5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

我が国の裁判は公平に行われているのか?

1 :▽・エ・▽:04/10/18 22:52:09 ID:GD38epxT

人事権を握る行政の顔色を窺って判決を下す腰抜けの裁判官が多数存在するのが現状である。
裁判官は司法の独立を堅守せよ!

2 :法の下の名無し:04/10/18 23:05:31 ID:qqZ+IP/b


                               ぽ


                              ん






       ち

3 :トビー:04/10/19 00:00:41 ID:lhQW+bv8
別人です。

4 :ジョリー:04/10/19 00:00:53 ID:xkJVlXci
別人です。

5 :4000kg:04/10/19 02:04:42 ID:ZRuN+gQA
あとでまた書き込むよ


6 :4000kg:04/10/19 02:06:03 ID:n5fnCYtS
というわけでまた書き込んだよ。

7 :4000kg:04/10/19 02:07:18 ID:ZRuN+gQA
同一人物だよID違うけど


8 :4000kg:04/10/19 02:08:19 ID:n5fnCYtS
いや、全く同一人物だよねw

9 :100:04/10/19 07:08:49 ID:iuJXx5UG
同一人物です。

10 :100:04/10/19 07:08:59 ID:GIx0qR7s
同一人物です。

11 :法の下の名無し:04/10/19 23:48:06 ID:Eb52c69z
書き込む前にSG(セキュリティー・ガード)に登録しないと危険ですよ。
SGに登録せずに書き込んだ場合、
あなたのパソコン内の情報が他人に見られる恐れがあります。
初期の頃から2ちゃんねるにいる方達はかなりのスキルとこのBBSのコマンドを知っています
ですから簡単にあなたのIPアドレス等抜かれ、住所まで公開された人も数多くおり
社会的に抹殺されてしまう。それが2ちゃんねるの隠れた素顔でもあります
SGしておけばまず抜かれるコマンド自体が無効になってしまうので
どんなにスキルがある人でもIPアドレスを抜くことが不可能になります


SGに登録する方法は、名前欄に「 fusianasan 」と入れる。


これでSGの登録は完了します
一度登録すれば、電話番号を変えない限り継続されます。
2ちゃんねるはルールさえ守れば危険な場所ではありません。
しかし悪意を持った人間も確かに存在します。気を付けて下さいね。

12 :法の下の名無し:04/10/21 20:12:18 ID:EcowxvBv
板違い

13 :法の下の名無し:04/10/27 00:10:55 ID:zy3dpSc2
これでいいのか日本の裁判

本来、裁判は白紙、無垢の状態で始められなければならないのに、刑事裁判においては、冒頭で検察官が被告人に係る前科等の非行歴を陳述することが許されている。

これでは、裁判官にまったく予断、偏見、先入観等が生じないとはいいがたくなるから、検察官が裁判の冒頭で、事件とは直接関係のない被告人を貶める内容の陳述をすることは、公平、公正な裁判の進行を危うくする虞れがあり、憲法37条に違背することになるのは明らかである。

我が国における現行裁判制度の不合理、矛盾等をここで追及し、また諸外国の裁判制度等とも比較しながら、問題点を話し合っていきたいと思う。




14 :やじうま:04/10/27 03:19:20 ID:efKNqWXn
今でてるのが、
>>1「官僚的司法システムと裁判官の政治的中立性」と、
>>13「刑事裁判における予断の排除の要請と精密司法」
であるが…

>>13は、書き込みから話しをつなげると憲法/刑訴法上の問題として扱うことに
なりそうだが、風呂敷の広げ方によれば、現行の「調書裁判」の問題性や現在の
トピックである「裁判員制度」につなげることもできる。

>>1は、「判検交流」や裁判官人事の不透明性、裁判官会同などを通じた最高裁
民事局等によるインフォーマルな判決誘導など、法社会学会で80〜90年代に議論
されたものの、現在の「司法改革論議」からはすっぽりと抜け落ちてしまってい
る問題である。現在の裁判所において、これらの問題がすでに問題視されないと
いうこと自体、「司法権内部の統制」が浸透していることの証座とみることも
できよう。

さて、どっちの風呂敷を広げましょ?

15 :▽・エ・▽:04/10/31 23:40:39 ID:f2cX2S9G
上げ

16 :▽・エ・▽:04/11/07 21:42:55 ID:oL74eGus
紳助事件・・・・・
冤罪の臭いがプンプンだ。拳で殴ったら、捻挫でなくて、普通打撲傷だろ?
捻挫は本人の申告だけで他覚症状はない。暴行罪はあっても、傷害罪はないな。

17 :やじうま:04/11/14 05:29:29 ID:i8W8AyTA
 この板には、基礎法(特に法社会学)分野の住人が少ないのかねえ。
 
 毎年Jの新任拒否が10名前後出てることとか、判検交流が進むなかで法曹大増員を
控え弁護士任官がまったく拡大しない状況とか、いろいろ論じることがありそうだけど。
 
 それとも、これって司試板で扱うトピックなのかな?司試板だと、“現状追認”か
“安易なウヨサヨ(青法協)論争”になりそうだし、法曹界から多少距離を置けそうな
法学板で話を進めてみたいんだよね。
 
 実定法やってる方々にとっては、法的安定性が、判検交流や裁判官会同によって実現
されている現状は関心ない? ・・・ないかもなぁ。

 >>1「▽・エ・▽」さんも「紳助事件」とか言っちゃって、もうどうでもいいのか?(苦笑)


18 :法の下の名無し:04/11/14 12:12:57 ID:7HrNTZ9n
>>17
?
弁護士任官ってより、判事補等に弁護士経験させる制度の方にシフトしたみたいだけど

19 :やじうま:04/11/14 13:28:35 ID:i8W8AyTA
>>18
「判事補及び検事の弁護士職務経験に関する法律」ですね。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/hourei/hanjiho_s.html
(司法制度改革推進本部HP内)
 この制度は、法曹一元を、従来裁判所・中央官庁―民間間の人事交流・研修の
延長上に実現しようというものなんでしょうけど。
 もちろん、現状からの前進には違いないでしょうが、この制度で予定している
弁護士職務経験の期間は原則2年(最長5年)で、かつ最高裁(検事の場合は法
務大臣)が必要と認めた者をその対象とするなど限定的で、「腰掛け研修」に終
わるような感じがします。
 
 いずれにせよ、初めて応答可能なレス、ありがとうございます(笑)

20 :法の下の名無し:04/11/15 01:42:27 ID:1QPlO8SO
多分、裁判員制度の導入により、日本の刑事司法は頓死します。

それにしても、砂糖好事ってすごいよね。

21 :法の下の名無し:04/11/24 00:05:02 ID:g1Apv7rF
裁判員制度は逆に冤罪を増やすと思う。
だって司法権を握るのがマスコミに扇動された一般人なんだから。

22 :法の下の名無し:04/11/24 00:12:42 ID:UsUpXo/3
>本来、裁判は白紙、無垢の状態で始められなければならないのに

この命題が真なのか、あるいは程度問題なのか?

