5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇家の学術的研究は無理でしょうか?

1 :日本@名無史さん:2001/04/20(金) 20:56
天皇家に関して研究してるとトラブルが起こったりしますし、
実に思想的・宗教的なものや日本人の優位などを訴えるようなおかしな切が多いです。
例えば天皇が朝鮮系の渡来人だと言う説だと怒り出す人がいますし(差別があるんでしょ)
中国やモンゴルだと言っても怒る人も多いです。

なんていうか宮内庁や神道では天皇はアマテラスオオミカミの子孫で天から降りてきたというような
非科学的主張が正しいとしているんだから、しかたないですけどね。
そんな事、言ってたら研究なんてできないよ・・・・
架空の天皇の墓を指定したりしてるしね。
ほかに天皇家はユダヤのガド族の子孫で世界を治める権利があるとか、
日本人優位のための怪しい説も多いです。

2 :名無しさん:2001/04/21(土) 06:49
そんなもん研究してどうするんだ。
挙がってる例の半分は思想っつーよりファッションじゃねぇか…

下手打つと角を矯めて牛を殺すことになりかねんからのー。

3 :天之御名無主:2001/04/21(土) 20:50
江戸の天皇崇拝宗教と、それ以前は全然別物。
土俗的な原始宗教がそもそもの形。
学術の対象になるとすれば考古学。

4 :天之御名無主:2001/04/22(日) 16:13
>1
騎馬民族説征服説は学界でも否定されてるでしょ。
それなのにそれをしつこく、しかも曲解して言う人がいるから、
怒る人も出てくるんじゃないかな。
そもそも渡来人とか言い出したら、日本人はみんな渡来人の末裔でしょ。
天皇家やその周辺だけを渡来系にしたがる人がいるからおかしくなる。


5 :天之御名無主:2001/04/22(日) 16:14
騎馬民族説は学会では相手にされていません。
この学説が発表されたのは終戦直後のことでありマスコミ・大衆レベルでは
東大の教授が唱えた新説ということで話題になりましたが
学会レベルではほとんど支持者がいませんでした。
(歴史学会は左派が強いが彼らも相手にしなかった)
というものこの説が余りに考古学、文献史学を無視した飛躍的な論理に
基づいて構成されているからです。
特に近年、古墳時代の成立を従来よりも1世紀近く早く考えるように
なったので、ますますこの学説は成り立ちえなくなりました。
現在では学者、研究者とも騎馬民族説を戦後はやった珍説の一種と
とらえています。

6 :天之御名無主:2001/04/22(日) 17:17
私は1ではありませんが
天皇家はどこから来たのでしょうか?

7 :日本@名無史さん:2001/04/22(日) 19:27
天皇家って出来たのは天智天皇あたりからじゃないの。


8 :金 春秋:2001/04/23(月) 13:52
たぶんね、だけど血筋はどうかわからない?

9 :天之御名無主:2001/04/23(月) 14:35
血筋なんていったら、みんなアフリカ系じゃん。
天皇家は日本で出来たということだろう。

10 ::2001/04/23(月) 20:00
ここでやる分には大丈夫じゃないの?
学術的研究といえるかどうかは別にして…

11 :天之御名無主:2001/04/24(火) 01:23
1はヴァカです

-------終了---------

12 :天之御名無主:2001/04/24(火) 01:24
>>9
9の言うとおり。
問題はそのルートのみ。

13 :天之御名無主:2001/04/24(火) 08:05
>9
何を根拠にアフリカ系?


14 :天之御名無主:2001/04/24(火) 08:23
>>13
人類発祥地がアフリカだってことじゃない?

