5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【上場】日本企業の歴史【町工場】

1 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 01:55:18
分割や統合の歴史・商標の由来・技術や発明や製品、以外な社史等
おまいらの知ったかぶりを聞かせてくれ!!

2 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 03:04:09
三菱鉛筆→(略)→三菱財閥

3 ::2005/06/16(木) 05:56:38


4 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 08:14:30
4さま

ちなみに>>1
「以外な」→「意外な」 だ。

そのうち弊社の社史でも語るよ。(設立71周年)

5 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 08:32:29
サッポロビールとアサヒビールって同じ会社だったの?

6 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 10:21:12
社史編纂室と言えば窓際族の定番

7 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 10:36:20
武藤山治をぶっ殺した黒幕は誰よ?

8 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 14:49:01
確か少し前に「社史」を研究した大著が出たよね。

9 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 17:25:35
服部之総が携わった花王石鹸の「初代長瀬富郎伝」は名著の誉れ高し。

10 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 17:52:56
東京三菱銀行の前身である三菱銀行と三菱信託銀行は元を辿れば三菱鉛筆財務部が独立してできたもの。
三菱重工業や三菱電機も三菱鉛筆が鉛筆製造の機械を自社生産するために、社内に新設した三菱鉛筆機械製作所が他の機械の生産も手がけるようになり、その後拡大に拡大を重ねて現在のような大企業にまで成長した。
三菱商事は三菱鉛筆販売部が販路を地球規模に拡大するために分社化して設立された。
三菱総研は三菱鉛筆の製品開発部が鉛筆製造技術の指導を日本国内だけでなく世界各国にもしていたことがきっかけである。
三菱地所は三菱鉛筆が将来の事業拡張に備えて確保しておいた用地を自社で使う予定が変更になったため、ビルを建設して賃貸に出し利益を上げようと設立した三菱鉛筆不動産部が発展したものだ。
三菱倉庫は三菱鉛筆が製品の鉛筆を保管しておくために建てた一棟の倉庫がルーツとなっていて、その倉庫が全焼したのを契機に損害保険業務子会社をつくり後に東京海上となった。
三菱鉛筆独特の生命保険制度が今日の明治生命保険の母体となっていることは周知の事実であろう。
三菱製紙は鉛筆製造時に発生する木屑を有効利用する事業として始まって、三菱樹脂は鉛筆の芯に混ぜ込む樹脂の研究チームの流れを汲んでいる。
三菱製鋼、三菱伸銅は消しゴム付き鉛筆の消しゴムを留める金具の原料を作るために設立され、三菱マテリアル(旧三菱金属)は金属素材の調達部署であった。
三菱化学、三菱化工機、三菱ガス化学は消しゴム付き鉛筆の消しゴムを開発することからスタートし、三菱アルミニウム、三菱レイヨンは消しゴム付き鉛筆の金具のさらなる改良と発展のために素材研究スタッフが集まってできた。
三菱自動車工業及び三菱ふそうトラック・バス、新日本石油、日本郵船は鉛筆を国内と海外に普及させるために創業され、三菱電線工業とピーエス三菱はその際にインフラ整備の役割を果たした。
ニコン(旧日本工学)は三菱鉛筆が鉛筆を切断する際、より高速に切断できるように非接触で長さを測れる測距儀を製作したのが始まりである。
麒麟ビールは鉛筆の芯に使用する黒鉛を製造する際の熱源として当時使われていた麦わらの麦の有効利用のため創業され、同時に旭硝子は熱源を生かすための技術を模索した結果、設立された会社である。


11 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 17:55:51
古河の「ふ」+ジーメンスの「じ」=富士電機

12 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 20:17:15
鳥井三兄弟=サントリー
大日本果汁=ニッカ

13 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 21:57:48
工藤純→ジュンク堂

14 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 22:03:50
>>10
おっもしろい

15 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 22:06:54
田中製作所→東芝

16 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 22:38:39
明治生命は、慶應義塾から生まれた。塾員有志が日本に生命保険のシステムを導入せんと尽力し、
福沢諭吉が精力的に政府に働きかけ、慶應義塾塾頭を社長として設立された。
しかし当時の生面保険会社といえば、今のサラ金がごとき賎業とみなされ、まともな大卒が就職
するような業界ではなかった。今では考えられないことだが。

17 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 00:47:09
資生堂って元は漢方薬局だったんだってね。

18 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 10:01:55
飛脚と日本通運がつながってるって本当?

