5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【DNA】西日本は中国系で東日本は半島系か2

1 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:29:03
酒の強さは遺伝子で決まる
http://www2.athome.co.jp/academy/genetic/gen04.html
朝鮮半島と東日本は弥生人(下戸遺伝子)が少ない


国立科学博物館 日本人はるかな旅展 遺伝子によるルーツ研究
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html
B44-DR13は韓国最大集団(日本では秋田〜新潟ラインに多いらしい。他HPより)

DNAでは西日本と中国との共通点が多く、東日本は朝鮮半島との共通点が多い

DNAの分布と日本の歴史を照らし合わせて議論したい

前スレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1114947979/


2 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:29:22
2げっちゅー

3 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:34:45
HLAはDNAではありません
赤血球のABO型と同じで
白血球の血液型です


4 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:41:20
1000 :日本@名無史さん :2005/07/28(木) 22:37:34
東日本は半島系でした。

ナイス、あとエベンキ系な、顔長の

5 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:45:45
ほほう、

くろーい、小頭頬高の不格好な楕円形の長顔で、のっぺら低鼻、
うすーいハの字眉に、離れた細い寄り目で、唇が突き出して
めくれている、あのビビンバ顔はエベンキ系だったか?

6 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:46:46
くだらん東西対立で1000までいくに100ペソ

7 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:47:49
東日本の人々と朝鮮人では頭の形や目頭部分(蒙古襞)が違う

8 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:49:27
語尾に「〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜YO(よ)!!!」
ってつくのはハングル?????????

9 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:50:24
朝鮮人にも色々いて、縄文人に近い顔、中国人に近い顔、
ビビンバに近い顔といろいろ居るからな。

10 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:52:14
>>7
東日本人はエベンキ系が基本、次に朝鮮、畿内からの支配階級が被さる。

11 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:53:36
朝鮮人は奴隷だった!

朝鮮通信使・朴瑞生の帰国報告。
日本に行ってみたら、倭寇にさらわれ奴隷にされた朝鮮人がたくさんいて驚いているのです。
通信使をみて、助けを求めているんだけれど、みんな鎖につながれて逃げることもできない

(『世宗実録11、12乙亥』より)


12 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:53:45
>>10
>東日本人はエベンキ系が基本




で、そのソースは?





13 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 22:56:56
>>12
顔見れば一目瞭然でもあるな、畿内人とは異質のタイプ
沿海州系。

14 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:12:02
>>13
だから学術ソースを出せよ。

おまえの脳内朝鮮ソースではなく。

15 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:13:53
沿海州ロイド五月蠅いな・・

16 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:45:17
そういや、東日本は、浜コウとか、田中角栄とか、真紀子とか、松嶋奈々子とか
半島系の顔が多いな

17 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:49:51
東日本と朝鮮では頭の形が違う

18 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:56:51
東日本のベースは沿海州ロイド、それに半島系支配民が乗っかる。

19 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:59:33
B52-DR15の高頻度の場所が日本とモンゴルと地理的に離れて
二極化しているのに対し、
B44-DR13の高頻度の場所が日本と韓国と地理的に連続している。

その中でB44-DR13の頻度が一番高い地域が日本の東海地方と来れば、
東海地方から日韓じゅうに広がっていったと見るのが正解。

20 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 00:02:23
【地理・人類学板】同時進行のスレだろ!いい加減アキタしいらねぇスレ削除しろよ!

21 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 00:19:07
>>19
なぜ君はD52-DR15は日本発祥だと考えないのかね

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 09:10:46
「東日本」と一括りにすると、東北人や道民が沸いてくるので、関東人に限定したら?
関東人の出自は怪しすぎる。2chで正体を暴こう。
そういや、人類学板には、関東人と朝鮮半島云々のスレがあったけど。
どうやら、新羅の系統が強そうではあるが。

23 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 10:18:46
B44-DR13が天孫降臨ルートであることは間違いない!!
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html

24 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 10:21:42
東山道が半島系は間違い半島系、畿内系の支配階層はごくわずか
東山道人は畿内系の顔はいない、殆ど関与していない。
東山道人のベースは沿海州のエベンキ、オロチョン等である。

25 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 10:25:35
高天原(半島)から降臨させた支配階層が半島系であることは間違いない


26 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 21:11:32
↑中国、山東半島

27 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 22:14:37
高天原は北九州です。
天孫は北九州系の倭人、
北九州勢力が南九州や出雲、半島南部に天下ったのが天孫降臨伝承。
新羅の歴史書に倭人と伝えられる新羅国王も北九州の倭人であった可能性が高いのでは?

28 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:09:57
北九州人って半島人の忌み嫌う倭人ですよ。
■ハングル板基本用語解説■其の14

(理由2) <<白丁(ペクチョン)>> 日韓併合されるまで朝鮮に存在していた被差別階級。在日=白丁とされる韓国では
現在でも在日は差別される。実際は全ての在日が白丁な訳ではないがその多くは朝鮮社会での被差別階級だった。朝鮮の身
分階級は大別して「良人(両班、中人等)」「賤人=奴隷」とあり、「賤人」のうち個人所有=民婢、公有=官婢と称した。
国家的奴隷制、贈り物・相続・売買され、殺生しても罪に問われなかった(←部落との違い)「白丁」は、これの更に下層
に奴隷以下の被差別民として位置づけられた。李朝時代に身分として固定され、柳細工の製造販売や屠畜などに従事、衣服
も指定され、居住地も制限され、目印として平壌笠と呼ばれる笠をかぶらねばならなかった。(コピペ)
(理由3) <<済州島出身者>> 白丁よりも済州島が多い。ソウル>地方>全羅道>白丁>済州島 済州島に対する差別
は酷く、完全な野蛮人扱い。済州島出身者との結婚となると、在日の間でさえ「血が汚れる」と一族が猛反対。
1948年、南朝鮮の単独選挙に反対する南朝鮮労働党が組織した済州島四・三蜂起が発生し、朝鮮戦争後の1950年代
半ばまで、弾圧とテロ、山岳ゲリラ活動が続き、のべ8万人の島民が殺されたとされている。今日でも、済州島は反中央の
気風と結びつけて語られることが多く、半島には済州島出身者への差別意識が残っていると論じられることも多い。
済州島は、民族的に陸(半島)と著しく異なり、倭人に近い。昔は独立国だったが、いつの頃か朝鮮に侵略されて現在に至
る。ただ、完全な支配となると意外と新しく、三別抄の乱後、元寇以後になるんじゃないかな。日本では、神功皇后が済州
島を征伐し、その時百済に与えたと伝えられてる。 (コピペ)

――戦後の補償と謝罪―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦後の補償と謝罪に関するデータ http://tenpura_c.tripod.co.jp/


360 :日本@名無史さん :2005/07/29(金) 15:41:29
早い話満州人が倭人(縄文)をB扱いして差別・排除してきただけだね。
半島も日本も構造は同じじゃん。

29 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:18:11
>>27
日本の神話は他の民族の神話との共通した部分があまりに多く歴史的根拠にならない
(ギリシャ、北欧、中央アジア、モンゴル、インドネシアなどの神話と同じ内容の話がある)

30 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:21:21
朝鮮人の西日本人が、
自分たちは朝鮮人じゃないと言い張ってるんだから、
とても自虐的なスレですね。

31 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:21:29
>>29
天孫っていうか律令制以降かならず畿内から天下り官僚が
痴呆支配してんじゃん、これって天孫降臨神話の踏襲なんじゃねーのか?


32 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:23:15
>>30
こっちでは東日本の人は目が細いというのが常識になってます
そっちはどうですか?