15 :上げない素人:2001/04/25(水) 16:00
天孫降臨って、どっかからの移入をあらわしてるんでしょ?
なら、DNA解析すれば、すこしは移入経路の研究の足しにならないかな?
神武あたりから「本当に」血がつながってるんならさ

16 :鍵格好のおやじ。:2001/04/28(土) 02:58
クイズですよ。日の丸のあちら側の色はなんとなんとの色でしょうか。04−29
以降に。太いなるかなかなたよりのちなみに。私はきちがいですがあ。その尊きみち
をドーロとしてロードいじをおつづけになられて北ところのアマツヒツギさまがた。
よくむよくに御知己なされて。即ち、血と気との萬・磐・幡のみのりじるしなりと。
つづく。

17 :天之御名無主:2001/04/28(土) 19:20
天皇家のルーツは日本人のルーツである。


18 :天之御名無主:2001/04/28(土) 21:48
天皇が朝鮮系かどうかわからんよ。
その可能性も十分あると思うが。

日本人がどこからきたのかも、まだまだ定説といえるほどのものはない。
二重構造説(縄文人と弥生人)はあるていどあたっていそうだが、反論もある。
稲が南方の植物であることか南からきたのかもしれんし。
石器と血液学的には、北アジア人になるそうだ。


19 :鍵格好のおやじ。:2001/04/29(日) 23:37
 黄時空の真ん中では青的緑がまんまるひ。ではどちらさまもお達者でねー。

20 :天之御名無主:2001/04/30(月) 02:46
>>18
呉の亡命者が北上して百済とくっついて国をつくったという説もあったから、一概に北と南とに分類しづらいように思う。

21 :天之御名無主:2001/04/30(月) 18:48
>3
江戸期の天皇観は儒教的色彩がかなり濃いものの
まだ東洋的。
戦後のキリスト狂的皇帝天皇原理主義者が一番タチ悪い。

22 :天之御名無主:2001/04/30(月) 20:19
水戸学なんじゃ?
高山彦九郎

23 :天之御名無主:2001/05/03(木) 00:01
崇神天皇のころは
1 天照族 =稲作民族系 =鏡
2 倭大国魂(ニギハヤヒ)、物部 =銅剣海洋民族系 =剣
3 大物主(たたり神信仰)卑弥呼的 =縄文系 =玉
4 出雲族 =朝鮮系
の四つの勢力が対峙していたと思います。
で最終的に1と2の首長が3に帰依して古代天皇制が成立
4を追い出したというのが崇神天皇の功績、
素直に日本書紀を読めばこうなります。
まさにハツクニシラススメラミコトですね。
日本史はこのときから始まると言っていいでしょう。



24 :名無しさんの主張:2001/05/09(水) 19:59
>15
DNA解析は面白そうですね。
是非誰かやって欲しいです。

25 :天之御名無主:01/11/17 06:21

ヒロヒトさんってAB型だったですよね?

26 :ど素人:01/11/17 12:21
馬鹿ばっかりだなーもー。学術的にはがんがんいろんな研究していいけど。歴史とか
建前上は天孫降臨でいいでしょ。それが歴史ってものでしょ。我が国の歴史は西洋史が
キリスト教をもって構築され解釈され、意識してきたように天皇というものと切っても
切れない。キリストは神の子じゃないといって取り上げないで無視したら後世の宗教戦争、
キリスト文学、宗教改革、歴史を説明できるだろうか?歴史のヒストリーと物語のストー
リーは語源が一緒だ。歴史とはその国の民族の物語だ。ちょっと知恵をつけた素人がへんな
見方をする傾向が多いらしい。まあ私はぜんぜん専門家でもなく知識もないただの人です
けどね。

27 :天之御名無主:01/11/17 13:37
>ちょっと知恵をつけた素人がへんな
>見方をする傾向が多いらしい。
確かに。お前のことだな(藁
神道という宗教は今日まで生き残っているが、天孫降臨を信じる必要はありません。

28 :ど素人:01/11/17 17:55
>確かに。お前のことだな(藁
 そうなんですよ。私です。素人なんでねー(藁
でも間違ったことは言ってないと思うけどなー。神道はただの宗教じゃないし
だれも信じろなんていってないでしょ。

29 :27:01/11/17 18:15
ハア!?悪いけど、俺は神道信者なんだよ。
うちにもちゃんと神棚があるしな。でも天孫降臨なんぞ関係ないね。

一部の神道家や教派神道はともかく、一般の神社の氏子にとって、
「日本書紀」や「古事記」は貴重な古典であっても、宗教上の聖典
ではない。福音書読んでイエスは神の子マンセーというのと一緒に
するなっての。

