5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

おすすめの入門書

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/22 09:47 ID:HQNAtiZA
おすすめの入門書を教えてください

89 :法の下の名無し:04/11/11 07:14:46 ID:HrHpoF4u
痛快!憲法学 読んでみました。
うーん、面白かったです。
まずい、と言ってる人はどの辺りが、まずいんでしょう?

90 :法の下の名無し:04/11/11 07:59:49 ID:z7kifTJS
憲法の本で無いところ。

91 :法の下の名無し:04/11/11 08:48:10 ID:69H1n6NW
「痛快!」憲法学 ≠ 憲法学

学問的におもしろいわけではなく
サブカル的におもしろくしようとしているわけだから
「サブカル的には」おもしろいわけです。

92 :法の下の名無し:04/11/11 14:04:28 ID:cMH7G8Py
>>89
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1095413989/

93 :法の下の名無し:04/11/11 14:08:47 ID:6J1AYjxM
学問の本でもないように思われるところ

94 :法の下の名無し:04/11/11 14:13:14 ID:6J1AYjxM
>>92

126 名前:名無しさん@社会人[] 投稿日:04/09/28 14:26:54
宮台って小室を曲解してずっこけてるだけ。憲法論なんかそう。
本人自覚して無いらしい。

これが面白かった。

95 :法の下の名無し:04/11/12 06:00:30 ID:2/70X3Lp
小室の憲法論は間違ってるの?

96 :法の下の名無し:04/11/12 07:49:13 ID:ofMRxGWO
憲法論じゃないから。
そもそも学問ですらない。

97 :法の下の名無し:04/11/12 11:01:29 ID:c0Td1hvA
>>89
学問の世界、っていうか大学っていうところはムラ社会なんだよ。
だから、ムラの外の人(小室直樹)は嫌われる。
それだけの話。

98 :法の下の名無し:04/11/12 18:59:35 ID:L+WldI0Q
小室の憲法論を学問で無いって言ってるる人たちって頭悪そうだな、
学問、学問、と権威化したがる連中はたいてい中身が無いだろ
今の日本国憲法が学問的か?学問的に成立してるか?
ちょっと考えたらすぐ分かることを、
学問じゃない、などと断言して自己を優位に立たせようとしてる頭の弱い人たちが多いみたいだね。



99 :法の下の名無し:04/11/13 00:49:49 ID:phHnqa9p
>98
同感。
もっとも小室を持ち上げてるヤシらも似たようなもんだけどな。


100 :ふるちん@藩塀:04/11/13 13:35:24 ID:E1KTWcfV
ぷちマニアです.

小室棚
http://www.domo2.net/bbs/image/1099059294.jpg
小室棚(奥)
http://www.domo2.net/bbs/image/1099059348.jpg

101 :法の下の名無し:04/11/13 15:01:11 ID:V8q1Sz4r
>>100
俺が持って無い本が何冊かあるが、俺の方が多く揃えてるな
まだまだだ、w



102 :法の下の名無し:04/11/13 15:14:51 ID:eb8HR/O8
自分の書棚をupするスレを作っても面白いかも

103 :法の下の名無し:04/11/13 18:07:02 ID:vn9ooljF
道垣内正人『自分で考えるちょっと違った法学入門〔新版〕』有斐閣,1998年
hllp://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/010/010868.html
はじめて法学にふれる人向け。
平板な記述は嫌だ、という初学者におすすめします。
設問に関する予備知識を紹介した後、著者の見解、裁判所の判決、
学生の様々な意見を挙げて解説しています。
法を楽しみながら、柔軟な思考を養えるでしょう。

棟居快行,赤坂正浩,松井茂記,笹田栄司,常本照樹,市川正人
『基本的人権の事件簿〔第2版〕』有斐閣,2002年
hllp://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/011/011822.html
こちらも、身近な事例をもとに解説しています。
冒頭から「憲法の意味」や「憲法の法源」が出てくる本には
なじめない、という人におすすめ。高校生にも。


>>102
お待ちしています。
あなたの本棚のある部屋を見せて
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1086878493/l50