33 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:26:02
朝鮮人の血が濃い=東日本人というのは世間一般常識だな
事実、顔薄いし・・目細いし、偶々濃い顔は多分南方系の移民だろう
という認識。
ただ、みのもんたのようま目つきはやはり東国特有。

34 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:28:33
>>31
何を言ってるのかわからん、お前はこれについて調べろ
http://www.goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c031

35 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:29:23
東国に彫りの深い顔は居ない、目がでてる。
逆に、それが西国人にとって上品にみえたりする、
渡来系美人ってことでしょうか。
朝鮮人もそういう美人ですね。

36 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:31:36
天孫降臨はあるよ、天下りともいう。
土人を支配階層にするのは支配者に取っては危険だろう。


37 :27:2005/07/29(金) 23:36:24
別に神話が歴史を反映してるとは思ってないよ。
ただ、>>25のデムパに反論してみただけです。

38 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:40:41
俺も最初は高天原は北九州だと思ってた、しかし
調べるれば調べるほどそれは否定される。

39 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:44:15
関西イントネーション文化圏には
四声があるから
中国語じゃない?ルーツ・・・・

40 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:48:44
>>36
何を言ってるのかわからん、お前はこれについて調べろ
http://www.goisu.net/cgi-bin/psychology/psychology.cgi?menu=c031

41 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:53:25
>>40やってみました。

あなたの電波度はこんな感じ!


あなたの電波度は【天然系】レベルで【55%】ぐらいです。
わりと常人に近い位置にいるあなた。電波度としては偏差値よりほんの少し高いぐらいです。
自分では自分を「普通」だと思って毎日の生活をしているでしょう。
しかし、天然の電波は、ときに人から嫌われる可能性があります。
自分では面白いと思った発言が、人からうざったがられることもあるので、なんでもかんでも思いついたまま、発言しないほうが良いでしょう。特に流行語を発するときは要注意です。
人とのコミュニケーションバランスが取れれば、問題ありません。精進しましょう。

42 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:57:37
電波の皆さん!
この子達がレギュラーで出ているテレビ番組を教えて

http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_4&nid=128863&work=list&st=&sw=&cp=8

43 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:59:24
ふざけるな!俺は、広島出身だが中国人がルーツとか聞くだけでゲロを吐きたくなるぜ。

44 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 00:10:07
>>43
韓国朝鮮人よりはまし
http://photo2.jijisama.org/

45 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:19:47
中国人というより、今の中国にあたる土地に昔いた民族で、
具体的には、春秋戦国時代の呉・斉・燕人などだろ


46 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:34:54
どっちにしても北京原人が先祖ではないか?


47 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:55:23
ルーツとかいうけど
それだけの話
秋田県あたりは、白人がルーツらしい
結局、白人、黒人、黄色人種、
それは、身体的特徴
思考的特長は場所に関係しない
ばかはばかだし
わかるひとはわかるんだし。

48 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 12:00:39
衝撃!!桜庭和志は白人だった!!
やはり黄色人種はグレイシーに勝てないのか!!!!

49 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 12:44:40

やがて、6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから
南下し、中国の大部分に広がっていきました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-10.html

やがて、6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから
南下し、中国の大部分に広がっていきました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-10.html

やがて、6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから
南下し、中国の大部分に広がっていきました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-10.html

やがて、6000年ほど前、このような北方アジア人が、シベリアから
南下し、中国の大部分に広がっていきました。
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-10.html

50 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 13:11:24
>>47
>>1
北朝鮮ルーツだろ

51 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 13:26:04
>秋田県あたりは、白人がルーツらしい


頭の弱い香具師が多いね。
秋田に白人の遺伝子など無いし、秋田は東北地方の中では
最もB52-DR15が多い地域。

西日本から船でやって来て、この付近の港に東北進出の足場を
置いた弥生人の末裔と見られる。

52 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 15:09:12
関東人=古半島人
関西人=古中国人

53 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 16:31:16
↑ビビンバ黒人

54 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 17:05:50

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

55 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 17:48:17
博多、甘木と回ったが彼らに朝鮮人の血は殆ど流れてないと
実感した、倭奴そのものだ、古代から全く変わってないかもしれない
人種的にはポリネシア、マレーよりアイヌに似ている。
後は中国人か?呉越あたりの奴らか?
色黒、ちび、目ぎょろ、眉毛ふとっそんなのばっかり。
SBの孫も半島の倭人の末裔かもしれんなリアル朝鮮人とは違いすぎる。
おそらく東北人とも全く異質の対局にある人種だと思う。


56 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 19:54:17
関東は出雲と関係があるらしいね

57 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 20:53:13
>>55
日本人からは中国人に多いハプロタイプがほとんど出てこない。

それらは全て縄文系。

残念!

58 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 23:15:13
日本人=モンゴル人
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1122784909/


1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 13:41:49 ID:0jvjItsR
弥生人は縄文遺伝子も運んでいるに違いない
モンゴル人は不思議と日本人に似ている
目の細い人、普通の人、大きな人、ヒゲの薄い人、濃い人
割合、種類も日本とそっくりなのだ
アク、くせのないところも似ている
HLAだけではない、顔までソクーリ!!

モンゴル人
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E4%BA%BA&hl=ja
%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E4%BA%BA&hl=ja

59 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 01:20:25
>>58
似てる
朝鮮人、中国人は違和感あるけど、日本人のルーツはモンゴルかもね

60 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 01:33:09
モンゴルよりも東部でもっと北方。

61 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 01:55:35
>>60
モンゴル方面にも移動したんだよ

62 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 18:04:59
韓国人
http://bbs.enjoykorea.naver.co.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_14&nid=36239&work=list&st=&sw=&cp=7

63 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 18:25:37
漏れは最近電車乗るたびこいつ何系かな??
って考えるようになったぞ。
重傷だよ。

64 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 18:27:33
ごめん、これだ
韓国人
http://bbs.enjoykorea.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_14&nid=36239&work=list&st=&sw=&cp=8

65 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 21:35:15
43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:25:50 ID:F1XXnUX6
モンゴル人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E4%BA%BA
ブリヤート
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88&hl=ja
アイヌ
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C&hl=ja
韓国人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2
中国人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2
チベット人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E4%BA%BA


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:31:48 ID:F1XXnUX6
縄文の祖先と言われるブリヤート、アイヌに注目して欲しい
画像からの判断では、ブリヤートの容姿はモンゴル人とほぼ同じと言って良いだろう
ブリヤートとアイヌのかけ離れた容姿から、同祖には思えない
西日本には縄文人のmtDNAが多く、東日本はアイヌのmtDNAが多くなるんだよね
やはり、ブリヤートの縄文遺伝子は弥生人が持ってきたものだ

66 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 22:03:12
45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:40:06 ID:F1XXnUX6
つまり、日本で弥生、縄文の混血はあまり進んでいない
縄文はほぼ絶滅している
日本人の縄文遺伝子は弥生人に元々混ざっていたもの

67 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 22:44:21
>>66それだとそもそもが縄文人のmtDNAを特定していないことになり
mtDNA人種探索そのものが意味をなさない。そこで漏れはこう仮説を立てた。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 22:32:05 ID:u6nYQ6ys
もっとも南の南米インディオが欧米の学者の分類だと白人らしい、しかしアマゾンの
インディオ、中米、北米のインディオもそう大して変わらない風貌。
インディオ、エスキモーの変わり目を調べるとアイヌや縄文人、弥生人を
含む東アジア全体の人種形成がみえてくるように思う・・・
ただ、インディオは毛が薄いので日本の場合とは多少違う進化をしたか
あるいは日本は全く別の熊みたいな毛深い人種と交配したのかもしれない。
そう、インディオは確実に北アジアにいたのである!
インディオ、縄文人、アイヌは古モンゴロイドなのです。
マレー人、ポリネシア人は多少新モンゴロイドが混じった
南の古モンゴロイドでしょう。

http://www.fujikai.it/giapponese/cultura/image_11/cultur16.jpg
この写真は樺太アイヌ。
http://www.l.chiba-u.ac.jp/japanese/eura/2_1.jpg
一番左のおじさん鶴太郎そっくり、そう彼は縄文人なのだ!

68 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 22:50:45
エスキモーと北米のインディオはおそらく
北アジア人の連続的な変化をそのまま記録していると思うわけ。
北米インディオ、中米インディオ、南米インディオは多少見た目は
違うが皆白人に近い風貌をしている、彼らがスペイン等の混血と
思ったら大間違いヤシらは殆ど純血。
そう、北アジア人は本来皆あのようなコーカソイド的風貌だったのです。

69 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 22:59:22
mtDNAみたいのを絶対視している奴がいるが、そもそも北アジア人も
南アジア人も彫りの深い、蒙古ヒダのない顔立ちだったのだ。
そもそも扁平顔の新モンゴロイドも彫りの深い縄文人もアイヌも
インディオもそう遺伝子上で変わるわけではない。ではなぜあのような
目の小さい、扁平顔の新モンゴロイドが極東を埋め尽くしたか?
漏れは縄文人の中にいた変わった顔立ちの縄文人が性淘汰などを通じて
増殖した結果じゃないかとみてる。その一つの証拠として日本人は
扁平顔を大変好むのである。
これは遺伝子に刻まれた動かぬ証拠ではないか!?

