5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★古神道から見たる民俗学、伝説●●

1 :ぴいぽ:2005/07/05(火) 17:55:05
柳田国男さんや折口さんも生きていれば興味深々、腰を抜かす伝承が
伝わっている。民俗学界にもおそらく考察された事は一度もないと思う。
そんな話しや古神道のなかでも伝説のようであって民俗学している
不思議な話しがある。大石凝翁の琵琶湖に浮かぶ謎の文字、水茎文字などなど
楽しい話しをしましょう。

2 :天之御名無主:2005/07/05(火) 18:00:54
ええと

民俗学から見たる古神道と伝説

ですよね?

3 :天之御名無主:2005/07/05(火) 19:56:30
古神道の真偽のスレじゃないだろうな?
偽物である前提で、それが人によって作り出された過程や背景について
議論するなら意味あるけど…
違うなら「宗教板」か「オカルト板」にGO〜!


4 :太国:2005/07/05(火) 20:07:36
断固と守れ古神道 進まん道(皇道)はひとつのみ・・・・・。

5 :天之御名無主:2005/07/05(火) 20:30:17
ほらみろさっそく既知害が住みついた

6 :太国:2005/07/05(火) 20:59:35
わが上に 知れんの荒らしたけるとも 断固と守れこのスレを 進まん道(皇道)はひとつのみ

7 :天之御名無主:2005/07/05(火) 22:07:36
どうせなら、古武道からみてほしい。

8 :すほい:2005/07/06(水) 12:23:31
お友達の天使さんからね、天使のHNを使う人が出てきてややこしいし、
スレタイについてたりカキコしているのは違う天使ですって。
クシビ好きの天使の見分け方はね、明治天皇すり替え説が成り立たない理由を聞いたら
答えてくれるよ。ある道書の奥書も関連している。

9 :ぴいぽ:2005/07/06(水) 12:32:19
>3.>7.古武道から・・も面白そうだけど
>1に柳田さんや折口さんが腰をぬかす伝承と書いたんだけど〜。

え〜と、>2。そうです。でも大御所中山太郎さんの日本民俗学の研究はほとんど
古神道の研究ばかりですね。
ややこしいから、>2。でいいですよ。


10 :ぴいぽ:2005/07/06(水) 17:22:26
太国さん、こんにちは。第三文明の会の小笠原さんとお話したことがあるというだけで
太国さんから見れば小便小僧ばかりなのにいつも温かく見守ってくれていますね。

11 :ぴいぽ:2005/07/06(水) 17:26:06
年齢の勘定もできないかたばかりで困った物です。

12 :ぴいぽ:2005/07/06(水) 17:44:26
え〜と、水茎文字とは近江の国の水茎の岡に登り湖上遠く東北を望む時
青碧の水面に描き出す不可思議な文字のことと、敷島新報に出口王仁三郎が
語っています。
中村孝道にまでさかのぼれるといわれる水茎文字。
出口王仁三郎は二十八歳の秋、大石凝翁に連れられて天の真奈井の珍現象
を見聞したという。

13 :ぴいぽ:2005/07/06(水) 17:54:05
いまね、ネットで検索したら、神代文字集、水茎文字が出てきたけど、
びっくりしちゃいけないよ。あれは琵琶湖に浮かぶ水茎文字とは
全く違うものだよ。それどころか大石凝真素美全集にも載ってはいないよ。
ね〜っ、ためになるでしょぉ。


14 :天之御名無主:2005/07/07(木) 00:56:55
古神道ってほとんど明治以後の成立なのになんで古神道っていうの

15 :天之御名無主:2005/07/07(木) 02:04:06
明治は言いすぎでしょう。
江戸中期以降に間接的に世界宗教の情報が入ってきて
日本の土着信仰にもかつて高度な世界観や修法が存在したんだと主張する
という自己防衛心理ですな。
言霊論などは日本語国民独特の感性の産物だろうが
修行法は民間道教を改竄した部分が大きいかな。
天津金木なんぞ恥ずかしくて目のやり場もないほど品のない作品だ。

16 :太国:2005/07/07(木) 08:11:56
>>10殿 
今後ともよろしく。
>>15
どういう点が恥ずかしいのか?天津罪等からの関連品だからか?

