5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆決定論:脳は物質だから意識は必然にすぎない20◆

1 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/22 01:58
猫の脳が「物質」であることには、誰も異論がにゃい。
でも、脳内には物質以外の「何か」がある(筈)と考える猫がいるにゃ。
しかし、それは願望思考・自己欺瞞という「観念論的誤謬」にゃ。
猫の脳を構成するニューロンは軸索をのばし、突端から
分泌する神経伝達物質で、他のニューロンに情報を伝えるだけにゃ。
勿論、脳内には核分裂や核融合のような原子核反応もにゃぁ。
分子生物学と細胞生理学の対象分野「分子レベルの現象」が全てにゃ。 
この「宇宙」で猫の脳だけが「特殊な物質」であるとする科学的根拠は
全くにゃい。猫の脳も地球上における「物質の進化」の一過程にすぎにゃい、
猫の脳が造り出す『意識』も何ら「特別」ではにゃい。
『意識』は『統合クオリア』を持つ動物全部に生成する現象にゃ。
 「何を思うか何を意志するか」は、あらかじめ物理・化学法則により
決定されているにゃ。自由感は文字通り『感じ』にすぎにゃい。
量子論の「不確定性」は意識には何の関係もない「単なる観測問題」にゃ。
 以上が「超・大統一理論」=量子論と相対性理論の統一後に残存し得る
『唯一の最終真理(思想)』の輪郭にゃ。基督教の末裔「観念論」は頓死にゃ。

2 :考える名無しさん:04/07/22 01:58
2

3 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/22 01:59
19=http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1088698015/
18=http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1087398032/l50
16=http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1085789370/l50
15=http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1085409325/l50
14=http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1084801400/l50
13=http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1084115199/l50
12=http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1082041060/-100
11=http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1078848115/l50
9= http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1073304911/
8= http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1070460778/
7= http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1066150102/


4 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/22 01:59
>>1のテンプレートはジョークにゃ。・・・・念のため

5 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/22 02:00
5げっとずさー

6 :とらのもんat天国:04/07/22 02:02
>>1
こういうの・・眠ってる機械タン・・ぼくの愛しい愛しい飼い主は

ゆるすのかなー?

7 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/22 02:02
唯識論からスレッドのタイトルを語る、というのが前スレからの流れにゃ





猫は寝るにゃ

8 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/22 02:04
許すもにゃにも>>1は猫にゃ

9 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/22 02:05
             . ィ
.._ .......、._    _ /:/l!   明日から一週間ほど稲葉山に湯治に行って来るにゃ みなものも、保守は頼んだにゃ 
 :~""''.>゙' "~ ,、、''‐'、|         _
゙、'、::::::ノ:::::::_,.-=.  _〜:、         /_.}'':,
 ``、/:::::::::__....,._ `゙'Y' _.ェ-、....._ /_゙''i゙ノ、ノ
 ,.--l‐''"~..-_'.x-='"゙ー 、`'-、 ,:'  ノ゙ノブ
"   .!-'",/  `'-‐'') /\ `/ でノ-〈
 .-''~ >'゙::    ‐'"゙./  ヽ.,'   ~ /
   //:::::       ',    /    ,:'゙

10 :とらのもんat天国:04/07/22 02:06
>>7
きみは「駄猫だ猫」でしょ?
ぼくは機械タンに拾われたんですけど。すーゆー意味で「選ばれた」んですけど
きみは、駄猫ですね

11 :チャマル:04/07/22 02:09
そういう意味では「だねー・・子」ですねぇw

12 :考える名無しさん:04/07/22 08:58
未来からきた猫型機械にきまっている

13 :考える名無しさん:04/07/22 09:35


14 :考える名無しさん:04/07/22 10:03
エレメンスのスレ見れば
機械がいかに話をするだけ無駄の人間かわかるだろ
もういちいち取り巻きがスレ立てんなよ
見苦しい・・

15 :考える名無しさん:04/07/22 10:18
無駄を楽しめ

16 :考える名無しさん:04/07/22 10:25
いいなぁ、俺も自分のスレほしい。

17 ::04/07/22 10:35
ぼく、ホモエラドン

18 :考える名無しさん:04/07/22 10:37
つかう>チェーンソー>17



かみはしんだ

19 ::04/07/22 10:45
神は真だ

20 :神経:04/07/22 10:47


21 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/22 11:32
すごいですね。
速攻でスレが立っているとは思いませんでした。
ホストの機械仕掛けの猫さんは理系ご出身なのでしょうか?
お名前からして「シュレーディンガーの猫」を想像してしまうのですが。
哲学のスレで、板違いの宗教臭い話で誠に恐縮ですが、
>>14さんのレスを読んで
決して機械仕掛けの猫さん事ではなく
こういった論議に時間を費やす事を仏教では「戯論」と言うそうです。
その世界から離れる力?を同じく仏教では「文殊」と言うそうです。(ご興味がお有りでしたら検索を)
しかし「人間は考える葦である」という格言もあるように、思考は大切だと思います。
唯物的思考も一切否定しませんが、違った角度からのアプローチ(無論哲学的に)も
時には良いのではないでしょうか?


22 :考える名無しさん:04/07/22 11:34
キキキw

23 :考える名無しさん:04/07/22 11:45
自演の自演による自演のための自演

24 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 22:29
では、前スレの要点のみコピペしておきます。

902 :竹田儲@勉強中 :04/07/21 22:55
唯識論とはなんじゃ?

25 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 22:30
904 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/07/22 00:01
>>902
いわゆる「観念論」ですよ。自分の同類である「人類の意識」が「至上のモノである」
という、(神は自分に似せて「アダムとイヴを創った」という)=キリスト教的迷妄です。
「猿」や「猫」の「意識」は重要ではない。ただただ「人間の意識が世界の全てである」という
結論=「信仰」に辿り着くため「哲学」を自称する「神学」一派です。


905 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 00:07
キリスト教的迷妄? 唯識思想の新解釈だね。

26 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 22:31
909 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/07/22 00:11
>>905
なんだ、仏教の「唯識」のことだったのですか?
諸行無常、南無阿弥陀仏、南無妙法蓮華経、・・諸行無常ですね?

27 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 22:32
911 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 00:14
仏教以外の唯識って聞いたことがないんだが。

914 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/07/22 00:21
>>911
「宗教である」ということにおいて「同じ穴のムジナ」です。
キリスト教だろうが、仏教だろうが、ヒンズー教だろうが、
イスラム教だろうが、道教だろうが、マニ教だろうが、
ゾロアスター教だろうが「同じ」です。
「真理」に直面できない「大衆」を「おとなしくするよう懐柔」
するための「知者の知恵」ですが、大衆の方も「その方が安心」
だから、「宗教」が無くなることはありません。

28 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 22:33
915 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 00:26
>>914
仮に、すべての宗教が大衆を懐柔するためのものであったとしても、
仏教以外に「唯識」と呼ばれる思想があることにはならないね。

917 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/07/22 00:29
>>915
「観念論」一般は「意識」を「世界の中心」に据えることで「成立」します。
要するに「主観」の方を「客観」より「最期には選択する」ということにおいて、
最期には「全く同じ間違い(真理ではない結論)に辿り着く」・・ということです。

29 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 22:35
919 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 00:31
>>917
それは観念論のお話だね。ところで「唯識」は?

921 :考える名無しさん :04/07/22 00:35
>>919
「仏教」ときいて「南無妙法蓮華経」としか出てこない無教養者が「唯識」を知ってるはずなかろう?

30 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 22:36
918 :考える名無しさん :04/07/22 00:31
>>914
仏教の理論的発展は民衆の理解や親しみなどから遠く離れてひたすら論理的・学理的に
行われたというのは、高校生でも知ってる大常識なんですが・・・

あなた中卒ですか?

923 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/07/22 00:37
>>918
仏教系のダイガクかなんかで、「東洋哲学」でも勉強されているのですか?
将来の職業として「住職」を選択されることは、あなたの勝手ですが、
「職業」は「賃金」=お布施を「稼げ」なければ意味ありませんよ。
「唯識は唯識である」では、今どきの「檀家」は金銭を支出しませんから、
もう一工夫必要ですね。
 池田大作は金集めに大成功して、いまや「与党」の国会議員に「支持」を
出しているのですから、「大したもんだ」とは思います。
 「大衆の愚かさと弱さと臆病さ」様々・・であることを宗教者は忘れるべき
ではありません。

31 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 22:37
924 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 00:38
>>921
そりゃまぁ、そうなんだけどさあ。この言い方に引っかかるじゃない。

>なんだ、仏教の「唯識」のことだったのですか?

926 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 00:41
仮に宗教者が、いろんなことを忘れるべきではないとしてもだよ、
仏教以外に「唯識」と呼ばれる思想があることにはならない。

32 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 22:38
938 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 00:47
>なんだ、仏教の「唯識」のことだったのですか?
仏教の唯識以外に、Aの唯識やBの唯識を想定した言い方だよね。
このAやBには、いったい何が当てはまるんだろう?


939 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/07/22 00:48
脳内睡眠物質が蓄積してきましたので、寝させて頂きます。

33 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/22 23:22
>>1>>32
判りました。20のスレを追認致します。但し、「1」は、以下です。
人間の脳が「物質」であることには、誰も異論がありません。
でも、脳内には物質以外の「何か」がある(筈)と考える人が居ます。
しかし、それは願望思考・自己欺瞞という「観念論的誤謬」です。
人間の脳を構成する一千億個のニューロンは軸索を伸ばし、突端から
分泌する神経伝達物質で、他のニューロンに情報を伝えるだけです。
勿論、脳内には核分裂や核融合のような原子核反応もありません。
分子生物学と細胞生理学の対象分野「分子レベルの現象」が全てです。 
この「宇宙」で人間の脳だけが「特殊な物質」であるとする科学的根拠は
全くありません。人間の脳も地球上における「物質の進化」の一過程にすぎず、
人間の脳が造り出す『意識』も何ら「特別」ではありません。
『意識』は『統合クオリア』を持つ動物全部に生成する現象なのです。
 「何を思うか何を意志するか」は、あらかじめ物理・化学法則により
決定されております。自由感は文字通り『感じ』にすぎません。
量子論の「不確定性」は意識には何の関係もない「単なる観測問題」です。
 以上が「超・大統一理論」=量子論と相対性理論の統一後に残存し得る
『唯一の最終真理(思想)』の輪郭です。基督教の末裔「観念論」は頓死です。

34 :考える名無しさん:04/07/22 23:22
機械タンのやってるのは哲学じゃなくて漫才だからなぁ。

35 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/22 23:26
>>34
物理法則で稼働している「人間の脳」が「すること」には、
「笑いを採ること」も含まれますが、貴方の方が「おかしい」
ことにあなたが気づかない方が「お笑い」です。

36 :考える名無しさん:04/07/22 23:36
キリスト教がなければ民主主義も資本主義も誕生しなかった。
無神論からは何が生まれたよ?
民主主義、資本主義に勝るとも劣らない何かを生み出したかい?

37 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/22 23:39
>>36
>キリスト教がなければ民主主義も資本主義も誕生しなかった。
 なるほど、とうとう本音が出てきましたね。
>無神論からは何が生まれたよ?
 もちろん「科学」が生まれました。

38 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/22 23:42
こんばんは。
>>35さん。
唯識では物理法則も私達の「識」(こころ)がある手順(これを「縁起」というのですが)で
物理法則その他が、あたかも存在しているように、知覚(錯覚)しているに過ぎないとみます。

39 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/22 23:47
>>38
「知覚」という概念はいまや「雑駁」な概念となりつつあります。
「クオリア」という「概念」を勉強されることをお薦めします。

というか、「仏教大学」からはすぐに「中退」することをお薦めします。
結果的に「人生の貴重な時間の浪費」・・・だけですから。

40 :考える名無しさん:04/07/22 23:49
>機械

で、あたらしい物理学の教科書はどうなった?
どちらか一方のスリットを通ったと書いてある教科書は?
はやく紹介汁!


41 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 23:51
仏教以外の「唯識」と呼ばれる思想について書いてある教科書は?

42 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/22 23:54
>>176
もうそのネタは3000レスの過去ですよ。
「教科書フェチ」もあまりに高じると「もしかしてキキキ?」
と思われても仕方ありません。あなたには、
「教科書至上主義」「教科書絶対主義」の「根拠」を示す必要があります。

43 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/22 23:58
君が登場する度にトリップを変えるのは何故だ?
なにかへマをしたときに「あれは偽者だ」という言い訳をするためか?

44 :考える名無しさん:04/07/22 23:59
「唯脳論」って本があったよね
バカの壁で有名な養老孟司の著書

45 :考える名無しさん:04/07/22 23:59
機械は外界認知能力に神経学的な瑕疵があるから。

46 :考える名無しさん:04/07/23 00:00
但し、このようなクオリアなる概念を全ての科学者、哲学者などが受け入れて
いるわけではない。一般に、クオリアを認めることは、人間の意識について物質や
物質的作用の次元では説明できない側面があることを認めることにつながる。

ウィキペディアより


47 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/23 00:01
>>43
別に「意図」はありません。
この「トリップ」は本物であるか否か・・・の「判断力」で、
あなたのレスが「試されている」と考えて下さい。

48 :考える名無しさん:04/07/23 00:01
>>46
イデアみたいなもんか?>クオリア

49 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/23 00:03
>>46
>ウィキペディアより
既存の「権威として認められた概念」に依存する態度は
とても「哲学的」とは言い得ません。

50 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/23 00:06
「機械的唯物論」者さんは
「脳」=物質が総てだとお思いですか?
形無い感情でさえも神経伝達物質に因るものとお考えですか?

51 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/23 00:07
[時刻」ですので、就寝させて頂きます。

52 :考える名無しさん:04/07/23 00:07
決まっている訳がなかろう。

53 :考える名無しさん:04/07/23 00:08
ミクロ経済学があればマクロ経済学イラネってことにはならんだろ?それと同じで

物理学の成果は疑いようが無いが、哲学もまた人間の「なぜ?」を解決するために必要な分野だ。

54 :考える名無しさん:04/07/23 00:13
例えば、急に事故などに合った場合。
環境的要因の場合によって作用される事がある限り
脳があらかじめ決めていた事を全て思考するのは不可能。

55 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/23 00:13
>>50
>形無い感情でさえも

それが「人間の脳の一つの働き」ではあります。
何も「前頭葉前部葉」や「大脳の偏淵系」もしくは「左脳言語野」
だけが「理性!!!」を司っているわけではありません


56 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/23 00:15
ねさせて頂きます。とても強烈に「眠い」ので。

57 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/23 00:15
猫さんは本当に湯治に行かれたのでしょうか。
楽しい人なので早く戻ってきてほしいです。

58 :考える名無しさん:04/07/23 00:17
物理学は大人の「なぜ」
哲学は子供の「なぜ」
を解決するためにある。

59 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/23 00:18
>>55
ですからそれは脳の「働き」であって脳それ自体が感情
もっと言えば意識を創り出しているのでは無いと言いたいのですが。

60 :考える名無しさん:04/07/23 00:22
>>58
哲学はむしろ大人のためのものだ。子供の疑問は大人になってから解決される。

61 :考える名無しさん:04/07/23 00:24
大人になるまでに疑問が解決されなければ
その子は科学論者になる。

62 :考える名無しさん:04/07/23 00:25
五木さんは物理と物語の世界を振り子のように行ったり来たりしたいってさ


63 :考える名無しさん:04/07/23 00:30
機械タンはホントクズだねwww

64 :考える名無しさん:04/07/23 00:33
>>59
ぶっちゃけ、
人間の心が脳の働きによる現象に過ぎないのか、
それとも、何か「心的な実在」によるものなのかは、
証明不可能だと思いますけどね、私は。

65 :考える名無しさん:04/07/23 00:36
>>64
だから、このスレはそのような事について議論するスレではないのですよ。

66 :考える名無しさん:04/07/23 00:38
そうなの?

67 :考える名無しさん:04/07/23 00:44
一番その気がないのは>>1なんだけど。取り敢えず20乙。

68 :考える名無しさん:04/07/23 00:45
反論しても、まともな返答が一切ないからです。

69 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/23 00:46
>>64
その「心的な実在」を敢えて言葉(唯識用語)で表すならば
それが「阿頼耶識」と言われるものです。
言葉・比喩・図式的な表現を可能な限り使えばその内容は理解できると思います。
が、しかし「不確定性原理」のように、真の物質の姿(この場合は位置とエネルギー)が
極限まで観測精度を上げても確率でしか表せないように
真の姿はそれ自体と等価でなければ解からないのです(唯識的立場からは)

70 :68:04/07/23 00:51
他の人が返答するってんなら話は別だけど。

71 :考える名無しさん:04/07/23 00:54
>>69
つまり人間には分からないってこと?

72 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/23 00:57
>>71
それを解かる為に「哲学」があると思います。
あえて宗教・科学とは言いません。

73 :考える名無しさん:04/07/23 01:06
>>69
凄い事言ってるけど、いいの?機械タン、確率認めちゃうの?
それと位置とエネルギーじゃなくて、位置に対しては運動量、エネルギーに対しては時間です。

74 :考える名無しさん:04/07/23 01:24
唯識さんは機械さんではないと思いますが。

75 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/23 01:47
>>73
すみません。失礼しました。
>>74
新参者です。

76 :考える名無しさん:04/07/23 10:30
アホの五十歩百歩だぞ、お前らw

77 :考える名無しさん:04/07/23 16:10
記念すべき 第20スレ 乗っ取られちゃったね。
これだけが生き甲斐の機械さん、ガッカリ なのでは。

78 :考える名無しさん:04/07/24 00:27
>42 名前: 「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA 投稿日: 04/07/22 23:54
>    >>176
>    もうそのネタは3000レスの過去ですよ。
>    「教科書フェチ」もあまりに高じると「もしかしてキキキ?」
>    と思われても仕方ありません。あなたには、
>    「教科書至上主義」「教科書絶対主義」の「根拠」を示す必要があります。

機械タンとはこういうやつなのだ。過去レスで自分がどれほど醜い姿を晒したとしても
「あれは済んだことです」で終わりなのだ。彼を相手にまじめに議論することが無意味
であることは、これだけでもう十分明らかだ。最初からネタスレなのだよ。

自分より多少でも知識がある人間が現れると、「大学」や「權威」に対する攻撃に切替え
決してまともに議論しようとしない。自分が述べたでたらめな見解に対する批判にも
誠実な態度を見せることなく、自演を多用して自らスレを荒らしてでもその局面が過ぎ去る
ことだけを追求する。そして、局面が変わったと見るや、また全く同じことを始める(釣りを
始める)わけだ。こうして延々と20本も続いたスレの中で、意味のある発言は常に機械タン
以外の人によって行われたということは忘れてはいけない。

さらに、今度はトリップの使い分けという戦術を編み出したようで、これによってさらなる
無責任放言体制をつくり上げつつあるようだw

79 :考える名無しさん:04/07/24 02:46
知識のある人を拒絶するってのは全然意味がわからん。
呆れさせて哲板を去らせるのが狙いなん?

なんか哲板を寂れさせる目的でもあるような感じだなぁ機械タン。

80 :考える名無しさん:04/07/24 02:56
中途半端な知識で調子のって真理とかいってるもんで
知識ある人に追及されて進退窮まって、ハリボテのプライド守るために
必死で自演でごまかしてやっとこ20まで来た

それだけの事

81 :ひろさん ◆EriosvaGhM :04/07/24 04:09
         ,r::::::::::::::::::::、:、   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |:::∧_∧::::::::|:::|   |
         ⊂(@∀@)つ|:::| <>>1クズ・・・っ!ゴミ・・・っ!
       //(手  塚)//::::!
       |:::|/とヽ ♂ θ|:::| :::/  
    / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|
  /______/ | |
  | |-----------| |

   _
  / /|)
  | ̄|
/ /

82 :考える名無しさん:04/07/24 08:16
共依存者の特徴
*自分を犠牲にしても他人を助け、世話をする。
*他人の考え方や行動をコントロールしようとする。
*問題や危機が起こっている状況に身を置く事にやりがいを感じ、満足を得る。
*他人に対する依存心が強く、一人で生きていく事が出来ない。
*他人との距離感がなく、他人の問題で頭がいっぱいになる。
*考え方や視野がせまく、極端な価値観を持っている。
*ありのままの現実を認めず、現実逃避する。
*忍耐強さがなく、忙しく動き回ったり、先まわりして余計な心配をする。
*自分の怒りなどの感情や体の不調に鈍感である。
*自分というものがなく、また自分に自信がない。


83 :考える名無しさん:04/07/24 15:31
お〜い、エレメンスはもういいから、こっちやれよぴかぁ〜w

84 :考える名無しさん:04/07/24 15:49
   それが望みかね?
\______ ___/
          |/
       /⌒ヽ⌒ヽ
         ∵ Y∵∵
    /-=・=-  -=・=-ヽ
    (∵ __/ | |.ヽ,, ,)
     丶1   (・・)  !/
      ζ,  ∈∋  j
       i  \_/、 j
       |     八   |
       | !    i 、 |
      | i し " i   '|
     |ノ (   i    i|
     ( '~ヽ   !  ‖
      │     i   ‖
     |      !   ||


85 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/24 23:46
じゃ、続きはこちらで。

86 :エレメンス ◆.b7pJu.M1I :04/07/24 23:49
           ,rrr、
           | |.l ト            /つ))). _ _ _
          ⊂ ヽ | __ ☆   __  _/ 巛   / /-LLl
   /\___/ヽ.`ー   \ | |l / \ __つ /_/ |_|    プププお前ら俺の暇つぶしに付き合ってくれてありがとさんww
  / 'ヽ,,,)ii(,,,r''''''´'\/|| ,  \.|||/  、 \   ☆     ロ /l
 .|(◎),ン ,<、(◎)、/  __从,  ー、_从__  \ / |||     /__|
 | `⌒,,ノ(、_, )ヽ,,`、/ /  /   | 、  |  ヽ   |l _ _ _
 .|   ,rェエェ、  (/ )  `| | | |ノゝ☆ t| | |l \   / /-LLl
  \  |,r-r-| ./   `// `U ' // | //`U' // l /_/ |_|
   `ー `ニニ´/   /   W W∴ | ∵∴  |   ロ /l
       /    ☆   ____人___ノ     /__|
      /       /

87 :考える名無しさん:04/07/24 23:51
品性のあるレスだこと

88 :考える名無しさん:04/07/24 23:55
ぴかぁ〜とあの半角カナ男の対決が見たい

89 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/25 01:19
>>59
>ですからそれは脳の「働き」であって脳それ自体が感情
>もっと言えば意識を創り出しているのでは無いと言いたいのですが。

そのことは『「存在物」と「機能」の混同の問題だ』と何度も申し上げております。

存在物「心臓と血管他循環器系臓器」とその機能である『循環』が「異なる」ように、
存在物「脳と神経系統及びホルモン分泌系臓器」とその機能である『意識』が異なる
ことと「同じ」です。

90 :考える名無しさん:04/07/25 01:26
難しいな。心脳問題か。ほんとに解決したの?

91 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/25 01:33
>>90
「解決」とは、例えば「ネイチャー誌」が取り上げて、その他の「科学誌」が
有効な反論を「載せ得ない」状態で、「朝日新聞とNHKが『肯定的に報道する』」
ということを「意味する」のでしたら、「現時点では解決しておりません」ということ
になりますが、・・・「解決したかしないのか」という設問自体、「哲学的ではない」
ということを「気づく」のが、「哲学の第一歩」だと思います。


92 :考える名無しさん:04/07/25 03:07
>>91
それは単に妄想というんじゃないのか。
「解決した」と思い込むことはだれにでもできる。
どのように解決したのかを人にわかるように説明汁。
クオリアとか連呼しているだけでは、何の説明にもなってない。

93 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/25 03:30
夜中にすみません。今日は面白い番組がやってますね。
「クオリア」という言葉を正直言って初めて聞き、少しだけですが
その概要をざっと紹介サイト等で読まさせていただきました。
決して間違いではないと思いますが、敢えて唯識の立場から言えば
どこまでも「分別」する世界、即ち「偏計所執性」なんです。
物事をどこまでも分解して再構成(あるイデアなり法則に則り)する事は
唯識にも似たようなことがありますが、考える方向と言いますか、ベクトルが逆なんですね。

94 :考える名無しさん:04/07/25 04:21
皆27時間テレビみてるから起きてるんだろ〜

95 :考える名無しさん:04/07/25 11:09
へ〜、まあいいや

96 :考える名無しさん:04/07/25 12:39
水が物質
川が意識

97 :考える名無しさん:04/07/25 22:15
機械=ぴかぁ〜は今どこのスレ?

98 :考える名無しさん:04/07/25 22:22
>>97
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1089886854/

↑ここ

99 :考える名無しさん:04/07/25 22:32
>>98
サンクス

100 :考える名無しさん:04/07/25 22:36
>>98
それらしいレスはなかったけど?

101 :考える名無しさん:04/07/25 22:55
機械タンには追っかけファンがいるのか?

102 :ねんぶつ小僧:04/07/25 23:05
”脳は物質だから意識は必然にすぎない” 

 スレ主の主張はおいといて。上記の一文からかんがえてみよう。
 ふむぅ   ”いかなる原子にも意識が存在する” という意味ならそうかもしれない。
 あらゆる運動単位(粒子)もそのように機能するためにはまとまりがなければ運動単位たりえない。
 そのまとまりをつけるものこそ意識とか知性とかいうのであるというならそうかもしれない。
 西洋密教的にいえば ”形態に生命(霊質)が入り込むと両者のあいだに意識が生じる”といいます。 すっきりした答えではないでしょうか。

 「脳の形態の複雑さ(緻密さ)がそれ相応の意識を生み出す」 ということは 反対ないのではなかろうか。
 (しかし、ルパン3世にでてくるマモーの本体みたいな異常にでかい脳にはならないはず)

 そこで、 心霊主義者は「脳などなくても考えられる」という。そうであるけれども霊的な脳に相当するものは実際あるわけだ。
 そこで誰かが「思考中枢は思考物質だから直観(直接知覚意識)は必然にすぎない」というのであろうか?
 より緻密な分子構成の思考単位があることによってその階層においてそれ相応の意識を表現できるのである。
 神が蟻に宿っても 蟻は蟻だ。

 さて機械論的唯物論というけれども 機械も人間の知能・意識から作りだされたのではないか?
 では 生命体は存在しなくて勝手に生き物が動いているというのか?

 自説はともかく。 物質とはなにか? 意識とはなにか? ちゃんと定義されていますか?

 「そんなもんができたら苦労はしねぇ!」  「哲学するならやってみろ!」

 


 

103 :考える名無しさん:04/07/26 00:03
寂れたね、このスレ…

104 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/26 00:45
>>102
>自説はともかく。 物質とはなにか? 意識とはなにか? ちゃんと定義されていますか?
 「そんなもんができたら苦労はしねぇ!」 「哲学するならやってみろ!」
 
要するに「定義」至上主義、というか・・・
「そんなもん」(物質や意識とは何かを「言葉にすること」)が絶対できないという前提に立って、
あなたは何故「哲学板」に立ち寄るのか?そちらの方が理解できません。

105 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/26 00:51
>>93
茂木健一郎著「脳とクオリア」を一読されることをお薦めします。
もっとも「唯識」という概念に囚われておられるようですので、
「字面の理解」以上の「科学的整合性についての理解」ができるかどうかは、
あなたの「現象学的還元」能力によりますが・・・。


106 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/26 00:51
>>104
その「言葉」が曲者であり、且つ重要なんですね。

107 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/26 00:54
>>106
重要ですね。それらが「曲者」であるからこそ「観念論」や「宗教」が
この「科学の時代」になってなお、「いまだに」跳梁跋扈し続けているのです。

108 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/26 00:57
連投すみません。
ご紹介ありがとうございます。
>>105
「科学的整合性についての理解」とありますが
唯識ではそれらは表層の意識で知覚・理解できる世界であり
それだけでは完全には解明できないでしょう。

109 :考える名無しさん:04/07/26 00:57
>>107
量子力学の時代になってそろそろ1世紀にもなろうと言うのに、未だに決定論者が跋扈しているスレは
ここですか?

