5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

薩摩島津家について

1 :日本@名無史さん:05/02/15 16:33:01
語ろうと思ったけど、やめた。

2 :日本@名無史さん:05/02/15 16:44:43 ID:KnVXTvxe ?
削除依頼しとけよ

3 :日本@名無史さん:05/02/15 16:50:57
若島津について語るスレに変更します。

4 ::05/02/15 16:53:34
このスレ島津(始末)しておけよ!ウヒャヒャヒャヒャヒャ

5 :日本@名無史さん:05/02/16 14:34:15
そんな駄洒落いうやつは島津におえない

6 :日本@名無史さん:05/03/03 09:40:52
島津(しまっ)た。

7 :日本@名無史さん:05/03/10 19:09:39
島津貴子

8 :日本@名無史さん:05/03/10 20:22:52
5代目じゅう島津師匠。

9 :日本@名無史さん:05/03/10 20:32:45
じゅう島津住職でしょ

10 :日本@名無史さん:05/03/10 20:37:46
(≧3≦)=3 プッ

11 :日本@名無史さん:05/03/10 21:15:07
もともとが、始末屋、暗殺部隊、ヒットマンの末裔だよ
島津は 明の国の兵隊が鬼シマンズと恐れるわけさ
日本で一番凶暴な氏族だよ 明治維新を見ればよくわかるだろう


12 :日本@名無史さん:05/03/10 21:34:22
もともとは歌人の家の出
島津家始祖の忠久の父の惟宗広言は後白河院に今様の名人として
近仕した
私撰集『言葉集』を編纂。家集『惟宗広言集』がある。
千載集初出(5首)。勅撰集には計6首入集。

13 :日本@名無史さん:05/03/11 15:40:06
>>11
m9(^Д^)プギャーーーッ

14 :日本@名無史さん:05/03/16 19:13:06
忠久は広言の子ではない
忠康だったかな

15 :日本@名無史さん:05/03/18 22:10:33
忠康って誰だよ?
系図では広言になっているぞ

16 :日本@名無史さん:05/03/18 22:15:21
確かに広言みたいな文人の子ではしっくりこないな。通字も違うし。

17 :日本@名無史さん:05/03/18 22:19:28
島津といえば義弘をイメージするから勇ましく感じるのだろうけど
島津家歴代すべてが勇ましかったのか?というと
よく知らないが、たぶん勇ましくなかった人もいたんじゃないの?

18 :日本@名無史さん:05/03/18 22:20:55
室町時代、一度しか上洛しなかった島津。

19 :日本@名無史さん:05/03/18 22:25:39
戦国時代の島津義久は古今伝授を受けた秀でた歌人だし
島津義弘もよく和歌を詠んでいたそうだから
目立たないけれど島津家には歌人としての伝統が流れているような感じがする

20 :日本@名無史さん:05/03/18 22:33:45
武士は知識階級なんだから、歌ぐらいは普通に作る

21 :日本@名無史さん:05/03/18 22:36:01
古今伝授は普通には受けられないだろw

22 :日本@名無史さん:05/03/18 23:26:47
>>15-16
確かに通字の問題から島津忠久の実父は惟宗広言ではないと言う説も有力です。
九州の別の武将で惟宗広言を先祖とする一族がおり
鎌倉時代にはお互いの系図が偽書だと言いあい、既に争論になっております。

と言うのをどこかの論文で読んだ(w

23 :日本@名無史さん:05/03/20 14:25:37
>>22
>鎌倉時代にはお互いの系図が偽書だと言いあい、既に争論になっております。

島津家では忠久は頼朝のご落胤で惟宗広言は養父になっているので
そういう論争は起こり得ないのではないの?

24 :日本@名無史さん:05/03/20 14:44:07
薩摩守忠度=無賃乗車
島津とは関係ないか

25 :日本@名無史さん:05/03/20 19:51:56
>>23
今私たちが見る島津の系図は色々伝えられてきたものを
寛永年間に徳川幕府の命令で提出するときに編集したものが元になっているからね。

鎌倉時代の島津の系図は今私たちが見る物とは一寸違う可能性有。

26 :日本@名無史さん:2005/03/26(土) 00:16:40
>>23
>島津家では忠久は頼朝のご落胤で惟宗広言は養父になっているので
>そういう論争は起こり得ないのではないの?

