5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

10人に3人は勘違いしてそうなこと@日本史part2

1 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 22:36:20
前スレ

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1100574593/

2 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 22:38:00
(゚Д゚) <オスマン=ケツマン
@( )>  
/ >

(゚Д゚) < ケツマントルコ帝国
@( )>  
/ >

(゚Д゚) <ウホッ!
@( )>  
/ >

俺たちageageブラザーズ
今日もネタないのにageるからな
 ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧  .∧_∧     age
 (・∀・∩)(∩・∀・)  age
 (つ  丿 (   ⊂) age
  ( ヽノ   ヽ/  )   age
  し(_)   (_)J


3 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 23:54:36
日本で最初に城をたてた歴史上の人物は、意外と知られていない。

4 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 00:13:42

(×)日本発の鉄道は、新橋−横浜間

5 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 00:22:30
団魂の世代とよく言われるが
団魂の世代がよく分からない

6 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 00:23:56

(×)日本に最初に禅を伝えたのは、栄西。

7 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 00:24:57
板垣退助
「板垣死すとも自由は死せず」
と言ってかっこよく死んだのかと思ったらその後も長生きしてた。
しかも死ぬような傷でもなかった。

8 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 00:45:21
(×)原爆にはパラシュートがついてた

9 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 01:55:43
小田原征伐で北条氏滅亡

10 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 02:03:06
>>9
あるある。

11 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 02:07:52
本能寺で織田氏滅亡

12 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 02:20:23
桶狭間で今(ry

13 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 02:33:22
>>7
つまり板垣退助はドアホだった。

14 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 02:37:12
あそこで死んでおけばよかったのに。。
助かるの報を受けての、後藤象二郎の言

15 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 03:08:16
×原爆が炸裂した時、光でみんな焼死。爆風で街が消滅。

○投下後もほとんど生存。しばらくして火災が発生、人焼死&街消失。



 
 

16 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 04:02:23
>>15
それ関東大震災

17 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 13:32:25
>>15は被爆体験者。

18 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 16:51:11
板垣は俺も死んだと思いこんでた。

19 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 17:33:11
>>18
お札になった人が存命していたとは驚いたw

20 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 03:33:17
(×)日本初の政党は、自由党

21 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 10:04:40
(×)北斗の拳のケンシロウはのモデルとなったのは、戦国武将の前田慶次郎。

22 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 14:42:07
>>21
ワロタ

23 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 17:33:07
とんとん拍子に出世して天下人になった秀吉に比べると、家康は下積み時代が長く苦労したと思っている。

24 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 17:43:06
去年の「組!」を見た人だと
(×)近藤勇は坂本竜馬より年下

25 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 18:46:18
桂太郎は、木戸孝允の息子

26 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 19:53:50
(×)桂小五郎は木戸家へ養子にいって、そのとき名も孝允と改めた。

27 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 00:13:27
寿司 日本を代表するくいもん
カレーライス 新しい国民食
という印象があるが

実は
日本食文化史上
江戸前の握り寿司とカレーライスって
さほどの年代差がない

28 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 00:20:29
昔、ライスカレーはカレーの上にご飯のっかってると信じていた。

29 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 17:01:34
武士道というのはほとんどの人が
よくわかっておらず、日本人の伝統と
間違えられる。しかも、鎌倉・戦国
のものとずっと同じであるという認識がある。



30 :日本@名無史さん:2005/06/20(月) 22:53:22
○ビルマはビルマと発音しない。
スペルを見るとすぐわかるが、本当はヴゥルゥマと発音する。
そう、正式にはブルマなのだ。

31 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 18:28:09
w


32 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 18:57:58
>>29
そんな勘違いしてるの
小林よしのりくらいだろ。

33 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 19:10:21
>>8
パラシュートはついていたんじゃなかったの?
あのパラシュートは原爆を投下したB−29を保護するため。つまり爆弾を投下した直後に
原爆が爆発すると爆風に巻き込まれてB−29が墜落してしまいかねないから、原爆にパラシュートを
つけて、原爆を投下した後もしばらく原爆が高度を保っているようにした。その間に原爆を投下した
B−29はさっさと爆心地から離れてしまうというわけ。

34 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 01:28:17
・鎌倉幕府最後の執権は北条高時 (×)
・井伊直弼を殺したのは水戸浪士 (×)

35 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 12:12:22
共に敗賊ではある、明智光秀と、石田三成が、ごっちゃになっていて、
しゃべるたびに、
どちらかの名前が飛び出していた、私の親族。

36 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 17:35:00
>>34
井伊直弼を殺したのは誰?
水戸浪士だと勘違いしてました。

37 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 17:53:12
>>33
パラシュートがついていたのって、一緒に投下した観測機器でしょ。
本体にパラシュートつけると投下軌道にのらず、目標地点をハズれるんだとか。

38 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 17:55:42
>>30
あの名作は本当は「ブルマの竪琴」?
ハアハアハア

39 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 21:42:01
>>36
桜田門外の変で井伊を襲撃したのは水戸浪士17人、薩摩浪士1人ですが、
その中で実際に井伊を刺したのは薩摩浪士有村次左衛門です。

40 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 23:37:52
東郷平八郎と東条英機の区別がつかない香具師。
日本海海戦の英雄・東郷がのちに首相になって太平洋戦争
はじめたとか。
民族系とおぼしき某ホムペですら、東郷英機とか書いてるモンw


41 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 00:07:33
その人達はファンタジーが好きなんだよ。もう、放っておいてあげて。

42 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 00:18:01
グレート東郷英機

43 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 00:37:21
もうこのさい、東郷と東條を同一人物にしてしまっては
どうだろうか?
東郷を軍神としてあがめている外人、けっこう多いから、
東京裁判は不当なものであった、とか、
英雄東郷を祭ってある靖国を首相が参拝することが
なぜいけないんだとか、
国際世論が沸き起こるかもな。
さすれば中韓は孤立する。

44 ::2005/07/04(月) 07:57:21
コクタイメイビ,コクタイメイビと四文字熟語らしき語を連発するウヨクがゐたんだけれど,
よく考へてみれば,あれは,たぶん「国体明徴」と云ひたかったんだと思ふ.

45 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 11:54:27
>>40
http://business2.plala.or.jp/kokki/daitoua.html
ここ?

46 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 12:17:40
デューク東郷の「デューク」は名前ではなくドイツ語で男爵。恥かくなよ

47 :?♪エリントン♪:2005/07/04(月) 21:50:22
さうなのか? 英語でもドイツ語でも男爵はバロンだと思ったが.
スウィングしなくちゃ意味ねえべな,ヘルツォーク.

