5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死刑について

1 :考える名無しさん:05/01/12 18:46:54
どう思う?

2 :考える名無しさん:05/01/12 18:49:56
この世界からの追放だな。

3 :考える名無しさん:05/01/12 18:51:41
この世界からの永久追放だろう

4 :考える名無しさん:05/01/12 18:51:45
哲学より社会学だな

5 :考える名無しさん:05/01/12 18:52:44
罪を犯したものを死を持って償わせるのが死刑じゃないのか?

6 :考える名無しさん:05/01/12 18:54:08
今更「目には目を、歯には歯を」でもあるまいに。

7 :1:05/01/12 18:55:35
だな。殺人したところで何年か服役したら平気な顔して
でてくるからな。

8 :考える名無しさん:05/01/12 18:58:01
許すには罪が大きすぎるし、
更生も望めないから再犯の危険もあるとなれば、

まあ、追放するしかないわな。


9 :考える名無しさん:05/01/12 18:59:13
死刑は、復讐なのか?
それとも、追放なのか?

おれは、追放だと思う。
復讐するなら、単に殺して済むものではない。

10 :考える名無しさん:05/01/12 19:01:54
しかし追放するだけなら一生独房に押し込めておけばいいことではないか?

11 :考える名無しさん:05/01/12 19:06:03
秩序の乱れを防ぐ制度。

12 :考える名無しさん:05/01/12 19:08:16
考えようにしては終身刑の方が残酷かな

13 :考える名無しさん:05/01/12 19:10:55
終身刑と死刑、
どっちがいいかな。

経済的に考えれば、
跡形も無く片付けてしまうほうが、
処理も楽で良いと思うけれど。

14 :考える名無しさん:05/01/12 19:11:47
人を殺して死刑になった人は人を勝手に追放したのだから
自らも追放されるべきじゃないか?

15 :考える名無しさん:05/01/12 19:15:34
私的な殺人は、追放じゃないよ。
財産権の侵害。

ようするに、最悪の泥棒。

16 :考える名無しさん:05/01/12 19:16:10
終身刑は人に生きる生きがいをなくすのだから
それも相当きついと思うぞ。復讐という意味では死刑よりもいいかもしれない

17 :考える名無しさん:05/01/12 19:19:44
最悪の泥棒か。その人の人生を奪ったわけだからね。

18 :考える名無しさん:05/01/12 19:19:47
拷問もしない死刑に存在意義はあるか?
死刑になりたくて人を殺したなどと、本末転倒な話もでてくる
今の死刑制度は即刻廃止せよ。

19 :考える名無しさん:05/01/12 19:21:19
この国は犯罪者に人権が認められているからね。

20 :考える名無しさん:05/01/12 19:22:10
裁判官でもないくせに

21 :考える名無しさん:05/01/12 19:22:22
嫌なことは、さっさと忘れたいんだよ。
汚れは、速やかに流し去るに限る。

拷問なんぞして復讐するよりも、
とっとと追放して、無かったことにしたい。

そのほうが、平穏を素早く取り戻せる。

22 :考える名無しさん:05/01/12 19:24:02
取り戻した感じがするだけだ。
社会秩序にとってなんの進歩も無い。
むしろ乱していると言える。

23 :考える名無しさん:05/01/12 19:25:37
取り戻した感じが大切なんだよ。

平穏を演じることで、平穏を維持するのが、
長い間に身につけた、日本人の知恵じゃん。

24 :考える名無しさん:05/01/12 19:29:29
日本人の一種の「見栄」かな。

25 :考える名無しさん:05/01/12 19:31:24
いや、はらいの感覚。

だから、問題が発生したのでカネを送ってくれって言われると、
カネを振り込んでやって、ただちに疫払いしようとする。

26 :考える名無しさん:05/01/12 19:31:54
科学の発展によって地獄は失われた
地獄が存在しないのならば、人は簡単に犯罪を犯す
ならば刑罰を地獄にするしかない
死刑者は拷問張り付け八つ裂き火あぶりにせよ
恐怖で社会の平穏を保つ事が大事

27 :1:05/01/12 19:32:18
面倒なことは避けたいという日本人の
「事なかれ主義」ですな。

28 :亡の暗殺者 ◆BDuKgIQes. :05/01/12 19:33:57

中国の年間死刑者数は3000人以上

世界の年間死刑者数の3分の1

中国の年間死刑者数は3000人以上

世界の年間死刑者数の3分の1

中国の年間死刑者数は3000人以上

世界の年間死刑者数の3分の1

中国の年間死刑者数は3000人以上

世界の年間死刑者数の3分の1

29 :考える名無しさん:05/01/12 19:33:58
日本人的というか、
田舎的(狭い社会的)なのかもしれんけどね。

30 :1:05/01/12 19:36:30
自分達の狭くて小さい社会と秩序に篭りたがり
それを乱すものは排除したい、という感覚かな?

31 :考える名無しさん:05/01/12 19:41:34
あまり良い感覚ではないな

32 :考える名無しさん:05/01/12 19:41:47
平穏な日常を、一緒に演じることが出来ない存在には、
退去していただきたい、という感覚かも。

日本人みたいに、天災が多い土地に暮してると、
とにかく、事を荒立てないように、破局を招かないように、
あるいは、大事件が発生してしまってた場合でも、
なるべく速やかに、平穏を取り戻せるように、
つー方向に、頭が向かっちゃうんじゃないかと。

まあ、平穏な日常にこもりたがって、
それを乱す要素は、排除したいってことなのかもしれんけど。

33 :考える名無しさん:05/01/12 19:42:16
「て」抜きで。

34 :考える名無しさん:05/01/12 19:46:02
日本人の悲しい思想

35 :考える名無しさん:05/01/12 19:53:18
でも、けっこう使えてるよ。

36 :四式:05/01/12 19:58:12
殺人が人の犯す最大の罪だとすれば
それに変わりうる死刑が無いと、刑罰の基本的な根拠となる目には目を歯には歯をが
否定されるという事になりはしないか?
因果応報が保たれず狂暴性が容認されればやったもの勝ちとして、
さらに人の良心が狂ってくる可能性がある。

37 :考える名無しさん:05/01/12 20:01:51
でもね、復讐しても、犯罪は無くならないと思うよ。

38 :四式:05/01/12 20:02:52
今は平安時代じゃない、朝鮮人もいればシナ人もいる
やくざなんかの暴力組織があり政治的なテロ集団もいるんだよ、、。

39 :考える名無しさん:05/01/12 20:03:59
・・・つか、外国人排斥も、
実は、同じ感性に基づいてると思う。

ドイツの、トルコ人排斥も。

40 :四式:05/01/12 20:04:32
>>37
報復が無くなったら犯罪したい放題じゃないか。

41 :考える名無しさん:05/01/12 20:07:30
地獄の拷問を採用したら犯罪は激減するよ。間違いなく。もちろんその光景はTV中継しなくてはならない。

42 :考える名無しさん:05/01/12 20:08:17
基本的に性善説というか、
ふさわしい役割を果たすことを期待する社会だから。
同質の閉じた社会というのは。

犯罪は、異質であり、
排斥すべき、けがれなんだよ。

43 :考える名無しさん:05/01/12 20:14:06
>>41
それでは恐怖政治になりかねん。


44 :考える名無しさん:05/01/12 20:16:59
共感能力に欠けてるから平気で殺せるんであって、
共感能力に欠けてる奴に残酷な処刑を見せたって、
無駄よ、無駄。

つか、殺して後悔するような奴なら、
まあ、更生の機会を与えても良いわけだが、
止むに止まれぬ衝動ってやつは、
後先考えないからなぁ・・・。

45 :考える名無しさん:05/01/12 20:24:56
結局犯罪者の始末はどうすれば良いかだな

46 :考える名無しさん:05/01/12 20:25:38
追放。

47 :考える名無しさん:05/01/12 22:20:17
誤審が存在する限り死刑は認められない。

48 :考える名無しさん:05/01/12 22:21:26
冤罪で死刑にされたんじゃかなわないからなあ。


49 :考える名無しさん:05/01/15 22:11:59
もっと語ってくれ。

50 :考える名無しさん:05/01/16 00:16:15
なんで「目には目を」止まりなの?
「目には目と歯を」のがよくない?

51 :考える名無しさん:05/01/16 00:24:18
>>50
それやるとイスラエルとパレスチナの関係になるんだよ

52 :考える名無しさん:05/01/16 00:28:36
お前等は馬鹿の陳列場だ
目には裸体じゃないか、そんな事も分らないでどうするの?

53 :考える名無しさん:05/01/16 00:35:59
目にあおばやまほととぎす初鰹

54 :考える名無しさん:05/01/18 21:41:11
害人?邪魔なら殺せばいいじゃね?

55 :考える名無しさん:05/01/18 22:38:40
邪魔なら殺すが一番楽。

56 :考える名無しさん:05/01/18 22:40:47
死刑をする利点はなにかな?

57 :考える名無しさん:05/01/18 22:43:23
ドラキュラ伯爵は罪に重いも軽いも無く罪を犯したことが悪いと
考えどんどん罪人を取り締まり死刑にしていったらしいが
そのおかげで国は平和になったとさ

58 :考える名無しさん:05/01/18 22:45:55
罪人をどんどん殺していけば国は平和になるが
まず無理だろうな

59 :考える名無しさん:05/01/18 22:47:12
本当に平和になると思う?

60 :考える名無しさん:05/01/18 22:47:22
哲学的に見てそもそも死とは何なのか。

61 :考える名無しさん:05/01/18 22:48:19
>>59
人々を恐怖で強制するわけだから犯罪はなくなるだろうな

62 :考える名無しさん:05/01/18 22:50:03
死刑はその人の人生を奪うことを執行する刑。
命が惜しいものにとってはこの上なく苦痛じゃないか?

63 :考える名無しさん:05/01/18 22:52:08
一見冷酷なようだがその厳しさは犯罪を減らし、
結果的には死に刑されるものを減らしているのではないか?

64 :考える名無しさん:05/01/18 22:52:11
殺すことによって罪を償わせる。
償わせることに意味があるのか復讐することに意味があるのか

65 :考える名無しさん:05/01/18 22:53:00
>>63に同感

66 :考える名無しさん:05/01/18 22:53:37
>>61恐怖で強制するっていうなら今の日本だってかわらないじゃん


67 :考える名無しさん:05/01/18 22:55:08
>>63その社会の在り方にもよると思うけどね

68 :考える名無しさん:05/01/18 22:55:18
厳しさによって犯罪を減らせれば
結局誰も刑に処されなくなる
そういう循環が何度か続けば平和になるだろうな

69 :考える名無しさん:05/01/18 22:55:58
罰は償いでも復讐でもなく、秩序を保つため

70 :Joy:05/01/18 22:56:25
>一見冷酷なようだがその厳しさは犯罪を減らし、
>結果的には死に刑されるものを減らしているのではないか?

現実には、厳しすぎる刑は治安を悪化させた(過去の例だが)
未来においてはどうなるかは知らんが

ちなみにベンサムは、
治安をよくする方法は、刑罰を厳しくすることではなく、犯罪者に皆刑罰を与えることによってもたらされる
という主張をした
「犯罪者を捕まえて罰すること」これがきっちりできていたら刑罰の内容は関係ない
ということだね



71 :弥勒{*-_'-}人ナム:05/01/18 22:58:10
{*-_'-}人<死はない。死んだ振りがあるだけ。魂は永遠じゃ。
http://hp8.0zero.jp/123/rapha666/

72 :考える名無しさん:05/01/18 22:58:16
厳しすぎる刑によって社会の秩序は守られるか?

73 :考える名無しさん:05/01/18 23:00:12
>>70
罰することに意味があるということか

74 :考える名無しさん:05/01/18 23:02:04
日本の死刑の手段は何だっけ?

75 :Joy:05/01/18 23:02:54
>>73
そうだね、罪を犯したら必ず罰せられる
この「必ず」という部分が治安を良くする
これがベンサムの主張


76 :考える名無しさん:05/01/18 23:07:38
死刑も説教も罰せられるのは一緒か?

77 :考える名無しさん:05/01/18 23:09:44
刑の軽重も抑止力に関わってくると思いますが
その場合は死刑であるということにこだわる必要はないと思います
死刑としての意義は報復という点にあるとおもいます


78 :考える名無しさん:05/01/18 23:11:59
罰せられるというならその点では同じだと思います。
がその目的や期待できる効果はまったく違うと思います

79 :63:05/01/18 23:12:01
罪となるラインが明確ならば
馬鹿とギャンブラー以外は
罰の厳しさと罰せられる確率の積が、
犯罪を犯すことによる期待値より高いのに
犯罪起こすなんてことはないべ

80 :Joy:05/01/18 23:14:18
>>76
ベンサムはこの主張で、刑罰の基準は応報刑より軽くても治安維持は可能と主張した
殺人者と言えども、必ず死刑にしなくともよい
むしろ、犯罪者を必ず死刑にしようとすると、冤罪可能性などから裁判官が有罪の判決を出しにくい
その結果、どう考えても有罪なのに刑が執行されないよりは
(当時のイギリスは強盗でも死刑になり、そのような状況だった)
犯罪者をきっちり罰していく方が効果的、これがベンサムの主張だ

オレは、理念上だけで刑罰の良し悪しを考えるのではなく、当時の状況からの改善を考えている点で
ベンサムはすばらしいと思うよ





81 :考える名無しさん:05/01/18 23:15:14
人間はすべてギャンブラー
人生はすべてギャンブル
理性的人間像は近代の神話

82 :63:05/01/18 23:18:02
荀子が理想の国家なりと評した秦の国を見てみたいものですね

83 :考える名無しさん:05/01/18 23:18:14
人間の命が軽い国には死刑がある。
イギリスは白人の命のみ重いのだが、他の人種にも恩恵が
与えられている。
日本はアメリカに死刑があるから死刑がある。
あと、貧しい国は犯罪者を食わせる金がないから死刑にする。
治安云々は全て後付けの言葉の遊び。学者やマスコミの食い扶持を
確保するためのお話に過ぎない。以上

84 :63:05/01/18 23:27:26
害獣駆除のようなもん
ルールの下に秩序を作りその中で暮らしたいと思う、いわゆる善人達にとって
ルールを守らない奴は邪魔だからな

85 :考える名無しさん:05/01/18 23:28:48
>>84
そんな冷たいこと言うなよ!