19 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 16:38:25
シャープペンシル

20 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 07:39:28
ヤクルトも発売当時は苦労したとか。
「・・・菌なんか飲めるかー!」って。

21 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 09:06:40
日本のベンチャーの祖、鈴木商店を語らぬわけにはいくまい。
1代で三井三菱を凌駕するほどの大グループを作り上げ、今のマイクロソフト以上の勢いがあったのでは?
1代で潰れもしたけど、現在まで続くたくさんの大企業を遺した。

22 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 09:12:42
中村製作所=Nakamura Manufacturing Company=ナムコ

23 ::2005/06/18(土) 09:14:01
日本は商社によって潰される
町工場のノウハウもデジタル・データ化して持ってこいといわれれば、町工場は仕事が欲しいからせざるを得ない
結果的にデジタルデータ化したノウハウが中国に渡り、町工場は潰れる一方
何でも売ればいいというものではない
商社が日本の経済発展のいまや癌となっている

24 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 16:40:04
サンリオの社名は創業者が山梨の山林王だから、という世に流布してるウワサは真っ赤なデマ
スペイン語のSan rio「聖なる河」がその由来。ま、今では事実が知られるようになったが

25 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 23:48:14
>>24
それ、「トリビアの泉」でやっただろ。パクリはいかんよ。

26 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 00:00:47
>>24
こういうのがタイガースの命名の由来は
当時のオーナーが寅年だからだけというのを本気にするタイプなんだな

27 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 00:21:23
20年位前、平和相互銀行ってのがあった。
夕方五時まで窓口営業してて重宝がられたようだが住友銀行に吸収されてしまった。
当時の行員達、その後どうなったんだろう・・・?
相互銀行の人が都市銀行の仕事務まるとは思えない・・!

28 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 22:06:14
相互銀行ったら、戦前の無尽会社か
両方とも死語だなorz

29 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:15:09
コルゲンコーワのコルゲンってなに?

30 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:28:07
10は本当?三菱はそもそも海運業から発展した企業体だと思っていたが・・
明治に三菱商会が日本郵船として発展合併した後は、三菱鉛筆が中心になったの?
三菱鉛筆はそんなに古い会社だったのか?知らなかった・・

31 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:39:42
三菱鉛筆は、三菱グループとは一切関係ないんだろ?
最初に商標登録したのは三菱鉛筆のほう。

32 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:43:43
じゃなんでスリーダイヤつかってるの?

33 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:48:29
スリーダイヤ使い出したのも三菱鉛筆が先。
あとは自分で調べてよ。

34 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 01:04:01
sankusu。
でも三菱鉛筆がグループと関係ないとしたら、スリーダイヤを使うのは解せねーなー。
スリーダイヤには三菱一門の成り立ちそのものに由来があるからね。よそモンに使ってほしくないのだよ。

35 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 03:23:57
よく混同されるが三菱鉛筆とは一切の資本・人的関係がなく、かつ三菱鉛筆は三菱グループが商標登録するよりも
早くからこの商標を用いている。両社は競合する事業分野がないことから同じ商標を用いることに合意している。

岩崎彦弥太の三女・美智子は日本カーボンや眞崎大和鉛筆(三菱鉛筆の前身)等の社長を務めた近藤賢二の孫と結婚した。
その姪(彦弥太の女婿の長兄の次女)・美砂子は鉄鋼ビルディング専務・増岡隆一と結婚したが、増岡隆一の従姉が
三菱鉛筆社長・数原英一郎に嫁いでいる。

旧三菱財閥の流れを汲む企業集団・三菱グループと三菱鉛筆は三菱の文字も使用するうえロゴマークも同じであるものの
一切の資本・人的関係がないが、岩崎家は高島家を通じて元三菱鉛筆社長家である近藤家と、さらに高島家と姻戚関係にある
増岡家を通じて現在三菱鉛筆のオーナーとなっている数原家と閨閥で繋がることになった。
この岩崎家─高島家─近藤家と岩崎家─高島家─増岡家─数原家という2つの閨閥の存在が
三菱グループと三菱鉛筆の混同を生んでいる。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/三菱グループ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/岩崎家

36 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 03:28:50
 日本の鉛筆生産の歴史は、
1887年(明治20年)に眞崎仁六という人物が東京新宿区で水車を動力とする工場を作ったのが始まりなのだが、
1901年。当時の逓信省に国産初の鉛筆≠納入したのをきっかけに、眞崎鉛筆は「三菱マーク」を商標登録する。

