5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【買ってはいけない】日本史の悪書

1 :日本@名無史さん:05/01/31 23:19:35
古代史といえば、電波作家の巣窟。
決して買ってはいけない古代史電波作家をリストアップしました。
みなさんも電波作家を見つけたら教えて下さいね。

【買ってはいけないアマチュア電波一覧】
武光誠(騎馬民族説)
安本美典(邪馬台国九州説、関川編年と柳田編年を組み合わせ驚異の土器編年を編み出す)
井沢元彦(邪馬台国九州説、卑弥呼殺人事件w)
古田武彦(九州王朝を妄想、詐欺師和田に荷担)
小林恵子その他在日工作員(将軍様の夢でオナニー)
藤本由香(万葉集は韓国語で読める)
金達寿(古代日本人は全員在日)
関祐二(旧事本記でオナニー)
藤原明(旧事本記偽書説でオナニー)
黒岩重吾(邪馬台国九州説の妄想作家)
大和岩雄(同上)
大山誠一(聖徳太子はいなかった(驚)
梅原猛(法隆寺五重塔は、飛鳥寺の移築

2 :日本@名無史さん:05/01/31 23:23:39
幕末維新史も電波作家の巣窟という点では負けてないぞ。
早乙女貢、星亮一、中村彰彦・・・

3 :日本@名無史さん:05/01/31 23:29:47
>2
詳しく教えてよ。

4 :日本@名無史さん:05/01/31 23:39:59
【買ってはいけない】日本史の悪書

朝日新聞

5 :日本@名無史さん:05/01/31 23:41:16
【買ってはいけない】日本史の悪書

「国民の歴史」

6 :日本@名無史さん:05/02/01 14:37:43
【買ってはいけない】日本史の悪書
東北の地方出版社から出ている歴史の本→一から十まで捏造されているから。

7 :日本@名無史さん:05/02/01 14:39:40
たしかに。
東北ってどうしてこうもコンプレックスというか被害妄想が強いのだろうか?

8 :日本@名無史さん:05/02/01 14:41:20
山川の教科書は秀吉に破り捨てられますた。

9 :日本@名無史さん:05/02/01 14:51:56
>>6
「捏造」?p
 読んでもないだろうから、具体名など出せるわけもないか w

10 :日本@名無史さん:05/02/01 15:57:04
まぁ、自○主義史観系のは、どれもトンデモだなw。

11 :日本@名無史さん:05/02/01 16:15:14
近代史でも色川大吉なんかはけっこう香ばしいぞ。

12 :日本@名無史さん:05/02/01 22:36:38
大和岩雄と梅原猛はリストから外してやって欲しいな。
前者は邪馬台国関連はトホホだが、古事記考察については見るべきものがある。
後者は自ら「妄想考古学」と名乗っている、いわば余技のようなもので
本職の東洋哲学では第一人者の地位は揺るがない。

松本清張の九州説がいかにトンデモであっても、小説家としての業績まで否定されることがないように
彼らもまた買ってはいけないには該当しないだろう。



13 :日本@名無史さん:05/02/01 22:47:14
>>11
「スパーク」だな


14 :日本@名無史さん:05/02/01 22:53:47
>1
九州説ってだけでトンデモ扱いですか?

15 :日本@名無史さん:05/02/01 22:55:17
【書き込んではいけない】日本史板の悪スレ

ここ

16 :日本@名無史さん:05/02/01 23:02:24
>12
単なる例えに横レスもアレだが・・・
松本清張の小説って何か面白いのある?
所謂社会派系も何冊か読んだがどれもイマイチ
『昭和史発掘』とか『史観・宰相論』は面白かったが、
あくまで面白かっただけで良書とは絶対に言わんw

17 :日本@名無史さん:05/02/01 23:25:55
>>14
20年前ならともかく今どきは痛いよ

18 :日本@名無史さん:05/02/02 00:06:45
岩波書店の本すべて

19 :日本@名無史さん:05/02/02 00:10:08
古典が読めなくなるので却下。
新刊はやや同意。

20 :日本@名無史さん:05/02/02 00:40:26
>>19
> 古典が読めなくなるので却下。

だな。
解題に思想的バイアスがかかっていても、読まなければいいだけのこと。
むしろ、もっと多くの種類を刊行するべき。特に文庫の黄・青シリーズ。

21 :日本@名無史さん:05/02/02 07:44:41
司馬遼太郎の一連の妄想小説
デムパの総元締めだ

22 :日本@名無史さん:05/02/02 09:01:32
渡部昇一はもちろん電p(ry

23 :日本@名無史さん:05/02/02 09:57:58
>>20
確かに、岩波の解説を外して、
どこかが出版すればいいシリーズなのに。

24 :日本@名無史さん:05/02/02 10:54:31
邪馬台国論争なんて決着つかないだろ。
畿内説信者が勝手に勝利宣言か。

25 :日本@名無史さん:05/02/02 11:51:00
古田武彦は、いまだに「東日流外三郡誌」マンセー!なんだろうか?
和田のおっさんも亡くなって久しいよね。

26 :日本@名無史さん:05/02/02 15:51:54
>>16
個人の主観によって千差万別の小説を面白いかどうかなんて
聞くほうがおかしい。面白いと思う人がいなけりゃあんなに
売れてないし有名にもならない。