48 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 22:15:20
日 英 仏 伊 西 独
公爵 Duke  Duc  Duca  Duque  Herzog
侯爵 Marquess  Marquis  Marchese  Marques  Markgraf
伯爵 Earl / Count  Comte  Conte  Conde  Graf
子爵 Viscount  Vicomte  Visconte  Vizconde -
男爵 Baron  Baron Freiherr Baron -  - Friherre


49 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 23:55:26
>>46
デューク更家の本名は「拓也」。覚えておけよ!


50 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 00:25:17
>>46
本名じゃないから

51 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 01:10:17
>>40
そんな香具師おらんだろ。
おったとしても、そういうのは単なる認知症。
西郷と東郷の区別も曖昧、東条と北条の区別も曖昧で
大塩平八郎との区別もできなそうだ。

52 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 07:08:39
そんなやつおらんやろ〜

53 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 07:31:14
チッチキチー

54 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 12:40:45
>43
東郷(東條)は
戦後 
贖罪のためにプロレスラーになって
全米を興業し、
コテンパンにやられる役を演じた。



55 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:55:45
× カントは毎日決まった時間に散歩に出かけたので、
  人々は彼の散歩に従い、自分の時計を合わせていた

56 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:01:44
>>46
さいとう・たかをの処女作は「空気男爵」というタイトル。
男爵に何か思い入れがあるのか?

57 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:03:58
廃棄するの「廃」を,結構,学のある人でも,「やまいだれ」で書いてしまう。

58 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:39:51
薩英戦争
× 死者が多かったのは,薩摩側。

59 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 02:54:56
京都にある寺社の多くが平安京の時代から残っているもの。
×大半が応仁の乱で焼失。

60 :59:2005/07/06(水) 02:55:36
×→○

61 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 05:50:46
(×)ホモ文化は海外から導入された

62 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 21:49:26
× 日蓮は,元寇のとき,蒙古退散を祈願した。

63 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 22:11:00
× 大石内蔵助など四十七士は,実際に切腹をした。

→実際に,腹を切ったのは,間新六だけ。

64 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 22:49:10
薩英戦争では、薩摩が英国艦隊に被害を与えた→嘘。
搭載していたアームストロング砲が暴発で被害。自爆でした。

65 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 01:13:24
× イザナギとイザナミは,最後まで夫婦で,仲むつまじかった。

→日本書紀ではともかくも,古事記では,最後は,破綻し,実質,離婚
してしまった。

66 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 14:16:23
>>63
間新六以外は生き残ったのか。

67 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 14:44:49
斉藤君は学校のトイレで糞をした

68 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 18:10:38
日本海海戦の東郷ターンが作り話って聞いたんですけど、どうなんですか?

69 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 18:18:13
丁字戦法 
明治37年(1904)1月9日付の連合艦隊の戦策の部分
 1、第一戦隊は、最も攻撃しやすき敵の一隊を選びその列線に対して先の如く
  丁字をえがきなるべく敵の先頭を圧迫するごとく運動し、かつ臨機適宜の
  一斉回頭を行い、敵に対し丁字形を保持するに努むるものとす。
  
 2、第二戦隊は第一戦隊の当たれる敵を叉撃または挟撃する目的をもって
  敵の運動に注意し、あるいは第一艦隊に続航し、あるいは反対方向に出て
  左図にしめすがごとく、なるべく第一戦隊と共に□字をえがく方針を持って、
  機宜の運動をとり、わが両戦隊の十字火をもって敵を猛撃するに努むる
  ものとす。

  第二戦隊が加わる場合の戦法を丁字戦法を発展させて乙字戦法と称して
  いた。

ロシア太平洋第二艦隊の東航に備え連合艦隊司令部は1905年4月12日付で
その戦策を改定した。戦法の基本は
「単隊の戦法は丁字戦法、二隊の協同戦闘は乙字戦法に準拠するものとす」
とされて変化はなかった。

70 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 18:27:34

○「うま」「うめ」「せみ」は外来語である。


71 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 19:19:57
じゃあ、ついでに、ぜに・かみ・くに

72 : :2005/07/07(木) 19:28:30
学校のトイレでウンコするのだけは死んでもいやだな
それぐらいならモラしちゃったほうがまし! 俺みたいにな。
 
お前らだって、そう思うだろ?

73 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 19:36:09

○ 「かんむり」は中国語の「冠」と「朝鮮語の「頭」がくっついた合成語である。

74 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 20:02:07
>63
<間新六以外は生き残ったのか。>

・・・んーなわけは,ないだろ。
あくまでも,「実際に」切腹したのは・・・って書いてあるだろ。
当時は,切腹はすでに形骸化していた。
実際には儀式的な形だけで,ハラを切ることなく介錯されたため,外見上
は斬首と変わりない。
四十七士のうち,間新六(はざま しんろく)だけは,介錯の刃よりも早く,
自分の腹を実際に切り,武士の意地を見せたと伝えられている。

75 :( ´,_ゝ`)プッ :2005/07/07(木) 20:03:33
>>72
( ´,_ゝ`)プッ

76 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 20:15:29
第一次大戦のユトランド沖海戦では、両軍とも東郷ターンやT字戦法がやりたくて仕方
なかったそうですね。大艦巨砲主義時代の各国海軍では憧れの日本海海戦だったそうです。

77 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 20:19:58
>>74
切腹する真似だけすれば良いと説明して、切腹の場所に連れて行かれた
そうですね。酒でべろべろになって歩けないまま酔いつぶれている人や
腰が抜けて動けずにそのまま介添えの侍達に抱きかかえられていった人も
いたそうです。
とてもテレビドラマのような格好いい人はまずいなかったとか。

78 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 21:59:47
>>77
(〇)四十七士の中には、な〜んとなく仇討ちに参加して、後で後悔した人が少なからずいた

79 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:36:13
× 「日の丸」は,薩摩がデザインして作った。

80 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 10:33:01
○ ABCD包囲陣というのは存在しなかった

81 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 12:26:31
>>66
扇腹(小刀で腹かっさばくではなく扇を当てる格好だけの切腹)
だったという意味では?

82 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 15:19:27
10人に3人どころか、10人に9人は勘違いしているはずなんだが、
さすがにこれはとっくに概出ですか?