70 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:03:42
mtDNAはすんごく大まかなことしかわからないらしい
最近注目さrているHLAは、mtDNAによる一人のアフリカの母親説でさえ否定する
HLAデータはないの?

71 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:03:49
好まねーよ

72 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:06:59
mtDNAは現在生物学・人類学においてDNAの一部の差異を人種・民族と
結びつけ区別してるに過ぎない、しかしそれは絶対であるはずはない。
実際、鼻の高さを決める遺伝子、堀の深さを決める遺伝子、
蒙古ヒダを決める遺伝子は見つかってはないだろ、つまり遺伝子は
多種多様でどの性質・形状がどの遺伝子に該当しているかまでは
まだ分かっていない、それぞれのDNAは分離独立した存在なのです。

それに、東アジアにおいては偶々性淘汰により扁平顔、蒙古ヒダ美人が
選ばれ、鶴太郎のような縄文顔が淘汰されただけかもしれん。
そう考えると同じDNAでどのような形質・性質にもなりうることが
立証されるだろ

73 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:14:27
>>71
それはおまいの個人的な好みや、現代西洋的価値観だろ?
日本、東アジア一帯のアジア人は堀の深い、毛深い、目の大きな人種を
差別し性淘汰や暴力により淘汰してきたと思う。
事実、東アジア人は古来から小さい目、蒙古ヒダ、扁平顔を好むのは事実だ。
彼ら新モンゴロイドにとって縄文顔は差別の対象だったのである。

74 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:16:37
扁平顔=氷河期、気候変化の影響

75 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:17:09
そう、仮に白人を好む新モンゴロイドも好きなのは
ロシア人などのあっさり顔、白顔の癖のない顔です。
しかし、東アジアにはそのような顔は殆ど居なかった。
いたのはどっちかというとイラン人に近いインディオみたいな風貌。
そういう彼らを扁平あっさり顔、小さい目の新モンゴロイドは
排除してきたのではないか?そうして極東はモンゴル人で埋め尽くされたの
である。

76 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:19:51
>>74
たしかにそうだが、他の堀の深いアジア人が彼らを忌み嫌っていたら
絶滅してたと思わない?白人だった偶に小さい目、扁平顔の
モンゴロイドチックな白人が生まれるんだよ、もしかれら白人がその
モンゴロイドチックな白人を美形とみなし繁殖させればたちまち
白人は扁平顔、小さい目のモンゴル人になっちまうさ!

77 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:21:56
>>73
金瓶梅で書かれてる事や、江戸時代の人気歌舞伎役者を考えるとそうとはいえない

78 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:24:25
つまり東アジアにおいて縄文人(古モンゴロイド)とはなにか?
と問われたら、今のところ
顔みて判断する以外手段はないというのが
漏れの結論だよ。

79 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:31:12
腕を曲げると下腕部内側に横シワが現れる人は中国(漢民族)遺伝
(腕の皮を少し引っ張って見るとわかりやすい、両腕または左右どちらかに現れる、)

これは南九州以外の西日本の人達に圧倒的に多いタイプ

80 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:32:52
>>79
だからソースをだせよ、本当にそうなのか?


81 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:36:39
漏れの推測では新モンゴロイドを決定つけた
蒙古ヒダ、小さい目、扁平顔の三種の神器は
ある特定の縄文人に偶々起こった突然変異なのである。
それがどの形質、性質、DNAに対応してるかまで分かってないのだから
どれが弥生人で縄文人かさえ特定は困難なのである。

82 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:37:40
>>80
国立大の大学教授が言ってたんだが、ネットではソースが見つからないんだよ

83 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:41:49
おれの説は
東アジア一帯は縄文人だったが
そのある地域の縄文人自身が新モンゴロイドに変化
あるいは、北にいた新モンゴロイド南下した
モンゴル、ブリアート辺りで混ざる
弥生人の原型が出来る


84 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:43:01
>>82
そうか、じゃあある程度データもあるんだろうな。それはともかく
漢民族とは何かを考える必要もあるね、弥生人が日本にきたとき
名目上は漢民族が存在したかもしれないが同一性まではあったとは
思えない、そもそも別形質、性質を持つ東アジアの人種の連合体なのだから。
そして当時はまだ中国にも山東や中原にコーカソイド的な風貌を持つ
おそらく縄文人がいたことが遺跡などから分かっている。
そういうことなので、短絡的な思考はいくない。

85 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:46:54

インディオと関連付けて東アジア人の変化を研究する必要があるでしょ
縄文人も同一ではなかっただろうが、
少なくとも蒙古ヒダ、小目、扁平顔ではなく世界の標準的な形質だった
北が白かったかさえ怪しい南米のインディオは黒いからな。
彼らは北アジア人の末裔である。


86 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:51:04
475 名前:日本@名無史さん[ 投稿日:2005/04/30(土) 15:39:01
NHK総合TV「遥かなる日本人の故郷」では。BC300年ごろ
中国戦国時代,今の山東省にあった日本人の祖国が
戦争で負け,難民として 朝鮮半島経由で日本に亡命したとあった。

結局,日本人とは,BC300年ごろまでいた旧山東省人なのだ。
(縄文人はブリヤート人)
中国の戦乱を避け,難民となり,当時全人口20万人弱の日本に
移り住んだのだ。

これはNHKだけでなく,学会の定説のようだ。

87 :YAP?:2005/08/01(月) 23:53:19
ブリヤート・モンゴルは、一般に言われる「モンゴル人」すなわち、
モンゴル共和国、外蒙古の「ハルハ」と同系だから、互いに似ていて当然だ。

チベット人は、日本の縄文人のもっていたと考えられる
Y染色体DNAハプログループのDグループ(HgD)、即ち「YAP」挿入
を高率に持っている集団であり(30%以上)、チベット人のかなり多くは、縄文人
と父系を同じくする。

「白人」云々でいえば、「白人」「モンゴロイド」「黒人」と言ったいわゆる
「人種的特徴」は、mtDNAや、Y染色体DNAハプログループとは、
別な異伝子群の表現型だろう。
多分メラニン色素合成にかかわる遺伝子群だろう。


88 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:57:37
つまり、こういう事かな
西日本弥生人=中国漢民族
東日本縄文人=ブリヤート・モンゴル族

89 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 23:58:53
DNA,各形質、性質は殆ど独立し遺伝する、更に閉鎖環境では
淘汰が起こりうる。生物学的には突然変異、遺伝子組み換え等も
起こる。縄文人、あるいは弥生人を形質、DNA一つで
もって特定するのはナンセンスと言わざるえない。
ある特定DNAと独立し継承されるDNAと、組み合わせで継承される
DNAがある。高校の生物でもさわりの部分をやるよ。

90 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:00:36
>>87
あなた生物学の専門家ですか?