27 :日本@名無史さん:05/02/02 16:24:34
>>26
> 面白いと思う人がいなけりゃあんなに売れてないし有名にもならない。

ほう。すると聖書や広辞苑、そして層化の連中の家にある大先生の著作は面白いから売れ
ているとでも言いたいのかね?(w
面白くなくても、別の理由で売れたり有名になる本は間違いなく存在するぞ。

28 :日本@名無史さん:05/02/02 16:52:01
>>27
頭悪いなこいつ。
松本清張の小説と広辞苑や宗教書と同列に語る馬鹿w

29 :日本@名無史さん:05/02/02 17:24:49
>>27
はあふぉーーーーーん

30 :日本@名無史さん:05/02/03 03:01:23
>>28
聖書も読みようでは小説として読めるぞ。
大先生の著作も考えようによっては私小説の範疇に入りそうな気がするが。

司馬や松本の小説を歴史書だと思って読むヤシがいるくらいだから、それも有りだろ。(w

31 :日本@名無史さん:05/02/03 12:28:41
>28
まあ、ヴァカがどこまで増長出来るかを見物するのも一興ではないかな?
いいモニターだ。ほっときなよ。

32 :日本@名無史さん:05/02/03 13:25:14
>>30
それは、全てあなたの思い込みです。
松本先生や司馬先生のご本は歴史書として扱うことに何ら問題はありませんが、聖書や
某名誉会長の落書きを小説として扱うことには重大な疑義があります。
日本の文学に対する重大な冒涜であると言っても過言ではありません。

33 :日本@名無史さん:05/02/03 22:19:17
池宮彰一郎の低学歴小説

34 :日本@名無史さん:05/02/03 22:31:57
軍医森麟太郎と作家森鴎外を同列に扱わないのと一緒

35 :16:05/02/04 22:59:26
>26
いや、漏れはだな、小説家としての業績と言うのには何か念頭にあっての発言かと尋ねたわけで
まさに個人の主観を聞きたかったわけだが、単なる一般論として書いたということか。

見事に話がかみあっていないなw


36 :日本@名無史さん:05/02/04 23:12:29
黒岩の妄想は酷い。キャラに私情出過ぎだし。
天智と天武の扱いの差といったらない。

37 :日本@名無史さん:05/02/04 23:19:44
原田常二って呼んだけどすげえ電波だった。


38 :日本@名無史さん:05/02/04 23:21:15
小説はいいんじゃないの。
学術書の体裁で電波垂れ流すのが許せないよ。

39 :日本@名無史さん:05/02/04 23:31:19
中村彰彦の「保科正之」は電波

40 :日本@名無史さん:05/02/04 23:36:44
>>39
だからそりゃ小説だろうが

41 :日本@名無史さん:05/02/04 23:38:09
>>39
中村彰彦の「保科正之」は中公新書ですよ。れっきとした歴史書です。でも電波です。

42 :日本@名無史さん:05/02/04 23:38:10
>39
なんでおもしろいじゃん。

43 :日本@名無史さん:05/02/04 23:40:18
中村彰彦って小説家だろう
小説家が書いたもんはれっきとした歴史書とは言わん

44 :日本@名無史さん:05/02/04 23:45:03
江藤淳の雑文はすべてデムパ

45 :日本@名無史さん:05/02/04 23:56:45
中公新書の『保科正之』って何年か前によく売れていたやつかな?
本屋でバイトしていた頃にサラリーマンが買っていたね。

46 :日本@名無史さん:05/02/05 00:01:22
保科正之は名君中の名君。

47 :日本@名無史さん:05/02/05 00:06:30
保科正之は重臣が権力を握ることを恐れて家老たちに小禄しか与えなかった狭量の君主。
明治維新に200年先駆けて廃仏毀釈を強行した神道狂信者。

48 :日本@名無史さん:05/02/05 00:10:17
>39
どう電波なの?

49 :日本@名無史さん:05/02/05 00:11:24
>藤本由香(万葉集は韓国語で読める)

コレ実は、総連の工作員4人の合作です。



50 :日本@名無史さん:05/02/05 00:13:49
>保科正之公の主な業績
>幕政の業績
>家綱政権の「三大美事」の達成(末期養子の禁止の緩和・大名人質制度の廃止・殉死の禁止)
>玉川上水の開削
>明暦の大火直後に江戸復興計画を立案し、迅速に実行(江戸城天守閣は無用の長物として再建させなかった)

>藩政の業績
>幕府より早期に、殉死を禁止
>社倉制度の創設(以降飢饉の年にも餓死者がでなかった)
>間引きの禁止
>日本最初の国民年金制度の制定(身分男女を問わず90歳以上の者に1日につき玄米5合を給付)
>救急医療制度の創設

すごいじゃん

51 :日本@名無史さん:05/02/05 00:15:47
安本美典は電波じゃないだろ。
邪馬台国の会という熱心なファンもいるほどだ。


52 :日本@名無史さん:05/02/05 00:25:18
古川薫は半島系電波。

53 :日本@名無史さん:05/02/05 00:27:43
MASER級の電波

54 :日本@名無史さん:05/02/05 00:35:38
飛鳥昭雄

55 :日本@名無史さん:05/02/05 01:19:01
安本美典氏は電波ではないだろ、京都大学卒の大学教授だし。
「騎馬民族征服説」と「万葉集は朝鮮語(韓国語)で読める」
という二つのとんでも論を、専門家として徹底的に論破した功績は大。
最近のつくる会に担がれてる安本氏は、どうかなとは思うけど。

