5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

財界の長老・渋沢栄一だが何か質問はあるかね?

1 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/14(火) 14:01:43
なお、質問は一切受け付けない。

2 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 15:49:24
分家の癖にいばるな

3 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/14(火) 16:00:38
分家の癖にとはなんのことじゃな?

4 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 20:15:43
>>3のレスで偽物であることがバレバレ




==================終了=================

5 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/14(火) 21:59:19
わしは自分のことを良く知らんのじゃよ。
このスレで勉強していこうと思っているのじゃ。

6 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 22:17:24
フランス文学者、マルキ・ド・サド研究家の澁澤龍彦が武蔵の豪農、渋沢家の本家で
栄一さんとこは分家なんですよ。

7 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 23:23:50
>>5
ワロタ

8 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/14(火) 23:32:24
有難たふ。さふであつたのか。

このスレはわしに質問するスレではなくわしが君らに質問する
スレであることをわきまえて欲しいのう。

ただ、わしも歳なので、すぐに忘れて同じことを聞くかも知れぬが
その辺は老人の戯言と思ふて気長に付き合って欲しいのう。

ところで、わしの創設した第一銀行はいつからみずほファイナンシャル・グループになったのじゃ?
日本語が乱れておるのう。

9 :日本@名無史さん:2005/06/14(火) 23:34:06
>>1
パクリ

10 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/14(火) 23:36:38
澁澤 龍彥(彥=「偐」の旁部分。以下、彦で代用)
(しぶさわ たつひこ、本名、龍雄(たつお)、1928年(昭和3年)5月8日 -
1987年(昭和62年)8月5日)は、作家、評論家。

東京市芝区車町(東京都港区高輪)に生まれ、駒込に育つ。
父の武は銀行員。母の節子は川越の出。渋沢栄一やその孫・渋沢敬三と
遠戚にあたるが、龍彦の家が澁澤家の本流で、栄一や敬三の家は支流である。


これであつたのか。

11 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/14(火) 23:39:19
>>9
パクリではないぞよ。ただ、西園寺公のスレを読んで、わしもパクッてみたくなったのじゃ。
論理が一貫してないかもしれぬが、ボケ老人ゆえ勘弁して欲しいのう。

12 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 01:32:34
渋沢さん、スレをパクるのはいいでしょうが口調までパクるのはどうでしょうか。
武蔵の豪農とお公家さんの口調が同じって言うんじゃキャラが立たないと思います。

13 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 02:17:31
>>1
幕臣乙。

14 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/15(水) 13:06:34
>>12
いやいや、それは西園寺公の方が、本来
「麻呂は○×でおじゃる」と言うべきなのを、
わしの口調をパクっておられるのじゃ。
>>13
慶喜公の引き立てがなければ、わしは武蔵の豪農として
生涯をおえるところであつた。慶喜公あつてのわしなのじゃよ。

15 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 13:38:22
渋沢は長生きしたので、しゃべりを録音したレコードも残ってる。
「わし」などとはけっして言っていない。「私」だ。
偽物呼ばわりされたくなかったら直すように。

16 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/15(水) 14:22:30
然様か。
然らば、西園寺公も自分のことは「私」、側近・身内には「こち」と言っていた
ようであるが、こちらは注意しないのかね、君は?

17 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 15:59:59
渋沢の遠い親戚にあたる者ですが、喋り方がおかしいですよ。
語尾に「のう」や「じゃ」を付ける喋り方は武州北辺の出身者とは
思えません。ちゃんと血洗島弁で御願いします。

18 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/15(水) 16:05:53
血洗島弁で何と言うのか、教えてくれないかね?
冥界で人間の言葉を忘れてしもうた。
ちなみに私は子爵であるからして、「西園寺公」のごとく「渋沢子」と呼んでくれ。
「ご老公」ではなく「ご老子」だ。

19 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 16:30:34
>>18
渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo子は西日本の方ですか?

別に一橋慶喜の下で働かく機会がなかったとしても、
渋沢子は実業家として活躍した可能性は高いと思いますよ。
留学したから大成したというより、もともと渋沢子自身の資質として
事業を起こすセンスがあったと考えるべきではないですか?


20 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 16:40:31
そもそもマジで「ワシ」なんていう言うヤツは昔もいなかっただろ。
西郷隆盛だって絶対「おいどん」なんて言ってないはずだ。

21 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/15(水) 16:51:51
>>19
やはり、身分制社会・官尊民卑の当時、旧士族、元政府高官といった
肩書を得た私が率先して実業を起こしたからこそ、江戸時代以前の
商いに対する低い社会的評価を国民に訂正させ、実業に対する社会的尊敬度
を上げて優位な人材を民間に呼び込み、産業革命の原動力にすることに
成功したのではなかったかね?

ただのずる賢い商人と思われていた大倉喜八郎や安田善次郎にそこまでの威信はなかった。
旧幕臣・元政府高官・子爵の私があってこそだと思うのだよ。

22 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 16:58:57
>>21
旧幕臣や元政府高官や子爵はいくらでもいる。
渋沢にしかできない理由にはならない。

23 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/15(水) 17:21:35
それは屁理屈というものではないのかね。

@社会的ステータス+A企業家精神が私なのだよ。
どちらか片方を欠いても、第一銀行、大阪紡績や東京商業会議所は成功しなかったであろう。

Aしかないのは岩崎、三井、住友、安田、大倉など。
逆に@しかなかったのが後藤象二郎だ。

五代友厚も両方兼ね備えた人物であったが、早世が惜しまれるな。

24 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/15(水) 23:36:26
三井にも困つたものだ。

25 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 00:16:55
tsGpSwX8moは西園寺や木戸がお似合い。
関東人を演じるにはまだまだ修行が足りない。

26 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/16(木) 00:29:18
はて、私が乗り移っている若者は千葉県出身なのだが。


27 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 00:50:11
井上馨とはどんな仲?