頼朝落胤説が出てくるのは15世紀以降。
>>22 が言っている争論は、13世紀(鎌倉時代中期)の話し。

27 :日本@名無史さん:2005/04/09(土) 02:48:41
いつの間にかまともな話になりつつある。期待しているよ

28 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 15:00:49
あげ

29 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 15:11:36
島津忠義の娘は美人が多いだけではなく長生きも多い。
六女貞子96歳、十女為子92歳等。

30 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 15:17:00
信長の野望などの戦国シミュレーションでは島津を選ぶと超有利

・背後から攻められる心配が無い
・有能で長生きな人材が多数
・ふんだんな鉄砲
・海戦もイケル
・かっこいい

31 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 16:28:19
>>29
へぇ
ところで忠義氏の正室氏(二人とも斉彬の娘だったと思うが)は次々と夭折したと記憶してるのだが
となるとこの娘さん達はいわゆる側室との間の子と言うことになるの?

>>30
つ ttp://hobby5.2ch.net/warhis/


32 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 16:58:27
sage

33 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 13:53:39
道南に島津姓が多いね。 なんで?

34 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 14:58:21
>>33
移住した

35 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 15:06:18
何で移住したんだろ?
とうほぐの藩のような事情はないはずだが

36 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 17:05:24
>>35
開拓使に関係あるんじゃないの?

37 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 17:33:04
島津家って、実は挑戦系だと聞いたことがあるが本当?


38 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 18:02:26
>>36
北海道は寒かろうに・・・

39 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 03:13:55
島津だからって薩摩だけとは限らんだろ

40 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 04:38:34
>>37
本姓惟宗なので、遡れば秦氏、すなわち新羅系。
但し、そんなん言い始めたらキリがない。田村麻呂や津軽氏や
現在いる村主さんとか勝さんとかいう苗字の人とか、錦織さんとか
大友、丹波、秋月、大蔵、早良、原田、赤染、菅野、真野、三善、‥‥
赤染衛門や三善清行なんて、日本人とするのが自然。

41 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 13:06:33
「島津 北海道 開拓」ググってみた。
明治に分領制とやらで北海道の開拓を、強制的に幕府から命じられたらしい。
一度は断って、二度目はその負い目から相当本気で開拓に取り組んでたみたい。


エロイ人、補足してください。

42 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 17:20:03





島津久永氏 佐土原藩主・子爵家の次男






43 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 17:36:36
>>31
はい。忠義の正室の産んだ子は死にました。なので成人された方は皆側室腹だと思います。

44 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 17:40:36
現当主は島津修久さんでしたっけ?

45 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 17:50:09
>>43
d楠

>>44
pipon

46 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 18:06:35
>>45


47 :日本@名無史さん:2005/04/18(月) 18:09:32
Why do you have a pen ?


48 :日本@名無史さん:2005/04/20(水) 19:06:45
良子皇太后が長生きだったのは島津の血のおかげ?

49 :日本@名無史さん:2005/04/20(水) 19:54:58
島津の血すげーw
長生きするわ体躯はでかくなるわ、
本格的に研究したら生体兵器が作れるんじゃね?ww

50 :日本@名無史さん:2005/04/20(水) 21:21:05
>>48
時代のせいもあるかと

>>49
>体躯はでかくなるわ
そーすぷりーず

長生きの家系かどうかと言うと短命な藩主もいる罠
確か宝暦治水を命じられたときの藩主(重豪の伯父と父だったか)は2代に渡って20代の若さで死んでたかと
しかし他藩と比べると一度も他家から養子を迎えたことが無く、強靱な血脈を護ってるのは確か。

51 :日本@名無史さん:2005/04/20(水) 21:23:34
重豪はもの凄い長生きだけど。

52 :日本@名無史さん:2005/04/20(水) 22:05:22
義久、義弘の祖父である日新の肖像は漫画みたいだが、誰も怒らな
かったのだろうか?

