:2005/04/16(土) 12:17:47
沖縄戦中の1945年4月、日本軍が撃墜した米軍パイロット3人を処刑した
「石垣島事件」から60年に当たる15日、当時、米兵を刺した日本兵約50人の
中の1人で石垣島海軍警備隊に所属していた元竹富町助役の小浜正昌(せいしょう)
さん(77)=石垣市大川=が、本紙の取材に対し処刑の模様を語った。小浜さんは
「いつ死ぬか分からず、みな異常な精神状態だった。戦争の持つ残虐性、非人道性を
考えると、二度と戦争を起こしてはならない」と強調した。小浜さんがマスコミに
証言するのは初めて。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 彡ミ    ___  __    重要な点は太平洋戦争もまた今日の利権戦争と
  |ヽ  /|  ,,,,,,,,l /  / 同じ、国を挙げての一大公共事業だった事だ。
  |ヽ   | | ミ ・д・ミ/_/旦~~ 国民は総動員させられて皆、死ぬか一文なしになった。
  ⊥   |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
  凵    `TT | ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l 公共事業に愛国心は必要ありませんよね。(・∀・ )

05.4.16 Yahoo「石垣島事件の元日本兵 60年目の証言」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050416-00000013-ryu-oki

355 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 19:41:14
755 :歴史学者は、教科書問題について本気で語ってよ :2005/04/17(日) 08:49:06
/::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"'
  /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\賛同者はコピペ願います。
 /::::::::ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|
 |::::::::::|      ●       .|ミ|   ■中国側の残虐行為には、通州事件、
 |::::::::::|              .|ミ|  
 |::::::::|    ,,,,,,, ノ ヽ,,,,,   |ミ| 済南事件、漢口事件などがあります。  
  |彡|.  '''"""    """'' .|/      
 /⌒|  -=・=‐,   =・=-  |      「新しい歴史教科書」で「本当の歴史」を
 | (    "''''"   | "''''"  |  
  ヽ,,         ヽ    .|    学びましょうよ。
    |       ^-^     |    
._/|     -====-   |  学校関係者の方、北京史観は、もう止めましょう。
::;/:::::::|\.    "'''''''"   /   

■この意見は、きちんと資料に基づいてます。詳しくは↓
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/doyoyon/doyoyo11.html


356 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 23:49:31
牛島がおしが強くおちゃめな長におされて無駄ない犬死総攻撃行いすぎ。
部下に任せる牛島には栗林のような徹底した指導力がなかった。
八原の徹底した持久戦が戦略的にはより有効であったはず。
米軍に一泡ふかした砲兵師団和田の善戦には敬意をはらいます。

357 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 05:51:16
日本陸軍に砲兵師団は無い
そーゆー無知に立脚した子供の正義には、ばかばかしくて付き合えない

358 :日本@名無史さん:2005/04/19(火) 01:41:03
>>357 正確には第五砲兵団司令官和田孝助中将でいいか粘着質君よ。
でもおまえみたいに木をみて森を見ずの性格がいいのか悪いのか?
よく考えてくれ。

359 :日本@名無史さん:2005/04/19(火) 03:57:35
>>358
飛行団と飛行師団間違えるよりはマシかもな。規模が違う。

360 :日本@名無史さん:2005/04/19(火) 18:51:27
>>356
表面的に見れば全く正しいわけだが、長勇参謀長や牛島司令官の
苦衷も理解してやらねばな。
あの総攻撃は第三十二軍が発案したものじゃない。

361 :日本@名無史さん:2005/04/19(火) 19:03:34
その通り。
大本営や第十方面軍との見解の相違、
空軍を重視する若い参謀と歩兵重視の八原との戦術思想の相違
などいろいろあってのこと。

それから八原大佐の性格にも問題が・・・

362 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

363 :日本@名無史さん:2005/04/20(水) 22:48:19
http://www.shitamachi.net/wa/kodama/031.htm

364 :日本@名無史さん:2005/04/20(水) 23:03:33
沖縄人の奴ら、守備隊長の制止を振り切って集団自殺しておきながら、
戦後、援護金欲しさの乞食根性で、「集団自決を強要された」と偽証していたらしいな。

365 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 20:21:00
煽動したのは自治会長とからし・・。
自決した人の財産とか小作地の利用権利の異動実態しらべてみたら面白いかも。

366 :日本@名無史さん :2005/04/23(土) 12:59:00
ここに書き込みしてる奴らみんな死んでしまえ。
県民がこのスレを見たら本気でそう思う。
自決をした県民の気持ちが分からないのか??彼らは本気で日本のためにやったんだ
つまりお前ら日本人のために死んだんだよ。彼らが制止を振り切った??強要したのは間違いなくお前らだ。
お前らがやってきてやった教育で彼らはみんなそれがただしいんだと信じ込んだんだよ
明治時代に無理やり日本に併合しておきながら、何なんだその言い方は。
島津の奴ら反抗すればよかっただと??じゃあお前ら日本人はアメリカに抵抗できるのか??
できもしないくせに言うんじゃねーよ。当時琉球は武器を持っていなかったんだよ。その上
抵抗したらお前らは県民を殺したに決まっている。それで王府は泣く泣くてめーらに従ったんだ。
県民を守るために。それに比べて帝国政府の軍隊は日本人を守ろうとしたことはあるのか??
彼らはお前らを利用することしか考えていなかったじゃないか。このスレを読んで本当に日本に復帰したことを後悔した
日本人はやはりそんな考えしか持っていない。日本じゃなくてそのままアメリカになればよかった。
とにかくそういうわけだからみんな死んでください



367 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 13:05:22
あげ


368 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 13:12:57
age

369 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 13:43:46
あげ

370 :琉球出身:2005/04/23(土) 16:46:38
364のヤマトんちゅは氏ね!364てめーなんか中国人以下だ!!


371 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 12:50:14
『産経抄』 平成17(2005)年4月24日[日]
http://www.sankei.co.jp/news/050424/morning/column.htm
 ▼集団自決があったのは渡嘉敷島と座間味島という二つの島である。昭和二十年三月、
米軍が沖縄本島を攻める前、この島々に機銃掃射など猛烈な攻撃をかけてきた。このため
多くの住民が犠牲になったが、うち数百人は逃れられないと自ら命を絶ったと伝えられている。
 ▼何とも痛ましい事件だった。が、その悲劇性に輪をかけたのは、この集団自決が両島に
駐在していた日本軍の隊長による「命令」だったとされてきたことだ。戦後、地元の新聞が
そう書いたのをはじめ、沖縄県史などにもそう書かれてきたのである。
 ▼しかしその後、曽野綾子さんの『ある神話の背景』などさまざまな調査で、これが偽りで
あることがわかる。特に座間味島では「命令」があったとする唯一の証言者だった女性が、
島の長老に頼まれてウソの証言をしたことを告白する。命令説は完全に崩れた。
 ▼民間人が戦争で亡くなった場合、軍の要請で戦闘に協力したのなら、遺族年金などが
もらえる。そのための悲しい口裏合わせだったのだという。「命令」を出したとされた隊長も
そうした事情や、住民を自決から守れなかった責任から沈黙、不名誉に甘んじていたのだ。
 ▼問題は、これほど事実が明らかになったのに、まだ命令説が信じられほとんどの教科書に
書いてあることだ。南京事件や慰安婦問題と同じパターンである。虚偽の歴史が独り歩きする
怖さは、「歴史」が国際問題となるとき何度でも強調されなければならない。(一部略)

372 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 13:47:14
赤松事件
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/heiki7/okinawa/okinawa.html
昭和20年4月1日早朝、猛烈な艦砲射撃と航空機の爆撃のあと、米軍は嘉手納海岸から上陸を開始した。
これに先立つ3月28日、慶良間群島に米軍が上陸した。
これらの島には300隻の特攻艇を秘匿した陸軍海上挺身隊の小兵力がいただけで、とても米軍の攻撃は防げない。
寄せ来る米軍を目の当たりにして、島々の住民500名近くが集団自決を遂げた
この集団自決について渡嘉敷島では、駐留していた海上挺身第三戦隊の赤松隊長が自決命令を出した、
とマスコミに報じられ冤罪を蒙った。
隣の座間味島では海上挺身第一戦隊の梅澤隊長が発令者とされ非難され続けた。

昭和30年代、週刊誌に慶良間諸島の集団自決が載り、赤松氏と梅澤氏が自決命令を出したと報じられた。
この虚報により、両氏の家庭はどん底に突き落とされた。

本土復帰が近づくに伴い、沖縄では補償と復興援助獲得のため政府を揺さぶる活動が活発化していた。
また、左翼勢力は平和運動と称し反米反日に執念を燃やした。
マスコミはその尖兵となり不確実情報であろうが気にもせず、第32軍の悪行を定着させていったのだった。
赤松氏は反論を試みたが逆に大きな痛手を受け、懊悩のうちに死去された。

昭和60年代になって島民や元役場援護係の率直な証言により、遺族補償を受けるための便法として「軍命令」の虚構が出来上がったことが判明した。
(曽野綾子氏「ある神話の背景」参照)「軍命令」があったことにすれば、幼児に至るまで軍属扱いとなり年金が支給される。
そして、村の諸施設再建のための交付金が次々と認可された。

「沖縄県史」では昭和61年から従来の偽証記録を訂正、隊長自身の反論が真相であるとの記述に替わった。
しかし、現在に至るも、教科書をはじめ様々な書籍では相変わらず「軍命令」が在ったとしている。

373 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 19:32:11
たとえそうだったとしても、県民が非国民とされるのを恐れてやったこと、
お前ら日本人の恐るべき教育の結果であることは間違いありません。
その証拠に琉球王国最後の王は「ぬちどぅたから(命は宝だ)」という
琉歌を読んでいる。お前らがやってこなければ県民は間違いなく自ら命
なんて絶たなかった。つまり、集団自決という悲劇は、日本に責任があります。
その上、もし自決しかけた県民が嘘をついていたとしても、それをあなた達は
許すことができないんですか??家族を、政府によって殺されたといっても
いいような状態で失ってしまった家族を責めることができるんですか??
家族を失って、生きるのが精一杯だった家族に、お金が必要だったのは当然の事
、あなた達は彼らを裁いて、お金を取り上げるのが、本当にいい方法だと思うのですか??
日本人がこんなにも心が狭いなんて思いませんでした。あなた達には本当に失望しました
日本人はやはり、頭でっかちの、心が狭い民族なんですね。

374 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 19:34:49
607の隋の煬帝の軍のようにアメリカ兵は沖縄人を殺したり誘拐したりした。

375 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 19:36:27
隋、薩摩、アメリカ、3回苦しむ。

376 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 20:08:48
あげ

377 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 21:13:02
〉373
おまえ沖縄人じゃないな「あなたがた日本人」なんてうちなんちゅは絶対言わない

378 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 21:18:21
支那、朝鮮、琉球は、等しく生きる価値のないクソだな。

379 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 21:51:23
>373
アメリカさんが上陸作戦なんか考えるのが悪いんだよ。
シンガポールやパラオみたいに忘れてくれなかったアメリカがすべて悪い。

380 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 21:54:42
>>372
渡嘉敷村のオフィシャルサイトには、「かねて指示されていたとおりに、集団を組んで自決しました。」と
書いてあるわけだが。
http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/tokadata/de_1/d/de_1d_1.htm

381 :日本@名無史さん:2005/04/25(月) 01:16:14
>>373
歴史の真実が明かされたことに逆ギレか?
汚名を着せられた隊長やその家族の身にもなってみろ。

382 :名無しさん:2005/04/26(火) 00:04:01
汚名をきせられた??彼らはそうされても仕方のない人間です
また、沖縄人を日本軍が殺していたという事実がある以上、指示したという
疑いをかけられても仕方がない。
家族のことも考えろ??じゃあ自決をした人々と家族はどうなんですか??
さきほども書きましたが、(372参照)かれらが自決したのは日本に責任があります。
それに対する賠償を、国がしないといいのは明らかにおかしいと思います。
始めから国が補償するといえば、島民も素直に言ったでしょう。
だいいち隊長の指示によるものではなかったという証明はどこにあるのですか?島民がそういわされている可能性は??
隊長が自分の汚名を晴らすために言わせたという可能性もあります。なんてったって、彼と同じ日本人はみんなくそなんですから

383 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 01:24:35
自決した奴が悪い。
自決が嫌なら、しなければよい。
自決が嫌で逃亡・投降した人間なんか、腐るほどいる。

384 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 01:33:36
沖縄を戦場に選んだ日本人が悪い。

385 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 01:56:57
>>384
沖縄を戦場に選んだのは、アメリカ。

386 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 14:56:52
>>382
俺はどっちにも肩入れするつもりはなくて、ただ事実論で沖縄戦を学んでるんだけど、沖縄県民が沖縄県民を殺した例もあるし、県民同士で壕も奪い合った。
それに、現地召集された沖縄の青壮年は「日本兵」として軍務についたわけで、一方を断罪することも擁護することもできないのが実際だよ。

現地召集も防衛召集も、当時の日本の法律があってなされたもので、第三十二軍が勝手に出来ることではなかった。もちろん、徴用と召集の区別が難しい例もある。

「軍が悪い」
「米軍の犯罪がひどい」
「役人が真っ先に安全な壕を確保した」
「住民同士が奪い合った」
といった、泥仕合が戦後ずっと続いて、もう責任論や原因論というよりただの感情論になってる。
これは事実の確認のしようがないことが多すぎるからでもある。証拠を出せという要求に応えられることなど、本当に希なんだよ。

そんな責任のなすり合いが、戦争をあらゆる方向から語るということを妨げてきた。
ひめゆり部隊は今平和をうたうが、彼女たちも十数年にわたる戦争を支えてきたんだよ。でも、それをとやかくいって「お前も悪い」なんて言っても不毛だし、それは現場にいなかった人間の傲慢だと思う。

摩文仁にある「平和のいしじ」は、身分や立場に関係なく、一律に「戦没者」を慰霊するために建てられた。
この意味をじっくりと考えてみてはどうだろう。


387 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 19:53:03
>>386
卓見と思うのでageておく。

388 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 20:15:21
>>386
某南京事件研究者一同や某歴史教科書製作者一同に聞かせたいな。

389 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 22:52:34
>386
その「平和の礎」にすら、右の側からケチがつけられてることもお忘れなく。
アレを作ったのは本土右翼からは蛇蝎の如く忌み嫌われている太田県政時代だからね。


390 :世界@名無史さん:2005/04/26(火) 23:02:13
>383
富永とか、牟田口とか、泉とか。

391 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 23:15:16
>>389
もっといえば左からもケチはついてる。
朝鮮半島出身者の名前が刻まれるのは嫌だとか。

で、右とか左とか、そういう話じゃないんだよ。
そういう思想の激突が何も生まなかったのを戦後60年が証明してるんであって、自分の思想に応じて認める事実と認めない事実を分ける行為は、右も左も同じ。

思想論、感情論は、自分に都合の悪い事例には触れず、相手にとって都合の悪いことを主張する。それって大本営発表と同じでしょ?
きっと百年後も同じこと続けてると思うよ。

392 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 23:30:25
>391
思想の激突が何も生まなかった、という点に関してのみ、当方異論アリ。

そーいう判断もまたやっぱり
「自分の思想に応じて認める事実と認めない事実を分ける行為」
でないという保証は、ないからね。
不断の自己・相互検証を続けることのみが、
矮小なる人類が、「現実」の膨大な情報を要約して「歴史」を語る、
そのための最大の前提条件だと思うんで。


393 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 00:19:51
そうだね。
思想の激突の目的が双方歴史に向いてるならいいけど、政治というか政治利用に向いてるのは困るんだと思う。

394 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 20:26:55
「平和の礎」は不愉快だ

395 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 23:33:57
>>390
ドサクサ紛れに泉とか言ってんじゃないよ、花谷の子孫。(w

396 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 19:09:01
4月24日の産経新聞の産経抄から
http://www.sankei.co.jp/news/050424/morning/column.htm
沖縄本島の南西に位置する慶良間(けらま)諸島、一見のどかな南の島で先の大戦末期、住民の集団自決があったことはよく知られている。
だが自由主義史観研究会の『歴史と教育』最新号が取り上げている事件の推移に、ヒザを打つことがあった。
▼集団自決があったのは渡嘉敷島と座間味島という二つの島である。昭和二十年三月、米軍が沖縄本島を攻める前、この島々に機銃掃射
など猛烈な攻撃をかけてきた。このため多くの住民が犠牲になったが、うち数百人は逃れられないと自ら命を絶ったと伝えられている。
▼何とも痛ましい事件だった。が、その悲劇性に輪をかけたのは、この集団自決が両島に駐在していた日本軍の隊長による「命令」だったと
されてきたことだ。戦後、地元の新聞がそう書いたのをはじめ、沖縄県史などにもそう書かれてきたのである。
▼しかしその後、曽野綾子さんの『ある神話の背景』などさまざまな調査で、これが偽りであることがわかる。特に座間味島では「命令」があっ
たとする唯一の証言者だった女性が、島の長老に頼まれてウソの証言をしたことを告白する。命令説は完全に崩れた。
▼民間人が戦争で亡くなった場合、軍の要請で戦闘に協力したのなら、遺族年金などがもらえる。そのための悲しい口裏合わせだったのだという。
「命令」を出したとされた隊長もそうした事情や、住民を自決から守れなかった責任から沈黙、不名誉に甘んじていたのだ。
▼問題は、これほど事実が明らかになったのに、まだ命令説が信じられほとんどの教科書に書いてあることだ。南京事件や慰安婦問題と同じ
パターンである。虚偽の歴史が独り歩きする怖さは、「歴史」が国際問題となるとき何度でも強調されなければならない。

397 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 23:31:04
>>382
>汚名をきせられた??彼らはそうされても仕方のない人間です

お前は真実を探求する気すらないのか。そーいう人間は頼むから歴史を語らないでくれ。

398 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 23:37:50
>>397
必死だな。

399 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 10:15:42
日本軍は正義の軍隊です

400 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 10:29:55
400げと

401 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 15:40:38
http://6409.teacup.com/ryofu6413/bbs?

こんなのがあるよ。

402 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 20:24:29
どう考えても住民が居るのを知りながら島に攻撃をかけてきたアメリカ軍が一番悪いだろ。

どうなってんだこのスレは

403 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 21:08:35
>>402
当時の沖縄県民がどう思っていたかにかかわらず、
軍上層部の感覚は「沖縄が攻められた?連合国はまだ外地か」程度。
沖縄=台湾=朝鮮半島=満州国。

404 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 21:49:55
>>403
だから、もし仮にあなたの言うことが全て正しかったとしても
でも、一番悪いのは誰がどう見ても米軍に決まってるだろ?というのが
>>402の言ってることだと思うが。

その程度のことさえ、目を塞がれている人には、わからない。

405 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 22:58:47
米軍も日本軍も、それなりに住民保護には気を配って戦ってたんですが。
米軍は上陸後すぐに民間人の保護施設を建設してますし、
日本軍は民間人に戦闘区域外の南部への疎開を促してました。

日本軍の南部撤退決定が、その状況を崩壊させました。


406 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 00:12:26
渡嘉敷島とか座間味島とかはどうなんだ?

ちんけな嘘ばっかり書くな

407 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 00:18:20
だからぁ〜お前ら日本人には県民の感情なんて一生わかんないんだよ。
お前らがなんといおうと俺たちはずっと許さねーよ。
県民が十数万人も死んだのはお前らのせいであることは間違いない。
たくよ〜お前らが死ねばよかったんだ。そうすればもっと沖縄は繁栄してたのに…

408 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 00:33:29
じゃあ独立しなさい。
野蛮人

409 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 04:59:01
>>266にもいろいろと出ているのですが、質問がいくつかあります。

・牛島満第三十二軍司令官は、自決時陸軍中将、後に陸軍大将に昇格だったと思いますが、長勇同軍参謀長は、自決時
陸軍少将、後に陸軍中将に昇格、でいいのでしょうか?それとも生前に陸軍中将に既に昇格していたのでしょうか?

・●先島・奄美群島司令官代理 、米軍司令部で降伏文書に調印 は、確か九月七日だったと思いますが、調べたところでは、
第二十八師団(宮古島)の師団長納見敏郎陸軍中将と、奄美諸島の徳之島に駐留していた第二総軍第十六方面軍(直轄)独立
混成第六十四旅団の旅団長高田利貞陸軍少将、沖縄方面根拠地隊参謀長加藤唯雄海軍少将の三名が、「琉球列島守備軍」
の「司令官代理」として嘉手納で調印したということです。この「琉球列島守備軍」なるものは、米軍が勝手に英文資料でそのように記したためにこうなっているのでしょうか?
それとも、旧帝国陸海軍内での正式な位置づけなのでしょうか?

・沖縄県内で、六月二十三日の後も帝国陸海軍が残存していた離島としては、久米島、渡名喜島、大東諸島、先島諸島だけでしょうか?

