5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ ラカンと愉快な仲間たち ★

1 :フェノ:04/06/17 20:13
ラカンってむずかしいけど、
ラカンと愉快な仲間たちについて語りましょう。

日本一わかりやすいラカン入門?「生き延びるためのラカン 斎藤環」
ttp://www.shobunsha.co.jp/

2 :考える名無しさん:04/06/17 20:14
(……著者の方ご本人じゃ無いよな、まさかな)

3 :考える名無しさん:04/06/17 20:15
ラカンの一冊も読んだこと無い知障がスレ立てんじゃねー!!

4 :考える名無しさん:04/06/17 20:20
サービスしすぎだよね、たまちゃん。
タダでこんなの載せちゃって。

5 :フェノ:04/06/17 20:23
「象徴界」という考え方はいかがなものでしょうか。
と思うのですが。

6 :考える名無しさん:04/06/17 20:26



以下、この度の糞スレ乱立犯である、ぴかぁ〜=フェノの糞レスが続く







7 :考える名無しさん:04/06/17 22:31
昔哲版でラカン・スレって結構つづいていたと
思うんだけれど、誰か過去スレどこにあるかしらない?

8 :考える名無しさん:04/06/17 22:45
>>7
★☆★☆哲学板総合案内所☆★☆★
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/989464446/

9 :フェノ:04/06/17 22:53
>>7
そうですか。確かにラカンスレがないのは寂しいですね。
過去スレどこでしょう。

10 :考える名無しさん:04/06/17 23:24
>>1
これどーせ本にすんだろ

11 :考える名無しさん:04/06/17 23:38
ラカンは俺にきけ

サイタマは衒学詐欺

12 :The end.:04/06/17 23:39
明らかに板違い
→お下品板
→文学板
→お花畑板(特に推奨)
へどうぞ

13 :考える名無しさん:04/06/17 23:40
根拠もなく「明らかに」などという人間こそ、
哲学板から出て行くべし。

14 :The end.:04/06/17 23:44
明らかに、どこからどう見ても、板違い
→お下品板(推奨)
→文学板
→お花畑板(特に推奨)
へどうぞ

15 :考える名無しさん:04/06/17 23:44
なんでラカンが板違いなわけ

バカかこいつ
死ねよ

16 :考える名無しさん:04/06/17 23:46
根拠もなく明らかになどと言えてしまう
能天気さが哲学の本質なのか


17 :The end.:04/06/17 23:47
ラカンは以下の板のほうがより相応しく、議論するのに本質的です。
→お下品板(推奨)
→文学板
→お花畑板(特に推奨)
へどうぞ

18 :考える名無しさん:04/06/17 23:48
>>17
おまいは新手の荒らしですか?

19 :考える名無しさん:04/06/17 23:50
自治厨アク禁だろこいつ
ふざけんなよ

ラカンの何を知ってるの?
エクリやセミネール読んだことあんの( ´,_ゝ`)プッ

20 :考える名無しさん:04/06/17 23:51
もはやラカンはジジェクを通してしか読まれないのか?

21 :THE END:04/06/17 23:52
「0が不合理になる微積分学としての人生」をお花畑板で歩んでください。

22 :考える名無しさん:04/06/17 23:54
>>21
マジイラネ
こいつ何様のつもり

じゆんだろ
腐れチンポ野郎が

23 :考える名無しさん:04/06/17 23:56
つまり君のファルスは超越論的に去勢されている。
あいわずぼーんしてから虚数が常にトポロジカルな中性名詞なのだ。
そのような形からはブルームズデイの始まりを終えることはできない。

24 :考える名無しさん:04/06/17 23:57
つまり、ラカンが哲学だということを正当付けられるのは
なんでも哲学のみだってことなんだろ?

25 :考える名無しさん:04/06/18 00:00
語ればいいんだよー。

26 :考える名無しさん:04/06/18 00:03
しかし無理矢理はよくない。お前ら全員無理矢理過ぎなんだよ。無茶と我儘は違う。意見まとまらないのに無理矢理に事を思い通りにすることは無理がある。どんだけの自我があると思ってんだ。無茶苦茶だよ

27 :考える名無しさん:04/06/18 00:03
さー、ラカンについてしゃべってごらん。

28 :考える名無しさん:04/06/18 00:04
勃起性の器官はどうして、虚数なんですか?

29 :考える名無しさん:04/06/18 00:04
ラカン原著でちゃんと読んでる人いる?
訳がひどすぎてわけがわからん

30 :考える名無しさん:04/06/18 00:05
薬がひどいんじゃない。
原文がひどいんだ。

31 :考える名無しさん:04/06/18 00:05
>>28は確実に馬鹿

32 :考える名無しさん:04/06/18 00:07
鏡像的段階は実体が現前してのものだねだろ。何もないよラカンについて言うことは

33 :考える名無しさん:04/06/18 00:08
微積分学としての人生ってなんでつか?

34 :考える名無しさん:04/06/18 00:09
鏡像段階は論破されとる

35 :考える名無しさん:04/06/18 00:20
まさに奴隷だな(藁

36 :考える名無しさん:04/06/18 00:22
 立 て 逃 げ ?

37 :考える名無しさん:04/06/18 00:25
ぴかぁの自演

38 :考える名無しさん:04/06/18 00:25
ぴかぁ〜はラカンなんか知らんよ
せいぜい斎藤環だな

39 :考える名無しさん:04/06/18 00:27
>ラカンってむずかしいけど、
>ラカンと愉快な仲間たちについて語りましょう。

の通りに話が進めば、別に板違いじゃないのだが。
語る気、あるのだろうか。

40 :考える名無しさん:04/06/18 00:28
>>38アホのぴかぁ〜

41 :フェノ:04/06/18 00:35
ラカンと愉快な仲間たちなので、
ヘーゲル、コジェーブ、ソシュール、フロイト、ハイデガー、ドゥルーズ、デリダ、ジジェク・・・
でもどうぞ。 

42 :考える名無しさん:04/06/18 00:36
メッツもたしといて

43 :ばかぁ〜 ◆vPfc5O9SRw :04/06/18 00:41
あっ、ぴかぁ〜さん。やっぱりいたんだ。がんばってねー。

44 :考える名無しさん:04/06/18 00:42
ばかぁ〜しんだんじゃなかったの?
久しぶり

45 :鏡像段階の哲オタの例:04/06/18 00:44
275 名前:THE プル 本日の投稿:04/06/18 00:31
いいですか、
クリステルが見つめているのはTVカメラなんです。
妙な汗かいてる哲オタどもがブラウン管を見つめて、
どんな妄想抱いているのかは、
解りかねますが、
仮に、
発情している哲オタは、
クリステルの画像に対してではなく、
ブラウン管に映り込む哲オタ自身のアニマに
反応しているのです。
これが定説です。
どうかしましたか?

46 :考える名無しさん:04/06/18 00:47
知らない間に、こんな本出してたのかw

47 :考える名無しさん:04/06/18 00:49
なんだ、本じゃないのか・・・

48 :考える名無しさん:04/06/18 00:50
タダでがんす。

49 :考える名無しさん:04/06/18 01:03
読まないから、ラカンと阿頼耶識を結びつけた論文書いてくれ。

50 :考える名無しさん:04/06/18 01:04
「0が不合理な微積分学としての人生」ってなに?まじでさー

51 :考える名無しさん:04/06/18 01:09
>>50
意味がわからんがちょーてきとーに解釈
xに0を代入したら不定形。だから、
うまく変形して極限を持つようにしようとしても無理な人生ってこと?
数学なんぞ高校以来やってないから、全然わからんが・・・

52 :考える名無しさん:04/06/18 01:42
まるで解析学の初歩に躓いた大学一年生みたいだな。

53 :考える名無しさん:04/06/18 01:53
知ったか物理厨の機械よりはましだわな。

54 :考える名無しさん:04/06/18 08:33
ラカンスレキタ━(゚∀゚)━!

【過去ログ】
ジャック・ラカンと精神分析
http://mentai.2ch.net/philo/kako/950/950266631.html
ジャック・ラカンと精神分析part2
http://web.archive.org/web/20030801031100/http://academy.2ch.net/philo/kako/1009/10092/1009289741.html


55 :フェノ:04/06/18 08:57
ありがとうございます

56 :フェノ:04/06/18 09:01
ラカンはコジェーブのでしで
ラカンの理論の骨子はコジェーブのヘーゲル解読にのっとっていると
言われます
ファルスだなんだというフロイト系はあまり興味がないのですが
根底の他者性については大変おもしろいと思うのですが

57 :考える名無しさん:04/06/18 13:44
あのぉ、ラカンの書いた本は最初何がいいの?

58 :考える名無しさん:04/06/18 14:20
岩波から出ているセミネール嫁
どれでもいいから

59 :フェノ:04/06/18 16:30
ラカンの入門書はどれもパっとしない感じがする

やはり独解的にならざるおえないからかな

60 :考える名無しさん:04/06/18 17:57
>>59

なんでラカン自体の著作を全く理解できない人間が
ここまであつかましいことをいえるのか
いつもながら理解に苦しむ。
素人の戯言といえばそれまでだが。


61 :考える名無しさん:04/06/18 18:27
>>58
なんでもいいのね。ありがとー。
そーいや最近『不安』が出版されたみたいだね。『不安』でも読もう。

62 :考える名無しさん:04/06/18 23:16
>>60

なんでぴかぁ〜の仕事(役割)を全く理解できない人間が
ここまであつかましいことをいえるのか
いつもながら理解に苦しむ。
玄人気取り厨の戯言といえばそれまでだが。

63 :考える名無しさん:04/06/20 01:43
十川幸司のラカン本が品切れでもう買えなくなってる。
シマッタ....買い逃した....

精神分析への抵抗―ジャック・ラカンの経験と論理
十川 幸司 (著)

価格: ¥2,520 (税込)

現在、在庫切れです。このページは在庫状況に応じて更新されますので、購入をお考えの方は定期的にご覧ください。

単行本(ソフトカバー): 270 p ; サイズ(cm): 19 x 13

出版社: 青土社 ; ISBN: 4791758420 ; (2000/09)

レビュー
内容(「BOOK」データベースより)
心理学でも科学でもない精神分析に固有の経験。それはフロイト理論
誕生以来百年、精神分析への抵抗を生みだすとともに、"不可能"への
抵抗として理論を不断に更新しつづけてきた。フロイトへの回帰を説
いたラカンによる「抵抗」の全軌跡を批判的に検討し、精神分析の可
能性を未来へと押し開く。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791758420/


64 :フェノ:04/06/20 05:16
ラカン曰く、「女性は存在しない」
ほんとに?

65 :考える名無しさん:04/06/20 14:36
性的関係は存在しない

66 :フェノ:04/06/20 21:44
「女性は男性の『症状』である」

67 :考える名無しさん:04/06/21 00:16
・・・は、末期症状?
ところで、誰かクリステルのスレスト解除してくれない?^^;

68 :フェノ:04/06/23 00:15
ラカンの解説書ってなんでみんな熱いんだろう
気持ちばかりが空回りしてわかりにくい

たぶんラカンだけだろうなこんなの

69 :考える名無しさん:04/06/23 02:08
理解に転移は不可避か否かというのも、重要な問題ですね。


70 :考える名無しさん:04/06/23 03:37
だから、まず、
0が不合理となる微積分学としての人生
ってのをおしえてくれよ。

71 :考える名無しさん:04/06/23 03:51
>>68
ラカンが雑で勝手な解釈ができるからでしょう。

72 :考える名無しさん:04/06/23 04:53
>>71
エクリをフラ語で読んだ上での発言?

73 :フェノ:04/06/23 19:08
>>71
勝手な解釈というか、そのその論理的な意味はあるか
というか、ラカン自身が意味をもっていたのか?

>>72
読んでないけど、読んだらどうなる?

74 :考える名無しさん:04/06/23 20:47
だからまず、おしえれっていってるだr0お。w

75 :考える名無しさん:04/06/23 21:15
個人に現れている世界って、ラカン的に言うと何なの?

76 :考える名無しさん:04/06/23 22:02
0が不合理な微積分学としての人生だよ。

77 :考える名無しさん:04/06/23 22:13
>>76 ソーカル厨スレに書いたから読んでみ。

78 :フェノ:04/06/24 00:04
>>75
想像界

79 :考える名無しさん:04/06/24 01:24
>>78
一万円札が一万円札に見えるのは象徴界的じゃないの?

80 :フェノ:04/06/24 01:40
紙が一万円札であるのは、象徴的です。
しかし個人にとって、一万円札というイメージは
想像的では?

そして、お金は対象aと言われますね。
象徴界に開いた穴。

というか、明確でなく、見方によるといわれますが。

81 :考える名無しさん:04/06/24 01:42
フェノって最近この板きたの?

ぴかぁ〜ってコテに話の進め方がすごい似てる。

82 :考える名無しさん:04/06/24 01:56
>>80
時計を見て時間がちゃんと読み取れるなら象徴界的で、顔のように見えたら
想像界的では?

83 :フェノ:04/06/24 02:03
よくわからないので、教えてください。

想像界・・・今見ている世界(イメージ)
象徴界・・・無意識。シニフィアンとして構造化されている。

では、いま普通にしゃべっているコミュニケーションは、
想像界?象徴界?

84 :考える名無しさん:04/06/24 02:23
私もよくわかりませんが・・・
象徴界は言語的把握に近く、想像界はイメージ的把握に近いかと。
全然すっきりしないのですが。

85 :フェノ:04/06/24 11:05
なぜラカンの解説本は失敗するのか?

86 :考える名無しさん:04/06/24 12:53
ラカンは我執と名誉欲の異常に強い人であった。

87 :フェノ:04/06/25 00:36
ラカンで使えるのは
鏡像関係
欲望の欲望(正確にはヘーゲルだが)
対象a
大文字の他者
ぐらいですね
主体は鏡像的に自己を獲得する
だから絶えず大文字の他者の審級を必要とする
欲望は他者の欲望であり、
欲望の対象が対象aである

88 :考える名無しさん:04/06/25 10:51
対象aっておにぎりのこと?

89 :フェノ:04/06/25 16:59
たまには

90 :考える名無しさん:04/06/25 17:02
対象bもあるの?

91 :フェノ:04/07/01 17:29
ん?

92 :考える名無しさん:04/07/01 21:43
女なんていないと想像してごらん  ジョアン・コプチェク著/村山敏勝訳
河出書房新社・07月14日・3,675円・ISBN:4309243215
ラカンの悪名高き命題「女は存在しない」は何故衝撃的か。精神分析から倫理へのアプローチの可能性を追求、挑発的な書。


93 :考える名無しさん:04/07/03 01:07
>>ALL

「『ゼロが不合理であるような微積分学』としての人生」を生きてますか?


94 :フェノ:04/07/03 01:24
>>92
なにかおもしろそうですね。

95 :考える名無しさん:04/07/03 01:26
あ……こんなとこにいた。
いじわるっ

96 :フェノ:04/07/09 21:38
ん?

97 :考える名無しさん:04/07/09 23:19
「プレゼント」 ジッタリン・ジン

あなたが2chに書いたもの 論理が逆立ちした理論
あなたが2chに書いたもの 流行りのキータームの羅列
あなたが2chに書いたもの 会話してたコテのパクリ
あなたが2chに書いたもの ネット依存の理論武装
あなたが2chに書いたもの よくありがちなメディア批評
あなたが2chに書いたもの しゃべり場レベルの人生観
大好きだったけど 哲学板なんて 大好きだったけど 最後のプレゼント
Bye bye my sweet darlin’ 放置してあげるわ

あなたが2chに書いたもの 誤字、脱字に無駄な改行
あなたが2chに書いたもの 読んでない書物の要約
あなたが2chに書いたもの ヒネリも何もないコテ名
あなたが2chに書いたもの 世間知らずの世界観
あなたが2chに書いたもの 数学知らずのシステム論
あなたが2chに書いたもの 女知らずの恋愛論
大好きだったけど 哲学板なんて 大好きだったけど 最後のプレゼント
Bye bye my sweet darlin’ 軽蔑してあげるわ

あなたが2chに書いたもの 2chに超えれるポストモダン
あなたが2chに書いたもの 寂しがりやのハニカムハーツ
あなたが2chに書いたもの 溢るる余剰と神話作用
あなたが2chに書いたもの なんでもかんでも対象a
あなたが2chに書いたもの 自分次第の固有名
あなたが2chに書いたもの あの日生まれたルサンチマン
大好きだったけど 哲学板なんて 大好きだったけど 最後のプレゼント
Bye bye my sweet darlin’ 粘着してあげるわ


98 :考える名無しさん:04/07/09 23:20
「Boys &Girls」 浜崎あゆみ

(※)書き込みだした ぴかぁ〜を誰が止めることなど出来るだろう
自演しだした ぴかぁ〜を誰に止める権利があったのだろう

よく立てている よくレスしている よくコテ変えたりしている
「名コテになりたい」って もう何スレ目になるんだろう
一体何が言いたくて 一体何が論点で 一体どこが問題とかって
聞かれても理解なんて 端からしてないけどね

「書き込む」押す瞬間に 忘れないでいて
このスレの他に 何スレも立っているのを

(※)繰り返し

本当はシッタカしてる 本当は読んでない 何だって誰だってそうでしょ
学哲って言われたって よく見りゃみなマイ哲で

朝やけが眩しくて もう寝る時間
昼夜逆転なんて 言葉も忘れてた

(※)繰り返し


99 :考える名無しさん:04/07/09 23:20
「そうだ! ぴかぁ〜’re ALIVE」 モーニング娘。

(※)自演!無知!2 channel star!自演!a-ha!2 channel star!
自演!煽り!2 channel star!自演!荒らし!2 channel star!

カキコミしてみたいなロンリーevery night シッタカしてみたいなインチキ logic  
ぴかぁ〜’re alive SO 生きている The人間 そう そう The人間

(◎)ん?ん?ん?ん?ん?ん?ん?ん?ん?ん?たとえば?
そうそうそうそうそうそそううそうそうそう なんですね

ぴかぁ〜’re alive だって 考える The人間 Yes  Yes The人間
ドゥルーズ ルーマン クリプキ デリダ ラカンもフッサールもみんなみんな
いったん日本に輸入されれば 全部ネタさ GO!GO!GO!GO!
(※)二回繰り返し
(★)博識になりたい みんなに尊敬されたい 本当の欲望はきっと伝わるはず
GO!GO!GO!GO! ぴかぁ〜’re alive

禿同されたいなハッタリphilosophy  引用されたいな切り貼りecriture
ぴかぁ〜’re alive So 恋をする The人間 Hey hey The人間
(◎)繰り返し
ぴかぁ〜’re alive だって 悩んでる The人間 Yeah Yeah The人間
大事にしていた駄文のファイル ボタン間違って消しちまった
パクったネタでごまかしておこう 新スレ立てて GO!GO!GO!GO!
(※) (★)繰り返し
天才になりたい みんなに教えを垂れたい いくつになっても Wow ヒッキーだよ
GO!GO!GO!GO! ぴかぁ〜’re alive

(※)永遠に繰り返し


100 :考える名無しさん:04/07/10 00:47
グレート場尾部も知らないんだろどうせ(w


101 :考える名無しさん:04/07/10 09:55
だいわすざなだろ?

