5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の残酷な殺害方法、拷問

1 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 20:53:44
この手のスレが無かったんで立てました

2 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 20:56:32
女性に対する性的拷問キボンヌ


3 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 20:59:13
打ち首、磔、極門、火炙り

4 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 21:25:17
ギニーピッグ

5 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 21:26:23
(゚Д゚) <虐げられたAAたちよ!
@( )>  
/ >

(゚Д゚) <このスレに集結するのだ!
@( )>  
/ >

(゚Д゚) <我々に続け!
@( )>  
/ >

俺たちageageブラザーズ
今日もネタないのにageるからな
 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧  .∧_∧     age
 (・∀・∩)(∩・∀・)  age
 (つ  丿 (   ⊂) age
  ( ヽノ   ヽ/  )   age
  し(_)   (_)J


6 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 21:57:02
睡眠をさせない
この拷問に勝もの無し

7 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 22:34:23
>>6
たしか肩くらいまで水のある牢に閉じ込めるんだよな・・・(ガクブル

8 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 22:42:13
http://homepage1.nifty.com/mixedtwins/

9 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/06/09(木) 22:49:20
竹鋸で首を曳く事、『山椒大夫』や『小栗判官』に出て来ますが、実際に
行われた話が『言継卿記』や『三河物語』にありますね。
近世には、形式化した様ですが。

10 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 23:02:43
痛みはある程度耐えれるかもしれんが
くすぐりには耐える自信がない。5秒で口割る。

11 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 23:12:09
>>9
誰もひくと思ってなかったのに酔っ払いがいきなりひきだしたから役人がびびってやめたんだよね。

12 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 01:15:26
改宗しないキリシタンを、雲仙普賢岳の火口口に手足を縛ったまま落とす。

13 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 01:20:46
拷問はむしろ、西欧や中国の方がおおい。
江戸時代、日本では捕縛術や捕縛用の警具が発展した。

14 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 16:47:41
南京大虐殺の証拠写真

http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/higashi/143photos/photofiles/c-77a.jpg

後ろ手に縛られている点に注目
背景も死体の山と思われる

松井石根元大将 南京攻略戦責任者 

「さういふやうな勢で捕虜も相当出来たけれども、捕虜に食はせる物もない。
さういふ状態で戦闘しつヽ捕虜が出来るから捕虜を始末することが出来ない。
それでちょん斬つてしまうといふことになつた。それで大したことではないのだが、
南京の東南方の鎮江との間で一万余の捕虜があつたのだけれども、
そんなのは無論追撃中だから戦闘中と見てもよろしい、又捕虜となつても逃亡する者もあるし
、始末が付かぬものだからシヤーシヤーと射つてしまつたのだ。」


15 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 01:21:22
江戸時代はとても野蛮なイメージがあります。しかし、実際に調べてみると冤罪(えんざい)を防止するために簡単ではありますが、
裁判の下調べをする等「体裁」を重んずる傾向がとても強く、『拷問』も余程のことがなければ用いられなかったようです。
なぜなら当時の人は、拷問にかけなければ自白がとれない、と言うことを『恥ずかしいこと』と考えていたからです。
従って、武士の横暴や幕府の恣意的な政治、と言うイメージはあまり現実とは合致しないようです。
一見残虐なようにも見えますが、その残虐さにはそれなりの理由と配慮があったんですね。


16 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 04:54:57
>>15
名和弓雄の「拷問刑罰史」を一度お読み下さい。

>一見残虐なようにも見えますが、その残虐さには
>それなりの理由と配慮があったんですね。
なんて言葉も出なくなりますから・・・

17 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 12:43:47
山野のように、「拷問」「ロリコン」というスレに嬉々として書き込みを重ねる
香具師は現在でもいるんだから、当時も様々な考え方があったんだろ。

全ての人間は斯くあらねばならないという断定はファッショっぽくてきもい・・・

18 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 13:05:00
戦国時代に行われたらしいのですが、痛めつけた傷に竹槍のような筒を差し、その筒に煮立った醤油を入れるそうです。激痛だそうです。