×太平洋戦争の終わった日は8月15日

1945年
7月26日 ポツダム宣言勧告
8月14日 日本政府がポツダム宣言受け容れを決定
9月2日  無条件降伏文書に調印
1951年
9月8日  サンフランシスコ平和条約に調印
1952年
4月28日 サンフランシスコ平和条約が発効
       法的に「戦争」が名実ともに終了。

1945年8月15日は、単にラジオでいわゆる玉音放送が流れ、
一般国民が降参を知ったというだけの日。
(しかし、大多数の一般日本国民にとっては、まさに気分の上では
この日こそ「戦争が終わった日」には違いない)

83 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:45:05
それ去年か一昨年の読売の社説で突っ込んでたから
そこそこ知っているんじゃないかな

84 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:50:29
×江戸時代の最後の天皇は孝明天皇
○江戸時代の最後の天皇は明治天皇


85 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:35:32
>>30
確かにライスタンも「ヴゥルマ」と言っていた。
ハアハアハア

86 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 01:25:24
×徳川幕府は勝手に不平等条約を結んだ。

○諸大名に意見訊いて、賛成多数で決定。




87 :?♪:2005/07/13(水) 06:07:59
× 大政奉還(1967)の翌年に王政復古の大号令(1968)
◯ どちらも年の暮の事件.西暦だと後者は1月3日で正月気分で号令してみましたっぽくみえるが.

88 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 10:28:20
>>87
×と○逆じゃね?

○王政復古の大号令=1868年1月
×大政奉還≠年の暮

89 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 10:29:30
訂正

○王政復古の大号令=1868年1月
×大政奉還=年の暮

90 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 11:13:58
信長は無宗教

91 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 14:37:26
(×)明治維新は日本の輝ける「夜明け」ぜよ

「負け組」転落におびえる現代の日本人より泰平の江戸庶民のほうが、
たとえ貧しくともよっぽどのんきで幸せだったと思いまつ。

92 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 19:36:15
>>86
諸大名に意見を求めたのはペリーの日米和親条約の時なんだが。
幕府が勝手に結んだ不平等条約は日米修好通商条約。

93 ::2005/07/13(水) 19:39:45
>>88-89
まだ太陽暦の時代ではない.
王政復古は当時の暦では12月9日の出来事.

学校の歴史の教科書や年表の類では1868年1月となってるでせうけれど
それは当時はまだ一般に使用されてゐなかった太陽暦に変換した日付なのです.

94 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:37:09
>>92
幕府は日米修好通商条約のときも、
堀田正睦や井伊直弼は諸大名の意見確認してるよ。
ただ勅許を待てなかったのが問題になったけど、
幕府が勝手に、ってのは間違い。
そういう印象を生んだのが井伊直弼の失敗だったけど。

95 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:53:37
×平城京は710年から794年まで連続して都であった。

○途中で恭仁京や信楽京に遷都して、戻って来ている。


96 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 22:10:53
>>95
というかそれ以前に784年までだろ

97 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 22:16:46
>>93
>学校の歴史の教科書や年表の類では1868年1月となってるでせうけれど

うそ?たぶん1867年の12月って書いてあると思うけど。
でもそれが正しくないんでしょ。
幕末〜明治初頭あたりって、西洋の暦と日本国内の暦のズレが問題になるでしょ。
だから年末の事件の場合、西暦表記だと翌年になる場合があるってのが味噌じゃん。
だから

×王政復古の大号令は1867年12月9日
○王政復古の大号令は慶応三年十二月九日(1868年1月3日)。

が正しいと思われまつ。

98 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 10:11:30

○ 光源氏は少女拉致暴行監禁犯。親父の妻を寝取った近親相姦男

源氏物語がなんでもてはやされるか解らん。

99 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 14:19:47
もてはやされる理由をばっちり書いているのにわからないなんて変わった人だな
変態かな

100 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 14:21:41
板違いの意味もわからない阿呆だから理解できないんだろ。
文学板へ逝け。

101 :♪玉の小櫛♪:2005/07/14(木) 15:49:13
いや,ここは本居宣長の「もののあはれ」論に言及するべきところだろ.

102 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 00:29:16
× 忠臣蔵の『蔵』は大石内蔵助以下四十七士のこと

103 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 08:51:53
勘違いとはスレ違いかもしらんけど。

弁慶とか小野小町って実在した人物なの?弁慶が実在してないんなら、日本人の
相当の人間が実在人物と勘違いしてる筈だよね。

104 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 09:15:21
>弁
モデルになった人物はいますが逸話は創作です
って普通に常識じゃね

105 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 20:09:57
義経の従者に弁慶って名前は「吾妻鏡」に見られるけど、活躍なし。
ただし逸話上の弁慶に相当した人物として、比叡山の僧侶の名前が3人ほど。

106 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 21:45:15
>103
小野小町は、実在しているよ
絶世の美女で、生涯結婚しなかったといわれる。
彼女が歌ったという句も、学校で習ったことあったけど、忘れた。

107 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 22:15:27
小野篁の娘で百人一首に載っているよな

108 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 23:42:34
日本って太平洋戦争の賠償金も払わず、それでいて250億ドルもの
援助をしてもらった。当時1億ドルの国家予算の日本に250億ドルって。
こりゃ発達して当然と思うよ。

109 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 00:28:27
「賤民解放令」の対象となった者の子孫が現在の被差別部落民。

110 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 01:23:34
中国紅客連盟 8/13日に韓国経由で日本へ攻撃計画
ttp://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2005071460188

暇をもてあましてらっしゃる方、最近中国に疑問を感じる方、なんだかムシャクシャする方、是非、ご一読お願いいたします。

★拠点
【日中友好】中国バカーVS日本ビパーpart108【民主化】
ttp://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1121093111/

田代砲を打ってくださる、民間の反日系中国ウエッブサイトへの抗議をしてくださる、お持ちの知識・技術を活用してくださる 等

・ ・ ・ ・ 
日 中 友 好  目的 での、ご参加をお待ちしております

111 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 10:27:28
× 旧日本軍は、南京で中国人民を30万人虐殺した。

112 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:57:41
徳川家康は影武者だった

113 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 15:10:22
>>97と話がかぶるが

×坂本龍馬の生年は1835年
×福沢諭吉の生年は1834年

114 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 16:07:39
昭和11年のメーデー禁止はうそ。
226事件から労働側の自粛が正しい。
禁止は翌年から。
左翼教師が弾圧のネタにして教えているがうそ。

115 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 16:25:07
>禁止は翌年から。
禁止してるじゃねえかw

116 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:18:55
×東京大空襲に始まる民間人無差別爆撃は、米軍人の残虐さによるもの。
○技術的限界による必然

117 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 00:28:55
○東京大空襲に始まる民間人無差別爆撃は、米軍人の残虐さによるもの。
言い訳→技術的限界による必然

技術の限界知っててやったんだから、やっぱり残虐さによるものだわな

118 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:09:52
×柳生十兵衛は隻眼だった

119 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 01:32:12
×東京大空襲に始まる民間人無差別爆撃は、米軍人の残虐さによるもの。
〇重慶爆撃に始まる民間人無差別爆撃は、日本人の残虐さによるもの。


120 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 02:02:46
残虐さじゃねえんだよ

○民間人無差別爆撃自体が、技術的限界による必然

121 ::2005/07/19(火) 07:11:38
技術的限界といふよりも,米軍はコストの少ない方法を選んだといふことでせう.
民主主義の国では,納税者の理解が得られない方法はとらないよ.

