5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宗教弾圧大本事件とはなんだったのか?その2

1 :佐賀県佐賀市十七歳 ◇ypURG809QA:05/02/21 23:43:05
はい、続きでございますw

前スレ
宗教弾圧大本事件とはなんだったのか?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1087718729/l50

2 :日本@名無史さん:05/02/22 00:23:58
http://64.233.183.104/search?q=cache:E6UIXSBfDhUJ:life.2ch.net/psy/kako/1003/10033/1003391799.html+%E4%BD%90%E8%B3%80%E7%9C%8C%E4%BD%90%E8%B3%80%E5%B8%82%E5%8D%81%E4%B8%83%E6%AD%B3%E3%80%80%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88&hl=ja
2 名前: 佐賀県佐賀市十七歳 投稿日: 01/10/20 18:23


                  ______________
         ./彡 ミψ     .|  ノ彡/@ヾ             |
         //ノノノヽヾ    .|  彡ノノノノ ミヽ   \       .|
         |/川川川 ||    | |( |∩  ∩ |)|    .\   .  |
        从川川川从   .| 从.ゝ ▽   从         \ .|
      〆ヽ . ヽ--′<ヽ   |/))ヽ----イ( \    \    .|
      / /. .)------(ヽ \ .| /(      )ヽ \    .\  .|
      \ヽ)〜〜〜〜(/. / . | ξ ) ミ  彡 ( /ξ.. )        .|
        (~(~~~~~~~~~~).~)   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ./ .\_人___/ヽ__ヽ   鏡に映って するよ
      / ̄/   .‖    .\ \
     (__)   .∧    (__)
          . (  )
         (      )   ブリッ
       ( ● ´ ー ` ● )     ブリ ブリ



■■■■■■■■■■クソスレにつき終了■■■■■■■■■■

3 :日本@名無史さん:05/02/22 00:39:49
2=創価学会員

4 :日本@名無史さん:05/02/22 01:23:46

※※ カルトの見分け方 ※※

1.真理はその組織に占有されており、その組織を通してのみ知ることができると主張する
2.組織を通して与えられた情報や考え方に対しては、疑ってはならない
3.自分の頭で考えることをしないように指導する
4.世界を組織と外部とに二分する世界観を持つ
5.白黒を常にはっきりさせる傾向が強い
6.外部情報に対して強い警戒感を与え、信者の情報経路に様々な制限を加える
7.信者に対して偏った情報、偽りの情報を提供することがしばしばある
8.組織から離脱した人間からの情報に接することを禁じる
9.家庭や社会との関わりで多くのトラブルを生じている
10.社会からの迫害意識を持ち、それをかえってバネにする
11.外部に対して正体を隠す傾向がある
12.生活が細部にわたって規定される
13.組織が信者の生活のすべてになっている
14.共同体内部でのみ通用する言葉を多く持っている
15.組織からの離脱について極度の恐怖心を与える



5 :日本@名無史さん:05/02/22 01:26:58
53 名前: 佐賀県佐賀市十七歳 投稿日: 02/03/20 20:02
>>51
マジレスしますと、アレは通信施設の跡地ですよ>行田町曼荼羅


6 :日本@名無史さん:05/02/22 01:36:14
15 :名無しさん@3周年:04/10/29 05:26:29 ID:4ZYMDEkX
雛型がどうのこうので大本を抜けると良くないとか、縁が入って大本に入った人間が
無理やり脱退するといけないとか、不幸にみまわれるとか、挙句の果てには、
抜けて名簿から名前を削除された人間が死んだ、などという話が
ありますけども、まあ、僕はそういう話やそれに類する話を聞かされたことが
ありましたが、大本を抜けましたよ。
退会用の資料にしっかり名前を書いて、完全に縁を切ると書いて、
ばっちり正面突破で退会したけど、まー、あの、ピンピンしてますね。
独特の磁場というか、エネルギーの枠があるから、そこを突っ切って
引力から離れるのは実際大変なんだけど、この通りです。
祝詞も上げないし、人型グッズもとようの紋も、燃えないごみで捨てちゃった。
体の調子も良いし、まったくもってして、本当に元気そのものですね。

16 :15:04/10/29 05:36:14 ID:4ZYMDEkX
大本には選民思想のようなものがあります。
それから、他力に依存する傾向があります。
人間一人一人はそんなにちっぽけなもんじゃないです。
そこらへんの木なんか見てみなよ。
仕組みなんか関係あるか? 自由に生えてるんだよ。あるがままに。
教祖を祭り上げて、その教祖にすがることでやってきたんだ。
尊氏さまに触ってもらったら皮膚病が治りましたと、予言があたったと、
そんなことやってないでね、自分で治しなさいってことなの。
病気治しの類が多少出来たり気が扱えたりする人ならわかると思うが、
人の体を本人の因縁に関係なくいじるのは本来良くないことだ。
それは、念力で透明になって女風呂を覗きにいくのがいけないことと
同じ位に、反則なの。
なんとか様助けて、はいいけど、自助努力というものがある。
僕なんか見てみなよ。自分の信念に従って大本を抜けた。
今は雛型とも仕組みとも何の関係もないが、普通に生きてる。まったく。

7 :日本@名無史さん:05/02/22 01:40:14
合気道誕生のための陣痛でした

8 :日本@名無史さん:05/02/22 01:59:16
>>5-6
どこからのコピペ?
今後は引用元のアド付きで

9 :日本@名無史さん:05/02/22 08:35:24
>>8
【出口王仁三郎】  大本8  【 霊界物語 】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1098715084/l50


10 :日本@名無史さん:05/02/22 20:17:20
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1041497753/985

985:佐賀県佐賀市十七歳 :04/03/20 20:02 ID:a9DseMo7
>>984

>川西杏は李朝の末裔です。
>私の母方の姓は金で大邱の近くです。
>おっぱいちゃんとい名曲が生まれました。

へえ〜!
川西さんは李氏朝鮮王家の末裔なんですか!こりゃびっくり。
ちなみに李氏朝鮮を建国した李成桂は高麗に帰順した女真族の武将、
李ウルスブハの息子です。
もし川西さんが本当に李氏朝鮮王家の末裔ならば、
韓国朝鮮人ではなく、女真族の末裔と言うことになりますね。

しかも、お母さんの姓は金で大邱の近くといったら、
豊臣秀吉の朝鮮出兵の際に朝鮮側に帰順した金忠善を祖先とする
日本金氏一族の本貫地の友鹿洞(ウロクトン)が近くにありますね。

ということは、川西さんには母方からは
日本人の血が入っている可能性もあるわけですね。

「骨は父より、血は母より受け継ぐ」という韓国のことわざがありますが、
これを川西さんに当てはめると
「骨(女真族)は父より、血(日本人)は母より受け継ぐ」となりますね。

んまあ〜、韓国朝鮮人だなんてしらばっくれちゃって・・・ リ・テ・イ・ヒ♪

11 :日本@名無史さん:05/02/22 22:02:10
>>6

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1098715084/15-24

12 :日本@名無史さん:05/02/22 22:08:48
補足
>>11
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1098715084/24

×それは確かだな、霊界物語はカルト化するため教典には向いていない。
○それは確かだな、霊界物語はカルト化するため「の」教典には向いていない。

13 :日本@名無史さん:05/02/22 23:10:10
>>4
前スレからのコピペ、設問と少し違うから詳しい人降臨キボンヌ

418 :日本@名無史さん :04/10/06 00:13:56
>>405
僭越ながら、カルトチェックしてみました。
適宜訂正お願いします。

大本(本部は不明)の破壊的カルトチェック

勧誘方法は良心的か
○基本的に勧誘は一切しない。

教祖や教団組織に盲従するようにしていないか
○神の言といえども、よく吟味すべし。(三鏡)

教団組織の外の世界を極端に悪く言わないか
○大本はこの世をも天国楽土と化すのが目的の一つで、厭離穢土とはみなさない。

信者の個性を尊重するか
○採長補短の方式を取っており、没個性な床の間の盆栽より国家の良材となる
人材を育成する。これを天才教育と呼ぶ。

異常に厳しい生活上の決まりはないか
○四大主義(清潔、楽天、進展、統一)などを掲げるが、これは理想的な信者の
生活習慣や心構えを説いたもので、強制される事は無い。

14 :日本@名無史さん:05/02/22 23:11:49
419 :日本@名無史さん :04/10/06 00:14:43
外部の情報を自由に得られるか、またそれらの情報への態度はどうか
○良いものは世間に先んじて積極的に取り入れる。これを「九月八日の仕組み」と
呼び、菊の節供(陰暦九月九日)を行う世間様をリードする意味を持つ。
反対に一歩遅れる事を「六菖十菊の悔いを残す」として嫌う。