86 :考える名無しさん:05/01/18 23:31:48
みなさん死刑が倫理に対して与える影響はどう考えますか?

87 :考える名無しさん:05/01/18 23:39:02
倫理ってなんだっけ。

88 :考える名無しさん:05/01/18 23:40:41
1 行動の規範としての道徳観や善悪の基準。
用例・作例
―感
2 「倫理学」の略。
【倫理学】
道徳とは何か、善悪の基準を何に求めるべきかなどを通して社会的存在としての人間のあり方を研究する学問。

89 :63:05/01/18 23:47:47
倫理?
いわゆる善人がつくったルールだろ
本当は全てのことに善いも悪いもないし、何をしようとそいつの自由
もし、人間を遥かに上回る知性を持つ者が人間を見たなら
人間が他の動物を見た場合と同じで、「本能のままに生きている」と判断し
その行動を善と悪で分けるなんてことはしないでしょうね

90 :考える名無しさん:05/01/18 23:50:20
>>86
そんなものない。
マスコミで取り上げられた時だけ騒ぐけど
一過性のものだな。
国民全体としては興味なしという感じだよ。
死刑は身近な問題じゃないからね。
興味あるのは金のこと、金だけ。

91 :考える名無しさん:05/01/18 23:51:02
>>89見事に論点ずれてますね

92 :考える名無しさん:05/01/18 23:53:24
>>90例えば犯罪としての殺しを子供に説明するときの
説得力に関わってきたりしませんか?それはもちろん戦争もそうですが

93 :考える名無しさん:05/01/18 23:59:48
>>92
「死刑があるから犯罪を犯してはいけない」という説明をする
ような親もいるだろうが、子供には理屈抜きで悪いことは悪いと
説明することが必要。
92の質問の意図はようわからん。

94 :考える名無しさん:05/01/19 00:21:15
損得で判断できる人間のほうが、洗脳により正義を盲信してる奴よりマシだろ

95 :考える名無しさん:05/01/19 00:34:08
>>94
どっちもどっち!
懐かしいドッチーモだ!

96 :考える名無しさん:05/01/19 00:40:48
正義を盲信してる奴って、その正義を絶対して固執するんだぜ
例えば、食物連鎖の関係が明らかになった現代でも未だに菜食主義を唱えるとある宗教とかな

97 :考える名無しさん:05/01/19 00:48:35
まずは裁くほうに立つ者を何とかしようよ

警察官とか裁判官が犯した罪は通常の倍付けで執行とかにしよ
取り締まる側しか身内を捕まえられないのはなんか変じゃない?
だから交通違反の揉み消しとか平気で出るんだよ

98 :考える名無しさん:05/01/19 00:52:21
>>96
一番やっかいなのは自分の意見に普遍性を持たせようとする奴じゃ!
>>97
それは後だ!手を付けても遅々として進捗しないからな。
泥棒が泥棒を裁くようなもんだ!(例えがおかしいぞ、俺)

99 :考える名無しさん:05/01/19 00:55:03
いや、菜食主義者の場合、
健康の為に菜食主義な人も多いから、
なんとも言いがたいと思う

100 :考える名無しさん:05/01/19 00:57:08
・・・心配しなくても、

公務員の犯罪行為は、
普通より、重くなってる。

101 :考える名無しさん:05/01/19 00:59:20
菜食主義者になるには医師の助言が欠かせない。
しかし、長生きだけが楽しみな奴ってどうだ?
野菜ばかり食われたら食料の需給バランスが崩れるぞ!
自分のことしか考えない奴もお仕置きが必要。

102 :Joy:05/01/19 01:01:02
>>101
一頭の牛に使われる餌を考えると全然効率的

103 :考える名無しさん:05/01/19 01:01:58
>>99
おい、菜食主義を唱えるとある宗教って書いただろ
間接的に殺してるのに無殺生だとかほざいて…
教え本来の意図を無視して、教祖らの教えの全てを絶対視してる宗教が多いような

104 :考える名無しさん:05/01/19 01:03:00
>>102
牛より人間の方が多いだろ!
みんなが菜食主義者になったらどうする?

105 :Joy:05/01/19 01:06:43
>>104
それで牧畜が減ったら、その方が摂取する食物の量が減る
それだけのトウモロコシが牛に与えられてる


106 :考える名無しさん:05/01/19 01:08:56
まあ、俺としては、
菜食主義云々は別として、

牛が無くても生きてけるけど、
米が無くなったら、駄目かもしんない。

107 :Joy:05/01/19 01:14:30
俺は牛がないと生きてけないな

108 :考える名無しさん:05/01/19 01:14:31
>>105
なんだ?だから菜食主義者万歳か?乱暴な話だな!
人口問題でも気にしてるのか?
それとも101で食料の需給バランスの話をしたから
その点に固執してるのか?
何が言いたいのだ?

109 :考える名無しさん:05/01/19 01:17:07
>>107
なんだ、菜食主義者じゃないのか?
つまんね。

110 :考える名無しさん:05/01/19 01:20:32
>>100
ttp://www.fbody.jp/kidiroc/blog/archives/2004_08_05.html
ttp://www.niigata-nippo.co.jp/kankin/k0811010.html

警察官が嘘ついたり、違反の揉み消しをするのは
偽証や公文書の遺棄や改竄にも当たると思いますが…
公務に着く以上、常に裁判所で宣誓したのと同じような誠実さを求められると思いますがねえ

それに、話が大きくならないと捕まえること自体が困難だし・・・

111 :考える名無しさん:05/01/19 01:27:05
いや、
特定の公務員、警官とかが重い罪を犯した場合は、
通常の刑法とは違う、専用の条文で裁かれるんよ。

組織の腐敗に関しては、また別の問題ね。

112 :考える名無しさん:05/01/19 01:31:57
>>111
まじっすか?
んじゃこのもみ消し警官どもも、3ヶ月以上7年以下の懲役よりも重い刑がこの後科せられるの?

113 :考える名無しさん:05/01/19 01:49:59
特定の犯罪の場合ね。

この場合は、知らん。w
つか、官僚主義の弊害とか、
組織の腐敗に関しては、
法律だけじゃ対処できんし。

114 :考える名無しさん:05/01/19 09:35:20
> 損得で判断できる人間のほうが、洗脳により正義を盲信してる奴よりマシだろ

何事も「損得」で判断すると言う態度が、洗脳によって形成されたものだと言う
自覚はないのか?

115 :考える名無しさん:05/01/19 12:27:37
>>114
ドーキンスに訊け

116 :考える名無しさん:05/01/19 13:18:59
俺は死刑に処されるような人間の肩を持つ気は一切ないが・・・

 13 名前:考える名無しさん[] 投稿日:05/01/12(水) 19:10:55
 終身刑と死刑、
 どっちがいいかな。

 経済的に考えれば、
 跡形も無く片付けてしまうほうが、
 処理も楽で良いと思うけれど。

こういう馬鹿も死刑に処される人間と同じくらいに悪質だと思うね。社会にとって。
一人だけで出す結果が小さいから、目に見える結果として問えないから、
犯罪でない=たいして悪くない・・・と思われているだけだ。

こういう人間を減らすことが一番大事だと思うよ。
「死刑に値する人間を減らそう」と思うよりね。

117 :考える名無しさん:05/01/19 13:25:16
>>58とか>>89とかもだね。

118 :考える名無しさん:05/01/19 13:33:18
>>89
君が言う意味で「何をしようとそいつの自由」としたときに、「何をしようとそいつの自由」という状態に
少しでもなるか、理詰めで想像してみたことが一度でもありますか?

119 :63:05/01/19 13:48:08
悪いことをしたから死刑にするなんて幼稚だな
そういう人間を育ててしまう社会を変えようともせずに罰するだけか?
善いとか悪いとかじゃなく、邪魔だからという理由で人を死刑にしている現実を見ろ

>>89 何が言いたいのかさっぱりわからんが、
他人の自由な行動を阻止するのも自由なのだから、
弱い者は強い者に支配されることになると思うよ

120 :考える名無しさん:05/01/19 14:12:33
死刑の前段階に、終身強制労働を入れればいいと思います
日に12時間以上の労働をし、独房に帰って寝るだけの生活
サボると飯などの生活レベルがどんどん下がっていく
1日いくらで計算し、被害者への保障が終わった人から通常の刑に移行
こんな日本でも昔3Kとよばれていた職場はありますから
この辺だけは北を見習おw

121 :考える名無しさん:05/01/19 14:25:13
何度も言うけど、
悪いことをしたから死刑にするんじゃなくて、
居られると迷惑だから追放するんだわ。

まあ、死刑の代わりに終身刑でも同じかもしれんけど、
「のうのうと生かしておく」ことに、憎しみを覚えそうだ。
これは、まあ、報復感情か・・・。

122 :考える名無しさん:05/01/19 14:35:43
>>121
ん、だから終身強制労働だってば
これなら社会貢献と被害者保障と受刑者の更生がいっぺんに果たせる
生かさず殺さず搾り取るのがミソ
それなりに苦しみながら生きてるって事で、報復感情も無期懲役よりはまあよし

123 :考える名無しさん:05/01/19 14:50:31
>>122

それならシャバに出ても変わらないじゃん。

124 :考える名無しさん:05/01/19 14:57:56
自由行動を制限して、
監視下に置くことで、
再犯の可能性は潰せるね。

125 :考える名無しさん:05/01/19 15:39:58
>>123
だめ
シャバに出ると支払能力だなんだ言って払わなくなるから

126 :考える名無しさん:05/01/19 20:09:05
>>122も一理ある

127 :考える名無しさん:05/01/19 20:52:24
>>124
やはり終身刑が効果的か?

128 :考える名無しさん:05/01/19 21:07:22
刑罰で秩序は保てるか?

129 :考える名無しさん:05/01/19 21:20:37
>>128
既に保ってますが・・・

130 :考える名無しさん:05/01/19 21:21:28
そりゃあ・・・保てないね。

抑止効果が意味を持つような個体なら、
最初から犯罪なんて起こさないって。
瞬間的に切れちまうってのはあっても。

131 :考える名無しさん:05/01/19 21:34:07
>>129
今の状況で保ってるといえますか?

132 :考える名無しさん:05/01/19 21:46:08
>>131
既に保ってますが・・・
(100%なんて期待してないよね?)

133 :考える名無しさん:05/01/19 21:54:28
>>128
道徳で秩序を保てるか?

134 :考える名無しさん:05/01/19 21:57:13
>>128
刑罰で秩序は保たれるか?
もしくは、刑罰で秩序を保てるか?
です

135 :考える名無しさん:05/01/19 22:19:19
>>132
100%なんて期待しないが今じゃせいぜい20%だろ

136 :考える名無しさん:05/01/19 22:20:15
刑罰のない国はほとんどないとおもう

137 :考える名無しさん:05/01/19 22:20:29
社会主義圏なんて、
汚職だけで死刑だけどね。

毎年、要人が逃げるわけだよ、
中国。

スイスあたりに口座があったりするわけだが。

138 :考える名無しさん:05/01/19 22:21:37
刑罰が抑止力として機能するには道徳も無関係とはいえないと思うけど

139 :考える名無しさん:05/01/19 22:25:18
>>132
保ってるのなら既に死刑になる奴なんかいなくなったいるだろ

140 :考える名無しさん:05/01/19 22:26:54
>>132
昔保てた秩序が傾きかけているというのが現状だろう

141 :考える名無しさん:05/01/19 22:29:17
凶悪犯罪が多発しているからなぁ


142 :考える名無しさん:05/01/19 22:30:08
・・・どうかな。

敗戦直後のほうが、
酷い事件は多発してたとか、
書いてた人がいたけど。

143 :考える名無しさん:05/01/19 22:30:24
目には目をは正しいのか?

144 :考える名無しさん:05/01/19 22:31:12
保っているのっていうのはどの程度のことをいってるの
死刑制度があるなかで死刑に誰もならないっていう状態がそうなの?

145 :考える名無しさん:05/01/19 22:33:26
子供が危険に晒され一人じゃ外に出せないとか
そういう状況でも秩序が保っているというか?
じゃあ本当にこの国は安全か?

146 :考える名無しさん:05/01/19 22:36:53
安全に思えるけど
安全に思えないのはなぜ?

147 :考える名無しさん:05/01/19 22:39:07
そもそも128の保てるのか?という問いに対して
保ってますがはおかしいだろ?日本のことについて聞いているわけじゃないんだから

148 :考える名無しさん:05/01/19 22:40:05
>>145
真の無秩序を知らないようだな

149 :考える名無しさん:05/01/19 22:40:43
真の無秩序とは?

150 :1:05/01/19 22:42:19
一応最低限の秩序は保ってるだろうな

151 :考える名無しさん:05/01/19 22:43:00
多分自然状態のことをいってるんじゃないの

152 :サッカー:05/01/19 22:44:18
反則をする奴がいる
が、無秩序でもないだろ?

153 :考える名無しさん:05/01/19 22:44:20
>>145はまさか先進国の話で自然状態を無秩序だと決め込もうとしたのか?

154 :考える名無しさん:05/01/19 22:46:30
自然にも物理法則があるので、無秩序なわけないのだが
とりあえず 無秩序=全てが起こりうる状態 といったところか

155 :考える名無しさん:05/01/19 22:47:46
そうじゃなくて社会的な制約が秩序だとした上での展開じゃないのかな

156 :考える名無しさん:05/01/19 22:48:54
うーんどうかな

157 :考える名無しさん:05/01/19 22:50:41
どういうつもりで言ったのか説明しろ

158 :1:05/01/19 22:56:58
じゃあ秩序を保つのに死刑はいるか?

159 :考える名無しさん:05/01/19 22:59:24
秩序ってなんでつか?

160 :考える名無しさん:05/01/19 23:01:00
単純に犯罪の発生率と検挙率で考えてみては

161 :1:05/01/19 23:03:01
いいかもしれないですね

162 :考える名無しさん:05/01/19 23:04:57
秩序は破られないと保たれた状態もわからんのだ!
>>159
そんなことは自分で勉強しろ!