102 :考える名無しさん:04/07/15 22:58
age

103 :ぴかぁー:04/07/21 17:46
ん?

104 :考える名無しさん:04/07/22 04:17
 

105 :考える名無しさん:04/07/26 14:16
虚数的なもの、表象不可能なものが群として一定の強度を得たときに確率論的にたち現れるのであって、原初を一点、一者として捕らえることは不可能で
一点、一者と言う観点から言えば、たち現れるや否や存在はすでに二者(性格には複数/表象、つまり襞の関係)としての存在でしかありえないと言うふうに 最終的には 考えられていくわけでしょう。
ですから、虚数の世界っていうのは実はリアルとしてあるんじゃないかとか、虚数・素数・素因数と言うような部分が群論の立場から再研究されたり するわけです。


106 :考える名無しさん:04/07/29 01:31
ラカンが、両親の家の女中になってたエメと再会したというエピソードがある。


107 :考える名無しさん:04/07/29 01:58
つうかエメの息子がディディエ・アンジュー。

108 :考える名無しさん:04/07/29 03:23
みんな知ってるよ

109 :考える名無しさん:04/07/29 08:09
知ってるかどうかじゃなくて、コメントはないですかということ。

110 :考える名無しさん:04/07/29 08:55
じゃ、その息子が飼っていた猫については知ってるか?

111 :考える名無しさん:04/07/29 09:44
みんな知らないらしいな。(w

112 :マジレスきぼんの。:04/07/29 12:19
つか?
ラカンて
左翼なん?
左翼受けがいいとか?

弘文堂たらゆう(共産党系らすぃー
出版社から
ラカンの厚い辞典が出てたのを見た気がしたりしなかったり
なのよ

113 :考える名無しさん:04/07/29 13:26
ラカンは左翼じゃない。つーかラカンは政治に興味がない。
むしろ政治に何も期待してない。サルトルを尊敬してたみたいだが・・・

114 :考える名無しさん:04/07/29 13:37
そもそも「〜って左翼?」のような質問の仕方からしても、
叩き目的なのは自明だよな。

115 :考える名無しさん:04/07/29 15:15
 

116 :考える名無しさん:04/07/29 15:36
もし左翼受けがいいとしたら
アルチュセールのせいだろ。
つか、なんで弘文堂が共産党系なんだよ?
もーわけわからん。

117 :考える名無しさん:04/07/29 15:45
ラカンの思想とソシュールの思想の関係に興味がある。

118 :考える名無しさん:04/07/29 15:45
弘文堂ってえーとか精神医学を中心に出版してる出版社だろ?
共産党系なの?共産臭しないのは俺の鼻が悪いのか

119 :考える名無しさん:04/07/29 15:48
ラカンはむしろファロセントリズムとかファロクラシーとかいわれて、
反動的なイデオローグだと見なされているんじゃないか?

120 :考える名無しさん:04/07/29 15:48
これどう?

http://www8.plala.or.jp/kikkasha/books/lacan.html

121 :考える名無しさん:04/07/29 15:50
ソーカル vs ラカニアン


が知りたいんだけど。

ソーカル事件に対するラカニアンたちの反応はどうなの?

122 :考える名無しさん:04/07/29 15:51
ソーカルの負けというのが、一般的です。

123 :考える名無しさん:04/07/29 15:54
だいたい「ソーカル事件」とか御気楽にゆうなよ。
『「知」のギマーソ』の中でもラカンには一番手を焼いてるだろ?

124 :考える名無しさん:04/07/29 23:56
>>122
もう少し具体的に説明してくださらないと、負けという意味が分かりません。

>>123
どうゆうふうに手を焼いているの? ラカンのレトリックに?

125 :考える名無しさん:04/07/30 07:03
>>121
どうして知りたいのだ?

126 :考える名無しさん:04/07/30 10:37
だからプロレスは勝ち負けじゃなくて(ry

127 :考える名無しさん:04/07/30 11:45
けっきょくラカニアンにも答えられない問題らしい

128 :考える名無しさん:04/07/30 12:47
理論物理学者とラカン派精神分析家が食事会でも開いて雑談したらいいのに

129 :考える名無しさん:04/07/30 15:57
つか、ラカンのセミナーには物理学者とか数学者もふつーに参加してただろ

130 :考える名無しさん:04/07/30 16:37
その数学者や物理学者はどう思ったんだろう?
わけわかめって思ったのかなー

131 :考える名無しさん:04/07/30 20:57
量子論はソシュール構造言語学の影響を受けたらしいけど・・・
そのソシュールの影響を受けたのがラカン?

132 :考える名無しさん:04/07/30 21:59
おーまーえーはーアーホーかー?

133 :考える名無しさん:04/07/30 22:06
            (⌒Y⌒Y⌒)
             \__/
            /∵∴∵∴\
           /∵/∴∵\∵\
       (⌒/∵<・>∴∴.<・>∵|⌒)
       (  |∵∵/ ●\∵∵|  )
       (__ |∵ /三 | 三|∵ | __)
          |∵ |\_|_/| ∵|
           \ | \__ノ  |/ いい加減にしないか?
            \___/
         _/ | \    /|\_
       / ̄/  | /`又´\|  |  ̄\



134 :考える名無しさん:04/07/30 23:31
どうなんだろ。ソーカルはラカンをターゲットにしてたけど、ドゥルーズ&ガタリほどじゃないでしょ。
ラカンは今で言う「論理実証主義」からは遠い存在だと思われ。だってその利用は敢えて誤用に基づくものだから。
利用=誤用=多様=今日=土曜ってことだな

135 :考える名無しさん:04/07/31 00:15
すらぼい・じじぇくタン 萌え。

136 :考える名無しさん:04/07/31 00:35
トロくさい低脳レスばかりしおって

137 :考える名無しさん:04/07/31 01:23
>>136
君が一番の低脳レス認定

138 :考える名無しさん:04/07/31 02:22
>>131>>134が最低脳だと思うよ

139 :以上。。。低学歴の質問でした。。:04/07/31 06:36
ところで
ぜんぜん
板違いorスレ違いやが。。。

マルキストのことなんでマルキシャンってゆわないの?
ヘーゲル好きのことヘーゲリアンってゆう?

140 :考える名無しさん:04/07/31 08:45
君らラカニアンになってもいいが、俺はフロイディアンだよ、
ってのはどこでの発言?

141 :考える名無しさん:04/07/31 11:01
>>131
これってホントなの?

142 :考える名無しさん:04/07/31 13:55
>>139
マルキストとマルクシアンは別。
マルキストはマルクス主義者だが、
マルクシアンはマルクスから多くを学ぶが、マルキストではない人のことを言うらしい。
と内田樹先生がいっておりました。

143 :考える名無しさん:04/07/31 17:36
ほー
(感心




144 :考える名無しさん:04/08/11 01:16
教えてフランス語の人。
プチ・タ?
プチ・ア?

145 :考える名無しさん:04/08/11 01:42
プティト・アー
→ プティ・ター

146 :考える名無しさん:04/08/11 10:50
精神分析としてはいいんだけど、哲学としては、今ひとつ信じられない
ところがあるんだよね。
みんな、同じように感じてるみたいだね。

147 :考える名無しさん:04/08/11 11:00
哲学として信じるとは?
なんだろうね

148 :考える名無しさん:04/08/11 11:33
>>147
まさに、そこが違和感の原因で、
精神分析としては、ある程度信じられるということだと思う。

149 :考える名無しさん:04/08/11 12:17
日本人だと、樫村晴香の論文とか、
哲学とも精神分析ともつかない味があるけど、
フランスだとああいうのも哲学扱い。
日本での定義がせますぎるだけじゃ?

150 :考える名無しさん:04/08/11 12:58
日本で哲学に興味ある人がほとんどいないから

151 :考える名無しさん:04/08/11 17:28
>145
メルシ

152 :考える名無しさん:04/08/12 22:48
R.S.I.はグー・チョキ・パーと訳すことを提唱する。

153 :考える名無しさん:04/08/14 23:59
で、Encoreは「あいこで、しょ」。

154 :考える名無しさん:04/08/15 03:32
鬼がアナリザントで、逃げる役がアナリストね。

155 :考える名無しさん:04/08/15 03:37
アナリザントって女性か

156 :考える名無しさん:04/08/15 15:24
ラカンはうまい逃げ手ではなかっただろうか。

157 :名無しさん:04/09/02 19:16
斎藤環のスレなくなったの?

158 :考える名無しさん:04/09/02 20:40
前スレは1000越えしてたね

159 :考える名無しさん :04/09/03 15:31
斉藤スレ作れや、ワレ

160 :考える名無しさん:04/09/03 15:31
お前が作れコラ

161 :考える名無しさん:04/09/03 15:36
よーし、ここはチミ達に権利を譲ろう。

162 :考える名無しさん:04/09/03 19:20
新スレどーやって作んの?

163 :考える名無しさん:04/09/03 19:41
まーま、困ったおぼっちゃまだこと。
子供の作り方はちゃーんと知ってるくせして。

164 :考える名無しさん:04/09/03 21:34
つうかたまきんの新スレ作るなら、前スレへのリンクが要るわけだが
誰か教えてくれよ。

165 :考える名無しさん:04/09/06 19:15
ラカニアン的にはクリステヴァあたりはどうなのよ

166 :考える名無しさん :04/09/09 20:24
早く環スレつくってくれえええ

167 :考える名無しさん:04/09/09 22:06
じつはもう立ってたりする。
即死かな

斎藤環スレッド2
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1094311611/



168 :考える名無しさん :04/09/10 18:52:12
>167
そのスレ「スレッド一覧」にでませんけど。。。
どーすてかな。

169 :考える名無しさん:04/09/11 08:27:01
>>168 出てるよ。ちゃんと探してみ

170 :考える名無しさん:04/09/21 23:17:50
すいません、ラカン初心者なので少し教えていただきたいことが。

僕は今、ヤニス・カタブラカキスという人の「ラカンと政治的なもの」
という本を読んでいるのですが、ラカンの精神分析学理論を社会科学
的な領域に適用しようと、慎重かつ刺激的な思索を展開していて、大変
興味深く思っています。皆さんはその様な試みに対してどう思われますか?

臨床に携わる方がた(十川幸司さんとか)からは、精神分析理論の他分野への応用に否定的
な見解が出されていますが、人間を理解するための一理論としては有効だと思うので、
積極的に他分野へも乗り出していっていいと思うのですが。

ただ、斎藤環さんの文章はどうかと思います。

参照http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4907758103/qid%3D1095776203/249-2442146-7944308

171 :考える名無しさん:04/09/21 23:44:36
ラカンの理論を精神分析に導入するのも大変なのに
他分野だなんて君は何を言い出すんだね!!

172 :考える名無しさん:04/09/22 00:03:13
でもスタヴラカキスの本は面白いよ。別の所でアンチゴネー解釈を巡って
ジジェクを批判していて、ジジェクも最近「イラク」で応答したりしている。
ジジェクもスタヴラカキスもエルネスト・ラクラウの政治理論の展開
と見做すことが出来る訳だけれど、他方でジュパンチッチのような
若手もいるし、ラカンの精神分析が巡り巡って彼らのような若くて優秀な
論客を生み出したということは、これからラカン派政治学が、未来のある
面白い分野になるってことを示しているような気がする。
日本ではまだまだ殆ど論じられない領域だけれどね。

173 :THE グル :04/09/23 18:55:22
いいですか、
良さそうなスレなので、
上げておくんです。
どうかしましたか?

174 :考える名無しさん:04/09/23 19:57:58
>>170
うぜーなおまえ死ね

175 :考える名無しさん:04/09/23 20:02:33
>ただ、斎藤環さんの文章はどうかと思います。
ワロタ

176 :考える名無しさん:04/09/24 06:47:52
斎藤の文章、どこら辺が嫌いなのか聞きたいな。

177 :考える名無しさん:04/09/26 19:15:06
>>170
シジェクあたりとはどうちがうの?

178 :考える名無しさん:04/09/26 19:16:20
>>170
「ラカン=保守的」というイメージにアンチテーゼを掲げているという
キャッチみたいだけど。


179 :考える名無しさん:04/09/29 15:39:35
>>87
この辺りのことが展望できる本はどれでしょうか?
解説書、本人の著作、どちらでもいいのですが。

180 :考える名無しさん:04/10/12 04:14:44
http://d.hatena.ne.jp/kishida_shu/
伊丹十三と岸田秀の関係についてコメントがあれば、ぜひお聞かせ下さい。私が最も興味があるのは:

1。http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1077445979/36
「告白するが私は高卒の人である。」 伊丹はすごい学歴コンプレックス持ってたから、1996年に岸田の詐称の事 知った時にどう思ったか知りたい。(もう知ってたのか?) 程度は分からないが、がっかりしたと思う(伊丹は1997末に自殺)

2。http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1077445979/279
資格・経歴を詐称して30数年間も精神分析ごっこをやってきた岸田秀に、伊丹十三は一時かなり入れ込んでいたようだ。伊丹十三は岸田秀の「お医者さんごっこ」の犠牲者である、という様な面もあるのだろうか?


181 :考える名無しさん:04/10/26 12:50:00
ラカンの入門書としては読みやすくて面白いと思う。 絶版のようだ。

http://www1.ocn.ne.jp/~lsj/biblio/book/Biblio2.html
題名:快の打ち出の小槌――日本人の精神分析講義
 著者:佐々木孝次(ささき たかつぐ)・伊丹十三(いたみ じゅうぞう)
 朝日出版社.:1980年5月, 総頁数 329p


182 :考える名無しさん:04/10/26 12:54:36
こんな本しかないんでしょうか?

183 :考える名無しさん:04/10/26 12:59:40
翻訳としての人間
でいいよ

184 :考える名無しさん:04/10/26 18:55:31
『エクリ』の翻訳はめちゃくちゃだって話を聞いたことがあるんだけど、どうよ?>ラカニアン

185 :考える名無しさん:04/10/26 20:48:19
原書もめちゃくちゃだから大丈夫

186 :考える名無しさん:04/11/04 17:01:35
ラカンあかんおかん

187 :考える名無しさん:04/11/05 16:37:17
0が不合理であるような微積分学としての人生

188 :精神科医卵:04/11/05 23:25:38
>>184
一行でも引用してあげれば読めなさが分かる。
から、引用してあげようと思ったけど、マンドクセ。
爆笑するために読むべし。

当方、フィンク等の英米系とジジェク近辺を参照してるんだが、
ラカン理解のための道しるべを少し。
入門には、色々問題もあるがジジェクの『イデオロギーの崇高な対象』
これしかない。あ、もちろんその前にフロイトの『入門』『夢判断』は読んでおいてね。
あとは、色々ある邦文の解説書でとりあえず理解する。
東の「存在論的、郵便的」はジジェク的ラカンのチャート式理解にはよいと思う。
あくまで導入としてだが。あとで間違い(というかラカニアンのラカン)は自分で正してくれ。

あとは、邦訳されてるセミネールを読破して、
それからエクリ原書とフィンク訳の英語版とか、
フィンクの「Reading Ecrits Closely」とかを片手に読むべし。
精神分析以前のラカンの論文は精神科医以外にはかなりどうでもいいと思う。

「盗まれた手紙」に関しては、フィンクの「The Lacanian Subject」と
米国文学系ラカニアン編著の「The Purloined Poe」が世界で一番詳しい。
ナンシーとかのデリダ系は面白いがとりあえずほっとけ。
#ちなみにフィンクの本は邦訳はない。
#私がかなり訳してるんだが、出版社持ってったら出版してくれるかな。
ちょっと古いがヘルマン・ラングの「言語と無意識」も、
学位論文なのでエクリの逐語人間語訳なので良い。



189 :精神科医卵:04/11/05 23:26:31
臨床系の入門には、
またフィンクだが「Introduction to Lacanian Psychoanalysis」。いい本だ。
国内なら岐大の小出センセが一番よい。新宮もいいけど微妙。

文学系・哲学系には、
上の方であがってる「翻訳としての人間」は精読が必要だが名著。
内田樹の新著は結構いいよ。

政治系は、
ジジェクとかスタヴラカキスとかジュパンチッチとか「倫理21」とか、
ラクラウとか適当に呼んでください。バトラーは邦訳はクソ。

190 :精神科医卵:04/11/05 23:31:36
とまぁえらそうに書いてみたが、自分もまだまだなので、
識者からのツッコミ&解説キボン。

191 :考える名無しさん:04/11/05 23:39:29
そうだな。フランス語関係が手薄じゃないか?
俺はよりデリダ派寄りの関心を持つからかもしれんが、
ラプランシュとか、
ニコラ・アブラハム、
イムレ・ヘルマンなどで相対化を図った上で、
改めてラカン派の射程について考えるべきかと思う。

192 :考える名無しさん:04/11/06 03:07:56
>>191さん
できたらブックガイドをお教えください。
フランス系はドルト、ナシオ、ナンシー−ラクー・ラバルトとデリダを少しくらいしか呼んでません。
あと、引用されまくってるミレールの「La suture」を読みたいのですが、
いったいどうすれば手に入るのでしょう。
「Matrix」はLacanian Incに訳あるので良いのですが。

私はまるっきり臨床系の関心でしか読んでないので、
191さんの問題圏はけっこう興味深いです。

193 :考える名無しさん:04/11/06 03:42:06
Jacques-alain Miller の la suture の書誌は、
原文は
Cahiers Pour L'analyse 1, pp.37-49.
(俺はこっちを持っている、東大駒場までコピーしに行った)
または英訳
Screen 18.4 (Winter 1977-78): pp. 24-34.