122 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 12:33:55
結局人間はどこか残虐なんだよ

人権屋にかかると、爆撃をしようって事自体が残虐になる
否定もできんし、正当性を語ることもナンセンスだし


123 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:05:24
× 戦艦大和は、最後の沖縄特攻作戦のときに片道分の燃料しか積んでいなかった
× 戦艦大和は、最後の沖縄特攻作戦のときに片道分の燃料しか積んでいなかったというのはウソ

ともに×であるが、ともに○でもある

124 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:45:03
真田幸村や北条早雲が存命中は全く違う名前を名乗っていたという事。

125 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 23:06:25
ドラクエT発売の時には店前に行列はできなかった。

126 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 23:31:23
>>121
国民の血と汗の結晶である税金つかって爆撃とは正気の沙汰ではない。

127 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 00:00:34
安く殺す為には正気な選択だよ♪

128 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 00:08:42
一人の人間の命は地球より重いってのはウソだな。

129 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 00:14:30
古武術は江戸時代になってやっと武士の嗜みになった

130 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 07:36:43
>>128
全日本臣民の命より重い命もあったかもしれない。


131 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 08:34:35
人間が全部死んでも他の生物が残るだろ。
>>128は福田赳夫の発言だっけ?
人間のエゴ丸出しで恥ずかしい。

現実に日本だけで年間3万4千人が自殺者に成功している。

132 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 12:57:02
>自殺者に成功している
>自殺者に成功している
>自殺者に成功している
>自殺者に成功している
>自殺者に成功している
>自殺者に成功している
>自殺者に成功している

133 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 14:52:02
「自殺者と性交したい」つまり死姦が好きなのだな

134 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 16:04:08
〇自殺は幸福への第一歩である。ゆえに自殺者は成功者であり勝ち組といえる。

135 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 17:33:19
>>7
「板垣死すとも自由は死せず」
ってマスコミがかってにつくったんじゃないの?

136 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 20:50:36
× 徳川家最後の当主は慶喜

137 ::2005/07/20(水) 21:09:10
そんなこと誰も思ってねえよ。


138 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 21:48:32
>>実際に言ったのは、
「痛い、早く医者を呼んでくれ」
なんだそうだよ。

139 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:28:23
× ゼロ戦は、戦争当時「ゼロ戦」という通称で呼ばれていた。

140 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:30:52
× 「神風特別攻撃隊」の「神風」の当時の正式な読み方は、「カミカゼ」ではなく、
  「シンプウ」である。

141 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:36:17
×徳川系水戸藩藩主は水戸光圀。

142 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:45:05
× 「浦島太郎」の話のラスト:玉手箱を開けて、煙を浴び、おじいさんになった。

○ おじいさんになったあと、玉手箱の中の鶴の羽に触れ、
  鶴になって、飛び立っていった
  又は
  鶴になって、亀の乙姫様と竜宮城へ帰り、結婚した。

143 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:51:47
>>142
それは国語のお勉強
日本史じゃないね
しかも常識

144 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:53:47
× ミッドウエー海戦は、日本軍の方がはるかに軍備が少なく、アメリカ
  に勝てる見込みが全くない無謀な戦いだった。

・・・・さすがに本土では、そんなこと主張する人は、皆無だが、沖縄の
新聞の読者投稿欄には、しばしばこういったお年寄りの反戦の投稿意見が載る。

145 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 10:38:14
>>141
意味がわからない

146 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 22:05:25
>136
>137
三田村えん魚はそいう主張をしてた
”家達は新たに新家をおこしたのであって
 慶喜から家を相続していない。”

しかしこの見解は受け入れられていない。



147 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 13:33:03
(×)江戸時代の宮城県は陸前
(×)江戸時代の福島県は磐城と岩代
(×)江戸時代の岩手県は陸中
(×)江戸時代の秋田県は羽後
(×)江戸時代の山形県は羽前
(○)江戸時代の青森県は陸奥



148 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 06:50:31
×日本に初めて来たアメリカ船はペリーの黒船

1806年にアメリカの捕鯨船が長崎に立ち寄った
1837年にアメリカの船モリソン号が浦賀と鹿児島で砲撃された
1844年にアメリカの船マンハッタン号が浦賀で遭難日本人を幕府に引渡し
      幕府も食料や水を供給した

149 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 08:05:48
新潟城などない。

150 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 21:52:04
トマトと白菜も
日本の食文化史上の時間差は
ほとんどないというのも
ちょっと意外

151 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:07:28
水戸の黄門は有名だが、加賀の赤門って誰??

152 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:34:21
>>151
判ってて書いてるでしょ?

153 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:45:49
>>151
有名な黄門ってなに?


154 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:49:17
東大の赤門がどうしたって?

155 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 00:04:19
>>151
ホリエモン?

156 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 00:38:00
>>155
ある意味正解だね

157 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 12:46:02
天守閣とは、殿様が寝泊りするところ。

158 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 19:24:58
飯尾宗祇
「いいおそうぎ」だと思っていたら「いのおそうぎ」なんですね
今日郡上八幡に行って掲示板見たら自分が勘違いしていたことに気づきました


と書こうと思ってググったら
飯尾宗祇 いのお の検索結果 約 12 件
飯尾宗祇 いいお の検索結果 約 11 件

どっちやねん
結果的にスレ違い sage

159 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 19:47:12
×ノアだけはガチ

160 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 19:53:31

どゅ意味?

