5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

渥美東洋

1 :法の下の名無し:05/02/19 19:50:25 ID:IgzdBJkE
法哲学もやっとるみたいね

2 :法の下の名無し:05/02/19 21:02:30 ID:sUnwSplN
昔あった田宮スレは5しかレスつかなかったな・・
とにかく乙

この人のおかげで司法試験の刑訴選択が一時激減したんだよねw

3 :法の下の名無し:05/02/20 02:12:53 ID:QQIR9G+Q
>>2
理由は?
学生を刑訴嫌いにしたのかい?

4 :法の下の名無し:05/02/20 17:13:35 ID:QQIR9G+Q
>1
いつも思うんだが、なぜ立てっぱなしなんだ?
スレ立てたら面倒見なさい。

5 :法の下の名無し:05/02/20 19:14:02 ID:3H//NrIB
法哲学の教科書は学内と近所の古本屋でしか入手できません。

6 :法の下の名無し:05/02/20 19:48:13 ID:5fX2RxYZ
>>3=4
いまさっき思ったのだが、お前はなんでそんな偉そうなんだw


7 :法の下の名無し:05/02/21 00:14:56 ID:veAIqt+f
>>6
3=4だが、偉そうに感じられたらすまん。
ただ、この板は学問板のはずなのに、1のスレ立て捨てが多い事に
不満なもんで。
レス数一桁のスレが多いよね。

8 :法の下の名無し:05/02/23 01:58:16 ID:4OxS3LTj
ロー生ですが、渥美刑訴読んでます。
捜査段階で弾劾主義弱めてるので判例とは適合しやすいように
思いますが、何か注意することあるでしょうか?
教えてください、エロイ人。

9 :法の下の名無し:05/02/23 02:10:35 ID:nSH7QvgY
>>8
やはり、刑訴だったら、平野を読みなさい。

10 :法の下の名無し:05/02/23 15:40:58 ID:RQTTLVv+
この人の師匠って団藤?

11 :法の下の名無し:05/02/23 19:26:10 ID:1qFWqiSQ
>>03
撃墜王

12 :法の下の名無し:05/02/23 19:30:00 ID:TtgVW4Tk
>>10
吉田常次郎,団藤重光,エイブラハム・S・ゴールドシュティン

13 :法の下の名無し:05/02/23 23:55:27 ID:PBbuggAD
確か渥美は今年で定年かな

14 :法の下の名無し:05/02/24 00:03:01 ID:BGaRRbVL
>>8
弾劾主義は弾劾=起訴がなされるまで適用されません。
でも、ミランダ法理は弾劾主義の拡張として基礎付けがなされている
とも読める部分があるし、どっちが本当なのか良く分からん。

15 :法の下の名無し:05/02/24 00:45:41 ID:n7iqkpLg
東洋タソの最終講義うぷまだぁ?>

16 :法の下の名無し:05/02/24 01:01:12 ID:KsbE7TvH
前出のロー生ですが、渥美教科書は刑訴の基本理念について深く
掘り下げて考究・解説されている記述が多く、その点は勉強になると思います。
だけど、ところどころ日本語が理解しづらい希ガス。
特に、「ところで」という接続詞をやたら多用しているところが気になったり。

17 :法の下の名無し:05/02/24 01:46:57 ID:spgqoJ/Z
>>16
学者さんのクセでしょう、
団藤だと、「わたくしは」と「かようにして」って言葉が多い。

18 :法の下の名無し:05/02/24 03:31:52 ID:DCPMlJir
「わたくしは」は弾道の一番弟子を自称する大塚仁にも感染っているようですな。

19 :法の下の名無し:05/02/24 03:55:07 ID:dwHcTJca
「蓋し」みたいなものですか?>学者のくせ

でも「ところで」っていう接続詞は論理の流れがつかみにくい。
そこで論理が切れて、全く別のテーマに行くようなイメージがあるから。
答案でも「ところで」なんて書かないし。
「ここで」は使うけれども・

20 :法の下の名無し:05/02/24 03:57:49 ID:dwHcTJca
ところで(笑)、刑訴法改正にともなって渥美刑訴も改訂されるのでしょうか?

21 :法の下の名無し:05/02/24 09:12:18 ID:dUKUBVNl
東洋タンは頭の中では英語で考えて、
それを日本語に翻訳して文章を書いているらしいから、
関係代名詞を使っていそうな文章が散見されます。

22 :法の下の名無し:05/02/24 12:40:19 ID:qD46bhiS
学会では…いや、何も言うまい。

23 :法の下の名無し:05/02/24 19:16:50 ID:ClogTdmz
東洋のピカソ

24 :法の下の名無し:05/02/24 19:33:01 ID:EJ5MARcu
判例百選の解説を読んだら、主語と述語が全く対応していないところがあったよ。
先生は司法試験最年少合格者だったらしいけど、司法試験でこういう文章書いても大丈夫なのだろうか?

25 :法の下の名無し:05/02/24 19:43:55 ID:j7MkAYH8
見開きにおさまる長さに編集したときに酷くなったのかも

26 :法の下の名無し:05/02/24 23:44:43 ID:BNGkMItN
>>25
それは違う希ガス。
東洋は日本語が苦手。
本人もそれを自覚している模様。

27 :法の下の名無し:05/02/25 09:54:27 ID:GkFwC4Uh
満州生まれだっけ?
小さい頃育ったのはどこだろうか?

28 :法の下の名無し:05/02/25 13:09:14 ID:Zc6QRUhW
>>27
高校は浜松北らしいよ。

29 :法の下の名無し:05/02/25 13:09:35 ID:/XvWN5YY
確か浜松では?

30 :法の下の名無し:05/02/26 00:59:55 ID:5LVJwUU+
>>25
有斐閣の教科書を執筆した際に、当初に出版社に提出した原稿は
あの本の数倍(数十倍?)の分量だったって噂を聞いたことがある。
出版社に削られた部分を再構成して、「レッスン」とか「考える」
とかを出したとも聞いたことがある。

31 :法の下の名無し:05/02/26 10:34:01 ID:ShDHJ8Uv
東洋の弟子で一番優秀なのは?

32 :法の下の名無し:05/02/26 11:19:23 ID:pYA+XZ7D
椎橋でしょ?