110 :考える名無しさん:04/07/26 00:59
堂々巡りするねぇ

111 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/26 01:00
>>108
>表層の意識で知覚・理解できる世界
は、ある意味で「フロイト以前の世界」です。
「無意識の発見」を『唯識思想』が包含しているとはとても思えません。

112 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/26 01:04
>>111
ユングの心理学でも有名ですが
「集合的無意識」という言葉があります。
これは唯識で謂う所の「阿頼耶識」に相当するものです。
と言いますか、ユングも唯識学を研究されていたようですし、
これは有名な事なんですが。

113 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/26 01:08
>>112
まず「有名であるか否か」に「囚われる」のは、あなたの信じる
「仏教学」の根本思想に反していると思います。
>これは唯識で謂う所の「阿頼耶識」に相当するものです。
という「断定」はあなたの「独断」にすぎないと思います。

114 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/26 01:18
>>113
本題から逸れてませんか?
著書を紹介して頂いて有難いのですが、
私が言う用語はWebで検索すれば、いくらでも出てくると思いますので
できれば真偽の程のご検証を。尤も、それを信じてくださいとは決して言いません。

115 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/26 01:22
>>114
>できれば真偽の程のご検証を。
それを「しようとする」試みが「哲学」であることをお忘れのようです。
「いままで『信じてきた』思想体系」を「捨て去る」ことも「哲学徒」で
あろうとするための「必要条件」であることをお忘れのようですね。
 むろん、それは「必要十分条件」ではありません・・念のため。

116 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/26 01:38
これ以上レスがないようなので、寝させて頂きます。

117 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/26 01:44
>>115
捨て去る必要はありません。それ自体に総てがあると見るが唯識ですから。
もし捨て去らなければならないものがあるとすれば仏教の言葉で言えば
「煩悩」でしょう。相反するようですが表裏一体なんですね。
>>113の「仏教学」の根本思想とありますが
ここは宗教スレでは無いので宗教的な書き込みは控えます。
哲学的には「空(中観・唯識)が根本思想です。(大乗仏教に於いて)
それらの思想を元に現象を観るわけなんですが、前も言いましたが
相対論や量子論の「世界・イメージ」に極めて酷似してるんですね、これが。
つまりは、この宇宙(マクロ)から素粒子(ミクロ)と「心」は関係している、
と言うより、究極的には同じであるというのが根本思想です。
それを説明するためには、どうしても事象に喩えないと説明が難しいのですが。

118 :考える名無しさん:04/07/26 01:54
>>117
まさに「曖昧だけど有り難そうな単語」を「拝む」ことが、
仏教の生きながらえてた理由なんだが。
独逸観念論の究極「厳密学としての現象学」と張り合えるとは
とても思えん。
哲学は宗教的な曖昧な納得が、結局大量虐殺や人種差別に結びつく
という半生の下に騎馬民族のヨーロッパ人種が作り上げた思想
なんだよ。
浮世絵に魅せられた印象派の画家達が浮世絵を描いたか?そうじゃあるまい?

119 :考える名無しさん:04/07/26 02:01
宗教…「曖昧」、哲学…「厳密」っていう分け方はおかしいね。

120 :考える名無しさん:04/07/26 02:07
誰でも自分の信じたいモノを信じたい・・・では「哲学の存在意義」は皆無となる。
ドストエフスキィ「罪と罰」では「オレの正義はオレが決める」という思想
の試みだが、そこに「キリストによる救済」しか解決策はないという結末が、
ドストエフスキーの「弱さ」=ニーチュの予言した「ニヒリズムの到来」がある。

121 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/26 02:12
>>118さん
浮世絵に魅せられた印象派の画家達が浮世絵を描いたか?
とありますが、印象派の画家達さん(当然外国人の方ですが)が自分の心情そのままに描いた絵を
西洋の「浮世絵」と言っても良いのではないでしょうか?
日本の浮世絵とは似ても似つかないかもしれません。
それは知識・経験・環境・文化によってそうなるだけだ(脳の働き)と思います。
「絵は人の心を打つ」と言いますが、それは上記のような価値観を超えた
いわば誰にでも共通の心に響くからではないでしょうか。
絵の話がでましたので、「意識」とはテレビや映画館のスクリーンのようなもの
まず唯識の世界を一つ喩えさせていただきました。

122 :考える名無しさん:04/07/26 02:12
「罪と罰」のラスコーリニコフがめざしたのは、
「神がなければすべてが許される」という思想。
しかし神はいる〔ドストエフスキーにおいて〕。
それは、「弱さ」でも「ニヒリズム」でもありません。

123 :考える名無しさん:04/07/26 02:16
魂はありまつか?

124 :考える名無しさん:04/07/26 02:19
>>121
>、「意識」とはテレビや映画館のスクリーンのようなもの
それ。・・・のことですよ「クオリア」とは。
「バーチャルリアリティ」は「存在」なのか?ということ。
逆に言うと「意識」と「バーチャルリアリティ」を、「画然と区別」
することができるのか否か?・・・という(「認識論」の)問題です。

125 :考える名無しさん:04/07/26 02:27
>>122
>「浅読み」の典型例です。98%の人はそう読みますから、
 あなたが特別馬鹿なのではありません。

126 :考える名無しさん:04/07/26 02:30
>>125
浅読みとか言う以前の問題ですよ。
ニーチェの言うニヒリズムは、神の死が前提なんだからね。
まあ、もうちょっと勉強してください。

127 :考える名無しさん:04/07/26 02:31
>>124
そうなんですか。正直殆んど知らないので、すみません。
唯識ではそのスクリーンを観ている自分を何処に置くかで内容が変わってきます。
そしてスクリーンの内容も重要なんですが。表現するのが難しいですね。
この辺りは表層意識と無意識層(この場合は第七那識)の境界なので。

128 :考える名無しさん:04/07/26 02:42
>>126
あなたは「字面読み」「表層読み」ではとても優れている人なんだと思います。
「テクスト」の「哲学的解釈」は「背景」「含意」という「思想的前提の理解」
により「読む」という読み方があり、要は「著者はそういう読者しか想定していない」
書き方をします。・・・・むろんそれは「純文学」の世界であり、
「いわゆる文学」=部数の大きさが最終目的である「ホン」は「芸術としての純文学」
とは、「似て非なるモノ」の典型なのです。
 『字面を「見て」(内容を)リカイする」ということで、「本を読んだ」と
思うのは「木を見て森を見ない」・・「認識方法」にすぎず、「読む意味ありません」
の世界です。

129 :考える名無しさん:04/07/26 02:45
>>128
私の解釈が「字面読み」であると主張したいのなら、
まず、ニーチェのニヒリズムについての君の解釈を述べてみなさい。

130 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/26 03:21
>まさに「曖昧だけど有り難そうな単語」を「拝む」ことが、
>仏教の生きながらえてた理由なんだが。
こりゃ、お話にならないね。やれやれ。
倶舎から唯識にかけての仏教思想ほど、精緻で厳密なものはないよ。

131 :考える名無しさん:04/07/26 09:04
>128
この意味無い鍵かっこ乱用とわかりやすい文体・・・・。
機械タン・・・・。

132 :考える名無しさん:04/07/26 09:49
正しい解釈ってのは、教科書片手にオペするようなもんだ。

133 :考える名無しさん:04/07/26 11:00
機械タンとは=鍵カッコの事です。 鍵カッコの外へ出てみよう!

134 :ねんぶつ小僧:04/07/26 19:09
>>104
>「そんなもんができたら苦労はしねぇ!」 「哲学するならやってみろ!」
あそびでいれた文章です。
>「そんなもん」(物質や意識とは何かを「言葉にすること」)が絶対できないという前提…
まだそんな前提にたってませんよ。
 

哲学は物理学じゃないから物理学的実験をかならずしも必要ではないですよね。検証は必要かもしれないけれども。
ます仮説として定義して定義が十分でなければ修正やあたらしい定義をさだめる。それをみんなで検証するというやり方はだめなんですか?

既存知識があれば借りてきてもよいし、そのときは定義を公開してやらねばならないでしょう。オカルトから借りてきたものであろうと
検証にたえればそれでいいではないですか。定義至上主義とおっしゃるけれども。哲学で言葉を定義しなくてどうするんです?

たとえば スレ主を呼び出し 物質とは何かを定義させる。 それをみんなが検討しまくる。 反論する。 スレ主が定義を修正するか、新しい概念の
定義を加える。 そこをみんなが定義を比較する。矛盾点があればそこをつく。 反駁者がスレ主の新しい定義を改訂したりする。
そうしたならば反駁者はそうした理由を述べる… 観衆が評論するなどなど。

みなさん スレ主さんに 物質とは何かを定義 させてみませんか?


135 :考える名無しさん:04/07/26 19:15
>>128
作者の手を離れたら、それをどう読もうがそいつのかって。


136 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/26 23:46
>>134
スレ主を待つまでもないよ。物質とは「物質」と呼ばれる観念だ。

137 :考える名無しさん:04/07/27 00:34
機械タンは現象学を認めるのかい?

138 :考える名無しさん:04/07/27 00:36
「物質」とは人間の五感で知覚できるものでしょ。簡単じゃん。

139 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/27 00:44
>>136
夜中に帰宅して、少し引っ掛かりました。
>物質とは「物質」と呼ばれる観念だ。
の「主語と述語」を抽出すると、「物質とは観念だ」ということになります。
では、その「物質と呼ばれる観念」は「何処から来た」のでしょうか?
脳内に展開される「クオリア」を「分類整理する」ために、「人間の脳」が
「名付けた」ことがその「観念」(というモノ)の『起源』です。
「観念」や「概念」よりも『先』に「脳に立ち現れるクオリア」が「ある」
ということです。


140 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/27 00:46
クオリアも観念だからね。

141 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/27 00:51
>>140
それを言うなら、「言葉」という「脳間伝達手段」の問題になりますし、
そこまで説明しなくても「クオリア」とは何であるか・・を少しはご理解
戴けると思うのですが・・・観念論原理主義者には「無理」なのでしょうか?

142 :考える名無しさん:04/07/27 00:53
>>140



      ( -=・=- (●)(●) -=・=- )     そうかな?




 

143 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/27 01:00
例えば「嗅覚クオリア」や「味覚クオリア」について、人類は貧困な「語彙」しか
持っておりません。

1995年ものの「ロマネコンティ」を、表現するソムリエの発する「言葉」に
一般人は何処まで「追随」できているのでしょうか?
シャネルのNO.5とNO.19の「違い」を何処まで「言葉」で表現できますか?

「百聞は一見に如かず」ではありませんが「千説明は一嗅に如かず」です。
「一嗅」のほうが「クオリア」です。

144 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/27 01:03
>>141
「クオリアとは…」と説明しだした途端に、それは観念になるし、
説明できなければ、君は物質教の信者さんにとどまるわけだ。

145 :考える名無しさん:04/07/27 01:04
>>1
この世には科学で説明できないことがたんさんある。

146 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/27 01:30
>>143
「嗅覚クオリア」や「味覚クオリア」について、人類は貧困な「語彙」しか
持っておりません。
とありますが、唯識は特に五感の分析は精緻です。
「眼・耳・鼻・舌・身」「色・声・香・味・触」(五感)。これにそれぞれ「意」と「法」(意識)を足して
前五識と第六意識で表層意識部分になるわけです。
よく言われる仏教用語で「六根清浄」は、これらからの由来です。

147 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/27 01:37
>>146
で、シャネルの5番の「嗅覚クオリア」と同19番の「嗅覚クオリア」
の「違い」は、「仏教徒には『意味』がない」ということですね?

世俗にまみれた「一般人」が、「その匂い」(かをり)に「誘惑」されて、
「愛のない性交」をすることは「仏教的には許せないこと」ということですか?

148 :考える名無しさん:04/07/27 01:47
そのくらいの違いも「クオリア」は別になるのか。
種類が物凄いことになりそうだ。

149 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/27 01:51
>>147
唯物的思考ではありませんね?。どうされましたか?
貴方の今のご発言は、外界(物質)ではなく内なる心(感情)が文字に姿を変えたものと
私は見ますけれど。
機械的に論ずるならば
シャネルの5番の「嗅覚クオリア」と同19番の「嗅覚クオリア」 の「違い」によって
神経伝達物質によって脳の特定部位が刺激され云々となるのでしょう。

150 :考える名無しさん:04/07/27 01:52
機械よ、「クオリアを物質である脳から説明することはできない」と
茂木は言ってるぞ。(少なくともお前にゃできんだろw)
そもそも、クオリアという概念はお前のような物質主義を乗り越える
ためのもんだろ。なんでお前がクオリアクオリアと喚いているのか、
わけわからんぞ。

151 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/27 01:59
>>149
>シャネルの5番の「嗅覚クオリア」と同19番の「嗅覚クオリア」 の「違い」によって
>神経伝達物質によって脳の特定部位が刺激され云々となるのでしょう。

そうです。「化学」的に「どうすればこうなる」という単純な問題ではなく、
「大脳生理学」的に「特定アルカロイド(類)の脳に及ぼす影響のバリエーション」
ということになります。


152 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/27 02:01
メラトニンの蓄積により、本日は就寝「させていただきます」

153 :考える名無しさん:04/07/27 02:04
>>152
昨夜はそう言ってから、久しぶりに匿名で若干ご活躍でした。きょうもですか?

154 :考える名無しさん:04/07/27 02:08
頭でっかち。
なんでもいいからなんかやれよ。
書いてて不完全燃焼だろ?
イイ女とやったり、いろんなことで
成功(性交)したり、無限に感じる
その力を溢れ出させる方向を見つける
そんな旅でも何でもやれよ。

155 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/27 02:12
>>151
特別に貴方を批判する訳ではないので、誤解なき様お願いします。
>>147の内容と>>151の内容に大きな違いがある事に、お気付きになられませんか?
後者は用語・単語・名詞が多いですね。
脳からの情報と内なる心からの情報を言葉にするのに違いがあるという事を。
前に言いました「言葉は曲者」ですね。
唯識の立場から言いますと「言葉」は前五識と意識を繋ぐ手段であるという事です。

156 :考える名無しさん:04/07/27 02:52
だれかフッサール現象学の立場から参加してくれんかな。漏りゃよくわからんけ

157 :考える名無しさん:04/07/27 03:14
アリの脳は人間と比べて極微量なのに巣も作り繁殖し働き者
人間はもっと何か出来るんじゃないのかなと思う
下はよく見え上は忘れがちだけど人間より高等な意識ってどんなのだろう
脳以外に意識ってあるのでしょうか?


158 :考える名無しさん:04/07/27 12:26
クオリアって、イデアとか元型みたいなもんかね。

159 :考える名無しさん:04/07/27 16:22
ばかな、冷たい海に生息する天使のような生き物だよ。

160 :考える名無しさん:04/07/27 16:34
クリオネ

161 :考える名無しさん:04/07/27 19:21
>>150のような指摘をもう何度もしてるけど
その度に逃げるんだよな、機械は。
こいつは、自分の主張と、そこにもってくる科学の話が
めちゃくちゃすぎる。

162 :ねんぶつ小僧:04/07/27 19:28
クオリア…。 わたくすぃとしては 意識の知覚対象に対する同一化感覚 と理解した。

「機械的唯物論」者さんは 単細胞にも意識があるといいますか?

「意識は必然に過ぎない」というけれども意識があることを認めるのね?

163 :考える名無しさん:04/07/27 20:03
おばあちゃん単細胞は
おばあちゃんのクオリアしか意識にありません

164 :考える名無しさん:04/07/27 20:59
クオリアなんて買う奴がいるから、呆れるよね。

165 :考える名無しさん:04/07/27 23:05
>>157の件よろしくお願いします。学問的な蘊蓄でなく簡素にしてクリア

166 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/28 00:41
>>157
>(明らかに「アダムとイヴ以前の現世人類」以前の人類)クロマニオン人に、
「意識は」あったのか?
 では、ネアンデルタール人=「旧人」には?(北京・ジャワ)原人には?
(直立)猿人には?60億の現原生人類全員の「先祖」である「ミトコンドリア
イヴ」には?
さらに・・類人猿には?自由意思はあったのか?類人猿には?メガネザル(原始サル)には? 犬には?猫には?馬には・イルカ?他の哺乳類には?鳥類には?
爬虫類、両生類、魚類、脊椎動物には・無脊椎動物:軟体動物、環形動物、
線形動物、昆虫類、菌類、単細胞生物・・・細菌・・ウィルス・・アミノ酸
・・有機物・・無機物・・・・・と「地球上の物質進化」を遡る(逆行して
みる)と、「人類の脳」が「最終形態」であるということは「あり得ない」と
思います。
 ニーテェも(図らずも)「超人の登場」と予言しております。「超人の意識」
=「超人のクオリア」は、類人猿が人類の「クオリア」を想定できないのと同
じように、我々人類には「想定不可能」なモノでしょう。           こうしている今も、この地球上のどこかで「超人」が誕生している可能性は
あります。
ただ、大部分の超人は、成長するまでに「気持ちが悪い子供」として、「人類の
大人」(自分達の親たち)に「排除」され、「成人」することは困難でしょう。
 かれらが「大量に成人するとき」・・それは(原生)人類が彼らに「滅ぼされ
る」時です。


167 :考える名無しさん:04/07/28 00:48
機械タン 天才願望強いんだねー ロマンチストだねー
だから40代でも引きこもって2ch三昧なんだねー


168 :考える名無しさん:04/07/28 00:48
機械タンと話してるとドジョウを掴もうとしてるような気にならない?

169 :考える名無しさん:04/07/28 00:49
ニーチェの超人て進化論的見方もあるんけ?

170 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/28 00:51
>>167
その私の個人情報は間違ってます。
まあ、いいですけど・・「私が超人である」と言っているわけではありません。
・・・念のため。

171 :考える名無しさん:04/07/28 00:56
> かれらが「大量に成人するとき」・・それは(原生)人類が彼らに「滅ぼされる」時です。

んん? 超人というのは大量虐殺趣味の殺戮マシーンなのか・・・


172 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/28 01:01
>>171
ネアンデルタール人とクロマニオン人(現世人類)が「同時に棲息していた」時代は
あります。
しかし、現世人類は「史上全く存在しなかった他の種の大量虐殺能力」を持っていましたし、
「同類の虐殺」においても、つい最近までその「真価」を発揮していました。
「アウシュビッツ」「ヒロシマ・ナガサキ」「クメールルージュ」等々です。
それに気づかないあなたが「教えられた歴史」とは「何」なのでしょう?

173 :考える名無しさん:04/07/28 01:05
>>172
それじゃあ、「アウシュヴィッツ」を実現させた人間は「超人」なのね。
あなたのニーチェ解釈はナチレベルということでFA。


174 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/28 01:09
>>173
「人類」はあくまで「人類」・・・「超人」は「その進化した次の種」です。
超人は「ヒューマニズム」を継承して、ある程度の数の「人類」を「動物園」で、
「種の保存」してくれる可能性は大きいと思います。
 要するに「超人の時代」が来れば人類は「動物園の猿山に生き残ることが赦された猿」
ということになります。

175 :考える名無しさん:04/07/28 01:17
>>174
「ナチレベル」と揶揄されたもんで唐突に「超人はヒューマニズムを継承している」
などと、何の根拠もなく言ってのけてしまうあたり、あなたのご都合主義が非常に
よく分かりますね。

>>166で「超人の意識は我々には想定不可能」としていたはずなのにね。



176 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/28 01:20
>>175
ヒューマニズムは「人間(人類)中心主義」です。人類の棲息の為になるならば、
「あらゆる他の種」を「動物実験」の材料にすることをためらわないという「主義」
です。

177 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/07/28 01:26
メラトニンの脳内蓄積が限度に達しましたので、就寝させて頂きます。

178 :考える名無しさん:04/07/28 01:26
だからなに?



179 :考える名無しさん:04/07/28 01:26
超人は、ツァラトゥストラの「精神の三つの変化」の
「幼子」だよ。
進化論ではないの。

180 :考える名無しさん:04/07/28 01:30
「メラトニンの脳内蓄積が限度に達しましたので、就寝させて頂きます。」
     ↓
「これから自演で反撃しつつ話をそらします」





181 :考える名無しさん:04/07/28 01:32
>>179
だよなぁ

182 :考える名無しさん:04/07/28 01:37
どうも機械はニーチェを深読みしすぎてるような気がするけどな

183 :考える名無しさん:04/07/28 01:39
ニーチェは単なる脳梅毒患者で、脳がとち狂った天才もどき。

184 :考える名無しさん:04/07/28 01:40
>>182
深読みというよりも、そもそも読んでない。
どっかで聞きかじったイメージだけで話してる。


185 :考える名無しさん:04/07/28 01:41
ずっと前、厨とのループ論争を「永遠回帰」とか言ってたような気もするな・・・

186 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/07/28 01:42
深読みというか…
ニーチェと神智学思想(ブラバツキー等)を単純にリンクさせてんじゃないの?

ニーチェは精神の在り様に言及しているだけでしょ?
神智学では人間の物理的な進化段階を示している。
同じ語句であっても、指し示す意味は全く違うんだけどね。

187 :考える名無しさん:04/07/28 01:43
>>184
できればイメージで話してほしいというのが、ほんとに正しいニーチェ解釈だと思うが。

188 :考える名無しさん:04/07/28 01:45
ツァラトゥストラには、猿→人間→超人と、
進化論風に書いてあるところがあるんだけど、
それは、ダーウィニズムのパロディーだと思う。

189 :機械タンもどき:04/07/28 01:48
>>184
あなたは「権威」に擦り寄って原典を「解釈する」ことで、(歴史に残る)哲学者の(単なる)「物真似」を
しているに『過ぎない』哲学「業界」の方なのでしょうが、「本当の哲学」は『そんなものではない』
ことを学ばれる「必要」が(大いに)あります。


190 :考える名無しさん:04/07/28 01:51
そうそう、まずは原著を自分で読んでみることからだな。なぁ機械タン。

191 :考える名無しさん:04/07/28 01:51
>>187
じゃあ、哲学としてニーチェの言ってることを語るのはほとんど不可能だね。


192 :考える名無しさん:04/07/28 01:53
>>186
機械タンを侮ってはなりません。
あの方は「神智学」などまったく知りません。


193 :考える名無しさん:04/07/28 01:55
「神智学」なんて、宗教だし。。。

194 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/07/28 01:57
>>192
>あの方は「神智学」などまったく知りません。
ふーん。
折角『好意的に解釈』してやったのに否定すんだ(笑)
そんなら単純に『精神の変化の暗喩』と『実際の物理的進化』を取り違えてんだろうな。
誤読に満ちた大馬鹿野郎って事だ(嘲笑)

195 :考える名無しさん:04/07/28 01:59
超人を進化論的に解釈する人は、ニーチェ研究者にも
たくさんいるよ。
誤読とは言えないね。

196 :考える名無しさん:04/07/28 02:01
昨日、漏れ凄い事に気付いた
もし全てが必然だったとしたらそれは何らかの方程式によって表す
事ができるはずだ
方程式があればそれを解いて漏れの未来の行動を予想する事が出来るはずだ
しかし漏れはその方程式の解をワザと回避することができる
よって意志は自由である

197 :考える名無しさん:04/07/28 02:01
>>194
>誤読に満ちた大馬鹿野郎って事だ(嘲笑)

だから、誤読以前に「読んでない」んだって。
機械タンを侮ってはなりません。

あの方の知的コンプレックスと知的怠惰の重なりは、途方もない高みにまで達している。


198 :考える名無しさん:04/07/28 02:01
       ∨
    / ̄ ̄ ̄ ̄\   
   (  人_____,,)
    |ミ/  ー◎-◎-)
   (6     (_ _) )    カタカタカタ
   | ∴ ノ  3 .ノ  ______
    ヽ、,,     __,ノ   |  | ̄ ̄\ \
   /       \.____|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕


199 :考える名無しさん:04/07/28 02:02
>>186
>ニーチェと神智学思想(ブラバツキー等)を単純にリンクさせてんじゃないの?

ブラバッキー女史が「神智学」の元祖だとなんて間違った知識を広めるな。ばーか。

200 :考える名無しさん:04/07/28 02:04
ハルカって人じゃないが、元祖なんてどこに書いてあるんだ?

201 :考える名無しさん:04/07/28 02:05
>>196
>もし全てが必然だったとしたらそれは何らかの方程式によって表す
>事ができるはずだ

「AならばB」という時系列を含んだ因果関係と、A=Bという等式を混同しちゃいかん。


202 :考える名無しさん:04/07/28 02:05
>>196
補強すると@法則が存在する
Aそれを解く事が原理的には可能
であるだけでもう自由意志は証明されるわけ

203 :考える名無しさん:04/07/28 02:06
>>196
ごめんね、散々既出。

204 :考える名無しさん:04/07/28 02:07
神智学信者が未だに生息してる事態こそ、観念論そのものの危機になる。
神秘論的肝炎論者はひこんでいてほすぅいな。


205 :考える名無しさん:04/07/28 02:31
>>200
>何処に書いてある・・・?書いてあるからどうなの?
だけど、神痴神智学が「まやかし新興宗教」(例えば創価学会)
と、同じ穴のムジナであることについて異論はない。

206 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/07/28 02:40
>>205
アホたれ。
神智学の信憑性とかはどうでもいいんだ。
単に、機械に対し『ニーチェと神智学を結び付けてはいないか』という指摘をしただけだ。

論点ずらそうとしての醜い足掻きは止めなさい。

207 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 03:47
生物があらゆる形態を持つことに話題が及んでいるようですね。
周知の通りあらゆる生物は染色体で構成されています。
よく言われますが、その配列が違うだけで、根本(命の源)は総て同じです。
この前言いました、意識というスクリーンの映像を見る力、或いは
映像を映し出すための機器の電源とでも言いますか。
この辺りから深層意識の領域になるのですが、
個を形成する(させる)力の事を、唯識に立場では「第七末那識」と言います。

208 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 05:07
結局、それが「神」である場合もあるだろうし、
「物質」かもしれないし「クオリア」かもしれないけれども、
最後には説明不能の項がひとつ出てきてしまう。
>>1の(あるいは>>33の)テンプレは機械君の信仰告白にすぎない。
あげく「超人」とは…いったい、何がやりたいんだか。
この稚拙な決定論が「まやかし新興宗教」(例えば創価学会)
と、同じ穴のムジナであることについて異論はないね。

209 :ウルトラマソ:04/07/28 10:28
つまり、超人は地球外生物に勝てないわけだ。

210 :超人:04/07/28 10:31
屁のツッパリはいらんですよ

211 :考える名無しさん:04/07/28 11:42
基本粒子でない素粒子

ハドロン - クォークとグルーオンによって構成される
バリオン - クォーク三つによって構成される
陽子 - 原子核を構成する
中性子 - 原子核を構成する
エキゾチックバリオン - とりあえず与えられている分類
ペンタクォーク - クォーク五つによって構成される
中間子 - クォークと反クォークのペアによって構成される
パイ中間子

基本粒子

フェルミ粒子 - 物質を構成する粒子、それぞれ反粒子も存在する
レプトン(六種類)
電子 - 電子の反粒子は陽電子と呼ばれる
ミュー粒子
タウ粒子
電子、ミュー、タウ三種類のニュートリノ
クォーク(六種類、アップ・ダウン・ストレンジ・チャーム・トップ・ボトム)
ボース粒子 - 自分自身が反粒子
重力子 - 重力を媒介する(未発見)
ヒッグス粒子 - 粒子に質量を与える(未発見)
光子 - 電磁気力を媒介する
ウィークボソン - 弱い力を媒介する
グルーオン - 強い力を媒介する


212 :考える名無しさん:04/07/28 13:26
まるで天使の数を数えるみたいね

213 :考える名無しさん:04/07/28 15:03
ここは物理スレか?

214 :考える名無しさん:04/07/28 15:17
>>211
どうせなら全部英語に
電子→エレクトロン
重力子→グラヴィトン
光子→フォトン
あと超対称性粒子の扱いはどうなの?

215 :ねんぶつ小僧:04/07/28 21:25
それで?「物質」をドウ定義するの?