教えてエロイ方

410 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 08:02:07
アメリカ合衆国による沖縄の占領政策はソ連に比べて甘かったと思います。
ソ連だったら北方領土から原住民を追放して自国民を移住させています。

411 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 08:18:20
議論をしていて都合が悪くなると
急に>>407のように唐突に脈絡もなく、「県民の感情」なんてものを
出したりしてくるのがこいつら(職業サヨク?似非職業サヨク?)の特徴だな。

あんたらが(もしあなたが本当に琉球系の沖縄県民だと仮定して、だけど)
他の日本人を恨むのは勝手だけど、
そういう他者との対話を拒絶したような態度をとり続ける限り、
問題の解決には決してならないと思うよ。
理解を求めるのなら理解を求めるような言説を構築すべき。
それもしないで勝手に自分の殻の中に閉じこもっているのなら、
勝手にすれば?としか言いようがない。

412 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 11:07:58
>411
地元県民であんなこと言う奴ぁほぼ居ませんよ。
九分九厘、アンチの自作自演。

413 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 20:30:36
感情を持ち出しちゃあ感情論w

414 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 22:17:01
407です(T_T)
皆さんの言う通りかもしれません。
私の意見はいつも何だか本土の人を憎んでいるだけのものでした。
それは私の高校からの学徒出陣の事実や、血族の死など様々な要因があります。
私は、県出身者じゃないという噂も出ていますが、生まれた瞬間から沖縄で生活してきました。
その為に私はたくさんの戦争に関することを学んで来ました。
それを学んでいると、明らかにアメリカ軍よりも日本軍のほうが悪いように感じてしまいました。
それが私に本土出身者への嫌悪感を持たせていたのです。
そんな時に見掛けたのがこのスレでした。
沖縄戦を、ただの歴史が好きな人の楽しみとして捉え、
「これを調べて見たら面白い」という発言や集団自決者に対する暴言をどうしても許すことができませんでした
それでこれまで書いてきたような本土出身者に対する左翼的な発言をしてしまいました。
しかし、それは明らかな私の感情論でした。
事実を無視した私の自分勝手な発言を許してください。
まだ大人になりきれていない私は、考えも中途半端なものです
しっかりと事実を調べ、きちんとした自分なりの、あなた達をちゃんと納得させられるような書き込みをしたいと思います。
そういうことなので、しばらく考える時間をください。
県民の一人として、沖縄戦をきちんと学び直したいと思います。
いままで、どうもお騒がせしました。

415 :甲種幹部候補生:2005/05/10(火) 22:52:26
長勇閣下は昭和20年春の進級で中将に列せられてゐます

416 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 07:58:47
ご丁寧なご挨拶、痛みいる

417 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 09:09:19
 沖縄の不幸は米軍による
 本土を恨むのは見当違いだよ
 俺は東京で、空襲により十万人以上が亡くなったが、誰も日本を恨んじゃいないし、
沖縄より酷い目に遭った太平洋の各島嶼民族も日本を敬愛してる
 沖縄との違いは、、米軍占領下、反日洗脳教育が行われたかどうかだ
 洗脳の呪縛を脱し、自分の頭で考えよう

418 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 15:58:17
>417
なんと浅薄な。米軍占領下の沖縄では熱烈な愛国教育が行われ、
訪沖した日本の文部大臣が
「この日本でこれほど日の丸が愛されている地域がほかにあるだろうか」と
感嘆の声を漏らした史実を知らんのですか。

沖縄が「反日」だと思い込んでる時点であなたはこの問題を語る資格の無い人間です。
沖縄の戦後史をもう一度勉強しなおしなさい。
そしてなにより、ここは「沖縄戦」スレであって沖縄の戦後史スレではなく
沖縄を反日よばわりするスレでもありません。
そういうのがやりたいならν極でやってください。

419 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 10:34:01
↑ ばか

420 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 11:01:51
持久でも、攻勢でもなく、捨石でしょ。
そして未だに、日米安保体制のための捨石にしている。
日本にとって沖縄はいつも便利に使ってきた。

あんまり沖縄を軽く見てると、大変なことがおこるかもしれん。
沖縄で反国家的運動が起こるのは当然。負担に見合うリターンがなけりゃ、
運動が起こるのは当然。日本は独裁国家じゃないのだから。

421 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 11:47:02
>>420
>持久でも、攻勢でもなく、捨石でしょ。
何が言いたいか分からん。
本土決戦の時間稼ぎのため持久戦に持ち込むのか
本土決戦を避けるために沖縄で決戦に持ち込むのか
どちらにせよ捨石であるには違いないが、持久、攻勢の違いに意味はあるぞ。

>そして未だに、日米安保体制のための捨石にしている。
これは全くそのとおりだ。
日米安保体制の捨石になるのが不都合なら、米国の信託統治領にでもなるかね?
それとも中国の対米軍事拠点にでもなるかね?
日米にとっては中国封じ込めの要石として、中国にとっては太平洋への出口として
どちらにとっても極めて重要な島なんで、軍基地のない沖縄なんて夢想にすぎない。

422 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 12:55:16
>>421
軍基地は必要かも知れんが、中の暴れ海兵隊員は外に出さないでくれ。
事件を起こしても、刑事手続きが複雑すぎるぞ。

423 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 17:25:15
捨石捨石っていうけどさ、
第二艦隊司令部や軍令部は、大和を本土決戦用砲台として使用するのが良いという意見だったけど、
連合艦隊司令部は大和を沖縄に派遣した。豊田連合艦隊司令長官によれば、
「成功の可能性が高くなくても、まだ動く艦がありながら沖縄の友軍を見捨てることはできなかった」
ってことだそうな。

鈴木首相は
「沖縄守備隊が水際で一度米軍を追い落としてくれたら和平に持ち込むつもりだったが、そう動いてくれなかった」
って言ったそうじゃん?
鈴木首相は別に本土決戦のための捨石にするつもりはなかったんじゃないかな。
統帥の方は、第9師団の引き抜きとか、外交と統帥が上手く整合していなかったみたいだけど。

あと、ものすごい数の特攻機が九州から飛び立って沖縄に行ってるよね。
特に、攻勢失敗した守備隊に対して総攻撃をかけてきた米軍に対し、
100機以上の特攻機を派遣して敵旗艦バンカーヒルに大きな損害を与えたし、
将旗を移したエンタープライズに対しても、後に特攻機が命中している。

捨石って言うには物凄い資源を投入した防衛戦やってない?
関東方面には小銃すら行き渡っていなかったって話があるのに。


424 :423:2005/05/15(日) 17:26:03
あとね、俺が思うのは、、、
米軍が日本本土上陸作戦を再考したのは、沖縄戦が終了した後だったはず。
米軍に7万5千もの死傷者を出させた沖縄戦が、彼らに本土上陸を考え直させるきっかけの一つだったことは間違いないと思う。

もちろん硫黄島守備隊などの奮戦も考え合わせてのことだろうが、
やはり本土に住む者たちは沖縄県民に対して感謝と哀悼の意を忘れてはならないのではないだろうか?


425 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 17:32:26
合理主義の米国は原子爆弾で日本全国主要都市を廃墟にしてから本土上陸作戦を考えて
いたからどうかな?歴史にもしもはないが、本土上陸作戦の被害想定を多めに見積
るきっかけになったのは確かかもね。

426 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 17:59:31
原子爆弾は長崎以降は一個しか持ってなかったんじゃないかと思います。
それを巡洋艦インディアナポリスで輸送中日本海軍の潜水艦に撃沈されたのではなかったかなと・・・


427 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 18:37:47
オキナワなんかいらないよ。

428 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 18:45:59
>424 沖縄県民に対して感謝と哀悼の意を
本当に心からそう思います
ご冥福を祈っています


429 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 23:51:28
同感です。
私は当時の沖縄県民に対しては心の底から感謝と哀悼の意を
持っています。


430 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 23:55:44
なんかこのスレ、妙に親米的だな

431 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 01:48:36
なんか想像で語ってるヤツがわいて出たな。

>>424
再考がどういう再考なのかは知らないが、沖縄戦がどうあろうとアメリカは日本が降伏するまで戦うつもりだったし、それはヤルタの会談でも連合主要国との間で約束されたこと。
アメリカが、日本本土上陸を考え直したことは一度もない。沖縄戦の最中から、サイパンでは日本本土上陸作戦の訓練が行われていた。

>>425
どこからそんなヨタ話が出たのか不思議だが、原爆で日本全国を廃墟にしてから上陸なんて、アメリカは全く考えてなかったよ。
原爆は「向こう100年草木も生やさない」と考えられていた兵器。放射能が人体に及ぼす影響も未知数だった。上陸した米兵にどんな影響が出るかも分からないから、たとえ何百発原爆があろうとも、廃墟になんて出来なかった。

>>426
そりゃ小説。
どうも日本は「3発目の原爆」というテーマが好きらしくて、原爆輸送の任務についたインディアナポリスの撃沈とそれを関連づけたがるが、インディアナポリスは輸送任務が終わってレイテ島に向かう途中で沈んだだけ。


432 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 11:53:46
沖縄は決戦です

433 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 22:54:59
>>407
許せるわけないだろうが、このナチス的差別主義者が!
こういう奴こそが人権擁護法の対象にされるべき差別的言動だ。
これが貴様の暴言だ。とても許されるべき言動ではない。
  ↓
>だからぁ〜お前ら日本人には県民の感情なんて一生わかんないんだよ。
>お前らがなんといおうと俺たちはずっと許さねーよ。
>県民が十数万人も死んだのはお前らのせいであることは間違いない。
>たくよ〜お前らが死ねばよかったんだ。そうすればもっと沖縄は繁栄してたのに…

434 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 23:39:34
>>407
日本人差別主義者め
叩かれてやんのm9(^Д^)プギャー

435 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 12:34:41
■■沖縄って、どんな所?(Ver.9)■■

【琉球王国時代の事例】
・「物呉ゆ者ど我が御主(利権を与えてくれる方こそが我らの主君だ)」といって
利権政治家を国王の座に据え、今まで仕えてきた先君の一族を皆殺しにしたあの国。
・「地割制」という一種の公地公民制を敷き農奴的搾取を行ったあの国。
・宮古・八重山を侵略し、住民に人頭税という重税を課したあの国。
・大明(清)帝国マンセーと三跪九叩頭をし続けたあの国。
・某国の「嘗糞」と同様に、飲尿という不潔な奇習が存在していたあの国。

【戦前の事例】
・明治政府の近代化政策に反対し、結果として沖縄の近代化を遅らせたDQNのいるあの県。
・内地としての誇りを忘れ、植民地並みの財政優遇制度を要求したあの県。
・何度も首里市議会で首里城破却が決議され、その度に内務省が決議無効命令を出したというあの県。

【琉球政府時代の事例】
・「行政主席」などと偉そうな名前の首長がいたが、まともに銀行を監督管理することができず、米軍の高等弁務官の介入を招いたあの地域。
・「立法院」などと偉そうな名前の議会があったが、肝心の「立法」とやらは日本の法律のパクリというあの地域。
・日本の法律をパクっているくせに「立法院事務局」の定員が140人もいる穀潰しなあの地域(現在の県議会事務局定員は40人)。
・「立法院」は「沖縄民主主義の砦」などと自画自賛しているが、極左暴力に屈した恥ずべき過去を持つあの地域。(いわゆる「教公二法」問題)
・「琉球政府法務局」などと偉そうな名前の役所があったが、刑務所暴動やら少年院脱走事件が発生するなど矯正施設管理がなっていなかったあの地域。
・復帰前から日本政府の補助金に頼らなければ何もできなかったニートなあの地域。
・「郵政庁」などと偉そうな名前の郵政当局があったが、欲の皮を突っ張らせて記念切手の大量発行を行ったため、
切手収集家の反発を買い、郵政特別会計が赤字に転落したというあの地域。(郵政事業庁時代までは「琉球郵政事業未決済金」という項目が存在していた)
・那覇市の山下町が「山下奉文陸軍大将」を想起させるということで、「ペリー区」などと改称した事大主義炸裂なあの地域。
≪続く≫

436 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 12:36:24
■■沖縄って、どんな所?(Ver.9)■■

【現在の事例】
・失業率が全国最悪なあの県。
・なまぽ比率が高いあの県。
・少年犯罪が全国最悪で、別名「犯罪アイランド」と呼ばれるあの県。
・テキ屋や博徒のような任侠団体発祥ではなく、只のDQN犯罪集団から発展した凶暴ヤクザがいるあの県。
・県民所得は全国平均の七割だが、一千万円以上の高額所得者の数では全国十八位という貧富の格差が拡大しているあの県。
・ごるごるもあ(大阪市此花区酉島在住・無職で精神分裂症患者で恐喝犯罪者・知念靖雄)のようなDQNを輩出しているあの県。
・唯一神・又吉イエスのようなデムパ野郎を輩出しているあの県。
・知事のブレーンとしてチュチェ思想(北<丶`∀´>)信者佐久川政一を採用したあの県。
・「私は本当に琉球王国を作ろうと思っている」と発言した時代錯誤な議員(上原康助衆議院議員)を選出したあの県。
・沖縄の戦災校舎復興の募金に影ながら協力した高松宮殿下が来沖したとき、「戦犯皇族帰れ!」と忘恩の言動を吐いたあの県。
・国家試験を受けることなく、堂々と合法的に医療・弁護士活動ができるあの県。(いわゆる「医介補」「沖縄弁護士」)
・所謂「黙認耕作地」で堂々と大麻を栽培した香具師がいるあの県。(米軍用地なので、事実上の治外法権で県警も手出しできない)

437 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 13:00:23
またチャンコロの分裂工作ですか。

438 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 19:31:51
                  .  ) (  、
                    ; (    )  '
            o___, . (、. ' ⌒   `  )
            /      ~ヽ (. : ) ,  ( '
           /    / ̄ ̄; ) ( . ⌒ )
           /    /     `‘| ' ` ”, )
          /    |      /    /
          /     \__/    /
         /              /
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧  /
 (` `∀´)/ < 琉球人民共和国マンセー!!
 (    )つ ←>>407

439 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 19:33:09
>>436
m9(゚Д゚)プギャー

440 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 21:31:29
■■利権欲しさのためには平然と主君を裏切るDQN琉球人(>>407)■■

≪第二尚氏王朝の成立≫
1469年、尚徳王の死後、新国王を推戴する儀式を行った際に安里大親は、
「物呉ゆ者ど我が御主(利権を与えてくれる方こそが我らの主君だ)」
と叫んでクーデタを起こし、尚徳王の妃と王子を虐殺して、
当時屋敷に引きこもっていた内間金丸を新国王に推戴した。

≪尚徳王の真相≫
尚徳王は極悪な王であったと記録されているが、その内容は紂王のそれとおんなじ。
要するに、「負ければ賊軍」。最後の王であったがために新王朝から押された烙印ってとこだな。

≪琉球は朝鮮以下のDQN国家≫
歴史上、王朝の交代は数多くあれど、『利権の追求』を旗印に革命を起こしたのは琉球だけだろう。
あのチョソですら、李氏朝鮮を成立させたときには
『儒教理念に基づく礼教国家の建設』を旗印にしたというのに・・・・
チョソ>>>>>>>>>>>琉球人
当然のことながら、中国の皇帝陛下に正直に報告できるわけもなく、同系であると示す必要があったため尚円と改名する。
同じ尚姓でも前王朝とは全く違う系統なので彼の王朝を第二尚氏王朝という。

441 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 21:57:44
まぁ沖縄人や朝鮮人や中国人が本土で差別されるのは
>>407みたいなのがいるのが原因だろ
何かあればすぐ「差別」とかいって被害者ぶる
同じ沖縄人として恥ずかしいな、こういうのが減れば沖縄はもっとましな所になると思うよ
だけどそういうのがいるからって沖縄の全てを否定する>>435みたいなのもウザイ
コピペってのは分かるが此処まで沖縄批判されるとついつい左翼発言しそうになるのでやめてくれ

442 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 22:51:08
◆◆クンダグスクの由来◆◆

首里城内には「クンダグスク」と呼ばれるところがある。
「クンダ」とは「ふくらはぎ」のことである。
何故こんな奇妙な名前の場所があるのだろうか。
この名前は、尚円一派による第一尚氏王統転覆事件に由来する。
尚円一派の安里大親は国王推戴の場で
「物呉ゆ者ど我が御主(利権を与えてくれる方こそが我らの主君だ)」
と叫んで、正当な後継者である尚徳王の息子を虐殺した。
尚円一派は、幼君の惨殺だけではあきたらず、その死体をバラバラにして打ち捨てた。
「クンダグスク」は、尚徳王の息子のバラバラ死体の「ふくらはぎ」部分があったことから来ている。

日頃、反日沖縄人は自分たちは平和を愛する「清く」「正しく」「美しい」人々で、
それに引き換え、本土人は好戦的な「穢れて」「悪辣で」「醜い」連中みたいなことをほざいているが、
沖縄人にも残虐な気質が存在しているということを認識しなければならない。
「沖縄人=温和」「本土人=野蛮」という言動を吐く反日沖縄人は、一種の差別主義者ともいえる。

443 :日本@名無史さん:2005/05/22(日) 01:22:24
4月24日の産経新聞の産経抄から
http://www.sankei.co.jp/news/050424/morning/column.htm
沖縄本島の南西に位置する慶良間(けらま)諸島、一見のどかな南の島で先の大戦末期、住民の集団自決があったことはよく知られている。
だが自由主義史観研究会の『歴史と教育』最新号が取り上げている事件の推移に、ヒザを打つことがあった。
▼集団自決があったのは渡嘉敷島と座間味島という二つの島である。昭和二十年三月、米軍が沖縄本島を攻める前、この島々に機銃掃射
など猛烈な攻撃をかけてきた。このため多くの住民が犠牲になったが、うち数百人は逃れられないと自ら命を絶ったと伝えられている。
▼何とも痛ましい事件だった。が、その悲劇性に輪をかけたのは、この集団自決が両島に駐在していた日本軍の隊長による「命令」だったと
されてきたことだ。戦後、地元の新聞がそう書いたのをはじめ、沖縄県史などにもそう書かれてきたのである。
▼しかしその後、曽野綾子さんの『ある神話の背景』などさまざまな調査で、これが偽りであることがわかる。特に座間味島では「命令」があっ
たとする唯一の証言者だった女性が、島の長老に頼まれてウソの証言をしたことを告白する。命令説は完全に崩れた。
▼民間人が戦争で亡くなった場合、軍の要請で戦闘に協力したのなら、遺族年金などがもらえる。そのための悲しい口裏合わせだったのだという。
「命令」を出したとされた隊長もそうした事情や、住民を自決から守れなかった責任から沈黙、不名誉に甘んじていたのだ。
▼問題は、これほど事実が明らかになったのに、まだ命令説が信じられほとんどの教科書に書いてあることだ。南京事件や慰安婦問題と同じ
パターンである。虚偽の歴史が独り歩きする怖さは、「歴史」が国際問題となるとき何度でも強調されなければならない。
-------------
明らかな年金詐欺である。
沖縄県民はこれで被害者面しているのだから盗人猛々しいにも程がある。

444 :日本@名無史さん:2005/05/23(月) 08:38:12
まあこんな調子で「日本軍の蛮行」てのは、みんなでっち上げなのさ

445 :日本@名無史さん:2005/05/24(火) 21:12:18
小泉首相のポスター破る…元消防署員を逮捕

 神奈川県警宮前署は23日、自宅近くの掲示板に張られた自民党のポスターを破り取った
川崎市宮前区東有馬、無職近藤勇二容疑者(66)を器物損壊の現行犯で逮捕した。
 調べでは、近藤容疑者がポスターを破ったのは同日午後7時15分ごろ。
ポスターには小泉首相の写真が掲載されており、警戒中の同署員に取り押さえられた。
 近藤容疑者は、元川崎市麻生消防署予防課長。
調べに対し、沖縄県で開かれた消防大学校の同窓会で、同窓生から「沖縄から基地がなくならないのは小泉首相のせいだ。
同じ神奈川県民として謝れ」と言われ、同窓生の前で謝罪をさせられたため、その腹いせだったと供述しているという。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050524i412.htm

小泉首相と同じ県出身というだけで謝罪と賠(ryを強要するという
腐れニダー根性を有する基地外土人がいる県。それが、沖縄クオリティ。
                           http://www.pref.okinawa.jp/

446 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 00:08:17
◆菊水1号作戦◆
  昭和20年4月 6日    (4/6の参加機数)
     海軍機 391機  海軍参加機中
     陸軍機 133機  特攻出撃 215機
     計    524機  未帰還機 178機

◆菊水2号作戦◆
  昭和20年4月12日    (4/12の参加機数)
     海軍機354機   海軍参加機中
     陸軍機139機   特攻出撃 103機
     計   493機   未帰還機 114機

◆菊水3号作戦◆
  昭和20年4月16日    (4/16の参加機数)
     海軍機415機   海軍参加機中
     陸軍機 92機   特攻出撃 176機
     計   507機   未帰還機 127機

◆菊水4号作戦◆
  昭和20年4月28日    (4/27〜4/30の参加機数)
     海軍機 587機   海軍参加機中
     陸軍機         特攻出撃 100機
     計            未帰還機  68機



447 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 00:09:11
◆菊水5号作戦◆
  昭和20年5月 4日    (5/2〜5/4の参加機数)
     海軍機 300機   海軍参加機中
     陸軍機 136機   特攻出撃 136機
     計    436機   未帰還機  65機

◆菊水6号作戦◆
  昭和20年5月11日    (5/8〜5/11の参加機数)
     海軍機 345機   海軍参加機中
     陸軍機  80機   特攻出撃  86機
     計    425機   未帰還機  67機

◆菊水7号作戦◆
  昭和20年5月24日    (5/23〜5/25の参加機数)
     海軍機 387機   海軍参加機中
     陸軍機 147機   特攻出撃107機
     計    534機   未帰還機 41機

◆菊水8号作戦◆
  昭和20年5月27日    (5/26〜5/28の参加機数)
     海軍機 217機   海軍参加機中
     陸軍機  71機   特攻出撃  51機
     計    288機   未帰還機  46機

◆菊水9号作戦◆
  昭和20年6月 7日    (6/1〜6/8の参加機数)
     海軍機 367機    海軍参加機中
     陸軍機  71機    特攻出撃  23機
     計    438機    未帰還機  20機

448 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 00:11:32
◆菊水10号作戦◆
  昭和20年6月21日    (6/16〜6/22 の参加機数)
     海軍機271機     海軍参加機中
     陸軍機          特攻出撃  67機
     計             未帰還機  56機

いよいよ特攻兵力が底をつき、水偵機に練習機白菊を加えて特攻の主体とした。
陸軍の義号作戦に呼応し、菊水7号・8号作戦を行い、6月に入り、第32軍の最後の反撃に呼応し、
菊水9号・10号作戦を行ったが、大きな戦果をあげることはできなかった。
この間、海軍は2200機、陸軍はのべ約700機の航空機を投入した。

 陸海軍合計の特攻機は1900機あまりで、戦後の研究によれば、
命中及び至近弾となったもの約250機、被害艦船延べ隻数239隻、命中率約13%となっている。
この艦船は海軍在籍のみで、商船等民間徴用船舶は含まれていない。

海軍における神風特別攻撃隊合計2507名中、沖縄に散華したものは2055名。
陸軍の特別攻撃隊で、連合艦隊司令長官から全軍に布告されたものは、
第6航空軍で629名、台湾の第8飛行師団からは約260名余である。
他に、回天搭乗員で全軍にその殊勲を布告されたものは計80名にのぼる。


449 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 00:12:17
◆戦果・損害◆

 海軍
    本作戦開始以来の総合計機数   8586機(うち特攻出撃1932機)
    未帰還機                1397機(うち特攻未帰還機1005機)

 陸軍 第6航空軍

  米海軍作戦年詩(航空・水上・水中攻撃の計)
    沈没  24隻−−−駆逐15、掃海艇3、戦車揚陸艦1、他
    損傷 218隻−−−うち大修理を要するもの 戦艦10、空母13、巡洋艦5、駆逐67
    飛行機763機

 米艦艇乗員
    戦死・不明  4907名
    負傷者    4824名

なお沖縄攻略作戦には英国海軍も参加し、英空母「インデファチカブル」「イラストリアス」など
空母延べ8隻、駆逐艦1隻が損傷を受け、航空機の被害は125機であった。



450 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 00:13:18
沖縄防衛にどんなに必死だったかが判る‥

451 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 01:46:02
>雑談Dでこんなこと言ってる

>小林:このまま沖縄のことばかり描いていていいのかと思ったら
>西部さんに「もう小林君の歳になったらとにかく自分の好きなものだけ描けばいい」
>みたいに言われて、だからわしはえんえんと沖縄の事描こうと決めてしまった(笑)
>もうこのままえんえんと沖縄の事描いて単行本にして、それから沖縄戦の話に突入して
>一年くらい描いたらそれをまた単行本にし、さらに沖縄のいろんな島を全部取材して
>描いていく、もうそれでいこうと決めちゃった(笑)
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1115218422/84

というわけで、小林氏はそろそろゴー宣に「沖縄戦」を取り上げて描く予定らしい…
☆来月中旬スペシャル本「沖縄論」発売予定

452 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 15:13:36
軍命令はなかった  自由主義史観研究会
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-2290-storytopic-1.html

453 :日本@名無史さん:2005/05/26(木) 01:49:12
小林と自由主義史観研究会の共同作業?

454 :日本@名無史さん:2005/05/26(木) 17:30:44
決戦の大空へ

455 :日本@名無史さん:2005/05/26(木) 20:18:49
ドイツと日本の比較

【連合軍の戦略爆撃の規模 】
       期間     投下爆弾量    死者        連合軍の爆撃機の損失
ドイツ    35ヶ月    170万トン   30万5千人       米1万機 英1万2千機 ←さすがドイツ
日本   約10ヶ月     16万トン   30万+原爆21万人     約450機 ←はぁ?