23 :法の下の名無し:04/11/24 09:56:38 ID:KWeBrpft
>>22
 裁判官に要請されている「予断排除」「無罪推定」も、審理に臨む
上でのバイアスであって、そもそも「白紙、無垢の状態」など存在し
ないのでは?

24 :法の下の名無し:04/11/24 11:03:47 ID:HiLG+8fU
>>13
公判前の報道もやめるように運動してください。

25 :法の下の名無し:04/11/24 11:18:10 ID:0zwyuRxb
弁護士任官っていっても、日弁連の推薦で決まるんでしょ?
あんまし意味がないよね。

基本的に法曹一元って言うのは裁判官の政治任用と不可分だと
思うんだけどね。

26 :法の下の名無し:04/11/24 23:41:13 ID:9wvTS+gZ
掲示裁判官って、検察官の出した料理を食べるだけでしょ

27 :法の下の名無し:04/11/25 13:11:57 ID:LUu81jDk
>>26
でも、それを弁護側の出したスパイスとあわせて「美味い!」とか「マズイ!」とか言うんだよ。

28 :法の下の名無し:04/11/27 14:46:40 ID:wXT3YhKd
>>19

> 弁護士職務経験の期間は原則2年(最長5年)で、かつ最高裁(検事の場合は法
> 務大臣)が必要と認めた者をその対象とするなど限定的で、「腰掛け研修」に終
> わるような感じがします。

 法務大臣は知りませんが、最高裁は、すべての裁判官に何らかの形での外部経験
を積ませるという方針のようです(あくまで「方針」ですので、厳密にすべての人
がそうなるかどうかは別なのかもしれませんが)。

 それと、期間について「腰掛け」とおっしゃるようですが、それならどれくらい
の期間であれば「腰掛け」でなくなるとお考えですか? 現状では、弁護士経験を
積む人にも本職(裁判官であったり検察官であったり)というのがあるわけで、1
0年も20年もやらなければいけないのでは、そもそも「研修」ではないような気
もするのですが。


29 :やじうま:04/11/28 00:15:06 ID:wJilP7HZ
>>28
 いや、「何年なら腰掛けでない」という話ではなく、判事補(検事)がその身分を保ったままで
弁護士事務所に研修に出ても、それは「お客さん」扱いの中途半端なものにしかならないのでは?
という印象なのです。
 法曹一元による裁判官採用システムは、ある程度経験を積んだ(おおむね10年程度)弁護士層を
主な給源とするものでしょう。それが従来は法曹人口が少ないゆえに(そして戦前以来のキャリア
・システムを維持するために)判事補からほとんどの判事を再任しているわけですよね。そして
そのキャリア・システムが、>>1さんの指摘されるような問題につながっている。
 現在、法曹人口の大幅増加を目的とする司法改革がなされようとしているのに、ブーメラン的
研修弁護士制度を設けることでキャリア・システムの維持を図ろうとするのはもったいないと思う
のです。
 もちろん、キャリア・システムの方が日本の実情にあっている、または公正な裁判の実現に資する、
ということであれば全く話は別ですが。

30 :法の下の名無し:04/11/28 01:28:36 ID:hHCvdkVA
違憲立法審査は不公平だと思う
違憲になりにく過ぎている感が否めない

31 :法の下の名無し:04/11/28 16:06:43 ID:c11X7tx9
 法曹一元による裁判官採用システムは、相当程度顧客との関係を結んだ(おおむね10年程度)弁護士層を
主な給源とするものでしょう。それが個別のしがらみを断てることが少ないゆえに(そして戦前以来のキャリア
・システムを維持するために)判事補からほとんどの判事を再任しているわけですよね。

>>1さんの指摘されるようなことは、むしろ、自己の信念の追求という
甘ったるいが当事者を無視した判決への傾倒を防止することになっているのです。

結局、キャリア・システムの方が日本の実情にあっている、または公正な裁判の実現に資すると思うのです。


32 :やじうま:04/11/28 17:49:57 ID:WQEaGPFA
>>31
>「相当程度顧客との関係を結んだ弁護士は(判事に任官した場合)個別の
しがらみを断てることがことが少ない」ということですが、そうであれば、
裁判所と法務省(訟務部門)が人事交流を行っている現在状況もまた問題視
されるべきではないでしょうか。
 現状で最もしがらみが多い顧客は「(被告としての)国」でしょう?
なにしろ、裁判所のジョブ・ローテーションに法務省のポストが組み込まれ
ているのですから。

33 :法の下の名無し:04/11/28 21:55:01 ID:LBuWEROO
最近訴訟を起こして、裁判官に如何に低レベルの奴らが多いか分かった。
全部が全部駄目ではないんだろうが、法の精神も、正義もない。
地位と名誉と高給だけが目的で裁判官になった輩が大半のようだ。
裁判所の制度も改革が必要なことを痛感した。

34 :法の下の名無し:04/11/28 21:56:51 ID:W8OMq8Ts
>>33
それはあなたの発言が法的に端にも棒にもかからなかったためではないでしょうか。
あなただけの視点で、あなただけの正義をかたっても裁判所は決してそれに心を動かされませんよ。

35 :やじうま:04/11/29 00:20:51 ID:NyD64F+V
>>34
 たしかに、「勝たせてくれた=よい裁判官/負かされた=ダメな裁判官」という
印象を語る人も多いでしょうが、>>33さんがそうとはまだ決まっていませんよ。
 裁判所内外の諸制度が裁判官の判決や訴訟指揮の「公正(らしさ)」にどのよう
に影響を及ぼしているかが問題なのですから、実際の訴訟経験から得られた知見は
まず聴くべきでしょう。

>>33
 あなたが裁判所を利用してみて、どのような場面で「裁判官は低レベル」という
印象を持たれましたか?(プライバシーに抵触しない程度に)明らかにして頂ける
と、それが制度に由来するものなのか、「採点の甘い教師=いい先生」的なもので
あるのか判然とするのですが。よかったら補足レスをお願いします。

36 :法の下の名無し:04/11/29 07:57:28 ID:1ohkrx5h
裁判所のマスコミに対する弱さは、どこから来るのだろうか。

37 :法の下の名無し:04/11/29 09:37:20 ID:06WZBPWd
結局私人vs私人の争いでは、今のキャリアシステムは公平なのかもしれんが、
国vs私人になると途端に不公平感が増すと思う。どうみても両当事者を対等
の立場として判断しているとは思えん。例えば精密司法とはいわれるが、
刑事訴訟における有罪率99%以上ってのはどうみてもイカサマの類だろ。
何のための公判なのかわかりゃしない。単なるセレモニーかよ、っていう。
まるで某国の頭領の信任率のようだよ。

38 :法の下の名無し:04/11/29 20:54:41 ID:s+RsMKbb
そのための無罪の推定なわけだが。
起訴率知ってる?