56 :日本@名無史さん:05/02/05 01:28:16
>>55
心理学のな。
歴史学で学位取ったわけでもないし、歴史学を教えているわけでもない。
ゼミはメディア論かなんかだったはずだ。

57 :日本@名無史さん:05/02/05 06:38:41
>>35
短編は読んだことある?基本的に松本清張は短編の方が面白いと思う。
それに社会派の作品ってのは風化しやすいから、今読んでもつまらなく
感じるかも知れない。あと、「砂の器」は原作よりも映画の方がイイ。

スレちがいですまない。

58 :日本@名無史さん:05/02/05 11:23:27
松本清張なら、或小倉日記伝とか、なんといっても点と線だろ。
点と線は何度読んでもおもしろいよ。

59 :日本@名無史さん:05/02/05 17:23:28
>>56
> 歴史学で学位取ったわけでもないし、歴史学を教えているわけでもない。

これは直接は安本氏とは関係ないが、例えば工学部で建築史、法学部で政治史、経済学
部で経済史、美大で美術史を学んだ人間も歴史を語ってはいかんのか?
何れも歴史学で卒業単位を取ったわけではあるまい?

60 :日本@名無史さん:05/02/08 00:08:58
>55
電波同士つぶしあっただけだろ。
古田と安本は古代氏2大電波じゃないか。


61 :日本@名無史さん:05/02/08 00:13:38
>>56
こういう史学科原理主義の腐れ院生や腐れ学部生が一番ツマランw

62 :日本@名無史さん:05/02/08 10:23:25
むむむー

63 :日本@名無史さん:05/02/08 15:49:52
>>59
おまいが一番ツマラン。

64 :日本@名無史さん:05/02/08 22:31:51
安本は歴史でなく妄想を語っているだけ。

65 :日本@名無史さん:05/02/08 22:38:22
安本は琉球大木村と同じ。本業ではまともかもしれないが、あまりにもデムパな説を唱えるからまともな歴史学者は名前さえ口にしない。

66 :日本@名無史さん:05/02/08 22:42:00
安本はどうでもいいが、どさくさに紛れて史学科原理主義を主張する
史学科の腐れ院生は氏んでいいよ。

67 :日本@名無史さん:05/02/08 22:46:39
琉球大木村って誰?
教えて。

68 :日本@名無史さん:05/02/08 22:54:34
大行社と海底捏造遺跡でマスゴミから金かき集めているDQN

69 :日本@名無史さん:05/02/08 22:58:35
大行社って何?

70 :日本@名無史さん:05/02/08 23:20:02
過疎板で歴史を捏造していた在の相手なんかするなよ・・・

71 :日本@名無史さん:05/02/08 23:38:52
>>68
住吉会系ウヨ

72 :日本@名無史さん:05/02/09 00:09:34
海底のオーパーツ

なお、この場合は海底はハイテイとは読まない。

73 :日本@名無史さん:05/02/09 00:15:10
海底遺跡って遺跡じゃなかったの?

74 :日本@名無史さん:05/02/09 01:39:44
考古学板に陳腐な論理で素人を騙していた香具師がいたね。
あの板は過疎だから、まだ残っているんじゃないの?
過去ログをよんで成る程と納得するか、キティ相手に常識を説くかは人それぞれ。
向こうの板へ移動なさるがよろしかろう。

75 :日本@名無史さん:05/02/09 05:22:58
>>71
大行社は広域暴力団山口組のフロント右翼。

広域暴力団住吉会のフロント右翼は、
日本青年社(尖閣諸島でおなじみ。「救う会」にも参加。
偽有栖川宮を名誉代表にした間抜け。石原慎太郎・
安倍晋三らと仲良し)

76 :日本@名無史さん:05/02/09 17:18:30
藤本由佳最低だな

77 :日本@名無史さん:05/02/09 18:57:01
安本教授って本業の言語学・心理学では、
デンパ説に最初の一撃(反論)を食らわして、
論破し尽くす学者だったような……

78 :日本@名無史さん:05/02/09 22:04:11
>>75
蠅は糞にたかるからな(w

79 :日本@名無史さん:05/02/09 22:50:49
>76
工作員だからな

80 :日本@名無史さん:05/02/10 00:07:09
安本なんて全然相手にされてないね。度素人ですよ。
アマチュア出身者で評価されているのは原田大六くらいですよ。
平原墓の発掘者であるその原田にしても生前は無視されてたしな。

81 :日本@名無史さん:05/02/10 00:15:50
日本語タルミ語起源説を唱えた大野晋をわすれているぞ


82 :日本@名無史さん:05/02/10 00:18:47
司馬遼太郎の友達の妄想朝鮮人のキムタルスっていたよな。

83 :日本@名無史さん:05/02/10 00:27:25
変な輩が多いスレだ。

84 :日本@名無史さん:05/02/10 00:49:21
最強の古代史電波って古田なの?