けどScreenを日本の大学図書館はあまり持っていないようだね。

フレーゲ『算術の基礎』のゼロの議論を使っており、
いかにもソーカル厨の攻撃を喰らいそうな内容。


194 :191:04/11/06 04:27:00
フランス系の議論を入れるメリットは、
日本の専門的な精神分析受容が、
もっぱら医学部で行われてきたために、
欠けがちな諸問題が、浮き彫りになるところでしょう。

ようするに日本だと
「精神医学」と「精神分析」の緊張関係が
読み取られにくくなっているのです。
木村敏、中井久夫、等々、名高い人々は、
いずれも精神分析ではなく、
厳密には「精神医学」の系譜の人です。

ところがフロイトは、
相当の留保付きとはいえ「素人分析」
(より正確には医者以外の専門家)
の可能性を認めていました。
物議を醸しつつもラカンが問いかけたのはこの問題です。

195 :考える名無しさん:04/11/07 00:19:02
なんかレベルが徐々にまともになってきましたね、このスレ。
でもなんか赤間さんっぽい人がいるなぁ。

196 :考える名無しさん:04/11/07 01:10:48
エクリは本当に読めない翻訳だな。昔朝日出版社から出てた初期の論文は読みやすかった記憶があるが。

197 :考える名無しさん:04/11/07 18:30:57
>>193,194
どうもです。
カイエ・プー・ラナリーズってことは、初出誌にしか載ってないわけですね。
地方の大学なので入手は難しそうですが、探してみますね。

ミレールは理論的主著は出さないんですかね、
ラカンみたいに晩年(といっても66年でしたが)に出そうとか思ってるんでしょうか。
論文もほとんどLacanian IncかReading Seminarにたまーにしか発表してない
ようで、「寡作の人」イメージを保とうとしてるような気がします。

日本での精神分析の制度、
というか日本精神分析学会と日本精神分析協会については、
心理板のここが一番詳しいみたいですね。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1039493507/

私もそろそろ進路を大まかに決めたい学年なんですが、
この辺のことについてはほとんど情報がなくて結構困ってます。
制度の中の人がいましたら是非教えて欲しいです。
力動系やってる医局に入ってから言われるがままでやればいいのかとは思いますが……。
様々な困難があるんでしょうが、一応IPA(の支部の日本の)認定の精神分析家になれれば、と思っています。

198 :考える名無しさん:04/11/13 02:49:59
へぇー、いまラカンやってる人って哲学系の人ばっかかと
思ったら臨床系死亡の人もいるのね。

ところで、>>1の環のラカンの第一回で、
携帯電話のうざさを分析してるが、あれってどこがラカン的なの?
あんなことラカンいってなくない?

199 :191:04/11/13 02:56:15
環はニセモノですよ。

1)臨床をやっている医者であること
2)ラカン読者であること
たまたまこの2つの要件を満たしていますが、
ラカン的臨床には興味を示さず、
単なる文化批評の道具と割り切っています。

ラカンに取り組む人は、
小笠原のような悲劇もありましたが、
基本的に普段は投薬で済ませるにせよ、
常に「メタ心理学」について考察しています。


200 :考える名無しさん:04/11/13 11:13:48
>>199
> ラカン的臨床には興味を示さず、
> 単なる文化批評の道具と割り切っています。

その斎藤にあっては、臨床と文化批評とがごっちゃに混ぜられて
いるけどね。しかもいずれも中途半端だし。

精神分析を突き詰めるほど、精神医学の制度に閉じた臨床からは
離れていくのが本筋じゃない?

201 :考える名無しさん:04/11/13 13:06:00
>>177
じぇんじぇん違う。
斉藤さん、嫌いでないけど、「生き延びるためのラカン 斎藤環」読んでるけど、
ジジェクのラカン論のほうが、生きる延びるにははるかにためになるって。
>>172
アンティゴネー解釈でスタヴラカキスが対立してるの、
なんか面白そうぢゃん。ジジェクくらいさくさく読みやすいなら、さらに上等!!

202 :モンパンシェの某嬢:04/11/25 11:28:29
さっぱり解りません。失礼させていただきます!(バタンッ)

203 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/11/27 14:22:19
言語が無意識に作動していたとしても、
象徴界、想像界とはなかなか難しい。
観念的観念世界・・・


204 :考える名無しさん:04/11/28 03:44:03
セミネールの公刊されていない巻はどうすれば読めますか?

205 :考える名無しさん:04/11/28 07:21:14
パリで海賊版買うのが筋らしいよ

206 :考える名無しさん:04/11/28 07:26:41
>>204
gaogoうわなにをするやめろfhwqtklmねが・gへいぇj

207 :Ar=As-Ab/As:04/12/03 20:31:10
>>205
10巻もですか?

208 :考える名無しさん:04/12/09 12:01:45
なぜ引きこもりはこれほど人の心をつかむのか?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1086139646/l50

136-138が興味深かった。


209 :考える名無しさん:04/12/09 12:07:58
読んだ。末期症状だな

210 :考える名無しさん:04/12/09 12:11:24
斉藤環の目を見ればわかるじゃん。


211 :考える名無しさん:04/12/10 01:56:18
セミネールの全テクストとか、エクゴニャゴニャ、他のエクゴニャゴニャ……を
ファイル化して持ってるけど。欲しい人いるならやるよ。

212 :考える名無しさん:04/12/10 02:00:52
じゃあどこかのサーバーにうぷしてくださいな

213 :Ar=As-Ab/As:04/12/10 02:03:31
下さい。

214 :考える名無しさん:04/12/10 02:13:06
まぁなんだ、セミに関しては>>206の人が言ってるとこ辿れば全部手に入るから。
ただ、私の持ってるのはテキスト化してあるやつだけど。
うpしたいのは山々なんだが捕まりたくないので名。
ダウンできるヒントをあげよう。

・gaogoゴニャゴニャ
・全文検ゴニャゴニャ

ググってね。

215 :考える名無しさん:04/12/10 02:26:16
わかんないyo-

216 :考える名無しさん:04/12/10 02:34:59
しゃーなしで大ヒント
http://www1.ocn.ne.jp/~lsj/link.html
日本ラカン境界も公認なのねw

217 :考える名無しさん:04/12/10 12:00:59


                   /\        /\
                   /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
                  丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
                 / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ
 -┼-   丿~~~|     / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::|           ■ ■
 -┼-   /~~~~/ ━━━ | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|━━━━━━  ▼ ▼ 
  .|       丿      | .:::::.  ..: |    |ヽ        ::|            ● ●
                | :::    | |⊂ニヽ| |   υ  :::::| \
              / /| :    | |  |:::T::::| !      .::| \ \\
             / / \:    ト--^^^^^┤      丿 \\\ \\\


218 :考える名無しさん:04/12/11 00:22:50
>>216
GJよ!

219 :考える名無しさん:04/12/11 00:25:54
>>217
フラ後よめなきゃどうしようもないですよ。

220 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/11 21:24:55
>>219
じゃあ、訳して。

221 :考える名無しさん:04/12/11 23:41:25
私的に訳してうpしてるけど何か?

222 :考える名無しさん:04/12/12 08:31:50
「何か?」がどうしたんじゃい、ぼけ。

223 :考える名無しさん:04/12/12 09:57:30
セルジュ・ルクレールとか、ぜんぜん翻訳されないのね。興味あったのに。


224 :考える名無しさん:04/12/12 11:13:30
XXまでの未編集蝉ならCormac Gallagherの英訳があるじゃん。
正式な出版物ではないがロンドンの本屋で購入可能。


225 :考える名無しさん:04/12/12 11:17:47
英語よめなきゃどうしようもないですよ。

226 :考える名無しさん:04/12/12 11:22:05
「こどもが殺される」は訳が出てるよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4414404118/

227 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/12 12:16:56
英語かあ・・・テクニカルターム調べるのめんどいなあ・・・

228 :考える名無しさん:04/12/12 12:25:44
ルクレールの論考なら
叢書「無意識」アンリ・エー編の言語の巻に入ってるじゃん
ラプランシュと一緒に書いてラカンと揉めたやつ

229 :考える名無しさん:04/12/22 22:12:07
thx

230 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/26 13:37:38
ラカン派社会学ってどない?

231 :考える名無しさん:04/12/26 13:50:19
知るか、ボケ!

232 :223:04/12/26 13:57:57
なんと!98年にすでに小林康夫/他訳で翻訳が出ているのですね。
さっそく図書館で調べてみます。情報、サンクス >>226
それは翻訳が出ている本ですか? いま、検索してみてもうまく
引っ掛からなかったのですが・・。 >>228


233 :考える名無しさん:04/12/26 14:04:12
>>232
webcat使えよ
どうせアマゾンしか見ていないだろ?
だが君のために、以下アマゾンから抜粋

無意識〈2〉―無意識と言語
アンリ エー (編集), 早水 洋太郎 (翻訳)

価格: ¥3,675 (税込)
現在、在庫切れです。

書籍データ
● 単行本: 215 p ; サイズ(cm): 21 x 15

● 出版社: 金剛出版 ; ISBN: 4772402306 ; 2 巻 (1986/03)

目次
無意識―精神分析的試論(J.ラプランシュ
S.ルクレール)
言語活動と無意識(C.スタイン)
討論(M.メルロ-ポンティ
A.グリーン
F.トスケル
E.ミンコフスキー
H.ルフェーブル
J.ラカン
S.ルクレール)

234 :223:04/12/26 14:14:30
>>233
さっそくの御指摘、どうもありがとう。見てみます。


235 :考える名無しさん:04/12/26 14:37:08
女なんて飾りです

偉い人にはわからんのです。

236 :考える名無しさん:04/12/26 14:41:05
????


237 :考える名無しさん:04/12/27 00:55:14
235は、発言の真意を説明せよ。


238 :235:04/12/27 00:58:09
叶姉妹が、窪塚洋介を飾りにして海外の島に連れていくみたいなもんです。
それがえらい人にはわからんのです。

239 :考える名無しさん:04/12/27 01:12:07
えらい人って、誰だ?


240 :あ!:04/12/27 01:13:20
しかも窪塚は男じゃないか!!!


241 :235:04/12/27 01:14:51
叶姉妹は、半分男みたいなもんじゃないですか。
しかも、仕事が何してるのかてんでわかんないし。


242 :考える名無しさん:04/12/27 01:16:04
このニセ235め!


243 :235:04/12/27 01:16:54
私は偽モンじゃないですよ。
242さんこそ、偽モンなんじゃないですか?

244 :考える名無しさん:04/12/27 01:35:26
本物にしては、説明がなってない。つまり無意識の暗喩だって
言いたいのか?


245 :考える名無しさん:04/12/27 01:36:35
えらいひと=父か?


246 :考える名無しさん:04/12/27 01:38:03
女は飾りのようなもの、だと言ったな?


247 :235:04/12/27 01:40:40
えらいひとは、皆さんのことです。
私は高卒ですから、皆さんよりはえらいひとではないのです。


248 :考える名無しさん:04/12/27 01:42:44
可能姉妹は、れっきとした女だ。


249 :考える名無しさん:04/12/27 01:45:17
なるほど・・・高卒の君は、女を連れ歩いている。大学生の
もてないやつが、そんな君をみて嫉妬することがあるが、
それは、まるでわかってないって言いたいのか。


250 :考える名無しさん:04/12/28 13:22:08
斉藤環論ならここで
【美術家の】古谷利裕の偽日記【よりぬき批評】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1104207341/l50

251 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :04/12/28 14:36:05
ルディネスコ ラカン伝 おもろい

252 :考える名無しさん:04/12/28 16:34:53
ラカンを読むよりフロイトを
アルチュセールを読むよりマルクスを
デリダを読むよりデカルトを

253 :考える名無しさん:04/12/28 16:38:21
最後の一行だけ違うと思う

254 :考える名無しさん:04/12/28 16:41:00
てめえこの野郎!!

255 :考える名無しさん:04/12/28 16:48:37
>>254
なんて素晴らしいレスだ。
哲板はこうあらなくては。
いやアイロニーじゃなく。本当素晴らしい。

256 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/02 02:32:52
そうでしょ。

257 :考える名無しさん:05/01/02 17:23:22
 

258 :考える名無しさん:05/01/05 02:18:31
ラカンってなぜにこんなに難解なんでしょうか。
入門書ごとに説明が違うし。

259 :Ar=As-Ab/As:05/01/05 02:22:29
>>258
入門書に、お金を払っては往けない。
教師を、堕落させては往けない。

260 :考える名無しさん:05/01/05 02:33:42
そのものが難関なのは良いとして、
入門書まで難解なのはいかがなものかと

261 :考える名無しさん:05/01/05 08:36:11
簡単にするとすぐに終わっていまうので、わざと難しくして
時間を長びかせる訳です。考えてみると、この手法は多用されて
います。時間を長引かせる、というのがポイントですね。おそらく。


262 :考える名無しさん:05/01/05 08:50:52
259は馬鹿。
ラカンの場合入門書がまず難しいのはなんで?
なんか宗教みたいだもん。

263 :kurahito ◆XEF65wQsug :05/01/05 08:55:41
>>262
仮に莫迦だとして、>>256と違って入門書なんて、一生読まないよ!

264 :考える名無しさん:05/01/05 09:11:16
入門書を馬鹿にしてる時点で馬鹿。

265 :考える名無しさん:05/01/05 09:17:40
難しいことを言えて、やっと商売になる訳です。ラカンだって
商人だと思いますよ。


266 :考える名無しさん:05/01/05 09:32:19
思想が難解なのはいいんだけどさ、ラカンの場合入門書がまずワケワカメ、ってか電波な気がすす。


267 :考える名無しさん:05/01/05 11:37:12
258 :考える名無しさん :05/01/05 02:18:31
ラカンってなぜにこんなに難解なんでしょうか。
入門書ごとに説明が違うし。


おいおい、ラカンは高等数学で精神分析を厳密化しようとしたんだから、
通常ならそんなに解釈が違うなんてありえないはずでつよ?
あなたの読み違いでわ?

268 :考える名無しさん:05/01/05 11:40:54
267は釣りw

269 :kurahito ◆XEF65wQsug :05/01/05 13:23:44
>>264
入門書に莫迦にされてるのはアンタだろ?

270 :kurahito ◆XEF65wQsug :05/01/05 13:55:07
>>269      リヴィング・ブック=ライク・ア・フレンズ
マジレスすると、暗誦出来る位読込んだ友達か、ブログでも読むと良い。

271 :考える名無しさん:05/01/05 20:38:00
どの蝉をネタにしてるかで説明が違ってくるんだよん。

272 :考える名無しさん:05/01/06 06:28:29
入門書ではないんだけど、逆にフロイトを読むという接近法
もあるような気がするなぁ。セミネールの各巻最初の20頁くらい
を立ち読みして参照されているフロイトの文献の方を読むとか。
自分自身ラカンを「読めている」とは決して思わないんだけど、
でも、結局それが近道のような気もする。

273 :考える名無しさん:05/01/06 06:36:40
フロイトに還れ

274 :272:05/01/06 10:55:52
>>273

フロイトに「ちゃんと」還れ ラカンを読みながら

ということかもしれないですね。

275 :272@蛇足:05/01/06 11:08:29
入門書を否定するわけではないけど、原典の情報を縮約する
過程で通俗化(それ自身が悪いわけではないけど、それに
よって、原典の持つ破壊力が骨抜きにされてしまったりする)
の危険というのは常にあって、フロイトがそういう読まれ方
をしてしまっていることを痛烈に批判していたラカンの本が
入門書のような形に縮約しにくいというのは当然といえば、
当然のような気もするなぁ・・・

276 :考える名無しさん:05/01/06 16:45:31
>原典の持つ破壊力

確かに衝撃的ではあるな

277 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/06 16:53:42
ラカンは原典からはいるのはほぼ無理
ラカンはエクリの出版したとき、尊敬するハイデガー先生に送ったらしいが
ハイデガーはそれヨンデ、こいつは頭がおかしいといったらしい

278 :考える名無しさん:05/01/06 16:54:26
ハイデガーもおかしいからおあいこじゃん
何も問題ないよ

279 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/06 16:58:29
ラカンがアメリカ講演して、そうそうたる知識人があつまったが誰一人意味がわからなかったらしい
おまけにチョムスキーは絶対アメリカ人を馬鹿にしてるキレたらしい

280 :考える名無しさん:05/01/06 16:59:38
その話おもしろそうね 出典教えて
チョムチョムがラカンにキレたの?

281 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/06 17:02:33
ラカン伝 より

282 :考える名無しさん:05/01/06 17:03:29
Structurist Controversy
に入っている講演だろ
まあたしかにバレルよな


283 :考える名無しさん:05/01/06 17:04:10
arigatou

284 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/06 17:10:34
アメリカの功利主義的面をからかったんだろう
ラカンが一番嫌うことだから
いまだに相性が悪い

ラカンがアメリカ観光したとき
ラカンの知名度がないからガイトがサルトルがきたといってまわったてビップ待遇にしてもらったらしい

285 :考える名無しさん:05/01/06 17:13:02
それもラカン伝にのってたの? サギやんけw
でもサルトルの顔くらいわかりそうなもんにね
しかしサルトルの思想と構造主義って合わないのでは?
それでVIP待遇にしてもらったんならラカンも相当な功利主義者だな

286 :考える名無しさん:05/01/06 17:16:03
ワラタ

287 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/06 17:16:03
ガイドがかってにやったこと
ラカンは英語わかないから、わしはアメリカでも大人気と思って帰ったらしい
そりゃ宿敵サルトルと間違われてるしったら、やばい

288 :考える名無しさん:05/01/06 17:17:46
なるほろねえ 面白い
俺も探して読んでみよう ありがとう

289 :考える名無しさん:05/01/06 17:17:55
ガイドグッジョブ

290 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/06 17:33:41
まあ本質的にラカンは天然やからね

291 :考える名無しさん:05/01/06 18:08:57
>ラカンはエクリの出版したとき、尊敬するハイデガー先生に送ったらしいが
>ハイデガーはそれヨンデ、こいつは頭がおかしいといったらしい
なんか笑えないなあ…

292 :考える名無しさん:05/01/06 18:33:11
>>287
ラカンはサルトルのこと尊敬してたみたいだけど

293 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/06 18:38:33
ラカンとメルロ=ポンティが大親友だったのは興味がある。
その思想の近いようで遠いところが。

294 :考える名無しさん:05/01/06 18:43:13
つーか。ハイデガーはラカンをきちんと指導汁!

295 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/06 20:02:12
自分が干されてそれどころじゃなかんべ・・・

296 :考える名無しさん:05/01/06 20:10:02
ここはラカンが愉快な仲間たちのインターネッツでつか?