161 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 21:28:16
プロレス団体のノアのことなんじゃないの?
とおりすがりの夏厨でしょう。

162 :海軍航空隊育成の功労者:2005/07/30(土) 22:41:42
山本五十六は、陸、海軍共同での空軍創設構想を流産させた…よって航空軍備の革新が停滞した。

163 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 21:16:47
>加賀の赤門って誰??
溶姫のことを赤門様と呼ぶ風習はないな。。

164 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 21:22:30
将軍の娘を嫁に迎えた大名は赤門を作ったんだよ。
加賀藩の赤門が現在まで残っているから有名なだけだ。

165 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 22:02:04
>153
水戸藩主って大概中納言。軒並み黄門
烈公は死後大納言追贈。するとこの人は水戸黄門ではないの。?


166 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:06:21
>>140
って○でしょ?シンプウが正しい

167 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:14:33
>>140
カミカゼが正しい。

シンプウは、外部の人たちの呼称。
正式名称はカミカゼ。当の本人たちもカミカゼと呼んでいた。

168 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:19:53
>>166
「シンプウ」という呼び名は、歴史上では、(熊本の)「新風連の乱」のみ
だと聞いたことがある。あとは、全部「カミカゼ」という呼び名だとか。


169 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:22:41
>>168

×新風連の乱
○神風連の乱



170 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:09:39
>>165
水戸徳川家の極官は、正三位権中納言。
斉昭公も生前は「水戸黄門斉昭」でさしつかえないのでは?

171 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:39:46
公地公民制の施行で、日本全土は朝廷が完全に把握した

○公地公民制により名目上は朝廷が日本全土を把握したことになった。
 実際には地方豪族は郡司に任命され、それまでの支配地はそれぞれ郡としてそのまま支配を認められた。
 ほとんどの郡司が世襲であった。

172 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:51:05
×元寇により鎌倉幕府は衰退した。


○元寇により鎌倉幕府は西国まで支配権を伸ばし、朝廷は幕府のコントロール下におかれるようになった。

173 :メリーズのりお:2005/08/02(火) 00:54:40
    、 V v V vヽ
    \`     ノ//
   ヽ 、、ノノノノノ ノ /
   ヽ 、        lノ   
   ヽ 、│//   // ))
   ヽ、/  ー  ー  l
    (6     ..   /  
     ヽ      /    
      \  ̄  /    
     イ  ゝ イヽヽ   ヒロムです…
    | ヘ 〈ヽ V /〉/|  
    |  | ヽ ! / | |    ラマトウジョウの仲間です。
    |  |   〉 !〈 | |   
    |⌒|  / ! ヽ| |   人を利用しますが助けはしません。
    \ `ヽ エエ / /\ 言われたとおり動きます。
    / \ノ  i ヽi´\|    言われたとおりしゃべります。
    \/| | /ヽ .| |       頭悪いので理解は出来ません。
      | | | | | |     ちなみに角栄売りました。
        | .| | | | |     
        〉_〉_| .|_〈〈         ヒロムです… 
     /  」  i `ヽ          ヒロムです…
    く__/    \__,,〉          ヒロムです…


174 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 01:14:31
×孝明天皇の死により徳川幕府は衰退した

○孝明天皇の死という僥倖により、幕府は外交的危機を打開し
朝廷を掌握した徳川慶喜の独裁政権がほぼ完成。

175 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 20:07:37
>>139
○ ゼロ戦は、戦争当時「ゼロ戦」という通称で呼ばれていた。

少なくとも一部では byリア・ザ・スピア+田中魔王陛下

176 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 21:20:45
>>139
>>175

通称は、「ゼロ戦」ではなく、「零(レイ)戦」と発音されてたんじゃないの?



177 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 22:48:21
× 家康は鯛の天ぷらの食べすぎが下で死んだ。

178 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 22:52:02
連合艦隊は、「連合軍の艦隊」だったと思ってる奴
ここの板のひとには信じられないだろうが、これが結構いる

179 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 23:01:50
>>187 これは、なかなかスゴイ。& 笑える

ちなみに、連合艦隊のような艦隊の形式を始めたのは日本。
アメリカ側が、のち、それを模倣した。

日本の空母の技術は優れもので、ドイツにも技術提供。
ドイツが建造を計画した空母は、半分戦艦、半分空母みたいなもの。

180 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 23:28:03
あの頃はまだ空母黎明期だからな
日本も半分戦艦、半分空母という戦艦持っていたしね(w

181 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 00:07:16
× 紀伊国屋文左衛門は蜜柑商

○ 材木商

182 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 19:23:01
>>180
半分戦艦で半分空母って艦船って、もしかしてニコイチでつか?

183 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 19:28:04
木曽義仲は朝日将軍じゃなく征夷大将軍になっている

184 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 20:02:12
戊辰戦争で徳川幕府は倒れた

185 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 20:03:08
道長は関白だった

186 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 20:04:08
卑弥呼は邪馬台国の女王だった

187 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 20:06:33
蘇我氏は大化の改新で滅びた

188 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 20:45:31
>>183
なにが勘違いなんだ?
○×で書け。

189 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 22:38:07
× 「特攻隊」の「特攻」とは、「特攻攻撃」の略である。

マスコミ(TV)や新聞で、意外にこう書かれたりしているのを目にしたりする。
別に、たいしたマチガイではないし、ちょっとした言葉の勘違いによるものだ
ろうけれども、その都度、気になって仕方がない。

190 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 23:45:38
>>182
伊勢の事だろ?後、もう1艦あったけど忘れた
航空戦艦だよね

191 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 06:35:14
×千利休は在日
↑マジで言ってるから恐い。
理由は漢字一字だから、『韓国が言ってるから』


192 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 07:59:26
>>190
同型艦は「日向」だよ。
伊勢、日向は、「扶桑」(金剛)の3・4号艦として建造された。

ただし伊勢は、戦闘では「航空戦艦」としての力を全く発揮できなかった。
肝心の搭載機がなく、通常の戦艦として戦闘せざるを得なかった。

193 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 12:30:55
>>176
国内では「レイ戦」と言われる方が多かったそうだが、
前線では「ゼロ戦」と呼ぶ兵士がいた、との情報あり。
ただし、一次資料は未確認

194 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 12:42:34
ゼロ(zero)って英語だから使っちゃいけなかったのでは?

