5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【主権】 樋口陽一 【人権】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/28 22:37 ID:9jdVcWU8
「近代立憲主義」を「個人の尊厳」にまでつきつめ、
憲法学の中核に据えたのは、樋口陽一である。

by 蟻川恒正

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 00:21 ID:AQv/BbGv
222222222222222222222222222222222

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 00:23 ID:AQv/BbGv
樋樋樋樋樋樋樋樋樋樋樋樋樋
口口口口口口口口口口口口口
陽陽陽陽陽陽陽陽陽陽陽陽陽
一一一一一一一一一一一一一

     【完】






4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 00:37 ID:EIfM9OIc
樋口先生のピンで1スレは勿体ない。
せめてvs佐藤先生くらいにスレタイをひねらないとな。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 03:34 ID:JUGghjiE
大学で授業とったなあ。オシャレで単位もくれるし、左翼でも
許せる人でした。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 04:19 ID:AQv/BbGv
>>6
というキミは右翼だね?



7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 04:19 ID:sjPsjfme
海外ではほとんど無名。
これが憲法学界の大御所ってんだから、
日本の憲法学のレベルが分かる(ワラワラ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 04:27 ID:AQv/BbGv
日本語読めねえんだからしょうがねえだろ。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 16:31 ID:XNDGISNb
>>8
ハハハ なんじゃそりゃ。
日本人でも、優れた業績を残してる人物、読むに値する人物なら、
外国語に翻訳されて、欧米でもしっかりと読まれてるじゃーん。
結局、翻訳する必要性がない、もしくは、
翻訳されてもほとんど誰も読んでくれないゴミ学者ってことだよ。
これが、まだ若手のペーペーの学者ってんなら分かるが、
「憲法学界の大御所」ってんだから、日本の憲法学ってマジやばすぎ(ワラ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/29 21:09 ID:TMf0xtvm
くずの憲法研究してたら、それはくずになる。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 01:30 ID:BuaJFKuL
樋口さんは唯の共産党

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 04:38 ID:PkKfmG9r
樋口陽一、、、こんなどうでもいい老人のことで、
専門スレッド作ってまで語ることなんかないよ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 05:08 ID:rC24tMbt
何か理系か他の分野からおかしいのが紛れ込んでるよ・・・

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 10:08 ID:2Kldd8WY
樋口先生の著作を読んでも理解できる頭が無い奴が多いんだろ、このスレに変なカキコ
してる奴は。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 14:43 ID:5H689Mmp
>>11とかな。
樋口の著作を理解してれば絶対ありえない書き込み。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 17:05 ID:P/DDhYgn
樋口陽一なんて、アメリカに行っても、誰も知りません。
それが現実です。はい。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 17:08 ID:Q+wKxxF+
日本人がレッシグ以外の米憲法学者知ってるのか?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 17:14 ID:sUg7zrCG
サンステインも、翻訳が出とります。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 17:26 ID:P/DDhYgn
>>17
イリイもかなり読まれてるな。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 17:27 ID:P/DDhYgn
いまどき樋口信者になっちゃう方々は、さすが無学だけあって、
アメリカの憲法学者というとレッシグしか思いつかないようです(ワラワラ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 17:30 ID:Q+wKxxF+
阿呆,一般的な「日本人」だよ。
イリィは松井知ってりゃ読んでるだろ普通・・・

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 17:50 ID:7DzhsMAY
樋口ってただのブサヨだろ プゲラ
世界ではまったく相手にされない ゲラ藁

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 18:02 ID:GI8AbUM5
っていうか明らかに文体で解るんだが、粘着してる奴がいるな。キモ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 18:15 ID:iec51+Kd
さあ、いよいよ樋口信者が壊れてまいりました。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 19:10 ID:JAazUJhH
ジェド・ルーベンフェルドは、ウィングダム(自動車)のCMに出演しとりましたな。
一般的日本人ゆうたら、メディア露出で、小林節>>>>>>>>>>>>>樋口



26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 19:16 ID:7Sne6304
極貧で若死にした樋口一葉は、「体を売る」ということに並々ならぬ関心を
寄せていた。それが、珠玉の遊女小説につながった。

翻って日本の花魁は教養高く身を売るというよりは芸の伝道者であった
事はいうまでもない事は定説である。
たけぐらべはいわば坊主と花魁それぞれに立身出世していく物語であり
問題ないといえよう。

って、樋口違いだな。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 00:35 ID:Voq6vnX7
全く面白くない。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 00:50 ID:uVdYb2Nl
樋口幼ぃ稚

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 00:51 ID:sk9MGnvP
このスレさ,まともな書き込みが続かないなら
もう倉庫送りにしようよ.見てらんない.

