5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

闘う民主主義 ★ ☆ ★ ★ ☆

1 :法の下の名無し:05/02/03 19:04:27 ID:7cl/uh22
「闘う民主主義」について語らふ

2 :法の下の名無し:05/02/03 19:24:59 ID:k+sgqkEP
終了

3 :法の下の名無し:05/02/03 20:41:11 ID:5KZNWBVC
>>1
えちけっとやで
http://jbbs.livedoor.jp/school/5140/

4 :法の下の名無し:05/02/20 18:49:33 ID:eOXvQdXU
不寛容はドイツ人の病根

5 :法の下の名無し:05/02/20 22:47:21 ID:JAA2SY25
とりあえず、闘え!!
勇者どもよ!!!

6 :法の下の名無し:05/02/21 00:00:30 ID:veAIqt+f
>1
これはナチス的なもに対して戦うって意味だよな。

7 :法の下の名無し:05/02/21 00:29:48 ID:ZcvcHeGD
議会制民主主義を否定する非民主主義者には参政権を与えない。
なぜなら、議会制民主主義を否定する非民主主義者どもが
与党になった場合、議会制民主主義を廃止してしまい、その後独裁が
確立され、国民がその非民主主義者どもの政権を見限ったとしても、
選挙による政権交代という手段が取りえないが故に、国民の意思が反映
されない政権が永遠に続くからである。

8 :イェーリング:05/02/21 00:51:11 ID:8rYsGytG
「法の目的は平和であり、その手段は闘争である」 権利のための闘争、シビレマスナ〜(^O^)

9 :法の下の名無し:05/02/21 01:26:51 ID:i24UmzQS
レベル低杉w

10 :法の下の名無し:05/02/21 01:31:50 ID:veAIqt+f
         ,,-―--、   _______________
        |:::::::::::::;;;ノ  /
        |::::::::::( 」 <レベル低杉w
        ノノノ ヽ_l   \______________
       ,,-┴―┴- 、    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ
      / ヽ| |  バ  | '、/\ / /
     / `./| |  カ  |  |\   /
     \ ヽ| lゝ    |  |  \__/
     \ |  ̄ ̄ ̄   |
      ⊂|______|
       |l_l i l_l |
       |   ┬    |


11 :法の下の名無し:05/02/22 03:37:17 ID:usa8HtdU
多様な個人を受け入れるところが民主主義の良いところだと思う。
 「戦う民主主義」は、理念上、民主主義の自殺(標語的だが)に繋がるの
ではないかという懸念がある。
 まぁ、戦うのでない民主主義も、事実上の自殺にも繋がりうるのもその通りだが。

12 :法の下の名無し:05/02/23 21:13:07 ID:60ZVknGZ
民主主義が民主主義である限り、独裁は生まれる。

13 :法の下の名無し:05/02/23 22:26:22 ID:Sso7yWy0
>>1
もしや、これは、「闘争民主主義」のことを
いってるのか?

14 :法の下の名無し:2005/04/20(水) 10:04:53 ID:3q3yxGkb
ドイツにおけるたたかう民主主義について詳しい人解説キボンヌ
これによって共産党やネオナチ政党みたいなんが非合法化されてるんだっけ。
徹底した自由主義でいくか、反民主主義には決然として戦うかー
どちらを採るべきかなやましーですね。

15 :法の下の名無し:2005/05/01(日) 23:19:43 ID:ASjSXeit
社会主義がいいな・・

16 :法の下の名無し:2005/05/02(月) 13:22:21 ID:0S4w8RUU
戦わない民主主義で民主主義が死ぬのだとしたら、それは自殺ではなく他殺。
民主主義の死は、確かに悲しむべきことかもしれないが、殺される危険があるからといって
四方八方に壁を作って外側を攻撃するような精神薄弱児みたいなことするべきではない。
そもそも、どんなモノにも終わりはあるのだから、死を受け入れるべき。
それに、民主主義でありながら、従来の民主主義とは違う新たなイデオロギーにとって代われる
『自然死』する可能性もあるだろうし、壁をつくったところで、死ぬ可能性が低くなる訳でもないだろう。

17 :法の下の名無し:2005/07/07(木) 05:18:09 ID:fY3OxV+x
戦う民主主義はドイツだけのものじゃない。程度・態様の違いこそあれ,
フランスにも日本にもある。

18 :法の下の名無し:2005/07/10(日) 23:02:35 ID:O0+ZFN2K
戦う人権擁護、ってかw

19 :法の下の名無し:2005/07/31(日) 03:51:07 ID:tJ/Q4Xq4
個々の連中は日本国憲法すら認めないバカウヨだからこういう理論が正当化されるのが怖いんだろ

20 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 17:05:35 ID:C8iap37b
立憲主義のもとでは国家権力の暴走を最優先で抑止すべきだから
それだけ見れば国家権力が国民の言論活動を統制するというのは立憲主義に反すると思われる。

ただ、一切の統制がなくなると、民意は往々にして排外主義に傾き、
一旦排外主義的な団体が民意を背景にして権力を掌握すると、
最も恐れていた国家権力の暴走という状況に至り、しかもこれを抑止する手段が
国内にはなくなってしまい、外国の介入以外に救済手段がない状況になる。

歴史的には、ナチスドイツがその好例で、ナチスの登場は民主主義の下で
かつての王政の比ではない恐怖政治が生まれる危険性があるという衝撃を世界に与えた。
(まあロベスピエール時代のフランスからして恐怖政治だったがそこはスルーw)
これに対する反省から闘う民主主義が導入されるようになったと言える。

21 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 17:07:37 ID:C8iap37b
ただ、こうした論理は結局は「パージされる前にパージする」でしかないという
疑念が出てくるのも仕方ないだろうな。

現在の「闘う民主主義」はナチスのような特殊な人種排外主義を想定しているが、
「パージされる前にパージする」論理をとるなら「共産主義は粛清・虐殺・人権侵害を
引き起こす」「マイノリティ人権団体は糾弾と称したリンチを引き起こす」
といった理由をつけて他の団体でも「排外主義」のレッテルを貼ってパージできて
しまうのではという疑念が起こる。
実際、人権擁護法案に反対してる連中はこうした「排外主義」のレッテル貼りを
やってるわけだし。

22 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 17:49:10 ID:7Fp+JrYx
いや、実際にドイツでは共産党は非合法だし。

23 :法の下の名無し:2005/08/03(水) 00:01:32 ID:g83UTTKb
>>21
その二つは非難されてもしょうがないだろうが


24 :法の下の名無し:2005/08/03(水) 00:02:55 ID:HWmWyGuV
>>23
そうじゃない団体の場合でも一律に、ってことだろう

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)