5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

華族について part5

1 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 19:24:10
明治2年の版籍奉還と同日に
堂上家136家、諸侯248家、堂上格28家、藩主格15家の
合計427家が華族と称される。
明治17年には華族令が宮内省より通達されて、
公、侯、伯、子、男の五爵の格付けが行われる。
以降の授爵者を大別すれば、
旧華族として公家華族(堂上、堂上格)と武家華族(藩主、藩主格)、
新華族として賜姓降下華族、奈良還俗華族、神官華族、分家華族、勲功華族となる。
年を経る毎に華族は増え続けて、
新憲法により華族制度が廃止された昭和22年5月には913家に達した。

過去スレ
華族について
http://academy2.2ch.net/history/kako/1032/10324/1032478935.html
華族について part2
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1051101082/
華族についてpart3
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1085236887/
華族について part4
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1095246719/

2 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 22:03:42
小倉久寛は旧華族小倉子爵家の出身。だから学習院。
現学習院大学学長小倉芳彦は小倉久寛の父親公寛のいとこ。
小倉久寛は桂宮宜仁親王の御学友だった。
小倉久寛夫人は元宝塚女優。
明治天皇付き女官で天皇の「お手つき」となった小倉文子は小倉久寛の高祖父の姉。皇子女は産まず。



3 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 22:27:32
考える資料として, 2005/02/22
レビュアー: オースケラッパ (プロフィールを見る)   岡山県 Japan
著者は戦後の皇籍離脱の際、一時の夢だったと思って、と慨嘆し、また現皇后の成婚の際には、
世も末と悲憤慷慨したそうだ。古きよき時代の貴婦人の生き残り、生きた化石と称してよかった人だろう。
雀百までの諺通り、受けた教育や幼児の生育環境はいかんともしがたく、最後まで庶民のことは
わからなかったし、わかろうともしなかったのだろうか。しかし、ただ天皇制の保持、血のスペアインク的存在で、
なんら国と国民のために働きもせず(今もそうだが)、そのくせ非常な冨を握り続けてきた戦前の宮家の
在りようは遺憾だ。もっとも梨本宮家は李王朝と縁組みし、方子さんはお気の毒な面もあったが、
著者が美貌と血統を誇る貴婦人としてあったのなら、そのくらいは当然貢献していただきたい。
要するにノーブレス・オブリージュというのだろうか、そのあたりの観念が旧皇族にまったく
欠けていたことをつくづく思い、著者にも哀れを感じる。

梨本宮伊都子妃の日記―皇族妃の見た明治・大正・昭和

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093870632/qid=1121087725/sr=1-12/ref=sr_1_2_12/249-1966197-6201143

>なんら国と国民のために働きもせず(今もそうだが)、そのくせ非常な冨を握り続けてきた戦前の宮家
>要するにノーブレス・オブリージュというのだろうか、そのあたりの観念が旧皇族にまったく欠けていた

......。

4 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 19:36:45
元靖国神社宮司の松平永芳さん死去

 松平 永芳さん(まつだいら・ながよし=幕末の福井藩主・松平春嶽の孫、元靖国神社
宮司、福井市立郷土歴史博物館長)が10日、肺炎で死去、90歳。通夜は12日午後6
時、葬儀は13日午前11時から東京都大田区南雪谷2の1の7の公益社雪谷会館で。喪
主は妻充子(みつこ)さん。自宅は目黒区中目黒5の7の28。

 78年7月〜92年3月、靖国神社宮司を務めた。在任中の78年10月にA級戦犯1
4人が合祀(ごうし)された。

http://www.asahi.com/obituaries/update/0712/001.html

天皇の靖国神社参拝を永久に中止に追い込んだ張本人が死にました。


5 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 20:53:29
>>4
そういう言い方はどうよ。
靖国合祀は陛下の御裁可が無ければできないと聞いたが。

6 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:31:17
>靖国合祀は陛下の御裁可が無ければできないと聞いたが。

そんなのガセに決まってるだろが。2ちゃん以外でしゃべると恥をかくぞ。
天皇が靖国神社の宗教活動にそこまで深く関与するような危険な政治的リスクを背負い込むはずもない。



7 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:33:10
さすがにそれはないっしょ。
何より合祀後は天皇参拝が途絶えたわけだし。
とはいえ現代の日本人にA級戦犯責める
資格がない事も確かだが。

8 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:33:40
>>7>>5へのレス


9 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:43:56
誰を祀るかは厚生省が毎年作成するリストで決まる
ところが東條らは厚生省からリストが送られてきてから
十年以上放置されてて松平宮司の就任でようやく祀られた

10 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:47:34
>>9
それ憲法違反じゃん

11 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:04:44
小早川男爵って、毛利家の分家作りの口実として家名復興されただけだと思っていたんだ
けど、中世以来の「小早川文書」が伝わっているってことは、一応毛利家中で名跡を継いで
いた家があるんですか?

12 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:22:45
>>2
ソースは?
おまいの駄文だけでは信じかねるな。きちんと出典を示せ。

13 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:28:23
気になったんで検索してみたが、出身地が三重県度会郡紀勢町ってあるから、
やっぱり普通の家なんじゃないの?

http://elrosa.com/tisen/41/414739.html

14 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:59:01
小倉久寛が旧華族だというガセネタを平気でカキコする馬鹿がまだいたか。

15 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 04:23:57
紀宮内親王殿下の婚儀は北白川大宮司が仕切りまつ

16 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 05:44:50
現学習院大学学長は永田良昭氏ですが。

17 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 08:10:46
2に出てる学長は現ではなく元学長でつ

18 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:24:59
旧五摂家&旧公家出身の方は先祖もいっぱいいるんですか?仏壇も相当なものかと…

19 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 19:44:40
旧華族の人も、そうではない一般人も、先祖の数は一緒ぐらいだと思うよ?

20 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 19:47:53
いや、現在祀ってる先祖のことだろ。

21 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 19:53:30
室町時代の三条西家を例にあげて、公家の先祖供養の慣習について
書いている本があったと思うけど(本題は公家の女性について)、
今ではそんな時代がかったことやってる家もあまりないだろうな。
でも、系図もはっきりしてることだし、一般の家よりは細々と色々ありそうだね。

22 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 20:05:52
公家でも偽系図で威張っている家はけっこうある

23 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 22:42:26
>>21
いや、俺の知っている伯爵だった公家華族の家では、今でも中世以来の御先祖様の供養をきちんとやってるよ。

24 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 05:05:45
なんで三島大社宮司の谷田部家は華族に列せられなかったの?
世襲だし神社より上の大社なのに!
しかも今の宮司は東大出だし!