53 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 00:29:05
>>52
し〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ
あれは見なかったことにするのよ!(w

54 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 01:24:44
>>17
島津と言えば田舎武士、勇猛というイメージがあるが
実際は地方の名家なんてのは武田とかもそうだが地方貴族的な側面もあり文化に憧れていた。
良く今川義元をお歯黒ダヌキとか文弱に流れたなんてこんにちでは言われてるが地方の名門武士はみんなそんなものだった。
和歌を習い、茶道を楽しみ、貴族ふうの格好をし、合戦の時も高貴な格好でのぞんだ。
島津家久は合戦の時はお歯黒を欠かさなかったというが、他の者たちもそんなもんだろうね。

55 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 01:32:52
>>33
明治の名字令の時にたくさんの昭和新姓が生まれた。
薩摩のある村では全員が「島津」という名字が良いと希望し全員島津姓になったという。
そんなふうに島津家とは縁もゆかりもない連中が島津姓にあこがれたり何か良い事あるのではないかと
島津を名乗った連中もたくさんいる。

少し関係ないが、政府が武田家嫡流を認定しようとしたさい、
多数の「わが家こそは」という立候補がありその中には
単に名字が「武田」というだけの連中もたくさん応募していたとか。

56 :石川県人:2005/04/21(木) 01:42:56
俺も前田だし県内には「前田」という名字は多いけど、別に周囲に何も言われないし、
俺自身、自分の家系が前田の殿様と関係あるのかなんて思った事一度もないな。単に平凡な名字だからだろうがな。
明治の名字必称令で地元の殿様と同じ名字、名乗った家って多いと思う。

57 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 07:18:25
>>55
将軍と同じ「徳川」を名乗った連中もいる

58 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 18:39:07
>>50
ソースは探し中。
とりあえず「島津 身長」でググってくれ。
なぜか島津姓はどいつもこいつも長身だから。

59 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 19:34:02
島津家の人が長身っていうのは初耳だな。
島津に醜相なしはよく聞くけどね。

60 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 21:02:20
失礼な話だが、皇室の顔立ちの傾向を変えた香淳様は?

それと関係なしに肖像画なんだけど、
一般に知られてる義弘のあれは典型的弥生人に見える。

61 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 23:29:23
>>55
> 薩摩のある村では全員が「島津」という名字が良いと希望し全員島津姓になったという
この部分のソース教えてくれ。

殿様の姓を取るなんて封建的な鹿児島では考えられんが。
以前鹿児島に住んでて何人か島津姓の人と会ったことあるが、皆旧藩主一族の人だった。

鹿児島の新姓の話だと、薩摩半島に鰻温泉というところがあるのだが、そこら辺の住人が皆苗字を鰻にしたという話は聞いたことがある。
ただ、あまりにおかしいということで後で改姓した家が多かったらしいが。
一応今でも鰻姓は少しだがいる。

鹿児島は士族の苗字があまりバラエティに富んでないので苗字で旧身分が分かることがあるんだよね・・・

62 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 16:14:12
鹿児島は「園」が付く苗字が多いよな。

63 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 18:16:01
>>62
「院」じゃなくて?

64 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 21:28:57
花村紅緒さんの婚約者、伊集院忍少尉も薩摩の後裔?

65 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 00:18:28
>>64
マンガ上の架空の人物を語るのも何ですが(w

設定では伊集院家は官軍側、花村家は幕府側と言うことだったので
伊集院家は薩摩藩士の後裔とされていた可能性もありますね

あとは「懐かしマンガ板」当たりに行けば回答返ってくる鴨

66 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 09:56:57
島津製作所は関係あるの?

67 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 10:45:13
アニメで見たら、伊集院家は「公家屋敷」なんて表現で呼ばれていて、
薩摩武士の伊集院伯爵が公家の家に婿入りしたようなニュアンスだったが。

68 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 10:53:51
NHKの女子アナ、島津有理子は埼玉生まれだけど薩摩と関係あるのかな
島津だったら家紋はやっぱり○に+なんだろうか?

69 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 11:40:51
>>66
ttp://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1111659035/11

>>68
明治維新以降、鹿児島から関東に移住した島津一族は多い。
但し、後北条氏に仕えていた島津氏もいたらしいんだよね。
上杉に仕えていた信濃在住島津氏(薩摩島津氏の遠い親戚)もいるし。

ということで、引き続き島津有理子アナ情報募集(w


70 :日本@名無史さん:2005/04/28(木) 12:42:21

在日さんが、その土地のメジャーな武将苗字を名乗るのはよくある話でして。



71 :日本@名無史さん:2005/04/28(木) 22:01:21
こんなん見っけた
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g34070925

72 :日本@名無史さん:2005/04/28(木) 22:07:13
>>71の島津義弘の軍功記の作者(?)島津修久って誰?