28 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/16(木) 01:07:44
井上侯は三井家の顧問として活躍された方だ。益田孝翁とは息通じていたやうだが、
私とはだうかな?

私はそういった狭い「家政」にとらわれることなく事業を手掛けてきたつもりだ。
「渋沢財閥」を作らなかった理由が、そこにある。

29 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 01:44:56
偽物め。
井上と渋沢は大蔵省時代からの親友だぞ。
何度か共同で、政府に提言している。

30 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 09:56:54
親友というか、大蔵省内での上司・部下関係
伊達宗城→大隈→井上→渋沢

>>1はもう少しよく勉強してからスレ立てろ。
渋沢栄一の「本名」すら知らないだろ。

31 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/16(木) 10:30:31
おやおや何を言っているのかね。
知っているならお前が最初から答えれば良いぞ、たわけが。

32 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/16(木) 10:35:17
と申すか、むしろ君らに私の交友関係をすべて話すと思うかね。
はぐらかしただけだよ。

33 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 10:36:43
南米へ行って石油掘りたかったとか。
ヴェネゼエラ以前ですよね。見込みはあったのですか。

34 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/16(木) 11:29:50
それを質問する前に>>1>>8をよく読んでいただきたい。

35 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 12:37:34
あなたは私のところに突然やってきた。
「私に石油のことを教えてください。」
これには私も驚いた。いくら帝釈天と綽名され頭の高いのが
欠点の商人である私でも、郷里の大先輩で別格のあなたが私に
頭を下げられると途方に暮れる。それから、おつきあいが始まった。
流通が専門の私だが、新潟での新油田開発に関わったこともあり、
生産から流通にまで全般に講義してさしあげることになった。
だが、なぜかあなたが何故に石油を習いたいのかを教えていた頂けなかった。

もう90年も前のことだから、お互い細部の記憶がないのが残念ですが。

36 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/16(木) 14:01:44
エジソン氏と会ったのが思い出されるの。

37 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/17(金) 21:03:40
今日は暑かったのう。

38 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/19(日) 15:13:19
大阪は糞暑いな。なんとかしろヴォゲ!
大阪紡績なんか捨てといて関東に帰らせろ。

39 :訂正:2005/06/20(月) 11:35:06
>>35 郷里の大先輩で別格の -> 郷里の先輩で実業家として別格の
もう90年も前のことだから -> もう110年以上前のことだから(110-115年前?)

40 :再訂正:2005/06/20(月) 12:18:48
スタンダードオイルの日本上陸が明治27年でその直後と記憶しておりましたが
おつきあいの中で第一銀行からの融資を勧められたりしたこともあり、
となれば明治29年をさかのぼることはできません。したがって、はっきりは
しませんが100年以上も前のこと、というのが最も無難な表現でした。

41 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/21(火) 00:01:09
私が渋沢を降りてもいいから、
誰か渋沢になって
このスレを立て直してください。

42 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 10:06:08
最初から素直に「渋沢栄一について教えて下さい」というタイトルでスレ立てればいいものを
厨房が分不相応なことをするから・・・

43 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/21(火) 10:33:57
黙ってるがよいぞ、そなたこそ厨房じゃよ。

44 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 16:27:40
息子さんはダメでしたね、でもお孫さんが一方でとても
価値の有る仕事をされましたね。

45 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/06/29(水) 10:57:47
敬三は蔵相としてよく働いてくれたと思うぞ。

46 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 11:19:45
渋沢の息子って隠し子含めると十数人いるんだぞ。
どこだったか大企業の社長やった人もいる。
一人一人について論評してくれ。

47 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 17:14:41
>>46はヲサーン

48 :渋沢栄一 ◆tsGpSwX8mo :2005/07/03(日) 13:40:39
今日は糞暑いのう。
オマーンは52℃もあるのじゃ。

49 :再々訂正:2005/07/04(月) 20:36:37
>>40
齢150に近くなると粗相が多くなります。友人に指摘された。
スタンダードオイルの日本上陸は明治27年ではなく、17年だと。
うーん、話の辻褄が合わなくなってきた。ただ、私のところへ
翁がみえた時、50を超えていらっしゃったことは間違いないので
やはり明治30年頃のことだったと思われる。

50 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 23:09:18
石油といえば日本で早くから取り掛かかったのは大鳥圭介や石坂周造
あたりでしょうか。渋沢さんがそっちで活動されたとは知りませんでした。
明治30年ころなるとランプなどもある程度は普及してきたころかと思う。


51 :& ◆HCMyJeZZP. :2005/07/05(火) 06:58:10
>>50 根拠はありませんが、渋沢翁は南米で石油の掘削を
したかったのではないかと想像しています。
第一銀行の創業に成功して、晩年は海外へ出て好きなことを
したい。そのひとつの候補として石油があったと。

52 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:41:13
>>51
ベンチャー-ビジネスだったんですかね、
渋沢の爺さまカッコイイじゃないか。

爺さまが産業を発展に力をいれて、孫が経済発展から廃れ行く日本
の文化を守る行くるような活動をしていったってのはなんか面白いなァ。

53 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 23:50:34
埼玉人には畠山重忠、熊谷直実、塙保己一の方が人気あるな。
俺は太田資正が好き。

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)