33 :法の下の名無し:05/02/27 22:53:56 ID:K9oRPC9I
中野目はどうなの?

34 :法の下の名無し:05/02/27 23:11:43 ID:Ne6JzGNl
みんなお鷹さんでつ

35 :法の下の名無し:05/02/27 23:45:20 ID:p/EGra6C
>>33
参考文献が東洋の論文ばっかり。

36 :法の下の名無し:05/02/28 02:06:31 ID:Sm9ACYeB
>>35
文体も似てるね。

37 :法の下の名無し:05/02/28 03:27:27 ID:9J3XRozN
宮澤浩一と仲いいのかな?

38 :法の下の名無し:05/02/28 06:53:45 ID:ZAdJthvF
高校は静岡県の浜松だろ
知ったかすんなよ。

39 :法の下の名無し:05/03/02 11:55:31 ID:H7leLyM6
東洋さんの弟子で
夭折した牧田って先生もかなりできる人だって話を聞いたけど、どうなの?

40 :法の下の名無し:05/03/07 11:55:41 ID:IADtlmVw
東洋の文章、わかりずらい。

41 :法の下の名無し:05/03/08 00:33:47 ID:mN0KSBrx

ご利用下さい。

学歴板 【草のみどり】中央大学総合すれ【タマでお昼寝】

http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/joke/1107019095/l50



42 :法の下の名無し:05/03/10 00:25:12 ID:NYPonEjK
渥美東洋文献目録きぼーん

43 :【著作集】:05/03/10 00:59:41 ID:gEwJ2Vd7
『刑事訴訟法(新版、補訂)』有斐閣 2001年
『捜査の原理』有斐閣 1979年
『レッスン刑事訴訟法』(上)(中)(下)中央大学生協出版部 1985年、1986年、1987年
『法の原理』(T)、(U)、(V)中央大学生協出版部 1993年、1993年、1995年
『罪と罰を考える』有斐閣 1993年
『刑事訴訟法における自由と正義』有斐閣 1994年
『複雑社会で法をどう活かすか』立花書房 1998年
『組織企業犯罪を考える』中央大学出版部 1998年
『日韓刑事法の探求』中央大学出版部 1998年
「アメリカ合衆国における少年裁判所制度の動向」警察学論集第47巻6号 1994年
「『コミュニティー・ポリースィング』について」警察学論集第42巻9号 1994年
「刑事手続における被害者の法的地位」被害者学研究10号 2000年
「被害者の刑事法運用全システムに関する理論の発展に与えた影響の大きさ」宮沢浩一古希記念論文集所収 成文堂 2001年
「公判とは別の途をとる手続きの性格と理解」白門52巻10号 2001年
「オーストリアとニュージーランドにおける少年法制度の研究 Family group conference を中心として」警察学論集53巻10号 2000年
「欧米諸国の少年非行対策の傾向」(財)社会安全研究財団女性事業研究報告書 2001年


44 :法の下の名無し:05/03/11 21:34:01 ID:23qtkgfz
東洋タン。逝く前に何としても『法の原理』を完成させて欲スイ。
お願いシマツ。



45 :法の下の名無し:05/03/12 00:16:48 ID:DZDNb73U
神戸大学の阿部泰隆教授が、3月に定年退職してから中央大学総合政策学部に行かれる。
学部長の渥美先生とは衝突しないだろうか。

46 :法の下の名無し:05/03/12 01:09:54 ID:bfysQPwx
>>45
東洋タソ、もう定年だから桶

47 :法の下の名無し:05/03/12 09:31:20 ID:czUeCFLY
オレ渥美ゼミ生だった。
司法試験はあきらめて法律とは全く関係ないサラリーマンをしている。
でも今でも渥美先生の本は愛読書だ。
新刊書は出ないのかな?
古希記念は出ないのかな?

48 :法の下の名無し:05/03/12 09:39:12 ID:i2dk04Ww
>>47
法の原理を一冊本にまとめるという噂は前々からあります。
また、近々新刊を出すらしい。最終講義で言ってた。

49 :法の下の名無し:05/03/12 09:49:32 ID:czUeCFLY
>>48
それはすばらしい!
発刊されたらすぐに買います!!!

でもとりあえず今日当たり「法の原理」を生協に買いに行こうかと。
(実は持っていない)
あと古希記念論文なんてでないのかな?
いろいろな人の古希とかの編集やってきたのに、自分のは出して
もらえないのかな。椎橋さん何やってんの。

50 :法の下の名無し:05/03/12 10:09:02 ID:RM5eREPy
小木曽さんがやれば?

51 :法の下の名無し:05/03/12 20:19:48 ID:EPuDTGRh
渥美東洋著作集、ぜひとも企画してほしいっす!


52 :法の下の名無し:05/03/12 20:49:54 ID:czUeCFLY
>>51
渥美先生の頭の中を全部吐き出してもらいたいもんだ。
オレは十万でも二十万でも買うがな。
まあ出版社はそれじゃ商売にならないだろうが。



53 :法の下の名無し:05/03/13 20:24:57 ID:pMYQZPI/
>>37
親友。齋藤誠二も。

>>49
古希記念でるよ。
みなさん執筆中。

54 :法の下の名無し:05/03/14 00:03:34 ID:X8LRp0+r
渥美著作集を出すか、それとも「捜査の原理」「自由と正義」を復刊するか。
オンデマンドはつくりが陳腐だからヤダ。

55 :52:05/03/14 16:41:45 ID:zxakXa/n
>>53
古希記念出るか、、、
まあそりゃ当然だろうな。
でも日ごろの言動からちょっと心配したもんで、、、

>>54
「自由と正義」はぜひとも復刊してもらいたい。
「捜査の原理」は彼自身「考えを変えた部分があるから絶版にした」
といっていたのを聞いたことがある。
不肖の弟子としてはどこのことかは忘れたけど。。。。
「別件逮捕」のところは実に分かりやすかったんだが。


56 :法の下の名無し:05/03/16 01:09:55 ID:eLAx2Jfl
卒業の直前に中央図書館のレファレンスに通って、
手書きで文献目録作った。あれから15年、市販の
単行本ベースでは把握できてるけど、論文までは
全然フォローできてないのが残念。
あと、京産ロー生でこの板見てる方、渥美先生の
近況報告希望。