216 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 22:08
>>215
二次元の「存在」=スーパーストリング=超ひもです。
単に「長さの違い」と「振動の違い」と「閉じているか開いているか」の違い
でさまざまな「素粒子」や「力の媒介粒子」を構成する「存在」です。

217 :考える名無しさん:04/07/28 22:10
●遂に殺人事件に発展したらしいぞ!!
http://hidebbs.net/bbs/ntt113

218 :考える名無しさん:04/07/28 22:17

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
 +  /      ''''''   ''''''   ヽ   
    l:::::::::.   ( ),   、( )、. |  +
    |::::::::::      ,,ノ(、_, )ヽ、,,    |  
  + .|:::::::::::::::::   `-=ニ=- '     |   そうかな?
    ヽ:::::::::::::::::::.  `ニニ´    ノ      
     \           /   + 
  +   /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
    +   |        ::::| キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
 +        |\_//
          \_/


219 :考える名無しさん:04/07/28 22:18
>>216














アホ?

220 :考える名無しさん:04/07/28 22:22
>>213
少なくとも、このスレはそうらしい。
こういう理屈ばかりこねる奴に限って、幼稚園児の素朴な疑問に
答えられない奴が多い。

哲学は頭の良い奴にしか出来ないと思ってる奴ばっかだから。

221 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 22:30
>>213
違います。宗教スレッドです。

222 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 22:33
自分の「脳」が「単なる物質であること」に耐えられない「弱い精神」は、
必ず最期には「宗教」か、あるいは「疑似宗教である観念論」に行き着きます。
要するに「自分を誤魔化して自分の『元気』を維持する」機能が、人間の脳には
「本能というプログラム」という形で『あらかじめセット』されております。
それを「エポケー」する技術にフサールは「今一歩」まで近づいた・・のですが、
また「観念論的念仏」を唱える輩が多くなり、哲学は「厳密学」から遠ざかりつつあります。

223 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 22:36
>必ず最期には「宗教」か、あるいは「疑似宗教である観念論」に行き着きます。
>要するに「自分を誤魔化して自分の『元気』を維持する」機能が、人間の脳には
>「本能というプログラム」という形で『あらかじめセット』されております。
そして、物質教に辿りついたのが機械君であります。

224 :考える名無しさん:04/07/28 22:37
>>222
一見もっともらしいけど論理の飛躍だね。
馬鹿な奴はそれで騙せるかもしれない。

225 :ねんぶつ小僧:04/07/28 22:38
くどいようだが 厳密に「物質」を定義してください

226 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 22:38
>>223
(理論)物理学は「科学の中の科学」です。
あなたの「観念論」と「ちょうど対極の位置」ということになります。

227 :考える名無しさん:04/07/28 22:41
そして哲学は猿真似学であります

228 :考える名無しさん:04/07/28 22:44
   f⌒ミ`ニキ'"三三ミミヽヽ`il))メナ彡ナシノノフイく,ノ三ノr=ヽ'
           ー=、 ゙ゝ'彡≫三≡ミ゙i`i l l lノ,r'リノッシノ彡ノノシ/F三ノニト
          ´~ゝ-ゝ<リ彡ノノ三ミミミfi l lゝi ノノノノニ彡三彡彡jノヨ'ノ巛ミ>'"二ヽ
          ^`ー三くj〃彡三≡ヾ.ゝt t )l ン"´ ゙ヽ、iミ彡ノシ人ミ三彡ニ=-
            、,:r''7ヘ又彡シ,r/'"~`゙゙゙`'二ニ:;、_,,.,.,  `゙゙ヾミミ三彡ブ>∈ニ
          ,'ニキ王彡彡彡;,fノ -=,=< l /,∠(_,.,.,、  ゙iミ彡彡三ノ∠ニ_
        、_,r=''7ヽ≡彡三彡'" '''"~,r''') `' ゙i  f‐-:,ニィ=、ヽ トミミミ三≫にニニ、ヽ 
       =〃ーヽヽfrミ三f'f ,,r;;ニ彡'´ `ヽ,  ノ  ノ.'・'´ ̄  i,ミ三ヽフ<7、,.r--=、
       `ー=''"~`ヾミ》彡/'イ (:ノZニr・ゞ   i f   `"_,,二ニヽ┤ミミY人ノリへ,,.=、 
           ,,ノ-r'彡〃:┤ ,,..,.  ̄",:' ,r j t`ヽ,、_,ニニヽ`t三彡彡メ>ノ、_`''"´そうかね?
         ,r''>=‐ナ〃フノノ:゙i'',r'',.=‐,'".ノ(_rゝ_ノ'" ,.,..,.、_´~)  l ) )ミミ彡==、、
       `~ f 、__,>ヲr7ノF彡 i ( r=''" _,.,.,.,.,.,.,.:ィ",.,-、=、,フ   イ ノミヘ三≡,.,、 ゙ヽ
        ゞ、_彡ナ7ノシノfr(ゝ、tヽ /,r‐―一 '"_,.,.,、ノノ^iフ′ l`ヾミr十=、``ヽ、)
           '"~フフr/ノミヽソ l'  ゙i〈〈(ヽノ'ー''"^´   ~`ヲ^i ,ノ :,ヾ''ー--==:、
            ニf‐ナ''チ,r=ゝノ、  ゙い''^',,.ィrー'='ーメ/ ,' ,/′':,  i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ、
           ( ,r''サ;;;;;;;;;;;,ィ 、.゙ヽ、゙tヾ、ー=''"゙゙~´,ノ ,' /   :  ノ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\,,_
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/人 ':, `ヽ、 `゙゙゙゙´~´ ̄    /   ,:' /   l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`゙゙`'''ヽ

229 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 22:45
>>226
(理論)物理学とやらが「科学の中の科学」であったとしても、
君のトンデモ決定論が「科学の中の科学」であることにはならない。
対極でもなんでもなくて、まさに「観念論」だよ、君のは。
何度もそういってんだけどね。

230 :考える名無しさん:04/07/28 22:46
ここにも腐魔虫が!!

231 :考える名無しさん:04/07/28 22:50
観念論の罠に陥っているのは機械的唯物論者だという皮肉w
しかも、本人はアホだからそのことに気がついていない。

232 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 22:56
>>229
>(理論)物理学とやらが

もう既に「哲学」を完全放棄してますね。
「哲学」が「理論物理学の最先端」を「完全に説明」できないで、
いったい『何の「哲学」』なんですか?


233 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 22:58
>>232
君は「理論物理学の最先端」どころか、何の説明もしてないけど?

234 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 23:00
>>232
全てが科学、或いは哲学で説明できるとお考えですか?

235 :考える名無しさん:04/07/28 23:01
「全て」って何のこと? 説明ってどうすること?

236 :テキトーに:04/07/28 23:02
物質・・・空間を占めるもの

237 :考える名無しさん:04/07/28 23:03
哲学を哲学で説明してみよう。

238 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 23:03
>>234
数ある「宗教」=殺し合いを「現にしている」・・・「信仰」で、
「全てを説明する」ことが不可能であることは間違いありません。

239 :考える名無しさん:04/07/28 23:03
クオリア・・・意識を占めるもの

240 :考える名無しさん:04/07/28 23:05
>>238
自殺者の増加をどう思いますか?

241 :考える名無しさん:04/07/28 23:05
クオリアは説明できない。説明できるものなら、クオリアじゃない。

242 :考える名無しさん:04/07/28 23:06
科学の王は数理物理学だと誰か言っていたなあ。。

243 :考える名無しさん:04/07/28 23:06
「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoAを説明できるのは観念論者だけ!

244 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 23:06
>>238
君が君の物質教・クオリア教を背負って殺し合いに参加しないことを祈る。

245 :考える名無しさん:04/07/28 23:07
>>236
場の量子論的に言うと、空間の特異領域と違うの?

246 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 23:08
>>240
哲学の迷走=観念論の跳梁跋扈と「経済学の無能」だと思います。

247 :ねんぶつ小僧:04/07/28 23:09
そもさん! 空間全体はすべて物質が占めているのではないのか 如何!

248 :考える名無しさん:04/07/28 23:09
物質の定義は、観念と唯物の2面性です。
物理法則(素粒子1つ1つ)は自分がどんな法則を持っていて何に対してどう
反応するのかを知っている。または言いかえると認識できる。

機械タンは物質が判りきった存在だと思ってるけど、物質が物質であれる力
やなぜ物質があるかが理解できないことには物質を知ったとは言えない。

249 :考える名無しさん:04/07/28 23:09
なんでも観念論者のせいってのはいただけないが、物理学と哲学の発展は
別に両立すると思うぞ。

250 :考える名無しさん:04/07/28 23:10
機械タン、きょうも元気だね。内容がないのが玉にきず。

251 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 23:11
>>247
時間が抜けてますよ。

252 :考える名無しさん:04/07/28 23:12
哲学も科学も宗教も超えた、別の視点が必要だ

253 :考える名無しさん:04/07/28 23:13
今日もみんなでドジョウ(機械タン)の手掴み大会。

254 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 23:14
>>247
「超ひも理論」は「11次元の時空」の「中」での「超ひものふるまい」
の理論ですから「時空」は「所与」です。
 他に「空間=真空事態を量子化する」理論はありますが、今のところ
「単なる思いつき」のレベルです。

255 :考える名無しさん:04/07/28 23:14
>>250
どのへんが玉でつか?

256 : :04/07/28 23:14
考える名無しさん をNGワードに登録してみた

257 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 23:15
>>250
内容がないというかねえ…つまりは「信仰告白」しかしていない。
>>252
そう思って、機械君も新宗教を打ち立てようとしてるんだろうね。

258 :考える名無しさん:04/07/28 23:15
名無しを禁止して強制IDになるといいのにな。もっと面白くなる。

259 :考える名無しさん:04/07/28 23:16
物理学は哲学を包括できんぞ?しかし。

260 :考える名無しさん:04/07/28 23:18
>>254
じゃあなぜ紐は時間や空間に影響されるんでしょう。その逆も言える。
紐と時空間には結び付けている何かが存在している。

261 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 23:21
>>260
それが「第七末那識」です。個と全体を繋ぐ力とでも言いますか。

262 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 23:21
>>260
「Mブレーン」のことですね。
本能的・反射的発言としては、結構「当をえている」と言えます。

263 :考える名無しさん:04/07/28 23:22
>>222
ちなみにフッサールがエポケーしたのは、カントでいう「物自体」の存在の有無だワナ。
べつに物理学を否定してるって意味じゃないけど、機械タンの物理学真理教とは
対極にあるんでね?

264 : :04/07/28 23:22
>>261-262

結婚おめでとうございます

265 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 23:23
>>263
「浅読み解説」では、確かにそう書いてありますね。

266 :ねんぶつ小僧:04/07/28 23:24
宇宙物理学者は宇宙の基盤について哲学しているのと違いますか?
彼らは計量機器をつかった実験によって検証することをモットーとしている哲学者なんじゃないでしょうか?

それで? >>211のあげた 基本粒子も物質としますか? それとも基本粒子からなるもを物質としますか? いずれも不可ですか?

267 : :04/07/28 23:25
量子加速器は宗教施設だったのか

268 :考える名無しさん:04/07/28 23:26
機械タンはフッサールもニーチェも原著読んでるのんか

それとも深読み解説書があるのか

269 :260:04/07/28 23:26
>>262
ブレーンがどう関係あるかも言ってよ、機械タン。


270 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/07/28 23:27
>>268
絶対読んでない。
他人の発言を扱き下ろすだけで、自分なりの解釈なぞ一度も言ってないもの。

271 : :04/07/28 23:27
経済苦で死んでゆく市民がいる一方で
莫大な資金(税金)がそれらの設備に使われる

宗教だね

272 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 23:31
>>266
「超ひも」が「物質として現れるフェーズ」の問題だけです。
我々の「日常生活」では、例えば「水」は「H2O」で、
「水素と酸素の化合物」=「分子」のレベルで十分ですね。
それ以下「原子」→「陽子・中性子」→「クォーク」→「超ひも」
は、日常性や「脳内の化学活動」には「全く関係しない」というのが、
「日常性」においては『確かな事実』です。

273 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 23:33
>>272
「全く関係しない」のは間違いでは?。無視できる程の影響力なら理解できますが。

274 : :04/07/28 23:34
日常性においては、って書いてあるぞ

275 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 23:35
>>272>>274
これは失礼致しました。

276 :ねんぶつ小僧:04/07/28 23:35
そうかな? >>272

電磁波、X線、宇宙放射線、太陽風、地球温暖化などなど 原子以下でも影響をあたえます。

277 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 23:36
>>150
>機械よ、「クオリアを物質である脳から説明することはできない」と
>茂木は言ってるぞ。(少なくともお前にゃできんだろw)
>そもそも、クオリアという概念はお前のような物質主義を乗り越える
>ためのもんだろ。なんでお前がクオリアクオリアと喚いているのか、
>わけわからんぞ。

この書き込みがあって以来、クオリアの話がなくなっちゃったね。
で、今度は「超ひも」か。どうして?

278 :考える名無しさん:04/07/28 23:36
電波の影響なら、よく知ってます。(w

279 :ねんぶつ小僧:04/07/28 23:38
温暖化は取り消し。
要するに電磁波、放射線系

280 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 23:38
>>273
東海村で、臨界に達したウランの発する「中性子線」を浴びて
「(身体を構成する)1兆個の細胞のDNAが切断された」方が、
「徐々に死んでいった」事実はあります。
我々も「宇宙線」を浴びつつ生活しているわけなので、「DNAの変異」
=「自分の体細胞」のガン細胞化を「一々阻止する」ことはできません。

281 :考える名無しさん:04/07/28 23:39
>>272
?→「超ひも」→「クォーク」→「陽子・中性子」→「原子」→「分子」
と影響を与えているわけだが?

282 : :04/07/28 23:39
蝶が飛ぶと嵐が起きるの量子版かYO

283 :ねんぶつ小僧:04/07/28 23:41
>「超ひも」が「物質として現れるフェーズ」の問題だけです

うーん、その物質をなんとするかを問うているのよ。

284 : :04/07/28 23:41
物「質」の「質」感で済まそうとする

285 :分かるかね?:04/07/28 23:43

物質とは、ゲージ場と相互作用するフェルミオンのことじゃよ。

286 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 23:43
>>276
生命体であれ有機物であれ無機物であれ
粒子性であれ波動性であれ原子以下の基本粒子で構成されているのは間違いないでしょう。
基本が「1つ」ならばそれが時空に於いて姿形を変えて顕れたに過ぎないと観るのが妥当でしょう。
加速器はその逆を検証しているのでしょう。
この差別相(個々に分かれる意味で)が生じる理由が分かれば良いのですが。

287 : :04/07/28 23:43
ワカンネェヨ

288 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/07/28 23:46
メラトニンが脳内に蓄積し始めましたので、就寝させて戴きます。

289 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 23:47
>>280
あくまでも「相互作用について」の意味で言ったつもりです。
>>287
それを分かるようにするのが「科学」であり「哲学」ではないかと思うのですが。

290 :考える名無しさん:04/07/28 23:48
メラトニンキタ−−−−−−−−−−!!!!!!!

291 :ねんぶつ小僧:04/07/28 23:49
>>284
クオリア…。
まず、感覚器官がなければクオリアは存在しない。これはOKでしょう。
しかし、寝込んでいる人間にクオリアは存在するといってよいか?

292 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 23:50
セロトニンも関係してるのではないでしょうか?

293 :考える名無しさん:04/07/28 23:50
>>291
いや、感覚器官がなくとも時間の流れは感じれる。

294 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 23:51
スレ主のレスさえなければ良スレかも。

295 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/28 23:52
>>291
「夢」がそれに当たるのでは?ただ方向が逆なだけでしょう。

296 : :04/07/28 23:52
幻肢痛という例もあるし存在するんじゃねぇの


297 :考える名無しさん:04/07/28 23:52
>>294
機械タンの漫才も客引きになってますから..?

298 :ねんぶつ小僧:04/07/28 23:53
>>291
それは 内的知覚器官で知覚してるからだよ

299 : :04/07/28 23:56
ペンローズのホムンクルスと
茂木の言うホムンクルスは別物なんだよな?

300 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/28 23:56
>>297
そういうスレか…浅読みしかしていなかった…。

301 :考える名無しさん:04/07/28 23:58
浅読み・・・また機械タンの名言が増えたな

302 :考える名無しさん:04/07/29 00:00
しかし、オレはオレの脳の作用なんだよな。

303 :ねんぶつ小僧:04/07/29 00:00
>>299
検索したら 筆頭にパラケルススがあがった。
すごー 精液と馬糞ですか。

304 :考える名無しさん:04/07/29 00:01
>>302
逆に脳はオレの作用でもなるよね。この2面性が鍵なんだよ。

305 :304:04/07/29 00:02
×でもなるよね。
○でもあるよね。

306 : :04/07/29 00:02
やっべ ペンフィールドのホムンクルス だった

307 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/29 00:03
>>302
先ほどの「相互作用」ではありませんが
他の影響が全くの「0」では無いでしょう。

308 :ねんぶつ小僧:04/07/29 00:06

>>304 >>302
相互作用するから存在する意味があるんではない?

スレ主は「進化」という考え方をみとめる人であるか?

これもけっこう 意味深い問いではないか?

309 : :04/07/29 00:08
最近さー
フロイトの理論?を脳科学が証明するのが一部で流行しているらしいけどさー
脳科学とかで唯識も説明できちゃうんじゃねーのかなー

310 :考える名無しさん:04/07/29 00:19
>>307>>309
だいたい唯識とか曼陀羅とかサンスクリット系列の古語を振りかざせば
おまえ達バカ、みたいな態度は気に入らない。
仏教だから、と言ってそもそもの最初から説明責任を放棄できると言うのか?


311 :ねんぶつ小僧:04/07/29 00:22
脳内にメラトニンが蓄積してきたから寝る というのと
ねむたくなったから寝る というのは
私 にとっては 後者が真実だ。

催眠術でねむたくなったなら それはメラトニンのせいか? 催眠術(師)のせいか? 寝た人のせいか?

312 :考える名無しさん:04/07/29 00:23
オレは310の態度だけ気に入らない。


313 :考える名無しさん:04/07/29 00:24
>>302
脳以外の肉体の作用でもあることは否定できない。


314 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/29 00:25
>>310
仰ってる意味がよく分からないのですが。

315 :考える名無しさん:04/07/29 00:25
>>311
科学を最初から苦手だと思ってる文科系の人間はみんな賛同するよ。

316 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/29 00:25
>メラトニン
機械君にとっては「おんあぼきゃべいろしゃのう…」という御真言なんだ。

317 :考える名無しさん:04/07/29 00:29
>>314
仏教用語を哲学に持ち出して、新しさをアピールしてもガイシュツ
だということ。
説明抜きに受け入れろ!が仏教の強引さなんだよな。西洋哲学を
甘く見てるだけ。

318 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/29 00:30
「メラトニン」という「言葉」を知らなければ、単に「眠い」だけでしょう。
そして言葉を知らなくても「眠い」→寝る事には変わりは無い。

319 :考える名無しさん:04/07/29 00:33
>>316
でもおまえの脳内にメラトニンやセロトニンやアドレナリンが存在することを
おまえは否定できない。
 興奮系のアドレナリンを抑制して抑制系のセロトニン・メラトニン?
を育てなければ、おまえは不眠症の地獄にのたうち回る。まあ、良い経験かもな。

320 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/29 00:33
>>317
前のスレで言わさせていただきましたが
「違った角度からのアプローチ」です。宗教ではありませんので
「受け入れなさい」とかではありません。

321 : :04/07/29 00:34
言葉は違ってもやっていることは同じ質感なんだよなぁ
猟師力学も唯識も哲学も

322 :ねんぶつ小僧:04/07/29 00:35
催眠術てねた場合 それを正当化するようにメラトニンがわき出てきてくるのであろうか? 
その場合 被催眠者の意識や意思が関わっているというのは間違いなかろう。 この場合 メラトニンが多量に発生してからクオリアがあるのか?
先にクオリアのちにメラトニンなのか? さぁさぁ ちゃんと実験されたのか?

では失礼する。

323 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/29 00:37
>>319
誰が否定しようとした? ひょっとして馬鹿?

324 :考える名無しさん:04/07/29 00:38
317は被害妄想癖だな。


325 :考える名無しさん:04/07/29 00:40
>>320
今日から不眠症の地獄がおまえに訪れる。
訪れなければ、おまえは単なる世俗の色坊主にすぎない。
修行しても「修行してるつもりだった」というのが仏教系大学の
頭の悪い住職二代目だから、気にするなよ。


326 : :04/07/29 00:42
お、「呪」だね

327 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/29 00:43
メラトニンが蓄積したので寝るといっておきながら、
名無しでアドレナリンを噴出させてるのは、誰だ?

328 : :04/07/29 00:44
今日から永眠の天国が325に訪れる。
訪れなければ、おまえは単なる世俗の2chテツガクトにすぎない。
考えても「考えているつもりだった」というのが三流大学の
頭の悪い院生だから、気にするなよ。

329 : :04/07/29 00:45
穴二つってか

330 :考える名無しさん:04/07/29 00:45
物質を構成しているのは実は意識だった。

331 : :04/07/29 00:46
>>327

それは幻肢痛と同じ感覚だ

332 : :04/07/29 00:46
な、なんだってぇー?

333 :考える名無しさん:04/07/29 00:53
「眠くなる」というのは「クオリア」であり、「意識」の問題だ。
「メラトニンの蓄積」は脳の中の「物理現象」であり、「物質」の問題だ。

両者の間に対応関係があるらしい、ということは経験的にわかる。
問題は、後者にとっては前者の存在など全く必要ではなく、
むしろ完全に余計なものであるはずだ、という点。
「脳の中にメラトニンが蓄積する」→「脳の活動が変化する」
→肉体が「寝る」
これは純然たる物理現象であって、そこには本来「意識」などの介在する
余地はない。にもかかわらず、「どういうわけだか」人間には
(少なくとも私には)「眠くなる」とか「夢を見る」とか
「起き抜けにぼんやりする」等々のクオリア(意識)がある。
これは文字とおり「どういうわけだか」であって、「どうして」そうなのか、
全くわからない。これが問題なのであって、物理主義は答え以前に
問題を理解していない。

334 : :04/07/29 00:59


メラトニンを「睡魔」と言い換えてもいいな

335 :考える名無しさん:04/07/29 01:00
>>333
脳に意識の部分があるんだろ。

336 : :04/07/29 01:06
すべてエポケーして空ということにしとけ

337 :考える名無しさん:04/07/29 01:07
問題問題とくりかえしても
肝心の理想が見えない

338 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/29 01:10
>>330
上手な表現ですね。
というより意識は諸現象を確認するスクリーンです。

339 : :04/07/29 01:11
では空を確認するのは

340 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/29 01:21
>>339
それは仏教用語の「空」という意味でしょうか?
それは先に述べました「前五識・意識・末那識・阿頼耶識」が
別のモノに変転した境界で了知される事です。
その境界に於いては「空」を確認する・しないの領域ではなく、「それ自体」でしょう。
量子的には観測の行為の影響が完全に「0」とでも言いますか、
或いは自分が光速の状態とでも言いますか。表現が難しいですね。

341 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/29 01:30
余談かもしれませんが
「科学」を研究する事は「心」のそれと同義であり
逆もまた然りだと思います。それを弁証する一手段として
「哲学」があるのではないでしょうか?

342 :考える名無しさん:04/07/29 01:46
>>319
機械タン、また「おまえ」使ってるよ。


343 :考える名無しさん:04/07/29 09:20
基本粒子でない素粒子

ハドロン - クォークとグルーオンによって構成される
バリオン - クォーク三つによって構成される
陽子 - 原子核を構成する
中性子 - 原子核を構成する
エキゾチックバリオン - とりあえず与えられている分類
ペンタクォーク - クォーク五つによって構成される
中間子 - クォークと反クォークのペアによって構成される
パイ中間子

基本粒子

フェルミ粒子 - 物質を構成する粒子、それぞれ反粒子も存在する
レプトン(六種類)
電子 - 電子の反粒子は陽電子と呼ばれる
ミュー粒子
タウ粒子
電子、ミュー、タウ三種類のニュートリノ
クォーク(六種類、アップ・ダウン・ストレンジ・チャーム・トップ・ボトム)
ボース粒子 - 自分自身が反粒子
重力子 - 重力を媒介する(未発見)
ヒッグス粒子 - 粒子に質量を与える(未発見)
光子 - 電磁気力を媒介する
ウィークボソン - 弱い力を媒介する
グルーオン - 強い力を媒介する



344 :考える名無しさん:04/07/29 09:26
現在の理論では、レプトンとクォークが素粒子より小さい基本粒子であるとされている。

1種類ずつ3つの階層に分類され、それぞれ「アップ(上)、ダウン(下)」、「チャーム(魅力)、ストレンジ(奇妙)」、
「 トップ(頂)、ボトム(底)」と名付けられる。また、それぞれに反クオークが存在し、
「色」と呼ばれる性質を持つ。バリオンはクォーク3個、中間子はクォーク2個で構成される。
例えば、陽子はアップクォーク2個とダウンクォーク1個、中性子はアップクォーク1個とダウンクォーク2個、
K中間子の一つはチャームクォーク1個と反アップクォーク1個からなる。

これまでは、素粒子は上記のようにクォーク2個または3個の組み合わせでしか見つかっていなかったが、
理論予測されていた5個の組み合わせからなる新素粒子ペンタクォークが最近発見された。
また、NASAの発表によると、中性子星とブラックホールの中間段階に、
クォークが裸の状態で存在する「クォーク星」と呼ぶべきものが発見されたとのことである。

ちなみにクォークという名称は、モデルの提唱者の一人Gell-Mannにより、ジェームズ・ジョイスの
小説『フィネガンズ・ウェイク』中の鳥の鳴き声「quark」から取って付けられた。

「クオーク」と表記する人もいるが、学術用語集物理学編によれば「クォーク」が正しい。



345 :考える名無しさん:04/07/29 09:30
レプトン(ギリシャ語で「軽い」の意)はそれ以上分割することのできない素粒子。
よって、レプトンはクォークで構成されていない。軽粒子とも呼ばれる。

一部のレプトンが非常に大きな静止質量を持っている一方で、静止質量のまったくないレプトンもある。
レプトンは負の電荷を持つか、若しくは電荷を持たない。6つのレプトンの内、3つは負の電荷を持ち、
残りの3つは電気的に中性である。

レプトンには、電子・ミュー粒子・タウ粒子、そしてそれらに対応するニュートリノである電子ニュートリノ、
ミューニュートリノ、タウニュートリノがある。


346 :考える名無しさん:04/07/29 09:33
ニュートリノは電荷を持たず、1/2のスピンを持つ。 また質量は非常に小さいが存在することが確認された。

ニュートリノには電子ニュートリノ (νe) 、ミューニュートリノ (νμ) 、タウニュートリノ (ντ) の3世代と
それぞれの反粒子が存在する。 これらは電子、ミュー粒子、タウ粒子と対をなしている。

ニュートリノは強い相互作用と電磁相互作用がなく、弱い相互作用と重力相互作用でしか反応しない。
ただ、粒子が非常に小さいため、重力相互作用もほとんど反応せず、このため他の素粒子との反応が僅かで、
透過性が非常に高い。

そのため、原子核や電子との衝突を利用した観測が難しく、ごく稀にかない反応を捉えるために高感度のセンサや
大質量の反応材料を用意する必要があり、他の粒子に比べ研究の進みは遅かった。

ニュートリノはその相互作用の少なさから、検出には困難を極めた。



347 :考える名無しさん:04/07/29 09:35
ニュートリノが質量を持つとすると、量子状態の混在がありえるため、ニュートリノが電子・ミュー・タウの型の間で
変化するニュートリノ振動とよばれる現象が予言されていた。

この現象について、スーパーカミオカンデ共同実験グループは宇宙線が大気と衝突する際に発生する大気ニュートリノの
観測から、1998年6月にニュートリノ振動の証拠を99%の確度で確認した。また、2001年には太陽からくる
太陽ニュートリノの観察からも強い証拠を得た。

その後、つくば市にあるKEKからスーバーカミオカンデに向かってニュートリノを発射するK2Kの実験において、
ニュートリノの存在確率が変動している状態を直接的に確認し、2004年、質量があることを確実なものとした。

ニュートリノの質量が問題になるのは、2004年の時点で広く知られている標準理論やその拡張の多くが、
ニュートリノの質量が0であることを前提としているためである。
このため質量があるとすると大幅な理論の再検討を促すことになる。

また相互作用の少なさから冷い暗黒物質の候補のひとつではあったが、質量があることが確認されたことから、
この候補がしぼられることになった。



348 :考える名無しさん:04/07/29 09:36
暗黒物質(あんこくぶっしつ、Dark matter:ダークマター)とは、宇宙にある物質のうち自力で光っていないか
光を反射しないために観測できない物質のことである。

暗黒物質の存在は、ルービンにより指摘された。水素原子の出す21p輝線で銀河外縁を観測したところ、
ドップラー効果によりガスの回転速度を見積もることができた。この結果と遠心力・重力の釣り合いの式を用いて
質量を計算できる。すると、光学的に観測できる物質の約10倍もの物質が存在するという結果が出た。
この物質を暗黒物質と名付けた。



349 :考える名無しさん:04/07/29 09:37
連投阻止

350 :考える名無しさん:04/07/29 09:37
具体的に何が暗黒物質として宇宙の質量の大半を占めているかであるが、複数の候補が挙がっている。
これらのうちのどれかかも知れないし、複数かも知れないし、どれでもないかも知れない。
熱い暗黒物質と冷たい暗黒物質の2種類が考えられている。
(厳密には温かい暗黒物質も考えられなくはないが恣意的すぎるとされている。)
宇宙の晴れ上がりの時に、運動エネルギーが質量エネルギーを上回っていたものを熱い暗黒物質、
そうではないものを冷たい暗黒物質と呼ぶ。現状の本命は冷たい暗黒物質シナリオであるが、
決定的な弱点はその候補粒子が今だ見つかっていないことである。



351 :考える名無しさん:04/07/29 09:41
おまいが哲板の暗黒物質なんだ!

