5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

竹内文書って真実?

1 :超コダイマモル:03/05/09 17:50
竹内文書(たけうちもんじょ)って、記記より古い日本最古級
クラスの古文書だと聞きましたが、その信憑性や如何に?
賢明なみなさまのご意見求む!


2 :ブーツカット:03/05/09 17:54
竹内文書によると、太古の天皇は万国巡礼で世界中の王や統治者を指名して回ったんだとか

3 :名無しくん:03/05/09 17:57
そうなんですかー?

4 :XML:03/05/09 20:19
1万2千年前に、巨大な大陸が沈んだってハナシが載ってる本(書?)でしょ。

5 :bloom:03/05/09 20:20
http://homepage.mac.com/ayaya16/

6 :天之御名無主:03/05/09 21:26
ミアイ島、タミライ島…だっけ?違うかもわからん。
肥色金なるオリハルコンのような鉱物が出てきたり。

7 :天之御名無主:03/05/09 21:35
ヒヒイロカネ

8 :とてた:03/05/09 22:52
>>6
ミヨイとタミアラです。
五色人なんてのもありましたね。

それなりに「おもしろい」けど……信憑性は無かったような。

9 :天之御名無主:03/05/09 23:06
五色人の青人てやっぱし
シヴァ神の絵みたいに青い肌だったのかな。

シヴァ神はヒンドゥーの苦行者が灰を体に塗りたくった姿なんだが、
いくら昔でも地肌が青い人間なんて実在していたのだろうか?



10 :ふじわらふひと:03/05/09 23:16
>>9
 青い光を見たものは、理由不明の死を
 って意味なんだと思う..あれは..
 放射能をよく理解せずにして、大変な目に会う人が未だ
 多い昨今(東海事故もそう..)
 啓蒙がてら..カキコ

11 :山崎渉:03/05/09 23:34
(^^)

12 :天之御名無主:03/05/09 23:48
あれっ!昨日頼んだのにもう来てる本当に安かったのでびっくりしました


http://ime.nu/ime.nu/ime.nu/www.net-de-dvd.com/


13 :XML:03/05/10 06:12
なんか、雰囲気的にアトランティスやらムー大陸やらとダブるのは気のせいだろうか?
オリハルコンとヒヒイロカネ?
1万2000年前に瞬時に海に沈んだ大陸?
んー?ハナシとしては面白いかも。


14 :超コダイマモル:03/05/10 06:17
>1
いけね、記記じゃないや。記紀ですよね。すいません。

15 :天之御名無主:03/05/10 06:54
竹内文献となってますが・・・・

16 :9:03/05/10 14:20
>>10

ええー?
五色人と放射能に意外な関係が!
と釣られてみるテスト


17 :天之御名無主:03/05/10 14:29
光を見た時点で生きてられないからそれを伝える人間がいたかどうかは・・・

まあ、東海村の事故は
http://www.currymania.info/imgb/img-box/img20030507234733.jpg
こんなかんじですが

18 :天之御名無主:03/05/10 15:54
>>9
青といっても青白い感じの肌らしいよ

19 :bloom:03/05/10 16:20
http://homepage.mac.com/ayaya16/

20 :tantei:03/05/10 16:29
★あなたのお悩み解決致します!!
●浮気素行調査
彼氏、彼女、妻、夫の浮気を調査致します!!
●別れさせ工作
あらゆる手段を使ってターゲットを別れさせます!!
●盗聴器盗撮機発見
あなたの部屋に誰かが仕掛けているかも!!
●行方調査
行方不明になっている家族の消息を調査致します!!
●電話番号から住所割り出し
一般電話、携帯から住所を割り出し致します!!
その他人生相談からどんなお悩みでも解決いたします!!
 直通  090−8505−3086
URL  http://www.h5.dion.ne.jp/~grobal/
メール  hentaimtt@k9.dion.ne.jp
   ■グローバル探偵事務所 



21 :↑うざい:03/05/10 18:37
本物だったらマジで楽しいんだけど、竹内文書の世界地図って、つい最近名前がつけられた
オーストラリアなんかまで書いてあるよね?
あれ見て萎えたよ・・・。

22 :天之御名無主:03/05/10 19:19
多分、昔から伝わってたものに最近の知識を付け加えちゃったんだろうね。
ま、ホントのことも書いてあるとすれば、の話だけど。

23 :天之御名無主:03/05/10 19:45
日本列島が世界の大陸に対応しているとする説は面白いと思った。

北海道はアメリカ大陸に
本州はユーラシア大陸に
四国はオーストラリアに
九州はアフリカ大陸に
言われてみるとたしかに形が似ているW


24 :>23:03/05/10 22:36
南アメリカはどこにあるか知ってるか?

25 :天之御名無主:03/05/10 22:50
台湾

26 :23:03/05/10 22:56
そういえば南米に対応してるところはどこだったっけか。

北方領土か
沖縄か
台湾か
それとも・・・


27 :天之御名無主:03/05/10 23:52
大東亜共栄圏

28 :天之御名無主:03/05/11 00:05
南極は〜?


29 :超コダイマモル:03/05/11 06:44
>五色人?
白・黒・黄はいまもいるから、青と、
もうひとつは赤人だったっけ?なんか鬼みたい?>青鬼・赤鬼?
>日本列島は世界地図の縮図?
う〜ん。南アメリカと南極か〜。>樺太と台湾じゃ駄目?


30 :天之御名無主:03/05/11 09:13
赤人はインディアンのことだろ。

青人は滅亡したそうだから
アトランティス人とかムー大陸人とかその辺か?


31 :天之御名無主:03/05/11 09:14
>13
大正か昭和に書き足された部分。

32 :天之御名無主:03/05/11 09:16
台湾はさすがに日本列島じゃないでしょ…
むしろ佐渡島と言ってみるテスト<南極

33 :天之御名無主:03/05/11 09:18
>>15
そのように表記されることもあるね。どっちでもいいんじゃない?

34 :天之御名無主:03/05/11 11:02
1の名前ワラタ

35 :天之御名無主:03/05/11 16:46
そういえば竹内文書を紹介した高坂和導さんは暗殺されたよね。
http://www.palf.co.jp/~ryu/wjn/11/5+74.html

36 :m:03/05/11 17:21
http://www.yahoo2003.com/betu/linkvp2/linkvp.html

37 :天之御名無主:03/05/11 22:41
>>32
当時は日本の一部だったんだよ。
日本が新緑する口実にもなったという面もある。


38 :天之御名無主:03/05/11 23:03
自虐史観・・


39 :天之御名無主:03/05/11 23:04
自慰史観・・

40 :天之御名無主:03/05/16 10:18
>>29
>白・黒・黄はいまもいるから、

アジア人を黄色と見るのはいつから始まったんだろう? よく、「黄禍論」からだって聞くんだけど。

41 :天之御名無主:03/05/20 00:34
>>40
白人と並んだら、明らかに黄色いじゃん。


42 :天之御名無主:03/05/20 02:24
脳味噌が白人化した日本人の馬鹿女が恥ずかしい。
自分の見かけを棚に上げて東洋人を醜いとか抜かしよる。
「ヨーロッパでは食べ物を音立てて食べるのは下品なのよ」
だと。蕎麦屋でお講釈だよ、まったく。あんまり笑かすなや。
馬鹿女が。

43 :天之御名無主:03/05/20 11:41
それはみかんの食べすぎだ

44 :天之御名無主:03/05/20 23:38
白人のなかでもブルーブラッドってのが値うちもんなんでしょ。
白人の中に混ざっちゃったのかな、青い人。

45 :天之御名無主:03/05/21 17:29
>>41
君は黄疸かね?


>>44
 青い血と言えば、貴族の血を青い血と称することがある。これはスペインはカスティリア地方の
貴族が他民族の血によって汚されていないという自らの血統を誇って言ったことに始まったのだ
そうな。ちなみになぜ青い血なのかと言うと、白い皮膚に血管が青く透けて見えるためであろうと
のこと。別に切ったら青い血が吹き出すと言う訳ではないのであしからず。

ttp://home9.highway.ne.jp/babel/hexagon_1/essay/blood.html

46 :_:03/05/21 17:32
  ∋8ノノハ.∩   http://togoshi.ginza.st/konno/
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno01.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno04.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno10.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno07.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno08.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno05.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno03.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno06.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno02.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno09.html

47 :山崎渉:03/05/21 21:45
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

48 :天之御名無主:03/05/21 23:28
【宮下文書】古史古伝スレッド【秀真伝】
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/1028188857/

49 :山崎渉:03/05/28 15:03
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

50 :山崎 渉:03/07/15 12:48

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

51 :天之御名無主  :03/08/20 22:26
竹内文書によると、飛行船のような物に乗って飛び回っていたらしい

52 :天之御名無主:03/09/09 10:53
あまりにも進歩し過ぎたんで一度大きな戦争がおき、
上層階級はみんな別の星へうつった。戦争により地球の地軸がずれ
太陽系に影響を及ぼしかねないので、☆間のバランスをとるため
のコントロールルームが地球などの星を見守る形で火星の地下に作られた。
それから、かなり時がたち1900年代半ばに、
アメリカのテレポート実験の副産物によりワープ及びタイムトラベル(時間のズレ)
が確認され、軍機関の人物が、火星内部へテレポートし調査しに行くが、
政府はこれをひとりじめにしようとし、公表はしなかったそうな。

星へうつったかつての種族達は、地球上の一部の人々と
因が関係に在り人口コントロール等のため世界を監視している言われる。

53 :天之御名無主:03/09/13 13:57

>上層階級はみんな別の星へうつった。

スレちかいなRESだが、良く上のようなことを聞く。
ものはUFOであったり色々だが、
要点は一部のエリート的人達だけが、雑多な人を見捨てて
自分達だけいいトコにいく・・というようなハナシ。

しかしその雑多人間あってこそのエリートであり上層階級なのであることを
忘れてはいけない。雑多人間のいない世界では、その上流階級が雑多人間の
する仕事をしなくてはならないのだ。