73 :日本@名無史さん:2005/04/28(木) 22:09:42
島津は秦氏系の朝鮮人

74 :日本@名無史さん:2005/04/28(木) 22:19:59
>>72 「島津修久」でぐぐれ
>>73 をいをい 秦氏が渡来したのって1300年は前の話だぞ

75 :日本@名無史さん:2005/04/28(木) 22:21:25
秦氏というのは任那でしょう?

それと、惟宗氏というのは秦氏説が高いけど
実は、出自が曖昧であり、
また、島津氏の初代当主の忠久の実の父親も分かっていないわけで。


76 :日本@名無史さん:2005/04/28(木) 22:22:48
あと、秦氏というのは
当時の日本では
あくまでも漢系として分類されていた。


77 :日本@名無史さん:2005/04/28(木) 23:29:11
1300年前に朝鮮ってあったの?w

78 :日本@名無史さん:2005/04/28(木) 23:38:30
>>61
俺は>>55ではないが俺も確かそういう話しは「戦国ものしり事典」みたいな
一般向けにおもしろおかしく書かれた本で読んだ事はある。
ただ薩摩とは書かれてなかったかも。

79 :78:2005/04/28(木) 23:45:37
ソースが見つかった。
主婦と生活社「戦国時代ものしり事典」P252

80 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 00:26:04
秦氏は新羅からの渡来人。要するに朝鮮人ね。
朝鮮人島津が南方土人ハヤトを支配する国…
昔から言われてきたことだけど、
やはり薩摩は日本における異境だね。

81 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 00:33:11
>また、島津氏の初代当主の忠久の実の父親も分かっていないわけで。

えっ、下手すると完全に無関係ってことにもなるのか。

82 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 01:23:14
>80
歴史とは皮肉なもんでな、何れ中国はそこをついてくるだろ。

83 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 01:45:00
秦氏は朝鮮人とは関係ないよ。
朝鮮半島経由で日本に移住した「秦朝の末裔」を自称する部族だ。
それが事実かどうかは疑問だが、そもそも秦朝とは西域のアーリア系民族が支那方面に勢力を拡大して支配層となった民族の政権だ。
朝鮮半島というのは、通過した人間を片っ端から朝鮮人に変成する作用を持っている場所という訳ではない。
だから秦氏が本当に秦朝の末裔であれば、秦氏は朝鮮人ではない。


84 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 01:52:48
島津の先祖は古代では秦氏を自称し、藤原氏が勢力を拡大すると藤原氏を自称するようになり、
武家社会になると源氏を自称して現代に至る。
つまり先祖代々そういう連中なのであれば、そもそも秦氏かどうかさえ怪しいとも言える。

85 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 02:24:42
朝鮮半島経由で日本に移住したといえば、ソフトバンクの孫正義氏が頭に浮かぶ。

86 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 02:50:22
あれは華僑を査証した在日朝鮮人。

87 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 02:50:52
査証×
詐称○

88 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 03:04:58
>>77
5000年の歴史だと姦国人で言っている。
あやしいもんだ!

89 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 03:10:01
つまり島津家の人間が朝鮮人、もしくは朝鮮人の先祖を意味するような出自を自称した事は一度も無い。
しかしその時その時でコロコロと身分詐称するインチキ臭い習性は朝鮮人を連想させるという訳だな。


90 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 03:11:41
>>87
むしろ、僭称(せんしょう)の方が適切。

91 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 09:27:42
真偽はともかく、源頼朝のご落胤が公式な系図なんでしょ。
だったら本当のことなんかわからんよ。

92 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 09:31:09
古代の日本の中で、渡来人の出身選別では
秦氏は漢人系(中国系)として分類されている。
その分類では、任那系、百済系、新羅系などとは別待遇だった。
よって、秦氏は終始一貫、中国系とされている。