195 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 18:33:49
当時、子供がテストで0点を取ったとき、「レイ戦が飛んだ」
と言っていたという話を聞いたことがある。

確か、敵国であるアメリカ軍内での「零戦」の公式な呼び名は「ジーク」とか言うのではなかったか?
(よく覚えていないので間違っているかも知れないが。)
一般には、米軍人から、「ゼロ」とか「ゼロ・ファイター」と呼ばれて恐れられていた。


196 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 02:46:18
じゃあヌル戦で

197 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:50:57
×戦艦大和は、その未曾有の大きさと他を圧倒する迫力から「超弩級戦艦」と呼ばれた。

198 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 22:14:48
西軍の総大将
×石田三成
○毛利輝元

199 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 02:19:03
【8:386】嫌韓流問題 爆笑太田が吠える 2
1 名前:マンセー名無しさん 2005/08/03(水) 11:56:38 ID:yDwsN64F
×・拉致は日本の強制連行に原因があるのだからさっさと国交回復しろ
・中国韓国北朝鮮には永遠に謝罪続けても足りない。
・イラク人質3人を自己責任で叩いてる日本人は糞
・国民1人の命よりも重要な国益なんかない
・加害者である日本からアジアに対して何時まで謝罪すればいいのか等と言えない
・日本国民は一人当たり数百万円の賠償金を中国南北朝鮮に支払うべき。
・『マンガ嫌韓流』書いた大馬鹿者と買うバカ大衆どもは、本当に死ねばいい。


【嫌韓流問題】犬田光がラジオで吠えた!
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1122905635/


200 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 19:40:44
零戦は正式名称 零式(れいしき)戦闘機(皇紀2600年)に正式採用された戦闘機だから
日本国内では「れいせん」と呼称されていた。
零戦の正体がわからなかった時期まで(アッツ島で捕獲)アメリカではZeekと仮呼称されたいた。
そのときの名盤に零式とあったので以降 ゼロ戦と呼称するようになった。

201 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 19:44:48
×戦艦大和は、その未曾有の大きさと他を圧倒する迫力から「超弩級戦艦」と呼ばれた
○ 戦艦大和は秘匿されていたので戦時中は1番艦とよばれており 大和と知っている人はごく少数の人しか知らなかった。
  (ほとんどの人は旗艦は長門と信じていた)

202 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 19:47:57
× 戦時中日本海軍の一番大切にしたな戦艦は「大和」
○ 戦時中日本海軍の一番大切にしたな戦艦は「霧島」
  (なぜなら 天皇が観閲式の時に乗船して 天皇の御座があったから)

203 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 21:04:01
零戦ですが、海軍はまあ普通に英語使ってましたから、
「ゼロせん」とも呼ぶ人もいらっしゃったらしいですよ。
部隊等によっても違うのでしょうが、三菱の岡野允俊氏や
蒼龍搭乗員の原田要氏が、とあるDVDでそうコメントしてたような。


204 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 21:53:54
>>140
>>166-169

結局の話、「神風特攻隊」の「神風」の読みは「シンプウ」ではなくて、「カミカゼ」が正しいの?
それとも>>166のいうとおり、「シンプウ」が正しいの?

大抵の本やビデオでは「シンプウ」を正式としているけど・・・・・



205 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 00:16:42
×太平洋戦争において、連合艦隊司令長官は常に、最も高い攻撃力と防御力を兼ね備えた戦艦に座乗し、その艦をもって連合艦隊の旗艦とした。

206 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 17:21:46
神武天皇は宮崎県出身

207 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 17:22:29
義経はイケメンだった

208 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 19:45:21
○出っ歯の小男
って書けよ。

209 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 19:55:13
ペケ 聖徳太子は日本人
マル 聖徳太子は黒人
このあいだ法隆寺の夢殿の秘仏 聖徳太子を模して作ったといわれる
秘仏の写真を見たら、長い足、分厚い唇 ごつい鼻
どうみても黒人だよ 絶対に見せるなということにしてたわけがわかった
聖徳太子は黒人、もしくは黒人系だな

210 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 20:18:43
×聖徳太子=クロマティ

211 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 20:40:24
○聖徳太子=ベン・ジョンソン

212 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 00:02:15
>>207-208
それは義経をみたことない人が言った発言

213 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 00:29:02
>>212
○「出っ歯の小男 」は義経をみたことない人が言った発言

と書かないと誤解を招きますよ

214 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 01:21:56
×正倉院は校倉造に組み立てられた木の伸縮によって温度湿度が一定に
 保たれ宝物が守られてきた。

今大学生だけだ小中高とこう聞かされてきた。

215 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 11:02:19
○ >>209は短足、薄っぺらい唇、鼻ぺちゃ

216 :16歳中卒ヒッキー ◆HCmIhYMlyc :2005/08/10(水) 11:05:00
勧進帳

217 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 13:29:09
人類最初の原爆が広島に投下された

218 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 00:15:56
>>214
日本語がおかしいですよ

>>217
最初はどこ?

219 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:10:16
>>218

>人類最初の原爆が広島に投下された

が×ということは、たぶん、最初は試作品がアメリカの砂漠かどっかで
実験されたとかいう意味じゃないの?
何だか
「アメリカ大陸を見つけたのかコロンブスじゃなくて見張りの船乗り」
とか
「大坂城をつくったのは秀吉じゃなくて大工さん」
と言ってるのと同じような屁理屈のような気もするんだけど。



220 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:00:06
7月16日 ガゼット : ニューメキシコ州アラモゴード射爆場
↑最初に投下された原爆ならこれかな

まぁ、実験だしねぇ・・・


221 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:38:55
×7月16日 ガゼット : ニューメキシコ州アラモゴード射爆場
 ↑最初に投下された原爆ならこれかな

投下されていません 櫓に固定されて爆破実験した。


222 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:27:54
人類に投下されたのは広島が最初だよな
ニューメキシコでの実験は無人の野だったからな

223 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 19:48:05
足利義輝は弱い、は間違い。 上泉信綱から剣術を習っていたから。

224 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:12:21
× 神風特攻隊はそれなりの戦果を挙げることが出来た

○ 終戦まで特攻で沈んだ艦船はなく戦死した兵士もいない(回天も同様)
  死んだのは日本の英霊のみ


でも意味はあると思うのですよ。特攻自体を否定する気はない。
確かに愚策かもしれない。その気概があったから国が残った。
どこぞの国のようにあっちにつきこっちにつきでは恥ずかしい。
石田三成の敗北と同様に特攻には意味があった。そしてそれを行った
先人達には敬意と哀悼を表すべきである。
今の日本は草葉の陰で泣かれてる気がする。
おれ特攻できないもん。ニートだし。強迫性障害だし。

225 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 07:59:06
1000万人に一人は勘違いしてそうなことだけど
韓国人はイギリス人の祖先

226 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 14:48:28
>>225
それが日本史か?
ネタとしても全く面白味がない。