352 :考える名無しさん:04/07/29 10:50
まだ書き込みたかった様子
by>>349

353 :考える名無しさん:04/07/29 10:57
>>343
>ボース粒子 - 自分自身が反粒子
>ウィークボソン - 弱い力を媒介する
ウィークボソンW+の反粒子はW+ではなくW-なわけだが・・・

354 :考える名無しさん:04/07/29 11:06
>>353
Z0もあったような

355 :考える名無しさん:04/07/29 11:08
弱い力を媒介するウィークボソンには正負の電荷を持つものと中性のものがあり、それぞれW+、W―、Z0と書かれる。
素粒子はすべて、電荷などの量子数のみが異なり、あとはまったく同じ性質の「反粒子」を持つ。
W―はW+、の反粒子であり、Z0の反粒子はZ0自身である。
(ちなみに電子の反粒子は、プラスの電荷1を持つ陽電子である。)
粒子と反粒子が出会うと、一瞬のうちに消滅し光などのエネルギーに変わってしまう。

弱い力すなわち弱い相互作用は、電荷ならぬ「ウィーク荷」を持つ粒子に作用し、ウィークボソンをやり取りして
ベータ崩壊を起こす。ウィークボソンは、陽子の50倍以上の質量があるため、
その到達距離は10−16cm以下と極めて小さくなる。


356 :考える名無しさん:04/07/29 11:14
>>343
>ボース粒子 - 自分自身が反粒子
>>355
>W―はW+、の反粒子であり、
矛盾してることに気付いていないのか?W+とW-はボース粒子だが、反粒子は自分自身ではないと指摘してるんだが・・・

357 :考える名無しさん:04/07/29 11:16
おいおい
物理スレでやれよ・・・

358 :考える名無しさん:04/07/29 11:19
一体何がやりたいんだろう・・・
スレの流れと無関係にコピペを続ける様は十二指腸を思い出す。

359 :考える名無しさん:04/07/29 11:42
前田かな

360 :考える名無しさん:04/07/29 13:06
あたり前田のクラッカー

361 :考える名無しさん:04/07/29 15:11
「西洋哲学を甘く見てるだけ」・・・君が言うかね・・・

362 :考える名無しさん:04/07/29 15:11
折角物理の授業やってくれてるんだからオレは有難く読ませてもらったよ。

363 :考える名無しさん:04/07/29 15:35
機械タン名言集

「入浴てか?今日はもう出ないでよろし」

「まだそんな「古い」物理の教科書を使っている大学の「物理学科」がある
というのは本当なのですか?」

364 :考える名無しさん:04/07/29 16:30
>>363
いいかげん、俺と一緒にヒキ板に帰ろうぜ

365 :考える名無しさん:04/07/29 19:04
あげ

366 :ねんぶつ小僧:04/07/29 21:09
物質という言葉に物体性をもつものという意味をあてはめるべきか? そうすべきでないか?

波動というものはエネルギーと同じ意味なのかな? 波動は物体性になじまない言葉に聞こえる。

粒子というと球状のものを連想する…。
金の原子の電子顕微鏡写真なんてものをみたことがあるが、丸い原子がならんでいた。
しかし実際そんなものはないわけですよねぇ。電子銃がらきた電子を球状に打ち返しただけなのであろうから。

ニュートリノみたいなものなら金原子の中を貫通する訳ですよね?


367 :考える名無しさん:04/07/29 22:59
>>366
エネルギーが高いと波動が細かくなる。

368 :考える名無しさん:04/07/29 23:56
波動(はどう、wave)は、波とも呼ばれる物理現象の一種で、物質 の振動が媒質を通して伝播する現象。
おもな波動、水面波 、地震波 、音波、電磁波、光波、電波、重力波


369 :考える名無しさん:04/07/30 00:00
>>368
光子の媒質はエーテルですよね?


370 :考える名無しさん:04/07/30 00:02
ここは19世紀でつか?

371 :考える名無しさん:04/07/30 00:07
機械タン、物理学の話しててもしょうがないと思うんで、
唯物論者の人格ともうひとつフッサール現象学の人格出して討論してくれよ。

ほかの人に突っつかれると名無しで逃げるだろうから、自分同士で。

372 :考える名無しさん:04/07/30 00:18
おいおい
自問自答かよ

373 :考える名無しさん:04/07/30 00:19
だってほかの人に突っつかれると名無しで煽る→罵倒合戦になって
いつもウヤムヤになるし

374 :考える名無しさん:04/07/30 00:27
>>371
ここは機械の詭弁と自演と逃走を楽しむスレ。
まともなアドヴァイスは慎むように。


375 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 00:28
何やら哲学ではなく、素粒子物理のスレになっていますね。

376 :考える名無しさん:04/07/30 00:33
波動と粒子性は哲学だよ。何せ誰も判らない謎なんだから。

377 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 00:42
実際に霧箱や泡箱、加速器等での素粒子反応の図式を見たことがありますが
ビリヤードのように極微の粒子が反応しているのか
それとも大きさの無いエネルギー体が次々と姿を変えているのか、
そういえば素粒子に付物の「スピン」等は面白いですね。
単純なイメージでは点(大きさが「0」)が回転しているのですから。

378 :考える名無しさん:04/07/30 00:48
                      ''';;';';;'';;;,.,                  ザッ
                       ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ザッ
          ザッ            ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
                        vymyvwymyvymyvy     ザッ
               ザッ     MVvvMvyvMVvvMvyvMVvv、
                   Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^−^Λ_ヘ^Λ_ヘ
     ザッ            ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ ヘ__Λ
                __,/ヽ_ /ヽ__,.ヘ /ヽ__,.ヘ _,.ヘ ,.ヘ    ザッ
    /\___/ヽ   /\___ /\___/ヽ _/ヽ /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\/''''''   '''/''''''   '''''':::::::\   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:|(●),    |(●),   、(●)、.:|、( |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|   ,,ノ(、_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|_, )|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|   `-=ニ= |   `-=ニ=- ' .:::::::|ニ=|   `-=ニ=- ' .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/\  `ニニ \  `ニニ´  .:::::/ニ´ \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\ /`ー‐-  /`ー‐--‐‐―´\-‐‐ /`ー‐--‐‐―´\


379 :考える名無しさん:04/07/30 01:19
なんか哲板って、ほかの板よりダディクールをよく見る。

380 :考える名無しさん:04/07/30 01:23
物理の話つまんねー

381 :ねんぶつ小僧:04/07/30 01:24


 
 
 意識が生まれるためには知覚器官がなくてはならない は 正しいかな?
 知覚器官があるならば意識はある は 正しいかな?

 知性があるなら意識がある?
 意識があるなら知性がある?

 素粒子に知性はあるか?
 素粒子に知覚器官はあるか? 

 意識のはじまりはどこからか?

382 :考える名無しさん:04/07/30 01:34
電流が流れると、そこに意識が生じる

383 :考える名無しさん:04/07/30 01:36
>>382
それはエネルギー

384 :考える名無しさん:04/07/30 01:38
エネルギーは
電流・電圧
です。

385 :考える名無しさん:04/07/30 01:39
それはエネルギー量

386 :考える名無しさん:04/07/30 01:42
物理学的に、意識が生まれるのはこうした状況だと仮定できたとして

さあ、実験装置を作って電流をそこに流してみよう。

これで意識は生まれ…た?

なんて確かめようがねー。結局人間は自分の意識のことしかワカラン

387 :考える名無しさん:04/07/30 01:43
少なくても、意識があるといっている人の脳には
すべからく、電流が流れている。

388 :考える名無しさん:04/07/30 01:46
じゃ電流が流れる=意識がある でいいんか。

389 :考える名無しさん:04/07/30 01:48
かなり、確からしい、仮説になる。

390 :考える名無しさん:04/07/30 01:49
>>387
「須く」の用法間違っとる


391 :考える名無しさん:04/07/30 01:49
その仮説をどうやって証明するんだ

392 :考える名無しさん:04/07/30 01:50
じゃあ、やっぱり雷雲には雷さまがいたんだ!!


393 :考える名無しさん:04/07/30 01:51
このパソコンには意識があるんだな

394 :考える名無しさん:04/07/30 01:52
計算機スレと同じ流れになってるw

395 :ねんぶつ小僧:04/07/30 01:53
電気がながれたらって 電子が移動すればいいのか

なら 原子も意識があるってことかな?


眠たいから寝る!(メラトニンなんていわないからな!)  
 

396 :考える名無しさん:04/07/30 01:55
なんかもうどうでもいいわ。「電流が流れると意識が生まれるンダー」ってのが
このスレの結論でいいのか?

397 :考える名無しさん:04/07/30 01:56
しかし、電気(電子)自身にどこへ流れようとかいうモノ(意識)は無いのだから
流れるモノ(脳)の回路がやっぱ意識を作り出しているモノということになるのかな

398 :考える名無しさん:04/07/30 01:57
電気椅子に座った死刑囚は一瞬全身が意識となります。


399 :考える名無しさん:04/07/30 01:58
電気をどちらに流そうかとするモノ=意識???

400 :考える名無しさん:04/07/30 01:59
そりゃ脳みたいのを作って電流を流せば(?) 意識を持ってるっぽく
動くんだろうけどさ。ミニ四駆とどう違うのか。

401 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 02:01
>>396
お見事ですね。という事は
電気+-は宇宙全体ですから(電磁力は光子の相互作用)
この宇宙全体が意識(スクリーン)ですね。
見事に唯識の意識観を説明していただき、ありがとうございます。

402 :考える名無しさん:04/07/30 02:03
>>399
超科学的というか哲学的というか。

電気がどちらに流れるかはあらかじめ物理法則によって決定されてるとしたら
どちらかに流そうかとするってのもヘンな気がするが。

403 :考える名無しさん:04/07/30 02:03
日本語ヘンになった。まぁいいや

404 :ねんぶつ小僧:04/07/30 02:03
>流れるモノ(脳)の回路がやっぱ意識を作り出しているモノということになるのかな

回路も電子の流れでできてるじゃなか。

シャットダウンする前に一言

電気が流れると 意識が起きる というのは 西洋密教的にもいー線いってる。

電気は火のエレメントだ。 火のエレメントの主が支配するのはメンタル界 思考(物質)の世界だ。そこに私たちの魂や動物群魂の魂もいる。


 これが一つの答えだな。意外に簡単にここまできたな。じゃ 失礼する。

405 :考える名無しさん:04/07/30 02:04
クリトリスを刺激するミニローターにも意識があります。
まんこと同期して熱く燃え上がります。


406 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 02:05
>>399
それは意識ではなく、もっと深いレベルでの「作用」が関係しています。
ここからは「空間」よりも「時間」が主になってきます。

407 :考える名無しさん:04/07/30 02:07
人間の脳だけに、意識ができる独自の回路があるってことでいいの?

動物の脳もそうか?

脳がある生物だけ意識があるってことでいいのか?

408 :考える名無しさん:04/07/30 02:10
>>401
意識=スクリーンなの?
意識と表象を混同してない?

「希望および恐怖の感情はそれ自体では善ではあり得ない」
  ↑
この命題を表象できる?


409 :ねんぶつ小僧:04/07/30 02:11
鉱物もだ。 ねる。

410 :考える名無しさん:04/07/30 02:12
>>409
鉱物にはカイロがないジャン。

411 :考える名無しさん:04/07/30 02:15
となると、やっぱりねんぶつ小僧さんの言った感覚器官がミソかな

電卓で数字を入れてディスプレイを見る
答えは中でちゃんと計算されているが、もしディスプレイが壊れていた(無い)場合、
周りから見ればそれは計算機自体が動いてない(意識が無い?)ように見える

うーん、、、、
また寝てから考えよう

412 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 02:16
>>407
唯識の立場から言えば「No」です。
この宇宙全体が意識です。それを個々に享受しているだけです。
>>408
表象作用は「前五識」ですね。目を閉じても想像できるでしょう。(非現実的な事でさえ)
それは脳の働きに拠るものですね。音楽も聞こえます。


413 :考える名無しさん:04/07/30 02:20
まわりから見て意識があるかないか判断できないんだから、
永久にわかるわけがない。

自分の脳みそを実験台にするなら別だが

414 :考える名無しさん:04/07/30 02:22
他人の意識は理論体系的な枠組みでしか認識できないんだから、
電流が流れると、そこに意識が生じる
ってのが、体系に矛盾しなければ、それでいいんだよ。

415 :考える名無しさん:04/07/30 02:23
キリスト教の世界説明も矛盾しないから、それでいいんだよ。

416 :考える名無しさん:04/07/30 02:25
矛盾してるだろw

417 :考える名無しさん:04/07/30 02:25
>>412
意識はスクリーンなのか?スクリーン上の像なのか?
いずれにせよ、空間的な或るものとして考えていいものなのか?


418 :考える名無しさん:04/07/30 02:25
>>416
どこが?

419 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 02:25
>>413
時間が見えない事と同じように考えられては如何でしょう。
空間は認識しやすいですね。物が動いてるのは見えても
「時間」は見えないでしょう(むしろ「感じる」と言った方が的確かもしれませんね)

420 :考える名無しさん:04/07/30 02:27
理論体系に矛盾がなければそれが存在する、なわけはない。

意識の物理学的説明への還元など不可能。

421 :考える名無しさん:04/07/30 02:27
唯識論では意識はどう解釈されてるの?

422 :考える名無しさん:04/07/30 02:29
じゃ、他人の意識も存在しなくなるじゃん。>>420
矛盾がなければ、それを日常の中で繰り返し使われることにより、
実体を持ち、存在するようになる(存在するものとしてしか考えられなくなる)


423 :考える名無しさん:04/07/30 02:30
>>422
物理学的説明に還元できないものは「存在しない」のか?('Д`;)

424 :考える名無しさん:04/07/30 02:31
物理的還元とはまったく関係ない。

425 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 02:31
>>417
個々のレベルで言えば、言い方は適当でないかもしれませんが
「電源が入っている間」とでも言いましょうか。

426 :考える名無しさん:04/07/30 02:32
他人の意識が存在することと
電流が流れれば、そこに意識が存在することと
何か違いがあるの?

427 :考える名無しさん:04/07/30 02:33
じゃ俺は「ものには全て意識がある」ということにしよう。

428 :考える名無しさん:04/07/30 02:34
>>426 の追加
どちらも、論理体系や理論体系(自然法則等)に矛盾してないんだから、
そういうものとして、存在を認識できる。

429 :考える名無しさん:04/07/30 02:35
「物質には全て意識がある」も矛盾しないよね。人間の脳も物質だし。
そういうものとして意識を認識できるぞ。

430 :考える名無しさん:04/07/30 02:37
>>425
だからさー

「希望および恐怖の感情はそれ自体では善ではあり得ない」
  ↑
電源が入っている間、この命題がどういう「像」としてどういうスクリーンに浮かび上がるんだ?
「像」というのは、空間的な形があるんだよ?


431 :考える名無しさん:04/07/30 02:39
うん、矛盾はしないよ。
そこで、出来る限り、意識を持つものが少なくなるように
かつ日常の感覚と矛盾しないように
関係をつくると、
一番いい線なのが、
電流が流れると、そこに意識が生じる
ってことなんだ。

432 :考える名無しさん:04/07/30 02:40
水を差すようで(さっきから差してるが)あれなんだけど
電流が流れるとってことになると、ほとんど物質全てになると
おもう。電子の流れがあるところに意識アリ、なんだから。

433 :考える名無しさん:04/07/30 02:43
強い電流が流れないと、強い意識は生じないよw
しかも連続的に流れていないと、連続した意識は生じないよw

434 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/30 02:43
『フランケンシュタイン』みたい。

435 :考える名無しさん:04/07/30 02:44
ふつうなら、意識を持つものを探していってその共通点を導き出して
こうこうなら意識が生ずるんじゃないか、と仮説も立てたいところなんだが

なんせ、どの程度の生物までなら意識があるのか分からんからな。
細菌はないとして、両生類はあるとしても、虫〜微生物の間はどうなのかとか

436 :考える名無しさん:04/07/30 02:45
なるほど、変電所には強烈な意識があるんですな。

437 :考える名無しさん:04/07/30 02:46
交流だから、連続した意識はないねw

438 :考える名無しさん:04/07/30 02:47
「強い」ってどの程度なんだ?「連続的」ってどのくらいの時間だ?

439 :考える名無しさん:04/07/30 02:48
変電所の交流の周波数はかなり高い(周期が短い)だろうから、
ほとんど、一瞬のスパークした意識しかないよ。たぶん。

440 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 02:48
>>430
前五識(脳)の力で意識に投影してます。
意識という空間に。
「像」についてですがそれ自体に何の実体も無い事は了解していただけると思います。
テレビのブラウン管もそうですね。像を創り出す源は像そのものではなく
単に「励起された電子」ですから。これと脳がしている事は、ほぼ同じでしょう。
それでは希望させる、恐怖させる根源は?
それが個々を区別する(させる)末那識の作用です。個々の電源と言っても良いでしょうか。


441 :考える名無しさん:04/07/30 02:51
>>440
意識は空間的なものなの?
体積はどれくらい?質量は?
もちろん質量保存の法則に従うんだよね?
やっぱり魂は重力に引かれるの?



442 :考える名無しさん:04/07/30 02:51
まぁ、弱かったら弱い意識があるんだから、ものすべてに意識があるって結論は正しい。

443 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 02:54
>>441
あまりに核心を突かれるご質問で正直驚きと共に
困惑しています。書くべきか書かざるべきか。
すみません。保留にさせていただけませんか?

444 :考える名無しさん:04/07/30 02:56
ものにはすべて、意識があるとおもうよ、ほんとに。
だって、人間の意識が普通の物質の作用で出来ているんなら、
すべての物質は意識があるっていうのは自然な考えじゃん。

445 :考える名無しさん:04/07/30 02:57
>>442
弱い意識と強い意識があるの?
どうやって強弱を量るの? 意識計とか作れるかな?
単位は何にしようか?


446 :考える名無しさん:04/07/30 02:57
>>445 人間も寝ているときはほとんど意識がないじゃん。

447 :442:04/07/30 02:58
>>445
漏れに聞かれても困る。433でそういう尺度が加わった。

448 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/30 02:58
>>442 >>444
機械君のレスでは「物質とは何か」が曖昧だったけど、
こうなると、「意識とは何か」が問題だなぁ。

449 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/30 03:05
「意識」を定義しよう。たとえば、
「しまった! いま何時だ? と叫ぼうとするもの」
とか、どうでしょう。

450 :442:04/07/30 03:05
汎神論に至って大団円。スピノザ的結論でこのスレも20で終わりか。

451 :考える名無しさん:04/07/30 03:10
神なんていかなるレベルでも確認されてないって誰かが書いてましたよ。

452 :考える名無しさん:04/07/30 03:11
>>449 そんな感じだと思うけど、定義としては弱くない?

453 :442:04/07/30 03:12
>>451
もの全部に意識があるってんだから、似たようなもんでしょ。

454 :考える名無しさん:04/07/30 03:13
スピノザの神は「これ」と指差すように指示できるもんではないから。


455 :442:04/07/30 03:14
同じとは言ってないよ。まスピノザは確かに違うか

456 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/07/30 03:17
>>452
気の利いたジョークのつもりで書き込んでしまいました。
すみませんでした…。

457 :考える名無しさん:04/07/30 03:21
AntiATフィールドでどうかな

458 :考える名無しさん:04/07/30 03:51
ていうか意識っていう言葉がそもそも
「人間は動物と違う、物を考えたりできるし、感情もある
だからそこには魂や意識といったものがある」という感じで生まれてきたんじゃ

空気が燃えるのは燃素(火がおこるのに必要な成分)があるからだ っていうのも
空気が燃えるのは酸素があるからだ っていうのも因果関係を考えている点ではかわらないよね

一般に「人が意識をもっている」というときの人と意識の関係は前者のような関係であって
それを>>1のような形でわざわざ否定するのはそもそもおかしくなかろーか。



459 :考える名無しさん:04/07/30 08:03
ループ村が復活したようですねw

460 :考える名無しさん:04/07/30 10:41
超ひも理論を知って意識がこれで説明できたとか思い込んだオサンが
適当に立てたのがこのスレだろ。そらループするわ

461 :考える名無しさん:04/07/30 13:40
多分もうこの論は出ちゃってると思うけど、
意識ってのは空間を占める物体じゃないから、
完全な定義はないと思う
これは魂の定義と同じ(つーか同じもの?)

だから、意識は脳に電気が通ったときの副産物と考えちゃっていいのかな?

462 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/30 14:25
>>441さんへ
>体積はどれくらい?質量は?
>もちろん質量保存の法則に従うんだよね?
個々に於いてはあらゆる値をとるでしょう。
全体としては無限大でしょう。時間に終わりが無いように。(というより終わりが無いと仮定したら)
あくまでも個々に「与えられている」のであって絶対的なものではありません。
個々の理由は何度も書いていますが意識よりも深層レベルです。


463 :ねんぶつ小僧:04/07/30 18:51
なんか 混乱してないかい。

意識にも 普遍的意識から イニシエーターの意識、自我のともなった人間の覚醒意識、自我意識のない動物の意識、植物の眠れる意識、鉱物意識 と段階があります。

鉱物、電気の流れを基準にしたとして、たとえば水素原子に意識があるかと考えるなら、電子は周回してるからあるとえる。
水素原子は感覚器官があるかととえば  他の原子の衝突に抵抗しているものがそれじゃないか? それは周回電子なんだろうけれど。
水素原子は今俺にぶっかった?とはいわないかもしれないが 水素原子としての意識があり水素も環境の刺激をうけることで経験値を高めているのではないか?



464 :考える名無しさん:04/07/30 19:02
脳は物質だと考えているのは脳である。

465 :ねんぶつ小僧:04/07/30 19:12
>464

ふはは。いいかえてみよう。
 
脳という電子の高度の組織体は電子が周回する原子などからななると考えているのは電気である。

466 :鹿馬:04/07/30 19:32
馬の耳に念仏

467 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/07/31 02:03
今晩は誰も居ないですね。

468 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/31 10:33
あつはなついにゃぁ

469 :考える名無しさん:04/07/31 13:38
スレ主が戻ってきたようだ
意外な流れの反応はいかに

470 :('A`):04/07/31 14:20
うんこ

471 :考える名無しさん:04/07/31 15:07
>>463
だいぶオカルトにやられてるね・・かわいそうに・・

472 :考える名無しさん:04/07/31 15:15
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1080455225/

ここの88=513は機械=ぴかぁ〜さんですよね

473 :考える名無しさん:04/07/31 15:24
>472
おまえ、頭いいな

474 :考える名無しさん:04/07/31 15:49
最近機械タン元気ないね

475 :考える名無しさん:04/07/31 15:51
機械タンエヴァ好きでしょ?

476 :考える名無しさん:04/07/31 18:17
アホを晒しすぎてこのスレにいられなくなり、セックスとか計算機とか
別スレに逃げはじめた機械タン・・・

477 :考える名無しさん:04/07/31 18:25
機械に恋をしてしまい
どの人をみても機械に見えてしまう
乙女がいる

478 :考える名無しさん:04/07/31 18:26
というか俺にはマジで名無しだと区別がつかない。

479 :ねんぶつ小僧:04/07/31 19:50
私は 攻殻機動隊とか 好きなんだけど。

電脳とか エヴァンゲリオンとか 内蔵と機械が絡みあってるのが
好きな人が多いんでないかな? σ(*^д^*)σ

480 :ねんぶつ小僧:04/07/31 19:52
正直いってみなさい きみたち!

481 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/31 20:30
攻殻よりオリオンを映像化するべきにゃ

482 :ねんぶつ小僧:04/07/31 20:34
>481
オリオンも好きだが オカルトよりなので… ここにはなじまない

483 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/31 20:36
攻殻2は結構アレにゃが

484 :ねんぶつ小僧:04/07/31 20:54
そうきたか! それはラストにおいてだよ。
まったくにオカルト性を省くとおもしろくないザマス!

485 :ねんぶつ小僧:04/07/31 20:56
しかし、人形使いは生命体か というなら このスレになじむ

486 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/31 21:21
コピーしか残せない不死のAIのままでは生命体として不完全であり
多様な変種を残す機能を得るためプロポーズした
という流れだった気がするにゃ

487 :考える名無しさん:04/07/31 21:27
アニ話は別板で

488 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/31 21:31

正直すまなかったにゃ
電脳ネタを思い出したので下のスレに貼っておくにゃ


http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1078298486/

489 :ねんぶつ小僧:04/07/31 21:32
人形使いの流れに乗りたい誘惑に駆られるが、グッとこらえて…

最近の映画 「AI」 の主人公のようなものは意識があるといえるか?
こんなのは外面的には人間である。スレ主の考えでは彼も人間ということになるんではないか?

490 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/07/31 21:41
実は猫は哲学的ゾンビにゃ

491 :ねんぶつ小僧:04/07/31 23:47
あーちょっとすいません。

>>89 読みかえした。

 脳即機能 すなわち 脳即意識 というのが 「機械的唯物論」者 の 主張ではなかった?

 また 総合クオリアなるものが 「自我意識をもたない脳を有する生き物」がもっていいのかい?
 「総合クオリア」を定義してくれ。機械殿!

492 :考える名無しさん:04/08/01 01:15
ずっと前から言っていることだが、クオリアについての話はおもしろいので、
ぜひ機械タンのクオリア理解を展開してくれ。だれそれがこう言っているという
のではなくて、機械タンはクオリアをこう理解しているというもの。茂木説とか、
アメリカのだれそれがこう言っているというのではなくて、(それは権威主義
なんだろ?)機械タンが理解するところを聞きたいのだ。期待してるぞ。

493 :考える名無しさん:04/08/01 01:28
>>479-480 ねんぶつ小僧かわいいね

494 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/01 01:31
「へ」と「の」と「も」のクオリアを統合すると



     へ  へ
     の  の
       も
       へ



のクオリアになる  にゃ


495 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/01 01:40
   また…      
        ( ゚Д゚)
        (| y |)


エッチとエロでは単なるスケベなクオリアにゃが・・・
     
       H. ( ゚Д゚)  ERO
       \/| y |\/


    二つを統合すればヒーローのクオリアになるにゃ!!