85 :日本@名無史さん:05/02/10 00:54:42
大六なんて誰も相手にしてないだろ

86 :日本@名無史さん:05/02/10 22:09:11
藤原明(旧事本記偽書説でオナニー) ってだれよ?

87 :日本@名無史さん:05/02/11 00:10:32
大行社は稲川会系だよー
日本青年社は住吉会系であってるけどね

88 :日本@名無史さん:05/02/11 09:48:36
原田常二ってやっぱキティガイですか?

89 :日本@名無史さん:05/02/11 21:18:03
xcass

90 :日本@名無史さん:05/02/12 17:59:02
>>1
この不敬な悪書をリストに入れろや!

津田左右吉「神代史の新しい研究」
津田左右吉「古事記及び日本書紀の新研究」

これこそ日本史上最大の悪書だ!

91 :日本@名無史さん:05/02/12 18:20:54
「 新約 日本記紀 」
http://www.ani.gn.to/new_page_98.htm

92 :日本@名無史さん:05/02/12 18:26:45
>>90
菊池男爵乙

93 :日本@名無史さん:05/02/12 18:30:19
南原次男著「日本の建国史ー戦後隠された古代史」
高森明勅著『はじめて読む「日本の神話」』『歴史から見た日本文明』

94 :日本@名無史さん:05/02/12 18:34:39
古事記と日本書紀

これこそ日本史上最大の電波だ!

95 :日本@名無史さん:05/02/12 18:36:16
右よりの学者の本すべて。

96 :日本@名無史さん:05/02/12 18:48:22
八木壮司『古代天皇はなぜ殺されたのか』

97 :日本@名無史さん:05/02/12 19:07:51
なんで津田が電波なんだ?

98 :日本@名無史さん:05/02/12 19:38:53
>>97
統一教会や幕屋、霊友会信者にとっては電波本だよ(w

99 :日本@名無史さん:05/02/12 20:08:42
渡部昇一『理想的日本人』
中丸薫『古代天皇家と日本正史-現人神と万世一系の超秘密-』

100 :日本@名無史さん:05/02/12 20:27:39
と学会の本とか見れば>>1を上回るトンデモ本がいくらでも載っているぞ。

101 :日本@名無史さん:05/02/12 20:46:14
あまりにトンデモだと悪書にならないのでは?
一見まともそうでなにもしらないやしらを誤った道に誘うのが悪書ではないかと。

102 :日本@名無史さん:05/02/12 20:57:33
>>101
半分創作が入っていた五島勉のノストラダムス本の影響でカルト宗教に行ってしまった人もいる事を考えると、トンデモ本でも売れ方によっては悪書足りうるよ。

103 :日本@名無史さん:05/02/12 21:59:41
>>61
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4198617929.html
こんなトンデモ本書くヤツなんてまともに相手にしないの普通。

104 :日本@名無史さん:05/02/13 09:37:59
>>97
新しい歴史教科書の連中も電波だと思っている

105 :日本@名無史さん:05/02/16 17:12:48
山川の日本史

106 :日本@名無史さん:05/02/19 17:40:50
奥富敬之氏の本

107 :日本@名無史さん:05/02/19 19:43:50
井上清「日本の歴史」と平泉澄「少年日本史」を読んで正しい歴史観を身につけてください

108 :日本@名無史さん:05/02/19 23:01:07
>>107
プププ!トンデモの中のトンデモ。キング・オブ・トンデモですか。

109 :日本@名無史さん:05/02/20 16:08:14
>>107
平泉は勤皇を唱えながら足利義満の皇位簒奪の陰謀を糾弾するどころか、抹殺してその罪を許してしまったサヨ以上の不忠学者ですが。

110 :日本@名無史さん:05/02/21 22:18:46
lpk;n

111 :日本@名無史さん:05/02/22 01:24:48
平泉は秩父宮に皇位簒奪の前例を教え、暗にクーデターを謀った、すんばらしい学者ですが。

112 :日本@名無史さん:05/02/22 15:11:03
>>107
アホ
井上清のどこが正しい日本史だ!
さては日教組のまわしものか? まだ生きてるのか

113 :日本@名無史さん:05/02/22 15:12:55
>>107
要するに両方読んで中和しなさいってことねw

114 :日本@名無史さん:05/02/22 19:04:15
>>111
私の知る限り全く逆だが。
ソース希望。

115 :日本@名無史さん:05/03/01 04:12:44
井上清は文革を礼賛して共産党ですら
見放したキチガイ。

116 :日本@名無史さん:05/03/14 07:29:11


117 :自作自演:05/03/14 16:13:10
omawraminnnabakatoiukotode

118 :日本@名無史さん:05/03/19 17:20:55
>>115
日共と中共は昔から犬猿の仲だからな

119 :日本@名無史さん:05/03/20 11:34:10
>>118
日共が支那よりソ連よりだったこともあるが、基本的に「戦術仲違い」。
日本が共産国ならあんな演出はしない。


120 :日本@名無史さん:2005/04/04(月) 13:43:43
中村粲「大東亜戦争への道」は?

