5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

松尾芭蕉は実は忍者だった?

1 :日本@名無史さん :05/02/07 20:34:17
密かに囁かれているこの噂。
皆どう思う?

2 :日本@名無史さん:05/02/07 20:45:24
ガセ

3 :日本@名無史さん:05/02/07 21:42:27
そういえば、十年以上前に佐藤浩市主演で「隠密 奥の細道」が放送されていた
が、君よ綺麗になれ(日浦孝則)は秀歌


4 :日本@名無史さん:05/02/07 22:43:56
学校の日本史の先生が得意げに言ってたけど

ガセっぽい

5 :日本@名無史さん:05/02/07 23:56:52
芭蕉は男色家で奥の細道は曽良とのラブラブホモ旅行だって話は有名だけど。

6 :日本@名無史さん:05/02/08 01:15:47
黒脛巾組の芭蕉と混同されてるに10,000ペセタ

7 :日本@名無史さん:05/02/08 15:55:21
でも実際、芭蕉がどうやって旅費を稼捻出したかははっきりしてないんだよね。
奥の細道とか曾良随行記には収入の内訳、金額はまったく書かれておらず、
使った費用の方も、食費、宿賃、船賃といった項目だけで具体的なことは書かれてないとか。
で、そういうのから推測して「芭蕉は幕府の隠密で、奥州への旅行は各藩の探索が
真の狙い。よって金銭面のことは意図的に書き落とした」という一説があるんだってさ。

8 :日本@名無史さん:05/02/08 16:23:15
松尾芭蕉は実は童貞だった?

9 :日本@名無史さん:05/02/08 16:25:40
スレたてヘタクソだな
せめて
「松尾芭蕉は実は忍者ではなかった」で建てるだろ普通

10 :日本@名無史さん:05/02/08 17:15:37
芭蕉より北斎説の方が信憑性ある。

11 :日本@名無史さん:05/02/08 17:40:07
>>7 家は名主だったんだけど松尾芭蕉がとまったそうな、そういう方が来ると泊まっていただきお金などを渡し、
そのお礼に書などを書いてもらうのが慣例だったとか・・・そのせいか家には色んな著名人の書が残ってる。


12 :日本@名無史さん:05/02/08 19:47:34
>>11それは初めて聞いた。それはつまり今で言う飲食店に芸能人とか著名人が来た場合、
料理をタダで出す変わりにサインを書いてもらう、みたいなやつかな?


13 :日本@名無史さん:05/02/08 22:09:11
>>12結構有名な話だと思うが・・・室町時代は有名人は大名のところを転々としており、江戸期になると庄屋層になった。
田舎の庄屋屋敷に行けば色んな有名人の書があるぞよ。


14 :日本@名無史さん:05/02/09 16:43:32
>>13ほぉ、そうなんだ。正直あんま芭蕉情報収集してないからわからなかった…情報サンクス
ところで芭蕉が忍者であるかもしれない有力な情報を入手。
一つは忍者の里、伊賀上野の出身であるということ。
それに一日何kmも歩いて移動できる強靭な足を持っていたということ。
つまり芭蕉は俳人になる以前に、伊賀で忍者の訓練を受けていた可能性がある。

15 :日本@名無史さん:05/02/09 16:54:05
>>5 ウホッの方がリアリティがあると思う。実際に上野時代に懇意にしていた
師匠がいて、師弟に留まらない関係があったとか。

ちなみに江戸在住時代は水道工事の現場監督とかもしていたそうだから、
仕事自体は食うための仕事としても、そういった方面の技術に長けていたの
かもしれない。

16 :日本@名無史さん:05/02/09 17:51:34

日本人は全員サムライかゲイシャ、というレベルの話

17 :日本@名無史さん:05/02/09 18:19:53
>>15情報サンクス。良く調べてみると確かに延宝5年(1677年)から約5年間神田上水の水道工事の監督として延宝8年までこれに従事した、とあるね。
でもそれ以前の1666年に主君藤堂良忠(蝉吟)の死去後、約6年間京都の禅寺で修業とあるが、これの詳細は不明とのこと。
この辺が謎だ。もしかしたら上野に戻って忍者修行していたかもしれない。

18 :日本@名無史さん:05/02/10 03:34:28
>>14
1日何kmも歩ける強靱な足って・・・
おまいは普段、100mも歩かないのか?