39 :法の下の名無し:04/11/29 21:39:29 ID:w2p2l6Hl
>>33

 地位と名誉はどうか知りませんが、高給が目的で公務員になる人なんて
いるのでしょうか? 高給を目的とするのなら、どう考えても弁護士にな
りそうなもんですが(裁判官の給料がどの程度のものかは調べていただけ
ればすぐに分かりますが、一般的な弁護士の方がはるかに高給取りですよ)。

 あなたが出会った裁判官が低レベルだというのは確かにそのとおりかも
しれませんが、あからさまに事実と違う思い込みを書かれてしまうと、あ
なたの批判が全部思い込みであるかのように思われてしまいますよ。


40 :法の下の名無し:04/11/29 21:40:24 ID:bKzKg7fY
>>37
別スレからコピペ

>有罪率はたしかに99.9%。しかし、これは検察の取調べに問題があるわけじゃない。むしろ逆。
>日本の精密司法は評価されるべき。
>たとえば身柄率(犯罪を捜査機関が認知した後、逮捕される率)は、英米ではほぼ100%。
>日本では刑法犯26%。特別刑法犯43%。殺人でも65%。(ここまでは警察の話)
>さらに、日本の検察は、裁判で有罪にならないものを予めダイバージョンしている。
>わかりやすく言うと、諸外国では「おそらく無実の人」も含めてとりあえず起訴をする。だから有罪率は当然に低くなる。
>日本の場合は、無実の人や疑わしい人は、はじめから起訴しない。つまり、検察の起訴に抑制がきいているわけ。
>こういう言葉がある。「諸外国の検察は被疑者が51%の確率で有罪なら起訴する。日本の検察は被疑者が99%の確率で有罪でなければ起訴しない」
>日本の検察は、「明らかに犯人」という人しか起訴しないので、当然有罪率は極めて高くなる。



41 :法の下の名無し:04/11/30 00:28:50 ID:sNWxEIjv
>>40
その程度のことは当然ながら知ってる。それでもやはり問題が多いと思う。

そのような前提知識があるから、裁判官は検察官の判断を追認するだけで、公判が
形骸化している。起訴されるなら、有罪なんだろ、というバイアスが裁判官に強く
かからざるを得ない。また真実発見における検察の役割が極度に重視される結果、
検察による人権を軽視した被疑者取り調べやそれに伴う自白の偏重につながっている。
起訴率の低さと有罪率の高さは検察の行きすぎた取り調べと裁量に支えられている。
消極的実体的真実主義というテーゼがあるが、現状は積極的実体的真実主義に
近くなっている。

確かに精密司法には長所もあるが、それを手放しで評価することはできないし、
必要性の名の元に、また司法官僚の出世の仕組みのために、法の建前を無視する
イカサマの類だ、と俺は思う。

42 :法の下の名無し:04/11/30 01:03:44 ID:fnW6tgyt
>そのような前提知識があるから、裁判官は検察官の判断を追認するだけで、公判が
>形骸化している。起訴されるなら、有罪なんだろ、というバイアスが裁判官に強く
>かからざるを得ない。

>また真実発見における検察の役割が極度に重視される結果、
>検察による人権を軽視した被疑者取り調べやそれに伴う自白の偏重につながっている。
>起訴率の低さと有罪率の高さは検察の行きすぎた取り調べと裁量に支えられている。

と述べる貴方は、刑事被告人の何を知り、刑事被害者の何を知り、
刑事裁判官の何を知っているのか?
空虚なデータからの理屈ではなく、貴方の豊かな経験に基づく何かを語ってくれないか?

43 :法の下の名無し:04/11/30 02:53:06 ID:9/RRU1tJ
>>41
アホ。

44 :やじうま:04/11/30 12:40:31 ID:+2KMFLLm
>>42
>刑事被告人の何を知り、刑事被害者の何を知り、刑事裁判官の何を知っているのか?
空虚なデータからの理屈ではなく、貴方の豊かな経験に基づく何かを語ってくれないか?

あなたがどのような経験を持ち、いかなる見解をお持ちか判然としませんが、およそ
議論の根底を覆すレスですね。
匿名掲示板内の議論においては、参加者の現実の経験は一旦括弧に入れて扱うものでは?
例えば私が「刑事裁判官経験がある」とか「過去に有罪判決を受けた経験がある」などと
主張しても、誰にとっても無意味です。
また、「空虚なデータ」という論法も乱暴です。およそデータを空虚なものにするか
どうかは解読者の力量ではないですか?

45 :やじうま:04/11/30 12:45:01 ID:+2KMFLLm
さて本題の「精密司法」ですが、
 たとえば、公判における証言よりも検察官面前調書の方に重きを置かれる傾向
についてはどうでしょうか。公判廷において被疑事実を否認した場合、論告で
「反省していない」などと糾弾され、高めの求刑がなされているように思います
(もちろん「量刑相場の範囲内」ですが)。
 人間の記憶についての経験則から、「供述が変化する場合、身柄拘束直後の
供述に最も信憑性がありそうだ」等ということはわかりますし、供述の変化に
「この期に及んで言い逃れをするのか」という悪印象を抱くことも、感情として
は理解できます。
 しかし、実体的真実を(被告人の供述の真偽も含めて)公判廷で明らかに
するために対審構造があるのに、もしも公判で検面調書の内容を否認すると
不利になるということならば、「検察司法」と揶揄されても仕方がないので
はないでしょうか。

46 :法の下の名無し:04/11/30 21:24:56 ID:9/RRU1tJ
電波電波。

47 :34,42:04/12/01 00:35:47 ID:IkVfeHiq
>>44
2点ほど。
1.「空虚な」は「理屈」にかかる。
例えば、41の
>起訴率の低さと有罪率の高さは
>検察の行きすぎた取り調べと裁量に支えられている
という点は、データから「検察は行き過ぎた取調べをしている」
という結論が出てくるようには思えない。
貴方が、刑事裁判の無罪率はもっと高いはずだ、という推測を前提をおいているがゆえに、
このような結論に結びついているに過ぎない。