57 :法の下の名無し:05/03/16 09:31:07 ID:eMkVJfL7
>>56
ここ数年ぐらいの東洋先生の論文は
「複雑社会」のもととなった連載、
総合政策学部の紀要に載った論文、
休刊した「現代刑事法」にのった講座もの
あたりかな。

58 :法の下の名無し:05/03/16 21:10:22 ID:+jFqdcCp
渥美東洋さんってもう定年退官ですか。私の学生時代は新進気鋭の次代を背負う
若手研究者として名前が出始めた頃だった。刑法の藤木英雄さんも元気だったもんな。

59 :法の下の名無し:05/03/16 21:26:05 ID:nnfX9N66
>>58さん
素敵な時代ですね。羨ましい。
藤木博士の夭折は残念でなりません。

渥美先生の最終講義は立ち見がでるほどの盛況でした。

60 :52:05/03/16 21:49:08 ID:wGrpvkib
>>58
渥美先生はよく「藤木君はよく勉強している」といってましたっけ。


61 :法の下の名無し:05/03/17 00:02:45 ID:HjuwrYUs
ここに居られる方と何となくジェネレーションギャップを感じてます。
私が知っている渥美先生はすでに老齢でしたから。

62 :法の下の名無し:05/03/17 00:49:57 ID:p1g8uYNT
藤木先生は刑法に対する問題意識が、前田に近い気がする。
問題的思考ってやつですか。

前田とは地頭が違うようですが。

63 :法の下の名無し:05/03/17 01:21:56 ID:a6xBUMXl
>>62
前田ちゃんの問題意識が藤木ちゃんに近いのよ。
なぜなら弟子だから。

64 :法の下の名無し:05/03/17 18:14:21 ID:ZmPnkzR3
現役合格なの、このオッさん

65 :法の下の名無し:05/03/17 21:15:41 ID:xCEQ42Ve
>>64
二十歳で合格。

66 :法の下の名無し:05/03/17 21:21:13 ID:xCEQ42Ve
ほらよ。

渥美東洋ファンクラブ!
http://ebi.2ch.net/shihou/kako/972/972701882.html

真・渥美東洋ファンクラブ!
http://school.2ch.net/shihou/kako/1003/10036/1003656911.html

67 :法の下の名無し:05/03/17 22:23:11 ID:oVO2twVW
>>56
何で、強酸ロー生なの?

68 :法の下の名無し:05/03/17 22:29:22 ID:1tLKjRC4
漏れは学部で椎橋先生の刑訴を受けたんだけど、講義要項に渥美タソの「刑事訴訟法」(指定教科書だった)
を予め通読しておけば講義は面白く理解できるだろう、みたいなことを書いてあったな。
あれを予め通読できるんだったらたしかに講義なんぞ・・・。


それはそうと、あの師匠からどうしてあんな温厚な弟子が生まれたのか不思議だったりする。

69 :法の下の名無し:05/03/17 23:51:55 ID:LeBaYOVE
あの師匠だから弟子が温厚になったんじゃない?
生きる気力を全部奪われたとかで。

70 :法の下の名無し:05/03/18 22:39:58 ID:OyKZIr88
渥美たんも根は温厚だよ。
学問には厳しいけど。

71 :法の下の名無し:05/03/19 03:07:50 ID:kX+PSwLb
この人、まだ生きてたんだ。

72 :法の下の名無し:2005/03/21(月) 14:10:39 ID:G+5URPBP
>>67
渥美先生はこの四月から京産ローの専任教授に就任
されるからです。

73 :法の下の名無し:2005/03/21(月) 20:48:00 ID:IHb3z9KB
人権は治安の下位秩序を構成します。

74 :法の下の名無し:2005/03/23(水) 12:45:48 ID:sWj7TUO3
>>60
渥美先生が誉めるのは藤木先生と佐藤幸治先生でしたね。


75 :法の下の名無し:2005/03/23(水) 19:18:03 ID:7XMBRQHS
>>72
どうしてなんでしょう?
何か裏があるのでしょうか?

76 :法の下の名無し:2005/03/23(水) 20:18:33 ID:k0wPm5V4
どうしても何も定年後の第二の職場ってだけの理由でしかないと・・・

77 :法の下の名無し:2005/03/23(水) 20:34:21 ID:3+eamXPY
渥美先生はうちの大学に教えに来てたけど、
すごく熱くていい先生だと思ったなあ。

「演習」って科目だったんだけど、ほとんど一人で喋ってたけどね

78 :法の下の名無し:2005/03/23(水) 21:22:28 ID:NlZRYppg
去年のローエコ学会のシンポジウムでの東洋タソはひどかったな。最悪だった。
レジュメは薄汚い破れた便箋にミミズ系の悪筆で殴り書きしたもののコピーを3枚綴り。
しかも、統計のゲットーとして世界的に名高い犯罪学の怪しげな解釈を開陳。
当然のように経済学者から、犯罪学の統計なんか信用できんのかよ(藁 という突込みが入ったが、
日本じゃなくて海外の研究だからちゃんとしている、などと妄言を(藁

しかも、最初言ってたことと後のほうで北大の逝っちゃってる法社会学者の
尻馬に乗って逝ってたこととが全然違ってたしな。なんなんだあれは。

学会に於ける駄目シンポジウムとしてはジェンダー法学会のそれに比肩すべきレベルに達していた。
法務省の役人とかの話は興味深かったので、東洋タソの犯罪的な駄目さが浮き上がる形に。


79 :法の下の名無し:2005/03/23(水) 22:36:57 ID:72K/Iz/H
東洋タンの深遠さに触れただけで
心が清められるのであるぞ

80 :法の下の名無し:2005/03/24(木) 01:51:09 ID:nYQOe975
>>78
年取ってダメになったのかな・・・・
中央でお山の大将やってたから・・・

81 :法の下の名無し:2005/03/24(木) 19:21:43 ID:ItC/u/tt
>>78
まず君の読みにくい文章を何とかしてくれ。
話はそれからだ。


82 :法の下の名無し:2005/03/24(木) 20:04:39 ID:+CbHNITI
私が学生だった、7〜8年前、東洋ゼミの合格者が掲示板に発表されていたが、
「受験者のレベルが低く、ゼミの水準が確保できないので、本年度は合格者無し」
とあのクソ汚い字ででかでかと書いてあったことを思い出すなあw

この人色々伝説を持ってるみたいだね
若い頃、自分の講義にジーパン姿で受講しに来た男子学生を見て
「何だ、お前の格好は。それが講義を聴きに来る者の礼儀か。」
と一喝して、授業を放り投げて、逃げ去ろうとするその学生を御茶ノ水駅まで
走って追いかけていったことがあると聞いたことがあるw


83 :法の下の名無し:2005/03/24(木) 20:07:12 ID:xY9sbsGQ
中央法のお茶の水時代って、何時の話?

