5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ドラマ新撰組を見て薩摩に怒りを覚えました。3戦目

1 :日本@名無史さん:05/01/26 18:02:03
               |ヽ      ,;'|   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               | k丶_,. .,_/.j.|  | タイマン張ろうぜ!
               j,.'' ´   ` '、|  |
               f        l  // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              l! 、フ  、フ .! '
              ,. - '、   、 _ ,   j - .,
           ,.:'´   ヽ  ` ´  ィ   `': .,
        γ´                 `ヽ
        ,f    ,ィ             ト、    ':
       / ゙'   イ .l           | .`,    ゙'!
      f     ノ  〉   ,_.、   , 、  .j  y   .l   
      i,   ´ `ヽー‐-,´ ィ`ゞぐ` `ー,-─' ヽ   j 
       、           _ケ k_       _ ,.ノ 
       `ー - イー‐."ー イ. `ー '^ 一 '' ゙
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃  薩摩藩主 が あらわれた!              ┃
 ┃                                  ┃
 ┃                               ↓ ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

2 :日本@名無史さん:05/01/26 18:37:16
勇者会津 かいしん の いちげき!

華麗に2get!


3 :日本@名無史さん:05/01/27 01:43:30
【すきなタバコは?】

大阪府民・・・Marlboro
新潟県民・・・Lark
福島県民・・・Sevenstar
山口県民・・・ShortHope
ダサツマ・・・シケモク


4 :日本@名無史さん:05/01/27 01:50:06
ドラマ厨は芸能板でまったりしてなさい

5 :日本@名無史さん:05/01/27 02:00:43
>>3 は 上手いことを言ったつもりなのか

6 :前前スレ1:05/01/28 00:59:53
とにかく薩摩は謝罪と補償を全日本人に対して行うべきだ。
知事は東京まで来い。そして全局で謝罪しろ。
補償は芋焼酎を一世帯につき3本名産品を添えて送れ。
その後は廃県の後、元植民地の宮崎と沖縄で分譲だ。


7 :前前スレ1:05/01/28 01:05:36
廃仏毀釈について語りましょうよ。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1097339766/l50

こっちも立てたけど延びが悪い。こっちもヨロ。

8 :日本@名無史さん:05/01/28 01:17:10
故意に重複スレを乱立させると荒らし認定されるぞ。
酷いケースに対しては威力業務妨害罪で逮捕されるヤツも居るから気をつけた方がいい。

9 :5:05/01/28 01:24:46
ダサツマには道に捨てられた吸い殻を拾い集める「モク拾い」という商売がある。
拾った吸い殻をほぐして巻き直し、また、新しいたばこに再生させるのである。
こうして作られたたばこは「シケモク」と呼ばれ、味は悪いがダサツマでは重用されている。
篠竹の先に針をつけた「モク拾い」専用の道具も登場している。


10 :前前スレ1:05/01/28 01:57:08
今オンラインで法律みれるから逮捕について調べてこい。
おまけに重複じゃないし荒らしでもない。100万回しね。

11 :日本@名無史さん:05/01/28 02:02:37
あちこちに糞スレばかり立ててる馬鹿が、
初めて威力業務妨害罪に触れる可能性を指摘されたのかずいぶん怯えてやがるw

12 :日本@名無史さん:05/01/28 02:13:22
>>10

なんとなく恥ずかしいヤツ


13 :10:05/01/28 23:16:52
【すきなタバコは?】

大阪府民・・・Marlboro
新潟県民・・・Lark
福島県民・・・Sevenstar
山口県民・・・ShortHope
ダサツマ・・・シケモク


14 :日本@名無史さん:05/01/28 23:39:46
通報されるぞ(w

15 :日本@名無史さん:05/01/28 23:39:58
>>13
つまんねーよ!

16 :日本@名無史さん:05/01/28 23:50:42
藤田五郎(斎藤一)が抜刀隊率いて西南戦争参加!土方の仇を取ったと言うかマンガのるろうに剣士実話らしい

17 :日本@名無史さん:05/01/29 00:40:50
>16
日本語が不自由だな

18 :14:05/01/29 21:44:21
シケモク

一本の缶コーヒーに暖められた 徹夜明け
公演のベンチで しらじら明けた東の空をみてた
クシャクシャの煙草を一本抜いて 火をつける
煙が目にしみる
何一つ 惜しいような人生じゃないさ
大都会のアスファルトに投げ捨てられた
俺はシケモク 誰かに踏みにじられて
道に黒い しみを残すだけかよ
雨に打たれて 崩れるだけかよ
朝日に輝く 高いビルを見上げて
叶わない 俺の夢を思う
闘うことに疲れちまったわけじゃないさ
闘う相手を探し疲れただけ
すれ違う若いOLから
なつかしい甘い匂いがする
あいつの顔を思い出してみる
いつの間に すっかり面影を忘れちまってる
最後のシケモクを踏みにじって
空になった煙草をひねり捨てる
朝一番に酒の飲める店はどこだ
朝日の白々しさから
逃げ出せる場所はどこだ
大都会の水たまりに投げ捨てられた
俺はシケモク 酒にふやけて
このまま汚く街を汚すだけかよ
俺はシケモク
ああ せめて白い煙になりたかったよ

19 :日本@名無史さん:05/01/30 02:16:29
【社会】白バイ隊員がコカイン吸引…警視庁が逮捕
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1106878630/

20 :佐藤総研:05/01/30 04:38:48

■坂本龍馬に見る開国と国益
http://blog.melma.com/00126120/20050130041138

21 :日本@名無史さん:05/01/30 19:04:02
【すきなタバコは?】

大阪府民・・・Marlboro
新潟県民・・・Lark
福島県民・・・Sevenstar
山口県民・・・ShortHope
ダサツマ・・・シケモク


22 :日本@名無史さん:05/01/31 04:51:26
薩摩age

23 :日本@名無史さん:05/02/01 13:09:32
会議を始めます!

                      (__)
                      (__)
                   .∩(・∀・,,)  断言しよう!!薩摩は糞だと!!
                     ヽ θ U |  _
                  / ̄ ̄T ̄ ̄ ̄/|
                 |二二二二二二二|イ
                 |        | |
パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ
   パシャ パシャ パシャ パシャ パシャ  パシャ パシャ パシャ  パシャ  パシャ
 ∧_∧      ∧_∧     ∧_∧  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧
 (   )】      (   )】    (   )】 【(   )    【(   )    【(   )
 /  /┘ .   /  /┘.    /  /┘ └\ \   └\ \   └\ \
ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ      ノ ̄ゝ     ノ ̄ゝ    ノ ̄ゝ     ノ ̄


24 :日本@名無史さん:05/02/03 01:21:42

  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::    ダサツマの系図          i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|:::: 檀 君-──┬──文鮮明    :; ||
 |∵∴∵|::::         │            | ||
 |===|:::: 山  窩──白丁隼人       ! ||===-3
 |∵∴∵|::::           │         ; ||
 |∵∴∵|:::: マレー系土人─李氏朝鮮   |  ||
 |∵∴∵|::::              │         i  ||
 |∵∴∵|::::         島 津 家     | ||    
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─||    
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          【ダサツマの秘密】



25 :日本@名無史さん:05/02/03 17:10:40
813 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 06:23:40 ID:G7Y46aff
アメリカ人みたいだね。多人種国家日本。
日本民族「アイヌやマタギや隼人や琉球人除く」はいるけど日本人種は生物学的うに有り得ない。

26 :日本@名無史さん:05/02/03 17:12:01
813 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 06:23:40 ID:G7Y46aff
アメリカ人みたいだね。多人種国家日本。
日本民族「アイヌやマタギや隼人や琉球人除く」はいるけど日本人種は生物学的に有り得ない。

27 :日本@名無史さん:05/02/03 18:12:15
小学生の文章うざい

28 :日本@名無史さん:05/02/03 18:17:50
http://uploader.zive.net/index.php

29 :日本@名無史さん:05/02/05 15:04:51
【すきなタバコは?】

大阪府民・・・Marlboro
新潟県民・・・Lark
福島県民・・・Sevenstar
山口県民・・・ShortHope
ダサツマ・・・シケモク


30 :日本@名無史さん:05/02/05 22:34:27
薩摩の連中は徳川の忠臣たる彰義隊士の屍を
切り刻んで喜んだ。ただの低脳DQN集団。

31 :日本@名無史さん:05/02/05 22:35:25
朝日の夕刊で彰義隊の連載してるね

32 :日本@名無史さん:05/02/06 23:38:50
このキャラを使って楽しいAAをつくりましょう(w
                  .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    l8'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .と     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《


33 :日本@名無史さん:05/02/07 21:41:34
>>30
切り刻んだ人の中には、搾取され圧政に長年耐え続けた会津農民の姿もあった。

34 :日本@名無史さん:05/02/10 21:05:26
                  ,. .,
                 /  ヽ _
          ∧_∧    !    l!  `ヽ
         ( ´Д`)   λ  ,/ 、 丶
            ,r´     ,二_/  `/ 、 ヽ 
        / ∧,   1 / /       l
          / /  ヽ、 У ,/__     l! 
.        〈 ヽ   \__,.ノ__`ヽ
        `ー''       ̄ / /    l
                   〈  '、     ノ
                 `ー''゙  / ノ
                    / 
                _,.イ
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


35 :日本@名無史さん:05/02/10 21:19:40
>>33
会津の農民が上野までわざわざやってくるのか?
圧政?
会津は、名君保科正之公を排出したお陰で、非常時のために常に米を備蓄しておき、
飢饉の際には自領を救うのみならず長岡藩に貸していたほど豊かだったんだが?
90歳以上の老人には身分に関わらず、終生一人扶持を支給していたし、
旅人が病気になったら藩が費用を持つから領民に旅人を保護するように達しを出していた。
薩摩飛脚の薩摩藩とは大違い。

デマばっかり流してるんじゃねぇよ。
会津武士は卑劣な薩長の芋どもとは武士としての出来が違うんだよ。

36 :日本@名無史さん:05/02/10 21:25:07
>>35
気にするな!
薩摩は日本の歴史を知らないから捏造しがるんだよw
未だに日本を理解しきれない薩摩厨を哀れんでやってくれw

37 :日本@名無史さん:05/02/10 21:30:29
>>33
自分の所が農民や奄美の島民から搾取した上に芋を食ってたからって何処も同じだと思うなよ・・・。

38 :日本@名無史さん:05/02/12 23:16:53
【すきなタバコは?】

大阪府民・・・Marlboro
新潟県民・・・Lark
福島県民・・・Sevenstar
山口県民・・・ShortHope
ダサツマ・・・シケモク


39 :日本@名無史さん:05/02/13 00:19:17
>>35
そんな会津も最後は農民に畳を持たせて新政府軍の銃撃の盾にするという善行をなさいましたか。

40 :日本@名無史さん:05/02/13 22:34:23
キチガイ会津厨のジサクジエンはワンパターン過ぎて見るに堪えん。

41 :日本@名無史さん:05/02/16 01:14:43
_■_ ________________
|∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
|∵∴∵|:::: ダサツマの系図 i ||
|∵∴∵|:::: ; ||
|∵∴∵|:::: 檀 君-──┬──文鮮明 :; ||
|∵∴∵|:::: │ | ||
|===|:::: 山 窩──白丁隼人 ! ||===-3
|∵∴∵|:::: │ ; ||
|∵∴∵|:::: マレー系土人─李氏朝鮮 | ||
|∵∴∵|:::: │ i ||
|∵∴∵|:::: 島 津 家 | ||
|∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─||
 ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【ダサツマの秘密】

42 :日本@名無史さん:05/02/17 10:51:09
>>41
へたくそ!

43 :日本@名無史さん:05/02/20 13:32:49
もらったアダルトビデオに当時12歳だった妻が登場して夫驚愕

ttp://azoz.org/archives/200502101100.php#more

44 :日本@名無史さん:05/02/20 14:12:03
ダサツマ氏ねや

45 :日本@名無史さん:05/02/21 08:15:24
新撰組ヲタの知能では、変なコピペ貼りまくるのが限界か。

46 :日本@名無史さん:05/02/22 23:20:58
薩伐としたスレだな。

47 :日本@名無史さん:05/02/23 21:14:59
鹿児島県には手篭川と言う川があるそうですが、一体どういう由来があるのですか?
鹿児島県では強姦が日常茶飯事なんですか?

48 :日本@名無史さん:05/02/23 21:21:26
御用御改手向カイ致スニヲイテハ容赦無切捨ル

49 :日本@名無史さん:05/03/02 00:36:28
殺人予告キタ━━━━━(゜凵K)━━━━━!!!
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1109362152/294-295

50 :日本@名無史さん:05/03/10 15:24:39
    一つ頼みを・・・
    き・・いて・・くれる?


51 :第三者:05/03/10 16:20:57
聞きます。

52 :日本@名無史さん:05/03/10 18:32:01
殺人予告したいんだけど

53 :日本@名無史さん:05/03/10 18:45:02
会津が相手ならOKです。

54 :日本@名無史さん:05/03/10 19:15:16
会津があれ程簡単に負けちゃったのは農民以下の階級が思った程集まらなかった
からじゃなかったっけ?
あと、外交能力とか先見性では薩摩藩のが上だったからでない?
と、屁垂れ沼津藩出身者は思いまつ。あ、祖母方は仙台藩でした。これも裏切り
者でした。ヘヘヘ・・・・・

55 :日本@名無史さん:05/03/10 19:26:33
>>54
東北人とのあいのこ、日本人の恥!(w

56 :日本@名無史さん:05/03/10 19:48:19
ダサツマは異民族(w

57 :日本@名無史さん:05/03/10 19:51:06
さすが乞食民族・寄生虫民族w

トーホグ会津は救いようが無いwww



58 :日本@名無史さん:05/03/10 22:41:58
桜島山 >>>>> 磐梯山
錦江湾 >>>>> 猪苗代湖

59 :日本@名無史さん:05/03/10 23:16:23
会津ガンガレ

60 :日本@名無史さん:05/03/10 23:39:45
薩摩と長州が頑張ったから!今の日本がある!でなかったら日本は植民地になっていただろう!

61 :日本@名無史さん:05/03/10 23:52:45
どうせこのスレ作ったのは新選組オタか香取オタそんな奴のせいで争うのは止めましょうね!

62 :日本@名無史さん:05/03/11 00:08:45
>>60
そんなわけねーだろ。
植民地化の最大の危機は薩摩や長州が外国に戦争を吹っかけたときですよ。

63 :日本@名無史さん:05/03/11 00:31:26
62>その後の問題だよ!

64 :日本@名無史さん:05/03/11 01:02:37
鹿児島人は、縄文時代から鹿児島人だった。
縄文時代の古人骨で、頭蓋骨をはかると、一般の縄文人は、
北から南まで、まあ、だいたい長頭であるが、鹿児島人は、
縄文時代鹿児島人ですら、「著しい短頭」なのだ。
それも、数千年前から、現在にいたるまで、著しい短頭。
つまり、鹿児島だけは、他の地域(九州内部の地域も含めて)
との混血が数千年にわたって、全く行われていないとみてよい。
現在の鹿児島人は、一応、日本語のような言語を話しているが、
あれは、せいぜいここ千年のことだろう。
アイヌ人などは、まだ、東北地方の人々と大いに関係ありなの
だが、鹿児島人だけは、まったくといってよいほど独自だ。
おそらく、鹿児島人種という人々なのだろう。
以前、JRの鹿児島駅に降り立ったとき、周囲の女性の顔がみな
同じ顔なのに驚いた。全員が、奥目で、たれ目で、黒目勝ち、
美人は細面っぽいが、たいがいは下膨れ顔。これが鹿児島人女性
のすべてに当てはまる。
これだけの要素があれば、鹿児島は、政治的にはおいといて、
日本人の住んでいるところではない、と考えてよかろう。
ちなみに、沖縄は、アイヌ同様、本土の縄文人と多いにつながりが
ある。

短頭=頭が左右に長く、前後に短い
長頭=頭が左右に短く、前後に長い
中頭=短頭と長頭の中間

65 :日本@名無史さん:05/03/11 01:03:07
鹿児島人は、最初っから「著しい短頭」なのだ。
たんなる「短頭」ではない。
これはもう、絶壁とかいうレベルでもなく、えぐれている
のではないかと思うほどなのだ。

ソースは、
池田なにがしの古人骨の本(講談社新書か、中公新書か、岩波新書)
だったと思うが。

66 :日本@名無史さん:05/03/11 07:43:30
>>64-65
すごい差別主義者だね。この人。
恥かしくないのかな。

67 :日本@名無史さん:05/03/11 09:41:41
広島や東京では卒業式での日の丸君が代にクレームがつくらしい。
日本国家を護る神域・鹿児島では考えられない事。
鹿児島の影響下にあった宮崎も日の丸崇拝信心県。
やはり日本国家は鹿児島が主導しないといけないらしい。

68 :日本@名無史さん:05/03/11 13:48:48
>>66
鹿児島を叩くのは差別主義。東北を叩くのは非差別主義。
一見ダブスタなようだが、これでいいのだ。

69 :日本@名無史さん:05/03/13 06:58:09
>>67
おれもそうおもう。公共工事の自慢ばっかりする群馬県人とかみると、同じ関東人でも情けなくなる。

70 :日本@名無史さん:05/03/13 07:29:16
薩摩が最後の将軍から目の敵にされていることは
事実だが・・・


71 :日本@名無史さん:05/03/13 09:32:50
部下を捨てて敵前逃亡するような豚一将軍が何をどのように思ったのかだなんて些末な問題を、
いちいち気にするんじゃないよ。

72 :日本@名無史さん:05/03/15 16:26:04
外資と組んで既成権力に殴り込みをかけるホリエモン≒薩摩
フジサンケイグループ≒幕府

73 :日本@名無史さん:05/03/15 16:40:02
>69
 知っててボケてんのか?
 だとしたら高度だ。鹿児島の土建屋行政の事
 

74 :日本@名無史さん:05/03/20 12:57:04
薩摩=官軍。新撰組=賊軍以上。

75 :日本@名無史さん:05/03/20 12:57:43
薩摩=官軍。新撰組=賊軍。以上。

76 :日本@名無史さん:05/03/20 13:01:55
歴史の教科書は西郷英雄説ばかり唱えているだから歴史を知らない奴は
西郷=いい人になる。これは絶対おかしい教科書の内容変更を求める

77 :情事便損:05/03/20 13:09:35
薩摩イモのヲタもいるのって信じらんない。
性格歪みまくりの野蛮人よ薩摩イモって。。

78 :日本@名無史さん:05/03/20 13:56:46
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強
大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強 大久保最高 薩摩最強

79 :日本@名無史さん:05/03/20 14:53:52
新撰組がいかに強くとも、薩摩のアームストロング砲にはかなわない。おまけに賊軍ときた。

80 :日本@名無史さん:05/03/20 15:19:57
>>79
互いに飛び道具無しの白兵戦でも新撰組は蛮族薩摩武士団には適わんと思う。

81 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 22:17:33
>>79
アームストロング砲は佐賀藩のモノだぞ
大砲では佐賀が日本一だった
何でもかんでも薩摩が一番としては逝けない


82 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 22:26:15
鳥羽伏見で新撰組をたたきのめしたのは紛れも無い、薩摩隼人じゃない?佐賀藩は上野戦争から出て来たのでは?

83 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 22:29:38
鍋島直正は斉彬を凌ぐ程の藩主で大砲、小型の蒸気機関車を作ったりしたんだが、とりまきがなぁ。
江藤新平、大隈重信など薩長に比べて劣るからなあ。

84 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 23:02:53
>鍋島直正は斉彬を凌ぐ程の藩主で

凌がない、凌がない。
ヘタレの本性が透けて見えるあいつの顔写真を見てみろよ。

85 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 23:12:01
んな事はない。江藤などは長州閥を追いつめまくった。
大久保と岩倉の汚い謀略明治六年政変が無ければ…

86 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 23:12:54
島津久光は凌ぐかも…

87 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 23:28:51
西郷は死後暫らくして恩赦で地位を回復したが、江藤は国賊扱いのまんまなの?
世間に疎い江藤ではあるが、新撰組を差し置いて国賊扱いはあまりに理不尽。

88 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 23:40:35
それは言えるな。世は佐賀ブームだ、
この期に乗じて江藤を復権させるか。処分解除

89 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 13:31:59
佐賀が・・・  ブーム?   どこで?

90 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 22:12:19
>>89
たぶん佐賀県で

91 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 21:16:20
左様

92 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 23:24:54
薩摩厨がウザイ

93 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 14:11:34
禿胴

94 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 15:39:45
左様

95 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 16:59:15
御意

96 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 17:21:20
佐賀県人は低脳で閉鎖的な田舎ものだからね。倫理観もゼロだし。




97 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 17:34:25
佐賀県は早急に滅すべし。チョソと同レベルかそれ以下だから。県民全員打ち首。

98 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 17:49:20
晒しsaga

99 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 17:52:20
若しくは福岡県民の奴隷。佐賀県民に人権などない。

100 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 18:32:34
鹿児島など焦土にしてしまえ!

101 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 18:48:19
ダサツマはもともと焦土ですから、残念!

102 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 18:54:21
サツマの芋侍が芋焼酎を呑んでる。ププ

103 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 19:35:38
さすが佐賀原人w

104 :日本@名無史さん:2005/03/28(月) 15:59:03
佐賀んもんの通った後には草も生えん

105 :日本@名無史さん:2005/03/28(月) 18:59:45
94年8月21日、高校野球決勝戦で
佐賀商は樟南を撃破して真紅の大優勝旗を佐賀に持って帰った。
鹿児島は未だ夏の優勝はない。 福島? ( ´,_ゝ`)プッ

106 :日本@名無史さん:2005/03/30(水) 00:30:52
>>105
でた〜佐賀県が唯一言える自慢

107 :日本@名無史さん:2005/03/30(水) 12:44:38
薩摩隼人!万ーーー歳!戦に敗れた馬鹿な奴らW

108 :日本@名無史さん:2005/03/30(水) 13:45:50
まぁ、今の薩摩人に罪がないのは当然として、
ドラマ新撰組で判明したように当時はダメダメだったという事で決着かな

109 :日本@名無史さん:2005/03/30(水) 17:09:06
いやいや、ダメダメでも官軍ですから。新撰組=賊軍=国賊=売国奴=赤ですから

110 :日本@名無史さん:2005/03/30(水) 17:49:51
知識がドラマからって・・・

111 :日本@名無史さん:2005/03/30(水) 18:53:57
>108
薩摩は無能な幕閣供を淘汰した維新最大の功労者だがどうした?

112 :日本@名無史さん:2005/03/30(水) 21:16:05
薩摩厨ウザイ。薩摩マンセーヤメロ

113 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 14:33:12
サツマ貧乏卑屈うざい

114 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 17:49:20
薩長土肥マンセー新撰組は賊軍なり。

115 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 20:30:08
薩摩も賊軍になっただろwww


116 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 22:40:21
長州も賊軍になってるが

117 :日本@名無史さん:2005/04/03(日) 20:08:22
>>105
九州地区選出の神村学園は、創部2年でこの春決勝まで駒を進めた。
明日は鹿児島勢2度目の紫紺の大優勝旗を持って帰るぜ。  福島? ( ´,_ゝ`)プッ

118 :日本@名無史さん:2005/04/04(月) 21:06:13
>>16
そのとき西郷は征韓論で意見が分かれて鹿児島に帰ったから警察からも薩摩出身のものが大勢抜けたらしい。
その穴埋めとして元幕府軍、元新撰組隊士、元会津藩、元桑名藩の諸藩兵が警察に採用された。
そこでできたのが新撰旅団と呼ばれた抜刀隊。
新選旅団の名を聞いて西郷軍の桐野利秋は「また、あの新選組がやって来るのか」と仰天したという。
だが今度は新撰組に軍配が上がったわけだ。
そして斉藤一の息子勉も日露戦争で戦艦三笠に乗って日本海海戦を戦っている。
さらにその勉の息子も太平洋戦争で海軍少尉だったというからすごい。
一家揃って侍だよ。

119 :日本@名無史さん:2005/04/04(月) 21:57:40
>118
表向きは「戊辰の雪辱を晴らす」というプロパガンダで募ったが
実質は旧幕府の不満分子を戦線に投入することにより薩摩士族共々彼らを掃討するという狙いが政府側にあった。
お蔭で警視庁抜刀隊の生還者は3割弱。
あくどい川路・山縣の考えそうなことだよ

120 :日本@名無史さん:2005/04/04(月) 22:46:05
>>119
山県って関係あるか?。警察関係は薩摩閥だろW。
山県なら、旧幕府の連中を雇うのだって嫌うと思うが?。

121 :日本@名無史さん:2005/04/05(火) 07:02:51
EXILE

122 :日本@名無史さん:2005/04/09(土) 08:22:10
長州は同盟の仲なので、あまり悪く言いたくないが
山縣有朋は新撰組と同レベルの蛆虫野郎。
こいつさえいなければ江藤は存命して、まっとうな明治国家になっていた。
山縣が偉人扱いされ祀り上げられてるのが未だに信じられない。

123 :日本@名無史さん:2005/04/10(日) 06:20:10
【るろうに剣心、公式設定】
緋村剣心:AB型
神谷薫:O型
明神弥彦:B型
高荷恵:B型
相楽左之助:B型
斎藤一:O型
鵜堂刃衛:AB型
四乃森蒼紫:A型
巻町操:B型
石動雷十太:B型
月岡津南:A型
志々雄真実:O型
瀬田宗次郎:AB型
比古清十郎:O型
雪代縁:A型
雪代巴:AB型

124 :日本@名無史さん:2005/04/11(月) 02:38:39
組!ヲタは全員キチ害同人女なんでつね(・∀・)

▼▼▼【大河】新鮮組!九番隊【801】▼▼▼
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/801/1110954272/


125 :日本@名無史さん:2005/04/14(木) 23:06:06
                  ,..-──- 、
                /. : : : : : : : : : \
           冒  /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
            l l ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
          ./〜ヽ{:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}     ________
           |__| {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}   /
.           .||ポサ.|| { : : : :|   ,.、  |:: : : :;! <  うわゎぁぁぁぁぁっ
         /|.l ン||_.ヾ: :: :i r‐-ニ-┐| : : :ノ   \
         |  ̄ -!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         |    −!   \` ー一'´丿 \
         ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
        /\  /    \   /~ト、   /    l \
       / 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
      /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
      ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
     ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
     i   \   ハ       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ
___________________________________
このスレを見た人は、10年以内にかならず氏にます。
でも、逃れる方法はあります、
※10日以内に20箇所のスレにこれをはるのです。
すみません、僕も氏にたくないんだす


126 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 11:21:18
【芸能】かつての輝きを取り戻した稲森いずみ(ゲンダイ)

●英語と剣道の達人 

 これまで、「三枚目」や「尻軽オンナ」の役が多かったことから、 
ただの「軽いだけのお姉ちゃん」と思っていたら、実はなかなかのインテリだ。 
私立鹿児島高校を卒業後、1年半の間、米国に“留学”している。 
学んだ先はテキサス大付属の英語学校で、英語がペラペラとはちょっと意外だ。 
小学校4年から5年間「剣道一直線だった」というのもイメージとかけ離れている。 
それも「薩摩示現流」などと聞くと、恐れ入りましたと、つい居住まいを正したくなってしまう。 

http://www.excite.co.jp/News/entertainment/20050418100005/16935.html

127 :日本@名無史さん:2005/04/19(火) 09:05:00
薩摩揚げ

128 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 01:17:01
  ∧_∧
        (´・∀・`) <<バイバイ・・・
        /,   つ
       (_(_, )
         しし'


129 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 03:58:17
なんだろ。な〜チョンよ。
チョンチョンチョンチョンチョンチョンチョン
チョン
朝鮮半島からはるばるきたよ。
ちょんちょんチョンチョンチョンチョンチョン
463
45654648546546574+5

44546
45465464654654646546878321
吉野ケ里遺跡もつくったよ。
チョンチョンンチョンチョンチョチョンチョン
チョン98756454
チョンチョンチョンチョンチョンチョンチョン
そののちキンキにわたってよ
チョンチョンチョンチョンチョンチョンチョン
大和政権つくったよー
チョンチョンチョンチョンチョンチョン
チョン
薩摩の島津ももちろんチョンだよー
チョンチョンチョンチョンチョンチョン
薩摩隼人もチョンだよー
チョンチョンチョンチョンチョンチョンチョンチョン
チョンチョンチョンチョンチョンチョンチョンチョン
犬でもなんでもたべるのよー
チョンチョンチョンチョンチョンチョンチョンチョン

130 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 12:50:14
今の近代国家の基礎を築いたのは、どうみても薩摩の力が大きい。
新撰組は所詮外道。


131 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 15:56:07
駄薩摩揚げ

132 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 16:00:52 ?
関が原の戦いでわずか300騎程度で家康の陣地を
中央突破したくらい
薩摩はすごいとおもうが
なにか?