227 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 15:54:55
>>225
>>226
北朝鮮の国内の本には
人類は朝鮮半島の北部から発生したと
書いてあるものがあるくらいだから(笑)

228 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 16:00:58
× 西郷隆盛は四角い顔だった
○ 西郷隆盛はあごのとがったネズミ顔

西郷隆盛の写真は現存していませんが
どうも西郷隆盛以外考えられない人物が写って
いる写真によるとネズミ顔である。
また、上野の銅像はいとこの姿を模したもので
西郷隆盛の奥さんが「銅像を見て全然似てない」と
云ったと伝わっています。

229 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 18:12:38
>219
「アメリカ大陸を見つけたのかコロンブスじゃなくて見張りの船乗り」
っと見せかけてシナ人

230 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 18:47:45
>219
「大坂城をつくったのは秀吉じゃなくて大工さん」
っとみせかけて蓮如


231 ::2005/08/12(金) 20:45:52
とみせかけて,やっぱり徳川秀忠.
徳川は,とにかく秀吉時代の記憶を抹殺したかったのだね.
石垣の上に盛り土をして,さらに石垣をその上に作り直すといふ念の入れやうだ.

秀吉時代の大坂城の遺構なんて地中に埋まってるからね.




232 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 10:57:40
A級戦犯を「永久戦犯」と勘違いしてる若者が最近いるんだってね(週刊新潮より)
まあ、10人に3人じゃなくて、一人ぐらいだろうけど

233 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 13:00:57
君が代の歌詞
 さざれいしの巌となりと
 を
 "さざれ石の岩音鳴りて”
 と思ってるヤツはどのくらいいるかな。

234 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 17:55:57
>>233
小学生のとき少しの間な。
他には「自衛隊」を「J隊」かと思ったり。

235 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 20:22:38
>>234
そういうものなんですか。
俺は、大学(東大文系)卒業して、就職してしばらくするまで
「岩音なりて」だと思ってました

236 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 20:37:21
「間宮海峡を発見したのは間宮林蔵」

とみせかけて北樺太やアムール河流域の住人 


しかし世界地図的な意味で海峡を見出したのはやっぱり間宮林蔵


と思ったが実は松田伝十郎

237 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 20:39:33
君が代の君はyouである

238 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 21:18:32
Your Days will be forever って素敵やん

239 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 20:02:20
×源平合戦
○平平合戦・源源合戦
・頼朝に従った関東武士は、皆平氏出身。
だから、構図的には京の平家VS関東の坂東8平氏の対立と言っていい。
・源氏同士でも、特に源頼朝と木曾義仲は対立していた。

240 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 20:23:46
でも「源平合戦」が×と言うわけでもないですが

241 :16歳中卒ヒッキー ◆HCmIhYMlyc :2005/08/14(日) 20:28:53
吉良様は実はいい人

242 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 20:32:56
>>239
源平の平は本家の貴族平氏だし坂東8平氏も大将は源頼朝。
確かに源平合戦はきっちり源氏VS平氏じゃないけど、
源平は源氏・平氏全体を表すのではない。
おおよそ頼朝VS貴族平氏なので源平でいい


243 :名無し募集中:2005/08/14(日) 21:21:56
×平家はあっさり負けた
○平家は決して弱かった訳ではない。ただ、総大将が戦に一番強い源義経と
木曾義仲だった事が平家の不幸だった。
ちなみに、源頼政親子・新宮十郎行家・源範頼は平家との戦で負けている。
義仲も「水島の戦い」で平家に敗れている。逆に、義経は重要な戦(一の谷・
屋島・壇ノ浦)ではすべて勝利している(逆にこれはすごい)。
つまり源氏は、義経・義仲が出ないと戦に勝てなかった訳である。

244 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 23:31:27
松平氏は平家

245 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 11:24:30
× 源氏軍の総大将は源義経

○ 源氏軍の総大将は源範頼

246 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 15:41:40
源氏軍の総大将は源頼朝
源範頼は現場監督


247 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 17:09:33
>>246
普通、頼朝が範頼を総大将に任命したというふうにとる
一つの戦略単位に総大将がいるもの

248 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 19:16:35
頼朝には政子以外の妻はいなかった

249 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 02:30:17
神風特攻隊は神風が吹くように風の神様に一生懸命お祈りしながら特攻をした。そのため、彼らは風神と書かれた鉢巻きを締めていた。

250 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 02:44:12
>>243
頼朝も石橋山で平家軍に負けてた…気がした

251 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:06:34
>>250
はぁ?

252 :16歳中卒ヒッキー ◆HCmIhYMlyc :2005/08/17(水) 10:07:38
源範頼は僕のご先祖様らしいです。


253 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 16:55:20
>>252
おらっちの友人のご先祖は、桓武天皇。
もっとも、本人曰くだけど・・・・・・
(名前も、家も、環境も、実に平々凡々としているが・・・・)

254 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 19:31:36
関が原の西軍の大将は石田三成

255 :戦争:2005/08/19(金) 20:11:15
太平洋戦争は真珠湾攻撃で始まったと言っているがその二時間前にマレー半島に上陸して始まっていた

256 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 20:17:54
福沢諭吉は政治家だ

257 :戦争:2005/08/19(金) 20:25:58
みんな日本軍は弱いと言っているが世界中からイエローモンキーとして恐れられてた。
実際にマレー半島の戦いでは5万の米兵が日本に降参してきた

258 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 22:01:22
>>257
実際、「猿の惑星」は日本の捕虜になった体験を元に作られたとか。

259 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 22:22:30
君が代は元々、愛する女性に送ったラブソングであった。

260 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 22:30:22
一般的にキリスト教は1549年にイエズス会の宣教師ザビエルが最初に伝えたとされるが、
飛鳥時代に秦河勝が当時「景教」といわれたキリスト教ネストリウス派を飛鳥に広めたのが最初。
ちなみに聖徳太子が馬小屋で産まれたという逸話はイエスの生誕と奇妙に重なる。

261 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 23:04:42
時空警察で聖徳太子はキリスト教徒ってデンパ飛ばしてたね。

262 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 23:56:31
八百屋お七は鈴が森で処刑された

263 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 23:57:45
>>255
誰もそんな勘違いしてません。

264 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 00:10:22
聖徳太子の墳墓って上空から見ると
マルタ十字に見えるらしい


265 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 08:46:09
>>259
オレが読んだ本では、結婚式の祝いの歌と書かれていた
まあ、元歌も色々な説があるし、ロマンチックでいいかもな

266 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 11:00:58
江戸時代は神社で結婚式をしていた

267 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 11:14:45
神社で結婚式をするようになったのは、
明治維新以降、欧米のキリスト教の真似を
するようになってからの事ぢゃ!