島津氏の先祖の可能性がある惟宗氏は秦氏説が高いが
これとて、確証的なことはない。
ましてや、島津氏の初代の忠久の実の父が誰か?という確証的な資料も無い。
源頼朝の落胤は嘘くさいし、後白河天皇の落胤も嘘くさい、
養父だと見られる惟宗広言は有名な文化人ではあるが、
この人物との親子関係も、近年は完全に否定されている。
可能性が高いのは、惟宗忠康とかいう無名の下級貴族だが、
これは単純に、この人物の名前に「忠」の字があるから
という推測の域を出ない。

島津家のことで確かなのは、鎌倉初期から幕末までの800年間、
終始、藤原摂家筆頭の近衛家の家臣という立場だったこと。
関が原の時も、島津義弘は近衛家に助けてもらっているし、
江戸時代も近衛家と島津家は婚姻関係を結び、
また、島津氏は主君である近衛家に財政援助したりしている。
そもそも、島津の領国は、近衛家の元荘園であり、
島津家を語る上で、近衛家の存在は絶対的なものである。


93 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 09:53:04
もともとは惟宗姓(秦氏)を名乗ってたんだから島津はチョソ。
その後藤原、源氏などと姓をころころ変えてるけど、
これは典型的なチョソの習性だよ。

94 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 12:01:40
織田信長も豊臣秀吉も姓はころころ変えてる罠

95 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 12:45:02
今日17時30分 NHK衛星第2 BS特集高松宮妃が語る昭和


96 :日本@名無史さん:2005/05/03(火) 02:36:02
>>93
お前には読解力というものが備わっていないのか?


97 :分家:2005/05/09(月) 00:08:47
島津家の第10代から12代ぐらいのことを関東地方で良く知ることが出来る
方法って何かありますか?

国会図書館で古文書を漁るしかないのでしょうか?
できたら、兄弟や分家などを調べられればと思っています。

98 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 00:35:09
>>97
とりあえず国立図書館逝って『島津氏正統系図』見るところからかな
あと『寛政重修御家譜』の島津氏の系図は見ました?これはちょっと大きい図書館にはあると思うけど

99 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 15:25:17
>>66
都城島津家の当主がやってる会社
ttp://www.marujyusangyo.jp/

100 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 19:24:40
卑しい一族島津

101 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 20:55:38
島津は韓国人島津の父より朝は韓国人清和日王は韓国人韓無日王は韓国人神武日王は韓国人
ながすね彦わ制服された倭奴

102 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 22:55:58
薩摩に食糞の習慣があったって本当ですか?かなりショック。

103 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 23:05:55
>>102
薩摩人は赤犬を好んで食べる。

104 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 23:23:39
境内に 響く大声 手に丸木
  練った分だけ 太くなりけり

105 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 23:35:03
ホロン部の皆様はこんな過疎スレに居着かず巣に帰るように。

106 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 23:06:23
>>101
捏造の激しい韓国人は消えろ。

107 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 12:31:50
いやや

108 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 18:12:28
  ♪ダサツマになるよ〜
    ◎−◎   ◎−◎
 ((∩∴)д∴)∩∴)д∴))))
   〉     _ノ 〉     _ノ
  ノ ノ  ノ  ノ ノ  ノ
  レ´(_フ   レ´(_フ

  _■_ ________________
 |∵∴∵|:::ー-ーーー-ー─ーー--ーーーー-ーー-ー,||
 |∵∴∵|::::    ダサツマの系図          i ||
 |∵∴∵|::::                      ; ||
 |∵∴∵|:::: 檀 君-──┬──文鮮明    :; ||
 |∵∴∵|::::         │            | ||
 |===|:::: 山  窩──白丁隼人       ! ||===-3
 |∵∴∵|::::           │         ; ||
 |∵∴∵|:::: マレー系土人─李氏朝鮮   |  ||
 |∵∴∵|::::              │         i  ||
 |∵∴∵|::::         島 津 家     | ||      ◎−◎;
 |∵∴∵|:::ーーー ーー- -ーー-ーー-ーー-ーー─||     (∴д(∴)  <これがバレたらマズいでゴワス
   ̄■ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          【ダサツマの秘密】

上野の西郷さんが連れている犬はおべんとう

109 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 18:29:01
名門島津家も近衛家だけには頭があがらないかもな