25 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 06:11:27
>しかも今の宮司は東大出だし!

w


26 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 05:59:20
谷田部家>阿蘇家

27 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 05:57:56


28 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 13:53:02
公家華族のことを知れば知るほど好きになった。
まさに日本の貴族。なんらかの形で身分制度を復古してほしいものだ。
精神的上層階級としてその存在をもう一度この日本に。

(o^-')b

29 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 14:52:17
旧公家の方は今も伝統的な作法してるんですか?

30 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 15:59:19
資本主義の前に崩れ去りました

31 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 16:50:50
西園寺家は今でも琵琶の伝承を行っております。

32 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 19:53:43
コノエ家は荻外荘を維持できるのか?
この際、椿山荘か雅叙園か叙々苑みたいにすべきだな。

33 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 20:52:37
>>32
いつかの焼肉好き乙

34 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 21:35:17
はぁはぁ…公家華族良いなぁ(*´д`*)

特に二条とか九条とか、名前からして良いじゃん?

35 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 00:02:49
渡邉昭さん103歳(わたなべ・あきら
=ボーイスカウト日本連盟元総長、渡邉允侍従長の父)23日、老衰のため死去。
同連盟主催の「お別れの会」は31日午後1時、
東京都港区芝公園4の8の1の東京プリンスホテルパークタワー。
自宅は非公表。元伯爵家の出身で「昭和天皇の最後のご学友」として知られていた。
(毎日新聞) - 7月25日19時5分更新


36 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 01:05:17
公家の仕事って花とか書道とか蹴鞠とか雅楽とか???

37 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 01:19:26
蹴鞠が仕事ってぇぇ?
ワロス

38 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 02:06:53
今、乱世なら俺は後に侯爵くらいになれる器だろう。
しかし産まれる時代を間違え今ニートだ。

39 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 02:43:21
日本の乱世で侯爵くらいというと、今川ウジザネ、朝倉義景といったところかね?

40 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 09:29:15
>39
戦国なら如水
幕末なら龍馬クラスだろな。


41 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 12:17:03
現代に竜馬が生まれてたら、奴はニートだったのか(´・ω・`)

42 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 12:37:01
常盤会は今でもあるの?

43 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:32:56
>>42
あるよ。近衛ィ子さん(三笠宮長女)が現会長

44 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 15:08:36
常盤会は今でも平民出身の美智子皇后をよく思ってない訳?
美智子皇后は皇后になられてから権力つけられました?

45 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 16:15:28
>>44
今は常盤会=旧華族ではないよ。

> 美智子皇后は皇后になられてから権力つけられました?
権力なんて持ってたとしたら問題ですね。

46 :7:2005/07/26(火) 16:19:18
今、乱世なら俺は後に陸軍中将くらいになれる器だろう。
しかし産まれる時代を間違え今二等陸尉だ。


47 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 16:26:33
>>46
中尉殿!
つ(平成の2.26事件)

48 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 16:59:32


49 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 17:20:51
>>44
今上天皇皇后の女官や侍従のなかには旧華族出身もいるよ。
ほとんどクリスチャンらしいけど。
ローマ教会の見解では神道は宗教ではないのでクリスチャンが
女官や侍従になって祭祀に参加することに何の問題もないそうだ。

50 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 17:22:21
>>46
フランス傭兵部隊にでも入ったらどうかね。
器が分りますよ。

51 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 18:05:35
美智子妃殿下の時の牧野女官長は美智子妃をいじめまくり……
日本の伝統ある公家華族が消えた事がもったいないような…公家は明治政府によって消滅?

52 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 19:44:40
>>51
夏厨ですか?頭大丈夫?ちゃんと日本史勉強してる?

53 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 19:50:16
まあこいつらは
全員奈良百済人の末裔



54 :政治結社:2005/07/26(火) 20:21:15
52へ
何か間違った? 違ってたら教えてくれ

55 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:20:12
渡邉昭さん103歳(わたなべ・あきら
=ボーイスカウト日本連盟元総長、渡邉允侍従長の父)23日、老衰のため死去。
同連盟主催の「お別れの会」は31日午後1時、
東京都港区芝公園4の8の1の東京プリンスホテルパークタワー。
自宅は非公表。元伯爵家の出身で「昭和天皇の最後のご学友」として知られていた。
(毎日新聞) - 7月25日19時5分更新





56 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:30:02
>>54
日本語が間違ってる。
何を知りたいのか、なぜそう思ったのか、他人にも分るように書いて下さい。
思いつきをダラダラ書き連ねたいだけならば、チラシの裏にでも書いててください。
まともな質問が出来ないのは、あなたにまともな知識がないからだと思われ。

57 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 23:32:51
明治政府が新たに爵位を作り公家は華族になった。明治政府が作った大日本帝国が約80年後に第二次大戦敗戦と同時に華族が消滅。消滅と同時に長い間朝廷に支えてきた公家が消滅?

58 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 16:27:38
この先何百年後、地球の環境がより悪化し、
経済という概念が成り立たなくなった時は、
また封建制が長い年月をかけ復活していくんでないだろうか。

というか、ありえそう。その時はまた…子孫頑張ってくれ。

59 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 09:56:48
>>29 華族によってさまざまですわ。
母の知り合いの旧華族(紀宮清子内親王殿下婚約者親戚)の某家
(K家ではございません。)では
平民と変わらぬ暮らしをしているとか。
奥様も平民のようですね。
その他に滅んでしまった家もありますでしょう。
皇室に限らず旧華族にも御世継(男君)が生まれず大変なのです。
霞会館の平均年齢も70を越えていると伺いますし。
今でも貴族の血統をお守りなされている家柄もございますが
多くは平民とも御結婚されていますよ。
御摂家でも、平民と結婚された御方はいらっしゃいます。
私も貴族の殿方と結婚したいわ。

60 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 10:01:32
×御摂家→〇五摂家

61 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 20:54:16
対馬の宗家は本来子爵が妥当なのにワンランク上の伯爵が与えられました。
にも関わらず「なぜ侯爵ではないのか!」とゴネました。

62 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 22:30:19
>>59
華族を身分制で考えるなら違いますが、
私は華族に引けを取らないほどの血筋を引く者です。
所謂由緒ある血筋であり、大名家(侯爵級)の一族であるということが研究により証明されています。
系図も行き着くところまで行き着きます。
加えて、経済的にも私は恵まれている家庭に生活していると言えるでしょう。

まだ結婚は相当先の者ですが、ここでシュミレーションしてみます。
あなたは、私と結婚できますか?

63 :62:2005/07/31(日) 22:44:33
さらに付け足すなら、私の家庭はサラリーマン家庭ではありません。
私自身の容姿や学歴も、高水準なものだと自負しています。
宗派や戒名も、非常に立派な物が中世から代々続いています。
それらも考慮した上で判断してみて下さい。

64 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 23:32:56
アソコの大きさは?あと肌はきれいなほう?


65 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 23:33:32
あと筋肉質?