268 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 11:24:03
なんか、そういう勘違いなのかそれが正解なのか分からない。

269 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 14:37:11
○×式か、理解できるような書き方で示すべし。

270 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 20:54:38
結婚式・洗礼式・教区制など カトリックだいぶまねたよな 明治神道

271 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 15:36:04
何か幻想を抱いてるらしいハリウッド人に教えてあげたい。

× サムライとは危険なソルジャー、誇り高きナイト
○ サムライとは事なかれ主義の公務員

272 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 22:53:59
>>271には反対。
一体、根拠は?
元禄の平和な時代の官僚的武士ならともかく、動乱期のサムライは「高貴なる野蛮人」。

ちなみにラストサムライの話は、西南の役よりも、むしろ熊本の神風連の乱に似ている。
刀槍のみで鉄砲に立ち向かうとは、無謀を通り越した神懸り的信念。



273 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 23:44:53
>>270
平田神道がカソリックの影響を受けていたのは紛れもない事実だね。


274 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 02:43:39
>>272
>むしろ熊本の神風連の乱に似ている

根拠は?

275 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 07:16:14
>>272に反対
一体根拠は?動乱期のサムライはただの野蛮人

武士道ができたのは官僚制確立後

歴史も知らない>>372は死ねばいいと思う

276 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 07:24:48
>>274
もちろん、ラストサムライはフィクション。だが動機や刀への思いに類似性がある。

神風連の乱の動機の重要な要素は、廃刀令に対する強い反発がある。刀を
に神聖性を認め、刀槍のみを真の武器として近代兵器に立ち向かっている。
もとより勝敗は度外視した武士の意地がある。

西南の役では、「薩摩の立ち撃ち」というように鉄砲もよく使われた。近代兵器
を否定したわけではなく、明治政府による武士階級の否定の反発が動機。

もっとも神風連は「うけい」で戦術を決めていたから宗教的な側面も強いが。

277 ::2005/08/23(火) 20:33:00
中世の神道が仏教と習合し,近世の神道が儒教と習合したのと同じやうに,
平田の復古神道は,キリスト教と習合したのです.

278 :?♪:2005/08/23(火) 20:58:11
武士道が(コトバとしても概念としても)戦国時代にはなかったといふわけでもないのです.
ただ,中世から近世に移行する時期に,「武士道」が意味する内容は,大きく変質しましたからね.
近世以後の新しい武士道では,あまり「御恩と奉公」といふギブアンドテイクの関係は強調されないんですよね.
ひたすら忠義これ武士道ってことになってくるんです.
>>272のいふやうな平和な世になったための変質ではなくて
本多忠勝に代表されるやうな三河武士の武士道が,新しい武士道として,中世以来の古い武士道に
置き換はった.徳川氏が政権をとるにいたって,この新しい武士道が武士道のスタンダードになった,
といふところではないでせうか.

279 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 21:11:18
>>275

>歴史も知らない>>372は死ねばいいと思う

おい、372書く奴、ネタ考えておけよw

280 ::2005/08/23(火) 21:11:31
× 君が代はラブソング
◯ 賀歌.おめでたい歌.慶事や新年などおめでたいときに歌はれる定番ソングだった.

281 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 22:30:39
>>275
あんたこそ、歴史知らないんじゃないの?

何を持って「ただの野蛮人」なのか、ハッキリと根拠を示せ。

武士道は、必ずしも明確な形ではなくて、時代とともに変節があったにせよ
武士の台頭とともに存在したんだよ。

282 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 22:44:27
>>372

283 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 23:26:47
>>278>>275>>272
江戸の平和な世になったことで、武士の気質が変化したという面も
確実にあると思います。武士道とは、必ずしも一定の形式的な思考や論理で
はなく、当の時代・土地柄(藩など)における武士気質を抜きには語れません。

いずれにせよ、「武士道は中古の時代からあるが、文書として体系化
されて伝えられているものは一度もない」とのことです。(山岡鉄舟曰く)



284 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 05:12:37
>>194
> ゼロ(zero)って英語だから使っちゃいけなかったのでは?

垂直尾翼に書いてある機体番号にアルファベット使ってました。

285 :甲府宰相綱豊:2005/08/24(水) 08:57:07
そういえば つかこうへい
”寝取られ宗介”
という芝居 6代将軍家宣が主人公だが、5代の実子という設定だったな。。
この作品がもっとメジャーヒットしていれば
この勘違い広がったかも知れない・・

286 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 17:29:49
とりあえず、戦国時代はともかく、長い長い
泰平の江戸時代武士階級は、現代の前例主義的な
公務員みたいな存在だったろうし、
刀をさしていても滅多に人なんか斬ることは
なかったでしょうね。
272で初出の「サムライ」がどの時代の武士をさすかで、
荘園の用心棒になったり、鉄砲かついだ足軽がしらになったり、
平和な町のお役人になったり、いろいろでしょうから、
最初にもっと限定しないといけませんでしたな。


287 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 01:03:52
>>286

>>272だよ。
「動乱期のサムライ」とは、ラストサムライや神風連の話から、文脈として当然に、
幕末から明治初頭にかけての動乱期の武士ことだよ。






288 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 10:23:02
286です。

すいません、間違えました。
272で初出の、ではなく、271で初出の、と書きたかったんです。


289 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 10:29:07
◎ サムライとは古代韓国語のサムランイ(=戦士)から派生した言葉。よって戦う人全員。

290 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 16:07:59
「新渡戸稲造の『武士道』は武士の精神を正しく世界に伝えた書」

って思ってる香具師は多いよな。
実は武士どころか日本文化にも疎い農政学者がアメリカの片田舎でトランプで遊びながら
口述させたトンでも本なわけだが。

291 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 18:18:26
まあ、世の中の認識なんてそんなもん。
伝統を大切にといいつつ伝統が分かってない。

292 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 21:17:16
>>289

293 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 21:45:13
(´・ω・)カワイソス
つれなくて・・・

294 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 13:38:39
× 水を入れたペットボトルはネコよけになる

295 :日本@名無史さん:2005/08/31(水) 06:41:36
○家主が猫が苦手だとわかる

296 :日本@名無史さん:2005/08/31(水) 08:23:29
○糞猫がウヨウヨしているモラルハザード畜生好き地域だと分かる

58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)