5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

悪路王

1 :子鬼:03/07/25 15:20
宮澤賢治の「原体剣舞連」を読んで感動した。
自分のほかに、悪路王に興味ある人いるのかな。


 ■阿弖流為公式サイト
 http://www.aterui.jp

 ■原体剣舞連 (宮澤賢治)
 http://homepage1.nifty.com/ihatov/har_1/035_d.htm

 ■鬼剣舞
 http://www.michinoku-yume.net/myn/db/db06-m002-t009.php3

2 :天之御名無主:03/07/25 15:57
やっぱり誰もおらん・・ ゚(゚´Д`゚)゚

3 :天之御名無主:03/07/25 16:08
うっせーな
普段なら1日ぐらい経って
age
っていう書き込みがあって
次に何でも知ってるコテハンが書き込む

これで良スレのほうだ。

夏休みだから1時間経たずにレスがかえって来る
ありがたくおもえ。

4 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

5 :天之御名無主:03/07/25 16:37
シャクシャイン、アテルイについて
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/992965813/l50

蝦夷とはなに?
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/987989033/l50

日本史におけるアテルイの評価について語ろう
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1048866774/l50

東夷の英傑アテルイとモレ
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1057574144/l50

坂上田村麻呂
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1058910549/l50

6 :こおに:03/07/25 17:13
>>3
そんなに書き込み少ない板とは知らず・・
す、すみません∵(´ε(○=(゚д゚ )

>>5
ありがとうございます
いまから熟読させていただきます

7 :こおに:03/07/25 18:03
紹介されたスレ全部読んだ。
申し訳ないけど、あまりにも(以下自主規制) ヽ(;´∀`)ノ

マイナーな英雄の話なんてしようとして、すみませんでした。
このまま倉庫行きで構いません。


それにしても、日本史スレって東北差別が凄くてびっくり。
はやても出来たし、宮澤賢治が大好きなので一度くらい
是非行ってみたい、なんて思っていた自分は変人なのかな。

8 :天之御名無主:03/07/25 18:29
日本史板はアホばかりだからな

9 :天之御名無主:03/07/25 18:40
>>6 :こおに さん

こんな言い方するのも情けないことだけど、「所詮は2ch」ですから・・・
それに「差別」は東北だけにじゃないし、日本史板だけの傾向でもない。
情報を仕入れるにしても、ウソかホントか見分けられなければ、
振り回されるだけだよ。

阿弖流為も最近になってやっと再評価されつつある人物だし、
関連書籍でも漁ったほうがずいぶんマシじゃないかな。

田村麻呂サイドの視点でもよければ、『田村三代記』などは面白いと思うし、
小説や、能、歌舞伎、舞台劇でも取り上げられているから、
その世界観にひたるのもいい。

鬼剣舞ってたしかお盆頃のものじゃなかったかな?
君が学生さんで時間に余裕があるなら、今からバイトでもしてお金を貯めて、
実際に岩手に行ってみて、その土地に触れてみたほうが
はるかに得るものは大きいんじゃないだろうか。

書き逃げ、失礼。

10 :天之御名無主:03/07/25 19:07
原体剣舞連の絵本というのもありますよん(私はまだ見てませんが…
ttp://www.fuki.sakura.ne.jp/~burabura/
ttp://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi/3da08277bc47a01059ed?tpl=dir/01/01010800_0008_0000000002.tpl

11 :こおに:03/07/25 19:09
>>9
山手線の駅に、最近鬼剣舞のポスターが飾られていて(剣舞だけでなく
東北の大きな夏祭はほとんど)、ネットで調べたところ、8月にお祭りが
あって、どうやらそこで鬼剣舞が舞われるようなので、行ってみようと思っ
ています。動画では見たのですが、やはり生で観てみたい!