84 :法の下の名無し:2005/03/24(木) 20:11:13 ID:+CbHNITI
>>83
1978年より前の話

学食が入ってる建物の外壁に「ヒルトップ'78」って書いてなかったっけ?
もう卒業してから何年も経つから忘れたけどw

85 :法の下の名無し:2005/03/25(金) 10:25:30 ID:GoOjs/6t
渥美先生は日大法学部に非常勤で来てるわな。

86 :法の下の名無し:2005/03/25(金) 11:15:24 ID:zy6BQqTf
中央の法は都心に帰らないとダメだね。

87 :法の下の名無し:2005/03/25(金) 19:11:32 ID:GSWl8WsN
学内ミニコミ紙に載ってた評価
総政学部 法の原理(渥美東洋先生)
「これは法学部の専門の授業ではないので、大学に入学する程度の学力があれば
理解できる」という教授の言葉とは裏腹に難解な用語が飛び交い、奇々怪々な
理論が展開される恐怖の授業である。
評価を決めるリポートも原稿用紙50枚以内という卒論も真っ青の水準が要求
されるが、実は下限が決まっていないので5〜6枚でも単位はくれる。
また、教授の容体急変で休講が多いのも魅力(?)の一つだ。

88 :47:2005/03/26(土) 08:57:07 ID:DcPQ1sHh
>>87
渥美先生が法学部にいたころは、彼の授業は立ち見がでるくらいだった。
学外からも授業を受けに来ていた。
だが、聞くところによれば総合政策に移ってからは、聴講する学生も減った
とか。なるほど「奇々怪々な理論」ね。きっと彼らには先生のすごさの
百分の一も理解できなかったんだろうな、、、、
とても悲しいよ。

89 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 10:31:54 ID:E0WtWtEJ
>>88
俺が学生だった頃は渥美さんは既に総合政策に移った後だった
一応法学部でも刑事訴訟法の講義を持っていたが、ほとんど受講者がなく
せいぜい50人くらいの学生が11号館の狭い教室で細々と授業を受けていた
と聞いたことがある。
というか、渥美さんの健康が芳しくなく、声もかすれ気味で、突然の休講も
多かったのであまり学生たちが渥美さんに魅力を感じていなかった模様
その反面、渥美さんの弟子の椎橋の授業は8号館の大教室で立ち見が出るほど
大盛況だった
俺も椎橋さんの授業とってたけど、やってたことは渥美さんの教科書を使って
渥美説を椎橋流に噛み砕いて説明することだけだった
まあ、悪い授業じゃなかったけどね

90 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 10:01:34 ID:KTJ+jZ0F
>>89
そりゃあ、当時は椎橋センセが試験委員だったからでしょ。

別に椎橋センセに魅力があるとかじゃないよ。

91 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 05:01:49 ID:/SmV2DBw
椎橋ゼミ生の人、いますか?

92 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 05:13:49 ID:/SmV2DBw
IDがSM


・・・orz

93 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 09:24:31 ID:gaGpKqyQ
>>87
>学内ミニコミ紙

リトマスかリシュランか。漏れもその記事を読んだことがある

94 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 09:28:28 ID:l/vZ7h+y
>>92
>IDがSM
DB(Dominance, Bondage)も入ってるし。VはViolenceで完璧だ。

95 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 21:07:17 ID:JWye8468
>>93
リトマスです。愛読者だったので(苦笑)。
いまだに取ってあって、久しぶりに読んでみたけど
今読んでもマニアックで結構おもしろい。

96 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 22:07:27 ID:FjBVxSnE
リトマスってみんなちゃんと金を払ってたんだろうか?
漏れはチキンハートだから周りの目が気になってちゃんと100円入れてたけど。

97 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 23:27:58 ID:JWye8468
>>96
俺もチキンハートだったけど、同時に貧乏だったので
金が無い時は100円入れるふりをして50円玉を入れてました。

98 :法の下の名無し:2005/03/30(水) 06:01:57 ID:DCPX5WYw
>>97
ワラタ

99 :法の下の名無し:皇紀2665/04/01(金) 08:13:17 ID:uzLLnJ16
厚みヨーヨー

100 :法の下の名無し:皇紀2665/04/01(金) 08:22:22 ID:ujOHkNNr
編集委員が全員卒業して引き受け手がいないので、
廃刊してしまったのって、リシュランだっけ?
うちのゼミ教授、リシュランを読んで
「こんなもん書いている暇あったら勉強しろ」って言ってたな。

101 :法の下の名無し:皇紀2665/04/01(金) 08:22:58 ID:ujOHkNNr
100げっとし忘れた

102 :法の下の名無し:皇紀2665/04/01(金) 17:17:48 ID:cYvOwIg+
>101
し忘れた、じゃなくて、言い忘れただけだろ。

103 :法の下の名無し:2005/04/02(土) 16:28:57 ID:9SLxqHdV
「罪と罰を考える」を買って読んでるけど
実に熱くて面白いな。

句読点や接続詞がなんだか奇怪な
読みづらい文章だが。

104 :法の下の名無し:2005/04/02(土) 23:50:04 ID:kpNP31zP
一面識もなく著作でしか知らんけど、悪魔的なまでの魅力
を感じる。その構想力というか、なにげな手続が渥美さんの
手に掛かると壮大な西欧文明の産物と化す。

そういえば数年前、合格者達と議論になったことがあった。
あの渥美さんの分かり難い文章は昔もそうだったのかという
テーマ。どうしてあの文章で司法試験にトップ合格したの
か少なくとも今では考えられないことのように思えたから。
合格者達の見解は「受験時代は猫かぶって誰でも理解できる
分かり易い文章で書いていたに違いない。しかし合格して
教授にもなりわがままが通るようになってからは独自路線
を歩み、書きたい文章で書くようになったのだろう」という
こと。オレ含めて皆中大卒じゃなかったから憶測にすぎない
けどね。

