5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本経済史

1 :日本@名無史さん:05/03/06 15:42:50

経済学部の日本史スレッド。

2 :日本@名無史さん:05/03/06 16:13:03
とりあえず2ゲッツ


3 :日本@名無史さん:05/03/06 22:40:25
age

4 :日本@名無史さん:05/03/07 11:48:33
age

5 :日本@名無史さん:05/03/07 11:59:27
日本経済の独自性について簡単に説明してください。

6 :日本@名無史さん:05/03/07 13:33:58

本源的蓄積

産業革命

帝国主義

独占資本の台頭

国家独占資本主義


7 :日本@名無史さん:05/03/07 13:35:00
渋沢栄一

8 :日本@名無史さん:05/03/07 20:16:04
とりあえず、縄文時代から始めるの?

9 :日本@名無史さん:05/03/07 20:25:05
日本史でも大塚久雄は必読。

10 :1:05/03/07 20:27:29
>>8-9

とりあえず何でもいいから経済史について語ってください。
よろしくお願いします。

11 :日本@名無史さん:05/03/07 20:50:31
慶応一派の数量経済史は近世史の主流には全然相手にされていない。
つーか、バカにされてる。

12 :日本@名無史さん:05/03/07 20:53:31
ウホッ! いい黒曜石。

13 :勘定奉行 荻原重秀:05/03/07 21:20:07
どこの時代を語れば良いんですか。

14 :日本@名無史さん:05/03/07 21:27:43
>>11
一橋の長期経済統計一派も似たようなもんだな

15 :杉山伸也:05/03/07 21:40:07
>>11

誰のことかね?

16 :日本@名無史さん:05/03/07 21:43:04
近世の前半に日本列島の人口が2倍以上に増えたなんて話信じられるかボケェ

17 :日本@名無史さん:05/03/07 22:26:09
単婚小家族をとる小農自立に大開墾か・・・


18 :日本@名無史さん:05/03/07 23:14:37
>>荻原重秀殿

とりあえず田沼意次とか吉宗あたりから語れば
みんな分かり良いんじゃない?

19 :日本@名無史さん:05/03/08 00:32:25
いや、荘園から話すべきじゃないか?

20 :日本@名無史さん:05/03/08 00:35:23
いや、斉藤修から

21 :日本@名無史さん:05/03/08 00:38:28
経済って言ったら銭やろ、銭。
>>12の黒曜石からだな。

22 :日本@名無史さん:05/03/08 00:43:26
マンモスあたりからかたろう

23 :日本@名無史さん:05/03/08 00:44:25
いや、アダムとイブから。

24 :日本@名無史さん:05/03/08 10:27:19
俺は経済史は詳しくないけど、
受験の時、一番好きだったのは、金融恐慌のあたりだった。
若槻礼次郎内閣、田中義一内閣と。
なんか、コミカルなイメージでとらえてた。
片面しか印刷されてない紙幣とかサイコー。実物見てみたいよ。

25 :日本@名無史さん:05/03/08 10:35:06
>>24
漏れは台湾銀行救済のための枢密院審議で、伊東己代治がネチネチと
いちゃもんつけて、勅令案をボツにしたことに対して、
幣原がウオラア、やるかこの野郎!
と、殴りかかろうとする顛末が好きだw 

26 :日本@名無史さん:05/03/08 10:39:14
>>25
そこまでは知らなかったw もっと色々調べてみよっかなぁ。

27 :日本@名無史さん:05/03/08 10:52:50

日経史やってる院生集合!!

28 :日本@名無史さん:05/03/08 11:01:20
>>27
もう院生ではなくって・・・・・・その・・・・・・無職なんですけど、よろしいですか

29 :日本@名無史さん:05/03/08 11:05:32

経済の歴史専攻の院生って、史学科の院生より就職よいですか ?


30 :日本@名無史さん:05/03/08 11:44:58
>>29
査読誌2本でアカポス就職と言う話を聞いたことがある。
このご時勢なのに…

31 :日本@名無史さん:05/03/08 19:51:49
そこで社会経済史学会

32 :日本@名無史さん:05/03/08 20:34:46
日本経済史って、経済的視点から日本史を見ると思うけれど、
具体的にはどんなことをやるの?
例えば、川中島の合戦だと、武田と上杉の駆け引きや合戦の顛末ではなく、
武田と上杉の軍資金の調達の仕方を研究するようなものなの?

33 :日本@名無史さん:05/03/08 21:04:54
>>32
金山の違いとかじゃねーのか?

34 :日本@名無史さん:05/03/08 21:46:19
>>32
大抵は幕末・維新期からで、幕藩体制以前は省略されることが多い。
江戸期以前では、近江商人とか、三井家・住友家、あるいは
醤油とか酒の醸造なんかが主流。
戦国期なんていないんじゃないか?

35 :日本@名無史さん:05/03/08 22:44:32
>>34
んなこたーない。
徳川=鎖国体制史観を掘り崩したのは経済史の海外交易研究だ。

36 :日本@名無史さん:05/03/08 23:00:23
経済史でも戦国時代はやるよ。

37 :日本@名無史さん:05/03/08 23:25:55
例を挙げてくれ

38 :日本@名無史さん:05/03/09 00:30:23
だからやっぱ隠し金山だろ。


39 :日本@名無史さん:05/03/09 00:48:40
無尽会社→むじんくんへと発展

40 :日本@名無史さん:05/03/09 10:48:49
>>32

かつての太閤検地論争では、農業経営に包括されていた家内奴隷とかが議論の焦点になっていた。

41 :日本@名無史さん:05/03/09 11:30:38
関連スレ
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/economics/1094793404/


42 :日本@名無史さん:05/03/09 12:10:36
でかい人いるな

43 :日本@名無史さん:05/03/09 13:48:02
一昔前の日本経済史の王道といえば、近世後期の織物業研究。

44 :日本@名無史さん:05/03/09 14:36:31
今だったら何だろう?
在来産業論かなー
社会経済史学会が十年おきに刊行する「課題と展望」。
あれを通して読んでくると、近年の問題関心のソフト化?
ともいえそうな傾向がみてとれる。

45 :日本@名無史さん:05/03/09 14:58:14
経済史研究業界って衰退産業なんだね。

46 :日本@名無史さん:05/03/09 14:59:31
一昔前の日本経済史の王道といえば、幕末維新期の織物業研究

47 :日本@名無史さん:05/03/09 15:53:08
今の日本経済史の王道といえば、戦後高度成長期における○○産業の展開

48 :日本@名無史さん:05/03/09 16:11:24
今の日本経済史の王道といえば、戦後高度成長期における家電産業の展開

49 :日本@名無史さん:05/03/09 16:15:07
山田盛太郎

50 :日本@名無史さん:05/03/09 16:35:15
よし、わかった。
漏れは戦後高度成長期における流通業の展開、をやることにする。
別に邪な気持ちはないw

51 :日本@名無史さん:05/03/09 16:36:41
>>50
ダイエーの中内功

52 :日本@名無史さん:05/03/09 16:42:02
堤コンツェルン

53 :日本@名無史さん:05/03/09 17:16:26
>>47>>48
これさあ、諸悪の根元は東大の院だろ。
あそこ、指導教授がドキュソ大卒の院生どもに「キミはあの業界やれ」「キミはあそこ」「えーとキミは・・・」てな感じで、
研究テーマ適当に振り分けてるらしいじゃねーか。
だから社経史大会の報告タイトルが「高度成長期の○○産業の展開」ばっかになるw

54 :53:05/03/09 17:17:51
院てのはもちろん史学科じゃなくて経研のことね。

55 :日本@名無史さん:05/03/09 17:40:19
ドキュソ大卒って具体的にはどこよ?

56 :日本@名無史さん:05/03/09 20:13:04
漏れが大学生だった頃(ずっと昔)は東大経済といえば
 経済史 ⊂ マル経
だったな。
ただ経済史はマル経の中では原論とかに比べてマシな方だった。

57 :日本@名無史さん:05/03/09 21:39:38
石井寛治の「日本経済史」を先日、よく知らずに購入しました。
これは、お勧めですか?

58 :日本@名無史さん:05/03/09 21:55:54
それ、俺が大学の時に使った教科書。まだ持ってるけど、お薦めできない。

59 :日本@名無史さん:05/03/09 22:21:10
>>56
講座派、労農派、どちらでした?

60 :日本@名無史さん:05/03/09 23:06:16
>>57

日経史の標準的な教科書で、それを読んだことのない日経史生はいないと思う。
石井氏は日経史の最高権威の1人なので、内容はもはや通説となった。講座派の流れを汲む。


61 :日本@名無史さん:05/03/09 23:12:25
>>13
調子に乗って金増やしすぎ。

62 :日本@名無史さん:05/03/09 23:26:37
>>60
ただ「松方デフレ」っていう言い方は今では間違いなんだけどな。

63 :日本@名無史さん:05/03/09 23:47:46
>>62
今はなんて呼ぶの?