それから「神道はただの宗教じゃない」ってなんだ?
すごく気になるフレーズだ。どういう意味なのか教えてくれ。

30 :ど素人:01/11/17 18:35
 私は歴史に神話的物語を神話として扱ってもいいんじゃないかってこ
とですよ。判断はそれぞれでね。
 私は別に信者とかいしきしてないけど、困ったときにお願いし、観光地の
神社でお賽銭投げたり、初詣には習慣としてお参りしに行くよ。
 神道はただの宗教じゃないっていうのは神道は別にイスラムとかキリスト
とかのように経典があるわけじゃないし、宗教って言うより日本人がずっと
感じつづけてきたものであるし、日本人の考え方であり、日本の文化そのもの
でもあるって意味でただの宗教じゃないって意味です。

31 :天之御名無主:01/11/17 21:54
炭素検査したいね。
資料をくれよー。
陛下。

32 :天之御名無主:01/11/17 22:19
キリストが死んだ人を本当に生き返らせたかを研究するような愚行。

33 :天之御名無主:01/11/17 22:35
嘘に決まってるから、調べても無駄って意味?>>32

34 :天之御名無主:01/11/17 23:16
事実を追求するのも価値のあることだし、
歴史は歴史で結構結構。
何かを追求するとついそれに一生懸命になって、他の価値を忘れちまうんだねぇ。

35 :天之御名無主:01/11/18 00:25
>>31 炭素菌に感染したのか・・。それで頭がスポンジ状になったのか。
それは狂牛病か。

36 :天之御名無主:01/11/18 11:51
>>1
東大の大学図書館には天皇制批判の本が
めちゃめちゃそろってますよ。
ただ批判にしろ崇拝にしろ天皇制に関する本で学術的な
価値があるものは見たことがありませんが。
雁屋哲「天皇と日本人」みたいなデムパばっか。

37 :天之御名無主:01/11/19 14:43
批判ったって、それで政治史などの歴史が成り立ってしまうほど大多数に支持されてもしくは必要とされてしまったんだから現在に至っているんだろう。
信仰上の理由も含め。
あったほうがなんにつけ都合が良かったんだよ、まる

38 :天之御名無主:02/04/07 00:16

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´・_・`)< 私は秋篠宮佳子内親王です。
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

39 :天之御名無主:02/04/07 00:21

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´・_・`)< 私は秋篠宮眞子内親王です。
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

40 :天之御名無主:02/04/07 00:33
>>1
はっきり言って天皇家の形成初期の頃は資料が全く存在しないとも言える状況なので、
天皇が朝鮮系渡来人であると言う説はユダヤのガド族の子孫であると言う説と
根拠の無さでは良い勝負です。
まだ前者の方が真実味はありますが。

天皇家が外来であると怒り出す人がいると言うのには一つには宗教的な問題が絡むのが原因でしょう。
(差別があるんでしょ)の一言で表現するのはかなり穿った見方です。
天皇家の発祥に関する資料は宗教的色彩が強いため、それを否定する事は宗教の否定に繋がると言う
発想の人が少なくないというのが最大の原因でしょう。

何も天皇家に限った話でもなく、
悪魔の詩事件やナスル事件を見ても判るようにイスラム教圏でもそうですし、
キリスト教圏でも未だに進化論を教えると犯罪になるような所もありますしね。
(進化論が正しいかどうかは兎も角、教えてはいけない根拠が「神の教えに反する」ですからねえ(^^;)

この種の研究をするならば、信じ込んでる人の攻勢に耐える我慢が必要かもしれません。

41 :天之御名無主:02/04/24 00:14
木の棒とと台を与えてバナナを取れるか実験したい

42 :天之御名無主:02/04/24 07:08
神武の血の四分の三は隼人

43 :天之御名無主:02/06/20 15:54
 

44 :天之御名無主:02/06/20 20:38
古代文学研究は天皇の学術的研究といえるのではないか。
社会組織研究においても、民俗学研究においても、天皇
は大して注目をひかないが、古代文学においては重要な
存在だ。

45 :天之御名無主:02/06/23 20:18
韓国の古代神話にも、日本書紀の記載のような、天孫降臨の記載があるな。

それと、神武天皇から、10代目の崇神天皇まで、ちゃんとした記録がないの
なんででしょう。
神武天皇って、高千穂にいた頃は、「ある書に曰く」という風に、
本来の出典を日本書紀の作者が削ってしまっているから、
本当のところはわからんなあ。