この「スリーダイヤモンドマーク」は、創業者の眞崎家の家紋の「三つ鱗」から取ったものなのだった。

その頃すでに岩崎弥太郎設立の「三菱」は、海運と商事を中心に社名は天下に鳴り響いていた。

その三菱マークとは、岩崎家の家紋「三階菱」と旧土佐藩主山内家の「三つ柏」を合わせたものなのだが、
意匠決定の時にはすでに遅く、商標は眞崎鉛筆にあり!
岩崎社長は眞崎に膝を屈して「スリーダイヤモンド」の使用を認めてもらう事となる。

ttp://skip.tbc-sendai.co.jp/04anno/TaroIshikawa/20050408.html

37 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 07:44:36
要するに10はウソなわけか。だまされるとこだったー

38 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 00:00:35
この鉛筆会社、財閥三菱グループに傘下入りを打診されたが断ったんだよね。

39 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 00:11:08
花王のマークがついたフロッピーやカセットテープって昔売ってたよね?
漏れが前に使ってたキーボードにもNECマークの反対側に月のマークがついてた。
あれも花王だよね?たぶん。

40 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 00:28:55
三菱以外になんかない?

41 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 00:44:46
同和生命、同和鉱業はいわゆる「同和地域」とは何の関係もない。

42 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 23:25:22
>>34
>よそモンに使ってほしくないのだよ。

ププッ
後から使っといて


43 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 00:09:43
ニッサン石鹸って日産自動車とカンケーあるの?
今はなき日産生命とは?

44 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 10:59:28
そういえば富国生命って片倉だったはずだけど、今はどうなっているのだらう

45 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 01:01:26
三菱鉛筆と同様に、三菱タクシーも三菱財閥と無関係なのは言うまでもない。

46 :45:2005/06/27(月) 01:07:43
ちなみに、車も三菱系じゃないらしい
安いということで地元では在日MKを抜いて大人気とのこと(友人談)

47 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 13:30:45
三菱って、結局商標登録とかしてないのか?
じゃあ、漏れ達でも「三菱○○」なんて会社設立すること可能なのか?

48 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 13:33:40
ミ菱は漏れが商標登録済みw

49 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 19:33:12
三菱以外になんかない?

50 :日本@名無史さん:2005/06/27(月) 22:08:43
取った駒の再利用
というのは
チャトランガ--チェスの系譜の中で日本将棋独自のものである。
これは毛沢東のゲリラ戦論におおいなる影響を与えた。
中華人民共和国建国は日本将棋と深い関わりがある。

大衆中華料理チェーンの大手が屋号に将棋の駒の名を使うのは、
この事を忘れまいとする創業者が毛沢東の子孫だからである。


(民明書房 餃子連鎖出店縁起より)

51 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 04:20:12
三菱が積極的に民生向け重工業(電機、自動車、重工のエアコンなど)に進出したのに比べて、
なんで住友は民生に手を出さなかったんだろう?

52 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 04:52:29
コラコラ、もう寝るぞい

53 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 20:37:36
三井→宇多源氏(近江源氏)
三菱→甲斐源氏(河内源氏)
住友→桓武平氏

真偽は知らん。

54 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 21:38:58
三井が佐々木六角氏の家臣で呉服奉行?かなんかをやってたという話は聞いたことがある。

55 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 00:14:23
戦前の日本は、飛行機・軍艦・戦車を国産できた数少ない国の一つだったが
なんで戦車はあんなヘボいの?
技術不足?物資不足?それとも仕方なく作ったからとか?

56 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 08:41:07
>53
鴻池は家祖が山中鹿之助の末裔と称していた

57 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 10:14:10
>>55
飛行機もヘボイだろ
装甲などを極度に落として無理矢理演出した「張り子の虎」
すぐにボロがでたしね

人間が一番安い社会だったからということでAF?

58 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 19:40:04
日産自動車は 農機のクボタが前身

59 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 19:42:32
クボタといえば今、石綿あぼーんが問題化しているところ?

60 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 19:48:28
そうだよ 正確には
戸畑鋳物だけどね

61 :日本@名無史さん:2005/06/30(木) 23:39:22
>>42
商標登録が遅れただけで、三菱商会の歴史は鉛筆より古い。
当然、スリーダイヤを使い始めたのは財閥三菱が先。

62 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 00:04:31
古来の上流が、近代に資本家に転じて今もなお上流を維持している例ってあります?

