5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 ------※  哲学とは何か  ※------  

1 :考える名無しさん:04/12/26 06:45:48

そもそも哲学とは何なのであろうか。

これがよくわかっていない人は多いでしょう。

学問なのか、学問ではないのか。
文系なのか、理系なのか。
難しいのか、簡単なのか。
等々、哲学について不明確な点は多くあります。

ここは「哲学」というものについて、徹底的に議論し、
哲学という概念を少しでも明確にしていこうと試みるスレッドです。

この板を訪れたばかりの初心者にもわかりやすいように、
わかりやすい言葉で「哲学」を語ってください。


685 :二プレス:2005/07/05(火) 22:31:40
>>684 >カオルさん
 私の偽者を演じるような物好きはいないでしょう。

 先の書き込みで私が問題と感じていたことは、第一にサンバイザーのお化けをかぶることで
本来そこにあったはずの、太陽の下でのびやかに輝く「生き生きとした美しさ」がこんなにも損なわれている、
ということです。
 第二にはこの損失をどんなに声高に叫んでもそれは決して相手には届かないのではないか、ということです。
ちなみにこの第二の論点が主題です。

 問題の要点は私が「あの立場」に立ったとき、サンバイザーをかぶることはないと「この立場」から言っている
という点にはなく(厳密にいって「あの立場」に立つことは決してない)、ただ単にあれは誤っていると
感じている点にあります。

686 :二プレス:2005/07/05(火) 22:32:20
 私はこの、放っておくとどんどん「拡散していく自己」をひとつに束ねてくれる何かが
とても大事で、それを、いやその影を、追い求めてさまよっている。私は自己をぼろぼろになるまで消耗し
捧げ尽くすことを望んでいる。
 ここにフロイトの二大欲動論の交差を見出すのは比較的簡単でしょうけど、今の私にはその種の説明に
興味がない。

 それよりも私がしっくりくる説明は、<わたし>という決定的な中核を巨大な虚無に向けて投げ出していく
という生き方しかない、というようなものです。
 たとえば決して成就し得ない「愛」に向かってこの私をささげていくこと。
もはや愛してさえいないかもしれないけれど、すれ違うしかないかもしれないけれど、
それでもすべての「ものだね」である私自身をその虚無に向かって、非合理にささげていく。

 このような報われなさ非合理さ、不条理さの中にしかこの私の「生」は刻まれないように思う。
でもサンバイザーのお化けをかぶることは、なにか、報われてやろうとか、ウマい汁を吸ってやろうとかいう
思いが前面に出ていて私には理解に苦しむところがあります。
 いや、報われたいとかウマい汁を吸いたいとかいう思いははっきりと自分にもあるけれど、
それはこの私という中核を持つがゆえにどうしようもなくポロリとこぼれ出るような思いであって
サンバイザーのお化けをかぶるというような計算された冷徹な何かではないと感じるのです。

 そしてこのような隔たりの源はついには「語りえない」のではないでしょうか。
なぜならこのような隔たりこそが「この私の生」そのものなのであり、「この私の生」が
現に「この私の生」である限り、それはほかの誰にも共有されない隔たりを抱えてしまう。
だとしたらサンバイザーのお化けをかぶる理由もかぶらない理由も究極的には「語りえない」のではないか。

485 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)