5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【コウモリ】トマス・ネーゲル【倫理学】

1 :考える名無しさん:05/01/11 02:24:22
人に薦められてネーゲルの本を少し読みはじめたんですけど、面白いですね。
ネーゲルについてもっと知りたいと思ってスレを立ててみました。

コウモリであるとはどのようなことか
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326152222/

哲学ってどんなこと?―とっても短い哲学入門
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812293057/



2 :考える名無しさん:05/01/11 02:28:25
2get!
>>1
まだ読んでないのですが ぜひとも読みたい著作です>>コウモリ
よろ!

3 :考える名無しさん:05/01/11 02:29:48
邦訳が二冊しか出ていないのが残念です。

4 :1:05/01/11 02:34:13
>>2
こちらこそ、よろしくです。
私も読み始めたばかりなので、ぼちぼちと。

>>3
そのようですね。アマゾンjpで検索しても二冊しか引っかかりませんでした。

5 :考える名無しさん:05/01/11 12:10:34
景気づけにage

6 :ススム:05/01/11 14:38:27
期待スレだ。
誰ぞ各章毎にまとめるなら、それを見て僕も読むぞ。


7 :考える名無しさん:05/01/11 14:43:19
コウモリ本の気に入った章を読んでみてコメントするスレに
してもよいかもしれない。

8 :考える名無しさん:05/01/11 14:51:40
読書会きぼん

9 :考える名無しさん:05/01/11 15:03:03

http://www.tannerlectures.utah.edu/nopq.html


10 :考える名無しさん:05/01/11 15:03:55
読んだけどピンと来なかった。どこが凄いの?


11 :小森:05/01/11 16:13:09
コウモリだけど何か質問ある?

12 :考える名無しさん:05/01/11 16:17:59
お前等はどこか間違ってるぞ

13 :考える名無しさん:05/01/11 17:23:54
哲学と法学の二つの学位をもってるらしいよこのオヤジ。

14 :考える名無しさん:05/01/11 18:19:05
まさにコウモリじゃん

15 :考える名無しさん:05/01/11 18:28:41
すげえ、でも、どこか間違ってるぞ

16 :考える名無しさん:05/01/11 19:41:50
う〜ん、興味あるけど読んでないので参加できない。残念!
せめて過去スレでも張って貢献しよう。

「コウモリであるとはどのようなことか」
http://makimo.to/2ch/mentai_philo/1009/1009635823.html

とりあえず100番台まで読めば十分です。

17 :考える名無しさん:05/01/12 00:03:04
>>16
有益なリンクども!

18 :考える名無しさん:05/01/12 08:42:25
>>16は阿修羅∞落とし ◆suDYa/2Mってのが登場してからが面白かったな。
落ちもあるし。

19 :考える名無しさん:05/01/13 13:38:49
「死」の章だけ読んだ。
生きることは良いことで死ぬことはなぜ悪いのかの
理由を解き明かしていたな。
死は、一言で言うと、生きていたらできたかもしれない可能性を人から奪うから、悪なのだ、という結論が出ていた。

20 :考える名無しさん:05/01/13 14:32:22
一言で解き明かしたい香具師はネーゲル読むのヤメれ
という結論が出ていた。

21 :19:05/01/13 14:38:44
>>20
>>19はあくまで議論の叩き台としてちょっと書いてみた
にすぎません。ぜひ内容に即した反論をお願いします。

22 :考える名無しさん:05/01/13 15:17:22
ぱーひっととかねーげるとか大陸哲学の知識なさすぎね?

23 :考える名無しさん:05/01/13 15:20:06
>>22
アメリカの分析哲学者ってそういうもんだろ

24 :考える名無しさん:05/01/13 15:20:25
そうだよ。自分で考えることの弊害。

25 :考える名無しさん:05/01/13 15:24:12
アメリカの哲学科では、大陸系の哲学知識を振りかざすと
「文献学」「自分で考えていない」とみなされて
煙たがられる。

ローティでさえ哲学科ではなく比較文学科で教えているからね。

26 :考える名無しさん:05/01/13 15:24:41
ポモとか批判してる暇あったらこいつら批判した方が有益じゃね?

27 :考える名無しさん:05/01/13 15:48:00
ブランダム嫁

28 :考える名無しさん:05/01/13 15:50:10
これなんかアメリカの哲学者の大陸哲学への応答として読める。

ヘーゲルにおけるプラグマティスト的主題
R. B. ブランダム
http://www.iwanami.co.jp/shiso/0948/shiso.html

29 :考える名無しさん:05/01/13 15:51:38
アメリカの哲学科では、大陸系の哲学知識を振りかざすと
「文献学」「自分で考えていない」とみなされて
煙たがられる。

健全な研究態度ですね。不都合だと思うならアメリカの大学
(って具体的にどこ?)にクレームをつけてください

30 :考える名無しさん:05/01/13 15:53:58
大陸哲学といっても『純粋理性批判』ぐらいは読んでないと
いくらアメリカでも単にパカにされるだけ。

31 :考える名無しさん:05/01/13 15:55:37
つうかおまいらの知識が心配だよ
デイヴィドソンでさえ、マルクスの講義とかベケットの講義とかも
大学で受け持ってたくらいだし、
アメリカ人なめたら痛い目見るぞ

32 :考える名無しさん:05/01/13 15:56:04
ブランダムなんかに示されてるように、
アメリカでも流石に今は大陸哲学は十分読まれ研究されるようになってきているゾ

33 :考える名無しさん:05/01/13 17:46:54
ブランダムの主著の翻訳まだ?