91 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:02:16
西日本弥生人=モンゴル、ブリヤート
東日本縄文人=新参渡来人、アイヌ

92 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:03:01
西日本弥生人=モンゴル、ブリヤート
東日本縄文人=アイヌ

93 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:04:14
ブリヤート人の中から弥生人が生まれたかもよ、
彼らは元は縄文人だったが一部が突然変異してそれを何らかの形で
増殖させた、ブリヤート人と縄文人の違いを現代遺伝学では
まだ解明していないだけ

94 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:05:22
「遥かなる日本人の故郷」このNHKの番組ではDNAでは無く
頭蓋骨、人骨から弥生人を中国山東人と判断してたな

95 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:07:03
結局大学教授も頭の悪い大衆に本売ったり、説明を求められるので
理解しやすいように適当な線引きしてお茶濁すんだと思うね。
そして現政権の関東人が好みそうな結論でおわる。


96 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:14:36
この人達が、このスレに興味を持ち始めたようです

http://bbs.enjoykorea.jp/jphoto/read.php?id=enjoyjapan_14&nid=36239&work=list&st=&sw=&cp=8

97 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:23:52
弥生(西日本?)、縄文(東日本?)、在日朝鮮人、が仲良くできる理論に捻じ曲げられる
程度の低い考えだ。
縄文が劣等感を持たぬようにしたり、弥生を朝鮮発祥にしたりね
弥生はひたすら我慢

98 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:34:20
ねつ造だろ、南方起源のものも朝鮮認定したりしてるし
西日本は関東、東北、北海道
の朝鮮人から朝鮮人認定され差別されているようなものです。

99 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:35:37
しっかりとした縄文顔の有名人を排出して
自分たちを縄文人と言いましょう、東朝鮮の方。

100 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:36:40
西日本、九州の人間は韓国朝鮮やモンゴル人と違い顔の小さい人が多いよ

101 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:36:56
つまり関東人じゃ起源探りは無理ってこったろ、
しかも文系だから私感が排除出来ないだろうし

102 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:41:43
そして確か一部朝鮮顔の北海道人が絡んでるだろ
罪○の流刑地

103 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:45:12
縄文とはアイヌを指しているのかハッキリしてほしい
縄文≠アイヌなら
縄文は樺太経由へ日本へ入ったはずなのに、
なぜ縄文でない異民族が北海道にいるんだ?ということになるしね

104 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:51:19
そうだな、その辺もアイヌが後から北海道に侵入したとか
怪しげな説明してる。
ご都合主義

105 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 00:54:53
わからんならわからんと言えばいいものを

106 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 01:04:41
山東や中原のコーカソイド面の遺骨みるまでもなくインディオみれば
東アジア一帯はかつて縄文顔ばっかりだったのは常識なわけで
単に、モンゴルも方からきた、中国の方からきただけで
新モンゴロイド認定するのは大きな間違い。
アイヌが樺太からきたならというならその証拠をだすべき。

107 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 01:10:47
東京北海道大阪に至ってはどこ出身かさえ特定できないのが現状

108 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 01:24:54
仙台は東北人の拠点都市、福岡は九州人の拠点都市。
基本的に痴呆から人が集まらない地方都市のみで
調査しないと何もわからないだろうね。

109 :YAP?:2005/08/02(火) 01:44:09
>85

昨年のインドネシア・フローレス島での、「ホモ・フローレシエンシス」の発見で、確かに、
お説のような観点が重要になってきたと思う。

縄文人が、日本列島に入ってきたのが、一応、1万6千年前として、最初のアメリカ人が
ベーリンジアを渡ったのも、1万5千年前前後だろう。
で、スンダランドで形成されていたはずのモンゴロイドが、チョイ対岸のフローレス島に
「別種の人類」がいたとすれば、一体どこで、「形成」されたのか、怪しいものだ。

まあ、モンゴロイドのスンダランド起源説は、これでトドメを指されたのではないか?

『nature』2005,5/24号によると、
ボルネオ島;Homo sapiens  45,000年前〜現在
ジャワ島:Homo erectus  150万年前〜25,000年前
フローレス島: 道具;90万年前
 Homo floresiensis  9万年前〜18,000年前
ぐらいらしい。

もしこの年代観が正しいとすると、オーストラリア・アボロジンやパプア人等の、
いわゆるオーストラロイドやその類縁集団が、サフルランドに渡来したのも、
ホモ・フロレシエンシスの滅亡後となる可能性が高い。

要するに、1万5千年前ごろに、アメリカ大陸、日本列島、オーストラリア・パプアと
言った地域に、ほぼ一斉に、ホモ・サピエンスの集団が入ったことになる。

ところで、ホモ・サピエンスの拡張と言うか膨張によって、欧州から、中央アジアの一部、西シベリアなどにも
拡がっていた「ホモ・ネアンデルターレンシス」も、1万3千年前かそこらに滅亡している。

どうも、1万5千年前のホモ・サピエンスの「大移動」という観点を入れて、
日本人の形成を考え直す必要がありそうだ。

110 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 19:46:16
>>107
北海道は、東北出身者が多い。(7割くらいか?)
大阪は、近畿各地や西日本が多い。
東京は、まさに人種のるつぼ。雑種。

111 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 22:39:59
モンゴル人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AB%E4%BA%BA
ブリヤート
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%88&hl=ja
アイヌ
http://images.google.co.jp/images?q=%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%8C&hl=ja
韓国人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E4%BA%BA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2
中国人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E4%BA%BA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2
チベット人
http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&lr=&c2coff=1&q=%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88%E4%BA%BA

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:31:48 ID:F1XXnUX6
縄文の祖先と言われるブリヤート、アイヌに注目して欲しい
画像からの判断では、ブリヤートの容姿はモンゴル人とほぼ同じと言って良いだろう
ブリヤートとアイヌのかけ離れた容姿から、同祖には思えない
西日本には縄文人のmtDNAが多く、東日本はアイヌのmtDNAが多くなるんだよね
やはり、ブリヤートの縄文遺伝子は弥生人が持ってきたものだ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/01(月) 21:40:06 ID:F1XXnUX6
つまり、日本で弥生、縄文の混血はあまり進んでいない
縄文はほぼ絶滅している
日本人の縄文遺伝子は弥生人に元々混ざっていたもの

112 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 21:53:44

 YAP+型は“縄文系”の男性とみられる。宝来聡・総合研究大学院大学教授
(人類学)の研究では、アイヌ民族の88%にYAP+がみられる。古い形質を
残した遺伝子型のようだ。このタイプはアジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や
中国、シベリアにはみられない。世界を見渡しても日本人のほかには黒人にしか
みられない変わった遺伝子型だ。

 中堀教授は、YAP+の集団を「タイプ2」とした。タイプ2は、都市部では
北から南まで均等に分布し、金沢、福岡、大阪、札幌のいずれで調べても、人口
の三割程度を占める。しかし本州や四国の山間部では五割を占めていた。
弥生人に追われた縄文人という通説にほぼ合致する結果だ。精子濃度が薄いという
特性があるという。

http://www.horagai.com/www/salon/edit/ed2003g.htm

アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない
アジアでは日本列島だけにあり、朝鮮や中国、シベリアにはみられない

113 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 22:45:05
YAP+は日本で変異したのかな

114 :YAP?:2005/08/04(木) 00:53:38
>113

「YAP挿入」(YAP+)と言う極めて稀な突然変異の発生場所は、一般に
中央アジアだろうとされている。

YCC分類では、ヒト(Homo sapiens)の、Y染色体の分岐は、
Hg(ハプログループ)A、Bが分岐した後、次にHgCが、ユーラシアに
入り(或いは中近東あたりでHgBから分離??)、その中から、@YAP+の
HgDとHgE、AHgFが分岐する。

で、このHgDが、おそらく東方に向かい、チベット人と日本人縄文系の
「YAP+」のハプロを持つ人々になり、HgEが、西方〜西南方に向かい、
中東あたりから、アフリカ(黒人)、中近東、欧州の一部の人々の祖になった。

残るHgFもおそらく中央アジア(最近は中央ユーラシアというもう少し
広い地域を指すらしい言葉が良く使用されているようだ)で分岐し、このグループから、
更に次々と、HgG、H、I・・・と分岐して行く。

HgAとBはアフリカのみで見出される。
徳島大学の中堀豊教授のいうY染色体DNAの「タイプ1」はどうも、YCCの
「ハプログループC」を指し、「タイプ2」は同じくHgDを指し、「タイプ3」
と「タイプ4」は、HgFから分岐した諸集団の内の、「ハプログループO]
(HgO)を指すようだ。

YCC分類では、中堀教授の言う「タイプ3」「タイプ4」は、極く近縁で、
同じHgOの中には、漢族、クメール族など、大陸南部にも見出される型もある。
いずれにしろ、Y染色に、近年まで原人が住んでいたことが明らかになってきたので、
例えば、HgC/Dの両者の移住が同時期である可能性も高そうだ。