        .( ゚Д゚)  HERO
        (\/\/

496 :考える名無しさん:04/08/01 01:46
えっちとえろのクオリアは自分でもわかるんだけど
へ とか の とか ヒーロー ってクオリアはよくわからん

497 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/01 01:52
ホストさん、湯治から帰られたんですね。

498 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/01 01:56
感覚的にはモニタの点々のパターンにゃが
志向的には人それぞれにゃ
音読するとまた違った質感が得られるにゃ

ちなみに猫の志向的クオリアを無理やり言語化すると

へ→ 82 D6
の→ 82 CC
ヒーロー→ 83 71 81 5B 83 8D 81 5B



にゃ

499 :考える名無しさん:04/08/01 01:57
機械的唯物論 vs 唯識 vs フッサール現象学まだー

500 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/01 02:17
>>498
16進数のようにこれらを「実行する」のは「前五識」(脳)
「実行させる大元」は「末那識」です。(自動実行で外部からの介入はまず不可能)
脳が休んでいても、末那識はバックグラウンドで稼動中です。

501 :ねんぶつ小僧:04/08/01 02:20
http://cgi.biwa.ne.jp/~isamu-m/Husserl-Theo.html 前のほうよんでました。ちょっと疲れた。

唯識さん。

各種の識 と その 説明のリスト 出してくれない リンクでもいいです。

502 :考える名無しさん:04/08/01 02:29
ねんぶつ小僧がフサール役?

機械タソは機械的唯物論+クオリアということで・・・

503 :考える名無しさん:04/08/01 02:33
「山」を見たときのクオリアと「mountain」を見たときのクオリアと実際の山を見たときのクオリアは
異なるんですか?


504 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/01 02:37
すみません。sageてなかったですね。
ねんぶつ小僧さん
あまりに多岐に亘るのでWebで検索しても山の様に掛かります。
とりあえず基本的なキーワードは「唯識」「八識」「偏計所執性・依他起性・円成実性(三性)」です。
これらを元にさらに検索すると、もうキリがないです。
これらと相互に関係している「中観(空)」も併せて学ばないと理解は難しいです。
ただ同じような単語がどこにでもでてきます。
根本は仏教という「宗教」ですから経典に拠る処がほとんどです。
哲学スレで恐縮ですが「経(経典そのもの)・論(いわゆる哲学)・律(要は戒律、掟)」
これらを「三蔵」というのですが究極てきにはどれが欠けても
「宗教」としての仏教は成り立たないそうなので。

505 :考える名無しさん:04/08/01 02:44
>>504
唯識では、西洋哲学でいう「主客問題」はどうなっていますか?
独我論に近い?

506 :ねんぶつ小僧:04/08/01 02:51
クオリア…

  これは触覚がつきまとっていませんか?
 
  対象にかならずふれている感覚があります。

507 :考える名無しさん:04/08/01 02:56
>>506
五感すべてにあるんじゃない?

508 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/01 02:56
>>503
「山」のクオリア・「Mountain」のクオリア
そして実際の「山」のクオリア。
同じ山でも「見る人によって(言葉によって)変わる」
その理由が「末那識」なんですね。ある意味フィルタリングとでも言いますか。
>>505
最初は主客から入りますが、それらを全て完全に否定して、
究極的には「個=全体」という考えです。相対の対語である「絶対」はありません。

509 :考える名無しさん:04/08/01 03:01
>>508
ありがと。てことはやっぱり現象学に近そうだね。

510 :ねんぶつ小僧:04/08/01 03:05
>507
あるよ。これは対象に部分的に同一化していると かんがえております。

511 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/01 03:10
>>509
宗教臭い話で申し訳ありませんが
元々「自分と他人或いは、自分と世界」との関係を
宗教的な力で会得したインドの先達が構築された理論ですから。

512 :ねんぶつ小僧:04/08/01 03:12
>508
しかし 絶対 なくして 相対 なし は 真でしょ?

513 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/01 03:20
>>508
仏教では単に「空」という一言なのですが。
言葉では限界がありますね。
これらの思想は「唯識」とはまた別のルートですので。
哲学スレなのでこれ以上は遠慮します。先程のWebで検索すれば
それらの事もかなり分かりますよ。

514 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/01 03:21
>>513
レスアンカーミス>>512

515 :ねんぶつ小僧:04/08/01 03:39
八識の わたしなりのまとめ

六識 五感にたいするクオリア(質感覚)
意識 顕在意識
末刹識 潜在意識、本能意識、衝動のレベルでの人間集合意識
阿羅耶識 肉体に属する意識内の個我、三界内の人間の統合意識、一転生分のカルマの構成体







516 :ねんぶつ小僧:04/08/01 03:42
>513
「空」は 

 有でも無でもないもの、エネルギーそのもの 

と理解していますが。


517 :ねんぶつ小僧:04/08/01 04:00
訂正

>阿羅耶識 肉体に属する意識内の個我、三界内の人間の統合意識、一転生分のカルマの構成体

 一転生分のカルマの構成体 => 転生主体のカルマの構成体

 なぜなら 現在の転生はおおむね過去の転生の結果だから。
 わたしは 今のところ 転生の主体を あらやしき の上に置いております。

 わたしは 2ch専用ブラウザないから 過去ログみれないんだよ。

 
 
 機械論者氏 は クオリアをニューロンの発火現象そのものだ とか そういう考えをするはずなんだが…
 そういう説明はもうしたのかな? どーなん?

518 :考える名無しさん:04/08/01 04:23
>>508
>「山」のクオリア・「Mountain」のクオリア
>そして実際の「山」のクオリア。
>同じ山でも「見る人によって(言葉によって)変わる」

個々人の捉え方によっていちいち変わってたら、言葉あるいは概念の伝達は不可能ですね。
地図はどうやって作成しましょう? 

>>509
どこが現象学に近い? フッサール読んでこい。


519 :考える名無しさん:04/08/01 06:53
>>518
全レス読まずにカキコ。
見る人によって「変わる」のではないよ。
クオリアは言葉や概念では説明できない(数量化できない)ような
個人が感じる「質感」のことだから、「私」が感じる「山」の質感と「あなた」
の感じる「山」の質感は、同じなのか違うのか比較が不可能ということ。
生まれつきの盲人に「赤色」のクオリアとはどういうものか「伝達」できないでしょ。
赤の光の波長は610〜750nmだと説明したところで「私」が感じている赤の質感
そのものは決して伝わらない。(ま、相手が視覚健常者でも同じだけど)

520 :考える名無しさん:04/08/01 09:01
日本人にとっての山は富士山
アメリカンにはロッキー山脈

521 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/01 09:20
よーおーふくーの あおやまー

522 :ねんぶつ小僧:04/08/01 12:04
抜粋
>フッサールでは、認識主観が「対象の存在さえも、志向性の意味構成的能作によって構成してしまう」
うーんなかなかのものだ。

万物は思考[質](非物質的な思考素材)によって造られている。思考によって造られているからこそ思考の対象になることができる。
思考を認識する主体(魂、霊的自我、思考者)が光を発する。その光が反射されもどってくることによって認識が生ずる。
認識する主体が限定された自分の姿に出会うことによって認識が生ずるのだ。オカルト的観点からいえば知覚器官とは自分を写す鏡なのだ。

肉眼による対象は可視光線によって明らか二される。太陽が人間の魂の役割を物質レベルで引き受けているのである。
人間はまだ進化の途中なのである。もちろん太陽の魂と人間の魂と密接な関係にある。太陽は人間の自我の付与した存在といわれる。

唯物論者は原子など微小の粒子のようなものにであうと原因の究明をやめてしまう人たちであろうと思う。
ところで物理法則というものも物体ではなく考え(思考)である。




523 :考える名無しさん:04/08/01 12:35
>唯物論者は原子など微小の粒子のようなものにであうと原因の究明をやめてしまう人たちであろうと思う。
>ところで物理法則というものも物体ではなく考え(思考)である。

笑わせてくれるね

524 :考える名無しさん:04/08/01 13:09
問・523が笑った理由を400文字以上で説明しなさい          (20点)

525 :考える名無しさん:04/08/01 14:07
>>522
極めて分かり辛い内容である。
要点をまとめて書き込むように。採点結果(-19点)

526 :考える名無しさん:04/08/01 16:41
>>522
>万物は思考[質](非物質的な思考素材)によって造られている。
>思考によって造られているからこそ思考の対象になることができる。

頭大丈夫? 日産の車は日産の社員が思考するとポンッと目の前に現れるんですか?
人間が認識することをやめると太陽の存在は消えてなくなるんですか?

機械の観念論批判は箸にも棒にもかからないレベルだが、あんたの観念論もキチガイじみている。


527 :考える名無しさん:04/08/01 16:48
>>524
おかしい人におかしさを説明するのって、多分、無理。

528 :考える名無しさん:04/08/01 16:50
>>533
おかしい人におかしさを説明することは、多分、無理。

529 :ねんぶつ小僧:04/08/01 17:44

>日産の車は日産の社員が思考するとポンッと目の前に現れるんですか?
>人間が認識することをやめると太陽の存在は消えてなくなるんですか?


人間の場合、車について考えて、あらわれるのは車の思考内容、製造しようとしたら車ができるんだろう。
少なくとも車の設計をしなければ車は走らないのではないかな。
 思考してすぐにモノが出現するかどうかは思考者の力量にかかっている。
その際は思考者の知性の程度や意志力が考慮に入れられ泣けばならない。

太陽を目がみなかったら太陽が見えないだけだ。どうして太陽が消えてなくなると言うんでしょうか。
太陽の魂がを太陽自身を認識しているのではないか?

そうだ。常識からみればキチガイじみている。だから不用意に宗教やオカルトに手を出すんじゃないぞ。
哲学も宗教やオカルトの狂気から自分をまもるためには必要なものだ。でも箸にも棒にもかかっているのかな?


530 :考える名無しさん:04/08/01 17:59
>>529
「書き込む」をクリックする前にもう一度推敲しましょう

531 :ねんぶつ小僧:04/08/01 18:15
>530

 そうします。 フッサールにしても ものにするのは 時間かかります。
 フッサール役だれかやってください。

532 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/01 18:21
ポールを呼び出すにゃ

533 :考える名無しさん:04/08/01 20:23
無理解も問題かもしれんが、叩いてるだけじゃ始まるまいよ。。。。

534 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/01 20:58
チンポ太郎という大先生を召還するのも楽しそうにゃ



大先生が今から君達に哲学を教えます。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1090801948/

535 :考える名無しさん:04/08/01 20:59
つまんね

536 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/01 21:09
ガックシ

537 :考える名無しさん:04/08/01 21:11
いいか、みんな
        (゚д゚ )
        (| y |)


      ( ゚    д    ゚)
       \/| y |\/


         д ( ゚ ゚) 
        (\/\/


なんでもない
        (゚д゚ )
        (| y |)

538 :考える名無しさん:04/08/02 00:20
このスレはもう…終わった…

539 :考える名無しさん:04/08/02 09:00
>>538
機械は死なず。ただ朽ち果てるのみ。

とはいえ、機械タンはしぶといやつだ。このまま終わるとは思えないぞw

540 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/02 09:21
次世代機にバージョンうpもするにゃ

541 :考える名無しさん:04/08/02 10:13
テメーの哲学と反対の生活してんじゃねーよ腐れ堕落者が。>ショーペン
うっせーキモオタ童貞。おまえつまんねーんだよ餓鬼が。>カント
ダチまで道連れにして死んでんじゃねーよ。一人で逝けハゲ。>フーコー
仮病使って学校休んでんじゃねーよボケ。>デカルト
最後になって本音漏らしてんじゃねーよ、ジジイ。 >ソクラテス
自分だけ正当化しようとしてんなメガネ。テニュア取ろうとしてんの丸出しだろーが、イカレ。 >リオタール
コメディアンになっとけば良かっただろーが。いちいち本だすなブサイク。 >キルケゴール
発狂する直前になって変な愛みせてんじゃねーよ。号泣しろクサレ。 >ニーチェ
いちいち俺の言うこと聞きいれんな。帰って寝ろ。そのまま死ね >ALL
うぜー、書いてんじゃねーよ。 市ね。 >オレ
いちいち存在してんじゃねーよ。つーか俺等生かしてんじゃねー。はやく殺れよ、ノロマ。意気地無しが >地球
何がしてーんだかよくわからん。はやく終われよ。殺すぞボケ。 >宇宙
オメーら全員死ね。いちいちコミュんなガキ共。ドス黒が。
いちいち構ってくんな、低俗人が。自殺しろ。
待ってんじゃねーよ。早く逝け。今すぐ逝け。
泣け、号泣しろ。オメーの脳内のこといちいち語んじゃねー。
集団自殺しろ、堕落しろよ。クソ


542 :考える名無しさん:04/08/02 20:08
>>541
悩みがあるなら機械タンに聞いてもらえ。
機械タンは逃亡のプロフェッショナルだから。

543 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/02 23:09
>>541
フロイト系が抜けていますね。
「自己精神分析」系としては、ロロ・メイ、フランクル、「何のための豊かさを書いたヒト(忘れた)」
マスロー、「文学系」ではJDサリンジャー、ヘルマンヘッセの「荒野の狼」以降、
社会学系で、最近では「抵抗の快楽」を書いたジョン・フィスクはどうなのでしょう?

544 :考える名無しさん:04/08/02 23:10
>>543
中にALLも入ってるからフロイトもヘーゲル左派も入ってると思うぞ

545 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/02 23:26
>>544
ALLで、「言い尽くしている」というか「過去のあらゆるエクリチュールの点検は終わっている」
ということ「あり得ない」でしょう?
(追加)「遊びと人間」を書いた、ロジェ・カオヨワをお読みになりましたか?

546 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/02 23:27
オールアバウトナムコなら読んだにゃ

547 :考える名無しさん:04/08/02 23:30
ナムコ?

548 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/02 23:48
>>497
>ホストさん、湯治から帰られたんですね。

さっき、沖縄から帰りました。「Z岬ロイヤルホテル」では偶然にも、
「本日は全室満室なので、スイートを用意させて頂きました」と言われて、
行ってみたら、全部で200u、寝室2個、ダブルベッド4個、浴室2個、
トイレ3個の「本物のスイート」でした。「個人ツアー」で行ったので、
全4泊の1泊(スイート)分で、「2人分の料金」であるはずです。
「資本主義経済」における「価格の形成」が「需要と供給の関係」(のみ)で決まる
という「実体験」でした。


549 :考える名無しさん:04/08/02 23:49
機械タンもドラクエVで並んだ口ですか?

550 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/02 23:53
>>549
そういうので「並んだ」経験はありません。
「1週間後に買うことができるモノ」の「交換価値」はたかが1週間しか持続しない
わけですから、「1時間並ぶ」価値も見出せません。
 もっとも「時間を(無為に)潰す」ことが「緊急の課題」になっている、
「神経症患者」には「意味がある」のかもしれませんが・・


551 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/02 23:55
>549
兄が買ってたにゃぁ

552 :考える名無しさん:04/08/03 00:20
機械自演ショー まだやるの?


553 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/03 00:25
>>519
>生まれつきの盲人に「赤色」のクオリアとはどういうものか「伝達」できないでしょ。

確かにそうですが、生まれ付きの盲人ではない健常者でも、「同じこと」であるのが、
旧来の「観念」という「概念」が、「クオリア」との根本的「違い」です。

554 :考える名無しさん:04/08/03 00:29
そもそも観念やクオリアを「伝達する」とはどういう意味だ。
純粋に物質的に説明せよ。脳内で震動する超ひもwがどうなると
観念が伝達されるのだ。

555 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/03 00:29
>>551
「猫」さんは「何故かしつこくフォローレス」してくれますが、
根本的「脱力」は「反論する気が起きない」レスしかしてくれないことです。

556 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 00:32
論じゃにゃいもん

557 :考える名無しさん:04/08/03 00:32
>>548
残○岬ロイヤルホテルにそんなスイートは存在しません。

http://www.daiwaresort.co.jp/okinawa/sis_stay.html

558 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/03 00:34
>>554
人類の個体と補完の人類の個体の「情報伝達手段」は、
旧来「エクリチュールとパロール」でした。
「書き言葉と話し言葉」ということですが、「(ビデオ)映像による」
あるいは「メール(というディジタル通信手段による)」という別の要素(技術)
が加わることにより、「人間関係」「コミュニティ」「仲間意識」がどう変化するのか?
それは、「社会学」が既に「予測不可能」を宣言した領域です。

559 :死ぬまで後30億秒程:04/08/03 00:35
 こんにちは。初心者でこれまでの流れをほとんど見ていないので恐縮なのですが、興味
ある内容なので不定期参加させてください。
 脈絡がないですが「生命(DNA)は宇宙を流れる」という本の「原始地球の生命は彗星に乗ってやってきた」
という説をどう思いますか?
あと、機械さんはいわゆる「超能力」や「霊能力」etcについては懐疑的な方(ほう)
なのでしょうか?


560 :考える名無しさん:04/08/03 00:38
>>559
機械の新しいキャラか?


完璧なスレ違い。板違い。

氏ね


561 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 00:38
半年ROMれ    にゃ

562 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/03 00:42
盛り上がってますね。

563 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/03 00:44
>>559
> 脈絡がないですが「生命(DNA)は宇宙を流れる」という本の「原始地球の生命は彗星に乗ってやってきた」
>という説をどう思いますか?

 「DNAそのもの」が「彗星や隕石」で地球にもたらされたのではなく、「アミノ酸」(有機物)がもたらされた
ということだと思います。「(地球という「揺りかご」で高度に複雑化したアミノ酸」が「タンパク質]を形成する
までに、あまり多くの時間は必要なかったと思います。
 その「タンパク質]の「塊」が、「人類という生物([脳]や「意識]付き)であることは、
間違いありません。

あと、機械さんはいわゆる「超能力」や「霊能力」etcについては懐疑的な方(ほう)
なのでしょうか?


564 :考える名無しさん:04/08/03 00:46
>>558
全然答えになってねーだろw。
クオリアのクの字もねーじゃねーか。
まあいつものことだが。

565 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/03 00:49
>あと、機械さんはいわゆる「超能力」や「霊能力」etcについては懐疑的な方(ほう)
>なのでしょうか?
懐疑的です。ユリ・ゲラーが、目の前で分厚いシリンダー錠の鍵を、
「くにゃくにゃに曲げた」のを「確かに見た」記憶はありますが、
それ以降見た「ミスターマリックの『手品』には及ばないことが、結構「痛い」ですね。

566 :考える名無しさん:04/08/03 00:49
クオリアについては相変わらず説明なしか

あと、機械さんはいわゆる「超能力」や「霊能力」etcについては懐疑的な方(ほう)
なのでしょうか?


567 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/03 00:51
疲れているので、寝させて頂きます。

568 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 00:52
にくきゅーぱわー 

569 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/03 00:52
DNAが出てきましたが
これは>>500で書きました「自動実行プログラム」ですね。
生命体に於いてはDNAですが、もっと別のプログラムもあるようです。

570 :考える名無しさん:04/08/03 00:53
もうツッコミ入れる気も起こらんな・・・

571 :考える名無しさん:04/08/03 00:54
おい。誰かコソコソしてやれよ・・・

572 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 00:55
昔DHA配合食品がブームだったころ
DNA配合ドリンクというのを見かけてズッコケタ記憶があるにゃ

573 :考える名無しさん:04/08/03 00:56
>>558
>人類の個体と補完の人類の個体の「情報伝達手段」は、

「補完の人類の個体」? 何それ? 機械タン、エヴァヲタなの?


574 :考える名無しさん:04/08/03 01:27
「人類補完計画」
そのうち「MAGI」が出てくるかも

575 :考える名無しさん:04/08/03 02:42
機械タンはガダマーをどう思うの?

576 :考える名無しさん:04/08/03 03:05

A「機械タンは***をどう思うの?」
機械「私に言わせれば***は***ですね。所詮は****に過ぎないということです」
B「(゚Д゚)ハァ?  読んでねーくせにしったかしてんじゃねーよ」
C「新しい教科書はどうなった?」
機械「寝ます」
自演機械「@hje+[8=4N{&%~k,_wこ\!じ*en`@」

(以下繰り返し)

***********************************************************************
つまんね。


577 :考える名無しさん:04/08/03 03:15
いや、やけに時代を気にするからさ(カントは江戸時代とか)
割と新しい時代の哲学者なら評価すんのかなと思って。

578 :考える名無しさん:04/08/03 03:44
>>577
機械タンは80年代ニューアカブームのころにもてはやされた一部の思想家の「さわり」を
知ってるに過ぎないよ。 言葉の端々にそういう年代の匂いを忍ばせてる。
ここにきてやってることはピカと変わらない。
古典も現代思想の原典も読んでない奴が哲板でヘゲモニーを目指すには手っ取り早い手なんだろうが
いかんせん、知識量・思考力は貧者、振る舞い亜は傍若無人なので誰からも信用されず鬱憤は
たまるばかり。


579 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 08:12
権力への意志だにゃぁ

580 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/03 09:40
>>557
存在するんですよ。大学の「ホテル学」(日本大学が有名)で、一度ご勉強されることを
お薦めします。
「スイート中のスイートルーム」を一般人に「メニュー」として公開するホテルは、
要するに「2流以下のホテル」ということになります。このホテルはそうではありません。


581 :考える名無しさん:04/08/03 09:53
地位・名誉・学歴・学識

これらがどういうものかを知るのは簡単。
身に着けるのは難儀

そうだよだあ 機械タン


582 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 10:03
んーむ 猫にはどれもにゃぁで

583 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 10:12
地位・名誉・四十八手・学歴・真理・学識

レアアイテムを全てコンプリートしたくにゃるのは
やりこみげーまーの性かにゃぁ

ぶーんぶーん

584 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 10:22
にくちゃんねるで過去ログをチェック中 にゃ

585 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 10:38
初代>>1のレスはシンプルだったにゃぁ・・・


  >1 名前: 「機械的唯物論」者 03/06/18 23:47
  >唯物論=ただものろんが21世紀に「最終真理」であることが判ってしまったよ。

  >俺らの意識は「複雑な細胞コンピュタが見る夢」にすぎない。

586 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 10:51
その2と3はちょっと増えただけにゃが・・・


  >1 名前: 「機械的唯物論」者 03/06/28 00:44

  >唯物論=ただものろんこそが21世紀に「最終真理」であることが判ってしまいました。

  >我々の意識は「複雑な脳細胞コンピュータが見る夢」にすぎないということです。

  >その『真理』が不愉快である「意識」さん達はスレの中を見ないようお薦めします。


587 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 10:52
4になるときゅうに 要点どドんっ にゃ


>1 名前: 「機械的唯物論」者 03/07/04 12:11
>
>  唯物論=ただものろん 及びその「必然的帰結」である『決定論』が
> この21世紀にとうとう「最終真理」であることが判ってしまいました。
>我々の意識は『複雑なヒト脳細胞コンピュータが見る夢(5感+内観クオリアの集積)』
>にすぎないということです。
> その『真理』が不愉快である観念論者〔『意思の自由』又は『実存』を前提にしか
>「考え始める」ことさえ出来ない「意識」〕さん達はスレの中を見ないようお薦めします。
>
> 陽子・中性子・電子で構成される「分子」で構成される「無機物」の化合から始まる
>「この宇宙」内の物質の必然的「進化」の最終(最新)段階である有機物:
> 複雑なアミノ酸⇒アミノ酸に結晶化されたウィルス⇒再合成されたウィルス⇒原生生物
>のどこに「生物」「無生物」の境界線を引くのか?
> 「物質の進化」におけるさらなる上位・・・・単細胞藻類⇒植物、真核単細胞生物、菌
>類、細菌類、海綿動物、線形動物、軟体動物、環形動物、節足動物、棘皮動物、原索動物、
>脊椎動物【魚類、両生類、爬虫類、鳥類、有袋類、色々な哺乳類⇒類人猿】 のどこから
>「内感or内観」=「意識の原型」を認めることが出来るのか?
> 人間の『脳』に宿る『意識』だけが「神に選ばれた」かのごとく『特別な存在』である
>とみなす理由・権利はあるのか?
>     「観念論的先入観」を一度「アポケー」してみて下さい。

588 :考える名無しさん:04/08/03 11:55

A「機械タンは***をどう思うの?」
機械「私に言わせれば***は***ですね。所詮は****に過ぎないということです」
B「(゚Д゚)ハァ?  読んでねーくせにしったかしてんじゃねーよ」
C「新しい教科書はどうなった?」
機械「寝ます」
自演機械「@hje+[8=4N{&%~k,_wこ\!じ*en`@」

(以下繰り返し)

***********************************************************************
つまんね。



589 :考える名無しさん:04/08/03 12:14
>>587
あひゃ

機械タンは現象学の Epoche を「アポケー」と覚えていたのか

恥ずかしすぎる過去だにゃ


590 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 12:19
むしろエポック社と読みたくなるにゃ

591 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 12:26
どうでもいいことにゃが
過去ログ眺めていて
 2 3 4 5 6 だけ
スレタイが『脳は』ではなく
『脳も』なのが気になったにゃ



592 :考える名無しさん:04/08/03 12:32
機械は唯物論を意識的に「タダモノ論」と書いてるね。

その彼の立場からすれば、クオリアという物質が絶対にあると考えていたはず。


593 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 12:33
せっかくだからテンプレにないURLを貼っておくにゃ


脳は物質だから意識も「必然」にすぎない
http://makimo.to/2ch/academy2_philo/1055/1055947648.html

脳も「物質」だから意識も「必然」にすぎない2
http://makimo.to/2ch/academy2_philo/1056/1056271159.html

脳も「物質」だから意識も「必然」にすぎない 3
http://makimo.to/2ch/academy2_philo/1056/1056728645.html

脳も「物質」だから意識も「必然」にすぎない 4
http://makimo.to/2ch/academy2_philo/1057/1057288280.html

29ch - 脳も「物質」だから意識も「必然にすぎない 5
http://makimo.to/2ch/academy2_philo/1057/1057757197.html

29ch - 脳も「物質」だから意識も「必然にすぎない 6
http://makimo.to/2ch/academy2_philo/1058/1058881772.html


にくちゃんねる 過去ログ墓場
http://makimo.to/2ch/

594 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 12:44
物質というのは物に質感=クオリアを加えたものにゃ

595 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 12:57
いや、違うか

596 :考える名無しさん:04/08/03 15:31
本も読めない・先駆者の知を少しも得ようとしないような
無能なアマチュアが哲学を語ろうとするから
機械みたいなのがまかり通ってしまう。

597 :考える名無しさん:04/08/03 15:32
>>596
ねえ、まかり通ってないよ。

598 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 16:38
うん通っていないにゃ

599 :ねんぶつ(はなたれ)小僧:04/08/03 18:59
クオリア...・・・個体性と個体的意識を有する生命体の知覚器官の反応に依存するさまざまな接触感覚 

でどうかな?

600 :考える名無しさん:04/08/03 19:06
神経伝達物質

601 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/03 19:26
こんばんわ。

602 :考える名無しさん:04/08/03 19:32
さようなら

603 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 19:38
ごちそうさまにゃ

604 :はなたれ念仏小僧:04/08/03 19:51
普通に言う 顕在意識もひとつのクオリア集合体だよね。

605 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 19:57
一番最初にクオリアとか言い出したのだあれ?

606 :はなたれ念仏小僧:04/08/03 20:13
>605 http://www.qualia-manifesto.com/qualiafaq.html

んで。観念=クオリア とらえてみだいのですが。

607 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 20:14
客観的世界と主観的世界の間で分裂した私たちの世界像を整合的なものにする必要なんてあるのかにゃぁ

608 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 20:15
>オーストラリアの哲学者、Frank Jackson

どういう人にゃんだろうね

609 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/03 20:16
>>604
クオリアがスクリーンのような働きならば
顕在意識がクオリアであって
深層意識(第六意識と混同なき様)は別次元です。

610 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/03 20:18
>>607
それは「科学」か「宗教」かのどちらかでしょう。

611 :はなたれ念仏小僧:04/08/03 20:26
そして 人間が昏睡しているときには その本人にとってクオリアはないよね。
     夢を見ているときはクオリアはあるよね。

     観念とクオリア 似てない?

612 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 20:38
宗教と科学の結婚かにゃ

613 :はなたれ念仏小僧:04/08/03 20:43
>>607
客観世界と主観世界に整合性がなかったら 私たちはみな発狂してないかい?




