5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

立法について語ろう

1 :立法者:2005/06/18(土) 14:07:31 ID:B8gvobJe
立法過程や立法政策、それに最近流行の立法学について、
横断的に語りましょう。

2 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 14:14:36 ID:GeozLICK
2げっちずさー

3 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 14:37:40 ID:78pvylHr
ぜんぜん流行していないので

==終了==

4 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 16:18:40 ID:qlLtaKhz
 立法学? 「ザル法は作らない」とか?

5 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 00:56:29 ID:YTd8ceUf
政策学部や公共政策大学院とかの出現で、立法過程論とか
立法学の講義が増えてることは確か。
東大公共政策大学院、一橋・院、青学法科大学院なんかでの立法学、
早大政経での立法過程論などなど。
そもそも立法学の必要性は、戦後の末弘厳太郎以来、度々主張されてきたようだけど、
独立した講義としては、十年程前に九大法が最初に開いたはず。


6 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 00:56:41 ID:YTd8ceUf
政策学部や公共政策大学院とかの出現で、立法過程論とか
立法学の講義が増えてることは確か。
東大公共政策大学院、一橋・院、青学法科大学院なんかでの立法学、
早大政経での立法過程論などなど。
そもそも立法学の必要性は、戦後の末弘厳太郎以来、度々主張されてきたようだけど、
独立した講義としては、十年程前に九大法が最初に開いたはず。


7 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 01:03:47 ID:3ghyf26/
九大の官僚出身の教授か助教授が教科書を出したね。

8 :法の下の名無し:2005/06/19(日) 01:06:27 ID:iL5beJgJ
「御璽」って漢字で書ける?

9 :法の下の名無し:2005/06/20(月) 01:46:40 ID:YGEVSvJj
>>7
『立法学−序論・立法過程論』ですよね。
ちなみに、現在、著者は官僚に復帰しておられます。
総合的・学際的な先行研究の渉猟と官僚としての実務体験が上手く
交叉して、なかなかに面白い一冊であることは事実です。

と、著者を存じ上げているので、ちょっとPRさせていただきました。

10 :法の下の名無し:2005/06/21(火) 00:29:58 ID:wqucKsWj
立法過程論の定番は、確かに上に挙げられた中島『立法学―序論・立法過程論―』で
決まりだろうけど、いわゆる立法政策論の定番となると、一体どの本になるのだろうか。

11 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 00:06:37 ID:wqucKsWj
>>9

氏は、どこかの政策系学部とか大学院とかで、非常勤としてでも
講義してないの?
俺、モグリでも聴講してみてえ。

12 :法の下の名無し:2005/06/22(水) 03:20:56 ID:NTRf6j0t
フアン多し

13 :法の下の名無し:2005/06/23(木) 06:19:00 ID:qM40XMdU
政策系の学部とか大学院がやたら強調している政策学的思考とは、
法学的思考プラス経済学的思考プラス政治学的思考であり、
その統合というか、せめてその体系的習得を使命とするのが、政策系の学部とか大学院
なんでしょう。
でも、実態は寄せ集め、継ぎ接ぎのパッチワークに終わっている。
そもそもこんなことを、象牙の塔に籠もり社会経験を有しない学者連中が成し得ると
考えることがおかしいのでは。
各学部や大学院で官僚出身の実務家教員が歓迎されたり、現役官僚の著した『立法学』という本が
密かなブームを呼んでいることを見れば、そのことが解る。



14 :法の下の名無し:2005/06/24(金) 07:14:04 ID:sAMoNDFU
確かにね。
雨後の筍のように出現した公共政策大学院は、上手く行ってるんだろうか?
相も変わらず、法律学者は法律を、政治学者は政治学を、経済学者は経済学を教えて、
それを統合していくのは学生の頭の中でなんだ、なんていう教える側の身勝手な論理で
運営されているのが実態でしょ。