64 :日本@名無史さん:05/03/10 00:35:41
>>60
石井のは古すぎ。そもそも階級史観だし。
それに。いま近代日本経済史を概観するときは大川推計などのGNE長期統計を踏まえるのが普通。長期統計は常に推計上の問題があるがね、それを承知のうえで。
石井のはそれがない。

65 :日本@名無史さん:05/03/10 00:40:27
マル経の日経史学は日本近代を「暗くて救いがたいもの」として描くことを目的としている。
もちろんそれが「革命」によって「打破」されるべき対象だからだ。

66 :日本@名無史さん:05/03/10 01:13:03
>>64は慶應か一橋

67 :日本@名無史さん:05/03/10 01:18:59
>>64は亜流

68 :日本@名無史さん:05/03/10 01:27:29
>>65
そんな単純なものじゃないよ
・小作人が小作料を物納(米)で納めるのことの理由
・他国と比較しても高率な地代料(小作料)の理由
・地主と小作人の関係は形式的には契約関係でありながら
 実質上は従属関係にあった事の理由等を分析している

その結果地主・小作制度を解消するためには、強力な権力による
上からの強制が必要だという結論に達した

それ実際に実行したのがGHQの行なった農地解放
日本政府や天皇を超えた権力を持ち、従来の支配体制とは
無縁だったからこそ、GHQは革命とも呼ぶべき大改革が
行なえた

69 :日本@名無史さん:05/03/10 09:40:11
「長期経済統計」は何も使えやしない。
あの連中は、あれを聖典にして、そこに出ている推計値のみをこちょこちょいじくって、「ファクトファインディング!」と満足しているだけの、計量屋崩れ。


70 :日本@名無史さん :05/03/10 10:08:00
>>65
そもそも戦前の日本を「近代」などとは認めていない。
明治維新は絶対主義の成立。

71 :日本@名無史さん:05/03/10 11:02:41
講座派は明治維新を封建制→絶対主義体制の成立と主張
労農派は明治維新を封建制→資本主義体制の成立と主張

同じマル経の学者でもその主張を大きく異なる

72 :日本@名無史さん:05/03/10 11:33:22
>>62
政治史的にも計量経済史的にもデフレ政策が松方の蔵相就任以前、
つまり大隈時代から始まっていたことが実証されている。
代わりになんて呼べばいいのかはわからんが。

73 :日本@名無史さん:05/03/10 11:57:33
>>72
漏前が呼称を考えれ。

74 :日本@名無史さん:05/03/10 12:57:26
大隈デフレ

75 :日本@名無史さん:05/03/10 17:05:26
松方もデフレ

76 :日本@名無史さん:05/03/10 17:08:50
>>71
つーか、そういうレッテル貼りにどういう意味があるのか?
次の革命がブルかブロかという論点以外に。

77 :日本@名無史さん:05/03/10 17:17:15
何も使えやしない、なんて極論に走るのもなんだぞ。
現代のGDP統計だって推計上の限界があるが、騙し騙し使ってるんだよ。
だからといって「GDP統計は何も使えやしない」なんていって無視するような馬鹿はいない。

それに、大川推計を聖典にしている香具師なんていないんじゃないか?
大昔の推計なんだから相当な限界があることは誰でも知ってる。
ああ、そういえばいたな。日本史講座シリーズで、マル経な武田晴人が大川推計を鵜呑みにしてたな。聖典にしているのって、こういう香具師のことか?

78 :日本@名無史さん:05/03/10 17:18:08
すまん。 >>77は >>69 に対するレス。

79 :日本@名無史さん:05/03/10 17:25:42
こちら↓もよろしくお願いします。

世界経済史
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1110435745

80 :日本@名無史さん:05/03/10 17:40:15
武田晴人に怒られたことがある

81 :日本@名無史さん:05/03/10 17:44:39
なんて怒られたの?

82 :日本@名無史さん:05/03/10 17:50:58
いや、学会の廊下で話してたんだが、
「うるさいっ!」って。

お前の方がうるさいよ

83 :日本@名無史さん:05/03/10 18:00:35
武田晴人御大にお会いしたら、
大川推計で各年の前年比成長率をみるだなんてキティな分析(しかも何の留保も付けずに)
は止めておいておいたほうがいいとアドバイスしておいてください。


84 :日本@名無史さん:05/03/10 18:07:11
いや、漏れはT大じゃないから

初対面=怒られた

という最悪のパターン。
まあ、向こうは漏れの名前を覚えてないから別にいいけどな

85 :日本@名無史さん:05/03/10 18:25:06
経済史、学説史みたいなものは、なんの意味もない。
どんな仮定・前提も論理的に矛盾がないかぎり、RBC的な一般均衡モデル
(つまりは、ラムゼイモデル)に組みこめる。ただ、前提によってマクロ的帰結が違うというだけのことだ。
経済史なんていう科目が普通にあること自体、恥ずかしいとも思う。
○系は、論理的に矛盾だらけだから論外。

86 :日本@名無史さん:05/03/10 18:37:00
優秀な奴は計量をやる
反対に一番駄目なのは経済史専攻する奴
次に駄目なのは労働経済学やってる奴

87 :日本@名無史さん:05/03/10 18:40:40
>>85
おまい、煽り目的のネタだろ? 
RBCとラムゼイモデルでは労働供給の仮定が違う。
そもそもラムゼイモデルは最適成長の規範を考察するもんであって、実際の経済成長を実証するもんじゃないんだよ。

あらゆる計量分析は過去のデータを対象としているから一種の経済史なんだよ。
あらゆる論文は過去の学説を参照するから一種の学説史でもあるんだよ。
経済学界で経済史や経済学説史の重要性を否定する基地外は存在しないよ。


88 :日本@名無史さん:05/03/10 18:43:33
東大の数多ある院の中で経研は最も潜り込みやすい、つーか院試のハードルが低い、
とはもっぱらの噂。

89 :日本@名無史さん:05/03/10 18:47:51
経済史のアホは経済学界隈の最底辺
しかし近世史の主流とやらは、その底辺よりさらに下る糞以下の存在。
数学解らんから、まともに量的把握すらできねーでやんのw

90 :日本@名無史さん:05/03/10 18:52:16
>>88
東大院の経済は駄目に決まってる。
理系のように手に職がつかない。他の文系のように趣味性に乏しい。
そもそも東大なんて世界からみればローカル大学。
優秀な香具師は官庁等に入って官費で海外留学。
上手くいけばPhD。やがて退職→学界に転出。

91 :日本@名無史さん:05/03/10 18:56:01
>>86 >>89
目糞が鼻糞を笑うような優劣比較漫談には興味が無い。

92 :日本@名無史さん:05/03/10 18:57:42
>>86

おまえの体重でも量っとけ

93 :日本@名無史さん:05/03/10 19:00:50
あのね、今の経済学は応用数学の一部門なんだよ。
おまえらみたいな歴史バカのせいで文系扱いされてんだぞ。

94 :日本@名無史さん:05/03/10 19:04:14
>>93
おまいはネタなのか初学者なのか。どっちなのかはっきりして欲しい。

95 :日本@名無史さん:05/03/10 19:08:36
しょーもないサーベイちっくな論文しか書けないのに
それを経済史と大意張り

96 :日本@名無史さん:05/03/10 19:10:22
経済学では理論・計量・歴史・制度に関するバランスが不可欠。
といっても全てが一人でやるのは無理だから、役割分担してんだろ。
理論担当が偉くて歴史担当が劣っているとかいうような問題ではない。

97 :日本@名無史さん:05/03/10 19:12:13
この手のスレで講座派だの労農派だの○の話題が出てくるのは恥かしいと思わない?
ネタにもなってないよ。

98 :日本@名無史さん:05/03/10 19:15:30
>>97
講座派vs労農派は 経済史の問題ではなくて経済学史の問題だな。
経済史スレではややスレ違いの話題だが、恥かしい訳ではない。
先人達の真摯な議論には耳を傾けるべき。

99 :日本@名無史さん:05/03/10 19:17:43
人類がなんらかの絶対的真理に向かって進んでいる
そんなもんで歴史は語れず、いろんな偶然やら環境の産物として見るのが正しい。

100 :日本@名無史さん:05/03/10 19:18:25
日本経済史のスレに講座派と労農派が激しい論戦を繰り返した
日本資本主義論争は欠くことができない

101 :日本@名無史さん:05/03/10 19:19:22
○は経済学史の対象。現代の経済学の一分野としては認め難い。
○の理論家は壊滅したが、経済史では生き残っている。

102 :日本@名無史さん:05/03/10 19:20:48
TeXばっかり使って論文書いて、そんなに数式嫌いですか?w

103 :日本@名無史さん:05/03/10 19:21:25
>>100
日本経済学史のスレならいいが。日本経済史の観点からは現代的意義はないYO

104 :日本@名無史さん:05/03/10 19:22:08
マル経でも宇野学派は今だ健在

105 :日本@名無史さん:05/03/10 19:22:11
経済学に限らず、理論と思想が最も困難。

106 :日本@名無史さん:05/03/10 19:24:19
>>103
戦前の日本経済の分析に役立つ
特に地主・小作関係は

107 :日本@名無史さん:05/03/10 19:25:50
>>100
文学部へ移って好きなだけやってください。

108 :日本@名無史さん:05/03/10 19:26:41
経済史、経済学説史、経済思想史に携わる人は一段低く見られるのがこの世界の常識

109 :日本@名無史さん:05/03/10 19:27:10
>>102
意味不明。どういうネタ?
どっちにしろ、おまい初学者にして貧乏人だろ。
今どきテフをそのまま書く香具師はいねえだろ。ScientificWord使うだろ、普通。

110 :日本@名無史さん:05/03/10 19:27:35

日本資本主義論争キタ_________________☆彡

111 :日本@名無史さん:05/03/10 19:29:23
まともな分析ツールを開発できなかったという点で終わってる。

112 :日本@名無史さん:05/03/10 19:35:23
>>109
中村隆英(統計&経済史)や根岸隆(理論&学説史)などが低くみられたというのは初耳だが。
海外の一流の学者は理論家であっても経済史にも造詣が深かったりするぞ。

113 :日本@名無史さん:05/03/10 19:35:59
まてまて、ここは経済学徒が愚かな歴史学徒をあざ笑い
奴らのデタラメさを暴くことを目的とするスレだろ?

114 :日本@名無史さん:05/03/10 19:36:35
>>104
東大経済学部2年生が最初に学ばされる「経済理論A」(UNO原論)はなくなったってきいたけど? 
東大経済で死ねば、残るは痴呆大学だけだ。全国的に死んだも同然。


115 :日本@名無史さん:05/03/10 19:39:23
16 :世界@名無史さん :05/03/10 19:11:30 0
なに、簡単なことでさ。
アメリカが現在の日本をレイプするついでに、
朝鮮日本もレイプしただけのこと。
アメの愛人が二人もいると互いに夫の「夜の権利」を巡って遭い争う。
そこにつけこんで両者とも中悪くさせてるのさ。
その愛人の子供がタッグを組んで、夫に向かってきたら嫌だろう?
\________________________________/
        V
       ∧__∧   ________ 
      <丶`Д´>/ ̄/ ̄/ 
      ( 二二二つ / と) 
      |    /  /  /  
       |      ̄| ̄


116 :日本@名無史さん:05/03/10 19:41:36
皇太子殿下の御専攻は経済史だ! 確か室町の交通だとか何とか。
経済史学を馬鹿にする香具師は不敬だぞ! これは勿論ネタだぞ!