本当のエリート・上層階級が同様の事をする場合、必ず自分達が
上流階級でいられるだけ、それを維持できるだけの「大量の雑多人間」を
連れて行く。

これは間違いはない


54 :天之御名無主:03/09/13 18:21
なんかグラハム・ハンコックス「神々の指紋」とダブル話だな。

55 :天之御名無主:03/09/13 22:24
青人の青とは
英語のpaleにあたる概念である。

シヴァみたいにblueな人がいる訳ではない。

56 :天之御名無主:03/09/14 23:22
竹内均先生による一連のトンデモ本のこと

57 :太国玉:03/09/26 00:29
南米が台湾に対応というのも間違いではないでしょうが、
南米は琵琶湖と相対するとしますのが、さらなる正解です。

58 :天之御名無主:03/09/26 19:35
>>53
その上流階級とは、爬虫類人である。聖書のサタンとは、爬虫類人
がモデルである。

59 :グラハム・ハン−グック:03/09/27 19:27
「竹内文書」
地球の内部には、マントルと言うカンラン岩の厚い層があって
長い年月かかってゆっくりと対流している。

てなことが書いてある文書。教育社発行。

60 :天之御名無主:03/09/29 16:40
五色人で白、黒、黄、青、赤ってあるけれど、
江戸時代に江戸城を守る理由で五個所に不動尊が置かれたんだよ。
そこを目白不動、目黒不動、目黄不動、目青不動、目赤不動って言って、
目白と目黒は今も地名になって残ってます。
なんかそれと関係あるみたいよ。

61 :天之御名無主:03/10/05 00:07
五色とは五行からきてるんだが。
白、黒、黄、青、赤
西、北、中、東、南
てな感じ。

62 :天之御名無主:03/10/06 18:06
MMRの出番ですか?

63 :天之御名無主:03/10/07 02:06
竹内文書の原文を読みたいんだが……

64 :天之御名無主:03/10/07 02:33
>>61
五行思想で考えると、黄色は中央だよな。
故に、かつての中国では黄色が皇帝の色となった。
人種間にも、その考え方は反映してしまうのだろうか?

65 :天之御名無主:03/10/07 12:20
本来オリンピックの5つの輪っかは
青黄黒白赤であるべきだと思う


66 :天之御名無主:03/10/08 00:27
>>63
空襲で焼けました。

>>64
密教では中央が白だったりする。

67 :天之御名無主:03/10/09 04:14
> 63
和田某氏のようにがんばって
作ってみたら?
筆跡には気をつけてね(w

68 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

69 :天之御名無主:04/03/10 16:19
私の家は角田山のそばです


70 :天之御名無主:04/05/14 02:26
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h12126321

竹内文書がヤフオクに出てる。
この本って吾郷さんの本に引用されてるアレだよな。

71 :天之御名無主:04/05/14 10:52
ミヨイ・タミアラの記述は戦後書き足されたものですし、いまだにこれを信じてる人がいると言う事自体…。
過去ログ見ましたが、ふじわらふひとさんがここにも登場してますな。
2chでは珍しいコテハン所有のガチガチビリーバー。

72 :天之御名無主:04/05/15 03:09
>>71
何言ってるんだかw
もう数年も経たぬうちに「馬鹿でもみとめるしかない証拠」が世に出る。

それまで待ってろ。

73 :天之御名無主:04/05/15 03:27
>72
「馬鹿でもみとめるしかない」んじゃなくて、
「馬鹿だからみとめる」の間違いだろ?(藁

74 :天之御名無主:04/05/15 13:25
>>73
さ〜?
ま、そう思ってれば?

75 :天之御名無主:04/06/04 12:57
新大陸のモンゴロイドを、旧大陸のと区別して“銅色人種”とゆう言い方もある。
(最近は言わなくなったが)

新大陸のホピ族では、人種は赤(銅色人種)・白(色人種)・黒(色人種)・黄(色人種)の4種。

76 :天之御名無主:04/06/05 02:46
最近は人種なんて言葉自体使われないよな

77 :天之御名無主:04/09/04 17:14
竹内文書なに書いてあるのかさっぱり理解できない

78 :天之御名無主:04/09/08 12:15
Tkenouchi Documentって最近流行ってるね。

79 :天之御名無主:04/09/08 12:56
本人に取材しない時点でジャーナリスト失格。

腐敗の元凶は同じビルの中にいる。

80 :天之御名無主:04/09/08 22:31
竹内文書は、ジュールベルヌを超えたかな。。。

81 :天之御名無主:04/09/11 21:38:48
オカ板で山海経と竹内文書の関連性を持ち出した奴が
暦オタに袋叩きにあってるぞ。

82 :天之御名無主:04/09/11 22:22:01
これは偽書

83 :よろずこ:04/09/16 22:38:51
おもしろいからいいじゃん。

84 :天之御名無主:04/09/26 01:02:01
>>1
ちなみに「たけのうちもんじょ」な。

85 :天之御名無主:04/09/26 06:10:23
五色人の青人は日本人と一体化したんだと思います。その証拠に、日本人には蒙古斑があります。
青いあざは皮膚の深部にメラニン色素が沈着するために起こるのであり、古代に全身が青色の人種がいてもおかしくないと思います。

86 :天之御名無主:04/10/02 11:20:28
五色人って、ただの中国の四神思想の亜流でしょ。
         北:黒人(玄武)
西:白人(白虎) 中:黄人(天帝) 東:青人(青龍)
         南:赤人(朱雀)

87 :天之御名無主:04/10/03 00:11:49
オレは竹内文献群は本物だと信じてる!
あの桃太郎のとこが一番好きでね。
強大な軍隊を率いて古代の地球上を縦横無尽に激進する
様子を想像するだけでハラハラドキドキですたい。
宇宙の始まりからこの世界の終わり(至福千年開始込み)まで映画か


88 :天之御名無主:04/10/08 23:33:52
↓「宇宙構造図」? 
ttp://www.geocities.jp/sinseihai/zu8-7fukujin.html

89 :天之御名無主:04/10/09 00:05:44
超古代の日本人って武器何使ってたの?レーザーガンとか?それとも刀?

90 :天之御名無主:04/10/09 00:18:02
笑顔と涙かな

91 :天之御名無主:04/10/11 01:09:38
右翼おっさんの出来の悪い妄想SF

92 :元右翼の光触媒:04/10/11 12:24:14
南の帝王がどうしたって?
こっちやー、おっさんのサイン入った借用書持っとるんじゃ
借りたもんは耳揃えてきっちり返すんが筋と違いますか?
のう!おばはん!

93 :天之御名無主:04/10/19 09:00:10
力、かつあげ

94 :天之御名無主:04/10/21 23:07:28
記紀はおとぎ話に毛が生えたような感じだから
竹内文書はじめで見たときは体の毛が抜け落ちるような衝撃だった

95 :国道171:04/10/24 16:45:13
本物であるわけないだろー。物語としては面白い程度。しかしその中にもいろいろ
参考になることはあるかもしれないので、あながち無視は出来ないかもしれない。

96 :天之御名無主:04/10/26 23:06:15
竹内文書はどこで読めるの?

97 :天之御名無主:04/10/26 23:33:05
本屋のそれ系のとこに研究本とか置いてると思うよ

98 :天之御名無主:04/10/27 20:44:18
>>94
ばかなやつ

99 :天之御名無主:04/10/27 22:06:07
ああ、あれはデタラメだよ。
書いた俺が言うんだから間違いない。

100 :天之御名無主:04/10/27 23:51:56
>>94
ちまたの解説本はライターが面白く書いてるわけで。
実際の竹内文書はかなり脱力もの。
竹内文書はじめで見たときは体の毛が抜け落ちるような衝撃だった

101 :天之御名無主:04/10/28 00:47:42
そう焦らんでも何れはわかる。
ただ、世に出てるのが脱力ものなのはホントだな。
しかし、それにも・・・、があるにはあるが。

102 :よろずこ:04/10/28 02:02:19
>>96
http://www.kousokoutaijingu.or.jp/
へ行けば読めると思うが。

103 :天之御名無主:04/10/28 08:42:03
まあ一応、原本まとめたやつも八幡書店から出てるよ。
http://www.hachiman.com/books/89350-088-0.html

104 :天之御名無主:04/10/28 22:51:39
映画ビッグフィシュのように
神話とは色々尾ひれがついたもの。
竹内文書はなかなかいい発想だけどもう少し登場人物
の視点やらを入れてほしかった。もっと詳しく超古代の
イメージを読者にね。

105 :天之御名無主:04/10/29 16:20:09
民明書房並みの一級品だよ。


106 :天之御名無主:04/10/29 17:28:46
オリジナルの中身はしょぼいよ
あすかあきお級
あと八幡本たかすぎなんで学研は文庫にしてや

107 :天之御名無主:04/10/30 07:23:48
高すぎる本は図書館でよむか神保町の古本屋で立ち読みすればいいよ。

108 :天之御名無主:04/11/11 12:57:53
後世になってからの付加、脚色多し。
が、基本的には本物だと信じている。

109 :日本@名無史さん:04/11/11 14:42:45
エビマヨ教

110 :天之御名無主:04/11/11 17:48:30
あんなんマジで嘘臭ぇ
ってゆーか幼稚
まだ津軽三郡なんとかのほうが出来がいい

111 :とことこ:04/11/18 17:53:14
でたらめというより、書いてある所にこれまたそのとうりに古墳群が発見されるところが面白い。
その存在を信じた人の見つけ出す執念だけでは無理でしょう。
脱力もの?それはそのとうりかも。

112 :天之御名無主:04/11/18 18:59:25
「とうり」←これが含まれるだけでかなり頭の悪い発言にみえる

113 :天之御名無主:04/11/18 19:53:38
日本語が不自由な上に何が言いたいかさっぱりワカンネ
カワイソウナコナノネ

114 :とことこ:04/11/19 17:34:07
>112ばかが、津軽三郡何とかがまだイイだと?
おめーの頭もたかが知れてるじゃないか!
実地見聞もしねーで、うだつのあがらないこと言ってんじゃねーよ。
>113お前もバカか?わかんね-なら消えろ。
知らないものどーしのただのなれあいか、ここは。
オリジナルなんか見たことあるのか?あるわけねーわな。
写本ですら実物見たことあんのかよ。
八幡さんのものとて複数の写本が元になっている。
>103写本が原本をまとめたものかどうか、どうやって証明する?