66 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 23:38:39
まだ童貞で真性包茎です。家柄の名誉はあるけど股間が……

67 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 23:53:50
おまけに息がザリガニ臭いです

68 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 03:55:03
とてもじゃないど結婚できませんわ
お引取りくださいませ

69 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 16:23:08
>>62さん 私細かい事は何もうかがいませんわ。
ただ先祖代々から伝わる
大名子孫の証拠となるものはございますの?
それと念のため御幾つ?

70 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 19:56:41
>>69
物と資料により確認することができます。
加えて、その大名家の菩提寺にいけば、
私がその血を引くものだと住職さんが確認して下さいます。
もちろん、ちゃんとした検証を経てです。
私の年については、あなたが結婚を考える年であるのなら、
かなり離れていると言えるでしょう。

ところで聞きたいのですが、あなたの家柄はどのようなもので?
公家華族が平民と結婚しているとのことですが、やはり相応の血筋がある方からでしょう。

71 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 12:57:44
関東大震災で圧死した皇族たちの名前は比較的よく知られて居ますが、
この震災で犠牲になった華族の姓名は、どの程度分かるのでしょうか?
識者の方々、是非とも御教示下さい。
(家柄華族だけでも結構です)


72 :59:2005/08/02(火) 13:11:52
>>70 私結婚は真剣に考えておりますが
まだ二十歳前後ですわ。
でもこの歳でも昔は3人ぐらい子がいてもおかしくなかったのでは?
常盤御前だってそうでしたもの。
うちは平民の家系ではございますが、
戦前まで皇室ともつながりがございましたの。
血の繋がりはございませんが。
関東大震災がなければ近代財閥ぐらいにはなっていたでしょう。
金庫以外は全て焼けてしまいました。

73 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 15:26:26
70さんへ
まだ童貞ですか?

74 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 15:37:52
>>73
馬鹿>>70は釣りだよ
スルー汁!!


75 :70:2005/08/02(火) 17:03:44
>>73
当方35♀です
若干小◎唇が黒いですが
結婚していただけますか?

76 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 21:11:06
皆さん面白いですね。

>>72
でしたらほとんど年は変わらないことになります。
私は、現代では結婚を考えるのは24歳ぐらいからが普通だと思っていましたが、
あなたのような年でも真剣に考えている方がいるのですね。
話を聞く限り、皇室とつながりがあったというのは、おそらく政治的経済的な面ででしょう。
ところで、私の一族も時代さえ違えば、地域の富豪ぐらいにはなっていたかも知れません。
幕末〜戦後は波乱続きでありましたから。財産を無くしてしまった家も多いことでしょう。
…というか、気を取り直して。
やはり公家が相手でなければ駄目ですか?
私には一応、藤原氏北家の血が入っていますよ。

77 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 01:37:09
>>76 藤原北家と言うと道長公の御子孫でございますか?
と言うことは貴方は一応貴族の
御子孫と言うことになるのですね。
成り上がりの華族よりも全然よろしいですわ。
いつ頃本家とは別になりましたの?
お寺は京辺りにありますの?

78 :72:2005/08/03(水) 01:41:34
>>76 藤原北家と言いますと道長公の御子孫でございますか?
ならば貴方は貴族の御子孫ですのね。
成り上がりの華族より全然いいわ。
いつ頃本家とは別になられたの?
菩提寺はやはり京にあるのかしら?

79 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 06:34:40
竹田宮って横浜市長選でたよね?
2chにも頻繁に来てたし。
あと、総理大臣と邸宅間違われてテロリストに火炎瓶投げられた。


80 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 08:17:00
コノエ家は荻外荘を維持できるのか?
この際、椿山荘か雅叙園か叙々苑みたいにすべきだな。

81 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 09:43:49
いや、いっそのこと一泊二食付き一万五千円の民宿にすべきだ

82 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 13:52:48
>>72
私が藤原道長の子孫(子)であるなら、
華族であってもおかしくはなかったと思いますが?
ですが、爵位云々を抜きにして家柄を見てくださるのは私にとっても嬉しいことです。

ところで申し訳ないのですが、
これ以上のことをお知りになりたいのであれば、
メールを送って下さらないでしょうか?
できる範囲内でお答えします。
ただ、別の人がメールを送ってくることは十分考えられますから、
あなたが59さんであることが分かるような文章を書いて頂きたいです。
ありのままのことを書いて下されば、雰囲気で分かりますから大丈夫です。

83 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 14:17:28
>>82
こいつまじあぶねぇよ


キモス

84 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 14:32:35
>>83
これこれネタにおさわりするもんじゃないでつよ











本当に華族なら伴侶探しは霞会館経由とかなんぼでも手はあると思われ
2ちゃんみたいに身元不明が原則の場所使うわけがないじゃん。

85 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 14:41:38
まあ天然物級の人はいるってことですね

86 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 16:21:46
藤原道長って藤原鎌足の親戚??

87 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 16:36:51
82がデブスなのは確実
せいぜい夢見とけ


88 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 17:09:44
ザ○ンで刀ふりまわしてるようなヤツだろ?w

89 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 18:06:53
大名なんかほとんどが農民上がりだろ
貴族とは片腹痛い

90 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 19:38:07
>>86
藤原北家嫡流

91 :72:2005/08/03(水) 22:15:36
>>82 まぁ2ちゃん経由でメールなど恐いわ。
知り合った相手が偶然ちゃねらーなら宜しいですけど。
せめてあなたの名字のイニシャルと
住んでいる地域を教えて下さらない?

私のお祖母様は某大名家の仲人をしましたわ。
残念なことに今は男君に恵まれず
養子をめとったとかないとか。
母も伯爵殿とお見合いをしたらしいけど、
嫁ぎ先は平民よ。
母の知り合いの御方は皇太子殿下のお妃候補にもあがったわ。
私もお祖母さまが生きていたら皇族は畏れ多すぎますれど
せめて貴族や大名の殿方へ嫁ぎましたものを。

92 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 22:30:08
マッカーサー様は
貴族ですか?