伝統的宗教を極端に軽蔑していないか
○万教同根を唱え、宗教による精神的世界統一を目指す。基本的に万教は元は
一株であり、違うように見えるのは時所位や説く人の身魂の高下勝劣により、
違う教えに感じられるだけだと説く。

一般の学校への進学に積極的か消極的か
○全く問題なし。自由。

信者の自主性やプライバシーを尊重しているか
○時代錯誤な強制や干渉などは存在しない。

信者の過去の出来事や人間関係をバカにしていないか
○根本的に愛には二種類あり、普遍的な愛(神の愛)を愛善、限定的な愛(わが
家族のみ、わが国家のみを愛するなど)を愛悪と呼ぶ。
大本では愛悪を戒め、愛善の境地を求めているので、信者の過去や人格をバカに
して破壊し、教団の意のままにしようなどの洗脳手段を用いるはずも無い。

15 :日本@名無史さん:05/02/22 23:38:33
ヒント:紅卍字会

16 :日本@名無史さん:05/02/23 02:21:50
合気道植芝盛平先生と大本出口王仁三郎師
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/budou/1086867913/

17 :佐賀県佐賀市十七歳 ◆ypURG809QA :05/02/23 22:50:02
それにして、も。

18 :鉢鰻書店@目白駅から明後日の方へ徒歩五分:05/02/24 00:29:48
さあ
今回はさる宗教学者はんが、お小遣いの足しに執筆した
「評伝 福島久」
昭和50年代に某大学出版局から極小部数出版されたものを
さるバッタ屋はんのルートから今回50部のみ入荷。

 また
今回特別に十和田龍センセが「大地の母」を執筆中の気分転換に
気の向くままに書き殴った
お久さまの生涯を一部分こっそり描いた
「大地の伯母」
近親者のみに遺品として配布された物の残部を特別放出。

どちらもお早めにでっせ。

byすーぢゃん

19 :日本@名無史さん:05/02/24 01:03:45
電波武道の合気道と創価学会のライバル・オウム真理教の
2者を産んだのが、大本教の歴史的な意義だった…

20 :日本@名無史さん:05/02/24 02:48:03
合気道は当時日本で最強だった警察で、逮捕術の母体に採用されている

>オウム真理教を産んだ
詳しく

21 :日本@名無史さん:05/02/24 02:54:22
なにこのスレ・・・

22 :日本@名無史さん:05/02/24 09:47:58
>>2

23 :日本@名無史さん:05/02/24 11:22:00
>>20
>>オウム真理教を産んだ
>詳しく
オウム真理教や上祐のサイトを見ると、
彼らがどれほど大本教を参考にしてるか分かる。

直接的な雛形は桐山の活動だろうし、
組織運営は世界統一心霊教会(統一教会)、
政権奪取活動と教祖のレイプ三昧は創価学会、
高学歴者集めはバグワン・ラジニーシ和尚っぽい。

しかし精神的な基盤や、弾圧に対する考え方では
オウム真理教は大本教に依っている。

24 :日本@名無史さん:05/02/24 12:04:13
>>23
>しかし精神的な基盤や、弾圧に対する考え方では
>オウム真理教は大本教に依っている。

詳しく
専門の宗教学者による先行研究の提示キボン

25 :日本@名無史さん:05/02/24 12:23:02
アーレフ・サイト
ttp://info.aleph.to/aumaffair/204.html

26 :日本@名無史さん:05/02/24 12:25:09
>>24
>専門の宗教学者による先行研究の提示キボン
ここで専門の宗教学者による先行研究が必要なのか?
オウム真理教の機関誌や信者の発言に大本教が出て来たのは覚えているが・・・
入れ知恵したのが8万書店なんだっけ。

27 :日本@名無史さん:05/02/24 12:25:54
怪文書
ttp://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/aum.html

28 :日本@名無史さん:05/02/24 12:28:51
大本教とユダヤ陰謀

阿修羅サイト
ttp://www.asyura2.com/kkuhatu2.htm

29 :日本@名無史さん:05/02/24 12:55:11
逆に専門の学者の先行研究が必要ない理由が分からんのだが。。。

30 :日本@名無史さん:05/02/24 13:29:12
>>29
大本信者は、自分で判断することを放棄して、
自分に都合のいい権威にすがりつくのがクセになっているから。
逃げ道を塞いでいるのだよ。

31 :日本@名無史さん:05/02/24 14:18:38
先行研究の提示を求めると、なぜ逃げ道を作ることになるんだね?

32 :日本@名無史さん:05/02/24 14:22:07
>>31
>>30
読めよ。


33 :日本@名無史さん:05/02/24 14:30:37
>>32
横レスだがやはり意味不明でしょ。
あなたも自分で判断して論証してください。

34 :日本@名無史さん:05/02/24 14:39:33
>>33
大本信者の立てたスレ。笑わずに読めるかい

大本、出口王仁三郎師の作品はどうよ?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1087286912/34-46


>あなたも自分で判断して論証してください。
はあ、なんでしょうw

大本信者さん。いらっしゃ〜い。


35 :日本@名無史さん:05/02/24 14:49:05
先行研究でなく、出所の怪しい怪文書ばかり集めるほうが、
よほど逃げ道を作ることになると思うのだが

36 :日本@名無史さん:05/02/24 14:53:23
大本教は合気道とオウム真理教を産んだ。

それだけのことだよ。

37 :日本@名無史さん:05/02/24 15:16:38
> さらには、日本の新興宗教の巨人である大本教の出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう)という人
>物について、その最後の著書である『亡国日本の悲しみ』で言及しています。彼は、大本事件で有
>名なように、戦前、当局に弾圧されるのを予期しながら活動を続け、逮捕されたという話がありま
>す。

> もちろん、事件によって多くの犠牲者を出したことが、旧団体代表と、イエスや出口の場合と決
>定的に違います。しかし、ここでは、旧団体代表の宗教観の中に、敗北の予感・予期というものが
>あったのではないかということを考える上で言及しました。

> こうした多くの情報を総合すると、武力革命を提唱しながらも、実際は、予言などが絡んで、し
>かも、敗北を予感・予期しながら進んでいったという可能性が感じられるのではないでしょうか。

ttp://info.aleph.to/aumaffair/204.html

>>35
あなたが権威ある学者の先行研究でないと認めない、と言って逃げようとしても
出所のはっきりしているアーレフが自ら語っていますが。


38 :日本@名無史さん:05/02/24 15:28:47
権威のある学者が
大本やオウム(アーレフ)など反体制カルトを
相手にするのは
自分の研究者経歴的にリスキーすぎます

39 :日本@名無史さん:05/02/24 16:29:18
>>34
大本信者じゃないんだけどね。
病気が近いよ、君。
そもそも俺は大本には賛同してない。

40 :日本@名無史さん:05/02/24 16:34:33
>>39
皆さん、そうおっしゃいますよw

41 :日本@名無史さん:05/02/24 17:33:04
>>40
本当にそうなんだから仕方がない。
ちなみにシンパですらない。
頭が膿んでるね、君。

42 :日本@名無史さん:05/02/24 17:59:55
>>41
皆さん、そうおっしゃいますよw

43 :日本@名無史さん:05/02/24 18:13:42
>>42
頭大丈夫でつか?

44 :日本@名無史さん:05/02/24 18:18:01
>>42
かわいそうに。頭が膿んでいるんですねw

45 :日本@名無史さん:05/02/24 18:19:13
>>42
シンパですらないなんて、友達とかいないんですか?