【日独高射砲の配備数】
ドイツ   '39年 2800門   '43年 1万5000門   '44年 2万6000門  ←さすがはドイツ
日本    '41年 880門    '43年    850門 ←やる気あるの?

【ヨーロッパ戦線の連合軍航空戦力の損失 (ドイツ軍の輝かしい戦果)】
アメリカ航空軍  航空機1万8400機喪失  5万4700人死亡  4万200人捕虜 ← フォッケウルフは
イギリス空軍   航空機2万2000機喪失  7万6300人死亡   7400人捕虜 ← 無敵だな
連合国の海運の損失 (単位:万トン、(隻数))


期間               大西洋    地中海    インド洋        太平洋
1939年9月-1941年3月    561万トン   8万トン   21万トン        10万トン
                   (1533隻)   (17隻)    (31隻)          (15隻)
1941年4月-1943月3月    863万トン  103万トン   84万トン       104万トン 
                   (1727隻)   (271隻)    (231隻)         (467隻)
1943年4月-1943年9月    74万トン    25万トン   32万トン        8万トン
                  (130隻)     (55隻)    (54隻)         (16隻) 
1943年10月-1945年8月    50万トン    37万トン   42万トン       12万トン
                   (88隻)     (69隻)     (68隻)          (16隻)
     計           1548万トン   173万トン   179万トン      134万トン
海洋国家のくせにまるでやる気なしの弱小三等国家を同盟国にしてしまったドイツは悲劇だな


456 :日本@名無史さん:2005/05/27(金) 22:42:12
 ゲーリング元帥曰く、日本空軍は素晴らしい、ドイツ空軍は開戦以来一隻の敵艦も撃沈していないが、
日本空軍は多数の大艦を撃沈している、我々日本に学びたい

457 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 22:57:51
>>456
ゲーリング閣下には申し訳ありませんが。日本空軍が沈めた敵艦など、小舟一隻ありません。

458 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 10:04:26
ゲーリング閣下>457

459 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 20:31:51
日本軍には空軍なんか存在しな

460 :日本@名無史さん:2005/05/30(月) 18:59:57
ゲーリング閣下>459

461 :日本@名無史さん:2005/06/02(木) 13:21:52
みんなで学ぼう、日本空軍に

462 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 18:14:49
185 :大學ヘ授 :2005/06/07(火) 11:31:03
 高校と同格の陸士、海兵校長が陸海軍中将で名だたる将星だったことを想起せられ度し
 終戦工作の海軍次官井上成美大将は海兵校長から、沖縄決戦の総帥牛嶋満大将は陸士校
長から、直接の異動です
 安部能成一高校長も文部大臣です
 昔は教育に最大の豫算と、最高の人材を投入しました
 今は明らかに手を抜いてゐます

 彼と等しく受けし種
 咲きて我世の花たれば
 薔薇と匂へ蘭麝の香
 土またさらば芳しう

 では法廷に注力しますので、また今度

463 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 18:50:12
>>455
ドイツへの爆弾投下量は270万トン。死者300万

464 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 22:02:10
            __.... ...___
           (´      ` ' 、r
           i^,          \                 、                   ,r'"´`"'i,
           '{ ii,    , -─- 、 \   _,, -r= ,==- 、   |i               /    ,|~ i,
          i } ', __,,,,,,,,,,,,............,,______///l''''T'''TT `i!`'┤、.           ,-/.     ,|__ i
          ', i',,´_ ':::::::::::::::::::::ヽ_,,`^,_/ 」  i! i!.i  .i___i__`i 'yー- 、、....,,,,,____   ノ       |  |
         ,-'‐'''テv "´`):::::::::::::::',      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ,,,,,    ヽヽ ̄` " ' - .. !___.!
        ( :::::::ィ'´,、  ´::::::::::::=iニュ                   ,il||||||li     i i          `ゝ、
         `┐;;;;;ノ .::::::::::::::::::::=iニュ   _ ,,,, ... ... ,,,_.       '|||||||||!    .| |  <´⌒`""'''ーr、.´
           iト、'.....::;:;:;:;:;:;:;:::::;=rュ r' " ´          `"' 、  `'''''"    _ノ_,ノ.、、- ` ' 、     \
         |l  `  ̄"""'i|lテ_,,.ノ ゝr、                `'.、──'''''""           、.    \
           !|          `´    `'' ;;                  `'.、               `"''ー- ´
         `              ━=´、r 、   γ  ̄   ' 、 `'.、
                             `'' 、  ゝ、      )  `'.、
                              `'' 、  ` ー ´    `'.、
                                   `'' 、          `r=、
                                   `'' 、         `'.、
                                   ̄ ̄`'' 、_         〉

465 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 22:53:14
>>445
鮮人並みに低い民度だな。沖縄人。
++++++++++++++++++++++++++++++
南鮮女が日本語を喋ったという理由で台湾女性を椅子で殴打
http://usam.blogtribe.org/entry-f92dea7456ecbc699704ee090c417768.html

日本語をしゃべっただけで
台湾女性をフクロにする蛮族がいる国。それがウリナラクオリティ。
                            http://www.bluehouse.go.kr/

466 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 12:51:06
◆◆最初に読もう!軍事速報&雑談スレ296◆◆
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1118154553/


125 名前:名無し三等兵 投稿日:2005/06/08(水) 10:32:22 ID:???
そういや前に文化人類学の教授と話してたんだけど、
すでに独自言語もあらかた消失し、伝統的文化も観光用の記号以上のものではない
アイヌや琉球は既に独立した『民族』とは呼べず、
その意味において日本をことさら多民族国家と主張するのは政治的過ぎる。
とかゆー話になった。

でもこういう話をすると学会では右翼扱いらしい。


467 :スレ題にワロタ:2005/06/09(木) 00:13:58
一理あるけれど、政策論として抵抗があるな
大田司令官のご遺志にも背く

468 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 06:54:25
その論で行くと、中共のチベット政策を国家百年の大計と肯定するハメに・・・

469 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 07:53:59
っていうかその教授さん沖縄行ったことないのがまるわかり。

470 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 11:27:17
↑ ばか

471 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 19:25:49
沖縄県営鉄道は沖縄戦で破壊されたのだから、現在の日本政府が全額予算負担によって戦後補償として復旧されるべきだ。
戦争で破壊されて廃止になった鉄道なんて、日本にはこれだけしかない。世界にも例がないのではないか?
130万人の人口があんな狭い島に住んで、主な交通手段が車しかないのでは渋滞がすごすぎてどうしようもない。


472 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 19:37:55
援軍、補給なしでの沖縄防衛、住民への苦痛を極力低く抑えるのであるのなら、
沿岸部での起死回生の短期決戦以外ないと考える。
持久戦では相手に多大の出血を強要させることはできるだろうが、
兵士、住人への苦痛を長引かせるだけでなく、沖縄防衛も実質不可能となるからだ。

現実での兵力差を考えれば前者後者案とも成功する目処はなかったが。

473 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 19:49:37
>>471
その通りだな。代わりに車の走ってない高速道路を廃止すべきw

474 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 00:57:36
車の走ってない高速道路って何処の事だ、北海道のあれか?

ちなみに、沖縄の自動車道は車走りまくりだぞ、米軍関係が金も払わずに。

475 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 10:57:40
472は勉強してからまた書いてね

476 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 11:47:33
>472
沿岸部での決戦構想は、大本営の無定見な戦力抽出で崩壊しました。
残った戦力でいかに防衛戦を展開するかという条件で練り上げられたのが
陣地構築の妙と歩戦分離という対機甲師団戦術の基本をきっちり押さえた史実の4月の防衛戦。
その後大本営からの圧力で陣地を捨てての攻勢に移らざるをえなくなり、
貴重な予備戦力を一気にすり減らし最後のあがきを見せたのが五月の戦闘。

六月、当初の予定通りの首里篭城案を破棄し、南部撤退を決定したことが
住民被害の激増を招いた根本原因。 それ以前は住民死者は最低限に抑えられていたのです。

477 :472:2005/06/10(金) 11:49:48
どのように勉強すればいいのか、分らないと途方に暮れるばかりです。
大筋なりともご教授おねがいします。

わたくしの理解といたしましては、
いわゆる捨て石論で時間を稼げばそれでよかったというのでしたらウソですよ。
大本営は瀬戸際殲滅を要求してましたから。
持久戦採用は32軍参謀だった八原の主張し、
牛島司令官が支持したことによより実行されました。
沖縄防衛に果敢に優先した兵士住人には尊敬に値しますが、
現実問題、圧倒する敵軍に上陸を許せば、どうしようもない。

478 :472:2005/06/10(金) 11:52:11
八原参謀ははじめから持久戦を主張していたと記憶するのですが。

479 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 12:11:05
>477-478
そこらへんの理解の混乱が、大本営の無定見さの表れとゆー奴です。

上陸直後に橋頭堡を叩き撃滅する、というのは大本営と32軍の当初の想定でしたが、
戦力の逐次投入に陥ったレイテ作戦の穴埋めの穴埋めとして
決戦戦力と見込んでいた第9師団が台湾に引き抜かれちゃったことから32軍ブチ切れ。
当初の想定通りの作戦計画は実行不可能に陥った32軍に対し、
大本営は一度は戦力補充を決定するもののぎりぎりで握りつぶされてしまいます。

あと、この時期にはあなたの言うような「上陸自体を阻止する」計画は
失敗確実だというのが日本側の認識。 
準備段階で投射される火力密度が想定外で、よほどの重防御施設でないと
沿岸部に部隊を配置することはただの自殺行為になっちゃうのですよ。
いちかばちか、ではなく、百戦百敗の結果が待つのみ、です。

480 :472:2005/06/10(金) 12:20:29
なるほど。

481 :北斗星:2005/06/11(土) 09:47:28
 沖縄決戦の本質は天号作戦であって、地上戦闘ではありません
 敵が上陸した途端に小磯内閣が倒れるのはこの為です
 よって陸戦の話をだらだらすること自体、見當違ひです

 軍事を學んだことの無い人が幾ら思ひつきの理屈を並べても、床屋軍談です

482 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 10:16:57
結果に大差はないということですか

483 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 11:30:38
ヒキコモリ愛国者の憂国論と同じでむなしいね

484 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 12:50:32
漁業補償金詐取の疑い 那覇沿岸漁協組合長聴取へ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-2974-storytopic-1.html

国にたかるのが沖縄人のデフォ。それが沖縄クオリティ。
                      http://www.pref.okinawa.jp/

485 :北斗星:2005/06/11(土) 12:51:23
 島嶼防衛作戦は、海空戦で決します
 敵を洋上で討つ
 これ以外に方法はありません
 それに失敗した以上、既に勝機無し
 制海、制空権無く、海空から叩かれ、補給も増援も途絶しては、どんなに奮闘
しても敗れます
 敵が上陸して來なくとも餓死します
 よって問題を陸戦として捉へる事自体、根本的に誤ってゐます
 第9師團や第82師團がゐて、一度は敵を海岸に撃滅しても、三ヶ月以内に無
傷の新手が再上陸して來て、今度こそ負けます
 大東亜戦争の軍事的本質は海洋航空作戦であり、陸戦では決着しません
 沖縄戦の目的も、敵陸海空軍を洋上で殲滅し、一大出血を強要して終戦の好機
を作出することでした

486 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 12:59:23
>北斗星
戦術論と戦略論を履き違えた駄文を垂れ流すな。 見苦しい。

487 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 13:04:59
↑ いいまかされて荒れてます。見苦しい。

488 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 13:43:08
泉守紀知事の談話を発表。「県民は必勝の信念を
堅持して今こそ断固立ち上がるべき一大試練の秋である。(中略)徒らに流言蜚語に迷う
ことなく沈着冷静にあくまで皇土防衛に邁進すべきである

489 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 13:43:22
泉守紀知事の談話を発表。「県民は必勝の信念を
堅持して今こそ断固立ち上がるべき一大試練の秋である。(中略)徒らに流言蜚語に迷う
ことなく沈着冷静にあくまで皇土防衛に邁進すべきである

490 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 13:43:47
泉守紀知事の談話を発表。「県民は必勝の信念を
堅持して今こそ断固立ち上がるべき一大試練の秋である。(中略)徒らに流言蜚語に迷う
ことなく沈着冷静にあくまで皇土防衛に邁進すべきである、朕は逃げねけどね」

491 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 14:46:37
泉守紀知事批判者の変態性を遺憾無く証明する連続粘着カキコだなw

492 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 17:38:46
昭和天皇って軍事ドシロートなのに作戦干渉して犠牲者をいたずらに増やし、最後はテキトーにひねった和歌詠んで終わり
コイツが経営者だったらどんな会社も三日でツブれる

493 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 18:57:48
和歌の詠めない低脳逝って良し

494 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 21:28:38
>>492
えーとね、軍事知識は玄人レベルだよ。
『大元帥・昭和天皇』を参照のこと。
これは明大の教授が日共の出版社から出してる本だからね。
素養そのものは日本で培われた故の限界はあったろうが、
素人というのは当たらない。

495 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 22:14:32
>>494
どうだろうか?
情報がないところに知識だけがあったんかな?
第三十二軍があえて持久戦を企図していたのに決戦を要望するというのは
終戦工作の一環として沖縄での勝利が必須だったにせよ、彼我の戦力差を
考えれば無謀としかいいようがない。
また大陸打通に最後の望みをかけたのは、当時の状況からみてナンセンスだと思うが。

まあ藁にもすがりたい気分だったといえばそういうことかもしれないがな。

496 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 23:45:19
>>495
もとよりサイパン陥落で大勢は決した戦争。
だからと降伏というのも現実難しいだろうしな。

497 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 03:55:40
敗走し統制乱れた日本兵が、民間人に行った乱暴狼藉はどう思うのかな?
安全な防空壕から県民を追い出した事やスパイ容疑掛け処刑した事は?
民家から強引に食料等徴発した事は?
お得意の命令書等はないから軍は無実無関係との反論が予想されるけど。
日本兵と共に行動すれば安全と考えた県民の多くが、悲惨な結末迎えた。
日本軍を信じて協力し戦った沖縄県民が一番悲惨な目にあったわけだ。
国は戦後米軍占領下でも、地上戦で死んだ県民に一律に補償すべきだった。

498 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 03:56:10
また日本軍が民間人虐殺を行ったことも、
沖縄人は決して忘れてはならない。
慶良間諸島での民間人に対する自決命令など
日本軍が沖縄の民間人を虐殺したのは、事実ですよ。

499 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 13:12:25
慶良間諸島での民間人に対する自決命令など事実無根のだったことが明らかになってる。
補償目的の依頼を受けた偽証で、明白な詐欺犯罪。

500 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 18:17:31
>慶良間諸島での民間人に対する自決命令
「さまざまな調査で、これが偽りであることがわかる。
特に座間味島では「命令」があったとする唯一の証言者だった女性が、
島の長老に頼まれてウソの証言をしたことを告白する。命令説は完全に崩れた。」
ttp://www.sankei.co.jp/news/050424/morning/column.htm


501 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 01:01:59
被害者転じて詐欺犯人。

502 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 02:02:08
詐欺を支援する赤魔

503 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 06:47:42
ttp://mltr.e-city.tv/faq08d06.html#02144
ttp://www32.ocn.ne.jp/~modernh/paper57.htm
ttp://www.kaze.gr.jp/fwokinawa/okiwar/okiwartop.htm231

ま、軍の命令書が無いから捏造だ、と主張するのは勝手ですけどね。
軍の命令とは関係なく、戦争による狂気で沖縄人を虐殺した日本兵がいたって事にすら、
想像力が働かない呑気な方もいるんですね。軍の統率機能なんて、末期には破綻していたのに。
日本兵個人の勝手で行う殺人に、命令書なんぞ作る筈も無いし、
いちいち映像で自らの殺人行為の証拠を残しておく奇特な日本兵もいませんよ。
あくまで証言と、証言に基づいて発見された遺骨に、証言通りの手法で殺害された
痕が残っている事でしか、証明する事は出来ませんがね。

504 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 10:26:41
「想像力」で決め付ける狂人

505 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 15:17:55
http://www.city.yamagata.yamagata.jp/yidff/2003/cat095/03c103.html

沖縄戦の最中、沖縄本島北部で起こった日本軍による地元住民の虐殺のあり方に迫る。
元日本軍の通信兵として沖縄戦で戦った森杉多が、沖縄に単身赴き、
被害者の遺族に会って「日本軍の犯罪」を詫びる内容。
ディレクターの森口は本作の制作を振り返る中で、
虐殺に立ち会った元日本兵のひとり(森)が東京で生存している事実を探し当て
「何としてもこの人と会い、真相に迫らなければならない」と決意。

506 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 21:48:17
ttp://www.geocities.jp/koreapeacenow/shimauta/index.html


大田中将(・∀・)イイ!! 

507 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 00:12:41
505 はビデオ販売の広告をコピペする馬鹿

508 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 09:13:20
広告に書いてあったので正すい

509 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 20:37:40
慶良間での自決命令は事実無根。
だから他の日本兵による住民虐殺もすべて事実無根。

510 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 10:54:05
とゆー推論は成り立つわな

511 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 22:20:00
英國もフランスも印度も新型制式空母を建造するさうです
シナ、韓國も後に続く構へです
豫定が無いのは日本だけ


512 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 00:50:40
来週の23日は慰霊の日だな。

513 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 01:07:40
日本唯一の地上戦(笑)

514 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 01:21:43
樺太・千島も地上戦を展開しているしな。
「住民を巻き込んだ」と書き添えるならありかもしれんが、
先の戦闘も沖縄より小規模ながら巻き込んでいるし、
実質準日本領といってよいサイパンは沖縄並の戦闘だわな。

「御高配」の結果なのか、政治的意図があるのか>「日本唯一」




515 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 03:39:25
なんかこのスレって・・・・こことよく似てるな
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/kova/1115218422/224-307



516 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 16:57:35
>>510
成り立つのかよ!?

517 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 21:02:59
現在、NHKスペシャルで沖縄戦放送中

518 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 21:04:07
沖縄 よみがえる戦場 〜読谷村民2500人が語る地上戦〜
ttp://www.nhk.or.jp/special/

519 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 21:36:33
ナイチャー!今NHKみろ!

520 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 22:21:07
謝罪しろ!

521 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 05:54:07
番組で取り上げてた旧日本兵の住民虐殺って本当かな?

証人の証言や虐殺した旧日本兵の日記まで出て軍命あったとされたが‥。
とりあえず虐殺現場となった県北部に展開してた部隊はどこなの?
エロイ人教えて

522 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 08:48:49

          /           /  _,-':::::::::::::i.  l
.         /          /  /~ヘ,-''^~ヽi.,:  |
         i         /  /        i:::: |
.         i         /  ./          l::: |
         i        /  /            .|::: |
.        i        /  /             |:: |
        i       /  /-―===-;.   ;.'==ー-l::::: |
.        i       ./  メ=;テ'=ニ.'     ;=;テ'=;'.l|:::: |
        i      /l  / ~. ̄      i  ̄ ~ .l|:::: |
.       i       l ./          l    l|::::: |
       i        y'i           |    ,'|::::: i
.       i /       .l;;l           l   ,'ヽ'、/
       i/       .ll:l.|        '^  '   ,.':::::::l.|
. |',  |\ ./        |::l.|.     -;=ニ=ニ;'.  ,'::::::::/l.|  気持ち悪いアカばっかり
. | \| ./       i  |:::|.|ヽ,    ~"='~ /:::::/ l.|

523 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 20:31:16
http://www.yomitan.jp/sonsi/vol05b/chap04/content/docu067.html

渡野喜屋での住民虐殺
 本部半島八重岳の戦闘(四月十三〜十八日)で敗れた宇土部隊は、その後敗残兵となり
各地に出没して住民から食糧を奪ったりした。五月には大宜味村渡野喜屋(現在の白浜)で
読谷山村出身の避難民を含む数人(後述ドキュメンタリー番組では男性三人)を虐殺し、
残りの避難民家族を浜辺に集め、手りゅう弾を投げ込んで虐殺した。「G2レポート」五月十三
日の報告は渡野喜屋での住民虐殺を次のように記している。「五月十二日夜間、塩屋の渡
野喜屋で曹長に率いられた日本兵一〇人が、住民三五人を殺し、一五人に負傷させる。
そのほとんどが婦女子である。この集団は、その村落の指導者四、五人を連れて山に戻った」。
このときの避難民は読谷山村、浦添村、那覇市などの住民だったという。生き残った人たちか
らの聞き取りが『沖縄戦学習のために』(安仁屋政昭著、三八頁)、『沖縄県史 沖縄戦記録2
(五六九頁)、『浦添市史 第五巻』(二九〇頁)などに収録されている。またドキュメンタリー
「空白の戦史 沖縄住民虐殺三五年」(一九八〇年日本テレビ制作、ディレクター森口豁)では、
宇土部隊の通信兵だった元日本兵が戦後沖縄を訪れ、渡野喜屋での虐殺について証言している。
 宇土隊長が米軍に投降したのは十月で、「G2レポート」十月三日の報告に次のように記されている。
「辺土名と鏡地の一帯で、国頭分隊の日本軍将校一二人、日本兵八六人、軍夫一人が投降。
国頭分隊の指揮者は、宇土武彦大佐である」。


524 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 20:32:52
証言 (昭和十六年生、女性)

私たち家族は、当時、大宜味村渡野喜屋(現在白浜)の民家にいた。その日、
父は米軍からもらったメリケン粉を皆に配っていたそうだ。おそらく日本軍は、昼間、山の上の
方からそれを見ていたんだろうとのことだった。
 夜中、日本兵が何十人も血相を変えてやって来て、「俺たちは山の中で何も食う物もないのに
、お前たちはこんないい物を食っているのか」と言って、男たちを連れて行ったそうだ。
私たちの家には、日本兵が五人来ていたそうだ。
 父は殺されるのを知っていたのか、「自分はどうなってもいいから、妻や子どもには何もしないでくれ」と
言って、連れていかれたそうだ。父は、家族の目の前ではなく、別の場所で殺された。首に短刀を三つ突き刺され、
両方の膝の裏側を「日の丸だ」といって、五〇〇円玉ぐらいの大きさで、丸くくりぬかれていたそうだ。日本兵は、
それを「勲章だ、勲章だ」と言って持って行ったとのこと。父は「おかあ、おかあ」と言いながら死んだそうだ。周りは
血の海だったそうだ。
 男たちを連れて行った後、日本兵たちは「いい話があります。いい話があります」と言って、残った女子どもを
浜に連れて行き、「一、二、三」と言って、手りゅう弾を三つ投げた。その時、兄のそばにいた人は内臓が飛び出
して死んでいたそうだ。たくさんの人が亡くなったそうだ。
 幸い兄と妹は無傷で、母は足に軽傷を負ったが、私は顔と手足を負傷して動けなかった。それで、私を残して
、母は妹をおぶって兄といっしょに父を探しに行ったそうだ。
 父の死体を見つけたとき、あまりのむごさに母と兄は気絶したそうだ。その時、米兵が母と兄に水を飲ませ、
いっしょに父を埋めてくれたそうだ。


525 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 20:33:37

 二十歳の頃、私は兄から戦争中のことを聞き、渡野喜屋(大宜味村)を訪ねた。こうこういう理由で読谷から来たと話したら、
地元の方が案内してくれたが、あんまり話は聞けなかった。
 私は、現在、本土で結婚して暮らしているが、盆正月には仏壇のことが気になって毎年帰っていた。夫が「男、女ってないから
仏壇を持って来なさい」と言ってくれたので、ユタを頼んで拝んでもらい、今は本土に仏壇を持ってきてある。主人はいい人だが、
私は、父を殺した大和の人と同じ大和の人と結婚していることを気にしている。仏壇に向かって、いつも「こんなこんなだから許して下さい」と言って拝んでいる。



526 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 20:35:38
>>521
と具体的に名前が挙がっています。
この事を未来永劫私たちは忘れません。 日本が沖縄に何をしたか未来永劫に忘れない。

527 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 20:42:05
こんな兵器で勝てるわけがない

http://www.luzinde.com/index.html

528 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 23:56:57
日本兵は短刀を持っていない
捏造左翼逝って良し

529 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 01:00:58
沖縄の人々を苦しめるためにもっていたのでは?
彼らの素行の酷さは中国戦線でも有名ですよね。

530 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 01:04:15
軍隊は私物を許さない

531 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 08:00:50
戦争の美化につながる発言はやめてもらえます? 
素直に悪い事を悪いといえる勇気がないの?