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 00:59 ID:tcgut+ry
50レスにも届かず、倉庫行き決定
樋口信者あわれw

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 03:12 ID:Voq6vnX7
そ、そういうお主は・・・・



32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 03:12 ID:Voq6vnX7
単なるバカだね(ワラワラ


33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/31 23:51 ID:3wo+7TOU
樋口古稀まもなく出来

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 01:47 ID:Lgbidr4S
ひぐちはきょうさんとう

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 13:37 ID:Ast6Wfxc
だから倉庫送りにしろって
>>34みたいなバカしか集まらないから

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 06:05 ID:xyGBeg2s
ひじきは美味しい

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/07 05:21 ID:T9GOZQRp
5年後か10年後には誰にも読まれていないだろうな。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/07 05:26 ID:WPnXJ++L
石川が東大憲法を背負って立つ限り、
日本の学界で樋口が捨て去られることはなかろう。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/07 05:41 ID:T9GOZQRp
世界で通用しない理論には価値がない。
樋口とその弟子は、閉じた蛸壺の中でトートロジーを
延々と語り続けるのだ。だれにも批判されずに。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/07 06:41 ID:WPnXJ++L
君は石川を読んでから批判し給え。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/07 10:57 ID:sRaD9kob
京大教授の毛利透も樋口の弟子だよね。
石川のこと相当意識してるっぽいよw
『自由と特権の距離』の書評良かった。
ヴィッティッヒなんて知らねぇよとも思ったがw

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/07 11:32 ID:7x6mEszf
長谷部も樋口弟子だな

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/07 17:09 ID:lUBHWySh
糞スレにつきsage進行のはずだろ。
みんなルール守って書き込もうぜ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/08 00:16 ID:v86DJLQQ
図書館に 『国法学 人権原論』 が入ってきたから借りてきた。

まったり読むか(´ー`)y─┛~~

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/09 14:29 ID:CaOp81ZM
peuple主権論争ってのも、しょせんは、共産党内の争いだったんだもんなw

46 :法の下の名無し:04/10/22 23:36:01 ID:O0/2Zz4a
コキおめ

47 :法の下の名無し:04/10/23 20:06:26 ID:ctt9Eqzg
コキコキ

48 :法の下の名無し:04/11/06 03:28:37 ID:C6EqVflG
                     _ ___
    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,      /−、 −、    \
   /_____  ヽ    /  |  ・|・  | 、    \
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   / / `-●−′ \    ヽ
   |  ・|・  |─ |___/   |/ ── |  ──   ヽ   |
   |` - c`─ ′  6 l   |. ── |  ──    |   |
.   ヽ (____  ,-′   | ── |  ──     |   l
     ヽ ___ /ヽ     ヽ (__|____  / /
     / |/\/ l ^ヽ    \           / /
     | |      |  |     l━━(t)━━━━┥

49 :法の下の名無し:04/11/07 15:51:37 ID:jWxNMkTS
 樋口先生の恩師は故清宮四郎先生だけど、同じ東北大出身で京大教授の大石真先生の恩師は誰なの。 故柳瀬先生?

50 :法の下の名無し:04/11/07 16:00:57 ID:5wnhHlsk
>>49

クソスレageるなよ。頭悪い野郎だな。

51 :法の下の名無し:04/11/07 16:41:40 ID:vA6FYkDT
>>49
小島和司

52 :法の下の名無し:04/11/07 17:55:23 ID:OYMUUYgm
>>51
 ありがとう。
 そういえば有斐閣双書『憲法概観』の補訂者だったね。

 かつての東北大学には、小嶋、樋口と二大巨頭がいたんだ。

53 :法の下の名無し:04/11/07 18:19:36 ID:z3DE12Ey
この2人、やっぱ仲悪かったの?

54 :法の下の名無し:04/11/08 12:40:33 ID:ElFFfXNI
樋口はなぜにフランス革命憲法にああも入れあげるのか?
フランス革命とは結局のところ人間の最も醜い側面が全開した狂気の産物でしかないではないか。

55 :法の下の名無し:04/11/08 15:29:55 ID:OB441Dpo
その後の紆余曲折はあるにせよ
フランス共和制の理念がいちばん、てことじゃないの。
政教分離が揺らいでるアメリカなんかと比べれば。

歴史的には完全なキリスト教国家が
人口の10%もムスリムを抱えていられるのは奇跡じゃないか。

56 :法の下の名無し:04/11/10 20:52:11 ID:QqzztPXM
樋口憲法、それなりにいい本だが、判例を西暦で表記するのはやめてくれ。
元号への脳内変換が面倒で仕方ない。


57 :法の下の名無し:04/11/11 00:48:19 ID:FXtB2uYW
>>56
それは樋口先生“らしさ”だ。

58 :法の下の名無し:04/11/11 08:17:30 ID:IzWMYVjv
フランス革命に入れ込んでるんだから、「西暦」じゃなく“革命暦”で表記すりゃ
いいのにな。

59 :法の下の名無し:04/11/17 17:25:36 ID:aj4i42Lp
樋口陽一は海外では無名なんて書いてる香具師がいるが
フランス語で書いた論文があるくらいだから、
日本の比較憲法学者としては、海外でもかなり著名なほうだよ

それから、たいして偏向してないよね、実際。
この程度で偏向学者なんて言ってたらしょうがないんだよな

60 :法の下の名無し:04/11/17 23:11:12 ID:TxXzjM8S
フランス93年憲法を理想としている椰子がなぜに
「たいして偏向していない」のか?
さらに彼は社会主義の成立や家族解体志向を明言している。
それが偏向でなくして何が偏向なのか?