46 :日本@名無史さん:05/02/24 18:20:04
>>42
本当にそうなんだから仕方がないんでしょうねw

47 :日本@名無史さん:05/02/24 18:27:01
>>42
症状を自覚してはいるならまだ間に合う。
早く病院へ行きましょうw

48 :日本@名無史さん:05/02/24 18:54:55
ttp://www.biwa.ne.jp/~saj22619/denshousha.htm
ttp://homepage1.nifty.com/sengabou/file3.htm

神秘主義者側からの大本批判なり。
特に山雅房あたりはスサノオ系に敵意丸出しなり。

49 :日本@名無史さん:05/02/24 19:27:47
ぬるぽ

50 :日本@名無史さん:05/02/24 21:52:39
ここで主に批判している人は、つまりこのように主張しているのだろうか?
=============================
>>26のアーレフの主張や、>>27,>>28のサイトや、2ちゃんのスレ等を
信憑性のある情報ソースととらえ、
>>23
>しかし精神的な基盤や、弾圧に対する考え方では
>オウム真理教は大本教に依っている。
という結論に至り、

その結論を検証するための、専門の宗教学者による先行研究は、
>>38
>権威のある学者が
>大本やオウム(アーレフ)など反体制カルトを
>相手にするのは
>自分の研究者経歴的にリスキーすぎます
これが原因で存在しない。
よってその話題は大本信者に逃げ道を与えることになる。
==================================
違っている点があれば、具体的に訂正して欲しいのだが。

51 :日本@名無史さん:05/02/24 22:11:44
>>27-28ワラタ

完全に我田引水と捏造に満ち満ちた作文だな。
おそらく>>27なんて完璧オウム関係者の偽文書だろう。
ワールドメイトの教祖と同じ主張をオウムもしてたのか。w
大本には三鏡という如是我聞があるけど、それすら純教典とは認められていない。
著者は和田爺さんなんて嘘臭いのではなく、加藤明子という純教典霊界物語の
筆録者。
それでも王仁三郎は如是我聞を嫌っていたのは、こういう様に悪用する輩が
出てくるのが判っていたから。
だから純教典の霊界物語に「たとへ編輯人、筆録者の解説といへども、肯定
してはなりませぬ。ただ単に文句のまま、素直に読むのが、第一安全であります
から、一寸書き加へておきます。」(第7巻総説)と注意を促している。
いわんや実在するのかどうかも怪しい和田サンの言うことなんか、信じられる
訳がない。

52 :日本@名無史さん:05/02/24 22:23:47
試しに『神仕組 出口王仁三郎』でググると、こういうものがわんさか出てくる。
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2004-15,GGLD:ja&q=%E7%A5%9E%E4%BB%95%E7%B5%84%E3%80%80%E5%87%BA%E5%8F%A3%E7%8E%8B%E4%BB%81%E4%B8%89%E9%83%8E
http://www2.csc.ne.jp/~w_kensyo/

こういうのもすべて大本やイエスが生み出したから責任を取れ、というのは、
ヴィトンの偽物が出回っているのはヴィトンの本社が悪いから責任を取れ、と
言っているのと同じ。

53 :日本@名無史さん:05/02/24 23:06:04
>>50
>しかし精神的な基盤や、弾圧に対する考え方では
>オウム真理教は大本教に依っている。

ttp://info.aleph.to/aumaffair/204.html
↑このアーレフのサイトに、
「精神的な基盤や、弾圧に対する考え方では オウム真理教は大本教に依っている」
ことが 書かれているんだから、論ずるまでもないことじゃないの?
誰がみても、アーレフのサイトにそう書いてんだから、研究するまでもないだろ。
真性ちゃんにはそれが分からんのですよ。


54 :日本@名無史さん:05/02/25 09:42:47
>>53氏は、このように補足しているのかな?
===================================
1、アーレフ・サイトttp://info.aleph.to/aumaffair/204.html
 の記述から判断して、以下のような結論が導きだされる。(>>23
 (根拠となる引用は>>37
 >精神的な基盤や、弾圧に対する考え方では オウム真理教は大本教に依っている。

2、アーレフサイトの記述は議論の余地のない事実である。

3、>>27-28は、出所のはっきりしない怪文書の類なので撤回。

4、大本やオウムに関する専門の宗教学者の先行研究は、存在しない。理由は>>38
>権威のある学者が
>大本やオウム(アーレフ)など反体制カルトを
>相手にするのは
>自分の研究者経歴的にリスキーすぎます
よってその話題は大本信者に逃げ道を与えることになる。
==================================
訂正する点があればよろしくお願いする。

55 :日本@名無史さん:05/02/25 14:28:10
また面白い人たちが来てますね

56 :日本@名無史さん:05/02/25 19:37:12
>>55
皆さん、そうおっしゃいますw

57 :日本@名無史さん:05/02/25 22:05:03
>>54
自分で補足しちゃって何言ってるのw


58 :日本@名無史さん:05/02/26 05:51:31
オウム(神仙の会)などはヨガやら神仙道やら密教やらオカルトの単なる寄せ集めだよ。
しかもΩ教祖を含む幹部なども単にムー等のオカルト雑誌などから知識を仕入れていただけであり
後のオウムの「真理教」というネーミングも、天理教をパクッただけのものですね。

オウムのように頭に電極をくくり付け信者を穴倉に押し込めて監禁などしていた集団等とは
教義、組織形態、行動及び全ての思想ベクトルにおいてもがまったく正反対(雲泥)ですね。
また霊界物語にもそういう邪教集団の事もハッキリ示唆されております。

さらに大本は女系教祖が原則であります
神道についてはまったく関心も知識も無かったオウムが、まして
霊界物語についても一切触れず、大本の譜系を名乗るとは
滑稽を通り過ぎて哀れ過ぎるという感想ですが。

59 :日本@名無史さん:05/02/26 05:56:47
>さらに大本は女系教祖が原則であります
噂の真相 や 創 で内紛劇が取り上げられていたようでつ。

60 :日本@名無史さん:05/02/26 06:19:08
>>59
まあ別に内紛は今に始まった事ではないですから。
重要視されるのは組織などよりもおのおの各自の精神性で
立派に社会に尽くす事が出来るかどうかという事ですね。

ともすれば平凡な一般信者の中に偉い神様がまぎれていたり
するのが大本や霊界物語の世界観でつ。

61 :日本@名無史さん:05/02/26 09:56:29
>>57
そちらの主張を正確に知りたいと思っているので、まとめ方が間違っていたらすまなかった。
ぜひ具体的な訂正を入れてくれるとありがたい。
===============================
1、アーレフ・サイトttp://info.aleph.to/aumaffair/204.html
 の記述から判断して、以下のような結論が導きだされる。(>>23
 (根拠となる引用は>>37
 >精神的な基盤や、弾圧に対する考え方では オウム真理教は大本教に依っている。
====================================
まず、この点については、そちらの>>23,>>25,>>37をまとめたものだ。
この部分については特に問題はないと思うのだが、訂正があればよろしくおねがいしたい。

62 :日本@名無史さん:05/02/26 15:00:26
498 :山羊派の眷属霊の憑依 ◆sVVR0Q7eM2 :05/02/23 08:06:52 ID:9pxPpi1c
我々はお久さまが悪役でないとは主張したことはおまへんで。

ワタシが王仁を嫌いなのは
黒姫・星田悦子はんから綾部梅松苑の土地の主要部分となるほどの莫大な財産を寄贈させながら
悪口まで言うことでつ罠。

まともな宗教家やったら悪口を言うんなら少なくともモノは貰わぬだろ?
それを「身魂の因縁」などと誤魔化すんならインチキ宗教そのものでつ罠。

====================================

寄進を受ける側として、あまり褒められた態度ではありませぬ。

63 :日本@名無史さん:05/02/26 21:45:18
>>48
ttp://www.biwa.ne.jp/~saj22619/denshousha.htm
>彼(出口王仁三郎)の指導霊団はいまも悔んでいる。
>出口王仁三郎は、その間違いの多さゆえに、神伝の人であった。

>しかし、私はあまり彼(スウェーデンボルグ)については
>語りたくない。私の意図する霊媒とちがうからである。
>彼は霊媒としての能力は低かったといえよう。

↑のように有名な二者をこき下ろす根拠が、
「私の指導霊がそう告げているから」では、誰も納得しないよ。

ttp://homepage1.nifty.com/sengabou/file3.htm
↑がいしゅつ
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/budou/1086867913/139-181

64 :日本@名無史さん:05/02/26 23:12:27
電波同士の罵りあいですかねえ

65 :日本@名無史さん:05/02/27 01:02:44
>>1の佐賀県佐賀市十七歳は、騙りということでOK?

66 :日本@名無史さん:05/02/27 01:40:25
>>65
今ごろ気がついたのか?これだから・・・


67 :日本@名無史さん:05/02/27 01:58:00
>>66
おまいが佐賀県佐賀市十七歳だろ

68 :日本@名無史さん:05/02/27 08:54:32
>>63
>>彼(出口王仁三郎)の指導霊団はいまも悔んでいる。
>>出口王仁三郎は、その間違いの多さゆえに、神伝の人であった。

>↑のように有名な二者をこき下ろす根拠が、
>「私の指導霊がそう告げているから」では、誰も納得しないよ。

『霊界物語』 第五巻 「序文」に
「この物語は、去る明治三十二年七月より、三十三年の八月にかけて、一度筆を執り、
これを秘蔵しておき、ただ二三の熱心なる信者にのみ閲覧を許してゐました。しかるに
これを読了したる某々らは、つひにいろいろのよからぬ考へをおこし、妖魅(えうみ)の
容器となつて帰幽したり、また寄つて集つて五百有余巻の物語を焼き棄ててしまつたの
であります。

それから再び稿を起さうと考へましたが、どうしても神界から御許しがないので、昨年
旧九月十八日まで、口述をはじめることが出来なかつたのであります。」

あながち的外れでもないような気がするけど?