297 :名無し募集中。。。:05/01/06 23:04:22
>>277
頭がおかしいと言ったとは記録にありませんよ

メタルド・ボスの報告では、この余りにバロック的な著作の意図を
私はまだ計りかねている、と漏らしたとあるだけです

まあ、バロック的ってのも、字義通りなら
ちょっとゆがんでる、って意味ですけどねw

298 :考える名無しさん:05/01/09 19:16:55
ハイデガー「(エクリを読んで)はあ?何、このキチガイ」

ユダヤ人「オマエモナー」

299 :考える名無しさん:05/01/09 20:15:59
>>287
>ラカンは英語わかないから、

その伝記はかなりいい加減なようだな。

「1966年ボルチモアで行われた国際シンポジウム中、ジャック・ラカンの英語による口頭発表と
それに続くディスカッション」  現代思想 総特集ラカン(P.43)

300 :考える名無しさん:05/01/09 21:14:46
だからまず、虚数チンポをきちんと説明しろYO.
ばかだろ、はっきり言ってラカンなんか持ち上げてるやつはw
オウムの方がまだしっかりした教義をもってるよ。


301 :考える名無しさん:05/01/09 21:16:49
公安に通報シマスタ

302 :考える名無しさん:05/01/09 22:23:51
そもそもどこで虚数ちんぽないし虚数ファルスなんて概念を使ったか
典拠を示して欲しいものだわ、耳学問のお兄さんにはw

303 :考える名無しさん:05/01/10 00:18:18
>>299
ぴかぁーの情報なんぞ信用するだけ無駄

304 :考える名無しさん:05/01/10 02:28:57
>>302
「知の欺瞞」によれば、1977のセミナーらしい。

甜菜ぴかぁに切に望むことは、裏を取れってことだ。

305 :考える名無しさん:05/01/10 02:51:18
天才の仕事はひらめき

調査は下々の者の仕事だろ

身分をわきまえろ

306 :考える名無しさん:05/01/10 15:54:28
それ、セミネールじゃなくて「主体の壊乱」だね
英訳が77年だからでしょう

でもって、この部分を読んで虚数=ファルスって読解するって
ソーカルもすごいことするよねw

307 :考える名無しさん:05/01/10 16:44:01
ソーカル自身も分析受けたほうがよかったと思うよ

308 :考える名無しさん:05/01/10 18:11:12
ソーカル厨と低学歴の親和性について

309 :考える名無しさん:05/01/10 18:21:52
ソーカル厨厨が増殖中だなw


310 :考える名無しさん:05/01/10 18:33:51
267 :考えるバカ:05/01/09 22:55:51
>>257
>ラカンのS/sだってお前分数がわかって言ってるのか?って感じだろ。

>>258
>羅漢は分数の意味が判ってないことが判明したな。

分数を理解している俺たちがアドバンテージを稼いだことは否定できないな。




311 :考える名無しさん:05/01/10 20:34:58
棒線の上下に文字が書いてあればみんな分数に見えるのかね君たちはw

312 :考える名無しさん:05/01/10 20:36:40
おれの知り合いに自然演繹の証明図を分数だと思っていた香具師がいる。w

313 :考える名無しさん:05/01/10 20:37:38
>>311
ラカン読んでからレスしろ,ボケッ!

314 :考える名無しさん:05/01/10 20:58:43
>>311
ラカン  ←分数ハケーン!

315 :考える名無しさん:05/01/10 21:18:57
>>313
分数と考えて分数的に操作してはいけない、というのは
有名なラプランシュ&ルクレールの発表に対する
ラカンのコメントに入ってますよ

316 :考える名無しさん:05/01/10 21:21:36
ソシュールのシニフィアン/シニフィエとかも分数にされかねない。

317 :考える名無しさん:05/01/10 21:24:35
さて細かい内容について見ていくとキリがないのだが,
例えばラカンについて取り上げた節,37頁では或る
「式」について彼らは批判を加えているが,彼らは
この「式」の読み方すらわかっていない.これが
単なる分数ではなく,その典拠をフロイトにもつことを
彼らは知らない(というか勉強していない).この「式」の
横棒が,分数ではなく「抑圧」を意味しているという,
精神分析学上の常識的知識も持ち合わせていないの
である.



318 :考える名無しさん:05/01/10 21:27:04
>>317
その人、自分のHP閉鎖してなかった?
ちょっと悲惨だったな

319 :317:05/01/10 21:29:13
ここからコピった

http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/FN/koikeryuta.html

320 :考える名無しさん:05/01/10 22:12:22
まあ黒木のこの反論に答えられないレベルで
専門家というのはまずかったよね、確かに

321 :考える名無しさん:05/01/10 22:20:15
ということはラカンはトンデモってことでFA?

322 :考える名無しさん:05/01/10 22:24:19
 黒木って万年助手のジイさんだろw?うだつがあがらなくて気の毒だな。

323 :考える名無しさん:05/01/10 22:26:51
ヲイヲイ,そんな椰子に論破されて反論すらできない椰子がいるんだぜ(小池とかラカンとか...)

少しは黒木は持ち上げてやれよ

324 :考える名無しさん:05/01/10 22:28:32
この器官[ファルス]は、・・・ √-1 と比肩しうる(egalable)のである。

egalable 〈形〉 匹敵し得る.

これを読んで
「勃起性の器官が √-1 と等価だなどといわれる」
と解釈する方がどうかしている

もっとも、ソーカルがここを論じた箇所は、まず軽いジャブ、という文体で
ソーカル本人もここを取り上げられてマンセーされては困るかもしれない


325 :考える名無しさん:05/01/10 22:31:28
はぁ〜

このようにして、勃起性の器官は、それ自身としてではなく、
また心象としてでもなく、欲求された心象に欠けている部分
として、快の亨受を象徴することになる。また、それゆえ、
この器官は、記号表現の欠如の機能、つまり (-1) に対する
言表されたものの係数によってそれが修復する、快の亨受の、
前に述べられた意味作用の √-1 と比肩しうるのである。
(Lacan 1977b, pp.318-320、佐々木他訳 pp.334-336)

って書いてるじゃん


326 :考える名無しさん:05/01/10 22:34:45
つまりソーカルはegaleとegalableを取り違えている、ということね

327 :考える名無しさん:05/01/10 22:34:49
黒木は万年助手で若禿。独法化で斬られるのも時間の問題。
全然研究してないし。数学板でも嫌われ者。

328 :考える名無しさん:05/01/10 22:41:56
虚数単位如きが男根に匹敵するといわれたら大抵の現役男性は不快に思うだろう

329 :考える名無しさん:05/01/10 22:42:47
 ま、アカデミズム的な位置からしても

 新宮一成>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>黒木

 だよなw。生まれも違うね。

330 :考える名無しさん:05/01/10 22:44:42
絶対

   男根>>>>>>>>>>>>>>虚数単位

だ!

331 :考える名無しさん:05/01/10 22:45:27
ああ、父性的心理だね。

332 :考える名無しさん:05/01/10 22:50:15
男根>>>>>>斉藤環>>>>>>>>虚数単位


333 :考える名無しさん:05/01/10 22:51:08
虚数単位はぜってー男根に比肩しない

334 :考える名無しさん:05/01/10 23:15:55
膣問です!

男根→カウパー→)コンドーム)→バルドリン→女陰の穴→子宮(=ゴール)

ラカンのシニフィアンの論理でいうと想像界はどの部分にあたりますか?

335 :考える名無しさん:05/01/10 23:17:50
ゴムなんて使うなよ,このヘタレが

漢なら生中だし

336 :考える名無しさん:05/01/10 23:20:10
 男根と虚数単位の比喩って分かりやすいじゃん。フロイトみたいに
ドグマ化して性欲説を語るんじゃなくて、ヘーゲルの疎外論を採りいれて
議論を慎重にして、しかもフロイトの思想が基本的には成立することを
言語学の成果なども導入しながらラカンがやった。 

 その疎外論の部分を、虚数と言おうが、消失点とかなんとか形容しようが、
そりゃ字義どおりに言葉を使っていないのは当然だよ。別にそれで遠近法的に
絵を書いてるわけでもあるまいし。

 でも比喩としては、よく分かるじゃないか。分からないのは、ヘーゲルやフロイトに
ついての教養がないからであって、そっちの教養を積んでから考えろということですね。

337 :考える名無しさん:05/01/10 23:21:12
すみません!

男根→カウパーとバルドリンの混合液→女陰の穴→子宮(=ゴール)

これでいいですか?

338 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/10 23:21:56
ハイデガーもね

339 :考える名無しさん:05/01/10 23:25:06
虚数単位の専門家ですら理解できないのだから
勉強不足という指摘は的外れだな

340 :考える名無しさん:05/01/10 23:29:38
 ばっかじゃないの?遠近法を専門にしてる画家ならニーチェの「パースペクティヴ」
を理解できるのかよw?

 本当に馬鹿だな、お前w。

341 :考える名無しさん:05/01/10 23:57:45
なかなか面白いスレですね

342 :考える名無しさん:05/01/10 23:59:25
羅漢は豪チン

343 :考える名無しさん:05/01/11 00:29:29
なかなか低次元のスレですね

344 :考える名無しさん:05/01/11 00:36:20
>>343
YES!!!

345 :考える名無しさん:05/01/11 00:39:16
>>339
ラカンは数学や科学に対して抱いている誤解・妄想をそのままにしてたとえ話を繰り出すのが特徴

従って数学や科学を正しく理解しているものほどラカンを読めないという状況に陥る

346 :考える名無しさん:05/01/11 01:13:35
数学を科学みたいないい加減なものと一緒にしないでくれる?

347 :考える名無しさん:05/01/11 01:33:56
へぇへぇへぇへぇへぇー^〜^

348 :チンポ虚数:05/01/11 21:26:01
あと少しで入試本番を迎える高校3年女子です。
私は希望の大学に入るために、いま苦手な数学も一生懸命勉強しています。
だけど最近お兄ちゃんに教えてもらった本を読んでみて、怒りが忽然とこみ上げてきました。
「知の欺瞞」という本です。
なんで私は大学に入るために苦手で嫌いな数学や理科を必死の思いで勉強しているのに
大学の先生たちがあんな簡単なミスを犯し、バカなくせに学識を誇ろうと分かりもしない数学
を見せびらかしてえらそうに振舞っていたのでしょうか?
お兄ちゃんに聞いたら、あの本に書いてあることの中には大学1、2年生で習うことも結構あ
るそうです。
受験生には難しい入試を課すくせに、自分たちは何にも勉強しないなんて許せないです。
どう考えても間違ってると思います。
だから私は、無事に希望校に合格できたら、絶対学生自治会に入って、学生に授業を教え
る資格が あるかどうか、先生たちに試験を受けさせるように運動するつもりです。
精神分析医の精神分析をします!
じゃないとおかしいじゃない! 私が英語を勉強するのになんで数学の入試を受けなきゃい
けないのかも わかんないのに、その上先生たちがそういうことまったくわかってないって絶
対おかしい!
だから私は入学したら絶対自治会に入って運動します。もう決めました。とめてもムダです。
絶対、絶対、絶対だからね!



349 :考える名無しさん:05/01/11 23:52:56
早く虚数チンポのまともな説明をラカンからひっぱってこいよ。
自分で考えてももういいからさw
あ、微積分学としての人生ってのもおねがいねw

350 :考える名無しさん:05/01/11 23:54:29
あんまりソカ厨厨を刺激しなさんな

351 :考える名無しさん:05/01/12 00:02:43
> 早く虚数チンポのまともな説明をラカンからひっぱってこいよ。

鉛直下方方向とペニスの成す角がπ/2であることが原義.
10代の3π/4屹立には及ばないが,50代のπ/4垂れチンには
負けないという壮年男性の中途半端な自負のメタファーとして使われる.

> あ、微積分学としての人生ってのもおねがいねw

杉浦解析入門および同演習を一生を掛けて完璧に習得する人生のこと.
杉浦解析入門をマスターしたという優越感と
同時にそんな非生産的かつ低レベルなことに全精力を傾けてしまったことへの
自責の念が入り混じった悲喜こもごもの人生.

これで満足ですか.満足してくださいね.

352 :考える名無しさん:05/01/12 00:13:46
>>348
萌えるコピペでつね

353 :考える名無しさん:05/01/12 01:10:58
だから虚数チンポなんて本人は一回も言ってない、ってことが
何回言えば分かるのかねw

じゃあラカンが虚数チンポって言った箇所をラカンのテキストの中で
明示して見ろよ、原語も付けて

354 :考える名無しさん:05/01/12 12:36:32
上に出てるだろw

355 :考える名無しさん:05/01/12 16:15:18
こうやって言ってもないことを自分で勝手にひねり出して
難癖つけるあたり学術性のかけらもないと思いますが
上述の「主体の壊乱」からの引用箇所がどうやったら
「虚数ちんぽ」という概念をラカンが述べたということになるのか
はっきり論証してくれませんかね

356 :考える名無しさん:05/01/12 16:23:32
直接「ファルスは虚数だ」と言っているわけではないにしても
「ファルスと虚数は比較できるものだ」くらいのことはゆってるっしょ
じゃあそれはなんで?くらいは訊いてもいいんじゃね?

357 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/12 16:34:32
マーテムに傾倒していく、後期ラカンはどうなんだろうね。
一日中、紙ナプキンでボロメオの結び目的なものを
作り続けたらしいが・・・もはや神の領域?

358 :考える名無しさん:05/01/13 00:08:58
虚数ってのはルート内に i なわけで。
i ってのは想像的自我なわけで。
想像的自我を構成するのは、
想像的ファルスだったりするわけで。

要はレトリックなんですかねえ。

てゆうかレトリックそのものが
無意識の構造の源になっているわけで。

わかるかな。
わかんねえだろうなあ。

359 :考える名無しさん:05/01/13 00:17:37
虚数ってのはルート内に i なわけで。
虚数ってのはルート内に i なわけで。
虚数ってのはルート内に i なわけで。
虚数ってのはルート内に i なわけで。
虚数ってのはルート内に i なわけで。
虚数ってのはルート内に i なわけで。
虚数ってのはルート内に i なわけで。

360 :考える名無しさん:05/01/13 00:22:02
”虚数ってのはルート内に -1なわけで。
-1ってのは想像的自我なわけで。
想像的自我を構成するのは、
想像的ファルスだったりするわけで。

要はレトリックなんですかねえ。

てゆうかレトリックそのものが
無意識の構造の源になっているわけで。

わかるかな。
わかんねえだろうなあ。 ”



あれっ?レトリックが破綻したかな?

361 :考える名無しさん:05/01/13 00:22:57
虚数は、直行座標で、実数をX軸に目盛る際のY軸だわな。
お前ら、どうしようもない算数音痴のアホやろ。

362 :考える名無しさん:05/01/13 00:24:05
虚数チンポの説明くらい読んでからレスしろよ...

351 名前:考える名無しさん[sage] 投稿日:05/01/12 00:02:43
> 早く虚数チンポのまともな説明をラカンからひっぱってこいよ。

鉛直下方方向とペニスの成す角がπ/2であることが原義.
10代の3π/4屹立には及ばないが,50代のπ/4垂れチンには
負けないという壮年男性の中途半端な自負のメタファーとして使われる.

363 :考える名無しさん:05/01/13 00:26:10
>虚数ってのはルート内に i なわけで。
wwwwwwwwwwwwwwwwww。

364 :考える名無しさん:05/01/13 00:29:34
「ルート内に i 」だと「50代のπ/4垂れチン」になるな

365 :考える名無しさん:05/01/13 00:30:46
直行座標を直交座標に訂正。

虚数チンポは、いわば、宝塚歌劇のベルサイユの薔薇で、男役が振り回す剣のことだ。
象徴でも、メタファーでもない。

366 :考える名無しさん:05/01/13 00:34:25
>宝塚歌劇のベルサイユの薔薇で、男役が振り回す剣のことだ。
象徴かメタファーにしか見えません。

367 :考える名無しさん:05/01/13 00:35:16
哲学板随一の釣り堀は

こ こ で す か ?


釣られ過ぎかとw

368 :考える名無しさん:05/01/13 00:36:35
ラカンは立派な太公望だったということです

369 :考える名無しさん:05/01/13 00:42:01
よくわかんねーけどまじめに釣られて見ます

ラカンが無理数と虚数を混乱していたことはあるみたい
それを聞いたことか読んだことはあります
でもそれは上の人の言う「レトリック」だったと
おもっていいのですか?

370 :考える名無しさん:05/01/13 00:43:16
>>369
> ラカンが無理数と虚数を混乱していたことはあるみたい

マジっすか!?

371 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/13 00:44:29
そりゃ、ライブなんだから、ミスも、
意味不明も多々ありますよ。
それに過剰に反応するのこそ、ラカニアンですな。

晩年、惚けたラカンを、惚けた振り、なんらかのメタファーとして
理解しようとした人々と同じですな。

372 :考える名無しさん:05/01/13 00:45:24
>>370
えっ? 有名じゃないんですか?

373 :考える名無しさん:05/01/13 00:47:07
>>371
ぼけたラカンを攻撃するぼけたアルチュセールは楽しい

374 :考える名無しさん:05/01/13 00:48:48
虚数チンポは、ぴかぁ〜が2ちゃんで振り回す似非知識のことだと言うのか?

375 :考える名無しさん:05/01/13 00:49:54
いやはや、これだからね〜

376 :考える名無しさん:05/01/13 00:51:55
虚数チンポは存在しない、とまず考えてください。
そうすることではじめて、虚数チンポはマンコに少し近付くのです。

377 :考える名無しさん:05/01/13 00:56:27
ラカンは、論理実証主義の立場から考えると穴だらけで楽しいでしょw

んー、そうするとラカニアンにとってここでラカンが話題になるだけマシかw

ということは、このスレの意味はあるのかな−−シニフィカシオンはシニフィカシオンに回帰するからw

378 :考える名無しさん:05/01/13 00:56:32
よくわかった

 虚数チンポ=ED

ということか

379 :考える名無しさん:05/01/13 00:58:10
虚数チンポは、浅田彰が東の尻に突っ込んだと言い伝えられるミリ単位のチンポのことなのだよ。

380 :考える名無しさん:05/01/13 00:59:03
当然 生中出し ですね

381 :考える名無しさん:05/01/13 00:59:34
>>379
その言い伝え自体が「存在しません」。
ソースよろ

382 :考える名無しさん:05/01/13 00:59:53
>>378
テレビ局だと
虚数チンポ=AD
になります

383 :考える名無しさん:05/01/13 01:00:10
虚数チンポを虚数空間に挿入する際にはコンドーム着用は必須でしょうか

384 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/13 01:00:29
ソーカル坊・・・

385 :考える名無しさん:05/01/13 01:01:07
ラカンタン盛り上がってキター



のか?