121 :日本@名無史さん:2005/04/04(月) 22:37:22
『謎解き日本建国史』富田徹郎著
3Kで安本先生が大絶賛。

122 :日本@名無史さん:2005/04/05(火) 10:03:02
3Kがらみはたいてい悪書だな。

123 :日本@名無史さん:2005/04/05(火) 16:55:48
井沢元彦の「逆説の日本史」は悪書を通り越して笑える。

124 :南奇兵隊:2005/04/21(木) 00:28:43
あのー、鹿島大先生の登場はまだでしょうか?

125 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 02:06:34
>>123
歴史研究本というより、歴史エンターテイメント本として読めば意外に楽しめる。
でも、研究発表や著書に直接引用するのは止めた方が無難だ。

126 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 08:56:05
>研究発表や著書に直接引用

そんなヴァカいねえよ

127 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 12:50:13
以下チラシ裏注意

村井章介が執筆した「東アジアのなかの日本文化」っていう某大学の教材を読んだんだが
日本がいかに矮小で低俗な国家であるかを全編にわたって力説してる素敵な本でした。

講義概要にそういう内容だと明記しとけよ
マジ単位取る気しねー

128 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 15:23:14
>>127
おまえみたいな字も読めないヴァカは村井先生の方でお断りだよーん
まあこんな低能でも放送とはいえ大学に行けるんだから、
今の日本が偉大で高尚な国家なのは間違いないわけだが

129 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 15:26:39
>>127
まあ、こいつみたいなアホウヨは別スレで話題の国士舘か拓大あたりが似合いだな
あそこならオマエの満足出来る講義が聴けるだろうよ

130 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 16:00:33
【買ってはいけない】日本史の悪書
古事記 
日本書紀

131 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 21:38:42
★急募★
以下のスレ↓では、日中間の様々な問題について少しでも興味・知識のある方を
募集しております。ぜひみなさまのご協力をお願いします!

▲中国人に対抗するための知識データベースを作ろう!
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/china/1113984088/


132 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 06:28:31
このスレは間違っている。古代史研究に足跡を残した、梅原、古田、黒岩、安田を
こき下ろしている。そして最悪の珍説奇説の江上波男の「騎馬民族説」という
最悪の「珍説奇説」を免罪にしている。ろくでもない意見だ。

133 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 06:49:52
ある意味買った方がいい本

・榎本孝之『新・日本書記』
・栗沢基宏『異民族国家〜邪馬台国〜』
・相原 誠『卑弥呼弓』

これらは発売直前に販売中止になり回収されたんですが、もし持っている方いましたら、どういった内容か教えて頂けないでしょうか?

134 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 07:08:46
教科書問題フラッシュが出来たよー。
中国人、英語の分かる外国人に見てもらおう!
http://www.vipper.org/vip2010.swf

コピペよろしくお願いします

135 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 06:35:49
文献無視のきちがいの騎馬民族説の悪影響をなぜ無視する。

136 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 06:36:42
文献無視のきちがいの騎馬民族説の悪影響をなぜ無視する。

137 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 12:04:00
天皇陛下から文化勲章をうけた御仁の説が間違っておる訳なかろうがあ、この非国民め!

138 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 16:17:06
林房雄氏「神武天皇実在論」「大東亜戦争肯定論」

139 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 21:54:12
嫌いな作家
渡部昇一
秦郁彦
本屋で見ても、目をそむけるくらい嫌いだ。

140 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 22:12:33
秦はまだましな方だ。自由主義史観を批判できてる
渡部、西尾、西部はアボーンだな

141 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 22:24:45
ネタとして読むには高いしな。


142 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 22:00:59
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480059741/chsakura-22/249-1430978-3753922
謎解き「日本」誕生
高森明勅

143 :日本@名無史さん:2005/04/25(月) 23:23:06
>>139
秦郁彦と渡辺昇一を並びで表記するとはいろんな意味で香ばしいw
好きな歴史家、著作を言ってみ。

144 :日本@名無史さん:2005/04/25(月) 23:48:32
色川

145 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 19:08:55
珍説大王の江上波男の話になったら北斗の拳の牙一族が頭に浮かんだ。

146 :日本@名無史さん:2005/04/26(火) 21:39:53
日本人の遺伝子はモンゴル人に近いんじゃなかったの。

147 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 23:39:03
『仙台戊辰史』と『会津戊辰戦記』に代表される賊軍側の言い訳記録。

148 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 01:30:12
>>143
まずお前が言ってみ。
俺、ウヨが何から知識を得てるのか知りたくて今までにも何度かこういう質問をしたけど、
まともな答えが得られた試しがない。
結局ネットかコヴァだもんなw

149 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 01:37:05
秦は渡部の「ドイツ参謀本部」を、無断引用が多いと非難していたはず。

150 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 02:01:50
買ってはいけないといえば、つくる会教科書でしょう。
内容ひど杉やば杉です。

http://www.h2.dion.ne.jp/~kyokasho/1106kousin/47go-0315.htm
ここに書いてあることが本当だとは信じていなかったが、
市販されているものを立ち読みしてびっくり! 
感動した。

この本は右か左かとか、自虐か自賛かとか、そんなことを言えるレベルにすらなってない。
基本的な知識が完全に欠落していてるは、
学界で否定されているのに、作る会のメンバーの学説を載せてしまうは、
記紀の神話を捏造しちまうは(神話が載っているのが目玉なのにそれを捏造していいのかよ)
目が点になること必至。