69 :日本@名無史さん:05/02/27 09:53:32
>>61の続き】
2、アーレフサイトの記述は議論の余地のない事実である。(>>54)
================================
これはそちらの主張、
>>37
>あなたが権威ある学者の先行研究でないと認めない、と言って逃げようとしても
>出所のはっきりしているアーレフが自ら語っていますが。
>>53
>ttp://info.aleph.to/aumaffair/204.html
>↑このアーレフのサイトに、
>「精神的な基盤や、弾圧に対する考え方では オウム真理教は大本教に依っている」
>ことが 書かれているんだから、論ずるまでもないことじゃないの?
>誰がみても、アーレフのサイトにそう書いてんだから、研究するまでもないだろ。
>真性ちゃんにはそれが分からんのですよ。

この二つから判断したので、間違いないと思うのだが、
万一訂正があれば、よろしくお願いしたい。




70 :日本@名無史さん:05/02/27 11:05:44
>>62
それは山羊派氏側の一方的な情報で、正確、客観的かどうかも
わからない。
また星田悦子が最初から王仁三郎に反抗的な態度だったのか、
それとも中途で変節したのかでも見方は変わる。

>>68
邪神の妨害が多いのが=間違いが多いとはならない。
イエスキリストの生涯はどうであったか?
彼は神業を開始して邪神に妨害され、わずか3年で死んだので、
大間違いを犯したとでも言うつもりだろうか。

71 :日本@名無史さん:05/02/27 11:46:06
>>70
>邪神の妨害が多いのが=間違いが多いとはならない。
霊界物語を読んで精神に異常をきたした「熱心なる信者」が複数でたから
「それから再び稿を起さうと考へましたが、どうしても神界から御許しがないので」
という経過になったんでは?
神様も事の次第に不快感を持ってたからお許しがでなかったと思わない?

>イエスキリストの生涯はどうであったか?
>彼は神業を開始して邪神に妨害され、わずか3年で死んだので、
>大間違いを犯したとでも言うつもりだろうか。
なんで突発的にイエスキリストに話を振るんだよ!

>彼は神業を開始して邪神に妨害され、わずか3年で死んだので
それ、どこの聖書解釈だ?
http://www6.plala.or.jp/hiratsukabbc/bible4.htm
イエスキリストは人類の罪を背負って死ぬ運命を自分に課してたみたいなんだけどね!

>また星田悦子が最初から王仁三郎に反抗的な態度だったのか、
>それとも中途で変節したのかでも見方は変わる。
最初から反抗的だったら莫大な土地を寄進なんかしないよ。

72 :日本@名無史さん:05/02/27 13:39:30
イエス・キリスト自体が
「肉の家族を捨てろ、俺に帰依しろ、魂の家族になれ」と
言って回ったミニカルト団体主催者オヤジなだけなワケだが。

73 :日本@名無史さん:05/02/27 15:16:26
星田悦子って最後まで大本で看取られて、葬式も大本式で出したんじゃなかったっけ?
金だけ取って悪口を言うという意見は、偏ってる希ガス

74 :日本@名無史さん:05/02/27 17:54:47
>>69
>>53以降が補足されていないんじゃないですかね。ちゃんと補足して下さい。

75 :日本@名無史さん:05/02/27 20:34:03
聖師は星田悦子や相方の福島久が亡くなった時、
しんみりと「お役目ご苦労であった」と語ったという
話を聴いたことがある。

76 :日本@名無史さん:05/02/28 00:51:02
>>72
>イエス・キリスト自体が
>「肉の家族を捨てろ、俺に帰依しろ、魂の家族になれ」と
>言って回った

上の話の、如是我聞じゃないソースを出してみなw

77 :日本@名無史さん:05/02/28 10:48:10
福音書を読みな

78 :日本@名無史さん:05/02/28 10:51:12
マルコね、3-31〜35。俺って親切だな。

79 :日本@名無史さん:05/02/28 10:55:56
>>76
読むと面白いよ

関西大学『社会学部紀要』第32巻第2号,2001,pp.105−175 ISSN 0287−6817 親・子・カルトのトライアッド ―信者と家族と教団のソシオン・ネットワーク分析
ttp://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~ame/socion/Cult.pdf

80 :日本@名無史さん:05/02/28 11:03:50
なんだキリスト教の布教スレ?

81 :日本@名無史さん:05/02/28 11:09:08
偽善

82 :日本@名無史さん:05/02/28 11:10:24
まあ教祖なんて
モーゼやイエスから麻原や大作まで
ろくなもんじゃないということだよ

83 :日本@名無史さん:05/02/28 12:14:27
>>74
53以降には「オウム真理教と大本教」に関する新たな書き込みは無い様だね。
結局このテーマについての批判側の主張は>>54で問題無いと言うことだろうか?
反論目的ではなく単に正確に知りたいだけなので確認しておきたい。
後は読む者が判断するだろう。

84 :日本@名無史さん:05/02/28 17:37:54
天皇=神道の教祖?

85 :日本@名無史さん:05/02/28 18:29:55
>>77-78
>>76では如是我聞〔「このように私は聞いた」〕じゃないソースを
要求したんだが。w
まあ百歩譲ってマルコの福音書に目を向けよう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E7%A6%8F%E9%9F%B3%E6%9B%B8
ここには「作者は不明」とあるな。
また執筆の年代は、キリストの死後随分経った「上限が紀元40年代、下限は、エルサレム
神殿の崩壊(70年)を知らないので、70年前後」「早い時期の写本では、女たちがイエスの
墓を訪れた場面で終わっており(16:8)、それ以降は後世の加筆と考えられる。」
「マルコ伝を自由に改変していることは、まだこの福音書が不可侵の権威を持っては
いなかったことを意味する。2世紀以降、正統派教会内では、一段価値の低い福音書として
扱われた。」ともあるな。

これがもまいには「イエスが伝えた真の教え」に見えるのか?w

86 :日本@名無史さん:05/02/28 18:32:51
ついでに日頃から聖書に親しんでいる、牧師さんの言葉に耳を傾けよう。
http://www.geocities.jp/s_minamich/Message04.05.23.html
「イエス様ほど家族を大事にされ、愛する方はいません。イエス様を信じる人は家族を
愛し、大事にする人です。イエス様に従って歩むと、愛する人になる。」
「皆さんの側にいる人々はイエス様の家族です。あなたの【もう一つの】家族です。」

一体マルコの福音書のどこをどう縦読みすれば
>>72
「イエス・キリスト自体が
「肉の家族を捨てろ、俺に帰依しろ、魂の家族になれ」と
言って回ったミニカルト団体主催者オヤジなだけなワケだが。」
と読めるんだ?w

87 :日本@名無史さん:05/02/28 19:42:38
( ´,_ゝ`)プッ キリスト教徒が必死なスレ

88 :85:05/02/28 19:47:14
俺は大本シンパでキリスト教徒じゃない。
っつか、この位常識だろ?( ´,_ゝ`)プッ

89 :日本@名無史さん:05/02/28 20:17:19
おまいが何の宗教してるかなんて常識なわけないだろ

90 :日本@名無史さん:05/02/28 20:24:41
イエスは10人程度のミニカルトの教祖親父
正業もなく、ヨタ話で金品を漁ってただけの
トークライブ芸人か下手すれば乞食な詐話師だろ

91 :日本@名無史さん:05/02/28 23:09:14
>>90
その「ヨタ話で金品を漁ってただけのトークライブ芸人か下手すれば乞食な詐話師」
の信者が現在約21億人以上もいるんだからなあ。

大本は現在全部あわせて一万程度か?