115 :とことこ:04/11/19 17:46:54
第2次世界大戦の空海の幕僚、幹部クラス、や内閣要人などほとん竹内文献、天津教の信奉者で
占められていた事実。つまり竹内仲間が八紘一宇を実現するべく大東亜に突入といっても
そのとうりだぞ。このやろー。満州においてもその思想を受け継いだ書籍は刊行された。


116 :とことこ:04/11/19 17:50:11
お前たちが義務教育を受けている間に世話になっている出版社のヘッドも
竹内の信奉者だ。覚えておけ、この孫竹内信奉者度も。

117 :天之御名無主:04/11/19 19:07:58
>>とことこ

オーケイ落ち着け。まず深呼吸しろ

118 :天之御名無主:04/11/19 21:35:23
>>105 民明書房ワロタ
確かに1級品だねw

119 :天之御名無主:04/11/19 22:10:57
「ぬう・・・まさかあれは伝説の竹内文書・・・!」
「なにーっ!知っておるのか雷電──ッ!」

120 :とことこ:04/11/20 12:34:29
>117。 スー、ハー。

伝説の竹内文書?別系の竹内家のものかい?あれは言葉道理伝説だが
竹内文献は当局が没収し戦火にあった。のがれたのもあるらしいが。
最近あらたな発見もしたが、ここのスレはそこまで話すレベルではないので(
言っても知らないだろうから)遠慮するが。

私の竹内文献発見記を書く。
オリジナルは無理だから。写本すら見つけるのは困難だが
古本屋で探す。まあ時間の無駄だが。だが当時古神道専門店は日本で一軒だけだった。
(古本屋の紹介本に掲載されていた。)
主が写本(しかも美本)当たり前のように出してきたが、断った。それは私が竹内に興味のない頃の
事。後は毎度おなじみ、竹内目的で尋ねた時は売れていた。

竹内文献は別名、磯原古文書と言うが、里は日本海側だ。
たまたまドライブで漫画がメインの古本屋に入ったら、写本小島本の一巻が
たしか800円で売っていた。上手い話しはこれだけだが。



121 :とことこ:04/11/20 12:37:56
ナンダ?数行書いたら省略された?

122 :天之御名無主:04/11/20 13:17:09
竹内文書とナチスのアーリアの神々の伝説はかなり似た内容。


123 :とことこ:04/11/21 10:22:01
内容なんか発見時からまともに相手にされてないよ。
ポイントは神代文字だね。つまり神代文字が江戸中期以降の作とされているから
その時点で内容は問題にされていない。だが竹内文献に書かれた神代文字はよく似たものは
サンカの使う文字以外に見た事がある。中国の少数民族だった。美術館で見たが
詳細を記録できなかったのが悔やまれる。

早い時期に成立した写本にはミヨイ、タミアラ(ムーとアトランティス大陸)
は載ってないから後から増殖したものかな。そこが面白い。好きだ。

124 :とことこ:04/11/21 12:22:11
内容の真実問題だが、江戸以降に書かれたものでも内容さえ真実であれば
問題ないと個人的には思うが真実というのは一つであるから簡単に真偽決められないけど
まあ偽でしょう。事実かどうか問題にするならば観測者の面から見た結果報告みたいなものだから
事実といえる。
地殻の大変動の事は写本にも述べてあったと思うけど、その痕跡なら列島沿岸各地の
報告などから事実なのではないかな。(雑誌ムーにも調査報告がたまにある。)
ムーでアレルギーの方は豆に全国列島沿岸各地関連物の郷土資料を全て当たるしかない。

125 :とことこ:04/11/21 21:52:26
関連本にはムー大陸沈没は1万数千年前だかと述べてあったかな。日本海側の沿岸が
切り立っているのはそれが原因とか書いてあったけど、確かに巨麿さんの里ちかくに
埋没林がありました。急激な地盤沈下の証拠かもしれないです。日本海で別なところでも
埋没林が新たに見つかりましたよ。
日本海沿岸って確かに波の侵食だけでなく切り落ちたようなカ所がありますね。

旧約聖書でおなじみのモーセは越前の東尋坊から上陸し能登の羽咋に墓があると聴いて
現地へ見に行きました。町おこしのためか?整備されていて小さな公園の様で
モーセパークと言うらしい。付近の民家で案内所の看板が見えて尋ねたら留守でした。

126 :とことこ:04/11/21 22:29:44
沿道で手招きする農夫の方がいて、その方が案内所の方でした。
早速「モーセがここに眠っている事が書かれた文献などはありますか?」
と尋ねたら、首を横にふられ
「東京の八幡書店から本が出ている。」と答えてくれました。
軽トラに積んでいたパンフレットをもらいましたよ。

  「 いにしえのロマンと、モーゼ伝説が眠る森 
    モーゼパーク
    今、甦るミステリアス浪漫の謎。 」

よくわからないパンフレットもなんとなく好きです。
普通、由来などを書きますがこれにはそれがない。
竹内文献の文字すら見えません。
裏にモーゼスワインという広告がありました。

 モーゼがかつてシナイ山に登るとき、力の源として
 食したといわれるイチジク。
 不思議なことに押水町は、古くからこのイチジクの産地としても
 知られているのです。



127 :天之御名無主:04/11/22 22:07:21
88 :天之御名無主 :04/10/08 23:33:52
↓「宇宙構造図」? 
ttp://www.geocities.jp/sinseihai/zu8-7fukujin.html

128 :天之御名無主:04/11/23 20:36:18
オリジナル竹内文書は内容がざっとしか書いて無くつまらないから、現代人が
脚色して編集しなおしを希望。

129 :天之御名無主:04/11/24 00:19:19
電波な!とことこ

130 :天之御名無主:04/11/24 18:45:49
>>128
さんざんやっとるやん。
竹内文書に隠された真実がどうたらこうたら言って。


131 :とことこ:04/11/25 12:50:48
>129  電波なとことこは偽と一応申しておりますよ。
従来のエライ学者さんも逃げている所がある。一箇所だけど。
あの神代文字否定の論文で有名な学者さんもしどろもどろになった事実。
でもこれ、先に書いたレベルの所に関してだから今は触れませんが。

132 :天之御名無主:04/11/25 13:00:39
>>131
どういう点でしどろもどろになったんだろう?もうちょっと具体的に教えてな。
興味がある。

133 :とことこ:04/11/25 17:38:25
それじゃー時間あるとき書いちゃおう。
話しは奈良時代のみんなの知ってる有名書物から、お楽しみに。

そうですね。あと、モーゼは日本に天の鳥船で来たんだ、とか、つっこんで
下さってかまいませんから。

134 :天之御名無主:04/11/25 17:42:51
天の鳥船まだあるかもな(笑

動くかどうかは定かではないが。

135 :とことこ:04/11/26 12:37:50
日曜くらいに書けたらいいかな。天の鳥船→天の浮船でした。
いやーしかし、レファレンス資料もの、読んでいたら神代文字について
どっさり書いてあるのみたら、調べるの大変です。未発表者か確かめなくては
なりませんから。
多分、今の時代、公開されているはずですが。で、なければ面白いのに。

136 :とことこ:04/11/26 12:40:06
↑未発表者→未発表モノ。

137 :103:04/11/26 13:04:11
とことこ氏 トリップ付けた方が良いんじゃない?
あと俺が>>103で書いた原本というのは誤りです。申し訳ない。
説明が面倒であのように書いたが、
そもそも発見時(自称)から写本だったし
天津教にハクを付ける目的で、ウエツフミを改変コピーしたのが始まりだという話もある。


138 :天之御名無主:04/11/26 20:27:38
>>131
これが有名な嘘つきのパラドクスというやつだね。

139 :とことこ:04/11/28 12:25:01
>138よ。
何故にリファレンス資料で見つけ、考察中のものをあんたが探し切れないことが
嘘つきでパラドクスなのかね。あんたにも自分で調べる楽しみな時間を
分け与えるということだよ。

140 :とことこ:04/11/28 12:38:06
つまり神代の系図や皇統譜がつまらんといっているが、それが古史古伝の命である。
急所だ。これなくばただの、随筆ではないかな。偽書と呼ばれてから永遠の人気を
誇っている秘密も神武以前の系譜があるからだよ。

地元末端に接続しているサーバーがいつもトラブルを発生して書き込めなくなった。
そこの公務員は「狙われている。」と言っていた。
困ったものだ。

141 :とことこ:04/11/29 23:17:17
103氏、そのとおりと思います。ウエツや宮下、竹内、にたりよったで、
ただ違うといえば天孫降臨の地点ですね、実はお国自慢と思います。
お国自慢西東、とことこはそこが好きなんですね。ウエツふみは高千穂でしたっけ
宮下は別名富士古文書といわれていますね。竹内は富山に神代から皇祖皇太神宮
があったというから飛騨という方もいますが富山といえば日本三大霊峰の立山でしょう。

旅行本だったと思いますが、富山方面から立山連峰を撮った写真がありましたが見事に富士と白山。三大霊峰が
写っている。竹内、一本!ていうところじゃないでしょうか。

142 :天之御名無主:04/11/30 17:17:43
富山に降りたのは天孫じゃない。富山は天津神の本拠地だ。
天孫と天津は違う。

143 :天之御名無主:04/11/30 17:44:26
天津は甘栗

144 :天之御名無主:04/11/30 21:38:33
★牡牛と竜 三柱目★「天津神と国津神の系譜」
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1092666207/101-200

145 :とことこ:04/12/01 12:56:23
竹内文書は神祇、わけてたっけ?