386 :考える名無しさん:05/01/13 01:01:26
いやはや
ぴかぁ〜が北から耐酸

387 :考える名無しさん:05/01/13 01:03:08
たいサンせずに盛り上がってちょ

388 :考える名無しさん:05/01/13 01:04:28
ぴかぁ〜のエロ画像きぼんぬ

389 :考える名無しさん:05/01/13 01:05:11
そう言えば、虚数チンポをマンコに近付けるのとアナルに近づけるのは全く違いますと、うちのラカンが言ってました

390 :考える名無しさん:05/01/13 01:11:06
釣り下手、釣られ下手のスレは


こ  こ  な  ん  で  す  ね  w

391 :kurahito ◆XEF65wQsug :05/01/13 01:14:24
「長崎ラカン」の芸名(コテハン)でデヴュー、
毎年開かれる「長崎ラカンタン祭り」は、
県内外から十万人以上を動員!

392 :考える名無しさん:05/01/13 01:17:42
>>391
そんなに隠れキリシタンがいるのですか?

393 :考える名無しさん:05/01/13 01:19:52
ラカニアン:「虚数ってのはルート内に i なわけで。」

394 :考える名無しさん:05/01/13 01:21:00
ぴかぁ〜とクラヒトって、精神的には?お似合いな気がするな(藁

395 :考える名無しさん:05/01/13 07:33:47
ラカニアンも安置もレベル低すぎ

396 :考える名無しさん:05/01/15 21:19:41
ラカンが一番楽しいなあ。

397 :考える名無しさん:05/01/16 12:09:56
ラカンさんが揃たら回そぢゃないか

398 :考える名無しさん:05/01/16 12:57:58
凄い釣り師が来ていたんだね。おれ乗り遅れたよ。残念。

399 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/18 18:53:09
父ちゃんの名にかけて!

400 :考える名無しさん:05/01/18 18:58:07
哲学と法学と、法哲学どう違うの?
同じものですか?

401 :考える名無しさん:05/01/18 19:20:04
うんことは何か?

402 :考える名無しさん:05/01/18 19:46:07
>>400

名前が違う、歳が違う、ききうで違う。

403 :考える名無しさん:05/01/19 18:38:07
ラカンは北朝鮮シンパ

404 :考える名無しさん:05/01/19 23:41:51
ラカンを勉強していますが、意味不明です。
一番困るのが、入門書に詩的表現が多すぎることです。
彼らはほんとにラカンがわかっているのが疑いたくなります。
観念的な理解なので、文章も隠喩的な表現方法への
書くうちにどんどん激情してしまうのでしょうか。
読む方が引いてしまいます。新宮本とか、最悪です。
もっとも冷静な入門書ってないのでしょうか。

405 :考える名無しさん:05/01/19 23:48:34
ラカンなんて読むのやめろよ

哲学界内部では「まがいモノ」として断罪されているっていうのに・・・

406 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/20 00:00:25
ラカンは様々な思想の継ぎ接ぎとよく言われます。
そしてその継ぎ目は必ずしも正当ではありません。
入門書はあたかも一つの体系として語りますので、
その継ぎ目を補強するために、詩的な表現が使われるのだと思います。
簡単にいえば、教典化ですね。

だからラカンの中のいい加減な部分をきちんと指摘している本を
読むのが必要かもしれません。
ラカニアンではない人の本ということですね。

407 :考える名無しさん:05/01/20 00:01:51
ラカンはハイデガーの亜種。

408 :考える名無しさん:05/01/20 00:02:32
>>406がいいこといった

アラン・ソーカルって人の「『知』の欺瞞」が定評あるよ

409 :考える名無しさん:05/01/20 00:46:40
>>404
新宮本はラカニアンの内輪受けは良いみたい。
入門者にわかりづらい良い入門書というのはどうかと思うが。

原和之 2002 『ラカン哲学空間のエクソダス』 講談社選書メチエ (251) 東京 講談社
がまだそういうレトリックみたいなものが少なかったよ。

410 :考える名無しさん:05/01/20 00:53:06
原和之の本は最低だろう。一冊の本を書く力のない人が書いている。


411 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/20 00:55:37
ラカンの解説書は良いのがないですね。
新宮本にしろ、原本にしろ、精神分析系の人が哲学解説的に
書く本を、哲学知識がないぶん意味不明になりやすいですね。

ボクが今読んでておもしろいのが
ヤコブセンの「ラカンの思想」ですね。
ある程度の哲学知識を必要としますが、
なぜラカンはあのようなことをいったのかを、
継ぎ接ぎをはがすように解説していきます。
ラカニアンでなく、ラカンに否定的な視線ももっている故に可能な解説です。
ある意味で、意味不明なラカンがわかりやすいですね。

412 :考える名無しさん:05/01/20 00:57:04
原のラカン本ってそんなに悪い評判はきかなかった気がしてたんだけど
そうでもなかったのか。

413 :考える名無しさん:05/01/20 00:59:22
やっぱりラカンの解説で(良い意味でも悪い意味でも)最高なのはジジェクだろう。
こちらは解説っていうより実践しちゃってるわけだけれど。
初期のイデオロギーの崇高な対象あたりはラカンを解説してるっぽく書かれてる。

414 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/20 01:00:02
新宮本、原本も入門書を越えているということでの
わかりにくさではないでしょうか。
ともに浅く広くよりも、対象a、シニフィアンなど
部分的にこだわりすぎて、わかりにくいということでしょうか。

415 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/20 01:01:25
>>413
ジジェクと、あと浅田「構造と力」はわかりやすい。
でも、あれは正当なラカンなのか?ということは
あるのではないでしょうか。

416 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/20 01:04:01
でも一番入門書として正当なのは、福原本でしょうか。

417 :考える名無しさん:05/01/20 01:23:04
>>411
原は分析家じゃないよ。

418 :考える名無しさん:05/01/20 02:05:11
駒場って、増田一夫とか原とか、
語学できるけど凡庸な香具師ばっかりスタッフに迎えるよな

419 :考える名無しさん:05/01/20 17:08:31
増田先生は2chのデリダファンに嫌われてるよね。

420 :考える名無しさん:05/01/21 00:20:00
それは自業自得なんじゃないかな?

421 :考える名無しさん:05/01/21 00:36:46
とりあえずラカンの虚数チンポがいかにすごいかを理解するためにも
まずは虚数からきちんと勉強しろよw

422 :考える名無しさん:05/01/21 21:47:06
"Journal for Lacanian Studies"の最新号に
新宮本英訳"Being Irrational"の書評が11ページにわたって出ているよ。
オレは英語はわからないが、どうも褒めてるらしい。
っていうか本の内容よりも、日本だの東洋だのにおける精神分析という話題に
目線がいきがちなような気がしないでもない。
他にはジジェクのインタビュー24ページとか、ブルース・フィンクの
今までのラカンの英訳はトンデモだらけだ、というエッセイなどなど。
今まだあるのかどうかないけど、「読むべし厨」がやってたラカン本紹介のページで
和訳『エクリ』をくさしたはいいが、代わりに英語訳を読むべし、なんて書いてあって
よりによってSheridan訳をあげていたが、フィンクのエッセイによれば
(というかそういう指摘は以前からあったが)
あれはページ毎に何十も重大な間違いがあり
時には1つの文章にいくつもまちがいがある、ということで
ケチョンケチョンに貶している。他の英訳者も似たようなものらしい。
ま、原文が原文だから気の毒な面はあるが、
フィンクは翻訳者を告訴せよ!と勇ましい。
要するに自分の訳を読めと宣伝しているんですが。

423 :考える名無しさん:05/01/21 22:28:47
Sheridanはフーコーも駄目だしな
過渡期の存在でしょう


424 :考える名無しさん:05/01/21 22:44:12
哲学のことはあんまり分からないんですが
精神分析はさらにしらないんですけど
英語の勉強も兼ねてエクリのブルースフィンク
の英訳本を本気で読んでみようと思うんだけど無謀でしょうか?

425 :考える名無しさん:05/01/22 00:46:28
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/2020027526/
↑読者レビューのフィンクって、本人?

426 :考える名無しさん:05/01/22 00:49:48
あまりの自画自賛に笑えた

427 :考える名無しさん:05/01/24 01:08:15
両方の英訳と仏原文を読んでの感想は、
シェリデンはそんなに悪くないけど、フィンクは分かりやすい、かな。
フィンクの訳は可能的な読みができないように限定されてて、
読みやすいけど、ミレール狭義的なラカンって感じかな。
ミレール派以外からは反論ありそう。

>あれはページ毎に何十も重大な間違いがあり
>時には1つの文章にいくつもまちがいがある、ということで
>ケチョンケチョンに貶している。他の英訳者も似たようなものらしい。
>ま、原文が原文だから気の毒な面はあるが、
>フィンクは翻訳者を告訴せよ!と勇ましい。
>要するに自分の訳を読めと宣伝しているんですが

この辺はどう考えても言いすぎかな。

428 :考える名無しさん:05/01/24 01:09:11
>>427
ミレール派的な読みって、どのように特徴付けられるの?

429 :考える名無しさん:05/01/24 02:03:36
Lacanian InkとかLacanian Subjectでも読めば。

430 :考える名無しさん:05/01/24 02:05:07
>>429
既読。
そうじゃなくて、訳語のレベルでの現れ方。

431 :考える名無しさん:05/01/24 02:19:24
訳語はどうでもいいでしょ、その概念の内容が問題なわけで。
既読だったらミレール系の理解は大体理解してるんじゃない?
ただ、他の学派の情報が、仏語圏にいかないとほとんど入ってこないからねー。
最近日本に紹介されるのはミレール-ジジェク系ばっかでしょ。
ECFとかサイト行って調べてきてまとめて僕に教えて(笑

432 :考える名無しさん:05/01/24 02:23:18
一ついえることは、
フィンク訳には、既にフィンクの(ミレール派の)解釈が入ってる。
その点では、シェリデン訳はラカンの難しさがそのままあらわれてる。
代名詞の指し示すものの限定の仕方とかでそれは顕著ですね。

433 :考える名無しさん:05/01/24 02:41:55
つうか英語で読むなよ


434 :考える名無しさん:05/01/24 02:51:47
>>433
最近のラカンスレって釣りとか煽りとかヘタだね。

435 :考える名無しさん:05/01/24 23:07:08
【サイエンス】黒木玄先生(東北大)【・ウォーズ】
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1106568412/

436 :考える名無しさん:05/01/24 23:38:12
>>435
夫馬さんが暴れてますね(w

437 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/01/26 19:02:18
ラカン最強説

438 :考える名無しさん:05/02/01 15:34:54
現実界、象徴界、想像界

文学板でもラカンのスレあったけどね
心理板は、まだ見てないけど、やっぱり関心はあるだろね
社会学板にもあるのかな?

ラカンは、皆、やっぱりかなり関心が高いんだね

439 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/01 19:01:29
心理板にもあるよね。

440 :考える名無しさん:05/02/01 19:07:28
本当だ。
心理板、見てきました。
確かにありましたよ

441 :考える名無しさん:05/02/01 20:35:30
数学版にもあり

442 :考える名無しさん:05/02/01 22:17:04
結局のところ、対象aってなんですか?

443 :考える名無しさん:05/02/01 23:04:46
言語、かな

視たものすべては「言語」をとおして視ている
「空」「雲」「雪」
この世のものはすべて言語で視る、ということかな

444 :考える名無しさん:05/02/02 07:39:16
>>443
対象a=言語かぁ?

445 :考える名無しさん:05/02/02 13:12:01
「他人の中に埋め込まれ、私にとって非人間的で疎遠で、鏡に映りそうで映らず、
それでいて確実に私の一部で、私が私を人間だと規定するに際して、
私が根拠としてそこにしがみついているようなもの。」
新宮一成、『ラカンの精神分析』

意味不明?(w

446 :考える名無しさん:05/02/02 23:28:38
全然。どこが意味不明なわけ?

447 :考える名無しさん:05/02/02 23:59:58
>>446
あなたの日常の中の対象aを数個あげてください。

448 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/03 00:36:15
死んでる噴水、酒場、カナリヤの歌、サイレン、ビルディング、ガソリンのにおい

449 :kurahito ◆XEF65wQsug :05/02/03 05:22:43
検索界、辞書界、管理界、其の三つの権力。

450 :考える名無しさん:05/02/03 11:44:05
確かに意味不明

451 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/03 14:14:23
対象aですか、確かに難しいですが
まず鏡像関係の小文字の他者aから派生しているということ
象徴界の不完全性=現実界への裂け目
というようなことから、言語化できないなぜだか強く引かれる、はまっていってしまう対象と考えています

452 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/03 16:05:09
しかしそうすると少し問題がでてきまして
すなわち対象aでない欲望の対象はあるのか、ということです

453 :考える名無しさん:05/02/03 19:44:12
1. ★ ラカンと愉快な仲間たち ★
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1087470797
2. ラカン派精神分析と文学
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1080117126
3. 【胸像】ジャック・ラカン【段階】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1021004393
4. 【フロイト】【ラカン】【クリステヴァ】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1106854833
5. 【ジャック】精神分析と数学【ラカン】
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1104321261

454 :考える名無しさん:05/02/03 22:17:45
ぴかぁ〜 は安価売を読んでないことが判明。

455 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/03 22:58:14
安価売?

456 :考える名無しさん:05/02/04 01:18:19
ぴかぁ〜は「欲望」を考察しているつもりで、
「フェティッシュ」を考察しているんじゃないかい?
倒錯は去勢を無効化する逸脱だから、体系の正規の文脈にはあてはまらないのだよ。。


457 :kurahito ◆XEF65wQsug :05/02/04 01:51:33
>>448
tu^ka 幽霊じゃ無いかにゃ?

458 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/04 03:33:51
>>456
お〜・・・これは難しい・・・
フェティシズムと「欲望」は違うのか・・・
享楽と倒錯は違うのか・・・

459 :05/02/02 18:49:26:05/02/04 03:41:42
ぴかぁ〜さん、ここにいたのか。

460 :考える名無しさん:05/02/04 11:29:52
文学板好きなので、しょっ中いきます
「ラカン派精神分析と文学」のスレ主さんは、なかなか鋭いですね
スレ内で反感も買ってるようですが、わたしは支持してますよ

ところで、現実界、想像界、までは何となくわかるのですが
象徴界がよくわかりません




461 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/04 12:37:04
象徴界は言語世界といわれますが、正確には法、掟、禁止などといわれ
言語行為論のパフォーマティブに相当するなどいわれていますね

462 :考える名無しさん:05/02/04 14:40:39
象徴界は言語世界ですか
やはり、言葉を扱う分野の人たちにとって、ラカンは必須ですね

文学は人間の暗部を描きますから、ある種の精神分析についての
予備知識が必要になりますし、たとえ専門的でなくてもラカンに少しでも
触れておくのは、とてもいいことだと思いますね

人間の欲望は他者の欲望である
殺人者の欲望は「私」や「あなた」の欲望でもある、ということでしょうか
興味深いテーマです

463 :考える名無しさん:05/02/04 15:14:09
対象aねぇ。

階段おりてて、まだあると思ってた段が実際にはなくて、
思わず足を踏み外してしまったときの、その想像してたの階段を、
振り返ってみるときのものの感覚かなぁ。

464 :考える名無しさん:05/02/04 15:15:31
フェティシズムと「欲望」は違うのか・・・
享楽と倒錯は違うのか・・・

全然違うから福原本からやりなおしてこい。

465 :考える名無しさん:05/02/04 15:24:36
階段の感覚?
さらに意味不明

466 :考える名無しさん:05/02/04 15:33:02
>>464
違うと言い切るのはどうかと…

467 :考える名無しさん:05/02/04 15:36:51
さらに倒錯の話はでてきてないと思うが…

468 :考える名無しさん:05/02/05 00:47:12
欲望は弁証法にしたがいます。
フェティシズムには弁証法はないねぇ。
jouissannceとperversionなんて、概念としてすれ違ってさえいない。

469 :考える名無しさん:05/02/05 14:36:55
>>468
それって、どの当たりのゼミナールの見解?

470 :考える名無しさん:05/02/05 16:26:27
言表、ソシュールって何ですか?
発話以前のものは、一体全体何なのでしょう?

471 :考える名無しさん:05/02/06 02:16:05
>>463
その例えいいなぁ。

>>470
言表、エノンセ enonce enonciationとかでググれ。
ソシュールは人名。
発話以前? 欲望のグラフの基本的細胞を見て。

472 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/06 19:40:23
>その例えいいなぁ。

どの当たりが???
階段を欲望する人はあまりいないとおもいます。
真面目な話。


473 :471:05/02/07 01:17:25
階段上るときには足をかける段があってほしいだろ。
ジジェクのよく引く、崖から落ちていることに気づかないマンガの猫の例みたいなもんだよ。
ったく、これだから、ぴかぁ〜はDQNって言われるんだよ。

474 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/07 01:26:13
ありゃりゃ…

475 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/07 01:41:58
そのたとえの空振りさは、対象aのとらえどころのなさ
ラカンの空き缶が見てたとか、とかの意味不明さを、
かってに解釈している感じかな。
ジジェクはそんな解釈していない。
「快感原則」の裂け目であるとか、リアリティを支えるとか、いうこと。
現実界との繋がりで説明しないと意味がないよ。

476 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/07 01:43:30
>>473
自分なりに、自分の回りで具体的に対象aを
表現してごらん。

477 :kurahito ◆XEF65wQsug :05/02/07 01:45:24
>>476
御前が言うな。

478 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/07 01:45:29
対象aは全然特殊なものではないよ。
身の回りにいつもある普通のもの。

479 :kurahito ◆XEF65wQsug :05/02/07 02:00:04
>>478
意味無いジャン。

480 :考える名無しさん:05/02/07 11:27:02
>>479
いつも、突っ込むだけでなく、自分の見解を述べてください

481 :考える名無しさん:05/02/07 12:36:58
ぴかぁのせいでこのスレもレベル大分下がりましたね。
昔からか?