133 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 17:57:53
>>132
鹿児島ではそのことについて勇気ある行動としてたたえられているが、この齢になって、この無謀すぎる行動に何の意味があったのだろうかと思ってしまう。

134 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 19:04:41
基地外が突進してきたら、誰でも引くだろ

135 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 20:00:12
むしろあれほど強豪が集まっていながら(義弘公を守りたいがために戦意も高い)
あっという間に殲滅されたその他はなんなんだと言いたくなる。

136 :日本@名無史さん:2005/04/25(月) 09:04:16
島津義弘のように新撰組へ真正面から戦を挑まなかった幕末薩摩は薩摩隼人の面汚し

137 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 18:18:52
>>136
ハア? 藻前アフォか 手合わせさせたいのか?
中村半次郎と近藤勇が剣で手合わせしたら、近藤など秒殺されるよ

138 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 04:49:24
>>136
トヨタが下請け部品会社に真正面から戦いを挑んでくれるか?

139 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 09:22:13
しかし義弘公について、「やり方が汚い」、「男らしくない」といった評価が
聞かれないのも事実な訳で

140 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 10:22:03
>>139
義弘の最初の妻(相良義陽の妹)の末路・・・(⊃Д`)

島津維新【義弘】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1044435877/275-276

141 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 12:17:26
>>140
苛烈を極める感じはするけど、幕末のような騙し討ちは無いな

142 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 13:29:47
>>141
事実を抹殺したり事実を誇張したりするのも「騙し」のうちではないだろうか?

143 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 14:05:14
なるほど。時代が古いから美化されてる部分が多分にあるかも、という事か

144 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 14:38:02
まぁ政治に携わる以上美談だけで飾られる人物はそういないよ

145 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 16:52:34
島津は薩摩隆盛の為に忠実に政(まつりごと)を遂行しただけ。
処刑の何が悪い。 秩序を乱す輩は粛清でよい。
諸氏百家で最も実践的なものは法家である韓非の著書「韓非子」である。
厳格な法で藩を治める事により繁栄も築かれる。
秦の始皇帝も忠実に実践して隆盛を極めた。
非情になれない藩はそれで結構、只滅びるのみ。
島津は鎌倉時代より守護職を賜った時点から、鬼の覚悟を決めてた。

146 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 15:01:44
島津家は法と秩序、賞罰に厳正だから領民の信任厚く統治も続いたんですね。
こういう名門が治める藩がうらやましいです。

147 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 00:55:04
>>146
と、仙台人が申しております。(w

148 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 01:22:07
                        ∧_∧   / ̄ ̄ ̄
                      ∧( ´∀`)< はとage
                    ∧(  ( つ ⊂ ) \___
                  ∧( ( つ.)  ) )
                ∧( ( つ  (__)_)
              ∧( ( つ (__)_)
            ∧( ( つ (__)_)
          ∧( ( つ (__)_)
        ∧( ( つ (__)_)
      ∧( ( つ (__)_)
    ∧( ( つ (__)_)
  ∧( ( つ (__)_)
 ( ( つ (__)_)
 ( つ (__)_)
 | (__)_)
 (__)_)

149 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 12:13:12
島津は琉球を侵略したのが減点要素だな

150 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 13:46:42
>>149
それは違う。
征服という一瞬の出来事が問題だったのではなく、
統治という長期の出来事が問題だった。

沖縄地方を実質的に日本国に組み込んだこと自体は、評価されてしかるべき。
本来、中央政権が行うべき征服事業を地方政権が代行した形になった。
それまで沖縄を勢力圏に組み込まずに放置しておいたのは、中央政権の怠慢というべきだろう。

151 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 16:37:49
薩摩の私欲じゃなく、中央の代行なら仕方ないな

152 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 14:57:40
>>149
島津家は琉球を尚家の圧政から開放してくれました。
琉球人は、より近代的海洋国家として指導してくれた薩摩に感謝しています。

153 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 20:45:45
↑その後、薩摩藩によって琉球はサトウキビ地獄と言われ、
島民はサトウキビ生産の為の奴隷になったというオチ。

154 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 23:38:03
>153
奄美な。

155 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 20:58:30
コレを見たア・ナ・タ♪超超幸せ者ダネ****
この文を読んだからには、あなたには幸せなコト
が起きますよ・・・★本当です☆この文を読んだ、
私の、2人の友達が恋を成功させました☆☆
さぁ、あなたも恋を成功させましょう♪それには
そうすればいいのかと言うと・・・☆
↓↓↓↓↓↓コレでOK↓↓↓↓↓↓
* この文を読んで3時間以内に、どこかへ貼る♪
*貼る数は、あなたの自由ですよ☆彡
*****アドバイス*****
多く貼り付けるほど、幸せがたぁっくさん
舞い込んでくるはずだよ☆がんばってね♪
※※※※※注意事項※※※※※
どこに、どれだけ貼っても大丈夫です★
貼り付けなかった場合、特になにも起こりませんが
運が悪ければ、近々あなたに不吉なことが
起こること間違いなしです!!!
☆☆あなたの恋が実るチャンスです★★


156 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 16:37:55
西南戦争で敗北したのは民衆の支持が全く得られなかったから。
鹿児島県民は、近代国家秩序を無視して地方軍閥政権として封建的圧制を敷く
西郷ら私学校の連中を討伐してくれた政府軍を解放軍として歓迎した。

157 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 23:49:49
      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ <  糞スレ浮上いくぞゴルァ          ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \オーーーーーーーッ!!/
      //三/|三|\     ∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ∪  ∪       (    )    (     )   (    )    )
 ,,、,、,,,       ,,、,、,,,  ∧_∧∧_∧∧_∧ ∧_∧∧_∧∧_∧∧_∧
      ,,、,、,,,       (    )    (    )    (    )    (    )

158 :日本@名無史さん:2005/05/29(日) 00:30:45
2ちゃんねるの幕末板を見て薩摩厨に怒りを覚えました。3戦目

159 :日本@名無史さん:2005/05/29(日) 06:43:14
同人数同士の白兵戦だったら、新撰組>サツマだね
サツヲタの司馬遼太郎もそう言ってる

160 :日本@名無史さん:2005/05/29(日) 21:05:18
ジゲン流は分かりやすくて好き。

161 :日本@名無史さん:2005/05/29(日) 22:23:37
【すきなタバコは?】

大阪民国・・・Sevenidar
新潟県民・・・Lark
福島県民・・・rMarlboro
山口県民・・・ShortHope
ダサツマ・・・シケモク

162 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 12:37:07
fu-n

163 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 10:55:13
                \ │ /
                 ◎−◎   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─(∴д∴)< ダサツマ、ダサツマ!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ◎−◎  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ◎−◎\(∴д∴)< ダサツマダサツマダサツマ!
ダサツマ〜〜〜!  >(∴д∴ )|    / \__________
________/ |サイゴー〈 |シマヅ|
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /


164 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 10:55:35
       ∫     ∫
         ____      悔しいが・・・・・・ (゚д゚)ウマーぃ・・・・・
        /      \ ____
       /●  ●    \      //-─‐-、,,-─-,、
      /    ;  Y  Y |   //  /        ,'⌒ヽ\
      | ▼        |  | |  //〈  ,‐-⌒-、ノ,,,  |.  \
    _|_人_      \/_//_/, ミ、Vヽl〉| | |,,,  |.   \
   〔_..\___________/______〕  '|\Nヘ「ヽ||_|__,|.     \
     (                .:.:.:.:.)        |L.|  |       ヽ、
     ( 城山観光ホテル  .:.:.:..:.:.:. )         | | ,,,|,        .l
      (______.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.)          |_|_,||        .ノ
       \___ _____/           |::|::: :|_|       ,ノ |
     __〔 ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ 〕___      rrr´‐::: :j. L,,---‐‐'´ ノ
     |           【○】    |   i´^^i´ ̄~    ̄ ̄ ̄~i‐⌒ヽ,
     |______鹿児島名物________|  ヽ、__ヽ、______」-、__.⌒っ
チクショーダサツマめ!俺の愛犬ゾヌを鍋にしやがって!
これではムツゴロウ先生に顔向け出来ねーよ。
俺みたいな動物愛護家では、屠畜が生業のダサツマの奴らを鎮圧することは不可能なのかなあ・・・。
俺にはそれが悔しくてたまらんわ・・・。
ダサツマの蛮行にどう対処したらいいか、柳田国男著「山の民」には何も書いてね〜からな〜。

165 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 10:56:29
____________.. ‖〜〜〜〜〜
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_‖ 西郷    )   暑  中  お  見  舞  い
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_‖   マンセー  )
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_‖〜〜〜〜〜     申  し  上  げ  ま  す
\__┏━━━━━━━━━━━┓\_\_
\__┃.海 の 家  ダ サ ツ マ┃\_\_\_
\__┗━━━━━━━━━━━┛\_\_\_\.   ||〜〜┐||〜〜┐.||〜〜┐
|::|l⌒⌒⌒l⌒l⌒⌒⌒l⌒l⌒⌒⌒l⌒l⌒⌒⌒l⌒::|  ||  西 | ||  磐 | ||.  ニ |
|::||冷たい|  |犬  汁|. |芋焼酎|. |薩摩揚|| ::|   ||始南 | ||始井 | ||.  セ |
|::| ̄,彡.ミ,彡  ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄.| ::|   ||め戦 | ||め.の | ||使寛 |
|::| 彡ミ/ミ...     そろそろ  ◎−◎    | ::|   ||.ま争 | ||.ま乱 | ||え永 |
|::|   |:;トミ __.. 店開き…(∴)д∴)   | ::|   ||.し  |. ||.し  | ||ま通 |
|::|   |;:|   |◎◎|      .(      )/|[lllllll]|  ||た  |. ||た  | ||す寶 |
|::|   |:;|   |囲囲|    | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||〜〜┘||〜〜┘ ||〜〜┘
|::| | ̄ ̄| |====|    |    |::フィラリア各種 :||   ||      ||.     ||
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
:::::     :::::       :::::       :::::      :::::      :::::::    ::::::
    :::::     :::::       :::::       :::::      :::::      :::::::    :::::
:::::     :::::      :::::      :::::      :::::::    :::::
〜〜〜ヾ ゚。 o。 ソ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ヾ゚ 。  o  ゚ 。
 〜〜〜〜  〜〜〜〜         〜〜〜〜〜〜〜   〜〜〜〜〜〜〜〜〜


166 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 21:27:12
>>163-165
こういう痴呆会津厨のカキコ見る度に、鹿児島に生まれてよかったなあと実感する。

167 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 11:24:13
どうせ薩摩厨の自演だろ
いつまで経っても姑息なのな

168 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 21:16:55
薩摩なんて示現流と衆道しかないぞ

169 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 18:42:22
>>168
芋侍もいるよん

170 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 21:20:06
福島県人は,(今はどうか知らんけど,)鹿児島県人を嫌っているらしい。
(戊辰の恨みを引きずっているのだろう・・・・)

鹿児島人と佐賀人も,また仲が悪い。
鹿児島の古い人は,いまだに「佐賀もんだけは嫁にもらうな」というし,
佐賀人は,鹿児島のことを「かごんま。かごんま。」とばかにする。

佐賀は,西郷隆盛が江藤新平からの乱呼びかけに応じなかったことをいま
だに根に持っている。江藤新平と西郷隆盛を比較すれば,格段に江藤の方が
頭が良かったが,一緒に乱を起こせば,その後,佐賀に主導権を握られるた
め,西郷は首を振り,ついには江藤は佐賀の乱を起こした,西郷は許せない
というのが佐賀県人の言いぶんみたい。大久保利通は,自分の目の前で江藤の
首を即刻ハネルように命じたというが,それほど江藤を警戒していたと,語
るのは,自分の知る佐賀県人の言である。



171 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 21:54:01
佐賀出身ですが、そんな話は聞いたこともありません。
たぶん170は会津の人だと思いますが、そんな嘘をつくのは良くないと思います。

172 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 23:27:45
ちぇすとーーーー

173 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 23:30:17
会津人(笑)

174 :さがんもん:2005/07/06(水) 23:58:30
>171
<たぶん170は会津の人だと思いますが、そんな嘘をつくのは良くないと思
います。 >

って,とんでもない勘違いだよ。私は嘘つきではありません。
まして,自分のこと「会津の人」なんて,何のこと?会津なんて,行ったこと
すらないよ。

自分は,佐賀に住んだことはあまりないけども,親族はホトンド佐賀の人間で
小さいころから,頻繁に佐賀に行き来していたし,当然佐賀の人と話をしていた。
「よそわしか」とか「そいぎんたい」とか「ごっかぶい」とか方言に囲まれて
育った。ブロック塀に囲まれた佐賀大学の辺りはよく自転車で乗り回していた
し,わしわしぜみや雷魚はお友達だった。そうそう,親戚に連れられて,佐賀
の有名な,今はなき「おおばかもり」という食堂にも行ったことがある。
171さんの「うそ」という言葉は少し心外です。・・・ということで,私の
話が絶対に本当です・・・ということが分かっていただけたでしょうか?







175 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 00:07:07
↑自己紹介は別にいらん!大河は新撰組側視点からの見方、薩摩側の見方を視野を広げて両極面からみればい。会津側もね。

176 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 00:15:39
必死さが会津丸出しだなw

177 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 00:46:10
もう会津は朝鮮に割譲していいよ

178 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 00:48:30
日本政府への恨みという点では気が合いそうだな

179 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 01:00:03
会津の嘘は不用。

180 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 01:01:05
日出ズル国ノ民、和ヲ以テ尊シト為ス。
罵事雑言、醜悪タル様、日没国人ノ如シ。

181 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 01:22:05
結局、このドラマっていったいなんだったんだ?

近藤勇が根拠もなく「俺が正義だ〜!」ってがなりたてて、
ひたすら内部粛正ばかりしてるうちに
(ヨゴレ役は近藤周囲の人間がすべて引き受けて)
時代に取り残されてた愚鈍な一味、って印象しかのこらなかった。

大河としては徹底的にライトな視聴者にこびた作りだったのに、
大河至上数本の指に入る低視聴率に終わったのも、
やはり新撰組を中心に据えた時点で当然の命運だったのだろうか。

182 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 08:54:41
あのドラマからは薩摩の芋は豚一慶喜に次ぐ卑怯者ということが良く分かり
勉強になった

183 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 09:01:14
>結局、このドラマっていったいなんだったんだ?

・国民が薩摩中心の明治政府及びあの時代の施政に疑問を抱くようになった。

・天皇を担ぎ上げる事で正当性に関わりなく、権力をほしいままにできるカラクリが明らかに
 なり、君が代斉唱の意図に疑念の視線が集まった。

・勝てば官軍、利益を上げれば勝ちという風潮に待ったをかけた。

・新撰組はともかく、A級戦犯は平気で合祀されている靖国を改めて疑問視する契機になった。

184 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 09:12:29
近藤が勝、坂本、桂とお友達だなんて。

185 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 09:23:41
>>174
必死になればなるほど会津臭さが滲み出すよ。(w

186 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 09:28:46
小説やドラマといったフィクションを鵜呑みにする馬鹿な人たち

187 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 14:46:28
ハッキリいうと会津は白=パクの系統でしょう、大和系に近い
熊蘇・隼人にとっては憎い存在だったのかも。

188 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 19:51:41
会津士魂

189 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 20:17:56
>>188
会津私怨(w

190 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:02:26
会津は,まだまだ死なんぞ  薩長めー 下郎めー
戊辰の遺恨,戊辰の遺恨・・・・・・・

191 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:05:05
ごめんなさい、僕は薩摩の血が流れてますが
何をしでかしたのでしょうか・・
それと、白って長州と同じ系統らしいよ。

192 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:08:53
会津イジるとウゼーだけだぜ。

193 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:15:40
薩摩のイモざむらいには,断じて負けん。

会津魂は,死んでも死なない精神だ。

薬丸自顕流も,初太刀をはずせば,あとは恐れるに足りず。




194 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:16:28
天領の多摩は尚武の気風が強い。
武士道を極めようとした近藤や土方の生き方からは武田遺臣の血脈を感じる。

これに対して薩摩系ポリネシアンである西郷はそもそも武芸とは無関係。
変態男色趣味への白眼視に耐えかねて月照と心中し、死に損なった弱者のひとり。

195 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:19:10
負け犬が吠え始めますた

196 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:20:35
ハッキリ申しますと、ヤマトはあなた達ニニギの子孫に蹂躙されました。
この恨みもあります。おあいこ

197 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:21:08
×ニニギの子孫
○ニニギの祖先

198 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:33:56
薩摩のモンは,日本の国旗「日の丸」を,薩摩が作ったものであるなど
と主張しているが,実は,全くのウソである。





199 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:36:48
日の丸は、井伊大老が小栗上野介をアメリカに派遣した際、
日本国の象徴としてポータハン号に掲げたのが最初。

200 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:40:43
井伊=明らかに出目があっちw

201 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:51:44
さらに,「日の丸は」,もともとは幕府が年貢米を運ぶ船の印だった。

202 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 22:52:00
大宝元年、文武天皇が「日」を型どった旗を用いたのが日の丸の最初だ。
後の後醍醐天皇も笠置山に行幸されたとき日の丸を用いた。
戦国武将でも武田信玄・上杉謙信・加藤清正等は、自分の家旗の他、日の丸をよく使用し、
朝鮮出兵時の秀吉、シャムの山田長政も日の丸の旗を掲げている。

そして安政元年7月、島津斉彬が「外国船と日本船を区別する目印が必要」と老中阿部正弘に提案し、
日の丸を幕府は「日本惣船印」と定めた。
翌年、薩摩藩が建造した昇平丸が江戸に入港した時に初めて我が国の船印として日の丸が揚げられたのよ。
日米修好通商条約に調印した翌年、安政6年に日の丸の旗を御国惣印と定めた。

薩摩が作ったものじゃねえ。

203 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:08:00
薩摩には,東郷重位の示現流と薬丸自顕流という剣術があります。
前者は,薩摩の御留め技で,主に上流武士が,後者は下級武士が,修めた。
両者とも八双をの構えを高くした蜻蛉の構えから,一撃必殺を狙った
最強の剣術です。


 一 刀は,抜くべからざるもの 
 一 一の太刀を疑わず,二の太刀は負け
 一 刀は,敵を破るものにして,自己の防具に非ず
 一 人に隠れて稽古に励むこと


204 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:22:18
毎回思うんだが、何故、時代劇ってノンフィクションばかりなんだ。
(中身は多少、脚色はあるが)出てくる人物だって実在する人物ばっか。
フィクションの時代劇って無いのかね。作ったらかなり面白いと思うが。
現代劇にはフィクションのドラマなんてバンバンあるんだからね。


205 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:33:13
銭形平次や水戸黄門,子連れ狼があるじゃん。あれって,フィクションの
時代劇だろう?

206 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:39:28
会津関連も全てフィクションです。
しかし、うそだと正直に話すと会津人が火病を起こすので
わざと言いません。

207 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:46:59
会津はあっ○系だからね

208 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:48:11
水戸黄門は実在すんじゃん。ただ旅は実際にはしてないけどさ。
銭形平次や子連れはしらんけど

209 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:48:38
忠臣蔵だって,かなりドラマ的な脚色をされているみたいだし・・・・・
無論,それだけの大事件で,「事実は小説よりも奇なり」って言うけど,
視聴者に受け入れやすいように作られているのはたしか。



210 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:54:36
0から∞までフィクションって時代劇を見てみたい。


211 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:55:31
とにかく,時代劇はほとんどがフィクション。実話は,「椿三十郎」くらいか?!

「ラストサムライ」は「西南の役」がモデルになっているっていうけれども,
むしろ,熊本の「神風連の乱」に近いような気がする。


212 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 00:01:04
内容はフィクションでも主役は実際に実在した人物が大半だし
そんなので完全なフィクションと言えるのかね?



213 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 00:04:45
花と散りにし,白虎隊・・・・・・・・

214 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 00:05:01
韓国人や会津人がむやみやたらに活躍していれば、
そんな小説はフィクションと呼ぶしかない。

215 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 00:14:50
薩摩は野蛮にして,琉球,佐賀,会津からはうらみを多く勝っている。
でも,薩摩の示現流だけはすごい。立木打ちはカッコイイ。
しょう油は,甘すぎ。

216 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 00:36:10
最後のサムライが薩摩藩だったね。政府軍は農民や町民の集まりの軍隊。近代的武器をもつ政府は逃げ腰。刀で立ち向かった士族集団薩摩の圧勝。『その時歴史が動いた』西郷の最後

217 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 00:38:08
白虎隊の生き残りや斎藤一も参戦したらしい。

218 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 01:03:55
山形の庄内のもんです。 気骨あふれる薩摩男児がうらやましいです。
こちらは、近所に他所の足引っ張る地区があるので、ウザくてたまりません。

219 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 01:06:24
>>218
ひとつのテレビ番組にいちいち影響を受け過ぎ。

220 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 07:16:43
最期は,薩摩も,警官抜刀隊の前に倒れた
サムライを制するものも,またサムライ

 戊辰の遺恨,戊辰の遺恨・・・・

221 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 07:54:45
ついにわかった薩摩がなぜ会津(白)を攻撃したか・・
薩摩は縄文人、会津は朝鮮出雲人だったのだ。
だから薩摩にはもの凄い過去の怨念があったの
なぜ、天の子で交配続けた皇室があんな顔いなったかわかるか?
あれは出雲朝鮮人の血が濃くなったせいなんだよ、そして
会津もその直系。

222 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 00:40:28
次々と他藩が幕府側から,薩長側に寝返ったが,会津は最期の最期まで
幕府に忠誠を尽くして血の一滴まで戦い抜いた。

会津魂,ここにあり。
薩摩のいも侍には断じて負けん。

223 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 01:39:48
会津は徳川慶喜公の恭順の意思を踏みにじった裏切り者。
忠誠とは恭順に従った他の諸藩の使うべき言葉。
会津は最後まで裏切りを重ね、諸国から見放されて屈した。

224 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 08:02:07
薩長は,幕府をないがしろにし,朝廷を取り込み,官軍を称した。
薩摩は,あらゆる汚い手を駆使した。

武士には武士の意地があり,正義がある。
忠誠=恭順って誰が決めた?
武士の忠義は,そんな単純なものではない。
現代人の価値観で全てを推し量るな。

幕末に,武士として最期の意地を見せた会津
サムライ魂・・・武士の本懐,ここにあり。

225 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 08:26:36
>>224
もっと広い観点でみよ、次第に歴史の真実があきからに
なりつつあるよ

226 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 09:06:59
>>223
豚一厨ハケーン

227 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 09:16:57
>225
多くの藩がいろんな利害を考えていたという実態がある。
利だけを考えれば,当然薩長につく方がいいということは
どの藩も分かっていた。なのに何故会津は時代に反した生
き方をしたのか。

会津藩の存在の意義を知ることは,歴史を知ることでもある。

歴史は,「べき論」ではない。「真実」だとか「あるべき」
だったとかいうリクツは,後世の人の後付けの理屈。
歴史は,勝者によって都合のいいように伝えられ,時代の
必然として敗者は片付けられる。 いわゆる「広い観点」
とは,結局のところアトヅケの勝者の歴史観に過ぎない。

かくして,現代の価値観は勝者の価値観によっている。
・・・・・極東裁判しかり,幕末・明治維新しかり。

228 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 09:35:42
>>224
降伏すれば助かるのに武士のメンツとやらのために戦いを続けたんだとしたら、
それで殺されたからと言って薩長にネチネチ粘着し続けんじゃねえよ。

しかも、会津がやったことまで薩長がやったことにするという
姑息な捏造工作まで盛り込んでさ。

会津の意地のために洗脳されて戦いに狩り出され命を落とした女子供や官軍の兵士、
会津が防衛ラインを守るため戦場にされおまけに焦土作戦で
放火略奪された近隣の住民にとっちゃたまったもんじゃないな。

官軍のほうが戦争を売って来た?
当時の相場に倣った敗戦責任も取ろうとせずに逃げ回るという
会津の大好きな武士道に真っ向から反することをした挙句、
(これは会津の犯行ではないが)「ムカつくことを言われた」と
いうしょうもない理由で官軍の交渉責任者を惨殺した上、
愚劣な晒し方までしたんだから仕方ないわな。

229 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 09:47:30
徳川内府、天朝に対し二心無きは、天下万民の知るところなり。
たとえ真勅よりでるとも、もとより不正、いわんや、天子幼沖、姦臣権を盗み、名義を借りて追討の命を下す。
その罪姦臣にあり、しからば即ち官軍は不義なり。
皇国天子の至尊なるも、王政正しければなり。
いま不義をもって義を討てば人倫滅却す。
天下後世この政を何とか言わん。
長州は真の朝敵国賊、天戮を免れざる者なり。
一朝姦臣とともに、天子を欺き、昨日の朝敵は今日の官軍、その姦作ほとんど悪むべし。
実に薩長の不義無道なる、その不義をもって義を討せしむ。
嗚呼王政の衰えたる、この時より甚だしくはなく、誰か天下の不正を正さん。
国賊を討つはただ衆諸侯のみ。
いま会津藩の義気に感じて属するもの多きは大義を知ればなり。
官軍に属するものは、人面獣心、不義より甚だしきはなし。
たとえ、しからずとも不義は義に勝たず、邪は正に勝たざるは自然の利なり。
願わくば、天下有道の士、会藩の義気を助け、徳川氏のために義兵を挙げ、
かの国賊を誅戮して、万民を水火の中に救い、皇国の名分を正せよ。

230 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 10:17:52
妄想キモヲタの巣だなw
単に殿様が腹を斬りたくなかっただけだろ
それと滅びの美学に酔いしれないように
ヘタレだから会津負けたんだよ
長州なんか第二長州征伐で勝ってるんだから


231 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 10:23:00
スレ違いやが、池田屋事件の際、長州藩邸まで槍を取りに帰った
吉田稔麿はえらい!

232 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 11:04:14
薩摩芋厨キモ

233 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 13:50:14
会津はもはや救いようがない真の敗北者。

234 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 15:35:55
幕末から現在までの会津人の卑怯ぶりにはあきれる。

235 :会津藩士:2005/07/09(土) 16:02:28
会津藩士の生き様こそが,真の武士道

会津人こそが,真の日本人

薩英戦争後は,イギリスに取り入り,西洋にかぶれ,偽札を発行
して軍資金を蓄え,朝廷をだまして天下を取った薩摩,許すまじ。

会津魂は,現在にも生きている

イモざむらいの薩摩,いつか目にのも見せん。





236 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 16:33:07
会津はどうせヘタレで馬鹿なんだから止めとけってw

237 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 17:34:55
まあ、元々薩摩は宝暦治水をはじめ、長年幕府から嫌がらせを
受けてきた経緯があるから、新選組ヲタの俺でも、ちょっと
気持ちは分からんでも無い。

がしかし。
大政奉還してそのまま無血で明治維新やりゃあよかったものを、
憎悪だけで幕府とその親藩を潰すために誘い出して戊辰戦争を
起こし、会津戦争で転がる遺体の埋葬さえも許さないところが、
激しく評価を下げているところではないかと思う。

んで、基本的に
会津>新選組>>>>>長州>>幕府>>>>薩摩

って感じだな、俺は。

238 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 23:42:59
何の評価だよw会津マンセー無理ありすぎwwww

239 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 05:07:31
会津を潰してくれたのが、同じ国内の薩摩・長州で本当によかった。

「武士道」だとかいう曖昧で便利な言葉を利用して、
自分に都合の悪いことは「武士道に反する!」と激昂して騒ぎ立て、
逆に都合のいいことは屁理屈で武士道を曲解解釈して正当化する。

善悪の判断基準はすべて自分の都合次第なこんなやり方は、
自分より弱い奴をいじめぬいて楽をするためだけのもので、
外から見たらその集団・組織を堕落させるものでしかない。

当然自分と同等以上の力をもつ敵に対してはそんなものは通用するはずがなく、
俺様ルールを振りかざしあらゆる合理的思考を排除し堕落したその集団・組織は、
まっとうに成長を遂げてさえいれば十分に渡りあえたはずの敵にも
一方的に負けてしまうことになる。

もし日本の指導者層がこんな土人思想にこり固まった奴らのままだったら、
欧米あたりと有事に陥った際、「武士道だからサシで勝負しろ!」と
近代化された軍隊に刀を振り回して突っ込んで、一方的に虐殺されていただろう。

そういう死に方で自己満足できる当人はいいかもしれないが、
自己満足のための集団自殺に無理矢理引き込まれた身にはたまったもんじゃない。

元植民地がほぼそうであるように、日本は今頃飢えと疫病と紛争に悩む
原始時代以下の地獄になっていただろう。

240 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 05:11:44
武蔵=ムサ(ヤマト言葉)=ムサシ=武士にして
先住民殺せとか・・

241 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 06:47:49
薩長同盟結びつけた坂本竜馬の功績。

242 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 08:11:37
>>241
竜馬だけ?。中岡とかは知らないと?w

243 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 08:24:45
ころされるかもしれないよ、みんな

244 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 17:11:10
おまいら、何時代を生きてるんだ?



