5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本人と過失

1 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 15:46:43 ID:Kh+l9+Co
日本では航空事故・鉄道事故が起きる度に過失の刑事責任追及の是非
と独立した事故調査委員会の設置の議論が起きるが、全く変化が無い
まま終わることを繰り返している。

過失の刑事責任追及に関しては自動車事故の再捜査による起訴が増え
るなど厳罰化の傾向があるように思える。今日も業務上過失致死によ
る逮捕者が出てしまった。

【社会】「缶ポックリ」+「くまさんジム」による園児死亡事故で、幼稚園長ら3人逮捕…新潟
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1114234742/l50

日本で事故調査体制が変わらないのは、過失を重大な犯罪とみなす日本人の国民感情に上手く応
えていないのが最大の要因だと思われるがいかがだろうか?

2 :法の下の名無し:2005/04/24(日) 04:21:48 ID:nS7ceqNh
2get

3 :1:2005/04/26(火) 01:44:00 ID:x2MSB5H4
不幸にしてJR福知山線(宝塚線)で多数の死傷者を出す脱線事故が発生した。

この事故でもご他聞に漏れず警察が事故調査の主体となっているが、警察は
鉄道事故など専門性の高い事故には素人である。しかし、マスメディアはその
ことにほとんど疑問を持とうとはしない。



4 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 10:29:57 ID:qE9nGxee
すみません…ホセ4パルトが通りますよ…

5 :普通にデムパ:2005/04/26(火) 11:04:08 ID:pf9JRxbk
>過失を重大な犯罪とみなす日本人の国民感情

こういう認識はある程度受け入れられているんでしょうかねえ?
いまちょっと大規模な事故の直後なんで、不謹慎とか不真面目とか
言われそうなんですが、過失責任を伝統的な刑法の論理で、完全に
個人に帰結させるという考え方に以前から違和感持ってました。

6 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 12:30:02 ID:qE9nGxee
すみません…クラウス6シンが通りますよ…

7 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 17:44:17 ID:cZtzeMla
過失でも結果が大きければ(事故ではなく)重大な犯罪とみなす日本人の国民感情の間違いだと思われ
まあ過失なんて後知恵で探せばいくらでも見つかるからな

8 :法の下の名無し:2005/04/29(金) 01:33:05 ID:MsUnQGfj
問題は過失の程度なわけだが。

9 :法の下の名無し:2005/04/29(金) 16:59:53 ID:Gze+AvpZ
事故のほとんどは人的ミスだから、刑事責任を問うことが疑問視されてこなかったんだろう。

10 :法の下の名無し:2005/04/29(金) 23:01:36 ID:2WHDIY4i
国民性の問題なのか?
欧州でも近代刑法より昔は結果責任だったんじゃ。

11 :法の下の名無し:2005/04/30(土) 17:04:50 ID:FiBRXHih
>>1>>3
>警察は 鉄道事故など専門性の高い事故には素人である

で、鉄道の「プロ」のはずのJR西は100人殺しておいて、
その後慌てて脱線限界を計算してるんだが
しかもいい加減な計算であることがばれて平謝りw
ミスを起こした乗務員の再教育は規則丸写し・精神論レポート・草むしりw


警察が素人だとか言う前に、JR西は素人以下だろ
しかも事故を起こした張本人のJR西が、第三者が行うべき原因調査の真似事と「証拠」集め
はっきりいって捜査妨害・調査妨害

警察を過信するつもりはないが、よっぽどマシだろ
国交省の事故調は独立性も高いし、こっちは刑事責任とリンクせずに調査してる
両機関の連携は気になるが、協力体制なり独立性保持なりは確立してるのかな

12 :法の下の名無し:2005/04/30(土) 19:51:03 ID:pR3ADFLz
>>11
これはまずいだろ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050430-00000307-yom-soci
>兵庫県警の捜査本部と国土交通省航空・鉄道事故調査委員会の合同現場検証が行われた。



13 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 16:45:42 ID:jMHKI3Ow
警察は、専門家に聞いていますよ。
医療ミスでも、専門家に聞いて捜査します。
火災の場合も、建築基準法も消防法も素人なので、
専門家に聞いて捜査します。




14 :CONTROVERSY:2005/05/08(日) 11:30:22 ID:9WImWwAw
事故当時、JR西の職員がボーリングをしていた、飲みにいっていた等問題に
なっているが、何がおかしいのか、論点のすげ替えではないのか。昔もこのよ
得ナことがあった。たとえ場、新潟の監禁事件のとき本部長が接待をしていた
水産高校の練習艦が沈没した時に森総理がかけマージャンをやっていた、等で
在るが、今回のことも含めてなにがおかしいのか、JRの職員がボーリングを
中止したところで事態は、何も変わらない。辞しくしろとでも言うのか。

15 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 15:03:17 ID:+uLOtjl3
薬害エイズ事件の安部英氏が4月25日に亡くなっていたことを
今日知ったのだが、この事件は日本人と過失を語る上で外せ
ないかと。

16 :CONTROVERSY:2005/05/09(月) 00:38:39 ID:81ffnb3n
責任は、運転手にあり、使用者責任(民715条)によりJR西にあることに
なるが、ここで、私たちが考えなければならないことは、責任を抽象化しては
ならないことである。西日本、あるいは国土交通省(今回国の責任は、マスコ
ミは控えているが、大臣が公明党だから、遠慮しているのか)が悪いというの
はかんたんだが、それでは、なんのかいけつにもならない。
 大東亜戦争の責任を、東条英機の責任とし(あるいは、其の取り巻き)一億
総懺悔したところで、結局責任は、抽象化されたままである。だれが戦争をや
労といったかは、史実から明らかであるにも拘らず、何の責任も取らされてい
無い。日本の意思決定は、昔から、所謂課長補佐クラスにあり、このへんに、
言いだしっぺがいるにも拘らず、彼らは、何も責任は取らない。当時の軍隊で
言えば、陸軍の辻正信・海軍の黒島亀人であるが・・・確かにトップの責任を
声高に叫ぶほうが楽であるが、コレでは、いつまでたっても同じことの繰り返
氏である。勿論今回の件でJR西日本がぜんぜん責任が無いとは、言わないが、そ
れあくまでも、公平の観点から、つまり運転手では、賠償責任を負いかねるの
で、其の運転手を使って利益を上げている会社は、其の反射的効果によって
つまり『そのものによって利益を上げテレ者は、損失も又きす』という観点から
である。このように考えれば 事故後ゴルフに行こうと、飲みに行こうと旅行に
行こうと、其の選択は、なんら責められるべきものではない。

17 :法の下の名無し:2005/06/15(水) 04:28:47 ID:ret07bDe
>>14
>>16
論旨は理解するが森総理は賭けマージャンなどはしていないぞ

18 :CONTROVERSY:2005/06/30(木) 15:28:08 ID:I7LKLN/p
>>17
すまん、チョコレートを賭けたゴルフであった。
私の論旨を理解してくれる人がいて、www

19 :法の下の名無し:2005/08/29(月) 23:20:27 ID:dF1jr3NJ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1114238803/14


20 :法の下の名無し:2005/08/29(月) 23:27:29 ID:dF1jr3NJ
>>3
そうだな

21 :法の下の名無し:2005/08/30(火) 00:24:15 ID:qXZPPYuF
16に同感。
辻は後に国会議員にもなっている。この構造何かに似ていないだろうか?
宣戦布告のときに暗号を解読せずに、飲み会やっていた外交官、こいつら
も、後に外務省の高官になり、あろう事か、次官になったやつもいる。こ
の構造は、にほんのでんとうなのか?


7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)