482 :考える名無しさん:05/02/07 13:53:43
ぴかぁの恐いところは鼻先まで顔を近付けてくるところ
素人には耐えられない

483 :考える名無しさん:05/02/07 16:57:28
心理板のスレ【胸像】ジャック・ラカン【段階】
にこんな答えがありました

374 :没個性化されたレス↓ :05/02/06 16:08:27
対象aとは、私であってわたしでないもの。今出たウンコは、くさくない。しばらくすると、臭くなる。他者の視線も対象a.
つまり、他者とは鏡像に写った自分自身だから、その視線は自分であって自分ではない。


484 :考える名無しさん:05/02/07 17:46:08
対象aと現実界のかけらを混同しちゃダメよ

485 :考える名無しさん:05/02/07 19:31:51
現実界のかけらってなんですか?

486 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/07 19:54:00
「対象a」は、欲望の「原因」といわれているもの。
人間が欲望を持つとき、そこには必ず、対象aの作用が働いている。

斉藤さんの説明がわかりやすい思うけど・・・
http://www.shobunsha.co.jp/h-old/rakan/10.html

487 :考える名無しさん:05/02/08 14:24:52
あげ

488 :考える名無しさん:05/02/08 16:47:01
おいおいそこで環かよ。
もういいよぴかぁ〜

489 :考える名無しさん:05/02/08 17:27:54
488の対象aはぴかぁ〜

490 :考える名無しさん:05/02/08 23:06:21
ラカン本の読み込みが足りないな

491 :kurahito ◆XEF65wQsug :05/02/09 00:46:03
ラカンに拠ると『盗まれた手紙』に於ける手紙は、
「対象a」或は「ファルス」、乃ち其処で現実界が
顕れる逆説的シニフィアンとして解釈される。

「対象a」とはジジェクの表現を借りれば、
象徴界の直中に空いた欠如(ゲーデル的
決定不可能性)の「実体化 embodiment」、
謂ば主体の穴を塞ぐ物を意味する。

492 :考える名無しさん:05/02/09 09:31:45
もう少しわかりやすくご説明ねがいます

493 :考える名無しさん:05/02/09 12:14:29
これ以上分かりやすいのは無理だろw

494 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/09 16:58:21
わかりやすくでなく、具体的にってことだね
ボクの、わたしの、対象aを自慢しよう!ってことで

495 :考える名無しさん:05/02/10 19:42:48
ttp://homepage3.nifty.com/humansexuality/mail/se/self4/self4.html
質問させていただきます、僕はもう四月から高校生。将来のことを真面目
に考えなきゃいけない時期だと思います。そんななか僕は中2の頃から友達から教えてもらったセルフプレジャーを
し始めました。いろいろなインターネットの画像を見ているうちに性的欲求
が収まらなくなりセルフプレジャーを一日三回はするようになりました。
実際のところ小学三年生を襲いそうになりました。僕は万引きをして店員から逃げたことがあって、その日、部屋に閉じこもり
泣きながら「どうしてこんなことしてしまったのだろう?」と親には言わず
自分で反省文を書きました。そして自分を慰めるためにセルフプレジャーを
しました。もうこんな自分を変えるためにセルフプレジャーを辞めたいと思ってます。
電車でかわいい子を見つけて素直に「かわいいな」と思える自分になり
つつありますが、けじめをつけるためにセルフプレジャーを辞めたいと
思ってます。まだセックスをしたことが無く勿論してみたいのですが。
どうすればよいでしょうか?
-
 セルフプレジャーは自分自身を楽しむ行為として、悪いことではないし
止める必要もありません。これからもしたいときに性の欲求を発散する
ためにもオナニーをするといいでしょう。
 しかし、その「空想」と現実を結びつけてはいけません。その空想を
現実で行うと犯罪です。それを区別できる力を持つことが大人になる
ということであり、君が義務教育を終えようとする今、肝に銘じてその
ことは理解しておいて下さい。
 君は今のところ理性を持つ大変立派な大人への階段を歩みつつ
あります。
 しかしもしも道を踏み外したとき、例えば強姦された女の子の肉体的
精神的ショックは、君のペニスをカッターで切り落としたのと同じくらい
痛いものだと認識して下さい。君が強姦しそうな衝動に襲われそうに
なった時、君のペニスをカッターで切り落とします。(といっても現実に
そんなことはできませんので、)この言葉を忘れないで下さい。

……怖すぎるドルト先生みたいだと思いませんか?
中学生の性の相談なんですが、私は思わず笑ってしまいました。

496 :考える名無しさん:05/02/10 21:28:31
前半の相談のほうの話のつながりも分析的だな〜

497 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/12 20:38:20
蝉寝るって結局プロだったの?
やっぱひと味違うね。

68 名前: 蝉寝る 投稿日:2000/08/16(水) 11:44
ラカンのことなら何でも聞いてくれ。
素直なデリダ読みやドゥルーズ読みもみんな馬鹿なのは、
彼らの言説がラカンへの抵抗として組織されているという自明の前提を見落とすからだ。
ラカンよりデリダ、ラカンよりガタリ、ラカンよりドゥルーズうんぬんのごたくは、
みんな虫けらの戯言。
んで何?質問は?厨房向けにやさしく回答しますよ?
ほら、質問は?

498 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/12 21:02:33
ジャック・ラカンと精神分析
http://makimo.to/2ch/mentai_philo/950/950266631.html
ジャック・ラカンと精神分析PART2
http://makimo.to/2ch/academy2_philo/1009/1009289741.html


499 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/13 02:28:44
ラカン的に遺伝子情報とはなにになるんだろう?

500 :考える名無しさん:05/02/13 02:36:29
500だよ

501 :考える名無しさん:05/02/13 02:52:53
>499
現実界(物質)の象徴界(の中の科学という知)への射影?

502 :考える名無しさん:05/02/13 13:10:55
樫村>>>>>>>>東・環

503 :考える名無しさん:05/02/13 15:41:13
↑同意

504 :考える名無しさん:05/02/13 16:14:57
樫村愛子?

505 :考える名無しさん:05/02/13 16:30:43
愛子=糞

506 :考える名無しさん:05/02/14 04:10:15
支配する法則が最後は何かが埋まると考えて、或る概念以上の事柄を広めたので中心が無かったという事だ。

507 :考える名無しさん:05/02/14 04:23:05
>>505
不経済

508 :考える名無しさん:05/02/14 04:24:54
>>2
相応しくしろ

509 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/14 10:18:13
象徴界への射影…
うまいこというね

しかし分子生物学的ものはラカンの範囲外なのではないだろうか
現実界という闇の中、ということで

510 :蝉ですが:05/02/15 16:26:26
ぴかぁ〜がいる限りラカンスレには書き込みません。

511 :考える名無しさん:05/02/15 21:15:00
レベル低いなあ

512 :考える名無しさん:05/02/17 09:32:02
ラカンは女学者に評判がよくないのだね
上野千鶴子とか(フェミ女はご勘弁や)

「女は存在しない」この真の意味をわかってないというか・・・

513 :蝉ですが:05/02/18 16:53:58
ラカンを語ろうとしてるのに、
真の意味、とかいう奴は絶対分かってない。
に500万ゼニー

514 :考える名無しさん:05/02/18 23:10:17
>>513
「蝉」ってあの有名な「蝉寝る」さん?

515 :考える名無しさん:05/02/19 18:25:31
それを言うなら<絶対>もダメだろうなあ

516 :考える名無しさん:05/02/19 20:32:31
同意
本物ならそんな煽りは入れない
他人の中傷もしない
偽物では?

517 :蝉ですが:05/02/22 03:11:42
まぁ蝉の本物はこの人なんだがな。
ttp://members.tripod.com/tetsugaku/philosophe/lacan.html
証拠→日本ラカニアンめった切り寸評。過去ログ参照。
十川センセがこんなとこ来るわけないじゃん。
一年以上ラカンスレを席巻する壮大な釣りですな。


518 :考える名無しさん:05/02/22 03:19:03
>>517
リンク違ってない? ラカン紹介のHPに飛ぶだけなんだが。

519 :蝉ですが:05/02/22 03:26:36
だからそこの下の方の日本人ラカニアン文献紹介してるとこだって。
蝉登場のときの過去レスと見比べれ。

520 :考える名無しさん:05/02/22 03:38:03
やっと意味が分かった。
しかし「日本ラカニアンめった切り寸評」
という程たいしたものじゃないだろ、これは。
これで証拠と言われても納得できないな。
かの蝉の記述の方がよっぽど優秀に思えるが。



521 :蝉ですが:05/02/22 09:56:48
ばーか、だから見比べろって言ってんだろ。
まるまる一緒のこと書いてるから。
ちなみに蝉登場以前からその記述は一緒。
これだから蝉マンセー厨は

522 :考える名無しさん:05/02/22 12:24:36
過去ログねーよ

523 :考える名無しさん:05/02/22 13:53:10
なんか変なのがいついたな
早くいなくならないかな

524 :考える名無しさん:05/02/22 14:18:34
>>521
そこまで言うなら、具体的に例証したらどうだ?
そうやって勝手に自己完結されてもな。誰も信じない。

525 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/22 20:40:05
「ジジェク自身によるジジェク」はなかなかおもしろい

現実的な現実界、象徴的な現実界、想像的な現実界は、気に入った。




526 :考える名無しさん:05/02/22 21:10:10
おめーのいうことなんざ誰もきいてねーよ、さっさと死ね、ボケ!! >ぴかぁ




527 :考える名無しさん:05/02/22 21:46:19
蝉よりもかぶと虫が好きだった夏休み

528 :考える名無しさん:05/02/23 09:17:34
>>525

もう入手して読まれたのですね?
早いですね。

「ジジェク自身によるジジェク」
発売日 2005.2.22  ●発行日 2005.2.28  
著者紹介
スラヴォイ・ジジェク (ジジェク,S)
ラカンの後継者、ジャック・アラン・ミレールに精神分析学を学ぶ。
スロヴェニアが世界に誇る第一級の知識人。ドゥルーズ、フーコーなき後、
現代思想をリードする異端児。

(株)河出書房新社


529 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/02/23 12:16:49
月曜に本屋に並んでました。いま読み中です
インタビュー形式でとても読みやすいですね
ジジェクが如何に現実界にこだわっているか、わかります
確かにいま「欲望」的、すなわち想像的、象徴的なラカン語っても、リアリティはないですから
現実界、動物化、生理的あるいは生物的なものへ突っ込んでいくのがジジェクのおもしろさ、でしょうか

530 :528:05/02/23 12:29:35
>>529

そうでしたか、もう発売されていたのですね
ジジェクは読んだことがありませんが、ラカンの抽象的(?)な概念を
もっと現実界に結びつけて、わかりやすく説明していそうな感じですね

ラカンの「黄金数」が具体的に何を指しているのか、
とても興味があります


531 :考える名無しさん:05/02/23 19:11:17
133 名前: 蝉寝る 投稿日: 2000/08/21(月) 01:00
>111
>小笠原、向井、新宮、佐々木、鈴木、加藤、藤田、赤間、十川ETC
>誰のラカン本、読めばいいんですか?
>香山リカは駄目よね。
 ていうか、きみ、私がこの中の誰か、とは思わないんだね。まあいいか。
 小笠原=変な訳語 向井=へなちょこ
 新宮=文学的すぎ 「ラカンの精神分析」は、評判ほど分かり易くも、良い解説書でもない
 佐々木=歴史的証人かつ遺物
 鈴木=フランス語知らずの似非ラカン派 解釈も変 現実界がゲームの裏技? 藤原新也か?
 藤田=チャート式ラカン、普及版。ただし人生論モードにはいるとオヤジ化。
    あと、自分の解釈をラカンの解釈と混ぜて書いていて、ちょっとこれは。
    それにしても、あっという間に消えたもんだ。
 赤間=ラカンおたく。理解は正確でも、応用がマニアックすぎて消えた。
 十川=もっとも誠実かつ正確 お勧め ただし単行本はないので、イマーゴや現代思想でチェック
 香山=おしゃれラカン、ていうか「おされラカン」って感じ?
---
向井雅明『ラカン対ラカン』金剛出版、1988
セミネール7巻や11巻。駄目っぽい。
小笠原晋也『ジャック・ラカンの書―その説明のひとつの試み』
訳語が変だけど、日本人の書いたラカン解説本としてはまだ一級品。この著者は恋人を殺害したらしい。
佐々木 孝次『ラカンの世界』弘文堂、1984年。
歴史的遺物。
鈴木 瑞実『悲劇の解読―ラカンの死を越えて』岩波書店、1994
似非ラカン派。
赤間 啓之『ユートピアのラカン』青土社、1995
赤間 啓之『ラカンもしくは小説の視線』弘文堂、1988
理解は正確。応用はマニアックかも。
若森栄樹『精神分析の空間 ラカンの分析理論』弘文堂、1988(絶版)
セミネール11巻など。

532 :考える名無しさん:05/02/23 19:13:10
十川幸司『精神分析への抵抗――ジャック・ラカンの経験と論理』、青土社、2000
批評空間にも連載中だね。気鋭!
藤田博史『精神病の構造 シニフィアンの精神病理学』、青土社、1995
チャート式読解。

533 :考える名無しさん:05/02/23 19:26:18
>>517>>531
一致するところもあるかな、という程度。
とても同一人物と断定する証拠とはなりえない。

534 :考える名無しさん:05/02/24 00:30:03
おいおい粘着だなプ

535 :考える名無しさん:05/02/25 10:35:36
誰か蝉氏に質問してみては?
そうすれば、ホンモノかニセモノか判明する

さあ、ドゾー!

536 :考える名無しさん:05/03/05 02:55:48
原和之『ラカン 哲学空間のエクソダス』、講談社選書メチエ、2002

はどうだ?

537 :考える名無しさん:05/03/05 10:15:34
>>536
頑張って書いたと思う。普通に面白いよ。

538 :考える名無しさん:05/03/05 20:41:03
どのように面白いですか?
初心者にも理解できる内容でしょうか?

539 :考える名無しさん:05/03/09 13:00:53
蝉氏は遁走したのかな?

やはり、ニセモノだったか・・・

540 :考える名無しさん:05/03/09 22:04:43
>>539
どうしたら、同一人物だと思えるのか。
どう見ても違う人間だろ。

541 :考える名無しさん:05/03/10 09:17:07
>>540
そうか

よくわかったよ。サンクス!

542 :考える名無しさん:05/03/16 01:22:07
>>538
初心者の意味によるでしょ

哲学・心理学・精神分析の
それぞれ得意不得意によって違うような飢餓

精神分析苦手でも哲学得意なら原さんの本は
大丈夫じゃないかな。でも、人によるかな。

543 :考える名無しさん:05/03/18 19:38:01
「サントーム」出版記念あげ。


544 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :05/03/18 19:52:55
いつ?

545 :考える名無しさん:05/03/18 19:58:46

ttp://www.amazon.fr/exec/obidos/ASIN/202079666X/

546 :考える名無しさん:05/03/18 23:37:48
ラカンが分かる人は、神にもっとも近づいた人だ!
そうラカンの言葉は神のみぞ知る・・・。

547 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 16:07:46
四月から、某市民講座で「やさしいラカン精神分析学入門」を
受講することになりました。
講師は、財津理氏。「盗まれた手紙についてのセミネール」です。

548 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 17:34:08
現代思想9月臨時増刊号ブックガイド60のラカン『エクリ』の紹介文で十川は
ラカンの提示している人間観はもう今では時代遅れだといっている。

549 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 19:04:44
財津さん原典を訳出するとか言ってたんじゃない?
その講座自体出版するかもね

550 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 19:20:37
財津ってドゥルーズ研究者じゃないのかよ
なんでよりによってラカンやり始めてんだよ

551 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 20:37:45
なんかまたバカ厨入ってきてない?w





552 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:11:27
>>549-550

パンフレットには
「今回から講師(財津理)訳の「盗まれた手紙についてのセミネール」を
用いて解説します。プリントを配布します」
とあります。

553 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:15:40
「アンチ・オイディプス」のラカン批判とか踏まえてラカンを批判的に読解してくれるのかな?

んなわけないか・・・

554 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:24:22
>>553

月一度の講座で全五回です。また、それが終われば秋冬の講座に
続いていくようですよ。

以下、再びパンフレットより。

「具体的にはつねにフロイトの精神分析学の基礎概念を参照しつつ、
現代フランス思想に目配りしながら、ラカンの言わんとすることを
解明していくことになります。
この講座は、現代フランス思想入門という性格もそなえていますし、
ポーの小説解釈という楽しい作業を行うことになります」


555 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 23:42:50
ラカンをネタに商売するのはOKなのね

556 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 18:29:46
私を見る私、そしてその関係を見る私。

557 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 17:52:35
<一レスでわかるラカンとポストモダン>

ラカンの言っていることは単純である。
大人になるにはどうすればよいのかということ。
そして全ての物語および精神分析の到達点は、
「大人になれ」というメッセージの発現なのだ。
このメッセージには根拠はない。根拠こそが社会的存在である
人間が作り出した産物に過ぎないからだ。
そして大人になる、とは、社会システムを立ち上げ参加する、という
ことであり、交通を開始する、と言うことだ。
オイディプス期とは、無能であるが故に全能感を持つ子どもが、
社会の掟を受け入れる過程を差し、それが既存の文化的な
まとまりを、鏡像に自身の姿を見るようにモデルにするため、
そこに生涯を通して縛られるということでもある。

交通の開始時点では交通を始めた両者に共通の尺度はなく、
つまりそこに「価値」は存在しない。「価値」は共通の尺度を
想定出来るほどに交換が広がりを持ったときにはじめて生まれる。
正義が悪を倒す図式に見える反抗は、実は、大人と子どもの
対立であり、社会が爛熟期を迎えれば必然的に生まれる対立であり、
西洋に置いては原始キリスト教が帝国に対して起こした反乱、
ルネサンスが封建主義に対して起こした反乱、マルクス主義が資本主義に
対して起こした反乱、構造主義がマルクス主義の息の根を止めたことに
対応している。そして、、ラカンに対するドゥルーズの反抗は、この流れの
一つに過ぎない。アンチ・オイディプスとは、「大人になりたくない」という
宣言であり、だから反社会的であり、社会を前提にしている時点ですでに
その運命は決まっているのだ。すなわち戯れに過ぎない。

なんてな。だから哲学なんて止めて、消尽した方がよいぜよ、皆の衆。

558 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 18:41:44
>>557
「寝ながら学べる構造主義」じゃねえか。

559 :内田:2005/03/27(日) 18:47:31
>558
わかったらおのれの師を敬え

560 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 18:56:03
>558
でも、ラカンについてこれ以上の説明が必要?