61 :法の下の名無し:04/11/17 23:24:31 ID:DXelhjwL
>>60
> フランス93年憲法を理想としている

どこでそんなこと書いてるの?
君の脳内妄想かい?

> 社会主義の成立や家族解体志向を明言している

社会主義の成立を明言している!?
どこでそんなこと書いてるの?(大爆笑)

ソース出してみろよ、偏向坊や君。
それとも、駄々っ子のように「偏向、偏向」と
ほざくしか脳がないのかい?

62 :法の下の名無し:04/11/18 00:57:58 ID:Xt33TXcq
身分制社会編成原理を否定することによって、
人一般を発見し、諸個人と国家がむかい合う二極構造を
描き出すのが近代市民革命(樋口)

根本的に異なる価値観を抱く人々が平和に共存し、
社会生活の便宜とコストを公平に分かち合う枠組を作る
ことが、近代立憲主義のプロジェクト(長谷部)

唯一の公共目的の団体としての国家が、私益渦巻く「社会」
のなかで実力を集中することを通じて、割拠する身分制的諸勢力
のただなかに、自律化した公共圏を強制的に創出させよう、
とするのが近代主権国家のプロジェクト(石川)

どう違うかな?

63 :法の下の名無し:04/11/18 01:23:23 ID:W29wWH+5

クソスレにつき、sage進行になってます。ルールを遵守した上で書き込んで下さい。

64 :法の下の名無し:04/11/18 06:47:54 ID:oFLNu0XA
>>62

石川の見解は端的に間違いというか、錯乱してますね

近代主権国家が当初は絶対主義国家として成立した
点を看過している。「実力の集中」にしても、当初は君主
の手によってなされたはず

65 :法の下の名無し:04/11/18 12:16:49 ID:Xt33TXcq
>>64

その通りですが、石川さんもそれは否定しないでしょう。
実力の集中を開始したのが国王で、完成させたのが市民革命、
一貫して最高独立の存在に近づいていたのは国家、というから。
だからこそ、「近代市民革命」ではなく「近代主権国家」を選んだのでは
ないでしょうか?


66 :法の下の名無し:04/11/18 12:30:58 ID:cSS2gwX0
>家族解体志向を明言している

「国法学―人権原論」 ちゃんと読んだ?

67 :法の下の名無し:04/11/18 20:55:58 ID:6HQPu8u6
しかしまあこうしてみると本当に樋口信者ってキモイ連中だな。

68 :法の下の名無し:04/11/18 21:31:44 ID:ZFWd7xTK
「キモい」はずの「樋口信者」のところにワザワザ来て、
「キモいキモい」と騒いでる香具師が一番キモいんだよ(w

69 :法の下の名無し:04/11/18 21:34:49 ID:6HQPu8u6
早速チェックか、ご苦労さん。


70 :法の下の名無し:04/11/19 00:14:04 ID:OdAk94bT
樋口のゴミ本読む時間があったら、小津映画を全部見直せ。
話はそれからだ。

71 :法の下の名無し:04/11/19 12:32:50 ID:5adKT07a
60を読んでちょっとチェックしました。
樋口は「転換期の憲法」において「日本国憲法第24条から、家族への保護的関心を
過度に読み出すことは妥当ではない。
むしろ「個人の尊厳」の強調は、本気でそれを貫徹しようとするならば家族を解体
させる要因にもなりうる、という意味で、家族解体条項としての論理的含意をも
備えている」
などといっていますね。

72 :法の下の名無し:04/11/19 14:14:19 ID:kZnYFAXL
その文には、実際に本気で貫徹するかどうかはまた別の話、という論理的含意
も備えているだろうけどね。

73 :法の下の名無し:04/11/19 14:46:20 ID:uBQTnmvG
>>72
そう。樋口には、奥さんも子供もしっかりいるからね(w

だから「家族解体」という片言節句だけを取り出すと
偏向してるように見えるが、実は大して偏向してないんだよね

74 :法の下の名無し:04/11/19 23:06:33 ID:yzVs5Dd8
不思議だよな。
この71の科白は充分に偏向といえるが。
片言隻句をとりあげて、っていうけど、皆行間を読み込んでその著者の思想を
会得するものなのじゃないのかね?