614 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 20:45
とゆーかー
クオリアってー
まだ観念だしぃー
似てないっていわれてもー
猫わかんにゃーい



うぇっぷ

615 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/03 20:47
>>611
昏睡状態も夢もさほど変わりはないでしょう。
喩えとしては悪いですが
PCのディスプレイに喩えれば、
夢「スクリーンセーバー」(簡単に復帰)←マウスを動かすように刺激で
熟睡「スリープorサスペンド」
昏睡「ブルースクリーン」(復帰困難)←リセット
ただ「人」はリセットが効きませんね。

616 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 20:53
>>613

にゃんつーか
100人に1人くらいはそうかもしれにゃいにゃ

617 :はなたれ念仏小僧:04/08/03 20:59
>>615
そうは おもわない。
顕在意識 普通のデスクトップ画面
夢意識   スクリーンセイバー
目覚めて思考不能な状態 ブルースクリーン状態
昏睡状態 モニター電源off状態

618 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 21:01
>>615
関係ないけど、小学生の時、失神遊びというのが流行っていたのを思い出したにゃ。

619 :はなたれ念仏小僧:04/08/03 21:08
>>618
もしかして頸動脈しめるやつ? そうなら あぶないよあれ。

620 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 21:09
にゃんか息止めて胸を押さえていたにゃぁ
猫はやってにゃいけど

621 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 21:12
今調べたら背中に渇を入れて再起動とかあるらしいにゃ

622 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 21:13
喝 にゃ 渇いてどうするにゃ

623 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/03 21:16
>>617
モニター電源off状態は単に「目隠し」状態なのでは?
PC電源off+モニター電源off状態
この場合は全昏睡あるいは全身麻酔状態でしょうか。
>>618-620
怖いですね。通信中にケーブル引き抜くようなものですね。
電源コードだったら・・・

624 :はなたれ念仏小僧:04/08/03 21:17
解決しました。
観念=精神クオリア 

625 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 21:17
そういえば、全身麻酔で意識が喪失する仕組みはよくわかっていにゃいって本当かにゃ

626 :はなたれ念仏小僧:04/08/03 21:24
>>623

電気が意識としてみてくれ
唯識派だったら 生命(霊質)と意識をわけないだろうから かまわないとおもうけれど。
PC電源off が 死体か脳死に相当する

627 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 21:29
脳死患者から臓器を摘出する際に麻酔をしているとかいうページがあったにゃ

客観的には意識はないのに
体にメスを入れると血圧が下がったり動機があがったりと
痛みを感じているような反応があるんにゃって ホントかにゃぁ?

628 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 21:37
動機じゃにゃくて  動悸にゃぁぁぁああ

629 :はなたれ念仏小僧:04/08/03 21:38
>>627
実際には 脳死じゃなかったか、脳死であっても個別の生体組織の動物意識としての反応、それからまた別にオカルティックな理由。


630 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/03 22:07
>「脳死状態の人が脳死と判定された場合に
>その人が完全に意識を失っているという事がまだ科学的に証明されていない」

とかいう文章を拾ったにゃ。
意識が発生する仕組みがわかっていにゃいみたいだから
意識が失われていることを証明する方法もにゃいんだろうね。


・・・脳死状態でも
客観的に意識がない(ように観測される)状態でも
主観的には意識がある、と主張する人もいるみたいだにゃぁ。

631 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/04 00:19
>>630
「意識」について、どうしても我々は「有るか無い」のディジタルで考えがちです。
しかしそれは、例えば「刑法」でも「心身喪失」状態で犯した罪は例え「さつじん」であろうと、
「無罪」になります。オウムの幹部が「洗脳されていたから」と言って「減刑」を求めるのは、
その思想によります。親族7人連続殺人犯でも、仮に医師が「統合失調症である」と言う診断書を
提出し、裁判所がそれを認めれば「無罪」です。
 「心神耗弱」でも「減刑」される要因になります。「死刑」は適用されません。
 そのように「意識がある無い」は、実は非常に重要「社会を維持するための『判断基準』」となっております。
しかし「本当の意識」はじつは「アナログ的に明晰になったり心神耗弱に近づいたりする」というのが、
「我々のクオリア」の最大公約数であること・・・それが「事実」です。

632 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/04 00:31
>>631の続き
「心神喪失」あるいは「心神耗弱」に「なるかもしれない」と「正気の状態」において「判断できた」
(筈)である」と裁判所が判断した場合、そういう「過程」を経た後で判断した「後」の・・・
泥酔したとか麻薬を飲んだ結果「心神喪失又は心神耗弱状態」
になった上で犯した犯罪については、被告側は心神喪失や心神耗弱を主張しても却下されます。

633 :考える名無しさん:04/08/04 01:15

A「機械タンは***をどう思うの?」
機械「私に言わせれば***は***ですね。所詮は****に過ぎないということです」
B「(゚Д゚)ハァ?  読んでねーくせにしったかしてんじゃねーよ」
C「新しい教科書はどうなった?」
機械「寝ます」
自演機械「@hje+[8=4N{&%~k,_wこ\!じ*en`@」

(以下繰り返し)

***********************************************************************
>>631-632のレスは上記の自演機械タイプだね


634 :考える名無しさん:04/08/04 01:16
オゥ、久しぶりに機械タン以外のレスがついたね

635 :考える名無しさん:04/08/04 01:21
まあ、>633-634は猫にゃのだが


刑は意識を完全に消したり変化させることが目的にゃのか
危険な動きをする物を解体して止めることが目的にゃのか
恐怖や苦痛や懺悔などの感情を発生させることが目的にゃのか
被害者や遺族、市民の意識を落ち着かせることが目的にゃのか
社会の不良部品を修理・再利用・廃棄することが目的にゃのか


そういえば 『39-刑法第三十九条-』 という映画があるらしいにゃ
役者であった犯人が詐病にて無罪になろうとするとかにゃんとか

636 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/04 01:22
お、名前つけわすれたにゃ

637 :考える名無しさん:04/08/04 01:23
猫死ね
633は俺だ


638 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/04 01:24
とまあ当然>637も猫にゃのだが

客観的に演技を見分けるのは難しいにょね

639 :考える名無しさん:04/08/04 01:25
>>638 馬鹿?

640 :考える名無しさん:04/08/04 01:26
ぴかぁの芸風


641 :考える名無しさん:04/08/04 01:36
かくて
客観的世界と主観的世界の間で分裂した
>639-640=猫の世界像を整合的なものにする旅は続くのであった

642 :考える名無しさん:04/08/04 01:40
主客問題は現象学にまかせろ。フサルを読め猫

643 :考える名無しさん:04/08/04 01:42
ぶ らじゃー  にゃ

644 :考える名無しさん:04/08/04 02:08
自演の世界の広がりと可能性をあれこれ試すというスタイルも
2chでよく見るが、大しておもしろくないというのが「最大の欠点」である。
これは機械タンでも、機械ネコでも、ピカでも変わりない。
内容のなさをスタイルで補うことはできないということだ。

645 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/04 02:19
スレッドは
データと命令で構成されたプログラムのテープであり
読み込んだプログラムを実行するのは
読者の脳という読み方もあるにゃ

基本的にネットはカラッポの洞窟であり
実や色や内容が欲しければ自分で卵を産むといい にゃ  ぁ ん

猫は>644のレスは面白かったにゃ
猫ももっと読んだ人が楽愉しめるレスを考えることにするにゃ

646 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/04 02:20
・・・内容かぁ 情報量、新しさのことにゃろうか うーん

647 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/04 04:25
意識の問題の解明がすすむと
法律も変わっていくのかにゃぁ・・・
というか罪ってにゃんだろ
自作自演って罪にゃのかにゃぁ

IP記録を見ることができる運営の人にしか
正しい判断はできにゃいのかにゃぁ

自作自演を裁くことに正当性はあるのかにゃ
(一連の自演指摘レスに信頼性と妥当性はどれだけあるのかにゃ 誤認指摘は罪ではにゃいかにゃ?)

ちなみに猫が自作自演罪を犯しても
法律では猫はエメラルドの街に行くまで心がない
年中無休心神喪失状態にゃので罪には問われにゃいのかにゃ?
(逆転裁判で39条ネタやんにゃいかにゃぁ)

スリープ ああ 眠   い に       ゃ............ ... .. . .. .. .

648 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/04 10:36
・・・2chのカキコを一夜明けてから読むもんじゃにゃぃ   恥ずかしいにゃぁ

649 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/08/04 11:08
>>581
>地位・名誉・学歴・学識
>これらがどういうものかを知るのは簡単。
>身に着けるのは難儀
>そうだよだあ 機械タン

「難儀」程度ではすまされません。
この民主主義社会の「たてまえ」では、
それらは「努力によって勝ち取れる」ということになりますが、
正確には「それらは努力した者の中で『とても運が良い者』が、
手にすることが多い(確立が高い)」ということです。
 それほどまでに「難儀」なものなので、それらを手中にしていない
大部分の人達は「イソップ思考」に陥りやすい傾向があります。
要するに「金持ちなんて税金の心配をするだけ気の毒だ」とか、
「小さな幸せが有れば人生としては満足だ」とかです。
 それらの思考は(無意識に)「真理」から眼を逸らすことですので、
一種の「ルサンチマン」です。資本主義経済の運営側の立場から見ると、
「大衆」の精神状態としては「望ましい方向」ですので、それを「畜群」
などと侮蔑するようなニーチェのような思想家は「危険な扇動者」という
ことになります。


650 :考える名無しさん:04/08/04 12:00
プッ

651 :考える名無しさん:04/08/04 14:06
確率を確立としてしまいがちなんだよね。

652 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/04 15:30
本日の最深記録24階
『ドラゴンシールド+4』と『ちからの指輪+3』を持ち帰った事が
今日最大の報償系の発火にゃ

地下27階にある小さな『幸せの箱』はスっぱいに違いにゃい

653 :考える名無しさん:04/08/04 18:00
今日の掘り進んだ記録、3685m
連鎖消去にあえなく潰れる

654 :考える名無しさん:04/08/04 21:00
>>649
イソップ思考ねぇ・・・新しい概念を生みだしてはけむに巻く機械産の新概念ね

655 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/04 21:29
「機械的唯物論」者さんから「無意識」という言葉が出るとは
どういう事でしょうか。

656 :はなたれ念仏小僧:04/08/04 21:33
http://www.qualia-manifesto.com/manifesto.j.html の 4、方法論とコンジェクチャ の 最後の文

「主観性」は、何らかの特異点として表れ、その周囲では、情報のある側面に関する保存則が破れていることが見い出されるだろう。

 ミクロorマクロ科学的でオカルティックではないですか。 

 情報が別次元に漏れているといいたいのでせぅ。


657 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/04 22:01
酸っぱいレモンも
蜂蜜づけにすると甘酸っぱくて美味しいにゃ

658 :考える名無しさん:04/08/04 22:56
>>581
地位・名誉・学歴・学識
そんなんもん、1回きりの人生で訴求する対称ではあり得ないだろ?
もっと大事な物があるはずだというのが、哲学思想の存在理由。


659 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/04 23:03
>>658
それを内・外のどちらに求めるかの違いでしょう。

660 :考える名無しさん:04/08/04 23:54
そろそろ現れてもいい時間帯なんだが

661 :はなたれ念仏小僧:04/08/05 00:14
黙示録13章をひらけ。

662 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/05 00:15
>>658
確かにそういうことができます。しかし「哲学が問題にする」のは、
もっと深く本質的なこと・・・だと思います。
たとえば、「功を成し名を遂げた」一代で「大財産」を築き上げた
「大富豪」が、引退して「仕事から遠ざかったとたんに神経症になる」
ようなことは「いったい何なのか?」を、解明する必要があるという
ことです。
 いまのところ、こういう症状に対する有効な処方は「仕事に復帰させる」
ことしか有りません。
 こういう事態は「一体何なのか?」を「哲学」は説明できなければなりません。

663 :はなたれ念仏小僧:04/08/05 00:20
私は他の獣が地から上がるのを見た…

664 :考える名無しさん:04/08/05 00:28
>>662
最近妙なこと言うね。そんなの哲学と無関係じゃん。

665 :はなたれ念仏小僧:04/08/05 00:29
知恵ある者は獣の数字を数えよ。それは人間の数字であって、その数字は…

 あとはよろしく。

666 :考える名無しさん:04/08/05 00:29
そうか、貧乏人の子沢山も結構モンダイだ

667 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 00:30
>>662
それは精神医学の分野でしょう。
どうかなされましたか?

668 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/05 00:34
>>664
あなたは「哲学」を誤解してます。
例えば「哲学は論争の技術という思想」は「何のための技術?」
という疑問を誘発します。
「何のための・・・」というのが「哲学」(特に「価値論・意味論」)
の「中核」になります。
 別に私は「中核派」とは無関係です・・・念のため。

669 :考える名無しさん:04/08/05 00:38
というか物質って何?

670 :考える名無しさん:04/08/05 00:42
「何のための」って、お前の理論によると原因と結果があるだけで
「目的」なんて概念は無意味なんじゃないのか?
そもそも>>662には「何のための」なんて一言も出て来ないぞ。
>こういう自体は「一体何なのか」
だろ。何なのか、って、お前の理論によれば宇宙の出来事は全部
「超ひもの震動」wなんだろ。「何なのか」も「本質」も糞も
ないだろが。

671 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/05 00:44
>>669
具体的事例は
「脳細胞」
「脳細胞を構成する細胞核・ミトコンドリア・ゴルジ体etcetc」であり、
「体細胞」を構成する「タンパク質・アミノ酸・塩化ナトリウム・水」等々
です。
「帰納法的列挙」あくまで「例示」ではそうなります。

672 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/05 00:51
>>670
人間の脳が直面する「クオリア」・・・痛い・うまい・美しい
それは「個体脳の中に出現する」だけで、例えば「芸術作品」が
「複数の脳」に「共通クオリア」として、「出現する」とは
限りません。
 ピアソの絵画を鑑賞して、「クオリア」を「指向的クオリア」として、
脳内に格納(記憶)できる「人類の個体の脳」は、限られています。

673 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 00:53
>>672
貴方が言う「クオリア」はほとんど「形容詞・形容動詞」ですね。

674 :考える名無しさん:04/08/05 00:59
>>672
だからお前、>>662>>668と全然関係ねーだろってw
それに、それのどこが機械的唯物論なんだ?
クオリアを物質的に説明できなけりゃ、お話にならんぞ。

675 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/05 01:03
>>673
あなたの言う「第*識」とか荒屋敷とかアラヤシキという宗教的概念より
「ア(ラ)ヤシキ」概念ではありません。
「自然科学」の概念です。

676 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/05 01:06
>>674
>物質的に説明
ってどういう「説明」ですか?
「物理学的説明」は既説ですが・・・

677 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 01:08
>>675
「言葉」は曲者ですね。
自然科学も阿頼耶識縁起も説明には「言葉」が必要ですね。
必要条件ではありませんが。

678 :考える名無しさん:04/08/05 01:11
なになに、「クオリア」の「物理学的説明」が「既説」なの。
初耳だぞ。
かいつまんで書いてみれ。
言っておくが「クオリアは脳の機能である」なんて養老のパクリはダメよw

679 :三浦 ◆Dshu0PxSp6 :04/08/05 01:13
超ひも理論もM理論も、基本的な素粒子の質量や電荷を予測するところまでは到達していない。
それどころか、どうして四つの力がそれぞれちがった作用をするのかさえわかっていない。
物質の素粒子ファミリーが三つある理由についてはおそらく理論的に説明できるだろう。
だが三つでなければならないかどうかは分かっていない。

680 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/05 01:15
>>677
おっしゃるとおりです。しかし「宗教」は「韻文」に依拠しますが、
それに対し「哲学」は「散文的厳密さ」に依拠します。
「宗教」は「催眠術的(まやかし)言語」で「信者を糾合する」ことで、
やっと成立します。「麻原謀」の「催眠術的ご宣託」は最も有効な最先端の
「話し言葉による催眠」です。「唯識」「色即是空」等々も「同じ穴のムジナ」
です。

681 :考える名無しさん:04/08/05 01:19

A「機械タンは***をどう思うの?」
機械「私に言わせれば***は***ですね。所詮は****に過ぎないということです」
B「(゚Д゚)ハァ?  読んでねーくせにしったかしてんじゃねーよ」
C「新しい教科書はどうなった?」
機械「寝ます」
自演機械「@hje+[8=4N{&%~k,_wこ\!じ*en`@」

(以下繰り返し)

***********************************************************************


682 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 01:24
>>680
「散文的厳密さ」は特に唯識の哲学書(サンスクリット原典)では
顕著なのですが・・・

683 :考える名無しさん:04/08/05 01:29
>唯識

基本的に、他人が掲示板で何を書いても、書くこと自体を妨げる権利はないんだけどさ、
人から学ぼうとか説得的ならば同意しようという気がない人間を、いつまでもかまってあげる
ことないんじゃない?

唯識説を語って議論したければ、そういうスレを立ててくれない?


684 :考える名無しさん:04/08/05 01:30
他人に説得されようって気はないからね、機械タンはね。
自分でフサール読むといいアルね

685 :考える名無しさん:04/08/05 01:31
機械タンは、結局頭わるいんじゃないの?
宗教とか観念論とか言って、自分の理解できないものを否定してるだけ!
たまたま自分が自然科学をある程度「理解」できるから、自然科学偉い、
それを理解している僕は偉いって言ってるだけとちゃうんか?

686 :考える名無しさん:04/08/05 01:33
>機械タンは、結局頭わるいんじゃないの?

シッ!!


687 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 01:36
>>683
機械さんを追及するのではなく
現象に対して唯物的理論の他にも唯識(心)からのアプローチもありますよ
という事をお話したかったのですが。

688 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/08/05 01:40
>>685
皆知って(ry

689 :考える名無しさん:04/08/05 01:42
「A理論を知ってる俺は優越者。 賛成しないお前らは畜群」
   ↑
機械タンの主張はコレに尽きてるわけ。
根気強く精緻にA理論を解説し説得する労をとるわけでもなく
A理論への疑問点に答えるわけでもなく、
ただただ「お前ら畜群」と言いたいだけ。

機械タン 君が世間に認められないのは世間が畜群だからじゃないよ。

690 :考える名無しさん:04/08/05 01:44
>>687
あなたも「意識はスクリーンなのか?」という疑問にちゃんと答えてないね。

唯識説の原典をちゃんと挙げて解説することもしていない。
それじゃあ機械タンと変わらんよ。


691 :考える名無しさん:04/08/05 01:44
たまにリアルにそういう人いるよねー
仲間内で語り合ってるやつらに多い

692 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 01:52
>>690
「意識はスクリーンなのか?」
そうですね。別の言葉ではテレビのブラウン管でもPCのディスプレイでもいいですよ。
原典については膨大な数(関連も含めて)になりますし
初めから言ってますが「宗教」臭くなるのは嫌なもので、原典名はあえて控えてます。

693 :考える名無しさん:04/08/05 01:55
>>692
原典は挙げたほうが皆、耳を傾けてくれると思うよ。

694 :考える名無しさん:04/08/05 02:09
>>692
原典挙げると宗教臭くなるから控える? わけ分からん。

「『対異教徒大全』を挙げると宗教臭くなるから、それは控えてトマスの学説を解説します」なんて
言っても誰も信用しないよ。 
「読んでねーだけだろ」と思われるのが普通。
ほんとうに宗教臭く思われるのが嫌なら、初めから唯識説解説者気取りをやめるこった。

>別の言葉ではテレビのブラウン管でもPCのディスプレイでもいいですよ。
それじゃあ、意識はブラウン管やディスプレイと似たようなもんか?と質問されるのがオチ。


695 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/05 02:12
でかると・ほーむしあたー にゃ

696 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 02:14
>>693-694
題名からして「宗教」そのままなので気が引けますが
とりあえず中観(般若経・空思想)唯識(華厳経・縁起思想)
そしてそれぞれの注釈書です。


697 :考える名無しさん:04/08/05 02:35
>>696
「原典挙げろ」とは「原典(書物)の名称を言え」ということではないんですけど・・・

「瑜伽師地論」「唯識三十頌」「十地経論」「大乗義章」「摂大乗論」「釈論」
「成唯識論」「瑜伽論」「成唯識論述記」など、唯識の基本文献はいろいろあるだろ。
これらは題名からして特に「宗教」臭くないよな? 「〜論」として理論書の体裁を
とってるものがほとんどだ。
これらの原典の記述内容を解説してみてくれ。


698 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 02:50
>>697
>これらは題名からして特に「宗教」臭くないよな?
たしかにその通りですが内容はかなり宗教臭いですよ。
「瑜伽行・唯識学派」ですから「瑜伽は(ヨーガ)」十地は仏(覚者)に到る階梯等
内容を記述するとなると専用スレがいくつあっても足りないでしょうし
哲学スレの内容では無くなるのではないでしょうか。

699 :考える名無しさん:04/08/05 03:03
2chには何故いくつも板があるのか、板内にも何故いくつもスレがあるのか

唯識を考える前に、そこら辺をまず考えてくれないかな?


700 :考える名無しさん:04/08/05 03:07
原典の内容を書かなくていい理由探ししてるように見えるね・・・^^;

付け焼刃なら付け焼刃とry

701 :考える名無しさん:04/08/05 03:08
>>698
専用スレがいくつあっても足りないような議論しかできないなら、あなたは2chに書き込むべきではない。

「適切に 簡潔に 明晰に」 原典の内容を記述してください。



702 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 03:09
>>699
>>687で言った通りなのですが。
如何でしょうか?

703 :考える名無しさん:04/08/05 03:11
おっと機械タンの叩きが始まったな

704 :考える名無しさん:04/08/05 03:13
>>702
そうですか
「現象に対して唯物的理論の他にも唯識(心)からのアプローチもあります」ということは
分かりました。
気が済んだでしょうから、後は専用スレを立てるなり思索へと浸るなりして
どうぞお引取りください。



705 :考える名無しさん:04/08/05 03:14
「俺、韓国人(私は日本人です)」
「おい、おまえ、アルロビュー言ってみな(アイラビュー)」
「違う!アルロビューだって!(アイラビュー)
「おめえ、障害者か?発音も出来ないのか?(はい)」
「お前、本当に障害者か?(はい)
「元々、お前の国が障害者なのか?(はい)」
「はーい、チョウセンジン兄さん...チョッパリ野郎ジャップス」
「さっさと殺しちまうか?兄さん?シーバル!!このチンポに値するオマンコ野郎ども」
「ここ日本に住むチンポみたいなオマンコやろうジャップスはビッチ障害者馬鹿ビッチ達」
「世界で倭奴の書かれたチョッパリビッチ、チョッパリビッチ」
「自国の歴史まで騙すの?(ハイ)騙すの?そう、騙せ!騙せって!」
「おまんこ野郎ども!どれだけチョッパリなら騙すのか?チョッパリなら騙せ!」
「お前、父さん母さん全て騙せ!父さん母さん全て騙せ」
「食う?お前の母さんも食う?(ハイ)良いか?良い良い目茶良いって」
「障害者ビッチよ!目一杯てんかんやってろ!」
「野蛮なジャップ、てんかんみたいなjapanese」
「ねずみのチンポのジェプJapan is our toilet!!「日本は我々のトイレ」...ファック!」
「Fucking nation Japanese Fucking nation」

706 :考える名無しさん:04/08/05 03:16
>>703
言っとくが、俺は機械と唯識が同類だという前提で唯識を詰問してる。
勘違いすんな。


707 :考える名無しさん:04/08/05 03:16
>>704
まだ半分程しか終わってませんが。

708 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 03:20
>>706
同じでしょうか?よく分からないのですが・・

709 :考える名無しさん:04/08/05 03:23
ほらほら 唯識君も自演癖アリでしょ



710 :考える名無しさん:04/08/05 03:24
     ______
    /∵∴/∴∵:\ 
  /∵∴∴-=・=-∴-=・=-
  |Y∵∴Y∴∵:/ ●\|
  | |∴∵|∵∴/三 | 三|
  |:\/∵∴:\_|_/|  オシリペンペンペンパックデツ
  |∴∵∴∵∴:\__ノ/
  \∴∵:./ ̄ ̄ 
   (∴)∴)



711 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 03:26
私が>>701さんの質問のように
要点を書く事は簡単です。それに誰でもすぐに分かる事です。
それを「信ずる」「信じない」になると内容的にどうしても「宗教」の「信」になってしまうのではないかと。

712 :考える名無しさん:04/08/05 03:27
我無スレと同じようなコピペだね?なんで同じような荒らしが来るのかなぁ・・・不思議だな〜

713 :考える名無しさん:04/08/05 03:30
>>711
要点を書くことと 明晰に書くことは かなり違いますね。

「信じざるを得ない」というところまでキッチリもっていって欲しいものです。
あなたが何を信じているかなど、読む人にとっては無関係の事柄ですから。


714 :考える名無しさん:04/08/05 03:32
なんだかんだと理由をつけて実質何も弁証しないところなんか
機械タンに瓜二つ


715 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 03:37
>>713
唯識の「哲学」「理論」だけで他人を「信じざるを得ない」ようにするのは不可能ですね。
それは根本が「仏教」という宗教だからです。
>>714
それはここのスレッドのタイトルについてでしょうか?


716 :考える名無しさん:04/08/05 03:40
うーん、このレスの論点のズレ具合・・・

717 :考える名無しさん:04/08/05 03:41
682 名前:唯識 ◆Vidya0E1.s 投稿日:04/08/05 01:24
>>680
「散文的厳密さ」は特に唯識の哲学書(サンスクリット原典)では
顕著なのですが・・・

  ↑
その「厳密さ」をキッチリ紹介してくれよ。
突っ込まれると>>715のような逃げをうってるようじゃ、やはり機械タンと同類。


718 :考える名無しさん:04/08/05 03:44
なんだかんだと理由をつけて実質何も弁証しないところなんか
機械タンに瓜二つ  まったくの瓜二つ 完全無欠に瓜二つ




719 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 03:46
>>717
私はスレッドのタイトルについて分かりやすく喩え話でもしながら
唯識からのアプローチを試みたんですが。どうしても必要なのでしょうか。
そんなに堅苦しくなくても出来ると思うのですが。

720 :考える名無しさん:04/08/05 03:48
厳密に学説を紹介しないくせに喩え話が大好きな点も
機械タンに瓜二つ  まったくの瓜二つ 完全無欠に瓜二つ


721 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 03:50
連投すみません。
>>718さん
昨日までの私の書き込みから僅かでもご理解頂けませんか?

722 :考える名無しさん:04/08/05 03:50
世界に何人くらいいるっていうかな、自分にうりふたつの人。3人くらい?

723 :考える名無しさん:04/08/05 03:55
「はーい 宿題提出して〜」
「先生! やったけど持ってくるの忘れました」
「じゃあ、今やって提出しなさい」
「やったんだから別にいいでしょう?」
______________________________________
唯識タンは甘やかされて育ったんだね


724 :考える名無しさん:04/08/05 03:57
ポールのなんとかってスレが荒れてるのは、唯・・・じゃなくて機械タンが
このスレでいじめられた意趣返しをしてるのかな。

725 :考える名無しさん:04/08/05 03:58
哲学板のガン・我  無 ◆GTMIKVL50sの狂気

・自称「白髪が混じる老人」「隠居生活中の老人2ちゃんねらー」
・実際はただのひきこもり。荒らしの温床ガムスレッドを一日中ウオッチしている。
・「東海道新幹線に乗ってきました」と言い張っていたが、
 その日は台風の影響で東海道新幹線は不通。その事を指摘され発狂する。
・荒らしはお断り、といいつつも積極的に荒らしの相手をしている。
 そのために荒らしは増える一方。
・荒らしの温床ガムスレッドは過去に10回近くスレストやスレッド削除されている。
 それにもかかわらず何度もスレッドを立て直し荒らしを呼び込んでいる。
(削除人がガムスレッドを板違いと判断しているにもかかわらずスレを立て続ける蛮行)
・自称「科哲専攻」 
・実際は書物からコピペしているだけ。用語の誤用について指摘され発狂する。
 哲学・現代思想の知識は皆無。完全に板違い。
・レスを伸ばすために煽りや自作自演は当たり前。口癖は「レスが沢山つくと楽しいでしょ」
・名無しと固定ハンドルを使った自作自演がばれる。その事を指摘され発狂する。
・ぴかぁ〜の度重なる荒らしに腹を立てた我  無 ◆GTMIKVL50s はぴかぁ〜に対して
 「法的手段に訴えますよ? いいんですか? 法曹関係の知り合いに相談しますよ? だてに年取ってないんだよ。」
 と勢いよく啖呵を切る。後日にこの件はどうなったのか、と質問すると「そんな事言ったっけ?」と誤魔化す。
・「哲学に関係する雑談スレッド」と言い張るが内実は荒らしのAAと低俗な雑談。クソスレにもかかわらずage進行。

こんな馬鹿が哲学板に居すわっているから哲学板から荒らしが消えない。
ガムスレッドに貼られるAAやコピペは他のスレッドへと飛び火していく。
こいつを哲学板から追い出すのが自治議論の具体的な第一歩と言えるだろう。


726 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 03:59
>>723
すみませんがスレッドのタイトルについて
今一度貴方なりにご質問していただけますか?