105 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 01:34:31 ID:Ynqfltmp
いや、単純に文章が下手糞なだけです。
本当に頭が良くて心のやさしい人は難しい話を分かりやすく話してくれます。

106 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 01:42:48 ID:UBPuAsEN
渥美先生の文章は、確かに難解なんじゃなくて
単に下手なだけという感じだよね。

佐藤憲法と渥美刑訴を読み比べると、
前者は晦渋・難解だが、後者はただ単に
接続詞とか読点とかの語法の用い方が
ぶっこわれてるだけって感じ。

107 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 07:11:51 ID:bCRR0G9i
これを読んで思い出したが、

橋本先生(憲法)は、学部学生時代、
期末試験で、日本語で書け、という指示がなかったので、
答案をドイツ語で書いたそうだ。

もしかしたら、東洋先生、司法試験、英語で書いたのでは?

あと、有名なエピソード(実話であることは保証しない)として、
刑法学会(だと思うが、刑事法関係の学会)で、
平野御大に対し、「刑事訴訟法」(全集)を示して、
「(もう、古いので)書き直してください」
と言ったそうだ。

108 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 11:58:43 ID:BdrzYshy
>>107
渥美先生は団藤先生も平野先生も尊敬してるはずだから

それは「もう時代遅れでダメだから変えろ」という意味じゃなくて
「アップデート版だしてください」という意味でしょうね
言い方にもよるけど、そんな変なことでもないのでは?

109 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 14:44:32 ID:HmDqYavs
>>107
平野先生の、あの名著を改訂して欲しい人は多かったと思う。

110 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 15:27:52 ID:BdrzYshy
「歴史や国家モデルの発生、モデルの相違、を自由・平等・正義のコンセプトの由来と各国での表現での
相違或いは、その一部又は全部の構造などなどについて、少なくとも大学一年生の時には、実定法とりわけ
司法試験や公務員試験の受験勉強に先立って、真剣に取り組むのが肝要だと助言したい。
・・・
社会を構成する圧倒的多数の一般人が受け容れることのできる法運用に貢献する者になるべき初心者は、
一年生の時から、いわゆる『予備校』などに通うべきではなく、大学の図書館にこもって法律を支える関連の
学習に積極的に接近すべきだというのが、わたしの最初で、最も重要と思われる助言である。」

111 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 17:42:04 ID:VmNtJPkc
>>110
そのとおり。
結局法律ってのは、既存の社会の中で通用している価値観を実定化したものだ。
歴史上の経験を元に政治学・経済学などの社会を分析する学問が積み上げてきた
理論を文章の形で書いて表したものが法律だといえる。
憲法を知るためには自由主義を知らなければならないし、商法を知るためには
資本主義を知らなければならない。しかしこれらは法律学ではなく、政治学や経済学を
通して学ばれるべきものだ。
法律を勉強する者は、まず、法律学の周辺分野をきちんと習得しておくことが肝心だ。

112 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 18:23:09 ID:mTqxzeTa
渥美にマジレス?

113 :新聞で渥美先生発見:2005/04/03(日) 19:56:04 ID:BdrzYshy
http://www.yomiuri.co.jp/features/salon/sa2005030501.htm

114 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 20:12:56 ID:pY4wFfa0
>>113
テリーさんと渥美さんのコメントが一番納得いくがな。

115 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 23:09:49 ID:HmDqYavs
>>110

>わたしの最初で、最も重要と思われる助言である。
独特な日本語ですね・・・

116 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 23:16:45 ID:fiVTmWIY
渥美さんは普段から物事を考えるとき、英語で思考してるからね。
英語の構文の中に無理やり日本語を突っ込んでるんだから、自然な
日本語の文体からは少しかけ離れた文章を書く。
渥美さんの思考を忠実に表現できない日本語の限界だとも言える。

117 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 23:40:46 ID:HmDqYavs
>>116
渥美の思考>>>>日本語
ですか。

118 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 23:59:24 ID:pyF4R4XU
>>116,>>117
普通は厚みの日本語が不自由だからと考える
つまり英語→日本語をうまく扱えないでいる

119 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 00:14:52 ID:IkJuEmhM
渥美の文章は英語だか欧米の文を下手くそな訳者が
訳したような文章だが、かといって、渥美が思考を英語で
やっているというわけではあるまい。
旧満州生まれだが、別に中国語が母語でもないだろう。

話し言葉は別段、「外人の日本語」みたいになっているわけでもないんだから。

ただ単に、思考は日本語でやっているが、それを文章にするのが
下手というか、翻訳調日本語の癖が染み付いているだけじゃないのかな?



120 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 00:23:42 ID:nW4/eE5U
またまた古い話だが、
田中耕太郎の文章も、ドイツ語のような構文だったそうだ。

ただ、ヨーロッパの伝統的な学問では、
母国語で書くにしても、ラテン語で考えた上で、
それを母国語に翻訳(頭の中出だよ)したそうだ。

121 :120:2005/04/04(月) 00:25:15 ID:nW4/eE5U
まあ、田中耕太郎にせよ、渥美東洋にせよ、

そういう悪文(っていうか、読みにくい日本語)であっても、
みんなが読んでくれる、という意味でも、偉大な学者ということですね。



122 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 00:27:20 ID:yGlBCfNw
>>113
渥美東洋と山下大将w

123 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 05:58:43 ID:RIiRQW2j
いや、田中耕太郎の文章は読みやすいぞ。
すらすらと頭に入ってくる。


124 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 10:17:27 ID:c95Z9NQI
彼は自分のゼミで「僕の文章がわかりにくいと言う人がいるけれども、そんなことはない。
必要なことをきっちりと書こうとするとああなるのだ。」
と言っていた。
つまり自分の文章にそもそも問題があるとは思っていないのだな。

そうは言ってもオレは彼の文章は好きなんだが。

125 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 13:27:41 ID:Yt/LxuEV
渥美東洋は日本語がヘタクソ説

126 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 13:50:19 ID:c95Z9NQI
読み込めばそこから得られるものは確かに多い。
「ヘタクソ」というのとはちょっと違う。