93 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 22:32:11
>>92
まっさーかー

94 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 22:42:40
ドッグレース・マック・アーサー元帥

95 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 00:49:53
>>59
黒田さんの親戚の某華族って時点で、税所家か秋月家に特定されますよ。
ただ税所家の場合、薩摩藩士出身の勲功華族ですね。
秋月家(本姓大蔵氏)は確かに中世以来の九州の名族の末裔ですが。

>>61-62
近代の華族制度は、必ずしも家柄に準拠してつくられた制度ではないですから、
華族のなっていないが由緒ある家柄という家は普通にあり得ますよ。
例えば判りやすい例が、朝廷の地下官人で代々有位の家や、江戸幕府旗本(特に
高家・交代寄合クラス)なんかの子孫の家でしょう。
これらの家のなかには、中世以来の由緒を持っている家はいくらでも
ありますし、そうした家は客観的に見て平民はおろか大部分の武家華族・
勲功華族よりも、由緒ある家柄と認められると思います。

>>77-78
てか、藤原氏「北家」の意味わかってますか?
藤原不比等の4人の子供のうち房前の男系子孫の家を「北家」というのが正確。
だから、房前の子孫ならば、道長以前に嫡流から別れた閑院流(三条、西園寺、
徳大寺、菊亭etc)や日野流(日野、柳原、広橋、烏丸etc)などの公家、
それに関東の武士に多い秀郷流(嫡流は小山氏)なんかも系図上は藤原氏北家に
分類される。


96 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 01:02:26
原爆で
木っ端微塵に砕かれて
遺ったものは
くだらぬプライド


97 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 01:42:59
>>96
それは違います。
私は本当の家柄が分かるまで、
どちらかと言えば家柄について卑屈に考えていましたが、
こうしてハッキリと分かった今、そのような意識は無くなりました。

98 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 07:13:08
華族って公家華族&大名華族に価値があって明治維新の功労者は価値が無い。 明治政府は勝手に作って自らも華族になった。

99 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 07:31:56
公・侯爵の次男、三男で分家、男爵に叙された者の方が価値がないでしょう。
それに比べたら、新華族の方が幾分価値があると思うが。

100 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 09:30:29
滅びてしまった制度になど、なんの価値もない。

101 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 09:59:34
華族って明治政府が潰した?

102 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 10:03:17
明治政府がつくつたのぢゃ!!!


103 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 10:35:40
お前らニートには関係ないだろw

104 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 10:36:45
華族は明治政府が作って大日本帝国憲法のおかげで崩壊? 朝廷に支えてきた伝統ある公家が消えて残念。 他はどうでもいい。

105 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 10:49:57
華族は帝室の藩屏

106 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 11:27:12
皇室も公家も明治政府に巻き込まれて公家は消滅した。
皇室は明治政府の定めた旧皇室典範のおかげで今苦しんでる。

107 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 14:39:39
関東大震災で圧死した皇族たちの名前は比較的よく知られて居ますが、
この震災で犠牲になった華族の姓名は、どの程度分かるのでしょうか?
識者の方々、是非とも御教示下さい。
(家柄華族だけでも結構です)

誰一人御存知ないのでしょうか?


108 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 14:54:52
華族については霞会館に聞いた方が早い!

109 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 18:55:53
>>98
まあ勲功華族は「特別に認められた場合を除き当人一代限り」とかってすれば良かったかもね。
代わりに、実際の華族制度では除外された地下官人や旗本の主要なものを華族に取り立てたほうがよかった。

110 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 19:00:19
新規の華族を認めないとはケツの穴が狭い。
大名だって旗本だって、初代は成り上がりだろうに。

111 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 19:00:58
ま、今さら、滅んでしまった制度にああだこうだ言っても空しいけどな。

112 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 19:10:32
霞くって生きてるから・・・(笑

113 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 19:57:39
>>107
大きな図書館に行けば「大正過去帳」という本がおいてあるからそれで大震災の日付のところをみればいい。
あとは「華族家系大系」でも丹念に調べれば?
震災当時の新聞を調べてもいいし。

老婆心ながらご忠告申し上げると、
人に聞くだけじゃなくてある程度自分で調べる方法を考えたほうがいいとおもうよ。

114 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 21:39:29
>>107
松岡康毅男爵が確か被災して逝去していたはずです。
ちなみに松岡男爵は、農商務大臣、枢密顧問官、日大総長です。

115 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 21:49:59
戦災では石井菊次郎子爵が亡くなったのは知ってるけど、他にもいたかな?

116 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 00:51:46
石井乱心愚協定の人かね?

117 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 08:23:20
大東亜戦争で戦死した華族は、結構いるみたいですね。
音羽正彦侯・伏見博英伯・前田利為侯・西竹一男爵・伊集院松治男爵
他にもいると思いますが、ご存知ならお願いします。

118 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 08:55:16
西男爵家はまだ続いているの?
どちらの御出身?公家?武家?

119 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 09:52:49
>>118
西男爵家は新家族です。
薩摩出身の外交官 西徳二郎が男爵に叙されました。
竹一は徳二郎の息子。陸軍大佐。硫黄島にて戦死。
現在も残っているかは分かりません。

120 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 10:31:37
戦死とか戦犯として処刑じゃなくて、「戦災」で死んだのは石井さんだけ?

121 :118:2005/08/06(土) 12:51:54
>>119さん どうもありがとう。
新華族は薩長出身が多いの?

122 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 13:04:51
新華族が乱造されたのが明治時代。当時は薩長藩閥政権の時代。
日清・日露に従軍した将官クラスの軍人はたいてい男爵になってるね。
逆に大正期以降になると、新規の叙爵が大幅に減っている。

123 :119:2005/08/06(土) 13:09:58
>>118さん 新華族は圧倒的に薩長が多いです。
ちなみに 
公爵は全て薩長(伊藤・大山・桂・松方・山縣)
侯爵の薩長は、井上・大久保・木戸・西郷×2・東郷・野津。
薩長以外では、大隈(佐賀)・小村(宮崎)・佐々木(高知)しかいません。

124 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:06:19
軍部で大暴れの薩長はやりたい放題。東北は皆賊軍。

125 :119:2005/08/06(土) 14:25:11
昭和の新規爵位(男爵)叙任者の主な人物は・・
荒木貞夫(陸軍大将) 一木喜徳郎(枢密院議長)
大角岑生(海軍大将) 倉富勇三郎(   〃   )
白川義則(陸軍大将) 鈴木貫太郎(   〃   )
奈良武次(  〃   ) 原 嘉道  (   〃   )
本庄 繁 (  〃  ) 湯浅倉平(内大臣)
枢相経験者の爵位叙任率は凄く高いです。
最後の枢相 清水澄以外全員、華族です。

       

126 :118:2005/08/06(土) 16:17:35
>>123さん 詳しくありがとう。
もし仮に坂本竜馬が生きてたら
土佐藩でも侯爵ぐらいにはなってたのかしら?

127 :119:2005/08/06(土) 16:36:06
>>126さん
坂本龍馬が、もし明治以降生きていても、恐らく華族は辞退したと思います。
ですが、伯爵ぐらい貰えたとは思います。
同じ土佐藩の後藤象二郎・板垣退助が伯爵になっていますから。
他の大半の公・侯爵の新華族もスタートは伯爵からです。
その後、日清・日露戦争などの功労によって爵位が上がっているのです。

128 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 17:09:11
本人は辞退しても、結局は板垣みたいに受けざるをえなかったんじゃないかな。
板垣だって、固辞してたのに無理やり押しつけられたわけだから。

それに龍馬が政界に入らず財界人になっていたら、岩崎家みたいに男爵どまりだろう。

129 :119:2005/08/06(土) 17:36:04
>>128さん
確かに、財界入りしていたら男爵止まりの可能性が高いと思います。
ですが、薩長同盟締結の功があるので伯爵までいくかと思ったのです。
財界人の華族は全て経済発展の功労として男爵に叙されている訳です。

130 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 19:14:42
>>123
小村は、薩摩藩の支藩である日向佐土原藩の出身なので、実質的には薩摩と変わらない。

131 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 19:20:11
小村は飫肥藩(伊東氏)の家臣じゃなかったか?