病気か?
まぁ、日本史板だからしょうがないのか
なりきりチャットの延長つか、その手の掲示板と考えてよかろうか?

まぁ、此処に出てくる君らの故郷を
それぞれがしっかり支えていきましょうや。

245 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 19:10:36
会津人必死だなw

246 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 08:58:16
>>237
俺的には
桑名>庄内>>会津>>>>長州>>>>幕府>∞>>薩摩芋
ってところかな(桑名贔屓は先祖が桑名藩致人隊で芋と戦ったから)

247 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 18:49:05
>>235 つまり現代も会津は西洋かぶれしていないんだねw
ずーとずーと鎖国してる訳ねw
しかし、薩摩の西洋かぶれ云々を言うならば、会津が攘夷したなんて歴史が皆無なのは疑問でつなw

248 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 19:05:48
ていうか会津の人ってまだ根に持ってるんだ。。
だから会津のやつに嫌な顔されたんだなぁ^^;
いじめっ子はすぐ忘れるけどいじめられっ子はいつまでも覚えているもんだね。隣人十三号とかこわいね。
新聞に書いてあったけど戦争の後、会津の人は放浪して故郷にそのまんま帰ってない人とか多いらしいね。。

249 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 19:07:56
同じDQNでも、薩州のほうが開明的人士が、
会津は藩を出ず、少年まで頑迷固陋旧幕守旧派

250 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 19:08:24
会津なんかまだかわいいほう
薩摩なんか未だに幕府にいじめられたことを根にもってる

251 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 19:12:04
会津は朝鮮と組んだ方がいい。
絶対に気が合うと思う。

252 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 22:28:21
東北人は昭和の初期に軍部の中枢と政権握って
大嫌いな明治政府を日本もろとも破滅させたんだからいいじゃないか。

253 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 23:00:52
>251
会津こそが,会津こそが,真の日本だ。会津の武士こそが真の武士道を
生き抜いたのだ。会津こそは,幕末における一編の詩だ。

薩摩,長州の幕府に対する所業は,弟が兄を裏切るもの。
決して許されるものではない。

 会津人は弱いものいじめをしない。

 会津人は,礼儀正しく節度を重んじる

 会津人は,決して嘘をつかない。

 会津人は,金に執着しない。

 会津人は,卑怯なことをしない。

 会津人は,武士道をつらぬき通す。

 会津人は,武士として恥ずかしい行いをしない。

254 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 23:11:38
朝鮮と組んで日本を朝鮮人だらけのしたのは薩長なんだけどね

255 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 01:51:25
>253
早乙女さん、全部外れてますよ、あなた本当に嘘つきですね。

256 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 02:49:22
嘘つきも出ていって下さい。

257 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 03:02:17
245まともな嘘を書き込むな!

258 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 03:09:22
日韓合邦を推進したのは
朝鮮人と長州人は同祖同族であるとする思想ですから

259 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 03:37:07
長州藩の山縣に菊がいい、朝鮮叩きネタすきな朝鮮叩き中毒患者もスレから出ていけよ!

260 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 05:03:22
会津厨は今度は長州を朝鮮ネタで貶めようとしてんのか
つくづく根性腐ってんな

261 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 09:17:02
>薩摩,長州の幕府に対する所業は,弟が兄を裏切るもの。
>決して許されるものではない。

なんだか某半島の小中華主義を彷彿とさせますね

262 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 11:39:22
吉田松陰・高杉晋作を尊敬し薩摩の血を引き継ぐ小泉と、
山口4区選出の長州人安部晋三のゴールデンコンビが
東北人に破滅に追い込まれた日本の
国際社会における地位を回復させつつあるんだから、
今度こそは、ロクな政治能力もないのに
打倒藩閥とか綺麗事ぬかして乗っとりかけた昭和初期のように
妨害かけてくれるなよ。

263 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 11:44:27
a

264 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 12:17:40
徳川慶喜は将軍に就任して以来、列強諸国から「日本の皇帝」(エンペラー Emperor)として承認されていました。
その彼が、12月9日の「王政復古」の政変による幕府廃止に伴い、
将軍職を辞任(と言うよりも更迭)させられた一週間後の12月16日、大坂城(大阪城)に各国公使を引見した際、
慶喜は引き続き「自分自身が日本の主権者である」旨を宣言しており、公使達もそれを支持していたと言う事実です。
更に重要な事は、「大政奉還」にしろ「王政復古」にしろ、朝廷=新政府(薩長主体の)には、発足当初、日本を統治する何らの実力も無かったと言う事です。
「大政奉還」を受理した朝廷は、国家の重要案件や外交問題の処理については「衆議を尽くす」事、
その他の案件については「召しの諸侯上京の上、御決定これあるべく」として、諸大名に対して朝廷から上京命令が発せられたのですが、
譜代大名(徳川家の直接の家臣)の多くがこの命令を辞退(無視)し、朝廷より賜った官位を返上しようとした事実です。
つまり、彼ら譜代大名にとっては、徳川家こそが自分達の主権者であり、
外様(とざま)である薩長が主体の新政権=朝廷に指図を受ける筋合いは無い、と考えた訳です。だからこそ、
上京命令無視・官位返上と言う挙に出ようとした訳です。これが意味するものは、
例え将軍職(列強諸国が言う所の「エンペラー」)を辞したとしても、慶喜が「日本の主権者」である事に何ら変わりがなかったと言う事です。
そして、その慶喜が最終的に目指したもの、それは将軍に代わる新たな地位 ── すわなち「日本国大統領」の座だったのです。

「日本国大統領」。慶喜は、自らの政治顧問である西周(にし-あまね)に『議題腹稿』を起草させています。
これは言うなれば「憲法草案」と言えるものでした。(以下、概要)

265 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 12:18:05
この中に謳(うた)われている「大君」こそ、慶喜が将軍職に代わって新たに狙っていた地位なのです。
確かにその名称は「将軍」の対外的呼称であった「大君」(タイクーン:Tycoon)と同じです。
しかし、『議題腹稿』に定義されている新たな「大君」職は、行政府の長であり、立法府の長であり、尚かつ、軍最高司令官をも兼任する強大な権限を有しており、
それはさながら、古代ローマ皇帝(元首:Princeps プリンケプス)か、アメリカ合衆国大統領(President プレジデント)と言った所でしょうか。
そして、それを可能にする素地が実際にあったからこそ、慶喜は「大政奉還」の挙に打って出、将軍職を辞任しても何ら臆する事が無かったのではないでしょうか?

「列藩会議」。慶喜は、徳川宗家の持つ強大な軍事力、
「前将軍」と言う知名度、そして、列強諸国から依然として「日本の主権者」として認知されている事実を最大の武器に、
朝廷が諸大名を招集して開催するであろうこの会議において政治の主導権を掌握し、
『議題腹稿』に則って「大君」 ── 事実上の「日本国大統領」に推戴される事を狙っていたのでしょう。
しかし、歴史の歯車が狂い、戊辰戦争において「朝敵」の汚名を受け、遂に日本国初代大統領の座を掌中にする夢は潰(つい)え去ったのです。
その後、日本は薩長土肥主体の明治新政府が成立、時をおいて内閣、そして議会が開設されていくのですが、
私は、慶喜の思惑通り事が進み、例え『議題腹稿』に沿った新国家が成立していたとしても、
我々の知る「歴史」とそれ程違った体制になったとは到底思えないのです。発足当初こそ大名主体だったとしても、
時が経てば当然の事ながら民主化されたでしょうし、天皇も現在の地位である「日本国民統合の象徴」として定着した事でしょう。
要は、「明治維新」と言うある種の「革命」があったかなかったか、改革が急進的だったか漸進的だったかの違いでしか無かったのでは無いでしょうか? 
もし、歴史に「if」が許されるのであるならば・・・そう考える時、
慶喜が目指した新国家の「その後」の歴史が、実際どの様に推移していっただろうか?と、知りたくもあります。

http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/keiki.html

266 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 12:21:25
昭和前期のエリート軍人・政治指導者・軍事指導者は、ほとんど、東北人・東日本人だ。

天才・石原莞爾は満州事変を立案し、成功させた。
彼の最終戦争論は、核が出現した現代の世界を予言していた。

他、世界で初めて、空母艦隊による長距離・航空攻撃を立案し、成功させた、軍神・山本五十六大将など。

東日本人は、白人系=アイヌ系で、アーリア人種だから、
白人と互角で、優秀なのである。


先の大東亜戦争は、東北人・東日本人指導のもと、天皇陛下の為に、お国の為に、戦い、
アジアを欧米人の植民地支配から解放したのだ。

267 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 12:23:17
そもそも、満州から撤退しろと要求されたんだから、もう世論を抑えられず、日米開戦しかなかった。
誰がやっても日米開戦しかない。

明治時代にアジア進出をして、満州に権益をつくった薩長人が元凶。

満州の権益がなければ、日米戦はなかった。


真のA級戦犯は、薩長人。


薩長人は、各戦争慰霊碑の前で、毎年、各祈念日に土下座をして謝罪する必要がある。

268 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 12:35:55
薩長の作り上げた満州を喪失した東条英機らが
薩長に詫びを入れるのが当たり前。
図々しいと言うか、高慢と言うか。
こういうのが東北人なのか?
それに飛行機の発展に関しては西日本も多大なる貢献をしているぞ。


269 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 16:51:43
おまいらは歴史知らな杉
第二次世界大戦の元凶は、幕末に流行した水戸学から成る「尊王攘夷」
薩長云々では無く、この思想が社会通念だったのが問題

270 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 19:36:38
>>253
会津人は聖人君子か?
こういうことばっかり言ってるから会津人はキ○ガイとか電波だって言われるんだよ。
冷戦に歴史を俯瞰すると、結局会津は自業自得の無能者じゃないか。


271 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 19:41:49
>>266,267
同一人物だと思われるが、矛盾したことを書いて心に恥じないのかい?

272 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 20:50:59
>270
会津藩は、藩の伝統として武士道を幼少時から徹底して教育された。

武士道を貫き、弱いものいじめをせず、ウソをつかない・・・という
のは、会津藩が幼少から刻み込まれた実際の教育内容。

そして、それは現代の会津にも息づいている。
それは、現代の日本人に欠けているものである。

273 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 20:55:56
会津盆地の外から一言。

会津の人間は嘘しかつかない

274 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:08:35
世間的には会津=福島県だから、
一緒に見られたくない人はもっとアピールしなきゃ。

275 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:23:56
>>272
会津戦争で百姓を人間の盾として畳を持たせ弾よけとして銃火に曝すのが会津武士道ですか?

276 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:42:33
>>275
そうやって農民を薩長に殺害させ、
以後100年以上に渡って薩長を悪役として
捏造と工作で会津の悲劇のヒーロー性を作り上げ、
それをメシのタネにするのが会津武士道です。

277 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:55:29
当時のお百姓さんたちは、みずから進んで盾となり官軍に抗した
藩を守る覚悟は、実に武士以上のものがあった・・・
会津は、形の上では身分はあっても、存亡にあたってはみな一致団結し、
百姓も武士もなかった。真にあるのは武士道だけ・・・・・
卑怯な官軍に対して、身を持って会津を守らんとした真の武士道をここに見た・・・




278 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:39:10
ふーん、
ヤーヤー一揆で会津軍が継戦不可能になったのも、
戦後、猪苗代移封を新政府が提示したのに、
土地の人間に反対されて斗南を選択する羽目になったのも、
全て隠蔽ですか。
277は真の会津武士ですねー
まったく、寒心に堪えませんな。

279 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 01:03:54
会津の人間にも、つまづきや挫折がはあった。それは必ずしも否定はしない。
しかしそれは人間である限り、恥ではない。
恥とするのは義にそむき、誠を捨てること・・・・

会津藩が「誠」を持って、最後まで武士道を貫き通したこと。
会津が「義」に殉じ、薩摩に屈せずに今の今まで戦い抜いたこと

真の武士道の地・・・・・それは・・・・・・・・・


280 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 06:41:31
日本をどん底に落とすのはいつも薩長土肥。
乃木しかり牟田口しかり。

281 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 14:09:31
てめえらが猪苗代の住民に忌み嫌われてたから
仕方なく斗南移封になったのに、
「京で不逞浪士を斬ったことに対する逆恨みだ!」と
先に薩長を極悪非道の悪人に仕立て上げることで
自らの所業を隠蔽し、偽りの武士道ブランドにしがみつく
会津人に対して怒りを覚えました。

282 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 14:14:27
大阪で敵前逃亡しといて、武士道云々なんか無いだろw

283 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 19:46:25
会津磐梯山は宝の山よ
笹に黄金がなりさがる

会津若松飯盛山に
花と散りにし白虎隊・・・・


284 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:00:48
丸腰の百姓に畳を持たせて最前線に並ぶ事を命じる武士道なんかあるか。
恥を知れよ。

285 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:07:19
カス薩摩人

286 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:08:32
ぶっちゃけ薩摩は泥棒どものふるさとですからw

287 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:11:55
負け犬の遠吠え行為に熱心な会津武士頑張れ

288 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:11:57
薩摩こそ、幕府に協力するような振りを装い、
生麦事件の賠償金の後始末を幕府に押し付け、
あまつさえ偽札を発行し、近隣の島民から搾取
し吸い上げて軍資金とし、かつて自分が敗北し
た異国人、敵のイギリスに姑息に取り入って、
軍艦武器を不正に得、ただ我欲のために幕府
転覆を企てた。ことごとく武士の道にはずれた
所業だ。


289 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:13:15
負けては吠え、吠えては負ける事こそ会津武士道の真髄也

290 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:26:13
会津も薩摩もどっちもどっちってことで。
明治・高度経済成長期と、長州人が政治を支配した時期に
日本は急速な発展を遂げる。

291 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:28:10
畳を持った平民というのは、武装した会津武士よりも頼もしい戦力なんだよ。
実戦を経て初めて分かる現実もある。

292 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:29:41
銭ゲバチョン州人の精神に武士道は関係無いだろ。

293 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:35:06
息を吐くように嘘を吐く薩摩人になんの親近感も沸かないね。

294 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:36:17
>>290
長州人法螺吹いて歴史を改ざんして恥ずかしくないのか?

295 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:39:06
>>291
戦力うんぬんじゃなくて、
嫌がる農民を無理矢理死地に晒すことが武士道なのかと。
しかも、会津武士が武士らしく逃げ回らずに敗戦責任を取っていれば
未然に防げたはずの戦争で。

>>292
会津の定義する武士道など有害無実。
自己の悪行を強引に正当化し、
無関係な人間を集団自殺に巻き込むためのものでしかない。

296 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:43:49
世羅修蔵(笑)

297 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:51:42
某戦国大名も言っているが、侍の嘘の事は兵法と呼ぶのだ。
敵に正直なマヌケは負けて死ぬだけだ。
仮にも武士の端くれならば敵を欺く知能を持たず、
敵にまんまと欺かれて負ける自己の油断を恥じて死ぬべきである。

298 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:01:53
薩長が天下を取った後の維新政府の腐敗は目に余った。

薩摩人には金を、長州人には女を掴ませれば、
どんな不正にも目をつぶると言われた政治の
堕落。




299 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:02:35
会津人は朝鮮武士道だろ。

300 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:05:22
>>294
改ざんではない。

長州人伊藤博文・山縣有朋がせっかく築き上げた近代化の土壌を、
国際政治を渡り歩く力も国内をまとめる力もない東北人が
怨恨で長州閥を駆逐した昭和初期、
満州事変で軍部の独走を招きしかもそれを国民が支持するような
政治の腐敗と経済政策の失政をやらかしてしまった。

ご存知東北人東条英機は、バーデンバーデンで
長州閥の駆逐を密約した者のひとりである。

敗戦後、団塊の無責任なテロに屈せず長州人岸信介が日米新安保を強引に締結し
日本が安心して経済発展するための安全保障上の後ろ盾を築き、
長州人佐藤栄作が高度経済成長を指導したものの、
後任の東北人田中角榮が、土建バラマキ社会主義により
現在の政治腐敗と、経済立て直しの阻害となる
非効率な税金分配のシステムを確立させてしまった。

長州人吉田松陰・高杉晋作を尊敬する小泉純一郎と、
その懐刀である長州人安部晋三が、
現在東北人の尻ぬぐいをさせられている格好だ。

このふたりは、北朝鮮に拉致された東北人の救出にも全力を尽くしている。

東北人はいますぐ靖国神社に趣き、
長州人大村益次郎の像の前で土下座して長州人に詫びを入れ、
そして感謝の意を表する必要があるだろう。

301 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:15:31
>敗戦後、団塊の無責任なテロ〜

ワロタ、確かに言えるかも。

302 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:25:41
薩長藩閥政府は権力基盤が極めて不安定だったため、
民権派などに譲歩せざるを得なかった。
それゆえ明治時代は元勲にとっては満足できる状況ではなかった。
帝国憲法義解などを読むと、伊藤は民主主義の実現ではなく、
臣民に与えた権利を自在に剥奪できる体制を構築することに細心の注意を払っている。
国家総動員法や治安維持法によって立憲主義的要素の封殺が完了した昭和の戦時体制こそ、
明治の元勲が夢見た理想国家だっだといえる。
ちなみに伊藤や山縣の理想が現在でも純粋な形態で息づいてる国は北朝鮮である。


303 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:29:50
>300
小泉さんをあんた、尊敬しているの?
ま、個人の自由だけど。
でも総理になる前は、あんなに8・15に公式参拝すると
言っていたのに、口ばかり。
中国には思いっきりなめられて、大使館に投石の嵐だし。

吉田松陰って、尊敬されているけど、その思想は今で言う
テロリズム。

靖国の存在意義は認める。しかしもう大村益次郎の手からは
離れて、主権国家としての一つのあり方だから、長州どうのこうの
の話ではない。会津人だって、佐賀人だって、石川人だって、あらゆる
人が、あの戦争で亡くなったんだから。特定の県の話じゃない。

でも、それはともかく、長州人って、自己撞着まるだしで、話をごっちゃにするんだね。
吉田・高杉を尊敬する人が「東北人の救出」したから、それがどう
したっていうの?まして大村益次郎の銅像前で土下座しろなんて
なんか、勘違いも甚だしい。・・・・・・・・・・・・・

というわけで、会津の勝ち。



304 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:33:03
武士道のエッセンスであるノーブレス・オブリージュとデモクラシーは両立しないからな。
支配層にとって民主主義などという寝言は、
それを信奉するマヌケを利用して使役する為の道具に過ぎない。

305 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:50:23
>>302
後進国を急激に発展させるには、中共のような独裁が必要である。

19世紀後半の欧米による植民地至上主義が全盛の時代、
近代化を図ることを最優先に考えなければ、
日本は国家権力との関係での個人の権利うんぬん以前に
一方的に欧米の食いものになっていただろう。

パイの分配を考えるより先に、分配するだけの最低限のパイを創出し、
そしてそのパイを他国に奪われないシステムの構築が優先されるべきである。

平和で豊かな現在の感覚での人権観念を当時に当てはめるべきではない。

>>303
小泉外交のキモは、隣国三国を挑発して暴走させ、
その本性を国民および諸外国にあらわにすることにある。

しかし、その暴走が度を超えてしまっては元も子もない。

小泉はそのあたりのバランスを、靖国参拝を決行しながらも
参拝日をずらす等の形で微調整しているのだろう。

それと、ラスト一行は論理の飛躍である。
よってこの勝負は長州人のコールド勝ちである。

306 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 22:08:46
正確には、薩摩人が女に弱く、
長州人が賄賂に弱い…
と言われていた。

307 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 22:10:06
会津人は畳を持った農民に弱い

308 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 22:10:27
会津人は頭が弱そうだ。

309 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 22:13:11
>305
要するに小泉なんて、ただのマキャべリストで、計算達者ってことだね。
「微調整」もいいけど、何か、ちょっと姑息だね。。。。
まず第一に主権国家であることを第一義に考えるべきではないのか?
大使館を攻撃された上に、主権をじゅうりんされ、格下の副首相からは
シカトされても、抗議すらしない。ここまでされても、防御権の行使すら
ない。いまさら「バランス」なんて・・・?

今こそ、会津精神を学ぶべし。会津戦争に学ぶべし。小泉さん。
石原慎太郎の方が、ずっとマシだよ。

論理の飛躍はどっちかなあ?



310 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 22:41:21
会津武士魂

311 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 22:44:57
>>309
外交の舞台は何でもアリの無法地帯である。
無法地帯であるがゆえに、馬鹿正直な精神論など通用しない。
マキャベリストで計算達者でなければつとまらないし、
外交を上手くやりくりしていると言われる英仏や中国なんかモロにそうだ。

武士道なんてものは意味がない。
日本国民の支持を取り付けるという意味では効果があるかもしれないが、
政権運営に支障をきたさない程度に十分な支持率がある
小泉にとっては、それほど気にすべき問題ではない。


我々の市民生活において法律が意味をなすのは、
その法律を執行するのが国家権力という我々より上の力だからである。

では、我々市民を国家に置き換えてみたらどうか。
国家間を規律するルールは国際法であるが、
それを忠実に執行する国家より上の権力というものは存在しない。
つまり、国際法なんてものは当事者のうち力の強い者が恣意的に運用できる
俺様ルールでしかなく、その力を過大評価すべきではない。

>>305の最後の一行は皮肉というか一種のギャグなので突っ込まないように。

312 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 23:25:14
薩摩小泉

313 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 23:35:22
>309
真のマキャべりストならば、もっと日本側も「何でもあり」の
やり方をすべきなんだ。小泉に限らず、皆、日本人は小利口に
なり過ぎた。日・中(あるいは韓)学生討論にせよ、日本人は
相手に気遣ってばかりの、萎縮的な島国根性。

国際法なんてものは、確かに実効性がないものかもしれないけど、
法律よりも憲法は上位にある。さらに憲法は、主権国家であると
いう事実に支えられて、国民を擁護している。

個人でも国家でも、法的にどうのこうのという話以前に、「自然権」
としての「防御権の行使」は許されるはず。それを行使しないことは
罪悪で、きっと将来に禍根をのこすだろう。

なお、拉致家族が帰ってきたのは、小泉さんのおかげというよりも、海上保安庁の
活躍が背景にあったおかげである!

ということで、ちょっと話がずれたけど、要は、決して萎縮的ではない、会津の(いい意味での)
積極的主体的島国根性を見習え!ということ。

・・・・最後のギャグは、内心、実は面白かった。


314 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 23:39:35
↑ 313
 >309は >311のまちがいだろう。

315 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 07:43:55
>>274
だからぁ、誉れ高き武家の名門・相馬住民は畜生会津と一緒が嫌なんだよ。
会津が出て行かなかったら、相馬は宮城に編入するぞ。

316 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 11:25:50
白抜刀隊にはほとんど会津出身者はほとんどいなかったそうだぞ、
しかも寝込みを襲いやがって。。
流石朝鮮の血が濃い会津人だな。
悪魔

317 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 11:35:56
俺はマンガの「おーい竜馬」を見て、山内ようどうと板垣退助と
後藤新平に殺意を覚えたけどなw

318 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 13:32:31
会津って平壌の次の駅だろ?

319 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 13:33:50
東北人は会津ってどうみてるの異国人じゃねーの?
まあ東北一帯は白信仰の朝鮮系ばかりだけどな・・

320 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:36:19
正確には
在日会津人

321 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 19:50:15
愚者に褒められるは第一の恥なり

同じく、愚者の悪口雑言は、かえって自己への賞賛なり

千万人と言えども我ゆかん

会津士魂、ここにあり。薩長にはない、真の武士道、ここにあり。

白虎隊、河井継之助の意気ここに感じたり

・・・・・・いつか、会津が世界から注目され、燦然と輝く日が来るであろう


322 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 19:54:26
本当に会津はそんなに嫌がらせにあったの?
全部ねつ造ぽい。
それに抜刀隊会津の人殆どいないそうじゃないか・・


323 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 19:57:47
警官抜刀隊のほとんどが、会津武士

324 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 20:22:09
負け犬の哀れな末路だな、会津。
ここまで堕ちたのは会津人と朝鮮人くらいだろ。

325 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 20:46:15
武士の生きざまに、負け犬も、犬死もない。

誠と意地に生き、つまらない勝算をかえりみないのがサムライのイキザマ

326 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 21:11:38
>>325
本当の武士はね、もっと狡猾だったのさ。君は「武士道」の読みすぎさね。

327 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 21:17:13
武士道といふは死ぬことと見つけたり

328 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 09:01:45
《結論》
会津の武士は高潔な武士
薩摩の武士は狡猾な武士

329 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 10:28:06
>>325 なんかイスラムの自爆テロの思想と同じだなw

330 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 12:53:57
>>328
アメリカの核は汚い核
中国の核は綺麗な核

っつー一昔前の左翼の主張と
オーバーラップするんですがw

331 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 17:34:43
薩長と会津を仲違いさせようとする小汚い仙台人ばっかりのスレでつね。
みんな仙台人☆の計略にはまりまくりでつな。(w

332 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 20:59:02
一番どうしようもないのは仙台人。

弱小のくせにプライドばかり高くて、
人の手紙を勝手に強奪して「仙台はカスだから話にならん」って
本当のことを書かれていたからとブチ切れて、
威勢よく政府軍の交渉責任者を惨殺し宣戦布告したはいいものの、
蓋を開けて見れば、大砲の音が一発鳴るたびに
背後で戦う同盟軍をすり抜けてまで5里逃げる(通称ドンゴリ)
救いようのないヘタレ揃い。

敗戦後は惨殺した交渉責任者の墓を蹴り飛ばしたり
墓を削り取ったりして陰湿なウサ晴らし。

トドメは日本3大ブス産地の一角。

333 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 22:03:46
>329
イスラムの自爆と武士(あるいは神風特攻隊)の違い

self dignity(自己の威厳)
self responsibility(自己責任)
self consciousness(自己意識)

の有無の違いと言われる。

自己を自覚した上での忠義、責任。イスラムのテロにはそれがない。
サムライはただの狂信者とは異なる。もっともイスラムの自爆テロは軍の
ない国の人が追い詰められての、やり場のない怒りの爆発だか
ら、わたくし的には同情を禁じえないが。
それでも、宗教的色彩の強い単なる狂信的テロとサムライの戦いは異なる。






334 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 22:08:02
イスラムの自爆テロは彼らにとって実利がある。
武士道は完全にただの自己満足。

どちらが思想としてより危険かは明白。

335 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 22:35:30
>334
武士道は「思想」ではなくて、「生き方」なんだよ。
「武士道」という「思想」があるのではない。

「神のために死ねば、楽園に行ける」なんていう発想は武士道にはない。
そんなギブアンドテイクみたいな、技巧的な、快楽主義的な、発想はない。

礼節や誠を重んじるも、最後の責任はただひたすら自分で取る。それが、
(平和時における)武士道。 戦時においては、国のため、藩のため、
己を捨てて戦うが、それでも最後まで責任は自己にあるとする生き方。

なお、自己満足という観点からは、イスラムの方がよほど自己満足。
いくら敵国とはいえ、弱い民間人を巻き込んで客観的には、何の意味があるの?
恐怖を植えつけるためなら、他の方法もあるのでは?実利は全くない。

神風特攻隊は、あくまでも戦時において、敵の艦隊に突っ込んでいった。実効性は少なくとも
ある。これこそ武士道。


336 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 22:41:08
イスラムの自爆テロは元々日本赤軍の残党に教えられたもの。

337 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 22:51:57
「方法」としてはね。
日本人的な、戦いのやり方だもの。
まあ、それに、人間、追い詰められれば、どんなこともやるようになる。
まして、それがジハードやイスラムという思想に取り込まれれば
より強度なやり方になって不思議はない。

338 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 00:43:39
在日会津人は日本の恥であり、武士道を愚弄する破廉恥。


339 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 07:08:02
会津藩の存在がなかったら、幕末の歴史もなんと面白くない、
平板なものとなっていたか。
会津の悲劇は、ひとことでは語りつくせない。


340 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 07:15:44
会津藩の存在があったから、「日本」だったといえる。

341 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 08:59:39
それは会津の事しか知らない会津ヲタだからだろw。

342 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 10:30:10
会津藩の存在があったから、それ以外の薩長や佐幕諸藩が「日本」らしく見える。
会津の行動は略奪暴行ばかりだった。

343 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 10:51:15
>>335 また知ったかかよ
主君の為に死ねないのか?
現人神である天皇の為に死んだ奴は皆無なのか?


344 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 10:55:45
尊王攘夷・勤王
宗教ですからw

345 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 11:22:10
宗教ではなく思想ですが。なにか?

346 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 11:45:08
思想も極めれば宗教ってこった

347 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 15:01:58
なるほど!。
つまり会津藩は佐幕狂信者集団だったのでつね!