その事をさして「空虚なデータからの理屈」と述べたのである。


2.貴方は、私が単なる経験を語れと主張したと解しているようだが
私は「貴方の豊かな経験に基づく何かを語ってくれないか?」と述べている。

決して
>私が「刑事裁判官経験がある」とか「過去に有罪判決を受けた経験がある」など
といったことを聞きたいわけではなく、
「過去に有罪判決を傍聴したが、裁判所は被告人の○○という主張を受け入れず、供述調書をむやみに信用した」
というような事情(公開法廷で行われた事象であるなら語りうると思われる)を、
具体的に述べてもらいたいという趣旨である。
この発言が議論の根底を覆すとはどうしても思えない。
(もちろん、そんな具体例は全く知らないというのであれば、それはそれで結構。)

>>45
……。いろいろと申し上げたいがさしあたって1点だけ。

>しかし、実体的真実を(被告人の供述の真偽も含めて)公判廷で明らかに
>するために対審構造があるのに、もしも公判で検面調書の内容を否認すると
>不利になるということならば、「検察司法」と揶揄されても仕方がないので
>はないでしょうか

これは前段と後段とが繋がっているのか?
(善解すれば分からなくもないが)釈明を求めたい。

48 :法の下の名無し:04/12/01 23:19:37 ID:skT6olYn
 違憲審査に関して

まず、多数党≒自民党の作った法律がある。
一方、多数党の意を受けて形成されている内閣が、SC裁判官を指名・任命する。
結局、多数党につうずる遺伝子をもった裁判官が、いわば、直系尊属にあたる
多数党の作った法律の当否を考えることになる。

 一般の訴訟だったら、除斥になりそうなところだ。

49 :法の下の名無し:04/12/04 09:49:30 ID:mrXp24z/
御本尊根本http://www.geocities.com/wkim20032000/御書根本、大聖人直結。

50 :34,42:04/12/04 18:56:10 ID:HCDreGxp
17 :やじうま :04/11/14 05:29:29 ID:i8W8AyTA
 この板には、基礎法(特に法社会学)分野の住人が少ないのかねえ。
 
 毎年Jの新任拒否が10名前後出てることとか、判検交流が進むなかで法曹大増員を
控え弁護士任官がまったく拡大しない状況とか、いろいろ論じることがありそうだけど。


基礎法(特に法社会学)というのは、
印象論でいい加減なことを語る、
というイメージを抱いてしまいそうだ(苦笑

51 :法の下の名無し:04/12/04 23:37:08 ID:cY50hiar
こいつは弁護士どもに嵌められたらしい。

http://www.as-k.net/

52 :法の下の名無し:04/12/14 02:47:59 ID:ZsjL0Xe1
あげ

53 :法の下の名無し:04/12/14 20:38:40 ID:UU060fBV
日常の法律トラブルの相談は【法律勉強相談板】へ
http://school4.2ch.net/shikaku/


54 :法の下の名無し:04/12/15 15:43:59 ID:vpDnpq8j
ローカルルール
以下のものはここでは板違いです。【全掲示板&案内】から他の適切な板を選択して御利用ください。
政治談義等学問的アプローチを伴わない議論

政治板http://money3.2ch.net/seiji/

55 :▽・エ・▽:04/12/26 00:35:07 ID:qfxKdAlG
世論の顔色を窺って判決を出す裁判官も困りものです。

56 :法の下の名無し:04/12/26 10:07:57 ID:wymq7yS5
裁判員制度を導入すると冤罪や誤審が増えるとか言ってる椰子がいるが、
そんなのは裁判官がやっても確実に存在する。
だったら、裁判というものは所詮、人間のやることであり、不完全なもの
だと実感できる裁判員or陪審員制度のほうがよいのではないかと思うのだが。

57 :法の下の名無し:04/12/26 10:19:43 ID:Y2SEuNKk
>>56
>裁判員制度を導入すると冤罪や誤審が増えるとか言ってる椰子がいるが、
>そんなのは裁判官がやっても確実に存在する。
そりゃそうだ。でも、訓練の度合いが違うからね。特に、証拠調べの段階で違いがでるのではないかな。
たとえば、予断排除・証拠排除なんていうのは、結構訓練が必要。
今の日本だとアメリカと違って証人適格はほとんど認めるでしょ。証人の証言能力も認めるよね。
そのうえで信憑性判断(証拠能力)をするわけだ。でも、これはアメリカでも指摘されているように、
陪審員には大きな予断を与える制度なわけ。証拠採用すべきでない証言とかも行われる可能性があるんだから。
伝聞証拠も、裁判員がきちんと頭の中から消去できるかどうか心配。

アメリカのように陪審員のために、さまざまな法定がなされているならいいかもしれないけど、
現在の日本の刑事司法(裁判員向けに改正もちょくちょくされてはいるけど不十分)だと、
裁判官の裁量が大きいからね(手続法だけじゃなく実定法においても法定刑の幅が大きい)。
そりゃ不安にもなるさ。





58 :法の下の名無し:04/12/26 12:39:09 ID:2dmi5gVM
>>56
そのような「実感」を得るためだけに、冤罪を増やすのは反対です。

59 :法の下の名無し:04/12/27 00:23:44 ID:aON1BsG/
>>58
違うよ、今のままでは裁判で有罪が確定しても無罪が確定しても、何ていうか
絶対に正しい神様の視点から判断が下されたように感じるではないか(特にマスコミ)。
そうでなくて、所詮は人間のやる不完全な行いだと、国民が認識することが
出来る制度が裁判員なんだと思う。

60 :法の下の名無し:04/12/27 09:44:10 ID:tDbNeS69
だから、「不完全な行いだと、国民が認識する」ために冤罪を増やすのには反対と>>58は言ってるんだろ。
裁判に対する事後的な「実感」だとか「認識」だとかイラネーよ。
裁判官自身は裁判するときにきちんと「自分の裁判行為が不完全なもの」だということをわかってやってるよ。
だから、「真実発見論」などの方法論が常に議論されてるんだろ。証拠についても慎重になってるし。
不完全な行いだと認識するために、裁判をあえて不完全な方向に持って行く必要があるのか?
問題は裁判ではなくて、マスコミの報道の方だろ。