比べ物にならんわw

92 :日本@名無史さん:05/02/28 23:12:43
>>89
話の流れからして、この位常識というのは
「聖書はイエスの正確な言動記録ではなく、後世の様々な思惑を
持った複数の人間が、よってたかって作り上げた如是我聞」という
事を指してるに決まっとろーが。
俺の周りの無宗教のヤシラだって、こんな事は知ってたぞ。
こんな点から説明しないといけないなんて、俺は小学校の先生かよ。w
ヴァカの相手している暇は無い。

93 :日本@名無史さん:05/02/28 23:15:08
おやおや、真性ちゃんが自作自演で工作書き込みしてるんですかねw

94 :日本@名無史さん:05/02/28 23:19:19
>>91
人数が多ければいいなら創価学会が日本一だな。( ´,_ゝ`)プッ

原田信者は何人だ?
もっと自演頑張って、批判者イパーイいるように見せかけな。
ゴクローサンw

95 :日本@名無史さん:05/02/28 23:21:14
>>94
真性ちゃん。もうあんたの正体バレてますよw

96 :日本@名無史さん:05/02/28 23:21:37
イエスは正業を持たなかった時点でヨタもんだよ

宗教で食べてこうなんて根性がさもしいよ

97 :日本@名無史さん:05/02/28 23:25:18
>>96
>イエスは正業を持たなかった時点でヨタもんだよ
真性ちゃんはヒッキーですよねw


98 :佐賀県佐賀市十七歳 ◆sVGcYVX4bA :05/02/28 23:25:46
>>92
>「聖書はイエスの正確な言動記録ではなく、
>後世の様々な思惑を 持った複数の人間が、
>よってたかって作り上げた如是我聞」という事を指してるに決まっとろーが。
>俺の周りの無宗教のヤシラだって、こんな事は知ってたぞ。

仏教の経典のほとんどがそうじゃねーかw
とくに「法華経」なんか最たる例だろw

99 :日本@名無史さん:05/02/28 23:28:15
>>98
真性ちゃん。人のハンドル名乗るのは楽しいかいw

100 : ◆ypURG809QA :05/02/28 23:30:37
なにをやっているんだか(呆れ)

101 :日本@名無史さん:05/03/01 00:47:55
>>92
その口論は別人

102 :日本@名無史さん:05/03/01 00:49:58
大本ていう宗教聞いたこともないんだけど

103 :日本@名無史さん:05/03/01 00:55:23
もう滅びた、に近い状態の昔のカルトだよ。

104 :日本@名無史さん:05/03/01 01:08:43
>98
じゃあ、聖書も仏典も大部分が如是我聞で、
信用できないということですな

105 :日本@名無史さん:05/03/01 02:12:32
シッダルタは言いました。

「自分の目で見て、自分の耳で聞いて、
 自分で世界を認識し、自分で考えなさい」

占いやまじないを信じたり、
来世や過去世を語ったりしないように。

106 :日本@名無史さん:05/03/01 10:38:30
シッダルタは死後の世界のような形而上の事を問われ、
無記(何も答えない)としました。
何も答えない=存在しないとなるでしょうか?

シッダルタは梵天によって、悟りを衆生に説くよう
勧められ、3度の勧請によって説法する事を決意しました。(梵天勧請)
シッダルタには妄想癖でもあったのでしょうか?

107 :日本@名無史さん:05/03/01 16:44:20
語ったりしない=無記

108 :日本@名無史さん:05/03/01 16:53:37
ゴータマ・シッダルタやアッシジの聖フランシスは
一介の乞食として無所有の語り部であることを選んだ。
組織を持たず、率いず、生産せずに寄進によって食らい、
寄進を蓄えず、建築物や宝物を所有せず、一人で想い、
一人で語った。そんな彼を同じ時代の人々は愛した。
宗教者とは乞食の夢想家であり語り部である。

偶像や建築物を所有せず、書物や資料を所有せず、
専門職業や生業として宗教者であることを引き受けず。

109 :日本@名無史さん:05/03/01 17:12:30
宗教家は清貧でなければならない、というのは
単なる108の持論に過ぎない

110 :日本@名無史さん:05/03/01 17:34:58
七福神の一人、布袋(ほてい)さんも
生前は無私無欲の人として人々に愛された。
中国で実在の人として生存していた10世紀頃は、
元エリート医師から出家して契此という禅僧となり、
それも捨てて、放浪の人となった。

女子供相手に歌や踊りや絵画を教え、共に楽しむ乞食だった。
定住地を持たず日用品や喜捨されたモノを入れた袋を背負い、
さすらった。貧しい人々に喜捨されたものを分け与える姿から
弥勒菩薩(マイトレーヤ)の化身として尊敬され、
布袋尊の名前が付いた。

111 :日本@名無史さん:05/03/01 19:44:36
>>110
上祐史裕のホーリーネームは「マイトレーヤ」。


112 :日本@名無史さん:05/03/01 20:33:58
今なら出口豚のホーリーネームは「マネートレーヤ」。

113 :佐賀県佐賀市十七歳 ◆haSb8bq/bU :05/03/01 20:49:12
北元の大ハーン、アーユルシュリーダラーの皇太子の名前は「マイトレーヤパーラ」

114 :日本@名無史さん:05/03/01 21:05:17
王仁も出張するときは、いつもベッピンの秘書を連れていたらしいな
加藤なんとかとか言ってたはず
日出麻呂(旧 高見だったか?)あれは日本人か?

115 :日本@名無史さん:05/03/01 21:24:05
>>101>>114
真性ちゃん。今日も自作自演の工作書き込みですか。
お前に騙される奴がいると思ってんの?
みんなで見てるから、まあ、がんばれよw

116 :日本@名無史さん:05/03/01 21:34:15
>>110
宗教家はどこまでの所持は許されて、
どこからは許されないのか、
その線引きを教えてくれ

貧乏人は正しく、そうでない人は
間違ってるのか

117 :日本@名無史さん:05/03/01 22:01:27
>>116
>宗教家はどこまでの所持は許されて、
>どこからは許されないのか、
>その線引きを教えてくれ

斜め上まで。

>貧乏人は正しく、そうでない人は
>間違ってるのか

是非に及ばず。

118 :日本@名無史さん:05/03/01 23:23:15
↑馬鹿

119 :日本@名無史さん:05/03/02 00:11:35
>>116
>宗教家はどこまでの所持は許されて、
>どこからは許されないのか、
>その線引き

専業宗教家
:預金、有価証券、保険証券、債券、貴金属、宝石を所有しない。
:土地家屋、車、宝飾品、美術品、骨董品、化粧品を所有しない。
:著作権、特許権、意匠権などを所有しない。
:洗面具、下着、外套、袋、食器皿など見回り品しか持たない。
:日々の喜捨以外の収入を持たない。
:自分の親や子供を養わない。
:貧民、描写、孤児を含めて他者を長期間養わない。
:花木やペットを養わない。
:宗教法人や寺社に属さない。
:軍役に就かない。自他のために人を殺傷しない。
:提訴せず、告訴しない。
:飢え死ぬようなことになっても、働かず盗みもしない。

マザー・テレサや小乗仏教の出家僧(たくさん現存)などは
上記の条件から2〜3欠けるだけの存在。インドのサドゥなどで
観光客相手の乞食芸人以外は、上記に準ずる存在。

120 :日本@名無史さん:05/03/02 00:34:34
ずいぶん悲惨な境涯だこと。
これじゃとっとと死んで、早く極楽に逝きたくもなる罠。

121 :日本@名無史さん:05/03/02 00:44:49
自ら、孤立無援で貧しい境遇に身を置くことなくして、
弱い者や泣く者のために祈る生活などできない。

毎日、皿を持って残飯をもらいに回る覚悟無くして
何のための誰のための宗教家なのか分からないだろう。

牧師時代のヴァン・ゴッホ(画家)や、病で早逝した
宮沢賢治などが追求していた生き方などもそれに近い。

122 :日本@名無史さん:05/03/02 00:56:40
お前さん何教の信者?それと大本の開祖と聖師の極貧時代の話、知らんのか?

123 :日本@名無史さん:05/03/02 01:14:14
ラジニーシ和尚や麻原はベンツやロールスロイスを並べて巡業。
池田大作はサラ金の回収屋で鬼と呼ばれた貧乏人食いのハイエナ上がり。
死の商人、文鮮明は自動小銃メーカーの道楽で統一教会を主催。
大本も綾部に教団建物を構えた時点でレールを外れている。
大本、創価、オウムは政治的発言を盛んにした時点でカルト。

植芝盛平の大本通いが過ぎることをいさめた武田師範は常識人。

124 :日本@名無史さん:05/03/02 01:28:38
>>123
真性ちゃん。遅くまでご苦労さん。
工夫のあとは見られるけど、釣られる人はいないと思いますよ。

125 :日本@名無史さん:05/03/02 01:30:15
政治的発言は統一教会もしてます。

126 :日本@名無史さん:05/03/02 02:31:01
武田師範は常識人?武田惣角は何人も人切ってまっせ。
全般的に知識は豊富でも、偏っておらんか?何教のお方でっか?