348 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 15:22:05
会津武士には、戦略はもちろんのこと戦術すらなかった。

ましてや、何のために戦うのか、倒幕勢力を倒した後何をするのか、
内外からの改革圧力にどう対処するつもりだったのか、
についてまでには考えが及んでいようはずがなかった。

いうなれば、ロボットがプログラムに従って自動的に
幕府に敵対する勢力を攻撃してただけ。

江戸城無血開城で幕府が白旗を上げた以上、
会津に新政府軍と戦う大義名文はなくなるわけだけど、
ロボットみたいな会津武士でも
「敗戦責任は取りたくない」っていう
人間的な感情だけは持ち合わせていたのかね?

349 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 17:42:19
>>332
随分実際よりも好意的な書き方してる。おまい優しいな。

350 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 02:23:12
同じ九州でも葉隠武士と芋侍じゃ大分違うな。

351 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 02:26:23
佐賀はこの問題では薩長を支持します。
卑怯者の会津といっしょにしないで下さい。

352 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 02:44:53
武器も持たないイギリスの民間人を惨殺して、
報復として鹿児島城下を砲撃され焼き芋になった薩摩人はイタ過ぎる。

353 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 02:46:56
会津人があちらこちらのスレで暴発挙兵を始めました。

354 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 02:48:43
会津藩は官軍!孝明天皇から御宸翰を賜った松平容保公は官軍!薩長は賊軍!

355 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 03:16:11
>>353
実はそう見せかける仙台人の陰謀。

356 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 06:49:28
>>354
御宸翰ねぇ。別に会津だけに特別に与えられたものじゃないぞ。

357 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 08:44:51
356へ
他に誰が賜った?

358 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 08:53:16
   軍事力 政治力
長州  A   A
薩摩  A   C
会津  C   D
仙台  Z   Z

359 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 09:00:29
会津は長州に成りすまして仙台も陥れようとしてやがるw

360 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 10:55:57
>>358
仙台の実際の格付けはZにマイナス4つくらいじゃないのか? ちなみに弱小天童藩がZにマイナス3つ。
それに、政治力に謀略込みなら長州よりは薩摩の方が上だろうし。

361 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:01:21
統計によれば、混雑した電車やバスの車内で、若者が
お年寄りに席を譲る率は、会津が一番だとか。

362 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:03:36
天童藩は、早々に列藩同盟を見限って、新政府側についたから…なにやら
新政府軍のコスプレとかやってお祭りのときにのしあるいているようですな。

時代を見極めた行為!素晴らしい!

363 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:05:14
そりゃ偉いな。
で、その統計方法は勿論きちんとサンプルを抽出しその回数を数えたんだろうね。
まさかアンケートってオチじゃないよね?


364 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:06:16
官軍が会津でやった行為を思い起こせば、南京事件もまんざらデタラメでもんさそう

365 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:08:06
なに、会津夏祭り?

366 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:10:52
ところで、新撰組ヲタの
「長州の薄汚い浪士が京を荒らしまくって京の人々を恐怖に陥れ、
そんな不逞浪士を取り締まった新撰組はヒーローだった」っていう
妄想はいったいどこから出てきたものなんだろうか。

比較的上級武士が多く金払いもよかった長州の浪士は京で評判がよく、
反対にどこの馬の骨ともしれないくせに権力をふるって
家に上がりこんでくる新撰組は嫌われてたって、
新撰組プロパガンダドラマの去年の大河ですら明言してたのに。

そんなに長州が嫌われてたら「ええじゃないか」騒動なんか
起こるわけないだろ。

367 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:14:53
>会津こそが、真の意味での「官軍」である。

自己の利益のため、朝廷をうまくそそのかし、取り入って
錦の御旗で虎の威を借りた薩摩こそが、真の「賊軍」である。

・・・・・いつの時代でもそうである。
要領がいいだけの、おためごかしの、小利口な小人物が
幅をきかせるのは。

会津は、最後まで朝廷への崇敬の念と幕府への忠義を
捨てなかった。武士としての誇りを捨てなかった。



368 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:21:45
>363
 臨床実験による膨大なデータを比較・検証した結果による、と某若者向け
 雑誌にちゃんと書いてあった。残念ながらその雑誌の名は忘れたけど・・・・・

369 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:43:29
>366
 島田左近なんかが薩摩藩士によって、惨殺されるなど、京の治安は乱れに
 乱れていた。
 長州藩については、自分は知らないが、多分同様じゃないのか?

 新撰組で、民衆から嫌われていたのは、芹沢鴨一派。後に粛清さる。
 彼は水戸の天狗党の残党。

370 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 12:18:50
松平容保公は真の忠誠である。

371 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 12:28:39
犬食う習慣から考えて某国と深い繋がりが・・・・・・・・

372 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 12:32:58
岩倉は徳川家が平和的に一部の領地を返納すれば慶喜を新政府に入れると
に約束し、それを受けて慶喜は二条城から大阪城へ引いた。
それなのに、会津桑名は無用に京都へ兵を向け、鳥羽伏見を起こして朝敵となった。
徳川家の明治政府入りを潰し朝敵の汚名を着せた松平容保が忠誠など徳川家から見たら良い迷惑でしかない。

373 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 12:45:11
>>369
島田左近の暗殺の下手人は三人。その内の一人が薩摩の田中新兵衛。
ただし、島田は清川八郎からも狙われ、土佐勤王党からも狙われていた。
薩摩藩士の犯行というより、攘夷派浪士の安政の大獄に対する報復とすべきだよ。
新撰組は京都市民に嫌われています。芹沢一派などというのは新撰組ヲタだけ。
京都市民から見れば新撰組内部の派閥など関係ないよ。
それに、近藤一派も京都の商人を金の問題で惨殺しています。
ちなみに、京都は朝廷のお膝元という事で、尊皇派の受けは良い。
天狗党なら英雄気取りで町を歩けます。

374 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 13:16:57
>372
薩摩は、実に挑発が上手い。
武士にあるまじきあらゆるひきょうな手段を使って、常に幕府側を挑発している。




375 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 13:26:48
坂本を殺したのも薩摩だったんですね。…それを新撰組は濡れ衣を着せられて…
可哀想だ…。

376 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 13:44:00
鳥羽伏見の戦いは幕府側から発砲?してきたから西郷は凄く喜んでたようだけど……
上野公園の西郷像撤退しろ!頭は鳩の糞だらけ……

377 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 13:48:24
>>375
そういう俗説がいくつかあるエピソードだと、
会津では一番自分に都合のいい説を
争いのない通史として学校教育に持ちこんでいるらしいね。

まさに市民総工作員状態。まるで北朝鮮。

378 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 13:55:45

ネタ風味と思わせて、実は本音なところが会津人の負け犬武士道だね。
まぁ会津人といっても、創価学会員電波作家・早乙女貢(本名:鐘ヶ江秀吉)の信者だけだろうけど。

379 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:02:15
和平に落ち着くと自分たちの欲得が満たせないことから、
薩摩は、江戸城二の丸に放火して幕府軍を挑発。。。。

その他、多くの場面で、卑怯な手段で幕府を挑発

近隣の弱小の島々をしいたげて、暴利をむさぼり、
かつての敵国に頭を下げて武器をしこたま買い込むとは。。。。。
なんとも見下げ果てた。。。。。。

380 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:09:14
>>373
>それに、近藤一派も京都の商人を金の問題で惨殺しています。

いつの話?殺されたのは誰?

381 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:10:20
薩英戦争の後始末は、薩摩は、全部幕府まかせ・・・・
それでいながら、幕府を裏切った。




382 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:10:36
会津は、早乙女貢を日本史の指定教科書にしろよw

383 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:16:23
>378
そんなやつは知らんぞ・・・・
創価学会も、ザインも、ヤマギシも、会津武士とは何の関連性もない

新興宗教団体と一緒にしないように!



384 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:20:29
>>378
早乙女貢ってペンネームだったのか。
めちゃくちゃ少女漫画趣味な名前だな。
まあ、読者層のセンスに合わせればそうなるわな。

385 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:22:19
>>383
そりゃそうだろ、会津あたりで吠えてるのに会津藩士の縁故者はほとんど居ない。
流れ者やよそ者が会津藩士ゴッコしてるんだから。
創価学会員電波作家・早乙女貢(本名:鐘ヶ江秀吉)も会津藩士の子孫を自称しているけれど、
実は札差のセガレらしいじゃないか。


386 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:24:32
>>302
憲法義解ホントに読んでるか?
裁判所を天皇直結の機関として独立させ、法に従って行政から臣民の権利を守る、としているぞ。

井上毅にしろ、伊藤博文にしろ、独裁体制を築こうとしたのではない。
遅れた日本の社会と、西欧の差に悩みながら、
日本の伝統と西欧の制度を調和させた理想国家を作ろうと苦心した。
特に、議会に予算承認権を与えたのは、伊藤の信念によるもの。
独裁体制を取りたければ、そんなもの与える必要はない。

>ちなみに伊藤や山縣の理想が現在でも純粋な形態で息づいてる国は北朝鮮である。

山県はしらんが、伊藤に関してはあり得ない。伊藤の理想は英国型の君主制化の政党政治。
当時のロシア以下の専制国家である北朝鮮が理想ということはあり得ない。

ここに感想があるからみてみたら?
ttp://ttakeda.cocolog-wbs.com/tomokid/

387 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:49:45
田舎藩の策略にまんまと乗ってしまうような幕府なんて滅んで当然じゃね?
中国からの朱子学思想に基く殿様にひたすら従うことをプログラム化された
幕府にとって都合のいいロボットになりはてる「徳川期の武士道」なんぞ糞食らえじゃ 。
会津みたいに、忠節のためなら無関係な領民まで地獄の業火に叩き落すのだからな。
武士道の為なら、領民・国の滅亡も已む無しですか。

388 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:50:57
>>380
学研から出ている「幕末大全」に書かれているので読んでみな。
近藤一派も芹沢一派と大差ないと気がつくはずだから。

389 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:58:20
29 :日本@名無史さん :2005/07/17(日) 10:29:30
日本を滅ぼしたのは東北人。

長州閥を打倒した政党内閣の初代宰相であり
腐敗と失政で国民のファシズム傾倒に先鞭をつけた原敬、
バーデンバーデンで長州閥打倒を密約し、目的達成後
日本の首相となって真珠湾奇襲を決行した東条英樹。
いずれも、長州への復讐心を前面に押し出しすことで
アンチ長州勢力を味方につけてのし上がっただけの、
現代の民主党歴代党首のような無能連中である。

WW2では、長州人岸信介がサイパン陥落を機に講和すべきと主張したが、
東北人特有の、手段がいつのまにか目的となるという視野の狭さと、
長州人憎しの感情が絡み合って、これを拒絶した。

戦況が切迫詰まると、東北人の大好きな
白虎隊の逸話を教材に利用して全国の子供たちを洗脳。
神風特攻隊は、会津武士道を国民に押し付けた結果である。

東北人が引き際を誤ったことにより、昭和20年には本土空襲が本格化。
東京、大阪、沖縄、広島、長崎で十万単位の市民が犠牲となった。

東北人の無知無能により、明治維新以後第一次世界大戦までに
築きあげられた有形の財産はすべて失われた。


390 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 15:17:56
早乙女貢 創価学会でググルと・・・
ガチンコの学会員のようです。

「世界の書籍展」新潟展
作家の早乙女貢氏を講師に迎え「読書と活字文化」をテーマに記念講演会を行いました。
信越創価学会公式ホームページ
http://www.shinetsu-soka.jp/news/2004/03/

『第三文明』2004年11月号
『レ・ミゼラブル』を読め ●早乙女 貢(作家)
http://www.daisanbunmei.co.jp/3rdc/books/3rdc0411.htm

391 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 15:25:56
会津厨のテンションはまさに創価だな。
ナムミョウホウレンでも唱えとけってw

392 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 15:31:43
>>388
断っておくけど、自分は>>369ではないよ。
近藤一派と芹沢一派がどうとかも興味ない。
ただ、具体的に新撰組が金の問題で商人を殺害したっていう事件について
知りたいだけ。
書名でなくて、どういう内容の話なのかだけでも教えて欲しい。

393 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 15:51:43
だから本屋さんにいって自分の目で確かめなさいって。
ここで書いたって、厨房の煽りの具にしかなんないから説明する気にならん。
学研のその本なら、ちょっと大きな本屋にあるはずだ。

394 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 16:42:00
新撰組は、京の治安を守っていたが、何しろ海せん山せんの
集まりだったから、全てが成人君子的なものでなく、統制が
取れなかったのは仕方がない。
動乱の時代。トラブルは当然あったし、問題点もあった。

天狗党だって、指導者が武田耕雲斎になるまでは、略奪放火など
軍規の乱れが著しかったし。

395 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 17:07:07
>>392
>ただ、具体的に新撰組が金の問題で商人を殺害したっていう事件について
>知りたいだけ。

そんな事件はない。
新選組が絡んだ商人・商家事件はほとんど長州絡みや、
平田国学なんかの思想絡み。

396 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 17:33:50
薩長に対しては特定の事件を取り上げて
「京で乱暴ろうぜきを働いた」と騒ぎ立てておきながら、
新撰組に対して同じ指摘をされると「中にはそういう奴もいる」
「近藤さんの目が届かない下っ端の奴が勝手にやった」
という逃げ方をするんですか。

ご都合主義というかなんというか…
会津武士や新撰組が武士道をふりかざすときも、
こんな感じの恣意的なダブルスタンダードを多様してたんでしょうね。


397 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 17:44:15
長州の場合、京都で狼藉を働くために京都に出てきていたからな。
本質的に違う。

398 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 17:54:35
京に潜伏し夜な夜な狼藉してたはずの長州が京で人気があり、
京を守るために取締りにあたっていた
正義のヒーロー新撰組が嫌われるとは、
新撰組は乱暴狼藉をはるかにしのぐような
えげつないことをやっていたんでしょうなあw

399 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 18:09:55
>396
わかっていないねえ・・・・

今でこそ、アトヅケの歴史観で、そんなことが言えるけれども
当時はあくまでも、薩長の方が、今で言うところの「テロリスト」
あるいは「革命屋」だったんだよ。

新撰組は、機動隊みたいなもので、京ではびこる不逞のヤカラ
(長州や土佐、薩摩(田中新兵衛)らによる「天誅」と称する
ただの人殺し・暗殺が横行)の治安に当たっていたんだ。
尊攘派は、ただのこうした「殺人」によって公卿、そして幕府を
揺さぶり、あわよくばの倒幕を目指したんだ。

確かに、新撰組隊内にも問題はあったけれども(何しろ、武士でない色
んな階層からの寄せ集め部隊だから)。京の治安を守っていたことは事実。

新撰組にあった「問題点」とテロ側の「存在そのもの」の問題とを同一の基準を用いて語る方がおかしい。
テロ側と一緒の基準で持って,「ダブルスタンダード」と指摘されたのでは、新撰組も立つ瀬がないというもの。

400 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 18:26:22
「天誅」と称する殺人なんて・・それって、ただの犯罪者じゃん

401 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 18:41:30
新撰組の活動内容も殺人を行う事ですが。なにか?

402 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 18:44:51
>>399
機動隊じゃないな。
せいぜい活動を黙認された民兵。
守るべき側の人々から強盗のように金を集めるところなどやくざそのもの。

403 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 22:18:02
>>395
アホか。なに勝手な妄想してんだよ。ソース出てるだろ。
お前も本屋に逝け。話しはそれからだ。

404 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 23:51:46
>>403
おせっかいかも知れないけど、本の名前を出しただけでは「ソース出した」と
いう事にはならないぞ。だから、どっちもどっち。
「ソースを出した」と主張するなら、自分のカキコの依拠として、××著の
○○という本に〜〜と書いてあった…と、しないと。

405 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 23:56:27
新撰組は汚い奇襲攻撃だろ。

406 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 00:04:00
薩賊の江戸でのやり口は火付盗賊など一般庶民をターゲット
にしたお家芸の卑怯戦法w

407 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 01:47:11
領内の寺を全て破壊した薩摩は野蛮すぎる。

408 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 03:31:52
第3者からみるとこのスレの住人、薩摩、長州、会津おまいらみんなキチガ○だぞ(笑)
終わった過去の事を愚痴愚痴言ってもしょうがないだろ。
答えはないのは明らかだ。それぞれの未来(あした)について考えろよ。

409 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 04:34:42
皆で旗本、大名になるぺ。

410 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 07:34:17
>405、401
テロ集団、暗殺集団である薩長らのゴロツキに対して甘いことがいえるわけないだろ。
秩序を維持し治安を守るためには、抵抗すれば斬るは当然である。

京では、現に彼ら(長州・土佐ら)による「天誅」と称した殺人が行なわれていた。
また、京の都にいっせいに放火して、混乱に乗じて天皇を京から誘拐する計画まで立てられていた。
こんな不逞のやからに対して、動乱期に「奇襲はいけない」などと甘いこといっては、治安維持は永遠にできないよ。

池田屋事件でも、新撰組は抵抗しないようにと予め警告している。
斬り合いになったのは、彼らが斬りつけて来たからに他ならない。
応援が駆けつけ、人数が増えて勝ちが明らかとなってからは、生け捕りにするように命じている。








411 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 07:46:27
治安維持と言えば聞こえは良いが要は政敵の排除に体よく利用されたまでのこと。
長州と大して変わらん。
何故、京都の民衆に蛇蝎のごとく嫌われていたのか?
それは結局のところ幕府側の都合だったから。
新撰組で評価できるのは池田屋事件のみ。

412 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 08:05:28
>411
「政敵」の排除?・・・・ちょっと事実誤認だな。
彼ら長州・土佐らは、幕府転覆を狙うトンデモない連中。ただの「革命屋」
当時政権を持っていたのは、幕府であり、治安維持は当然幕府や各藩のつとめ。
幕府とただの革命屋を同列にして、「政敵」などと論じるのは誤り。

新撰組は確かに当初は商人らとのトラブルもあった。資金繰りの問題もあった
だろうし。しかし、芹沢らがむりやり商人から借りた200両などは、その後
その事実を知った会津公用方がきちんと返済している。組織が秩序だったもの
になるにつれ、民衆とのトラブルもなく整然としたものとなった。(内部粛清は
あったが)

いずれにせよ、殺人や天皇誘拐を恥じない土佐や薩摩の連中の存在よりははるかに
マシである。彼らの行為は本当に京都の民衆や公家らを混乱させる恐怖のどん底に
陥れるものだった。

天皇誘拐を未然に防いだ新撰組の面目躍如




413 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 08:14:00
>・・・・・いつの時代でもそうである。
要領がいいだけの、おためごかしの、小利口な小人物が
幅をきかせるのは。

それが広まったのは明治以後だったりして

414 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 08:15:03
幕府転覆を狙うのに、堂々と戦闘を挑むことなく、暗殺やテロや
誘拐などの犯罪行為で治安を揺さぶり幕府の責任にすべておしつけ
ようとした長州や土佐らは、確かに「政敵」とは言えないな。

415 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 08:47:32
>>412
その幕府政権の正当性そのものが問われてるんだよ。
幕府が本当に自信を持っているなら孝明天皇から異国船について問われたとき
「口出し無用でござる!」と言えば良かった。
雄藩と相談したり、全国諸藩に意見を求めたりしてはいけなかった。
250年間そうしてきたようにな。
そうせずに帝のからの手紙に返事をしたうえ、あっけなくペリーに屈服してしまった。
佐久間象山の言うように一戦交える覚悟で望んでいたら結果は違ったかもしれない。
それこそが徳川幕府が武家の棟梁を務め日本の代表者であった存在理由だから。
交渉して開国したのも賢い選択だけど、ならば徳川が代表者でなければならない理由はない。
隙を見せちゃあいけないんだよ。

にしても無理矢理京都守護にさせられ新撰組を押し付けられて後始末を
させられる会津は気の毒だな。
金も無くなるうえに余計な恨みまで買って・・。

416 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 10:01:28
>415
「その幕府政権の正当性そのものが問われてるんだよ。」

幕府の正当性の話と薩摩・土佐らが汚い手段で京の民衆まで巻き込んで
暗殺や狼藉を働くことの是非とでは、話の局面が違うと思うが。

「正当性」というと話が高尚じみているけども、要は薩長が自己の利益
のため、統幕して政権を握りたかっただけ。時代の趨勢といえば仕方が
ないが、「正当性」は薩長にもない。

第一、ペリー云々によって幕府の権威が揺らいだとはいっても、一足飛びに
諸藩が幕府と同列になっているわけがない。時間の経過を無視した論である。

「勝てば官軍」とは、まさにこのことで、世に「革命」といわれるもので
現政権ができたら、当時の革命軍のただの犯罪行為も正当化されるのか?

近藤勇が処刑され、さらし首にされたときも、あまりの官軍の驕りに民衆から
非難が出た。

417 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 10:27:37
>>408
このスレ、ジサクジエンと違うの?


418 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 10:46:35

京都の人にとって新選組の存在は、
人を斬るために刀を差してるゴロツキどもなわけで。

現代で言うと、渋谷でナイフ振り回してオヤジ狩りしてた、
チーマーと同じ存在。

幕末で一番空気の読めなかった集団と見て間違い無し。

419 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 10:54:45
>>418
京都人の感覚=幕末とは、京都の人間は何様のつもり?

420 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 11:07:28
>>419
書き込みからみて>>418は京都人ではない。
だから矛先を京都人に向けるのは>>418の策に引っ掛かるようなものだ。
本当の京都人なら、新選組単体ではなくて、幕府そのものや会津藩自体
が京の一般人に嫌われていた事にも言及するはずだな。
新撰組だけをなじっているところをみると、ただのアンチ新撰組だろう。

421 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 11:39:27
>418 
冗談のつもりかもかもしれんが、君は、な〜んも分かっていないね。
新撰組は京都守護職会津のお抱え。
当然、公的な組織だ。
チーマーなんかのチンピラと一緒にするな!自分の感覚だけで、モノを言うな!

京都の人から怖がられたのは当初だけ。

422 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 11:41:24
会津も新撰組も怖がられたのは当初だけだが
嫌われるのはずっと続いたな。

423 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 11:50:36
嫌われていた・好かれていたとか、そういう民衆感情について、それだけ
を単体で語っても意味が無い。民衆感情の背景を考察しないと。
嫌われていたとかいう話なら、薩摩だって東京の人間には嫌われていた
わけだ。しかし、勝てば官軍。
民衆の感情が政局に影響を与えないわけではないが、情緒的なことと
政治的なことをゴッチャにして語ると余計に意味不明になるからヤメレ。

424 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 11:53:30
京の一部の豪商たち&不良の徒からは、確かに嫌われていただろう。
上納金などの問題もあっただろうし、刀を差した治安部隊というものは
必ずしも一般受けするわけはないし、また、する必要もない。

しかし、治安維持については、分かる人は、みな頼もしく感じていた。
京の町を乱暴・狼藉・御所への放火・天子さまの誘拐から救ったのは新撰組。
この功績は大きい。


 

425 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 12:56:20
>御所への放火・天子さまの誘拐から救った
これ、池田屋事件を正当化するための新撰組によるでっち上げだろ

426 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 13:04:16
↑425
あのう・・・でっちあげなどという説は今、初めて聞きましたが・・・?
それこそ、425の個人的なでっちあげでは?
それまでの長州や土佐の手段を選ばない手口から見て、誰もでっちあげ
なんて信じられる分けがないですね。

京の町での彼らの乱暴狼藉や暗殺については、どういう言い訳ができるというのでしょうか?

427 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 13:05:28
>>416
まぁ君ら佐幕ヲタからすれば、維新は権力欲で片付けられるよな
しかし、長州すら潰せない政府に果たして国の統治を任せていていいのか?
ろくに具体的な改革も出来ない、収束が取れない、戦に勝てない、結果が出せない。
こんな幕府滅んで当然じゃん。
たとえ権力欲でもいいよ。へタレ幕府の独裁を瓦解させ、新たな国家を打ち立てた薩長土肥こそ国の救世主よ

428 :427へ:2005/07/18(月) 13:42:20
薩長は救世主??
孝明天皇毒殺して右も左も分からない幼い明治天皇を手中に収めて薩長のやりたい放題で陰謀の陰謀で明治維新を成し遂げたんじゃない?

429 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 13:49:07
>>425
>分かる人は皆
>>426
>誰も〜信じない

いかにも、内輪でネチネチ慣れ合ってばかりの
新撰組ヲタクらしい言い回しだな。

ここから下は、特定のレスではなく新撰組ヲタク全般に対する感想。

不逞浪士・新撰組それぞれが行った生の事実としての暴行脅迫殺人が
正当化される根拠を、権力の背景に求めておきながら、
他方で権力が薩長に以降した後の武力行使まで避難するとは
ご都合主義・ダブルスタンダードもいいとこ。

そのときの都合に応じて「普遍の正義」と「権力に基づく正義」の間を
行ったり来たりしているんだな。

もし、権力が移行形成される過程の善悪がその後の権力行使の
正当性に影響すると言うそちら側の土俵に合わせるなら、
そもそもが武力と計略で成り立った徳川幕府による権力行使にも
違法な手段をもってして対抗してよいことになる。

お前らが必死になって主張してる「新撰組=正義」
「新撰組と敵対した勢力=悪」に関する理由づけは、
そもそも「新撰組=正義」「新撰組に敵対する勢力=悪」を
前提としないと成り立たない論理構造なんだから、
結論先にありきの論理循環で自己満足しているにすぎん。


430 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 13:55:29
>>426
京都焼き討ち計画を伝えているのは幕府方の資料だけで、
古高と連絡のあったの桂小五郎もそれに関する書簡で放火計画を「虚説」と否定している。
また池田屋の志士達も古高救出の為の会議、若しくは酒を飲んで騒ぐだけの為に集まっていたとの説があり
放火計画の謀議であることを裏付ける確証も無い。
計画の内容についても、京長州間では距離があり過ぎ、
また多くの親藩・譜代藩が存在し、誘拐も危険。

一方で新撰組は拷問虐待死を正当化するべく、京都放火説を無理矢理でっち上げた可能性が高い。

431 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 13:58:21
>>428
え?まだ毒殺説なんか信じてんの?
まぁ動機なら攘夷馬鹿の帝に頭を悩ましていた慶喜公にもあるんだがな。
孝明帝の死後の幕府を見てみろよ。倒幕方に積極的な巻き返しを図っているから

432 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:32:32
>>430
>京都焼き討ち計画を伝えているのは幕府方の資料だけで、

電波登場?




433 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:37:10
決着を見ていない歴史上の論点で、ことごとく
自分らに都合のいい説が「通史」であることを前提とした
妄想を繰り広げている新撰組ヲタのようがよほど電波だが。

434 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:37:28
>>418-422
薩長の捏造は凄いな。

「会津肥後さま、京都守護職つとめます。内裏繁盛で公家安堵。トコ世の中ようがんしょ」

これが当時の庶民の評価ですが?

435 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:39:19
>432
具体的に反論してみたら?

436 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:46:37
>>435
自作自演でやってるスレでまともなレスをする必要はないなw

>京都焼き討ち計画を伝えているのは幕府方の資料だけで、

↑が変だから、電波?と聞いただけだよw

437 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:47:52
>>435
武器や火薬が隠してあったというのも幕府側の捏造だと主張して
いるの?

438 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:53:13
>>430は桂小五郎の言ったことは全面的に信用しても、新撰組サイドの
言ったことは全く信用しない、と言いたいだけだろう。
「新撰組側の言い分に関しては信用しない」というスタンスである以上、
話は永遠に噛み合わないのでは?
つまり、ここでレスを消費するのは無駄だということだ。

439 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:56:35
日本史板の主役っていまでも薩長と会津なんだね
超クール(笑)

440 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 14:56:37
>>437
それが洛中放火の決定打にでもなるの?
古高を奪還するべく壬生の新選組屯所の襲撃の為とも採れるよね

441 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:02:12
>>438
多分このスレは、本当は新撰組アンチの奴が新撰オタに
なりきりって、新撰オタのイタタなところを偽装して
やってるんだと思う
別に薩長びいきでもなさそう


442 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:03:48
>>440
古高が捕まる前に、古高奪還用の武器弾薬を用意したのか?


443 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:03:49
>>439
昔の日本史板はそうでもなかったよ

444 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:04:43
鹿児島のやり方は常に汚い。
現代でも新幹線が博多、熊本止まりにならないようにする為に、末端区間の八代-鹿児島に有無を言わせず新幹線を建設するなど陰湿。

445 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:05:44
>>443
ネットウヨが蔓延るようになってからだよな。

446 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:06:24
>>444みたいなのが突然出てくるところも、怪しさ100%w

447 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:08:04
サヨはアズマという看板で会津を取り込もうと凄かったな。

448 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:09:12
>>445
ネットウヨとは、山口県の例の奴?
よくわからんけど、薩長土VS会津・新撰組という図式に
限らず、東西対立を煽る傾向が強いのが最近のこの板

449 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:09:21
薩摩出身者に男爵が多かった理由→芋だから

450 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:10:13
例の奴って何だよw

451 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:10:18
>>442
捕まる前?何故そう捉える

452 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:12:19
>>450
とりあえずそう言っておけば
薩長側の陣営が悪いみたいな
心象操作ができるだろ。

453 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:12:46
>>437
つまりそれを御所への放火・天子さまの誘拐と解釈するのは飛躍ってこった。

454 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:13:11
>>448
つまり、薩長ファンと新撰組ファンの言い争いというのは仮の姿で、
実際には「お国自慢板」の延長に過ぎないということか?