146 :天之御名無主:04/12/01 22:48:59
竹内文書の原文みたいなのってないのかな?
みんなどれもこれもこう書いてあるらしいという伝聞形式
でしか伝わってこないのだが。


147 :とことこ:04/12/02 12:32:30
格、古史古伝は皇神の本拠地が異なるのが特徴と言っておきましょう。
>146今度見ておきます。小島本しか持ってないけど。

148 :天之御名無主:04/12/02 12:57:02
>>146
そりゃもう、いまやトンデモ本作家の共同著作物だからな>竹内文書
いっそWikiにしてみたらどうかと思うのだが。

149 :天之御名無主:04/12/03 01:14:54
>そりゃもう、いまやトンデモ本作家の共同著作物だからな>竹内文書
>いっそWikiにしてみたらどうかと思うのだが。

なんかそれすごいな、成長する物語!!サクラダファミリアも真っ青の壮大な
新しい文学だな。

150 :天之御名無主:04/12/03 01:25:31
電車男のビッグスケールバージョンみたいなもんか

151 :とことこ:04/12/03 12:38:52
トンでも作家は写本持ってるのかな?
核心に全然触れていないよ。
逆に批判本作家はすごいね。あの人たちがオカルト本を独占しています。
参考文献蒐集のため、古書界から総ざらえにしている。
一般人には手が届かない。今でもだね。飯の種だからかな。

写本の小島本つん読でやっと探し出した。
気付いたら寝ていた。ざっと見たが、ミヨイ、タミアラ、ムー、やアトランティス
に相当する地図はない。
それよりも、なによりも、しょっぱなで酒井勝軍が竹内に飛びついたわけがわかった。
こんな肝心な事、なんで今まで書かれてないのか不思議だ。
トンでも作家や批判本作家も洞察が苦手と見える方が今までいろいろ書いてきたのかね。
>142のことなど書かれていないよ。とことこが見過ごしたのなら
具体的にどこに書いてあるのかいってくれ。

152 :天之御名無主:04/12/03 14:02:25
トンデモ本作家が言ってる「竹内文書」を一本にまとめるとどういう話になるのかね。
とことこ君ご自慢のオリジナル巨編「小島本」も含めてさ。

153 :とことこ:04/12/03 17:29:58
酒井勝軍はもとキリスト教だよね。創世記から始まる世界文化の源が実は
日本だったらうれしいでしょ。日本人なんだから。

一言でいうとズバリ竹内文献は聖書だよ。
初代か2世までは神の名を使っているが、アダム、エバを連想させるホド、ミゾ
からは天皇が生まれ、天皇の系譜がずっと続くというものだよ。
だから天孫降臨で合っているのだよ。
天皇の系譜の中にいろいろなお話が付随する。

154 :とことこ:04/12/03 17:39:48
トンでも本持ってるのは佐治さんのとか
たくさんはないけどプレヤデス星団から人類の祖先が来たとか
ムーや沈没大陸の話とかチャーチワードの話ではないのですか?
釈迦やキリスト、マホメットも日本に修行にくる話など。

小島本は1,2巻となってるけど、2巻は南朝の話となっている。


155 :とことこ:04/12/03 17:42:11
アメノミナカヌシの骨の写真があったがよく見ると神代文字が彫られていたよ。

156 :天之御名無主:04/12/03 19:04:54
でも、天孫じゃないしw
天孫降臨がらみの記載があるのも事実だが。

157 :天之御名無主:04/12/03 20:55:44
このとことこってのはどういう病気の人?

158 :天之御名無主:04/12/03 22:14:05
脳か精神

159 :とことこ:04/12/04 12:30:57
>153。おかしいぞ?という突っ込みはなかったね。
とことこの先走りに誰も誤りを正さないな。
最初のページだけで書いてしまったが、ははっ
皇統譜は五世に天皇が出現していた。
とことこは病気じゃないよ?
本事態にに書かれていることをでたらめにいったら批判などおかしいのだよ。
いちよう正確に書こうとするのが病気かな。
>157、158こそ受診うけてみたら?

160 :とことこ:04/12/04 12:36:23
>156?
5世で地上に降りたら天孫じゃん。

161 :天之御名無主:04/12/04 17:09:01
>>160
わかんなくてもいい問題だから気にしなくていいw

高坂ってデンパ系研究者もいたが、なんか妙な事に気がついちゃったんだろうな。
だから、死んだ、のかもしれない。
深く突っ込まない方が安全だろうから、放置した方がいいね。

162 :とことこ:04/12/05 10:00:14
>161
天孫の天は天津神の天だとすると神祇を別けていることになるから
門題と言ったのかな?
とことこは天から降りた一筋の系統だから天孫とわかり易く言ったまでだよ。
それに写本には天神と書いてあるが天津神とは書いてないしね。
古典と一色単に話しているのかな?交ぜたらややこしくなるよ。

163 :とことこ:04/12/05 10:16:11
モーゼの墓の事にふれるが、ノートが置いてあったよ。観晃に来た人が感想でもつづるのかな。
見ればモーゼの上陸ルートから考察して日本海のへグラ島はヘブライ語からか?との鋭い指摘もあったよ。
その島は延喜式神名帳に載っている沖津姫神社のある島だが、一般の人は宗像の沖ノ島と
思っているのが大多数と思うが、誤りだね。へグラがヘブライとはとことこも
思いつかなかった。
電波系研究者の方々も批判する方々も外にでて体動かしたほうが健康だよ。

164 :天之御名無主:04/12/05 21:55:02
飛鳥昭雄がついに竹内文書にまで手を出したので大喜びで読んでるところです。

165 :天之御名無主:04/12/06 02:05:16
>>164
あいつの本の3分の2はいつも同じだから、お買い得感が無い

166 :天之御名無主:04/12/07 00:32:26
神武天皇ってどのくらい前の天皇?(推測されるの?)

167 :天之御名無主:04/12/07 06:24:47
>>166
ポリネシアだか東南アジアの奥地だかに1年をダブルカウントする風習のある部族がいくつかいて、古代にはそれが普遍的な年の数え方だった可能性もあるらしい。
それを考慮にいれると記紀にでてくる初期の異常に長い天皇の在位も常識的な範囲内に収まるとか(もちろん古史古伝のウン万年ウン億年は論外だが)。

そう考えると実在したと仮定して3世紀ごろの人になるのでは?

168 :166:04/12/07 11:34:59
古史古伝だとうん万年以上なんですか。自分は少なくとも紀元前2000年以上前と思ってました。レスありがとございます。

169 :とことこ:04/12/09 12:41:36
今何かと話題を独占しているNHKだが古史古伝と密接な関係があるのをご存知かな?

170 :とことこ:04/12/09 17:37:15
不滅の名作、古田教授VS安本氏
これは津軽外三郡誌ものですが和田氏本人もまじえ生放送だったかな。
カットがなかったみたいだし。安本氏の原本に使われている紙が戦前か戦後か
に問題を絞って科学的調査のデータを示してきた攻撃に対し古田教授は防戦一方
のあげく時間がおして弁護ができずに怒りのエンドをむかえ、失礼ではあるが
ものすごく笑えました。今、バラエティをみても腹の底から笑わせる芸が少ない中
にあって傑出した番組であった。
以前よそで書いたから竹内文献に移るがナント過去にやはりNHKで取り上げられた
事実があった。詳細は次回。

171 :天之御名無主:04/12/10 12:18:51
( ´_ゝ`)フーン

172 :天之御名無主:04/12/12 14:05:33
あまり触れられないが、、竹内臣麿ってどんな人?
シェークスピアのように実は実在しないとかだと面白いんだが。。。

173 :天之御名無主:04/12/12 21:02:42
>>172
歴史読本が2年おきくらいに出す「古史古伝」本に毎回載っとるがな
古本屋に行けばいろんなバージョン(内容は変わり映えしない)が
あるからお好きなのをどうぞ

174 :とことこ:04/12/16 12:37:18
NHK詳細は今しばらく。もっと面白い事実が判明した。
トンでも批判をする書で飯を食べる方たち、本は面白いが所詮、好事家泣かせの逆好事家、
逆珍本自慢の何者でもない。その証拠にトンでもな人物達は密接なネットワークで
つながっている。その割には個人個人を批判していて原稿の埋め合わせのつもりかな?
やはり当時の歴史との詳細な突合せにも欠いている。詳細を知らないからだ。珍本を
所蔵しているだけだからな。書く事も絞られてくるね。
実際はもっと深く歴史とつながっているんだよ。

175 :天之御名無主:04/12/16 14:55:17
あいかわらず日本語不自由だね。

176 :とことこ:04/12/16 17:29:01
時間があればまともに書き直してみたりするのだが。
わかる人にはわかるのでそれでいいや。巷の書にも目を通さない人には
わからんかもしれん。
具体例
あんまり気乗りしないが木村鷹太郎門下は酒井@@とか小矢部さん
その他諸々だが同じ系列なら一度に批判しろといいたい。ほかで詳しく書くから
この件はこれまで。
ちなみに歴代総理の中にも複数竹内文献の熱心な信奉者がいるのはご存知かな。
知らない?だから歴史と竹内は絡んでいるって言ったでしょうが、
残ねーん、しったかぶり、切り―!