63 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 00:39:50
島津製作所って、何で島津の家紋使っているの?

64 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 01:04:07
同じ名字のよしみで
薩摩の島津が「使っていいよ」って言ったから

65 :日本@名無史さん:2005/07/01(金) 18:48:58
>>57
一式陸攻機って当時最長の航続距離を誇っていたが、とんでもない飛行機だよね。
山本長官も、よくあんなのに少数だけの護衛機だけで乗機したものだ。
飛行機と戦車はアレだが艦船だけはまともだったのかな?

66 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 18:47:57
>>64
元々同じ名字ではなく島津義弘公から名字と家紋を拝領したんだよ。本名は井上というおっさん。

67 :日本@名無史さん:2005/07/02(土) 18:51:19
>>43
日産は、自動車も生命も火災も石鹸や火薬の日本油脂も
みんな杉田かおるに逃げられた鮎川家の家業だった。

68 :日本@名無史さん:2005/07/03(日) 00:13:49
日産自動車って永らく業界二位だったのに、なんで借金背負ってたの?
ゴーン社長来るまでドンブリ経営だったわけ?

69 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 01:18:06
「杉田かおるに逃げられた」って言わんでも・・・

70 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 01:35:09
昔は財閥、今は最悪三菱の現状!

71 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 10:11:53
エプソンなど信州の精密工業は、戦時中繊維工場を転用したのが発展の契機。

72 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 21:56:30
かつて、売上げ日本一にもなったカネボウの没落までの足跡を
誰か分かり易く語って聞かせてちょ。

73 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 22:10:27
>>72
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%83%9C%E3%82%A6

鐘淵デイゼル工業(現・日産ディーゼル工業)とか
茨木自動車(後の茨木バスなどを経て現在の近鉄バスの一部)とか
鐘淵化学工業(現・カネカ)とか
カネボウハリスガム(カネボウフーズ)とか
いろいろ面白そうだ

74 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 09:47:14
武藤山治暗殺事件の再検討

75 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 11:44:26
>>57
もともとそういう方針で作っているんだが、
装甲を厚くすると、航続距離と速度が犠牲になる。
けど、そこを思いきって、犠牲にして、速度と機動性と航続距離を伸ばしたから、名機とも言われているわけ。
長距離の爆撃、雷撃だからこそ、敵艦を攻撃でき結果沈めた例は多いし、
零戦の戦果も多い。
駄作機といわれるものは、たいてい、どっちつかずの中途半端な機体ばかり。

76 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 12:19:11
で、アメリカは、人名優先で装甲が厚く、しかも航続距離と速度が零戦を上回る
機体を続々と作り上げたわけでw

77 :日産はブランド名:2005/07/13(水) 01:41:21
鮎川だけでなく他に色々なオーナーがいた。連合体だな。鮎川は自動車と日立。

78 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 00:51:16
最近、三菱の車を結構目にするが、安いの?

79 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 02:41:49
正露丸って、登録商標のはずなのに何でいろんなメーカーがあるの?

80 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:00:18
>>76
速度はわずかにアメリカが勝っているが、航続距離はアメリカの戦闘機のほうが大きく劣っている。
これは43年頃のF6Fでもね。
零戦と同時期登場したF4Fになると、速度も対した差はない。
優れているのは装甲だけ。
だからベテランの零戦からみれば、トロイのでカモだった時代もある。

81 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 23:02:27
そもそも人命優先ってなに?
機動性の追及と装甲の追及、どちらが人命優先かなんて、乗り手しだいだろ。
馬鹿な事言ってんじゃねーよ。

82 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 00:03:30
>>81 んだんだ!その通り。
でも戦車だったら日本軍のには乗りたくねえっす。

83 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:03:49
来日外国人が開発したメンソレータム

84 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:59:44
>>76

アメリカが際立って凄かったということもある。

資源も豊富だが、建国当初から技術や科学を重視する
国柄だったらしいし・・・。

そして、ついには当時世界トップだった英国をも凌駕してしまった。
(それでも、第2次大戦時には、まだ英国の方が米国より秀でている
面もあったようだが・・・)

85 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 01:04:32
日本が際立って凄かったというのは何かないかい?