104 :ふるちん@藩塀:04/11/13 20:37:17 ID:E1KTWcfV
>>101
ブッコフになかなかないんよね….

fullpenis@excite.co.jp

105 :法の下の名無し:04/11/16 19:57:57 ID:mQOvoi3M
>>104
ざっと見た限りでその中で俺が持ってる本
日本の1984
信長の呪い
危機の構造
天皇恐るべし
偏差値が日本を滅ぼす。
三島由紀夫が復活する。
だねー他にもあるかもしれないが、最近小室本読んで無いから
俺が持ってないのは
社会主義大国日本の崩壊

106 :法の下の名無し:04/11/16 22:48:53 ID:n3Nj4c13
>>105
ここはあんたの所持本を紹介する所じゃない。
大学受験の次は小室かよ。うっとおしい。
小室の話をしたい奴は>>92のリンク先へ行け。

107 : ◆/jNekoXo/Y :04/11/17 00:23:42 ID:zV4vlXVa
知財法、金融法、証券取引法あたりのいい入門書ってある?

108 :現実:04/11/18 19:49:10 ID:XPG/slW5
経済関連法の入門書なら日経文庫を一通り読めば間違いない。

以下、思いつくままに。

ちざい 岩波新書「マルチメディアと著作権」
思想部分の叙述が多いので法改正があっても古びない     

証券取引法  「証券取引法読本」
一冊目の概説書か

金融法  きんざい 「金融法務読本」
実務的

109 :法の下の名無し:04/11/18 23:54:50 ID:3ADlz/bf
おわ。現実タソ超久しぶり。
「マルチメディアと〜」読んだけど、バランス良いけどちょっと退屈だた。
ただ、特許と著作権の違いとかおもしろいね。
次は、アルマ知財法でも買ってみようかな。


110 :法の下の名無し:04/11/18 23:59:19 ID:3ADlz/bf
む。文が変だ。。。訂正っと。
バランス良いけど
→バランスは良いとしても


111 :法の下の名無し:05/01/04 05:17:36 ID:/kCUZvhQ
本いっぱい持ってるねー
このスレにいる人は学生?
自分の持ってる方角の本は教科書以外新書7冊くらいしかない・・・。
おれも入門書買ってくる良スレage

112 :法の下の名無し:05/01/28 01:10:39 ID:53b/cuOJ
ネタ代わりに有斐閣のアルマシリーズ(全般)について

踏み込みが薄すぎて今まで敬遠していたが
最近はけっこういいのも増えてるな
ただそれでも概説書というよりは入門書っぽいけど
現代政治学とか比較政治・入門とか個人的にはいい感じ
>>80で既出の法哲学もいいらしいと聞いたが…

(余談だが、時々けっこうまともなテキストとか専門書でも
ブックオフの100円コーナーに置いてあったりして驚くよ)

なんかそういう読みやすいのでおすすめのってある?

113 :法の下の名無し:05/01/28 11:54:10 ID:Lb7JHGLk
実定法解釈はがっしりとした体系書があまりにもたくさん出てるから
アルマだと不十分だと感じる人が多いだろうけど
結構いいテキストが多いと思うよ。
>>112の挙げた現代政治学の他に政治学なら例えば
「政治過程論」「現代の政党と選挙」「比較政治経済学」などなど。

実定法のテキストも法学部以外の教養科目や関連科目の講義を担当する
研究者には指定教科書として使いやすそうな気がする。

114 :法の下の名無し:05/02/02 10:30:46 ID:wXJ46/Cv
>>108
証券取引読本って、出た当初は薄くて通読しやすい入門書だったけど、
今では相当厚くなりましたね。字は細かいし。

115 :法の下の名無し:05/02/04 16:46:11 ID:NXrSWGMK
よくわからないので質問ですが。
  
 通達って、上級官庁が下級官庁へ指示するためのもので、内部文書だと思うのですが、
 これは、一般に公開する義務はあるのでしょうか。

 あるいは、要求があれば開示する義務はあると解されますか。

  (税では、開示通達とうのがありますが、開示するか、どうか、役所が
   任意に決定するということでしょうか。
   そもそも、開示通達とは、非開示通達とは、ということに触れた本がないようなのですが)