177 :天之御名無主:04/12/16 17:33:24
今日学校の図書館で古い竹内もんじょ開いたけどちょっと読みづらい


178 :天之御名無主:04/12/17 11:20:12
>>176
自分で何言ってるのかもわかってない状態なんだろうに。
時間があるかどうかは関係ないだろ。

179 :とことこ:04/12/17 17:52:22
>178.端末の時間規制だよ。わからねばそれでいい。
ナに言ってるかわかんない?君は、はなからわかっていないね。
そういう人はわからないでよろしい、ということだよ。
ちみは参拝者と信奉者の違いはわかる会?
巷で公開された情報は軍や政府閣僚関係者が天津教に参拝した方たちは公開されているね。
だがその中に信奉者はいる。まだまだ公開されてない情報はあるというわけだよ。



180 :天之御名無主:04/12/17 20:32:01
どうでもいいがここは個人スレなのか?
なんだか変な人が延々とカキコする場所みたいになってるが

181 :とことこ:04/12/18 12:20:43
こういう情報はどこにでもあるもんじゃないからね。
竹内の背景を知らねば巷情報を鵜呑みにしてトンでも本という意味しか理解されないのだよ。
橋本さんみたいにまずい事は消してしまう、当然、当時の内閣も関係者がいるのだから
うやむやにされた話はある。当然の話でしょう。

182 :天之御名無主:04/12/18 14:08:56
あんたちょっと喋りすぎたね・・・

183 :天之御名無主:04/12/18 16:04:39
「とことこ」をNGワードにしたらスレがスッキリした

184 :天之御名無主:04/12/18 17:10:12
いっちゃって下さい>>181

185 :天之御名無主:04/12/18 20:27:35
dデモなスレなんだから、
dデモなコテのチラシの裏を読むのも一興かとw

186 :天之御名無主:04/12/19 00:21:45
>>181
ま、気にしなくていいよ。
何れ「証し」を示す事になるようだから。
もう口封じも糞も無いからな。嫌がらせがあっても無言電話とかが関の山だろうね。

187 :天之御名無主:04/12/19 09:39:27
恒檀古記と同じくらいの信頼性は有ると思う。恒檀古記を知らない人の為に
どのくらいの信頼性かと言うと、教科書のソースに使えるくらいの信頼性。

188 :天之御名無主:04/12/19 11:42:44
「桓」檀古記ね。

189 :天之御名無主:04/12/19 13:37:15
半島人には関係無い話だよw
去れ。

190 :天之御名無主:04/12/19 14:44:24
電波ゆんゆん

191 :天之御名無主:04/12/19 14:55:26
日韓併合中地中に埋めていたという桓檀古記と同じくらいの信頼性ということは
戦後になって屋根裏から出てきた東日流外三郡誌ぐらいの信頼性ということですね。

…ダメジャン

192 :天之御名無主:04/12/19 20:49:30
>>191
ダメだねぇw
ネタ本としておもしろいけど

193 :天之御名無主:04/12/21 00:53:06
トンデモ本を正史にする国があるんだね〜w
韓国って低能〜w

194 :天之御名無主:04/12/21 06:23:27
まともな歴史書では自慢できる歴史にならないのでトンデモ本を採用するしか自尊心を満足させる方法がないのです

195 :天之御名無主:04/12/21 08:09:26
どこだってそりゃ似たようなもんだろ

196 :とことこ:04/12/21 12:34:04
国営放送NHKが取り上げた竹内文献関連番組は新日本紀行だったよ。
確認は各自でしてくれ。
古史古伝津軽外三郡誌の真偽対決版はミッドナイトジャーナル。
だれか録画してる人いるかも?

197 :とことこ:04/12/21 17:34:29
新情報にはおくてのとことこだが
ホツマツタエのことだけど平成になってから
神社だかの中から出てきた版なんてあるの初めて知った。

198 :天之御名無主:04/12/21 17:47:49
江戸末期には一部神道家の間で隠然たるブームになっていたような。
でも、職業集団の間で使われた暗号文字なんていくらもあるだろ。
その一部が神代文字とか誤解されて流布する。

199 :天之御名無主:04/12/21 17:59:07
>>198
その「一部神道家」ってのは、その後のイカレた新興宗教群を輩出した母胎じゃないか。
「職業集団」って感じの連中じゃないぞ。


200 :美香 ◆RQ0Spv3q06 :04/12/21 18:19:17
(´・_・)?

201 :とことこ:04/12/22 12:38:54
職業集団が忍者ならば暗号文字など用いたかもしれないが
江戸末期だと時代が下りすぎる。
他の職業集団が暗号文字云々というより江戸末期において職業集団は
発足発展してきたのが多いしそれ以前もふくめても
職業人が資料を書いて暗号化するなど皆無では?
残ってる江戸の資料もほとんどといって良いくらい国学者だよ。
あと文字など使うのは僧侶くらいじゃないかな。

202 :天之御名無主:04/12/22 15:50:55
で、「暗号文字」自体の実在自体、だれも確認はしていないわけだが。

203 :とことこ:04/12/22 17:55:37
とことこも知らないが、
沖縄の結束文字なら聞いた事あるが、
だが同時期に固有文字があるときいている。
本島ではなかった。周辺の島だった。

204 :天之御名無主:04/12/24 03:18:17
芳しいスレだな、ここは。

205 :天之御名無主:04/12/24 12:48:34
香ばしいんじゃなくて?

206 :天之御名無主:04/12/24 12:59:52
>>203
与那国の「カイダ字」あたりだろ、どうせ。
たかだか江戸時代以降のもので、文字の使えない人が単純な概念(収穫高とか)
の記録用に使ったもの。文章を記述するほどの表現能力はなく、「文字」と
よぶのはややおこがましい。結束文字の類もおなじこと。


207 :とことこ:04/12/24 17:27:47
どうせとはどういうことか?
江戸以降と言う証拠はあるのか?
文字の使えない人間に何故記録用のそれが文字ではないといえるのか?
沖縄結縄考を読んでから反論しろ。

208 :とことこ:04/12/24 17:38:14
それより津軽外三郡誌は古田さんが取り上げて話題が広がったが
竹内文献は肝心の取り上げた軍人閣僚の話が掲示板ではなされていないな。
欠席裁判みたいな事を何故得意げにするのか?甚だ疑問だ。
戦後刊行された神代の万国史の孫引き巷もの本の、中身がトンでもだとか
の話はよくされているが、肝心のことは一切論議されていない。

209 :とことこ:04/12/24 17:53:22
参拝者リストの一部は公開されたね。
東条英機もあったが参拝だと信奉者かどうかわからないね。
だがそれ以外に内閣総理大臣だけに限定するならば2名、信奉者がいたのだよ。
閣僚だとどっさりいるね。一国の指導者たる者たちの思想に影響を与えていた
竹内文献の事実は否定できない。たとえ偽書であろうとも。
連合軍を相手に小国がただ大和魂のみで戦えたかと言うとそれだけじゃない、
天皇を頭に据えた八紘一宇の思想を当時より強力になしえた原動力が
竹内文献にあったといえる。

210 :とことこ:04/12/24 17:56:08
軍人などに相当影響を与えたのはご承知と思うが
ここに一人の言霊学者も関係していたんだよ。

211 :天之御名無主:04/12/24 20:36:14
>>206
基地外に餌やるのはやめましょう。

212 :天之御名無主:04/12/24 21:27:21
>>210 何という名の言霊学者?

213 :天之御名無主:04/12/24 23:27:48
竹内が真実であっても東条らに日本は任せられないけど

214 :天之御名無主:04/12/25 00:14:11
>>213
そうだな。悪人ではなかったという話も聞くが、ちょっと難しいな。

215 :とことこ:04/12/25 12:24:50
竹内は偽書だろうと構わないが
時の日本に影響を与えたのは事実といっているのだ。
>211のあほな奴の為ではないが実名を挙げていちいち書く得が来たようだ。
なにも知らんものには漠然とした話に聞こえるかもしれないからな。

>212
皇室や華族、軍人をまきこんだ神政龍神会の矢野さんの秘書だよ。

>213悪人だろうが首相を務めたのだからそれなりの人物だよ。
過去があって今の日本がある訳だからな。任せられないなどと言っても
やり直しはできない。


216 :とことこ:04/12/25 12:32:00
>215書く得→書く時
しかし欠落した歴史を知らないものに
事実を教えて基地外扱いされるとはバカの集まりかここは?

217 :とことこ:04/12/25 12:41:27
そう考えると大戦時に我が国の人民が強力に結束する条件を満たす為に天狗界から
竹内を下ろした神はかりといえなくもない。
今の人間では隣国とも闘えるかどうか解らないからな。
勘違いするなよ、海外へ派兵に行っている者は立派だ。


218 :sage:04/12/25 13:50:02
>>170以降のとことこ氏

あえて書くが、津軽外三郡誌じゃなくて「東日流外三郡誌」な。

219 :天之御名無主:04/12/25 14:45:49
ここで頑張ってる人の中では
東日流外三郡誌はまだ本物の史書扱いなわけ?

220 :とことこ:04/12/26 10:41:02
>218
sage氏フォローどうもです。

>219
東日流外などどうでも言いが一部、北陸のとある地域の郷土史料が見受けられるが
当地の史料は大正の洪水でそれ以降編纂された史料(かの臨川書店さんも出版なされたが)には見受けられないものもあって
貴重といえる。江戸期に秋田タカスエが全国を巡り編纂したのは事実であろう。
そんなことも知らない連中がただ偽書と騒いで見てるのを傍観するのも面白いが
北方新社版の次に出た某書店版に絵が増えている微笑ましい事実もあることは確か。
天狗界情報なら全部ウソとは限らない。が、アカデミーは認めないから
マスコミにメジャ―デビューした偽書扱いでいいでしょう。

221 :天之御名無主:04/12/26 15:25:49
わあ〜すごい、文章がさっぱりわからない。

222 :ぺんぺん:04/12/26 18:02:21
>221ちっとは本よめよ!