727 :考える名無しさん:04/08/05 04:02
>唯識
真実があると思っている者と思っていない者が
理解しあうのは無理。だって互いに絶対的なものが
あるとしているんだから。

728 :考える名無しさん:04/08/05 04:06
>>726
なんだ? お前は機械本人なのか?

俺が要求してるのは、
「散文的厳密さ」が顕著な唯識の哲学書(サンスクリット原典)の内容を「適切に・簡潔に・明晰に」
紹介しながら、「現象に対する唯識(心)からのアプローチ」をやって見せてください
ということだ。

学問と信仰告白を混同するな。


729 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 04:10
>>727
仰る通りです。その絶対的なものの仕組みを
唯識からアプローチしてみたいのですが。
それは初めの頃に書きました、
実際の宇宙の仕組みに繋がるものがあると思いますし。
理解してくださいとか、信じてくださいという意味は全く無いんですが。

730 :考える名無しさん:04/08/05 04:16
フサール現象学のときは、しっかり勉強してからにしようね

731 :考える名無しさん:04/08/05 07:20

>1
面白いな〜カルトの臭いプンプン!
http://jbbs.livedoor.com/study/3876/


732 :考える名無しさん:04/08/05 07:24

哲学は、素直さにありきですよ!
私は中央大・法・法でAでした。
知識以前の問題です。
素人に解るかな???

733 :考える名無しさん:04/08/05 08:20
中央大って・・・

734 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/05 12:24
現在の日本では科学者も使っている
『意識』という言葉は
もともと仏教用語にゃのね

その仏教、唯識といううんたらかんたらでは
どんにゃふうに『意識』という言葉を使っているかとゆーと

   >眼・耳・鼻・舌・身などの対象を総括的に把握し、思考する心

とかいう感じで使われているにゃみたいにゃ
今の科学での使われかたわ2chのこのスレでゆーと

   >『意識』は『統合クオリア』を持つ動物全部に生成する現象

という感じで使われる場合があるにょね


・・・唯識での意識ってデカルト劇場の舞台で
主観性の座席にすわるホムンクルスに対応するのは末那識かにゃ
舞台、スクリーンのどこを見るかという志向性うんたらかんたらにょ

んー猫わかんにゃい

735 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 18:47
こんばんわ
一応今日も来させていただきました。
>>734猫さん
仰る通りです。

736 :考える名無しさん:04/08/05 19:56
あ〜、暇だ

737 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/05 20:27
>736

あんびりーばぼー おもしろいにゃ

738 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/05 21:03
>>735
『意識』二文字言葉を誰がいつ考え出したのか探したけどみつからにゃかったー

739 :はなたれ念仏小僧:04/08/05 21:06
アメーバは総合クオリアをもつとおもうかな?
ミジンコは?

740 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/05 21:23
むかしむかしにconsciousなどの外国語の日本語訳を考えるときに
誰かが仏教用語から持ってきて、あてはめたのかにゃぁ

741 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/05 21:24
仏教の中では『意識』という概念は
どーゆーふうにかたちづくられたんにゃろう

西洋の哲学ではどーにゃんだろう

調べてみようかにゃ

742 :考える名無しさん:04/08/05 22:41
こういうことは唯識君の領分のはずなんだが・・・・

サンスクリット語で「意」という霊的・精神的なものを言い表すのに manas という語が用いられていた。
これは現代の英語では mind となる。
それから、原始仏教では現象界の分類(五蘊説)やその生成の説明(十二縁起説)に関する「識」
を言い表すのにヴィジャーナという語が用いられ、それによって了別の働きや個性化の原理が意味されていた。
大乗仏教の時代にこの「識」によって一切を説明しようという唯識思想が現れて、そこにおいて5官にかかわる
5つの識を統一する第6識が「意識」とされていた。
日本でも長いこと「意識」とは、このような仏教用語として用いられていた。

現代的な用法での意識という語が出てきたのは井上哲次郎たちが刊行した『哲学字彙』(1881)から。
ここでは Consciousness を「意識」と訳してあり、この頃から「意識」が哲学や心理学等の用語として
定着してくる。
Consciousnessはもちろんラテン語のconsciusから来てるわけだが、これは見て分かるとおり、
con(共に)-scius(知っている)ということ。 すなわち、1−ある知識をだれかと共有したり、内情に
通じていること 2−ある行為や思考・感情などに、それについての知(自己意識)が伴っていること
(自覚)を意味する。


743 :考える名無しさん:04/08/05 22:53
相変わらずの博識、はい機械タンも拍手

744 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/05 22:55
>>742さん
このスレで貴方のように専門用語を使ってもよろしいでしょうか?
もし皆さんが良しとするならば、手元にある本を参照に書きます。
もっともこの類の本を開くのは5年ぶりくらいですが。

745 :考える名無しさん:04/08/05 22:59
>>744
742氏ではないが、やりたまえ。

746 :考える名無しさん:04/08/06 00:19
>>744
論理的・学問的な厳密さを期待したいもんだ。

「要約」書いて済まそうとしたらまた苛めますからね。

747 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/06 00:50
何だかよく判りませんが、「第一識」とか「アラヤシキ」とか「意識」に名前を付けて、
「同じ意識に達した奴は、次に行ってみようか!」みたいな「仏教」=基を質せば「ヨガ」
のような「神秘主義」は、「スポーツマンのクオリア」と「それを『想像する』観客」
=サポーターorファン・・・と何処が本質的に異なるのか理解できません。
「運動野」や小脳には「ミラークオリア」を司る機能があり、「演義を見た」人は、
初めてのスポーツでもかなりうまくこなせるという「実験結果」があります。
 同じようなモノだと思います。「肉体の侮蔑」をキリスト教は反省すべきですが、
だからといって「第一識」「第二識」・・とか言われても・・・仏教の修行を「すべき」
という気持ちにはなれません。
 「勝手に悟っていてください」としか申し上げようがありません。

748 :考える名無しさん:04/08/06 01:57
>>747
お前の文章のほうが「理解できません」。
 
  仏教=ヨガのような神秘主義は、「スポーツマンのクオリア」と「それを想像する観客」と
  何が異なるのか理解できません。

何じゃ この文章は?

さっさと消えろ


749 :考える名無しさん:04/08/06 01:59
>唯識君

唯識説の紹介まだ〜?

マーラー一曲聴き終わっちまったよ。


750 :考える名無しさん:04/08/06 02:00
ガ*スレの*演が忙しいんじゃ・・・

751 :考える名無しさん:04/08/06 02:03
そのスレ 透明あぼーんしてるからワカンネ


752 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/06 02:13
>>742
ありがとうにゃー 銀の脳プレゼントー
(はーいこちらクオリア&意識&煩悩いれににゃっておりまーす)

753 :考える名無しさん:04/08/06 02:25
>>747
これは釣りなんだろうか。かなり恥ずかしい文章だよ。
何も中身を知らないで、ただただ唯識を揶揄するためだけに
それらしい言葉の羅列を繰り出す。
お粗末の極み。もうちょっとまじめに人の言葉に
耳を傾けてみようという気には絶対にならないのな。
寂しいやつだ。

754 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/06 03:09
すみません。遅くなりましたがやはり難しいです。
やっぱり「ネタ(種子)」がないと難しいです。
一昨日のような問答ならなんとか表現できるのですが・・・

755 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/06 03:40
前五識で感ずる世界を「外界」ではなく
心の最深である「阿頼耶識」とする。
阿頼耶識は本来無記であるが末那識(自我識)の薫習(因)により
種子(果)が生じる。その種子に因って世界が生じ・・・
難しいです。


756 :はなたれ念仏小僧:04/08/06 21:06
>>742

 よく説明してるね ◎

 密教的に解説すると マナス は 具体的思考と抽象的思考を司る。これがあって初めて人間以上の存在とみなされる。
 具体的思考は現在人類が教育によって脳を発達させることで急速に育成しているもので八識のうち主に「意識」がそれにあたるんだろう。
 抽象的思考はおもに哲学者、一部の善良な啓発された有識者、神秘学徒などが発達させるもので不立文字の世界。

 原始仏教やバラモン教など古典インド哲学系の聖典には 「解脱」すること すなわち 魂であるアートマ(聖なる意志)、ブッディ(直観機能)と高位マナス(抽象的思考機能)によって
 低位我(肉体、感情、具体的思考)の支配力から脱しそれを魂の制御下におくことに重点があるカモ。 
 
 今 中央公論社の世界の名著 ニヤーヤ・パーシュヤ 論証学入門 の 「意識」にはこうある

 「知性をもたない器官であるブッディ(理性)の機能がジユニヤーナ(知識作用)であり(ウパラブディ)知識は非作者(である精神原理[プルシャ」)に属する
 …サーンキヤ哲学の趣旨をしりぞけるかのように… 意識(ブッディ)・認識(ウパラブディ)・知識(ジユ二ヤーナ)は同義である。非知性的な器官であるブッディに
 知識作用はありえない…

 ブッティに「意識」の当て字がされている。  
 
  
 



757 :考える名無しさん:04/08/07 00:04
さよなら、機械タン・・・

758 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 00:28
あともうちょっとだけ続くんにゃ

759 :考える名無しさん:04/08/07 00:39
>>758
もうちょっととは何年間のことだ? ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

760 :考える名無しさん:04/08/07 00:46
クオリアと唯識と現象学という組み合わせは、個人的には
すごくおもしろそうに思えるんですが、ちゃんとした議論にするためには、
それぞれについて相当に高度な知識と理解が必須でしょうね。
機械タンはまずだめだし、だれかやってくれないかな。
別スレ立ててやってくれたらついて行きますw

761 :考える名無しさん:04/08/07 00:52
光からみた世界は決定論的になるんだろうか、どうかな?
光速で移動するものなら空間は1点で時間は一瞬。
または全空間に広がり、全時間に存在するとも言える。

762 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 00:53
>760しゃんがそのスレの>1になるとして
テンプレはどんな感じににゃるのか教えてぷりーず

763 :考える名無しさん:04/08/07 00:56
機械タンは、176氏に追い詰められて必死で逃亡してる時が一番輝いてたよ!
今は駄目だな、カビが生えたピザだ。

764 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 00:57
>>753
そうですね。宗教をまず信じてから「科学」をその視点で「検証する」という人が
「(無意識的にも)一番恐れていること」は「孤独」です。
「宇宙の壮大な無関心」を直視する勇気を持ち得ないように「最初から『畜群』の一員」
として生まれてきた「終生の凡人」ですから「自分らしさ」を極めると「完成した凡人」
になって、「格言」の一つや二つを、同じように「凡庸」な子孫に残して、お亡くなりになります。
あなたも「その一人」に過ぎませんので、「みんな一緒」ですから心配しないで下さい。


765 :考える名無しさん:04/08/07 01:00
まず決定論つーのは、実証主義の自然科学にあるまじき形而上学的結論なんで却下。

766 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 01:03
>>765
あなたは、例えば自然科学の最先端である(カミオカンデの領域でもある)
「Dブレーン」について、何かご存じですか?

767 :考える名無しさん:04/08/07 01:04
>>766
それで決定論が証明されたの?

768 :考える名無しさん:04/08/07 01:06
>(カミオカンデの領域でもある)「Dブレーン」

????どういう意味でつか?

769 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 01:06
>>767
あなたにとって「証明」とは『何』ですか?
「数学的演繹」ですか?「数学的帰納」ですか?それとも『何』ですか?

770 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 01:07
>>768
素粒子物理学の最先端という意味です。

771 :考える名無しさん:04/08/07 01:11
機械タン、Dブレーン好きだね。なんで?

772 :考える名無しさん:04/08/07 01:12
>>769
ようわからんが、数学的証明ではなかろう。

世界には、物理法則による因果性しかない、という命題を真だと証明しとくれ。


773 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 01:12
>>771
好き嫌いではありません。
素粒子物理学の最先端という意味です。


774 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 01:15
>>772
「ようわからない」人に『証明の何たるか』を「刷り込み」するのは
「宗教者」「易者」「預言者」の役割であり「科学者」の役割ではありません。
要は『あなたが信じるか否か』という結果論ですから。

775 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/08/07 01:20
>>772
「機械的唯物論」者自身が「宗教者」「易者」「預言者」の類ですからね。誤解なきよう。

776 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 01:24
>>775
根拠無しに「レッテルを貼る」ことで、『哲学』に触れていると
お思いですか?
「哲学者」は「無責任な感想を連発して(自分の自尊心を満たすだけの)『評論家の集団無』
ではありません

777 :考える名無しさん:04/08/07 01:24
>>774
結局、決定論は信じるか否かってことね?

>>775
そのようですね。

778 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 01:30
>>777
あなたが「麻原焼香教」を信じるか『仏教』を信じるか『キリスト教』を
「信じるか」は当然に「自由」です。教祖が「殺せ」と言った場合、「うまく殺して、
教祖の責任が明らかにならないようにする」努力も、「当然」です。
「まず信じた宗教を決めて」(安心してから)「哲学」を論じる・・というのは
「哲学」という概念の「よくある誤解」に過ぎません。

779 :考える名無しさん:04/08/07 01:30
一度くらい何かぐぐっとくる哲学の話ししてよ>機械タン

780 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/08/07 01:38
>根拠無しに「レッテルを貼る」ことで、『哲学』に触れていると
>お思いですか?
は? 根拠なら、このスレッドに幾つもありますが?
自分の立てたスレッドくらい、きちんと読めよ。

781 :考える名無しさん:04/08/07 01:40
689 名前:考える名無しさん 投稿日:04/08/05 01:42
「A理論を知ってる俺は優越者。 賛成しないお前らは畜群」
   ↑
機械タンの主張はコレに尽きてるわけ。
根気強く精緻にA理論を解説し説得する労をとるわけでもなく
A理論への疑問点に答えるわけでもなく、
ただただ「お前ら畜群」と言いたいだけ。

機械タン 君が世間に認められないのは世間が畜群だからじゃないよ。



782 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/08/07 01:40
>「まず信じた宗教を決めて」(安心してから)「哲学」を論じる・・というのは
>「哲学」という概念の「よくある誤解」に過ぎません。
「まさに」君のやってることじゃないか。

783 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 01:40
>>779
あなたが「真理」を提示されているのも拘わらず「ぐぐっとこない」のは、
あなたが「誕生の瞬間から死の瞬間まで『人生の意味が判らない』凡人』に
産まれてきたこと・・ということです。
「感受性のモンダイ」は「高等芸術を理解する能力」とリニアです。
「モナリザやピカソを見ても『なるほど』としか思えない人」は、
結局「物見高い有象無象の凡人ども」だと『激しく自覚し反省する』
必要があるのですが、「猫に小判」について「ねこ」に反省を求めても
『無駄』だということは、誰にも理解できるでしょう。






784 :考える名無しさん:04/08/07 01:42




「A理論を知ってる俺は優越者。 賛成しないお前らは畜群」 by 機械







785 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/07 01:44
明日、午前中に親戚の結婚式に出席しなければいけないので、
就寝させていただきます。


786 :考える名無しさん:04/08/07 01:46
あらあら 機械タンも結構嗅覚鋭くなってきたのね



787 :考える名無しさん:04/08/07 01:47
>>783
18世紀の哲学者が提出した二律背反の、片方の定立を信じてるだけの
ことでしょ?はよ21世紀に追いつきなさい。

788 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/08/07 01:47
「A理論という呼称を知ってる俺は優越者。でも、突っ込まないで下さい。
突如として眠くなって、説明ができなくなります。いいじゃないか。 
とにかく、お前らは畜群」 by 機械


789 :三浦 ◆Dshu0PxSp6 :04/08/07 01:53
しかし、私はそのような特権を行使したことはほとんどありません。
そのような権利を行使し続けると自惚れてしまうからです。

私が今までで一番重い罰を宣告したのは、誰かは教えられませんが
誰もが知っている有名人です。
彼には1万8000年の間地獄に入ってもらうことにしました。

790 :考える名無しさん:04/08/07 01:56
自分に同意しないやつは畜群?
世界で偉いのは「おれ一人」なのか?
科学者でも、機械タンの「学説」を支持しないと、
いきなり「観念論者」にされてしまうので、
ほとんどの科学者は「観念論者」であり、畜群。
機械タンを除くとほぼ全人類が畜群。
機械タンがいかに偉大かわかろうというものだ。

791 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/08/07 01:57
誤爆? それとも、機械=三浦?

792 :考える名無しさん:04/08/07 02:01
ま、似たようなもんじゃない?

793 :考える名無しさん:04/08/07 02:02
三浦=唯識 初めからわかってる


794 :考える名無しさん:04/08/07 02:06
>>790
>世界で偉いのは「おれ一人」なのか?

機械タンの心情的にはそうなんでしょ。
それこそが、彼が20スレまでこのスレに固執し、王様であり続けようとした理由。
(リアルでは不可能だから)
傍から見るとあまりに小児的で情けないけど。


795 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/07 02:09
こんばんわ
ずっと見てましたが、入る間がありませんでしたので。

796 :考える名無しさん:04/08/07 02:13
あんた終わってるんだから 帰っていいよ


797 :考える名無しさん:04/08/07 02:16
こーまんわ、たわらこうたろうです

798 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/07 02:16
ここはホストさんを批判するスレなのでしょうか?

799 :考える名無しさん:04/08/07 02:18
まったく読んでないのでわかりません

800 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:19
猫に小判
人にマタマビにゃ

801 :考える名無しさん:04/08/07 02:20
2chのスレにホストもゲストもあるかよ 

氏ねや 糞コテ



802 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:20
もなりざをみて 勃起 する 人は 超人にちがいにゃい

803 :考える名無しさん:04/08/07 02:24
読んだけどねこじゃないのでわかりませんワン

804 :考える名無しさん:04/08/07 02:24
最終真理つーからには、あらゆる批判をはねのけるハズなんだが・・・

805 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/07 02:25
>>801
流れからみてどうもそういう気がしたもので。
たしかに2ちゃんねるはホストもゲストもありませんね。

806 :考える名無しさん:04/08/07 02:26
いっこ言えるのは
>>1はかしこいみたいだが
現在の我々の知識レベルで物事を特定するのは非常に危険だワン

807 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:28
にゃんつーか 優秀よね

808 :考える名無しさん:04/08/07 02:29
あ、そうだ
偏った思想や思考がいけないといっているのではないのだワン

809 :考える名無しさん:04/08/07 02:29
巷ではこーゆーのをかしこいっていうんか

810 :考える名無しさん:04/08/07 02:29
機械タン泣くな機械タン


811 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:30
小をつけるにゃ

812 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:30
みゃぁ〜お みゃぁ〜お

813 :考える名無しさん:04/08/07 02:32
機械タン得意の埋め立てモードに突入
新スレでの巻き返しをはかる

果たしてボロボロの自尊心は取り戻せるのかァッ!!?



814 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:33
読み手の限界もあるけど
書き手の限界もあるにょが
相対論ってぇもにょである

815 :考える名無しさん:04/08/07 02:37
Dブレーンってなんですか?

816 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:38
おしゃれアイテムにゃ

817 :考える名無しさん:04/08/07 02:40
>>814
自分の思想を相手に読ませたいのであれば
それなりの言葉で書くことが必要だワン
「わからないやつはほっとく」ってのは
心に余裕がない印だワン

818 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/07 02:42
やっぱり無理だったかな。
形ある唯物(有)と形無い唯識(無)を論ずるのは
1を0で割るようなものなのでしょうか?

819 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:42
にゃんつーか
そういう教師や上司、先輩っておおいにょよねぇ

820 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:43
色を空で割ってみるとどうにゃるのかにゃ

821 :考える名無しさん:04/08/07 02:44
>>818
1を0で割れば∞だワン

822 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:46
畜群でおもいだしたけど
2chのトップって昔は鳥獣戯画だったにょよね

823 :考える名無しさん:04/08/07 02:47
>>819
心に余裕がないのは悪いことではないワン
ある意味一生懸命生きてる証拠だワン

824 :考える名無しさん:04/08/07 02:47
>>818
概念を論ずることができないというのは、分かってないということと同義です。


825 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:48
猫はネットに一所懸命だにゃぁ
良くない生活にゃ

826 :考える名無しさん:04/08/07 02:49
いまこのスレに書き込もうとしているあなた
書き込んだら、あなたはガンになります。
あなたです、あなたが書き込めば必ずガンになると断言しておきます。
ウソだと思いますか?
だったらどうぞあなた自身の身体で体現なさってください。
結果は一ヶ月以内ででます。
警告しておきますが私の言っていることは本当です。
恐らく私をカルト宗教や詐欺師の類いであると思い込んでいるのでしょうが
あなたはここで重大な誤解をしたことになる。
なぜなら私の能力は本物だからです。
その私の能力を証明してくれるのはあなたです。
これ以降、このスレに書き込むあなた、あなたはガンになる。
なぜなら私の能力は本物だからです。
その私の能力を証明してくれるのはあなたです。

827 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/07 02:50
>>820-821
やはりそうですね。無限の中に生きる有限の人(有情)との関わりを見出す事が
唯識(に限らず)の目標なのですが。

828 :考える名無しさん:04/08/07 02:52
>>827
唯識って何かワン
頭悪いからわからないワン


829 :考える名無しさん:04/08/07 02:53
1÷0=∞?

算数やり直そうね。



830 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 02:55
>仏教学説の一。一切の現象を心によって誤って分別されたものとして説明する。

誤って分別ってどういうことにゃのかしら

831 :考える名無しさん:04/08/07 02:56
>>829
今更勉強し直す気はさらさらないのだワン

832 :考える名無しさん:04/08/07 02:58
>>830
どっかのおばかが「自分が正しい」って思っただけだワン
「自分が正しい」って基準で物事考えると「他人が間違っている」ってなるんだワン
おばかの言うことはほっとけばいいワン

833 :考える名無しさん:04/08/07 02:59
>>827
1÷0=∞で素直に納得しちゃって、そこから手前勝手な唯識解釈しようとする人間には
根本的に知性が足りない。 
学問なんざやめとけ。


834 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/07 03:00
>>826
見事に当たりましたね。
おもしろいネタなので。私の末那識を操作できるのでしたら
それも可能でしょう。
>>830
総てはそれぞれ独立して成り立っているとか
「偏計所執性」というものです。その原因はそうさせる末那識にあるのですが。

835 :考える名無しさん:04/08/07 03:00
>>832
つまり 機械はほっとけばいいワン ということだね


836 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:01
自分がかしこいとおもうと
他人がばかににゃるってことかにゃ

837 :考える名無しさん:04/08/07 03:03
>>835
意味がわからないワン
なんで機械をほっとくのだワン

838 :考える名無しさん:04/08/07 03:03
http://ja.wikipedia.org/wiki/

↑機械タン、ウィキペディアに機械タンの最終真理がないよ。
「機械論」もまだ記事がないからついでに追加してきて

839 :考える名無しさん:04/08/07 03:07
>>836
違うワン
私がバカって思った人を私がバカって言っているのだワン

840 :考える名無しさん:04/08/07 03:07
往生際が悪いぞ 機械タン
ここで恥をかいても死ぬわけではない。
明日のバイトに備えて早く寝なさい



841 :考える名無しさん:04/08/07 03:07
Dブレーンってなんですか?

842 :考える名無しさん:04/08/07 03:08
あ、機械って機械タンのことだったのねワン

843 :考える名無しさん:04/08/07 03:10
バカが恥じかくのを見るのは楽しい
    ↑
 このスレの raison d'etre



844 :考える名無しさん:04/08/07 03:10
>>843
機械タンのことですか?

845 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:11
羞恥プレイとはまにあっくだにゃぁ

846 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:13
唯物論者=サディスト
観念論者=マゾヒスト


にゃんちゃって

847 :考える名無しさん:04/08/07 03:14
うーん、機械タンはSかMかっていうとMぽいよね

848 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:15
快楽主義者の哲学って本が押入れのどっかにあったにゃ

849 :考える名無しさん:04/08/07 03:16
つまんねースレ

機械がいると場がしらける
リアルでもそれで虐げられてきたのだろう



850 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:17
あ、「快楽主義の哲学」だったにゃ

851 :考える名無しさん:04/08/07 03:17
踏まれても踏まれてもこたえない機械タン

852 :考える名無しさん:04/08/07 03:21
>>851
リアルではシカトされて終わりだけど
このスレでは誰かしら相手してくれるから

2ちゃん中毒ステージ4状態



853 :考える名無しさん:04/08/07 03:21
批判・反論をわけわからない詭弁でかわすだけで、自分のお説を
解説しないから叩かれるんだよね。

いつまでたっても決定論が証明されないし。

854 :考える名無しさん:04/08/07 03:22
>>852
一日中ここにいるもんね・・・ほんと寝てる時間以外ずっとって感じ
仕事してるとしたら、何してるんだろーか。

855 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:24
全ての原因ねぇ・・・

856 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/07 03:36
このスレッドで知りました「クオリア」。
その向きをどちらにするかなんですね。
意識は前五識(五感)と末那識の間にあって、ほとんど外側(前五識)を向いています。
末那識にそうさせる力(プログラム)があるのですが。
それは自分の意思(意識)では操作が難しいです。
前五識(脳)は末那識のプログラムを実行するだけです。
個々ではDNAとかでしょうし、もっと範囲を拡げるなら物理法則でもいいでしょう。

857 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:39
意識の決定的原因を
唯識では阿頼耶識と設定しているにょかにゃ

科学では意識の決定原因を
ニューロンとグリアとか設定しいるにょかにゃ


でもどっちも無限後退しそうだにゃ

858 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:42
>856

宗教って内側に意識を向ける瞑想が得意らしいにゃ。
瞑想はむかしむかしの哲学者も得意だったらしいがホントかにゃ。

859 :考える名無しさん:04/08/07 03:46
>>856
>意識は前五識(五感)と末那識の間にあって、
前五識と末那識はどこに「ある」のですか?
どうやってそれらの存在を確認すればいいのですか?
その「間」は一体何mmほどですか?

>末那識にそうさせる力(プログラム)があるのですが。
末那識の筋力は何kgほどですか?
あれ? 力とはプログラムなのですか?


あなたの言ってることは不明確で、わけが分かりません。



860 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:47
脳内現象学ってあるにょかにゃ

861 :考える名無しさん:04/08/07 03:48
>>869
アホ?

862 :考える名無しさん:04/08/07 03:48
869を踏んでやるぜ

863 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:49
>859
スープをナイフとフォークで飲もうするとストレス溜まるにょよ

864 :考える名無しさん:04/08/07 03:50
アンカーをミスった煽りほど情けないものはない


865 :考える名無しさん:04/08/07 03:52
>>859>>864だって人目で分かるなw

866 :考える名無しさん:04/08/07 03:53
また誤字が・・・もちつけ

867 :考える名無しさん:04/08/07 03:54
存在することを確認する方法を述べないまま延々と進行するお話のことを

「 お と ぎ 話 」 と言います。



868 :考える名無しさん:04/08/07 03:55
>>859>>864>>867

さっきは別のスレを荒らしまくっていた香具師。

869 :考える名無しさん:04/08/07 03:57
ゲッツ

870 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 03:57
時間的に夜伽ばなしだにゃ

871 :考える名無しさん:04/08/07 03:58
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/5272/index.html

872 :考える名無しさん:04/08/07 03:58
唯識バカさらしあげ


873 :考える名無しさん:04/08/07 03:58
機械といい唯識といい・・・ マヌケ過ぎw

ちょっとした質問に癇癪起こす点なんかそっくり



874 :考える名無しさん:04/08/07 03:59
Dブレーンってなんですか?