132 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 20:53:30
そうともいう

133 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 00:37:08
関東大震災で圧死した皇族たちの名前は比較的よく知られて居ますが、
この震災で犠牲になった華族の姓名は、どの程度分かるのでしょうか?
識者の方々、是非とも御教示下さい。
(家柄華族だけでも結構です)

誰一人御存知ないのでしょうか?



134 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 01:18:25
133↑
またかよ 霞会館で調べろ

135 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 01:30:08
関東大震災で圧死した皇族たちの名前は比較的よく知られて居ますが、
この震災で犠牲になった華族の姓名は、どの程度分かるのでしょうか?
識者の方々、是非とも御教示下さい。
(家柄華族だけでも結構です)

したが此の板の人々は誰一人御返答出来ぬと見ゆるのう!



136 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 02:00:22
うん。誰一人返答できないよ。
ほなさいなら。

137 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 12:39:52
佐倉・堀田伯爵家の和子夫人、鳥取・池田侯爵家の亨子夫人が思いつきますが。
二人とも跡取り娘で、まだ30代だったはず。
関東大震災のことに限らず、華族だった人たちの一代記などの出版物を読めば、断片
的に出てくるかもしれませんね。

138 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 13:12:56
では、石井菊次郎以外で空襲で亡くなった華族は?

139 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 14:18:42
華族の当主では、石井子爵以外いないと思いますが・・・


140 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 14:59:08
東京在住者が多いのに、一般国民に比べて戦災での死亡率が異様に低いな。

141 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:15:05
鍋島家は東条英機の家と間違えられて米軍に爆撃されたんだよな

142 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:19:46
誰かの本(保坂?)に鍋島夫妻が直撃弾で爆死したとか書いてあったけど、
華族本の鍋島家の子孫や家系にふれた文章には、そういう記述はないんだよな。

143 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:20:10
おかでげ東條家は焼け残った訳か。
鍋島家 カワイソス・・・・

144 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 17:37:21
>>142
検索してみたら、戦前の当主鍋島直映は本土空襲以前の昭和18年に没。
次の当主鍋島直泰も昭和50年代まで生存してるから、保坂某の記述はガセ。

145 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 19:06:35
>>140
東京のどこに住んでいるかにもよるだろ。
空襲で灰になった下町地域に当時の(今でもそうだが)上流階級が邸宅を構えるとは思えない。

>>144
現当主の鍋島直要氏は長者番付によく出てくるね。

146 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 20:12:52
鍋島直要 でぐぐったら 一番最初がゴルフのHPだった(w
アマチュアゴルフの大御所みたいですね。



147 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 21:06:09
分家の当主の一人は、元RSKのアナウンサーでし。

148 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 08:11:02
>>117
詳しい事は分からないが、調べてみた。
相楽公愛(男爵) 堀河康文(子爵) 渡辺武治(子爵) 二条豊基(男爵)
松前正広(子爵) 上杉勝昭(子爵) 仁禮景嘉(子爵)
いずれも、死後 家督継承者がなく廃絶となっているようですね。


149 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 13:45:19
直要の両親(直泰&紀久子)もゴルフをやってたらしい。

150 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 01:03:37
>>62>>76
侯爵クラスの旧大名家で、系図が藤原氏北家ということになると、
伊達侯爵家(伊予宇和島)、山内侯爵家(土佐高知)、鍋島侯爵家(肥前佐賀)
くらいしか思いつかないのですが・・・。
もっとも、このなかで伊達以外の2家は戦国以前の系図が信用できない家ですが。

151 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 14:03:59
>>148
松前正広・・・うちの殿様だ。
たしか、陸軍二等兵でニューギニア戦線で戦死したらしい。
俺の曽祖父(101歳)が旧家臣で、その曽祖父が語るところによると、
江戸時代には、貿易で莫大な利益を得ていた松前家も、幕末にロシアなど
の外国の侵入のせいで、幕府から何度も領地移動させられ、あげく戊辰戦争
で、斉藤歳三以下の旧幕府軍に城を落とされ、逃走中に藩主は死亡。
明治に入って、子爵となったが、財政的にも苦しく、大正以降はさらに
悪化していたみたい。その頃になると、松前神社で行われる例祭も途切れがち
になったいった。分家の松前男爵家も破産状態で礼遇停止。
昭和19年に最後の当主・正広が戦死。この正広さんの時代には、旧家臣との
縁もなくなり、弟や妹もいたらしいが、どうなったのか曽祖父も知らない
そうです。現在は、分家の旧男爵家が事実上の御子孫らしいです。

152 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 14:11:04
悲惨やね・・・

153 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 14:23:11
華族当主が二等兵とは・・・
確か、徳川慶光公も二等兵として召集されたそうです。
上官も扱い難いでしょうね。

154 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 14:36:01
いや、古参兵の格好のイジメの対象に・・・

155 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 14:41:51
細川日記に近衛公の長男 近衛文隆が陸軍に入隊した後、
下士官や古年兵に酷い扱いをうけている といった記述があります。


156 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 14:41:56
冷泉の跡取息子と坊城家の長男も戦死だったはず。
さがせばもっといるかも。

157 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 17:37:48
森子爵家(旧三日月藩主)長男、森俊守氏
ニューギニアにて戦死。

158 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 19:47:59
高松宮妃の妹の旦那さんも戦死じゃなかった?
榊原さんじゃないほうの

159 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 20:07:23
>>158
旧福井藩主の松平侯爵?

160 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 20:11:33
国の先兵となって戦うのは華族の務め、という考えを持つ家が
多かったんだよ。

161 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 20:22:26
兵役なので否応なし

162 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 20:22:53
>>160
そのわりには徴兵されて死んだ人ばかりで職業軍人が少ないのは謎だな。

163 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 20:39:02
日露戦争では、南部利祥伯爵(陸軍騎兵中尉)が戦死。

164 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 20:55:26
北白川宮は戦死にはいりますか?

165 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 21:01:44
>>164
北白川宮永久王殿下(陸軍少佐)は戦死扱い。
実際は張家口にて、戦闘機のプロペラに巻き込まれたものらしい。


166 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 23:41:50
旧軍って古今東西稀に見るほど平等な軍隊だよね。

167 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 23:55:13
醍醐忠重侯爵。軍事法廷で刑死。

168 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 00:00:06
前田利為侯爵は太平洋戦争中にボルネオで事故死してるな。当時陸軍中将。

169 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 00:15:29
あの團伊玖磨って男爵家なんだね

170 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 00:57:39
北白川宮家は悲劇の宮家?