15 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 12:50:12 ID:tY8Xmrw5
官庁訪問中の身だけど、
このスレ読んだり、待合室で話も聞いたりして、
立法学買いに行ったら、
平積みで、3刷となってた。
売れてることは確かなようだ。


16 :法の下の名無し:2005/06/26(日) 12:30:44 ID:nEpJ1P8m
立法過程論は中島本みたいだけど、立法政策論、立法技術論、
それに立法学全体の定番は何か教えて。

17 :法の下の名無し:2005/06/28(火) 22:07:30 ID:ZfuUM3sR
D大の紀要に載ってる郵政関連法案の立法過程を紹介してる論文。
新聞記事の時系列的整理が大半で、そこからの論点抽出は中島・立法学
そのもの。これって、どうなの?


18 :法の下の名無し:2005/07/01(金) 03:36:39 ID:DDiJ+k15
>>17
俺も読んだけど、激しく同意。
最後に提示してる課題は、全部中島本が提起し、展開した論点そのものやんか。
言い振りも瓜二つ。
ほんまに、「これって、どうなの?」やな。
少なくとも参照を明示しとくべきちゃうの。


19 :法の下の名無し:2005/07/02(土) 14:18:41 ID:+WnCpn1c
>>18
それだけ『立法学』では本質的な論点が網羅され、体系的に考察されてるって事。
ケーススタディーを重ねても、そこから抽出できる論点は、結局既に中島本に
あるって事。
だから評判呼んでる本なんだよ。

20 :法の下の名無し:2005/07/03(日) 16:21:19 ID:hz7l/Us+
立法学は、憲法、行政法や政治過程論、行政学など学問横断的に語りあえる分野の
はずなのに、このスレでは、厚労官僚が著した本を巡る話題だけになっているのは、
それが力作であることは確かにしても、
法学、政治学において、あまりに研究が進んでいないことを表しているのではないのか。

覗いてみて、漏れ、そう思た。

21 :法の下の名無し:2005/07/07(木) 00:14:40 ID:IwQRODjY
立法過程を、行政学(官僚制論)、政治学(政治過程論)、憲法(統治機構論)の
視点から分野横断的かつ総合的に論じてるので、確かにこの本は読み応えある。
研究者には書けない本だろう。実務家教員ならではだ。


22 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 08:13:00 ID:0jtxFlyO
立法学の講義を開いてる学部とか院とかどれ位あるのかな。

23 :法の下の名無し:2005/07/09(土) 18:41:27 ID:qhxKfjNG
>>22
東大公共政策・院、早稲田政経と公共管理・院、九大法、青学ロー
漏れ知ってるのはこれ

24 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 00:02:33 ID:V5IUCEzT
『立法学』は官僚制論としても秀逸。
官僚制をウェーバーあたりから説き起こし、その民主的統制の必要性を
ここ何十年間とお題目のように唱えてる、巷の行政学の各種教科書の情けなさ。
日本の行政学の水準の、目に余る低さ。


25 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 19:17:06 ID:KXspCloj
>>24
西尾行政学もダメダメ?

26 :法の下の名無し:2005/07/12(火) 23:50:23 ID:V5IUCEzT
>>25
ダメダメ!
おいら霞が関勤務だけど、西尾を始め行政学の本なんか参照したこともない。
一体行政学とは誰を対象に何を伝える学問なのか、大いに疑問。

27 :シ去の下の名無し:2005/07/13(水) 19:38:04 ID:0Lw+Ae42
>26
立法する際に影響があるのか知りませんが、
西尾センセは今地方分権の旗振り役ってことで
総務省のブレイン(マリオネット?)をやって
いるんじゃないですか?市町村合併推進の
ために西尾試案とか出しているし。