117 :日本@名無史さん:05/03/10 19:43:42
>>116

産業革命期テムズ川の水運じゃねーの?

118 :日本@名無史さん:05/03/10 19:49:29
皇太子の指導教授は児玉幸多だってばさ。

119 :日本@名無史さん:05/03/10 19:54:03
オックスフォードの指導教授は、イギリス産業革命の
ハイフィールドなんだけど

120 :日本@名無史さん:05/03/10 19:59:12
>>72
確かに緊縮財政に転化したのは大隈末期からだけど、
実際に物価下落したのは松方になってからだから、
松方デフレは松方デフレでいいんじゃないかな。

121 :日本@名無史さん:05/03/10 20:00:47
仁義なきデフレと呼べばいいんじゃないか

122 :日本@名無史さん:05/03/10 20:04:57
>>116-119
どっちもやってる。
http://mentai.peko.2ch.net/history/kako/1006/10067/1006744290.html

123 :日本@名無史さん:05/03/10 20:08:17
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  次でボケて!!!   |
 |________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ

124 :日本@名無史さん:05/03/10 20:15:58
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐   '''ー {!
          |   |   ‐ー  くー |       _________
           ヤヽリ ´゚  ,r(、_>、 ゚'}   /
         ヽ_」     ト‐=‐ァ' !  <  私はボケを存じません
          ゝ i、   ` `二´' 丿    \
              r|、` '' ー--‐f´          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\

125 :日本@名無史さん:05/03/10 20:30:31
ボケ王子キタ_________________☆彡

126 :日本@名無史さん:05/03/10 20:49:43
皇太子がスミスやマルクス読んでいたのは、公然の秘密?

127 :日本@名無史さん:05/03/10 20:54:12
原典を学問として読むのは構わないだろ

日本共産党出版部(新日本出版社)から出てる不破哲三の本とは別だが。

128 :日本@名無史さん:05/03/10 21:36:44
>>77

いや、本当に「長期経済統計」は使えない。
あれが加工しない実数を色々な系列で並べたものだったら、
つまり統計集成みたいなのだったら、意義はあった。

加工された数字は全く使えません。
私も使いません。

129 :日本@名無史さん:05/03/10 23:28:21
>>128
ああ。そういう姿勢ね。
現代の経済データについても、マイクロ・データしか用いないということね。
内閣府のGDPや総務省のCPIは怪しく加工された数字だから使わないと。
そういうスタンスならばいいが。そういう訳ではありますまい。

「加工してない実数」なんてなかなかアクセスできないよ、今も昔も。

130 :日本@名無史さん:05/03/10 23:35:20
>>129

>>128 じゃないが、公式統計の基となった集計前の調査票をいちいちチェックすれば、理屈的には可能。
俺はしないけど。

131 :日本@名無史さん:05/03/11 00:07:52
調査票というのは、調査票の雛型のこと? それとも調査先が記入した個票のこと?
雛型のことならば、もしそれが入手できるならば、その統計を使う前にチェックすべきです。つーか、調査票雛型を知らなければ統計の性質が分かりません。
個票のことならば、個票は残されてません。残ってても殆ど情報開示されません。

なお>>129であげたGDPやCPIは二次統計なので、その統計自身には調査票のようなものは存在しません。

132 :日本@名無史さん:05/03/11 00:15:08
>>126
マルクスはともかく、スミスを読んだのが何故ゆえ秘密にならんといかんのだ?

133 :日本@名無史さん:05/03/11 00:16:42
一昔前と違い、最近は日本経済史もサラリーマンのような学者さんが増えたんじゃないか?
とんでもない奴が出てこないものか。

134 :日本@名無史さん:05/03/11 00:19:16
>>128
じゃあ、昔のGNPを使う必要が生じたら何を使うの?
「自分でGNPを推計しました」ではそれはそれで一つの論文になってしまう。

135 :平泉澄:05/03/11 06:37:42
>>118
皇太子の指導教官は、故 安田元久先生です。

136 :日本@名無史さん:05/03/11 08:17:27
川島達彦氏が学習院大学経済学部の統計学教授だっていうの知ってた?

137 :日本@名無史さん:05/03/11 09:50:40
安田元久1918-1996

ずいぶん、お爺やね。

138 :日本@名無史さん:05/03/11 10:16:31
大川一司, ヘンリー・ロソフスキー『日本の経済成長 : 20世紀における趨勢加速』東洋経済新報社,1973


139 :日本@名無史さん:05/03/11 12:19:26
>>133
若手で中林真幸の仕事は凄いと一部では評判だが。

140 :日本@名無史さん:05/03/11 12:38:03
全部ではなく一部なのか。。。

141 :日本@名無史さん:05/03/11 12:38:55
>>139 は中林

142 :日本@名無史さん:05/03/11 19:05:19
一部の仕事はスゴイ。
でも最近のは・・・・・・

143 :日本@名無史さん:05/03/11 19:34:46
日本経済史じゃシカゴでPh.D取れない

144 :日本@名無史さん:05/03/11 19:38:12
もともと経済理論自体がスミスやらリカードゥのある側面の数学的定式化だから、
経済史、経済学史が独立した分野として存在する余地は少ない。
マルキスト100年の「努力」より遙かに森嶋センセイの方が
重要な資本論についてのインサイトを提供してる。

145 :日本@名無史さん:05/03/11 20:30:52
↑経済史と経済学史とマル経の区別がついてないみたいだね。出直しなさい。

146 :日本@名無史さん:05/03/11 20:39:29
>>145
〜「史学」と〜「学史」の区別がついていない人って、どこ行ってもいるんだよねw
そういう連中に共通するのって、何だろう?

147 :日本@名無史さん:05/03/11 20:47:46
>>146
史学史って、どうするんだろ?

148 :日本@名無史さん:05/03/11 20:52:05
数学苦手だから仕方なく経済史選びますたと正直に告白しなさい。

149 :日本@名無史さん:05/03/11 20:53:22
>>148
数学得意だから経済史なんじゃね?
苦手だったら政治史や社会史だろ。

150 :日本@名無史さん:05/03/11 20:59:12
近世史の連中は統計もろくに読めない

151 :日本@名無史さん:05/03/11 21:01:55
>>150
煽りたい気持ちは分かるが、お前も統計読めないだろ?

152 :日本@名無史さん:05/03/11 21:06:21
>>150
歴史制度分析の人の株仲間の本は、どうかと思うけどな

153 :日本@名無史さん:05/03/11 21:24:09
>>152
岡崎哲二のこと?

154 :日本@名無史さん:05/03/11 21:49:31
宇宙人キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!

155 :日本@名無史さん:05/03/11 21:54:11
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  次でボケて!!!   |
 |________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ

156 :日本@名無史さん:05/03/11 21:55:24
日本経済史の第一人者は、皇太子殿下にあらせられる

157 :日本@名無史さん:05/03/11 22:01:08
東京の王子キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!

158 :日本@名無史さん:05/03/12 10:59:52
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 。。。。。誰もいな(ry
\_   _________________
   | /            /
日  ∨ U A V      | そりゃ禁句です!
≡≡≡≡≡≡≡≡ ∧ ∧ <__________
 V ∩ [] W 目 (゚Д゚,,)─┛~~
__ ∧ ∧_____ |つ∽
  (   ,,)日       ̄ ̄ ̄ ̄
― /   つ―――――――
〜(___ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

159 :日本@名無史さん:05/03/12 11:12:58
日本経済史専攻の漏れが、「アジア経済」に投稿したりしているわけだが。

160 :日本@名無史さん:05/03/12 11:29:23
>>159

籠谷氏みたいなテーマならよいんじゃね。

161 :日本@名無史さん:05/03/12 18:36:49
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 。。。。。また誰もいな(ry
\_   _________________
   | /            /
日  ∨ U A V      | そりゃ禁句です!
≡≡≡≡≡≡≡≡ ∧ ∧ <__________
 V ∩ [] W 目 (゚Д゚,,)─┛~~
__ ∧ ∧_____ |つ∽
  (   ,,)日       ̄ ̄ ̄ ̄
― /   つ―――――――
〜(___ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

162 :日本@名無史さん:05/03/12 19:09:16
日本経済発展の秘訣は
皇室の平和パワーにあります

163 :日本@名無史さん:05/03/12 19:19:20
「和を以て尊し」とかしたり顔で日本精神を語ってみせるのに、
同じ御仁が、競争競争と喧しいのは、どうしてでしょうね?

164 :日本@名無史さん:05/03/12 23:05:35
>>163
だれ?