それから、彼に家族がいようがどうだろうが関係は無いだろうな。
社民党の福嶋のように、徹底的に家族をアトム化した個人として扱っている例もあるし。
(彼女は配偶者の両親に会ったことがないのを自慢げに語っていたな)

75 :法の下の名無し:04/11/19 23:57:18 ID:I1oI0Ipp
> この71の科白は充分に偏向といえるが。

どこが? 
樋口の言ってるのは、個人の自由を圧殺するような
過度な家族保護は、「個人の尊厳」との関係で良くないと
言ってるだけだろ

ここから出てくる結論は、家族を保護するにしても
過度にではなく、適度にやれ、ということだ

実に中庸な、つまらない話だと思うが?
偏向していると言いたいのであれば、どこが偏向
してるのか、論拠を示してほしいね
この程度で偏向なんて言えないと思うんだけど

76 :法の下の名無し:04/11/20 00:41:49 ID:iinnOv5R
>>75
しかしはっきりと「家族解体条項」と言っているではないか。
世界の多くの憲法は「家族」というものを重視した条文を置いているだろうて。
そんななかで「家族解体条項」だとまで言い切るのは充分に偏向だろうなあ。

77 :法の下の名無し:04/11/20 00:43:16 ID:iinnOv5R
そうそう、、
「個人の自由を圧殺する家族保護」って何だ?

なんつーか、樋口信者って本当にご都合主義者が多くて困るな。

78 :法の下の名無し:04/11/20 00:45:38 ID:iinnOv5R
「触れない、枉げる、捏造する」の「樋口三原則」
などと中川に揶揄されるのもうなずけるな。

79 :法の下の名無し:04/11/20 00:54:25 ID:iinnOv5R
)、「共和国は、経済的および他の措置により、家族の形成およびそれに必要な任務の遂行を、助ける。大家族に対しては特別の配慮を行う」(伊太利亜憲法31条)

80 :法の下の名無し:04/11/20 01:01:56 ID:EeB41/SP
>>76
結局、全体として語られている趣旨よりも
片言節句を捉まえて偏向っていうわけね。
天皇機関説事件の時代から思考様式が
変化してないな

>>77
たとえば、正式な家族員であることを重視
するあまり、非嫡出子を冷遇するといった
典型的事例があるね

それから、漏れは樋口信者じゃないので念のため。
樋口の中庸な見解は、面白くないと言ってるよね

81 :法の下の名無し:04/11/20 01:05:00 ID:iinnOv5R
独裁者や国家権力が国民の基本権を侵害することを正当化する詭弁を弄する
シュミットを「人権」の二文字を呪文のように唱える樋口陽一が座右の書
としている矛盾は、樋口の憲法学に隠された目的を暗闇から引きずり出す。
「主権と人権は、ルソー=ジャコバン型 一般意思モデルの内部で、
言わば完成形態をとる」というこの樋口の文言は「主権」とは「独裁者」、
「人権」とは「国民の権利への侵害」を意味しているとみて間違いない。


82 :法の下の名無し:04/11/20 01:07:43 ID:EeB41/SP
>>79
イタリア憲法もドイツ憲法も、非嫡出子の
保護を憲法でキッチリうたっているだろ

そういう規定と統一的に理解しなければ
いかんということだよ

自分に都合のいいとこだけ引っ張ってもねえ(w

83 :法の下の名無し:04/11/20 01:08:41 ID:iinnOv5R
>>80
むしろ彼の言うことは断片だけ取り出してもよくわからない。
全体を捉えてこそ「偏向」といいうるのだよ。
81を読んでいただきたい。

それから非嫡出子を排除する思想を回避するために「家族解体」を正当化するのか?
それが「偏向」なのだよ。

84 :法の下の名無し:04/11/20 01:10:16 ID:iinnOv5R
>>71
へえ、樋口がそういっているのか。


85 :法の下の名無し:04/11/20 01:12:36 ID:iinnOv5R
>>82
の間違いだな。
失礼。
で、実は馬鹿にしているわけではなくてお尋ねしたい。
樋口はどこで82氏のようなことをいっているのでしょうか。

86 :法の下の名無し:04/11/20 01:13:03 ID:EeB41/SP
>>83
樋口は「家族解体」を正当化してないだろ
論理的含意を指摘してるだけだ

非嫡出子の権利を蹂躙してまで旧来の家族を
維持するとするという見解を否定するために、
個人の尊重とのバランスを考えろと言ってるだけだ

これ自体は実にツマラナい見解だよ
偏向、偏向って騒ぐ香具師の気がしれないね

87 :法の下の名無し:04/11/20 01:15:38 ID:EeB41/SP
>>85
いや、83はイタリア憲法の話題が出たので
条文を自分で調べて書いただけですよ

樋口陽一・吉田善明編『世界憲法集』を参照しました。

88 :法の下の名無し:04/11/20 01:19:35 ID:iinnOv5R
>>86
そもそも24条に論理的に「家族解体」が内包されているということ自体がおかしい、
ということを言っているのですが。

>>87
樋口がそういっているとしたら少しは認識を改めたのだが。
貴殿の見解などどうでもいいのですが。


89 :法の下の名無し:04/11/20 01:21:14 ID:iinnOv5R
そうそう、
「偏向」がいやなら「間違い」と言ってもいいのですがね。

90 :法の下の名無し:04/11/20 01:22:41 ID:iinnOv5R
樋口は「法の支配」については言及しない。
たとえば「(イギリスでは)司法裁判所による一元的管轄が『法の支配』
の内容とされてきた」とするが、「法の支配」とは議会であれ国王であれ
「法」の下位にあって「法」の支配をうけるべしという意味である。
つまり立法も行政も司法裁判所の判決も「法」に従えという意味である。