46 :天之御名無主:02/06/24 12:46
でも乞食や二本暑気とかの文献的価値より歴史的価値を考えれば、
こんなもん信用できないと思いますが。
権力者は大大嘘つきですからね。

47 :天之御名無主:02/10/12 14:44
うそをつくにも根拠があり理由がある。それを突き止めるのが学問だべ

48 :天之御名無主:02/10/12 18:16
天皇家の研究なんて普通にしてるやん。みんな学校の日本史で壬申の乱とか
建武の新政とか、天皇に関わる歴史的な出来事を習ってでしょ。
歴史学(文献史学)では天皇家だろうが何だろうが普通に研究してると思うけど。
大和政権の成立なんかも古代史の人は普通に研究してるしね〜。

例えば網野さんの「異形の王権」なんて後醍醐天皇の学術的な研究やん。

陵墓の問題くらいかな〜でもまあ、陵墓も正しいわけやないしね。
継体天皇陵だっけ?、正しい方は陵墓になってないのは。


49 :天之御名無主:02/10/13 08:27
DNA鑑定しても無駄。桓武天皇の母は百済王家ゆかりの人。
朝鮮系の結果が出て当然。桓武以前の血統については解らないでしょ。

蘇我氏も渡来系と言われている。てーことは用明天皇も朝鮮系の血筋をひいている?

継体天皇なんて突然でてきて、どこの馬の骨か確証ない。

列島土着民は混血のため、土着純血種(そもそもいないと思うが)としては全滅。
貴方も私も弥生ー古墳時代渡来系民族の末裔。別に半島は懐かしくないけど。
と同時に土着民の末裔でもある。

民族や国境も移り変わる。ナショナリズムを克服して、素直に真実の追究が出来れば
いいね。

50 :大日本共産党員:02/10/13 10:11
『論考集日本共産物語拾遺』より

天皇は何故王様なのか?
それは江戸時代後期にお伊勢参りの大流行から伊勢神宮中心の歴史が編纂
され、幕末に王様に祭り上げられたからです。まあ、「ええじゃないか、
ええじゃないか」というお伊勢さんの雰囲気が時代とぴったりきたのでしょ
う。彼らを祭り上げ、欧米列強諸国と対峙すべく、江戸へと進軍したのです。

他にも面白い説がいっぱい!!遊びにきてね。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~dainichi/ronkou.html


51 :山崎渉:03/01/11 03:20
(^^)

52 :山崎渉:03/03/13 13:31
(^^)

53 :山崎渉:03/04/17 09:44
(^^)

54 :山崎渉:03/04/20 04:41
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

55 :山崎渉:03/05/21 22:26
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

56 :山崎渉:03/05/28 15:12
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

57 :山崎 渉:03/07/15 12:45

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

58 :天之御名無主:03/08/15 22:16


59 :直リン:03/08/15 22:17
http://homepage.mac.com/maki170001/

60 :天之御名無主:03/10/17 20:05


61 :天之御名無主:04/03/19 23:32


62 :天之御名無主:04/03/21 21:17
皇室の学術的研究は誠に素晴らしいことである。
いかに形を変えたとはいえ、今に生き残っている古代王家
は世界にもそうないはずである。

日本だけでなく、古代王権の研究にも役立つだろう。

63 :天之御名無主:04/03/21 23:48
研究対象になるって一応恥の部類に入るんだろうな。

スレと関係ないが、ここの研究者さんに俺の考えを聞いて欲しい。
天皇の存在は身分の卑しい存在をも許容してしまうがゆえに
よくないと言う人がいるが、
いと高き存在と、いと低き存在を天皇が兼ねているのではないか。
戸籍も無いような人たちと交流できるのは天皇だけではないのか。
平民がいくら身を落とそうとも、最下層にはなれず、「悲惨な平民」
にしかなれないのではないか。平民は卑しくなる権利も無いのではないか。
最も卑しくなれるのは天皇だけではないのか。
皇室が赤十字の総裁職を勤めたり、社会福祉に携わることとも関係しているのではないか。
こんなことを考えました。