19 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 13:28:58
>>18
くすぐりは女性向け。遊郭や大奥でやってた。
それよりきついのは疥癬を使った拷問。全身が痒くて気が狂いそうになる。
手を縛られ掻くことも出来ず何かにこすりつけることも出来ない。

20 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 14:35:02
考えてみたら自分で腹を切り裂かせた上で首を切り落とすって、かなり猟奇的というか悪趣味だと思う。

21 :大學ヘ授:2005/06/12(日) 14:59:42
 名和弓雄氏には敬意を表しますが、翁は古武道、武具類の研究家であって、
刑罰の専門家とは申せません

22 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 17:16:24
さあ、教授が来た! 燃えろ代教授!

23 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 22:43:26
山野は馬鹿で変態

24 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 04:48:23
拷問にかけて自白させる事を楽しみにしている警察官は、
今でも多いのではないでしょうか?

25 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 10:24:24
かまゆで

26 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 10:24:12
そこまであふぉな警官はいない

27 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 15:54:22
今までそんなの嘘だと思っていましたが、私が信頼する昭和史研究家の
保阪正康氏もそれを認めていることを知りました。やはり日本軍の残虐行為は否定できません。
(INPOCKET2003年9月号京極夏彦氏との対談)

〜前略

保阪:こんなこともありました。口ではいろんなことを言うけれども心の中で、ものすごく傷ついている
人がいるんです。口では「日本軍国主義、何もそんなひどいことしてない」とか言うんですよ。だけど、
「あなたはそう言うけれども、やっぱり日本もとんでもないことしたんじゃないですか」みたいに話してたら、
そのうち「君にだけ話したい」といって、日をあらためて来いという元軍人もいました。

京極:それはどんな方ですか。

保阪:戦後はある会社の社長さんです。行ったら、ポケットから数珠を出すわけね。そして、いつも電車の
中で四、五歳の子どもを見たらこれで手を合わせているというんです。なぜかといったら、
やっぱり中国で三光作戦をやって、四、五歳の子どもを殺した体験をもっていたんですよ。
家に火をつけると子どもが逃げてくるでしょう。上官に「どうしますか」ときくと、「始末しろ」と言われた
っていうんです。心の中はガタガタになっているんです。だから、逆に強く出るんです。

京極:うーん

保阪:自分は孫が抱けない、数珠を手放せない。社長さんですよ。「キミ、日本は悪くないんだ」なんて
言ってるんだけれども、ちょっと裏返しになると本当にシューンとしちゃうんですね。
彼は口ではまさに軍国主義的なことを言いますよ。だけど、そんな人間のうしろに贖罪意識が
隠されている。やっぱりそういうことをきちっと、僕は次の世代として聞いておかなければと感じるんですね。

京極:個人個人では、ものすごく贖罪の意識があるんですね。自分も傷ついてるわけですしね。
でも、それが全体として、国家として贖罪をしたかっていうことになると、これはどうもはっきり
しないうちに済んだことにされている。結局、後始末が個人に押し付けられているんですね。

28 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 15:54:36
保阪:そうなんですよ。それでね、僕は医学システムの評論やレポートなんかも書くから医者から
よく相談されるんですけど、八十代で死にそうなおじいさんがいるというんですよ。

京極:ほう

保阪:四十代の医者が僕のところへ来て、もう動けないはずの患者が、突如立ち上がって廊下を
走り出すというんですよ。そして、訳わかんないこと言って、土下座してしきりに謝ると言うんです。
そういう人たちには共通のものがある。僕はこう言うんです。「どの部隊がどこにいって戦ったかと
いうのを、だいたいは僕はわかるから、患者の家族に所属部隊をきいてごらん」。みんな中国へ
行ってますよ。医者はびっくりします。

京極:ひどいことをしたのをひた隠しにして生きてこられたんですね。

保阪:それを日本はまだ解決していない。

京極:戦後、個人におっかぶさったものってすごく大きいと思うんです。

保阪:そういう意味で、日本の社会はある種の二重構造をもっているという気がする。それに気づくと、
昭和史を調べていてもしんどにですよ。僕はべつに恥部を暴くという意味でやるわけじゃないんですけど、
そういう話を聞くことが多いんです



29 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 00:19:25
全部伝聞じゃん。
それも何処の誰とも分らない、雲をつかむような話。
デマ止めれ!