91 :中川を引用しましょうか:04/11/20 01:25:13 ID:iinnOv5R
樋口は「立憲主義」についても全く意味を逆転させる。
「近代立憲主義の本質的要素は、国家への権力集中
と中間団体からの個人の解放を前提としたもの」
「近代立憲主義は自由な諸個人によってとりむすばれる
社会を想定している」と。
しかし、「立憲主義」とは狭義には国家への権力集中や
国家権力の強大化を憲法によって阻み制限することを言う。
広義には「法」に従って国家権力を制限することである。
国会の権力に対して制限を加える「立憲主義」は、
「国民の意志を」制限することである。
つまりフランス革命の生んだ「国民主権」を否定することが
「立憲主義」のよって立つ根本である。
「立憲主義」と「国民主権」とは両立しないのだ。
樋口が「主権の成立」をもって「立憲主義」と称しているのは逆だし、
個人が社会の紐帯から解放されてバラバラにアトム化することは
「立憲主義」とは何の関係もない。

92 :法の下の名無し:04/11/20 01:29:34 ID:iinnOv5R
まあ、つまり「中間団体からの個人の解放」が「立憲主義」の要素なんだから、
家族解体を目指すのは当然ではないですか。

93 :法の下の名無し:04/11/20 01:35:19 ID:EeB41/SP
国家への権力集中というのは、中間的権力
つまり、封建領主のような権力が割拠している
状態を打破して、統一的近代国家の権力を
打ち立てると言う意味です。

立憲主義が国家への権力集中を制限する
というのはおかしい。むしろ、国家への権力
集中を前提として、この国家権力の分立、
つまり権力分立と、権利の保障を日本柱
とするのが立憲主義だという理解です。

94 :法の下の名無し:04/11/20 01:38:13 ID:EeB41/SP
> 広義には「法」に従って国家権力を制限することである。
> 国会の権力に対して制限を加える「立憲主義」は、
> 「国民の意志を」制限することである。
> つまりフランス革命の生んだ「国民主権」を否定することが
> 「立憲主義」のよって立つ根本である。

 国会つまり立法権に制限を加えるのは、主に司法権
が違憲立法審査によって制限を加えるということになる
と思います。この司法権も、憲法によって設立されたも
ので、その憲法は国民の憲法制定権力の発動によって
制定されたわけですから、立憲主義と国民主権は矛盾
しないでしょう。

 国会で民主的に決めたものが裁判所で覆されるという
意味では、民主主義VS立憲主義、というのは問題となる。


95 :法の下の名無し:04/11/20 02:08:26 ID:gQ10XLVu
>>←でレス指定するのやめてくれない?
いまマンガ喫茶だから、専用ブラウザ使えないんだよね。
コピーして貼ってくれると見やすいです。
次のレスからそうしてください。

96 :法の下の名無し:04/11/20 12:32:39 ID:D/9v9Agm
中川って誰?

97 :法の下の名無し:04/11/20 20:21:16 ID:LyARQQPg
中川八洋ですわ。

98 :法の下の名無し:04/11/22 12:12:51 ID:/T2ji6Nu
「家族解体」大賛成です。

現在は児童虐待など「家族」が障壁となって
個人の尊厳はおろか、人命すら十分に保護されていない。

99 :法の下の名無し:04/11/22 20:05:36 ID:HIV+aBEN
親権概念の修正及びそれに基づく法改正の必要性≠家族解体

100 :法の下の名無し:04/11/22 22:24:00 ID:2ZmOa21I
家族解体≠家庭崩壊=不道徳

101 :法の下の名無し:04/12/01 05:44:00 ID:jglzlNSR
妹の結婚式前日

 |  ('ー`)ノ   「明日は、この成人式のスーツでいいかな・・」
 |  <( )
 |   / \
/ ̄     ̄


 | Σ('A`)ノ     >「無職で引きこもりのお兄ちゃんに出て欲しくない!」
 |  <( )       >「そんなこと言わないの!」
 |   / \
/ ̄     ̄


翌日・・・

          (ー`) イマゴロハケーキデモキッテルカナ・・・シアワセニナ
      /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
     // ̄ ̄ ̄フ /
   / (___/ /
   (______ノ

↑ほぼ実話

102 :法の下の名無し:04/12/10 19:56:30 ID:gk8SxBlW
>>101 って、樋口氏の実話なの?