165 :日本@名無史さん:05/03/12 23:09:07
毛沢東はパタリロに似ている。
パタリロは皇太子に似ている。

毛沢東は皇太子に似ている。

166 :日本@名無史さん:05/03/12 23:17:43
たしか、政治が意図的にデフレ政策をやった時は、その時の総理の名前を
付けることになっていたと思います。
例 松方デフレ
なのに、なぜ平成のデフレ政策は「平成不況」と呼ばれるのでしょう。
「村山デフレ」と呼ぶべきなのじゃないでしょうか。

167 :日本@名無史さん:05/03/12 23:24:07
松方は総理じゃなくて蔵相だっつーに。

168 :日本@名無史さん:05/03/12 23:26:06
>>166
松方デフレの時の松方は総理ではないぞ。高校生レベルの知識だと思うが。。。

169 :日本@名無史さん:05/03/12 23:51:40
武村プレミアム

170 :日本@名無史さん:05/03/13 00:02:27
橋本デフレとはいう罠。
ただ、現代では物価は金融政策によって決まってくるものと観念されとるから、
デフレの原因が財政だとは考えないのは普通でありましょう。
(物価水準の財政理論は別)

171 :日本@名無史さん:05/03/13 00:10:12
最近のデフレは流動性の罠(デフレの罠)によるものだからなー。
意図的にデフレをやってる訳じゃない罠。

172 :日本@名無史さん:05/03/13 00:28:30
東大出版会の日本経済史シリーズってどうですか?
一見したところ、いかにも○系な感じですが・・・。

173 :日本@名無史さん:05/03/13 00:55:26
企画印字権と転向で論文書いてる人いないかなー

174 :日本@名無史さん:05/03/13 01:12:13
松方デフレは厳密には「紙幣整理」だからね。極端に言えば、西南戦争以来の実質的「紙屑」を政府が没収しただけ。
今のデフレとは根本的に意味が違うと思う。
それにしても、「資本論」に即してあれを無理矢理「原始的蓄積」と定義していた講座派の連中は・・・(笑)

175 :日本@名無史さん:05/03/13 01:49:51
没収というとデフォルトしたみたいだけど、
実際の松方デフレではデフォルトしたのではなくて、緊縮財政してマジメに「返済」したのだし、
あれこそ古典的なデフレ財政なのではないかと思う。

176 :日本@名無史さん:05/03/13 02:00:37
>>174
他人の研究を貶すことなかれ。
貴方の研究も云十年後にはネタにされているかもしれません。

177 :日本@名無史さん:05/03/13 02:09:16
>>174

なんで「原始的蓄積」がおかしいの?
漏れは石井のテキストに従って理解しているが。

ちなみに専門じゃありません。

178 :日本@名無史さん:05/03/13 06:13:26
>>174は○をバカにして、原始的蓄積を理解していないと思われ
それに松方デフレだけが原始的蓄積だとは誰も言ってないだろ

179 :日本@名無史さん:05/03/13 11:38:14
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| さて今日はどんな話題で盛り上がるかな
\_   _________________
   | /            /
日  ∨ U A V      | 誰か来るといいんですが。。。
≡≡≡≡≡≡≡≡ ∧ ∧ <__________
 V ∩ [] W 目 (゚Д゚,,)─┛~~
__ ∧ ∧_____ |つ∽
  (   ,,)日       ̄ ̄ ̄ ̄
― /   つ―――――――
〜(___ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

180 :日本@名無史さん:05/03/13 12:46:14
>>152
>>153

歴史制度分析って経済史プロパーからはどういう評価
を受けてるんですか?


181 :日本@名無史さん:05/03/13 13:45:20
最近出た『日本経営史の基礎知識』どうですか?

182 :日本@名無史さん:05/03/13 14:03:23
>>180
聖典が、マルクスからグライフに変わっただけ。
っても小さいなー


183 :日本@名無史さん:05/03/13 16:02:02
今度の社経史の大会、日取りが悪いなー。

上京ついでに資料収集しようと思っても、GW真っ最中で、どこも空いてないがね。
学会だけ出て、とんぼ帰りか・・・贅沢だなー、自分の身分では・・・。

184 :日本@名無史さん:05/03/13 16:12:08
>>183

面白そうな(=自分の研究の参考になる)報告テーマが見当たらなかったので、
欠席に○つけて返送した。

185 :日本@名無史さん:05/03/13 16:13:17
>>183 研究ばっかりしてないで東京で遊べば?

186 :日本@名無史さん:05/03/13 16:17:07
>>184-185

漏れは自分に関連する報告やパネルがそこそこあるんだけど・・・
いや、遊んでいる余裕は、自分にはないっす
だから、ちょっと困っちゃうのでげす。

187 :日本@名無史さん:05/03/13 16:28:14
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 。。。。。面白そうな話の展開になってきたな(ry
\_   _________________
   | /            /
日  ∨ U A V      | そりゃ禁句です!
≡≡≡≡≡≡≡≡ ∧ ∧ <__________
 V ∩ [] W 目 (゚Д゚,,)─┛~~
__ ∧ ∧_____ |つ∽
  (   ,,)日       ̄ ̄ ̄ ̄
― /   つ―――――――
〜(___ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

188 :日本@名無史さん:05/03/13 16:31:32
>>186 分野は何?

189 :日本@名無史さん:05/03/13 16:47:13
>>186 は報告者

190 :日本@名無史さん:05/03/13 18:00:02
荒らしや煽りを避けたければ数学、技術的な話をした方がいいんじゃないかな。
問題は数学記号の表現だが、まあ無理にとは言わないけれど希望として
出来るだけTeX文法に準拠したらどうかな?

http://bi.appi.keio.ac.jp/seminar/tex/node34.html

TeXが使える人ならば、そのままコピペしてコンパイルすることもできるし、
そこまでしなくても慣れてくれば誰でも記法を見ただけでイメージできるようになるものだよ。

あ、君たちには過大な要求に見えたらごめんね。

191 :日本@名無史さん:05/03/13 18:10:39
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 。。。。。場違いのが約1匹いるな(ry
\_   _________________
   | /            /
日  ∨ U A V      | そりゃ禁句です!
≡≡≡≡≡≡≡≡ ∧ ∧ <__________
 V ∩ [] W 目 (゚Д゚,,)─┛~~
__ ∧ ∧_____ |つ∽
  (   ,,)日       ̄ ̄ ̄ ̄
― /   つ―――――――
〜(___ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

192 :日本@名無史さん:05/03/13 18:37:41
>>190 コピペ? なぜここに?
文字通り数学ハ数式ナリと思っているなら、厨房丸出し。

193 :日本@名無史さん:05/03/13 18:44:01
TeXをテキストで生書きするなんて、たいして数式を使ってないことの証明でもある。


194 :日本@名無史さん:05/03/13 19:23:00
戦後のダウ(日経平均)を全て見られるWebページはありますか?

195 :日本@名無史さん:05/03/13 20:28:20
>>194
自分で探しなさい。というものかわいそうなので。
http://www.sankayo-jp.com/download.htm
ここの一番下。見方などは自分で調べてね。それと分析に使う前に信用できるソースで裏を取ること。
で、何に使うの?

196 :日本@名無史さん:05/03/13 22:05:41
>>177-178
原蓄なんて死語だよ、死語。または経済史学史用語。

197 :日本@名無史さん:05/03/13 22:15:41
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 鮭医師が死んでいるのは何故なんだろうな。
\_   _________________
   | /            /
日  ∨ U A V      | それで論文書けますよ!
≡≡≡≡≡≡≡≡ ∧ ∧ <__________
 V ∩ [] W 目 (゚Д゚,,)─┛~~
__ ∧ ∧_____ |つ∽
  (   ,,)日       ̄ ̄ ̄ ̄
― /   つ―――――――
〜(___ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄


198 :1:05/03/13 23:08:03
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 。。。。。このスレ、1週間で200いくなんて凄くね?
\_   _________________
   | /            /
日  ∨ U A V      | 自分で言うんですか!
≡≡≡≡≡≡≡≡ ∧ ∧ <__________
 V ∩ [] W 目 (゚Д゚,,)─┛~~
__ ∧ ∧_____ |つ∽
  (   ,,)日       ̄ ̄ ̄ ̄
― /   つ―――――――
〜(___ノ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

199 :日本@名無史さん:05/03/14 01:45:27
>>196
最初に、どうやって工場を作って、誰が働くんだ?


200 :日本@名無史さん:05/03/14 10:44:11
最初に、渋沢栄一が華族資本を集めて大阪紡績を作って、女工が働く。

201 :日本@名無史さん:05/03/14 16:14:23
どうでもいいけど、>>200の言ってることって支離滅裂。釣りのつもり?

202 :日本@名無史さん:05/03/14 16:47:07
そして>>196 の言ってることも支離滅裂。
研究史を踏まえていない。

203 :日本@名無史さん:05/03/14 18:04:37
ここに労働者がいると仮定しよう。
こちらに資本があると仮定しよう。


204 :日本@名無史さん:05/03/14 18:50:07
労働史やっている人たちって、何で皆あんなに独特の議論を展開するんだろう。


205 :日本@名無史さん:05/03/14 19:49:11
原蓄っつーか、今どき誰が「明治絶対主義政府」なんて呼称使うんだ?

206 :日本@名無史さん:05/03/14 20:43:55
>>199 >>202
すまん、それマジで言ってるの? それともドグマを捨てられないの?

207 :日本@名無史さん:05/03/14 20:54:20
「絶対主義政府」は使わないが、「本源的蓄積」と「産業革命」は使う。

208 :日本@名無史さん:05/03/14 21:06:11
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  >>181 に答えて!!!   |
 |________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ

209 :日本@名無史さん:05/03/14 21:10:42
>>207
それらを使うのは○系だけ。
原始的蓄積なんていう理解は大雑把すぎる。
産業革命という用語は「革命」に連なる表現であり、革命の浪漫を歌い上げる○系にはいいかもしれんが、今は普通に「近代経済成長の始動」とか「テイクオフ」とかいう。

210 :日本@名無史さん:05/03/14 21:14:25
>>207
>「絶対主義政府」は使わないが、

これは何? 
「天皇はまさに絶対君主としての基本性格をもっていた」「天皇制国家の絶対主義的性格」「天皇制国家は…特殊型絶対王政」
○系石井「日本経済史」p174

211 :日本@名無史さん:05/03/14 21:15:05
>>181
知ら〜ん。読んでレポって!

212 :日本@名無史さん:05/03/14 21:21:58
>>209

ロストゥ流の議論では、単に数値だけで「段階」が設定されている。
しかもどうしてその数値でなくてはならないのか、という積極的な説明はなし。

産業革命論の蓄積にはとてもおよびもつかない、貧相な議論。


213 :日本@名無史さん:05/03/14 21:30:46
>>210
だから石井はただの「講座派」残党なんだよ。何度言ったらわかるんだ。

214 :日本@名無史さん:05/03/14 21:37:08
ロストウとかガーシェンクロンなんて終わってんだろ
これこそ研究史から削除してよい「理論」

215 :日本@名無史さん:05/03/14 21:39:09
>>212
「産業革命論の蓄積」(笑)。
事例研究の蓄積はいいけどね、立脚する経済理論が○系では貧相すぎる。
数値化できない文学的な蓄積がいくらなされても余り意味がない。

216 :日本@名無史さん:05/03/14 21:42:13
>>214
○系以外はグズネッツの近代経済成長として捉える。
産業革命を前面に出しているのは○系だけだよ。
まずは、その点を理解している?