110 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 09:24:37
島津家の葬式にイスラエル大使館の人間が列席した話を聞いた事がある。
家紋が十字架なのは古代ユダヤと関係があるとの話も聞いた事がある。
詳しい人、腱鞘炎にならん程度に、お導きを。

111 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 15:45:08
島津忠義の子は誰と誰が同腹なんだろうか。

112 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 22:21:53
>>111
漏れも知りたい
これはさすがに霞会館の例の本にも載ってなさそ。

113 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 18:57:22
俔子(1879生)、正子、忠重(1886生)の生母は寿満さんのはず。

114 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 19:27:58
どうでもいいだろう、薩摩なんて蛮族は。

115 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 21:08:43
>>113
d楠
寿満さんの出身は何家なのでしょうか?
ぐぐっても分からなかったので、教えてチャンでスマソ・・・

116 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 21:23:03
島津は朝鮮人

117 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 23:31:07
黒田清子(実質長女、明治4年生)から4男忠重(実質長男、明治19年生)まで1男7女は
みな続けて寿満子一人。
跡取りを産んで、やっとお役御免になったみたい。

忠重弟忠備以降の生母が一人かどうかは知らない。
寿満子の子は、みんな美形ぞろいだね。
特に忠重は眉目秀麗という言葉がぴったりだ。

118 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 11:50:21
>>117
久邇宮妃倶子妃は「・・・」な写真しか見たこと無いんだが(汗
ちなみにドイツに行ったときに梨本宮伊都子妃達と並んで撮った写真。

忠重さんはこんな写真しか転がってなかったw
ttp://www.minc.ne.jp/shimadzu/event/ph0001.jpg

119 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 17:53:11
>>117
9女徳川正子さんは?

120 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 17:56:51
>>118
常子妃に似ていますね。

121 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 18:34:06
徳川知子さんは美しい。

122 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 18:47:40
戦前の貴族院は機能していたんでしょうか?(今の参議院ぐらいは・・)

123 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 18:51:43
そげんこつは関係無か!

124 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 00:42:05
朝鮮人の島津は源頼朝の落胤という大嘘で偽源氏のチャンピオンになりました。

125 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 01:42:38
卑族・島津

126 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 22:28:41
>>119
正子さんは、須磨子さん腹の最後の女子。

127 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 00:41:18
新人物往来社『皇族・華族古写真帖』つうのを借りてきた

・・・ヤパーリ倶子さんは微妙だったなw
他には
・島津忠義
・島津の奥方(名前不明)と姫(7〜10歳ぐらい、名前不明)
・山階王菊麿王妃・常子さん
・徳川頼貞夫人・為子さん
辺りがご出演されていたが常子さんと為子さんは今でも通用する美人かと
忠義さんはつり目があの沖田浩之に似ていて微妙w 久光には似てないね。

128 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 18:44:46
黒田清子さんから久邇俔子さんまで8年間で7人の娘が生まれている。
寿満子さんは多産であると同時に女腹なんだな。
そしてその子孫同士で結婚する人もいる。

129 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 18:46:30
男竿

130 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 22:28:34
>>128
戦国時代から島津は同族内結婚が多いからね。

ところで寿満子さんって何家のご出身?
『平成華族家系集成』?には載ってなかった。

131 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 13:19:44
島津斉彬の娘寧姫は明治12年に忠寶という子を産んでいるが(漢字あってる?)忠寶が成人したら島津家を継いでいたと思う。
暐姫は明治2年に房という娘を産んだらしいが暐姫も寧姫も出産で死んでいる。

132 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 13:24:38
忠義次女充子は産後4ヶ月で池田詮政と離縁してるのはなぜ?あと出戻り後の充子がどうなったか知りたい。

133 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 13:27:24
>>117
正子さんまでなら1男9女になるが誰か寿満子さん腹じゃない人がいるの?

134 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 15:01:14
日本の肖像旧皇族・華族秘蔵アルバムっていうのもってる人いる?

135 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 16:52:12
>>130
島津久永さんと貴子さん、島津斉視さんと朝子さん等近親婚が多いですね。

136 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 17:27:34
明治時代から戦前にかけての人名にさん付けするのはやりすぎ。

137 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 17:47:23
>>132
『平成新修旧華族家系集成』によれば
年度は分からないが松平直亮(元松江藩)と再婚している。

138 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 19:32:26
>>137
松平直亮の妻は島津允子となっていたが充子の間違い?