右翼が作るのなら、中央公論か読売あたりがちゃんとしたものを作るべき。
少なくともこんなものが全国で採用されたら学力低下を招くことは間違いない。
(ただ、爆笑することは間違いないので、トンデモネタ本としては大成功してるといえよう。
モンゴル帝国の最大版図や生類哀みの令の項目は必読)

151 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 11:17:58
>>148
質問を質問で返すのは・・・ry

所有し、今、背表紙がすぐ見える範囲で、
「軍ファシズム運動史」(秦郁彦)「木戸幸一日記」「ヒットラーの社会革命」
「昭和史と天皇」(色川大吉)「昭和天皇と戦争」(ウエッツラー)「大元帥昭和天皇」山田朗
「昭和史と天皇」升味準之助「海軍大将米内光政覚書」「議会・選挙・天皇制の憲法論」
「イタリアファシズム体制の思想と構造」「日本財閥史」(本城)
「同性愛」「ファロス」「少年愛の美学」「美少年日本史」その他
バランスを考えてつまみ食いしております。


152 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 22:26:42
>>150
よく知らんけれど、生類憐れみの令は戦国遺風の根絶の一環として聞いたことあるけど。
間違い?

153 :日本@名無史さん:2005/04/30(土) 00:34:03
>>151
ほら逃げた。
>好きな歴史家、著作を言ってみ。
と自分で言ってるのに、単なる蔵書を挙げてどうするよ。

154 :日本@名無史さん:2005/04/30(土) 01:01:37
>>152
俺も、どこが面白いのかよくわからん。
趣旨的には合ってるんじゃないのか。


155 :日本@名無史さん:2005/04/30(土) 07:37:15
>>153
一番いい映画作品、監督は何、誰?類と同じで無茶な質問でしたね。
句読点には「ないし」の意味も含めつもりだったのですが、推敲が至らず申し訳ありせん。
我ながら反省しております。

しかし、あなたの質問も
>ウヨが何から知識を得てるのか知りたくて
ですから、ネタ元にしている著作をあげたまでなんですけど。
とにかく全て私が悪いんです、重ね重ねすいません_(._.)_
で、あなたがネタ元にする著作はなにがあるんですか?

余談ですが、>>151最後の四作はボケとして書き込んだのですけど
ツッコミ無し?さみしいなぁw
知識だけでなく、実生活においても関心あったり・・・パパ、ママ御免なさい。

156 :日本@名無史さん:2005/04/30(土) 16:36:14
>>155
うむ、煽るような言い方をして俺も悪かった(実はかなり意図的だったんだけど)。
何か書いてるわけじゃないのにネタ元という言い方も変だが、
学生時代によく著作を読んでた研究者は粟屋憲太郎、江口圭一、海野福寿あたりだ。
著作名は正確に思い出せない。実家に置いてあるから確認できないし。

ちなみに面倒だから書かなかったけど、>>139は俺じゃない。
>>148から絡んでたのが俺。

>最後の四作はボケとして書き込んだのですけど
>ツッコミ無し?さみしいなぁw

いや、触れないであげた方がいいのかと思って……

157 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 04:59:54
本居宣長ってかなり電波?

158 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 15:01:26
>>157
電波。
平田篤胤の方が電波

159 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 13:46:07
おいおい
国学者をあげて電波って批判するのはw

160 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 21:50:52
電波と言ってみたいお年ごろなんでしょ。春だね・・・・

161 :日本@名無史さん:2005/05/03(火) 16:20:27
江上波男は義経ジンギスカン説から着想得た基地外だよ。
黒岩・古田・安田・梅原を電波あつかいするなよ。それぞれ功績がアル。
「何でも朝鮮満州」の馬鹿を生み出した江上を免罪にするなよ。
騎馬民族説こそ悪書の極み。在日系の悪書だ。

162 :日本@名無史さん:2005/05/03(火) 17:36:02
江上波男って高校の教科書も書いてなかったかい。

163 :日本@名無史さん:2005/05/03(火) 18:09:18
星亮一の全部。弱者は正義を語れない。

164 :日本@名無史さん:2005/05/05(木) 00:25:33
>>163
> 弱者は正義を語れない。

星を叩くのは構わんが、そこまで言い切ったら日本の学校で中国の歴史教科書に則った
内容を学ばないといけないことになるがそれでもOK?
南京大虐殺も30万人以上殺したっていうことでOK?
漏れは嫌だ。故に星の被害妄想はいけ好かないがそこまではよう言い切らん。

165 :日本@名無史さん:2005/05/05(木) 00:36:34
歴史を学ぶのと、正義を語るのとはちがいますでしょ。
現実に現在の国際秩序では大日本帝国側の正義を語れない。

166 :日本@名無史さん:2005/05/05(木) 01:04:00
つーか支那は勝者じゃない

167 :日本@名無史さん:2005/05/05(木) 01:50:44
>>165
煽りではないが・・・
正義を主張できる国家って何処?
もしくはどういうケース?