561 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 19:12:08
まったく逆、ラカンがいっているのは現代人は大人になれない、といっている

562 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 19:18:10
>「大人になれ」というメッセージの発現なのだ

大人になれないからこそこの手のメッセージ=イデオロギー
は存在し続ける。

563 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 19:26:30
ちがうちがうそれでは現実界、死の欲動か抜けすぎ

564 :おせっかいな土方:2005/03/27(日) 19:28:38
>>557
ヒステリーから分裂病、薬物中毒の妄想に至るまで、なんでもかんでも
「パパ−ママ−可愛いボクちゃん」の関係で済ますフロイトの不出来な弟子たちをドゥルーズ=ガタリは、
「アンチ・オディプス」で攻撃しているんだろうが。

あらゆる妄想は、性的であるよりもむしろ、集団的、社会的、政治的なデンパの影響下にあるのだよ。

565 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 19:32:38
大人になる、社会に参加することが、無への欲望なのだ
だから社会は暴走し、戦争し、破壊する

566 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 19:34:51
「アンチ・オイディプス」は逆で、
「大人になったあとでもなんとかしよう」
だと思うぞ

567 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 19:37:55
ブクロさいこー!ラカンさいこー!ジジェクさいこー!

568 :557:2005/03/27(日) 19:46:04
レスありがとう。>558氏が書いたとおり、本は違うが元ネタは内田樹氏だ。
そもそも誤読しているかどうかわからないが。

>561>562
指摘どうも。言われるとおりだ。またイデオロギーに絡め取られたみたいだ。

>563
現実界は全く抜けてます。死の欲動については、それは存在せず、むしろ
生々しい死を「死」として認識するからこそ象徴界に参入し、大人になる、と
内田氏は言っている(と思う)。ジジェクは読んでないです…

>564
>「パパ−ママ−可愛いボクちゃん」の関係で済ますフロイトの不出来な弟子たちを
攻撃しているのがラカンで、だから「フロイトに還れ」と言い、エディプス期を資本主義
という特定の社会ではなく、あらゆる社会に共通のものとして捉えているのがラカンで、
社会への参入をオイディプス期を通してなる、と言っている。これに対して現存の社会の
鋳型で欲望を制動するからおかしくなる、欲望の解放を、と論じたのがアンチ・オイディプス
という解釈なんですけど、どうでしょう?

569 :557:2005/03/27(日) 19:57:45
>565
これはよくわからなかったです。ラカンの言葉なのですか?
それとも誰かの解説なのですか?この言葉通りだと、人間は
社会を立ち上げると同時に社会を破壊する欲望にとらわれると
取れ、それは破壊された社会を前にした理由付けに思えるのですが。

>566
オイディプス期を幼い子どもに限定せずに、欲望が社会により制限を
受ける「去勢」の過程であると捉えると、「大人になる」というのが社会を
構成する規範を受け入れる、ということであるなら、アンチ・オイディプスは
大人にならない、と読めるのですが。
アンチ・オイディプスが欲望の制限に批判を加えているのは、資本主義機械
への批判と捉えられると思いますが、社会批判は社会の現存を前提としている点で、
その議論の存立の基盤は批判されているものに依拠してしまう。
そして社会の存立の掟はそもそも無根拠なのだから、無根拠を受け入れて
大人になって、「アンチ」出来るものはないと思うのです…

570 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 20:10:25
人間社会の過剰性です
他の社会を破壊する、環境を破壊するなど


571 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 20:10:51
>>569
できるって。
アンチ・オイディプスを過剰にロマンティックに読む香具師大杉。

572 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 20:16:00
>571
ポストモダンって、結局68年革命の理論的支柱、って位置づけに
なるからでしょ

573 :557:2005/03/27(日) 20:18:44
>571
できる、と言われても…
>569の>566に対する文章の論理展開がおかしいと言うことでしょうか?

574 :564:2005/03/27(日) 21:17:57
>>568
まっとうなレスに狼狽えて、「アンチ・オイディプス」を再び開いてみた。
「集団的、社会的、政治的」は、現代思想の2000-7の宇野氏の談話を丁度読んでいたので。

フロイトから離れていったアドラーやユングの方にラカンよりは興味がある。
ドゥルーズ=ガタリの特にガタリは、レッテル張るならアナキストなので、教祖化したラカンや
教条主義のその弟子たちとは、元々相容れないのではないか。

575 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 21:32:54
日本人は、個人主義的?主体主義的?フロイト、ラカンよりユングに親近感もつのかな

576 :考える名無しさん:2005/03/28(月) 04:07:56
>>575
ユングは分かり安すぎる神秘主義だから

現実的な話題になってすみませんが、
ラカンの患者だった人は、あのドクターは本当にいいドクターだったと、
口を揃えて言うみたいですね
深夜でも電話を掛ければ直ぐに訪れてくれるって
そかわりに次の日、莫大な金額の請求書が送られてくるけどw

577 :考える名無しさん:2005/03/28(月) 04:13:30


ゆうちゃんへ

このスレ見たら連絡ください
待ってます。






578 :考える名無しさん:2005/03/28(月) 07:55:04
ラカンって金で転移を断ち切るんでしょ?
治療もできてお金も儲かる。

579 :考える名無しさん:2005/03/28(月) 08:59:56
にーと?
それが仕事というやつだよ

580 :考える名無しさん:2005/03/28(月) 23:15:17

新宮と福原の入門書だったら新宮のがいい。
福原の文章ひどくない?

581 :考える名無しさん:2005/03/28(月) 23:20:02
ラカンはいんちき。
一部のフランス文学専攻のばかがおおばかを祭り上げてるだけw
これくらいわらちゃううやつことってそうないよ。

582 :557:2005/03/28(月) 23:45:44
>570
どういう意味でしょうか?

>578
>ラカンって金で転移を断ち切るんでしょ?
そうですね。だから精神分析は必ず料金を取る。そうしなければ
精神分析家自ら転移の連関に巻き込まれてしまう。治療に対し
料金を請求するのは精神分析の原則です。
患者は貨幣を精神分析家に渡すことで貨幣の交換という次元に
於いても正しいコミュニケーションに到達したことになるそうです。

583 :557:2005/03/29(火) 22:56:39
内田先生の本からもう一つ

カミュは、ハイデガーの哲学を、ありのままを描ききっていないと批判する。
死そのものを描きながら、そこから生に転換する時点でダメだと。自分は、
全てをありのままに捉えたい、世界は理解不能である、それが「不条理」の
哲学であった。
しかし、それは結論から言えば、現象界にとどまり象徴界を受け入れないと
いうことであり、すなわち「大人にはならない」という表明につながる。

人間は自分の死を対象化することによってはじめて自身の生に向かうことが
出来る。自身の死に向かっているうちは人は想像界にいる。それを象徴化して、
「死」という名前を与えることで、人間は現象界との飽くなき葛藤により高い進級
からの生業を受ける。具体的には、「死」によって、生を改めて捉えることが出来る
わけだ。これが、大人になると言うことである、とラカンは行っている。

一般に、個人の全能感が社会によって制限され去勢されていく過程をオイディプス期と
言い、それが大人になる過程だと言える。
ハイデガーも、フッサールも、フロイトも、ヘーゲルも、大人になるなりかたを語ったと言える。
例えば「否定は規定である」。全能感の否定は、ある個人の能力の規定であり、それは
社会的な力と言える。だから、去勢は社会的参画である。

584 :557:2005/03/29(火) 23:13:49
あげますわ

585 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 06:20:45
>>583
現象界とは?

586 :557:2005/03/30(水) 08:08:05
>585
ごめんなさーい、想像界でした。ご指摘どうも

587 :557:2005/03/30(水) 08:10:49
めちゃくちゃですね。以下、訂正を<>で入れました。

しかし、それは結論から言えば、<想像界>にとどまり象徴界を受け入れないと
いうことであり、すなわち「大人にはならない」という表明につながる。

人間は自分の死を対象化することによってはじめて自身の生に向かうことが
出来る。自身の死に向かっているうちは人は想像界にいる。それを象徴化して、
「死」という名前を与えることで、人間は<想像界>との飽くなき葛藤<にたいし、
象徴界という>高い進級
からの<制御>を受ける。具体的には、「死」によって、生を改めて捉えることが出来る
わけだ。これが、大人になると言うことである、とラカンは<言>っている。


588 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 18:24:40
>>582
全く賛成です

589 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 19:41:48
盛り上がってるけど相変わらずレベル低いな。
ネット上でラカンの話してる他のどこよりも低い。
それが、ぴかぁ〜クオリティ。

590 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 19:54:38
で?

591 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 12:10:24
ジャック・ラカン 無意識の形成物
1
ジャック=アラン・ミレール 編
佐々木 孝次,原 和之,川崎 惣一 訳

■体裁=A5判・上製・450頁
■定価 5,250円(本体 5,000円 + 税5%)(未刊)
■2005年4月26日
■ISBN4-00-023410-2 C0011

--------------------------------------------------------------------------------
ラカン思想の一つの到達点を示すセミネール第5巻.ソシュール以降の言語学の
観点から機知や文学,症例など豊富な事例を検討し,フロイト思想の根源に迫
ろうとするラカンの試みが見事に結実している.無意識のシニフィアン構造や,
「欲望のグラフ」など,言語と精神分析の基本概念との関係性が鮮やかに示さ
れる.(全2冊) 


592 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 15:24:49
祭り?

593 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :皇紀2665/04/01(金) 15:46:23
ラカンの最終?的結論は大人になれではなく
己の欲望に譲歩するな、ということでしょうか
もはや大人になるのも大変な時代、たとえ朽ち果てようとも、
なにものにも妥協せず自分の信じた茨の道をゆけ!傷つきながら的なこと?

594 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 06:57:29
>>591
岩波だよね?

595 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 09:21:19
のようです。

596 :ローカルルール審議中:2005/04/03(日) 01:32:44
ぴかぁ〜さんはなんにも判っていませんね

597 :557:2005/04/03(日) 17:48:42
>593 はじめましてこんにちは。
私がこだわっているのは、「アンチ・オイディプス」が「ラカンを乗り越えた」という
うたい文句で登場していることです。

この著書の主張の中心は、欲望を抑え込み現状に適応する神経症的な「正常」を批判し、
欲望を無限に解放していく分裂症的な在り方を提示したことだと思うのです。そして、
現状に適応する、としたときに精神分析の中心概念である「エディプス期」が実際には
欲望を資本主義社会の基本単位である家庭に押し込めてしまうものである、だから
精神分析は現状追認の技術であり、そもそも欲望を抑え込むという罪をもち、
「エディプス期」の概念は破棄されるべきだ、だから「アンチ・オイディプス」なのだ、と
理解しています。

ラカンの主張は、エディプス期を想像界から象徴界への参入であり、それは同時に
去勢の過程であり、精神分析はこの過程を滞らせている澱みを分析を通して解消し、
過程をあるべき姿に戻すことが精神分析である、と言うことだと思うのです。

ここから「乗り越えられたもの」は「現実にある社会共同体の掟への適用」ととらえ、
この掟を無根拠だが社会を支え再生産している概念=大人と定義づけ、それゆえ
ラカンは「大人になれ」といい、「アンチ・オイディプス」は「そんなのいやだ」と言った
と捉えたわけです。


と書きながら、現実界が全然出てこないし、対象A(aではなく)と超自我を同等に
捉えているみたいだし、自分でもむちゃくちゃだなぁと思っています。

598 :ローカルルール審議中:2005/04/03(日) 17:50:24
「そんなのいやだ」というまとめは、
ちょっとアンフェアだと思うけどな

599 :557:2005/04/03(日) 19:24:44
>598 ではもう少し言い方を変えます。
大人とは、「結果として現在システムとして機能している
欲望の在り方」と捉えます。
「アンチ・オイディプス」が批判しているラカンは、この「大人」の
肯定ではないのか、ということです。
要するに、「何を乗り越えたのか」を私は問題にしている、ということです。

「アンチ・オイディプス」がおのれの欲望に忠実であれ、と言っているのは
その通りだと思います。
この点が「アンチ・オイディプス」の主題だと思いますが、ここにラカン批判が
無いとしたら、私の読み方が間違っているものだと思います。それを私は
知りたかったのです。

600 :557:2005/04/03(日) 19:39:21
蛇足ですが、「大人になること」には、何ら価値の側面は
ありません。それは無根拠であり、現在機能しているという
だけのことです。

「大人になること」が「正しい」かどうかという観点ではラカンも
「アンチ・オイディプス」でも議論の対象にしてい無いと思っています。
わたしもその前提の元に、「大人」という言葉を使っています。

601 :ローカルルール審議中:2005/04/03(日) 20:07:43
でもさ、日本の論壇の文脈だと、
冷戦終了後に元左翼のおっさん(特に西研)が、
ヘーゲル当たりを援用して
「大人になれよ」と言うような、
通俗的イメージがすでにある。

だから注意した方がいいと思うよ。
ラカンはそういう俗流ヘーゲル主義者じゃないし、
D&Gもラカンには一定の敬意を払っていたわけだし。

602 :557:2005/04/03(日) 20:38:32
>601 ありがとう。そうなんですか。

>元左翼のおっさん(特に西研)が、ヘーゲル当たりを援用して
>「大人になれよ」と言うような、通俗的イメージがすでにある。
「ヘーゲル・大人のなりかた」ですかね。未読ですが。

こういう言い方するとまたご批判を受けるかも知れませんが、
社会的に挫折をした人たちは転向の際、今度は無制限に既成の
制度や文化を取り入れ、それを彼らがそれまでやっていたやり方と
同じように「正しいこと」として根拠づけようとする気がして、私も好きでは
ありません。そう言う在り方こそが、「分析」され、「批判」されているのに。

603 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/04/03(日) 23:40:08
>>597
「己の欲望に譲歩するな」はラカンのテーゼです。

それは、象徴的な去勢により、象徴的同一性をするにしても
すでに、「父」は機能不全し、掟も不明確となり、
「大人になる」ことはできない、というものです。
だから、去勢とは、苦しみ続けながら、なにものにも妥協せず
自分の信じた道をゆくしかない、ということです。


604 :THE グル :2005/04/04(月) 04:21:29
いいですか、
ラカンの不幸は、
その理論が解釈によって一人歩きし、
勘違いされ易いということなんです。
といいますのも、
ラカンのマテームや多くの構造図は一見明快であり、
また、
数学的に構成されて見えるために、
それが公式と勘違いされるからなんです。
そして、
それともう一つ、
哲学に関わる専門家でもたまに忘れてしまいがちなのが、
その本質が心理学(あるいは精神分析)」に根ざしているということなんです。
ちなみに、
あまり大したことではないので忘れてしまいましたが、
どこかのスレでも、
ピアジェが読んだら笑ってしまうような内容が書かれておりましたね。
どうかしましたか?

605 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 22:49:46
頭の悪いぴかぁという人より、もっと頭の悪いぐるという人がいますね

606 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 01:30:03
>だから、去勢とは、苦しみ続けながら、なにものにも妥協せず
>自分の信じた道をゆくしかない、ということです。

それは自己愛的な欲望。
ラカンの欲望の公準は、欲動の次元についてかたってるんだが。
ぴかぁ〜はバカで困るよ。

607 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/04/05(火) 14:54:10
わたしがいった去勢をマニュアル的にとってはいけません
マニュアル的な去勢の解釈を否定するラカンについて語っているわけです
精神分析は役に立たつとは思えないと語るラカンについてです

608 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 15:08:57
去勢は選び行く道か?

去勢は到来するものだろう。

609 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 19:47:46
ラカンさんがそろったら、回そじゃないか
ヨイヤサのヨイヤサ

610 :557:2005/04/11(月) 01:16:44
なんか過疎ってますね。
もうちっと勉強してから来ます。
とりあえず十川幸司さんの本読んでます。
すげえです。感動です。手元に置いておきたくなりました。
次に福原さんの本を読んで、基礎概念を固めます。
また来ます。お相手してくださいね。

611 :ローカルルール審議中:2005/04/12(火) 08:25:04
十川本ってなんだっけ

612 :ローカルルール審議中:2005/04/12(火) 15:26:21
>609
いいよいいよ!どんどん集まれ輪姦そうヨ!全員集合!!!!!!!!(´д`)ハアハア

613 :557:2005/04/12(火) 21:31:14
>611
「精神分析への抵抗〜ジャック・ラカンの経験と論理」です。

614 :ローカルルール審議中:2005/04/12(火) 22:08:06
>>607
はてなでしろうとのレスを
勝ってに改竄してたお前が言うなよ。

615 :ローカルルール審議中:2005/04/13(水) 01:59:52
どうせいつか死ぬんだから象徴界も掟もへったくれもねーや、てのは無いわけ?

616 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/04/14(木) 12:36:55
福原本がソフトカバーで再版されましたね
もっともわかりやすい入門書ではないでしょうか

617 :ローカルルール審議中:2005/04/15(金) 03:21:57
『無意識の形成物』の発売一ヶ月延期されてんじゃん。

618 :ローカルルール審議中:2005/04/16(土) 20:35:57
無意識の形成物、よくみたら上巻だけで450頁?
確かに図は多い蝉だけど、そんなになるかなぁ。
ひょっとして上下一冊にするための延期とかかな。

619 :557:2005/04/17(日) 17:43:36
>616 情報ありがとう。

620 :ローカルルール審議中:2005/04/17(日) 17:57:52
ジジェクが結婚?
http://huh.34sp.com/wrong/2005/03/24/scoop/

621 :ローカルルール審議中:2005/04/17(日) 19:45:06
>>620
ワラタ。
ロリコンっぽいなー。かなり若いだろ、その嫁。
あぁ、俺とのケツマンコが。。。

622 :ローカルルール審議中:2005/04/18(月) 08:28:28
ジジェク56歳
嫁26歳
らしい

623 :ローカルルール審議中:2005/04/18(月) 14:15:00
アンチジジェクになりますた

624 :ローカルルール審議中:2005/04/19(火) 20:26:30
>嫁26歳
許せんな、それは。

625 :ローカルルール審議中:2005/04/19(火) 20:57:04
というかジジェク面が悪人過ぎ。
悪役俳優そっちのけのオーラが内から湧き出ている。
あの若い奥さんが毎夜ジジェクに犯されていると思うと涙すら出てくる。

626 :ローカルルール審議中:2005/04/19(火) 22:48:16
むしろジジェクが責められているんだってば。
こいつはどう見ても受けキャラ。

627 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/04/20(水) 23:17:18
>>625
普通に考えて、56歳で毎夜はないでしょ。
新婚だし、せめて週一ぐらいでがんばらないと、浮気されるよ。
がんばれ、ジジェク!