455 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:15:34
ウヨサヨはどこにいっても居るしな。
別にいいんじゃないの。

456 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:17:32
>>452
勘違いしているようだけど、山口県の例の奴というのは
別にこのスレとは直接、関係がない
だから何でも穿った見方をすんなやw
山口県にいる地元出身の偉人をウヨ活動に結び付けている
奴がいて、そいつのことをネットウヨという言葉で思い出
しただけだからw
まるっきり反対にサヨ活動に結び付けている奴もいるよ


457 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:18:33
山口出身の偉人なんているか?
奇人や変人なら多いけど。

458 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:26:00
>>451
442ではないけど、資料の再読をおすすめする。

>>456
明治維新は皇国史観でもマルクス史観でも、自分の都合の良い史観で
語られがちだ。


459 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:51:20
>>454
感情的に語ってる奴が多いのをみると、そうなんでないの?
これは幕末スレ全般に言える

460 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 15:55:18
なんか会津スレでテンパってる会津人が大暴れしているな・・・

461 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 17:02:45
>448
<よくわからんけど、薩長土VS会津・新撰組という図式に
限らず、東西対立を煽る傾向が強いのが最近のこの板>

ところで、「薩長土」ってなってるけど、肥前はどうして欠落してるの?
佐賀って、明治維新にどう貢献したの?
よくわからんので、誰か一言で教えて。佐賀って偉いの?


462 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 17:05:23
佐賀はむかしは偉かったんじゃ

463 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 17:11:43
↑462

 技あり!

464 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 17:13:23
佐賀と長崎って肥前の時代から別物だったの?

465 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 17:27:36
>464
多分、化け猫騒動のころから別物だったんだろう。(よく知らんが。)

佐賀の人は、佐賀の存在がなければ明治維新は成功しなかったというけど、
本当?その根拠は?
・・・佐賀って、あんまり取りざたされないから、目立たないし。

それと、江藤新平って、西郷さんとか他の維新の志士たちよりも偉かったの?

466 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 17:30:44
佐賀がいなけりゃ上野戦争に勝てないな。
会津の籠城戦も長期化だな。
まぁ、上野戦争に勝てなきゃ会津攻め自体出来ないが。

467 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 17:31:15
ぶっちゃけ、倒幕は
上海から武器を輸入した長州、
凶作に陥らなかった薩摩
のどちらか片方で単独実行可能だった。

468 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 17:37:38
>466
ということは、会津にとって佐賀も実は敵だったか・・・・

469 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 17:59:25
>>468
実はも何も敵だろ?
散々砲撃されたじゃないか?

470 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 18:58:53
>469
佐賀って、他の藩に武器を貸しただけじゃあなかったの?
アームストロング砲とか・・・・・・
佐賀藩みずからが実際の戦闘ってやっているのか?
おら、佐賀に関しては、なーんも分からんので、誰か教えて。
江藤新平に詳しい人とかいないのか?
(生首の写真は見たことあるが・・・・)

471 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 20:03:30
つーか武器を手に入れただけで発明したわけでないw

472 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 20:26:30
ま、池田屋事件の放火計画は、新撰組の永倉の書いた記録にあるだけで裏付けができずにいる。
つまり事実かどうかは未だに不明。
でも会津藩がドンド焼けで京都焼け野原の原因となる放火を行ったのは事実だw。
ソースは学研の「幕末大全」。

473 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 20:28:09
ちなみに永倉の記録でも新撰組が放火に加わっている事が書かれており、
裏付けもされているw。

474 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 20:57:39
>>472
>でも会津藩がドンド焼けで京都焼け野原の原因となる放火を行ったのは事実だw。

事実認定している学者なんているのか?
ほとんどの学者は「事実かどうかはわからないが、京の民衆にはそう
認識されていた」というスタンスだろ。


475 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:04:01
会津・新撰組ヲタの手にかかれば、
会津周辺での農民に対する略奪・放火、京での放火計画等、
会津・新撰組が行った犯行を
なんでもかんでも長州の仕業にすることくらい
造作もないことだわな。

476 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:07:32
結局洛中を焼きたかったのは、会津藩じゃないのかね?不逞浪士をあぶり出したかったとか。
結果として禁門の変で洛中の焼き討ちに成功したわけだ。

477 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:10:11
明確な朝敵行為を行った長州を無視して、会津に罪をなすりつける凄い論理だw

478 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:12:54
>>477
大声で喚き続ければ嘘も誠になるからな。
会津側があきれ果てて根負けするのを狙ってるんだろ?
正論じゃ論破できないから。
薩長のいつもの手口。

479 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:13:05
ダサツマの場合、イギリスに対して利敵行為もやってるw

480 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:14:26
「幕末大全」のこいつ→>>472-472が出てくると、
急にスレの電波度が増すなw

481 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:16:15
>>478
やり方がチョンとかアイリス・チャンみたいだw

482 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:17:33
>>477
やっぱり会津藩が朝敵だったことは動かないようです。
このときに会津が行った放火が、後の東北戦争における会津の行動と
なったわけですね。

483 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:17:58
また自作自演が始まっただけかもしれないがw

484 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:21:52
最終的に天下取ったのは長州。
当然、その後の歴史は長州側に都合よくこれまで解釈されてきたことは疑いない。
明治に入ってからも、ずっと新撰組は悪役だったし。
(芝居などでも、幕府や新撰組は常に悪役だった。)

薩摩・長州に都合のよい記述は特に疑った方が懸命だろう。
それでも、伝わっているだけでも暗殺やテロや誘拐計画や挑発などがあることを
考えると、実際にはもっと卑劣かつ卑怯な振る舞いがあったことだろう。

吉田松陰も、老中暗殺や町中に放火しての革命を計画したりしており、当初からその
過激性は警戒されてきた。

革命は、そんなものということも勿論可能だが、だったら天皇誘拐計画についても認
めたらどうなんだ?

485 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:23:19
>>483
ともかく、アカデミックな文献は全く読んでいない人間用のスレではあるな。

486 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:31:56
>>484
要するに>>438ということ。
薩摩でも、長州でも、新撰組でも、会津でも、いずれかの側に立って、立った側
の視点でのみ語って、それ以外の言い分は信じない。
客観的立場から語っているわけではないから、歴史を語っているように見えて、
実はゲームのバトルと同じような事をしているだけ。
つまり、ネタスレということだ。

487 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:33:09
徳川は薩摩が関ヶ原で負けても一切領土を取らなかったのに、
薩摩は徳川の領土を400万石から70万石に削減しました。
薩摩は恩知らず。

488 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:34:39
>>484
都合よく解釈しているのは会津厨房の側ですよ。
明治に入ってからも大衆演劇では薩長は悪役でしたし、
その後も小説などでは薩長や明治政府は悪役でした。

484は認識の全てが誤っています。

489 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:35:42
>>488
>>478

490 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:37:32
>>487
廃藩置県を知らない愚かな書き込み発見。

491 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:38:20
>>484
>明治に入ってからも、ずっと新撰組は悪役だったし。
>(芝居などでも、幕府や新撰組は常に悪役だった。)

これは一概にそうとは言えない。
戦前の日本の体制下では皇国史観的観点から新撰組を描くのは致し方
ない事だっただろうが、必ずしも単なる悪役とは言い難い。
子母澤寛の作品も戦前に発表された事を考慮すべきだろう。


492 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:38:29
>>490
廃藩置県がいつ行われたのか知らない愚かな書き込み発見。

493 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:41:31
>>488はやはりネタかな?

494 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:43:42
はよ三戦板の戦国版をつくって欲しい

495 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:44:32
間違った、幕末版だ!

496 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:47:36
会津人は時代劇板に行け。

497 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:51:43
>>496
正論では論破できないからって、嘘八百を並べたりキレたりするなよ。

そんな事を言ってると九州に島流しにされるぞ。

498 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:53:20
>>497
正論って何だ?史実のことか?

499 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:54:12
正論とは、会津が朝敵だということですよ。

500 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:57:43
池田屋事件の一当事者である永倉の手記は
全面的に証拠採用して、
不逞浪士による放火計画が
まるで通史であるかのごとくふれまわる一方で、
会津が放火したという「京の民衆の認識」は
「取るに足らない」と却下しますか。

中国や北朝鮮の歴史認識に最近アラが出てきたように、
古今東西「正義」や「道徳」を
真っ先にふりかざす奴程うさんくさいものもないが、
会津や新撰組ヲタは日々こうやって工作をしているわけね。

501 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 22:04:30
>>500
>会津が放火したという「京の民衆の認識」は
>「取るに足らない」と却下しますか。

別に却下してないだろ。>>472が「事実」だと言っているから、それを「事実」
と認定している学者はいるのか?と聞いたのだよ。
「取るに足らない」などと誰が言ったのか?少なくとも、このスレを読み返した
限りでは、そのような発言はないぞ。
「事実」だと言っている


502 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 22:10:47
>>500
つけ足しすれば、永倉の手記を全面的に証拠採用しているのも>>472だ。
ちゃんと読み返してみればいい。
もっとも、目的は500が言うところ「会津や新撰組ヲタ」を誹謗する事
にあるようだから、この際、話がメチャクチャだろうがどうでもよい
のかもしれないな。
残念ながら「会津や新撰組ヲタ」ではないので、誹謗のお返しをする事
はできないが。

503 :502:2005/07/18(月) 22:13:45
>>502は、>>472>>473と同一人物の書き込みと仮定した場合のこと。

504 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 22:14:34
>>500
永倉のは新撰組オタからも信用されてないってばw
因みに放火しようとしてたとか古高の屋敷から火薬や武器が発見さ
れたって言うのは、「京都守護職始末」や「会津藩庁記録」にも
出てますよ。


505 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 22:18:32
>>503
仮定しないでくれよ。
俺は、大文字のwの後に「。」をつけたりはしない。
取るに足らないに「」をつけたのは誤解を与えたかもな。

>>504
う〜ん、どちらもそっち陣営の資料じゃん。

506 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 22:30:54
>>505
「ちなみに」という書き出しで始まる文だと、前文があった印象を与えるな。
>>505>>472>>473とは別人であるという自己申告と受け取って良いのだろうか?

再度言うが、「取るに足らない」とは誰も言ってないと思われる。


507 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 22:31:44
>>505
京都守護職始末は出版の経緯も興味深い物だし、資料としての
信憑性も高いと思う。


508 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 22:39:13
>>505
会津・新撰組・幕府側の史料に不信感を持つのなら、最近注目され始めた
吉田稔麿周辺人物書簡史料が載っている論文なんかを読むといいかも
しれないな。
あとは、肥後藩国事史料だな。

509 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 22:53:13
尊王攘夷派が行った、佐幕派の人間への「天誅」と称した暗殺及び
見せしめのための残酷なさらし首について、どう説明する?
こんな残酷な行為を土佐や長州は行っていた。

彼ら長州らは、こうした残酷な犯罪によって、公卿をゆさぶり、
朝廷を反佐幕・攘夷に切り替えさせようと企んだ。
実際、こんな行為に朝廷は戦慄を覚える他なかった・・・・・

革命の理念も何もない。姑息で卑怯な犯罪で、革命史上類がない。
まさにゴロツキの発想そのものでしかない。
新撰組の放火云々などと真偽不確かなことよりも、薩長のこうした行為の方が
よほど残酷な所業だよ。
 
田中新兵衛
岡田以蔵
武市瑞山

「真の朝敵」は、会津なのか薩長なのか、どちらであるか明らかだろう。



510 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:00:36
>>509
大名行列を横切った外人を斬殺したり、
関門海峡を通過する外国商船をいきなり砲撃したり。
まあ、真性のキチガイなんだから許してやれ。

511 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:08:59
>>509
そういうゴロツキどもさえ抑えきれなくなった。だから幕府は滅んだんだろ?

>>510
>大名行列を横切った外人を斬殺したり、
日本の仕来りを守らなかった英国人が悪い。

512 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:18:20
>>511
ゴロツキ魂は未だ健在のご様子ですね。

513 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:20:07
>511
ということは、薩摩・長州・土佐が「ゴロツキ」だったことを認めるというのだな・・・

むろん、こちらも幕府が滅んだ事実は認めているよ。




514 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:26:23
田舎藩の介入を許している地点で幕府はがたついていたってこった。
上知令の失敗がそれを証明している。
大権現様の時代ならば統治・政策もすんなりいったろうになぁ

515 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:29:10
>511
>大名行列を横切った外人を斬殺したり、
日本の仕来りを守らなかった英国人が悪い。

だったら、薩摩は責任逃れして、その後始末を、幕府に押し付けるなよ。
薩英戦争に負けた賠償金なんか薩摩側は一銭も払っていないだろう。

516 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:30:34
幕府の癌は会津。
あれさえなければ幕府の改革に賭けてもよかった。

517 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:39:26
>>515
文久3年5月10日に幕府が攘夷馬鹿の孝明天皇に攘夷決行に踏み切ると上奏したのを忘れたか。

518 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:40:15
>>516
煽りが投下か?

519 :悪霊退散!:2005/07/18(月) 23:41:46
    ッツmmmmmmmmミッ
   ッmmmmmmmmmmmミッ
  ッmmmmmmmmmmmmm
 ッmm          mmmmmミッ
mm,r':::    ミ;=     mmmmミッ
mm〈r",,ゞィ ´ヨ ●ヾ`、;::::mmmmミッ
mm,イ●ノ  "'ーヘヽ ヾ、;mmmmミッ
 mi'` i"ヽ ゛;;,` ゛'''"  ゛-';mmmミッ
  m) ゙・ ・'';;::..  _,,..-ー-ツ m
   〉,_,_,、,、_, _  イ'"   /ーゝ'
  . `i.j.j,j,j,tt゛i,jイj::ノ  ,.i' |
''''''''''''''トr,r,r,rrtf,ソ    j`〉`゛T''''''''''''''''
   l }゛ '"`'"   _,,..-";;/ / /.| |
会 |  |` `-ー--''"::::::::/ ./ |  |  津
   |  | | l:::::::::::::::::::::::/ ./ |  |
.  |  |  | l:::::::::::::::::::/ /  |  |
  |  |  | ;:::::::::::::::/ /  l  .l
【呪いのレス】
憎い相手が書き込んでいる、潰したいスレがある。
そんな人はコピペでもいいので、このAAをageで貼り付けて下さい。
凄まじい会津の恨みパワーが必ずあなたの願いをかなえてくれることでしょう。

520 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:44:18
>>509
>こんな残酷な行為を土佐や長州は行っていた。

土佐人と土佐藩は分けて考えるべきだな。
土佐の藩論は別にゴリゴリの勤皇反幕ではなかった。


521 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:47:15
裏切りと借金踏み倒しは薩摩の十八番。

522 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:08:45
>517
<文久3年5月10日に幕府が攘夷馬鹿の孝明天皇に攘夷決行に踏み切ると上奏したのを忘れたか。 >

もともと「天誅」などの殺人に公卿たちもおびえきっていたし、
尊攘派にだまされた三条・姉小路が「攘夷決行」幕府に迫ったりしたことが過ちの元。
大体、孝明天皇の側近は国際情勢にも無知な者ばかりだったし、ろくな天皇に対しても進言をしていない。
当初、幕府が主張した開国政策をそのまま進めれば何の問題もなかった。すべて薩長の無知な横槍のせいである。

というか、攘夷を決行したのならば、意地にかけて外国に負けるなよ。
最初から幕府を倒す腹づもりならば、賠償金くらい意地で自分たちで払え。
幕府が攘夷を上奏したからといって、戦争を招き、その戦争に負けたのは自分たちのせいだろうが。

その後も偽札を発行して財源を蓄えたり、島民をいじめたり薩摩はやることが実に汚い。


523 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:16:17
会津の言葉は支離滅裂で、いつも意味をなさないですね。

524 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:23:53
>最初から幕府を倒す腹づもり
あのなー最初から幕府を倒そうなんて気は無かったんだよ。
久光も公武合体に力に協力していたのさ。

>尊攘派にだまされた三条・姉小路が「攘夷決行」幕府に迫ったりしたことが過ちの元。
無知な公卿達や田舎藩の横槍に迫られて決行する程に幕府の権威は弱まっていたのかい。
それじゃ滅んで当然だな。

525 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:24:51
敗戦の賠償金を幕府に出させ、そのくせ一方の手で敗戦の相手であるイギリスから
倒幕のための軍艦を購入するとは・・・・・・薩摩の武士道とはこんなものか。

526 :524:2005/07/19(火) 00:25:20
×久光も公武合体に力に協力していたのさ。
○久光も公武合体に協力していたのさ。

527 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:30:21
>>522
>尊攘派にだまされた三条・姉小路が

だまされたわけではないと思う。

528 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:30:32
結局、何といっても、一番かわいそうなのは、薩摩から搾取されたその周辺の島民ですね・・・・忘れられた存在ですが・・・

実にあわれ。非情なるかな、弱い者いじめの薩摩。

529 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:36:00
しかし、薩摩の悪事は際限なく出てくるな・・・。

530 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:36:29
>>524
>久光も公武合体に力に協力していたのさ。

確かにそうだが、それは島津が国政に参加したいという意志があった
からだろ。国政参加絶望と判った時点で 完全に倒幕に豹変した。
>>522が言うように「最初から幕府を倒す腹づもり」だったとは思わな
いが、外様という足枷を取り払おうと画策していたとは言えるだろう。

531 :日本@名無史さん :2005/07/19(火) 00:37:07
>>525
>薩摩の武士道とはこんなものか
あなたのいう武士道とはいかなるものでしょう?

532 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:45:34
薩摩が公武合体に協力したのは、自己の力をただ誇示したいがため。
腹の中は、利得勘定と自己顕示しかなかったと言えるだろう・・・・
薩摩の歴史とはそういうもの。
さすが、南の蛮国、薩摩である。


533 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:50:27
なんつーか…
会津ヲタの人間観って聖人君主至上主義的というかなんというか…

私利私欲がなく清廉潔白で徳の高い人間がどこかにいて
その人による徳の高い統治を望んでいるフシがあると言うか…

会津が権力握ったら、間違いなく日本は人治国家になってた。

534 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:53:30
会津が権力握れるわけがないだろう。
どう見ても薩長に比べてあらゆる点で劣っている。

535 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:54:05
人治国家?
会津は、あくまでも「法による支配」である。

536 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:55:18
>>533
会津藩家訓

一、法を犯すものは ゆるす べからず

537 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:57:49
>>533
会津藩家訓

一、大君の儀、一心大切に忠勤に励み、他国の例をもって自ら処るべからず。
  若し二心を懐かば、すなわち、我が子孫にあらず 面々決して従うべからず。

一、賄(まかない)をおこない 媚(こび)を もとむべからず

一、面々 依怙贔屓(えこひいいき)すべからず

一、士をえらぶには便辟便侫(こびへつらって人の機嫌をとるもの
  口先がうまくて誠意がない)の者をとるべからず

一、近侍の もの をして 人の善悪を 告げしむ べからず。

一、政事は利害を持って道理をまぐるべからず。
  評議は私意をはさみ人言を拒ぐべらず。
  思うところを蔵せずもってこれを争うそうべし 
  はなはだ相争うといえども我意をかいすべからず

一、社倉は民のためにこれをおく永利のためのものなり 
  歳餓えればすなわち発出してこれを救うべしこれを他用すべからず

538 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:02:02
>>537
ほとんど精神論じゃん。

539 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:03:53
>>538
薩摩の芋侍とは武士として、人間としての出来が違う。

540 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:04:42
>>539
なんだその反論はw

541 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:04:49
薩摩人気質として、多分、「結果」のためにはどんな「手段」を使っても肯定
されるという考えがあるのだろう。
そして、その「結果」とは、自分たちがとにかく得をしたい、人を踏み台にし
ても自分たちの意見を通して欲をつらぬきたい、ということを意味すると思われる。

デモを放置した自分たちの責任を転嫁し、かえって逆に日本を責める隣国:中国なんかと相通じる
ところがあるなあ。

542 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:06:06
城萌てると勘違いした、白虎隊‥‥幼兵や老兵しかいない会津。

543 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:15:46
>542
会津への悪口のつもりなのか?
それでも会津は果敢に薩摩と戦った。そこに武士の面目があるんだよ。

中野竹子を知っているか?
女だてらに薙刀を振るい、命を賭けて戦った戦士は、他の藩の歴史には絶対にない。

 もののふのたけき心にくらぶれば、数にも入らぬ我が身ながらも











544 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:18:16
>>541
会津人の特徴としては、テンパるとすぐに思考停止して
手段が目的そのものになってしまうことが挙げられるね。

545 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:20:10
山本八重子に撃退された薩長軍はイタイ。

546 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:21:50
>>541
そうだよ。相手がルールなんて守ってくれるか?
第二次大戦のアメリカを見てみろ。ソ連を見てみろ。植民地時代の欧米列強を見てみろ。

駆引きには老獪さが必要になる。
ただ精神論だけに凝り固まって、「卑怯だ卑怯だ」と喚くだけで、何も手を施せなければ滅びるのみ。

547 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:21:56
女子供を洗脳して戦闘マシーンに仕立てあげる会津って凄すぎ。
幕府軍20万人に包囲された長州だってそんなことしてないのに。

548 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:27:53
会津の悲劇には、自分の知り合いのアメリカ人さえ、涙を流した・・・・
外国人にも理解できる話が、同じ日本人に通じないとは・・・・

援助交際、いじめ、親父狩り、少年犯罪多発・・・・・
こうした人心のすさんだ今の日本人には、やはり会津を理解することすら不可能なのか・・・

しかし、闇の中でこそ、光輝くのは光芒だと信じたい。

549 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:29:40
    ッツmmmmmmmmミッ
   ッmmmmmmmmmmmミッ
  ッmmmmmmmmmmmmm
 ッmm          mmmmmミッ
mm,r':::    ミ;=     mmmmミッ
mm〈r",,ゞィ ´ヨ ●ヾ`、;::::mmmmミッ
mm,イ●ノ  "'ーヘヽ ヾ、;mmmmミッ
 mi'` i"ヽ ゛;;,` ゛'''"  ゛-';mmmミッ
  m) ゙・ ・'';;::..  _,,..-ー-ツ m
   〉,_,_,、,、_, _  イ'"   /ーゝ'
  . `i.j.j,j,j,tt゛i,jイj::ノ  ,.i' |
''''''''''''''トr,r,r,rrtf,ソ    j`〉`゛T''''''''''''''''
   l }゛ '"`'"   _,,..-";;/ / /.| |
会 |  |` `-ー--''"::::::::/ ./ |  |  津
   |  | | l:::::::::::::::::::::::/ ./ |  |
.  |  |  | l:::::::::::::::::::/ /  |  |
  |  |  | ;:::::::::::::::/ /  l  .l
【呪いのレス】
憎い相手が書き込んでいる、潰したいスレがある。
そんな人はコピペでもいいので、このAAをageで貼り付けて下さい。
凄まじい会津の恨みパワーが必ずあなたの願いをかなえてくれることでしょう。

550 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:30:59
会津戦争では会津藩は農民に畳を持たせて新政府軍の銃撃の盾にするとは・・・流石会津武士道だぜ。

551 :幕末徹底戦力比較:2005/07/19(火) 01:31:32
長州藩諸隊=薩摩武士>アームストロング河合>>庄内藩>>
>【壁】>洋装土方軍>>ゴリラ>新撰組
>会津藩正規兵=会津人間の盾畳農民
=会津女子供戦闘マシーン>ドンゴリ仙台人

552 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:32:04
独り善がりな会津の自己正当化は見苦しいだけです。

553 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:42:09
合津ヲタって頑固なのかバカなのかよく分からん。

554 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:55:41
>>548
お前、何も知らない外人を早乙女史観で勝手に洗脳すんじゃねーよ。

555 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 02:30:25
早乙女だ星だ五月蝿いなぁ。
薩長の土民はそんなのばっかり読んでいるのか?
だから電波になるんだよ。

556 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 12:16:46
>>550
鉄砲に頼った時点で薩摩は武士失格。

557 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 12:50:55
軍人としては合格。剣士隊と銃士隊に士魂の有無は関係なし。

558 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 13:34:22
会津の悲劇には、自分の知り合いのアメリカ人さえ、涙を流した・・・・
外国人にも理解できる話が、西国人に通じないとは・・・・

援助交際、いじめ、親父狩り、少年犯罪多発・・・・・
こうした人心のすさんだ今の西国人には、やはり会津を理解することすら不可能なのか・・・

しかし、闇の中でこそ、光輝くのは光芒だと信じたい。


559 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 13:39:38
>>556
あのー会津藩も銃に頼ってるんですけどー

560 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 14:13:07
>>558
心中お察し致します。勝てば何でもアリという風潮は嘆かわしい限りですね。。

美しく生きた会津武士に栄光あれ

561 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 15:30:51
>>560
無能な上層部を上に戴いたことが会津崩壊の根源ですな。
我々は会津の稚拙な政治力を反面教師にしなければなりません。

562 :錦の御旗:2005/07/19(火) 18:57:53
勝てば官軍!負ければ賊軍!

563 :ヤフオク出品中!!:2005/07/19(火) 18:58:52
『明治維新の偉人たち その虚像と実像』早乙女貢:著

1章 薩長の志士が醸成した“汚職”の政治風土
2章 現代の政治家・官僚にみる薩長の弊害
3章 お上意識に泣かされた国民の明治百年
4章 立身出世主義と教育の悪しき残滓
5章 無節操な時代風潮をつくった明治維新
6章 権利と義務感が欠如した日本人の体質

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r11665973

なんかこのスレでよく目にするような文字が並んでいますが、
会津信者の方必見の書です!!

564 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 20:33:19
  554
  >>548
  お前、何も知らない外人を早乙女史観で勝手に洗脳すんじゃねーよ。

アメリカ人の方が今の日本人よりもずっと純真で、日本的だよ。
武道をやっている人も多いし、日本人以上に日本人だね。

友人のアメリカ人は、会津の悲劇を、母国アメリカの地元でも周囲に
必ず広く伝えると約束して、アメリカに帰国していった。

しばらくして手紙が来たが、家族や近所の人は一様に感動して会津の話を
聞いていたとのこと。
母国(アメリカ)の歴史に詳しい彼の友人でも、女性や子供までが命を賭け
て一切の利害を顧みずに徹底抗戦した人々の例は、アメリカ広しといえども聞いた
ことがないということ。純粋無垢と武士の誇りはどんな西洋の英雄譚よりも人を
動かすとのことであった。

ちなみに、最初の548は自分だが、558は自分ではない。



565 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 20:44:40
あー…真実をちゃんと教えなかったんだね。可哀想なアメリカ人さん。
きっと、アメリカで会津なんて武士という身分にしがみつこうとしただけ。と馬鹿にされるだろう。
なにしろ、身分制度廃絶の苦しみはイタイほど知っているアメリカだからな。

566 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 20:49:50
つーか、ラストサムライで薩摩武士の方が受けが良いと思うw。

567 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 20:51:52
どなたか>>565を意味の通る日本語に補足、翻訳して
いただけませんか?

568 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 20:52:03
>>564
インディアンの抵抗と悲劇の歴史を忘れ去るどころか
意識すらしていないのが実に「今の日本人より純真なアメリカ人」らしいな。

>女性や子供までが命を賭けて一切の利害を顧みずに徹底抗戦した人々
>の例は、アメリカ広しといえども聞いたことがないということ。

正にそういう人々を踏み潰して発展してきたわけだが。
所詮、他所の国の他の民族の話だからそういうことが言えるんだよ。
武道やってるから云々とか日本人以上に日本人という言葉もおかしいな。

569 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 20:52:51
世界史を知らない会津ヲタには理解できないだろうね。

570 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 20:55:25
会津の悲劇など、アフリカの黒人奴隷の悲劇と比べればたいした事ない。

571 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:05:04
会津の悲劇は、薩摩の「裏切り」に抵抗し、いわゆる「時代の流れ」に反発し、
「忠義」のため、我が命をも顧みずに、武士として戦ったというあらゆる要素
が存在している。
確かに、世界史を見渡せば、悲劇と呼ばれるものは数多いだろうが、たいていは
単調な悲劇が多く、命を賭けて抵抗しかつ忠義に生きた戦士の歴史は、皆無とは
言わないまでも稀有であろう。

572 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:15:45
>>571
会津の忠義はあくまで徳川家に向けられたものであることを忘れてはいけない。
それは会津特有のものであり、別に他家が徳川家に忠誠を尽くす理由は無い。
なんとなれば徳川家が日本の支配者でなければならない理由は無いからだ。
まして幕府には難局を乗り切る能力と意思に欠けていた。

そして他の国での出来事を単調な悲劇と言ったり、徒に日本を特別視
するかのような言い方は余り良くないと思われる。

573 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:16:56
>>571
お前、何が嬉しくてこういう怪文書を流布してんの?
会津に対する嫌がらせか?