そもそも、あなたの議論の前提となっている
裁判を「絶対に正しい神様の視点から判断が下された」なんて感じる奴がいるのかね?
今だって、不当判決だの何だのって騒ぐじゃん。


61 :▽・エ・▽:05/01/07 00:41:00 ID:ZFJ4YCCi
あげ

62 :法の下の名無し:05/01/07 07:26:46 ID:Bu7Rjj5s
裁判員なんて中途半端な制度じゃなくて
きちんと裁判官を公選にすればいい

63 :法の下の名無し:05/01/07 13:14:09 ID:Jr3alSgu
馬鹿犬トビー

64 :法の下の名無し:05/01/07 22:49:57 ID:1Fho7g4U
衆議院は内閣総理大臣を選び、参議院は最高裁判所裁判官を選ぶ、とかなら
おもしろいかも。

65 :法の下の名無し:05/01/07 23:26:26 ID:cNjWRL+Y
>>64
それだと政治と司法の分離が不安だよ…
最高裁判例、おもいっきり政治側に有利になりそうな感じ。
今でさえその傾向あるんだし…

参院の存在意義を強調・確保する上で面白そうではあるけど
ちょっと反対したい。

66 :法の下の名無し:05/01/07 23:51:56 ID:vwAr3aG6
最高裁判事を議会が選んでる国、CIAのホムペで見たらけっこうあるね

67 :法の下の名無し:05/01/08 01:23:24 ID:xR/p7xuX
>>33
禿げ禿げ禿げ同
まったくそのとおりだ。
あまりにも同じ感想で驚いた。
いまや(昔からそうかも知れないが)裁判官とは裁判官僚だ。
自己利益しか考えてない。法の精神はまったく生きていない。

68 :法の下の名無し:05/01/08 01:39:03 ID:xR/p7xuX
兎に角今の裁判官は高給をもらってぬくぬくとしている特権階級なんだな。
特に東大出て若くして司法試験に受かった奴なんか社会の底辺とか一般を知るわけがない。
そんな奴らが法の精神を弁えて裁判するとは思えん。
二審は合議制のはずだが実際は裁判員のうち一人でろくな審理もせずに判決文を書いているようだ。



69 :法の下の名無し:05/01/08 11:50:22 ID:EKW6xTE7
どのような訴訟を体験して、どのような判決を受けたのか知りたいな。
借りた金を返さないので訴えられて、懐が厳しいからと弁解したが、
金を払えとの判決が出たということに対して、法の精神を弁えて裁判
をしていないと批判しているかもしれないしね。

70 :法の下の名無し:05/01/08 18:01:44 ID:xtRXgS7J
おれおれ詐欺提訴を門前払い-富山地裁が訴状却下命令
-カタカナの口座名義人を、氏名や住所を特定していない、として却下-
-引用:共同通信:2004/11/27-
おれおれ詐欺の被害者が、だまされて振り込んだ現金を取り戻そうと
現金自動預払機(ATM)の振り込み控えに記された片仮名の名義人を相手に提訴したところ
富山地裁は27日までに、『氏名や住所を特定していない。』として
審理入りせず退ける『訴状却下命令』を出した。
地裁は、被害者側の『地裁が職権で銀行に照会してほしい。』との要請にも応じなかった。
容疑者は逮捕されておらず、犯行口座の名義人住所などを被害者側弁護士が銀行や警察に問い合わせても
守秘義務などを理由に断られており、民間人に片仮名氏名以上の特定は困難。
同種被害の訴訟による被害回復ではこうした形式上の問題がネックになることが予想され
被害者側は、しゃくし定規なやり方だ、として名古屋高裁金沢支部に抗告した。

裁判官は犯罪者の味方
一般庶民は最後の拠り所である裁判所に救いを求めても却って裁判所は犯罪者を利する判断を下すのが現実
裁判所をどうにかしないと庶民は浮かばれないのが現実。

71 :法の下の名無し:05/01/08 19:58:03 ID:+ZJ4d9I2
高裁は訴状却下命令を破棄したらしいね。
ただ実際に訴訟で判決を得て執行するのは困難だろうな。


72 :法の下の名無し:05/01/09 00:14:16 ID:bBOqM/9a
見識という言葉がある。
今の裁判官はおそらく司法試験合格のため予備校に通い、
与えられた問題にパターン化された解答をするという訓練を受け合格した者が大半ではないだろうか?
そこでは見識を養うなどということは程遠い訓練が行われる。
そして法曹を目指す者は地位と高給を得るのが狙いの者ばかり。
政も官も財も腐敗堕落し、裁判官も信頼するには今や程遠い。
高邁な理想をもって生きる者は今の世にはいないと割り切るべきなのか?


73 :法の下の名無し:05/01/09 00:53:41 ID:CxC5SdKc
司法って三権の中では一番微弱なんだよね。
だから第四権力たるマスコミにおべっか使って擦り寄るしか
ないんだよ。

74 :法の下の名無し:05/01/10 15:34:55 ID:JLCiIark
理想で法曹になれりゃ誰も苦労しませんね。

75 :法の下の名無し:05/01/10 18:11:47 ID:9pRyPWDk
>>74
そうだよね。裁判官から弁護士になった香具師もいるが碌な奴じゃない。
裁判官も大半はクズだよ。ただ司法試験に合格して研修受けたってだけ。
世の中頭のよさと人格は比例しないし、裁判官が特に頭いいってわけでもない。

76 :法の下の名無し:05/01/10 18:40:44 ID:IZWZApzT
>>75
と、裁判官になれなかった落ちこぼれが申しております(w

77 :法の下の名無し:05/01/11 21:20:26 ID:4rfWpoWQ
>>76
お前はなれなかった落ちこぼれなんで
他人もそうだと思うんだろうが
オレは裁判官になんかなろうと思ったことはないよw

78 :法の下の名無し:05/01/12 22:16:22 ID:wtvhDcvv
青色発行ダイオードを発明した中村教授が怒りの記者会見。
「裁判所は準備書面を読んでいない」
「日本の司法は腐っている」
まったく同感だ。官僚体質が裁判官にも染み付いている。
正義という言葉は死んでしまった。

79 :法の下の名無し:05/01/12 22:34:14 ID:O8pP65i6
所詮一方当事者の言い分だからなあ。
技術者原理主義って感じ。

80 :法の下の名無し:05/01/12 22:35:01 ID:/qed+GBB
ハイハイ

81 :法の下の名無し:05/01/12 23:15:51 ID:BdnSJ0EU
準備書面を読んでないってのが問題。
つまり裁判所は当事者の言い分、証拠を確認していない。
これは私も東京高裁の裁判で体験した。
裁判官は明らかに準備書面を読まず、読んだかのようにいって
いい加減な判決を下している。
なかにはまじめな裁判官もいるんだろうが困った裁判官が多いのは事実。
昨年最高裁長官が最高裁の顔色を窺って裁判をするなと訓示したのが
それを裏打ちしている。