127 :日本@名無史さん:05/03/02 09:11:22
大東流の方だったりして…

128 :日本@名無史さん:05/03/02 09:54:35
大東流+大本オカルト無敵電波=合気道(あいきどう)
大東流+ウリナラマンセー妄念=合氣道(ハプキドー)

大東流は大本と韓国をヤだな、汚されたと思ってるかもな。

129 :日本@名無史さん:05/03/02 13:57:30
>>128
こういうお国柄だし。しかも当の韓国人が否定していない・・・w

嘗糞
出典: フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia) 』
嘗糞(しょうふん )は朝鮮伝来の周南地方の民俗医術の一つ。

人の糞を舐めてその味が苦ければその人物の体調は良くなっており、甘ければ体調
が悪化していると判断する。
過去には、6年以上父母の糞を嘗めつづけ、病気を治した孝行息子の話などの記録
があり、指を切って血を 飲ませる行為と共に親に対する最高の孝行の一つとされた。

中国の南北朝時代や唐代の説話として現れ、『二十四孝』や『日記説話』によれ
ば南斉時代に、庚黔婁と言う 役人が父親が病気になったので帰郷すると医者に、
糞を嘗めて見ないと状態が解らないと言われ、その味が 甘かったので憂いたと言う
「嘗糞憂心」の故事が残っている。ただし、これらの伝説と朝鮮における嘗糞との
関連性はよく分かっていない。
後に娯楽化してゆき、人の糞を舐めてその味で誰の糞であるか当てる遊びが流行、
朝鮮系住民が多かった長州にも伝わった。

「弘化雑記」によれば、その糞嘗遊戯の様子が書かれており、
両班高官の宴会後に行われた「糞嘗会」では、十数名の趣味人が参加し
味覚と嗅覚を競い合ったという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%98%97%E7%B3%9E

(゚Д゚)

130 :日本@名無史さん:05/03/02 21:19:54
>>71
>霊界物語を読んで精神に異常をきたした「熱心なる信者」が複数でたから
>神様も事の次第に不快感を持ってたからお許しがでなかったと思わない?

いや、そうは思わない。大本では「神は順序なり」「時節を待てよ」と
教えている。初期の頃にまず「無理解な信者が神書を焼き捨てた事があった」
という歴史が残る。これは後の信者に「無理解な熱心者は、かえって道を塞いでしまう」
という生きた反省材料になる。

霊界物語(この場合は、その元になった焼き捨てられた567冊の著書)を読むと、
人によって快感を覚えたり、不快感を覚えたりする。
これが「霊界物語は善悪の標準を示す」という事であり、不快感を示す人が
暴れるから出さないというのでは、大本の開教すら無意味になる。

大本は「善と悪の鑑が出る所」だから、先人の行動を後の信者が鑑みて、己は
どういう行動を取るべきか選択できる。すなわち神の教え(霊界物語)に親しむ
べきか、焼き捨てるほど憎むべきか。

131 :日本@名無史さん:05/03/02 21:22:27
>>71
>なんで突発的にイエスキリストに話を振るんだよ!
>>彼は神業を開始して邪神に妨害され、わずか3年で死んだので
>それ、どこの聖書解釈だ?

大本ではイエスを神素盞嗚大神の分霊の一人と教えているから、別にイエス
の話を引き合いに出してもおかしくない。
またイエスの邪魔をした人々や、その背後の精神的(霊的)な存在や行動を
「邪神の妨害」と表現しただけ。

>イエスキリストは人類の罪を背負って死ぬ運命を自分に課してたみたいなんだけどね!

そういう側面や説があるというだけで、それだけに限定されているわけではあるまい。
貴方は2000年前に死んだ聖者の心の中や、神の経綸や心情を見抜いているのか?

>最初から反抗的だったら莫大な土地を寄進なんかしないよ。

では途中で気に入らなくなったから、寄贈したものを返せという主張か?
その主張は星田悦子が大本に申し入れて、聞き入れて貰えなかったのか?

132 :日本@名無史さん:05/03/03 18:35:24
>>130


                 ここ重要
                   ↓
「ただ二三の熱心なる信者にのみ閲覧を許してゐました。」
                   ↑
                 ここ重要

出口王仁三郎の役割・責任に目を向けて考察しなおしてね。

133 :日本@名無史さん:05/03/03 23:47:10
>出口王仁三郎の役割・責任に目を向けて考察しなおしてね。

貴方が何を言いたいのかよくわからない。
もっと具体的に。

134 :日本@名無史さん:05/03/04 06:28:09
んもう、すっとぼけちゃって!

1.出口王仁三郎 熱心な信者に霊界物語閲覧を許可
2.結果、信者・霊界物語ともどもあぼーん

王仁三郎が許可しなければ問題なかった。
彼は未来予知ができるというのが売りでしょ?
なんでこの時には超能力が発動しなかった・超能力を発動させなかったの?
ともかく初めの話が
>出口王仁三郎は、その間違いの多さゆえに、神伝の人であった。
でしょ?
少なくともこの場合は出口王仁三郎一生の不覚でしょ?

135 :日本@名無史さん:05/03/04 22:44:25
神政龍神会とは何ですか?
松本清張の小説「神々の乱心」に
登場する月振会のことだそうですが?

136 :日本@名無史さん:05/03/04 23:49:19
大本教は、一応明治天皇シンパの極右翼団体だから
明治天皇のお作りになった「大日本帝国の滅亡」を
阻止したかったんでしょうな。

137 :日本@名無史さん:05/03/04 23:53:48
 南朝明治天皇のお作りになった
 アジアの奇跡「大日本帝国」

 きっと、日露戦争で勝利して「黄渦論」が流れた頃から
 「大日本帝国」の崩壊を願う人々はいたんでしょうな。
 アジア人の産業革命と経済発展・・・・脅威でしょう。
 やがて、戦争の禍根によってアジアは分断統治されていく・・・

138 :日本@名無史さん:05/03/04 23:57:07
「大日本帝国」の崩壊を願う人々&敗戦後の日本の権力構造
高度経済成長とバブルの崩壊・・・・・
繰り返される歴史w



139 :日本@名無史さん:05/03/05 16:07:32
>>134
まず貴方が今進めている話の土台が、>>48にあるリンク先で、それが
水波一郎師主宰[契山館]
http://www.bekkoame.ne.jp/~seiryukai/
ここの大霊力という事がわかった時点で、もう答えるのが馬鹿馬鹿しくなった。

詳しい事は水波一郎師に聞いたほうが早い。
その時は
「(修行会員の入会金と年会費)
区分 18才以上 18才未満
入会金 21000円 4200円
年会費 6300円 4200円
一旦入金された、入会金、年会費、寄付金等は原則として
返却されない。

霊的調査料金表
内容 守護霊調査 指導霊調査 過去世調査 霊的アドバイス
料金 10500円 10500円 21000円 10500円
*なお料金はどの調査も、会員は上記の半額となっております。」

を忘れずに。

140 :日本@名無史さん:05/03/05 16:46:54
>>139で飛べなければこちらから
契山館
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2004-15,GGLD:ja&q=%E5%A5%91%E5%B1%B1%E9%A4%A8

ソースが認識できた所で、簡単に>>134の問いに答えると、
王仁三郎存命中に起きた第一次、第二次大本事件も含め、神の経綸、順序と
考える。
人間心ではこうしたほうが良いと思っても、神の眼から見ると正反対の事もある。
そういう時、神に委ねるのが「神ながら」、人力でなんとかしよう、出来ると
思うのが「人ながら」。
第二次事件の時にも、裁判長との問答で「虎に喰われたのでは何も残らないが、
こちらから喰わせてやれば、愛と誇りが残る」と虎穴問答を引用した話や、
うろ覚えだが「かくすれば、かくなることと知りながら、止むに止まれぬ大和魂」
という歌を残している点からも伺える。

141 :日本@名無史さん:05/03/05 16:47:35
蒙古入りしてパインタラで捕まり、日本に強制送還された当時も、世間や大本の
信者は大変に失敗したと思っていた。しかし王仁三郎は「大成功だ」と平気で
いたので、皆が負け惜しみが強いと笑っていた。

けれどもこれが一つの種蒔きになって、それから僅か一年ほどの間に、北京悟善社に
おいて、世界宗教連合会は発会式を挙げた。
まず東亜の連盟を確実にし、その後に西漸する方針で、加盟教団は普天教、五大教、
道教、救世新教、仏陀教、支那仏教、支那回教、支那キリスト教、儒教など。

142 :日本@名無史さん:05/03/05 19:38:35
>>139 >>140
電波的負け惜しみですかい。
それでさ、熱心な信者が発狂したのは出口王仁三郎のチョンボ?
企み?どっちなの?「神ながら」でも「人ながら」でもいいけどさ。
飯食いながらでも考えてよ。
企みならば、大本教指導層は熱心な信者を食い物にしたってことなの?