東北の蝦夷の末裔さん達(DNAはどうであれ、精神は)の民俗芸能は、
装束なども非常に独特で興味があります。イタコやオシラサマ、
ナニャドヤラ、ネブタ等・・、本当にユニークな文化がたくさんあって、
気にならずにいられません。

また、鬼剣舞が紹介されているサイトで鹿踊も紹介されていました。
「鬼」や「シシ」の格好をして、入墨で肉体を飾った武士が、毒矢と蕨手刀
で中央の大軍隊相手にゲリラ戦を仕掛けていた・・なんて想像(妄想?)
したら、もうカッコよくてカッコよくて!(あまり夢を持ち過ぎると痛いので、
美化しすぎないよう、逆の視点も学ばねば・・)

(↑もちろん、舞の装束が戦闘時の装束ではないと思いますし、おそらく
近年になって固まった衣装だとは思ってます。でもカッコいいから) (;´∀`)

12 :こおに:03/07/25 19:10
>>10
ありがとうございます。これは知らなかった。
なんか、スゴイかっこいい・・!!

帰宅後、じっくり見てみます(今は出先でして)

13 :天之御名無主:03/07/29 23:31
悪路王 ≠ アテルイ

何故、それがわからんのだ >>1よ!

14 :天之御名無主:03/07/31 00:00
まぁ確かに「悪路王=アテルイ」では無いわな。
伝説の悪路王の軌跡とアテルイに関連する僅かな記録には異なる点は多いですからね。
ただ、伝説(架空)の悪路王について「実在するアテルイと同一人物では無い」とわざわざ指摘しなくても(−−;
むろん「=」では無いけど、少なくとも悪路王伝説は東北蝦夷たちの乱を反映して生まれた伝承ですのである種の考え方は反映されています。
特に「浄瑠璃」と「奥浄瑠璃」の微妙な違いは朝廷側の思想と東北側の思想のギャップが現れていて興味深いです。

15 :天之御名無主:03/07/31 12:57
情けない奴ッ

16 :天之御名無主:03/08/05 14:24
>14
達谷窟に立て札が立ってたけど、悪路王とアテルイをほとんど混同してて
、アテルイ寄りの人に当てて対立宣言(?)してるのが何だかなぁと思った。

17 :天之御名無主:03/08/06 01:55
たしかにね。
立て札を立てざるを得ないほどの狂信的な
アテルイ信者でも、達谷に行ってるんだろうか。

18 :16:03/08/06 13:59
うーん、あてるい信者は見たこと無いのてなんとも言えないけど、寺の立て札も
「いつから(悪路王が)英雄になったか知らないが」と挑戦的な感じで、正直
感じ悪かった。

19 :天之御名無主:03/08/06 15:36
>>17
そうでも思わんと、あまりにも蝦夷の末裔(?)の地に立てる
立て札にしては、失礼な書き方だよね。悪路王=阿弖流為
とは思ってないけど、立て札に書いてあるのは阿弖流為の
ことだろうし、感じ悪い。

思わず「寺の主は関西からきたのか?」と勘ぐってしまった
ほどw (関西の人全てが東北人をバカにするわけじゃない
けど、そういう傾向が高いのは否めない。特に古い世代は。)