139 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 23:27:30
>>138
ちょっと信用度は薄くなりますがw
『皇族・華族古写真帖』(新人物往来社)でも島津忠義の次女の名前は「充子」となっていました。

140 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:00:24
>>139
次女充子の写真を!

141 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:01:25
歴史捏造ファンタジー大名

142 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:57:57
>>140
もってねーよw
期待に添えなくてすまんな

図書館でこの辺りの本を見たら載っているかも知れないのでヒントだけころがしとく
『薩摩島津古写真集』
『日本の肖像 旧皇族・華族秘蔵アルバム』

143 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:38:02
久光製薬のマークが島津の家紋と一緒なのは関係があるの?

144 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:25:18
>>143
島津久光が創ったから

145 :140:2005/07/06(水) 18:51:34
>>142
いえいえ。無理を言ったこちらが悪いです。うちは田舎なのでこういう本はなさそうですね。探してみますけど。
そのかわり図書館である本に徳川家の集合写真に4女知子が載っていました。すごく美人でした。
その本の別のページに島津家のことも載っていて島津家のひとは何々印と呼ばれていたのだが誰がどう呼ばれていたのか忘れました。

>>144
本当驚きましたけど単純なネーミングですね。

146 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 19:13:26
>>145
知子はかなり美人だよね

147 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 20:22:50
>>143-144
公式HPを見ると違うようだが
ttp://www.hisamitsu.co.jp/company/enkaku.html

148 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 19:52:17
常子知子俔子為子の顔は知っているが他の人もやはり美人なの?俔子はここでは微妙な評価だが俺は美人だと思う。反対に為子は美人と普通の中間あたりで微妙。
常子はかなりの美人。知子は最高の美人。

149 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:51:39
>>148
正子(徳川家正夫人)はまん丸顔。瓜実顔の多い忠義子女の中で異色の風貌。
貞子(久松定謨夫人)はピンぼけの写真しか見たこと無い。系統は常子、知子に近いと思うが…

150 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 01:32:01
>>149
>正子(徳川家正夫人)はまん丸顔


そうかぁ?まん丸を上下に少し伸ばした感じだと思うが

151 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 15:10:01
正子は、若い時の写真は瓜実顔。きれいな二重まぶたで、鼻筋が通った
シャープな顔立ちの美人と思う。
中年になった頃の写真は、肥満のせいか丸顔に写っている。

家正さんが、年を取っても若い頃と容貌が変わらず貴公子然としていたの
をみると、不釣合いな感じがするね。

152 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 15:33:50
関係ないが家正さんは母親似?

153 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 16:32:21
>>152
家達夫妻、家正夫妻の集合写真を本で見たが
家正氏は目の辺りは父親似だが、全体としては母親似とお見受けした。

その集合写真、どう見ても家達夫人の方が家正夫人(正子)より若く見えるんだ罠

154 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 16:56:04
家正・正子夫婦の長男家英さんは東北帝大在学中に亡くなったみたいだね

155 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 17:13:50
なぜ東北?
都落ちか?

156 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 18:33:29
家達夫人(近衛忠房長女泰子)は母も祖母も島津家出身ですね。ただ泰子や近衛忠房が嫡出であるかどうかは知らないですけど。

157 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 18:48:54
島津久子さんは久範さんの3番めの妻で久子さんの子は久永さんだけらしい。

158 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:29:11
久範さんは婿養子なんだな。
鹿児島藩(本家)から分家の佐土原藩家に入ったという形。
最初の奥さんと次の奥さんは先代佐土原藩家当主の娘。


159 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:11:21
ちょっと前から気になっていたんだが、
ノーベル賞受賞した田中さんのいる島津製作所(京都)と、大名の島津氏って関係あるのか?
島津家の家紋と会社の社章が同じデザインなんだが。

160 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:55:15
>>159
つ ttp://www.shimadzu.co.jp/aboutus/history/index.html

161 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 11:26:49
近衛家つながりで津軽氏との関係も深いの?
ほぼ最北端と最南端。