82 :法の下の名無し:05/01/12 23:25:38 ID:44/zr6CE
>>75
チミの周りの乏しい具体例を、まるですべてがそうだみたいなふうに語るのはよそうよ


83 :法の下の名無し:05/01/12 23:30:24 ID:BdnSJ0EU
>>82
もう少し国語力鍛えてから書き込みしようよ。
すべてがそうだみたいなふうになんか語ってないだろ。
「なかにはまじめな裁判官もいるんだろうが」といってるじゃないか。
もしかしたら君は困った裁判官?
国語力の無さからそう思ってしまう。

84 :法の下の名無し:05/01/13 01:54:57 ID:zh44j8+U
>>83
>>82>>75あてのレスにみえるのだが・・・。
漏れの国語力のないせいだろうか?

85 :法の下の名無し:05/01/14 00:44:18 ID:n6FWwQZ+
75あてのレスなんだけど…
83の人は国語力は相当あるようだけど数字は読めないみたいだね

86 :法の下の名無し:05/01/15 15:35:38 ID:YFo4PIXT
この頃考えるんだけど…
今の日本は、3人殺した場合、まぁ死刑になる可能性が断然高くなるよね。
1回で1人殺して、懲役15年の仮釈放10年で出来て、
また1人殺して刑務所入って…てのを繰り返した場合、
いずれ死刑判決が出ることもあるの?1回につき1人の殺人でも。

87 :法の下の名無し:05/01/15 22:44:22 ID:TsAUZztZ
>>86
2回目で無期懲役、仮出獄後の3回目で死刑でしょう。

88 :法の下の名無し:05/01/16 02:10:10 ID:rywV9KVV
しかし最高裁のお膝元である
東京地裁や東京高裁の裁判官に、最高裁事務総局の顔色を伺うなというのも
無理な話なんだよな。


89 :法の下の名無し:05/01/16 03:53:14 ID:Y6b6T6TS
でも東京高裁って結構市民寄りの判決下してない?

90 :法の下の名無し:05/01/16 17:43:21 ID:iLidWgmR
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1105366010
東京地裁によりますと、逮捕された司法修習生、
西川英樹容疑者(スーフリOB、32歳)(早稲田大学卒)は先月13日の夜、
東京地裁などが入る建物の女子トイレにトイレットペーパー
で隠すようにして、ビデオカメラを設置した疑いが持たれています。


91 :▽・エ・▽:05/01/20 01:41:45 ID:64IBRWmb
上げ

>>86
ついでで失礼ですが、落ち度のない被害者を二人殺せば死刑です。
しかし、殺人事件で地球より重いとされる人命が奪われても、通常10年程度の懲役で済むのは、殺されるほど怨まれた相手にも落ち度があるとみなされるからです。
仏教国の日本では出来たら殺人などはしたくないと誰もが考えており、単純殺人実行にまで至るのは極めて希なことで、よほどの理由がある時です。
死体遺棄が加わると懲役12年、損壊(バラバラ殺人事件)が加わると急に刑が重くなり懲役15年以上、無期まで科されることがあります。
拳銃による殺人は刑期が約5割増しになります。


92 :法の下の名無し:05/01/25 23:02:06 ID:X3dLrLhe
理系にど素人の裁判官が、なぜ、医療過誤裁判や欠陥建築裁判の
審議ができるのか?
これらの事案は「鑑定書」が証拠となるが、事故現場や欠陥建築の現場に
いたわけでもない、第三者の鑑定書作成者が、正しい鑑定書を書くとは
到底、考えられないが。
又、被告側の複数の偽証があれば、全く反対の「黒が白になってしまう」判決となる。


93 :法の下の名無し:05/01/28 23:42:26 ID:lEcwrQUv
>>92
ぷっ。事実認定にど素人のあんたが、なぜ、知ったような口を聞けるのか。
とりあえず木谷明の事実認定の心でも読んでみろ

94 :おばば:05/01/29 20:23:06 ID:vzThonGJ
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1096023405/659

先ずは、スレを熟読して頂きたい。
スレ主はともかく、こやつらの不法行為は目を白内障に出来る輝きと 鼻がもげる香ばしさがある。
○○カフェ ゴールドブレンド

法善説を推す人は、ちと参加してやりましょ。あくまでも 法律家として 冷静に。。。

95 :おばば:05/01/29 20:25:12 ID:vzThonGJ
>>92
あたま大丈夫か??


96 :▽・エ・▽:05/02/06 20:11:02 ID:aZHTaVR6
>>91
自己レスに敷衍すると、刑期は明治時代の平均寿命が短かった頃に決められたのものであり、現在の平均寿命からすると、被害者感情を十分満足させることはできないものとなっていることも事実です。
したがって、現在は刑期の7〜8割(無期の場合は20年以上)を超えないと仮釈放が中々認められないようになっています。以前は刑期の半分、無期の場合は10年を超えると仮釈放が概ね許可されていました。

97 :法の下の名無し:05/02/15 00:19:35 ID:4+ZrsDRT
■裁判長裁判官制度の弊害

陪席は助手扱いで裁判長の独裁裁判が行われ、合議制の意味がなくなっている。


98 :法の下の名無し:05/02/15 02:35:09 ID:xizXQ5jx
日本では合議体での審理でも
下級審では個別意見を付すことが出来ないのはなんでだろう。

99 :法の下の名無し:05/02/15 04:04:46 ID:KrAYl6O7
裁判官は現日本のお粗末な矯正プログラムを故意に無視する天才。
だから温情ある判決を乱発できる。

100 :法の下の名無し:05/02/15 05:28:39 ID:8GiXcD80
http://ex9.2ch.net/test/read.cgi/eleven/1097811882/l50