532 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 20:34:39
将校はいろいろ私物を持ってたようだが。


533 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 21:52:00
そして将校みずからが沖縄の人々を・・・・・・

534 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 22:33:25
本土決戦への時間稼ぎ
そして本土決戦もできなかったへタレ

535 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 00:19:50
おまいは共産主義者か!
北鮮じゃあるまいし言論、思想は自由だよ

536 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 01:37:48
へー、本土決戦したかったの?

537 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 18:40:44
>>524
ここの書き子は、
年金欲しさの偽証
ばっかり。

538 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 22:21:17
最近のウヨって何なんだよ。
日本軍かわいさのために、とうとう沖縄戦の体験者まで嘘つき呼ばわりか。
もうあきれ果てるわ。

539 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 22:54:13
>>500を嫁!

540 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 23:20:37
いちおう歴史版だからマジレスしておこう。
慶良間の自決が軍命令でないことはずっと前から公然の秘密。
皇国の臣民として戦陣訓を守り、立派な最期を遂げたからこそ、
周囲は遺児たちに有利な計らいをした。


541 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 23:23:28
『 荒川区小坂英二議員、朝鮮学校の校長から「ただでは済まない」と脅迫される 』
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/25819721.html
http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/25738930.html



542 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 23:42:38
ウヨは沖縄戦と言えば慶良間しか知らない

543 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 23:55:16
ひめゆりの塔行ってきた。日本最低の戦跡だな
客引きの土人、献花を買わない人に舌打する売り子ババァ
そしてお土産屋で堂々と売られている迷彩服。
昔は空薬莢なんかも売っていたし
ハブとマング−スの「決闘」なんて見せ物もやっていたとのこと

冒涜してるのは琉球土人、お前らだ。

544 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 23:57:10
ひめゆりパークって確か台湾人の経営じゃなかったか?


545 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:28:32
↑馬鹿な琉球土人の典型

546 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:40:56
陳 世文((株)ひめゆりパーク社長)

547 :538:2005/06/23(木) 01:01:17
>>540
あのさあ、そういう論法って計算なの? それとも天然?
俺が言ったのは慶良間のことじゃなく、>>528とか>>537みたいな奴のことだよ。
お前がそれをわかってて慶良間と決めつけたんだとしたら、「慶良間が捏造だから他の住民虐殺も捏造」というプロパガンダをしようとしたことになる。
天然で勘違いしたのなら、慶良間以外に沖縄戦の知識がないということだ。マジレスする資格なし。

548 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 01:22:51
盗人猛々しいことを抜かすな
日本兵は短刀を持っていないのは動かせぬ事実だ

549 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 01:25:51
短刀って所謂牛蒡剣のことでしょ。
「地方人」には区別などできぬ。

550 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 04:25:29
>>549
その「地方人」が男性だったらそうとも言えない。
当時の日本には徴兵制が存在したので短刀と銃剣の区別がつく人間は現代より多いと考え
ることも可能だ。

551 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 04:45:20
今日は慰霊の日。黙祷。

552 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 07:00:35
おまえら12時に黙祷だぞ

553 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 07:05:44
>>547-548
全然話がかみ合ってないw


554 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 09:46:35
今日はやまとが沖縄を捨石にした日。未来永劫に忘れないよ。

555 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 16:37:10
>>550
それは、全てあなたの思い込みです。
つーか、黙れ文盲。

556 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 17:19:30
>>554
そんなに嫌なら独立すればよかったのだ。
「捨石」は沖縄だけではないだろう?
なぜ沖縄だけことさらそれを主張する?
「本土復帰」は沖縄の世論ではなかったのか?

557 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 17:23:18
沖縄の血が「日本人」として流されたと理解されてのみ本土の共感を呼ぶ。
「琉球人」という外人としてなら、朝鮮戦争における朝鮮人が、
台湾での白色テロの犠牲者がそうであるように、関係ないものである。

558 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 20:28:09
国家が大好き、国家の悪口を言う奴は俺が許さない、という愛国者君がいるな。

559 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 20:30:50
沖縄系のスレがまともに機能してるのを見たこと無いな。
事実指摘されれば罵詈雑言の非難で議論してない状態ばっかりだ。

560 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 22:04:01
都議選がらみで近所のとある政党支持者の方がいらっしゃっり、
靖国問題の話から南京や慶良間での日本軍の残虐な行為を語り楽しげでいらっしゃいました。
仏壇のサンゴに気づき、これはなにと聞くので、沖縄で戦死した伯父が先に内地に引き上げる人に託したもので形見になったというと、
都議選と党代表は違うからと候補者がいかにいい人か熱く語り帰っていきました。


561 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 22:09:36
沖縄で反戦教育を受けたナイチャーの漏れがきましたよ
お住まいは前田高地の通称“ハブ山”だったよ
毎日ニードルロックを横目に登校してましたよ

学校の校庭に内地から来た遺族が花束添えてましたよ
同じ校庭に20ミリのから薬きょうが落ちてましたよ
きっと、雨のF15辺りが間違ってトリガ引いたんだなって思ったよ

基本的に沖縄の人はシャイでいい人で今でも大好きだけど
悪夢の“反戦教育”の時間は
ナイチャーの漏れには
まさに 針 の む し ろ でしたよ!




562 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 23:04:42
なんでもいいけど、日本軍がヤケで飲み尽くした松山王子の300年古酒は、弁償しる。
酒飲みの俺にはなによりも許し難い悪事だ。

563 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 23:32:33
>>547
俺の知る限り、沖縄で軍の指示による集団自決はほとんどない。
しかし、スパイ容疑による虐殺や虐待は結構あった。

564 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 23:53:03
SPYは死刑に決まってるじゃん

565 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 00:42:17
ちゃんと軍法会議にかけた上でなら、な。
現場での即断処刑はよほど明確な証拠がない限り、
それやった奴が軍法会議にかけられることになる。

566 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 02:49:08
>>562
戦争で古酒もほとんどなくなっちゃったな。
まあそれどころじゃなかったか。

567 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 09:28:18
大本営は沖縄の戦略的重要性を認識していなかった。
60年もこれからも米軍が居すわることになる。
台湾と一まとめに方面軍を編成した上級司令部がアホ。

568 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 11:41:18
戦略拠点は、
台湾>>壁>>沖縄
だった。

戦後、日本から分離しようとする意図があったのか?

569 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 14:09:19
無用な戦いを避けた、沖縄県知事・泉守紀の叡智が今こそ評価されて然るべきw

570 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 16:57:32
八原はよくやった。長がいかん。

571 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 20:56:32
長勇なんて、南京で大暴れしただけ

572 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 21:02:47
とりあえず謝罪しとけ。

573 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 21:37:32
長が上司じゃなければ、八原は最前線の連隊長あたりに飛ばされて
戦死してたんじゃないか?
八原に神と、扱いにくい部下を抱えた長も苦労しただろうなw
まあ八原の立案した作戦は、米軍に出血を強いるという点では成功したな。
神の主張する航空主兵主義は間違いなく非現実的だっただろう。
そもそも数十隻の空母に囲まれた島の飛行場で、航空機を運用できると思うほうがアホだ。

574 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 23:41:56
いかれた沖縄人はともかく、大本営の沖縄の戦略的重要性を認識していない
時点で高級参謀が戦後生き恥を晒しているのが不思議だ。昭和天皇を含めて
腹を切るべきだった。

575 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 23:43:48
>戦後生き恥を晒している

どころじゃなくって、戦後も悠々自適の生活をおくって天寿を全うしとるでしょ
沖縄県知事・泉守紀は先見の明があったなw

576 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 01:53:33
米国は今後も対アジアの拠点の1つとして沖縄を手放さないだろね。

577 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 01:55:05
最初からこのスレを読んでみてわかったことは、2ちゃんでは歴史板でさえ沖縄戦をまともに語れないということだ

578 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 10:59:25
565 は法律を踏まえて書け!

579 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 15:36:49
どうしても泉さんに濡れ衣を着せたい狂人がいるな
冤罪はこうして作られる

580 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 17:58:34
                , ..:::´:  : : :.:.:.:.: : :.:.:.:.:.:.::.:.::::::.:.\
               ,..:´::.:.: : :     . .:.:. . .    : :.:.:::.::ヽ
              /::/::.:.: : : . : :.:.:.:.:.:::::::::::::.:.:.: : : .  : :.:.:.: ::',
             〃//:::::::.:.:.:::/::::::::/:::::::::::::::::.::.:.:: :  :.:.:.: ::',
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ ///:::::::::::::::::::/l::::::〃:/l:::::::::i:::::::::.:.: :  :.: : :.:!
             レ':/:::::/:::::::::,へ|::/ //  !::::::ハ:::::::i:.:.: : :  : :.:.l
  祖国と同胞を   {l l||:::/::::l::::/ ぇレ\l|    !::l| l|::::ll::.:.:. : : . : :.:.l
             | { {/レ1ハ/ / ,_)::::lヽ   Nj  !|::::!|:::||:.:i:.:.:.:::::/
   裏切る赤魔    | /:::::l{hl| {  {L_::j     テ〒ミ、ラll:::l::.:.:::/〉
             | /:::/:yヽj   ゞ='       ,ヘ)::::lヾ} !::l|::::/_/ ̄ヽ
  猛省しなさい!  /:::/::/::::::|  ::::::   ,    lヒ=ン } l|/l/:::l``ヽ:::',
            ./:::::::〃::::l:::',            ` ̄´ /リイ::::::i:::!  }:::}
           /:::://_ム__.ヽ   f⌒ヽ        /i:::::|::::::l:::l  j:::j
\__________, --y'⌒ヽ´ ̄ヾ`ヽ  /\   ノ    , ィ'´:::::::l|::::l::::::l::::!. ノノ
    , ---7  /     ヽ  ヽ ゙、    ー─ァ"「ト、 /:::::::j|:::::!:::::l:::::l ´
   ノ   l  (⌒ ー' / |   ヾ.、        /  j | \:::/ !::::|:::::|::::::!
  厂l   |  `r一"  l    ヽ\    /   //    Yl::|::::'::::::!::::i:|
  ! |   |   j,     ゝ、    \`ヽ、__,//    }|::|::::::i:::::!:::l::!
  | {    {   )_      ヽ ..__  `ー─一'     /::!::l:::i:::|::::l、:}::}
  ゝ_ゝ‐一' ̄ ̄  `‐- ∠    ))         | /::/::/l::|:::l::::!}:}::!

581 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 19:10:05
>祖国と同胞を裏切る

って敵前逃亡知事・泉守紀のことかw

582 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 22:05:46
硫黄島以上に米軍に出血をしいる持久戦しか出来ないでしょ、攻勢なんかかけたら即座に航空機に殺られる。

583 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 04:14:12
へー、泉さん手共産党だったんだ?

584 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 09:04:47
>>583
頭悪そうだから歴史板まで来て無意味に朝鮮とか共産党とか言うのはやめなよ。
おまえだって敵が目前まで攻めてくれば逃げたくなるだろう。
そこを自分の重責を認識して命をかけて踏みとどまれるかどうかってことなん
だからさ。

585 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 09:14:02
オレは泉を支持する。土民と心中なんかできん。

586 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 09:34:07

英語をしゃべれるなら スパイ はわかるが、なぜ方言使うと スパイだと
思ったの?

ヤマトの方 どうか 真面目に 答えてください。

ヤマトの方 どうか 真面目に 答えてください。



587 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 10:07:11
内地人にわからん言葉で、現地人が会話してるのが不気味だったんだろうな。
何言ってるのかわからんから、不安かきたてられるだろう。

588 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2005/06/26(日) 14:54:22
 >>587 に同意。
 実際に行ってみるとわかるけど、何を云ってるのか全然わからんがに。

 でも、実際、戦前の沖縄は日本でもトップクラスの標準語による学校教育が進んでいた地域
でもあるんだけどね。


589 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 16:43:41
小泉首相のポスター破る…元消防署員を逮捕

 神奈川県警宮前署は23日、自宅近くの掲示板に張られた自民党のポスターを破り取った
川崎市宮前区東有馬、無職近藤勇二容疑者(66)を器物損壊の現行犯で逮捕した。
 調べでは、近藤容疑者がポスターを破ったのは同日午後7時15分ごろ。
ポスターには小泉首相の写真が掲載されており、警戒中の同署員に取り押さえられた。
 近藤容疑者は、元川崎市麻生消防署予防課長。
調べに対し、沖縄県で開かれた消防大学校の同窓会で、同窓生から「沖縄から基地がなくならないのは小泉首相のせいだ。
同じ神奈川県民として謝れ」と言われ、同窓生の前で謝罪をさせられたため、その腹いせだったと供述しているという。
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20050524/20050524i412-yol.html

小泉首相と同じ県出身というだけで謝罪と賠(ryを強要するという
腐れニダー根性を有する基地外土人がいる県。それが、沖縄クオリティ。
                           http://www.pref.okinawa.jp/

590 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 16:48:21
>>588
大宜味とかだろ。
それはあくまで子供が対象なんで年配者は方言しか話せなかった。


591 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 17:43:48
>>586
当時はどの地域であろうと方言圧殺の方向にあったかし、
特には軍隊で厳禁されたのが、沖縄弁と出雲弁。

592 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 18:33:43

自分が、沖縄の言葉の意味がわからんかったら、不安だったとして、それだけで殺す・・?
もともと、自分達が、別の土地からきて、あまりにも酷いナ。


593 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 18:46:24
あ〜〜。
スパイだとは、本当は思ってなかったわけね。

ただのいちゃもんか。  ただのイジメで、人まで殺すか。

日本人のつもりで、いたはずなのに。日本人のつもりじゃなかったら、
自決までは、できないだろう。ひたすら、逃げたと思う。

594 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 18:56:41
>>592
例えば?具体的事例をあげてもらえるとありがたいです。


595 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:03:05
本土復帰当時、沖縄戦を体験した人はかなり健在だった。
その彼らが本土復帰を望んだのだ。
当時を知らない人が本土への不信をあらわにする。。。
政治心情なんて事実はどうでもいいものなのだろう。
それはともかく、そう思うのなら、それを政治で実現するべきだろう。
独立がんばれ。

596 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:16:16
>>594

「沖縄の悲しみ共有する日に」
・・鉄の暴風と呼ばれる地上戦による沖縄県民の犠牲者は約12万人で、当時の
県民の4人に1人にあたる。本土出身軍人・軍属の死者数をはるかに上まわった。
一家全滅や父母とも死亡した家があったほか、日本軍に強制された住民「集団
自決」や沖縄県民がスパイ容疑で日本軍に銃殺される住民虐殺もあった・・・

                沖縄タイムス 6月23日朝刊より

新聞が、そう簡単にでっちあげるかネ?
まあ、本土では、一切 臭いものに蓋状態で、一般人には伝わってなくて
ウソだと思うのだろうね。



597 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:27:32
>>595
戦後基地があり、アメリカ人からの事件・事故・レイプなど、被害をうけてきた。
日本として、戦争を一緒に戦い、負けて基地があるのだから、一旦は日本になる
のは当然じゃないのか。復帰すれば、基地を日本も負担してくれると信じて・・。
    それが、そんな言い方か!





598 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:38:18
戦後基地があったのは沖縄だけか?レイプがあったのは沖縄だけか?
占領期の日本では日常茶飯のことではなかったのか?
(さらにいうなら、レイプは米兵じゃなくてもするが)
基地が沖縄にとって経済的、環境的に重大な負担であるとは思わない。
’(そうでないというのなら、数字で示せ。)
政治的要請が強いのではないか?

599 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:41:47
>負けて基地があるのだから、一旦は日本になる のは当然じゃないのか。

韓国、台湾、サイパンその他が日本になったという話を私は知らない。

600 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:43:12
他人の痛みなら100年でも我慢できるとはいえ、いやはや!

601 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:45:47
「痛み」を痛みとして理解させるには医者に対してさえ相応の説明が必要だね。
MRI撮影でもしますか?w

602 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:50:17
基地の75パーセントを占めているが、それも当然か?
たぶん当然と答えるだろうな。
(レイプ被害の件数は異常だった。)
基地が沖縄にとって負担じゃないならお前の県にうつせ。
つくらないくせに。
基地依存するように、本土はかなり懸命な努力をしている。


603 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:56:25
ま、沖縄(本島周辺のみ)が独立してくれた方がお互いのためだろうね。

本土:鬱陶しい米軍島が日本領じゃなくなってせいせいする。
沖縄:ヤマトと縁がきれてせいせいする。

604 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 19:58:09
一番いいのは、沖縄本島をグァムみたいなアメリカの准州か自治領にすること。
それがイヤな住民は本土に移住しる。

605 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 20:06:10
基地だけが「負担」なのか?
町工場、原発、空港、その他も「負担」ではないのか?
本土の経済を維持するためには必要欠くべからざる存在だ。
沖縄にそれらがあるのか?本土の無い、機知のない沖縄を考えてみよ。
それでもやっていけるというのなら、独立すればいいのです。

>基地依存するように、本土はかなり懸命な努力をしている。


基地の経済的、環境的いかほど負担なのか具体的にを教えてください。
米軍基地の存在が沖縄の環境保護に役立っているのも事実。


606 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 20:16:01
まあ、いつまでも戦勝国の軍隊に駐留されてるってのはみっともないよな。
建前はどうあれ、事実上、占領されてるようなもんだしw

そういう厄介物をあらかた抱え込んでくれてる沖縄には本土人は感謝せんといかん。
でも、沖縄が基地ごと日本から分離してくれた方がスッキリするけどね。

607 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 20:20:31
結局、負けるような戦争して本土まで敵国に占領された戦前の指導者が馬鹿なんだが、
それを、時代に合わせて整理縮小する交渉や努力を怠った戦後の保守勢力も(ry

いっそ、日本本土にある残りの米軍基地も全部沖縄に引き受けてもらって、
沖縄には独立共和国かアメリカの自治領にでもなってもらった方がいいんだがね。

608 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 20:25:43
沖縄人には感謝の念などおぼえない。
日本人は「本土の奴ら」、「ヤマトンチュー」なんだからな。
沖縄は外国。
独立する気もなく、痴れ者に乗せられて日本を批判するばかり。
帰国して兵役につく気もないくせに、日本にとどまり、
日本人を批判する某民族そっくりだ。

609 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 20:37:33
いや、正直、沖縄本島だけなら独立してもかまわんよ。あんな米兵だらけの島いらん。
それに、どうせ経済的自立は無理だから、日本の経済的属国にならざるをえないしw

ただ、宮古・八重山と大東島は経済水域の問題もあるから日本領のままね。

610 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 20:39:13
これが日本人のほとんどの考え方だと、思っていいカナ

世界中から孤立する。けむたがられる。

ひとりぼっちな寂しい日本。

611 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 20:51:46
>>610
お前韓国人だろw

612 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:02:42
基地があるから産業が育たない。
基地の下はセメントだから、もう作物は育たない。

何故基地付で独立なのか?
戦争で死んだ御霊がいつまでもお前らを苦しめる。
心の底で、いつまでも苦しみ続ける。

謝るまでは永遠に。。


613 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:14:25
とはいえ、本土が沖縄の基地を引き受けるわけにいくまい。
本土にこれ以上、増やしてもらっちゃ困る。

ていうか、とっくに冷戦終わったのに米軍駐留なしの日米同盟にできんのか?
北チョンや中国くらい自前の兵力でなんとかできるようにしろや、日本政府。

614 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:17:08
ミクロネシアや南太平洋の島でも独立国家として国連に加盟できるんだから、
日本の経済援助さえあったら、独立琉球国も無理じゃないだろう。

615 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:17:52
>>612
基地があるから産業が育たない。
大いなるウソだ。
基地の無い県は産業が発達すると言うのか?

>なぜ基地つきで独立なのか?
独立すれば沖縄国と米国が新たに条約を結ぶ必要があるので、
基地排除のために独立するという論理は十分成り立つ。


616 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:17:53
>607
アメリカは引き受けんぞ。どういう場所か日本人より詳しい。

617 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:20:43
>日本の経済援助さえあったら



通貨が高杉になって、観光も産業も発達しなくなるよ。
それに「離婚」しといて金よこせなんて「沖縄の心」ってそんなものなの?

618 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:27:12
>>615
少なくとも今よりは。

なら、基地を引き受けたら金は払う気か?
ま、アメリカと直接話しあうことはできるだろうな。
日本なら永遠にできん。
現金引き出し機と笑われてるらしいから。

619 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:27:22
>>615
少なくとも今よりは。

なら、基地を引き受けたら金は払う気か?
ま、アメリカと直接話しあうことはできるだろうな。
日本なら永遠にできん。
現金引き出し機と笑われてるらしいから。

620 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:32:01
独立すると言う相手に何が悲しくて金をだすのだ?
手切れ金が欲しいのは本土だちゅーに。

621 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:39:09
>>617
親切な沖縄人はスキ。
少しでも意見する沖縄人は殴る。

あれだよな。DV夫だよな。
かなり大変だけどな。離婚しても。だけど今のままじゃ

きしょくって。

622 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:41:45
もう共和でよか

623 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:44:37
給料もらってダンナの悪口は一丁前なんだから、離婚されて当然だってw
手近な母子寮にでも逝け。

624 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:52:07
>>623

給料?
勝手に基地つくってか。
お前 個人的に ころす。

625 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 21:52:44
あれだけ領土問題でギャーギャー騒ぐ癖に、沖縄は手放してもいいのか?

626 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:07:47
大和
@きしょい

Aきもい

Bきしょい

Cきもい

Dきしょい

Eきもい

     ・・・・あとは自分で。

627 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:31:08
>>625
私は膨張主義者ではない、必要なら北海道の切捨てもありだ。
否、東北さえ。

628 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:34:24
自ら「日本人」たる自覚がない住人が割拠する地など維持しても、
「国内」の平安を乱すのみ。
それなら切捨ててしまった方がよい。

629 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:36:47
>>624
基地を作ったのはメリケン人だ。

630 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:39:40
沖縄のサンゴ礁が沖縄人の開発によって大量の土砂流入により死に瀕している。
一方、米軍基地の存在によって大規模な沖縄固有の自然林が保存されている。
米軍は沖縄の自然を守っているといえる。

631 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:41:04
この馬鹿な流れいい加減に止めろよ

632 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:43:45
別に自然保護のために駐留してるわけじゃないだろw

633 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:47:56
>>629

戦争をしかけたのは日本だ。
バカ?
>>630
アメリカは海にウランを落とした。飛行機もおちてくる。
守ってる?