163 :考える名無しさん:05/01/19 23:06:21
検挙率が低くなったのは地域共同体が崩壊したからだな
みんな自分のことばっか見てる
犯人の情報が手に入りにくい

164 :考える名無しさん:05/01/19 23:10:12
犯罪をなくすにはどうすればよいか?
罪という区分をなくせばよい
何やったってイイ の世界

165 :1:05/01/19 23:17:40
いかんだろ

166 :考える名無しさん:05/01/19 23:18:53
>>164
理論的にはそうだが・・・アフォですか?

167 :考える名無しさん:05/01/19 23:18:55
みんながそのルールに合意すればいいんじゃね?
オレは現代のルールに合意してますけどね

168 :考える名無しさん:05/01/19 23:32:26
そりゃそうだろ

169 :考える名無しさん:05/01/19 23:38:00
>>164のような世界になったら人間の文化的生活がおくれそうに無いな

170 :考える名無しさん:05/01/19 23:40:41
あのさ、
暴動とか発生することあるじゃん。

あの状態って、
かなり、不自然な状態だと思うんだよね。

この機に乗じて、
って感じだと思う。
普段なら、やれないようなことを、
やっちまう、みたいな。

171 :考える名無しさん:05/01/19 23:46:27
死刑になった時の気持ちとはいかほどなものかな?

172 :考える名無しさん:05/01/19 23:52:56
>>170
いや、自然だろ
暴動の起こる理由があるのだから

173 :考える名無しさん:05/01/19 23:54:39
ああ、ごめん。

暴動に伴う略奪行為って言いたかった。

174 :考える名無しさん:05/01/19 23:56:55
略奪行為を防ぐ手段が執られていないのに略奪行為が発生しないことほうが不自然

175 :考える名無しさん:05/01/19 23:59:33
そう?

つーより、
抑制が外れるんじゃないかな。

176 :考える名無しさん:05/01/20 00:01:04
>>174>>175も両方正しいような気がする

177 :考える名無しさん:05/01/20 00:01:28
法然さんそろそろ教えてください

178 :考える名無しさん:05/01/20 00:02:41
反動でしょ

179 :考える名無しさん:05/01/20 00:03:44
そうかも

180 :考える名無しさん:05/01/20 00:04:20
そういう衝動的な状態は長く続かないし
例として適当じゃないと思うよ

181 :考える名無しさん:05/01/20 00:07:10
抑制の・・・なんつーかな。
しきい値?

これを乗り越えるのって、
けっこう、大変だと思うんだよね。

182 :考える名無しさん:05/01/20 00:07:39
死刑廃止
終身刑にしとけ

183 :考える名無しさん:05/01/20 00:11:49
大変だな。それは

184 :考える名無しさん:05/01/20 00:13:12
刑務所に入りたくて犯罪を起こす奴もいるんだよねー

185 :考える名無しさん:05/01/20 00:13:38
まったく、迷惑な話だ。

186 :考える名無しさん:05/01/20 00:16:11
日本の刑務所は衣食住が完全に保障されてるからね

187 :考える名無しさん:05/01/20 00:18:49
割り切ってしまえば刑務所ほどいいところは無いのかも。
無論、大迷惑だが。

188 :考える名無しさん:05/01/20 00:20:08
19世紀イギリスのワークハウスと現代の日本の刑務所 どっちがいいかな?

189 :考える名無しさん:05/01/20 00:21:01
迷う・・・

190 :考える名無しさん:05/01/20 00:21:34
罪の大きい小さいの価値観は人間の歩みと同等に進化したって言えるのかな

191 :考える名無しさん:05/01/20 00:22:13
>>188
自分ならどっちがいい?

192 :考える名無しさん:05/01/20 00:22:15
浮気と窃盗は、
どちらの罪が重いかとか?

193 :考える名無しさん:05/01/20 00:23:09
>>171
たぶん、ああこれから死刑になるんだなぁ
という気持ちだよ。

194 :考える名無しさん:05/01/20 00:24:01
どうだろう?

195 :考える名無しさん:05/01/20 00:24:52
>>193
まんまだな

196 :考える名無しさん:05/01/20 00:26:01
心拍数も上がるだろうな。
注射の前みたいに。

197 :190:05/01/20 00:26:09
日本の刑務所

198 :考える名無しさん:05/01/20 00:28:00
>>195
ありがとう!あなただけだよ、お約束がわかるのは!

199 :考える名無しさん:05/01/20 01:17:43
注射で心拍数上がるか?というか本題に戻さないと。

200 :考える名無しさん:05/01/20 19:15:42
死刑による抑止効果は望めるか?

201 :考える名無しさん:05/01/20 19:23:30
本人の認識次第じゃない?

逃げられない状況で、
逆らえば死ぬ、ってんなら、
少しは効くかも。

野放しの状態で、
しかも想像力が無い奴には、
効果も望みがたいと思う。

202 :考える名無しさん:05/01/20 19:25:10
知性の問題じゃないかな?

203 :考える名無しさん:05/01/20 19:32:38
>>201
まぁそうだろうな

204 :考える名無しさん:05/01/20 19:35:16
死刑に抑止力を求めるなら、
もっと大々的に執行を宣伝しないとね。

犯罪予備者に対する警告というよりも、
やっちゃった困ったちゃんの処遇のために、
死刑が必要なんだと思う。

205 :考える名無しさん:05/01/20 19:58:47
どうかな

206 :考える名無しさん:05/01/20 20:04:55
死刑にしたところで意味はあるのか?

207 :考える名無しさん:05/01/20 20:14:16
安心。

208 :考える名無しさん:05/01/20 21:37:30
安心を得たがる人間の心理は?

209 :考える名無しさん:05/01/20 21:42:16
>>204
「どうせ1人殺しても15年くらいで出てこれる」
逆の宣伝ならバンバン打たれてますがね

死刑が刑全般のかさ上げをしているんだから、廃止なんぞせんでもいいんでない?
刑の累計計算なしで、最高が無期懲役なんて甘すぎるしね
アメリカ式に懲役3000年とか作ります?

210 :考える名無しさん:05/01/20 21:45:36
秦朝レベルにしますか?

211 :考える名無しさん:05/01/20 23:56:25
中国では今でも処刑しまくってるけど、
あんまり、効果なさそうなのな。

「怖い人」を追放する手段としては、
確かに意味があるとは思うけど。

212 :考える名無しさん:05/01/21 00:01:03
死刑にしちゃえば、そいつがまた犯罪を犯すことは防げるから、
その意味での抑止力はあるだろな。他の人が同様の犯罪を犯すことを
抑止する力がどの程度あるのかは、疑わしいけど。

213 :考える名無しさん:05/01/21 11:00:32
受験勉強の合間にふらっと立ち寄った早大志望のバカな俺に教えてください。
なぜ日本は累計式の刑を採用しない(出来ない)の?

214 :考える名無しさん:05/01/21 18:30:52
>>213
刑の前提が「罰」ではなく「更生」だからだよ

215 :考える名無しさん:05/01/21 18:47:23
>>1
何を一番に守りたいかだな

216 :考える名無しさん:05/01/21 21:12:13
>>215
オレの幸せ

217 :考える名無しさん:05/01/22 14:29:06
>>215
交通ルール

218 :考える名無しさん:05/01/22 15:52:45
>>215貞操

219 :考える名無しさん:05/01/22 18:57:48
死刑が無くなるとガキデカが困る!

220 :考える名無しさん:05/01/22 22:13:37
困らないよ

221 :考える名無しさん:05/01/22 23:41:30
そもそも刑罰は

@犯罪の抑止のためにあるのか
A犯罪者の矯正のためにあるのか
B”犯罪”に対する報復のためにあるのか
C”犯罪者個人”に対する報復のためにあるのか


222 :考える名無しさん:05/01/22 23:49:21
全てです

223 :考える名無しさん:05/01/22 23:59:38
「犯罪者に対する報復」でない「犯罪に対する報復」って何だ?


224 :考える名無しさん:05/01/23 00:05:00
罪を憎んで人を憎まず

225 :考える名無しさん:05/01/23 00:14:04
罪を刑務所に入れて人を釈放したりできるのか?

226 :考える名無しさん:05/01/23 00:15:43
もうしてる

227 :考える名無しさん:05/01/23 00:19:47
>>222
それぞれの結果として導かれる刑罰は

@犯罪の抑止のためにあるのか→刑罰は不特定多数に必要最小限
A犯罪者の矯正のためにあるのか→刑罰は個人に対して必要最小限
B”犯罪”に対する報復のためにあるのか→ 刑罰は不特定多数に必要最大限
C”犯罪者個人”に対する報復のためにあるのか→ 刑罰は個人に対して必要最大限

これら大いに異なる結果を導くそれぞれの刑罰観が刑罰の行使という
概念に全て含まれているなどと考えれば刑罰は恣意的なものになるだろ
少なくとも何をもっとも尊重すべきかという事が決定されていなければ
ならない

228 :考える名無しさん:05/01/23 12:43:58
罪を憎んでねぇ・・・

229 :考える名無しさん:05/01/23 14:57:25
>>227
「刑罰は不特定多数に・・・」?
ネタ?


230 :考える名無しさん:05/01/23 14:57:48
罪を行った人は憎まないのか?

231 :考える名無しさん:05/01/23 15:06:56
>>229
はぁ?
不特定多数の行為を拘束するための刑罰と
個人の行為を拘束するための刑罰は全然ちがうだろ
>>230
ある行為が犯罪であると規定するとともにその刑罰を規定するという事は
”誰が犯罪をしたか”という点は考慮しない。要するに形式的なルールに基づき
刑罰を加える
”犯罪者個人”に焦点を当てればその人物がいかなる人物か
またその行為にいたるどのような過程や環境があったかを考慮する。


232 :考える名無しさん:05/01/23 15:18:53
同じ内容で形式の異なる概念を多用すると何とも恥ずかしくなるから、
がんばれと言っておこう。

233 :考える名無しさん:05/01/23 15:21:51
だいたい 殺人者を税金で生かしておいて なんのメリットがあるの?
人権なんて 言ってるやつの 自己満足だ
さくさく っと死刑にすればいい

234 :考える名無しさん:05/01/23 15:34:38
それが通ると、多額納税者が多くの権利を主張する事になる。
何を大事にする社会に自分が住みたいかという事を考えると、
貴族社会のようだと生きずらいと思われる。
人権を大事にする社会に賛成だ。

235 :考える名無しさん:05/01/23 15:40:15
>>231
功利主義の一般抑止の理論などが典型だろうが、犯罪者に刑罰を科すこ
とによって、一般人に「仮に自分が犯罪を犯せば、自分もまた刑罰を科
せられるだろう」と考えさせ、それによって犯罪を思いとどまらせると
いうのが、「犯罪抑止の手段としての刑罰」観の基本だろ? 刑罰はあ
くまでも犯罪者に対して科せられるんだよ。

236 :考える名無しさん:05/01/23 15:47:36
>>235
刑罰が犯罪者に科せられるのを否定してるんじゃない
刑罰が犯罪者の行為=犯罪に対して形式的に科せられるのか
(ここでは特定の行為が法律にてらしてどうかという事のみ問題になる)
刑罰が犯罪者個人をも考慮して科せられるのかには
(ここでは犯罪者個人の性格、環境等の要素が重要になる
例えば”犯罪者の矯正”が目的の場合には形式的な刑罰ではなく
その犯罪者を矯正するに足るだけの刑罰が個別に適用される)
違いが有るだろ

237 :考える名無しさん:05/01/23 15:52:59
>>234
歴史的に見て
人権を過度に保護すると社会は衰退する
強力なリーダの基でのみ 経済、文化が発展する

238 :考える名無しさん:05/01/23 15:54:16
ある特定の時間に規定される場所において、既に罪を犯しているものに人権を侵害しても可なり、
とする態度だな。それは、その侵害行為を予防する手段であって、正当である。
それでいいんですね?


239 :考える名無しさん:05/01/23 16:15:16
「報復としての刑罰」と「犯罪抑止の手段としての刑罰」って言うのが
根本的な対立だろう。

240 :考える名無しさん:05/01/23 16:25:15
「報復」と「犯罪の抑止」であったという事でいいんですね?
昇進する罰とかあるといいですよね。

241 :考える名無しさん:05/01/23 16:25:51
報復としての刑罰観にたてば、たとえば「そいつが正当な理由なく人を殺し
たこと」がそいつを死刑にすることを正当化する理由になる。それに対し、
抑止手段としての刑罰観にたてば、そいつを死刑にすることが未来にどうい
う影響を及ぼすかの予測が死刑の是非を決める。根本的な違いは、正当
化を過去に求めるか、未来に求めるか、ということ。

242 :考える名無しさん:05/01/23 16:35:31
それよりも前であったのか、それよりも後の事が話題にされているのかという事で
正当化が分かれるという事ですね。自由という事は過去の事柄を再生しようとする
態度に成立すると考えられますか?

243 :考える名無しさん:05/01/23 16:37:37
ちょっと質問の意味が分からない。

244 :考える名無しさん:05/01/23 16:44:06
過去の事柄・記憶を閲覧する事で、現実に再生しようとする態度の事。
このような態度は時間が継続していないという事になると考えられる。
記憶の再生は時間の規定に影響を受けないものであると考えられるから。
これは自由な意思を持っていないという事になる。
すると、自由に由来する事を要求する事ができない。

245 :考える名無しさん:05/01/23 17:00:11
死刑とは、抗いようの無い事実だよ

246 :考える名無しさん:05/01/23 17:03:31
死刑は社会性の無いものだろ

247 :考える名無しさん:05/01/23 18:50:26
なぜ社会性がない?

248 :考える名無しさん:05/01/23 19:50:09
つかさ、
罪人を裁くのは止めるべきだろ。

まず、事件を裁定する。
関係者と、その責任を特定する。
再発防止の措置を命じる。

裁判は、民事でも刑事でも、
人ではなく、事案・事件を裁定せにゃいけません。

と、思うのよ。

249 :考える名無しさん:05/01/23 19:56:51
> 罪人を裁くのは止めるべきだろ。

なぜ?