168 :日本@名無史さん:2005/05/05(木) 07:02:05
話が変な方向に行ってる

169 :日本@名無史さん:2005/05/05(木) 16:23:00
珍説大王の江上の機知外を批判したら近現代史に変身。

170 :日本@名無史さん:2005/05/05(木) 16:29:36
そもそも学問に正義も糞もない。

171 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 04:45:06
>>170
そのとおりかも知れんけど、そういう言葉って今では自己正当化の常套句にされてるんだよね。
歴史に正義も悪もない→大戦中の日本は悪じゃない→いや、むしろ正義だった
結局、都合よく善悪に帰結させるという。

172 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 09:50:42
>>171
とりあえず日本語の勉強為直してから出直して来い!
言葉の意味が分からないなら平易な言葉で書いとけ。
馬鹿が書く典型的な悪文だぞおまいの文章は。

173 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 10:34:36
別にわかりにくい文章じゃないが・・・?

174 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 11:12:15
大戦中の日本は悪じゃない、むしろ正義だった=都合の良い自己正当化

という文脈にファビョってるだけのGW厨なんじゃないの

175 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 11:37:36
まぁ馬鹿に馬鹿と言っても、それだけでは分からん罠w
漏れなら>>171みたいなタイプはスルーするがな。

176 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 11:53:54
>>171の論理展開だと、本来ならば、
歴史に正義も悪もない→大戦中の日本は正義でも悪でもない、となるはずなのに、
独断的な論の運びをしているから、馬鹿だと言う事がはっきり分かる。
>>170>>171が指摘した内容まで含めて、批判しているのに。

いるんだよね。
こういう論の運びした論文書いておいて、
なぜ評価低いんだとブーたれる奴。

177 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 12:38:08
だから、そういうまともな論理展開ができずに「独断的な論の運びをして」過去を正当化しようとするウヨ厨が多いってことじゃねえの?
つくる会系はほぼこれに当てはまるな。

さ、鸚鵡返しの反論ドゾー

178 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 12:44:50
だから馬鹿の相手をするなと(ry

179 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 13:20:01
自論に都合のいいように歴史を操作するというのが歴史学。

180 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 13:24:48
日本人は外国人を見たら無条件で土下座しろ。
言い訳するな。
お前たちをみていると同じ日本人として俺は恥ずかしい。

181 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 13:59:56
>>180
三跪九叩の礼でもしろと?

182 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 14:18:43
>>181
低脳な日本人はそんな高等なことをしなくてもいいんだよ!
礼儀をわきまえているアジア人はたとえ相手が猿でも
礼をされたら受けなきゃいけないだろ。
お前は猿に跪かれたら嬉しいのか?
こっちはお断りなんだよ馬鹿が!!
黙って跪いていろ!!!
利口ぶってむずかしい言葉を使いたがるお前の方がよほど馬鹿だなwwwwwwwwwwwwwwww

183 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 15:04:15
小人閑居して不善を為す

184 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 15:08:57
>>182
ほんじゃタイ人は相手に対して合掌するけど、
彼らは「常不軽菩薩」なのかよ?

185 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 15:34:11
>>180>>182

ホロン部、乙。

186 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 01:27:57
>>127
村井章介まで悪書入りか?

まあ日本中世史の担当なのに、東大の院ゼミでずっと
朝鮮王朝実録を読んでいるのはどうかと思うけど


187 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 02:16:41
朝鮮王朝実録はなかなかおもしろいよ。
中継貿易で室町幕府が手に入れた象を李朝に贈っていたりして日本について意外な
事を知ることが出来る。
醜いってと言って象を毎日いじめていた朝鮮の延臣が象に踏み殺されたりとなかなかお茶目
な記載が多い。


188 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 04:05:46
>正義を主張できる国家って何処?

アメリカ合衆国

189 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 01:06:06
基本的に信用してる人
日本古代史 岡田英弘(逆に中国史のほうが怪しい)
日本近代史・戦史 秦郁彦(この人こそ中道にして真の意味のリベラル)


190 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 00:14:46
中近世無視てコヴァの特徴だね

191 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 08:41:26
コヴァは南京事件中間派の秦郁彦が大嫌いだよ。

192 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 13:30:10
秦郁彦って根はヲタクだなぁと思ってしまう。

親近感が湧くw

193 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 01:01:34
軍ヲタではあるよ

194 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 22:45:57
なの?

195 :日本@名無史さん:2005/06/03(金) 11:06:22
秦郁彦もそろそろ逝きそうな年齢じゃないか?

196 :日本@名無史さん:2005/06/03(金) 22:00:40
昭和7年生まれだったかな。

197 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 15:16:00
秦さんの本はいまいち面白くない
あれじゃブレイクしないね

198 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 16:46:55
そうかな?
一般向けにわかりやすく書いてくれて面白いと思うけど。

199 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 18:11:59
「一般向け」とは「馬鹿向け」をオブラートに包んだコトバ。

200 :日本@名無史さん:2005/06/06(月) 08:04:39
一般書、専門書を出していている訳だが。
宮崎御大もそうだったわけだが。
アカの世界悠々自適する人ともいれば、啓蒙に熱心、(啓蒙だけの人もいる)と
千差万別といことで。

201 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:00:52
そうかね

202 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 01:23:43
小遣い稼ぎか

203 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 01:51:50
板違いかもしれないが上野千鶴子の『ナショナリズムとジェンダー』。とにかく、
慰安婦強制連行の証拠がないからそれでは歴史学や法律の基本的枠組みそのもの
を壊せという超ドキュソ本。実証そのものを否定したいらしい。