霞ヶ関に対する影響だと行政法学者の
ほうが大きいんですかね?塩野センセとか。

28 :法の下の名無し:2005/07/14(木) 21:56:03 ID:5Dy1tk1O
>27
西尾センセ自身、自分のものも含め、地方分権推進にあたって有益な示唆を与える
研究成果は皆無だったと吐露してる。
これも引用しつつ、『立法学』の著者は、時代性と学際性に乏しいアカデミズムの
無責任さを指摘してる。


29 :法の下の名無し:2005/07/16(土) 20:17:47 ID:+vvMEwHG
世間や実社会に出るのを逃避して、隔絶した環境で
政治だとか行政だとかほざいてる学者に、官僚なんか
養成できるはずないでしょうが!
公共政策大学院などは学者のマスターベーションか
ロースクールに対抗した生き残り策でしかない!

30 :法の下の名無し:2005/07/18(月) 20:54:59 ID:Z8f5JP9M
いるんだよな、脳内世間主義者ってどこにでもw

31 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 08:47:07 ID:5+xQ1yRZ
>>11
うちのローで9月から講義されます。

32 :法の下の名無し:2005/07/22(金) 08:14:30 ID:qQMFqw4H
どこのローなの?

33 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 11:14:11 ID:3kqPDM7+
『立法学 序論・立法過程論』の続編(政策論、技術論とか)って、
出る見込みあるのかな。はしがきには、課題として残ってるとあった。
期待してるんだけど。

34 :法の下の名無し:2005/07/24(日) 20:27:31 ID:r1IVKY6K
官庁訪問のとき。待合室で話に出てたので、
買って、さっきやっと読み終えた。
たしかに新人官僚の名入門書でもある。




35 :法の下の名無し:2005/07/30(土) 16:29:17 ID:KB4/Wlz5
>>32
つくばのローだよ。

36 :法の下の名無し:2005/07/31(日) 20:59:46 ID:yKCUOOXG
法学と政治学の垣根を越えてアプローチできるのが、
立法であり立法学だと思うんだけど。
政策系の学部や大学院に立法学の講座は必須にすべき。

37 :法の下の名無し:2005/08/01(月) 20:55:14 ID:hgqi5Fr6
同意
でも教えることが出来る教師が少ないというか居ないよね
結局、十八番のオムニバス方式とかでお茶を濁すのかな


38 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 22:38:38 ID:j/8mdLX4
となると官僚出身の実務家教員しかないと言うわけか
灯台の院は衆議院法制局職員のTさんという人が教えてるけど
議院法制局とかじゃなくて主要官庁の生粋の官僚はいないの?

39 :法の下の名無し:2005/08/04(木) 09:28:43 ID:OVIHPxZn
実務家でも実務だけを講じるんではなくて、諸学者のこれまでの研究成果も
踏まえないといけないので、
ただ実務家でありさえば良いというもんでもないわな。

40 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 17:49:24 ID:q5XC6jZG
灯台とか壮大とかの立法学の授業の評判はどう?

41 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 20:14:00 ID:JCLee6tz
東大に立法学あります???

42 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 11:46:47 ID:36Ula8gW
公共政策の院にあるよ。

43 :法の下の名無し:2005/08/11(木) 09:21:01 ID:WdQ3vggc
『立法学』読んでたら、今度の郵政解散の構造が面白いくらい
明快に判るよ。推薦します。

44 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 20:22:23 ID:5ub8+snc
政治学では、国会研究ということで、待鳥、福元、増山と、イキのいい若手研究者が
出て来て、切磋琢磨し合っているようです。
行政学者や憲法学者、行政法学者はパッとしませんが。

45 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 22:35:25 ID:2XSinOBF
増山さんの文章は、イマイチ読みづらい


46 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 05:31:48 ID:mImAYQSE
斬新さは感じんが、待鳥氏の書いたもんは読みやすいし、
説得力がありまっせ。

47 :法の下の名無し:2005/08/20(土) 19:47:14 ID:EBRIoZ0k
「捜査研究」に警察大学校幹部による『立法学』の書評が出てたよ。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)