江戸時代の一般男子は一日20〜30kmは普通だぞ。昔の人間の体力を
なめてるだろ

それに奥の細道では馬を使って移動しているところもあるから
平均での移動距離を真に受けるな。

19 :日本@名無史さん:05/02/10 04:13:42
そもそも忍者とは何か?
からやらないと駄目だな。

20 :日本@名無史さん:05/02/10 04:25:57
夏草や兵どもが夢の跡
閑かさや岩にしみ入る蝉の声
五月雨をあつめて早し最上川
荒海や佐渡によこたふ天の川
一家に遊女も寝たり萩と月

忍者かどうかは知らないが、奥の細道は本当に名句が多いね。

21 :日本@名無史さん:05/02/10 04:39:06
世阿弥も忍者だったよな、確か
最後の最後でバレて流罪になったけど

22 :日本@名無史さん:05/02/10 15:43:38
>>19良く知られてる忍者のイメージ
歴史の影で暗躍した、戦国時代の隠密(スパイ)。
闇にまぎれて、音もなく忍び寄る。黒装束に身にまとい、様々な妖術じみた技、いわゆる「忍術」を使い任務を遂行していく。
権謀術数の渦巻く乱世において、その存在は欠かす事の出来ないものであった。

実際の忍者の実像
「忍術」は主に敵地に入り込むための技術や、館などに忍び込む技術、見つかった時の逃走術などを総称して呼んでいた。
なので実際の忍者の忍術は、炎を出したり、水や風を呼んだりはしない。当たり前だが。
忍者の主な仕事は情報収集や潜入工作などだったため、敵と遭遇するような事態は避けるべき。
つまり普段の仕事は、人知れず地味な内容であったようである。
忍者は戦国時代には不可欠だったため、大きな大名家は独自の忍者軍団を持っていたとされる。
武田家の「透波」、北条家の「風魔」、上杉家の「軒猿」、伊達家の「黒はばき」などが有名である。
また忍者にはその仕事の性質上、雇い主である大名の秘密を他に漏らさないと言う「秘守義務(秘密を守る義務)」が存在した。
そのため忍者達は勝手に所属する忍軍から抜ける事は許されず、もし勝手に抜け出した者は「抜け忍」と呼ばれ、それを「始末」するために追っ手が差し向けられたという。
そして忍者は戦国時代の終焉と共にその姿を消した。

23 :日本@名無史さん:05/02/10 16:07:03
集英社文庫「金鯱の夢」清水義範著「第四章江戸黄門漫遊記」で既出。
 忍者として有名な松雄芭蕉。
 その名は子供でさえ知っていて、「忍者バショー君」と言うアニメが生まれたほどであるが、
(中略)近年、一部の作家などから「芭蕉俳人説」というのが出されて論議を呼んでいるが、
筆者に言わせればそれはあまりに無理なこじつけである。
 なにしろ、芭蕉が奥州への大旅行をしたのは、俳句を作ることが目的だった、と言うのだから
あきれた説である。マルコ・ポーロが大冒険旅行をしたのは、「東方見聞録」を書くためだった、
と言うようなその説がまともに耳を貸すようなものでないことは多言を要しまい。
 旅をした時に、その副産物として俳句が生まれたのである。旅の目的は他にあったに決まっている。
それが、東北の政情視察であったことはどう考えても間違いのないところである。

24 :日本@名無史さん:05/02/10 16:42:12
何かすごい電波が上の方で飛び交ってますね

25 :日本@名無史さん:05/02/10 18:06:39
>>23には新潮文庫「ちはやふる奥の細道」小林信彦もあわせて読むこと
をお奨めする。
芭蕉は忍術が不得意で特に水上歩行「水ぐも」がだめだった。
「古池やかわず飛び込む水の音」の「かわず」は芭蕉本人を意味し、
この句には芭蕉の精神的外傷の叫びが隠されているという。
全編こんな調子で笑える。

26 :日本@名無史さん:05/02/19 20:50:07
なんか・・・ギャグ漫画日和のネタを普通にふってるスレだとおもったorz

27 :日本@名無史さん:05/03/07 00:51:09
月日は百代の過客にして・・・・

28 :日本@名無史さん:05/03/07 01:21:59
月日は百代の過客にして・・・・
しかももとの水にあらず。
よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、
久しく止とゞまる事なし。
世の中にある人と住家と、またかくの如し。

29 :日本@名無史さん:05/03/07 02:04:14
いちいち紀行文で「今日は○○にでかけました」「今日は△△に泊まりました」って、あとで世間にバラしまくる忍者がいたのか。

30 :日本@名無史さん:05/03/10 00:24:43
忍者はだめでも、諜報はできたかもよん。

31 :日本@名無史さん :05/03/10 17:19:58
まぁ芭蕉は謎なとこが多いからねぇ。
実際秘密の修行とかやってた頃もあるらしいし。
事実は小説よりも奇なり、っていうでしょ。

32 :日本@名無史さん:05/03/10 19:46:19
若い頃、数年間所在不明だった時期はあるけど「秘密の修行」の期間なんてない。
小説を事実にすんなよ。

33 :万年救護大本尊の朴蓮:05/03/10 22:29:14
外人が忍者学校へ忍者の勉強に来てるよね。

世界に誇るHERO
日本のNINJA!

松尾芭蕉は忍者の鏡だねぇ

34 :日本@名無史さん:05/03/11 01:01:32
松尾芭蕉が忍者って、
デーブスペクターがCIA工作員って言うのと、
同じ香ばしさが漂っているな。

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)