115 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 02:06:31
遺伝子レベルで日本人を他の東アジア諸国と区別する特徴はYAP+染色体の有無。
日本人は極めて高い比率でYAP+なのに対し中国人やチョソにはほとんど見られない。
また、このYAP+は中央アジアを起源とする縄文人が北方からもたらしたもので、
東南アジア系の弥生人はYAP+をもっていない。
したがって極論すれば根元的に日本を日本たらしめてるのは縄文の遺伝子ということになる。
日本人がすべて南方弥生系だったら日本は中国や朝鮮のような国になってただろう。

116 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 20:37:48
>>73
全然、違う そんなことは無い
古代中国で美人といえば越女、絶世の美女西施も越の国の生まれ
中華最南端である越の人々は堀の深く、目の大きな人種

117 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 20:47:25
>116
もうかなり、新モンゴロ化してるの?そこら辺。

118 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 21:32:55
日本が縄文だらけなら東南アジアの島や南の島のようになっていたよ
アボリジニ系な
あと、縄文mtDNAは日本よりも朝鮮半島の人に多く見つかっている
ソースは国立博物館


119 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 21:33:32
>ソースは国立博物館

ソースは国立科学博物館


120 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 21:39:14
B52-DR2に関していえることは
日本人の8%、西日本人の10%以上と
モンゴルの5%以上の人が祖先を確実に共有している

121 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 23:41:45
関東人が弥生系を朝鮮人だと言うのは
東日本の弥生人が朝鮮人だからなんだー
なーるーほーどーねー!!!

122 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 00:47:51
頭のレベルからして、東日本は朝鮮並。


123 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 12:31:44
>>114
違うだろ。

YAP+因子はアフリカで誕生した古い遺伝子で、最初はアイヌ人種=
北方古モンゴロイドによってアジアやアメリカ大陸中に拡散したんだろ。

しかし、各方面で進化が始まり、進化が大きかった種族ほど
YAP+という古い遺伝子は失われていった。

進化が小さかった日本人種、チベット人種、アメリカ原住民には
しっかりと残されただけの事。

124 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 13:11:25
縄文系ってどんなの?
横浜マリノスの中澤みたいなやつか?
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/player/2526/photo.html

あとガンバの宮本はエラ張ってるけど半島系とは思えない。
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/player/1296/photo.html

近畿以外ではあまりみない顔
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/player/1296/photo.html
色白で貴族みたい。

125 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 13:12:53
貴族顔の吉原 宏太
http://soccer.yahoo.co.jp/fantasy/jleague/player/1679/photo.html

126 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 13:28:49
縄文の容姿がいいのはどうかな
東日本人の容姿がいいとは思えないし
関西のお笑い芸人を相手に、息を弾ませてる程度の低い連中だからなw

127 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 13:32:25
>>123
>各方面で進化が始まり
進化じゃなくて突然変異による奇形が増殖した。
中国人や朝鮮人や弥生人はすべて奇形人間。

128 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:29:43

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

129 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:30:21
5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる

130 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:30:52
HLA遺伝子で日本人からはほとんど南方系のハプロタイプが出てこない。
朝鮮人は2番目に多いハプロタイプに南方系が出てくる。
漢人に犯られた事が原因。

◎本土日本

B52-DR15 8.2%(弥生) > B44-DR13 5.2%(縄文) > B7-DR1 3.6%  

◎韓国

B44-DR13 4.5%(縄文) > ★B44-DR7 3.8%(中国) > B13-DR7 3.4%

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

131 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:31:26
弥生人は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、モンゴル以北から
朝鮮半島を素通りして日本に渡来したのである。

朝鮮半島は弥生人に素通りされただけで、朝鮮半島には弥生人は
ほとんど定着していない。

だから、日本人とモンゴル人は最大のハプロタイプが同じで、
同祖を高頻度に共有しているが、朝鮮人にはこのハプロタイプが
わずかしか見られない。

その代わり、朝鮮人には中国人に多く見られるハプロタイプが見られる。
これが日本人にはほとんどない。

日本に弥生人がやって来た後、朝鮮半島は中国に侵略されたからである。

朝鮮半島人はハプロタイプが日本人と6割以上も違う異人種である。

132 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 14:32:23
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、人口爆発して西日本一帯に広がり、
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったのである。

朝鮮半島は当初は日本の縄文人に近い土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていったしばらくした後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったのである。

133 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 21:52:20
HLA!!!! HLA!!!! HLA!!!! HLA!!!! HLA!!!! HLA!!!!

134 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 12:56:42
>>1
西日本は南九州を除いてだいたいそう
東日本は違う

135 :YAP?:2005/08/07(日) 13:19:36
>123

今のところ、Y染色体DNAハプロタイプの分類で主導権を握っているらしい
Y chromosome Nomenclatula Systemの分類では、
YAP挿入は、ハプログループCの中から、分岐したもので、さらにこれが、
東アジアのDと、中近東・アフリカ・欧州のEに分岐したとされている。
で、その両者を比べると、DのほうがEより原型に近いと判断されるようだが、
これについては、アフリカで起源した祖先ハプロから、C・Dが分れた可能性も
考えられると言う主張もあるが、現在のD・E両者の比較上は、Dが、Eより
分岐したとは考え難い。(共通の祖は勿論仮定可能だが、実証されていない)


2005Y−Chromosome Phylogenetic Treeでは、

   
 A|ー A
ーー|
  |ーB|ーーB
     |
     |ーC|ーーC
        |
        |  |ーD
        |ー*|    (*YAP)
        |  |ーE
        |
        |
        |ーーF(以下、Fより分岐したG,H・・・R)

というわけだ。
YAPは珍しい突然変異だが、他のHgに比して、「古い」とはいえないだろう。
C、F以下同様、その後も新たな突然変異を繰り返して、サブグループに分岐しているのだから。

136 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:54:25
>東日本は半島系か2

新羅三郎ってw 源氏がチョンとは(失笑)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1123001363/
 ★出雲国=韓人国家 【★古代史の真実】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1119821415/


確実だね

137 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 17:12:28
東日本が朝鮮系なら関西系とは一体どこからもたらされたのだろう?

138 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 17:54:13
違うだろ。

YAP+因子はアフリカで誕生した古い遺伝子で、最初はアイヌ人種=
北方古モンゴロイドによってアジアやアメリカ大陸中に拡散した。

しかし、各方面で進化が始まり、進化が大きかった種族ほど
YAP+という古い遺伝子は失われていった。

進化が小さく北方古モンゴロイドとして温存された日本人種、チベット人種、
アメリカ原住民には残されただけの事。

http://yamatai.cside.com/katudou/image/bunnkizu.png

139 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 18:00:50
>>137
関西系というか
その前に倭に来た古い弥生系、おそらく呉越、山東近辺の様々な
亡命者だろう。組織だった渡来ではないので殆ど国際的には知られて
いず密かに列島や半島南部で広がりをみせた。
大陸、半島北部で国が興ってるにもかかわらず殆ど知られないままに
密かに発展している。

140 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 18:09:57
>その前に倭に来た古い弥生系、おそらく呉越、山東近辺の様々な
>亡命者だろう。


いつもいつも、さーっぱり科学ソースが全く出てこないねえw

つか、まだ居たのw

歯医者は猿のみでっせwwww

141 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 18:15:57
出雲に天降りした勢力が組織的かつ大規模な新参系であったことは
明らかである。つまり反対解釈をすればその対局にある倭勢力はもっと遅い
新参者であるか先住系であるかしかないわけ。漏れは
諸々の状況証拠から出雲系よりも倭は先住系であったと断定できるわけ。

142 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 18:45:09

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

143 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 16:50:42
東日本の耳垢ドライは縄文の形質ニダ
上戸も縄文形質ニダ

144 :YAP?:2005/08/08(月) 23:18:27
>138

どうも「進化」とか「突然変異」とか言う概念に対して、大きな誤解を
持っているように思えるのだが?

>しかし、各方面で進化が始まり、進化が大きかった種族ほど
YAP+という古い遺伝子は失われていった。

「YAP+」と言う突然変異を生じた集団は、以後「進化」をしても、
基本的には「YAP+」を失なうのではなく、新しい「突然変異」を
次々と「獲得」して「分岐」(あるいは、突然変異を起こさなかった
母集団から「分離」)するのだが?