250 :考える名無しさん:05/01/23 20:11:06
他の原理を思いつかないのか、と試しに問いかけてみる

251 :考える名無しさん:05/01/23 20:12:17
責任能力が無い、という理由で、
最初から裁きを免れる人が存在するから。

人を裁こうとするから、
こういうことになる。

つか、罪を犯しても責任を問えないような危険物なら、
さっさと廃棄処分すべきだと思うがな。

252 :考える名無しさん:05/01/23 20:17:01
なぜ裁きを免れる人が存在することから、罪人を裁くのを一般的に止める
べきだという結論がでてくるのか? 捕まらない香具師がいるから、警察
が犯罪者を捕まえるのはすべてやめてしまおう、みたいな話に聞こえるが。

253 :考える名無しさん:05/01/23 20:19:55
人を裁いても、問題は解決しないからだよ。
人の処分は、極端な話、つけたしにすぎない。
つか、つけたしであるべきね。

事件の存在こそが、問題だから。

254 :考える名無しさん:05/01/23 20:29:02
死刑のみならず、刑罰は一般に社会の満足のためにある。
1.報復の欲求を満足させる。
2.抑止の欲求を満足させる。
3.ひいては、社会秩序維持の欲求を満足させる。
ただし、2.3.は未来に及ぼす影響の話なので、どの程度満足させる
役に立っているのかいないのかは、誰にもわからない。



255 :考える名無しさん:05/01/23 20:29:35
問題を解決するというのは、どういうことなんだ?

256 :考える名無しさん:05/01/23 20:32:26
再発、再演の防止。

責任者に更生の可能性が認められず、
極めて危険な犯罪を再発する恐れがあるときは、
永久追放を選択する。

257 :考える名無しさん:05/01/23 20:32:41
社会は満足するものではない。それなら社会が要求する事があるのかな。

258 :考える名無しさん:05/01/23 20:32:42
>>254
1〜3のどれについても、「欲求を満足させる」という形式に無理やり
放り込んで理解しようとするのはどうかと思う。

259 :考える名無しさん:05/01/23 20:35:17
>>255
ふむ、それじゃ、両親を殺したガキとか、再犯の恐れがない犯人について
は即座に釈放していいってこと?

260 :考える名無しさん:05/01/23 20:36:03
あっ>>255じゃなくて>>256だな。

261 :考える名無しさん:05/01/23 20:38:31
複数であるということだ。両方であるのか、片方であるのか。

262 :考える名無しさん:05/01/23 20:41:14
社会不安の恐れがなければ、
無罪方面でも、まったく問題無し。

例えば、殺されそうになっている人を助ける為に、
相手を殺してしまった人なんかは、問題無いね。

現在の日本の場合、正当防衛でさえ、実刑判決が出る。
人を殺したという事実だけで裁くから・・・か、
あるいは、一種の禊ぎとして必要だと思ってるのかも。

263 :考える名無しさん:05/01/23 20:43:02
死刑拒否制度があるといい

264 :考える名無しさん:05/01/23 20:44:57
そうでもないだろ。正当防衛による違法性阻却って、刑法の教科書には
必ずでてくるぞ。

265 :考える名無しさん:05/01/23 20:46:06
おお、それ、詳しく聞きたい。

266 :考える名無しさん:05/01/23 21:17:45
>>263
正当防衛は、無罪だろ。実刑判決が出ているなら、正当防衛とは認められなかった
ということ。

>>259
そもそも「再犯の恐れがあるかどうか」なんて、誰がどうやって判断するんだ。
それができるんなら、「まだ罪を犯していないがこれから犯す恐れがある」
奴も拘束しないと、筋が通らないぞ。


267 :考える名無しさん:05/01/23 21:23:13
罪を犯しても責任を問えない人間は、
すべて拘束するべきだと思わないか?

268 :考える名無しさん:05/01/23 21:31:04
思う

269 :考える名無しさん:05/01/23 21:34:57
>>266
>>259は、再犯の防止が刑罰の唯一の目的ではないだろうという趣旨なんだが。


270 :考える名無しさん:05/01/23 21:35:10
・・・待て。

そう、アッサリと言い返されても・・・。
ねぇ?

271 :考える名無しさん:05/01/23 21:35:55
・・・。

>>270は、>>268に対して。

272 :考える名無しさん:05/01/23 21:40:58
南無阿弥陀仏

273 :考える名無しさん:05/01/24 03:17:57
拘束にも何にも人件費、それに携わる人と金と時間を考慮しる

同種を殺す不能者は 省くのがイチバンの高効率
死なせたくない感情も働くが、却下

274 :考える名無しさん:05/01/24 13:33:23
>>234
貴族社会全盛期には、国が傾くと冤罪で貴族を捕まえ、一族全てを処刑して財産没収していたそうな・・・
異を唱えるものはことごとく処刑台行きなので、冤罪なのでは?と疑問視されても問題ないそうな・・・
サックリ死刑にはこんな弊害もあるそうな

275 :考える名無しさん:05/01/24 13:40:10
>>236
半々
行為を持って形式的に科せられるが、その行為を起こした理由如何によって多少浮動するよう形式に幅を持たせてある
また、形式自体もどの形式を当てはめるかに幅を持たせてあり、形式的のみに罰を与えられることを防いでいる
しかし刑罰が大きく変わることの無いように、判例を大きく逸脱することは組織的に許されていない

まあ、弁護士が儲かるわけだよ

276 :考える名無しさん:05/01/24 13:41:27
>>273
だから強制労働〜♪

277 :考える名無しさん:05/01/24 13:47:00
>>275
罪刑法定主義の枠内で、行為の理由など観点で責任の軽重の評価をしようとしたら、
どうしてもそうなるだろ。

278 :考える名無しさん:05/01/24 16:27:33
死刑って響きが重いんだよね
これからは、あぼ〜んって呼ぶことにしよう
そーすれば処分も気楽に出来るさ

279 :考える名無しさん:05/01/24 17:33:58
あぼ〜んなら仕方ないか・・

280 :考える名無しさん:05/01/24 21:56:19
>>278
それってポアと同レベル…

281 :考える名無しさん:05/01/28 17:11:16
あぼーんって・・・

282 :考える名無しさん:05/01/28 19:12:38
結局死刑とは?

283 :考える名無しさん:05/01/29 13:22:12
死によって罰すること

284 :考える名無しさん:05/01/29 13:46:50
死刑だと裁判官も慎重になってしまってなかなか宣告できないから、終身刑の方がいい。

285 :考える名無しさん:05/01/29 14:54:24
確かにね

286 :考える名無しさん:05/01/29 15:20:25 ID:glb8iH3t ?
死刑なんてろくなものでない

287 :考える名無しさん:05/01/29 15:24:05 ID:glb8iH3t ?
死刑からは何も生まれない

288 :考える名無しさん:05/01/29 15:24:52
釈放からは再犯が生まれることも多いよな。

289 :考える名無しさん:05/01/29 15:25:25
だから終身刑

290 :考える名無しさん:05/01/29 15:25:48
死こそはすべての慰め、すべての救いです。

291 :考える名無しさん:05/01/29 15:26:25
ならわざわざ刑にすることないのでは?

292 :1:05/01/29 15:29:25 ID:glb8iH3t ?
でも終身刑から何か生まれるかと思うと必ずしもそうじゃないかも・・・・

293 :1:05/01/29 15:31:00 ID:glb8iH3t ?
死刑から何も生まれないと言っても(言ったのは自分だが)
現在執行してる現状はなんだろう?

294 :考える名無しさん:05/01/29 15:31:37
刑罰を報復と考えれば、死刑は理解できる。
犯罪抑止のための犯罪者の隔離と考えても、死刑は理解できる。


295 :考える名無しさん:05/01/29 15:34:41
死刑と終身刑。なるならどっち?

296 :考える名無しさん:05/01/29 15:36:10
両方嫌だけど

297 :考える名無しさん:05/01/29 15:36:11
そりゃ、死刑の方がマシ・・・・・・いや、そうでもないか。分からん。

298 :考える名無しさん:05/01/29 15:36:52
さっぱり殺された方が楽かな、比較的

299 :考える名無しさん:05/01/29 15:37:13
罪のつぐない、という点でいえば、死刑はナンセンス。
死刑はごまかしでしかない。

300 :考える名無しさん:05/01/29 15:37:54
報復の点としても反省してない奴に死刑は効果的でない

301 :考える名無しさん:05/01/29 15:38:31
「車裂き」とか「火炙り」とか「一寸刻み」とかになると、
また印象が違ってくるなあ。死刑の場合、イヤなのは宣告から執行まで
の時間だろうな。裁判所の被告席が電気椅子になっていて、宣告即執行
だったらどうかな?

302 :考える名無しさん:05/01/29 15:39:16
嫌じゃない、それ?

303 :考える名無しさん:05/01/29 15:40:10
「反省」って言う香具師がよくいるけど、何でそんなことが大事なの?
宅間が「反省したぁ」っていうと、嬉しくなるわけ?

304 :考える名無しさん:05/01/29 15:41:08
>>303
更生が目的

305 :考える名無しさん:05/01/29 15:41:53
>>299
そうでもないだろ。「被害者は殺されちゃったのに、犯人がのうのうと
生きているのは不公平だ」って感じる人も多いんだし。あ、これは「つ
ぐない」とは別の話か。

306 :考える名無しさん:05/01/29 15:42:56
そりゃ、またいつか社会に帰す場合だろ。宅間みたいに死刑になる奴なら、
どうでもいいんじゃない?

307 :考える名無しさん:05/01/29 15:44:03
>>301を再現

裁判官:被告人に死刑。
被告人:・・・・!
(ジュー)
一同:・・・・・・

308 :考える名無しさん:05/01/29 15:45:34
>>306
だから死刑囚に反省は求めていない


309 :考える名無しさん:05/01/29 15:46:33
反省も更生も望めないから死刑があるんだから

310 :考える名無しさん:05/01/29 15:47:30
死刑にしといて反省を求めるのは愚かではないか?

311 :考える名無しさん:05/01/29 15:49:52
極刑しかありえないという時に死刑

312 :考える名無しさん:05/01/29 15:50:32
>>307
ゴキゲンダネ〜!

313 :考える名無しさん:05/01/29 15:50:50
1.極刑しかありえないという時に死刑
2.更生が望めないから死刑
どっち?

314 :考える名無しさん:05/01/29 15:51:36
>>307
いやだな〜

315 :考える名無しさん:05/01/29 15:53:54
>>313
どっちというよりも、2は1の理由の一つだろ。

316 :1:05/01/29 15:54:17
>>313
どちらも。

317 :考える名無しさん:05/01/29 16:00:16
どっちにしたって結果は一緒

318 :考える名無しさん:05/01/29 16:03:17
「更正」とか「反省」とか、誰が判定するんだ。証明のしようがないぞ。

319 :考える名無しさん:05/01/29 16:05:14
>>318
服役して一度も問題起こさなかったりしなければ
服役が終わった時点で反省したということになる


320 :考える名無しさん:05/01/29 16:06:44
だから意味がないんだが

321 :考える名無しさん:05/01/29 16:06:54
「更正」って言葉は、犯罪を犯すのは特別な性質をもった香具師だけで、
その「特別な性質」を取り去ればもう犯罪は犯さないはず、っていうちょっと
信じられないことを前提にしてないか?

322 :考える名無しさん:05/01/29 16:17:02
>>318

その道のプロはわかるらしいよ。言動や行動で。

323 :考える名無しさん:05/01/29 16:20:53
で、その「プロ」が「反省し更正した」と判断した香具師が、
釈放されるや否やまた残虐な犯罪を犯したりするんだよな。w

324 :考える名無しさん:05/01/29 16:36:13
再犯の可能性は死刑の正当化にはならないな。
刑務所から出さなければいいのだから。

325 :考える名無しさん:05/01/29 17:00:04
刑務所に一生入れておく費用は誰が負担するんだ?

326 :考える名無しさん:05/01/29 17:06:01
稼がせるんだよ。監督下での農作業ってのもいいよ。
そして少しでも一生償いのたしにしてもらうんだよ。

327 :考える名無しさん:05/01/29 17:07:23
そんなことが出来るんなら、とっくにやってるだろうさ。
死刑にして、目玉とか肝臓とか売った方がいいんじゃないかい?

328 :考える名無しさん:05/01/29 17:09:40
>>327
もうやっている

329 :考える名無しさん:05/01/29 17:10:11
一生の償いのたしができないのは、本当の終身刑がないからだよ。

能力は生かすべきだよ、償いのたしのためにね。

330 :考える名無しさん:05/01/29 17:12:39
刑務所を維持する経費を超える利益が生み出せるのか?
凶悪犯を集めた部隊を作って戦争に使うぐらいしか思いつかないぞ。

331 :考える名無しさん:05/01/29 17:15:45
収益が低ければ、逃げ出せないぎりぎりの生活レベル
に落とすしかないだろうね。

しかし、個人が稼げる金額は、ハイテクを駆使すれば
実はとても高いんじゃないかな。最近の農業もハイテク
らしいぞ。

332 :考える名無しさん:05/01/29 19:21:00
生活水準を家畜レベルにする

333 :考える名無しさん:05/01/29 19:22:43
あまりいいとは思わないが

334 :考える名無しさん:05/01/29 19:32:04
犯罪者の自殺と死刑執行。
事件の締めくくりとしてはどちらがいいでしょうか?

335 :考える名無しさん:05/01/29 19:34:48
北朝鮮に送られるのと死刑、
どっちがマシかな。

336 :考える名無しさん:05/01/29 19:34:58
その比較だったら、死刑執行のほうは、「俺はこれっぽっちも悪くねえ。
その俺を死刑にするとなんという悪法だ」って言いながら死刑になる場
合を想定した方がいいかも。

337 :考える名無しさん:05/01/29 19:35:36
>>335
死刑だろ

338 :考える名無しさん:05/01/29 19:43:07
>>336
どのような状況かによるな

339 :考える名無しさん:05/01/29 19:47:36
死刑の詳しい定義は?

340 :考える名無しさん:05/01/29 19:48:49
というより死刑執行の大義は?

341 :考える名無しさん:05/01/29 19:51:46
ない

342 :考える名無しさん:05/01/29 19:55:06
いや、国民に対して、
「追放しますた」って言えるじゃん。

で、みんなホッとする。

343 :考える名無しさん:05/01/29 19:57:10
まぁそうだろうね

不純な大義だが

344 :考える名無しさん:05/01/29 20:00:59
なにをもって不純とするのか、
よく分からんが・・・。

そもそも、死刑なんてのは、
厭わしいことだわな。

345 :考える名無しさん:05/01/29 20:18:55
>>344
国民に対して言い訳のために死刑にするなら
不純であろう?