217 :日本@名無史さん:05/03/14 21:44:04
>>213
当スレを流し読んだが、そんな言説は初めて。
どこで「何度言った」の?

218 :日本@名無史さん:05/03/14 21:48:22
漏れの学派は、「プロト工業化」とか「近代経済成長」とか
一切使わない学派なんで、藻前こそその点を理解している?

219 :日本@名無史さん:05/03/14 21:54:01
>>215-216

だから、経済成長論での議論は貧相。
ただ数値の上がり下がりを祖述するだけ。
百年前の夏休みの絵日記の天気欄を見せられている感じ。

「プロト工業化」論のような、図式化は漏れは拒まないし、大いに関心ある。
しかしロストゥやクズネッツとかを歴史っていうのは、なんだかね。

漏れが感動した経済史の議論は、「資本主義と奴隷制」かな。

220 :日本@名無史さん:05/03/14 21:58:40
プロト工業化と大塚史学は相容れない

221 :日本@名無史さん:05/03/14 22:07:25
プロト工業化論が出てきた当時、局地市場圏とかの概念掴まえて
「これは数量経済史による大塚史学のモデル化だ!」
と日本では一部で騒がれたわけだが。
もっとも、プロト工業化論のブーム自体が終わってしまったのでw、
今どういう評価になってるかはよく知らない。

222 :日本@名無史さん:05/03/14 22:20:59
「プロト工業化」の契機は遠隔地市場の獲得。

対して大塚史学では、局地市場→全国市場→国外(遠隔地)市場と発展すべきものと描かれているので
議論の向きが逆。似て非なるもの。日本史じゃないが、B氏とかその点分かってないねw


223 :日本@名無史さん:05/03/14 22:21:20
>>218
分かった、○系というだね。しかも内向きな袋小路の。
改心するか成仏してくれ。


224 :日本@名無史さん:05/03/14 22:22:29
>>219
>ただ数値の上がり下がりを祖述するだけ。

お前が不勉強だからそれしか知らんだけだろ。

225 :日本@名無史さん:05/03/14 22:24:39
>>223

言い忘れたが、俺は日本史じゃないからw


226 :日本@名無史さん:05/03/14 22:26:33
>>225
○系世界経済史は○系日本経済史よりもインナーサークルで寂しいだろ。

227 :日本@名無史さん:05/03/14 22:31:35
もしかしてチャイナの経済史? それなら○系でも寂しくないかもしれないね。

228 :日本@名無史さん:05/03/14 22:35:54
>>222を参考に推察してくれよw

229 :日本@名無史さん:05/03/14 22:36:57
石井、石井って五月蠅い厨房が一匹いるな。
あの青本、所詮は学部生の入門書だぞ。
まっとうに勉強したいなら、男は黙って岩波の『日本経済史』シリーズ。

230 :日本@名無史さん:05/03/14 22:47:51
そのシリーズを勧めるとマル経の連中に嫌われるぞ。

231 :日本@名無史さん:05/03/14 22:56:42
第一巻劈頭論文は早見優だしな。あれはトオルと読むのか。

232 :日本@名無史さん:05/03/14 22:58:19
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  次でボケて!!!   |
 |________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ

233 :日本@名無史さん:05/03/14 23:01:43
>>231
あの速水論文はブローデルの猿真似。ダサイ。

234 :日本@名無史さん:05/03/14 23:10:12
ブローデルとは違うだろ〜〜〜
ってよく知らないけど、ブローデル。世界時間!だっけ? 

235 :日本@名無史さん:05/03/14 23:16:25
井の中の蛙が二匹いるなw

236 :日本@名無史さん:05/03/14 23:18:19
井戸=日本のマルキスト

237 :日本@名無史さん:05/03/14 23:20:08
しかし「経済社会」論か・・・・・・

強烈な脳内妄想だと感じた覚えが。。。
あのシリーズ、勿論ためになる論文も相当あるんだが、
編者連の論文に痛いのが多い気がする。
特に発展論プロパーの人たち。

238 :日本@名無史さん:05/03/14 23:24:04
ブローデルっつーか、速水はそもそも中世史電波の網野善彦のお仲間だからな。
網野史観を近世にまでそのまま延長させると、ああいう妄想論文が出来上がるw

239 :日本@名無史さん:05/03/14 23:32:18
妄想電波かね。妄想の上に成り立っている○系に言われてモナー。
岩波シリーズは日本経済史学にとってブレークスルーな通史だったから、
カビの生えた○系学者からみれば妄想電波に見えるのかもしれないね。
滅び行く○系史学。お前等がいるから経済史学全体がバカにされるんだぞ!

240 :238:05/03/14 23:36:38
>>239

東大でも京大でもないDQN大学のくせによく言うなw


241 :日本@名無史さん:05/03/14 23:43:16
東大や京大のようなローカル大学を自慢されても困るなぁ。
まぁ、京大のことはよく知らんけど、東大経済は元々〇系の勢力が強くてしかも徒弟制度が強いからなかなか方向転換できないんだよね。

十年前学生だったとき〇系のゼミの説明会に行ったら、
セールスポイントが「マル経は近経よりも大学教授になり易いですよ〜」だもんね。
学説だけじゃなくて根性も腐ってた。ほんとに糞かと思いました。

242 :日本@名無史さん:05/03/14 23:49:29
>>210
>だから石井はただの「講座派」残党なんだよ。何度言ったらわかるんだ。

その残党連中が編集している東大出版会の日本経済史シリーズは糞だと。そういうことね。

243 :日本@名無史さん:05/03/14 23:50:30
            /´      ̄`ヽ,
            / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
         i  /´       リ}
          |   〉.   -‐   '''ー {! ________
          |   |   ‐ー  くー |      / けんかはいけません
           ヤヽリ ´゚  ,r(、_>、 ゚')   / ここは一つ、兵庫関と
         ヽ_」     ト‐=‐ァ' !  <  テムズ川の話題で
          ゝ i、   ` `二´' 丿    \  盛り上がりましょう。
              r|、` '' ー--‐f´          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\


244 :日本@名無史さん:05/03/15 00:06:13
日本経済史から見て、日本経営史の人はどうなの?

245 :日本@名無史さん:05/03/15 00:20:43
日本経営史=与太話

246 :日本@名無史さん:05/03/15 00:22:55
なんで?

247 :日本@名無史さん:05/03/15 00:31:07
経済史って本当に経済学の範疇に入れてもいいんですか?

248 :日本@名無史さん:05/03/15 02:19:50
今の経営史って、「英雄史観」の再来だよなあ。


249 :日本@名無史さん:05/03/15 02:35:38
俺は好きだよw
何%成長だの、数字羅列的な歴史叙述はつまらないよなw

250 :日本@名無史さん:05/03/15 10:30:27
>>249

漏れも成長論的な過去の時系列データ紹介には、何も魅力を感じないけど、
英雄史観に陥っている経営史にも、また魅力は感じない。

様々な要因が真っ向からぶつかったり、陰に日に干渉し合ったりしたあげく、
思いも寄らぬ結果が出る、という「神の手」とか「合成の誤謬」のような
局面こそ、分析していて面白い。

最近は何でも企業者の卓越した能力に、何でも求めすぎ。
特に最近出来た関西の某学会など(ry

251 :日本@名無史さん:05/03/15 10:51:10
経済学の落ちこぼれがやるのが経済史。
その経済史の落ちこぼれがやるのが経営史。

経営史にはマスター理論なんてまったくないだろ。
(昔、チャンドラーなんてのがもてはやされた時代があったらしいが)

252 :日本@名無史さん:05/03/15 10:59:32
横浜・松家、東大留年

 史上5人目の東大出身選手として話題になった横浜の9巡目ルーキー・松
家卓弘投手(22)の留年が14日、決まった。この日、東大経済学部の卒業
見込みが発表され、卒業まで残り12単位だった松家は、わずか1課目(4単
位)足りずに涙をのんだ。

 「甘かったです。最初はショックだったけど…でも、もう割り切りました」キャンプと
後期試験が重なり、沖縄と東大を往復した努力もかなわなかった。単位を落
としたのは、受ける前から「一番難しい」と話していた「日本経営史」。東大史
上5人目のプロという話題性にも、担当教授は「個人の事情は一切考慮しな
い」とピシャリ。卒業はプロ入りより難しかった。


Kさん・・・・・・

253 :日本@名無史さん:05/03/15 11:02:02
データいじりだけが楽しければ、理論か現状をやればいいだろ。
なぜ歴史的文脈でやっているんだ?