127 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 16:29:23 ID:fXAUYPvi
ただの私大の学者なのにスレがよく伸びますね
私は一面識もないですが、そんなに信奉者が多い人なの?
少なくとも、この方は、10年位前に中大法学部を去ったときから
全然振るわなくなったと聞いたが。
それに今年定年でしょ?もう渥美氏の時代は終わってると思うのだが。

128 :法の下の名無し:2005/04/04(月) 17:44:19 ID:c95Z9NQI
>>127
授業を聞けばそれなりに感銘を受けたと思うけどね。
この何年かは、ガンで死にかけてたから授業なども精彩を欠いていたようだし。

図書館なんかで彼の本を読んでみることをおすすめします。
ただし散々言われているように読みづらいけれども、しっかりと読めれば得るところは
多いのではないかと。


129 :法の下の名無し:2005/04/07(木) 12:30:21 ID:1bE7edmz
>>127
昭和時代の刑訴選択者にとっては、渥美説=受験通説だった。
このスレに出入りしている人間のほとんどが昭和から受験生やってるヴェテばっかりなんだよ。

捜査法の部分は個性的で面白いが(「プライヴァシーが合法的に開かれ」云々とか)、全く過去の学説。
訴因、証拠法の箇所はほとんど使い物にならないし、渥美を読む価値はゼロ。

同世代の学者なら、まだ光藤や田宮の方が現役で使える。

130 :法の下の名無し:2005/04/07(木) 13:40:00 ID:2w8xrMt9
>>129
昭和から受験生って・・・・すごいな。

131 :127:2005/04/07(木) 23:58:21 ID:pevmFu79
オレはもう受験生じゃないよ。
だから今の通説がどうかという議論には参加しない。(知らない)
受験に使えるかどうかというよりも、一種の教養として十分に
価値があると思うが。(特に教科書以外の本なんか)

ここは司法試験とは関係ないスレッドではないかと思うので、渥美さんを
語る意義はあるかとも思うよ。

132 :法の下の名無し:2005/04/08(金) 07:08:44 ID:pyKB9JAK
104氏がおっしゃっていることが、正しく渥美先生の著作を語っている、
と思う。

133 :法の下の名無し:2005/04/08(金) 07:10:49 ID:pyKB9JAK
ああ、、、、
私ももう受験生ぢゃないよ。

134 :真正の127:2005/04/10(日) 01:08:07 ID:Y9NPtnwv
>>131
コラコラ
確かに私はもう受験生じゃない(もう合格した)が、
勝手に人の番号を使って氏名冒用するのはやめてくれ

135 :法の下の名無し:2005/04/10(日) 08:23:52 ID:1BAXW9aM
失礼。
私は128でした。

しかし他人を「ただの私大」などと平気で口にする人物が法曹ですか。
問題ありますね。

136 :法の下の名無し:2005/04/12(火) 01:03:46 ID:870jF8j7
>>134-135
>>131のレス見て、>>127とは全然空気違うなって思ったので
納得。

137 :法の下の名無し:2005/04/18(月) 13:16:09 ID:TuBmHBY3
中央ロージャーナル(第1巻2号)に2004/12/22@市ヶ谷での
渥美東洋先生最終講義&シンポジウムの全文が掲載されたよ。

138 :法の下の名無し:2005/04/18(月) 15:25:23 ID:veUnx3fk
中央ロージャーナルなんてどこで買えばいいんだ。

139 :法の下の名無し:2005/04/18(月) 15:47:09 ID:A2uazmYT
>>137-138
それより早く動くデータベースにうぷきぼん。
やっぱり動く東洋タソが見たい。

140 :法の下の名無し:2005/04/18(月) 20:10:03 ID:QMZRdTC6
>>138
中大w
法学部のある大学の図書館なら入ってるかもしれない。
それか生協に問い合わせてみれば買えそうなヨカーン
ttp://www.chudai-seikyo.or.jp/

141 :法の下の名無し:2005/04/18(月) 20:44:37 ID:bHEHFno+
すみません、全くの部外者ですが質問です。
どうして中大は卒業生は法曹や行政の分野でそこそこの地位を得て
頑張っているのに学者は糞ばっかりなんですか?
特に民法系がやばいような気がするんですが・・・。

142 :法の下の名無し:2005/04/18(月) 21:52:29 ID:iqWkIGCR
実務家養成に力を入れているのは外部から見ても明らかでしょう?w
刑事系は悪くないと思うけど(古くは草野博士から)、民事系は。。。orz
はっきり言って、だれも知らないw
憲法の工藤達朗は良い。
尚学社から「憲法の勉強」ってのが出版されてるから図書館で読んでみ。

143 :138:2005/04/19(火) 15:02:25 ID:SlO/hKt8
八重洲のブックセンターにあった。
別の本を買いにいったんだが、偶然平積みになってたのを見つけた。
渥美先生のお話を読んで、渥美節は最後まで相変わらずだということを確認。
しかも不覚にも泣けてしまったよ。
中央の関係者じゃなくても読むべきではないかな。

144 :法の下の名無し:2005/04/19(火) 16:56:29 ID:HnnoHX5t
>>141
生え抜きを優先するあまり、他大学から本当に優秀で有能な学者を招聘してこなかったからだろう。
その結果聞いたこともない無能でごみ屑みたいな学者を量産した。特に民法系でね。
例えばH教授とか。

145 :138:2005/04/19(火) 17:15:17 ID:SlO/hKt8
商法などは今でもかなりの陣容ではないですか?
木内先生が亡くなったのは大変な損失ではあるけれども。
HnnoHX5tは中央の方ですか?