116 :法の下の名無し:05/02/19 05:35:49 ID:1fnW4dXc
>>115
通達は直接に国民を拘束するものではないから、公開の義務はない。
要求があったら…モノによるのでどうともいえない。

証取法なら芝原『経済刑法』(岩波新書)が簡明ですよ

117 :法の下の名無し:05/02/19 07:50:37 ID:z9pJmv4P
樋口陽一『個人と国家』(岩波新書)

118 :法の下の名無し:05/03/01 08:00:07 ID:oGzouA26
スレ違いかな…

世良晃志郎「私の学生時代」
三ヶ月章「これから法を学ぼうとする諸君へ」


119 :法の下の名無し:05/03/03 23:28:22 ID:g2ZwF1Rx
春から大学入って法律を勉強するので、暇な今の時期に勉強始めて少しでも予習しておきたいと思っているんですが、いったいどんな本を読んだらいいんでしょうか?
出来るだけ平易な文章で、読みやすい本がいいんですが…。

120 :法の下の名無し:05/03/04 00:51:46 ID:KmIWh3xO
>>119
まず六法を買おう。

ポケット六法(有斐閣)
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/012/012310.html

コンパクト六法(岩波書店)
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/08/4/0831050.html

デイリー六法(三省堂)
http://www.sanseido-publ.co.jp/publ/roppou/roppou_dic/daily_roku2005.html

どれも大差ないから、好きなものを選べばよい。


入学時までに読む本としては、

@弥永真生『法律学習マニュアル 第2版』(近刊、有斐閣)
  http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00063.html

A道垣内正人『自分で考えるちょっと違った法学入門 新版』(1998年、有斐閣)
  http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/010/010868.html

B松井茂記=松宮孝明=曽野裕夫『はじめての法律学 補訂2版』(近刊、有斐閣)
  http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/comesoon/00073.html

C市川正人=酒巻匡=山本和彦『現代の裁判 第3版』(2004年、有斐閣)
  http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/012/012209.html

D中野次雄・編『判例とその読み方 改訂版』(2002年、有斐閣)
  http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/011/011733.html

このあたりをすすめる。
それぞれの本は主眼が異なるから、本屋で立ち読みして、自分に必要そうな物を選ぶべし。(全部読んでも損は無い)

大学の授業に直結しそうなのはBかな……。



ちなみに私は有斐閣の従業員ではない。

121 :法の下の名無し:05/03/04 01:19:20 ID:6ADuGRc1
>>120
えらい親切だな、あんた。

122 :法の下の名無し:05/03/04 01:36:27 ID:dy/+vRz8
感心しますな。

123 :119:05/03/04 10:01:02 ID:j9Iixk83
>>120
どうもありがとうございますm(__)m
さっそく本屋に行ってきます!

124 :法の下の名無し:05/03/04 11:09:09 ID:8KMDwRYP
>>119
各論的には、

ゼミナール民法入門(道垣内弘人)
ゼミナール会社法入門(岸田雅雄)

がおすすめ。
てか、安いもんじゃないし長く読み続けるものでもないんだから、
図書館で借りたほうがいいよ。

125 :法の下の名無し:05/03/04 15:11:00 ID:Qo1vS21t
>>119
憲法については
宮沢俊義『憲法講話』(岩波新書)がおすすめ
今ではもうだいぶ古くなってしまったが最初歩の入門書として好適
かつての代表的な憲法学者の本だから内容は信頼がおけるし
文体も簡明で読みやすい

ただ今でも手に入るかどうかわからんけど・・・

126 :119:05/03/04 18:51:23 ID:j9Iixk83
とりあえず今日本屋で「はじめての法律学」を半分ほど読んできました(-.-;)
日頃あまり本を読まないのでかなり苦労しましたが、具体例と一緒に書いてあったのでわかりやすかったですo(^-^)o

127 :119:05/03/04 19:19:08 ID:j9Iixk83
>>124
今日実際に本屋に行ってみて、値段にびっくりしましたよ。
明日からは124さんの言う通り図書館に行こうと思いますm(__)m