103 :法の下の名無し:04/12/18 14:06:35 ID:UDGq57As
樋口氏の実話ではない。

104 :法の下の名無し:04/12/28 02:56:47 ID:lcR2Z6HY
age

105 :法の下の名無し:04/12/29 11:39:10 ID:geFX0ByQ
精神病の真実 (政治板)
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1102516267/l50

世界大百科事典 精神分裂病と向精神薬 より抜粋

「分裂病の原因はなお不明だが〜発生頻度はあらゆる民族,あらゆ
る時代を通じ不変で, 0.7 〜 0.9 %程度とされ,日本でも同様だが,
1963 年の全国調査以後は信頼できる統計がなく,近年の頻度に増減が
あるか否かは明らかではない。」

「精神分裂病には抗精神病薬を数年にわたって長期与薬しなければなら
ぬが,あまり長くなると口や舌がもぞもぞと動いてしまう遅発性ジスキ
ネジアと呼ぶ副作用が出る。これを治すのは難しい。」

「向精神薬が脳のどこへどのように働くかについてはまだよくわからない」

「病気の機序が不明なところへ,作用のしくみがよくわかっていない
精神治療薬を与えて治そうというのには無理がある。」


106 :   :05/01/02 10:36:24 ID:JYNy+gn0


憲法学者番付

横綱  佐藤幸治  石田光義
横綱格大関 小林直樹(芦部同級)
大関  奥平康弘 佐藤功 杉原泰雄 樋口陽一
関脇  伊藤正巳 栗城壽夫 
小結  高橋和之 川岸令和 中村睦男 野中俊彦
前頭1 浦部法穂 辻村みよ子 高見勝利 青柳幸一
前頭2 高田篤 初宿正典 戸松秀典 長尾一紘 松井茂記 長谷部恭男 菅野喜八郎
前頭2(代々木枠) 森 英樹 長谷川正安
前頭2(小林枠) 小林節 小林昭三
前頭2(靖国枠) 百地 章 
前頭3 安念潤司 大石真 棟居快行 野坂泰司 阪口正二郎 渡辺康行
前頭4 米沢広一 釜田泰介 江橋崇 内野正幸 市川正人 毛利透
前頭5 蟻川恒正 石川健治 岡田信弘 小山剛 日比野勤 
前頭6 神谷雅子 佐竹雅昭 水島朝穂 高井裕之 愛敬浩二 手島孝 渡邊重範
前頭7 山元一 孝忠延夫 土井真一 安藤高行 阪本昌成 松本和彦 浦田賢治
前頭8 佐々木雅敏 渋谷秀樹  赤坂正浩 小針司 中山道子 西原博史
前頭9 安西文雄 今関源成 金原恭子 糠塚康江 藤井樹也 大須賀明 小林孝輔


107 :法の下の名無し:05/01/11 11:22:11 ID:bNA9i+Xy
樋口氏は退官して、もう教職はないんだっけ?

108 :法の下の名無し:05/01/11 13:06:21 ID:I2LAU+Qb
金曜日に早稲田で最終講義やるみたいよ

109 :  :05/01/13 12:53:06 ID:RAnwmre6
明日の14時40分から、早大15強姦301教室で「最終講義」あり。
一般人の聴講も可とのこと。

110 :法の下の名無し:05/01/13 20:22:17 ID:OCV6HN8n
樋口氏引退か
樋口は東大上智早稲田と高偏差値大を渡り歩いた人生だったな

111 :法の下の名無し:05/01/13 21:42:51 ID:OCV6HN8n
片岡寛光や日比野弘も引退するんだな
ひとつの時代の終焉を感ずるが

112 :法の下の名無し:05/01/13 22:56:31 ID:/rAoy2m8

重い黒雲が吹き払われて
青空が顔をのぞかせた気分だね


113 :法の下の名無し:05/01/14 00:29:04 ID:3KSOkT2v
>109
302教室じゃなかった?

114 :法の下の名無し:05/01/14 07:39:05 ID:Kk2PCumQ
樋口って共産党員なんですか?

115 :法の下の名無し:05/01/14 09:06:43 ID:dqqfs8kg
かなり昔の話だけど、民青のうったストを無視して講義してたね。

樋口と、別の御用学者(政治学=故人)がスト破りしたんだが、
樋口「私は学生ではないから、ストに拘束される理由はない。計画通り講義を進める」
政治学者「私の使命は、研究と教育であり、ストで講義をやめたりしない」
と言ってたが、後者は、翌週、政府の審議会で休講にしやがった。

樋口の主義主張はともかく、御用政治学者に比べて、そういった点では一貫してたよねw

116 :法の下の名無し:05/01/14 19:17:50 ID:6fyK+MOB
最終講義も計画通り日本国憲法96〜99条を比較憲法の視座から論じてた。
「国法学―人権原論」も早稲田の講義が元らしいけど
今年の講義も著作にまとめると言ってたよ。
「試験までには出ません」の一言で微妙に笑い取ってた。