17 :ぴいぽ:2005/07/07(木) 12:40:43
>14.今日、開店しても古本屋というでしょ。
冗談はおいておいて地下水脈に例えられる秘教大系、相伝されている神事も
含まれますね。江戸期にぼこっと湧いたりしたからですね。
>15で述べてるように鎖国から開国の影響により自己防衛的に出てきたようにも見られます。



18 :ぴいぽ:2005/07/07(木) 12:44:06
でも天津金木は大祓詞にでてくるね。
品がないなんていうとばちがあたるよ。

19 :ぴいぽ:2005/07/07(木) 17:30:14
新聞に「縄文の交易網7千年前から」の見出しが目にふれたので、
名誉教授が解明とあったよ。ヒスイの原産は新潟の糸魚川だよね。
全国的に縄文遺跡から勾玉などが見つかるから前から言われてきた事だけど
、今回教授はヒスイ以外の装身具に注目をしていたよ。石灰を加工したものも
糸魚川産の特定ができるんだって。
その他の糸魚川産の石器として蛇紋岩もふくまれるんだって。
蛇、じゃ、もん、がん、やはり縄文においても竹内の万国史のように
越がメッカだった事がわかるね。立山連邦がなんたって雄大で凄いからね。
縄文人も三大霊峰って感じてたんだね。
ヤマタノオロチ、蛇紋岩、ウ〜ん、
ぴいぽは本当だと教授もいっているのかな。(笑)

20 :天之御名無主:2005/07/07(木) 18:21:08
 邪馬台国の謎がほぼ解明されました。 
縄文人と大国様の混血ヤマト民族が
朝鮮騎馬ツングース(東日本人、日本海人)に制圧されたのです。
アマテラス(パク=白)を信仰してる人は朝鮮の直系です。
大国様、神仏習合神を信仰してる人はヤマト(山人)の末裔です。
ヤマトにとって朝鮮の神アマテラスは邪神です。
史実は伝えねばなりません。
(関東=ツングース=朝鮮)政権が平安時代から
続けてきたねつ造古代史観が根本から覆されます。
ちなみに邪馬台国はほぼ日向(ヒムカ=卑弥呼)です。

【DNA】西日本は中国系で東日本は半島系か
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1114947979/l50
邪馬台国は九州であるという前提で話を進めるスレ!
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1120434956/l50
【江上】騎馬民族説は今。。。vol.3【波夫】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1120222213/l50
「魏志倭人伝」等を読む(邪馬台国はどこですか16)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1119925933/l50
百済か新羅か?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1086007875/l50

21 :ぴいぽ:2005/07/08(金) 12:33:34
邪馬台国解明のお説どうも。でも言霊がぜんぜん違うし、
日本は巨石信仰、縄文文化、など独自の文化を持ってるし解明もすべてというには
謎だらけだからね。王朝が尻切れになる、せめてつくろえないかな、


22 :ぴいぽ:2005/07/08(金) 12:41:20
水茎文字研究の秘密の一端を明かすよ。
出口王仁三郎に受け継がれたけど、大石凝真素美翁から水野翁、
それからなんと、宇佐美翁にひきつがれたんだよ。
ねーっ、ためになるでしょぉ?
出来るだけちまた本のやり取りはねぴいぽは時間がないから、
敷島新報の王仁三郎の話も貴重だけど、今度詳しくやろうね。

23 :天之御名無主:2005/07/08(金) 12:42:43
所詮古事記に記される神は後からやってきた新参なりて


24 :ぴいぽ:2005/07/08(金) 17:41:14
古事記は霊書なんだよ。実は仁田さんも言っていた。
普通に読解してる人も少ないよ。出版社によっても解釈、読みすべて、まちまち
だよね。定本は眞福寺本で、いっしょなのにね。
大石凝翁は読み方は何通りもあるって述べている。