162 :159:2005/07/15(金) 15:32:13
>>160
薩摩島津氏と血縁関係は無いけど、関わりがあったと言う事ですね。

163 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 17:11:03
>>159=>>162
島津氏側には記録がないので、島津源蔵(島津製作所創設者)家側の一方的な言い分かも知れない
但し、島津氏は一時期豊臣秀吉から播磨に1万石の飛び地をもらっていたこと、
また、播磨に島津氏の分家がいたこと(赤松氏の配下だったらしい)は事実。

>>161
江戸時代には島津氏、津軽氏の間に深い交流があった形跡が伺えない
島津氏が津軽氏から正室をもらったこともないし
逆に津軽氏が島津氏から正室をもらったこともない。

164 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 21:39:29
八戸藩2万石には島津重豪の息子が養子で入っているね
九代藩主南部信順がその人
そういう島津との縁で、奥羽越列藩同盟には結局入らなかったらしい

165 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 02:57:43
陸奥守の多い島津家

166 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 08:58:01
武田信玄、上杉謙信と呼ばれるなら、島津伯龍と呼ばれないのはなぜ?


167 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 12:06:29
出家したあとは、する前と比べて
あんま大した事してないからじゃね?
「義久」の名の方が皆様の記憶に残ったと。

168 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 12:41:30
>>167
プニュ( ´∀`)σ)Д`)ノシ

>>166
質問の意図がよくワカラン
ちなみに天正16年以降、文書の自署署名は全て「龍伯」になっている。
友人でもあり、平安末期から関係の深かった近衛家の当時の当主・近衛前久の出家名「龍山」
にあやかった物かも知れないが、命名の由来を明記した史料はなく、詳細は不明。

169 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 14:51:42
>>168
平安末期に近衛家はまだ無いと思うが。
島津家系図が源頼朝から始まるわけだし。


170 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 15:34:07
細かいつっこみするなあ・・・

後に近衛家となる藤原摂関家の家司であった惟宗氏の後裔が島津氏


171 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 20:42:21
>>168
なんで現代では、武田信玄や上杉謙信は武田晴信、上杉輝虎じゃなくって坊主名で呼ばれる事が多いのに、
同じく坊主の島津義久はこいつらと違って俗名で呼ばれる事が普通なのかって疑問じゃねーの?

ってか、もれ>>167なんだが何で殴られてんのかよくわからん

172 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 21:03:57
島津家は今何代目?

173 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 22:11:21
>>172
義久から数えて義弘も当主に入れると忠秀氏で16代目

174 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 22:21:01
公爵に島津から2家は多すぎ。国父とかいって
久光がいばってる。生麦事件反省しろ。

175 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 23:21:45
久光は大名ですらないのにな。
でも無位無官で勅使の護衛名目で江戸に来て、復路に生麦事件。

176 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 23:37:36
>>171
ああ、そういう意図だったのか。

出家して龍伯となった後は、”対外的に”島津家の当主と見られていたのは弟の義弘だったため
島津”龍伯”の印象は後世の歴史家には薄かったのだろう。
実際には義久が出家した後も島津家の家臣の中では
「島津家全体の当主は義久」と考えていた人の方が圧倒的に多かった。

>>174
そんなあなたに。
ttp://www.ndl.go.jp/portrait/datas/106_1.html

177 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 20:17:21
『島津』って名前が付く人は皆、島津家に由来する人なんでしょうかね??

178 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 20:37:04
>>177
荒らしはイラネ

179 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 22:20:37
荒らしと言うより
このスレを最初から読みましょう。まだ179件しかレスのないスレです。
あなたが真の2ちゃんねらーなら苦痛じゃないはずだw

180 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 22:51:04
島津と名乗る人
1.薩摩の元藩主と親戚の一部
2.福井・長野等の元土豪の一部(1の鎌倉時代に分かれた遠い親戚)
3.1が借金する時に苗字を与えた家系(島津製作所はこれ)
4.明治以降に勝手に名乗った人

181 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 01:21:06
>3.1が借金する時に苗字を与えた家系(島津製作所はこれ)

いつの時代の話?

182 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 09:06:57
>>181

安土桃山。


183 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 18:10:57
忠重生母(つまり寿満子さん)は山崎拾女らしい。誰か山崎拾について知る人いる?

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)