146 :法の下の名無し:2005/04/19(火) 17:20:09 ID:HnnoHX5t
>>145
中央の学部生だよ。残念ながら渥美先生の御学恩は受けられなかったですが・・・。
その木内先生って人は半ば伝説的な存在ですね。
木内先生も、その師匠の高窪先生もどちらもかなり高名な方だったそうですが
既に亡くなられてしまったとのこと。
今中大の商法は、野村修也先生やその師匠の永井和之先生あたりが頑張ってるようです。

147 :法の下の名無し:2005/04/19(火) 20:45:47 ID:1JFGRXln
私も自分の大学を貶すのは好きじゃないけど、
民法は何とかならなかったんだろうか?
ローを創立する際に、あんなに外部から入れるんだもん。

148 :法の下の名無し:2005/04/19(火) 20:59:26 ID:EN8RG6sI
私大初の学士院会員である橋本先生や刑事法の吉田先生などの流れを汲む
公法、刑事法はかなりのものだろう。
最終講義で渥美先生は吉田先生を絶賛していた。
まあ確かに民法はぱっとしないが、、、

考えてみればいくら先生が素晴らしくても弟子たちのレベルが低いからその影響力を広められないんだよな。
渥美先生も「多摩移転は大失敗だった」と何度もおっしゃってたっけ。


149 :法の下の名無し:2005/04/19(火) 21:08:00 ID:EN8RG6sI
いや、刑事法といえば林頼三郎を忘れちゃいかんか。

150 :法の下の名無し:2005/04/19(火) 21:24:56 ID:7dm+5oFc
中大の民法ってそんなにやばいんだ・・・?
実は私はもう10年くらい前の話になりますが、犯罪学の藤本哲也先生の講義が
どうしても聞きたくて中大に1年間もぐっていたことがあります。
すごい感動的な講義でしたが、中大って刑事系が強いんですかね?
商法が強いって話も聞いたことありますけど・・・。

151 :法の下の名無し:2005/04/20(水) 00:48:35 ID:DeC2Jbhj
>>148
借金してでも都心に帰ってこないと後悔するぞ。
そのうち土地もあがりそうだし・・・

152 :法の下の名無し:2005/04/20(水) 08:56:41 ID:IhSAWD75
>>138
確かに素晴らしい講義でした。


153 :法の下の名無し:2005/04/21(木) 23:24:32 ID:HFnBcbH1
学部生です。
裁判法の講義で珪素の先生が仰ってたんですが
渥美先生の基本書は16年改正に合わせて改訂作業中だそうです。
ただ出るのはまだまだ先のようですが・・・

154 :法の下の名無し:2005/04/21(木) 23:46:23 ID:/W0vUZ3d
>>153
情報ありがとうございます。
楽しみですね。
古希記念も楽しみです。

155 :法の下の名無し:2005/04/22(金) 01:41:25 ID:oDhIOCF2
>>152
レス先、間違ってねえか?

156 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 20:54:21 ID:MC/rIjsp
>>138
中央ロー・ジャーナルは出版元の中央大学出版部にメールとかで注文すれば
すぐ手に入ります。私もそれで手に入れました。


157 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 20:39:33 ID:sg+CDsLm
誰かエロい人おせーておくれ。

とーよー先生の寄稿文(「ちゅうおう」2005早春号)の中にある、
御大が学生4年のときに毎日新聞主催で企画、出版されたっていう
田中耕太郎最高裁長官と学生との対談集の本の題名を教えて欲スい。


158 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 09:29:35 ID:SzdkIh52
それ、漏れも珪素の講義中にそのネタを聞いたことがあるけど、
結局題名は聞かずじまいだった。

159 :法の下の名無し:2005/04/28(木) 22:47:25 ID:AQpLzT2E
今年の司法試験は
(択一受かったとして)
論文は田口+百選でいくが
そのあとの夏はじっくり渥美刑訴を読んで
口述に臨みたいと思います


160 :法の下の名無し:2005/04/29(金) 01:09:29 ID:WyDoGpy9
>>159
がんばるなあ。あんまり考え方が大きくぶれないようにしろよ。

161 :法の下の名無し:2005/04/29(金) 02:36:42 ID:cq+F3Akm
>>159
論文も渥美説で行こうぜ。ハァハァ。

162 :法の下の名無し:2005/04/29(金) 18:38:10 ID:aNzrIMdV
そんなことはいいからおまいら
おなじみのエキサイト翻訳で「ハードディスク」と(中→日)翻訳してみろ

エキサイト翻訳(中→日)http://www.excite.co.jp/world/chinese/


163 :CONTROVERSY:2005/04/29(金) 23:48:21 ID:jk1vR7AX
>>144
H先生の悪口を言わないでください。H先生の授業は、よくわかる。

164 :法の下の名無し:2005/04/30(土) 00:15:05 ID:Hh1cXUxd
>>163
何年前に作ったか分からない位古い講義案を読んでいるだけだろ。
読むぐらいならそれを製本して配布しる。

165 :CONTROVERSY:2005/04/30(土) 00:18:30 ID:Zpl6L5EX
 あの関西弁の名講義、関東人、巨人の悪口には、カチンとくるが、そ
の分印象に残り、単調になりがちな民事法の授業がおもしろくなった。


166 :CONTROVERSY:2005/04/30(土) 01:12:36 ID:Zpl6L5EX
スレの場所間違えました。すいません


167 :法の下の名無し:2005/04/30(土) 02:05:27 ID:gONsZ9am
漏れは民法1部はM和、2部はF越で3部がHタソ(こういう分け方を書くと歳がばれる悪寒)
だったんだけど、3部にして民法の面白さに開眼したのは、Hタソのおかげだったんだろうか。
それとも講義範囲の性質上のものにすぎなかったのか?
前者と信じたいが・・・。

168 :CONTROVERSY:2005/04/30(土) 02:25:34 ID:Zpl6L5EX
 確かにH先生は、論文も、〜教室〜セミナー等で見たことはないが、教育者
としては、りっぱ。あの関西弁で、〜教室等でシュッピツしてくれれば民法
ファンが増えること間違いなし。

169 :法の下の名無し:2005/04/30(土) 02:26:27 ID:UGjswAOf


170 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 23:59:11 ID:px1O9vcb
ここにいる人たちは民法=渡辺、高田の講義を知らない世代ばかりなんだね。

171 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 15:37:18 ID:ML379A6N
>>170
1999年入学だけど、俺は民法総則・債権総論は渡辺、債権各論は高田だったよ。
船越とか廣瀬とか周りでとってる人あんまりいなかったなあ。評判もよくなかったし。
ちなみに刑法は総論各論とも斉藤誠二だった。
もちろん刑訟は渥美大先生。すっげー教科書が読みにくくて参ったけど。

172 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 15:46:43 ID:GSlYzE40
在日韓国・朝鮮人の生活保護費 年間1兆2000億円
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news2/1097969198/

173 :CONTROVERSY:2005/05/09(月) 15:58:28 ID:oVkIDT+Y
>>172
 スレちがい    ただそんなこと、あるいは、暴力団関係者に対
してかなり云っているのは、みんな知っていること。
 要は、本当に必要な人だけに金が分配するのであれば、もっと予算
を削減できるが 

174 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 23:51:27 ID:gLXHeSYh
>>171
でもその年で渥美刑訴を履修するのは度胸が要ったでしょ?
単位は意外に楽らしいけどね。

175 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 00:28:26 ID:+BsyBmhq
中央の民法で思い出したんだけど、学外からはY野目は中央が追い出したかのように
語られてうわ何をするんだくぁw背drftgyふじこlp;@:」「

176 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 12:55:34 ID:4AqLjcE8
渥美先生の話はどうなったの?