143 :日本@名無史さん:05/03/06 01:08:46
>>142
まず貴方が契山館の関係者かどうかを尋ねたい。
そして何故大本の信者が電波で、水波一郎師については言及しないのか、
貴方の中での「電波」というものの定義から、まず先にお聞かせ願いたい。

>熱心な信者が発狂したのは出口王仁三郎のチョンボ?

既に書いたかもしれないが、その人の持つ本性(霊の因縁)が表に現れ、
改心を促したものの、最後まで聞き入れなかった為と思われる。
つまり自らそういう道を選んだとも言える。
普通に考えて、王仁三郎の教えが気に入らないから殺す、というのは、
まともな人の精神状況ではない。

144 :日本@名無史さん:05/03/06 05:40:41
>まず貴方が契山館の関係者かどうかを尋ねたい。
>そして何故大本の信者が電波で、水波一郎師については言及しないのか、
>貴方の中での「電波」というものの定義から、まず先にお聞かせ願いたい。
関係者じゃないですよ。
お望みなら彼にも言及してあげますよ?
「水波一郎師も電波です」
「電波」=根拠のない妄想と現実をごっちゃにしている個人・団体

>>熱心な信者が発狂したのは出口王仁三郎のチョンボ?
>既に書いたかもしれないが、その人の持つ本性(霊の因縁)が表に現れ、
>改心を促したものの、最後まで聞き入れなかった為と思われる。
>つまり自らそういう道を選んだとも言える。
ですから、そういう下地を持つ人間に霊界物語という誘因を与えたのは
他ならぬ出口王仁三郎でしょ?彼の役割・責任にはいつまで目をそむける
つもりです?彼は未来予知ができたんでしょ?
わからなかったのか、わかっていて信者が狂うのを防がなかったのか?
>>140で語っているところを見ると、あなたの考えがどちらにあるかは
だいたいわかりますけどね。

>普通に考えて、王仁三郎の教えが気に入らないから殺す、というのは、
>まともな人の精神状況ではない。
へ!?誰のこと?

145 :日本@名無史さん:05/03/06 06:59:19
神様話、御陰話は宗教板or神社仏閣板でやれ。

146 :日本@名無史さん:05/03/06 09:50:21
>>144
ここでは板違いだから、続きの質問は大本8のほうでどうぞ。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1098715084/

>「電波」=根拠のない妄想と現実をごっちゃにしている個人・団体

根拠のある妄想というのも初耳だが、とりあえず貴方の考えでは神通力、
唯一神、霊、悪魔、大天使などが出てくる個人・団体など、という事ですかな?

>彼は未来予知ができたんでしょ?

この話も関連過去スレで散々既出なのであえて詳しく書かなかったが、未来と
いうものは、本人の心掛け次第で変えられる。宿命は変えられないが、運命は
変えられる。
王仁三郎の未来予知とは先に霊界で見たものが、後に必ず現界に移写されると
いうものだが、その規模は大きくなったり小さくなったりする。それもこれも
現界にいる人間の行動や心情に左右される。
だから大本では日々、大難を小難に、小難を無難に、と祈っている。
これは貴方の言葉を借りれば「悲惨な未来予知を変える祈り」となる。

>>王仁三郎の教えが気に入らないから殺す
>へ!?誰のこと?

書物を焼き捨てたり、王仁三郎を暗殺しようと常に付け狙っていた初期の信者。
四方、足立、中村、谷口、杉浦など。

147 :日本@名無史さん:05/03/06 11:06:40
>>146
最後まで「信者発狂事件は出口王仁三郎のチョンボか企みか」への言及は避けたままでしたか。

>書物を焼き捨てたり、王仁三郎を暗殺しようと常に付け狙っていた初期の信者。
本当かな?
大本8スレに参加する気はないからどうでもいいけど。

148 :日本@名無史さん:05/03/06 19:08:43
>>147
>「信者発狂事件は出口王仁三郎のチョンボか企みか」

チョンボでも企みでもなく、本人の素養と、自由意志が原因と思われる。
たとえば最初に口を酸っぱくして、「この包丁で美味しい料理を作るように」
と言い渡しておいたのに、その忠告や指導を無視して殺人に用いるようなもの。

昨年起きた小六女児殺害事件でも、図工用に全生徒が持っていたカッターを、
あの子だけが悪用した。
この場合悪いのはやはり本人であり、カッターメーカーでも、先生でも、親でも
無いと思う。

>>書物を焼き捨てたり、王仁三郎を暗殺しようと常に付け狙っていた初期の信者。
>本当かな?

ソースは実話回顧譚とされている霊界物語の38巻、綿密な調査に基いて書かれた
実録輯「大地の母」出口和明著など。信じる信じないは自由。

149 :日本@名無史さん:05/03/06 19:09:23
補足だが、ウィキペディアで釈迦、キリスト、イスラム教、ユダヤ教などを
検索してみると、そこには神通力、唯一神、霊、悪魔、大天使などの話が
出てくる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

貴方がこれ以上話し合う気がないようなので、これで終了。

失礼しました。>皆様

150 :日本@名無史さん:05/03/06 20:56:41
>チョンボでも企みでもなく、本人の素養と、自由意志が原因と思われる。
>たとえば最初に口を酸っぱくして、「この包丁で美味しい料理を作るように」
>と言い渡しておいたのに、その忠告や指導を無視して殺人に用いるようなもの。
未来予知ができるのなら予防手段が講ぜられたと思いますが。
そもそも宗教家ならば信者の精神指導にあたるんだから慎重の上にも慎重さが
要求されるんでは?
包丁・料理・殺人とか話をしていますが、包丁を渡した人にも責任が生じるんでは
ないですかな?

>この場合悪いのはやはり本人であり、カッターメーカーでも、先生でも、親でも
>無いと思う。
被害者の遺族が加害者の親の管理責任を問う民事裁判を起こせばどうなりますかね?

聖師様大事のあまり、かなりの無茶を語っておられるようですね。
出口王仁三郎が未来予知できなかったのが原因なら、信者がいう神人というものではない。
出口王仁三郎が未来予知してなお予防手段を講じなかった場合、愛が足りない!愛が!
ということです。
けっきょく大本教信者の聖師様無謬信仰に辟易したやりとりでした。

151 :日本@名無史さん:05/03/07 00:02:29
>>150
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1098715084/581
ここの迷惑になるので、向こうに貼りました。
移動しましょう。

152 :日本@名無史さん:05/03/07 00:19:09
なんだか盛り上がっておいでですが、
最終的な争点・論点が判りづらいな。

153 :日本@名無史さん:05/03/19 18:32:29
大本は日本最大の右翼にして、日本最大の平和(左翼)団体。
出口王仁三郎師の言う、右に寄らず、左に寄らずってとこなのかな。

154 :日本@名無史さん:05/03/19 18:40:11
>>153
>大本は日本最大の右翼にして、日本最大の平和(左翼)団体。
オウムが言ってることと同じだな。

155 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 13:05:36
>日本最大の平和(左翼)団体。
左翼が平和団体?

156 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 13:11:46
大本教は超国家主義を標榜していたから超右翼
戦争に反対してたというのは時の政府に反発してただけ
戦後になってから時流に乗って平和主義を言い出しただけ

157 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 14:53:40
>>156
本質は層化と変わらんって事でFA?

158 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 15:15:09
>35 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 04/07/09 14:24
>日露戦争のとき、秋山真之中将は霊夢によって、対馬からバルチック艦隊が来ることを確信し、
>作戦を立案した。そのとき出口なお大本開祖が戦勝祈願を行っていたので大本入りする。
だそうな。

>出口なお大本開祖が戦勝祈願を行っていたので
平和(左翼)団体ねぇ?

159 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 15:31:28
所詮はカルト宗教じゃん。

160 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 16:16:53
>158
敵前回答
のことだろ?
なぜにこのすれで?