128 :百六:05/03/04 20:42:47 ID:uKjDhxLn
法学検定の勉強を始めることにしました。とりあえず、4級から。で、問題集を読んでみましたがさっぱり。何かいい参考書はないかなぁ〜

129 :法の下の名無し:05/03/04 20:57:06 ID:A/8odLOd
司法試験合格が目的なら、とりあえず
イトマコのシケタイを一通り読むことから
始めたらいいんじゃないかな

あと1ヶ月あれば憲民刑くらいは読めるよ

130 :百六:05/03/04 21:38:18 ID:uKjDhxLn
なるほど〜 学校でも勉強することだから、長い春休みを使って勉強することにします♪

131 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

132 :法の下の名無し:05/03/04 22:37:25 ID:hUDVb3Am
>>125
三菱樹脂事件の宮澤の鑑定書も併読すると良いでせう。

133 :法の下の名無し:05/03/05 00:56:53 ID:niwWrltU
>>130
いきなり「シケタイ」読むのは勧めない。
最初は、もっと薄いやつで基礎知識を入れたほうが、かえって早道。

134 :法の下の名無し:05/03/05 01:12:40 ID:KCBqaX/k
倒産法関連で、改正に対応してる入門本はある?

135 :法の下の名無し:05/03/05 10:24:29 ID:FkSDTHOT
ロースクール進学をめざしているのですが、民事法でよい入門書はありますでしょうか
先輩には伊藤眞『法律学への誘い』を強く勧められたのですが、このスレでは話題になってないですね
この本の評価なども教えていただけるとありがたいです

136 :法の下の名無し:05/03/05 22:46:58 ID:OZtqqGFg
プレップ民法


137 :法の下の名無し:05/03/06 00:34:36 ID:4mFBu+xC
プレップ民法はマジおすすめ

138 :法の下の名無し:05/03/06 17:13:15 ID:Tb+gEgLA
銀行窓口の法務対策3300講(キンザイ)
特に下巻

抵当権の説明がわかりやすい

139 :法の下の名無し:05/03/06 17:39:00 ID:MpvPGxOL
1983年4月、高校の図書室で見つけたのが
我妻栄「法学概論」(有斐閣法律学全集)。
ゴールデンウィークにかけてじっくり読んだ。

我妻博士の未完の遺著として有名なこの本は、
明治維新以降の近代的法制度が現実の社会で
どんな意義を発揮し、変化してきたかを、
日本近現代史のダイナミックな動きの中に読み取っている。

16歳の少年にはかなり難しかったが、
読み終えたときホントに涙が出てきた。
そして、こんな学問がしたい、と法学部への進学を志した。

ちなみに、1985年前後くらいまでなら、
有斐閣法律学全集のうち、
清宮四郎「憲法T」
宮沢俊義「憲法U」
くらいは通読するのが当たり前だったが。。。


140 :法の下の名無し:05/03/07 00:25:33 ID:Peh1DyYp
いまは絶版だから読もうにも買えない

141 :法の下の名無し:05/03/07 00:40:40 ID:IADtlmVw
>>139
すごい16歳ですね。

でも、清宮と宮澤の憲法は欲しい、本棚に置いておきたい。

142 :法の下の名無し:05/03/07 01:07:28 ID:FaSGyv9N
憲法 伊藤真の試験対策講座
行政法 伊藤真の試験対策講座
民法総則 伊藤真の試験対策講座
物権法 伊藤真の試験対策講座
債権総論 伊藤真の試験対策講座
債権各論 伊藤真の試験対策講座
親族相続 伊藤真の試験対策講座
刑法総論 伊藤真の試験対策講座
刑法各論 伊藤真の試験対策講座
会社法 伊藤真の試験対策講座
商法総則商行為 伊藤真の試験対策講座
民事訴訟法 伊藤真の試験対策講座
刑事訴訟法 伊藤真の試験対策講座

最低これだけは読んでおかないと、法学徒としてはモグリだと思わる。
ゼミや卒論でも頻繁に引用すべきものだし、必須アイテムだよ。

143 :法の下の名無し:05/03/07 04:39:32 ID:S2GZoSVh
>>142
ツマラン釣りでつねw

144 :法の下の名無し:05/03/08 19:00:49 ID:ZkJjl6oU
法学部ならこの一冊は
絶対読まなきゃやばい本って存在する?