177 :法の下の名無し:2005/05/11(水) 17:16:36 ID:lUu1QqLe
>>157
これか?でも、4年生ではない

田中耕太郎『学生の疑問に答える』(毎日新聞社、1956)

渥美のほか堀江湛、高畠通敏も学生として参加している(それぞれ別の対談だが)
渥美は「戦争・死・学問・宗教」という対談に四人の質問者のひとりとして参加している
渥美は3年生で20歳。12人の参加者の中では2番目に若い
↓は渥美と田中の最初のやりとりの一部(ちなみに他の3人の学生質問者はみな文学部系統)

渥美 さきほどの前借金の問題ですが、あの場合は親が前借金を受け取ったケースですが、
   成年の子女が売春契約を結んだ場合には、判決では問題の余地は残っておるのですか。
田中 君は中央大学で法律をやられて、試験にもパスされたそうだから、とくにそういう問題
   について興味があるのでしょうが、いまここの話題にしては、あまりに特殊的になるし、
   いまの全体の問題として関連していることにもなるけれども、ぼくはいま裁判官として
   同僚のやった裁判について、かれこれいえない。それは理解してください。…

178 :法の下の名無し:2005/05/15(日) 22:12:28 ID:7HzXB3w/
>>177
おお、判りましたか。
心より感謝申し上げます。
早速、探索してまいりたいと思います。

179 :法の下の名無し:2005/05/15(日) 22:34:57 ID:Bmpx7sw+
>>178
探索、ですか?

180 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 04:31:03 ID:NZGXObt2
>>171
おお、99年入学の同期だ。
勉強頑張ってますか?
当方はロー生やってます。

181 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 10:12:23 ID:TP5mfo9l
>>180
中央にローって多摩にあるんですか?

182 :法の下の名無し:2005/06/09(木) 16:56:16 ID:vLIGneLT
なぜ京産に逝つたのだらうか

183 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 18:48:14 ID:v57gRDJI
中大や早稲田って司法試験の合格率を出されると不利なんだよな

なぜなら受験者数が5000人前後も居れば、期待値が下がるからね。
出願した時点で3500人の不合格が確定している。
つまり、1500人全員が中大生としても合格率の最高は30%しか行かない。
で、そんなの無理だ。早稲田のように200人合格者を出しても4%。
100人中5人受かって合格率5%の大学と、5000人中200人の4%の大学の
どっちが凄いかと言えば断然後者だろう。(1500人中の占有率を考えれば)
でも2ちゃんでは志願者数の違いを考慮せずに一概に比較するから
中大は不当な評価を受けてしまう。
しかも、中大には地の頭のあまりよくない通信や二部のベテランが相当数
受けているから率は尚下がる。
できれば中大法の昔の二部や通教出身者を別にすれば結構いい率になるはず。

つまり、偏差値的に早稲田や慶應に勝負できるとすれば法ー法出身者な訳で、
最近の法律学科の学生は合格者数も絞り込んで入学者偏差値は結構高いと聞いた。
だから学生の質は落ちてないと思う。
問題は過去のOBの中の、旧二部や通教の割合だ。
旧二部とかは偏差値55前後でレベル的には日東駒専レベル以下だったから
彼らが中央法という理由だけで司法を受ければ率を下げるのに貢献している
だけに過ぎなかった。
まあ同じ中央だから差別するなという意見も解りますが、やはり最近は中央法に
対する風当たりも強いので、仕方ないかと。


184 :法の下の名無し:2005/06/24(金) 07:55:34 ID:Is1QAcN3
昔は中央法の2部はレベルが高かった。多摩移転でダメになった。
早稲田の教授が言っていましたよ。中大が田舎に行ってくれたお陰で
その分早稲田にいい学生が集まり司法試験合格者が増えたと。要するに
中大は自滅ですな。

185 :法の下の名無し:2005/07/07(木) 01:57:28 ID:EueI0STG
本とに自滅だよね〜

186 :法の下の名無し:2005/07/14(木) 23:35:47 ID:c22NRjws
まったくその通り。私は多摩移転前の中央法・法律出身だが、早稲田、慶應に受かっても当時は中央に来ている学生
が多かった。偏差値は慶應よりははるかに上、早稲田とも互角か予備校によっては中央が上だった。出身高校も、県
立千葉、県立浦和、川越、春日部、熊谷が多かった。通えたからね。それが多摩に行って激減した。二部なんか最悪
でしょ。日東駒専に落ちたのが来ているんだから論外だよ。以前は日東駒専の昼より中央法の夜の法が難しかった。
中央の法科大学院が人気なのも、場所がいいからですよ。法学部が復活したければ、都心に戻ることだね。


187 :法の下の名無し:2005/07/30(土) 20:55:37 ID:rGEvI1iE
古希記念うぷまだぁ?

188 :法の下の名無し:2005/07/31(日) 01:55:38 ID:/CxkNJZD
違法収集証拠の渥美説は、未だに実務から支持されてる。

189 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 01:24:53 ID:80aEolCu
司法試験の他に、何受かったの?
国T?

190 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 02:10:51 ID:lJNFInWX
国1.
たしか両方とも最年少合格

191 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 02:38:32 ID:tLzBpYbk
渥美東洋鬼

192 :法の下の名無し:2005/08/25(木) 16:36:26 ID:4KHjwr8n
法学部の2部ってもうないのですが
いつまであったのですか?

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)