30 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 00:30:49
            ,′ _
           , -r/`ヽ十/`ヽ ヽ.
        _/     l|/,     ゛、
      /:/    爪! l| il| |     ヽ
       /:::/   | l l``` "´| ト、 l    ゙、
.      !::::l   /|.lヽ!    リ }ハ_     i    好きです、日本の兵隊さん!  
     l::::|   l/l|二、    ,二., l  i l          
     |::::l i l,/_j::、     _j::、ヽl i ! !         
     l::::| l l! _ヒ」     ヾ┘ j l | |
      l::::i! i l l       ;     //l j i !
      !::::lヽ!、ヽ'、   、__,   ノ'// ///
.      j::::::!::::::ヽ゛、        ///!'´    
     i::::::::i::::::::::i::`}' 、 _ _,. 'l::::/'::i::::|
      !::::::::::!::::::::::!ノ        !:::::::::::!::l
    j::_,,-ヽ:::::::ヽ      iヽ:::::::::ヽ!

31 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 23:23:08
日本軍が軍紀厳正であったことは第三国人報道機関等の手にって世界に発信されてゐた

32 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 23:37:49
ボルトのついた鉄製のブーツを履かせる

33 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 10:49:47
↑ わけわか

34 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 16:36:02
近現代史はキリがないので止めとけ。

大河では出なかったが、頼朝の長田親子処刑なんか凄い。

35 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 20:14:51
信長の杉谷処刑もむごいぞ。

36 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 20:18:59
日本の処刑など、本場中国の足元にも及ばない。

37 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 09:08:12
西洋も段違いに残酷

38 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 12:36:24
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        | 教授、続きマダー!!
        \__  ________
             ∨          
           ト、 ,.-7      
           l l 7/       
           | |_//        
      /ミ∧  l.持ノヽ  .      
     / ´ |ミ∠二/ > l      カッカッカッ  
     (_)' |ミ,(д´ハ=ヽ      
      /  キミ|=|]´ 〈        
      |‐−"キ|W|__ゝ⌒"キミミ三≡=〜
      |Ω‐'"〈_(_)   |   
      L( ソ  || |( _,ノ、ゝ  
       / /ー'"⌒`ヒ`ー‐ヘ \


39 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 23:55:59
加賀騒動で俗説で伝えられいる
”蛇責め”って本当にあったか

40 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 00:11:19
蓑踊りはヤダな。

41 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 00:55:42
>>18
それって『力王』ってマンガであったネタでしょ?
本当にあったのかね?

いや、他にソースがあるのはいいけどバイオレンスマンガのネタを史実みたいに持ち出すのは
どうかと。

42 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 01:11:57
漫画頭の低脳児

43 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 16:42:43
秀吉は中国攻めの際に串刺しを愛用したそうだな。

44 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 19:07:31
二本の木をたわませて、おのおのの木に足をくくりつけて木が元に戻る力を利用して
一気に体を裂くという処刑法があるけど、即死だからあまり残酷とは言えないかもしれない

45 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 20:03:23
柳内伸作シリーズ読むとよいよ。
日本を始め世界中の様々な手法が掲載されている。

46 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 10:51:36
誰よ、それ

47 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 16:10:31
剣道のコテを鼻に押しつける

48 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 11:24:14
残酷な刑といえば支那、朝鮮

49 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 22:59:19
くすぐりの刑

50 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 23:28:08
>>47
ごめんなさい
それだけは勘弁してください。
面のアゴの部分も利くよ
夏場の稽古着(高校生バージョン)

51 :大學ヘ授:2005/06/24(金) 09:25:08
 我國の刑罰は世界的に見ても軽く、生命刑に限定しても温和順當で、酷刑は稀です
 巷説は文士による支那本の引寫多く、史實ではありません
 相對的に最も厳しかったのは戦國期ですが、これとても支那、西洋に比さば、その
平時にも及ばぬ緩刑でした

52 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 09:32:28
↑コヴァはコヴァ板へおかえり


53 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 09:57:38
wakewaka?