20 :天之御名無主:03/08/06 22:45
達谷窟毘沙門堂縁起

およそ1200年の昔、惡路王・赤頭・高丸等の蝦夷がこの窟に塞を構え、良民を
苦しめ女子供を掠める等乱暴な振舞いが多く、国府もこれを抑える事が出来なく
なった。そこで桓武天皇は坂上田村麻呂公を征夷大將軍に命じ、蝦夷征伐の勅
を下された。
対する惡路王等は達谷窟より3000余りの賊徒を率い駿河国清見関まで進んだ
が、大將軍が京を発するの報せを聞くと、武威を恐れ窟に引き返し守りを固めた。
延暦20年(801年)大將軍は窟に篭る蝦夷を激戦の末打ち破り、惡路王・赤頭・
高丸の首を刎ね、遂に蝦夷を平定した。大將軍は、戦勝は毘沙門天の御加護と
感じ、その御礼に京の清水の舞台造りを真似て九間四面の精舎を建て、108躰
の毘沙門天を祀り、国を鎮める祈願所として窟毘沙門堂と名付けた。そして延暦
21年(802年)には別當寺として達谷西光寺を創建し、奥眞上人を開基として
東西三十余里、南北二重余里の広大な寺領を定めた。
降って前九年後三年の役の折には源頼義公・義家公が戦勝祈願の為寺領を寄進
し、奥州藤原氏初代清衡公・二代基衡公が七堂伽藍を建立したと伝えられる。
文治5年(1189年)源頼朝公が奥州合戦の帰路、毘沙門堂に参詣され、その
模様が「吾妻鏡」に記されている。大火・兵火により過去何度か焼失するが、その
度直ちに再建される。その際岩に守られた毘沙門堂は焼失を免れていたが、昭和
21年隣家の出火により毘沙門堂が全焼。ご本尊以下二十数躰のみ救い出す
ことが出来た。昭和36年に再建された現堂は創建以来5代目となる。

21 :天之御名無主:03/08/06 22:46
征夷大將軍坂上田村麻呂公を顕彰する

この頃達谷窟毘沙門堂の縁起が中央寄りであるとか、甚だしきは書き換えるべき
であると言う人が来る。
彼等は征夷大將軍坂上田村麻呂公は中央からの侵略者、惡路王こそそれに抗した
英雄(何時から英雄になったか知らぬが)と看ておる。そこでは当時のみちのくこそ
がこの世の楽土で蝦夷こそが我祖先との考えがあり、惡路王は奪われる側で善、
大將軍は奪うもので悪という単純な区分がなされているがこれは可笑しい。達谷に
伝わる「籠姫」や「姫待瀧」「髢石」等の伝説では奪うものこそ惡路王であり、奪われ
る側を救う者が大將軍なのである。昔から奪われる側であった民草は救う者に心を
寄せていたのだ。
東北には慈覺大師の伝説が多いが、これは天台の僧によるものだろう。しかし
大將軍の伝説には特定の宗教の気配は薄い。蝦夷を征伐し佛教を拡め、みちのくを
鎮めた恩人に対する思慕が多くの英雄伝説を残し、文学や芸能として花開いたと
考えるべきである。当に大將軍こそが東北古代史の英雄であろう。然もなくば大將軍
創建を伝える社寺(多くは小さな祠)がこれほど多い理由を何と説明するのか。もし
知らぬ間にこれらの社寺で大將軍創建の縁起が書き換えられているとしたならば、
これこそ我々の先祖の信仰を侮辱し、歴史と文化を否定することに他ならないでは
ないか。
達谷窟毘沙門堂は大將軍と惡路王伝説の発祥地であり、大將軍創建の精舎である
ことを何よりの誇りとし、日夜心をこめ「南無田村大將軍」と唱えている。如何なる
非難を受けようとも縁起を書き改めるつもりはない。社寺にとって縁起とは思想では
なく信仰なのである。来たる平成13年こそ征夷1200年。そして創建1200年の記念
すべき年となる。心から蝦夷征伐と毘沙門堂創建を祝い、重ねて大將軍の事跡を
多いに顕彰したいと考える。「南無田村大將軍」

22 :天之御名無主:03/08/06 22:47
>>21
>(何時から英雄になったか知らぬが)

たぶん、ここが挑戦的なんだよねw

23 :天之御名無主:03/08/09 02:56
多分>>5のスレのどっかに昔書き込んだことのある地元民だけど
幼稚園時代原体剣舞もどき踊らされたりしてますた。
あと鹿踊りね、流派は忘れましたが、近隣地区の一つなら直に知ってます。
今も細々と続けられてるみたいで。
輪になりススキを模した背飾り(うろ覚え)を地に打ちつけながら
太鼓を敲き謡い舞う姿は勇壮だったのを今思い出してみて感動が蘇ったり。

鹿踊りは伊達藩繋がりで愛媛の宇和島地方にも伝わってますね。
時代背景や歴史はこのぐらいしか知らないけど。
アテルイ盛り上がってますが悪路王は知らないす。

東北人が陰気なのは否めない気がしますねw関西弁に恐怖心をもってたり。
関西弁で怒鳴り散らすと恐縮されるのに
東北弁でマジ切れしても笑われるだけなのが …゚(゚ノД`゚)゚

24 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

25 :天之御名無主:03/08/09 12:35
>>20
史実に残るアテルイの戦いとは違うようだけど、年号は
アテルイの時代だよね。「悪路王」って架空の人物?