つまり、

×「YAP+」縄文人→「YAP−」のその男系子孫

○「YAP+」縄文人→「YAP+」のその男系子孫の「弥生人」〜「古墳人」

なのだ。

それに何度もいうが、「YAP+」は、アフリカではなく、中央ユーラシア
(中央アジアを含む)で、発生したと考えられているのだが。

145 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 09:38:01
親が石垣島の上戸はコテコテの縄文系だな

146 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 14:37:23
YAP+因子は日本人、チベット人、インディアン諸族を除けば、
とりわけ黒人が多い。

YAP+因子がどこで発生しようと一向に構わない。
中央アジアで発生したと言われているが、アフリカで発生した可能性も高い。

それにどんな遺伝子やハプロタイプも永久的に存続できる訳ではなく、
早ければ数千年、長くても数十万年ほどのサイクルで、いつかは必ず
消えていく運命にある事を忘れてはならない。

日本列島やチベット高原よりも遥かに周辺諸族との接触が激しく頻繁な
大陸においては当然このサイクルは短くなってしまう。

147 :YAP?:2005/08/12(金) 23:46:12
>146

やっぱり、進化とか、突然変異のことがわかっていないようだが?

どっちにしろ、「alu」はそう簡単に「消える」訳ではないのだ。
勿論数百万年単位だと「消える」可能性もあるが、今、我々が問題にしている
ホモ・サピエンスの時代に「YAP+」が、その子孫系列から失われる可能性は
考えなくて良いだろう。

勿論Y染色体DNA上の突然変異でも、数世代で消えてしまうようなものもあるが、
そもそもそんな突然変異は、人類の男系を追及するという目的には、合わないので
使用しないだろう。
親子鑑定には役立つらしいが。



148 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 13:02:39
>>147
では聞くが、北方古モンゴロイドのアイヌは88%がYAP+を持つが、
その後裔にあたるシベリアの北方新モンゴロイドの諸族は
なぜYAP+をほとんど持っていないのだ?

北方古モンゴロイドがアメリカ大陸に向かう集団と分かれて
日本列島に入ったのが25000年ほど前だと言われている。

シベリアで北方新モンゴロイドが出現したのが20000年ほど前。

このわずか20000年のうちにシベリアのYAP+は消失したんじゃないのかね?

149 :YAP?:2005/08/13(土) 23:43:39
>では聞くが、北方古モンゴロイドのアイヌは88%がYAP+を持つが、
その後裔にあたるシベリアの北方新モンゴロイドの諸族は
なぜYAP+をほとんど持っていないのだ?

やれやれ、やっと、核心に触れる質問をしてくれたか。
他の遺伝子はこの際無関係として、問題の
「Y染色体ハプロタイプ」の継承に限って言えば話は極めて簡単だ。
君が問題にしているその「シベリアの北方新モンゴロイドの諸族」とやらは、
最初から「YAP+」を持っていなかったのだ。
つまり、男系で一系的に伝えられるY染色体の系譜上、彼等シベリアの
新モンゴロイド諸族は、「YAP+」即ちYCC分類のハプログループDの
子孫ではないと言うことだ。

>このわずか20000年のうちにシベリアのYAP+は消失したんじゃないのかね?

もしシベリアに「YAP+」の集団が、15000年前に少数でも残存していたとして、
その後、現在までに「YAP+」が消滅したのは確かだから、その消滅の理由は、
シベリア残存YAP+の男性が、男系の子孫を残せなかったことに尽きる。
まあ、他部族の(YAP−の)男達に族滅させられたのでないとすれば、息子を持てなかった
「不運」というか、「確率」の問題と言うことに成るのだ。

決して、「YAP+」の男の息子に突然変異が生じて、「YAPー」になったというわけではないのだ。

150 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 19:41:48
>>149
全然ダメダメ。

全く信憑性なし。

キミは発想自体がおかしい。

YAP+は人類が誕生した時に最初からもともとあったのかね?

ハプログループDではない新モンゴロイド諸族のハプロタイプは
もともとあったのかね?

実に馬鹿馬鹿しい。

151 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 09:52:15
このスレ まだ、つづいてたのか
NHKの番組で
縄文人はブリヤートとインドネシア 西日本弥生人は中国山東あたりのの戦争難民
と証明済み


152 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 18:30:00
日本人はるかなる旅だろw

内容自体が形質人類学から分子人類学や遺伝人類学に移行し始めた
過渡期のもので、もう10年くらい前の古臭い内容になってしまっていて
半分くらいが最前線の人類学や考古学とはかけ離れてしまっている。

もはや化石番組だよ、あれは。

153 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:59:24
人類学って、それほど進歩してねーじゃねーかよ

154 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:08:20
それはおまえが見て無いだけ。

155 :YAP?:2005/08/15(月) 23:09:32
>>150

確認の意味で聞くが、君は、「YAP+」の男の男系男子子孫が突然変異で「YAP−」に
成ったと考えているのかね?

私は「YAP+」の男の男系の男子子孫は、他の新しい突然変異が加わることはあるが、
「YAP+」を失うことは無いと説明しているのだが。

それを理解してくれれば、仮にシベリアに「YAP+」がいたとして、現在の男性にそれが
認められないのは、完全に移住したか、淘汰されて消滅したか、ということになるのだ。

156 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:13:23
これからの人類学は遺伝学論争。

ありとあらゆる遺伝学で論議する時代。

あの番組はその先駆けだったとは思うがな。

内容は当時でも古臭かったが。

157 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:23:14
>>155
遺伝子は永遠なものでも完全なものでもない。

環境が大きく変われば環境選択を受け、やがて淘汰される時が来る。

その新しい突然変異体はもとはどこから生じているとお思いか?

158 :YAP?:2005/08/16(火) 01:06:44
>>157

>遺伝子は永遠なものでもなく完全なものでもない。

同意。

>環境が大きく変われば環境選択を受け、やがて淘汰される時が来る。

同意。

>その新しい突然変異体はもとはどこから生じているとお思いか?

何を問いたいのか意味不明。

要するに、「新種の発生」や、「それまでの優越種の滅亡」のような、大きい
「環境変化」や淘汰を問題にしているのでは無いということを理解して欲しいのだが。
ホモ・サピエンスと言う「一つの種」の中の「突然変異」なのだ。
「種の絶滅」レヴェルの話ではないのだ。

159 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:23:36
>>158
環境が大きく変わり、従来の遺伝子を持つ種族はその環境には全く適さず、
環境選択を受け淘汰されてしまいました。

しかし、そこには相変わらず人間が住んでいます。

この人達はいったい何者でしょう?

160 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:29:13
どっちもヤバイだろ〜無理。

161 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:52:27
ニギハヤヒと神武、高句麗、百済はすべて扶余族であり、ニギハヤヒ王朝とは同族関係になります。
このニギハヤヒ王朝が、鹿島の神と一緒に関東に入り、那珂川の上流と下流に分かれて開拓しました。
そしてさらに出雲王朝である新羅(スサノオ系)との連合で2世紀初め頃、初期那須王朝を作ります。
http://www.beads-net.com/n16.htm

162 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:54:33
92 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:02
平たく言うと血液型をABOとかRHだけでなく、もっとこう徹底的に分類しまくった
というその世界では有名な調査があります。それによれば糸魚川あたりで関西人と
関東人がくっきり二分できたんですが、その際、関西圏中で出雲だけが完璧な関東
人型を示したんですね。

93 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:07
中途半端に京都あたりでなく、神の国出雲が関東の飛び地であった
事実に、当時医学生だった私は太古のロマンに夢を馳せ、しばしうっとり
したものでした。

「東日本と西日本 」というスレが立ってますが、二度書くほどの中身でもないので
一応、こちらでご披露させていただきます。
失礼致しました。

94 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:10
あ、自分の文章ながら、ひとつだけ
つっこませていただければ「関東が出雲の飛び地」なのかもね。