346 :考える名無しさん:05/01/29 20:20:15
国家権力の義務として、
国民の代わりに死刑を行なうんだよ。

むしろ、崇高な犠牲。w

347 :考える名無しさん:05/01/29 20:40:40
そういう考え方もある

348 :考える名無しさん:05/01/29 20:45:02
国家権力はどこまで正しい?

349 :考える名無しさん:05/01/29 20:49:20
むしろそんなことはどうでもいいが

350 :考える名無しさん:05/01/29 21:09:24
どんなものかな

351 :考える名無しさん:05/01/29 21:12:11
死刑と終身刑、選べるならどっちがいいとおもう?

352 :考える名無しさん:05/01/29 21:14:46
選びたくない、無罪がいい。

353 :考える名無しさん:05/01/29 21:19:52
>>351
そりゃそうだろ

354 :考える名無しさん:05/01/29 21:33:39
無罪が選べるなら誰も死刑や終身刑はえらばんよ

355 :考える名無しさん:05/01/29 21:45:38
死刑は嫌だ嫌だ!
だから悪いことしない!




356 :考える名無しさん:05/01/29 21:47:27
>>355
それが一番だな。
それが分からない奴がいるから犯罪がなくならないわけだが。

357 :考える名無しさん:05/01/29 21:56:49
わかれば誰も苦労しない

358 :考える名無しさん:05/01/29 22:01:35
死刑を希望する犯罪者もいるとか

359 :考える名無しさん:05/01/29 22:18:36
普通望まない

360 :考える名無しさん:05/01/29 22:51:45
死刑の意義は、まず再犯の防止。
これは犯人を一生拘束してりゃ済む話。金は安全保障費だと思って税金から。
次に、犯罪者の更生。犯人が更生するにこしたことはない。
殺したら絶対更生できないわけで、となると殺さず様子見がベター。
最後に、犯罪の抑止。これはある程度は期待できるだろうが、
国家が国民を信用せず、逆に脅迫さえするというのは問題ありだと思う。

以上から、死刑は廃止したほうが良い。

361 :考える名無しさん:05/01/29 22:58:40
むしろ、追放して欲しい奴が、
いつまでも存在していることに関して、
国民が不満や不安を感じるんじゃないか?

まして出てくるなんてことになれば。

362 :考える名無しさん:05/01/29 23:27:20
>>361
永遠に出てこれない終身刑でも効果は同じ。

363 :考える名無しさん:05/01/29 23:29:02
「何であんな奴を生かしておくために俺が払った税金が使われるんだ」
って不満が高まるぞ〜。

364 :考える名無しさん:05/01/29 23:32:30
>>363
そう考えるのがいけないんだよ。
日本のセキュリティに金をかけてるんだと考えればいいんだ。

365 :考える名無しさん:05/01/29 23:34:48
死刑にすれば、もっと安上がりだよ〜。

366 :考える名無しさん:05/01/29 23:34:57
金をかけずに同じ効果が得られるんならその方がいいじゃん。

367 :考える名無しさん:05/01/29 23:37:02
日本に死刑は存在しない。
俺は見たことがない。
見たことがないから信じられない。

368 :考える名無しさん:05/01/29 23:37:26
>国家が国民を信用せず、逆に脅迫さえするというのは問題ありだと思う。

信用できるんなら、刑罰なんていらんが。

369 :考える名無しさん:05/01/30 00:55:40
>>367
だったらおまいさんの世界は自分の部屋の中だけですか
かわいそうですね

370 :考える名無しさん:05/01/30 12:04:51
>>367は世界が狭い

371 :考える名無しさん:05/01/30 12:15:34
>>368
たしかにある種の脅迫だな

372 :考える名無しさん:05/01/30 12:20:17
死刑にしても終身刑にしても結果が同じなら
どちらがメリットがあるかだな

373 :考える名無しさん:05/01/30 12:24:56
日本を守るための刑罰

374 :考える名無しさん:05/01/30 12:40:52
犯罪者に人権は必要か?

375 :考える名無しさん:05/01/30 12:43:01
軽い罪なら出来心でも仕方ないとして
他人に人権を奪ったような奴に人権は認めるべきか?

376 : ◆CoromoYEWE :05/01/30 14:44:17
>>375
如何に関わらず、犯罪者に人権を認める必要はないよな。
罪を犯したということはなんらかに影響を及ぼしたわけだし。
だから私は死刑を存続させるべきだと思うけど、理由は、犯罪者を死という楽な方に行かせたくない。
犯罪して死ぬなんて狡い。
死に際まで罪を省みさせるべき。

377 :Joy:05/01/30 16:03:57
>>374
人を殺したライオンを死刑にはしない
死刑は人権をもった人間相手に行使されるものです
犯罪者から人権を奪うと死刑にすることもできなくなります


378 :考える名無しさん:05/01/30 16:30:31
>>377
とある漫画であったよ

判決で「貴方には、これからどんな法律の枷からも免除します」っての
んで喜ぶ罪人に「でも、これから貴方を殺したりしても法律は貴方を保護してくれないから、おとなしく生きてね」っての

そのライオンが野良ライオン(?)であった場合、死刑には出来なくとも、私刑にはできる
飼いライオンだった場合、飼い主の意向で殺される
結局死にたくないライオンは、おとなしく生きるべきになってしまうのさ

379 :考える名無しさん:05/01/30 16:56:28
>>377
死刑にすることはできなくても、駆除したり、除去したりすることはできるってことだね。

380 :考える名無しさん:05/01/30 17:17:37
では、復讐が認められないのはだぜだらう・・

381 :考える名無しさん:05/01/30 17:20:15
私的な復讐は、さらなる復讐を呼び、収拾がつかなくなる。
だから、国家が復讐を代行する取り決めになったんだろ。
復讐という自然権wを取り上げたんだから、代行はちゃんとやれよ。>国家

382 :考える名無しさん:05/01/30 17:42:59
復讐って言ったって、死刑にされるような奴はたいてい殺人罪を犯してるよ。
被害者が加害者に復讐するならわかるが、被害者はこの世にいない。
いったい誰の復讐だって言うんだ。
まさか遺族?

383 :考える名無しさん:05/01/30 17:56:48
遺族だろ

384 :考える名無しさん:05/01/30 19:54:21
遺族は無関係じゃん。
殺人はあくまで加害者と被害者の問題。
裁判になると、そこに検事とか裁判官とか弁護士が入ってくるけど。
でも、遺族の関係する余地なんてどこにもないよ。
家族を失って悲しかった、と言うならそれは殺人とは別件で扱うべき。

385 :Joy:05/01/31 10:11:08
家族を失った悲しみを慰謝料として請求できるといいよね
ついでに犯罪者の家族も家族が犯罪者となった悲しみを慰謝料として請求できるといいよね
犯罪者は慰謝料を払い終わるまで死刑禁止とか

386 :考える名無しさん:05/01/31 18:12:27
>>385
自殺するか逃げるだろ

387 :考える名無しさん:05/01/31 19:50:59
>>384
古来、復讐とかあだ討ちというのは、遺族がするものと決まっている。
個人主義のドグマに凝り固まった香具師には分からんか?w

388 :考える名無しさん:05/01/31 19:52:09
まあ、どうしても個人主義というフィクションを貫きたいなら、
殺された香具師がもし生きていたらしたかったであろう報復を
国家が代行するのだ、ってことにしといたらいい。

389 :広東麺:05/01/31 21:02:02
仇討ちという制度はなぜなくなったのでしょうか?
返り討ちに遭っても本望ならば良しとすべきだと思うのだが。

390 :考える名無しさん:05/01/31 21:44:17
まあ敵討ちで死ねたら本望・・・・かな?

391 :考える名無しさん:05/01/31 21:57:21
敵討ちで殺したら罪は問われるのか?

392 :考える名無しさん:05/01/31 22:00:00
懲役5年執行猶予3年だよ。
逆恨みはダメだけどね。

393 :◆U9qipIFuuA :05/01/31 22:18:11
 _人 
(  ・ε・) 死刑があるのに、終身刑が無かったりするのは変

394 :考える名無しさん:05/01/31 22:59:03
死刑になった人間はいない。
みんな整形して普通に生活している。

395 :考える名無しさん:05/01/31 23:01:34
また無茶苦茶なことを言って・・・・・・しょうがない子だねぇ。

396 :考える名無しさん:05/01/31 23:03:09
いや、だって、盛り上げないとさ、あれでしょ?

397 :考える名無しさん:05/01/31 23:05:48
>>394
寝言は寝てから言え

398 :◆U9qipIFuuA :05/01/31 23:06:02
 _人 
(  ・ε・) 死刑とは国家による復讐の代行である。死刑囚がでたとき、我々は一億分の一、人を殺したということである。

399 :考える名無しさん:05/01/31 23:09:01
>>397
小川か?小川だろ!

400 :考える名無しさん:05/01/31 23:21:58
>>387
「AがBを殺す」と「AがBを殺したことをBの家族Cが恨みに思う」とは次元が違うだろ?
それを混同して同じ対処をしようとするからダメなんだ。
殺人には殺人罪を、殺人による精神的苦痛にはその罪を適用すべきだろ。

そもそも「あいつはわたしの息子を殺した。むかつくからあいつも殺せ」で殺されちゃ堪らん。
「あいつはわたしの百万円を盗んだから、あいつも百万円を誰かに盗られてしまえ」と言っている人は異常。
「あいつはわたしの百万円を盗んだから、その百万円をわたしに返せ」というのが普通だと思うが。
まぁ、君は社交的だから、他人のご機嫌取りにしか価値を見いだせないんだろうね。

401 :考える名無しさん:05/01/31 23:30:29
>>399
アンタら素人さんは知らんでもいいことですがな

402 :考える名無しさん:05/01/31 23:35:48
"アンタら素人さん" だって!キモイこいつ!


403 :考える名無しさん:05/01/31 23:40:27
バキのバレはマジなのか。板垣いっぺん死刑になれ。

404 :387:05/02/01 00:15:03
>>400
むかしから人間は、組とか、国とか、家とかを単位にして、「やられた
らやり返す」を実践してきたんだよ。責任を負うのも、必ずしも個人で
はなかったんだし。


405 :考える名無しさん:05/02/01 00:18:44
それでも、単位の名前を明らかにしない量の集合は徒党や烏合といわれて
山賊や押し込み強盗をしているのでしょ?

406 :考える名無しさん:05/02/01 02:18:01
悪人を裁くための正義として人を殺せるのであれば、人殺しに
大義名分を与えてしまわないだろうか。つまり、正義のためなら人を殺しても
かまわない、と。

407 :考える名無しさん:05/02/01 04:48:58
>>406
ブッシュ

408 :考える名無しさん:05/02/01 08:19:48
>>404
昔から連綿と続いてきたことが、必ずしも正しいとは限らない。
伝統に縛られすぎてるな。

409 :考える名無しさん:05/02/01 08:38:17
>>406
他の刑罰でも一緒。
「悪人を裁くための正義として人を拉致監禁できるのであれば、
金正日に大義名分を与えてしまわないだろうか。」
>>407
世界中どこの国でも、イラクの反対派でもパレスチナゲリラでも、一緒。


410 :考える名無しさん:05/02/01 18:09:29
イスラエルとパレスチナ、アメリカとイラクのコロシアイを肯定することになるんじゃないか、
>>406は多分いっているんじゃないの。
正義のさつじんを否定することによって、コロシアイの連鎖を止めやすくなる可能性はある。
とにかくさつじんはいけない、神が許さない、って洗脳すれば効果あるかも。

人間の倫理というものは絶対ではなくてゆらいでいるもの。
例外を許さないことは、おバカな人間にも理解しやすく、洗脳もされやすい。
洗脳された犯罪者も、なんとなく人を殺せなくなる。

411 :◆U9qipIFuuA :05/02/01 22:12:33
 _人 
(  ・ε・) 殺人はいけないんだよ。仏陀もイエスも言ってるよ。みんな罪びとだよ。地獄行きだよ

412 :考える名無しさん:05/02/01 23:18:03
_人 
( ・ε・) 俺の彼女がこれかわいいってさ! 嫉妬しちまったぜ。

413 :考える名無しさん:05/02/02 11:33:01
罪も地獄も殺人を抑制するための妄想の一種だ。

414 :考える名無しさん:05/02/02 11:47:10
地獄に落ちろ!w

415 :考える名無しさん:05/02/02 12:01:34
>>413
そんな気もするけれど、確信はないなあ。

416 :考える名無しさん:05/02/02 12:59:27
罪については妄想ってことないだろう。法や道徳を破ることが罪だとすれば、
確かに存在するだろう。

417 :考える名無しさん:05/02/02 13:20:25
つまり、罪と罰というのは「制度化された地獄」だということですね

418 :考える名無しさん:05/02/02 20:51:57
私刑は人が人を殺すんじゃないよ
制度の執行ってだけ
結果的に罪人が死ぬけど

419 :考える名無しさん:05/02/02 21:02:50
復讐やらを行われないようにするのがその「制度化された地獄」かもね。
そぉ考えると案外優しい世界かもよ?

420 :考える名無しさん:05/02/02 21:03:20
http://www.gyouseinews.com/reference/tanaka_lockheed/tanaka_lockheed5.html

421 :考える名無しさん:05/02/02 21:06:58
>>416
法や道徳に普遍的基準はない。

422 :考える名無しさん:05/02/03 00:34:53
普遍的基準などはあらゆることについてない。

423 :考える名無しさん:05/02/03 00:48:10
>>421
どうしてそれが分かったの?