634 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:48:25
結果について述べただけ。
基地全面返還の暁には公園にでもするのか?
基地の存在で開発できないという理屈と矛盾するではないか。

635 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 22:55:20
>>633
戦争を仕掛けたのはアメリカ。
禁輸処置は自衛戦争として認められる。
(日本が北朝鮮の禁輸制裁に踏み切れないのは戦争の大義名分を
 北朝鮮に与えてしまうため)
それに戦争をハルノートの条件達成に限定するなら沖縄占領は必要なかった。
大勢が決した時点でアメリカから講和を提案すれば、
日本政府は喜んでハルノートを受諾しただろう。
沖縄戦は無条件降伏まで条件を吊り上げたアメリカによる
侵略戦争といえるのではないか?

>海
それだけ?
ほぼ無傷だろ。人間の欲望にもとづく開発は凄まじいよ。

636 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:13:25
>>635
何かおかしいね。沖縄と日本ってこんなにも認識が違うんだ。
沖縄戦がアメリカの侵略戦争??

海。それだけ??
自分のところにおちたら、少しは騒ぐのかな。
騒がないか。福知山線がたくさんの犠牲者出しても
少しだけはなれて管轄が違うってだけで、飲んだり食ったり、
だもんな。
それが日本の心っていうんだろ。お兄さん。

637 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:13:48
>>635
何かおかしいね。沖縄と日本ってこんなにも認識が違うんだ。
沖縄戦がアメリカの侵略戦争??

海。それだけ??
自分のところにおちたら、少しは騒ぐのかな。
騒がないか。福知山線がたくさんの犠牲者出しても
少しだけはなれて管轄が違うってだけで、飲んだり食ったり、
だもんな。
それが日本の心っていうんだろ。お兄さん。

638 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:15:00
そろそろ先生が天下をとる

草加学会俳優・タレント・歌手島田歌穂、山本リンダ、
木根ナオト(TMN)、内藤やす子(歌手)
泉ピン子(女優)、 中島朋子(女優)、墨田ユキ(女優)、
高田恭子(歌手)、中島唱子(女優)、天地真理(タレント)、
久本雅美姉妹(タレント) 海原しおり(タレント)
柴田理恵(タレント)、田村正和(地区部長)
田原俊彦(タレント)、田中美奈子(歌手)、相田翔子・鈴木早智子
(歌手・元Wink)、研ナオコ、雪村いずみ(歌手)、朝比奈マリア
(タレント)、内海圭子(タレント)、森本尚幸(BORO)
虎舞竜(ロックバンドでメンバーはほとんど)、 松本秋子
(ダウンタウン松本のお母さん)千堂あきほ(タレント)、
谷山浩子(歌手)、安則まみ(PSY.Sボーカル)、 八巻健二(極真空手)、
小柳昌法(リンドバーグ) 浅岡雄也(FIELD OF VIEW)、
佐藤竹善(シングライクトーキング)、西村智彦(シングライクトーキング)
藤田千章(シングライクトーキング)、小川菜摘(ダウンタウン浜田雅功の妻)、
加藤茶、仲本工事(ドリフターズ)、 ティナ・ターナー(ロック歌手)、
スザンヌ・ヴェガ(ロック歌手) 田中美奈子 、安室奈美恵、稲葉浩志(B'z)
、岸本加世子、白川和子、原田知世、神田利則、
大森隆志(サザンオールスターズ)、橋本章司(ハウンド・ドッグ)


639 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:19:18
>>636
正直、思いつきな屁理屈がほとんどだが、

>沖縄戦がアメリカの侵略戦争??
これは確信をもっていえる。
初期の外交目的から逸脱する日本占領を目的とする沖縄戦は
アメリカによる侵略戦争。

湾岸戦争はクウェート奪還で終了したではないか。
フォークランド戦争しかり、米西戦争しかり。

640 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:21:12
>>638
創価学会員の方?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww?



641 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:23:57
米軍がいかほどの攻撃を沖縄におこなったか、知っているのだろうか?
沖縄住人の戦災者はみな日本軍の「自決命令」
とやらで死んだ数だと思っておりゃせんか?

642 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:37:31
アメリカ兵が精神的なおかしくなるほどの凄まじさだった。
沖縄人も精神に異常をきたした人もいた。
みなが自決と思ってるか?馬鹿が。
たとえ一人でも、手榴弾をわたして、死ねといった罪は重い。

たった一人の命だとしても、同じ沖縄の人を愛するがゆえに
許さん。死んだ日本兵はとっくに忘れさられてるようだが。

643 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2005/06/26(日) 23:40:03
>>590
 まぁ、年配者はそうだね。
 戦時中、沖縄出身で、沖縄師範学校を卒業後、熊本あたりで教員になった人に、生
徒から「今度の新しい先生は標準語ばかり話すので、何を云ってるかよくわからない」
というクレームがついたことがあるそうな。
 

644 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:43:13
その時の「死ね」の具体例をあげてくれ。

当時の日本軍にあって、手榴弾は貴重。
それをあえて分けてやった日本兵ないし軍人は非常時の
善意である可能性も考慮されてみるべきだ。
白兵戦、ゲリラ戦ともなれば米軍とて住人とて容赦しないのは存じているだろう

645 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2005/06/26(日) 23:47:28
>>635
>日本政府は喜んでハルノートを受諾しただろう。
 陸軍は「本土決戦こそ陸軍の本領を発揮する場よ!」というのが基本認識だし、降伏
直前まで、非常に自分たちに都合の良い条件で講和をしようと企んでるし、喜んで受諾
なんかしないと思うよ。

646 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:49:16
>>644
なぬ?????
善意ですかあ~~~~~~~~~~
降参して白旗あげて出ていって助かったのは何?

自決自殺メッチャスキですかあwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww?????




647 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:54:21
>>645
建前にきまっているだろ。
満州放棄VS本土決戦どちらをとる?

>非常に自分たちに都合の良い条件で講和をしようと企んでるし
出典が出せないのは恐縮だが、秦郁彦によると日本政府は昭和十九年段階で、
講和達成がなるなら満州放棄も考慮していたそうだ。

648 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 23:58:19
>>646
投稿した数と保護された数が一致するかどうか。
正直、欧米軍はモラルに厳しいと思ってたが、
フォークランド戦争のイギリス軍、近年の米軍すら虐殺、虐待をおこなっていた
のを知って白兵戦に陥るとモラルハザードを起すと確信をもった。
ベトナム戦争の米軍と沖縄の米軍は違う軍隊なのか?

649 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 00:04:42
>>648
ちょっと待て。
万が@殺されたとして、生き残れる可能性もあるわけだが、自決したら
可能性もないわけだが。
もしかすると、いまだ軍隊的な考えですか?ほ====

650 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 00:11:38
自分の感覚では、敵に陵辱され、虐待されるくらいならの心境だろう。
日本軍、国民が捕虜、難民として敵の掌中に収まることは危険と判断
していたのではないだろうか。
これは想像だが、尼港事件、中国大陸での数々の邦人への虐殺事件が
その認識を醸成させたと考える。

651 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 00:17:48
>>650
あぁ、自分達が残酷なことをしてきたから、そう思うのか。わかった。
逃げていた日本兵もいたそうだね。
はーーーー。
又戦争がくるのかよ。



652 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 00:27:36
巷の野郎に軍服を着せさえするだけで立派な兵士になる訳でもはないし。

>又戦争がくるのかよ。
北朝鮮のこと?
なんかよくわからんが、生るだけで様々なリスクと隣り合わせ。
それが嫌な死ぬしかないね。

653 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 12:11:56
捨石の沖縄に感謝しる

654 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 16:21:26
善意面して近寄ってくるサヨクと宗教信者が嫌い。
しかも人が凹んでるときに。蹴り飛ばすぞコラ。

655 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 19:52:56
<第43号>目録
沖縄県座間味島 「集団自決」真相究明第一弾
生残りの沖縄女性が勇気ある証言
「日本軍の命令なかった」
「年金欲しさから、つい……」 

―日本軍隊長の冤罪晴れる (元海上挺身第一戦隊長 梅澤裕:兵庫県 84歳)
…米軍、沖縄へ来襲
…集団自決を申出た地元村民代表
…上陸した敵と激闘
…創作された軍命令
…偽証でまんまと年金申請
…集団自決は村幹部が勝手に決めた
…虚構の平和運動恥ずかしい
…証言者へのサヨの脅迫
…訂正された沖縄県史
http://www.interq.or.jp/asia/showashi/bulletin_bak.htm

656 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2005/06/27(月) 22:04:33
>>647
 建前が本音に勝るのが、大日本帝国クオリティ(w;

 開戦時、大本営の会議に出席していた参謀達が、個人的に「対米戦争になった場
合、日本の勝利はない」と思っているのに、会議の結論は「対米開戦やむ終えなし」
になってた、という話を思い出すよね。

 '45年5月の6巨頭会談では対ソ外交の目的として『戦争終結に関しソビエトを
して日本に有利な仲介をさせる』とあるし、その際の見返を決めた際にも、満州国
の独立を極力維持させると決定しているし、同年6月にソ連の仲介による米英との
講和条約を依頼した際に、日本側が提示したソ連側への仲介の見返りの中には『満
州国の中立化(日本軍の撤退。満州国の主権の尊重)』という項目があるから、手
前勝手の自分たちに都合がいい条件で講和しようとしていたのは確かだと思うよ。

 戦前の国防方針から見ると、当時の為政者は 『満州国の放棄』=『日本の衰退』
と捉えていた部分があるように思えるよん。
 

657 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 22:59:56
↑ ばか

658 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 23:18:41
私は沖縄(琉球)諸島が独立国家と成ることを応援します!!


659 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 23:18:56
ここはウヨが正義の日本軍の妄想を語り合う場だ。
空気の読めないサヨは出て行け。
俺は出て行く。

660 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 09:31:25
遠く離れてこそ失くしたものの大切さに気づく。
サヨは一回共産主義国で国籍とってください。

661 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 15:14:31
明治憲法は、「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」(第一条)、
「天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬」(第三条)するとして、天皇主権を規定
したうえ、天皇は

「神聖ニシテ侵スベカラズ」(第四条)

として、国民の批判を認めなかった。

議会は一応設けられたが、天皇は、国務大臣をはじめとする官吏の任免や宣戦・
講和・条約締結の権限をにぎり、陸海軍の統帥には政府や議会の関与を許さなかった。
しかも、「天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ」(第五条)とあるように、
議会は天皇の立法権に「協賛」する存在で、真の立法権をもたなかった。
また内閣は、天皇によって任命され、天皇にたいして責任を負うだけで、議会に
たいしてはなんら責任を負わなかった。

他方、国民は天皇の家来である「臣民」とされ、その権利は「法律ノ範囲内」に
限られていた。
実際には、さまざまな弾圧法令が国民の権利を厳しく制限し、治安警察法(一九
〇〇年)は、労働組合や農民組織をつくり、ストライキや集会、デモ行進をおこ
なうこと自体を犯罪として処罰した。



662 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 17:25:14
クソサヨは突然民主主義が現れるとでも思ってんのか。
どうも日本だけは特別らしいな。

663 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 17:52:36
>「神聖ニシテ侵スベカラズ」(第四条)

実質的な無答責を意味する文言だ。
ベルギーその他の王室を持つ国の憲法にも同様の文がある。

664 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 18:01:16
彼はサイパンで謝罪したな。

665 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 18:25:37
天皇も今のほとんど自由の無い生活より
サイパンのビーチでワンカップで焚き火を囲み、酒盛りをして
盛りあがってた方がホントは幸せなのかもな。

666 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 18:48:26
世界史板の王室スレにも毎度毎度投稿するな。
サイパンとビーチのみ変更されているのはご愛嬌か。

667 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 03:58:05
>>659 妄想ではない、 正義はサヨ新聞でも認めてるさ。→ http://c-docomo.2ch.net/test/-/travel/1106089448/153

668 :sage:2005/06/29(水) 06:19:01
aa

669 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 09:19:09
661は法学も政治学も分らない中卒

670 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 10:27:54
日本映画チャンネルで「激動の昭和史 沖縄決戦」放送中。

671 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 10:33:32
>>636 そのとおり、 君の島が侵略されたんだ。 沖縄女性は黒人兵にレイプされアフラジアン子を生まされた。 27年間もアメリカは君の島を盗んでいた。

672 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 10:52:50
>>664 そうじゃなくて。 昨日からサイパンクリフは、 朝鮮人の方や沖縄人の方にとっての新「靖国神社」になたのよ。

673 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 12:45:43
アジャコングにアムロナミエ

674 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 16:01:58
第九師団がいたらもっと刺激的な戦いになっていただろうになあ。
残念!!

675 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 20:25:16
>>659

妄想ではない、正義はサヨ新聞でも認めてるさ。

http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/travel/1106089448/153

676 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 20:30:49
>>675
メッセージ復帰30年(下)・告白
 宮城晴美『母の遺したもの』高文研

 「いずれ機会をみて発表してほしい」と、一冊のノート(手記)を私(宮
城)に託し、半年後(一九九〇年)、六十九歳の生涯を終える。字数にして
四百字詰め原稿用紙約百枚。自らの(沖縄戦での)戦争体験の日々を具体的
につづっていた。しかも、手記は過去の記述を、根底から覆す内容を含んで
いた。
 ・・・同著の要旨を追うことにする。当時の(日本軍の)座間味島駐留軍
の最高指揮官、梅澤部隊長からもたらされたという「住民は男女を問わず軍
の戦闘に協力し、老人子供は村の忠魂碑前に集合、玉砕すべし」が、事実と
違う記述であった。以後、「座間味島の“集団自決”は梅澤裕部隊長の命
令」が根拠とされてきた。

 事実は、部隊長の命令は下されず、村役場の伝令が飛び交い、次々と集団
自決へ走った。手記発表後、(著者宮城の)母は、自分の“証言”で梅澤
(旧日本軍部隊長)を社会的に葬ってしまったと悩んでいた。事実を公表す
れば、島の人々に迷惑が及ぶ(偽証で国から軍属年金をだまし盗っている島
民仲間が、罰せられる)。板ばさみの心痛を一人で背負っていた。
 一九八〇年、那覇市内で梅澤と再会。そして母初枝が告白した。「命令を
下したのは梅澤さんではありません」。この一言に、梅澤は涙声で「ありが
とう」を言い続け、嗚咽(おえつ)した。だが、告白をきっかけに事態は急
変。さらに波紋を広げていく・・・。
<沖縄タイムス2002年9月21日朝刊6面より>
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/travel/1106089448/153

677 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 00:40:26
軍人は正義の士

678 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 01:14:54
のわけがない。

679 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 03:07:06
>>676 やまとぅ政府から年金だまし取る偽証島民は、正義の英雄

680 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 21:59:12
島中詐欺犯とは、エライ被害者だわ

681 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 23:28:54
沖縄戦でもっとも県民を殺害したのは勿論米軍
それをスル〜して皇軍の悪口ばかり言う左翼に吐気がする。

682 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 01:14:21
>>677 リンク読むとそんな気がしてきたわい→ >>675

683 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 01:24:37
沖縄を攻撃したのは米軍だけど、島民を見捨てて米軍の出血を強いる戦略立てたのは日本、どっちが悪いじゃなくてどっちも悪い、被害者の沖縄の人は悲惨過ぎる。

684 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 04:05:14
沖縄戦の記録映画で亡くなった女性が陰部を露わにしてるのを砂を掛けて撮ってる
のがあるけど、あんなのを見るとやりきれないね、戦争の残酷さを思い知らされるよ。

685 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 09:18:31
砂を掛けて撮る香具師が悪い


686 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 09:28:39
HAHAHAHA!JAPが陰部だして死んでるぜ〜www
カメラカメラwww

って感じだろうね。

687 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 10:43:22
>>683 旧海軍省は薩摩琉球の藩閥だたから、琉球人のキャリア高官も沢山居たよね。 作戦立てた自分の県のおじい達へ苦情を言えばどう?

688 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 10:57:23
か○ひでの次男坊 ? w

689 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 14:25:57
>>676-680n 島じゅう詐欺犯・・・・w

690 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 15:13:11
>>664 沖縄人達は、 どうしてあんなに大勢でサイパン侵略したの?

691 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 16:30:21
>687とか見てると、沖縄叩きは間違いなく中共の分離工作だと判るな。
最低限の日本知識も無いくせに差別的言辞をばらまく。 得するのは中共だけだ。

692 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 19:36:23
>>687
「薩の海軍」は明治大正の話で、そもそも沖縄は関係ない。琉球人のキャリア高官?誰それ。
そして、海軍省は作戦立案には全く関与しない。

すぐバレる嘘書いちゃダメよ。ああ、釣りか。まあいいや。


693 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 19:36:48
中共かどうかは知らんけど>>687が二重に的外れなのは間違いないなw

694 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 01:48:38
おいおい、郷土の秀才の名前位おぼえて居ないのか?

695 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 01:54:30
K江 少将の事か???

696 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 03:07:52
大城戸三治はタイーホ時、 たしか中将だった♪

697 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 11:53:37
>>691 ←歴史偽造のチョソかな。

698 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 13:25:21
>>687

ばかですか。低偏差値ダメ人種県民がむずかしい
キャリア試験に受かるわけないだろ。ブォケ。


699 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 13:30:56
>>692 
 日本軍は全く関与してなくて島民が勝手に立案した???、とか・・・



700 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 13:49:21
>>696
大城戸三治中将は、捕虜の米軍パイロットをリンチ殺人して
無期懲役の刑をくらってまつな。


701 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 13:53:28
油山虐殺事件の赤嶺輝○さんは?

702 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 12:32:06
>>589
遅レスだが、首相が小泉でなかったらそこまでしたかどうか。
今でこそ神奈川が地元だが、元々小泉家は鹿児島だそうじゃないか。

703 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 14:29:42
なんだ。南九州両県の小競り合いか。。。。

704 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 14:36:19
>>589 >>702 オモシレエ

705 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 02:44:47
沖縄県版歴史教科書の作成について…
沖縄県版の歴史教科書が作られようとしています。
これはいよいよ県による反日教育がはじまるということではないでしょうか??
なぜなら教育委員会がおこなってきた慰霊の日の教育はそのようなものだったから。
県が日本の戦時の悪事を教科書に盛り込み、沖縄の悲劇を誇張して載せることは確実です
このままでは沖縄は中国や韓国のように反日デモがおこなわれるような県になってしまう…(T_T)
独立色を強める韓国、中国に比べて日本への依存度が非常に高い沖縄。このままでは沖縄はのたれ死んでしまう…
みなさんの意見を求めます

706 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 02:52:13
毛唐は嫌いだ。
とにかく嫌いだ。


707 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 16:37:57
>>700 中将って、かなーり偉いぜ。戦前チョソの王様、李ゲン殿下は日本軍軍人だったが、彼の位がチュージョー。

708 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 16:49:57
嫌いでも良いが リンチ殺人はヤバ杉

709 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:46:56
>>695 その少将は戦後は長く、県議をしてました。

710 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 23:18:45
最近の研究では、飛行機特攻にかなりの戦果あったとか。とかく戦後米軍の戦果が
誇張されてその分日本軍の戦果が矮小化されている。
真珠湾にしても奇襲で米軍は手も足も出せなかった事になっているが、当時の日本海軍の
九九艦爆操縦士達が、多数の米軍戦闘機の迎撃を目撃しているが、ほとんどを日本軍の
戦闘機が返り討ちにしていたと伝えている。

711 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 09:26:41
勝てば強軍、負ければ弱軍

712 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 20:37:02
精密誘導兵器のはじまりは対戦末期のドイツ軍の無人攻撃機とか言われているが、
実際は、日本軍特攻機の威力から学んだそうです。特攻作戦が本当に無駄なものなら
精密誘導兵器なんて開発しなかったでしょうね。

713 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 21:25:30
>>712
精密誘導兵器てV2ロケットのことか?
妄想スレが多い2ちゃんねるでもデタラメすぎるのも如何なものか
V2の開発開始は1936年のA-4に始まる。失敗を繰り返し改良されたV2の
実戦参加は1944年9月6日、比島決戦の特攻第1号よりも早い

714 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:00:20
高性能兵器を開発する能力も経済力もないが、人間の値段だけは格段に安い
日本人に最も適した安価な高性能兵器である(特攻

715 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:05:58
>>712
当然V2のことではなくミステルのことだと思うけど>>713の指摘と同様の疑問を生ずる。
ミステルも1944年春には投入テストが終了してるから。
誘導爆弾フリッツXについては1943年には実践投入されている。
Hs117地対空誘導ミサイルについても1944年春には発射実験が行われている。

以上のことからドイツの一連の誘導兵器(ミステルは誘導兵器じゃないが)が特攻作戦の影響を受けたとは思えないのだが?

716 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 00:22:08
特攻は航空機と兵士を死なすだけでは無く、
国の国力そのものを減らす外道だ、
敗戦が決定的になった時点で日本が取るべき行動は、
無条件降伏が最良の道だ、国を復興する人材を、
特攻で死なせてなんになる、敗戦日が多少延びるだけだ。

717 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 01:04:55
>>701
赤嶺って??、あの海軍史上
最DQNの赤嶺中尉って沖縄人
なの?