34 :考える名無しさん:05/01/13 20:04:42
「副専攻」てこわいよね

35 :考える名無しさん:05/01/13 21:32:00
俺はまんじゅう怖い

36 :考える名無しさん:05/01/21 00:01:29
sage

37 :考える名無しさん:05/01/24 14:40:20
コウモリって広い意味での物理主義に対するカウンターで書かれたものだったけど、
それに対する物理主義者の反論ってあるの?

38 :考える名無しさん:05/01/24 15:12:11
あまりにも「広い意味での」だったので、どうしたら反論になるのか・・・。

39 :考える名無しさん:05/01/25 16:38:49
>>37
佃煮にするほどイパーイある

40 :考える名無しさん:05/01/25 17:31:50
ぴかぁ〜であるとはどのようなことか?


41 :考える名無しさん:05/01/25 20:56:41
うんこのようなこと

42 :考える名無しさん:05/01/25 23:34:14
ξ

43 :考える名無しさん:05/01/26 02:23:24
悲惨だなw

44 :考える名無しさん:05/02/06 21:35:10
定期age

45 :考える名無しさん:05/02/15 01:22:03
hoshu

46 :考える名無しさん:05/03/03 15:07:38
Letter from Paul Boghossian and Thomas Nagel
http://www.physics.nyu.edu/faculty/sokal/mstsokal.html

47 :考える名無しさん:05/03/10 01:04:46
定期age


48 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 12:52:38
hh

49 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 20:47:23
この人を研究対象にして、大学院哲学専攻に進むのは
可能なのだろうか。

50 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/02(土) 00:22:55
ありでしょ。指導できる教官はかなりかぎられると思うけれど。

51 :ローカルルール審議中:2005/04/17(日) 11:17:10
>>49
で、君が研究するのか?

52 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 17:28:37
>>49
どうなんだ?

53 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 23:46:05
こうもりが体験を持つことは私は疑ったことがあるし、
そんなことは全く信じないという人(特にキリスト教徒)は多いと思う。

54 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 16:26:51
日本人にはピンと来ない議論だ。
分析哲学でこの話題をしている香具師は、そらぞらしくないのだろうか?

55 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 17:48:32
頭の悪さを国籍のせいにするのはやめましょう

56 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 18:24:41
頭の善し悪しとは関係ないね。
理解できてもピンと来ないことは往々にしてあり得る。

57 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 18:34:01
ピンとキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

あなたは頭の善い日本人ですね(プ

58 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 19:40:17
一般に、無根拠な一般化とかへーきでする奴は頭悪いな

59 :考える名無しさん:2005/05/23(月) 09:56:49
f

60 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 00:29:21
とりあえずざっと目を通してみたが、「コウモリ〜」と「主観的と客観的」
にネーゲルの言いたいことが集中的に書いてあるんじゃないかと思った。
世界に対する態度には主観的な姿勢と客観的な姿勢があって、これら二つの
姿勢は互いに絶対的な意味で調停不可能である、って感じで良いのか?
まだ読み始めたばかりで自信がないから違っていたら批判してくれ。

61 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 22:46:50
読んでる人が全然いない気がする。

62 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 11:53:06
Mortal Questionsだけじゃなくて、ネーゲルの他の
著作も訳されねーかなぁ。

The Possibility of Altruism (Oxford, 1970, reprinted Princeton, 1978)
Mortal Questions (Cambridge, 1979)
The View From Nowhere (Oxford, 1986)
What Does It All Mean? (Oxford, 1987)
Equality and Partiality (Oxford, 1991)
Other Minds (Oxford, 1995)
The Last Word (Oxford, 1997)
The Myth of Ownership: Taxes and Justice with Liam Murphy (Oxford, 2002)
Concealment and Exposure (Oxford, 2002).

http://philosophy.fas.nyu.edu/object/thomasnagel

63 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 21:49:58
イラネ
日本人にアピールしないだろ
しょせんアメ公の処世倫理という感想だな
テクニカルな議論は面白いんだけどさ

64 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 22:27:31
出たよ薄らバカ

65 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 23:17:47
>>62
What Does It All Mean? なら翻訳出てるじゃんか。
あと論文だけど"Physicalism"もたしか翻訳されてたはず。

66 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 00:01:23
>>65
>What Does It All Mean? なら翻訳出てる

邦訳のタイトル教えてくらはい

67 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 00:54:09
おまいはアマゾンとかで検索するってことを知らないのか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812293057/qid=1120492379/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-6069318-7732343

68 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 01:16:20
>>62
確かに。主著が意外と訳されてないな。

>The Myth of Ownership

なんて昨今の所有論ばやりからすれば
訳されて当然であるべき書物なのだが。


69 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 05:23:47
おまえ馬鹿だろ

70 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 08:55:40
何で荒れてるの?

71 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 03:52:20
入不二基義訳の“The View From Nowhere”はいつ出るの?

72 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 12:57:46
sage

73 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 22:19:38
>>71
本当に出るの?

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)