223 :天之御名無主:04/12/27 15:00:48
とりあえず日本語しゃべってください。

224 :天之御名無主:04/12/28 01:25:30
脳の病人観察スレですね

225 :天之御名無主:04/12/28 03:21:21
信仰は宗教板へ

226 :とことこ:04/12/28 12:54:39
批判本も実名を挙げて間抜けな所を正してゆかねばならんか?
めんどくさいが、しゃーないか。


227 :とことこ:04/12/28 12:56:34
著者の性格や思想の分析からはいる。


228 :天之御名無主:04/12/29 02:03:32
第二次世界大戦はやらせだった。

229 :ピ〜:05/01/04 11:24:53
とするならば、大陸に進出し八紘一宇を実現してゆく予想外の展開に
やらせの首謀者は驚いた事だろう。しかし、うまく後始末をしたつもりだった。
戦争なんて頭から勝算があるからするものだね。後始末がむつかしい。
イラクも同じ。米のシナリオどうりに完璧には進まなかった。

230 :天之御名無主:05/01/04 14:00:15
ほんとに病人だらけだな。

231 :天之御名無主:05/01/04 14:32:50
>>230
お前も含めてなw

232 :天之御名無主:05/01/04 16:56:34
おもしろいつもりなんだろうな・・・

233 :天之御名無主:05/01/04 18:18:19
いずれ、いずれちゅーて何一つ口約が実現されていないわけだが。

234 :天之御名無主:05/01/05 23:41:21
なんだこのスレはw
竹内文書なぞ竹内さんのとこに行って買ってこいよ
39000円だったかな、ちと高いが

235 :とことこ:05/01/06 10:42:43
>223。いま、時期的に政治的問題とすりかえられる危ないネタだから
まあそうあせるな。
オウムの麻原某に影響をあたえたことにされた酒井@@の信奉する宗教の信者に
閣僚や総理が含まれるのは誤解をあたえる。判決もまだだしな。
>232
おもしろいつもり云々というより歴史事実を指摘したまでだ。
きみたちは自覚症状がないな。事実をねじまげてもはじまらないよ。
国家機関に言霊の研究をとりこむ運動の一件もあったね。
時の首相は言霊学者の影響を受け文通もしていたんだよ。

236 :天之御名無主:05/01/06 11:33:44
>>235
>>215 の言う、その秘書のことか?

237 :とことこ:05/01/06 12:16:55
そのとおり。第三文明の会といえば今じゃS会だが、その詞は最初その秘書が創った
ものだよ。

238 :とことこ:05/01/06 12:32:57
龍神会の矢野氏は毒殺されたが(獄中死となっているがとことこルートによる)
一連の竹内関連の事件の影響大と思われる。
秘書は矢野氏の会に属する霊媒士(数人いたけどとことこは特定できません)から
時の未来を告げられ会を離れるように教えられたのです。それで事実、事なきを得た。


239 :天之御名無主:05/01/06 12:43:44
Googleで一発ででてくるようなネタを「独自ルート」と主張するあたり
底が浅いというかなんというか。

240 :とことこ:05/01/06 15:19:13
>239
あのね〜、直接、秘書の側近(お世話した方)と連絡がとれたってことと
了解して欲しい。
それが何故検索と関係あるのか?連絡網はネットを利用して偶然見つけたのだけど。

本人の声ですから〜。残念。電話切り!
勝手に連絡して迷惑かけないように!

しかしとことこが調べごとで一発検索はおろか、自分の書いた事が
ヒットするくらいでネットはほんと役に立たんよ。
だからとことこがいちいち書いている。


241 :とことこ:05/01/06 15:23:31
@@文明の会員名簿とかその他の資料は手に入りにくいが
貴重な資料が出回っていたことと中身は確認したことがある。

242 :とことこ:05/01/06 15:31:21
では天下の平凡社初代社主は竹内の信奉者って事は検索ででてくるかい?
その秘書もそうだよ。神代の万国史の編纂もしたよね。
平凡社といえば誰もが読んだ事はあるよね。
あの下中さんは八紘一宇の思想でしたよ。その事を書いた著作があるけど
一発検索どころか果たして出るかな?

243 :とことこ:05/01/06 15:33:26
でないのならば、とことこ情報は、やはり独自ルートということだよ。
おわかりかな。

244 :天之御名無主:05/01/06 15:41:47
>>とことこ氏
中々いい話になっているよ。
しかも実にタイムリーだ。
竹内文献は今この時代に改めて世に出る必要があるのだから。

245 :天之御名無主:05/01/06 16:48:15
改めてもなにも出っぱなしじゃんよ・・・

246 :天之御名無主:05/01/07 08:23:22
とことこ、はよ続き書け
いや、書いて下さい

247 :とことこ:05/01/07 15:23:48
他の古史古伝のスレを見たが自分のパパ、ママも竹内影響下にある教育体制で潜在的に
関与していた事実を知ると驚くだろう。その点で竹内は他の古伝とは違うのである。
TVでも先の大戦が米のシナリオによって運んだことは若い人も承知だろうが
竹内思考が勃発して米の思い道理にトントンとはいかなかった。それが日本の抵抗の
原因だよ。
内閣総理大臣とは林さんと小磯さんだよ。

下中さんは皇室のある方と肝川の信者にもなったよね。それは戦後だが。
ある言霊学者にも小説を書かないかと持ちかけた。さすが平凡社。気が利くね。

竹内の信奉者にはナチスドイツに追われて東洋に亡命してきたユダヤ人たちに
一肌脱いだ方もいたね。これが竹内文献八紘一宇のできる思想なんだよ。
事実だから仕方がない。だれが電波といおうと。

248 :とことこ:05/01/07 15:34:59
大戦時の外務省情報局には例の言霊学者の信奉者がいて当時野のラジオ放送にも
その言霊学者の意見を取り入れて放送したんだって。
連合艦隊の司令官も言霊学の生徒だったんだよ。これは一発検索で出るね。

富士古文書のスレは神原信一郎さんの欠席裁判みたいだね。
海軍上海特務機関長の名前もでてこないしどうなっているのかな?


249 :天之御名無主:05/01/07 16:13:22
そろそろ自分の巣に帰ってくれんかなあ。ここは学術板であって電波系ではないんだが。


250 :天之御名無主:05/01/07 16:53:19
竹内文書は学校にある。解説なしはきつい

251 :天之御名無主:05/01/07 17:14:01
>>248
皇学研究所の先生のことかい?

252 :とことこ:05/01/07 17:18:53
存じている方もいらっしゃる。歴史の事実だからでしょう。

253 :とことこ:05/01/07 17:25:08
>249.学術ならなおさら真実を知ってもらいましょう。そういうあんたも
CMで親しんでるんです〜。残ねーん、CM切り!

知らないから、すっとコどっこいなことがいえる。
あなたの親戚、親族一同が人生の節目に必ずお世話になつている。
それを世に始めた方が竹内の後援者です。
知ったか切り〜!今日はこれまで。


254 :天之御名無主:05/01/07 17:30:44
はハーン。O先生だな?
しかし何だな?
『竹内文書』と月の先住宇宙人(飛鳥昭雄著 徳間書店)
を読むと、この飛鳥さんは 神武=崇神=応神=神功 と何から何までイコール
だと断を下しているが、これは誤りだと思うな。みな別個のお人だよ。
UFOの箇所は非常に面白い。


255 :天之御名無主:05/01/07 19:10:17
だめだここ読んでるとクラクラする・・・・・・。

256 :天之御名無主:05/01/07 20:01:02
「ある言霊学者」「皇室のある方」「O先生」などとぼかして書く
調べれば分かる>調べても分からない
自分の信奉するものの関係者を異様に尊敬する

257 :天之御名無主:05/01/07 20:20:35
>254だが、俺はとことこさんじゃあないよ。

258 :天之御名無主:05/01/07 21:37:37
明日も待ってる
来てくれよ、とことこ

259 :とことこ:05/01/08 12:25:12
言霊学者とは矢野さんの秘書と過去レスにかかなかったかな?
第三文明の会を創られた方です。ぼかしているのはお弟子さん関係が活躍されていますので
迷惑がかからぬよう慎重に書いただけの事。S会の第三文明ではないよ。間違えないように。
その機関誌を読んでいたら公になっていることだが竹内文献は当局に没収されたが一部確かに現存し
原書は厚手の和紙に墨で書かれ素焼きの壺に入っていた記事が確認できた。

なんたってその会には竹内義宮氏も入っているからね。
クラクラするという方はとことこ情報だけを切り離して読むといい。
国会図書館にもない資料もあつかっているからね。

260 :天之御名無主:05/01/11 16:20:55
とことこって、どこでそういう本見つけるの?
トリップつけた方がいいと思うよ。
平凡社って荒俣宏が寝泊りしてるので有名だけど、やっぱそういう本とか集めてるのかな




261 :とことこ:05/01/11 17:53:57
>260
トリップの事よく言われるけど付け方は解りません。
荒俣さんの物は世界神秘学事典、(この本の中に荒俣さんの参考資料郡が洋の東西を問わず
わんさか書いています。)ほかにオカルト物が2冊くらいですね。
とことこの参考資料は秘教関係者のお勧めによるものなので古書業界にも数は出回っていないと思いますよ。
この手の資料は昔集めたもので今はトンと見ませんね。
しかし昔書いた探求書のほとんどといって良いくらい未だに手に入れられませんよ。

平凡社の事といえば大本の先生の水谷清の大祓講話もそうですね。
古神道の本も出していた。



262 :天之御名無主:05/01/11 23:52:34
とある新興宗教の教祖が自分の権威付けの為にでっちあげたのが
竹内文献だろ?