718 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 01:12:55
>>696 >>706 嫌いでも良いが、リンチ殺人はヤバ杉。

719 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 17:25:20
【チャールズ・リンドバーグ】
彼は1944年(昭和十九年)にニューギニアの米軍基地で陸軍将校として四ヶ月過ごしたが、
その体験を日記に記して後に「第二次大戦日記上巻、下巻」として出版した。

それによると彼は戦場で見たものにショックをうけた。それは兵士が嬉々として敵を
殺したからではなく、米兵が日本兵に対して抱く露骨な人種蔑視の念と、それに
基づく残虐行為を目のあたりにしての苦悩であった。

降伏し捕らえられた千数百人という日本兵捕虜のうち、捕虜収容施設に引き渡されたのは
僅か百人か二百人に過ぎなかった。残りの者たちは殺害されたが、事故に遭ったと報告
された。

「仲間が降伏したにもかかわらず機関銃で撃たれたという話が日本兵に広がれば、投降し
ようという者などまずいなくなるだろう」とリンドバーグは聞かされた。つまり黄色い猿に過ぎ
ない捕虜を取り扱う、余分な手間や面倒がはぶけるという理由からであった。

日本軍も負傷兵や捕虜に対する連合国側の殺害に関する情報をつかんでいて、戦時中の
日本からの対米宣伝放送(東京ローズ)では、第四十一師団のことを「屠殺者、Slaughterer」
と呼んでいた。

終戦直後ある米陸軍大尉が公表した記事には、第四十一師団、捕虜を取らずという堂々たる
見出しが付けられていた。この師団が例外的に日本兵を捕虜にしたのは、軍事情報の収集
のために捕虜が必要な場合だけであった。(容赦なき戦争、副題太平洋戦争における
人種差別、カリフォルニア大学教授ジョン・ダワー著)
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/genbaku-1a.htm

720 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 17:36:01
441 :名無し三等兵 :02/08/19 03:51 ID:3yMSaBtl
玉砕なんてものは実際には多くの地域で軍民問わず全滅戦を行った
アメちゃんのデマゴーグだよ。

443 :名無し三等兵 :02/08/19 04:02 ID:wyGi8rju
>441
沖縄では投降してきた一般市民を
ニヤニヤ笑いながら火炎放射器で焼いたり、
女子中学生を輪姦したあと射撃の的にしたりしてたらしいね。

旧軍の軍人は「投降しても殺されるだけだから最後まで戦え」って説得したのに
投降してハチの巣にされるアホな民間人が後を絶たなかったらしい。

479 :名無し三等兵 :02/09/09 19:13 ID:???
沖縄戦での米軍による民間人に対する残虐行為については、海兵隊員E・B・スレッジ著
「泥と炎の沖縄戦」で、その一端が伺えます。
(昔、地元新聞で連載されていた。異常な環境の中でキチGUY・・・否、そんな環境に
適応できる「正常」な状態になっていく兵隊達を、素面に戻った者の心で描いた回想録)

ついでに胸のすくようなお話を。
捕虜収容所にレイプ目的で侵入したアメリカ兵は、捕虜達に捕まりリンチされて殺されて
も、米軍当局は不問に帰したようです。
実際、殺られた一人は、骨になってもほったらかしだったそうだ(ちーん)。

721 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 17:37:23
>>720
太平洋の激戦地ペリリュー島および沖縄で、日本兵の死体から
手を切り取って戦果のトロフィーとする、金歯をあさる、死体の空いた口を目がけて小便をする、
恐れおののく沖縄の老女を撃ち殺し、「みじめな生活から、解放してやっただけだ」
と気にも留めない海兵隊員の様子を目撃した。
(E・スレッジ、生物学者、1981年に出版の回想録)
http://homepage3.nifty.com/yoshihito/genbaku-1a.htm

722 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 23:47:57
>>719-721
と同時に昭和19年「上陸防御教令(案)」では、戦闘時に住民を
警戒、監視、陣地構築の労役に利用すべしと記載されている事実も
忘れてはならない。
これは当時の戒厳令でさえ認めていない事であり、当時の軍部が
住民(と言うより国民)をどう見ていたかの極端な一例だとは言える。そして
32軍がこの案に従ったかは別として、強制徴用は防衛召集令に
従って、実際行われたしスパイ疑惑等による住民殺害等も
首里陥落後32軍が組織の体をなさなくなってからは50件以上発生している

厚生省の調査でも、洞窟や壕を軍に提供した事が
間接的、直接的にに原因した死亡した住民が1万人以上になると言う
結果が出ている。

酷いのはアメリカも日本も同じだよ。ドッチかだけに責任を転嫁するのは
単なるガキ。

723 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 12:21:16
鉄血勤皇隊って3秒で考えたっぽいネーミングだなw
こんなダサネーミングじゃやる気でないよ。

724 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 14:29:49
勇猛を誇った日本海軍の中でも特に 「残虐」 で知られた沖縄兵 (オッキー) 。赤嶺や大城の虐殺行為に、米軍は覆讐心に燃え本気で襲い掛かってきたのだな。

725 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 14:38:46
最も激しく壕から住民を追い出したのは、日本軍に就職できて嬉しさ一杯の、沖縄兵だったと言う罠。

726 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:25:32
>>540 それって立派な詐欺犯罪

727 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 22:34:54
>>714 それで低経済力県のひとが特攻するはめに? ? ? ?

728 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 17:27:28
age

729 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 22:16:55
>捕虜収容所にレイプ目的で侵入したアメリカ兵は、捕虜達に捕まりリンチされて殺されて
>も、米軍当局は不問に帰したようです。
>実際、殺られた一人は、骨になってもほったらかしだったそうだ(ちーん)。

とても気分の良い話ですねえ。
今度戦争になったら私も毛唐の歯や耳をナイフで切り取って記念品にします。

730 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 08:41:02
改めて黄金の図式を提示します コリア系渡来人=弥生人

731 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 02:17:23
okinawa とか america とか何か野蛮なイメージ、特にこのスレ

732 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2005/07/18(月) 06:54:12
>>731
 戦争が野蛮なのさ

733 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:54:12
人種が野蛮なのさ。

734 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 11:41:06
■■■軍命令は無いけど住民が手榴弾で自決の謎???■■■

沖縄戦の中で起きた住民の集団自決についてひとこと。

曽野綾子という三流文士が「神話の背景」なる本で、
「軍による自決の命令はなかった」と主張しているけれど、あの本はインチキ本ですからね。
曽野は、あの本の中で、住民が自決する際に手榴弾を使ったことを認めています。
ところが、その手榴弾がどこからもたらされたかについては完全に口をつぐんでいます。
手榴弾なんていう武器を住民が普段から持っているはずもなく、
どう考えたって軍から渡されたとしか考えられないわけですよ。
ところが、なんとしても「軍による自決命令はなかった」という結論を導きたい曽野は、
都合の悪いことにはだんまりを決め込んでいます。
曽野の件の本が出版された後、沖縄の新聞社が詳細な反論を掲載しています。
また、その後に曽野と沖縄の研究者との間で討論会が行われています。
ところが曽野は、曽野討論会でも、「手榴弾の出所」についてまったく答えないどころか、
「(集団自決の問題は)現在の地球的な状況の中では共にとるに足りない小さなことになりかけていると感じる」
などといった逃げ台詞を吐くような始末です。
これ以来、曽野は沖縄に対して逆恨みをするようになりましてね、
沖縄の米軍基地反対運動に対しても、
「あまり基地のことばかり問題にすると一般の人は観光に行きにくくなってしまう」
とか書いて、「観光客が減って収入が減ってしまうぞ」と恫喝しています。
まったくいかれたばあさんだぜ。
皆さん、曽野のいかれた本にだまされないように気をつけてくださいね。



735 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 12:09:23
ちと待て。地上戦なんだから手榴弾は普段からみんな持ってたよ。安いからね、ピストル替わりの護身用に配ったのさ。

736 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 12:24:22
>>734-735 つづき。太田前知事が出した写真集にも、手榴弾なげて攻めて来る琉球の中学生美女軍団の勇姿 (米軍撮影) がドアップで載ってるよ。

737 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 13:21:35
>>676 ← 一度読んでみ。主張しているのは宮城初枝 宮城晴美の母子と、沖縄の新聞社のようだが。

738 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 15:51:25
>>735
護身用?ソースあるのか 自分を守るのはわかるけど自決は理解不能だ
市民(子供)に攻撃に参加するように要請されてたって事か
これじゃあ被害が大きくなるわけだ



739 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 16:26:06
なこと沖縄の人に聞けや。

740 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 16:31:31
沖縄人は常に意味不明。宮城さんやタイムスに聴くしかなさそうだ。

741 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 16:44:32
>>738 自分の島を守るため進んで武器を取ったらすい。故大田司令官を信用すればの話だけどね。

742 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 17:19:30
>>676 ← 一度読んでみ。宮城と沖縄新聞社の主張。

743 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 19:06:00
>>734 偽造が得意だな チョン人と沖縄人

744 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 10:12:03
>>734 ★★ また年金目当ての偽証くんでつか ★★

745 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:09:14
>>734 >>738 >>740
謎か?理解不能か?意味不明か? そんな事は無いと思うな。俺は理解できる。
絶海の孤島。産業も無く作物も取れない貧困な島。将来に希望の持て無いお先
真っ暗な退屈な生活。それに輪を掛けて絶望的な米軍の猛攻撃、戦況の激化・
・・・・・。世をはかなんで集団自決に走ったとしても、十分に理解同情でき
ると思うけど。
平和で豊かで、戦争の無い今の時代でさえ

■■■ 沖縄は、全国有数の自殺大「県」 ■■■

なんだぜ。(ベスト8常連。02年度全国2位)

746 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 22:52:59
沖縄県民はがんがん国にたかります。
金武町町民の世帯主は
 毎年150万円
町所有軍用地料の配分を受けてます。

条件:金武町出身である事。
    世帯主である事。
    20歳以上である事。
    男性である事。

金武町の男は20歳を過ぎたらアパートで1人暮らしをして世帯主として生きます。
それだけで毎年150万の収入。ちょこっとバイトすれば年収200万オーバーです。
他の市町村からの転入者には配分はありません。


747 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 00:53:39
なるほど。町ぐるみで不動産業という公害産業を経営してるのねん。

748 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 03:44:23
>>746
>>746は無職だから羨ましいんだろ 
自分の住む町に米軍基地誘致せいや

749 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 04:25:30
米軍て人気あるよね。アメ情いっぱいだから女に苦労しないみたい

750 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 04:35:48
今12府県の知事が基地誘致を決めている。21世紀はダメ県同志で基地の奪い合いになるよ。

751 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 05:32:55
でも住民の同意無いんだろう

752 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 09:47:17
最初はまず 「反対」 の振りしないと高い地代を取れないジャン w

753 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 09:51:51
>>738 また年金目当ての偽証くんですか

754 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2005/07/21(木) 20:15:18
>>734
>護身用?ソースあるのか
 防衛召集兵に渡された手榴弾が、家族に自決用に渡された、らしい。
 
 まぁ、今月の軍事研究の「日本の戦史」がちょうど、慶良間諸島における集団自決
の核心部分に触れているので、まぁ、読んでみそ。

755 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 17:17:49
ここ数年の漫画を見てると、グリムなどのキワモノから
少女漫画、果てはコンバットコミックスなどの架空戦記
・軍事漫画物にまで、沖縄戦を取り上げた作品には、
必ずと言っていいほど、日本軍による住民虐殺シーン
がありますが、これって、ある種のプレスコードがある
のでしょうか?
「はだしのゲン」にはこの手のシーンが全く無かったのに・・・

756 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 05:14:43
>>755
ゲンの舞台が沖縄でないことは知ってる?

757 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 06:29:30
>>755
2ページほどですが、広島への投下の前段として
沖縄戦を取り上げてますが、何か?


758 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 07:03:26
>>757
ゲンの舞台が沖縄でないことは知ってる?

759 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 17:41:03
>>734 >>738 >>740
謎か?理解不能か?意味不明か? そんな事は無いと思うな。俺は理解できる。
絶海の孤島。産業も無く作物も取れない貧困な島。将来に希望の持て無いお先
真っ暗な退屈な生活。それに輪を掛けて絶望的な米軍の猛攻撃、戦況の激化・
・・・・・。世をはかなんで集団自決に走ったとしても、十分に理解同情でき
ると思うけど。
平和で豊かで、戦争の無い今の時代でさえ

■■■ 沖縄は、全国有数の自殺大「県」 ■■■

なんだぜ。(ベスト8常連。02年度全国2位)

760 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 17:59:39
そのうえ敵に捕まりゃ殺されると軍に言われれば、
いっそのこと自決した方がって考えても不思議じゃない。

761 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 21:29:13
当時の日本で手榴弾による自主的な集団自決って流行ってたの?

762 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 21:38:16
ぐぐってみたけど沖縄の自殺率は特別高くも低くもないような・・・

google検索 都道府県別 自殺
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%87%AA%E6%AE%BA%E3%80%80%E9%83%BD%E9%81%93%E5%BA%9C%E7%9C%8C%E5%88%A5&lr=

検索TOPのページ
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/7340.html

763 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 23:23:12
実際に敵は、かなーり好色で残虐だたよーだ >>720

764 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 23:26:39
>>762 男子自殺率たか杉。

765 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 05:06:33
>>759
そこまで対象を馬鹿にしといてソースは脳内でしたって恥ずかしすぎる

766 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 10:15:41
また年金目当ての偽証くんですか。

767 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 10:35:22
>>762 5件目のK察資料, 性・県別は見ましたか

768 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 10:52:48
>>737 それって只の詐欺犯罪では・・・・・

769 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 13:29:02
先の大戦末期の沖縄戦で日本軍の命令で住民が集団自決を強いられたとする出版物の記述は誤りで、
名誉を棄損されたとして、当時の守備隊長と遺族が
著者でノーベル賞作家の大江健三郎氏と岩波書店を相手取り、
損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こすことが二十三日分かった。

訴えを起こすのは、沖縄戦で座間味島を守備した
陸軍海上挺進隊第一戦隊長を務めた梅沢裕・元少佐(88)と、
渡嘉敷島を守備した同第三戦隊長だった故赤松嘉次・元大尉の弟、赤松秀一氏(72)。

訴えられるのは、『沖縄ノート』(岩波新書)の著者の大江氏と、
他にも故家永三郎氏の『太平洋戦争』(岩波現代文庫)、
故中野好夫氏らの『沖縄問題20年』(岩波新書)などを出している岩波書店。

訴状などによると、米軍が沖縄の渡嘉敷島と座間味島に上陸した昭和二十年三月下旬、
両島で起きた住民の集団自決について、
大江氏らは、これらの島に駐屯していた旧日本軍の守備隊長の命令によるものだったと著書に書いているが、
そのような軍命令はなく、守備隊長らの名誉を損ねたとしている。

沖縄戦の集団自決をめぐっては、昭和二十五年に沖縄タイムス社から発刊された沖縄戦記『鉄の暴風』で、
赤松大尉と梅沢少佐がそれぞれ、両島の住民に集団自決を命じたために起きたと書かれた。
この記述は、沖縄県史や渡嘉敷島(渡嘉敷村)の村史など多くの沖縄戦記に引用されている。

疑問を抱いた作家の曽野綾子さんは渡嘉敷島の集団自決を取材し
『ある神話の風景』(昭和四十八年、文芸春秋)を出版。
座間味島の集団自決についても、生存者の女性が
「軍命令による自決なら遺族が遺族年金を受け取れると島の長老に説得され、偽証をした」
と話したことを娘の宮城晴美さんが『母の遺したもの』(平成十三年、高文研)で明らかにした。

その後も、昭和史研究所(代表・中村粲元独協大教授)や
自由主義史観研究会(代表・藤岡信勝拓殖大教授)が曽野さんらの取材を補強する実証的研究を行っている。
ttp://www.sankei.co.jp/news/morning/24iti002.htm

770 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 13:55:55
>>767
ああ、たしかに近年男性の自殺率が伸びてきてるとはあるね。
で、もしかしてそれを根拠に>>759書いたの?
そもそも今より豊かじゃなかった頃に自殺したかしなかったかの話だからやっぱり>759は違うじゃん。
つかデータを細切れにし都合のいい部分だけ抽出してネタの根拠にするってなんかキモサヨっぽい手口だな。

それにしても沖縄は男は自殺増えてるけど女の自殺が少ないせいで全国だと中間って変にねじれてるなw

771 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 14:18:19
>770
それだけじゃないぞ。

「長寿県」として名高い沖縄だが、男性に限った平均寿命は全国でも低いほう。
女性の平均寿命がやたらめったら長いせいで、「県」としての平均寿命がぎりぎり全国一、なのだ。
うちなーのおばーはやたらめったらタフ。

772 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 17:29:15
やっぱり自殺ワースト8入りですが、なにか。

773 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 17:34:51
>>737 ← 一度読んでみ。

774 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 17:49:04
>>762 偽造が得意だな チョソ人と沖縄人

775 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 18:17:12
だんだんうざくなってきたな、必然だろうが。

776 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 19:47:59
朝から沖縄戦なみの必死の攻防w のようだが、「沖縄男児が自殺好き」であることが明らかになると、ウヨや日本政府とって都合の悪い結果でも起こるのか。w
俺は別に小泉に恨みはないが、統計は中立な事実なんでウプさせてもらうよ。
厚生労働省の「人口10万当たり年齢調整男子死亡率統計」を見る限り、沖縄県は現在でもワースト10入りしている全国でも屈指の自殺県だ。
ただし15年の数字では772のように自殺ワースト8入りと言うのはおおげさ、9位だよ。他年度で8位入りしていた年もあるのかも知れないけれど。
詳細は表を見て欲しいけど「最も自殺ぎらい」の徳島男児と比べると、沖縄男児は「1.5倍の自殺好き」秋田男児は「2.1倍の自殺好き」と言えよう。

777 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 19:49:42
年齢調整男子死亡率(人口10万対)−平成15年−
1.秋田 56.0
2.青森 55.9
3.岩手 52.7
4.宮崎 45.3
5.長崎 43.8
6.新潟 41.9
7.佐賀 41.6
8.高知 40.7
9.沖縄 40.5
10.山形40.1
厚労省提供
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/7.html

778 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 20:11:07
自殺はその地域の不況状況が第一で、うつ病になりやすい県民性がからんでくるかな?って
程度じゃないの?
ちなみに、うつ病になりやすい人は責任感の強い真面目な人らしいが・・・

779 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 20:13:04
2000年は堂々ベスト3ですが、何か。

性・都道府県別自殺年齢調整死亡率(人口10万対)の年次推移
2000年男子
秋田 47.2
宮崎 42.9
沖縄 42.4
島根 41.1
岩手 41.0
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/15.html

780 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 20:13:08
ウヨサヨばっか言ってるスレや出版物にまともなものは無いな

781 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 20:15:42
759 :日本@名無史さん :2005/07/23(土) 17:41:03
>>734 >>738 >>740
謎か?理解不能か?意味不明か? そんな事は無いと思うな。俺は理解できる。
絶海の孤島。産業も無く作物も取れない貧困な島。将来に希望の持て無いお先
真っ暗な退屈な生活。それに輪を掛けて絶望的な米軍の猛攻撃、戦況の激化・
・・・・・。世をはかなんで集団自決に走ったとしても、十分に理解同情でき
ると思うけど。
平和で豊かで、戦争の無い今の時代でさえ

■■■ 沖縄は、全国有数の自殺大「県」 ■■■

なんだぜ。(ベスト8常連。02年度全国2位)




782 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 20:16:16
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/15.html

これみてて思ったんだが、昔は大したこと無いじゃん

783 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 20:36:27
>>769
捏造常習の、チョン、渡嘉敷島民は、年金返せ!

784 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 20:49:51

>>762 >>765 >>770
★★ また年金目当ての偽証くんでつか ★★







785 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 21:26:46
>>700
>>717
赤嶺や大城の虐殺行為に、米軍は覆讐心
に燃え本気で襲い掛かってきたのだな。


786 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2005/07/24(日) 21:44:39
>>779
 沖縄の心配より、先ず秋田を心配するべきだと思う(w;

787 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 21:55:11
沖縄は
2000年が3位、95年が2位、90年が4位、85年が24位、80年が9位、75年が30位ってとこか?

788 :韓國人:2005/07/24(日) 22:54:47
>>765 >>770 もっと盗っ人猛々しく絶叫しなきゃ駄目スミダ 無理が通ればイルボンは引っ込ムニダ

789 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:59:23
age

790 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:08:50
不況戦争。追い詰められると簡単に走る県民性か。集団自

791 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:25:53
日本の自殺死者が三万人以上で安定してるところ、しかも中高年男性の自殺が多いところを見ると、日本男児
の特徴といえなくもないかも。

792 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:53:43
>>779 ← 気のせいかな。何か普段回りの県から「あそこは日本じゃない」と差b (省略されますた。)

793 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:08:28
>>776 <ーーー なっとく

794 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 05:53:59
>>779
そのデータで押すなら、とりあえず秋田県民やその他上位の県民も終戦間際に
自主的に集団自決しまくってたってソースが欲しいよなぁ。

例えば、極めて狭いある世代(当時40歳で5月生まれA型とか)に絞っていけば、
終戦当時の秋田県民の自決率NO1なんてデータ取れるかも!

とにかく、"近年"の"男性"のみの自殺率沖縄高いから終戦当時の沖縄県民の
集団自決も自主的だった説の提唱者、超がんがれw

でもちゃんとしたデータを求めて完璧な理論武装目指しつつ、
無理があるなら引いて保留とするか、事実として認めようって
考えるリアル思考右翼の迷惑にはならない様に気をつけてな。

795 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 06:26:31
とりあえず集団自決は自主的だった、の根拠を沖縄県民の自殺率が高いからってとこに求めるなら
戦前、戦中、戦後のデータ持ってこないと駄目。

つか最初に沖縄は、全国有数の自殺大「県」、
なん言っといて、その後微妙に実は男性のみと修正するさまは、こいつらの嫌いそうな朝日そのものなんだがw

796 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 07:54:18
あのコピペには、男子ではの但し書きが必要かも。

797 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 08:17:29
>>676 ← 一度読んでみ。

798 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 09:02:27
それ読んだら意味不明な自殺率統計ソースの謎が解けるのか?
上の方には>>759の紛らわしいデータの出し方に対するレスしかないようなんだが。

さて何とかうまく話がそれるといいな。でもそれだと朝日っぽい認定されそうだが。ま、がんがれ。

799 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 09:24:33
2chとかで妄想してる奴らなんてこんなもんなのか?
でも、こんな変な言い争いが嫌いな人は近寄らないようなスレタイであっても歴史系の板だからまだいいけど、ほかの板ではすぐだまされるからね・・・

800 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 11:02:01
age

801 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 11:13:02
>>676 ← 一度読んでみ。

802 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 16:27:24
なんか必死そうですね。
なぜかな。

803 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 00:36:55
>>801
おい、一度鏡を見てみろ! 
↓みたいな奴がいるぞ!


ヽ(@∀@)ノ

804 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 11:12:00
つーか>>676のヌース自体は俺も興味深いし、こいつ叩いてる人らもそれについて肯定的、否定的な意見あると思う。

ただ801よ、ちょっと客観的に考えてみろ。
どっちかっていうと右翼側のアンチ沖縄が沖縄県民を叩くために卑怯なデータの出し方して、
さらにそれを指摘されても誤魔化し続けて話を逸らそうとするなんてまるでアカヒーみたいっつうエサが目の前にあるんだぞ。
2ヶ月前の書き込みに反応するよりこっちの方がよっぽど面白い。

805 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 11:20:13
突然恐縮ですが 書き込む場合IDのナンバーを変えられると聞きためしても
よくわかりません。知っている方 よろしかったら教えて頂けたらうれしいんですが。

806 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 13:33:28
>>676 ← 一度読んでみ。

807 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 23:04:13
つまり年金目的サギの犯人て事かと。。。

808 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 00:46:18
うわ、マジでNHK番組改編問題んときの朝日に似てきた。。。
じゃあがんがって自分の悪事を棚上げして一方的な糾弾でもしてってください。
けっきょくあんたらダブルスタンダードなわけね。

809 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 01:08:27
データの不自然な抽出でねじれた情報を作り出し、
それで嫌いな誰かを攻撃することが生き甲斐というアノ人一押し情報の>>676
皆読んでね♪

810 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 01:59:03
>>676は左傾化著しいと批判される沖縄マスコミの記事だな(しかも3年も前)。
大体記事の内容もかなり古くから言われていることだしな。
今さらこんなもん貼って何をどうしたいんだか。

ま、沖縄県民は全員悪人で、
沖縄戦の民間人は勝手に死んだだけだから少しもかわいそうではなくて、
大田司令官なんかは沖縄県民に騙されたバカ軍人で、
米軍基地は全部沖縄に押し付ければよくて、
っていうかむしろ沖縄県民全員が米軍基地を誘致してるようなもんで、
そんな沖縄県にこれ以上金をやる必要など全くない、
ってことにしたいんだろうけどw

>>807-808
今初めて知ったの?