64 :天之御名無主:04/03/22 02:07
>>63
皇室関連の学問は、どの分野でも多かれ少なかれイビツな議論がありますよね。
天皇・皇室議論というものはある種のイデオロギーとは不可分ではあるけれど、
イデオロギーとともに語るゆえに歪みやすいと思うのです。

 現代における、憲法的解釈による天皇。
 戦前における、皇国史観という虚像のなかでの天皇。
 鎌倉〜江戸期における、権力とは離れたところにある権威としての天皇。
 奈良〜平安期における、律令制のなかでの天皇。
 古墳〜飛鳥における、豪族連合の盟主としての天皇。
 記紀神話における、アマテラスの子孫としての天皇。

これらを各時代ごとに、
法制度的な、政治的な、経済的な、歴史的な、宗教的な、神話学的な、文化的な、人類学的な、
各側面から「天皇」の位置および意味を分析的にアプローチするとともに、
それらを統合的に俯瞰して考察するという壮大な研究方法をとらない限り、
歪みの矯正はむずかしいんではないでしょうか?

65 :天之御名無主:04/03/23 00:49
「天皇家の研究」という題目で研究はされてないかもしれないが、
時代ごとにどう天皇が捉えられてきたかということは研究されている。

天皇のルーツ、起源は何かなんてのは実に下らない議論であって、
突き止めようにも証拠がないし、突き止められたからといってその先に何があるわけでもない。
大和民族の存在を信じている人々以外の第三者にはソレガドウシタというレベル。
その先があるわけでもないし、価値のある研究ではない。それこそ自己満足のオナニー。
社会的に価値のある成果は生み出せない。だからまともな研究者はこんなのを相手にしない。

例えば>>64氏の挙げているような歴史的変遷を辿って
天皇の形成を考えるのは意味のある研究になるといえる。
で、実際にそういう試みは各時代ごとに行なわれてきてませんか?

66 :天之御名無主:04/03/23 01:40
64です。
天皇家の研究というと、なんらかのイデオロギーを伴う総論ありきで、
その結論に沿うかたちで各論がこじつけられてる気がするのですね。

天皇家の研究をイデオロギーと切り離して考えるためには、
総論を語らない限定的フィールドからのアプローチが有効だと思うのです。
もちろん、そういう各論レベルでの研究もだいぶ進んできたとは思います。

しかし、やはり天皇家という存在を語るには各論だけでは不十分で、
それらを時代の流れのなかで、多分野にわたる各論を有機的に結びつける
ような研究スタンスが必要なんだと思った次第です。

ちなみに、研究の価値ということを実利性に求めるのであれば、
文学系学問の多くは「実学」とは言いがたいように思われるのですが・・・。
それでも人々が求めてやまないものには意味があると信じたいです。

67 :65:04/03/24 01:13
>>66
>ちなみに、研究の価値ということを実利性に求めるのであれば、
>文学系学問の多くは「実学」とは言いがたいように思われるのですが・・・。
>それでも人々が求めてやまないものには意味があると信じたいです。

私は文科系学問とは充分実利を伴うと思っています。
例えば天皇家というシステムが如何にして形成され、維持されていったのか、
という事を考えていく事は、充分価値のあることだと思います。
諸外国の王室というシステムと比較検討することもできるし、それはひいては
人類の真実の姿に迫ることにつながるでしょう。(豪く格好つけた言い方ですが)
過去の人類がどのようなシステムの元に生きてきたかという事を見つめなおすことは
これからの人類の生き方を考えていく上で有効でしょうし。

しかし、天皇の起源は何か?なんていうのは突き止めた所で
人類の未来に対して全く役に立たない。
こんなのは自分の先祖が誰か突き止めるのと同じで、
関係の無い第三者にとっては何の価値もないことでしょう。
天皇の先祖が騎馬民族であろうと朝鮮民族であろうと神様であろうと
例えば、天皇家に全く関係の無いイギリス王室の何がわかるわけでもない。
起源よりも形成に目を向けることが重要だという事が言いたかったのであります。
何故、天皇が神様だと信じられてきたのかという事を考えるのは意味がありますが、
天皇は実際に神様であったのかどうか、等という事を考えるのはバカバカしい。
「歴史的に見てアマテラスなんて居ませんでした。」と証明する事にどれ程の意味があるのか。
それよりもアマテラスを信じてきた人々の精神、生活を明らかにする事が大事でしょうと。