204 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 02:03:08
ペットの猫についてやら、
役人時代に手製の戦争ゲーム作成に熱中したことやら、
映画「七人の侍」を批評したりと、
好きなことを書くのは苦にならない、
しゃべり出したら止まらないクチだと思う。
ヲタにありがちw
死ぬ前に宮崎駿と軍ヲタ対談して欲しいね。(ミリオタにはマジ受けそ)

205 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 02:03:50
>>204は秦郁彦氏についてね。

206 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 07:28:24
>>203
あれもすごい本だったね。
「慰安婦の証言にたいして、証拠(史料)を出せと迫る"実証"史学は
 非礼極まりない非人道的学問だから逝ってよし」という・・・(語弊あったらスマソ)。
まず感情論ありきの世界じゃないっすか。史料批判どうすんのさ。

でもこういう「社会学?」が、学問の花形として認知されているという現状は・・・orz

207 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 08:21:35
スレタイ見て古田武彦・・・って書こうとしたらなんかどうでもいいウヨサヨ話に
なっているのね。


今となってはトンデモだって分かるしそう思っているけど、でも正直厨房の時に
古田武彦の九州王朝説の本を読んでなんかすんごいワクワクした覚えがある
んだよね、まるで探偵小説の奇想天外な謎解きみたいで。

今にして思えばかなり無理のある展開ばかりなんだけど(如何に厨房とはいえ
何で俺はこの無理な論証に納得したのか・・・・orz )、でも厨房の心には
なんかこうロマンを感じてしまった。

208 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 14:20:08
著者の論証ではなく、情熱に感動したんだね。

209 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:26:16
受験生時代、竹内先生以外の本は全く使わなかった。
竹内先生の著書をこなせば確実に偏差値30の奴でも偏差値75まで行く。
まず、偏差値30の初心者は「超速シリーズ」を全てそろえること。
これを1通り軽く読めば、日本史の基礎は確立される。
再び読みつ代々木ライブラリーの竹内シリーズ、「超解!日本史史料問題」をこなすことで偏差値65に確実に到達する。
私大対策としては「早大日本史サクセス〜紺碧の空〜」をオススメする。
これは早大受験者以外でも使うべき本であり、それによって私立向けの実力を完成されるはずである。
国立大対策としては「竹内の日本史超戦略はじめての論述アプローチ」で論述の実力が完成される。
「はじめて」とあるが、これをこなせば東京大学、京都大学といった難易度の高い論述を課す問題も解答可能になる。
「はじめて」とは、初めての者でも対応できるという意味であり、あらゆる国立大向けに作られている。
これだけで、あらゆる大学の日本史に対応することが可能である。
この点で、日本史に関してはT大の教授以上の教養と言われるが、それも理解できる。。

さらに偏差値を80超まで高めたいという者はDVDを購入することをオススメする。
多少高価であるが、確実にライバルに圧倒的な差を付けることができる。


210 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 02:36:24
これを読みながら入試問題を作成しています
実は問題作成者が一番楽できますw
なぜって(ry

211 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 02:43:17
>>209
竹内先生はよかった。偏差値80まではいかなかったが…
衛星講座で授業を聞いていたよ

212 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 06:55:05
支那と半島の歴史教科書日本語版


213 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 10:20:56
>>209
>日本史に関してはT大の教授以上の教養

T大教授の書いた本を読んで得た教養だがなw

214 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 15:25:34
八幡和郎が書いた新書や文庫は滅茶苦茶だな。
人物の名前は誤字誤ふりがなだらけ、事実誤認も妙に多い。
うんちくなどと銘打っているが、どこまで本当か怪しい。


215 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 16:17:40
http://www.relnet.co.jp/relnet/brief/index-6.htm
書籍じゃないがここの古代史関連どうなん?
かなり、自然な論が展開されていて好感もてる。

216 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 03:52:56
>>214
だって単なるマニアの高級官僚なだけだから。
これで村役場の職員だったらこんなに本を出すチャンスは与えられなかっただろう。

217 :サガミハラハラ ◆SZOL/4WL.. :2005/08/06(土) 12:00:58
私、現在3冊目の古代史関連の本を執筆中です。
今まで、「倭国歴訪」(邪馬台国地理論)「卑弥呼の登場」(弥生時代中後期の歴史、出雲や倭面土国や、卑弥呼の登場までの歴史)
の2冊をだしましたが、サッパリうれませんでした。いずれも従来の古代史研究におおきな影響をあたえるものなのですが、
既成の方々にとっては、世に出まわって欲しくない書物であったのでしょうか。
3冊目も、日本古代史研究におおきな影響をあたえるものであると自負しております。
発行のおりには、図書館に買わせてご一読ください。


邪馬台国小城説宣伝強化期間
邪馬台国は佐賀県小城市甘木地区です。卑弥呼の墓は小城公園内の桜ヶ丘です。

218 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 12:04:39
古田、安本って古代史電波の常連だよね。

219 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 16:01:21
>>216
それは、全てあなたの思い込みです。

220 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 00:50:29
まじ?

221 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 22:30:50
樋口清之の「梅干と日本刀」は、どうなんでしょうか?

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)