811 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 12:28:50
>>676 古くから、勝手に死んだと言われているの?

812 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 17:30:23

>>810

うわっ!ばか!
なんでそれを言っちゃうんだよ!
折角今まで美味く胡麻化して来たのに!!!

813 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 20:06:32
2chで右翼vs左翼の対決があるとほとんどは右翼が勝ってるが、
たまーに左翼が勝つ・・・・つうか右翼が負ける時って大体沖縄広島長崎北海道絡みの気がする。

韓国や中国と違って国内問題だから、頭が良くて、
理論武装可能な上級右翼があんまり参加してくれないんだろうなw

814 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 13:16:06
>>810は負け犬ケテーイてことでいいでつかw

815 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:49:13
負け犬 age!

816 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 06:22:08
>>814
何で?

817 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 11:50:16
ウヨだから。

818 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 12:07:34
>>794-799
>>808-809
切々と訴えかける様なれんぞく長かきこが痛々しい・・・

819 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 12:18:07
【大阪地裁で争い・うそつき作家が名誉毀損か?】

先の大戦末期の沖縄戦で日本軍の命令で住民が集団自決を強いられたとする出版物の記述は誤りで、
名誉を棄損されたとして、当時の守備隊長と遺族が
著者でノーベル賞作家の大江健三郎氏と岩波書店を相手取り、
損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こすことが二十三日分かった。

訴えを起こすのは、沖縄戦で座間味島を守備した
陸軍海上挺進隊第一戦隊長を務めた梅沢裕さん(88)と、
渡嘉敷島を守備した同第三戦隊長だった故赤松嘉次・元大尉の弟、赤松秀一さん(72)。
訴えられるのは、『沖縄ノート』(岩波新書)の著者の大江氏と、
他にも故家永三郎氏の『太平洋戦争』(岩波現代文庫)、
故中野好夫氏らの『沖縄問題20年』(岩波新書)などを出している岩波書店。

訴状などによると、米軍が沖縄の渡嘉敷島と座間味島に上陸した昭和二十年三月下旬、
両島で起きた住民の集団自決について、
大江氏らは、これらの島に駐屯していた旧日本軍の守備隊長の命令によるものだったと著書に書いているが、
そのような軍命令はなく、守備隊長らの名誉を損ねた。

沖縄戦の集団自決をめぐっては、昭和二十五年に沖縄タイムス社から発刊された沖縄戦記『鉄の暴風』で、
赤松大尉と梅沢少佐がそれぞれ、両島の住民に集団自決を命じたために起きたと書かれた。
この記述は、沖縄県史や渡嘉敷島(渡嘉敷村)の村史など多くの沖縄戦記に引用された。

座間味島の集団自決について、生存者の女性が
「軍命令による自決なら遺族が遺族年金を受け取れると島の長老に説得され、偽証をした」
と話したことを娘の宮城晴美さんが『母の遺したもの』(平成十三年、高文研)で明らかにしている。

http://www.sankei.co.jp/news/morning/24iti002.htm

820 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 22:58:18
age chau !

821 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 23:26:13
■■■軍命令は無いけど住民が手榴弾で自決の謎???■■■

沖縄戦の中で起きた住民の集団自決についてひとこと。

曽野綾子という三流文士が「神話の背景」なる本で、
「軍による自決の命令はなかった」と主張しているけれど、あの本はインチキ本ですからね。
曽野は、あの本の中で、住民が自決する際に手榴弾を使ったことを認めています。
ところが、その手榴弾がどこからもたらされたかについては完全に口をつぐんでいます。
手榴弾なんていう武器を住民が普段から持っているはずもなく、
どう考えたって軍から渡されたとしか考えられないわけですよ。
ところが、なんとしても「軍による自決命令はなかった」という結論を導きたい曽野は、
都合の悪いことにはだんまりを決め込んでいます。
曽野の件の本が出版された後、沖縄の新聞社が詳細な反論を掲載しています。
また、その後に曽野と沖縄の研究者との間で討論会が行われています。
ところが曽野は、曽野討論会でも、「手榴弾の出所」についてまったく答えないどころか、
「(集団自決の問題は)現在の地球的な状況の中では共にとるに足りない小さなことになりかけていると感じる」
などといった逃げ台詞を吐くような始末です。
これ以来、曽野は沖縄に対して逆恨みをするようになりましてね、
沖縄の米軍基地反対運動に対しても、
「あまり基地のことばかり問題にすると一般の人は観光に行きにくくなってしまう」
とか書いて、「観光客が減って収入が減ってしまうぞ」と恫喝しています。
まったくいかれたばあさんだぜ。
皆さん、曽野のいかれた本にだまされないように気をつけてくださいね。



822 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 00:35:35
>>735-779 もう一度読んでみw

823 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 00:42:37
謎はなんも無いじゃん。

824 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 04:31:19
>>814
何で?

825 :H/Y:2005/07/31(日) 13:08:36
あああああああ!おおおおおおおお!うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

826 :佐藤 駿:2005/07/31(日) 13:11:41
SEXしたい

827 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 13:28:57
泉、GJ!!

828 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 14:12:47
>>759 >>796
コピペ改訂人の俺様が来ましたよW

829 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 14:14:04
>>734 >>738 >>740
謎か?理解不能か?意味不明か? そんな事は無いと思うな。俺は理解できる。
絶海の孤島。産業も無く作物も取れない貧困な島。将来に希望の持て無いお先
真っ暗で退屈な生活。それに輪を掛けて絶望的な米軍の猛攻撃、戦況の激化・
・・・・・。世をはかなんで集団自決に走ったとしても、十分に理解同情でき
ると思うけど。
男性を見ると平和で豊かで、戦争の無い今の時代でさえ

■■■ 沖縄は、全国有数の自殺大「県」 ■■■

なんだぜ。(改訂版2005.7.31)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1106416880/776-779n





830 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 16:31:44
>>829

リンク「沖縄男児は、自殺好き」pu!

831 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 11:21:33
>>829 自殺好き県民 pu!

832 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 02:01:01
>>676 ← 一度読んでみ。

833 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 04:51:27
>>676は左傾化著しいと批判される沖縄マスコミの記事だな(しかも3年も前)。
大体記事の内容もかなり古くから言われていることだしな。
今さらこんなもん貼って何をどうしたいんだか。

ま、沖縄県民は全員悪人で、
沖縄戦の民間人は勝手に死んだだけだから少しもかわいそうではなくて、
大田司令官なんかは沖縄県民に騙されたバカ軍人で、
米軍基地は全部沖縄に押し付ければよくて、
っていうかむしろ沖縄県民全員が米軍基地を誘致してるようなもんで、
そんな沖縄県にこれ以上金をやる必要など全くない、
ってことにしたいんだろうけどw

834 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 09:18:42
泉知事の敵前逃亡ネタから話題をそらしたい厨が必死ですね。

835 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 11:31:14
やっぱネタだったのね。

836 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 11:39:39
勝手に死んだ人の方が可愛そうかもな。国の年金貰えないからね。

837 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 11:54:40
>>832 ★それって悪質な犯罪では!★

838 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 12:21:42
178 :日本@名無史さん :05/02/27 14:45:20
沖縄戦での住民虐殺とかの話題が出ないように、あたりさわりのない泉ネタで
それ以上の話題の進行をストップさせてるのかな?

839 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 16:14:54
>>837は平和ボケ。
あんたの爺さんもヤミ米で食いつなぎ、戦後を生き延びた。
そのおかげであんたがこの世に生を受けることができた。
そういう時代があったんだよ。


840 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 17:37:22
>>829 ワロタヨ

841 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 18:49:47
当日、都内・近隣県在住のねら〜はプラカード他を持って現地に突撃!!
他の都道府県ねら〜は2ちゃんねるで後方支援汁!!

★次回採択の日程はまだきまってないぞ。
場所は杉並区役所前。

受付時間/午前8時30分〜午後5時
お休み/土・日曜日、祝日、12/29〜1/3

まとめサイト
ttp://hw001.gate01.com/dec2750/
ttp://dentotsu.jp.land.to/archives/A-suginami.html

現行スレ
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1123142271/
            o
            /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
           / 2ちゃんねるノ興廃、   /
           /  コノ一戦ニ有リ!    /
          / 総員一層奮励努力セヨ /
          /                /
         /                 /
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  ∧_∧  /                /∧_∧
 ( ・∀・) /                /(・∀・ )
 (    )つ                ⊂(    )
 | | |                   | | |
 (__)_)                  (_(__)



842 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 20:25:06
つまり料理のためには、不正や犯罪も正当化できると???

843 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 22:31:14
>>676 一度読んでみ。

844 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 03:16:10
>>676は左傾化著しいと批判される沖縄マスコミの記事だな(しかも3年も前)。
大体記事の内容もかなり古くから言われていることだしな。
今さらこんなもん貼って何をどうしたいんだか。

ま、沖縄県民は全員悪人で、
沖縄戦の民間人は勝手に死んだだけだから少しもかわいそうではなくて、
大田司令官なんかは沖縄県民に騙されたバカ軍人で、
米軍基地は全部沖縄に押し付ければよくて、
っていうかむしろ沖縄県民全員が米軍基地を誘致してるようなもんで、
そんな沖縄県にこれ以上金をやる必要など全くない、
ってことにしたいんだろうけどw


845 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 11:21:38
県民全員が年金詐欺?!

846 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 11:30:03
>>676 ← 一度読んでみ。

847 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 12:46:02
沖縄戦で米軍による防空壕、洞窟への火炎放射攻撃は
批判をうけないなぁ。VTRで見るのに

848 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 19:13:15
言うだけ損。アメは補助金くれませんから。

849 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 19:19:02
>>846 ★★薄ぎたない犯罪者島民でつね★★

850 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 19:42:59
>>839は御父様も無職ニートでいらっしゃったのでしょうか???

851 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 23:39:08
なんか3回ぐらいこのスレで同じレス>>844みるんだけど
3回もデジャブってありえんのかねw

852 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 03:36:21
>>846
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説。
沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていた。そんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
石垣島とか戦争の被害はほとんど受けてないのにねw

>>839
闇米なんかで食いつないでいたのは、それこそニートだけ。
ほとんどの一般市民はそんなものには手を出してない。
年金詐欺だの闇米だの、そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だった。
>>849>>850に同意。

853 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 04:33:59
>>852★★薄ぎたない県民性でつね★★

854 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 04:38:20
>>852
マジで?それはちょっとひどいよね。薄ぎたないというか。
沖縄人は昔から年金詐欺や闇米のニートだったんだw
>>853
確かにねえ。

855 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 04:44:34
>>846
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?
沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていた。そんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。
闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったのはず。
沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w


856 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:03:24
良スレあげ

857 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:09:28
>>676 ← 一度読んでみ。


858 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:10:31
>>857
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?
沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていた。そんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。
闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったのはず。
沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w


859 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:13:11
県民全員が年金詐欺?!

860 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:13:46
>>857★★薄ぎたない犯罪者島民でつね★★


861 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:27:57
>>839は御父様も無職ニートでいらっしゃったのでしょうか???

862 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:31:34
良スレあげ

863 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:32:29
>>857
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?
沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていた。そんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。
闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったのはず。
沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w


864 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:43:20
>>829 ギガワロス

865 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:45:04
>>676 ← 一度読んでみ。

866 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 05:54:58
>>865
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?
沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていた。そんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。
闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったのはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。
普通の人はちゃんと法を守って余裕で生き延びていた。
沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w


867 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 06:00:28
沖縄からの自虐書き子が増えてるが、ちょっと日本語不自由みたい・・・・

868 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 06:08:43
>>865
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?
沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていたからそんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。
闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、
そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。 普通の人はちゃんと法を守って余裕で生活していた。
沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w

>>867
確かにw
サヨク沖縄人は事実の捏造は得意なんだけどね。

869 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 06:16:30
>>676 ← 一度読んでみ。

870 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 06:29:46
>>869
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?

沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていたからそんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。

闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、
そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。
普通の人はちゃんと法を守って余裕で生活していた。

沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w


871 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 08:34:21
良スレあげ

872 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 11:46:06
>>850に痛い所を突かれ、こわれちゃたのだろう。

873 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 15:36:45
だろうね。実際、>>839は誰が見ても変だからな。
生きるためには法律を犯しても仕方ない、時代がそうさせたとでも言いたいようだが、みんながみんなヤミ物資に手を出してたわけじゃないからな。

874 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 17:13:47
米軍て人気あるよね。情いっぱいだから女に苦労しないみたい

875 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 17:42:04

アメじょう【アメ情】 名・「アメ(リカ人の)情(婦)」の省略
形。米兵とねんごろな日本籍・沖縄籍の女。関連語彙→くろじょう




876 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 04:06:48
>>873
まあ、東京ではヤミ市とかだって一般人はまず出入りしてなかったわけだし(存在は知ってたかもしれんが)
確かヤミ屋の何パーセントかは沖縄人が経営していたんじゃなかったかな。
しかし県ぐるみで年金詐欺をしていたとは・・・。
これってどう少なく見積もっても沖縄人の三人に一人は詐欺師って計算になるよな?

877 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2005/08/07(日) 04:32:21
>>870
>〜闇米だの、そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったはず。
 山口判事の例を見る限り、闇米に手を出さないと、生きてくのは無理なんですけど……


878 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 06:47:36
>>877
>>850に痛い所を突かれた>>839本人でつか?

879 :ベタ藤原 ◆RoMNjfnp0E :2005/08/07(日) 10:04:23
>>878
 うんにゃ〜 この4年ぐらい名無しで書き込んだことはないぜ。

880 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 13:20:11
闇米はその世代の話を聞いたことがないから否定できるんだろ。
妄想だけで否定されてもね。
ん、闇米問題は日本史の教科書レベルの常識か。


881 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 16:12:59
ttp://www1.u-netsurf.ne.jp/~ttakayam/beigunzangyaku.htm

これじゃあ、自決するわな!

882 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 19:11:05
>>676 ← 一度読んでみ。

883 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 19:14:35
座間味島のサギ島民は年金かえせ!!

884 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 00:44:11
>>882
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?

沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていたからそんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。

闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、
そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。
普通の人はちゃんと法を守って余裕で生活していた。

沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w



885 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 03:33:01
>>880
速攻で論破されちゃったねw

886 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 11:00:22
>>884
馬鹿かお前は?
ヤクザがな、鉄砲玉に短刀なり、チャカを渡して教唆する時にな、「○○を殺って来い」とは言わずに「わかってるな」と言う。
で、鉄砲玉が警察に捕まった時に教唆犯は誰かと問い詰めても、命令者の名は出さない。
「○○を殺って来い」という命令は無かった。ただ、銃刀等を手渡しに過ぎないとな。
軍隊では“命令”が文書としてあったかどうかだけが問われ、文書による命令書が無ければ不問に付されてしまう。
ぐ ん た い と言うところではな。
手榴弾を軍人より手渡されているときに「わかっているな」と言われても命令にはならない、という摩り替えが曽野綾子等の汚い論理。
そんなこともわからないお前はア ホ。


887 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 11:54:17
座間味村役場の公務員は、口に出して「死ね!」と命じたようだが。

888 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 12:11:15
普通の人はそんな言い方じゃわからない。それとも沖縄座間味島は、ヤクザ関係者が多いのかね

889 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 13:05:19
暴力団員が大杉。沖縄は全国有数の、やくざ県。

県民1万人あたり5.1人が暴力団構成員
http://www.oki-boutsui.or.jp/s-01.htm
> 「九州平均3.3人、全国平均3.5人をはるかに上回る
> 巨大な勢力を擁しておる状況です。」


890 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 13:20:18
沖縄人にだけは分かるんだと思われ。元々やくざ県だからね。

891 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 13:28:55
>>886 年金目当ての偽証くんでつか。

892 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 13:47:03
>>886や、>>890は、沖縄を
思いっきり馬鹿にしているな。

> 沖縄の心=「鉄砲玉精神」

と、言いたいようだ。


893 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 13:56:54
沖縄人にだけは分かるんだと思われ。元々自殺ずきだからね。>>829

894 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 16:09:21
>>888
平和時の話をしてるんじゃないですよ?
どこの県民だろうと分かりますよ?
分からなかったらバカですよ?

895 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 18:21:32
>>885の意味不明な発言の件について

896 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 20:47:18
>>894 ソース出してみ、他府県民がわかって自決したっつう。

897 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 20:52:52
沖縄やくざ多杉

898 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 01:57:24
沖縄人にだけは分かるんだと思われ。元々鉄砲玉精神の県民だからね。>>886

899 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 03:25:55
>>896
「一億玉砕」が叫ばれていた戦争末期。
「生キテ虜囚ノ辱メヲ受ケズ」の戦陣訓が民間人にも浸透していた時期。
小さな島に米軍が上陸。
どう考えても日本軍に勝ち目なし。
軍自身あきらめモード。
それでも「投降しようとする者はスパイとみなし、銃殺刑に処す」。
隊員は、悲壮な面持ちで集結した村人たちに手榴弾を渡しながら、
「あとはこれで・・・分かってるな」

その時、緊張しきった空気をぶち破る甲高い声で、>>896が言った。
「ハァ?ボクちんバカだから分かんないで〜す!手榴弾で何すればいいんでちゅかぁ?」
すかさず一人の婦人が泣きながら現れ、隊員に弁解した。
>>896の母です」


>>896は分からないんだそうです。仕方ないんです。かわいそうな子なんです。

900 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:35:58
座間味島、ザマ見ろ

901 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 03:52:17
いろんな板に沖縄関連のスレがあるが、ここはその中でも有数のレベルの低さだな。
とりあえず、間違いだらけの知識を堂々と書き込むアンチ沖縄厨は消えてくれ。

902 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 10:55:17
>>676 ← 一度読んでみ。

903 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 11:01:40
>>889 やくざ県 pu!

904 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 11:13:29
>>899と、自殺好き島民が申して居ります。 【>>829

905 :初年兵:2005/08/12(金) 12:23:40
沖縄戦の話に戻りましょうよ。

906 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 12:37:13
泉守紀知事が逃亡したと誹謗する者が多いが、あの状況ではやむをえない。
軍人でもない一文官が、死ぬのが確実な任地で座して死を待つ心境にはなれない。
合法的な手段を駆使して、転任=生還したとしても誰も非難できない。

ていうか、非難するヤツは冷血漢。

907 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 16:23:57
>>902
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?

沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていたからそんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。

闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、
そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。
普通の人はちゃんと法を守って余裕で生活していた。

沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w



908 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 21:38:35
同じ琉球人なのに「分かってるな」の後、どうしてこんなに差が出るの?


優秀で賢明な沖縄県民→ 島を守るため一生懸命に >>741 >>736
>>899やザマミのDQN島民→ 頼まれもしないのに勝手に安易な集団自殺、のち偽証ニート年金詐欺くんw




909 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 00:58:36
そりゃ書き込んでるのが沖縄本島の人間だから
と適当なことを言ってみるテスト

910 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 01:21:57
>>902★それって、うす汚たない犯罪では !!!!★

911 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 03:32:32
>>908
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?

沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていたからそんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。

闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、
そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。
普通の人はちゃんと法を守って余裕で生活していた。

沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w


912 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 05:56:45
偽証のチョソ=沖縄座間味島民は、年金返せ!

913 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 05:59:47
>>912
サンクス。ひどい話だね。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?

沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていたからそんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。

闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、
そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。
普通の人はちゃんと法を守って余裕で生活していた。

沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w


914 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 19:29:58
偏差値の差だろうな、国語の。

915 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 23:21:39
>>899 >>829
ずいぶんと自殺願望が強いんだねえ。
まあ、そう死に急ぎなさんなってば。

916 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 00:56:50
>>915
全くその通りだね。。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?

沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていたからそんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。

闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、
そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。
普通の人はちゃんと法を守って余裕で生活していた。

沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w



917 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 10:50:16
>>889 鉄砲玉体質!

918 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 11:20:07
>>821 年金目当ての偽証君でつか。

919 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 12:38:49



日本軍による住民虐殺の話題から話をそらしたい人が必死ですね。




920 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 16:04:38
>>917
全くその通りだね。。
沖縄戦全体を通じて、軍が自決を指示したということは一切ないというのはもはや定説なのにね。
30年も前に曽野綾子によって証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?

沖縄での日本軍は市民の安全を常に第一に考えていたからそんなことをするわけがない。
それなのに何十万人という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響などほとんどないのに。

闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、
そういう汚い手を使わなくても充分戦後を生き延びることは可能だったはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。
普通の人はちゃんと法を守って余裕で生活していた。

沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w


921 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 16:27:47
>>919 チョソ?

922 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 16:29:45
とりあえずこのスレにあつまる連中のツラは想像出来るな。
髪型とか体型もなw

923 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:57:14
>>902 極悪な不正!犯罪!!

924 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 02:42:01
>>902
サンクス。ひどい話だね。
沖 縄 戦 全 体 を 通 じ て 、軍が自決を指示したということは 一 切 な い というのはもはや定説なのにね。
30年も前に 曽 野 綾 子 に よ っ て 証明されているのにそんなことも知らないのだろうか?

沖縄での日本軍は 市 民 の 安 全 を 常 に 第 一 に 考 え て い た からそんなことをするわけがない。
それなのに 何 十 万 人 という沖縄人は、戦後莫大な年金をせしめていたらしい。
だいたい、石垣島とかの離島は戦争の影響など 全 く な い のに。

闇米にも手を出していたらしいが、年金詐欺だの闇米だの、
そういう汚い手を使わなくても充分戦中戦後を生き延びることは可能だったはず。
東京などでは闇米に手を出していたのは一部のニートだけ。
普通の人はちゃんと法を守って 余 裕 で 生 活 していた。

沖縄人は昔から年金詐欺や闇米の薄ぎたない犯罪者ニート島民w


925 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 03:04:06
>>924
バカの一つ覚えのようにコピペを貼ってるバカ中学生よ。
民間人の徴用について、大本営が沖縄を捨石と考えていた事について、敗走する日本兵が沖縄民間人にどれほどの非道を働いたか、
解散命令がどれほど無責任であり、無駄な民間人を死に到らしめたか少しでも調べてから書いたらどうだ?
体制べったりの曽野綾子の言うことなぞ、沖縄民間人の墓の前ではく曽野役にすら立たない。

926 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 03:20:51
30年前に曽野綾子によって証明されたこと
(1)軍は集団自決を指示していない
(2)自決のための武器(手榴弾など)を沖縄人に与えたこともない
(3)座間味島だけでなく、沖縄本島でもそのような事例は一切ない
(4)日本軍は、住民の安全を第一に考えて行動していた(そのせいで負けたともいえるくらい)
(5)日本軍は、住民には投降するよう指示していた
(6)集団自決は、軍の再三に渡る制止を振り切って行われた(民度の低さ)

にもかかわらず、
(7)戦後沖縄人の半数以上が遺族年金を不当に受給していた
(8)「日本軍が沖縄人を虐待した」などと事実を捏造した

>>925
一つくらい反論してみてはどうか?

927 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 03:30:34
>>926に何の反論もできない>>925は、年金目当ての偽証君であることが判明しますた。

928 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 03:47:56
>>926
全ての項目が事実と全然違うんだが?つーか曽野綾子が言ってもいないことまで勝手に書くなよw
自分の無知を晒すのがそんなに楽しいか?