254 :日本@名無史さん:05/03/15 11:06:54
>>253

計量屋の知り合いがいるから、よくわかるが、
計量理論でオリジナリティ出せる人なんてほんのひとつかみ。
あとは政府統計なんか使って、データ分析やるんだが、これも
必然的に飽和状態になる。

あ、昔のデータ使えば「歴史」ってことにもなるじゃん、ってのが真相。
LTESはそういう連中のための道の掃き清め。
なにせ彼らは加工されたデータがないと何も出来ないからなw

255 :日本@名無史さん:05/03/15 11:11:00
>>213
@スラッフィアンの論証による「労働価値説無き古典派理論復活」に対して適切に反論せよ。
Aバヴェルクの「労働価値説は循環論法」に適切に反論せよ。
Bマルクス主義による価格決定理論を提示せよ。
Cマルクス主義による不況期の経済への処方箋を提示せよ。
D総計一致二命題、剰余価値率の利潤率の転化論が森嶋通夫を発火点とする研究から現実経済での有効性を棄却されたが、適切に反論せよ。
E「マルクス主義の諸理論がどれだけ現実経済分析に有効か?」といった問題に自説で反論、もしくは的確な検定を行っていると自分で考えている著作・論文を提示せよ。
Fたびたびマルクスは情報の非対称性に対して楽観的だったと指摘されているが、適切に反論せよ。
Gなぜ百年以上も再生産表式を数値例でこねくり回していたのか?感想を述べよ。
Hマルクスは耐久財を無視しているが、その理由を述べよ。
Iあなたは一度でも上記の問題を検討した事があるか?もしくは聞いたことがあるか?聞いたことが無いのなら論外。


256 :日本@名無史さん:05/03/15 11:13:20
しかし経営史が歴史系では一番就職がいいという罠。

257 :日本@名無史さん:05/03/15 11:44:47
>>254
計量仲間内で陽の目を見ない鬱憤を、歴史家相手に発散か。


258 :日本@名無史さん:05/03/15 12:01:57
>>257
そういうこと
「史料批判」ということすら知らないで、「歴史」をやっていると豪語しているからねw

259 :日本@名無史さん:05/03/15 13:34:21
>>250
http://www.kigyoka-forum.jp/index.html

260 :日本@名無史さん:05/03/15 13:34:31
>>258
岡崎「江戸の市場経済」も誤解を広めた原因だろう。
実証力の高い彼が、理論の応用性を検証したのだが、
実証力のない奴が同じことをすると、突拍子もないことになる。

あれは方法的に斬新な本だが、分析結果は通説と同じ。

261 :日本@名無史さん:05/03/15 14:23:48
>>260
石井復活の予感(ry

262 :日本@名無史さん:05/03/15 14:24:47
>>261
予感は実感へと・・・(ry

263 :日本@名無史さん:05/03/15 14:25:28
>>262
石井復活の実感(ry

264 :日本@名無史さん:05/03/15 17:07:07
数量経済史って、なんか全身にオイル塗ったボディビルダーがスッポンポンで立ってるような気色悪さがあるな。

265 :日本@名無史さん:05/03/15 22:04:57
何%成長だの数字羅列がツマラナイ、ってね。
経済史には普段数字を見慣れてない香具師が多いらしい。
数字の羅列からも経済の息遣いを感じることができないとは。
救いがたいな。マル系は。

266 :日本@名無史さん:05/03/15 22:34:50





数量仲間で陽の目を見ない鬱憤を、歴史家相手に発散するドヴネズミであった。







267 :日本@名無史さん:05/03/15 23:59:38
経済統計に言及しただけで計量屋呼ばわりとは恐れ入谷の鬼子母神。マル経の統計音痴ぶりは凄まじいな。
他の人は知らんが少なくとも俺はマクロ屋。




268 :日本@名無史さん:05/03/16 00:00:50
マル経から「実証」「史料批判」といった言葉が飛び出るなんて噴飯モノ

269 :日本@名無史さん:05/03/16 00:04:27
>>255
おれは213ではないが。
それらの質問はよほどの経済学史ヲタしか答えられなくない?
学部時代、経済学史に関心があった頃ならともかく、今の俺には答えられん。

270 :日本@名無史さん:05/03/16 00:17:53




論文に行き詰って2chで暇を潰すドヴネズミたちであった。






271 :日本@名無史さん:05/03/16 01:32:48
>>265
数字羅列がつまらないんじゃなく、
数字羅列だけだとつまらないが正解。

272 :日本@名無史さん:05/03/16 02:11:25
数量経済史って、数量仲間で陽の目を見ない鬱憤を、歴史家相手に発散するドヴネズミか。
全身にオイル塗ったボディビルダーがスッポンポンで立ってるようなもんだな。

273 :日本@名無史さん:05/03/16 08:31:39
>>271
んだね。
統計数値を鵜呑みにして、机上演習のみで作戦指揮していた大本営の作戦参謀と同じようなものを感じる。


274 :日本@名無史さん:05/03/16 12:28:47
ちなみに私の研究手法はマル経なんでしょうが、
労働者階級には微塵も親近感を感じておりませんw
資本家・企業家マンセーの英雄史観を滲ませておりますw


275 :日本@名無史さん:05/03/16 23:32:08
>>273
>統計数値を鵜呑みにして、
>机上演習のみで作戦指揮していた大本営の作戦参謀

統計数値を鵜呑みにすると対米戦争なんて出来ませんが何か?
他の板ならともかくこんな発言が日本史板でなされたことに
ゆとり教育の罪悪を見た。

276 :日本@名無史さん:05/03/16 23:37:59
>>273の脳内では、戦争とは統計数値のみでやるものなのだろう

277 :日本@名無史さん:05/03/17 09:08:54
>>275-276
えっと、実際の戦争指導ってそうでしたが。
インパールも有名ですね、直線で行くのが一番早いって、図上で作戦が立てられて・・・

278 :1 ◆Vm3SxxXBSU :05/03/17 11:04:31
マル経経済史と近経経済史の不毛な煽り合いはもう飽きたので、
生産的な議論を展開してください。

279 :日本@名無史さん:05/03/17 11:31:16
>>278
責任を持って、テーマを絞れよ。

280 :日本@名無史さん:05/03/17 11:47:01
>>1
世界に対して一人勝ちであって、世界の注目を浴びた日本型社会主義的資本主義経済システムの
ほとんど全てが崩壊しようとしている

これは一見、歴史の必然のように見えるが、実はバブル崩壊後の外的内的圧力から、さらに政治力の不足から
自壊したと思う。 俺は日本型経済システムは未だ有効であり、護送船団方式の銀行経営を
復活させこれを健全に運用させることが急務と考える。さらに現状の0金利政策は国民の預金を
減少させるだけの愚作であって、すぐに市場金利への介入をやめるべきだと思うが、これについ
てどう思う

・・・と問題定義しつつ俺は消える

281 :日本@名無史さん:05/03/17 13:11:37
>>280
日本を中心にして世界を見るなよ。
ウォーラスティン読んで勉強し直せ。

282 :日本@名無史さん:05/03/17 14:34:23
>>281
日本=中核(core)

よって、日本を中心にして世界を見てO.K !


283 :日本@名無史さん:05/03/17 14:35:03
>>280
ウォーラーステインなんてDQNは無視して
原田泰を読めばいいと思うよ。

284 :日本@名無史さん:05/03/17 14:37:23
時代はフランクの「リオリエント」

285 :日本@名無史さん:05/03/17 14:39:29
>>284

それってさ、訳者がウォーラーステインとつるんでいい思いをしてるんでしょ?
71年生まれで北大助教授


286 :日本@名無史さん:05/03/17 16:37:40
世界システム論てトンデモだよね

287 :日本@名無史さん:05/03/17 16:59:44
>>286
Yes. I think so, too.

288 :日本@名無史さん:05/03/17 18:06:40
>>283
原田泰は準トンデモだろ

289 :日本@名無史さん:05/03/17 18:27:00
>>288

Yeah, ,,,,,,

290 :日本@名無史さん:05/03/17 18:36:35





原田泰『アメリカの夢と苦悩 : エコノミストの留学体験記』(東洋経済新報社、1982年)








291 :日本@名無史さん:05/03/18 09:57:17
>>280
>すぐに市場金利への介入をやめるべきだと思う

いえ、公定歩合を高める一方で、
市場金利が今度は高くなり過ぎないようにするという介入が必要です。
正直、銀行の方は低金利を喜んでいます。
預金額が増えないかわりに、これによって不良債権の更なる不良化に対する一定程度の歯止めがかけられてきたわけですから。
金利を高くする措置してしまうとしても、不良債権の更なる不良化が進まないという程度の統制は未だに必要です。
ここで下手を打つと、財政規律という言葉がとかく忘れられがちなわが国では、
またもや無用の政府支出を行い、財政状況をどん底に陥れる可能性がまたぞろ出てくることになりかねません。

292 :日本@名無史さん:05/03/18 22:15:58
それなら何で公定歩合を上げなくちゃいけないの?
今の公定歩合は市場金利の上限の意味しかもってないよ〜ん。

293 :日本@名無史さん:05/03/18 22:57:03
大倉喜八郎 死の商人

294 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 00:51:35
経済学部の3大悪=マルクス,経済学史,経済史

295 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 00:52:44
マルクス経済学=宗教商法

経済学史=経済学カタログ編集係

経済史=社史編纂係

296 :日本@名無史さん:2005/03/24(木) 00:57:47
>>295
失礼な!地方史の手伝いもするぞ!業界史もだぞ!

297 :日本@名無史さん:2005/03/25(金) 15:15:40
財政が危機的なのに違いないが、日本の個人金融資産は1423兆円もある。
この他に企業が持っている資産が1657兆円
外貨準備高が8000億ドル 
貿易黒字が毎年20兆円前後
土地、建物などの国内資産と対外純資産から負債を差し引いた正味資産(国富)は2724兆3000億円。
これら資産が赤字国債を上回っている間は日本が破綻する事は絶対ないんだよ。

298 :日本@名無史さん:2005/03/29(火) 18:16:10
日本はいつから共産主義国家になったんだ。

299 :日本@名無史さん:2005/03/29(火) 18:58:27
>>298
縄文時代だろ

300 :日本@名無史さん:2005/03/31(木) 01:26:13
勢い無くなったな。
誰かなんか面白いネタを出せ!

301 :日本@名無史さん:2005/03/31(木) 05:33:28
○系の史学屋はどうして馬鹿なのか

302 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 14:55:04
橋本寿朗なんか読むと、昭和恐慌からの回復の早さが強調されるけど、
もっとミクロの部分ではどうだったのかが、今ひとつわからん。

あの時代は「大学は出たけれど」の時代で、膨大なインテリ無職層が
生み出されていたけど、彼らは景気回復の局面で、どういうところに吸収
されていったんだろう?

詳しい人教えて。

303 :日本@名無史さん:慶長410/04/01(金) 17:25:49
(1)軍事産業で働いた。
(2)満州に渡った。
(3)軍に召集された。

304 :日本@名無史さん:慶長410/04/02(土) 13:32:30
(1)IT産業で働いた。
(2)九州に渡った。
(3)国会に召集された。

305 :日本@名無史さん:2005/04/04(月) 20:48:34
なぜヒックスの『経済史の理論』は糞なのですか?