と、マジレスしてみる

263 :天之御名無主:05/01/12 00:00:52
ついで、
東外流外三郡誌は作者が「自分で書きました。」ってカミングアウトした記事が
新聞の片隅に載ったときは笑劇だったな。
当時は漏れもお子チャマだったから、眉唾に思いながらも8割がた信じちゃってたからなw

ま、だいたい神代文字なんてのが出た時点でアウトだろw

264 :天之御名無主:05/01/12 01:07:59
荒俣が資料に挙がってる段階で、資料を見る目がまったくないことがよくわかるw
奴は自分がおもしろいとおもえば、その場でおもいついたホラでも書きちらすからな。
そこらへんの小説のほうがまだ事実に忠実なぐらいだ。

265 :天之御名無主:05/01/12 01:08:38
>>262-263
超既出乙



266 :天之御名無主:05/01/12 12:20:54
トリップのつけ方
ttp://z.la/t5v0h   (wikipedia・ズィーラで圧縮)

とことこ氏は竹内文書は偽書と言ってる?から、
>>124
>まあ偽でしょう。

よって、とことこ氏が今まで書いたことは蛇足だと思う(俺には面白い)。
スレタイから真偽を話し合うスレらしいので、スレ違いなのかもしれない。
オカ板にそんなスレもあったので、一応貼っておく
【世紀の奇書】 古 文 書 に つ い て
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1094290029/l50

もし釣だったら・・・orz

267 :とことこ:05/01/12 12:28:14
>262>263>264
君、噂にあがった書物など読んでも無意味だ。新聞なども実は次の日に間に合わせの
記事しか書けなく掘り下げて書く時間など当然ないし、出来ない。
それが新聞の仕事だから仕方がない。悪くは言わない。だからといって新聞の記事を
鵜呑みにする理由などない。
荒俣さんの物は三点ほど持ってる事実を書いたが断言するよ。
君が世界神秘学事典の参考資料郡のほとんどを目にも通さず軽口を叩いているっていう事を。
神代文字が出た時点でアウト?君はその権威かな。
何も知らず偉そうな事言うなよ。幼稚な本しか読まない君に何故
読んだ事もない本の批判が出来る?竹内に内容の一部などは米の有名新聞にも
取り上げられ、新たに取材に来られ、その後、全く同じスタイルで
国営放送NHKが取材をした事実。そのことは以前書いた。

信じる信じないは個人の自由だ。とことこは、はなからおかしいと思うからこそ
調べはじめただけの事。この手の資料なんてのもご縁みたいなものだ。
探すだけで君なら一生かかっても無理だ。時間の無駄だからとことこが話すまでの事。

268 :とことこ:05/01/12 12:37:23
>266
読んでも解らないけど感謝する。

天狗情報の全てが誤りではない。嘘も方便という。
これを本当といえば国体に反するがしかし神代の事など誰も見てないことも事実
だよ。ホントは歴史も書いて残ってるもので判断するしかないしね。
実際今の政府は何をしているのか解る人はいるのかな?

269 :とことこ:05/01/12 17:52:50
>263で神代文字が出たら、アウトと言ってたがその資料の一つに平田篤胤の著作があるね。
最近神田のとある店の目録に平田篤胤の関係書が全集(名著出版、21冊揃い)を含め大量に流れたよ。
まれな事だね。資料を見るめがないと言っていたが、勿論とことこはそれ以上に当然揃えているよ。
内外書籍の全集や明治に出版された全集、当然弟子の神代文字関連はカバーしたいところ。
以外にも神代文字の事はアカデミーから排斥はされているが国語学史などに
登場する。もちろんとことこはある程度そろいでカバーしている。(偶然学者の蔵書が流れた
のタイミングにぶつかった。珍本はなかったが仕方がない。神字のことが
書いてあるだけましだ。
そう古くはないが江戸期の@忍あたりからは少しだけ持っている。異端資料はある程度まとまって
持っているよ。

270 :天之御名無主:05/01/12 18:11:04
もういちどいいます。

巣に帰れ。二度とくるな。

271 :天之御名無主:05/01/12 22:59:13
アカデミーと国語学史が別物というのは・・・史上最大の発言として
万人の記憶に残るのであった。

2ちゃんねるは、それ以降新たな歴史を歩むことになった。


2105年刊行 「21世紀におけるインターネットの進化と、その過程」
2043頁より抜粋


272 :天之御名無主:05/01/13 00:09:44
否、国語学史に登場するというのはホント。

戦前の歪んだ現象としてキッパリと紹介されてる。

273 :天之御名無主:05/01/13 01:19:19
どっち道面白い事になりそうだね、この先は。

274 :天之御名無主:05/01/13 02:16:43
なにがどうおもしろくなるかと。

275 :とことこ:05/01/13 12:28:48
本当の所は国語学者が国学者の研究を横取りしたようなものだ。
文法につかう専門用語で摩り替え古典研究をややこしくし若者の古典離れを
促進したのが近代の実態じゃなかろうか。活用の暗記など何が楽しくて覚えねば
ならんのか。言霊学者の今、題は度忘れしたが国語学大系に確かあったな。とにかくそれを
読めば暗記などせずに合点が行くように覚えられる書がある。なんで闇に葬ったのか?
今は切り上げるが。

89年代に原田実氏が幻想の古代史と題した竹内文献を取り上げた有名な書がある。
とことこは今まで批判本と思い、購入しながらも積読であったが、
この時代の原田氏は批判オンリーでもなかったようだ。
他の人は目のつけていない面白いところを指摘した所もあった。




276 :とことこ:05/01/13 12:38:42
ついでに言うと89年代はとことこは
この手の関係は無縁であった。
確かに指摘すれば未だに無回答、その個所すら気付かすに現在にいたる
のが竹内批判者のとことこに言わせればすっとコどっこいな所。
行っても解答できないのはわかってはいるが。
あの神代文字を駆逐した論文で有名な山田博士もちんちくりんな
表現しかできなかったからな。

277 :とことこ:05/01/13 17:35:46
>271のように書いてることを理解できないものもいるな。
アカデミーと国語学史が別物と論じてはいない。早合点するな。じっくり読め。
最近の国語研究者達は一端排斥した国学者の言霊学の膨大な学説の一部を
さも自分で最初に研究したかのように振舞ってTVなどに出たりする。
全く呆れるよ。とことこが最近TVで見ただけでも2人はいる。
事実だがそれはおいておこう。

278 :とことこ:05/01/13 17:55:03
巣に帰れというものもいるが、とことこはここが気に入ったよ。
真実を知りたいのならとことこ情報に耳を傾けるしかあるまい。
それがネットの利点だ。

マトリックスという映画があったな。主人公が本当の現実を知るという物語。
わけもわからず常識を勘違いし電波とほざくものは、あの映画では現実を
知らされていない者ととことこは共通して見える。

お笑いになるが仮にこの世界の大部分を支配している体制をユダヤ体制とすると
神国日本が対抗という事になるがそうではない。ユダヤに協力するエージェントが日本に
いて敵対するものも駒のように動かされているのが現実。ユダヤなんか竹内思想が勃発するなんて
思いもよらなかったのだ。マトリックスの世界の中に予想だにしない展開があった、
それが竹内だ。簡単に言うならば。一から説明しなければ電波といってまたマトリックスの中に
引き込もるかな?(笑)
ハイレベルな展開に着いて来れそうな板ではなさそうだが書いてみるかな。

279 :天之御名無主:05/01/13 18:25:35
>>278
> お笑いになるが仮にこの世界の大部分を支配している体制をユダヤ体制とすると
(以下略

リアルだね。
確かにそうだよ。ユダヤに協力するエージェントがこの国でも現在は主流派だ。
しかし、彼等が触れないものもある。
裏日本にはそういう秘密が多い。秘密の一つが竹内だ。

280 :天之御名無主:05/01/13 22:01:50
>>277
すげ〜!

でも、すきっ腹にこたえるから静かにやってくれ
後、書き込む前にチラシの裏で下書きするのを勧める。



281 :天之御名無主:05/01/13 22:48:50
____       ________             ________
|書き込む| 名前: |            | E-mail(省略可): |sage           |
 ̄ ̄ ̄ ̄        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                               ∧∧  。  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              (,,゚Д゚) / < ここに半角で「sage」と
                              ⊂  つ    | 入れるとスレがあがらない。
                            | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   \_____________
                            |          |
                            |          |
                       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

282 :天之御名無主:05/01/13 22:50:30
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。
 || ○重複スレには誘導リンクを貼って放置。ウザイと思ったらそのまま放置。
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。荒らしにエサを
 ||  与えないで下さい。                  ΛΛ
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて   \ (゚Д゚,,)
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。       ⊂⊂ |
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧_      | ̄ ̄ ̄ ̄|
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧     ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ


283 :とことこ:05/01/15 12:40:07
>281 親切で書いてもらったと思うが,スレがあがらない、の意味がわからない。
とことこに基本操作を期待しないほうがいい。
原田氏の幻想の超古代史だが、竹内に大伴氏のつながりが見られる日本書紀,その他
からみられる矛盾点の考察があった。結論的に大伴氏をとりんだ勢力図式も竹内一族の
意図的なことと言えるのかな。竹内の本拠があったとされる、越中、越の地方と言えば
万葉の歌人、大伴家持だが、竹内との関係について氏の考察があったよ。
天狗の天狗情報による天狗文献と言う事は繰り返し言っているが、
歴史的な解明は不必要ではない。大事なポイントだよ。
誰かよそで板に書いてるかな?


284 :天之御名無主:05/01/15 22:45:08
>天狗の天狗情報による天狗文献と言う事は繰り返し言っているが、

おもしろーいね。
ロック音楽のことを天狗の太鼓と言った大行者がいたらしいが。

285 :263:05/01/17 00:48:11
神代文字とか言う類のものがね、50音表に合致しちゃってる時点で
縄文語にすら対応してないからさ、漏れごとき凡人は神代文字なんて理解したくないな。

漏れがどのくらい程度が低いかって、わかりやすい例だとアイヌ文字なあんてのがあるけど、
「アイヌ語を50音字(49字?)で表記できるのか?」と小1時間ほど考えても否定しか出来ない凡人だものw

でも、漏れは実際のところ>>とことこ氏にはガンガッテ欲しいと思ってるよ。
貴重な人生の多くの時間をかけての自分の信念に沿っての研究姿勢には、
「海水に砂糖を混ぜれば、しょっぱくない真水になる。」
という研究をされていたドン・ガバチョ博士と同じ位に尊敬できるな。





286 :天之御名無主:05/01/17 22:20:26
       | Hit!!
        |
        |
   ぱくっ |
     /V\
    /◎;;;,;,,,,ヽそんなエサで
 _ ム::::(#,゚Д゚)::| 俺様が釣られると思ってんのか!!
ヽツ.(ノ:::::::::.:::::.:..|)
  ヾソ:::::::::::::::::.:ノ
   ` ー U'"U'


287 :とことこ:05/01/18 12:36:44
大伴氏関連で家持の師匠の山上さん文献をショッピングにとことこは出かけたが
先をこされていた。

釣りや漏れの意味はとことこは未だ理解していない。
どんな意味?