574 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:38:04
おめえら大日本帝国を作ったのは誰だと思ってやがんだ。頭が高い!!\(*`■´*)/

575 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:46:44
イザナギ イザナミ?

576 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:47:10
>573
>>571
お前、何が嬉しくてこういう怪文書を流布してんの?
会津に対する嫌がらせか?

何で、嫌がらせと言われるのかワケ分からんぞ。
確かに外国の悲劇を「単調な悲劇」としたのは、言い過ぎだったかも知れんが・・


577 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:53:14
洗脳を解くって、とんでもなく難しいことなのが分かるな。

578 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:59:21
太った野蛮人であるよりも
やせたソクラテスであれ

太った薩摩人であるよりも
やせた会津人であれ。

579 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:00:59
イメージだけで言うけど「太った薩摩人」って近寄りたくないな。
異臭がしそうだ。

580 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:01:14

俺が腹を切ることによって女子供の命を救えるなら喜んで、やる。


581 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:02:30
あああぁぁ、わけ分からん・・・

582 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:03:29
>>573
このスレ自体、怪スレ=ネタスレですからw

583 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:08:22
勤勉で名高かったはずドイツが、
今現在日本をも軽く凌駕する世界のニート大国で、
社民党(日本のとほぼ同じ)が
政権を担当する国に成り下がってしまったのは、
ベルリンの壁崩壊で赤一色になって帰ってきた同胞が
東ドイツから帰ってきたかららしいな。

教育とは恐ろしいものだ。

584 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:12:30
歴史の勉強を疎かにした連中のくだらねぇスレです。

585 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:15:38
今まで面白がって会津ヲタをおちょくってきたが、
よく考えたらいくら会津ヲタでも
ここまで露骨に痛い発言ばかりしてるとなんか臭ってくる。

ドンゴリ仙台人あたりが会津を貶れようとして
痛い会津ヲタを詐称してるんじゃないか?

586 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:18:31
つか、自作自演スレなんですけど?

587 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:25:18
>583
これは、あくまで自分一人の個人的な意見だが・・・・・・・・
ニートの人々に対して、今こそ会津の実践的教育が必要なのではないだろうか?
時代錯誤と笑われるかも知れないが、一理あるのでは?

別に、そのまま会津の家訓や藩の教育を現代に当てはめるのでは、決してない。
現代に適合し、アレンジしたものとして、そのエッセンスを取り入れたものを教育とするのである。
要は、中身のギッシリとつまった果実のような実践的な教育内容が重要。
詰め込み学習や知識だけの学習に偏らず、全人格的な教育。


588 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:31:00
>585
>今まで面白がって会津ヲタをおちょくってきたが

おちょくっているつもり?
やっぱり薩摩人はどこまでも不誠実で傲慢だね。

589 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 01:52:03
新選組!の薩摩は良く描かれすぎだろ?
実態はもっと汚い。

590 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 04:12:17
ドラマ、小説、漫画でしか語れないのか会津ヲタ。


591 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 04:42:42
>>587
なんか抽象的過ぎてよう分からん。
特に下4段なんぞどこでもやってそうな教育だが?
会津のカリキュラムなんか知らんし、そんな子供達を育ててどういう効果が出るんだ?
幕末みたいに、へタレになるのは御免だぞ。

つーか会津の精神論なぞ胡散臭い。
いざという時には子供達を戦線に送るわ。百姓に畳を持たせて人間の盾とするわ。

592 :591:2005/07/20(水) 04:44:37
×下4段なんぞ
○下2段なんぞ

593 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 09:12:37
白虎隊の悲劇から何も学んで無い会津人

594 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 09:25:49
なんでもかんでも会津のせいにする哀れな長州人。

595 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 10:41:33
>>585
ちっ、バレたか。

596 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 10:47:24
>>585
今度はこれまでの醜態ぶりの数々を、
仙台人になすり付けようというのか?
どこまでも最低なやり口だな、会津は・・

597 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 10:51:54
白虎隊も城下の火が城が燃えたとの誤算だったな。 近付いて見に行けよ!

598 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 10:54:47
薩長が憎い。薩長が憎い。会津は官軍。

599 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 17:14:51
天皇との攘夷を反故にしてた会津
武士道でつw

600 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 17:40:06
薩長は朝敵。会津は官軍!勝てば官軍。負ければ賊軍。

601 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 17:48:56
賊軍会津

602 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 18:54:26
薩摩は、九州内では、九州全ての県から嫌われている。

603 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:00:07
福岡ですが、薩摩は大好きです。

604 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:02:45
↑603

君、「変わった人だね」って、よく言われるだろ?

605 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:11:43
会津も他の県から好かれてないがな。
更に福島県内でも。

606 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:14:35
具体例が確認されているだけでも、戊辰当時は猪苗代農民に嫌われ、
現在は福岡県中通りの住民から嫌われてる会津。
奥羽越列藩同盟は、とても固い絆で結ばれていたとは思えない
ほどの脆い崩壊を遂げた会津。
戦争後の移封問題では、第一候補地の猪苗代住民に
ゴキブリのように忌み嫌われ猛反対されて、斗南しか行き場のなかった会津。

会津のプロパガンダによると、秋田藩等ごく一部の裏切り者を除いて、
今も昔も東北は一体となって会津の正義に同調してるはずなのにねw

周りの目ばっか気にして「みんな、僕の味方だよね?」と
必死になって連帯意識を押し付けてるくせに、
その仲間のつもりの奴から煙たがられてる会津って
かなりの小者だよね。

607 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:18:12
♪アイヤ〜会津磐梯山はよ〜宝の山よぁ〜

608 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:18:21
元秋田県民ですが、会津よりは仙台の方が嫌いです。


609 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:20:31
>>608
そんなあなたにおすすめ。

大砲が ドンと響けば 五里逃げる
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1121441951/

610 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:20:51
ていうか、前にも言ったけど、会津=福島じゃないのね。
特殊なのアソコは。はっきりいって相手にしてないからみんな。

611 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:30:55
なぜ会津は、薩長のみならず、他の各県や、同県内の中通りや浜通りの人を
怒らせるようなことをして喜ぶのだろう。

会津の中でも、喜多方から喜多方ラーメンを奪おうとしたり、
会津坂下地方の人を田舎者と差別したり、会津若松の人にはろくな行状を聞かない。

612 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:32:50
606はあちこち同じスレ。同じスレしか書けない長州人です。

613 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:36:09
>>612
一回しかコピーしてないっての。
会津人の誇大妄想は相変わらずだな。

まあ、こう挑発すると自作自演でコピペしまくるんだろうけど。

614 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:39:48
606のスレ
山 口 県
にも同じのが書いてあるけど…


615 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:41:39
>>614
一回コピペしたからそっちにもあるんだよ。
>>613で言ってるだろ。

616 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:56:10
606は心の狭い人。悲しい。

617 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:57:52
616は心豊かな創価学会員の方ですね。

618 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 21:21:50
この掲示板の会津・薩摩論争は結局、勝負がつかないので、
それぞれの代表者による、天然理心流 VS 示現流 での真剣勝負で
カタを付けよう。


619 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 21:24:33
会津だと天然理心流じゃないんじゃないか。

620 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 21:46:15
>会津藩に極秘のままに伝わる御式内という殿中護身武芸(合気柔術)が
>ありました。武田家は代々宮司で武道家の家柄でしたが、
>明治になって武田惣角は家伝の大東流合気柔術の奥儀を極め、
>合気という秘伝の技を初めて世の中に紹介し、密教修験道・陰陽道の
>神技も見せました。合気は歴史的大発見と言えるでしょう。

>柔道の創始者である嘉納治五郎と同じ年齢で、柔道はスポーツとして
>一般に普及しましたが、武田惣角は剣術の小野派一刀流と大東流合気柔術を、
>あくまでも武道として警察・裁判官・検事・陸海軍将校・武道家・
>名士などに教えました。柔道、剣道の最強対決で見せた神技は
>語り草になっている。

>福島県会津坂下町に生まれた武田惣角は、父と会津藩家老西郷頼母の
>指導を受け、全国を放浪しながら巡教し、
>後半生は北海道白滝村に居住しました。
>昭和18年、85歳で亡くなったが、生涯無敗の達人で、教えを受けた
>門人が書いた三万人の英名録が残っている。晩年は「今ト伝」
>「人間ではない」「天狗か鬼神か」と形容されました

621 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 21:48:30
佐川官兵衛、曰く

列藩同盟して戦う所以のものは君側の姦を除かんとするにあり。
西軍のなす所を見よ。

民の財貨を奪い、
無辜の民を殺し、
婦女子を犯し、
残暴極まれり。

これ姦族にして王師にあらず。

622 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 21:49:16
会津藩は最強!!

623 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 21:52:34
>621
薩摩の、「勝てば、官軍」とは、これ婦女子を犯しまくることか?

624 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 22:27:56
会津兵も北越から撤退するとき婦女子を犯し、暴行略奪しましたが。なにか?

625 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:17:35
気高き会津武士は、決して、
無理やり地元農民に畳を持たせて人間の盾として利用したり、
女子供を洗脳して戦場に立たせたり、
周辺の藩で焦土作戦のため放火略奪を行ったりはしていない!

斗南に飛ばされたのも、決して第一候補地の
猪苗代住民に略奪をして恨まれていたからではなく、
薩長に実勢7000石のところを3万石と騙されたからである!

626 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:20:01
>625
畳ブーメランでも喰らえ!

627 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:24:43
>>625
>>625
前半…回答「うそをついてはなりませぬ」

後半
なぜ旧領主の南部に実高を尋ねなかったの?
江戸時代には名目上の石高と現実の石高には乖離があった。
無理して、高い石高=高い地位を求めたんじゃないの?

628 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 08:55:57
>>623 支那と同じ言い分だなw

629 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 11:55:53
>>624
おまいの先祖が被害者w


630 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 15:03:16
>>629
加害行為を反省するどころか、
逆に被害者を嘲笑う会津人の道徳意識。

そんなことだから、長州に馬鹿にされても
誰も会津の味方をしてくれない。

631 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 15:08:24
薩長は真実を語るとボロが出るから会津をダシに使ってる。薩長は逆賊。

632 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 15:13:08
>>631
ネット上・現実世界問わず、行政・商工会・作家が一丸となって
「正義の会津、悪の薩長」という構図を
必死になって作ろうとしているにも関わらず、
あまりにボロが多いため薩長にダシとして使われてしまう会津w

633 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 16:23:49
>>632
御宸翰を見に行って来い。

634 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 16:50:07
御宸翰は会津鶴ヶ城に展示されてます。

635 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 17:29:13
>>633
で、それが何の反論になってるの?

636 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 17:47:16
会津が官軍
テロリストの主張と被るな

637 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 17:48:05
野蛮な長州は悪魔。

638 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 17:56:02
幼稚な意見が多いなw
錦の御旗に発砲した会津は、何を言い訳しようが逆賊です
これは揺るぎ無い事実
尚、長州は禁門の変で先に発砲してきた会津に対しての発砲であり、御所に発砲はしていません


639 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:00:30
会津恨が大噴火してるなw

640 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:12:12
恨み云々では無く事実
事実を事実として認めないから嫌われるんだよ

641 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:15:34
>>638
長州お得意の捏造キターーー

642 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:20:01
>>641 捏造ソースよろ

643 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:21:58
>>638
今でも京都御所に長州が放った砲弾の弾痕が残っていますが?
来島又兵衛が戦死したと伝わる場所は御所の内部ですが?

644 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:27:26
錦旗は玉松操、岩倉具視、大久保利通、品川弥次郎あたりが勝手に作ったものだろ?

645 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:29:51
>>643 おいおいw
長州が発砲したものか会津が発砲したものか解るのか?


646 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:30:12
>>644
東北人の苦しい屁理屈だな。
天皇が一枚一枚手作りしないと気が済まないのか?

647 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:32:41
>>645
まあまあ。会津人にしてみれば

孝明天皇が毒殺された証拠が出た=疑うことなく薩長の犯行

なんだから。
グレーゾーンはすべて薩長の仕業なのさ。

648 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:32:47
>>645
御所内にいて御所を守ってる会津が外側から御所に向かって発砲するわけねーだろ。
弾痕の方向を見て来い。

649 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:36:07
>>948 あれ?来島は何処で死んだんだっけ?
御所内に長州が入ってまつよw

650 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:39:31
すまん
>>948では無く>>648
まさか御所内に長州が入ってから、会津は発砲しなかったのかな?
それとも、パチンコ玉みたく『長州』って刻印でもあるとかw

651 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:41:00
すまん
>>948では無く>>648
まさか御所内に長州が入ってから、会津は発砲しなかったのかな?
それとも、パチンコ玉みたく『長州』って刻印でもあるとかw

652 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:42:07
いくら薩長でも、味方に対して
放火・略奪・強制徴用はしてないんだが。

思考停止した会津人には、そういう実質的な非道行為よりも、
「御所に向かって発砲した」という
人工的な道徳への違反のほうが重大問題らしいがね。

態度が気に食わなかったという理由で首を切った人間の頭を
便所に落とす行為を正義だと称賛する一方で、
御所に向かって発砲した、弾痕が残ってる、という事実を
まるでこの世の悪逆を尽くしたかのように騒ぎ立てる。

会津人の正義感って相当ヤバい域に達してると思う。

653 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:43:21
638は知識ゼロ?
岩倉と共謀して偽の御旗は作るは、追討の密勅まで用意してた?
長州は御所に発砲して何様?

654 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:51:16
>>653
苦しくなるとそしらぬ顔で話をリセットする会津人。
もうその妄言は何百回も聞いたわ。

655 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:55:25
>>649-650
御所内に入り込んだのを中から押し返した会津が、どうやったら外側から御所に向かって発砲するわけ?
アホですか?

656 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:58:57
長州は野蛮。幕末維新の本読んで勉強しろ!

657 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:59:42
>>655
御所の内部で戦死した長州兵がいるんなら、
それだけ戦場は入り乱れて混乱してたということだろ。

そんなに、弾痕がどちらによるものかって話が大切かねぇ…

会津はそんなこと問題にならないくらいの卑劣行為を
身内に向かって散々繰り返していたのに…

658 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:00:10
幕末維新の本といえはやはり早○女?

659 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:04:39
そろそろ第二次戊辰戦争勃発かな?

660 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:05:49
鳥羽伏見のときの錦旗は岩倉が西陣の職人に注文して急遽つくらせたもの。
ドケチな岩倉らしく代金を値切ったとか。

661 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:06:14
>>656
どんな本読んでるの?

662 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:07:15
>>638 幼稚な意見が多いなw
>錦の御旗に発砲した会津は、何を言い訳しようが逆賊です
>これは揺るぎ無い事実

薩長が許せないのは、卑怯なな手段で朝廷に取り入って錦の御旗を掲げ、
官軍を名乗って、裏切りと暴虐を重ねたこと。
これこそ、真の逆賊と言わずしてなんと言うのか。。
物事を形式ではなくて、実質で見ろよ。薩長!!



663 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:07:30
どんな本?書店に行けば幕末コーナーにそれなりの本があるやろ

664 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:07:39
>>659
会津はネットで挑発して吠えさせとくだけでいいよ。

生で会津と関わったら、またあることないこと
吹聴されて嫌がらせを受けることになるしな。

665 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:07:50
【長州人・難波大助の犯行声明】
「全プロレタリヤの味方なる新聞記者諸君、
権力階級の圧制と暴虐の道具――資本家階級の悪虐と搾取と非人道の守本尊
天皇一族の存在は日本社会革命を遂行するに当りての最大妨害物である
吾人青年共産主義者は死を決して天皇一族鏖殺の為めに力を尽すべき事を宣言す、
    (中略)
神秘と虚偽で固めたる、呪ひの日本帝国よ、
人の屑なる天皇を、物の見事にぶち殺し、赤旗高く宮城に、
掲げる時は来りけり、起て労働者振ひ起て、無産の民よ蹶起せよ、
悪虐無道の資本家に、残忍無比なる官権に、最後の鉄槌打ち下し、彼等の息をいざ止めん、
全プロレタリヤは俺れの同志である」

ttp://www.angel.ne.jp/~mutuki/daisuke/dai_seimei.html

666 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:08:57
いつの時代も長州は国賊

667 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:12:22
薩摩は、おとなりの宮崎県からも嫌われています。
佐賀からも沖縄からも嫌われています。


668 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:16:52
>>667
幼稚なファビョり方だね。
別に好かれてようが嫌われてようが関係ないよ。

周りの地域に「みんな僕の味方だよね?」って
連帯意識押し付けて回ってる会津ならではの小者っぷりだね。

669 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:16:59
後に反乱を起こすくせに薩摩は佐賀を見捨てたしな。

670 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:18:09
>>667
同県の奄美からも嫌われています。

671 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:19:55
西郷隆盛は、江藤新平が嫌いだった。
江藤の「一緒に乱を」との呼びかけを無視。

672 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:21:40
西南戦争ではあえて陸路を取って熊本、人吉を焦土にしました。

673 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:23:20
要するに、九州では、福岡県以外は、みんな薩摩を嫌っている。

674 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:25:02
内乱が好きな薩摩と長州!

675 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:29:15
     ∧_∧∩   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/ < 先生!長州ヲタが薩摩を煽ってます
 _ / /   /    \________________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \  
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||

676 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:29:19
熊本県南阿蘇村には芋征伐で奮戦した元会津藩家老佐川官兵衛を称えた
鬼官兵衛記念館があります。

677 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:29:26
もう長州にはかないません。敵無しです。

678 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:29:42
偽札発行と挑発が好きな、薩摩は九州で嫌われている。

679 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:21:02
>>662
いや、あのな…薩長の考えた倒幕の勅命は、大政奉還でぽしゃってるって知ってる?
鳥羽伏見の錦の御旗は、幕府軍が戦争を仕掛けてきたから下ったものだってばw。
岩倉が戦争しなければ新政府に徳川家を迎えると言って、慶喜も戦争を起こすまいと大阪城に移ったのに、
会津のアフォが京都へ軍を送ったりするから徳川家もイイ迷惑w。

680 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:33:47
理屈はともかく、暴虐の限りをつくした、薩長は許せん!

681 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:39:54
>>679
すべて、薩長のあおりと挑発が原因。


682 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:40:24
薩長は陰謀で明治新政府を成し遂げた。

683 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:45:43
陰謀、ダマシ、挑発、嫌がらせ、朝廷への偽りの甘言、に長けた才覚が
あったことについては、薩長を認める。

684 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:47:37
今日も会津デーかよ・・・

685 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:48:59
>>662 禁門の変で長州に対して会津も同じ事やってまつよw

686 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:52:13
幕末の知識も分からない野郎は語る必要無し!

687 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:52:38
>>685
御宸翰を見て来い。
長州のようなストーカーの独りよがり拉致監禁とは違うんだよ。

688 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:54:30
会津の卑怯な手とは『攘夷』をダシにした事
する気も無い攘夷を約束し、朝廷を取り込んだ。
卑劣極まりない

689 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:55:07
孝明天皇の直筆!見ても理解できないよ〜

690 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:55:49
>>684
薩長の田舎者は知らんのかもしれないけど、
今年は「あいづデスティネーションキャンペーン」をやっていて、
首都圏の駅構内とか会津のポスターが沢山張ってある。
http://www.aizu-furusato.com/dc/

691 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:57:23
会津は朝廷を心から崇敬し、おもねりや偽善はない
天子さまを天として崇敬しつつも幕府への忠義と武士道に生きた藩である

利得のために、周囲を利用し、天子様まで己のために利用する薩長とは一線を画する。

692 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 20:58:14
>>679 関係なくないか?
錦の御旗が偽物でもね
だって偽物って認識無く発砲した訳だろ?
朝廷に刃向かうつもりがあった動かぬ証拠
逆賊です

693 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:00:59
>>687 それは長州からすれば結果論
天皇から嫌われてるなんか知らんのだから
単に、天皇の言う『攘夷』を忠実に慣行しようとしただけ
寧ろ、考明天皇が我が儘な低能ってだけだ

694 :会津藩の怨念:2005/07/21(木) 21:01:25
猪苗代か、下北か
家名再興の地の選択をさまられたとき、会津はあえて北を目指した
不毛の土地と、厳寒の白い世界
飢えと寒さでたくさんの命が斗南に消え、血涙とめどない怨念の流浪がはじまる…

695 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:01:32
>>692
偽物と言う認識はあっただろ?
東軍は最後まで薩長方を賊と呼んでいました。

696 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:02:07
>>691 つまり会津は会津の為でなく、幕府の為に朝廷を利用した訳ね
まさに犬

697 :会津藩の怨念:2005/07/21(木) 21:02:42
猪苗代か、下北か
家名再興の地の選択をさまられたとき、会津はあえて北を目指した
不毛の土地と、厳寒の白い世界
飢えと寒さでたくさんの命が斗南に消え、血涙とめどない怨念の流浪がはじまる…

698 :会津藩の怨念:2005/07/21(木) 21:03:23
猪苗代か、下北か
家名再興の地の選択をさまられたとき、会津はあえて北を目指した
不毛の土地と、厳寒の白い世界
飢えと寒さでたくさんの命が斗南に消え、血涙とめどない怨念の流浪がはじまる…

699 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:04:15
>>696
出来もしない攘夷を行って国を滅ぼすのが真の国賊。
下関や鹿児島を砲撃された後は手のひら返してイギリスに擦り寄ったくせに何言ってんだ?
この売国奴が!

700 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:04:21
>>695 無いよw
錦の御旗は本物だが、朝廷の意志を利用した賊と言い訳してるだけ
禁門の変で敗れて、逆賊とされた長州と同じ言い分

701 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:05:10
>>690
俺は東京人だから駅貼りは知ってるけどな。ウチワも配ってたな。
しかし会津なんか誰が行くんだよ・・・
薩長への粘着ネタをもっとPRした方がいいんじゃないかw


702 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:06:16
しかも薩長が行った攘夷とやらは軍艦には手出しせず、民間人惨殺や商船砲撃だからな。
チキン野郎だな。

703 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:07:12
>>691
幕府へ忠義を尽くすのは会津の勝手だが、それは武士道ではない。

704 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:09:52
>>699
対抗してフランスに擦り寄ったくせに何言ってんだ?
おまけに借金までしてんじゃねえよ。
この売国奴が!

705 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:17:18
>>703
サムライとは、主君に仕え、忠義を尽くすもの。
まあ、宮本武蔵みたいな人もいるが、通常、武士は、武士社会の中で
サムライのつとめを命を賭けて果たすことだ。

「幕府」への忠義がいけないと多分言いたいのだろうが、薩長は、
近代兵器に頼って、暴虐を尽くし、己の利益を図っただけ。
薩長が「官軍」を気取るのは勝手だが、何の義もない。

706 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:17:46
紛い物で安物の錦旗にビビッテしまうほどに当時の幕府軍は脆かったんでしょ。
滅亡は当然。

707 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:18:55
>>676
その記念館は、黒川温泉の「会津資本ホテルによる宿泊者差別事件」が発生してから、
来場者がほとんどいない。
現在、熊本人は会津人を憎んでいるよ。

708 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:19:26
戊辰戦争で西軍と会津軍との双方に多くの戦死者が出たが、この時、西軍の将兵は丁寧に埋葬されたのに対し、会津藩士および一般人の死体は戦争が終わってからも放置されたままだった。
西軍側の民政局の
手をつけた者は厳罰
という令により、道々には見るも無残な死体が置かれたままにされ、それは時がたつにつれ腐敗し、鳥獣の食い荒らすに任されていた。
この非情な扱いには武士道など正に皆無であり、あまりの処置に多くの会津藩士が怒りに燃えた。
戦死者の魂に線香をたむけることも禁じられた。この怒りが武士道に生きた会津藩士や会津人の心の中に
怨念
として永く生き続けていくのである。

709 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:20:14
>>703
長州を討てと言うのは孝明帝の御遺志です。

710 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:25:12
>>704

幕府は、苦渋の決断だったが、開国を主張したが。
攘夷派・関鉄之介らは井伊大老を殺害し、その後、攘夷がさかんになった。
幕府は、当時の世界情勢から、到底攘夷は無理だと悟っていた。

薩摩は、借金どころか、賠償金を幕府に支払わせ、イギリスに擦り寄って
軍艦や兵器をしこたま買い取った。その金というのは幕府や周辺の島から
掠め取った金など、あらゆる汚い金である。偽札を発行するのもためらわ
なかった。

711 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:25:33
>>705
その概念は江戸期に作られたもの。
幕府への忠義はいけなくはない、ただそれを他藩が共有する理由が無いだけだ。
武士社会云々も同様。
保科正之の遺訓は会津を必要以上に縛り付ける結果ともなった。
遺訓を柔軟に解釈できる人物が居なかったのが会津の悲劇。

徳川幕府は250年間、己の利益を図り、将軍を守る為のみ存在してきた。
多くの大名家を好き勝手に取り潰し、転封し、財政的にも精神的にも苦しめてきた。

712 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:27:24
>>710
擦り寄ったことには変わりないが。
おまけに幕府がした借金は明治政府が支払ってる。
日本を代表する政府としては当然だがな。

713 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:28:32
>>710
それ以前に薩摩は500万両の借金を踏み倒しています。
商人を集めて「借金を返すから証文を見せて」と言って、
集めた証文を焼き捨てて証拠隠滅を図ると言う極めて悪質な手口で。

714 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:29:18
>>705
ただ、武士は政(まつりごと)に携わる以上、民衆への責任も付き纏う。
統治者たる君主が無能または民に災いの禍根となるようならば、家臣が主君を出し抜いてもよい。
要は民の為に政治を遂行することが「禄を食らう」武士の最大の義務。
主への忠義はその次だな。

715 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:29:18
明治維新はクーデターで成り立った。薩長中心の明治新政府は、さまざまな醜い部分や真実を歴史から消し去り、謀略によっておのれを正当化したのである。
その後、明治新政府は
冨国強兵
殖産興業
という政策により軍国主義の道を歩み始めた。
こうしてこの百年間で幾多の戦争を引き起こし、多くの犠牲者を出した事は多くの人々の知る事である。
日本の悲劇は、薩長を中心とする人らによって政府が作られた時からすでに始まったと言ってよい。

716 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:29:19
あくまで東京人の俺の印象だが、
ウチの会社(一応有名大企業)では、東北人は使い物にならないダメな奴が多い。
山口、九州はかなり優秀。大阪人はダメな奴と出来る奴が両極端。
北国でまともな人材配給地は北海道だけだな。

いくらここでいきがっても会津人なんてしょせん底が見えてるw

717 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:31:03
>>716
×東京人
○上京人
だろ?
薩長辺りの出身か?

普通、東京出身の人間は自分の事を東京人、関東人とは言わずに都民と言う。

718 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:31:15
>>713
そのあとちゃんと返済してるよ。
時間はかけたがね。
借金しといて潰れる幕府のほうが悪質。

719 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:32:52
>>718
嘘コケ。
証拠がないからと言って、大幅に割り引かせたじゃないか。
何を寝言を言ってるんだ?

720 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:34:31
>>718
それに割り引かせた借金だって完済してないだろ?
250年払いにしやがって!!

721 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:35:13
>>719
元本は返済してる。
利子については当時の慣習で、ある程度以上は切り捨て。

722 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:37:28
>>721
無利子で250年払いにしたじゃねーか。
完済予定は2085年だぞ。
それすら維新のどさくさで踏み倒しやがって。

723 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:37:33
どっちにしろ戦後のハイパーインフレで完済しようとすれば出来るし、大体もう時効だろ。


724 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:38:15
>>712
別に擦り寄ったとか、借金したこと云々自体よりも、薩長のあまりの
節操のなさと行動の矛盾、敵国におもねる情けなさが問題なのでは?
偽札発行まで出てきたら、信義どころの話ではないでしょ。
全部いいとこどりで、うそつきで、信義に背いたやり方だ。

幕府が滅亡した後の借金を支払うのは当たり前だよ。幕府が滅亡して
いなかったら、幕府がそのまま払っているよ。別に幕府のせいではない。
支払わなくてもいいが、外国の信頼を損ね、主権国家として認められない
だけだろう。どうせ、薩摩なんか、金を作るのは上手いんだから。なんてことないよ。

725 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:38:42
年収が14万両しかないのに、500万両も借金を作るんじゃねーよ。
馬鹿たれが。

726 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:39:57
>>717
東北人が必死に屁理屈を考えたようだw

727 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:40:29
>>724
幕府はでフランス軍の介入を要請しようとすらしたんだがな。
立派な外患誘致だよ。

728 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:40:33
薩摩があくどいと言う事は良くわかった。
しかし次から次によくこれだけ悪行が出てくるな。

729 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:42:17
関係ないけど、
亀山藩の松平信正公は男前やね〜

ビジュアル版 最後の藩王見て思いました〜

とても昔の顔には見えませんな〜惚れ惚れ〜

730 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:44:11
薩摩は、偽札発行については、どうこたえるんだよ?