161 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 16:26:01
法華経には、西という言葉がたった4回なのに、
東という言葉が50回以上も出てきます。
聖書にも「神の印を持つ天使が東から来る」と預言されています。
ネイティブ・アメリカンのブラックエルクの預言にも東から明けの明星が現れるとされています。
出口王仁三郎の霊界物語も同様の内容があります。
仏教でも末法の世には、弥勒、上行、妙音、、、名前は何でもよいのですが、
仏が現れて末世の衆生を救うとされています。日蓮も同じ事をこう言っています。

天竺国をば月氏国と申すは仏の出現し給うべき名なり、
扶桑国をば日本国と申すあに聖人出て給わざらむ、
月は西より東に向へり月氏の仏法の東へ流るべき相なり、
日は東より出づ日本の仏法の月氏へかえるべき端相なり、
月は光あきらかならず在世は但八年なり、
日は光明・月に勝れり五五百歳の長き闇を照すべき端相なり、
「日蓮御書 諌暁八幡抄」

日本は不老不死の神木が生える扶桑国なのです。

天下万民諸乗一仏乗となって、妙法ひとり繁昌するであろうとき、
万民一同に、南無妙法蓮華経と唱えたてまつれるならば、吹く風も枝をならさず、
雨は大地を砕かぬ。代はさながら伏儀 ・神農の世となり、今生の不祥の災難をはらい、
長生の術を得、人や国の上に不老不死の通理あらわれるであろう時を、おのおのごらんあれ。
「日蓮御書 如説修行鈔」

だからこんなことを日蓮は口走ったのです。
弥勒、上行、妙音とは他の誰でもなく我々日本人のことなのです。
すべてのこだわりを捨て、世界の宗教を一乗にし、
世を救う役目を担っているのです。

162 :日本@名無史さん:2005/03/21(月) 23:14:13
一口に戦争と言っても、その勃発理由は様々。
侵略する側される側。
単純に喧嘩両成敗とは言い切れない。

諍い事と言っても、強盗犯とそれを撃退する家主とでは、
見方が正反対になるのと同じ。
ここは一つ日本史板らしく、日清、日露、太平洋戦争勃発の、歴史的背景を
深く掘り下げて、議論して欲しいものですな。

163 :日本@名無史さん:2005/04/09(土) 12:36:31
ウホウホ

164 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 23:20:25
>162

少なくとも日露戦争は日本が植民地になるかどうかの瀬戸際だった。
秋山真之中将(後に大本入りする)によって、日本は救われた。


165 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 23:35:57
なまじ日露戦争に勝ったために日本はその先泥沼に嵌まっていき
太平洋戦争の敗戦という結末を迎えたとも言えるがな
まあそのおかげで今日の平和で自由な民主主義社会になったわけで、
そこまで出口が予想してたとしたら確かに凄いがな

166 :日本@名無史さん:2005/04/16(土) 23:59:32
出口王仁三郎は「熊沢天皇」の事をどういう風に思っていたのか、
ちょっと気になる。

167 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 00:40:49
>>165

ちょうど今から70年前、
同じく上海で、今回の暴徒にあたる洋式訓練・装備の国民党軍精鋭
20万が、上海在留邦人3万に襲い掛かったわけだ。

守備するのは海軍陸戦隊僅か4000名。 必死の市街戦で奮闘するも
国民党軍には更に精鋭30万が追加され始め、ついに日本政府は
上海郊外呉松鎮に日本軍3個師団を投入して、上海防衛戦に入ったわけです。

これが、それまで本格的な戦争を考えてなかった日本政府に
日中戦争全面拡大、太平洋戦争に向かわせてしまった原因ですよ。

168 :日本@名無史さん:2005/04/17(日) 21:22:10
                _,
              _..-‐'" ̄゛ ̄´゙'''ー ,,,
         ,/゛              `'-、
        ,./                    \
       /                       ヽ
     ./                          l
     /                          |
     !                           l
    .|    __           __、           !
    .!   ,.......--ニ= ....iii_ ..-'''''''''''ー 、_._,,.. ;;;;ニ!"i
    ../ ノ゛._..,itーt';;,, ./ .z 、. v-ッ-..、、.''"゛   .'"゙ヽ
   '!" !│゙゙゛._,,..゛  . !/ ..l  ..二 ̄´.7    .l'"| /
    `.! .ヽ.    .,ノ/   .\,   . /     .l! .,ゞ
     !  `'ー-ー'゙./      `^´       !./
     .l.     ,i''l__   _,、 !.-           l
      l   /   ...二,゙,, .`゛ .ヽ.      .,i
      ..l  .l゙  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;..\  . l     /
       l, .! .| : _,ニニニ二二_.゙l ′    |
        ゝ.ゝ‘゛         ″     /
           \    '''""          ,/./ ; l
           !ヽ\、            ,//.;;;;;;;;;"
        /;....ヽ,`''―ー―ー---;;ニr'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.、
       _...!;;.l\,`'-..、 ..-‐''´_ン',゙コ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ゙゙゙''''ー.
. _,,,.. -.''''''゙゙´;;;:.!;.! `...ミ'、.;. ! |..rニニ゙‐'゛ .!;;;;;;;;;;;;;;..;;....;;;;;;;;;;;;;;;
:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|.;.|.   |;:; !.l |      .!;;;_..イr'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.ヽ,`''-,,. !;;:|.!│ ._..-'/゙二r'"..;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


169 :日本@名無史さん:2005/04/19(火) 11:35:39
山塚の家では代々○○教という新宗教を信奉している。
○○教草創期の指導者、○口○○○郎は戦前昭和○○会という団体を指揮し、
当時の天皇制の根本を揺るがすクーデターを画策していたと言われ、
○○○郎は反体制ファシストとされている。
「うちのおじいちゃんがね、○○事件、てあったでしょ。
あれ体験したごっつい熱心な信者だったんで。
(だから)小さいころから毎日礼拝してました」
「いちおう又、○岡(○○教の本拠地)であるんで、今度も行くし」
○○事件とは先のクーデタ謀議の容疑で当時の○○教が弾圧を受けた事をさす。

170 :週刊実話:2005/04/20(水) 21:12:45
連載記事『新宗教を斬る』が好評だ。4月26日(火)発売号では、大本が載る予定だ。

171 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 21:14:51
おーーーい、ウシトラのコンジンが動き始めたぞーーー
もうダメや 大峠や 越すに越せぬ関がやってくるぞーーー

172 :佐賀県佐賀市十七歳 ◆ypURG809QA :2005/04/21(木) 23:24:47


173 :日本@名無史さん:2005/04/21(木) 23:28:09
大本教は部落と関係あるの?
スサノオを信仰してるみたいだけれども?

174 :佐賀県佐賀市十七歳 ◆ypURG809QA :2005/04/21(木) 23:53:45
艮。極陰。易経曰、少子之象也。
陰陽説云。艮、鬼門也。夫水戸者当東都艮方。
東照神君、以頼房公為水戸候。
大君若出自水戸家、東照神君之封作、於之作解禁、而至柳営終焉。
慈眼大師曰、艮、極陰而生陽也。如於寒中之梅花。
大君若出自水戸家、柳営終焉也説、山海経之曲解也。

175 :佐賀県佐賀市十七歳 ◆ypURG809QA :2005/04/21(木) 23:56:03
>>173
艮の金神の代わりに西都馬鹿が出てきたw

176 :日本@名無史さん:2005/04/23(土) 11:00:48
>もうダメや 大峠や 越すに越せぬ関がやってくるぞーーー

もうダメや 大峠じゃ どうしよう 越すに越されず

越されずに越す


んなモンよ 世の中

177 :佐賀県佐賀市十七歳 ◆ypURG809QA :2005/04/23(土) 19:52:18
>越すに越せぬ関がやってくるぞーーー

故・ナンシー関女史でつか?

確かにあの巨体は(以下略

178 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 02:40:27
ちょっと古いけど、霊界物語を拝読しておかしくなったでどこのなにに書いてあるの?
正確な出典キボーン!トンデモ本の孫引きじゃなくて。

179 :日本@名無史さん:2005/06/07(火) 17:33:31
567

180 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 21:01:36
ウホ

181 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 23:00:43
大本教弾圧のときに警察が押収した資料は
今の時代でもやっぱ閲覧不可???
この時の逮捕者も含め戦前の思想犯とかって
今だ犯罪者として記録されてるみたいだけど・・・


182 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 23:11:17
現存してるの?

183 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 23:14:52
してるよもちろん。

終戦後、GHQに一旦押収されて、今はアメリカの公文書館で閲覧できるそうな。

184 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 00:05:29


185 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 22:18:11
平成の大本事件?
「法の華三法行」元代表、福永被告に懲役12年判決
http://www.asahi.com/national/update/0715/TKY200507150252.html

186 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 22:12:05
単に宗教を隠れ蓑にした犯罪の結果ではないかと。
大本事件と比べるのもおこがましい。

187 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 01:32:36


188 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 18:14:22
大本の中心的教典はー三鏡ーということでよろしいでしょうか ?

189 :?♪教祖ナヲ♪:2005/08/29(月) 11:51:12
世が迫りて来たから,モウ何時立替が始まるか知れんから,後でヂリヂリ悶え致しても,
モウ仕様が無いから,何時迄も気を附けたが,モウ気の附け様が無いぞよ.
日本の人民から改心をして下さらんと,世界の人民三分になるぞよ.

68 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)