99 :通りすがりの医者ですが :03/02/24 09:41
でも今日はいいことありそうだから気を取り直して教えてあげよう。

オリジナルは北海道大学現第三内科(血液)の業績だけど、
ヒューマンヒストコンパーティビリティを語る上で学生の食いつきの
良い話なので、どこの医学部の授業でも必ず取り上げられてる話なんですね。
まわりで医者でも医学生でも捕まえてヒューマンヒストコンパーティビリティ
ってなに?って訊ねてみ。まともなやつなら先ず出雲の話、し始めるから。

163 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:59:13
http://www.pref.shimane.jp/new/inishie/5pdf/5-06.pdf

164 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:04:25
氷川神社を作ったのは出雲系の氏族・武蔵氏。
武蔵氏は関東の地を開拓しながら、
出身地の出雲の祖神である須佐之男命を祀る神社を作っていきました。

165 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:09:19
氷川神社は全国に200社ほどありますが、
そのほとんどが関東の地に集まっており、
その中心がここ大宮の氷川神社です。

166 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:50:43
よし、少なくとも西関東人に関しては出雲族の末裔
東もその線が濃い、ほぼ決定か

167 :YAP?:2005/08/16(火) 21:59:04
>>159

>環境が大きく変わり、従来の遺伝子を持つ種族はその環境には全く適さず、
環境選択を受け淘汰されてしまいました。

この文章を@としよう。

>しかし、そこには相変わらず人間が住んでいます。

この文章をAとする。
で、@とAは、両立しない。
@が正しいならば、Aのように「そこには相変わらず人間が住んでいた」と言う事態は、
ありえないだろう。
無理をして、この「人間」を別種の「人類」、即ちネアンデルタール人、
ホモ・サピエンス、ホモ・エレクトゥス、ホモ・フローレシエンシスのような「異種」の
「人間」の話だとすれば、まあ、辛うじて成立するかも知れないが、そういう意味で言って
いるのではないだろう?

>この人達はいったい何者でしょう?

@が正しければ、人類そのものの絶滅(或いは少なくとも当該種の絶滅)を惹起するような
大きな環境変化で淘汰されたのだから、かりに「ヒト」だとすれば、@とAの「ヒト」は
『別な種』だな。

どちらにしろ、5万5千年前(Hammer)から7万年前(田嶋)に生じたとされる
YAPという突然変異は、ホモ・サピエンスという「一つの種」内の突然変異に過ぎない。
いかに確率的に珍しいと考えられる突然変異であるにせよだ。


168 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 19:41:02
別種である事は当然だろ。

問題はその別種がどこからどうやって生じたのかという事だよ。



169 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 15:27:14
下戸遺伝子は学術的には2〜3万年前のモンゴルから中国北部あたりが起源だ
とされており、 たった一人から始まり、今現在、世界中に6億人以上が
下戸遺伝子を持っていると見られる。

下戸遺伝子はHLAなどに見られるような両親から半々で遺伝子を受け継ぐ
といった通常の遺伝形式ではなく、祖先に一人でも下戸遺伝子が入ると
相当な高確率で子孫は下戸遺伝子を受け継ぐといった遺伝形式である
と考えられる。

そうでなければ1人から6億人まで下戸遺伝子を持つ人口を増やす事は不可能である。

下戸遺伝子は「ある(DD型)」「ない(NN型)」「その中間(ND型)」の
3つしかない。

ルーツ特定の見地からすれば、ハプロタイプをたったの3つしか持たない、
血液型より識別能力が低い、つまり精度が低い、粗野な遺伝学だと言える。

本土日本人は下戸遺伝子が多いから中国から来たという発言は、
アイヌは下戸遺伝子がほとんど無いから北欧から来たという発言と
変わらないのである。

下戸遺伝子から分かる事、それは、下戸遺伝子を持つ日本人はアジアの
どこかから来たという事だけであって、それ以上の事は分からないのである。

170 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 19:28:13
古代に、中国東北から黒龍江流域沿海州に住んでいたツングース族が日本海側の
北陸、東北に移住したって http://www.geocities.jp/intelljp/manju/shukushin/japan.htm
に書いてあるけど本当?

171 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 23:48:19
>>170
やぱり…
北陸とか東北日本海側って、森前総理、松井、布袋とか、がたいが大きいの多いよな

172 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 23:50:50
ツングースって外人でしょ

173 :YAP?:2005/08/21(日) 03:52:15
>>169

いわゆる「下戸遺伝子」すなわち、ALDH2型の欠損型遺伝子は、通常のABO式血液型等と同様に、
親から子へ、伝えられる「普通の遺伝形式」をとる。で、対立遺伝子は、正常型Nと欠損型Dの2つのみだ。
「ND型」というのは、両親の一方からN方を、他方からD型を、受け継いだということだ。

この欠損型遺伝子は、正常型遺伝子と比べ、一ヶ所で塩基が置換した結果、ALDHUのアミノ酸が
、一ヶ所で変わり、「四量体」である酵素はその4個の成分が、立体的にきちんと組み合わされないと
「酵素活性」を持たないため、N型(正常型)と欠損型(D型)の遺伝子を父母から、各一個受け継いだ
「ND型」では、ALDHU型の活性は、4個全部が正しき組み合わさった正常型の四量体のみの活性で
あることになり、従って、NN型の人に比して、1/16と言うことに成る。

174 :YAP?:2005/08/21(日) 10:41:53
>>173

ミスった!?

「ALDH(アルコール脱水素酵素)」ではなく、「ADH(アルデヒド脱水素酵素)」だ。
すまん、昨日(というより、今日の午前2時過ぎに)帰宅して、メール・チェックした後、
この掲示板を覗いたのだが、書き込みの時に、うっかり、ADHと書くべき所をALDHと
書き間違えたのだ。

173の「ALDH」は全て「ADH」と読み替えてほしい。

175 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 15:49:41
>>169
>たった一人から始まり、今現在、世界中に6億人以上が

つまり、下戸遺伝子をもつ者は先祖が必ず一致する
最高の材料じゃないか
AB0血液型は出現地が不明、多地域?なため
ルーツ探りには不適

176 :YAP?:2005/08/21(日) 18:37:47
>>175

単一遺伝子座上の一塩基多型など、実際は、多源的に発生した可能性が高いのだが、
確かに、今のところ、ADH2の欠損型遺伝子については、モンゴロイド起源しか
知られていないようだが、私は、検索が不十分な可能性も否定できないように思う。

やはり、ハプロタイプ(HLA、Y染色体DNA、ミトコンドリアDNAなど)で
比較しないと、完全な同祖関係は、証明できないだろう。

177 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 19:19:13
富士の麓付近にゴミを違法投棄してるのは、在チョンだよ。
この前、どうどうとハングル語を喋りながら捨てていたのを
目撃しました。
仲間数人で注意しに行くと、ファビョりながら「捨ててない!」
とかほざいて、すぐに逃げていきました。
やつら軽トラで積んできて捨てる量が半端じゃないよ。
わざわざ富士山にまで来て捨てるのは、日本の象徴を汚す目的と
やっぱり世界遺産に登録させないための、
醜いチョンの工作なんだろうな……。
何度も思っている事だが、在チョンは最低最悪だと再認識しました……。

178 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 19:56:07
下戸遺伝子が普通の遺伝形式で、2〜3万年前の1人が現在では
6億人超になったという事は、1人の北方古モンゴロイドから
広がり始め、途中で北方新モンゴロイドや南方モンゴロイドが
進化分岐してアジア中に広がっていったって事なんじゃないか?

179 :YAP?:2005/08/21(日) 23:36:52
>>178

そんなに下戸遺伝子を特別視しなくても、昔私が読んだ文献では、中国北部の漢民族の
欠損型遺伝子の頻度は、日本人の44%に次ぐ40%だと書いてあった。

で中国北部漢族の人口を、ざっと(闇っ子まで入れれば中国の全人口は、13億人だろう)
7億人ぐらいとすると、7億人×40%=2、8億人だ。本当は北部の方が南部より人口が
多いだろうから、まあ、3億人だ。

これに日本人1、2億人×44%=0,5億人、中国南部6億人×20%?=1,2億人
韓国朝鮮人0、7億人×28%=0、3億人、フィリピン・タイ1億人×10%=0、1億人
インド亜大陸ざっと10億人×5%=0,5億人・・・
といったぐあいだが、今の大雑把な試算でも確かに、六億人ぐらいにはなりそうだ。

しかし、計算でわかっただろうが、全て「北方系モンゴロイド」の浸透というか、移住で
説明のつきそうな数字だ。

つまり、別に南方系モンゴロイドへの分化を考えなくても、通常の生殖と言うか繁殖で、生存競争上
少し有利であれば、2万年くらいで十分拡がり得る数字のように思えるのだが。
まあ、アルコールに弱いので、余り飲まずに、酔っ払っている男の女房に夜這いをかける程度で
子孫を拠り多く残せたということになるのかな。

180 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 20:26:57
>>173
>いわゆる「下戸遺伝子」すなわち、ALDH2型の欠損型遺伝子は、
>通常のABO式血液型等と同様に、親から子へ、伝えられる
>「普通の遺伝形式」をとる。



で、そのソースは?