171 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 01:46:25
>>170
悲劇なのは北白川に侵略された国の民衆。

172 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:20:37
竜馬が伯爵ってのはおかしすぎじゃない?
板垣は上士出身だったわけで
同じ上士出身の福岡は子爵であることを考えると
郷士出身の竜馬は男爵じゃないの?

173 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:27:25
別に土佐藩が爵位を与えるわけではない。農民、足軽の伊藤ですら伯爵。

174 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 17:33:40
>>169
三井財閥理事 團琢磨が、昭和3年男爵に叙された。
團伊玖磨は、團琢磨の孫にあたる。

175 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 20:59:04
>>117
沖縄戦で尚 順男爵(尚泰侯爵4男)が亡くなったと
聞いた事ある。


176 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:06:08
寺田屋で龍馬を助けた三吉慎蔵って爵位はもらえなかったんですか?


177 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:23:26
爵位は維新後の官歴が基準になってるから
幕末の行動は関係ないでしょ

178 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 08:30:42
玉松操(地下官人出身)なんかは五箇条の御誓文の起草に関わったというだけで
爵位を貰っている(しかも公家華族扱いになっている)が。

179 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 09:08:01
実家の山本家は公家華族で子爵だったはずだが>玉松操

180 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 23:57:14
橋本龍太郎、引退決定
奥さんが代わりに小選挙区で出馬、とのこと
この人、元々子爵家令嬢なのに、そんな泥臭いことを…

181 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 00:12:43
>>180
子爵って、何家なの?

182 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 00:18:20
大村益二郎の頭って本当にでかかったんですか

183 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 00:25:42
橋本の奥さんの実家は新華族。たいして名門ではない。

184 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 00:29:50
>>178
玉松は明治2年に公卿に列せられてる
御誓文の起草は玉松じゃないし

185 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 00:32:30
玉松は偽御旗作った奴?

186 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 00:41:12
帰化人の和邇氏の子孫が華族になっていたというのを聞いたんだが
だれか関連のある話を知ってる人はいる?

187 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 01:12:56
帰化人の島津の子孫や秋月の子孫が家族になっておるが。
っていうか、天皇家自体帰k

188 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 02:23:26
公家華族でも錦小路家とかは帰化人の子孫では?
東漢氏→坂上氏→丹波氏と姓が変わっているが。

189 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 02:44:01
ニート公爵


長年に渡り、バブルの恩恵も一切受けず、職歴なし童貞ニートととして40年間生きてきた。

190 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 07:33:59
帰化人系の華族なんて別に珍しくもないだろ。
菅原氏なんかが有名どころと思うが、そこの公家なら唐橋家とか高辻家とか。
本当に菅原氏かどうかは怪しいけど武家なら前田家とか。

191 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 10:48:48
菅原氏は出雲系で帰化人ではない

192 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 20:48:58
まあ、天皇家自体帰化人だし。

193 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 22:22:31
>>188
>>190
そうそう。そういう意味で和邇氏の子孫が何と言う名前(○○家)で
続いているかが知りたいんだ。

194 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 23:08:35
>>185
錦旗のデザインを考えた他に
倒幕の密勅の原文書いたり(これは偽勅なので表に出せないが)
王政復古の大号令の詔勅の原文を書いたりしている

195 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 23:25:26
>>193
和邇氏の血を引く公家はないからなあ。
あとは大名系の華族でいるかどうかだな。
「寛政重修諸家譜」で小野朝臣の大名がいるかどうか調べてみたら。

196 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 23:27:01
>>193
地下官人ならいるかも。

197 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 07:26:39
牛久藩主 山口家  多々良朝臣 百済聖明王後裔
一関藩主 田村家  坂上宿禰  後漢霊帝後裔
高鍋藩主 秋月家  大蔵朝臣  後漢霊帝後裔
医家   錦小路家 丹波朝臣  後漢霊帝後裔


198 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 11:09:09
>>192
>まあ、天皇家自体帰化人だし。

うん、確かに。
高天原からの帰化人だよな。

199 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 13:34:04
はげどう。
高天原って高霊のあたりだっけ?

200 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 14:16:07
北九州

201 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 15:37:41
金官加羅から来た傭兵隊長

202 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 15:44:27
現在の天皇は 第八王朝


203 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 16:25:53
華族って明治政府が作って…同時に明治政府が作った軍隊が昭和に入ってから暴発して敗戦になって華族が崩壊した訳?

204 :西園寺公望 ◇jnCbCnXui6:2005/08/14(日) 17:44:21
http://www.geocities.jp/showahistory/history4/23e.html

205 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 18:41:52
>>204
敗戦後の旧華族の凋落・・・
栄枯盛衰とはこの事か


206 :186:2005/08/14(日) 21:55:23
>>195
参考文献サンクス。
探してみる。


207 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 22:31:25
徳川御三家の水戸家は公爵ですが尾張家と紀伊家は爵位なんですか?

208 :西園寺公望 ◇jnCbCnXui6:2005/08/14(日) 22:50:58
侯爵だよ

わかったか?

209 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 23:03:41
徳川御三家で最下位の水戸家が公爵とは尊王が評価されたから?

210 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 23:13:37
>>209
そういうことみたい。
当初は尾張紀州と同じ侯爵だったが
昭和に入って公爵に格上げになった

211 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 23:15:01
だから何かと難しかっただろうね
同じ徳川一門で
宗家・慶喜家・水戸家と、3家も公爵家があったわけだから

212 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:40:49
宗家の宗達は慶喜を「徳川を滅ぼした人」と馬鹿にしていたらしいね。
二人とも御三卿の出(田安と一橋)だから、ライバル意識でもあったのかしら

213 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:43:28
反慶喜の天樟院から薫陶を受けていたから。
馬鹿にしていたかどうかはともかく、家達は自分が徳川家を再興したと自負し、預かっていた系図上
義理の姉妹にあたる慶喜の娘たちを、罪人の子扱いにしていた。
慶喜の娘たちは、後年になっても家達夫妻に対して蟠りがあったという。


214 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:47:21
でも慶喜の娘たちは慶喜が依頼し家達のもとに預けられて教育を受けたんでしょ

家達は慶喜を嫌っていたら断るんじゃないかなぁ
 

215 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:50:47
ややスレ違いになるが何で天樟院は慶喜嫌ってたのかねえ
そもそも彼女が正室に送り込まれたのは慶喜を14代将軍にするためでしょ?