306 :日本@名無史さん:2005/04/04(月) 23:40:12
つ〜か、日本経済史は、ほとんど農業の話ばっか。おもんね〜。
戦前は、産業の大半が農業だからしかたね〜けど。
農業が好きなヤシは日本経済史もいいんじゃね〜の。

307 :日本@名無史さん:2005/04/05(火) 11:56:35
>>306
今、農業史の若手なんてほとんどいないんだが。
地主制研究って、何年前で止まっているんだ?

308 :日本@名無史さん:2005/04/05(火) 13:16:17
山田盛太郎ちゃん

309 :日本@名無史さん:2005/04/06(水) 01:03:28
地主経営史っていう本流は数少ないけど、農業史を脇から攻めようってのは結構いると思うけど。
まあやっぱり農業は大事だよ。

310 :日本@名無史さん:2005/04/07(木) 21:23:11
高度成長期日本の家電産業−電気冷蔵庫を中心に−

311 :日本@名無史さん:2005/04/08(金) 10:15:26
某先生が交通事故で亡くなったっていう噂は本当?

312 :日本@名無史さん:2005/04/08(金) 10:23:17
精密機械産業史のあの方らしい

313 :日本@名無史さん:2005/04/08(金) 10:56:21
>>312
やっぱり噂は本当?
しかしどうしてまた…ご冥福をお祈りします。

314 :日本@名無史さん:2005/04/08(金) 17:51:59
橋本寿朗

315 :日本@名無史さん:2005/04/19(火) 10:56:36
名誉教授が逝ってもポストあかねーしなー

316 :日本@名無史さん:2005/04/19(火) 11:25:13
早稲田の政経、川勝氏が辞めた後ずっと空席ってホント?

317 :提案:2005/04/19(火) 17:17:17
>>315 を名誉教授にする(ただし無給)。

318 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 09:20:47
社会経済史学会、近づいてきましたね。
報告する人、ガンガッテ。

319 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 17:43:15
社経史age

320 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 20:08:40
GWは多摩か。

321 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 23:23:51
社経史の懇親会は、行った方がいい?


322 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 19:34:28
>>321
求職中なら出るのを勧める


323 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 19:10:45















で、社経史どうだったの?
解説キボン

324 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 20:41:55
>>323
混んでた

325 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 18:27:58
内閣総理大臣子爵高橋是清


326 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 20:27:16
近藤哲生死んでも、ポストはあかねーなー

327 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 20:38:44
オマエには一生関係のない話だ

328 :日本@名無史さん:2005/05/19(木) 00:12:43
h**p://spaces.m*n.com/members/hustlemuscle/
2大日記の1つに認定!

329 :日本@名無史さん:2005/05/19(木) 10:25:04
>>326
近藤先生お亡くなりになったんですか
知りませんでした

330 :日本@名無史さん:2005/05/23(月) 19:04:20
橋本寿朗

331 :日本@名無史さん:2005/05/23(月) 19:24:36
>>330
橋本先生黄泉がえられたんですか?
知りませんでした。

332 :日本@名無史さん:2005/05/26(木) 05:35:07
専門バカって
専門(以外)バカって事なんですか?

333 :日本@名無史さん:2005/05/27(金) 13:35:20
高岡美佳先生に萌え

334 :日本@名無史さん:2005/05/27(金) 16:22:14
>>333
漏れも萌えー

335 :日本@名無史さん:2005/05/27(金) 16:34:54
萌えてる暇があったら就職しろ

336 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 00:00:00
>>335
死ね、氏ねじゃなくて死ね。

337 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 11:13:18
>>335
お前馬鹿だな。
就職する暇があったら萌えるよ。

338 :日本@名無史さん:2005/05/31(火) 02:17:44
journal of economic history とかはやっぱり邪道なわけ?

339 :日本@名無史さん:2005/05/31(火) 19:30:38
紘川淳(高岡美佳)先生

340 :日本@名無史さん:2005/06/02(木) 15:03:28
>>328
こいつどこの椰子?
T大って日記好き多いよな。

341 :日本@名無史さん:2005/06/02(木) 18:40:34
就職難しいね。

342 :日本@名無史さん:2005/06/02(木) 20:30:10
就職難しいですか…

343 :日本@名無史さん:2005/06/03(金) 00:15:43
いいじゃん、無職ニートで

344 :日本@名無史さん:2005/06/03(金) 00:29:36
自画像乙

345 :日本@名無史さん:2005/06/03(金) 12:25:16
>>340
日記公開する奴は自意識過剰なんだよ

346 :日本@名無史さん:2005/06/03(金) 16:23:42
じょーじ

347 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 01:08:20
じょーじってやなぎ?
っていうか誰?

348 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 05:00:22
日記公開したりblogをつけたりすること自体には特に自意識過剰だとは思わないけどな

349 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 05:24:26
公開するモチベーションはやっぱ自己顕示欲とかそのあたりなんじゃないの?

350 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 05:57:00
>>349
公開するのに自己顕示欲は多少はあるだろうが、特に「過剰」とは思わないということ。


351 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 05:59:07
もっとも日記の内容が自意識過剰な奴はいるけどなw

352 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 09:48:28
http://www2.odn.ne.jp/~cbg67260/ZAKKAN.htm

353 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 15:17:19
http://chronicle.air-nifty.com/historical_amnesia/

354 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 16:51:32
中村宗悦age

355 :日本@名無史さん:2005/06/04(土) 18:11:32
http://d.hatena.ne.jp/hamano/

356 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 14:11:45
>>328
で誰なん?
他わかったけど。

357 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 15:28:03
デブの旦那持ちで生理痛に悩まされる女性、としかわからん・・・

358 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 16:08:49
同じような研究してる相方がいて、
今年の社経史には行ってて、
今D2で、
去年は大学院の研究会の幹事やってて
読書会とかいうのにも参加してる
ちょっと歪んだ家庭環境で育った女としかわからん・・・

359 :萩原源左衛門美雅:2005/06/09(木) 17:16:19
勘定吟味役 
 萩原源左衛門美雅

360 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 19:13:09
>>328は東大だろ

361 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 19:38:54
>>360
だったらこれけ?
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/cirje/research/workshops/history/history2004.html

362 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 20:14:56
なんか東大に憾みでもあるのかな?
先日の社経史で虐められた君の仕業?

363 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 21:19:47
>>362
本人?
東大って確定なの?

364 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 16:47:00
>>363

365 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 16:52:51
じょーじって不細工なのかかわいいのか分からん

366 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 22:19:27
顔は知らんけど
書いてる文面から推測する限り
まぁ性格は果てしなく不細工やな。
旦那もアホなのか、かわいそうや。
V4T@やろ・・・

367 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 01:34:07
東大はキチガイばっかりだなwww

368 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 10:11:44
比較的若手の近世研究者&その予備軍をあんまり知らないのだが、
その時代(江戸後期〜維新期)を専門とする研究者は減少傾向にあるのですかね。

369 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 20:32:35
>>366
やっとわかったわ。
じょーじ=D@9=D@
george=GEORGE
***=V$T@
ってことやな。
っつうか、こいつ去年の学会で見たで。
研究も腐っとるやんけwww

370 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 21:08:25
>>369
じょーじってかわいいの ?

371 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 21:22:14
はからずも名前がわかってしまったのでググッみた
綺麗なおねえたんが出てきた
幸せだった

372 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 16:22:42
>>371
あ、それ違います.
人違いです.
残念w

373 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 22:24:34
>>本人?
ところで研究も・・・ってどういうこと?

374 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 23:20:26
俺は金持ちじゃ無いけど
国家レベルで見ると
日本て戦前は朝鮮半島や台湾、満州まで面倒を見てたって言うし
おまけにアジア全域で戦争する程金持ちだったって言うし
今は今で国連分担金やODAの貢献度などで
世界に冠たる金持ちだって言うし
どこに、どうやって日本は何時も金持ちなのでしょうか?


375 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 16:48:41
>>373
環境が恵まれてるから
頭使わんでも研究できるってことやないの?
よう知らんけど、ありがちなのは
先生が史料からテーマから全部与えてくれるとかな・・・
ま、そういう場合、えてして
本人は自分は賢いと勘違いしはるんやろうけど。

376 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 17:35:06
龍谷のバカ院生キター

377 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 20:19:16
>>371
でも、それ別人だよね。
まさか研究しながらデルモはやってないだろう。

378 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 13:30:12
土地制度マーダー

マチクタビレタ マチクタビレタ

379 :ササキ:2005/07/04(月) 09:55:51
>>374
戦前、帝国陸軍100万は中国でタダめし食ってた。金払ってない。戦艦大和
の鉄は満州人安く使って、鉄鉱石はタダ同然で持ってきた。石油はアメリカ資本の
会社から運ばせ代金払ってない。金を払わない借金大日本帝国。最後いきずまって
他人の国に爆弾落とした。今日本国は借金も多いが貸してる金も多い。トントン
だから戦争はない。

380 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 13:19:41
>>379
厨国人だか馬鹿ん国人だかチョソだか知らんが、もっと日本語勉強してからカキコしろ。
なんだったら九大卒のエリートな俺様が教えてやろうか?

381 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 15:16:05
>>380
軍板で暴れてるスクリプトです。気にしないでください、久大卒のエリートさん

382 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 17:37:10
>>380は久留米大卒

383 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 11:15:21
http://blog.goo.ne.jp/mif-usa/cmt/bafcca483c3d710f1fca7ad24f128306

384 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 16:10:32
>>380は窮大卒無職男性ニート

385 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 16:18:49
>>384
無職ニートであっても、九大卒という時点で380の勝ち、お前の負け。

386 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 17:06:24
>>385は困大卒無職男性ニート、しかもメクラ、ガンタンク糖尿デブw

387 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 17:19:17
このスレは日本資本主義発達史のスレですか?