117 :法の下の名無し:05/01/14 20:22:24 ID:a/FsWTid
戦前
<丶´Д`> <国として立ちゆかないウリの国の面倒を見て欲しいニダ…
戦後↓
<丶`Д´> <ウリの国は日本の植民地にされていたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦中
<丶´▽`> <高給ニダ!是非ともついていって体を売るニダ 追軍娼婦するニダ
戦後↓
<丶`Д´> <ウリは無理矢理連行され、従軍慰安婦にされたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
----------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´▽`> <日本に密入国して商売するニダ!
現在の在日チョン↓
<丶`Д´> <ウリは日本に強制連行されて祖国から拉致されたニダ!謝罪と賠償を(以下略)
---------------------------------------------------------------------------------
北朝鮮へ帰国した在日
<丶´▽`> <北朝鮮は地上の楽園ニダ!日本なんかとは違うニダ!さすがウリの民族ニダ!帰るニダ!
脱北した在日↓
<丶`Д´> <北は楽園じゃなかったニダ!日本に戻ったから生活の面倒見るニダ!
脱北した在日の将来↓
<丶`Д´> <ウリはだまされて北に帰ったニダ。 責任は日本政府にあるニダ。謝罪と賠償を(以下略)
---------------------------------------------------------------------------------
戦前
<丶´▽`> <満州で中国人にいじめられるニダ。日本人にしてほしいニダ…
(  ´∀`) <じゃぁ、日本に併合してあげるよ、日本の苗字を名乗ってもイイモナ
戦後↓
<丶`Д´> <日本に苗字を無理やり変えられたニダ!賠償するニダ!
ウリナラの歴史マンセー
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Darts/3036/uri.html


118 :法の下の名無し:05/01/14 21:28:59 ID:Vt4CBKWO
>>114
>>115
そういう話題なら、今日同じく最終講義だった浦田のほうがふさわしい。

119 :法の下の名無し:05/01/14 21:38:09 ID:kqpD0IjY
> かなり昔の話だけど、民青のうったストを無視して講義してたね。
> 樋口と、別の御用学者(政治学=故人)がスト破りしたんだが

民青のストだからスト破りができたんだろうけどね
新S翼系だったら、つるし上げられただろうに。

欧米の学生ストでも、たいていの講義は休講になる。
学生が民主的に決めた意志を多くの教授たちが尊重してるんだね。

樋口の場合は欧米流の個人主義を気取ったんだけど、
それがスト破りという反動的な行為として現象してしまった。
ここではお得意の個人主義が民主主義を考慮しない単なる
アトミズムに堕している。

立憲主義か民主主義か、という形で、民主主義を放擲してしまう
樋口憲法学の反動的側面がここに集約されている。

進歩的側面とともに反動的側面をも併せ持つ樋口憲法学は
いうなれば両刃の剣。

120 :法の下の名無し:05/01/14 21:41:19 ID:kqpD0IjY
>>114
党員だったら死んだ時点で、しんぶんバカ旗に掲載されるはず。
だから、党員だったら遅かれ早かれ分かるよ。

漏れは、樋口はどう考えても党員ではないと思うけど。

あの人は、ただ単なる近代主義者だろ。丸山みたいな。

121 :法の下の名無し:05/01/14 23:08:34 ID:SNnOBWFO
>>119
>学生が民主的に決めた意志
ワロタ

122 :法の下の名無し:05/01/15 06:16:45 ID:hX5412py
>>121
世間知らずの御仁がいるようですね(w

少なくとも社民組織が強いヨーロッパの国の中には、
今でも何千人規模の学生大会が組織されて、
スト決議があげられていますよ。
何千人の学生が起立したまま決をとる様は、
まさに直接民主主義そのもの。

日本の感覚だと、およそ理解できないだろうが。

馬鹿ウヨ学生ばかりの日本の感覚で物事を見てないか?
世間知らずもほどほどにしないとね(w

123 :法の下の名無し:05/01/15 06:40:08 ID:dUNL5fWl
なんだ
>学生が民主的に決めた意志
ってのは、日本の話には適用が無かったんだw
どっちにでも取れるように書いてあるけど、それだと、樋口貶せなくなるじゃん
脳内に理想郷が完璧に構築されてますねww

124 :法の下の名無し:05/01/15 07:02:01 ID:hX5412py
>>123
文脈からして欧米のストのことだと分かるはずだが?

樋口が破った日本の民青のストが民主的に成立したかどうかは
知らん。漏れは >>115 とは別人だから。
民青が非民主的に決議をデッチ上げた可能性はあるかもしれないね。

とはいえ、樋口は「私は学生ではないから、ストに拘束される
理由はない。」と語ってるわけだから、スト決議が学生を拘束
するものとして有効に成立したという前提にたっている。

その上で、スト破りを行ったわけだから、確信犯だよね。
十分、落とせると思うけど。残念でした(www

125 :法の下の名無し:05/01/15 07:15:10 ID:EsDqo2nX
ある学者が共産党員であるかどうかを判別する方法はあるのですか?

126 :法の下の名無し:05/01/15 08:27:49 ID:hX5412py
>>125
判別対象の学者の左胸をナイフで深々と刺してみて、
後日のバカ旗に党員追悼の記事がでるかどうか、
で確実に判別できます。

127 :法の下の名無し:05/01/15 20:49:42 ID:6+W3RJ3I
>とはいえ、樋口は「私は学生ではないから、ストに拘束される
>理由はない。」と語ってるわけだから、スト決議が学生を拘束
>するものとして有効に成立したという前提にたっている。
どうでもいいネタだけど、論理的にはトンじゃってるよねww

128 :法の下の名無し:05/01/15 22:55:59 ID:kmIfI+hl
>>113

やっぱり、15号館301教室だった。
最終講義は水島、今関などの教授も聴講していた。

129 :法の下の名無し:05/01/16 02:47:05 ID:N/AoKUwv
学生のストに対する対応といえばサミュエル・ハヤカワが最高にかっこいい。

130 : :05/02/06 08:22:50 ID:zO4Hmhio
早稲田大学法学部で樋口陽一をついで「比較憲法」講義を担当できるのは、

超一流の憲法学者 石田光義先生だけだ。まちがいない。

http://www.waseda.jp/wospm/wospm-what-top/wospm-stf/stf-pp/ishida-p.htm

http://www.law.nihon-u.ac.jp/dprtmt/sylla/kenpou_2_156.pdf

131 :法の下の名無し:05/02/06 08:27:11 ID:BdPvDso0
石田光義って、最近、論文書いてるの?