通貨偽造罪は、今でも重大犯罪だぞ!

731 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:45:00
長州の御所発砲は
北から乾門、中立売門、蛤門、下立売門で、当時は中立売門を除いた三つは現在より内側にあり、蛤門は南に向いていた。
門を繋ぐようにして大小の公家屋敷がある。
長州兵は蛤門の両側に連なる八条家、石川家、勘修寺家などに押し入って激しく銃砲火を浴びせてきた。
これらの屋敷の東側は空地を隔てて禁裏の塀である。弾丸は容赦なく塀に飛来。まさに長州は野蛮人。

732 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:45:15
だが、現代の会津人は他人を思いやる心がない。
例えば19時頃に会津野郎が誇らかに取り上げた熊本の鬼官兵衛記念館だが、
現在、館長は会津人の所業に怒り心頭なのさ。

理由は、会津人が運営するホテルが、近所の黒川温泉で宿泊予定者を
「ハンセン病なんて汚らわしい」と言って追い出し、
さらにその罪を熊本に着せて、さっさと撤退したから。

昔の会津は知らないが、少なくとも今の会津人は
残虐非道な人面獣心の連中ばっかりだと思う。

733 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:50:29
>>730
まてーい!
戊辰戦争の時、会津も偽金作って戦費に充てているぞw。

734 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:53:33
西郷札 西郷札 西郷札

735 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:54:59
会津札スーパーK

736 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:58:27
>>714

それは、戦後の偽善的な民主主義での話だろうが。
しかも、武士道とは直接関係がない。
まつりごとは、為政者の仕事。勿論、一般の武士も現代で言えば、官僚組織的な
面に生きていたが、それは通常、「武士道」について語るのとは別の局面の話だ。

というか、当時の江戸幕府や大名が民衆のことを何も考えていずに、搾取
ばかりしていたというのは、薩長の作り出したウソゴト。明治新政府をいか
にも良く見せるための演出のウソである。昔の農民はアワやヒエばかり食べて
重税に苦しんでいたなんてウソごと。





737 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 21:59:14
会津は今でも偽札刷ってそうだなw

738 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:02:04
薩摩は幕府には貿易の都合上、琉球通宝を造るといいながら、天保通宝を造っていたのだった。
その額年間100万両。
にもかかわらず借金500万両。
証文を焼却して証拠隠滅、大幅に減額させた上に無利子で2085年までの250年払い。
しかも維新のどさくさでそれすら踏み倒す。

何だこいつら?

西南戦争でも薩軍は通称西郷札と呼ばれる贋金を作っているし。


739 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:03:34
>>736
>それは、戦後の偽善的な民主主義での話だろうが。
え?

740 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:03:55
会津の偽札も知らずに薩摩を叩くとは、
よっぽど無知なんですねwww

741 :基本です。押さえておきましょう。:2005/07/21(木) 22:04:45
会津の偽札は綺麗な偽札、薩摩の偽札は汚い偽札
幕府の借金は綺麗な借金、薩摩の借金は汚い借金
会津派の孝明天皇は正しい天皇、薩長派の明治天皇は操り人形
会津の賊軍は誤った判断、長州の賊軍は正しい判断
八・一八は綺麗なクーデター、王制復古は汚いクーデター、
錦旗への発砲は正義の発砲、蛤御門への発砲は邪悪な発砲、
会津の武備恭順は正しい恭順、長州の武備恭順は許されない恭順、


742 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:05:07
>>740
ここは薩摩の悪行について語るスレで会津は関係ありません。

743 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:06:29
孝明天皇御宸翰

堂上以下、疎暴の論、不正の処置増長につき痛心に堪え難く、内命を下せしところ、すみやかに領掌し、憂串掃攘、朕の存念貫徹の段、まったくその方の忠誠にて、深く感悦のあまり、右一箱これを遣わすもの也

744 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:06:52
>>733

薩摩は、平和時でもセッセと偽札を作っていた。

745 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:07:23
嘘つき会津の本領発揮ですなー

黒川温泉の一件といい、会津の人面獣心は知れ渡るばかりです。

746 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:07:34
会津は直ちに偽札作りを止めろ!

747 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:09:43
薩摩は芋面獣心だけどな。

748 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:12:15
会津人による、黒川温泉の差別問題をスルーし続ける、哀れな会津

749 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:19:16
さすが薩長はクルクルパー?140年前と変わらない?

750 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:20:18
黒川温泉の事件では患者側と従業員側は和解してる。
患者たちは営業を再開してほしいとも言っていた。
経営者はトンズラこいて自分達だけ再就職、全く無視だけど。

751 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:24:46
>>741

物事を単純に対立化して書くんじゃないよ。
これじゃ、何にも知らない人が見たら、会津は独善と勘違いされる。

だいたい会津と薩摩は同等のレベルには、ない。
その背景や動機、程度についてよく検討しなければ、
比較対照とは到底なりえないよ。

会津と薩摩は、ともに問題はあったかも知れないが、会津における例外的な
ものを強調して、薩摩の病理的体質的なものを同等に論じるな。

例えば、偽札なんて、会津においてはあくまで、どこにでもある「例外的事例」
だが、薩摩のそれは、常態的、病理的体質的なものだ。第一、その規模も異なる。
どの社会にでもひずみは絶対にある。会津にもあったことは認めるが、病理的な
体質のものとは違う。

というわけで、>>741の図式は、皆に誤解を与えるから、ヤメレ。



752 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:26:48
宿泊拒否はホテル経営側による命令だった。
まったく、救いようのない経営者だよ。

その経営者とつるんでいたのが中村彰彦だったので、
事件以来中村彰彦は、あれほど褒め称えていた鬼官兵衛記念館を
まったく無視しているそうだ。

753 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:27:04
751はネタだよな?

754 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:27:08
明治維新はクーデターで成り立った。薩長中心の明治新政府は、さまざまな醜い部分や真実を歴史から消し去り、謀略によっておのれを正当化したのである。
その後、明治新政府は
冨国強兵
殖産興業
という政策により軍国主義の道を歩み始めた。
こうしてこの百年間で幾多の戦争を引き起こし、多くの犠牲者を出した事は多くの人々の知る事である。
日本の悲劇は、薩長を中心とする人らによって政府が作られた時からすでに始まったと言ってよい。

755 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:29:57
>>751
>>741は嫌味のつもりで書いたもんだしな。

ちなみにそのレス(>>751)、結局は自分の主張したいだけのことを
まるで何かの理由づけであるかのように書いてるってこと、自覚してる?

会津の書き込みっていつもそんなんばっかりで、
ハタから見ててもかなりうんざりするんだけどさ。

756 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:30:35
>>752
中村彰彦が噛んでるのかよ・・
ひどい話だ。

757 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:31:40
会津の重税&飢餓&食人は些細な事であり、
薩摩の病的体質とは本質的に異なる。
根拠は会津は性善であり薩長は性悪だからだ。


758 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:32:47
会津は戦争でも政争でもいいとこなしで負けたからな。
忠義とか武士道とかの、どうとでも言えることしか問題にできないのはしょうがない。

759 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:36:00
もともと、そのホテルのコンセプトが、
「佐川官兵衛を称える地と、流行の黒川温泉をセットにして
 会津厨房の九州における拠点を建設する」ということだったから、
中村彰彦にとって、日頃の劣情を燃やす対象だったのだろう。

760 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:36:45
ん〜w
会津厨はいつもイイ感じに自己中心でつねw

761 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:39:00
宿泊拒否のホテルの問題について一言。
たまたま、問題起こした人が、会津人だったんだよ。
むしろ、会津を離れていたのは、会津の風土や気質に適合しない人だった
のかも。
北海道だって、犯罪者はいるだろうし、
沖縄にだって、右翼的な考え方の人はいる。

どこにだって例外的な人はいるもの 

むしろ、固定的な先入観で、鬼の首でも取ったようにこの事件を会津攻撃に
利用する了見の狭さの方が問題なのでは?

鹿児島県でも、いくらでも犯罪者はいるだろう?

751にも書いたけど、もっと客観的な批判をしろよ。

762 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:41:44
バカかお前、こんな事件会津以外で起きるかよ。

763 :マコーレーカル禁:2005/07/21(木) 22:42:33
あ〜い〜ず〜磐梯山は〜♪

とても傑作な民謡残しているじゃないの!!



764 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:42:37
実際は双方武士道などそっちのけで殺しあっていたが、
王政復古で旧幕府・会津は旗色が悪くなると武士道を持上げて
新政府側の非道をあげつらうようになった。

765 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:43:12
>>761
だが、経営者も会津だし、経営者が全ての責任を熊本に着せて逃げ去り、
会津は正義だと言い張っているのも事実なのだよ。

熊本の人たちは、このホテルの経営者と、
経営者が旗印にしてきた会津そのものに不信を抱かざるを得ない、と思う。

766 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:44:04
明治維新はクーデターで成り立った。薩長中心の明治新政府は、さまざまな醜い部分や真実を歴史から消し去り、謀略によっておのれを正当化したのである。
その後、明治新政府は
冨国強兵
殖産興業
という政策により軍国主義の道を歩み始めた。
こうしてこの百年間で幾多の戦争を引き起こし、多くの犠牲者を出した事は多くの人々の知る事である。
日本の悲劇は、薩長を中心とする人らによって政府が作られた時からすでに始まったと言ってよい。

767 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:46:06
酒を飲まし、一人を相手に背後から集団で襲撃する必殺戦法は新撰組のお家芸。
こんな新撰組を背後で操る会津藩の武士道って一体…

768 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:46:59
>>761
会津ヲタは、日本史の知識の有無以前に、
日本語能力や論理的思考力に欠陥がある奴ばかりだな。

>>751のどこからも「もっと客観的な批判をしろよ」
なんてメッセージは読み取れないぞ。

だいたい、このシリーズのスレは木を見て森を語る
お国自慢板のようなスレなんだけどさ。

スレの遊び方も分からない、
かと言って真面目に批判可能性のあるちゃんとした文を書けるわけでもない、
そんなお前がなんで書き込みなんかしてるの?

769 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:47:17
長州の御所発砲は
北から乾門、中立売門、蛤門、下立売門で、当時は中立売門を除いた三つは現在より内側にあり、蛤門は南に向いていた。
門を繋ぐようにして大小の公家屋敷がある。
長州兵は蛤門の両側に連なる八条家、石川家、勘修寺家などに押し入って激しく銃砲火を浴びせてきた。
これらの屋敷の東側は空地を隔てて禁裏の塀である。弾丸は容赦なく塀に飛来。まさに長州は野蛮人。

770 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:49:02
戊辰戦争で西軍と会津軍との双方に多くの戦死者が出たが、この時、西軍の将兵は丁寧に埋葬されたのに対し、会津藩士および一般人の死体は戦争が終わってからも放置されたままだった。
西軍側の民政局の
手をつけた者は厳罰
という令により、道々には見るも無残な死体が置かれたままにされ、それは時がたつにつれ腐敗し、鳥獣の食い荒らすに任されていた。
この非情な扱いには武士道など正に皆無であり、あまりの処置に多くの会津藩士が怒りに燃えた。
戦死者の魂に線香をたむけることも禁じられた。この怒りが武士道に生きた会津藩士や会津人の心の中に
怨念
として永く生き続けていくのである。

771 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:51:57
返事もできずにコピペ荒らし開始ですか。

772 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:53:42
>>770
敵に情けを期待するのは武士道ではない。
会津のはあくまでも徳川に去勢された武士道。
真の武士道とは鬼畜生と言われても勝つこと、それが戦国以来の武士道。

773 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:55:15
たまたま最終回だけ見てたうちのおかん(長州出身)が
「主人公につらくあたる役が薩長の長にばっかり振られてる」
と憤慨していた

敗者に優しい、いい人のふりをする偽善者薩摩は許せん

774 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:58:48
>>773
そうか?
あのドラマは薩摩のほうがかなりえげつなく書かれてたが。
途中まで味方だったのに裏切った、っていう点で
薩摩のほうが悪者にしやすかったんだとは思うが。

775 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:59:31
長州人は会津よりもむしろ、おいしい所だけ持っていこうとした薩摩を嫌ってる。
まあ西南戦争であらかたブチ殺して一応身の程は教えてやったが。

776 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:04:40
>>768

薩摩人の書き込みもみんな根拠薄弱で、論理が破綻しているぞ。
どんぐりの背比べだ。

777 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:06:03
>>776
それで黒川温泉の一件について、会津側の見解は?

778 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:07:40
>>699 会津も攘夷でつよw

779 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:09:07
>>709 考明天皇だってw
無能の意志がどうした?

780 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:09:59
今…薩摩と長州は仲いいの?

781 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:12:27
会津が妙な電波を放射するから、結束するしかないわな

782 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:12:39
>>774 見方?
薩摩が何時佐幕になったというのかと
薩摩は『勤王』の思想から会津と行動にしてただけ
会津と同盟関係すら結んでないから
出直せw

783 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:14:58
>>699 だいたい、朝廷には『攘夷・攘夷』と吠えながら、会津は攘夷したの?
何が武士道だよw
敵前逃亡が会津のお家芸

784 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:16:19
>>777

まあ・・・その人が会津藩士の子孫かどうかしらんが、会津の風上にも
置けんというが俺の本音。

悪いところは悪いと、潔く認めることも武士道。
昔の会津藩の教育を忘れたか!と、その人に言いたい。





785 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:19:03
いつまで続くこの争い!いつもトップコーナー

786 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:20:12
んで、容保は何故腹を斬らなかったの?
武士道云々なら潔く腹を斬るべきだろ


787 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:23:13
中村彰彦も、散々そのホテルを「会津精神を九州人に教育する」と言って
持ち上げてたんだよね。逃げ回るのは良くないと思う。

788 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:35:49
あのホテルって会津のプロパガンダ施設だったのかw

789 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:36:40
会津への批判は、そのまま他藩、とくに薩長に当てはまること
を自覚せよ。
会津がなぜ、新政府にとって敵でありながらも延々と語り継がれ
ているのか?
・・・・いかなる言論よりも、この実体的事実がすべてを物語っている。
いわゆる勝ち組による捏造の歴史でさえも、会津の歴史を人々の記憶から消すことはできないのである。

会津を批判するのならば、小手先でもってせず、確実な物証を持って批判せよ。


790 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:42:24
単なる判官贔屓よ。

791 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:44:25
>>789
会津を批判する物証はさっきから出まくっているよ。
君もホテルの話をしようぜ。

792 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:47:46
>>789
当てはまらねーよ。
毎度毎度長文でくどくど
何の説明にもなってない怪電波飛ばすな。

小学校に戻って国語の勉強やり直して来い。

793 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:50:43
↑792
野蛮人です。

794 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:57:55
>>791

ホテル?
あんな事件は、会津とは何の関係もないのでは、ないでしょうか?

795 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:00:42
なんでもかんでも会津に結び付ける幼稚な人…

796 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:06:00
鹿児島の人間ってなんか明るくて豪快なイメージがあるから、
「ちまちま2ちゃんやってるやつが薩摩にもいる」というだけで
なんかビックリだわ(w

797 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:06:48
薩長人にとっては、やっと自分が批判されずに「会津の弱点」と思えるところ
を見つけたということなんだろうねえ〜。
でも、会津人の歴史や武士道とその特異な事件とが一体ど〜いうつながりがあるの
か、証明してくれよ〜。


798 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:06:57
薩長を敵視する会津の恨気風の中でしか起こりえない特異な事件だな。

799 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:07:47
>>796
風通しの悪い、恨の精神に蝕まれた山奥の会津人が
2chで工作しまくってるのは、まさにイメージどおりだな。

800 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:07:53
>>794
中村彰彦が「会津精神を九州人に知らしめる場」と呼び、
経営者が「我ら会津の心をお見せします」と謳い、
その実、ハンセン病の元患者を、従業員は気にしなかったにもかかわらず
経営者の一存で問答無用で宿泊拒否し、
問題が明らかになると即刻閉鎖し従業員を解雇し、
全てを熊本のせいにして経営者は逐電し、
経営者は地元では相変わらず「会津は正義」と叫んでいる。

という事実があるのに、会津と関係ないと言い張るつもりですか?

801 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:09:13
明るくて豪快は世間向きのイメージで薩摩隼人の本質は陰湿。
つまり薩摩隼人こそ2ちゃんねらーの代名詞みたいなもんで

802 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:10:12
ここは恨気質の人が集うスレですか?

803 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:11:12
>>800
もうやめなよ。
こいつら多分、夏休みになって
夜更かしできるから2chやりだした思春期の中学生だって。
今までの会津電波と少し毛色が違うしさ。

804 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:11:27
だって会津人ですもの

805 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:18:20
あのホテルの事件は、あくまでも個人が起こした特異な事件

会津の歴史には何の関係もありません。

オウムの麻原にしろ、ザインの小島にしろ、みんな個人の犯罪。
会津だけが責められる言われはない。
そーいうのを言いがかりといいます。

806 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:19:40
>>780
良いわけでも悪いわけでもありません。はっきり言うとあんな田舎は
ノットオブ眼中であります。

807 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:20:17
うん、会津人という特異なパーソナリティを持った個しか起こし得ない事件だね。

808 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:20:26
会津社会があの経営者を物心両面から支えている件については?

809 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:25:15
>>808
それこそ、デマそのもの。

なんで九州の果ての熊本くんだりにある施設を会津人みんなが物心両面から
支えなきゃならんの?

810 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:27:49
経営者は会津の名士ですよーん
そいつの野望が「会津の妄想を九州で広める」ということ。
あのホテルは、そういう施設だったのさ。

811 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:29:10
809は池沼か?

812 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 01:56:54
会津人は恨国人と呼称するべき民。

813 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 02:02:58
>>812
早く定着させないと、またいつものように会津人がパクって
長州とか薩摩が恨国人ってことにされてしまうぞ。

814 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 10:34:14
>>800
>・・・という事実があるのに、会津と関係ないと言い張るつもりですか?

会津とは、やはり関係がありません。
その経営者が、勝手に何を言おうが関係ない。すべて個人の責任。

会津が、その事件を肯定したの?
例えば、その事件後、会津の新聞や地元の人々が「その経営者の主張は正しい」
などと主張したりキャンペーンを張った事実があれば、話は別だが。(そんな事実はないし。)





815 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 10:41:42
>>768
>だいたい、このシリーズのスレは木を見て森を語る
>お国自慢板のようなスレなんだけどさ。

だいたい薩長のお国自慢なんて、何かあるの?
結局はつまらん自己満足だろ。
>>761を批判するのもいいが、まず、そのことを考えろよ。


816 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 10:54:14
屋久島って鹿児島県?
会津贔屓だけど、屋久島には行ってみたいな。そこしか羨ましい所
ないけど。

817 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 11:01:18
>>816
無論、鹿児島県。屋久杉が有名だ。
ちなみに、関係ないが、沖永良部島(おきのえらぶじま)も鹿児島県。

818 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 11:15:44
>>817
教えてくれてありがとうございます。
屋久島はいつか行ってみたいです。大変そうだけど縄文杉見たい。

でも、やっぱり会津贔屓なので薩長にはいいイメージないや。

819 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 11:20:43
別にイメージ変える必要はない。
しかし、無知はいかんよ。
薩長のイメージを変えろとはいわないが、少しは薩長の事も知っておいたほうがいい。


820 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 11:22:19
>>818
マジスレだが、お国自慢板の方が色々と教えてくれるだろう。ここは日本史板だ
個人的に好きなのは鹿屋の航空基地と知覧の特攻基地の資料館だな


あとは幕末維新史跡だ

821 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 11:35:42
>>818
>でも、やっぱり会津贔屓なので薩長にはいいイメージないや。

>>817だけど、おれも実は会津贔屓。
でも、敵を知ることも重要だ。
示現流記念館(東郷重位記念館)なんかも、面白い。





822 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 13:12:54
>>814
全国でそのホテルの悪行が伝えられているのに、
その経営者が自分たちの側にいるにもかかわらず、まったく報道しなかった責任を
会津人は考えるべきです。会津人は彼をかばい、全てを熊本になすりつけています。
会津人は差別を後援している、そう結論付けるのが現状では正しいと思われます。

823 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 22:05:31
>>702 軍艦には手出しせず

長州の事を言っていると思いますが、
徳川家茂が朝廷に攘夷決行の期日とした1863年5月10日に
長州藩(久坂玄端)によって初めて攘夷が行われたました。

確かに最初の標的となったのはアメリカ商船「ペムブローグ号」でした。
しかし5月23日にはフランス軍艦「キンシャン号」を砲撃していますし、
5月26日にはオランダ軍艦「メジュサ号」を庚申丸、葵亥丸で交戦して30発余りを
当て、死者4名、重傷者5名の被害を与えています。



824 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 02:41:06
>>822
ずいぶん詳しいんだな。
事件後、なんか腹いせみたいに問題のホテルを
経営者がとり壊させていたのをテレビでみたよ。
そのときには経営者がどこの誰かは知らなかったけど、
嫌な感じだなぁとは思ってた。

825 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 08:33:48
夏休みになると増える会津厨。
所詮奴らはガキしかいねーかw。

826 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 14:52:30
彼らは武士道とか忠義とかでしか強く出られないから、多少ガキ臭くなるのはしょうがない。
本当はいい大人の方も含まれてるんですよ?

827 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 18:14:29
武士道に年齢関係なし

老若男女、皆、集うべし

828 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 18:18:58
武士道っつっても、捏造された恨国人の武士道でしょ
そんなのノーサンキュ

829 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 08:07:12
真実なるものは、常に、孤独で、誤解を受け、いわれのない中傷、誹謗、捏造
時には迫害すら受ける。

真の武士道とその歴史も、かくの如し・・・・・



真の武士道

830 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 09:17:38
この会津厨特有の「迫害される自分に酔ってる感」がどうにも・・・きもい。
そんな大事な武士道なら、こんなところに書き散らして自ら価値を落とすようなことはせず、
心の底に秘めておけばいいのだ。

831 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 09:19:33
と、いいますか・・・まだ続いていたのかこのスレ・・・マゾが楽しんでいるんだろうなあ。

832 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 10:30:39
会津厨、負け認めないのか?

833 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 10:32:14
西郷さんは好きになれないなぁ〜w

834 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 10:35:17
判官贔屓の国民性なんだから、忠臣蔵、義経に続き、会津の志士達を扱ったドラマも
見たいよね

835 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 11:14:44
正しい歴史観なんてハナっから無視して、
早乙女に思う存分恨(ハン)全開で大河を書かせたら
とんでもなく凄い大河が出来るんじゃねーのw

836 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 12:14:46
832へ
認めるって何を?会津は戊辰戦争に負けて賊軍になったけど何か?

837 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 12:17:14
>>833
おんしの好きな幕末史の人物は誰かね?

838 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 15:50:55
>>837
<LOVE!>
土方歳三、沖田総次、百虎隊、松平容守、孝明天皇

<HATE!>
徳川慶喜、勝海舟、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允、岩倉具視

839 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 16:10:10
LOVEのわりには、白虎隊も容保もまともに漢字覚えてないのねw


840 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 16:27:29
>>838
沖田総司の漢字も間違っているんじゃないか?

841 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 16:38:51
それが会津クオリティ

842 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 16:41:17
いくら何でも釣りだろ?>>838

843 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 16:42:14
そっとしておいてやれよw

844 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 16:45:00
>>838
だいたい、何でLOVEな会津&新選組が全部、漢字間違っていて、
HATEの方が、正解なんだよ!?


845 :838:2005/07/26(火) 00:10:10
>>839-844
ぷぷぷ
たかが字を間違えただけで
そのまで鬼の首を取ったかのように騒げるなんてw
薩長ヲタってほんと野蛮。
新撰組や会津の足元にも置けないねw

846 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 00:14:18
間違え杉だろw

847 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 01:04:44
土方好きって、西郷、大久保、木戸は好きなんじゃねーの?
慶喜のことは心底嫌いだろうけどw

848 :838:2005/07/26(火) 01:14:56
>>847
そうなのか?
まだまだ研究不足だったようだ…

849 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 03:12:51
>>847
それは「ひじかた」好きじゃなくて「どかた」好きだな。

850 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 03:23:08
キンシャン号砲撃事件

 5月23日の早朝、今度は下関海峡の東に停泊中だったフランスの連絡艦キンシャン号が、下関の長州藩砲台から砲撃を受けます。

 ここには、それまでの18斤砲をはるかに上回る破壊力を持つ、24斤加農

砲が3門設置されていました。

 続いて軍艦庚甲丸、葵亥丸も発砲しながら接近してきたために、キンシャン

号は備砲で応戦しつつ、玄海灘に脱出します。

 この交戦によって、キンシャン号は将校1名が負傷、水兵4名が死傷という

損害を出したのです。

851 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 03:28:19
メジュサ号砲撃事件

 数日後、総領事ホルスブルークを乗せて長崎から横浜へ向かうオランダ軍艦

メジュサ号が、同じ下関でまたも長州藩の攻撃を受けます。

 メジュサ号はキンシャン号から、攻撃を受けた事実を聞いていたものの、

長年に渡って日本と友好関係にある自国の艦船が攻撃されることはないだろうと←長州人は、血も涙も無い、キチガイ・テロリストです。
------------------------------------------------------------------------
判断し、一応の戦闘準備を整えた上で、26日の早朝に下関海峡に入ったので
--------
す。

 しかし、長州藩砲台と2隻の軍艦はメジュサ号に襲いかかり、30発もの弾

丸を浴びせかけました。武装、装甲、速力とも、長州軍艦をはるかにしのぐメ

ジュサ号でしたが、狭い海峡でしかも逆潮のために操艦が思うにまかせず、そ

うこうするうちにマストや煙突に損傷を受け、死者4名、重傷者5名という被

害を出す結果となってしまったのです。それでも、かろうじて豊後水道へと逃

走することができました。

852 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 03:32:50
米仏軍艦の報復

 メジュサ号を撃破したことで、長州藩の過激攘夷派は気勢を上げます。けれ
ども、それも束の問でした。長州藩の海軍と砲台は、米仏の艦隊、それもわず
か3隻の軍艦による報復攻撃を受け、壊滅的な打撃を受けることに。

 6月1日、横浜を出向したアメリカ海軍のコルベット艦ワイオミング号は、
下関沖に進出すると、長州軍艦と交戦、庚申丸、壬戌丸の2隻を撃沈、葵亥丸
を大破させます。

 長州艦隊は、軍艦とはいえ備砲3、4門の商船改装機帆船にすぎず武装に大差のあるワイオミング号の敵ではありませんでした。
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
 ワイオミング号の艦長マック・ドーガルの狙いは、陸上砲台よりも長州軍艦
の撃破にあったため、その後は亀山砲台に砲撃を浴びせてこれを大破させると、
南方へと走り去っていったのです。

 続いて、6月5日になると、今度はフランス海軍のフリゲート艦セミラミス号が、
タンクレード号を伴って下関海峡に侵人し、長州藩の諸砲台を撃破します。

 前田砲台に、240メートルの近距離から直撃弾を浴びせ、大砲を破壊した
両艦は、260名の陵戦隊を組織して上陸させ、砲台を徹底的に破壊するとともに、近くの前田村と慈雲寺にも攻め込み、
これを焼打ちすると、悠々と引き揚げていったのです。

 そこには、まさに圧倒的な軍事カの差がありました。

853 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 03:55:25
元治元年8月5目、英仏蘭米の四ヶ国連合艦隊が、長州藩に対して本格的な攻撃を開始しました。
軍艦18隻、備砲288門、兵員5014名からなるこの艦隊は、開戦後1時間で長州砲台を沈黙させ、長州は完膚なきまでに打ちのめされることになります。


元治元年7月27日、28日の両日、香港から移動してきた1300人のイギリス陸軍部隊とイギリス軍艦四隻が警護する中、
横浜を出航した四ヶ国連合艦隊は、一路豊後水道をめざします。
その兵力は軍艦18隻、砲288門、兵員5014名という強力なものでした。

 8月5日午後4時10分、四ヶ国連合艦隊の攻撃が開始されます。

旗艦ユーラリアス号が初弾を放ったのに続き、全艦が一斉に長州砲台に砲撃を浴びせると、ほば一時間でほとんどの砲台は破壊されてしまいました。

 すでに欧米列強の軍艦は、炸裂弾を発射する最新式の施条砲を装備していたため、破壊力も小さい長州砲台の旧式の青銅砲の射程外から、
思うさま攻撃を加えることができた結果でした。

 1日おいた7日、長州藩が再び下関を封鎖することができないように、四ヶ国艦隊は上陸部隊を編成し、残った大砲弾薬の廃棄を行います。

 2600名の上陸部隊は、各地の砲台に上陸し、大砲は破壊した上で、火薬と砲弾を廃棄してしまったのです。

 こうして下関戦争は、長州藩の惨敗に終わります。


 長州藩はこの戦いによって攘夷の不可能を知ったのです。←長州人の知能指数は、エテ公レベルでつ。www
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

854 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 05:17:15
薩摩の人たちは、もっと自分の朝鮮文化に誇りを持っていいと思う。
犬を食べるのは残酷、なんて価値観は一部の国の「常識」に過ぎない。
薩摩名物の一つであるポシンタン(犬鍋)についても、キムチ同様
日本における本場の味として堂々と宣伝すべきだろう。

855 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 07:15:34
>>847
そんなことは、絶対ある分けない。そんな決まりもない。
・・・・徳川慶喜のことは嫌いかも知れんけど。

納得するな。>>848



856 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 07:19:56
徳川慶喜の行動には、がっかりというか腹立つことは納得できるな。
でも、薩長を恨みに思う心とは全く異なる。

857 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 09:28:40
慶喜は王政復古のクーデターを中根雪江から聞いて三日前に知っていた。
しかし、何もしなかった。
これでは、小御所会議にて、その会議に慶喜が呼ばれていない事を糾弾し、
必死に慶喜の新体制参画の道を開こうとしていた山内容堂が可哀相。

旧幕軍海軍奉行であった榎本武揚は維新後、新政府にて大臣として働いたが、
明治期にあった慶喜と一緒に写真を撮る機会を拒んだという。一説では、彼は
慶喜に愛想を尽かしていたと囁かれている。
慶喜に恩がある渋沢栄一が公伝を作る決心をするまで、旧幕臣が慶喜について
公式な記録を残そうとしなかったことからみても、旧幕臣達や容堂のような
慶喜援護の旧大名らの慶喜に対する心情は複雑であったとみてよいのでは
ないだろうか?