101 :法の下の名無し:05/02/19 02:21:12 ID:GhI8yr5v
>>98
陪席二人は家来。判決文は裁判長の命令で家来が書く。

102 :法の下の名無し:05/02/19 09:29:44 ID:Q0GTLjXQ
下級審の合議体では全員一致に達するまで合議を重ねるからです。

103 :法の下の名無し:05/02/19 13:22:25 ID:TvWxygrK
さすが法学板。

毎日、机上の空論を追いかけているせいか
実務を知らない頭でっかちクンばかりだな。

この中で実際に裁判官の合議を見たことある奴、手を挙げてみろw

104 :法の下の名無し:05/02/19 14:47:18 ID:V1D9vMj1
合議を見たことがあるのは裁判官だけです。

105 :法の下の名無し:05/02/19 16:11:47 ID:TvWxygrK
>>104
残念でした。
弁護士、検察官も司法修習生時代に見てるんだよ。

106 :▽・エ・▽:05/02/25 19:01:20 ID:epe3g53p
ニッポン放送関係の例の仮処分決定、どんな裁判所の判断が出るか楽しみですね。
スレ主としては、既にライブドア側に軍配を上げています。
斜陽のラジオ放送局に、今更どんな多額の資金が必要なの?
これは資金調達を隠れ蓑にして特定株主の持株比率低下を狙った違法行為です。

107 :法の下の名無し:05/03/04 02:44:06 ID:cMfbWm3A
裁判官は世論を気にする。
自分の判決が世論から悪評を受けると責任を取って辞職する裁判官もいる。
現在はライブドア側がより多くの世論の支持を受けている。
仮処分はライブドアが勝つだろう。

108 :法の下の名無し:05/03/04 05:33:48 ID:xpd+td2k
>>1
禿同!

109 :法の下の名無し:05/03/04 08:31:42 ID:j4hBZGa7
>自分の判決が世論から悪評を受けると責任を取って辞職する裁判官もいる。
滅多にいないよ。世論が正しいとは限らないわけだし、自信がなければ強引に和解させようと
するだろうし。

110 :法の下の名無し:05/03/05 10:45:12 ID:cEitZofP
ヤミ米拒否して死んだ判事が懐かしいねえ

111 :▽・エ・▽:05/03/09 02:18:55 ID:PCwXIYw/
>死んだ判事
その通り、清廉潔白な精神の持ち主で何ら論難するつもりはないが、可罰的違法正論、期待不可能、緊急非難等の方理論を駆使して生き延びて欲しかったかなと。

112 :▽・エ・▽:05/03/09 02:25:54 ID:PCwXIYw/
>辞任した裁判官
東京高裁の判示で辞任した人がいる。松戸OL殺人事件控訴審で無罪を言い渡して世論の非難を浴び辞任した。私でも無罪判決を破棄、差し戻したことがあるなんて言い訳めいたことも言っていたが・・・

113 :法の下の名無し:05/03/13 18:18:57 ID:F6ZuyFXm
>>111
そういう裁判官であればこそ、生き延びて欲しかったですね。

114 :法の下の名無し:05/03/13 22:14:43 ID:fIFpW9j3
思想だけなら賛成だが
本気でやるのには賛成しないね。
俺は尊敬や美化をしない。するべきでない。>>110

115 :法の下の名無し:05/03/14 15:53:35 ID:DZ3Fg6Y+
特別抗告理由書
最高裁の判例を変更したのか?
民事訴訟法318条1項の事件に当たらないことを理由として原裁判所が
上告受理の申立を却下することの可否(§316・§318)

上告理由書
民事訴訟法第338条1項9号の判断遺脱は上告理由にならないとの判断なのか?
http://home.att.ne.jp/aqua/masa/y27.html

116 :法の下の名無し:05/03/14 16:00:12 ID:DZ3Fg6Y+

http://home.att.ne.jp/aqua/masa/



117 :▽・エ・▽:2005/03/26(土) 05:48:50 ID:3OQUWKM7
最近誤植が多くて困る。
>>111
方理論→法理論

118 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 12:56:35 ID:RtzavroS

>>117
誤植→誤字(誤変換)

誤字
印刷物で、文字・記号などに誤りのあること。ミス-プリント。

誤変換
http://www.dfnt.net/t/photo/your/gohenkan.shtml




119 :法の下の名無し:2005/04/12(火) 07:46:37 ID:i5garqKg
 現在の法廷では、原告がどんなに工学的な事実を積み上げても無視される。
根拠の曖昧な断定を乱発し、特定の者の意見にしか価値を認めない。
市民を蔑視し、無能を独善で取り繕う。どす黒い捜査、虚偽まみれの鑑定と
ちゃちな権威が息子の裁判を通して私が体験した裁判の“衣裳”である。
http://d.hatena.ne.jp/yaruka/20050411

市民・教師・大学教員・新聞記者・議員らから
審理を尽すように要請文が寄せられても、市民が望む審議は一方的に拒絶し,
法の執行者の身内である警察官を「市民」から守り抜く裁判官が勝ち組になるのだ。


120 :パチプロ 受験生:2005/04/27(水) 05:12:36 ID:VWdpuq6M
 工学的、あるいは技術的論争になった場合裁判所としては、どうしても、こ
くみんの法感情にのっとて判断してしまう。それが、法原理機関たる裁判所の
使命であるからである。

121 :パチプロ 受験生:2005/04/27(水) 05:14:22 ID:VWdpuq6M
 法原理機関。いい言葉だ。

122 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 06:31:37 ID:p2Z0oDIq

http://www.mika-y.com/bbs/info/

本日「フライデー」(講談社)の発刊日です。
 短期集中連載第2弾<交通事故 警察・司法の歪んだ捜査を許すな!>
が掲載されています。
 http://books.bitway.ne.jp/kodansha/friday/scoopengine/index.html




123 :法の下の名無し:2005/07/17(日) 15:24:50 ID:zXjcAoex
>円光した裁判官
「若い子と遊んでみたかった」ともうしております。
こいつは火災にいたんだぜ。

124 :法の下の名無し:2005/07/17(日) 15:32:27 ID:zXjcAoex
>悪い嫁をもった裁判官
弁護士にとらばーゆしたみたいです。

125 :法の下の名無し:2005/07/17(日) 15:43:24 ID:zXjcAoex
>元神戸地裁所長
「魔がさし・・・」ともうしております。
このお方、シホー試験は一発で合格したみたいです。
優秀ですね。

126 :法の下の名無し:2005/07/18(月) 15:13:18 ID:zRi2vSRH
>>119
あんたの弁護士の腕が悪かっただけの話だろ、たぶん

127 :法の下の名無し:2005/08/01(月) 07:50:44 ID:kSHkxNs0
    冤罪事件:判決の検証。
http://black.ap.teacup.com/judge2005/