424 :考える名無しさん:05/02/03 01:02:28
>>423
法や道徳の概念を分析してね。
おまえのようなくそはさっさとしねや。

425 :考える名無しさん:05/02/03 01:17:07
はは、ごめんごめん。まじになんなって。

426 :考える名無しさん:05/02/03 04:30:58
イテコマス

427 :考える名無しさん:05/02/03 05:48:08
オマンコ

428 :考える名無しさん:05/02/04 04:06:31
子供向けのヒーローものやらで、正義側が悪人殺しちゃってるじゃない、
法の裁きもなしに。
子供のころから洗脳させられてんだよ、俺らは。悪いやつは殺さなきゃって。


429 :考える名無しさん:05/02/04 08:52:55
意見の合わない香具師は殺っちまうというのが、何万年の伝統だもんねえ。
いわんや殺人犯をやって、をいをい。

430 :考える名無しさん:05/02/04 10:57:14
昔の水戸黄門の一行は、そんなに悪くもない人間を皆殺しにしてましたよね。

431 :考える名無しさん:05/02/04 18:57:59
要するに「あわない奴は殺す」と

432 :考える名無しさん:05/02/04 19:04:26
宅間だとか小林だとか、合わないから逝ってよし。

433 :考える名無しさん:05/02/04 19:13:20
>>432
合わないから殺すだが犯罪という理由がないと

434 :考える名無しさん:05/02/04 21:19:13
>>428
デカレンジャーでは法の裁きがあるぞ。
ものすげーインスタントだが。

435 :考える名無しさん:05/02/04 22:53:21
>>431
死刑賛成派の意見では、それでいいということだよ。
死刑賛成派はそれをちゃんとわかっている。
反対派のような、宗教者じゃないから。
ハラが立つ人間は殺してもいい。
でもそれは、法に書き込んで皆に知らしめてから行う。
まーるくおさまる。

436 :考える名無しさん:05/02/04 23:12:17
今日の赤ん坊殺しは無期以下なんだろうな?1人しか殺してないし、強盗でも保険金詐取でもない。

437 :考える名無しさん:05/02/04 23:29:27
余計な頭さえ使わなければ、死刑ほどスッキリした解決法は無い

438 :考える名無しさん:05/02/04 23:33:06
裁判によって復讐権が成立し、同行使を国家が援助保証する。

439 :考える名無しさん:05/02/05 00:00:08
異常プリオンをクモ膜下に注入の刑

440 :考える名無しさん:05/02/05 00:03:05
哲学よりも、「大衆の心理学」の方がふさわしいようだね。

441 :考える名無しさん:05/02/05 00:07:24
>>440
さしずめ、章の題名は「見せしめと復讐としての刑罰」?

442 :考える名無しさん:05/02/05 08:33:58
刑罰に哲学的根拠なんか求めるのが無理ということよ

443 :考える名無しさん:05/02/05 14:27:25
>>442
無理という言葉は禁句!
無理であってもそうでないように誤魔化すのが哲学。

444 :考える名無しさん:05/02/05 15:23:25
443がいいこと言った!

445 :考える名無しさん:05/02/05 15:25:28
>>441
そう
・感情的に受け入れられない
・危険な存在は無くした方がよい
・副次的な産物として、抑止効果がある
という単純な原理に従うのならば、議論など不要である。

446 :考える名無しさん:05/02/05 15:30:25
日本では死刑は総理の判子が必要であるそうだ。
総理が押すかどうかだな、ちなみに押しておこう、ペタ。

447 :考える名無しさん:05/02/05 15:50:29
>>446
法務大臣じゃないの?

448 :考える名無しさん:05/02/05 16:38:21
記憶にございません

449 :考える名無しさん:05/02/05 16:57:32
糞公務員は有罪!罰として糞公務員美人妻は肉便器に!賛同の方は?

450 :考える名無しさん:05/02/05 17:22:33
449は有罪!罰として449美人妻は肉便器に!賛同の方は?


451 :考える名無しさん:05/02/05 18:27:08
>>449
公務員がいなかったら日本はどえらいことになっちゃうよ。
誰が公務員を捕まえるのさ。

452 :考える名無しさん:05/02/05 19:36:47
>>450
449に美人妻なんているわけ無いだろ

>>451
有罪になるのは糞公務員だけだろ?
ま、相当間引かれるだろうけど、ほとんど上のほうばかりだろ

453 :考える名無しさん:05/02/05 20:53:48
大阪市の職員組合

454 :考える名無しさん:05/02/05 21:09:56
二人以上殺人をした人間は死刑では罪が軽すぎると思う。もっと辛い刑を行うべき。
そうしないと殺人は減らないと思う。
もし、一人の人間が1000人殺人を行った場合、そいつは死刑でいいのか?



455 :考える名無しさん:05/02/05 21:11:40
いいんです。
なにしろ極刑ですから。

456 :考える名無しさん:05/02/05 21:18:17
腰斬、鋸引、八つ裂き、又裂き、凌遅


457 :考える名無しさん:05/02/05 21:21:08
とろ火網焼き。

458 :考える名無しさん:05/02/05 21:21:49
車裂き。


459 :考える名無しさん:05/02/05 21:23:52
>>457
それけっこう嫌かもw

460 :考える名無しさん:05/02/05 21:28:21
他のだったら、いいのか?w

461 :考える名無しさん:05/02/05 21:31:45
>>459
塩タレ塗ぬりしながら

462 :考える名無しさん:05/02/05 21:32:30
だって死刑ってぜんぜん痛くなさそうなんだもん

463 :考える名無しさん:05/02/05 21:33:46
>>461
火傷にしみる〜!!


464 :考える名無しさん:05/02/05 21:34:14
>>462
速やかな抹殺が目的だからな

465 :考える名無しさん:05/02/05 21:38:07
残虐刑は公開にしないと意味がない

466 :考える名無しさん:05/02/05 21:39:07
聞いた感じ痛そうじゃないと殺人は減らないと思う。
殺人を犯した人間速やかにを追放しても、殺人は減らないよ。
やっぱ、とろ火網焼き毎日10分の刑(塩タレ付)とかだったら
かなり減ると思う。

467 :考える名無しさん:05/02/05 21:41:32
河豚刺し屋の提灯は店先につるしてあるけど、公開して河豚への食欲をそそる計ですか?
あの薄切り刺身の白さがたまらないとか、食べると毒に当たるとか。

468 :考える名無しさん:05/02/05 21:49:09
一番残酷な刑罰はむしろ永遠の命を与えることかと

469 :考える名無しさん:05/02/05 21:49:32
囚人には柵の中で何不自由ないヌクヌクした生活をさせて、
国民にはその実態を絶対に知らせず、囚人は辛い生活を強いられている
と思い込ませる。

みんな幸せ。

470 :考える名無しさん:05/02/05 21:56:44
公開の残虐刑の効果は、受刑者の苦痛とは比例しないと思う。磔刑は、
見るものに恐怖を感じさせる点では、非常に効果的だっただろう。

471 :考える名無しさん:05/02/05 21:56:49
永眠が残酷と思うのはひとそれぞれではないかと思う。
イジメが原因で自殺するヤツの中では、イジメ>永眠である。
そういうものよりも肉体的に痛めつけるものの方が残酷な気がする。

472 :考える名無しさん:05/02/05 22:00:33
脳科学が発達すると、「記憶剥奪」刑とか逆に「犯行場面早期100万回」刑
とかができるんだろうか?

473 :考える名無しさん:05/02/05 22:02:08
早期100万回→想起100万回

474 :考える名無しさん:05/02/05 22:05:31
その前に、デブの女が美人に見える尤もな理由を付ける方法、
私を狙ってるという女の勘違いを間違いだと理解させる方法を
発達させてみるといいんじゃないの?

475 :考える名無しさん:05/02/05 22:08:46
式貴士「カンタン刑」

476 :考える名無しさん:05/02/05 22:21:09
永劫回帰刑って怖そうでいい。

477 :考える名無しさん:05/02/05 23:09:31
囚人が超人になちゃうよ。

478 :考える名無しさん:05/02/06 11:58:29
残酷刑なら、もっとあっさりした物がいいでしょ
刑務所の入り口に専用スペースを設けて、そこに手足縛って放置
蹴ろうが殴ろうがかまわないけど、刃物で刺すなどの一撃必殺のみ不可
1日に何時間行うかはそれぞれの罪状によって異なる。また、一定期間生き抜いた場合は通常の刑に移行する
規定時間が過ぎたら刑務所内に戻され、治療する(治療時必要なとき意外は痛みの除去は行わない)
刑務所内でもプライバシーなどは無く、房も受刑者が最も多く通る場所に中が見える形で設置される

社会のストレス発散と、受刑者予備軍への警告と、刑務所からの出所者への訓辞になるよ

479 :考える名無しさん:05/02/06 12:54:10
公開処刑(残酷系)は国連から人権無視の勧告を受けると思う。
下手したらアメリカからミサイルが飛んで来て無罪の人まで大量虐殺。
犯罪は減ったとしても国益にはならないような・・・。

480 :考える名無しさん:05/02/06 12:57:21
「人間ピラミッド刑」とか「目隠し電極刑」とかなら、当分はアメリカ
からミサイルが飛んでくる心配はない。

481 :考える名無しさん:05/02/06 13:04:11
なんか「六年殺しの刑」みたいだなあ。

482 :考える名無しさん:05/02/06 15:56:55
>>479
それじゃ、>>478を(建前では)殺さない程度にやるってのは?
屈辱刑も兼ねていて、とってもリーズナブル

483 :考える名無しさん:05/02/06 17:01:12
冤罪の克服が前提だけど、原則遺族が量刑を決定すればいい。
で、遺族が選択した量刑が軽すぎる場合(例えば再犯の可能性などから)
のみ、司直が補正する。
自分の子供が殺されて、数年でしゃあしゃあと出てこられたらたまらんよ。
外野の人間が冷静に論ずる問題ではないと思うよ。
死刑反対派の奴らだって、自分の子が虫けら同然に殺されて、謝罪や反省の
かけらもない。それでも「犯人を死刑にしないで」って言えるか?

484 :考える名無しさん:05/02/06 17:19:46
刑の細分化が必要と思われ

あと終身刑もね

485 :考える名無しさん:05/02/06 17:31:18
>>483
親が子を虫けら同然に殺した場合は?。

486 :考える名無しさん:05/02/06 18:42:50
>>483
そりゃ、自分の子が殺されて冷静でいられる奴がいないというだけのこ
とだろ。冷静な第三者よりも怒り狂っている奴の判断の方がより正しい
なんて、どうして思えるんだ?

487 :考える名無しさん:05/02/06 19:26:35
>>486
>そりゃ、自分の子が殺されて冷静でいられる奴がいないというだけのこ
とだろ。
だけってのが気にいらないね。
じゃ、お前の親でも子でも最愛の彼女でも誰でもいい。
そいつが、殺されて懲役7年だとしよう。いや、加害者が少年で刑事罰
無しかも知れない。
あんたは、それでOKなの?あんたもっと当事者意識持って考えてみ。

488 :飛べないカラス ◆hslonKolMc :05/02/06 19:45:42
処刑を公開するより法律を理解してもらうことが大事。

489 :考える名無しさん:05/02/06 20:23:15
法の理念と一般市民の感覚のズレを補正するのに、一般市民のほうのみを修正するのはいかがなものか
また、理解しても納得は出来ない場合の対処はどうするのか
被害者とその周辺へのケアが満足に行われない以上、加害者への保護なども同等以下にすべきだと思うが?

490 :考える名無しさん:05/02/06 20:31:37
そもそも「法の理念」って何?

491 :考える名無しさん:05/02/06 20:34:14
そもそも487は当事者なの?。

492 :考える名無しさん:05/02/06 20:46:48
「冷静になれ」なんていう一般論は犯罪者の罪の相対化を目論む
馬鹿人権派のレトリックに使われる場合が多いからね。
対案も何も無く「死刑反対」とか「加害者の人権」とかホザく前に
被害者遺族の手記のひとつでも読めと。

493 :考える名無しさん:05/02/06 20:48:45
国民全てが納得する法律はない。
法律とは利害の調整が目的であって何かを決定することが目的ではない。
と思ったり、思わなかったり・・・

494 :考える名無しさん:05/02/06 21:07:52
>>491
>そもそも487は当事者なの?。
違うよ。
過失ではなく殺意を持って死に至らしめた場合、俺の感覚では
殺した方を生かしておくことの方が理解できない。
更正だとかそんな視点が入ることすら不思議。罪の無い奴が命
を失って、殺した奴が生きてる。変だよね。
最大限譲歩出来たとしても、二度と出さないってことかな。
刑務所から出して、再犯ってことになれば出した国家が責任を
負うべきだと思うが。

495 :考える名無しさん:05/02/06 21:34:31
俺はこのスレに死刑反対論者がいたことも気付かんかった。

496 :考える名無しさん:05/02/06 21:38:13
>>494
頭わる
プッ

497 :考える名無しさん:05/02/06 21:43:03
>>496
そういうのカッコ悪いよ。

498 :考える名無しさん:05/02/06 21:44:24
>>497
頭わる
プッ

499 :考える名無しさん:05/02/06 21:49:05
( ´,_ゝ`)プッ

500 :考える名無しさん:05/02/06 21:56:21
>>498
頭わるすぎ
プッ


501 :考える名無しさん:05/02/06 21:57:51
>>500
頭わるすぎ
プッ

502 :考える名無しさん:05/02/06 21:58:51
>>501

( ´,_ゝ`)プッ

503 :考える名無しさん:05/02/06 21:59:56
>>498
頭悪るすぎ
プッ


504 :考える名無しさん:05/02/06 22:02:33
>>503
頭悪るすぎ
プッ (ちなみにカキコあせってるし→悪る
がきのけんかではないまともな主張してみな。

505 :考える名無しさん:05/02/06 22:07:27
色黒のタンクが

506 :考える名無しさん:05/02/06 22:10:34
カキコあせってるって?
(pppp

とおりすがりにからかってやったらこれだもんねぇ。
単なるコピペだよw。
あ、俺がやったのは500と502だけど。

507 :考える名無しさん:05/02/06 22:10:51
( ´,_ゝ`)プッ

508 :考える名無しさん:05/02/06 22:11:48
>>506
通りすがりが釣られるのか?
頭悪るすぎ
プッ

509 :考える名無しさん:05/02/06 22:13:35
頭すプッ ちコってるしるんかではもしてみな。


510 :考える名無しさん:05/02/06 22:16:20
りりすがりがられるのか?
頭悪るすぎ
プりがりがられるのか?
悪るプッ ッすがりが釣られるのか?
頭プッ


511 :考える名無しさん:05/02/06 22:19:48
順調に推移中
こんなスレはこの程度でいいのさ
プッ

512 :考える名無しさん:05/02/06 22:21:21
いちいち屁をこかなくてもいいだろ

513 :考える名無しさん:05/02/06 22:22:11
それもそうだな
プッ

514 :考える名無しさん:05/02/06 22:24:37
すプッ ちコってるのか
プッ


515 :考える名無しさん:05/02/06 22:27:47
ばかのスクツ
プッ

516 :考える名無しさん:05/02/06 22:34:31
つまりすぷっちコってるのだな

517 :考える名無しさん:05/02/06 23:00:24
でも、被害者の遺族でも反対する人がいるんだね

518 :考える名無しさん:05/02/06 23:01:16
あたりまえだ

519 :考える名無しさん:05/02/06 23:01:57
おれは死刑反対派。
文句があるなら自分で殺せ。

520 :考える名無しさん:05/02/06 23:08:59
死刑を望む→殺人を望む→加害者と同一レベル。
だから反対!と思ったが、自分の大切な人が殺されたら
きれい事は言わないので賛成!
でも自分が復讐に走ったら誰かに止めて欲しい。
警察に射殺されてもいい。

521 :考える名無しさん:05/02/06 23:16:05
国家に殺させるってのがそもそもせこい。
リンチ復活!