216 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:22:28
徳川斉昭が大奥は金の無駄遣いと大奥改革論を展開
→当然大奥の人間は斉昭嫌いになる→その息子も大奥では嫌われ者になる
→天樟院が大奥に入る→大奥の人間に斉昭と慶喜の悪口を徹底的に吹き込まれる
→所詮はお嬢なんで影響受けまくる

217 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:42:42
天樟院は慶喜の助命でも頑張っているので強く個人的恨みがあったわけでもなかろう。
それに南紀派一色の大奥内で、元が薩摩の田舎姫様が一人抵抗できるってもんでも。

徳川家達は純朴な貴族的超イイ人という話が残っているので、
(しかも首班大命を固辞した程度には自分のことを理解した人間)
慶喜の子も当主として気前よく世話をみてやったんだろう。
徳川家の家人はやや冷たい目でも見てたかもしれんけどな。

218 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 02:51:56

天樟院 → 天璋院

219 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 12:25:44
>>218
修正d楠

220 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 13:12:29
日本の肖像旧皇族・華族秘蔵アルバムによれば
家達はイートン校で学んでいたことがあって
卒業後はオックスフォードかケンブリッジに進むつもりであったが
日本から帰国命令がきてやもなく帰国したらしい


221 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 13:23:37
ちなみに家達がイートン校に
入学できたのは大君(イギリスでは将軍のことをこう呼んだ)の子孫だからみたい

222 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 14:11:06
オックスフォード・ケンブリッジに留学した華族なら沢山いるでしょう。

223 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:35:34
家達は温厚な人物だったが、慶喜に対しては対抗心があったようだ。
一門の会合で後から着いた家達が、先着で上座にいた慶喜を見て、自分の座る席が無いと
つぶやき、慶喜は上座を譲ったという。
以来、旧家臣の会合では二人を同時に招かなくなった。

慶喜家が公爵をもらって別家を建てるまでは宗家の隠居扱いで、経済的に自立していなかった
から、華族女学校に通う娘たちの面倒を本家が見るのは当然。
ただし、庶民と違って、娘たちとそれぞれのお付き女中と、女中頭の大世帯だから負担は
大きかったと思うけど。別家するまでに結婚させた慶喜の娘たちの支度も宗家持ち。

224 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:44:00
今の慶喜家の当主は自称”徳川18代”を公言してるから
宗家からしてみれば気が気じゃないな

225 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:58:24
>今の慶喜家の当主
何気に平沼赳夫と義兄弟だったりする。

226 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 23:25:10
>>221
>大君(イギリスでは将軍のことをこう呼んだ)

イギリスに限らず当時の外国人の江戸幕府将軍に対する呼称として、
大君(Tycoon)はかなり一般的に使われているよ。

227 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 04:49:26
>>172
遅レスだけど。竜馬が生きてればまちがいなく伯爵だよ。
華族制度が発足した時点で、新薩長土肥閥のリーダー格が叙爵された伯爵が新華族の最高位。
薩摩の黒田・松方・西郷従道・大山巌、長州の伊藤・井上・山県・山田
肥前の大隈・大木・副島・佐野、土佐の後藤・板垣。
以上が伯爵(若干記憶違いあるかも)。
竜馬が生きていれば、格としてはまちがいなく土佐派のリーダーだったから
伯爵で決まりだよ。そのかわり板垣か後藤が子爵どまりだったかもね。

228 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 04:54:13
つーか竜馬って架空の人物でしょ?

229 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 04:55:01
叙爵内規
公爵・・・親王諸王より臣位に列せられた者、旧摂家、徳川宗家、国家に偉勲ある者
侯爵・・・旧清華家、徳川旧三家、旧大藩(現高15万石以上)知事、旧琉球藩王、国家に勲功ある者
伯爵・・・大納言まで宣任の例多き旧堂上、徳川旧三卿、旧中藩(現高5万石以上)知事、国家に勲功ある者
子爵・・・維新前に家を起した旧堂上、旧小藩(現高5万石未満)知事、国家に勲功ある者
男爵・・・維新後華族に列せられた者、国家に勲功ある者


この内規はかなり厳密に適用されたんだよ。
華族制度発足時の新華族への叙爵は、
幕末維新から立憲政治にいたるまでの、その人物の格付けそのものだよ。

230 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 07:50:52
華族の次男以下は分家しちゃうと平民籍になるそうです。
カワイソス・・

231 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 08:42:24
きぞく 1 【貴族】

(1)家柄・身分の高い人。代々、血統・門地により、社会的特権をもつ階級。
日本では古くは藤原一族や公卿の家柄などがこれに相当し、明治維新後は華族令による華族をさしたが、第二次大戦後消滅した。
(2)(比喩的に)ある特権をもつ者。
「労働―」「独身―」


残念。華族も貴族でした〜。
馬鹿自爆w


232 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 09:03:54
>>231
どれへのレスだ?


233 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 10:35:12
>>232
「馬鹿自爆」と言ってるから、自分自身に対してだろ。プゲラ

234 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 10:42:09
>>230
高橋是清子爵は、護憲運動に参加。自ら衆議院議員に立候補する為
嫡男 是賢に家督を譲り、是清自身は分家。平民となり議員となった例がある。

235 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 11:25:31
>>230
日本の華族令だと爵位は個人に与えられるものだから、特典も栄誉も
その当人の家族でなくなると失われちゃうのよね。


236 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 12:33:26
>>230
例外的に公家華族・大名華族の次男等にも分家・授爵がされている。


237 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 13:41:32
>>236
新華族からも分家・授爵の例があります。
伊藤文吉男爵(伊藤博文公爵養子 実際は実子だが庶子の為、夫人の実家に入籍。
          それから、伊藤家へ入籍、分家)
山縣有光男爵(山縣有朋公爵の孫・船越光之丞男爵三男。山縣家へ入籍、分家)

238 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 14:59:34
>>235
逆ですよ。日本の家族制度は家(血筋)に対して与えられるもの。
だから本人に何の功績がなくても誰々の子供、名家の戸主ってだけで与えられた。
次男三男や女子に継承権が亡くなるのは、分家や結婚によって戸籍=家が別れるから。


239 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 20:28:12
平沼赳夫とかは男爵家の当主とか旧華族という意識を持っているのだろうか?
騏一郎自体が士族あがりだし、赳夫も実の子じゃないから単に名前をついだだけ?

田英夫とかは思想的にはともかく、見るからに紳士的でバロンって雰囲気あるけど。

240 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 20:40:37
平沼が徳川慶喜の曾孫(で高松宮妃の姪)と結婚できたのは華族だったからだろうな。
細川元首相ほどではないにしても、戦後の政治家では名門ではあるな。

麻生太郎も母方では大久保、牧野、父方の祖母は上総一宮藩主加納家の出身と華族の血
をひいている。

241 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 21:10:59
平沼はこの時期になるといつも例のごとく養父の「平沼を出せ!!」の話を
そこらじゅうでやってるww

242 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 01:44:56
麻生太郎って、中世の頃に九州にいた豪族の麻生氏とは無関係?