今さら何を偉そうに・……という感じの当り前の事ですが、
>>1を読むと言わずにはいられなかったので。

68 :66:04/03/26 00:10
>>67
私自身は文科系学問に価値があると信ずる者ですので、67さんのご意見には賛同いたします。
さきの投稿で、「文科系」とせず、あえて「文学系」としたのは特に文学が「実学」でない面が大きいためです。
同じ文科系でも、法・政治・経済など現代社会に大きく影響を与えている学問もありますので。

天皇家のルーツ探しに意味があるかないか、ということになると卑怯なようですが私には正直わかりません。
興味がないかと言われれば野次馬的な好奇心はあるのですが、それが判ったからといって社会に
還元されるわけではありませんし・・・。一部の人たちの好奇心が満たされるという意味はあるでしょうけれど。

しかし、好奇心が満たされるならば、それはそれで有意義なんじゃないか、とも自問してしまいます。
「実学」が物質的な豊かさを実現するものであるとするならば、精神的な豊かさを実現するものは何なのか?
その答えは、あるいは先述の文学であったり、芸術であったり、娯楽であったりするのかもしれませんが、
そのなかの一つに、「好奇心を満たすこと」が含まれていてもいいんじゃないかと思うのです。
しょうもない内容の長文ですみませんでした。


トリビアの泉より
 「人間は無用な知識の数が増えることで快感を感じることができる唯一の動物である」(アイザック・アシモフ)

69 :63:04/03/26 07:05
君達いい文章書くね。

あげとくけどしゅうりょうな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー終了ーーーーーーーーーーーーーーーー

70 :天之御名無主:04/10/03 22:46:37
t

71 :天之御名無主:04/10/04 06:20:11
いいスレでしたが、「鍵格好のおやじ。」が気になってしょうがない。

72 :天之御名無主:04/10/05 12:00:20
でも天皇が渡来人ってのは通説なんだろ?

73 :天之御名無主:04/10/05 12:06:13
天皇が渡来人という説は、いつごろの渡来人という設定なのかな?
誰か情報キボンヌ。

74 :天之御名無主:04/10/05 12:37:28
古代に朝鮮半島からきたってやつか。常識だろ。

75 :天之御名無主:04/10/05 12:44:54
秦の始皇帝の使いとして不老不死を探しにだされた
徐福が連れて行った200名の男女の誰かor徐福が天皇の先祖。

76 :天之御名無主:04/10/05 22:47:09
ひろーい意味なら縄文人だって大陸渡来してきてるわけだな、氷河期にマンモス追って。
さらに遡れば、アフリカ辺りでなんたらイブとかいう偉大なる母様にて人類みな兄弟ってことになる。

アイヌ人と東北人と関東人と関西人と九州人と沖縄人は同一民族であるか?
仮に、上記のちがい程度は無視できるとして、日本人とモンゴル人と中国人と韓国人だったらどうだろう?

DNAの遺伝上、何世代か交雑が絶えていれば別民族とできると考えるのが妥当だとしても、
天皇家の場合は、桓武天皇が朝鮮民族とのハーフとして、少なく見積もっても40〜60世代ていどは経過してる。

ただし、公家の場合は皇族か貴族類縁者との婚姻が多かったので、庶民ほど雑多にはDNA交雑のチャンスは
なかったかもしれないが、それにしたって、異民族の血ってのは相当薄いと考えてもいいんじゃなかろうか?

77 :天之御名無主:04/12/30 15:38:48
天孫降臨に従ってきた
他の氏族のルーツを探ればわかるかも

78 :スサノオの子孫:05/01/03 15:35:11
研究しなくても、誰でも知ってるよ。言わないだけさ。

79 :天之御名無主:05/01/04 13:17:42
nhkの大化改新漏れは結構楽しめまスタ。

80 :天之御名無主:05/02/20 12:32:55
皇太子は雅子さまとご一緒に皇籍を離れることをご決心されたようです。
順当なら秋篠宮様が次の天皇を継ぎになり、その次は眞子内親王が皇位につかれることになります。

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)