5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

“双児”にまつわる世界の説話

124 :天之御名無主:03/04/10 13:49
■ 晩婚・晩産化傾向が加速、複産も増加

厚生労働省統計情報部は、晩婚化や晩産化などの状況を人口動態統計から調べた「出生に
関する統計」をまとめ、公表しました。
「出生に関する統計」は出生、死亡、婚姻など戸籍法の届書に基づいて実施する人口動態統計
を基に、初婚率や結婚期間別出生数など、出生に関わるデータ−を解析したものです。
今回で4回目、10年ぶりにまとめられました。

それによると、1977年に25.0歳だった女性の平均初婚年齢は、92年に26.0歳、2000年には27.0歳
となり、晩婚化傾向が加速しています。それに相関関係を示すように、累積出生率(ある一定の
年齢の時点で何人の子供を生んでいるか)をみると、55年生まれの女子の30歳時点での累積
出生率1.53に対し、67年生まれの女子では0.91と1.00を下回るなど、晩産化傾向が明らかとなって
います。

一方、結婚期間が妊娠期間より短い出生数の割合は77年の1.62年から、00年には1.89年へと
長くなる傾向にあることが分かりました。とくに10歳代後半から20歳代前半までで高い割合を示し、
10代後半では全体の81.7%、20代前半で58.3%となっています。

出産に関する分析をみると、双子や三つ子で生まれる複産が出生全体の2.0%を占めており、
この傾向は出産時の年齢が高いほど顕著で、30歳代後半では全体の2.7%、40歳以上では
2.4%が複産でした。

また、出生場所では病院及び診療所が98.8%を占め、自宅での出産や助産所での出産は1.2%
に過ぎない結果となっています。

ttp://www.chuo-group.co.jp/cms/news/kiji/vol0060.htm

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)