26 :天之御名無主:03/08/09 12:38
>>23
仏教系の踊りだとか江刺あたりのHPで読んだのですが、
あの衣装かっこいいね(・∀・)v 鹿踊りも羽みたいなの
さして、カコイイ。
中学だか高校のインターハイか何かで、県南の高校が
鬼剣舞と鹿踊で応援してて、それで好きになったよ〜

27 :天之御名無主:03/08/09 12:46
書き漏らした・・

宮澤賢治の「原体」に書いてある「片刃(かたは)の太刀」って
どんな刀?

28 :天之御名無主:03/08/10 17:19
みちのく芸能祭りで原体剣舞見てきた。司会が「この踊りを見た宮沢賢治が
『腹体剣舞連という詩を作り・・・』と説明していた。
踊りは小学生くらいの男女が鳴り物を鳴らしながら踊って、かっこよかった。

29 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

30 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

31 :天之御名無主:03/08/10 19:00
>>28
子供が舞うことに関していろいろ説があるみたいですね。
こことか、少年が舞う剣舞と悪路王伝説を絡めて面白かったです。
http://www02.so-net.ne.jp/~jamtoast/maturi-odori-mikake26.html

>>27
http://www.tohoku-epco.co.jp/shiro/newrelease/08geino/
普通の日本刀ぽいよ。

32 :天之御名無主:03/08/10 19:06
http://www.dengen.or.jp/html/dvd/contents/no011/

「悪路王=アテルイ=地元の英雄」みたいになってる良い例。
>>20-21の縁起書いた人が見たらブチ切れて卒倒しそうw

33 :天之御名無主:03/08/10 23:12
23す。

子供が踊るものだったのか…
幼稚園時のはお遊戯だと思い込んでたけどそうでもなかったのかな…
教えてるのがおっちゃんだし大人が伝えてくものだとしか認識無かったです。

刀について。
うちの辺りは鉱山があって、かつては製鉄民でもあったみたいです。
「片刃(かたは)の太刀」は蝦夷起源の刀で、大和朝廷に取り込まれた辺りで
技術が伝わり、日本刀の元祖になったとも聞いたことがあります。

悪路王ではないですが、人首丸(ヒトカベマル)の伝承てのもあるよ。
アテルイ亡き後、最後まで抗った美少年として伝説化してるんだけど
かなりマイナーみたいすね。

ttp://www10.ocn.ne.jp/~ganmen/works/story.htm

34 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

35 :天之御名無主:03/08/11 10:55
>33 人首丸は伝説の人物では?
アテルイの弟ってフレーズはじめて聞いた。
伝承の登場人物としては「アテルイ」の名前は出てこないのよね。

聞いた話だけど、達谷窟の寺は最近住職が代替わりしてから積極的に活動
してるらしい。寺の名前も「西光寺」だったのを「達谷窟西光寺」
に改名したりとか。(20,21の縁起の立て札作ったのもたぶん今の住職)
 しかしこの立て札の言う所の田村将軍の功績って、日本の朝鮮侵略の理屈
と同じなのね。我々が統合してやったおかげで、未開の地が鉄道やら学校や
らの文明の恩恵に与ることができたんだ、みたいな(その考えの善し悪しは
別問題ですが)。石碑や功績を称える伝説が多いのも、朝廷によるプロ
パガンダが行われた可能性もあるし。
何にせよ、あの立て札はモニター通して見る以上に、現地で読むとかなり
ショッキングですた。住職、必死すぎ。みたいな。
あ、西光寺のおばちゃんは大変丁寧な人でした。

36 :天之御名無主:03/08/11 12:21
「遙か昔、蝦夷の頭領アテルイの弟である大武丸に、人首丸という
美しい少年がいました。人首丸は朝廷との戦いに敗れ、米里の大森山
にたてこもり討死したと言われています。」


「遙か昔、蝦夷の頭領アテルイの弟である大武丸に、人首丸という
美しい『息子』がいました。(後略)」?