522 :考える名無しさん:05/02/06 23:21:42
>>502
>死刑を望む→殺人を望む→加害者と同一レベル。

それは、明らかに違うよ。

523 :考える名無しさん:05/02/06 23:24:43
死刑という手段によってでも、
近親者を奪った加害者に対して
被害者と同等の刑罰を加えようとすることは、
加害者と同一レベルではない。

524 :考える名無しさん:05/02/06 23:27:35
ま、法の判断基準の一つに「国民感情」ってあふぉな要因が
ある以上、死刑が公的私刑であることはたしかだな。

525 :考える名無しさん:05/02/06 23:36:52
520ですが、殺すという一点において同じだと思うよ。
「被害者と同等の刑罰を加えようと考えることは加害者と
同一レベルではない。」が実行するのは同一レベルと考えます。


526 :考える名無しさん:05/02/06 23:38:33
そうだ、その通りだ!みなごろしおっけー
l'ange exterminador!

527 :考える名無しさん:05/02/06 23:40:16
なにが「おっけー」だ、馬鹿。


528 :考える名無しさん:05/02/06 23:41:44
ごめんなちゃい

529 :考える名無しさん:05/02/06 23:45:01
許す

530 :考える名無しさん:05/02/07 01:07:44
死刑反対の人間って、よく多数決を反対するよな。
命の問題だから、多数決は違うとか。

意味わかんね。
大事な問題だから、多数決をとるんだろが。

531 :考える名無しさん:05/02/07 01:20:40
>>530
( ´,_ゝ`)プッ

532 :考える名無しさん:05/02/07 02:00:08
>>525
粗悪な商品を詐欺と分かっていながら売りつけるのと
堅実な商売をしてそれなりの稼ぎを得るのでは
「商売においての誠実さという面では同一レベルではないが」
「金を稼ぐという一点において一緒である」?

結果の一部だけ見るとこういうことも起こりうる
物事の一部分だけを取り上げて、それのみをもって論うのは愚かである

533 :考える名無しさん:05/02/07 10:59:51
あんまり適切な例えとはいえないような気がする。

534 :考える名無しさん:05/02/07 22:18:15
それどころか全くもってd朕艦ですわな

535 :考える名無しさん:05/02/07 23:18:27
懲役刑を望む→拉致監禁を望む→金正日と同一レベル。

自由を奪うという一点において同じだと思うよ。

536 :考える名無しさん:05/02/07 23:26:59
バカジャネーノ
人権左翼はホントに馬鹿だな。
だったら対案だせ

537 :考える名無しさん:05/02/07 23:31:18
対案:国家権力の完全否定=刑罰の完全自由化

いかなる行為にいかなる刑罰を科すも科さないも、すべて個人の自由とする。
これ最強

538 :考える名無しさん:05/02/07 23:31:21
>>533-524
例が不適切ってのは、例だけで終わってたときに言え

言いたいことは、「一部だけを見て論うな」って事だ

539 :考える名無しさん:05/02/08 04:15:32
処罰権を1日だけ返してくれ。

540 :考える名無しさん:05/02/11 14:57:57
>>537
とにかく個人主義か?

541 :考える名無しさん:05/02/11 15:46:33
完全報復制にしたらどうだ?
窃盗罪だったら1000円盗んだものに対して
2000円を払わせ被害者の被害と同じ損害を与える。
殺人罪であれば殺したものは殺し、複数の人を殺したなら
殺した分だけキツイ死に方をさせる。

542 :考える名無しさん:05/02/11 16:13:00
>>541
痴漢・強姦は強チンの刑?

543 :考える名無しさん:05/02/11 19:11:18
>>541
それいいね!!
それに決定!!

544 :考える名無しさん:05/02/11 19:17:08

「死刑は法律の名を借りた殺人だ」という人もいう。

545 :考える名無しさん:05/02/11 23:50:47
何事にも意味がある。まず何の為に死刑というものがあるのかを考えてみようぜー。

546 :考える名無しさん:05/02/12 00:05:39
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050210ddm041040093000c.html

状況から考えて
傷害致死でなく
強盗致死だと思います

金せびるのを注意してそれで殺された場合、恐喝を続けるために起こした殺人ととれるのではないだろうか
万引きを見咎められて、店員を突き飛ばして逃走した場合、強盗に当たるのと同じように考えられないだろうか
<強盗の定義>
刑法第二百三十六条 暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。


でも中3なんだよな〜

547 :考える名無しさん:05/02/12 00:58:39
死刑は殺人よ、だからダメよ。

548 :考える名無しさん:05/02/12 02:52:11
哲学じゃないよね。ここで話されてる事って・・・

549 :考える名無しさん:05/02/12 03:36:39
死刑に関して哲学議論は終わりました。
面白ければそれでいいです。

550 :考える名無しさん:05/02/12 05:00:53
殺人以外に量刑として死刑があるのは?

551 :考える名無しさん:05/02/12 20:23:17
>>541
払えなかったら?

552 :考える名無しさん:05/02/12 20:25:29
>>551
指1本当たりいくら換算とかで、、

553 :考える名無しさん:05/02/12 22:34:18
死刑はやはりなくては秩序が保たれません。人を殺すことは悪であり、
してはなりません。汝殺すなかれは神の掟です。しかし神は人間に人
を殺す自由意志を与えてくださいました。しかし、自由ではあります
が、人を殺すなら死刑を覚悟ですべきです。人を殺しておいて自分は
助けて欲しいというのはフェアではありません。青少年の殺人も最近
ありますが、彼らも死刑は覚悟すべきです。

554 :考える名無しさん:05/02/12 22:42:18
>>553
宗教は鵜剤から死刑!

555 :考える名無しさん:05/02/12 23:05:51
「あずみ」は人を殺し杉

556 :考える名無しさん:05/02/12 23:17:35
553は宗教じゃなくない?哲学における神の範囲に収まってんじゃん。

557 :考える名無しさん:05/02/12 23:27:53
>>553
こんな正論を認めてしまえば2ちゃんは成り立たない。

558 :考える名無しさん:05/02/12 23:36:28
このスレ見てたら裁判員制度導入反対派になっちまった。

559 :考える名無しさん:05/02/12 23:43:23
当然だ!

560 :考える名無しさん:05/02/12 23:48:59
裁判所に呼ばれた時、踵をぶちあててジークハイルで「絶対死刑!」と喚けば、まず、採用するような度胸のある裁判官はいない。

561 :考える名無しさん:05/02/18 19:04:46
結局のところどうだろ?
死刑制度はあるべきか?

562 :考える名無しさん:05/02/19 01:18:44
>>553
死ぬことと殺すことが対になっていると考える根拠は?
二つは全く別のものでしょう?

563 :考える名無しさん:05/02/20 17:37:14
>>562
同意

564 :考える名無しさん:05/02/20 17:42:52
殺すって、人を死に至らしめることだろ。
「全く別のもの」って、どういう考えなんだ?

565 :考える名無しさん:05/02/20 19:05:04
個人的には死刑反対(・Э・)
死刑よりも人権無期限停止処分がイイ

人権無期限停止=>人の形をした畜生を保護者に引き取らせる
その後は
強盗傷害及び傷害致死で再犯逮捕=>人権停止処分発覚=>
保健所=>薬殺or医療実験動物処理or去勢&保護者に重過失傷害
暴行被害者=>人権停止処分発覚=>加害者に動物虐待罪
殺人被害者=>人権停止処分発覚=>加害者に器物破損罪
無罪証明=>人権復活

なんてのはアマイですか

566 :考える名無しさん:05/02/21 03:54:45
人を殺したものが、死刑になることにまったくもって異論ありません。
他人の人権を奪ったのだから、その人も自分の人権を以って償うべきだと思う。
でも、「他人を裁いてはいけない。自分がさばかれないようにするためである。」
という聖書の言葉も正しいと思うし・・・・うぅ〜結局どっちなんだよおれ・・・。しっかりしろ俺・・・。


567 :マトン:05/02/21 11:59:02
人が人を裁くのではない
法によって執行するだけだ
裁きは、犯罪者自身が犯罪を犯すことによって下している

こう考えたらダメか?

568 :考える名無しさん:05/02/21 12:22:21
いいよ

569 :考える名無しさん:05/02/21 12:24:14
ほうだったのか!

570 :考える名無しさん:05/02/21 15:32:42
最後は偽善で結論か。
救えないな。

571 :考える名無しさん:05/02/21 15:34:46
死刑を存続しべき

572 :考える名無しさん:05/02/21 16:14:38
ttp://www.karin.sakura.ne.jp/~ober/ketsuban/kiba.html

参考

573 :考える名無しさん:05/02/21 22:15:02
死刑は警告だよ
まだ生きている者へのな

執行された本人にとってはもうどのような対象でもない

574 :考える名無しさん:05/02/22 01:06:30
>>567
ダメに決まってるだろw
法は誰が作ったんだ?
人だろw

どこ切ってみても人が裁いてんだよ、人が!

人を裁いちゃいけないなんてのは、チョーDQNてこと。

575 :マトン:05/02/22 11:48:59
>>574
>どこ切ってみても人が裁いてんだよ、人が!

あ〜よく考えてみれば
犯罪者=自分 で 自分=人 を裁いてるか
こいつは失敗

576 :考える名無しさん:05/02/22 14:58:20
人権派のごり押しだけは、阻止しなければならない!

民主主義の崩壊だ!!!!!!

577 :けい ◆iPZ3/IklKM :05/02/25 03:49:29
死刑が存在するのには全く問題ないと思う

そもそも、「人権」ていうのは社会に「登録」した人が
社会とのコントラクトした結果手に入れるものだよ。

痴漢の疑いをかけられたとき身分証明書を出せば
連行される必要性がないように、「社会に沿って生きている」
証明がないかぎり、人権ていうのは機能しないものじゃない。

人権っていうのは、結局のところ社会の契約を守ってる限って、
尊重されるっていうだけにすぎない。
そうした契約を破棄することによって生じる障害の延長上に
「自由の束縛」があるのは当然のことだと思う。
なぜかというと、「自由の保障」は「他人の自由を尊重する」という
約束ごとの上になりたっているのだから、それを破るということは
「自分の自由を侵害される」ことを意味する。

「他人の自由を侵害する」行為の究極的な形である重犯罪、殺人を
犯すって言うことは、「他人の自由を完全に奪う」ことなのだから、
最終的な自由の束縛という意味で死刑があったとしてもしょうがないと思う。


578 :考える名無しさん:05/02/25 03:51:24
娘を殺された人権派弁護士の言い分とかきいてみたいけど、やるなよ。

579 :考える名無しさん:05/02/25 04:22:36
冤罪とか色々あるけどもう少し多く適用していいと思うよ。

刑は罰でなく抑止の意味合いを重視すべきだと思う。
更生に見込みとかじゃなくて、犯罪は人生の終わり再起不可能って事を強く認識させるべきじゃないかな。
少年犯罪を含めてね。
死刑になりたくて人を殺したなどとの異常が見込まれる場合は、死刑は適用されず死刑囚に死ねない程度の拷問を執行させて。
終身強制労働でかまわない。

冤罪が後に発覚した場合は法外な慰謝料が司法、警察に請求される。

犯罪の殆どは欲なんだから、恐怖をもって制圧すべきだと思います。

580 :考える名無しさん:05/02/25 22:57:27
>>564
遅レスだが。
「AがBを殺す」と対になるのは「BがAを殺す」だろう。
「Aが死ぬ」はそれとはまったく関係のない事象。
引き合いに出すのはおかしい。
千円奪われたら、千円奪い返すのが常識。
奪われた千円を焼いたって、被害者は喜ばない。
>>579
犯罪の抑止なんて、あくまでおまけだろ。
「過ちを許さない親」はただのスパルタだ。
「過ちを諭す親」が良い親なんじゃないか?
それに、国家は国民を信頼するもので、疑うべきじゃない。

581 :579:05/02/26 14:13:08
死刑に到る過ち(そのレベルの犯罪)はその範囲で無いと思うんです。
重視するのは過ちを犯した人では無く、過ちよって出た被害者がいるとゆう事の方では?

被害者を減らす方が大事ですし、死刑は最終的な物だから強いイメージが必要なんだと思います。
殺人やレイプ、麻薬犯罪等には実刑例を増やすべきです。

>それに、国家は国民を信頼するもので、疑うべきじゃない。

そのとおりだと思います。だからこそ疑う機関が必要なんじゃないでしょうか?

582 :考える名無しさん:05/02/26 16:45:56
犯罪者からはそいつの一番大事なものを奪ってやれば良い
そういう刑にすれば良い
身辺調査でも何でもすればそいつの大事なもんなんてすぐに洗い出せるだろ
それが精神的なものであれ物質的なものであれ
何のためらいも無く奪えば良い
その対象がものであれば、永遠にそいつの前から奪えば良い
そして新しく大切なものができるたびに奪い続ければ良い
その対象が人であれば、その人に何のつみも無くても殺せば良い
犯罪者に好かれれば自分も殺されるのだから誰だってそいつに心を寄せたりはしない
永遠に監視されながら孤独で惨めで面白みの無い人生を生化され続ける
それが最大の罰だろう

583 :マナー:05/03/02 22:31:24
人は生まれたときに脳を与えられてその後、周りの環境とかの影響を受けながら
すべて脳の指令どうりに行動するわけだよね。その結果として犯罪を起してしまった
人を罰するというのはどうなんだろう。運命で決まっていたような気もしてしまう。
社会の犯罪を減らすという効果を生み出すかもしれないけど、本質的に正しいのかな?