929 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 04:03:45
>>926 ★それって、うす汚たない犯罪では !!!!★


930 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 04:16:43
(8)「日本軍が沖縄人を虐待した」などと事実を捏造した

http://www.yomitan.jp/sonsi/vol05b/chap04/content/docu067.html

渡野喜屋での住民虐殺
 本部半島八重岳の戦闘(四月十三〜十八日)で敗れた宇土部隊は、その後敗残兵となり
各地に出没して住民から食糧を奪ったりした。五月には大宜味村渡野喜屋(現在の白浜)で
読谷山村出身の避難民を含む数人(後述ドキュメンタリー番組では男性三人)を虐殺し、
残りの避難民家族を浜辺に集め、手りゅう弾を投げ込んで虐殺した。「G2レポート」五月十三
日の報告は渡野喜屋での住民虐殺を次のように記している。「五月十二日夜間、塩屋の渡
野喜屋で曹長に率いられた日本兵一〇人が、住民三五人を殺し、一五人に負傷させる。
そのほとんどが婦女子である。この集団は、その村落の指導者四、五人を連れて山に戻った」。
このときの避難民は読谷山村、浦添村、那覇市などの住民だったという。生き残った人たちか
らの聞き取りが『沖縄戦学習のために』(安仁屋政昭著、三八頁)、『沖縄県史 沖縄戦記録2
(五六九頁)、『浦添市史 第五巻』(二九〇頁)などに収録されている。またドキュメンタリー
「空白の戦史 沖縄住民虐殺三五年」(一九八〇年日本テレビ制作、ディレクター森口豁)では、
宇土部隊の通信兵だった元日本兵が戦後沖縄を訪れ、渡野喜屋での虐殺について証言している。
 宇土隊長が米軍に投降したのは十月で、「G2レポート」十月三日の報告に次のように記されている。
「辺土名と鏡地の一帯で、国頭分隊の日本軍将校一二人、日本兵八六人、軍夫一人が投降。
国頭分隊の指揮者は、宇土武彦大佐である」。



931 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 04:35:28
>>926 それって立派な詐欺犯罪


932 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 04:39:23
県民全員が年金詐欺?!

933 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 04:44:10
>>930 チョン?反論になってない


934 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 04:58:29
30年前に曽野綾子によって証明されたこと
(1)軍は集団自決を指示していない
(2)自決のための武器(手榴弾など)を沖縄人に与えたこともない
(3)座間味島だけでなく、沖縄本島でもそのような事例は一切ない
(4)日本軍は、住民の安全を第一に考えて行動していた(そのせいで負けたともいえるくらい)
(5)日本軍は、住民には投降するよう指示していた
(6)集団自決は、軍の再三に渡る制止を振り切って行われた(民度の低さ)

にもかかわらず、
(7)戦後沖縄人の半数以上が遺族年金を不当に受給していた
(8)「日本軍が沖縄人を虐待した」などと事実を捏造した

>>925
一つくらい反論してみてはどうか?


935 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 05:41:23
>>930 『・・学習のために』って、それ日教組=全教の超有名な捏造洗脳本なんですが w

936 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 05:54:31
あんたシナ人?「3人か15人か虐殺した」って何だよ。もしも3人が真実だとすると、残り12人はねつ造なのか?www

937 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 06:40:47
ってことでもう一度確認ね。

30年前に曽野綾子によって証明されたこと
(1)軍は集団自決を指示していない
(2)自決のための武器(手榴弾など)を沖縄人に与えたこともない
(3)座間味島だけでなく、沖縄本島でもそのような事例は一切ない
(4)日本軍は、住民の安全を第一に考えて行動していた(そのせいで負けたともいえるくらい)
(5)日本軍は、住民には投降するよう指示していた
(6)集団自決は、軍の再三に渡る制止を振り切って行われた(民度の低さ)

にもかかわらず、
(7)戦後沖縄人の半数以上が遺族年金を不当に受給していた
(8)「日本軍が沖縄人を虐待した」などと事実を捏造した


>>930 年金目当てのニート偽証君、残念でした!

938 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 06:47:40
あと、『沖縄県史』『浦添市史』って、詐欺犯罪自治体の本がソースって w
「4、5人を連れて」も矛盾してるな。どっちなんだよ www

939 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 09:17:13
さてさてこの調子で書き込んで
とっととこのクソスレをdat落ちにしましょうやw

940 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:57:39
沖縄座間味島民にだけは分かるんだと思われ。元々詐欺体質の犯罪島民だからね。

941 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:15:13
ってことでもう一度確認ね。

30年前に曽野綾子によって証明されたこと
(1)軍は集団自決を指示していない
(2)自決のための武器(手榴弾など)を沖縄人に与えたこともない
(3)座間味島だけでなく、沖縄本島でもそのような事例は一切ない
(4)日本軍は、住民の安全を第一に考えて行動していた(そのせいで負けたともいえるくらい)
(5)日本軍は、住民には投降するよう指示していた
(6)集団自決は、軍の再三に渡る制止を振り切って行われた(民度の低さ)

にもかかわらず、
(7)戦後沖縄人の半数以上が遺族年金を不当に受給していた
(8)「日本軍が沖縄人を虐待した」などと事実を捏造した

>>939 偽証君でつか?www

942 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:47:48
第三十二軍牛島満中将(昭和19年8月)
訓示
「現地ノ物資ヲ活用シ一木一草ト雖モ之ヲ戦力化スヘシ」
「地元官民ヲシテ喜ンデ軍ノ作戦二寄与セシメル・・・[中略]・・・ヘシ」
(防衛庁防衛研究所戦史室『沖縄方面陸軍作戦』朝雲新聞社 八四〜八五頁)

元陸軍大学校教官 兼海軍運輸総監部参謀 馬渕新治
住民戦没者死因について(「壕の提供」)の発言
「これらの犠牲者は、首里陣地帯の崩壊に伴い、第二線陣地につくため、
 既に逃げ場のない住民が居住する自然を取り上げ、米軍の砲爆撃下に住民を
 追い出したことに基[起]因するが相当にあるのです。
  諸官が現地に赴かれて住民が最後に追いつめられた島尻南端の猫額の地に
 立たれた時、身を隠す場所もなく右往左往しつつ敵の砲爆撃に散っていった
 数万に上る沖縄住民の悲惨な地獄絵図がまざまざと想察できると思います。
  これこそ予想戦場における住民対策の不徹底がもたらした悲惨な結末に外
 ならないのであります」
(『沖縄作戦講話録』陸上自衛隊幹部学校刊 昭和三六年一月 四ノ二一〜二二頁)


943 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:52:29
訂正「自然」→「壕」

944 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:54:06
第三十二軍牛島満中将(昭和19年8月)
訓示
「現地ノ物資ヲ活用シ一木一草ト雖モ之ヲ戦力化スヘシ」
「地元官民ヲシテ喜ンデ軍ノ作戦二寄与セシメル・・・[中略]・・・ヘシ」
(防衛庁防衛研究所戦史室『沖縄方面陸軍作戦』朝雲新聞社 八四〜八五頁)

元陸軍大学校教官 兼海軍運輸総監部参謀 馬渕新治
住民戦没者死因について(「壕の提供」)の発言
「これらの犠牲者は、首里陣地帯の崩壊に伴い、第二線陣地につくため、
 既に逃げ場のない住民が居住する壕を取り上げ、米軍の砲爆撃下に住民を
 追い出したことに基[起]因するが相当にあるのです。
  諸官が現地に赴かれて住民が最後に追いつめられた島尻南端の猫額の地に
 立たれた時、身を隠す場所もなく右往左往しつつ敵の砲爆撃に散っていった
 数万に上る沖縄住民の悲惨な地獄絵図がまざまざと想察できると思います。
  これこそ予想戦場における住民対策の不徹底がもたらした悲惨な結末に外
 ならないのであります」
(『沖縄作戦講話録』陸上自衛隊幹部学校刊 昭和三六年一月 四ノ二一〜二二頁)


945 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 20:49:23
>>725 >>724 これって、詐欺ひきょう者の島民では?

946 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 21:24:01
訂正「昭和19年」→「昭和20年」

947 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 21:26:02



948 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:55:40
ハァ? 曽野綾子が証明? 何を? 都合の悪い証言を無視し、あったことをなかったことにしただけだ。
こういう立場は非常に簡単。水俣でのチッソを無実にすることも出来る。

949 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 02:40:39
>>941
デタラメにも程がある。どこからそんな話が出てきたんだ。
>>945
つーわけで、君が歴史を全く知らないことはよく分かったから。

950 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:16:37
>>944-945 激ワロスっ!

951 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:46:49
>>676 偽証うそつき婆=宮城初枝がついに自供。 「年金欲しさに、つい・・・」

952 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:02:27
>>949 君が教室で習った洗脳史が、デタラメだったのよ。

953 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:56:42
ってことでもう一度確認ね。

30年前に曽野綾子によって証明されたこと
(1)軍は集団自決を指示していない
(2)自決のための武器(手榴弾など)を沖縄人に与えたこともない
(3)座間味島だけでなく、沖縄本島でもそのような事例は一切ない
(4)日本軍は、住民の安全を第一に考えて行動していた(そのせいで負けたともいえるくらい)
(5)日本軍は、住民には投降するよう指示していた
(6)集団自決は、軍の再三に渡る制止を振り切って行われた(民度の低さ)

にもかかわらず、
(7)戦後沖縄人の半数以上が遺族年金を不当に受給していた
(8)「日本軍が沖縄人を虐待した」などと事実を捏造した


954 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 16:16:43
よっしゃ!このままクソスレdat落ちさせるで〜

955 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 16:47:05
>>365

あいつらが自決してしまえば,地籍簿を偽造してっと。アヒャッヒャ
俺の土地は俺の物、あいつらの土地も俺(=座間味島住民自治会長)の物!
っと。アヒャッヒャ


956 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 16:49:27
最も激しく壕から住民を追い出したのは、日本軍に
就職できて嬉しさ一杯の、沖縄兵だったと言う罠。




957 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 16:52:49
↓ 超残虐なNippon兵の一例
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1118318024/65

958 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 17:46:43
第三十二軍牛島満中将(昭和19年8月)
訓示
「現地ノ物資ヲ活用シ一木一草ト雖モ之ヲ戦力化スヘシ」
「地元官民ヲシテ喜ンデ軍ノ作戦二寄与セシメル・・・[中略]・・・ヘシ」
(防衛庁防衛研究所戦史室『沖縄方面陸軍作戦』朝雲新聞社 八四〜八五頁)

元陸軍大学校教官 兼海軍運輸総監部参謀 馬渕新治
住民戦没者死因について(「壕の提供」)の発言
「これらの犠牲者は、首里陣地帯の崩壊に伴い、第二線陣地につくため、
 既に逃げ場のない住民が居住する自然を取り上げ、米軍の砲爆撃下に住民を
 追い出したことに基[起]因するが相当にあるのです。
  諸官が現地に赴かれて住民が最後に追いつめられた島尻南端の猫額の地に
 立たれた時、身を隠す場所もなく右往左往しつつ敵の砲爆撃に散っていった
 数万に上る沖縄住民の悲惨な地獄絵図がまざまざと想察できると思います。
  これこそ予想戦場における住民対策の不徹底がもたらした悲惨な結末に外
 ならないのであります」
(『沖縄作戦講話録』陸上自衛隊幹部学校刊 昭和三六年一月 四ノ二一〜二二頁)


959 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 17:49:54
>>734 >>738 >>740
謎か?理解不能か?意味不明か? そんな事は無いと思うな。俺は理解できる。
絶海の孤島。産業も無く作物も取れない貧困な島。将来に希望の持て無いお先
真っ暗で退屈な生活。それに輪を掛けて絶望的な米軍の猛攻撃、戦況の激化・
・・・・・。世をはかなんで集団自決に走ったとしても、十分に理解同情でき
ると思うけど。
男性を見ると平和で豊かで、戦争の無い今の時代でさえ

■■■ 沖縄は、全国有数の自殺大「県」 ■■■

なんだぜ。(改訂版2005.7.31)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1106416880/776-779


960 :先帝陛下:2005/08/17(水) 17:53:21
ソレハオ前ノ希望デアラウガ、オ前ハ頭ガ悪イ。


961 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 17:55:46
>>958
>>956
>>955
ふつう同県人 同志なら、そこまでみにくく殺し合わ
ないと思うが。沖縄県民って、もしかしてチョソ??w

962 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 17:59:48
>>956
激ワロスっ!!

963 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 19:15:21
朝鮮人では無い。足の引っ張り合い、潰し合いはよくするけど

964 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:08:12
前にも誰か書いているが、島民が米兵を目前にして率先して自決し、
日本軍が島民らの自決に感じ入り自決後に軍命令としたというのが真相。
島民か日本軍のどちらかを非難する奴は日本人の心がわからない非国民。


965 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:28:03
日本人の心?
自決・玉砕が?


966 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:32:10
そりゃそうだろう。
日本ほど切腹・自決が美化されている国が他にあるか?

967 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:29:19
本土では只の形式(切腹)、実際は負け犬&刑事罰&処刑(介酌)。但し沖縄ではカッコイイ行為(>>959)。

968 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:42:12
米軍=神
日本軍=うんこ

969 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:43:54
回答
 持久。
 が、大本営・出先もDQNだったから失敗。

970 :ウメザワ:2005/08/17(水) 22:45:33
してねえってば(ort。>>819

971 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:12:15
>>951 偽証罪!!

972 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:25:15
>>島民か日本軍のどちらかを非難する奴は日本人の心がわからない非国民。

日本人じゃなくて中国人か、朝鮮人だと思う。
中国はこの前、沖縄は中国領という論文を発表した学者がいる。沖縄を日本から切り離したい。
朝鮮人は日本人を非難するのが大好き。中違いさせるのも面白がってやるだろう。

973 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:31:21
じゃあ沖縄を中国に併合してもらうとして
米軍基地はどうする?
鹿児島に置くか?
 

974 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:38:38
置く。貧乏県だからね、基地経済は喉から手が出るほど欲しいんでつ。

975 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:43:52
レイープや基地被害もありますが

976 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:50:10
まずは尖閣諸島での石油試掘をやめにしないとね。
帝国石油だっけ?許可を受けている会社。

977 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:53:16
>>925 >>976 出たな朝鮮人w

978 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:54:04
>>925 >>976 出たな朝鮮人w

979 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 00:05:40
人口当り○○島レイープ男児発生率は、米兵の六倍でつ。気にしましぇん。

980 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 00:51:52
今日中にはこのスレ終るかなw

981 :ジョン・レノン ☆ イマジン:2005/08/18(木) 00:58:24
私は左翼だけど・・・

なんか最近「国境のない世界」とか「人類愛」とかいわゆる地球市民思想の限界を感じる・・・


なんかもうこういう言葉は聞き飽きたって感じ。

実際に国境のない世界なんて実現しても本当に良い世界なのか?という疑問も世界中からボツボツ出てきてるし、

悔しいけどもう駄目だね。 地球市民とか、国境のない世界とか・・・

もう陳腐になってる。 
こういう思想で若者の支持を得ることはもう無理だね。


982 :赤尾敏:2005/08/18(木) 01:02:18
私は右翼だけど・・・

なんか最近「国民国家」とか「愛国心」とかいわゆる民族至上主義の限界を感じる・・・


なんかもうこういう言葉は聞き飽きたって感じ。

実際に民族主義なんて実現しても本当に良い世界なのか?という疑問も世界中からボツボツ出てきてるし、

悔しいけどもう駄目だね。 国民国家とか、愛国心とか・・・

もう陳腐になってる。 
こういう思想で若者の支持を得ることはもう無理だね。


983 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 03:32:15
ってことでもう一度確認ね。
結局誰一人として↓これに反論できてないところがワロス

30年前に曽野綾子によって証明されたこと
(1)軍は集団自決を指示していない
(2)自決のための武器(手榴弾など)を沖縄人に与えたこともない
(3)座間味島だけでなく、沖縄本島でもそのような事例は一切ない
(4)日本軍は、住民の安全を第一に考えて行動していた(そのせいで負けたともいえるくらい)
(5)日本軍は、住民には投降するよう指示していた
(6)集団自決は、軍の再三に渡る制止を振り切って行われた(民度の低さ)

にもかかわらず、
(7)戦後沖縄人の半数以上が遺族年金を不当に受給していた
(8)「日本軍が沖縄人を虐待した」などと事実を捏造した


984 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 06:53:19
昭和天皇語録

1945年4月3日
「此戦ガ不利ニナレバ陸海軍ハ国民ノ信頼ヲ失ヒ今後ノ戦局憂フベキモノアリ
現地軍ハ何故攻勢二出ヌカ 
兵力足ラザレバ逆上陸モヤツテハドウカ」
(防衛庁防衛研修所戦史室編 戦史叢書82「大本営陸軍部(10)」)


985 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 07:20:59
第三十二軍牛島満中将(昭和19年8月)
訓示
「現地ノ物資ヲ活用シ一木一草ト雖モ之ヲ戦力化スヘシ」
「地元官民ヲシテ喜ンデ軍ノ作戦二寄与セシメル・・・[中略]・・・ヘシ」
(防衛庁防衛研究所戦史室『沖縄方面陸軍作戦』朝雲新聞社 八四〜八五頁)

元陸軍大学校教官 兼海軍運輸総監部参謀 馬渕新治
住民戦没者死因について(「壕の提供」)の発言
「これらの犠牲者は、首里陣地帯の崩壊に伴い、第二線陣地につくため、
 既に逃げ場のない住民が居住する壕を取り上げ、米軍の砲爆撃下に住民を
 追い出したことに基[起]因するが相当にあるのです。
  諸官が現地に赴かれて住民が最後に追いつめられた島尻南端の猫額の地に
 立たれた時、身を隠す場所もなく右往左往しつつ敵の砲爆撃に散っていった
 数万に上る沖縄住民の悲惨な地獄絵図がまざまざと想察できると思います。
  これこそ予想戦場における住民対策の不徹底がもたらした悲惨な結末に外
 ならないのであります」
(『沖縄作戦講話録』陸上自衛隊幹部学校刊 昭和三六年一月 四ノ二一〜二二頁)



986 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 08:36:14
>>984-985 激ワロス 洗脳捏造本は反論には使えないと言ったはずだが?

987 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 08:37:55
ってことでもう一度確認ね。
結局誰一人として↓これに反論できてないところがワロス

30年前に曽野綾子によって証明されたこと
(1)軍は集団自決を指示していない
(2)自決のための武器(手榴弾など)を沖縄人に与えたこともない
(3)座間味島だけでなく、沖縄本島でもそのような事例は一切ない
(4)日本軍は、住民の安全を第一に考えて行動していた(そのせいで負けたともいえるくらい)
(5)日本軍は、住民には投降するよう指示していた
(6)集団自決は、軍の再三に渡る制止を振り切って行われた(民度の低さ)

にもかかわらず、
(7)戦後沖縄人の半数以上が遺族年金を不当に受給していた
(8)「日本軍が沖縄人を虐待した」などと事実を捏造した


988 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 08:41:21
>>956 >>985 沖縄の人って、なんで島民同志で殺し合い奪い合うの?

989 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 08:45:53
>>987 ★それって、うす汚たない犯罪では !!!!★

990 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 08:46:24
>>988 民度が低いからだよ。


991 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 08:48:14
>>984-985 沖縄戦は、規模の割に住民の死者が少ないことで有名な戦争ですが?


992 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 09:12:06
米軍=神
日本軍=うんこ


993 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 16:28:29
>>974 >>979 私だけでしょうか、何か××島県の話と言う気がしないんだがww

994 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 17:44:30
さてさて埋めに入らせてもらおうかね。

995 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 21:17:14
曽野綾子というバカな金魚にくっついて廻る糞がいるとは。そりゃ中韓以下だわwww
バカには>>984-985が読めないらしい。だめだこーりゃ。ププ

996 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 22:35:38
昭和天皇語録

1945年4月3日
「此戦ガ不利ニナレバ陸海軍ハ国民ノ信頼ヲ失ヒ今後ノ戦局憂フベキモノアリ
現地軍ハ何故攻勢二出ヌカ 
兵力足ラザレバ逆上陸モヤツテハドウカ」
(防衛庁防衛研修所戦史室編 戦史叢書82「大本営陸軍部(10)」)

997 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 00:09:52
渡野喜屋での住民虐殺
ttp://www.yomitan.jp/sonsi/vol05b/chap04/content/docu067.html

998 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 02:55:12

第三十二軍牛島満中将(昭和19年8月)
訓示
「現地ノ物資ヲ活用シ一木一草ト雖モ之ヲ戦力化スヘシ」
「地元官民ヲシテ喜ンデ軍ノ作戦二寄与セシメル」
(防衛庁防衛研究所戦史室『沖縄方面陸軍作戦』朝雲新聞社 八四〜八五頁)
元陸軍大学校教官 兼海軍運輸総監部参謀 馬渕新治
住民戦没者死因について(「壕の提供」)の発言
「これらの犠牲者は、首里陣地帯の崩壊に伴い、第二線陣地につくため、
 既に逃げ場のない住民が居住する壕を取り上げ、米軍の砲爆撃下に住民を
 追い出したことに基[起]因するが相当にあるのです。
  諸官が現地に赴かれて住民が最後に追いつめられた島尻南端の猫額の地に
 立たれた時、身を隠す場所もなく右往左往しつつ敵の砲爆撃に散っていった
 数万に上る沖縄住民の悲惨な地獄絵図がまざまざと想察できると思います。
  これこそ予想戦場における住民対策の不徹底がもたらした悲惨な結末に外
 ならないのであります」
(『沖縄作戦講話録』陸上自衛隊幹部学校刊 昭和三六年一月 四ノ二一〜二二頁)


999 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 03:45:28

第三十二軍渡辺正夫中将(昭和19年3月)
米軍上陸時の対応について官民講演における発言
「地元住民は軍と共に玉砕するのだ」
(『沖縄作戦講話録』陸上自衛隊幹部学校刊 昭和三六年一月 五ノ八頁)


1000 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 03:46:03

第三十二軍牛島満中将(昭和19年8月)
訓示
「現地ノ物資ヲ活用シ一木一草ト雖モ之ヲ戦力化スヘシ」
「地元官民ヲシテ喜ンデ軍ノ作戦二寄与セシメル」
(防衛庁防衛研究所戦史室『沖縄方面陸軍作戦』朝雲新聞社 八四〜八五頁)

元陸軍大学校教官 兼海軍運輸総監部参謀 馬渕新治
住民戦没者死因について(「壕の提供」)の発言
「これらの犠牲者は、首里陣地帯の崩壊に伴い、第二線陣地につくため、
 既に逃げ場のない住民が居住する壕を取り上げ、米軍の砲爆撃下に住民を
 追い出したことに基[起]因するが相当にあるのです。
  諸官が現地に赴かれて住民が最後に追いつめられた島尻南端の猫額の地に
 立たれた時、身を隠す場所もなく右往左往しつつ敵の砲爆撃に散っていった
 数万に上る沖縄住民の悲惨な地獄絵図がまざまざと想察できると思います。
  これこそ予想戦場における住民対策の不徹底がもたらした悲惨な結末に外
 ならないのであります」
(『沖縄作戦講話録』陸上自衛隊幹部学校刊 昭和三六年一月 四ノ二一〜二二頁)




1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

283 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)