243 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 13:23:29
>>241
「平沼を出せ!!」の話って何?
くわしく

244 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 13:38:16
麻生は信子妃の兄貴?

245 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 14:42:55
>>244
15歳違うけど実の兄妹

246 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 14:56:30
以前、大室スレで見たが橋龍の奥さんの実家中村家も新華族(男爵?)で、
女系では上総一宮藩の加納家(子爵)の血も入っているそうな。

橋龍ジュニアも麻生太郎みたいなもんだな。

247 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 16:05:04
>>243
終戦時、戦争続行派の軍人達が平沼邸に押し掛け、家人に「平沼を出せ!!」と怒号をあげ、
騏一郎に銃を付きつけたのを赳夫が幼少ながら真近でみたというお話です

248 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 20:38:36
http://www.reihou.jp/top.html

249 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 21:29:39
平沼赳夫は騏一郎の養子なのが自慢だけど、血はつながってるの?
養子というと嫁に行った娘が生んだ孫とか甥っ子とかいうのがよくあるパターンだが。


250 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 21:44:36
騏一郎は生涯独身だったので子供はいない。
赳夫は騏一郎の兄弟のひ孫らしい。

251 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 22:12:24
>>250じゃないけど平沼赳夫氏自身によるソース
ttp://www.hiranuma.org/japan/talk/father_01.html

しかし騏一郎氏はどうして独身を通されたのかねえ?

252 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 23:45:16
そうか。童貞だったのか。

253 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 00:08:40
>>250
>>251
サンクス!
なるほどねー。兄の孫娘の生んだ子を養子にしたのか。
父親の恭四郎氏を養子にしてもよさそうなものを(現に平沼家に入籍はしている)、
そうしないであえて生まれたばかりの赳夫氏を養子にしたのはやはり血がつながっているほうが
優先されたんだろうか。

254 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 14:13:34
宮中での歌会始の召人?歌を読み上げる人は旧公家の人?坊城?

255 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 16:40:19
>>242
あの九州の麻生で良いんじゃね?
んで女優の麻生も九州のあの麻生だったはず。

256 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 17:03:33
今でも侍従・東宮侍従や宮内庁職員などは旧華族の比率は多いんでしょうか?
戦前は華族が多かったのは知ってますが現在はどうなんでしょう。
詳しい方、教えて下さい。

257 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 17:44:45
昭和50年代までは、入江侍従長(堂上)をはじめ徳川侍従次長(諸侯)、
黒木東宮侍従長(西郷従道の孫)、北白川女官長(徳川侍従次長の妹)と
東園掌典長(堂上、伊達家からの養子)と旧華族出身者が“オク”の要職
を押さえていた。

ちなみに、今の渡辺侍従長は伯爵さま。

258 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 17:49:39
戦後も昭和30年代くらいまでは、宮内庁職員に華族出身者が多かったことは、
入江相政日記を読めばよくわかる。

その後、侍従や式部官は一般官庁からの出向者の占める割合が増加していった。

259 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 00:21:15
>>254
平成16年の披講会メンバー
坊城俊周・五辻規仲・柳原従光・堤公長・秋田美篤・園池公毅
坊城俊成・坊城俊在・近衛忠大・醍醐忠紀・久邇朝俊・櫛笥隆亮

旧宮家、五摂家、清華家、羽林家、半家、名家とバランスよく揃ってるな。

260 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 13:17:19
醍醐忠紀の子を愛子の婿にしよう

261 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 13:36:29
アイコはイラネ

262 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 14:48:10
醍醐忠紀の子を佳子の婿にしよう

263 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 15:50:12
山階宮範子妃と閑院宮智恵子妃は正室の娘?

264 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 15:51:21
東園掌典長の亡き奥様は昭和天皇の従妹。

265 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 15:54:17
醍醐忠紀の祖父は自殺した人で曽祖父は殺された人?

266 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 16:09:27
慶喜の孫と家達の孫が結婚してるけど家達の孫が戦死して結婚生活は4年で終わった。

267 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 20:50:25
家達の孫で戦死した人というと、松平康昌侯爵の息子のことかな?

268 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 22:37:22
康昌侯夫人はすごい美人。

269 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 09:43:38
>>268
幼少の綾子夫人しか見たこと無いけどそんなに美少女には見えなかった

270 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 12:34:15
バレーの松平康隆ってどの家?

271 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 12:35:02
渡辺伯爵はどこの藩主なのでしょうか?
摂津の渡辺党ですか?

272 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 13:34:51
渡辺伯爵家は新華族
渡辺千秋が明治維新の功で授爵

273 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 15:50:45
千秋ちゃんっておんなのこ?
千秋たんハァハァ

274 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 18:17:27
今話題の「国民新党」幹事長の亀井久興氏は旧伯爵家。

275 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 01:32:44
>>274
さらに久興氏の母方は有馬伯爵家。

276 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 13:59:03
亀井家自体は大名家だけど、明治以降に公家から養子入ってるよね。

277 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 14:42:44
久興氏の母方の祖母は北白川宮の出身。
久興氏の父方の祖母は上杉家の出身。

278 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 15:10:21
そんな貴公子が代議士なんて下賤な仕事に身を落としたのか・・・
これ以上、泥にまみれるのはやめろよ。

279 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 15:36:49
久興の祖父の有馬頼寧は農林大臣だった?

280 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 15:42:19
YES

281 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 17:34:57
あの亀井静香も亀井久興氏と遠縁にあたるらしい。

282 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 17:39:34
それ自称で信憑性ないからw

283 :日本@名無史さん:2005/08/29(月) 18:46:44
現在の鷹司家当主の父親も戦死したらしいけどどこの松平家出身?

284 :日本@名無史さん:2005/08/29(月) 21:54:28
美濃岩村

285 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 18:15:34
どうもありがとうございます。

286 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 18:21:36
京極杞陽(本名高光・子爵)って関東大震災で両親、祖母、弟2人、妹2人を失っている。

287 :286:2005/08/30(火) 19:51:13
京極杞陽は豊岡藩主家の出身

288 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 21:27:42
>>276
公家ってどこ?

289 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 22:19:46
>>288
堤家。
堤哲長の3男が亀井家に養子入り

290 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 22:23:14
まぁ亀井家は戦国時代にすでに他家から養子入ったからなぁ。

291 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 22:41:07
>>279
>久興の祖父の有馬頼寧は農林大臣だった?

競馬の有馬記念の有馬氏だよ

292 :日本@名無史さん:2005/08/31(水) 02:11:19
農林大臣にもなってるよ。

293 :日本@名無史さん:2005/08/31(水) 07:59:00
>>279の問いは>>280が回答しています。

>>292は誰が?

294 :日本@名無史さん:2005/08/31(水) 12:23:30
>>280>>292ですが何か?

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)