水茎の岡の屋形に妹と我と寝ての朝けの霜の降りはも
水茎の岡は古今和歌集の歌に伝わりて有名と宇佐美さんは言ってるよ。
当時宇佐美さんは東海道本線、近江八幡駅で下車し人力車で八幡町街路を
西方に走り、県社八幡神社の付近より道を南方にとり、しばし里道を走ると
琵琶湖の湖岸に出で、このとき前方に高き岡あるを認むるべし。
これが水茎の岡と述べているね。

25 :ぴいぽ:2005/07/08(金) 17:55:19
琵琶湖、いいよね〜。ぴいぽは鉄道から眺める景色がすきだよ。
日本最古の土偶もでたよね。
大石凝翁は人類発祥の地といっているね。
じゃ〜、水茎文字出現区域をいうよ。
蒲生郡岡山村の龍岡崎、ここに水茎の岡があるんだよ。岡には佐々木家累代の
墳墓がある。
北のほうには湖岸ぞいに長命寺山が見える。観音堂がある。左方にはおきのしまがあるよ。
沖ノ島を望むその間の湖面に水茎文字が出現するのさ。またね。


26 :ぴいぽ:2005/07/09(土) 12:38:25
長命寺山は古代において神体山として信仰されていたよ。
ふもとにはいくつかの神社があるね。その中で最古の神社といわれる
大島奥津島神社がある。社伝には長命寺(ママ)に長寿を祈って二百八十余歳の生命を得た
と伝えられている武内宿禰が当時大津市穴太の地にあったという高穴穂宮におられた
成務天皇の勅を奉じて勧請じたものといわれているよ。
竹内さん、いろんな所にでてきて面白いね。

27 :とことこ:2005/07/12(火) 12:43:09
いそいで見に行った人、見えたぁ?
肝心な事、いってなかったよ。凄いよ、秘伝だよ、(?)実は見えるシーズンが特定されていたのさ。
もちろん宇佐美さんが述べていたのだけど。時間だから今度ね。

28 :ぴいぽ:2005/07/12(火) 12:44:28
あれ?
・・・・・・大爆笑。

29 :ぴいぽ:2005/07/12(火) 17:57:15
水茎文字の見える条件を書くよ。
波しずかなる日を選ぶを最要とし、かつ秋、春の両季を定める事を
忘れてはならぬ。とあるよ。
ついでにね、この付近は人家無く、何かと不便な所であるから
あらかじめご承知ありたし、だってさ。
以上なんだけど肝心の文字がわからないでは見れないよね。
なんとかぴいぽ流に伝えるよ。
時間ないけど、「あ」はね、「一」、横線一本だよ。
       「お」は、 「=」   二本。
「え」と「い」は特殊なんだ。3種類ある。

30 :とことこ:2005/07/13(水) 12:35:44
う、もカタカナと別けているよ。
「ウ」が「○」。  丸の形。  「う」は「○○一」。丸と丸と棒はくっついているよ。
「エ」は「I]。 縦棒一本。  「え」は「 III一」。縦棒三本、はじのと横棒はくっついているよ。

てなぐあいで、立て棒、横棒、丸、丸の中に点、が水茎文字のパーツなのさ。
十のようにクロスしたり(これは「れ」なんだよ。)
イメージできたと思うけど。
とことこも実は水茎の岡へは行って見たいと思っている。
近くへは知らずに通ったことがあると思う。

31 :ぴいぽ:2005/07/13(水) 17:43:45
本居宣長が「水茎の岡」について述べていたよ。
ちょっと強引な説だと思うけど、水茎の岡とつづきたる水茎は、
みな岡の枕詞にして、地名にあらず、だって。
昔より枕詞なることを知れる人なくして、或は筑前、或は近江の地名と
心得來つるは、ひがこと也、
宣長は万葉集六に水城(みづき)と出てくるのも
みづみづしき茎のみづ木と重ねたる、なんて言ってるね。
なにか篤胤が師匠の批判をするのもわかる気がする。
宣長も師のまちがいはただすように言ってたけどね。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)