86 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 01:35:05
>>58
>>60
大出鋳物(大阪)→クボタ
戸畑鋳物→日立金属

87 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 21:40:55
現在存続してる企業で、ソ連侵攻で満州にて大損した企業ってある?

88 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:09:06
>>86

芸術面では、浮世絵やアニメのようなものもあるけど・・・。

特に際立ってといったものは無いような気がする。

歴史上、世界の中心であったと思われる西アジア・地中海から
離れすぎていたということもその原因の一つなのかな?

89 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:43:00
クボタと日立が?

90 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:54:41
>>87
知っているが、教えない

91 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:06:52
かまって君ってやつ?

92 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 00:06:49
カネボウって将来、どうなってんだろね

93 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 00:17:46
武藤山治の祟りだと思う

94 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 14:52:50
>>92
カネカが優良企業として残ってるから、伊藤淳二創業のカネボウはもういいよ。

95 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:56:15
何でカネボウの繊維部門は中国へシフトしなかったの?

96 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:01:41
在華紡の祟り

97 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:33:21
シャープは、現在早川家と関わりないのですか?

98 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 22:22:45
シャープって、ラジオもテレビも電卓も、国産一号だってね。
しかしシャープペンシルやらベルトのバックルやら作ってた人が
なぜに電気製品メーカーに?

99 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 23:04:34
>戦前の日本は、飛行機・軍艦・戦車を国産できた数少ない国の一つだったが
>なんで戦車はあんなヘボいの?

兵頭二十八の『日本有事ってなんだ?』という本の受け売りだが、
日本の戦車は、国内で作って海外へ運ぶときにクレーンで吊って
船に乗せる必要があった。そのクレーンの性能がしょぼかったために
戦車もあまり大きくできなかったというのが一因。

それと、戦車部隊はもともとは騎馬隊だった人たちが中心になって
構成されており、騎馬隊にいる人たちは自分で馬を飼えるエリート
ばかりだった。戦車の性能を決める立場にいた軍人たちは貧しい
農民出の歩兵科の人たちが多く、騎馬隊(戦車部隊)の人たちに
抜きがたい嫉妬心を持っていたため、戦車部隊が軍の花形とならぬ
ように、わざわざ戦車の砲塔も小さくするように命令していたそうだ。

以上の理由に加えて、日本の工作機械の精度の悪さ、ニッケルなどの
希少資源の不足もあったために、日本の戦車は欧米諸国に比べて
どうしようもないレベルのものしかできなかったらしい。

100 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 21:24:56
敗戦必至の状態にまで陥っても、ドイツ機のコピー「秋水」を開発してた日本。
実際は飛行に失敗したけど、こんな高速でグライダー状態で降りてくるような
飛行機に、B−29なんか撃墜できたのかいな?一発必中ってやつ?

101 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 03:27:19
・中島飛行機がSUBARUだっけ?国会議員が子孫にいたよね
・SANYOの創業者が松下幸之助と姻戚関係があり、雇われてたんじゃなかったかな
・世界の富士フィルムはダイセル化学工業の一子会社として創業
・大日本ビールが解体され、キリン、アサヒ、サッポロになった
 で、エビスと言う商号をサッポロが復旧させて現在は商品として流通させている
 これは記憶があやふやなので間違ってるかも

角川文庫だったと思うけど、閨閥と言う本に色々と書いてあった



102 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:03:03
キリンは大日本ビールの競合相手では?

103 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:11:21
>>101
中島飛行機の子孫の国会議員は自殺したね。
三洋電機の創業者は松下幸之助の妹の夫。
>>102
確か、戦時統制で大日本麦酒にされたと思う。
(東急、小田急、京王が戦時統制で大東急にされたみたいに)

104 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:14:12
確かに!キリンのホームページ見てきた。

105 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:24:28
>>103
>中島飛行機の子孫の国会議員は自殺したね。

足利尊氏問題で?

106 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 22:27:00
違うよ。中島洋次郎元議員は政治献金で有罪になって自殺
したんだよ。


107 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 00:27:27
東芝の創始者はからくり儀右衛門と呼ばれたからくり人形師

>>98
かざり職人の早川徳次は関東大震災で東京から大阪へ活動の地を移しそこではじめて
ラジオというものに出会った。
それが電化製品メーカーに転ずるきっかけとなった。

108 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 21:40:26
企業の歴史ではないが、ここ面白い。

ttp://www.onfield.net/link/link3.html

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)