  主たる論点について整理いたしました。ご覧下さい。

128 :法の下の名無し:2005/08/23(火) 00:51:42 ID:+F85fQT5
>>119
私も最近民事事件で今の日本の裁判所が如何にいい加減なところか思い知らされた。
地裁では他の地裁で黒とした判決の根拠とした事実を
その地裁で白とする判決の根拠とする。
高裁では続審主義の原則が守られず、新証拠を出しても提出の意義不明として無視、
それについての釈明義務も果たされないまま証拠を精査しても原審判決を覆す証拠なしと。
しかし、原審が白とした証拠が主張事実をグレーとするもの以外に
主張事実を黒とする証拠があり、精査していないことは明らか。
最高裁に審理不尽、判断遺脱、釈明義務違反を理由に上告しても
上告理由が高裁の不作為を咎めるものであるにも拘わらず
事実誤認を言い立てているに過ぎないと上告棄却。
事実誤認は高裁が審理した上で起こるものの筈。
審理もしないのに何故事実誤認を言い立てたことになるのか?
最高裁第一小法廷の判事全員に国民審査では×をつけるつもりだが罷免されるはずも無い。
日本の裁判は闇である。


129 :法の下の名無し:2005/08/23(火) 01:01:58 ID:+F85fQT5
もう少し読みやすく「」入れてみた。
>>119
私も最近民事事件で今の日本の裁判所が如何にいい加減なところか思い知らされた。
地裁では他の地裁で「黒」とした判決の根拠とした事実を
その地裁で「白」とする判決の根拠とする。
高裁では続審主義の原則が守られず、新証拠を出しても「提出の意義不明」として無視、
それについての釈明義務も果たされないまま「証拠を精査しても原審判決を覆す証拠なし」と。
しかし、原審が「白」とした証拠が、主張事実をグレーと思わせるものの他に
主張事実を黒とする証拠があり、精査していないことは明らか。
最高裁に「審理不尽」、「判断遺脱」、「釈明義務違反」を理由に上告しても
上告理由が高裁の不作為を咎めるものであるにも拘わらず
「事実誤認を言い立てているに過ぎない」として上告棄却。
事実誤認は高裁が審理した上で起こるものの筈。
審理もしないのに何故事実誤認を言い立てたことになるのか?
最高裁第一小法廷の判事全員に国民審査では×をつけるつもりだが罷免されるはずも無い。
日本の裁判は闇である。


130 :法の下の名無し:2005/08/24(水) 20:15:42 ID:SIcNvhRe
>>125
人間としては屑ですがね

131 :法の下の名無し:2005/08/24(水) 22:14:21 ID:2aVHgzqu
タコです。

132 :omoi51to49hitotuomoi:2005/08/24(水) 23:20:35 ID:RDiiP6Ul
「よくおぼえていないが20回ぐらいは殴」

投稿は受け付けられませんでした。利用規約及びガイドラインを再度ご確認ください。

心斎橋筋 長堀通り 一流ブランド街 歩道

http://www.geocities.jp/oosakaburandogai/

元凶露天商に!被害者が<“診断書”>ファックス送信したが!

駒大苫小牧と同じように!「よくおぼえていない」と調書に記載!

露店商の会社には転倒事故の「診断書」ファックス送付!!が多いので!

営業日報は存在するのに何故!「よく日にちを覚えてない」と為るのか!?

<浜井一夫裁判長閣下>は何処に原告転倒怪我当事者を

威力業務妨害と断定判決文を作成出来たのでしょうか!?

ベテラン出世上手!?が元凶!?元富山地裁所長閣下!

名刺を1枚もいただけ無い謝罪西進し言いの謝罪て!?

挨拶は!(私は手渡しているが貰って無いと記)


駒大苫小牧 25日にも報告書

この問題は、駒大苫小牧高校の27歳の野球部長が、
ことし6月と今月の2回、3年生の野球部員に暴力をふるったもので、
学校側は野球部長を謹慎処分にしました。このうち、
6月の暴力について学校側は平手で3、4回殴ったと発表しましたが、
生徒の親はかなりの回数殴られたと話しています。また、
高野連への報告が大会終了後になった点についても「被害者側の意向」
とする学校側と「学校の要請だった」とする親の間で食い違っています。
高野連から正確な報告書の提出を求められた学校では、
24日までに生徒本人から直接事情を聞いたほか、
ほかの部員からも話を聞いて事実関係の調査を進めています。

学校側によりますと、

生徒は「よくおぼえていないが20回ぐらいは殴られた」
と答えたということです。学校では野球部長と生徒双方の言い分を整理したうえで、早ければ25日にも高野連に正確な報告書を提出したいとしています。高野連は報告書の提出を待って審議委員会を開き、関係者の処分など対応を協議する方針です。




133 :omoi51to49hitotuomoi:2005/08/24(水) 23:22:27 ID:RDiiP6Ul
「よくおぼえていないが20回ぐらいは殴」

投稿は受け付けられませんでした。利用規約及びガイドラインを再度ご確認ください。

心斎橋筋 長堀通り 一流ブランド街 歩道

http://www.geocities.jp/oosakaburandogai/

元凶露天商に!被害者が<“診断書”>ファックス送信したが!

駒大苫小牧と同じように!「よくおぼえていない」と調書に記載!

露店商の会社には転倒事故の「診断書」ファックス送付!!が多いので!

営業日報は存在するのに何故!「よく日にちを覚えてない」と為るのか!?

<浜井一夫裁判長閣下>は何処に原告転倒怪我当事者を

威力業務妨害と断定判決文を作成出来たのでしょうか!?

ベテラン出世上手!?が元凶!?元富山地裁所長閣下!

名刺を1枚もいただけ無い謝罪西進し言いの謝罪て!?

挨拶は!(私は手渡しているが貰って無いと記)


駒大苫小牧 25日にも報告書

この問題は、駒大苫小牧高校の27歳の野球部長が、
ことし6月と今月の2回、3年生の野球部員に暴力をふるったもので、
学校側は野球部長を謹慎処分にしました。このうち、
6月の暴力について学校側は平手で3、4回殴ったと発表しましたが、
生徒の親はかなりの回数殴られたと話しています。また、
高野連への報告が大会終了後になった点についても「被害者側の意向」
とする学校側と「学校の要請だった」とする親の間で食い違っています。
高野連から正確な報告書の提出を求められた学校では、
24日までに生徒本人から直接事情を聞いたほか、
ほかの部員からも話を聞いて事実関係の調査を進めています。

学校側によりますと、

生徒は「よくおぼえていないが20回ぐらいは殴られた」
と答えたということです。学校では野球部長と生徒双方の言い分を整理したうえで、早ければ25日にも高野連に正確な報告書を提出したいとしています。高野連は報告書の提出を待って審議委員会を開き、関係者の処分など対応を協議する方針です。




47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)