858 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 16:06:07
慶喜と勝は裏切り者だもの。殺せばよかったんだよ。

859 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 16:25:59
しかし、このスレタイで長州を叩く会津厨
必死だなwww

860 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 16:29:24
>>858
明治時代、その勝が慶喜の監視をしていたんだよなぁ・・・。
何という皮肉w

861 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 18:08:50
慶喜公は44年の長きに渡って隠居生活を多彩な趣味で過ごして…生活費はドコから入ってきたの?

862 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 19:56:17
明治維新直後
静岡藩の隠居としての収入で生活。
廃藩置県後
政府からの棒給=隠居収入で生活。
復権後
公爵としての資産を新政府からもらって生活。

863 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 20:05:05
>>857
松平春嶽にも動いてもらっていました。
下手に慶喜が動くと、会津が暴走しそうだったので慶喜は大阪で彼らを押さえていた。
江戸から主戦派の家臣が着たら、もう止められなかったけど。


864 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 20:07:12
>>861
亀之助から援助を受けていたという説を聞いたことがあるけど、
本当かどうかは知らん。
慶喜にもそれなりに蓄えはあっただろうけど、いかんせん長生きなので、
どこからかの経済的援助はあっただろうと推測する。


865 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 20:11:34
静岡藩からかなり出てるでしょ。
一族なんだし。蓄えはあったのかなぁ?。
江戸城の武器や金品は徹底抗戦派の脱走組が持ち逃げしているようなw。


866 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 20:11:35
水戸から将軍をだしたのが間違い
家康が予期してたかのような結末だ

867 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 20:11:44
旧幕臣は慶喜公の隠居後の優雅な生活に怒ってたようで…
大政を奉還した慶喜公の行いはこれでよかったんですか?

868 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 20:12:59
>>866
とんちんかんが紛れ込んだなw。
ま、間違いというなら代案ぐらい出してみ?

869 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 20:14:44
>>867
敗軍の将、黙して語らずだよ…

870 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 20:15:47
>>867
後ろめたいから静岡から30年間も出なかった

871 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 20:25:59
牛肉・豚肉、鳥撃ちの獲物、毎朝朝食前に,甘い焼き味噌をまぶした田楽、
ドラ焼煎餅、富士見軒の西洋料理、永坂の更科の蕎麦、鯛の目玉の佃煮、
鯛の塩汁、お菓子は「風月堂」の特製品、ベッタラ漬、「ハマヤ」のふき豆、
お雑煮は小松菜入りの鴨(本鴨)雑煮、春には,土筆ごぜん、雪が降ると雪見豆腐、
刺身は白身か鮪、煮魚は鰈、青魚は嫌い、日曜の朝はパン食、バタートーストと紅茶、
時にコーンフレーク、味噌汁には砂糖を入れる、鯛、鰹、鮃などの刺身、雲丹、海鼠、
鶏卵の半熟、酒はかなり飲んだ、保命酒、少量の白葡萄酒、桑酒などを晩酌に、
煙草は薩摩の刻みを少し…

慶喜は食やセクースの快楽に惚けるために幕府を滅した。
旧幕臣からすれば慶喜の小市民根性は汚らしく見えただろうね。

872 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:21:35
>>863
春嶽は徳川幕府の為には動いてないだろ。
慶喜個人、いくら広げても慶喜が当主に居座る間の徳川宗家の為
くらいにしか受け取れない。
会津や主戦派の幕臣がどうたらも何も、新国家の要職就任という
エサを目の前にぶら下げられた慶喜が、幕府という自分のカンパニーを
崩壊させてもかまわないからそのエサにありつきたいという態度だった
ことが、カンパニーのメンバー=幕臣や会津・桑名勢から白眼視される
原因だろう。もし、一家の長たる父親が、自分の保身の為に家族を捨て
たら、仮にそれしか父親の生きる道がなかったとしても、家族は父親を
父とは思わない。そういう心情だろうな。

それで、本当にエサにありつけたらのならまだしも、薩摩の
「慶喜打つべし!」の方針でポストもオジャンになったのだから
どうしようもない。
しかも慶喜の前にエサを吊る下げた人間こそ、春嶽だろ。
薩摩の実情を呑み込んでなかった時点で、春嶽も役立たずだな。
薩摩が慶喜打つべしと思うのは当然。家族を捨てる父親なんぞが
新政府に入ろうとすること自体、おこがましい。



873 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:25:18
>>872
徳川と会津の関係を家族になぞらえているところが気持ち悪い。
やはり会津は江戸時代の化石となるべきだったな。

874 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:30:18
>>873
アホはちゃんと勉強しようねw


875 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:34:00
>>872
つまり幕府を潰したのは薩長ではなく、慶喜であると言いたいのか?

876 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:39:07
>>875
将軍が慶喜でなければ幕府は徹底抗戦。
薩長に勝ち目があったと思う?

877 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:50:23
>>876
875ではないが、そもそも戊辰戦争のような大規模な内乱が
起こったかどうか?
ここの点で、すでに意見が色々ある。
また、戊辰の役に関しても、もし幕軍が勝っていたら…?と
考えている研究者も多い。慶喜の研究をしている松浦玲も
「私が興味深く思っているのは、薩長はとにかく天皇を担ぐしか
なかったんですが、エンペラー慶喜は天皇を担ぐ必要はなかった。
そういう点でも、慶喜が勝っていれば新しい日本が出来ていた
可能性があるわけです。」と語っている。
(↑の「エンペラー」とは、徳川エンペラー制のこと。)


878 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:51:15
>>872
春獄は徳川家を明治新政府に招くために奮闘しているよ。
無知をさらすだけだから、まずは勉強してから反論してくれ。
ついでに言うが、幕府は会社ではない。どーしよーもなく別の物。
そのたとえ話しは単なる妄想の産物でしかないよ。


879 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:55:31
>>877
それ無理。将軍家は天皇から下される称号だから。
天皇を担がないのなら、将軍の称号もなくなる。
戦国期の徳川の様に実力があればまだしも、幕末の頃の徳川家の
戦力では諸藩が将軍家ではない者の言いなりにはならないよ。

880 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:58:58
>>879
とすると慶喜の大政奉還が間違いだったということになるね。

881 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 21:59:10
>>878
>春獄は徳川家を明治新政府に招くために奮闘しているよ。

だから、「徳川幕府の為には動いてない」という事じゃないか。
よく読め。

882 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:01:26
>>879
松浦玲は「将軍として」という話はしてないわけだが。

883 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:12:15
>>878
幕権維持と徳川家の権力保持は同じじゃないってば

884 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:12:25
関が原の合戦でも薩摩の連中は、初めから逃げる事だけを考えて、合戦の最中は兵力を温存していました。
味方の出撃要請にも応じず、逃げる段階になって初めて動いた。

885 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:21:30
>>883
公議政体論者の春嶽が幕府の為に働くのはおかしい。
慶喜とも春嶽は微妙な関係だった。
雄藩の参与会議を潰したのは慶喜だから。

886 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:31:20
>>884
石田光成が少数の薩摩軍を冷遇したからだろ。
家康打倒の策は島津義弘から出されたが、
光成がこれを却下。
総力戦になった場合の家臣造反の忠告もしてる。

887 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:32:44
春嶽は自分のために動いたの。
幕府のためでも国のためでもない。

888 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:37:05
>>887
そうとも言えるな。
いや、春嶽を責めているのではない。
皆、自分のために動いていたのだから。
ただ、京都守護職を断って容保に回し、摂海警備総督委任も断固
固辞というあたり、上手いと思う。

889 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:58:12
>>885
>雄藩の参与会議を潰したのは慶喜だから。

結局、慶喜は何がしたかったのかわからないなあ〜
だから幕府も潰れたのかw

890 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 23:36:28
お前ら勉強しなおせよ。
一から全部説明しろってか。頭痛いぞ。
特に>>880-881
お前らは、まったく理解していない。
大政奉還後、徳川幕府は幕府ではなくなるが、
実質的に幕府と同じ権力を持つ方法を慶喜が画策している。
西郷が恐れたのもそれだ。
春嶽は幕府の為に働いている事だってそうだ。
大政奉還前に、土佐藩と共に幕府を中心とした公武合体に働いている。
大政奉還後は、土佐藩と元に徳川家の為に働いている。幕府の為に働ける訳がない。
大政奉還後に幕府は無いんだから。バカかこいつら。

891 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 23:40:50
>>885
松平春嶽は鳥羽伏見直前、福井藩兵を上洛させ土佐藩兵と合流、
薩長軍と旧幕軍の間に陣を置いて戦いを阻止しようと手配をするが、
陣を引くまえに戦争になった。

892 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 00:24:08
>>890
>実質的に幕府と同じ権力を持つ方法を慶喜が画策している。

領地が減るのに、何故、同じ権力が持てるというのだ?

>西郷が恐れたのもそれだ。

それを恐れているのなら、何故、徳川方の勢力(尾張など)を
王政復古のクーデターに参加させているのか?
徳川新政権を恐れるなら、徳川に荷担する人物そのものを
まずクーデターや小御所会議から排除すべきではなかったか?
>>890が主張するように「徳川家の為に働いている春嶽」などは、
むしろ、会津や桑名同様、薩摩側から敵視されてしかるべき
だったのではないか?

893 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 01:14:02
>>863が元凶でしょ。
慶喜にクーデターのことを漏らしたのが他でもない松平春嶽なのに。。。
3日前に聞かされた慶喜にすりゃ、「よろしくね」としか言いようがないよ。
それが動いてもらってたっつーことになんの?
本当に徳川のことを考えてんのなら、もっと前に知らせろっつーの。

894 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 01:17:33
実際に徳川慶喜の依頼で松平春嶽はクーデター直前に何か動いたの?

895 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:00:25
辞官、納地をうやむやにして王政復古のクーデターを骨抜きした春嶽が、
叩かれるってどういうことよW


896 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:01:23
>>894
俺は知らん。
佐々木克や家近良樹は、慶喜は王政復古クーデターを事前に知って
いたのに何もしなかった、と著書に書いているので。
863はそう主張する何らかの根拠があるのだろう。

897 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:03:42
>>895
慶喜は叩かれているが、春嶽は別に叩かれていない。

898 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 03:02:56
春嶽じゃないけど、同じ公議政体論者の後藤象二郎が、
中山忠能を慶喜首班論で説得していた事と、春嶽や容堂や後藤が参加する事に
期待していたから、慶喜は安心してたんじゃね?
実際小御所会議は、西郷の糞度胸のお陰で成功したようなもんだし。
ついでに、春嶽がクーデターを知ったのは、12月5日の夜の後藤からの知らせだから6日(王政復古のクーデターの三日前)以前に知らせるのは不可能。


899 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 09:17:06
>>898
>慶喜は安心してたんじゃね?

安心しちゃって何もしなかったというわけかいw
慶喜らしいなw

900 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 11:18:01
おいおい、じゃあ、会津を使って宮城でも囲めってか。
下手に動いて土佐や越前まで敵にまわしたら全く意味が無いだろ。


901 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 11:38:59
>>896
佐々木克や家近良樹の名が出てくると、厨スレもぐっと日本史板のスレらしく
感じられる。それはさておき、佐々木克は慶喜のことを厳しく書いている。
大久保利通の孫・利兼の弟子である佐々木をしても、全面的に慶喜を擁護する
のは難しかったようだ。
慶喜に関しては、松浦玲や家近良樹のように研究対象として興味深い人物であ
るとして実際に研究をしている学者でも、慶喜の人間性には疑問符が残ること
を認めている場合が多い。ましてや小西四郎や吉田常吉のような御大からは、
かなり辛辣に批判されている。
 それもこれも、結局は慶喜の徳川幕府の主、徳川一門の主としての意識が
ヤリ玉にあげられているのであり、研究者達の慶喜批判と維新後の旧幕臣達の
慶喜への冷淡な視線は同根である。

>>898
慶喜が今更ながら公議政体論にすがろうとするのなら、せっかく形になろう
としていた参与会議をつぶさなければ良かったのだ。この時、慶喜は春嶽や
久光を「天下の大愚物」と罵って彼等の面子を潰した。自らの幕府内での
立場を維持するために参与会議を潰し、幕府が駄目になると自ら罵った相手
にすがって命を繋ごうとする。その場しのぎで大局観に欠け、自らの信念と
生命を賭けて何か事を成そうという人間ではなかった。この点で、既に薩摩
や長州に負けていたのだと言えるだろう。



902 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 13:16:38
新門辰五郎親分の娘を慶喜公は嫁に?

903 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 19:36:28
倒幕を一番したかったのは薩摩でも長州でもなく実は慶喜だったのではないだろうか。


904 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 19:44:51
>>903
もともと将軍にはなりたくなかった男だからな。

905 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 02:29:11
舟形の戦いで背後の山から攻撃され、
味方の誤射だと思い込み、
旗を振りながら「味方じゃ!味方じゃ!」「薩州!薩州!」と叫び、
振り返してもらった旗によって敵だとわかった瞬間、
反撃もせず大砲を置き去りにして一目散に逃げ去った薩摩軍。

しかも負けた責任を新庄藩に擦り付けている所がイタイ。

906 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 08:06:56
薩摩厨ウザイ

907 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 19:20:57
一番の裏切り者大悪人は、勝海舟でしょ

908 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 15:45:25
薩誅剤でも撒いておきたくなるスレですね。

909 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 01:47:35
>>907
大正解!

910 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 02:47:16
>>907>>909
なんで?

911 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 09:50:51
小栗の徹底抗戦を真っ向から反対した。
ていうか、あの時点で薩長は資金が底をついてきた。
幕府の近代的な軍隊との衝突を避けたんだ。
ナポレオン軍隊の指揮官から何年も訓練を受けてきた
最新式の武器を扱える2000人の精鋭との戦争を
回避させた。薩長にとっての大恩人。しかもただで
江戸城を明渡してくれたんだよ。
しかも、勝は榎本海軍が長岡を助けようとしたのを引き止めた。
これで長岡藩は海からの援軍がなく、敗れてしまう。
東北への援護も反対。
怒った榎本が北海道に向けて出発したのは会津が落城する
一ヶ月前だよ。
それまで勝が止めていた。
勝は薩長の英雄だよ。
今までがいい例だ。
徳川瓦解に尽力した御仁たちは最近まで英雄だったな。
勝も英雄の1人さ。
薩長のおかげで日本は天皇崇拝の軍事国家にされてしまった。

912 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 09:53:47
>>911はもちろんネタだよね(w

913 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 10:27:55
勝はジュール・ブリュネの力を恐れた。
皇帝ナポレオン三世から勲章を受けたフランス軍お墨付きの中尉。
「ラスト・サムライ」のモデルはブリュネ。
小栗はブリュネ率いる伝習隊を使って徹底抗戦をしたかった。
それを止めに止めたのは勝。
彰義隊も上野でやれと誘ったのは勝。
一日で壊滅できた。
薩長にとっては大英雄の勝海舟。
徳川幕府を瓦解させた大悪人となる。




914 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 10:50:37
>「ラスト・サムライ」のモデルはブリュネ。
オールグレンは西南戦争勃発時、鹿児島に在住していたアーネストサトウがベースになっているんだけど。

915 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 11:15:31
竜馬暗殺の黒幕が西郷ってマジ?

916 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 11:42:14
>>915
確証すらねえよ。所詮陰謀説を採りたがる香具師らの眉唾に過ぎん。
大政奉還後薩摩は吉井友実を竜馬の元に派遣し、
幕府方に目を付けられていて危険だから薩摩藩邸に匿おうとさえしている。

917 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:20:58
新撰組か見廻組の仕業とされてるね。
近藤は最後まで否定してたけどね。

918 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:23:56
>>914
アーネスト・サトウはイギリスの外交官で、英国公使館の通訳士。
軍人じゃないよ。
スパイではあったけどね。

919 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:34:58
>>917
おーい竜馬を見てても、どうも薩摩藩が見回り組に内通して…って感じな気がする。


920 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:37:49
>>917
キティを除いて、今時、新撰組説なんか信じてるヤツなんていないだろ。

921 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:45:16
>>917
古いなあ、、、
見廻組が実行犯、黒幕は薩摩とグラバーさ。
西郷の名前が挙がるのは、坂本を殺したと自主した男を
擁護した人物に西郷の名前が残っていたから。
新選組は3人ぐらい無実の罪で斬首されてるよ(近藤含)。

それまでグラバーに操られていた坂本竜馬が英国の陰謀を知り、
倒幕派から公武合体派に変わった。
坂本がいるとロスチャイルド(グラバー)の計画していた大規模内戦が
出来なるなるとして平和的に改革を進めた坂本を薩摩と暗殺した。

大政奉還をした徳川慶喜公に向かって、この身をささげても徳川公を
守りますと和歌にした。
新選組にとって徳川を擁護するようになった坂本を殺すわけがない。

だが新選組を犯人にした方が、倒幕派にとっては何より都合がいい。
倒幕派は一気に士気があがったからね。

922 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:47:02
>>919
長州征伐以来犬猿の薩摩と見廻組がどう内通出来るんだ?
去年の大河みたいに漏洩しても疑いすら抱かないのも怪しい

923 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:47:13
>>911
慶喜がそんな勝にそれなりの地位と発言権を与えていたのだから致し方ない。
そもそも徹底抗戦を主張する小栗を免じたのは慶喜。
つまり、勝や小栗のレベルの話ではない。

924 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:54:46
>大政奉還をした徳川慶喜公に向かって、この身をささげても徳川公を
守りますと和歌にした。

その保護策の実体はどれ程のものだったのかな?
残すとしてもトップの慶喜と優秀なテクノラートぐらいで
学の無い力仕事中心の下請け連中は即リストラだろ。
まぁ新撰組の竜馬暗殺は否定する。
彼らは第三者として幕府の権威失墜の首謀者・竜馬の死を喜んでいるのは事実だし。

925 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 13:17:25
>>924
>彼らは第三者として幕府の権威失墜の首謀者・竜馬の死を喜んでいるのは事実だし。

ただの伝聞を「事実」と断言するからには、信用に足る何らかの新史料
でも発見したのかい?

そもそも新撰組に幕府の権威失墜の「首謀者」という認識があったと
言えるのか?せいぜい幕権否定派として暗躍している人物の一人という
程度の認識しかなかったのではないか?近藤は永井尚志からいろいろ
聞いていただろうが、後藤に接近していたことを考慮しても、近藤的
には龍馬よりも後藤の方を重要人物と見ていたと言えるのではないか?
しかし、その後藤に近藤が語った話をみると、近藤は幕府権力否定には
同意しないものの、己が幕府側の人間になってしまった事に多少の後悔
の念があるようなニュアンスのことを吐露しているので、徳川という枷
を取って考えれば後藤達にも理があるとは認識していたのではないか?




926 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 13:25:39
徳川慶喜公はイギリスの仕組んだ内戦を回避させるさせるために
江戸城を明渡した。これによって戦争で大利益を貪ろうとした
グラバーが大量の兵器をイギリスから買い付けたまま倒産してしまうんだ。
勝と慶喜はここだけは意見があった。
会津はじめ東北は薩長の立身欲と征服欲のために潰されていく。
最近まで一緒にソバを食ってた井上や伊藤らがいきなり天皇に取り入っているのを
目の当たりにみるとどうしたって立身欲の士気があがるわな。
人を殺せば殺すほど手柄になる。もう止められない勢いだったのだろう。
戊辰戦争は行き着くところ西南戦争、さらに第二次世界大戦で終着している。
これは日本史上最悪の内乱だと思うな。
トップの人間の判断が間違うととんでもない悲劇になる。
小栗の言う通り、徹底抗戦していれば、、
いまとなってみては タラ、れば 論だが。

927 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 14:13:00
幕議で非戦の姿勢をとることが決定したのは慶喜達が江戸に戻って
暫く経った1月半ばのことだけど、1月3日の時点では、慶喜はヤル気
満々だった。
しかし、6日夜に慶喜は軍艦に乗って江戸へ帰ってしまった。
要するに、旧徳川幕府勢力の命運は3日から6日に決定したんだよ。
少なくとも慶喜自身の脳内ではすでに決定してしまったのだと思う。
江戸に戻ってからの幕議で、いくら小栗や榎本武揚が徹底抗戦や
積極反攻策を叫んでも、慶喜の中で決定してしまっている以上、
もう遅かったんだよ。


928 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 21:43:41
>>913
>彰義隊も上野でやれと誘ったのは勝。
おいおい、どっから出てきたそんなソース。
あくまで薩長を威圧する材料でしかないだろ、彰義隊は。

開戦しない程度に威圧してくれるのが勝の理想だったはずだが。

929 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 21:45:44
最近、増えたな>>921みたいな副島史観。

930 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 23:11:11
>>929
ソエジイの本って面白すぎるからね。

931 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 23:26:34
副島は米国政治をやってる分にはなかなか参考になると感じさせたもんだが、
調子に乗って日本史にクチバシを挟み始めてからはボロが出て信憑性が暴落したな。

932 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 00:21:06
>>931
むしろ逆だろ?
副島は米国ツウぶっているが、電波もかなり飛ばしている。
幕末維新以降の近代関係に関しては、逆に歴史学者でない
のが幸している。
近代の日本の政治・軍事は日本史という狭い範疇で括るより
世界史の範疇で見た方が解かり易い。
幕末にそういった視点を持ち込んで、今までの薩長土肥対旧幕府
であるとかとは別次元で政治的・軍事的流れを見るのは、これは
これで旧来の学者達と違っていていいと思う。
妄信しては駄目だけどね。


933 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 08:19:24


明治維新はクーデターで成り立った。薩長中心の明治新政府は、さまざまな醜い部分や真実を歴史から消し去り、謀略によっておのれを正当化したのである。
その後、明治新政府は
冨国強兵
殖産興業
という政策により軍国主義の道を歩み始めた。
こうしてこの八十年間で幾多の戦争を引き起こし、多くの犠牲者を出した事は多くの人々の知る事である。
日本の悲劇は、薩長を中心とする人らによって政府が作られた時からすでに始まったと言ってよい。

934 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 08:22:29
11 :コピペ:2005/07/24(日) 00:46:13
日本を滅ぼしたのは東北人。

長州閥を打倒した政党内閣の初代宰相であり
腐敗と失政で国民のファシズム傾倒に先鞭をつけた原敬、
バーデンバーデンで長州閥打倒を密約し、目的達成後
日本の首相となって真珠湾奇襲を決行した東条英樹。
いずれも、長州への復讐心を前面に押し出しすことで
アンチ長州勢力を味方につけてのし上がっただけの、
現代の民主党歴代党首のような無能連中である。

WW2では、長州人岸信介がサイパン陥落を機に講和すべきと主張したが、
東北人特有の、手段がいつのまにか目的となるという視野の狭さと、
長州人憎しの感情が絡み合って、これを拒絶した。

戦況が切迫詰まると、東北人の大好きな
白虎隊の逸話を教材に利用して全国の子供たちを洗脳。
神風特攻隊は、会津武士道を国民に押し付けた結果である。

東北人が引き際を誤ったことにより、昭和20年には本土空襲が本格化。
東京、大阪、沖縄、広島、長崎で十万単位の市民が犠牲となった。

東北人の無知無能により、明治維新以後第一次世界大戦までに
築きあげられた有形の財産はすべて失われた。


935 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 11:20:30
>>926
>徳川慶喜公はイギリスの仕組んだ内戦を回避させるさせるために

この部分、何か史料の裏付けってあるの?

936 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 11:48:25
それ会津ヲタの妄想だよ。根拠は、
長州にグラバーが武器を売った事と、パークスが明治政府を支持した事で、
会津や新鮮ヲタは、そう妄想しているわけだ。

937 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 20:46:12
薩摩揚げ

938 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 20:58:53
薩長閥を中心とする明治新政府は明治天皇を大元帥陛下にまつりあげ近代国家軍国の道を歩み始めた。

939 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 21:38:16
ソエジーの幕末史観は牽強付会な陰謀論だけじゃん。あんなもん真に受けるなよ。
アポロ宇宙船が月に行ってないとかほざく電波で気付け。

940 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:19:10
「義を言うな」と言う言葉に代表されるように薩摩人は思考の停止した馬鹿です。
でも、「義を言うな」と言う割に人を騙すのはお家芸で「偽」は言いまくりなんだよな。

941 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:39:12
>>932
>幕末にそういった視点を持ち込んで、今までの薩長土肥対旧幕府
>であるとかとは別次元で政治的・軍事的流れを見るのは
少なくとも徳富蘇峰の「近世〜」にはこの視点は既にある希ガス。

942 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:01:51
思考停止した奴にまんまと騙されまくってどうするんだよ。

943 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:09:30
狸が率いる猪の群れ。

944 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:32:25
頭をあまり使ってない薩摩武士>>>>(モノリスが隔てる進化の壁)>>>>必死で知恵を絞る薩摩の敵

945 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:55:26
>>941
そのへんは、変節したとは言っても徳富蘇峰が「記者」だったからこそ
持ち得た視点だろうな。




946 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:25:07
西郷隆盛は英雄でごわす。

947 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 21:02:03
>>945
>変節したとは言っても徳富蘇峰
個人的には「君子」豹変すって言葉通りに受け取りたいなアレは。

948 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 22:35:01
>>946
ギを言うな!

949 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 22:38:06
あーだ、まーだ、やっていたのか。

950 :ふくしま県じん ◆gIC//csLAg :2005/08/16(火) 22:53:19
ダ薩摩あげ

951 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 21:54:12
        ,. r−<、/ ̄`ヽ、   `\_
             ||/         ̄ ヽ  ヽ`\
          , -〉′'     l       \  \ ! ,ハ
        / / , ,′/ ,ィ|', ヽ,  i \  , V ∠ _
        // 1 ,' l  | 」_|∧ '、 i  |ヽ. _, 、 i , 仏ヽ、
        ! / j , |j |´/ ,ゝ、| 、 |ヽ,、<\| |∨ i ふくしま県じん
   , - 、   j/ 〈 / ∧/ / ! ヒメヽヾT´ヒソ ノ レハ|' i  l     立ち入り禁止!
   {  }     { /  八)     r  `     _少′!  |
    l |      !  ,′, \  t- −1   /′i  U |
  , ┤ !、    | ,' / _」ヘ、|  / ,.ィ' l   l  U |
 (      \,、 -‐v'ニ、 ̄ \ くl`ー '´ |\l   l  U |
 |ヽ  い'   _ 、イ \ ヽ   \ \  ´冫 > 、!   !  |
 l\辷 イー ´  | h ) !     >ヘ./∠、   \!  |
  ` ー ' \._   ! ゝ  ト、  〈_i_/ハ\_〉    > |
        |    ̄7    i ヽ   ! /  !|  ,' ,ハ |
        |   /      l /    V   |l   |イ l l
       〈 ノ ,∠ - ┬ヘ/    l ,' l/   l/  !l
        ̄ノj ,ハ 人. /       l ′/    ノ   !

952 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 21:56:36
ふくしま県じん(笑)

953 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:15:45
桐野、辺見は断頭台で脅して、人を従わせるザ・野蛮人

954 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:55:57
西南の役で官軍兵士は薩摩芋を食べて
景気づけをしたとか。

955 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 04:29:44
このドラマの後半の戦闘シーンのしょぼさは異常

956 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 04:39:50
>>955
予算がないから

957 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 21:48:27
殆ど室内撮影だし。

958 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 23:01:54
次スレきぼん

959 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 09:39:54
薩摩揚げ

252 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)