もしくはこのシリーズっていうやつ

145 :139:05/03/08 19:27:13 ID:6QMZCMNE
>>144

私は民法を専攻していたので、その限りで言えば、
以下の書籍・論文・エッセイは卒業までに読むべき。
1.我妻栄「民法講義」全7巻
2.我妻栄「近代法における債権の優越的地位」
3.川島武宜「所有権法の理論」
4.川島武宜「科学としての法律学」
5.末広巌太郎「嘘の効用」「役人学三則」ほか

どれもこれも必読の古典。読んで損はない。


146 :法の下の名無し:05/03/08 19:36:56 ID:ZkJjl6oU
>>145
一冊どこじゃなくて結構な量だなぁ。というより大学いったならそのくらいの読書量は当然かもしれないっすね。
俺なんか今年大学3年なのに大して勉強もせずに
いまだにテスト前にちょこちょこってやって終わりにしてるんで。
心入れ替えてぜひともそのリストの本読んでみます。ありがとうございます。

147 :139:05/03/08 19:42:42 ID:6QMZCMNE
確かに1冊どころではありませんね。(苦笑)

もし「この中で1冊だけ」と言うならば、
私は迷わず「末広巌太郎」を挙げます。
大正デモクラシーから昭和ファシズム期を
持ち前の気骨とリベラリズムで生き抜いた彼の著作は、
いまこそ顧みられるべきだと思います。

大学卒業してはや18年。
思うに、思いっきり本を読んで勉強できるのは学生時代だけです。
ぜひ学問に励んでください。

148 :139:05/03/08 19:44:38 ID:6QMZCMNE
>>147
(誤)「末広巌太郎」→(正)「末広巌太郎の法学エッセイ」

149 :法の下の名無し:05/03/09 00:16:33 ID:03xNznmW
>>145
>3.川島武宜「所有権法の理論」
>4.川島武宜「科学としての法律学」
ぜひ読んでみたいのですが、どの本に収録されてるのかな。
今でも手に入りますかね。

150 :法の下の名無し:05/03/09 17:07:20 ID:2LTHUVEN
×末広
○末弘

151 :法の下の名無し:05/03/09 23:36:04 ID:y610D/Nu
>>149
単行本ならば「新版所有権法の理論」「科学としての法律学とその発展」
じゃなければ古本屋で入手できるはず。
川島著作集にも入っているはずだし。

>>139
「役人学三則」が文庫で入手しやすくなったのは良いと思うけど、
なんでアレが解説書いているんだろう。
本自体は決してステレオタイプじゃないんだけど。

152 :法の下の名無し:05/03/10 00:54:13 ID:gEwJ2Vd7
>>151
教えてくれて感謝です。
ぐぐってみたら、どちらも岩波書店から出てるのですね。

神保町で探してみよう。

153 :法の下の名無し:05/03/11 07:49:48 ID:nwFKoPEY
>>134
山本和彦『倒産処理法入門』
宗田編『やさしい倒産法』
くらいかなあ。いまだと。

154 :法の下の名無し:05/03/11 13:58:03 ID:/iuehCEA
>>35

東大前期、どうだった?

155 :法の下の名無し:05/03/11 23:28:43 ID:+kgeFcKu
>>153
サンクス湖
とりあえずやさしい倒産法を買ってきた

156 :法の下の名無し:05/03/14 20:38:15 ID:9Ibmx9qM
「所有権法の理論」は解りにくいよ。川島先生の入門書としては「民法T総論・物権」
というのがある。前書きに東大における講義案に加筆したものとある。
「物権」は於保先生のが好い。物権変動の所の論理が研ぎ澄まされている。
まあ両方とも30年前でも手に入りにくかったけどね。


157 :法の下の名無し:2005/03/21(月) 04:40:01 ID:6oyvFm/6
>>156
舟橋諄一「物権法」じゃなかったのか?