875 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/07 04:01
>>857
単純に言えばそうなのですが、そのプロセスが難解で・・
実際にある(ように見える。そして「言葉」によって固定された)
ニューロンとグリアと
阿頼耶識(宇宙)との関係ですね。
>>859
>どうやってそれらの存在を確認すればいいのですか?
(意思)意識ですね。
喩えるならちょうど素粒子の観測のようなものですね。

876 :考える名無しさん:04/08/07 04:01
>>859>>864>>867>>873
以上、馬鹿の代表的意見でした。


877 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 04:03
宇宙の決定的原因をビッグバンとして
ビッグバンの原因はにゃにかと聞けば
その前にはにゃにもない 無だとゆー 

全ての物質の原因は空というなら
色即是空を連想しちゃうにゃ
全ては夢だというあれにゃ

そういえばこのスレッドシリーズの最初のレスは
>俺らの意識は「複雑な細胞コンピュタが見る夢」にすぎない。
そういうレスだったにゃ。

まーわるーまーわるうよーじだいーはまわるー にゃ

878 :考える名無しさん:04/08/07 04:05
>>875
原理的に万人に確認可能な観測方法を書かないと学問にはなりません。

たとえ話は結構。



879 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 04:08
万人に観測可能といっても
一流大学卒じゃにゃいと
観測できにゃいこともいっぱいあるにゃぁ

880 :考える名無しさん:04/08/07 04:08
>>877
「無」が「有」ったなんてヘンだなぁ。
ムリヤリ決定論にしなくてもいいじゃない、人間にはワカンネということにしとけば。

881 :考える名無しさん:04/08/07 04:11
>>879
つまり878みたいな頭の悪そうな奴はほっとけってことかい?

882 :考える名無しさん:04/08/07 04:16
>>879
じゃあ、言い換えてあげよう。

きちんと手続きを踏みさえすれば、アラビア人にもエスキモーにも北朝鮮人にもシュメール人にも
国会議員にも大学教授にも引きこもりにも確認可能な観測方法を書かないと学問にはなりません。

たとえ話は結構。




883 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/07 04:22
>>882
ご自分で答えをお書きになられてますね。

884 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 04:24
命令とデータを実行すれば1ビット脳の猫にもできるにょかぁ それはいいにゃぁ

それはそうと、そーいう脳内現象が発生しやすい手続きを
伝え残してきたのが仏教なんじゃにゃいかにゃぁ

きちんと手続きを踏みさえすれば〜という点においては
宗教も学問と同じく開かれているにゃぁ


猫はどっちもむりにゃけど

885 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 04:28
現象学の対象をクオリアという脳内現象とした場合、
どーいう手続きににゃるのかにゃぁ。

886 :考える名無しさん:04/08/07 04:36
>>885
本質直観してみればいいじゃん、自分で。

887 :考える名無しさん:04/08/07 04:53
853 名前:考える名無しさん 投稿日:04/08/07 03:21
批判・反論をわけわからない詭弁でかわすだけで、自分のお説を
解説しないから叩かれるんだよね。




888 :考える名無しさん:04/08/07 06:53
>>886
かんべんしてあげるワン
チミの言っていることは人によっては死ねって言っているのと同じだワン
ゆっくりおおきくなればいいんだワン

889 :考える名無しさん:04/08/07 09:44
なんで、にゃあにゃあ言ってんの?
軟化させる意図があるな?

890 :考える名無しさん:04/08/07 12:16
Dブレーンってなんですか?>機械タン

891 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 12:20
土井利忠と天外伺朗は同一人物だったにょかぁ

892 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/07 12:21
http://www.google.com/

893 :考える名無しさん:04/08/07 14:09
>>888
な、なぜだ。本質直観ぐらいイパーン人でも出来るぞ。
現象学ってのはそういう、哲学らしい学問なんだ。

894 :考える名無しさん:04/08/07 23:22
いじると電波を発する特殊な機械を作ったとする。
下敷きでこすったりハンドルを回したりする、そうした物体というものは、
熱すると光を放出するという黒体輻射で説明できないものだろうか。

普通は、ちょっと熱したぐらいで光は出てこないと思うのだが。

895 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/08 00:46
>>894
「熱」=絶対零度以上の温度=分子の運動は必ずある波長の「電磁波」を
「真空」(でなくてもよいが)に向かって「発射」します。
いわゆる「赤外線」です。「可視光線より波長が長い」ので、
「眼細胞が『認識』できる一番波長の長い電磁波」より「長い」波長を持つ
電磁波=「スペクトルの赤(赤紫)」より「長い波長」という意味で、
「赤外線」と呼ばれています。

896 :考える名無しさん:04/08/08 00:58
サッカーで日本が優勝したね。
機械はサッカーに興味ある?
サッカーに熱狂している人々をどう思う?

897 :「機械的唯物論」者 ◆Wrk8395W0I :04/08/08 01:01
>>896
面白い試合はありますね。特に「ナショナリズム」が絡んでくると
よけい面白くなります。
「中国の観客」について「民度が低いから」という石原都知事の「感想」
は、あくまで「感想」であると解釈しております。
(石原氏はいつまで経っても「文学者」の域を超え「えない」ということです。

898 :考える名無しさん:04/08/08 01:18
>>897
ナショナリズム?まあ、そうも言えるかもな、でもそれが悪いの?

899 :考える名無しさん:04/08/08 01:19
機械は代表厨


900 :考える名無しさん:04/08/08 01:22
機械理論ではすべてが必然なんだから、「良い」も「悪い」もないのだ。
「真理」が「嘘」より「良い」とすら言えないのだ。

901 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/08/08 01:24
>>898
「良い悪い」の問題ではありません。
『相対主義を採るか否か』の問題です。
 あなたが(たとえば)中国人で、「日本の侵略」を初等教育で「刷り込まれた」ら、
果たして今の「中国人の観客」について、今のような今回の中国人観衆の反応は
「フェアではない」という「感想を持ち得るかどうか?」の問題です。

902 :Ms.名無しさん:04/08/08 01:26
>>1
そもそも脳が物質のみで構成されているという考えが誤りだな

903 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/08/08 01:28
>>902
では、「物質」=分子以外の「何」が「脳の構成要素」として「在る」
とお考えですか?

904 :考える名無しさん:04/08/08 01:31
>>903
Dブレーンってなんですか?

905 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/08/08 01:37
>>904
まず、検索エンジンで「Dブレーンand超ひも理論」で検索してみたら
いかがですか?

906 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/08/08 01:42
脳内メラトニンの蓄積により非常に眠いので、寝させて頂きます。

907 :考える名無しさん:04/08/08 01:55
以後、猫がにゃあにゃあ騒ぎます


908 :考える名無しさん:04/08/08 01:56
>>905
ネット上の似非物理学者じゃなくて、機械タンに解説してもらいたいのです。

909 :考える名無しさん:04/08/08 01:59
機械といい唯識といい
最低だな


910 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/08 07:10
>>907
猫は人とちがって一年中発情期ではにゃいにょよ

911 :考える名無しさん:04/08/08 07:57
すべての意識は必然とするのなら、あらゆる宗教の信仰も必然であり、
1が否定したいのであろう「全ての観念論」も必然である。
とするなら、必然的に発生した「全ての観念論」を否定することは、それを生み出した機械的唯物論
を否定することである。そしてまた、必然的に発生した「全ての観念論」を1が否定することも
必然である。つまり、機械的唯物論は「全ての観念論」を肯定もし、否定もする。
これは矛盾する。よって1の主張は正しくない。

1がこのスレを立てることも、漏れがレスをつけるのも、
必然であって、何が真実で何が真実でないかを議論することも必然であることになる。
このレスを誰かが読むことも必然で、誰がこのレスのレスをつけるのかも・・・or2

912 :考える名無しさん:04/08/08 08:48
にゃぁにゃぁ、キモイ

913 :考える名無しさん:04/08/08 09:58
>>901
バカ親に「ぬすみたかりは良いことだ」と教え込まれたからといって、
ぬすみたかりが許されるわけでありません。
それは、「学歴や名誉に強いコンプレックスを持たざるを得ないよう育った」からといって
匿名掲示板で煽り・知ったか・自演を繰り返すことが許されないのと同様です。


914 :考える名無しさん:04/08/08 14:46
>>783
これって宗教家の言う神秘体験みたいですね。
信仰心がないと神と邂逅してもわからないらしいですが、
私が機械タン流真実を理解するには、機械タン教に入信すれば可能ですか?
お布施はいりますか?

915 :考える名無しさん:04/08/08 14:55
真理をみると「ぐぐっとくる」ようですね

916 :考える名無しさん:04/08/08 15:15
お宅って猫好き多いよね

917 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/08 17:48
>>912
そんなこと書く人 嫌いにゃ

918 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/08 17:50
安部公房は戦時中は猫好きだったらしいにゃ

殴り殺して七輪で焼いて喰うほど

919 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/08 17:59
にゃんちゅーか
『他人の人生の意味』のぉおお定義と真偽のぉおお判定をれきるにゃんて
決定論はしゅごいぃのぉおおょぉぉぅにゃぁぁ゛ぁ゛


920 :考える名無しさん:04/08/08 20:00
>>919
定義と真偽が判定できるの?じゃ俺のやってみて。

921 :考える名無しさん:04/08/08 20:05
機械タンの人生は偽である

922 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/08 20:09
では>920さんもどちらさんも よう御座んすね?では丁半入るにゃ

『しょぉーぶ』

923 :考える名無しさん:04/08/08 20:34
>>922
半。ってどっちだっけ

924 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/08 20:38
半は奇数にゃ

925 :考える名無しさん:04/08/08 20:49
>>924
じゃあ半。

926 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/08 20:57
一・六の半!にゃ

おめでとー


ttp://www.tanomi.com/limited/html/00015.html

927 :考える名無しさん:04/08/08 21:02
>>926
それで、おれの人生は・・・?

928 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/08/09 00:48
>>914
>これって宗教家の言う神秘体験みたいですね。

「みたい」だとはおもいますが、「そのもの」ではありません。
ニーチェが「山上の体験」で垣間見た「コントロールしている」
体験です。
 けして「修行を積み重ねること」で獲得できる境地ではなく、
「この世界は一体なんなのか?」と「問い続ける」こと=「哲学に『哲する』
こと」以外の方法はありません。
 気の弱さで「横道」に逸れると、「宗教という(デザート)メニュー」に迷い込み、
よくいる「宗教じみた教訓を垂れるもっともらしい爺」になるのが関の山です。

929 :考える名無しさん:04/08/09 01:04
>>928
>よくいる「宗教じみた教訓を垂れるもっともらしい爺」になるのが関の山です。

機械タン自身そうなんだよ、自覚するというのは難しいんだね。

930 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/08/09 01:04
横道に逸れた結果が機械君だ。

931 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/08/09 01:05
>>929
同時カキコだ。結婚を申し込んでよいだろうか?

932 :考える名無しさん:04/08/09 01:17
>>931
イヤン

933 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/09 02:39
>>928
「機械的唯物論」者さんの書き込みの中で
>「この世界は一体なんなのか?」と「問い続ける」こと
とありますが、これは外ではなく当に内に対する問いかけではないでしょうか?

934 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/09 10:10
2chでうにゃうにゃしているのはデザート、『魔境』という気がしにゃくもにゃい

935 :考える名無しさん:04/08/09 10:33

まあ最終的に「オマエモナー」と言う事で

936 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/08/10 00:33
>>933
ある意味で「核心」に近づいております。
「外界のクオリア」と「内界のクオリア」を私たちは「画然と区別」
したがります。
 しかし「バーチャルリアリティ」の技術の発達や、例えば映画における
ディジタル処理技術や7・1サラウンド技術の発達は「内界と外界」という
「クオリア分類の仕方」が、必ずしも「絶対」でないことを私たちに
「体験」させてくれます。

937 :考える名無しさん:04/08/10 00:39
====================自演人生糸冬了 ================


938 :「機械的唯物論」者 ◆P2/88us4zc :04/08/10 00:41
>>937
ということならば、今日は寝させて頂きます。

939 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/08/10 00:48
いままで、何度も「核心」に迫ってるんだけど。
そのたびに眠くなってた人がいたからねえ。

940 :考える名無しさん:04/08/10 01:09
結局チキンなのは機械の方なのか挑戦者の方なのかごっやいなんんか

挑戦者がだらしなくて観照れないほど見苦しいスレ

・・・・・・・・・・・終了・・・・・・・・・・・

941 :考える名無しさん:04/08/10 01:11
====================自演人生糸冬了 ================



942 :考える名無しさん:04/08/10 01:13
仮に自演だとしたら芸術的価値はあるな、

943 :考える名無しさん:04/08/10 01:14
( ´∀`) オマエモナー

944 :考える名無しさん:04/08/10 05:32
>>940
ほんとに終了してね?21立てないでね。

945 :考える名無しさん:04/08/10 08:31
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1086625225/

臆面もなくこんなことを言えるぴか=機械って・・・

946 : ◆R/rLuLKeEI :04/08/10 08:52


947 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/10 09:43
物教徒はLSDで至高体験にゃ
でも好奇心は猫を殺すから
マタタビで我慢するにゃ

948 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/10 09:43
>>933「核心」とありましたので
この辺りで「唯識」の核心を。
>>928の「この世界は一体なんなのか?」と「問い続ける」こと
唯識ではこのレベルを「因位」といいます。
前五識・意識・末那識・阿頼耶識、つまり「識」の状態です。
この世界を了知すること(完全に知ること」は「果位」といいます。
先の四つの「識」が「智」に転ずることをいいます。
具体的には
成所作智・妙観察智・平等性智・大円鏡智に転ずることです。
これを「転識得智」といいます。

949 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/10 09:52
問題を忘れれば問題はにゃくなるにゃぁ

950 :考える名無しさん:04/08/10 14:27

チェスの駒が「物質」であることには、誰も異論がない。
でも、チェスのゲーム内には物質以外の「何か」がある(筈)と考える人がいる。
しかし、それは願望思考・自己欺瞞という「観念論的誤謬」だ。

チェスの駒を構成するプラスチックは有機高分子をのばし、突端から
分泌する接着剤分子で、任意の形に成型されるだけだ。
勿論、チェス内の駒を取ることや駒移動のようなゲーム状況もだ。

プラスチック構造学と材料力学の対象分野「プラスチックレベルの現象」が全てだ。 
この「宇宙」でチェスの駒だけが「特殊な物質」であるとする科学的根拠は
全くない。チェスの駒も地球上における「物質の変化」の一過程にすぎない、
チェスの駒が造り出す『ゲーム』も何ら「特別」ではない。

 「どこに駒を移動させるか、どれを取るか」は、あらかじめ物理・化学法則により
決定されている。ゲームプレイ感は文字通り『感じ』にすぎない。
チェス戦術論の「相手の手の未知性」はゲームには何の関係もない「単なる観測問題」。

 以上が「超・大統一理論」=量子論と相対性理論の統一後に残存し得る
『唯一の最終真理(思想)』の輪郭だ。基督教の末裔「観念論」は頓死である。


もう機械の相手をするのはやめにしたら。
なんにもならないよ。論理が破綻してる人を相手にしても。


951 :考える名無しさん:04/08/10 14:37
って今過去ログ見たら、機械って一人じゃなかったのか。
おまえら漫才やってただけだったなんだ。指摘して損したわ。

952 :考える名無しさん:04/08/10 14:39
定理29: チェスゲームの中には何一つ偶然的なものは存在しない。一切はチェスの本性の必然性から
一定の仕方で存在や作用へと決定されている。

定理30: 現実に有限な知性も、現実に無限な知性も、チェスの諸属性とチェスの諸変様を把握
しなければならない。そしてこれ以外の何ものも把握しない。




953 :考える名無しさん:04/08/10 14:41
物理的に決定されていれば、その運動法則に従って
未来も予言できる。

しかし、どのように物理的に決定されているか
を知ることに限界があることを不確定性原理は示している
んじゃないか。

ということは、どのように決定されるかは人間
には認識不可能なのだ。かくして認識される世界
には、つまり人間にとっては決定論は存在しないに等しい。

954 :考える名無しさん:04/08/10 14:55
そもそも決定されてる、なんて状態はない。
"運動法則"は、人間が定義したモデル。(科学に無知な奴が
そこを勘違いして決定論が生まれる。)

人間は神じゃない。神の視点ですべてを知ることは不可能。
対象をそのように見る、というモデルのみが、知ることのできること。

つまり、運動法則によって決定されてるというのは、
人間がそのように定義する、よって定義されている、という
まったく意味のない言い方。何も説明になってない。

955 :考える名無しさん:04/08/10 15:08
>>952
チェスやったことありませんか?
任意の手番で、相手が次に何の手を打つかは、確定してないから絶対にわからない。

たとえば2通りの攻め方ABが考えられるとき、Aを打てば相手はそれに対応したA’を、
Bを打てばB’を、と別なゲーム変化をするのだから、チェスのルールだけじゃなくて
『ゲーム』にはそれプラス別の要因が影響します。

956 :考える名無しさん:04/08/10 15:15
ある有名な哲学のパロディだと気付かないようじゃ・・・

957 :考える名無しさん:04/08/10 22:40
そんなことよりDブレーンって何ですか?
ネット上の似非物理学者じゃなくて機械タンの解説キボンヌ

958 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/11 00:33
>>952
『「主観」と「客観」を区別できる』ようになってから、哲学板に来てください。
首を長くして待っております。

959 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/11 00:37
>>956
>そんなことよりDブレーンって何ですか?
「何ですか?」と問われても・・・困りますが、
私のイメージでは「10次元における『超ひも』がくっついている板」
あるいは『11次元における超ひもを包含した「全体」から「超ひも」
を引いた部分』です。


960 :考える名無しさん:04/08/11 00:46
>>950
チェスの駒は物質であるが、人の脳もまた物質である
両者を素粒子レベルで考えると違いはない
脳内に意識が存在するとすれば、チェスの駒にも意識があって不思議はない
物理的作用と生理的作用の波動は同じであり、境界はない

961 :「機械的唯物論」者 ◆t3KtfGYSoA :04/08/11 00:56
>>960
むー・・・文科系徹底組ですね?
「チェスのコマ」が「分子の固まり」であることは認識できても、
「それを動かす指の筋肉を動かす小脳をうごかす・・・」
「モノ」は「何」なのか?ということは関心が及ばないということですね?

962 :考える名無しさん:04/08/11 02:07
OH♥

963 :考える名無しさん:04/08/11 02:10
端的に言えば、今の物質を動かしてるのは、一瞬前の物質の衝突エネルギーなんじゃないの。
以下、無限に遡及できるんだけどね。

964 :考える名無しさん:04/08/11 05:52
初めて哲学板に来てこのスレタイに感心した
20も続いているのかと
物質ある限り続けてほしい・・・

965 :考える名無しさん:04/08/11 12:38
脳は物質、意識は物質、欲望は物質、愛は物質、電気は物質、風は物質、経済は物質、

ぶっ‐しつ 【物質】
--------------------------------------------------------

1 もの。品物。生命や精神に対立する存在としての物。「―の世界」

2 物理学で、物体を形づくり、任意に変化させることのできない性質をもつ存在。空間の一部を占め、
有限の質量をもつもの。素粒子の集まり。相対性理論ではエネルギーの一形態、量子論では場とされる。

3 哲学で、感覚によってその存在が認められるもの。人間の意識に反映するが、
意識からは独立して存在するもの。




966 :考える名無しさん:04/08/11 12:56
物質のクオリア 数のクオリア


967 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/11 13:36
感覚的クオリア(物質)  志向的クオリア(数)

物理法則は志向的クオリアにゃ

968 :考える名無しさん:04/08/11 14:49
クオリアがわからん。

969 :機械仕掛けの猫 ◆TnyiTB/aRc :04/08/11 14:58
「クオリアがわからない状態」もクオリア  にゃ

970 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/11 15:16
>>969
意識と末那識の「合わせ鏡現象」「金太郎飴」現象ですね。

971 :考える名無しさん:04/08/11 20:05
>>969
珍しく少ーしぐぐっと来ましたよ、機械タン。

「分からない」って何だろう?


972 :はなたれ念仏小僧:04/08/11 20:19
>>958 はたして主観と客観が厳密に区別できるかね。 これについては結論でてたの?

>>963 
  物質を物質として機能させているものがエネルギーとするなら
  この定義でいくとエネルギーとは非物質的なものではありませんか?
  エネルギーをエネルギーとしての働きを維持させているのは何なのか?
    

973 :考える名無しさん:04/08/11 20:26
>>972
エネルギーをエネルギーとさせているのは物質(4つの力)です。

974 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/11 20:45
>>972
維持「させている」という言葉で表現しているのですから
「時間」でしょう。
>>973
核心に近づいてきましたね。

975 :はなたれ念仏小僧:04/08/11 20:47
>>973 そうですか。
エネルギーをエネルギーとさせている4つの力の力(ちから)とは何ですか。





976 :はなたれ念仏小僧:04/08/11 20:58
>>974
>「時間」でしょう。
私には オカルト的な時間実体(霊)のようなニュアンスにうけとってしまいますが
私は何度ももうしますが 時間と空間はモノ(物体)の属性である と言っています。

 エネルギーをエネルギーとしての働きを維持させているのは何なのか?
 という問いに
 >エネルギーをエネルギーとさせているのは物質です。 (私の定義を逆にしとるではないか!)
 というのは不適切だとおもいますが
 >エネルギーをエネルギーとさせているのは力です。
 というなら違和感ありません。

977 :973:04/08/11 21:02
物質(4つの力)とエネルギーは同じものを別の側面から見た現象で
同じ事を指し示しています。

978 :はなたれ念仏小僧:04/08/11 21:12
>>977
ようするに 波動か粒子ということですか?

979 :はなたれ念仏小僧:04/08/11 21:29
>977
さらに質問しますと
>物質(4つの力)とエネルギーは同じものを別の側面から見た現象で
物質状態をどういう側面でエネルギー状態をどういう側面なのでしょう。
>同じ事を指し示しています。
同じものとはおっしゃらないのですね。何が同じことなのですか?
物質状態でもエネルギー状態でも変わらない事とは何でしょう?

980 :考える名無しさん:04/08/11 22:12
J( 'ー`)し
  ( )
  | |
【カーチャン】
カーチャンを見た人はいつでもいいので
生きている間に孝行して下さい。
そうすれば死後後悔しないですむわ遺産相続するわ
美しい思い出になるわでえらい事です。

981 :973:04/08/11 22:25
>>979
物質のエネルギー(=熱=質量)をどんどん高めて行くとバラバラになって次第に真空に近づき
終いには本当に真空になってしまいます。

エネルギーは4つの力の斥力(せきりょく)です。
原子核の周りに漂う電子に光子をぶつけると電子のエネルギーが高くなるわけですが
結果、電子と原子核を引き付ける電磁気力が弱まり電子の軌道が外周へと膨らみます。
大きなエネルギーを持った光子をぶつけるほど電子はより外の外周へ膨らみます。
量子のエネルギーの差は波動の波の細かさです。
光子なら波長の細かいγ線が高エネルギー状態で電波などは低エネルギー状態です。
また、電子がエネルギーを失うとより軌道は内側へ移動します。

核融合で高エネルギーの光が出るのは、中性子と陽子の核力(強い力)を今まで
引き離していたエネルギーが不用になって放出されたからです。
核融合した後の中性子と陽子はエネルギーが低いのです。


そこに1つの現象があると確認できる時、事象は1つでも二つの側面の関わり合いが
起こしています。力もエネルギーもお互いが居ないと現象を引き起こせません。

982 :はなたれ念仏小僧:04/08/11 22:46
>981
では 物質を成り立たせる4つの力でありエネルギーであるものは威力を増大されると真空になるのでしょう。
それなれば真空自体も一つのチカラ状態であり、物質であり、エネルギーであることになります。
原初においても真空状態だったのでしょう。それは通常の物質状態ではない物質状態、オカルトでは未分化の物質、原初物質(即ち霊質)といわれます。

さて意識をどこにもとめましょうかねぇ


983 :973:04/08/11 23:11
>真空自体も一つのチカラ状態であり、物質であり、エネルギーであることになります
そのようですね。真空は4つの力が働けないくらい超高温だけどそれを確認のしようが
ないので絶対零度とか呼ばれています。

>意識をどこにもとめましょうかねぇ
機械タンに何度か言ったけど、物質は分かりきったものではなくその成り立ちが
分からないと未知同然だと。
物質が物質であれることが意識の元だと思います。(この場合の意識は高度な
思考力を指しているのでない)

984 :はなたれ念仏小僧:04/08/11 23:38
暇だからかきましょう。

認識は知覚器官(知覚媒体)と知覚主体が無くてはいけない。
かりに脳といえるものを持っている生物を知覚主体が存在する生物として意識を有するとするなら
脳があるのと無いのとではまったく違うエネルギー状態があると認めるのであろうか。そうでないのであろうか。

985 :考える名無しさん:04/08/11 23:48
物理学の知識をいろいろいじって「意識」が何か考えても答えはでんでしょう。
あれからフサルよんだの機械タン。

986 :考える名無しさん:04/08/12 00:05
話が難しくなってくると出て来ないね、機械タン…

987 :はなたれ念仏小僧:04/08/12 00:11
彼は認識は想像されたものである といっているらしい。

第三者論文抜粋

フッサールの認識論の根底には、「認識者は自分が創ったものを洞察し」、完全なる認識、つまりアプリオリな認識は、
「われわれ自身が創り、所与の中に投げ入れたもの」についてだけなされる、という〈認識=創造〉なる「デミウルゴス」モデル

988 :考える名無しさん:04/08/12 00:15
>986
てか、最近はむしろどんどん蚊帳の外な感じになってきている
機会タン・・・・
機会タン以外の人が話していることの方が哲学としては面白くて、
機会タンが話していることは、なるほどこんなに○○○○な人も
いるんだなぁ、と違った意味で面白いのでありまつ。

989 :考える名無しさん:04/08/12 00:20
機会が減ってきた機械タン。

990 :唯識 ◆Vidya0E1.s :04/08/12 00:22
物理的実体を持たない「意識」を
物理的に(素粒子を探し出すように)確認する方法は無いのではないでしょうか。

991 :はなたれ念仏小僧:04/08/12 00:29
>>990
ないだろ。あるなら
デミウルゴスモデル を援用して 脳物体即意識と そう思いこむことだよ。



992 :973:04/08/12 00:36
>>990
物理が意識そのものだとしたら?
素粒子の振るまいは自分を他者(他素粒子)を識別している。他者を認識している。
それには自分を認識できてないといけない。自分を認識できないのなら自分を
存在させることすらできない。我思う故に我有り 我有り故に我思う

生物が感じる感覚は五感と時間と空間の7つ。
普段当り前のように思ってるけど、この宇宙(または自分)を構成する要素
と全く同じです。なぜ宇宙外の世界のことは感じることができないのか。
物理と時空が意識そのものだとするならその説明が付きます。

>>987
認識=創造って俺の理論と同じだ。創造されるものは自分が認識できてないと
振るまいを起せない、現象も起せない、それなら存在していない事と同じ。
フッサールとはいつの時代の人だったかな?

993 :考える名無しさん:04/08/12 01:04
>>983
>そのようですね。真空は4つの力が働けないくらい超高温だけどそれを確認のしようが
>ないので絶対零度とか呼ばれています。

絶対零度とは、絶対温度目盛での零度で、摂氏-273.15度を指すんじゃあ・・・・


994 :考える名無しさん:04/08/12 01:09
たとえば「質量保存の法則」が「なぜ」成り立つのか、全然わからないね。
存在する物質(エネルギーでも力でも)が次の瞬間にも存在する(あるいは存在
しない)のは一体「なぜ」なのか。


995 : ◆R/rLuLKeEI :04/08/12 01:15
機械仕掛けの猫って疑似科学者?
本業は何か知らないが出てこないのは多忙なだけでは?

996 :考える名無しさん:04/08/12 01:17
脳はコンピューター、心はプログラマー
心は素粒子の一種である
宇宙の波動により万物と心は相互作用している
エネルギーは粒子であり波動だ

997 :考える名無しさん:04/08/12 01:17
>>994
「機械説」によれば物理法則は「神」なんだから、「なぜ」なんて
問うてはいけないのよ。

998 :考える名無しさん:04/08/12 01:19
いよいよ機械死亡かあ

永遠にさよなら


999 :ぴかぁ〜:04/08/12 01:19
何度でも復活しますがね。

1000 :考える名無しさん:04/08/12 01:20
1000?

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

243 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)