5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

義経ってほんに天才だったの?

1 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 20:05:51
義経ってホントに頭が良くて、美少年だったの?
違うとは聞きましたけど・・・・(´3`)

2 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 20:17:00
にだ

3 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 20:18:53
鈍かったとか、背が低くてそこまでイケメンでもなかったという・・・

4 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 20:25:51
チビで出っ歯の朝鮮人(新羅人とかの末裔)

5 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 20:30:04
頼朝の怒りを買うと分かっていたのかね?

6 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 20:33:47
頼朝が嫉妬し、また恐れたんだと思う。

7 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 20:43:10
天才な部分もあるが天然な部分も。

8 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 20:46:25
確かに弟に天才がいりゃあマジ怖いつーか、ねたましいよな・・

9 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 21:07:57
戦術家では優秀だったかもしれないが戦略家としてはダメだな

10 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 21:11:40
義経は疎いんだな。でもなぜ、そんなやつに静御前は嫁いだんだろう?

11 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 22:45:18
容姿は恵俊彰。運動能力は池谷幸雄。発想はサッカーのヨハンクライフ。
性格は新庄剛。

12 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 22:53:13
また天才スレか

13 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/08/07(日) 23:53:59
『徒然草』が『平家物語』を評して、「義経については詳細に書かれている
が、範頼についてはよく知らなかった様だ」と述べていますね。
どうも範頼の存在を無視して、義経単独の手柄として強調されている事
が多い気がします。屋島あたりはまだしも。

>10
嫁いだといっても、選択権のある対等の立場でもなし。
少なくとも、侍る様になった頃には将来性もあると見られていたのでは。

14 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 00:11:41
今で言ったら仕事出来るけど空気読めない奴

15 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 01:14:13
>>11
発送はサッカーのヨハンクライフですかw
なるほどとオモタ

16 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 09:01:56
でも、佐藤兄弟も弁慶も伊勢三郎もよく忠実に義経につかえたなー(駿河次郎も)
義経の下を早いうち去っとけば義経の家来は死ぬことは無かった

17 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 18:14:01
義経は天才戦術家、頼朝は天才戦略家、二人そろってワンセットだな
共にすごした時間が短すぎたのが源氏の不運だろう。結局のところ
コミュニケーションの不足が疑心暗鬼を産んだ典型だな。
ほらプロ野球の世界でも、主力選手が監督の批判をしたとか、監督が
愚痴をいって選手をけなしたとかでチームがドタバタするでしょう。
この場合スポーツ新聞の役目を果たしたのが梶原景時の讒訴状だ。
日本のそういういじましい伝統は現代にも脈々と受け継がれている
わけだな。

18 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 18:15:35
ニートの俺より天才

19 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 18:51:16
不運だな

20 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 19:02:57
義経=呂布
頼朝=孔明

21 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 19:55:10
孔明=戦略家てことですな
というと、劉備が政子?ワロタ

22 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 20:29:42
義経は趙括か馬謖。

23 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 17:06:37
スケールの小さなナポレオンてとこか。
しかし義経は負け無しだが。

24 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 20:38:01
西暦千百年代時点で騎兵の集中的奇襲運用。
天才性はナポレオソより上。

25 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:28:58
中々,
秀吉と秀長の様にはいかなかったようだna

26 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 20:23:21
小泉と真紀子


27 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 02:53:31
母はかなりの美人で後に清盛の嫁にもなった
父義朝もかなりの美形
その子義経が不細工っておかしくないか?
少なくてもブサではないだろ。


28 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 03:16:37
けど超小柄の出っ歯がちょっとした定説ですよね。
う〜ん真実はdotuchi??

29 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 06:57:44
ナポレオンは戦略家としても優秀だろ。

30 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 11:06:00
義経は少数の兵を率いて奇襲をするのは得意だったが
大軍を率いて正攻法で攻めるという場合は
うまくいっただろうか?
梶原との対立もあったように
自分と意見の異なるものをうまく従わせることが出来ないのであれば
大軍の統率はかなり無理だと思う。
もっとも梶原とは相性の問題もあったかも知れないが。

31 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 11:14:11
頭がよく美青年?

後白河から官位もらってる時点でアホ。
あの肖像画をみるかぎりブ男。


32 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 11:45:10
天才というより、戦の常識を知らなかった所謂、素人のバカ勝ち
みたいなところはあったでしょう。

当時の戦ではまず鏑矢を打ち、双方名乗りを挙げてから開戦が戦の常識。
しかし義経は、屋島でも一の谷でも、逆落としで無予告奇襲しちまった・・・

また第三者の仲裁の期間中は、休戦するのが当時の戦の常識。
しかし義経は、一の谷で上皇の仲裁で停戦中の平氏に騙まし討ちをかけちまった・・・

海戦では非戦闘員ではない水夫を殺さないというのは当時の戦の常識。
しかし義経は壇ノ浦で敵船の水夫からまず射殺して機動力を奪っちまった・・・

華々しい戦果でその時はよかったかもしれんが、この後、戦の常識が崩れ
鎌倉・足利へと武士の戦の仕方は、裏切り・夜討朝懸け・人質調略と乱れ
に乱れ、やがて下克上の戦国時代に至る。
ある意味、"掟破り"の魁として秩序を重んじる頼朝からみれば、鬼子だっ
たのでは? 常識ない奴が一番危ないのは今も昔も同じよ。

33 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 14:48:29
>>32
漏れも相当の歴史ヲタだが、その考えはなかなかいいぞ

34 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 16:09:12
>>32
玉葉を読んだ限りじゃ、当初後白河は平家と和議を結ぶつもりだったようだが、
結局「近臣の者の強い進めで」一の谷合戦直前で、平家討伐に切り替えた。
源氏にはその院宣が届いたが、平家に届く前に源氏は院宣に従い平家に攻撃を仕掛けてしまったんじゃないか、という話だ。

だから別に義経は、というか源氏は騙まし討ちをしたつもりはなかった、停戦協定は打ち切られたと思ってたんじゃないか。
吾妻鏡にも7日に戦仕掛けるでーと、平家に予告してたようだし、
まあ平家にしてみりゃ、源氏の言い分より院の院宣の方を信じるのは当然だが、
都落ちの時点で後白河に裏切られてんのに、バカ正直に後白河の言い分を信じるのも愚かだよなーと思う。

ところで、壇ノ浦の水夫梶取を射った話だけど、物語以外にこのことを書いた史料はある?
探してるんだが教えてくれ。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)