神代文字と五十音との対応?縄文語?誰か聞いたのなら教えてくれ。
国語の専門家が説くのは上代は本朝の文字がない。従って神代文字なんて理解したくない
というのはわかる話ではあるが、五十音に合致している点?そんなこと言霊つまり
霊の働きだからそう見えているから、それでいいのだよ。
言霊の働きを本末転倒して今の先生がパクっていると書いただろ。
専門教育を受けた先生がパクリはじめたのは言霊の働きが確かにあるからだよ。
言霊には音義がある。一音一義説(これ事態もうけ入れられていないが)から10義くらいまである。
だが本は五十とも七十五ともいろいろ言われている。
日本で最古の古事記もふることぶみと内容全て本居が言霊で読んだそのとうり、現代の
ひらかなで全て読める。言霊は昔から同じだからだ。

288 :とことこ:05/01/18 12:46:40
神代文字の多くが江戸期に出てきたのもいろいろ訳がある。
江戸期の天狗ステーションから発せられた電波だったのだ。今風に言うと。
それを受診した人たちがいろいろ書いた。そこだけとると聖書の江戸版みたいなものだ。
だが神社に残っていたものもあった。平田篤胤の命を受けて高弟二人が奔走した。
その成果が神字日文伝なんだよ。

289 ::05/01/18 17:27:03
神代→ジンダイ
逆読み ジンダイ→イダンジ(イ段字)
神代は五十音図のイ段の言霊と関わりあう。
すなわち イキシチニヒミイリヰ の十音だ。
この秘儀を知悉した者が神代の全容を把握出来るのだ。

290 :とことこ:05/01/18 17:42:42
とことこのわからないところは平田篤胤一門の佐藤信綱が同じ書を先に出している。
不思議だ。この信綱さんの書いたある書が第2次大戦の日本軍がとる作戦のシナリオだったのは
皆さんご承知と思う。
まさか信綱さんはユダヤのエージェントってことはないと思うが
不思議な方なのだ。
つまりこうだ。神代文字が当時から受け入れられたとするとどうなるか、
外国に対しては本朝の文化が世界に発信された証として各種文字が本朝に存在するという
理由になるのだが、しかしこれは最後はユダヤに負けルことになる。
なぜならば本朝の神代と言っている時代よりバイブル聖書時代に楔形文字や
その他あちらの人代の時に既に文字を使用していルこと。それが後で恥をかくことになるのだ。
鶴峯さんが江戸後期に楔形の神代文字の本など出していた。


291 :天之御名無主:05/01/18 17:47:03
>とことこさんへ

>江戸期の天狗ステーションから発せられた電波だったのだ。

これを理解&受容してくれるかたのいるところで続きをやってください。
2ch内なら民族・神話学板では無いと思われます。
それが嫌なら2chを離れて、あなたの同好の士の方が開いておられるHPで
論理展開されることをお勧めいたします。

それも嫌なのであれば、あなた自身でHPを開いて続けられるか広告の裏にでも書いて
お住まいの地域の(区役所等の)掲示板に貼ってください。

おそらくココのスレで活動を続けられるよりも、参考になる意見などを得られると思います。

292 :とことこ:05/01/18 17:55:35
>285。
最近の読売新聞の一面に大型哺乳類が恐竜を食べていた事実が報道されたね。
それまでの定説、最初は小型哺乳類といわれていたが結局ドンガバチョ的
になっちゃったよ。真実は隠されているのだ。

293 :天之御名無主:05/01/18 18:14:43
>>291
民族・神話学の板ですよ、ここは。
日本史・世界史板ならば、おっしゃる通りかもしれませんが、
民俗学、神話学では、こういう話題も当然ですが入ってきます。
あなたが見なければ良いだけの話です。
ログを削除したらいかがですか?

294 :天之御名無主:05/01/18 19:09:47
こういう話題が出るのは構わないが、せめてメール欄に半角英数小文字でsageと入れて下さい。

そうする理由は案内板に書いてあります。

そしてそうすれば、貴方から見れば、荒らしにみえるであろう私のような類の書き込みが軽減されます。


295 :天之御名無主:05/01/18 21:16:48
こういう話題が出るのは構わないが、せめてメール欄に半角英数小文字でsageと入れて下さい。

そうする理由は案内板に書いてあります。

そしてそうすれば、貴方から見れば、荒らしにみえるであろう私のような類の書き込みが軽減されます。


296 :天之御名無主:05/01/18 21:22:23
>>293
そうですね。ココは民神板ですもんね。失礼しました。
日本史板でやらない=竹内は日本史じゃない。
てことですものね。
神話や狐狸妖怪の話なら民神板でも無問題です。
私が悪かったです。ごめんなさい。

297 :天之御名無主:05/01/19 00:10:48
>>296
日本史でもあります。
天津教事件は現実に起きたことでもありましたし、
終息の仕方については更に不可解です。
そういう事についての、本当だかどうだかわからない話も出ている。
あなたの様に騒ぎ立てる人がいるという事は、根拠ありとわたしは見ました。
教えてくれてありがとうございます。

298 :とことこ:05/01/19 12:32:37
>291
まあじっくり読むことだよ。民俗神話抜きに古史古伝は語れない。
江戸中期黒船やロシア船来航の前後に神代文字文献が多数現われ
古史古伝はその文字で書かれている。日本史ではやらない、のではない。
れっきとした日本史だ。国学者の思想や活動の詳細まで学校では説明しないし
先生は知らない事だ。試験に出ないからといって歴史を否定しないでくれ。
よそで一度書いたが国学から後に換骨奪胎して片や国学院大学、片や東京大学
と姿を変えた歴史的事実をまた書かねばならないのかな。とことこの
時間の無駄は勘弁してほしい。

釣りと漏れの意味をとことこに教えればまずい事があるのかな?

299 :とことこ:05/01/19 12:45:17
>298で解らない人のために補足。
江戸中期の外国船来航云々は、結局民俗の優秀性を問うている。他流文化試合
なのだ。神代文字勃発もそれに起因する一考もありという事だ。
電波ぎらいはわかるが、江戸末期から出てきた天理教などは日本史にも
出てくるが、中山みき婆さんの今で言う電波、自動書記の御筆先の教えにより
その信仰が拡大し天理市という市までになってしまった事実。
電波を歴史的に認めないわけにはいかないのだよ。
無視するほうが逆に意地を張って歴史を認識していないおかしな態度だと
思うが。

300 :とことこ:05/01/19 17:55:43
原田氏が竹内文献と万葉集など古典との一致点を模索した興味深い話が
ある。古田博士が万葉集に出てくる遠の朝廷(とうのみかどだったと思う。)
ヤマト以外の朝廷が8例出てくるがそのうち2例は竹内のお膝元越で読まれたもの。
学術的に面白い所もある本なのに誰も突っ込まないね。読まれていないとも
思わないが。民俗関係も出てくるのだが・・・。

とことこはそっち方面でもそのものズバリを今度書く。

しかしおかしな物だね。平田の思想が明治維新の原動力となった説は
よく聞くが日本史では維新後、一気に平田派の衰退、代りに日本は西洋化を
たどるが学校でそこは詳しくやらないな。



301 :とことこ:05/01/19 17:56:41
実行するの忘れてた。sage

302 :天之御名無主:05/01/19 18:44:35
>>301
半角で書かないと効果はないよ
つうか、別にsageなくてもいいんじゃね ?

303 :天之御名無主:05/01/19 23:40:09
削除ならしてもらいたい。

304 :天之御名無主:05/01/20 01:00:41
>>302
なんだ、まだIEなんぞで
2ch見てるのか?さっさと
専ブラに切り替えろって。

305 :天之御名無主:05/01/20 05:07:05
まぁ立山には

306 :とことこ:05/01/20 12:26:19
民俗的に面白いことは今度書く。
>300で書いた平田思想が明治維新の原動力になったわけ、
今わかったよ。book OFFで見つけたよ。
なんで皆教えてくれないのかな〜。

307 :とことこ:05/01/20 17:54:22
それでは原田氏の興味深い竹内文献と万葉集の接点の指摘について
あの古田博士は「遠の朝廷」とうのみかど6例は大和朝廷以前7世紀まで存続した九州王朝を指摘
原田氏指摘の他2例は越中に赴任中の家持の歌で用いられているもの。
遠の朝廷と呼ぶにふさわしい中央権力機構が越にも存在し
大伴氏の間にも越の国がそう呼ばれる何らかの秘説が伝わっているのかもしれない
と指摘。歌にまつわる秘説の伝授は平安時代からおこなわれている旨も述べられた。
したがって巨麿による造作ではないとしている。
天空浮船伝承にも触れ竹内文献ではそれに乗る天皇がほとんど神代文字の天皇とその一族と
指摘。あわせて記紀に登場する空飛ぶ船に乗る神は皇統につながらなく、
平安以前に皇統につながる神が船で天下った伝承は
万葉集の家持の歌の「あきつしま 大和の国を 天雲に 磐船浮かべ ともにへに
まかいしじぬき いこぎつつ 国見しせして 天降りまし・・・・」
(巻十九)
面白い指摘だね。だがとことこがそのものズバリといったのはそこではない。
巻の17大伴家持、天平十九年四月二十七日詠「すめかみの(皇神)うしはきいます新川のその立山」

これは立山を歌った最古の歌と同時に立山の神に関する最古の文献である。

308 :とことこ:05/01/21 12:47:14
この立山の歌の「皇神の うしはきいます」の、ウシハクは領有するという意味だよ。
竹内文献の立山連峰そびえる本拠地は皇神が領有する敷きます国と奈良時代の
大伴家持が歌っちゃったから大変。
万葉集にスメカミの語は7回使用され内3回は家持が用いている。この語について
かの神代文字否定論文の山田孝雄博士は皇祖神転じて汎く神の尊称の如くなれり、と
皇祖新の意味をかわしたり鴻巣盛広博士も皇祖神を指すが広義では全ての神をいう、と