54 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 01:52:13
え?普通にわかるぞ。

55 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 10:52:20
わかるのは本人だけだろ
自作自演かよ

56 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 11:02:14
だって文章そのまんまじゃん。よく読んで見い。
なんもおかしくないよ。自作じゃないよ。

57 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 18:28:43
             ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
           | | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',   お兄ちゃん
            YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l    どうして仕事しないのぉ?     
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |    字が読めないからぁ?
            |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
            |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /
        `´ ゝ┬ヘ`ヽ   |  `ー‐1

58 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 18:54:48
電気あんま

59 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 00:06:11


60 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 02:26:08
やっぱ、ノコギリ引きとかかなあ。既出だけど。
首だけ出して生き埋めにして、頭から蜜をかけて、蟻にタカらせるのは、日本の刑罰だったけ?

61 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 04:41:19
踏絵

62 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:56:50
眠らせない拷問が見た目は地味でも一番苦痛が大きいそうだが。

63 :黒猫:2005/07/18(月) 04:16:26
牛引きの刑

64 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 02:00:22
 >>41
 江戸時代でも、醤油は高いから、そばつゆは味噌仕立てだったそうな。(後期は使ってたのかな?)
 戦国時代ならなおさら醤油は高いから、そんなことはしてなかったんじゃないかな。

65 :赤嶺中尉@油山事件:2005/07/19(火) 02:55:15
捕虜の米兵を尋問中ガソリンかけてリンチ、 焼死させました。 後で私の故郷はアメちゃんからの激しい覆讐に合うのですが。 私は軍法会議で死刑になっています。

66 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 08:58:33
足の甲に五寸釘を打って足の裏まで貫通させ、
そこにロウソクを立てて火をともす。

初めて読んだ時、ガクブルだったよ

67 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:07:13
あげますか

68 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 23:27:14
地下牢にずっと幽閉。日光に当たらないのと運動しないので徐々に足が腐っていく
徳川家康と武田勝頼との争いで高天神城の話であったはず

69 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 23:45:05
ニートの人も注意しないとね

70 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 00:01:55
>>69 あ、確かに。似たような状況だ!まあ、数年間だったみたいだし、今はビタミン剤が・・・・若人が危ない!!
あと、のこぎり引きもあったなぁ・・・・・体埋められて、首だけ出したのを街道沿いに放置し、往来者に引かせるというのが
これの確か、家康の採った方法。まあ、民中心主義と歌った部下に対する断罪だったけど{民衆が逃がすのもありだったが・・・・・}
そういえば、頭に水滴落すのは日本になかったんだっけ?知ってる人教えて


71 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:53:44
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/youth/1122901034/
日本史上最も残酷な拷問・殺人事件です。

72 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 01:34:36


73 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 10:01:18
>>68
黒田官兵衛はそれで脚が悪くなったんだよな?

74 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 10:51:23
違うよセックスさせまくるんだよ。次第にきつくなるけど目の前に女がいてセックスしまくりで
うへへへへええええええええええええええええええええええええええええええええ

75 :遣隋使:2005/08/15(月) 11:00:18
74番の人もしかして病気???


76 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 11:50:30
>>65 超ザンコク

77 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 16:40:26
眠らせないというのも相当にきついらしいよ。何かの資料に出てた{あの量見返すのは嫌なので}
マウスの実験では脳がスポンジ状になって狂い死んだらしい。

78 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 16:03:10
悪性の物質が分泌するのかな?

79 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 21:15:54
殺し屋1に出てくる拷問はなかったのでしょうか?
個人的には、チンポ(さお)を縦にハサミで真っ二つにされたのが、
読んでいて気持ち悪かったです。

80 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 23:24:40
隠れ切支丹の娘を非人の群れに投じて輪姦させる
というのをSMマガジンで読んで興奮すました。

81 :日本@名無史さん:2005/08/29(月) 11:11:23
石を抱かせる拷問は実際に使われたんだね。
三角木馬などは使用例があるのだろうか?

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)