学内行政にばかり熱心だって、陰口たたかれてたけど。

論文あるなら、紹介してくれよ。

132 :法の下の名無し:05/02/06 18:45:19 ID:nVVDZH7Y
立憲主義、立憲主義と連呼している割には立憲主義を理解していない

133 :法の下の名無し:05/02/06 19:24:37 ID:seHUuBZ+
>>132
もう少し詳しく

134 :法の下の名無し:05/02/06 19:39:55 ID:UjcoXpBR
>立憲主義、立憲主義と連呼している割には立憲主義を理解していない
70の爺さんに何求めてんだよ
無理に決まってるだろw

135 :法の下の名無し:05/02/18 11:42:41 ID:670t6uYf
批判的峻別論を懐かしく思い出した

136 :法の下の名無し:05/02/18 12:26:55 ID:QtVTEzJs
樋口陽一って、新カント派認識論の没価値性論的な理解に
陥ってると思うけど、どうよ?

137 :法の下の名無し:05/02/26 09:32:32 ID:I+TtkBWZ
君たち、どこをどう読んだら、樋口陽一が党員とか思うのか?
共産党をなんだと思ってるの?
120の言うとおり、樋口陽一は日本におけるジャコバン党員嫡流。

138 :法の下の名無し:05/02/26 09:35:40 ID:I+TtkBWZ
全共闘時代の樋口陽一は、
東北大学助教授で法学部の学生担当。
大衆団交で学生のつるし上げくったり、
逆に論破したり。

139 :法の下の名無し:05/02/26 09:37:27 ID:I+TtkBWZ
樋口陽一の息子は事実婚で、
非嫡出子が3人。


140 :法の下の名無し:05/02/27 03:37:43 ID:6bMR1agc
>>139
そういうのはゴシップ的な興味を除いても(別の面ではあるw)興味深いですね。
ある憲法学者や家族法の学者が夫婦別姓を実践したり。
その人の考えが見えるようで。

141 :法の下の名無し:2005/04/05(火) 14:08:15 ID:jg1zUJCf
1に出てくる蟻川っての、どこの誰? 「ありかわ」とでも読むの? 変な名字だな。

142 :法の下の名無し:2005/04/05(火) 15:05:49 ID:RM9uD8lw
>>139
ただのフランスかぶれじゃないのか?

143 :法の下の名無し:2005/04/07(木) 12:42:12 ID:3wyzmkZu
Wの比較憲法の後任は誰かとおもたら、
高見せんせでした。所属は国会図書館のままっぽいが。

144 : :2005/04/20(水) 10:26:32 ID:npjw9OgW
 法学部も超一流の石田光義先生の「比較憲法」を開講してほしい。

145 :法の下の名無し:2005/06/17(金) 09:07:51 ID:omE2XumO
>>132

比較憲法の第一人者、石田光義教授の輝ける業績

日本国憲法(共著)/有信堂

「新立憲主義時代」を考える−比較憲法の視座を求めて
(早稲田政治経済学雑誌/早稲田大学政治経済学会)

タイにおける人権−その意味と範囲
「人権の理想と現実−南北、とくにアジアの視点から(比較憲法学会編)」

日本国憲法概論(石田光義著)/敬文堂

石田光義著『憲法要論』(敬文堂、2,500円+税)


146 : :2005/06/28(火) 21:29:58 ID:h4V9zWkP
ドイツ立憲主義と議院の自律権

147 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 23:37:44 ID:novfOXDZ
誘導あげ

148 : こばしょー:2005/07/26(火) 15:33:49 ID:zpZra50H
石田光義さんのほうがいい

149 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 08:39:37 ID:4iHV94kP
【故石川校長の葬儀での夫人の声明】
◆1999年2月 広島県立世羅高校 石川敏浩校長の自殺事件
「人権を讃える人たちに、主人の人権は奪われました。許すことはできません」

http://cnn.patriot.jp/blog/archives/000119.html

悲しい事件です。人権の名の下に一体どれほどの悲劇が繰り返されてきたのだろうか。


150 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 09:03:37 ID:4SB6bCym
東大の教授は、東大卒しかなれないという
伝統を打ち破り、初めて東大以外卒で東大教授になった
勉強熱心な樋口先生。
平和的生存権にも肯定的な樋口先生。
さて、信者を増やしますか。

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)