181 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 21:10:21
納得がいかないのは、現在において世界人口の1/10以上が下戸遺伝子を
持っている訳だが、下戸遺伝子が誕生した2.5〜3万年前の世界人口は
数十万人くらいだったらしいので、下戸遺伝子が誕生した当時の
下戸遺伝子を持っている確率は1/100000以下になる訳だが、
普通の遺伝形式でどうやって下戸遺伝子は最初の数万倍まで確率増
できたのかという事だ。

182 :YAP?:2005/08/25(木) 00:16:56
>>180

ソースといわれたって、性染色体や、ミトコンドリアなどの上にない、ほとんどの遺伝子、
即ち、常染色体上の遺伝子は、基本的に、みな、ABO式血液型の遺伝子と同じ遺伝形式を
取るのだがな?

ちなみに
アルコール脱水素酵素ADH:第四染色体(4q22)
アルデヒド脱水素酵素1型ALDH1:第九染色体(9q21)
アルデヒド脱水素酵素2型ALDH2:第12染色体(12q24.2)
ABO式血液型ABO:第九染色体(9q34.1−q34.2)
だ。
(田辺功・山内豊明『遺伝子の地図帳』西村書店、、1998,7,1初版発行)

183 :YAP?:2005/08/25(木) 00:31:13
>>181

そのあたりは「遺伝的浮動」と言う奴だが、私は確率は良くわからないのだ。
しかし、生存に有利な遺伝子は、集団内で確率で見込まれる以上に急速に広がることは
確かだから、あるいは、「選択的進歩」とまではゆかなくても、かなり、生存に有利な
突然変異だったとでも考えるか、あるいは、一回だけでなく、何回も同じ突然変異が
起っていたとでも解釈しなければならないだろう。

184 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 01:08:34
>>182
ソースがない以上、決め付けるのはどうかな。

仮に普通の遺伝形式だとしても、3万年のうちに1000回世代交代
したとして、果たして保有率が数万倍に膨れ上がる事ができるだろうか?

>>183
でも1人の突然変異から発生したとよく言われているよね。

185 :YAP?:2005/08/25(木) 01:20:22
>>184

う〜ん、生物学の基本だと思うのだが?
メンデルの法則とか、突然変異の話とか、教科書的な話を聞いた後で、普通の常染色体上の
遺伝子の遺伝形式について、「ソース」を出せと言ったって、特に特殊ですと断っていない限り、
一般的な遺伝形式に従うものだと言う判断をするのが普通だと思うが?

まあ、ひょっとして、ALDH2の遺伝子の発見者の原田勝二氏のHPでも読めば、丁寧に書いて
あるかも知れないが。

186 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 13:17:17
わずか3万年のうちの1500回ほどの世代交代で、普通の遺伝形式を使って、
どうやって数万倍の確率になるんだよ。

あほか。

187 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 13:19:29
どうでもいいけど1って絶対に朝鮮人だよな。

188 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 13:25:49
どう見たってそうだろw

189 :YAP?:2005/08/27(土) 21:08:17
>>186

原田氏の公式サイトにでも問い合わせるんだな。

まあ、「突然変異が一回だけ起った」とか、「3万年前に起った」とか、「選択的進歩」だったのではないか?
という可能性が、どうも確定的ではないのでないか?と私は考えているので、
「あほか」と言われても責任はもてないよ。

ただ、「普通の遺伝形式」でないと考えるのがおかしいことは確かだ。
そして「淘汰」は,また、別の問題なのだが、それくらいは理解しろよ。





190 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 21:13:14
関連スレ

*倭人、弥生は東日本を侵略していない*  
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1125130790/l50

191 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 21:15:15
956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 01:37:03 ID:wyT5M1PV
東北にはほとんど倭人は入植していない、
これは記紀、遺跡でも明らか、乃ち
東北の薄い顔は倭人とは一切無関係の他の地域から
きた渡来民であるということが自ずとわかってしまう。。


957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 01:44:00 ID:wyT5M1PV
東北を倭人が征服し蝦夷を追いやったは絶対に嘘です。
蝦夷と大和朝廷の戦争はおそらく渡来色の強い政権同士の
権力闘争であったと思われます。
蝦夷の信仰は縄文のそれとは明らかに異なりますし他からも
明らかです。
自分たちが、朝鮮人に征服された可哀相な民族だ、のような
被害者意識で西をみるのはお門違いもいいとこです。
あなた達も朝鮮の渡来民政権だったし、中世以降は関東の朝鮮人が
各地に降臨しているではございませんか。

192 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 21:16:09
955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/27(土) 00:07:19 ID:yqH6VDRI
酒の強さは遺伝子で決まる
http://www2.athome.co.jp/academy/genetic/gen04.html
朝鮮半島と東日本は弥生人(下戸遺伝子)が少ない

国立科学博物館 日本人はるかな旅展 遺伝子によるルーツ研究
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/5-26.html
B44-DR13は韓国最大集団(日本では秋田〜新潟ラインに多いらしい。他HPより)

ツングース族、北陸、東北に移住
http://www.geocities.jp/intelljp/manju/shukushin/japan.htm

スサノオ系那須王朝
http://www.beads-net.com/n16.htm


193 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 21:17:23


4 :日本@名無史さん :2005/08/27(土) 17:28:39
たしかに西日本人が蝦夷を追い払ったなら
東日本に西日本、近畿などと同じような遺跡が見つかるべきだね
しかし、東日本に多く見られるのは西日本でも日本海側に見られる、
朝鮮人の文化遺跡ばかり
東日本の顔を薄くしたのは西日本の血ではない

194 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 23:49:44
つーか、朝鮮半島が単一の民族・遺伝子で構成されているという考え方
がそもそも暴論であり、支那人の帯方郡植民地だった頃には支那との混
血もあったし渤海・高句麗からは騎馬民族系・タングート系もきてる。
なにしおう吾が日本からも数十回に渡り「倭寇」として侵略の歴史があ
る事が広開土王の碑文にも残されている。
いわば、これらの雑多な諸民族の血が交じり合ったのか朝鮮半島の人種
であり、またそこを追われたり、渡航したりした通行路でもあった訳で
固有の民族は成立しようがなかったのである。
最近においては、日本の統治領土下でもあり日本人の血を限りなく濃く
受け継いでいるのが現行朝鮮人種であろう。

朝鮮人はビビンバと同じである。具を一緒くたに調べても何の役にも立
たない。新羅系、百済系、任那系、高句麗系、漢民族系等、具を分けて
論じる必要があるのだ。半島の西海岸と東海岸、北と南では顔付からし
て非常に違う。日本民族程、均質化されていない雑種なのである。

だからそれぞれの朝鮮半島の雑種の先鋭的な特徴を、日本人種の地方特
性にあてはめようとすれば簡単だが、その一面だけを見ているだけでは、
木を見て森を見ずである。


195 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 06:51:34
今日の中日新聞(東京新聞)の記事だが人権擁護法案を地方自治体レベルで進めているのを擁護しているぞ。(拡大して読んでくれ)

http://viploader.net/src/viploader1860.jpg
http://viploader.net/src/viploader1861.jpg

196 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 17:08:05
黒くて、頭の小さい不恰好な長顔で、のっぺら低鼻で、薄いハの字眉で、
離れ気味の細い寄り目で、唇が突き出して開いている。

あの独特なビビンバ顔の朝鮮人はどの系統だろうか?

71 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)