584 :考える名無しさん:05/03/02 22:53:17
>>583
んじゃ、脳を取り出して洗濯してやろう

585 :考える名無しさん:05/03/02 23:15:52
>>579
冤罪が問題だね。
「法外な慰謝料が司法、警察に請求される」というのは冤罪抑止という観点で良いと思う。

586 :考える名無しさん:05/03/03 00:39:46
>>585
最近思うことは
「捜査方法に問題がある場合は、慰謝料の一部を警官本人に負担させたほうが良いのではないだろうか」
ってこと
それと、もっと信賞必罰な組織を作るべきだということ

587 :考える名無しさん:05/03/03 01:15:00
不当な捜査の場合に、警官本人や上司が責任を追及されるのは当然だと思うが、
賠償金を個人負担させるのはダメだろ。
労働法にも違反しているんじゃないか?

588 :考える名無しさん:05/03/03 14:13:03
警察嫌い。
死刑死刑言ってる人はコマワリ君みたい。

589 :考える名無しさん:05/03/03 16:00:19
麻原みたいのがいるんだから、極刑として死刑が
あるのは当たり前だと思う。

反対意見、無いよね?

590 :考える名無しさん:05/03/03 17:49:35
ないよ。
ただ、松本サリン事件も忘れないようにね。

591 :考える名無しさん:05/03/03 19:10:27
>>579
じゃあ君は冤罪で死刑にされても文句ないの?

592 :579:05/03/03 20:11:42
文句はあるでしょうね、絶対。それこそ必死に無罪を訴え続けると思います。
ですが、犯罪が減る事の方がそれよりも大切だと思うんです。

死刑は嫌だ、冤罪の疑いがかかるかもしれない、疑いのかかりそうな事から遠のかなきゃ。
短絡的だけど犯罪自体の件数も減るかなー、なんて考えています。

冤罪についてはマスコミ、警察外の捜査、誤認逮捕を認める時の警察のマニュアル。などをもっと必要とするとなんとか。
かりにも死刑判決が出て、冤罪を訴えてる事件だから多少の世間認知度はあるかと。

593 :考える名無しさん:05/03/03 21:29:39
>>587
だって最近、あまりにずさん過ぎる捜査方法とかが問題になってるやん
直接徴収しなくとも、減給1/10を*年とか、*年度賞与カットとかで、実質的な負担を迫ることは出来るんとちがう?
国が負担って言っても、それは税金から出されるんだし、そうするとアホ警官の尻拭いにわしらの金が使われるって事になる
民間企業でも、個人のひどい過失によって企業に損害を与えた場合は、裁判の末に賠償請求されるでしょ?
それと同じように考えられない?

594 :考える名無しさん:05/03/03 22:31:32
>>592
>>疑いのかかりそうな事から遠のかなきゃ。
それは無理。
>>かりにも死刑判決が出て、冤罪を訴えてる事件だから多少の世間認知度はあるかと。
たぶん俺(世間の内の一人)は君の言う事は信用しない。まず司法の方を信じる。

595 :考える名無しさん:05/03/03 22:37:50
>>592
>冤罪についてはマスコミ、警察外の捜査、誤認逮捕を認める時の警察のマニュアル。などをもっと必要とするとなんとか。
>かりにも死刑判決が出て、冤罪を訴えてる事件だから多少の世間認知度はあるかと。

犯罪の内容と、マスコミの対応次第でしょう
松本サリン事件のときは冤罪で逮捕されましたよね
事件の社会認知度はありましたが、仮にあの後真犯人が捕まらなければ、冤罪のままという可能性もありえますよね
何で冤罪のままかはご想像にお任せしますが

596 :考える名無しさん:05/03/03 22:41:41
意図的な証拠捏造などは、内部処分に留まらず、きっちり刑事訴追するように整備しないと。

597 :考える名無しさん:05/03/04 00:25:33







 そもそも法は きみら人がつくったもの
 裁くのもまた きみら人

 これらを良しとするかぎり 現在在る法は良しだ
 現在法が死刑を極刑とするかぎり これを良しとするほかない


 さもなくば 法は正義に非ずとして
 法以外の新しい国家行動規範を つくるしかなおいボ









598 :考える名無しさん:05/03/04 10:34:22
最後の2行は間違ってる。
このスレは極論から極論への振幅が激しいね。

599 :考える名無しさん:05/03/04 13:08:25
なんか人が人を裁いてはいけないって考えがあるみたいだけど、
それは間違いだろ。人が人を裁かないで誰が裁くというんだ。
社会契約がなけりゃそれこそ人殺し放題になってしまう。
契約違反を判定しなければ結局人殺し放題。
契約違反の罰則がなけりゃ人殺し放題。
つまり国民の生活を守るためには法も罰も司法も必要不可欠。
社会契約により国民に託されたものだから司法は正当。



600 :考える名無しさん:05/03/04 21:35:23
600

601 :考える名無しさん:05/03/05 00:25:05
冤罪って損害賠償してくれるもんなの?
ゴメン間違ったで済まされたらたまったもんじゃないよ

602 :考える名無しさん:05/03/05 01:27:46
>>601
日本国憲法第40条
『何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。』

実際に賠償請求が通るかどうかは別ですがね…
棄却されることも多いらしいですよ

603 :考える名無しさん:05/03/05 01:44:52
刑事補償法ね
無罪が確定したら拘留された日数の
一日毎に最大で12500円補償が受けられる。
過去最高額は12668日拘留され、
死刑の判決後再審で無罪が確定。
当時の補償額は最高額の9400円/日で、
1億1907万9200円の補償を受けた。
30年以上拘留され死刑判決を受けてこの額では
安すぎるのかもしれない。
興味があったら島田事件ってのでググってみれ。

604 :考える名無しさん:05/03/05 01:57:58
>>602-603
すげぇ
でも日給みたいな制度なんだーなんか不満のこるなぁ

605 :考える名無しさん:05/03/05 05:08:26
死刑が極刑っていうのはおかしいよな。
完全な無期懲役のほうが極刑にふさわしいとオモ

606 :考える名無しさん:05/03/05 13:21:24
>>604
そりゃそうだ、理由は時給換算すればすぐに分かる

607 :考える名無しさん:05/03/05 14:28:49
>>607
うむ わかた。
おまえの時は 軽い方の死刑にしてやる。
それでいいな?

608 :考える名無しさん:05/03/05 14:34:11
>>607
骨も拾ってやれない俺を許してくれ

609 :考える名無しさん:05/03/07 21:27:20
>>597
「汝、裁くなかれ」マタイ伝ですか?

610 :考える名無しさん:05/03/11 13:10:01
延命させつつ拷問し続ける。
それが真の極刑だよね

611 :考える名無しさん:05/03/11 20:47:11
>>610
小松左京の小説では、全宇宙の他の生命に背を向けられることが極刑になっていた。

612 :考える名無しさん:05/03/11 22:40:43
>>610
正確に言うべきだよね
「いっそ殺してくれ」と哀願するような状況を作り、しかし殺さないで状況を維持する
拷問を続けるのが極刑ってわけじゃないよ
絶望の中で希望を持たせて、それを奪うなどの「落差のある状況」ってのが一番こたえる
肉体の痛みってのは慣れることが出来るが、それに精神の痛みが加わると人は耐えられない
歴史が培ってきた残酷な方法はいろいろある

613 :考える名無しさん:05/03/11 22:59:48
もしもできるとするならば
極刑は不老不死、不死身にされることだな

614 :考える名無しさん:05/03/11 23:28:49
起きて、食って、寝るだけの生活で十分に満足している俺は、不老不死になっても痛くも痒くもない。
むしろ最高かも。
もう3年くらい人と話してないけどとても幸せ。
出前の注文で話したりはするけどね。

615 :考える名無しさん:05/03/12 00:28:16
本気か
想像力が足りてないとしか思えないぞ

616 :考える名無しさん:05/03/12 01:36:12
何が一番苦痛かは人によって違うということさ。
形式的平等か実質的平等か。

617 :考える名無しさん:05/03/12 19:40:42
不老不死で永遠に真空中に幽閉
コレ最強

618 :考える名無しさん:05/03/12 21:17:35
何にしても日本の法律だと
死刑と他の差が有りすぎだと思います。
終身刑が無いのがなんとも・・・。

619 :考える名無しさん:05/03/17 13:47:57
終身刑にするくらいなら、死刑にしてくれという人間も多いらしいぞ
まあ、日本の「快適なムショ暮らし」でそう言う奴はいないとは思うが…

620 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 23:00:52
快適なんて卑怯だな。

621 :考える名無しさん:2005/04/04(月) 23:03:06
とにかく悪いと思った奴は切り殺せば?

622 :考える名無しさん:2005/04/04(月) 23:04:33
>>613
そうともいえる。

623 :考える名無しさん:2005/04/04(月) 23:06:03
無茶苦茶にムショがきつければ
皆死刑を望むはず。

624 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 23:11:57
殺人犯などに対する報復刑&応報刑

625 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 23:19:16
・人体実験に使う。ちょっと狂った科学者達の永遠のモルモットに
・地雷撤去に行かせる。足が吹っ飛ぼうが腕が吹っ飛ぼうが知らん
・ダルマにしてからサンドバック。ストレス発散マシーンに
とにかくどうせ殺すなら人の役に立って欲しいね

626 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 07:50:51
>>625
( ゚Д゚)ノ
3番目を考えるやつ&実行するやつは死刑にした方がいいと思います。

627 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 07:53:11
残酷でひどい刑罰は公開して見せしめにしない限り意味がないんじゃないの?
そんでもって俺はそういう恐怖による統治はあんまり好きでないな。

628 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 21:18:38
再発防止のため、という大義名分がある

629 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 21:23:52
大義名分でもやっていいことと悪いことがあるが。

630 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 21:48:23
しかし悪いといわれる人を全員殺したら
良い世界になるのだろうか?

631 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 21:52:56
デスノートカヨ
誰が悪いと言ってるのかなと。
いろんな人の意見を聞いてたら地上に人間は居なくなったとさ。

632 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 22:14:26
めでたし、めでたし。

633 :ローカルルール審議中:2005/04/06(水) 02:29:46
死刑を無くして、そいつらでテロ撲滅隊を結成し中東に永久派遣する。

634 :ローカルルール審議中:2005/04/06(水) 05:14:50
中東を犯罪者天国にする気かおまいは
あ・ほ・か

635 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 22:01:51
というかそもそも死刑の存在意義がわからん

636 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 22:04:17
死刑を行う、行わないで世の仲良くなるとは思えない。

637 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 22:05:25
死刑を行う意味は、悪人を殺すため。

638 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 22:12:52
>>637
そのまんま。

639 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 22:21:41
死刑は意味がない。

640 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 22:23:20
>>639
理由を示せ

641 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 22:26:20
>>640
無理。

642 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 22:29:30
993!

643 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 01:24:38
中国やマレーシア?等の国の様に「麻薬・覚せい剤運搬、乱用」をしただけで死刑になるのは
罪刑均衡主義の立場からすると甚だ疑問だが、殺人犯等など、生命にとって取り返しの付かない
罪を犯した者は、死刑にふさわしい。刑罰には、矯正だけでなく、(遺族などに対する)
応報的側面も併せ持っているからである。

644 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 01:48:51
日本における死刑は「敵討ち制度」の改定である。


645 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 02:07:52
死刑は自動的に床がぬけて落ちるやつだけど、
もう少しバリエーションほしいな。
死ぬには変わりないけど、被害者の心情も考えて
死刑十二階を提唱したい。

646 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 02:08:38
バリエーションがあるといいね。

647 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 00:40:08



648 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 01:02:48
http://www.louis-xiv.de/louisold/Politics/IronMask.gif

649 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 00:28:46
死刑には賛成だけど、できるだけ数は少なくすべき
だし、できるだけ安楽な死なせ方をすべきだと思う。
賛成の理由は、>>643の言う「応報的側面」に配慮して。

というか、どこまで本気かは知らんけど、死刑囚に死ぬ
ほどの労働をさせるとか、人体実験に使うとかっていう
のには反対。「被害者感情」や「正義」をたてに、自分の
サディスティックな衝動をぶつける人には嫌悪感を感じる。
死刑囚とはいっても曲りなりにも人間で、人間の姿かたちと
情感をもった存在を、空想のなかとはいえ、そこまで痛めつけ
ることに罪悪感を感じない人っていうのは、死刑囚と限りなく近
い心理を共有してると思う。自分は死刑の判決を受けるほどのことを
やった人間には道徳的な憤りと激しい嫌悪感を感じるのだけど、上のような
人間にも同じものを感じる。俺も死刑には一応賛成なわけだから、同じよう
なものかもしれんけど。

650 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 11:06:11
死刑の種類をいくつか用意して、死刑囚に選ばせるというのは
どうかいな。
「巨乳美女による窒息死」もバラエティの中に入れておく、とか。
あるいは脳に電極を接続して快感中枢を刺激しまくって「イカせる」
とか。あ、あんまりそういうことをやると人生デッドエンドな人たち
が犯罪に走るか…。

651 :飛べないカラス ◆hslonKolMc :2005/06/28(火) 21:47:43
脳を手術する刑になっていくんじゃないかな。刑というより更生だけれど。

652 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 09:14:08
重要スレage

653 :考える名無しさん:2005/07/30(土) 20:52:42
ageてもすぐに下がる_| ̄|〇

654 :考える名無しさん:2005/07/30(土) 20:55:17
sageてあったからだろ

655 :省エネルック:2005/07/30(土) 23:08:14
死刑制度賛成 更正しそうもない人間はどんどん死刑を行うべき
それも人体実験などを行い 最期は人の為に役立てろ!
そうすればCO2の削減に貢献出来 地球温暖化防止になってウマー

656 :考える名無しさん:2005/07/31(日) 02:09:23
安易に殺しちゃもったいなよなあ。
医療技術や脳科学の向上のために実験台になってもらいたい。

657 :考える名無しさん:2005/07/31(日) 18:38:16
でもそれって死刑じゃないよな。
死刑ってのは「死ぬこと」が刑の執行且つそれで終了とするものだから。
死ぬこと以外(あるいは以上)を要求するのは、人体実験刑とかとにかく死刑とは別の概念だわな。

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)