388 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 17:49:28
はいそうです

389 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:24:29
>>388
それなら陳腐なようですが、江戸後期の資本主義の萌芽とか、明治政権の性格づけとか、
日清戦争後の重工業化とか、地道にやらないと、なんだか煽りスレみたいですよ。

390 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:34:42
いいえ違います

391 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 23:33:20
>重工業化

これが本格的に進んだのは満州事変以降だけどな。
結局軍需にしか活路を見出せそうにないから失敗。

392 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 23:44:17
重工業化論って、故橋本寿朗氏の1930年代説でFA?
そういえば最近はこういう時代区分論とか確立論やらなくなったね。
漏れ的には産業革命=1920年代の古島説が忘れられないw

393 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 09:09:28
日本史的な議論ではどうかわからんけど、
経営史的な議論では30年代高橋財政による国債発行による
テコ入れで重化学工業発展の基礎が作られたというのが定説。
それが開花したのは50年代以降ってのもほぼ揺るがない。

394 :george:2005/07/06(水) 17:10:02
http://members.at.infoseek.co.jp/yusuke_kurata/cgi-bin/bbs/HTM_index.html
こいつ、就職失敗してしょうがなく進学したくちっぽいな。
そりゃケンキューもおろそかになるだろ。
同業者のデブの旦那もはやく生活楽にしてやらなきゃな。

395 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 19:32:19
聞いた話ですが
戦前も国債が凄く溜まってたみたいなんですけど
戦後すぐGHQのマッカーサー元帥が国債を踏み倒してもよろしい
と言われたんでチャラに出来たそうなんですけど
本当かな?


396 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 20:11:09
敗戦インフレのお陰。

397 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 22:38:50
戦中の空襲による損害保険支払も、いつのまにかちゃらになっていたんじゃなかったっけ?
損保丸儲け?

398 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 22:51:25
今だって、天災なら保険なんて満足に支払われないのは変わらない。

399 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 02:22:16
重化学工業発展だけど
やっぱ戦争中に飛行機とか戦車とかたくさん作ったことが
自動車産業などの技術蓄積につながったわけなの?

400 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 10:23:39
>>399
製造プロセスや経営モデルに関しては経営史学的にはそういうことになっている。
戦車・戦闘機は部品点数も多く設計・組み立て・輸送まで多工程。
アウトプット(生産量)を安定・増加・維持させるには
完成車メーカーと部品メーカーの密接な関係が必要だった。

技術的な事は詳しく分からんが板金加工・塗装などかなり継承された部分は多かったかと。

401 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 17:37:35
戦後にアメリカからQCの思想が入ってこなけりゃ重化学工業発展なんて画に描いた餅だよ。

402 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 18:32:58
qcの評価って実は低かったりする。

403 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 19:09:12
戦略爆撃報告とかだと世界有数の量産能力を持つって評価された
中島飛行機の存在はどういう風に扱われてるのよ?
戦後に及ぼした影響とかを網羅的に評価した奴いる?

404 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:18:49
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E6%A9%9F
やっぱり日本の自動車産業に貢献したらしい

405 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 22:54:55
産業革命は日清 日露の間だろ

406 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 14:53:46
>>405
二部門定置だと日露後だな。
石井寛治は1907年を主張している。

407 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 15:25:14
それは産業革命過程ではなくて》終期《がいつか?だろ


408 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 15:56:09
>>406
>>405に当てはめてみると、
「産業革命過程は日清日露の間だろ」となり、
文意がよく分からなくなる。

>>405は綿業中軸説の立場から、
1897年ごろをもって産業革命と述べている、
と解釈するのが妥当。

だからこそ、二部門定置説を踏まえて、
そう単純には言えないと反論したわけだが。

409 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 16:47:27
産業革命はあったのか?
最近の研究の解説きぼん

410 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 18:02:55
>>409
何を以て産業革命というのか、それによって回答が異なってくるのでは?


411 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 21:30:42
日本経済史的に、オーソドックスな産業革命の定義って何なの?

412 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 01:28:12
工場労働の定着

で、零細工業のあまりの残存状況をみるにつけ
産業革命の終期を1920年代まで引き下げたのが古島敏雄説。

413 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 02:02:48
>>412
なるほど。
生産性の向上とかは、さほど関係ないわけですね。

414 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 16:18:12
>>411

産業資本の確立過程

415 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 16:38:36
公務員総計 約408万人
地方公務員 約311万人
国家公務員 約97万人
http://homepage2.nifty.com/jinji-cgk/syuruitokazu.htm
特殊法人職員(準公務員)約500万人
公務員+準公務員 合計908万人

税収32兆円。公務員給与だけで40兆円。
増税・支出削減で財政再建できるはずがない。

公務員給与の比較

-------本省局長級---本省課長級
Japan-----150----------100
USA--------98-----------90
UK--------103-----------77
Germany----87-----------63
日本の本省課長級を100とした比較

国・地方の人件費総額は38兆6,062億円(国家公務員分、11兆7,679億円、
地方公務員分26兆8,383億円)で
該当する公務員は380万9,701人(国家公務員111万人、
地方公務員269万9,701人)です

内閣府経済社会総合研究所の国民経済計算年報平成13年度版によると、
一人当り雇用者所得(含む社会保障、退職金)は 公務員 1,018万円  

国家予算80兆円(税収40兆円+借金40兆円)

で、公務員の給料に40兆円、国債利払いで20兆円支出して、
残りの20兆円を社会福祉、公共事業等に使われる。

416 :船成金:2005/07/18(月) 11:14:35
     ;:;:;.
     ;:;:;              ,、-ー-、              ど
     ;:;:            ,r'"´ ̄`ヾ、             明  う
     ;:;:.            リ ,,, ニ ,,,_ ヾト、            る  だ
     :;:;:;.             ,ハ ^7 ,^   !.:.\          く
     ;:;:;:           /.:.:.V,r''''''ゞyイ.:.:.:.:..ヽ       な
     ;:;:.         ノ.:!:.:.:.:`ゞ-<7.:〉.:.:.:i.:.:}   ら   つ
     从 __  _,,,/.:.:/:.:.:.:.:.:| }-{/i.:/.:.:.:.:|.:/     う   た 
      从从百円}と_」.:/!.:.:.:.:.:.:.!  ̄ リ.:.:.:.:.:り     ?
         ̄ ̄    ̄  |.:.:.:.:.:./_ :__ヽ.:.:.:.:\   
                \/.:.::..:.:.:.:.:.:..:\:.::./  
                /.:.:.:.:.:.:.「^Y.:.:.:.:.:.:|´
                 {.:.:.:.:.:.:.:.| ,!.:.:.:.:.:.:|
                  \.:.:.:.:.:.V.:.:.:.:.:.:.:|
                  \.:.:.::|.:.:.:.:.:.:.:!
                    > 'ゝ─‐イ、  
                    `ー' ``''ー‐'

417 :暑苦しい名無し:2005/07/18(月) 11:49:11
当時の100円札っていくらくらいだっけ?

418 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 19:29:36
10万円ぐらい。

419 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:06:39
戦前の日本経済はどうだったのだろうか?
ttp://makimo.to/2ch/hobby7_army/1111/1111535356.html#745

戦前の日本経済はどうなの2
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1113713321/

「拙速」借金大国でも、戦争に勝てますか?「遅滞」
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1117299686/

420 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:39:29
第二次世界大戦当時だけど
他のアジア諸国と比べて日本が不思議なのが
日本人は何とも思ってないけど
他のアジア諸国が逆立ちしても造れない
戦闘機、軍艦、戦車などを当たり前のことのように造ってしまうことだった。


421 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 19:25:29
>>420
幕末に開国してから関税やら金銀交換比率やら治外法権やら
とんでもない難関をクリアしつつ官営事業として政府が起業のリスクを肩代わりしたりしてるからな。
おまけに渋沢・五代みたいな政府からドロップアウトして実業界に天下って、
官民のパイプになってくれる財界が企業の方向性をある程度揃えてやったから競争力も付いたし。
その分、財界とか財閥とか後に「罪」の部分が大きくなった。

422 :日本@名無史さん :2005/07/21(木) 03:12:21
こんにちは。
前の板でも質問したのですが、
日本の戦前、戦後の経済政策についてのContinuity(継続性)について、今論文を書いているんですが
1930年代と戦後の日本政治・経済機構はある意味引き継がれたのだと思いますか?
もし、SCAPの占領統治がなかったら日本はどうなってたのでしょうか?
日本経済の成功は、SCAPの占領政策というよりも、Path Depndencyによる経済成長(1930代からの引継ぎ)
ではなかったのでしょうか?

423 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 09:23:42
最近出たガーシェンクロンの訳本について

424 :423:2005/07/21(木) 12:33:43
ガーシェンクロンは、Path dependecyと関係あるんですか?
彼は、明治維新の日本の産業化がいちはやく欧米列強レベルに押し上げたことは、
例に挙げてましたが。ようは、発展途上国の強みは経済成長において
先進国がやった足取りをたどるのではなく、数段階スキップできると
いうことですよね。
中国の産業革命化が遅れたのは、12世紀における水運の発展が逆に
鉄道などの導入を遅らせたとElvinは言ってます。
Path depencyとガーシェンクロンのLiner developmentは対照関係あるんでしょうね。

425 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 12:43:21
よそでやれここは学問板だ

426 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 13:05:31
ここでやれここは学問板だ

427 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 15:39:40
>>426
2ちゃんで「学問」かよw
つーかそういう話は指導教員とやれよ、師匠によっぽど嫌われたか?
どうせ将来は無職なんだから今首つって死んどけや

428 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 18:54:31
> どうせ将来は無職なんだから今首つって死んどけや


自画像乙w

429 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 19:06:24
バカやなあ>ALL

430 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 21:55:05
学者って無職多いの?

431 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 22:11:33
まあ、そうかっかするな。血圧あがるぞw
怒りは、中高年(笑)には体の毒から、気をつけてw

432 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 15:35:21
最近やっと歴史人口学の本を読み始めました

433 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 13:15:31
古文書読むのたいへんですね・・・
明治に入ればずいぶん読みやすくなるのですが。

434 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 16:57:19
保守age

435 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 02:13:19
>>433
明治時代になっても、私文書は相変わらず読みにくいぞ。

84 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)