「遙か昔、蝦夷の頭領アテルイ『に』弟である大武丸『と』、人首丸という
美しい少年がいました。(後略)」?

ドッチダー ヽ(`Д´)ノ

37 :天之御名無主:03/08/11 12:32
自分の親や地元の住民の性格を見るに、従順であまり反抗心のない
人が多く感じられる。もし阿弖流為が本当に、侵略者と戦った英雄だと
しても、とーほぐの人々は「どうせ何をしたって無駄だ」と言っていた
ような気がしてならない。w それとも住人の気質が変わったのかな。

そーいえば、「今のとーほぐ人は蝦夷の子孫ではない」という人がいるけど、
蝦夷を根絶やしに出来たわけないと思うなあ。

だって、山とか森とか深すぎ。根絶やしにしようとしたら何百年かかるよ。
朝廷に従った時点で「蝦夷」ではないんだろうけど、「全く違う人種」とか
まで言われると、「ほんとに〜?」って思ってしまう。

38 :天之御名無主:03/08/11 12:38
まあ北東北の人間として言わせてもらえば、俺ら混血なのよね。
蝦夷と大和人(帰化人含む)の。

蝦夷が東北人の先祖であるっていうことが東北人自身の意識に
上ってきたのは、そんなに古いことじゃない。一部(安東氏等)を
除くと明治以降?それ以前は、蝦夷というのは怖くて野蛮で、
自分らの先祖を脅かした存在として認識されていた筈。
明治以降だって、一部インテリを除けば、由緒正しい大和人の
子孫と頑なに信じてた。バリ島のほとんどの人が、13世紀に
ジャワ島から侵攻してきた人々の子孫だと頑なに信じてるのと
同じ。

ごく最近、東北大の高橋富雄などの俘囚国家説なんかから、
蝦夷の再評価が高まり、「そうか俺らの先祖には蝦夷もいるん
だな」との認識が一般の人にも浸透しつつある。
一部の人が蝦夷ナショナリズム?まで突っ走ってるが、そこまで
いってる人は少ないし、第一家系伝承で鎌倉御家人を挙げる人が
圧倒的に多い(あまりあてにならないのは間違いないが)東北の
こと、蝦夷一色には染まらんよ。

なので、達谷窟の縁起を見ても、腹を立てる東北人はあまりいない
んじゃないかということをいいたかっただけです。長文失礼。

39 :天之御名無主:03/08/11 13:32
うちには家系図がありません。苗字を苗字辞典で調べると父方母方共に
「岩手県●●市に多い」としか由来が書いてありません。本家とよばれる
家はとんでもない山奥にあります。・・これでバリバリの西からの移住者
だったら、逆に笑う。w


>>38
同感です。太宰治『津軽』に、橘南谿『東遊記』の引用があったけど、そう
いう考えでしたね。「蝦夷」が何なのかよく分からないけど、西の人よりは
蝦夷の血の割合は強いと思う。

『余思うにウテツ辺に限らず、南部、津軽辺の村民も大かたはエゾ種なる
べし。只早く皇化に浴して風俗言語も改りたる所は、先祖より日本人の
ごとくいいなし居る事とぞ思わる。故に礼儀文華のいまだ開けざるはもっとも
の事なり。』 By 橘南谿

40 :天之御名無主:03/08/11 17:09
鬼剣舞がお盆によく舞われるのは、死者の供養の意味もあったのね・・。
知らなかった。

41 :天之御名無主:03/08/11 22:26
さて問題です。「剣舞」の読み方は、以下の3つのうちどれでしょう?
@ 「けんまい」 A 「けんばい」 B 「けんべぇ」

鬼剣舞と念仏剣舞。
鬼剣舞の中の念仏剣舞なのか、剣舞の中の鬼剣舞と念仏剣舞なのか、いまだようわからん。


>>23
>ススキを模した背飾り
ササラのことね。御幣が原型だとか。ススキにも見立てるようです。

42 :天之御名無主:03/08/11 22:58
>>41
東京的には2!