628 :ローカルルール審議中:2005/04/30(土) 16:12:01
ラカニアンは基本的に境界例を認めていない

ジジェクは日本に来てもヤクザの小指の話しかしない

629 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/07(土) 23:06:38
知の教科書 フロイト=ラカン 講談社選書メチエ
新宮 一成 (編集)
出版社: 講談社 ; ISBN: 4062583305 ; (2005/05/11)

630 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:09:11
絶対買おうっと

631 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:43:46
知の教科書 フロイト=ラカン 講談社選書メチエ
新宮 一成 (編集)
出版社: 講談社 ; ISBN: 4062583305 ; (2005/05/11)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2583305&x=B



632 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:44:37
863 :ぴかぁー :04/05/06 10:02
じゆんおもろすぎ
ちょっと仕事するから
晩な

その後…

868 :ぴかぁ〜 :04/05/06 10:13
873 :ぴかぁ〜 :04/05/06 10:20
874 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 10:21
877 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 10:26
878 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 10:27
879 :ぴかぁー :04/05/06 10:31
880 :ぴかぁー :04/05/06 10:34
882 :ぴかぁー :04/05/06 10:38
883 :ぴかぁー :04/05/06 10:42
884 :ぴかぁー :04/05/06 10:47
885 :ぴかぁー :04/05/06 10:56
887 :ぴかぁー :04/05/06 11:00
889 :ぴかぁー :04/05/06 11:06
890 :ぴかぁー :04/05/06 11:15
893 :ぴかぁー :04/05/06 11:21
895 :ぴかぁー :04/05/06 11:26
897 :ぴかぁー :04/05/06 11:28
898 :ぴかぁー :04/05/06 11:31


633 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:45:09
900 :ぴかぁー :04/05/06 11:35
902 :ぴかぁー :04/05/06 11:36
904 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 11:47
906 :ぴかぁ〜 :04/05/06 11:53
907 :ぴかぁ〜 :04/05/06 11:55
909 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 11:56
911 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 11:59
913 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 12:02
914 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 12:05
916 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 12:07
917 :ぴかぁー :04/05/06 12:39
918 :ぴかぁー :04/05/06 12:45
919 :ぴかぁー :04/05/06 12:49
920 :ぴかぁー :04/05/06 12:57
921 :ぴかぁ〜 :04/05/06 13:03
922 :ぴかぁ〜 :04/05/06 13:10
923 :ぴかぁ〜 :04/05/06 13:16
924 :ぴかぁー :04/05/06 13:46
925 :ぴかぁー :04/05/06 13:51
926 :ぴかぁ〜 :04/05/06 13:59
927 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:02
928 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:05
929 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:06
930 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:11
931 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:12
932 :ぴかぁー :04/05/06 14:23


634 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:48:51
                   \ │ /
                    / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ─( ゚ ∀ ゚ )<ぴかぁ〜氏ねよ!
                    \_/   \_________
                   / │ \
                        ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< ぴかぁ〜氏ねよ!氏ねよ!
ぴかぁ〜氏ねよ〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
    ________/ |    〈 |   |
                  / /\_」 / /\」
                   ̄     / /

635 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/08(日) 11:05:29
はやくも「知の教科書 フロイト=ラカン」の書評が・・・
http://nakano.main.jp/blog/

636 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 13:48:21
>>635
書評というか、著者の1人かな。
そこ見ると、20人くらいで書いているみたいだね、その本。

637 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 16:19:07
知の教科書シリーズはガイドブックだな
執筆者が多い

638 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/11(水) 12:38:12
新刊読み始めましたが、
ラカン本にありがちな著者の暴走も少なく
まともなガイドブックで なかなかおもしろいですね

639 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/12(木) 20:10:18
と、思いましたが・・・ん〜

640 :考える名無しさん:2005/05/12(木) 21:09:01
         ∧_∧   
        _( ´_ゝ`)
      /      )           _     _
     / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
    / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_―
   | !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ
   | |   `iー__=―_ ;, / / /   ←1
    !、リ  -=_二__ ̄_=;, / / ,'
        /  /       /  /|  |
       /  /       !、_/ /   〉
     / _/             |_/
     ヽ、_ヽ


641 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 20:27:23
>ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU
新宮さんの説明はこなれているけど
立木(ついき)氏の説明て舌足らずじゃないですか?
入門書なのに「比較的よくしられているように」とか、いかにもって感じの
説明でさ。全くの初心者はこれじゃだめでしょ。

642 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/24(火) 20:33:22
>>641
全くの初心者には、この本は難しいでしょうね。
専門的ということではないですが、ある程度、知識がある人への
応用編という感じです。
でも応用編ならジジェク系の方がずっとおもしろいです。
まあ、邪道なんでしょうが。
全体的に中途半端な感じです。


643 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 22:24:28
もう「斜めからみる」から10年たったんだから
ジジェクをラカンの紹介者と位置付けるのはやめようぜ。

そのカテゴライズだと、ジジェクとラカンは誤解されてしまうよ。

644 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/24(火) 22:50:32
ジジェクは、ラカンの紹介者以上だから、人気があるのではないでしょうか。
一般的な、象徴界中心のラカン解説は、現代ではあまり魅力がない。
現実界を開拓し続けるところに面白さがある。

645 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/25(水) 12:38:58
それは現代が感性の時代だからでしょう
ラカンにおいて感性はでけにあるのか?現実界の近辺です

646 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 18:25:19
樫村晴香読めば他はいらない

647 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/05/27(金) 18:39:17
嫁も良いよ

648 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 23:48:33
1の母です1の父です1の兄です1の弟です1の姉です1の妹です1の祖父です
1の祖母です1の伯父です1の伯母です1の叔父です1の叔母です1の曾祖父です
1の甥です1の姪です1の従兄です1の従姉です1の従弟です1の従妹です
1の曾祖母です1の息子です1の娘です1の孫です1の曾孫です1の玄孫です
1の消防時のクラスメイトです1の消防時の担任です1の卒業消学校の校長です
1の今(厨房時)のクラスメイトです1の今の担任です1の現厨学校の校長です
1の家臣です1の御家人です1の右大臣です1の左大臣です
1の主治医です1の看護婦です1の入院している病院の院長です
1の背後霊です1の家に居る呪縛霊です1の先祖です1の家の仏壇です
1の使用ストUキャラです1がやってるDQの主人公です1がやってるFFの主人公です
1のエクソシストです1の占い師です1の体内に金属片を埋めた宇宙人です
1のPCです1のMOです1のマウスです1のキーボードです1のプリンターです
1の精子です1のティムポです1のチン毛です1のティムポの皮です1のティンカスです
1が毎日オナーニする時に使っている布です1の胸毛です1の脇毛です1の鼻毛です
1のツアー添乗員です1を泊めた宿の主人です1を泊めた宿の女将です
1の先輩です1の後輩です1を轢いたトラックです1を中央線三鷹駅で轢いた電車の運転士です

 今 回 は 1 が こ の よ う な ス レ ッ ド を 立 て て し ま い 誠 に 申 し 訳

 ご ざ い ま せ ん。 こ の 板 の 住 人 の 方 々 に 深 く お 詫 び し ま す。


649 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 23:58:00
863 :ぴかぁー :04/05/06 10:02
じゆんおもろすぎ
ちょっと仕事するから
晩な

その後…

868 :ぴかぁ〜 :04/05/06 10:13
873 :ぴかぁ〜 :04/05/06 10:20
874 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 10:21
877 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 10:26
878 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 10:27
879 :ぴかぁー :04/05/06 10:31
880 :ぴかぁー :04/05/06 10:34
882 :ぴかぁー :04/05/06 10:38
883 :ぴかぁー :04/05/06 10:42
884 :ぴかぁー :04/05/06 10:47
885 :ぴかぁー :04/05/06 10:56
887 :ぴかぁー :04/05/06 11:00
889 :ぴかぁー :04/05/06 11:06
890 :ぴかぁー :04/05/06 11:15
893 :ぴかぁー :04/05/06 11:21
895 :ぴかぁー :04/05/06 11:26
897 :ぴかぁー :04/05/06 11:28
898 :ぴかぁー :04/05/06 11:31


650 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 23:58:25
900 :ぴかぁー :04/05/06 11:35
902 :ぴかぁー :04/05/06 11:36
904 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 11:47
906 :ぴかぁ〜 :04/05/06 11:53
907 :ぴかぁ〜 :04/05/06 11:55
909 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 11:56
911 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 11:59
913 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 12:02
914 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 12:05
916 :ぴかぁ〜 ◆PKPKs4sF8s :04/05/06 12:07
917 :ぴかぁー :04/05/06 12:39
918 :ぴかぁー :04/05/06 12:45
919 :ぴかぁー :04/05/06 12:49
920 :ぴかぁー :04/05/06 12:57
921 :ぴかぁ〜 :04/05/06 13:03
922 :ぴかぁ〜 :04/05/06 13:10
923 :ぴかぁ〜 :04/05/06 13:16
924 :ぴかぁー :04/05/06 13:46
925 :ぴかぁー :04/05/06 13:51
926 :ぴかぁ〜 :04/05/06 13:59
927 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:02
928 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:05
929 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:06
930 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:11
931 :ぴかぁ〜 :04/05/06 14:12
932 :ぴかぁー :04/05/06 14:23


651 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 00:02:07
生き生き?

652 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 00:03:47
ぴかぁ〜ってなんでハッタリばっかなんだろ…

653 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 00:05:29
さいたまは衒学詐欺師なのに…

654 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 00:07:16
明らかにハッタリを言うさいたまに騙されて
ハッタリするぴかぁ〜ができあがっとるがな。

655 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 08:16:40
エクリ買おうと思ったら高杉て萎え

656 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 17:49:25
セミネールにしなよ

657 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 19:59:56
ラカンもどうせカルトだしな。

658 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 01:02:40
ぴかぁ〜はアホ

659 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 16:29:44
>>655
セレクションのソフトカバーは安いよ。
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/0393325288/

660 :セミネール新刊:2005/06/02(木) 15:11:15
無意識の形成物 上

ジャック・ラカン〔著〕
ジャック=アラン・ミレール編

佐々木 孝次訳
原 和之訳
川崎 惣一訳

税込価格 : ¥5,250
出版 : 岩波書店
サイズ : A5判 / 366p
ISBN : 4-00-023410-2
発行年月 : 2005.5

内容説明

「精神分析を言語という礎の上に改めて据える」という目標に向け、
フロイトの著作を読み直したラカンが、独自の概念装置の上にその成果を
結晶させたセミネール第5巻。上巻は「機知のフロイト的諸構造」「去勢の論理」を収録。

http://www.bk1.co.jp/product/2534132

661 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 21:13:24
道元は、ラカンなんか殺しちまえって言ってるよ。


662 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 07:29:44
それは道元じゃなくて臨済では?

663 :661:2005/06/08(水) 22:20:26
>>662
すいません 揃って踊ってきます


664 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 12:59:54
今回は一冊本なんだね、と思ったらまた二分冊か。
合計で一万+税ってのは何とかならんものか。

665 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 16:42:20
コピーすればいいじゃん

666 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/17(金) 00:31:57
補完

667 :純一:2005/06/17(金) 00:33:03
しなくてもいいと思うが。

668 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 08:50:52
>667 来んなよ自治厨

669 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 20:59:37
最近またジョンドゥがラカン関連に書評しまくってる

670 :557:2005/06/24(金) 21:08:19
ラカンの「欲望」の概念は決定的ですね。
なんでこれがスタンダードにならないんだろう
(知識人ほど「自分の言論の内容が伝わる」と
信じている

671 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/07/08(金) 11:56:06
ラカン知らずに人間を語る(哲学、心理学、社会学等)ヤツの気がしれない

672 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 12:37:57
高いな。買ってらんね。
フランス語学んだ方が早いね。

673 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 13:18:20
原書読まずにラカン語るやつの気がシレね>:ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU


674 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 13:41:38
原書読めても、結局翻訳買ってしまうな。
エクリは買ってないけど。

675 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 14:47:29
金持ちは怠惰で堕落する。

676 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 14:51:08
ソーカルが焚書坑儒しました

677 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 15:47:20
ソーカルの批判は「ラカンの思想」に対する反論ではないからなあ。
「こんな数式や図式はない」ってだけの批判だもん、批判になってない。


678 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/07/08(金) 17:37:56
ソーカルにはメタがないから嫌いだ。
ちゃんとツッコまないとラカンのネタがすべってるように見えるがな

679 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 18:39:29
数式が出鱈目な羅漢ですか?
これだと他の内容も疑わしいんだけど

680 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/07/08(金) 19:28:33
「数式とは出鱈目」なラカンです。


681 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 21:30:40
現代思想今月号の十川センセはどうですか?

682 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 21:46:08
十川先生ね、期待の若手(そんなに若くないけど)ですなあ。
斎藤環より、数100倍いいですね・・・。

683 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 23:46:38
『無意識の形成物 上』ってどう?
読む価値ありますかね??
教えてください。

684 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 23:50:42
ない

685 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 23:53:33
ある

686 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 21:38:47
どっち?

687 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 22:32:00
十川クソです

688 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:32:18
そっかなー?

689 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 00:18:50
絶対読んだほうがいいです。

690 :683:2005/07/11(月) 00:28:07
できれば具体的にどう良いのか、悪いのか言っていただければ助かります・・・。

691 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 14:13:04
翻訳が読みやすいです

692 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 23:47:55
値段が高いよなー。1冊にすればいいものをなぁー

693 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 00:21:12
[ミレール商店]を儲けさせるだけかもな。
普通の専門書を一冊読むよりは明らかにクォリティーダウンになるよ。
本は薄いし、結構ラカンの無駄話しが多いからね[セミネール]は。
ザーっと立ち読みしてみて、それでも自分に必要だと思ったら買えば良いのでは?
個人的には[精神病上・下]のセミネールを除いて、今のとことは買う必要は無いと思う。
そうだ、図書館で済ませばいいよ、うんそれが一番だね!

694 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:47:06
『精神病』だけはなんで買う必要あるんだ?

695 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:51:45
通気取りする場合、貶している対象のいいところを「一つだけほめる」のが基本だから。

696 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:55:55
なるほど、いい答えだね

697 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:59:13
ジュジェクは「イデオロギーの崇高な対象」から順に読んでいったほうが
いいですか?

698 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 00:01:54
いや あれは結構難しいから、『斜めから見る』がいいと思うよ

699 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 00:09:21
斜見重彦

700 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 00:11:43
むむむ、あんまりおもしろくないぞ

701 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 00:45:46
途中まで読んだんです。ドキドキしました。イデオロギーというものの
とらえかたについてです。この後東浩紀さんの「存在論的、郵便的」
を読みたいので、半分そのために読んでいます。
「斜めから見る」だと、そう言った点が優しく書いてあるのでしょうか?

「現実の砂漠へようこそ」や「ジジェクによるジジェク」を読んで
分けわからなかったのでお聞きしました。

702 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 01:07:09
『斜めから見る』はヒッチコック等の映画を中心とした大衆文化を通しての
ラカンの紹介だからそんなに難しくないよ。ジジェクお得意の現実界について
の説明はわかりやすいよ。でもそういう理由でジジェクを読んでいるのなら、
ほかのジジェクの本に手をだすよりは『イデオロギーの崇高の対象』と一緒に
何か一冊ラカンの解説本を読んだほうがいいのではないか。


703 :701:2005/07/13(水) 18:50:31
>702
ありがとうございます。書店ではほぼ売り切れなので
注文しました。
ラカン解説書でいいものがあったら教えてください

704 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/07/14(木) 15:25:11
イデ崇は良き本ですね

705 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 18:15:33
ジジェクとラカンは別物だよ。
ジジェクは「硬直化したミーレリスト」
フロイトを1次テキストとしたらラカンは2次テキストで、シジェクは更に出来の悪い
3次テキスト以下だ。
シジェク読んで喜んでる奴の気が知れないね。

706 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 18:44:28
ジジェクより枝雀の方がおもろいな。

707 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/07/14(木) 19:29:22
シジェク楽しさは、明らかにラカンとは違うでしょう。
だから楽しいのでしょ。
ボクはラカンの現代的なやや強引な焼き直し、と思っています。
「現実界のジジェク」ですね。

708 :純一:2005/07/14(木) 20:23:19
>シジェク楽しさは



709 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 20:58:50
でも、ジジェクはラカンの仲間には入れたくないなあ(笑)

710 :純一:2005/07/14(木) 21:00:46
そうだね。

711 :701:2005/07/15(金) 22:29:15
イデオロギーの崇高な対象来ました!
あと、福原さんのラカン本買ってきました。
とりあえず読んでみます。

712 :純一:2005/07/15(金) 22:30:54
じゃ、感想でも書いてといて…。

713 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 18:45:05
825 :しろうと :2005/07/10(日) 16:16:34 ID:???
>>813の人は司法試験は合格されたんですか?
学者世界のマニアックな論争より
現行司法試験に合格させてなんぼですから、つまり学界とは目的が違うわけですから
予備校講師としては柴田ってニーズにかなう優秀な人なんじゃないんですか?
初学者で柴田の通信受講の者ですけど。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1113862441/





714 :純一 ◆Fn0dptrDJw :2005/07/20(水) 23:02:19
しろうと君は司法試験受けるつもりですね。

715 :考える名無しさん:2005/08/01(月) 14:24:28
ラカンにとっては「他者」がア・プリオリなの?

716 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 14:21:36
象徴界と想像界との区別について教えてください。

717 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 20:30:11
>>716
ラカニアンに怒られそうなくらいわかりやすくかつ杜撰に解説しよう。

象徴界=文字
想像界=図像

718 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 20:43:38

象徴界=芸能界
想像界=学芸会

いや、逆かな?

719 :701:2005/08/06(土) 00:17:07
だらだらと読んでいますが、第3章の終わりで完全に分けわからなくなりました。
どーしよー。福原さんの本読んで、もう一回出直しますか。

720 :考える名無しさん:2005/08/07(日) 22:45:58
>>717
文字と図像と何がどう違うんでしょうか?

通常、イコンといえば、日の丸のように、象徴を意味するんでは?

721 :考える名無しさん:2005/08/07(日) 22:49:40
アイコン

722 :考える名無しさん:2005/08/07(日) 23:23:15
>>720
パースの記号分類から考えるべし
イコン(一次性)、インデックス(二次性)、シンボル(三次性)

723 :701:2005/08/26(金) 01:01:39
>707
ジジェクのラカン理論って、どこが「違う」のですか?

724 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 12:51:18
ラカンの日記

725 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 23:21:36
は?

143 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)