158 :法の下の名無し:2005/03/21(月) 09:48:19 ID:xCwNKdxx
入門書としては舟橋物権は向いていないよ。学説から判例から参照が多すぎて
訳が解らなくなる。

159 :法の下の名無し:2005/03/22(火) 03:01:03 ID:cdWzto5X
>>156
川島「民法T総論・物権」はオンデマンドで復刊していて
紀伊国屋書店の新宿本店に1冊在庫がある
紀伊国屋はジュンクの新宿進出のころから法律書の品揃えが
よくなってきたとおもふ

160 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 00:14:02 ID:lPnoNVV8
>>159
紀伊国屋新宿南には、牧野英一と小野清一郎のオンデマンド復刊があった。
刑法だけど。

161 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 01:14:45 ID:x1OHgRSd
良スレ

162 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 00:00:51 ID:TC9yjmpU
わが図間の「私法のみちしるべ」って良いの?
題名違ってたら、ごめんなさい。

163 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 20:25:35 ID:L3LVpXSk
原田尚彦『行政法要論』
ブックオフで300円
速攻、買って帰った

入門書と言えるかどうか微妙なレベルだが
行政法学で塩野とか阿部の前に読むやつとしては
悪くないよ

164 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 10:06:56 ID:XELZsbz4
久しぶりに法律の勉強するんで基本書として使いたいんだけど今はどんなのが
おすすめでつか、単著・単行本でこれはいいと思うの紹介よろ
民法、
民訴、
倒産・企業再生関係、
知的財産権、
等私法系統が特に知りたいです

165 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 11:41:55 ID:LBfYQUI0
>>164
久しぶりってことは本格的なのでもいいんすか?
スタンダードなのは

民法
内田,大村,山本敬三,潮見,ダットサン
民訴
伊藤眞,上田,大学双書,新堂,松本=上野
倒産
伊藤眞,加藤哲夫,『実務倒産法講義』
知財
(最新改正対応が少ない。)
渋谷(I〜III),竹田特許,半田著作権,作花著作権

166 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 12:53:08 ID:hH6WZYYF
>>164
何のために勉強するのかによりけりですが、
実務対応なら、司法協会の講義案はどうでしょうか?

167 :法の下の名無し:2005/06/23(木) 19:00:29 ID:dQouaAmf
スタートライン債権法

168 :法の下の名無し:2005/06/24(金) 23:09:41 ID:wWv+UCvW
佐久間という方の「民法の基礎」という本を薦められました。
これ以外は駄目だと。

169 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 01:49:18 ID:GUJbOzXW
中島誠『立法学』の評価が高いみたいなんですが、どうですか?

170 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 12:07:08 ID:ligkwLPS
>169
『立法学』は、評価高いですよ。ただし、著者の中島誠氏は本文の前で
「これはまだ完結ではない」的なことを書いてあったから、総論+αだと
考えればよいのでは??
 私も、人の評判聞いて図書館でチラッと見ただけなんで、読んでみるか。

171 :法の下の名無し:2005/06/28(火) 08:17:04 ID:ZfuUM3sR
>>169
立法学、立法過程だけでなく、日本政治の格好の解説書だと思うよ。
先行業績を整理し直し、実務家としての経験、見識を加味しながらの
総合的で体系的な叙述は、確かに評判を呼んでるだけのことはあると思う。
脚注も、メチャ興味をそそって面白いし。

172 :法の下の名無し:2005/06/29(水) 07:07:46 ID:QifiVId0
>>171
>日本政治の格好の入門書
同意。「与党審査」の部分と郵政法案ニュースを併読すればウマー

173 :法の下の名無し:2005/06/30(木) 08:24:11 ID:8HwKPTed
>>172

ジュンク堂では売り切れだった
聞いたら、現在急いで3刷中だとのこと

174 :Omoti輸卒@特殊投機強襲部隊 ◆rzOmotimAo :2005/07/14(木) 07:53:27 ID:1VIkwpO/
YMKT企画の本はおもしろいね

175 :法の下の名無し:2005/07/15(金) 00:49:07 ID:jsW3UgmX
法律、政治、国際関係などで
おすすめの洋書はありますか?

Anatomy of Corperation Law(でしたっけ?)なんかはいいと思いましたが。

52 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)