「鬼剣舞は念仏踊りが元」とよく書いてあるけど、ということは、
誰か仏教に詳しい人が岩手人に教えたんだよね。だったら、
源流を同じとする剣舞に似た舞いが、日本中にあるのかな。

鬼剣舞と似た念仏踊りってなんだろう。京都辺りにあっても
オカシクないはずだよね。京都に残らなくても、周辺の修験者が
修行しに行ったような土地。

43 :天之御名無主:03/08/12 19:49
>>41
2かな? 3はトーホグなまり?w


44 :天之御名無主:03/08/13 03:00
>>35
地名として残ってるので、何らかの史実はあったと思われます。
「人首丸」という名前は伝承化してから後付けされたんでしょうが。

>>36
…多分息子。

>>37-39
混血でしょうがやはり蝦夷の気質、精神みたいなものは失われてるでしょうね。
鉱山資源で独自の交易ルートでもあったなら、
搾取されたくなくて必死だったんでは、とも思います。
蝦夷というよりはうちの辺りは伊達藩所縁の因習が多いし。
しかし前九、後三の役はどうも言葉の行き違いから生じた争いだったみたいで、
その当時はまだ共通語でなくて苦労したのかなあ、と思います。

>>41
ササラでしたか。
「剣舞」の読みはけんぶから訛ったものだと思ってるんですが
ネイティブなら2と3の間ぐらいですかねw

念仏踊りについてはサパーリ…
修験者の通い路だった痕跡は土地柄に結構残ってるんですが。

45 :天之御名無主:03/08/14 13:35
「剣舞」と呼ばれるようなものは各地にあるかもしれない。
だけど、岩手の剣舞は「鬼」が舞うものでしょ?
(刀もって踊る者らが鬼だよね?)
そこが他の地には見られなくて、他所の人間から見たら面白い。
なぜ鬼が主人公なのか、成敗より供養の意識が感じられる。

46 :41:03/08/14 23:13
@、A、Bとも正解です。(どういう出題なんだと自己批判のふり)
説明を加えますと、
@は知り合いの学芸員が間違いではないと言っていました。(こちらの方が正式のような口ぶりでしたが)
Aは岩手での普通な呼び方です。
Bは>43氏がおっしゃる通り、トーホグなまりです。と言うより、うちの地域の年寄り語です。

47 :山崎 渉:03/08/15 18:22
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

48 :天之御名無主:03/08/17 11:52
>>11
>ネットで調べたところ、8月にお祭りがあって、どうやらそこで鬼剣舞が
>舞われるようなので、行ってみようと思っています。

>>1 :こおに さんは現地で鬼剣舞を体験されたのだろうか?

>>7で、「このまま倉庫行きで構いません」とは言われているが、どういう
感想をもたれたのか、聞いてみたいなあ。

49 :天之御名無主:03/12/28 15:57
道路公団の某前総裁のこと

50 :天之御名無主:03/12/29 22:57
あてるい公式サイト、去年から更新停止したままだけど、どうなってるんだろう。
1200年記念で燃え尽きたのか?もうイベントとかやらないのかな。

51 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

52 :天之御名無主:04/01/12 12:15
篠塚健次郎

53 :天之御名無主:04/02/16 20:59
荒俣ひろしがどっかで「陰陽師の次はアテルイが『来る』」とか言っていたが。
メジャーデビューは遠いのか。

54 :天之御名無主:04/02/16 22:48
映画化するとしたら誰がやりますの

55 :天之御名無主:04/02/16 23:35
藤岡弘、

56 :天之御名無主:04/02/17 22:53
わらび座のアテルイがぶさいくでガッカリ。

57 :天之御名無主:04/03/05 00:24
>>54
以前、里見浩太郎がやっていたね<アテルイ>
ほんのちょっとだったけど。

58 :名無将来:04/03/16 16:42
悪路王のことを語るなら、黒石寺蘇民祭をみてからにしてほしい。

59 :庄内人(北狄):04/10/18 21:48:04
達谷の毘沙門堂に行った時、悪路王を押さえつける神像たちを見て
自分も押さえつけられるような感覚を覚えた。
自分が明らかに、蝦夷側である事を見透かされたか?

毘沙門堂が今まで何度も焼けてるというが
そりゃやはり悪路王の押さえ切れぬお力である(!)
しかしそのたびに「直ちに」再建されているという所が
悪路王復活?を恐れる必死さが感じられてしまう。

それにしても現時点で尚も「蝦夷征伐」を「祝う」という
ところがすごい。

60 :天之御名無主:04/10/20 05:42:42
【征夷大将軍】坂上田村麻呂【清水寺】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1098215256/

61 :天之御名無主:04/11/01 14:41:22
アテルイ没後1200年記念のHPあぼーん

62 :天之御名無主:04/11/01 17:06:16
なんかオフロード仕様みたいでかっきーな
バイクやチャリの名前にすれ

63 :天之御名無主:04/11/01 21:59:14
空海入唐1200周年記念でもあるんだよね。

64 :天之御名無主:04/12/01 14:33:57
>63
アテルイ没後1200年は2002年ですが?

65 :天之御名無主:04/12/08 02:48:34
http://blog.melma.com/00064207/



66 :天之御名無主:04/12/25 06:30:51
坂上田村麻呂スレより

11 名前:ダンの花[sage] 投稿日:04/12/11 22:02:36
スサノオ→ヤマトタケルっていう文化英雄の系譜をひいているよね。
以下の事は思いつきで書いているんで、眉唾で読んでくださいな。

記紀伝説との相違は、前代が天皇に準じる存在の親征という形をとったのに対して、臣下の一武将の遠征に変わっていることと
ヤマトタケルが常陸風土記では井戸を掘るなどして地名起源説話を残しているのに対し、田村麻呂も井戸に関する地名期限説話を残しているけれど、目立つのは各地で寺社の縁起譚を残しているということ。

これは律令制国家の確立と関係があるんだろう。
官僚制度が整い天皇自らが親征する必要が無くなったことと、朝廷の権威として仏教の勢力が増してきたことが田村麻呂の伝説を作り上げたんだと思う。

この後、仏教の権威は朝廷から離れ、弘法大師をはじめとする名僧の放浪譚が生まれてくる。
田村麻呂の亡くなった弘仁2年(811)から5年後の弘仁7年(816)に弘法大師空海は高野山を下賜されている。
武力、信仰、権力、といったものが未だ未分化だった上代から、それぞれ立場を明らかにしだす古代へと時代は移りだしている。
古い秩序に変わる新しい秩序が見え始めている。
私は上代から古代へと移る過渡期に生まれた英雄として田村麻呂を評価できると考えている。

中央と周辺、権力なんて視線を交えながら文章にしたら面白いものが出来そうな気がするけど、どうなんだろなー

67 :天之御名無主:04/12/25 06:58:29
なんだかサヨっぽくなるだけだな。

68 :天之御名無主:05/01/26 14:57:25
そういえば清水寺に阿弖流為の碑がありましたね。すでに出ていた
話しでしたでしょうか。
京都のタクシーの運ちゃんが、わたしが一発で読めたので驚いてま
した。
なんでやねん(怒)
スレ違いかもしれないけど、富雄ちゃんってまだご存命なのでしょう
か。大学の頃、講義を受けたことがあったんです……。

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)